JP2014525273A - 天然青果物の酵素飲料とその調製方法 - Google Patents

天然青果物の酵素飲料とその調製方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2014525273A
JP2014525273A JP2014528840A JP2014528840A JP2014525273A JP 2014525273 A JP2014525273 A JP 2014525273A JP 2014528840 A JP2014528840 A JP 2014528840A JP 2014528840 A JP2014528840 A JP 2014528840A JP 2014525273 A JP2014525273 A JP 2014525273A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fermentation
fruit
lactic acid
yeast
vegetable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014528840A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5989123B2 (ja
Inventor
ムウイー ツァイ、
ルイズオン グウ、
ジュイン ルウ、
ウェイシュエ イー、
ジョー ドーン、
ヨン マー、
シンチャン パン、
ヤーグアン シュイ、
ヨンチン マー、
フオン リン、
ジェンタオ ジン、
ウェンイン リウ、
リアン チェン、
ルウ ルウ、
Original Assignee
チャイナ ナショナル リサーチ インスティテュート オブ フード アンド ファーメンテーション インダストリーズ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN2011102630971A priority Critical patent/CN102356899B/zh
Priority to CN201110263097.1 priority
Application filed by チャイナ ナショナル リサーチ インスティテュート オブ フード アンド ファーメンテーション インダストリーズ filed Critical チャイナ ナショナル リサーチ インスティテュート オブ フード アンド ファーメンテーション インダストリーズ
Priority to PCT/CN2012/081021 priority patent/WO2013034080A1/zh
Publication of JP2014525273A publication Critical patent/JP2014525273A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5989123B2 publication Critical patent/JP5989123B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L2/00Non-alcoholic beverages; Dry compositions or concentrates therefor; Their preparation
    • A23L2/02Non-alcoholic beverages; Dry compositions or concentrates therefor; Their preparation containing fruit or vegetable juices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L2/00Non-alcoholic beverages; Dry compositions or concentrates therefor; Their preparation
    • A23L2/38Other non-alcoholic beverages
    • A23L2/382Other non-alcoholic beverages fermented
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L2/00Non-alcoholic beverages; Dry compositions or concentrates therefor; Their preparation
    • A23L2/52Adding ingredients
    • A23L2/60Sweeteners
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L2/00Non-alcoholic beverages; Dry compositions or concentrates therefor; Their preparation
    • A23L2/52Adding ingredients
    • A23L2/66Proteins
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L33/00Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof
    • A23L33/10Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof using additives
    • A23L33/135Bacteria or derivatives thereof, e.g. probiotics
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L33/00Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof
    • A23L33/10Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof using additives
    • A23L33/14Yeasts or derivatives thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L33/00Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof
    • A23L33/10Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof using additives
    • A23L33/17Amino acids, peptides or proteins
    • A23L33/18Peptides; Protein hydrolysates
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23LFOODS, FOODSTUFFS, OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES, NOT COVERED BY SUBCLASSES A23B - A23J; THEIR PREPARATION OR TREATMENT, e.g. COOKING, MODIFICATION OF NUTRITIVE QUALITIES, PHYSICAL TREATMENT; PRESERVATION OF FOODS OR FOODSTUFFS, IN GENERAL
    • A23L33/00Modifying nutritive qualities of foods; Dietetic products; Preparation or treatment thereof
    • A23L33/20Reducing nutritive value; Dietetic products with reduced nutritive value
    • A23L33/21Addition of substantially indigestible substances, e.g. dietary fibres
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2002/00Food compositions, function of food ingredients or processes for food or foodstuffs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2200/00Function of food ingredients
    • A23V2200/30Foods, ingredients or supplements having a functional effect on health
    • A23V2200/318Foods, ingredients or supplements having a functional effect on health having an effect on skin health and hair or coat
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2200/00Function of food ingredients
    • A23V2200/30Foods, ingredients or supplements having a functional effect on health
    • A23V2200/32Foods, ingredients or supplements having a functional effect on health having an effect on the health of the digestive tract
    • A23V2200/3202Prebiotics, ingredients fermented in the gastrointestinal tract by beneficial microflora
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2200/00Function of food ingredients
    • A23V2200/30Foods, ingredients or supplements having a functional effect on health
    • A23V2200/32Foods, ingredients or supplements having a functional effect on health having an effect on the health of the digestive tract
    • A23V2200/3204Probiotics, living bacteria to be ingested for action in the digestive tract
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2250/00Food ingredients
    • A23V2250/02Acid
    • A23V2250/042Lactic acid
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2250/00Food ingredients
    • A23V2250/28Oligosaccharides
    • A23V2250/284Oligosaccharides, non digestible
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2250/00Food ingredients
    • A23V2250/54Proteins
    • A23V2250/542Animal Protein
    • A23V2250/5422Collagen
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23VINDEXING SCHEME RELATING TO FOODS, FOODSTUFFS OR NON-ALCOHOLIC BEVERAGES
    • A23V2250/00Food ingredients
    • A23V2250/76Yeasts
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A23FOODS OR FOODSTUFFS; TREATMENT THEREOF, NOT COVERED BY OTHER CLASSES
    • A23YINDEXING SCHEME RELATING TO LACTIC OR PROPIONIC ACID BACTERIA USED IN FOODSTUFFS OR FOOD PREPARATION
    • A23Y2220/00Lactobacillus

Abstract

天然青果物の酵素飲料およびその製造方法。酵素飲料は、新鮮な青果物から抽出され、発酵基質として、海産魚皮コラーゲンペプチドが加えられた新鮮なジュースから、順に、希釈、混合および滅菌、続いて、乳酸菌および酵母による段階的な発酵によって調製される。2種以上の新鮮な青果物由来の青果物ジュースの乳酸菌および酵母による段階的な発酵、および発酵菌株の増加と代謝を加速させる海産魚皮コラーゲンペプチドの添加により、前記飲料は天然青果物の栄養成分由来のより豊富な代謝物を含有し、健康のために有益な栄養効果をもたらす。

Description

本発明は、天然青果物の酵素飲料およびその調製方法、特に、乳酸菌および酵母を用いた段階的発酵によって天然青果物の発酵飲料を製造する技術に関し、食品および飲料技術の分野に属する。
果物および野菜ジュース飲料は、それらの美味しい味覚と豊かな栄養分によって特徴付けられ、かつヒトの身体の有害な「フリーラジカル」を取り除くことができる天然の酸化防止剤を含有している。しかしながら、通常の青果物ジュース飲料の品質と風味は貯蔵時間と共に変化し、したがって保存料、酸化防止剤および安定剤を加える必要がある。微生物発酵によって作られた酵素飲料は、青果物ジュースの安定性を高め、保存料の添加によって生じるヒトの身体への害を取り除くのみではなく、青果物ジュースの本来の栄養分を保持しながら、また、様々な風味物質を生成し、栄養価を高め、かつ消化および吸収を助ける。
青果物ジュースの微生物発酵により酵素飲料を調製するプロセスによって、青果物中の炭水化物、タンパク質、脂質などの代謝反応を促進し、多数の一次および二次代謝産物を生産かつ蓄積し、有機酸、オリゴ糖、糖アルコール、酵素、オリゴペプチドおよびポリフェノールなどのような様々な有益な成分を生成することができる。一方で、結果として得られる酵素飲料はまた、青果物中に本来含有されている栄養および機能的成分ならびに微生物そのものを含有している。これらの有益な成分は、有益な腸の細菌の増殖を促進し、有害な細菌の繁殖および腐敗物質の形成を抑制することができ、それによって、腸内フローラのバランスを調節したり、免疫を高めたり、睡眠を促進したり老化を遅らせるなどのような、ヒトにおける様々な有益な効果をもたらす。このようにして、天然青果物から調製された酵素飲料は、それらの栄養および健康機能と、独特な風味とのために、広く消費者に支持されている。
現在、青果物ジュースの酵素飲料または発酵飲料は、大部分が単一菌株または複合菌株を用いた一段階発酵を採用している。例えば、中国特許出願CN200410045421.2は、ラクトバチルス プランタラム菌およびストレプトコッカス クレモリス菌の混合物を用いた一段階発酵によって作られた複合青果物ジュース飲料ならびにその調製方法を開示している。中国特許出願CN200810042081.6は、ラクトバチルス プランタラム菌およびラクトバチルス ブルガリクス菌の混合物を用いた一段階発酵により野菜ジュース飲料を調製する方法を開示している。
本発明は、乳酸菌および酵母を用いた天然青果物の段階的発酵の方法を提供し、この方法は、発酵プロセスをより十分に、天然青果物中に含有される栄養分の代謝をより完全にすることができ、かつより多くの風味物質および栄養分を生成することができる。
本発明は、天然青果物の酵素飲料を提供し、この酵素飲料は、混合物ジュース中に乳酸菌と酵母をそれぞれ接種することにより、青果物混合物ジュースの段階的発酵によって調製され、また、天然青果物混合物に由来する活性物質、および、乳酸菌と酵母の発酵によって生産される代謝物を利用することにより、調製された酵素飲料は、美味しく、ヒトの身体に有益な栄養分を含有し、栄養的機能および健康的機能の両方を備えている。また、本発明は、酵素飲料を調製する方法を提供する。
本発明は、天然青果物の酵素飲料を提供し、この酵素飲料は、乳酸菌および酵母による発酵基質の段階的発酵によって調製され、ここで、この発酵基質は、青果物の軟塊および海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を含有し、この青果物の軟塊は、少なくとも2種以上の青果物を搾汁し、それらを混合することによって調製される。
本発明の実施形態によれば、発酵基質は青果物の軟塊および海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を含有し、青果物の軟塊は、少なくとも2種以上の青果物ならびに1種または複数種の食用菌類および海藻を搾汁し、それらを混合することによって調製される。
本発明の酵素飲料において、海産魚皮コラーゲンペプチド粉末は、1000未満の平均分子量を有する。
本発明の実施形態による酵素飲料は以下のステップを含む方法によって調製することができる。
(1)発酵基質の調製:基本的に同じ重量比の少なくとも2種の青果物を搾汁し、それらを混ぜて青果物ジュースを形成し、ジュースを基本的に同じ体積の精製水で希釈して、青果物の軟塊を形成し、軟塊中に2〜3%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、次いで高温滅菌し冷却する。
(2)乳酸菌による発酵:発酵基質中に、発酵基質を基準として2〜4U/1000Lの乳酸菌スターター菌を加え、発酵を30〜35℃の温度で行い、pHが4.3に達したら終了し、乳酸菌発酵液を形成する。
(3)酵母による発酵:乳酸菌発酵液中に、蔗糖および1.0〜1.5%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、高温滅菌し、冷却し、次いで0.08〜0.12%(w/v)の高活性乾燥酵母を加え、発酵を25〜30℃の温度で行い、pHが4.0に達したら終了し、続いて、得られた発酵生成物を高温で滅菌し、冷却して、酵母発酵液を形成する。
(4)均質化、濃縮および混合:酵母発酵液を均質化し、濃縮および混合して、酵素飲料を得る。
酵素飲料を調製する上記の方法において、酵母発酵液を、最初に均質化して10Brixに濃縮し、次いで、遠心分離と濾過にかけることができる。結果として得られる濾液に、濾液の重量を基準として、0.5〜1.0%のマルチトール、0.1〜0.2%のガラクトオリゴ糖および0.01〜0.02%のアセスルファムを加え、続いて、再び濾過と滅菌を行う。
本発明の実施形態は、以下のステップを含む、天然青果物の酵素飲料を調製する方法もまた提供する。
(1)発酵基質の調製:基本的に同じ重量比の2種以上の新鮮な青果物(一般的な野菜および果物の他に、1種または複数種の食用菌類および海藻を含む)を洗浄し、切った後、搾汁し、それらを混合して青果物ジュースを形成し、ジュースを基本的に同じ体積の精製水で希釈して青果物の軟塊を形成し、軟塊中に2〜3%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、次いで、結果として得られる混合物を発酵槽で高温滅菌し、冷却する。
(2)乳酸菌による発酵:発酵基質中に2〜4U/1000Lの乳酸菌スターター菌を加え、発酵を30〜35℃の温度で行いpHが4.3に達したら終了し(通常7〜11日)、乳酸菌発酵液を形成する。
(3)酵母による発酵:乳酸菌発酵液中に、適当量(例えば、発酵基質への補充として、1〜1.5%(w/v))の蔗糖および1〜1.5%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、結果として得られる混合物を高温滅菌し、冷却し、次いで、0.08〜0.12%(w/v)の高活性乾燥酵母を加え、発酵を25〜30℃の温度で行い、pHが4.0に達したら終了し(通常5〜7日)、続いて、高温滅菌して冷却し、酵母発酵液を形成し、次いで、それを8〜12℃で14〜21日間、タンクで貯蔵する。
(4)均質化、濃縮および混合:酵母発酵液を40MPaで10〜15分間均質化し;例えば二重効用低温濃縮機により60〜80℃で約10Brixに濃縮し;2500〜3500rpmで15〜25分間遠心分離し;例えば有機膜精密濾過フィルターにより濾過し;結果として得られる濾液に甘味を加え混合し;次いで、濾過し、低温殺菌し、酵素飲料を得る。
様々なグループの人々の要求を満たし、蔗糖の摂取を減らすために、甘味料を最終生産物に混合するために使用することができる。好ましい実施形態では、0.5〜1.0%のマルチトール、0.1〜0.2%のガラクトオリゴ糖および0.01〜0.02%のアセスルファムを濾液中に加え、次いで、濾過のために、例えば有機膜精密濾過フィルターを使用し、滅菌処理がその後に続く。
本発明の酵素飲料は、経口液体生産プロセスに従って、充填して密封し、低温殺菌によって滅菌することができ、4〜10℃の低温で貯蔵される、経口液体の形態の飲料製品が調製される。
本発明において、乳酸菌スターター菌は市販されているダイレクトバットセット(凍結乾燥)の乳酸菌スターター菌であってよい。
本発明において、原材料としての新鮮な青果物は任意の果物および野菜であってよい。適切な果物および野菜は、人々の異なる好み、味覚、および機能の要求、または生産地域のそれらの供給状況に応じて、互いに、調和し混合できるように選ぶことができる。当然、総合的に栄養と味覚を考慮すれば、果物と野菜の組み合わせを選ぶことが好ましく、果物または野菜は、それぞれ、異なった種類の果物または野菜の組み合わせであることが好ましい。さらに、食用菌類および海藻は特に限定されず、人々の好み、味覚、および機能の要求に応じて選ぶことができる。従って、以下の例では、本発明の実施形態を説明するためにいくつかの原材料を単に例示的に列挙するが、本発明の原材料を限定するものではなく、取り合わせおよび組み合わせについて調節することができる。
本発明において、用語「青果物ジュース」は、さらなる濾過処理をせずに原材料としての青果物の汁を直接搾汁することによって得られる生産物のことを表す。従って、得られた生産物は青果物の繊維を含有し得る。原材料が食用菌類および海藻を含有する場合は、それらを搾汁することによって得られる生産物もまた青果物ジュースに属する。
本発明による方法は、発酵基質を調製するステップにおいて、1種または複数種の食用菌類および海藻を搾汁し、それらを青果物ジュースと混ぜることをさらに含むことができる。
ステップ(1)および(3)において記載された海産魚皮コラーゲンペプチド粉末は、1000未満の平均分子量を有する。
海産魚皮コラーゲンペプチド粉末は、本明細書で用いられる場合、魚皮のコラーゲンオリゴペプチドとも呼ばれるが、その主成分として1000未満の分子量を有するオリゴペプチド(短ペプチド)を有する、原材料としての高緯度地域の深海鮭の皮の前処理、酵素分解、分離、精製および乾燥によって得られる粉末生産物であり得る。海産魚皮コラーゲンペプチドは、90%以上のタンパク質含有量、水への優れた溶解性、酸−塩基安定性を有し、酸性条件下においてでさえ完全に溶解することができ、良好な乳化特性および発泡特性などのような良好な加工特性を有する。海産魚皮コラーゲンペプチドは、生理活性ペプチドとして栄養および健康機能もまた有する。海産魚皮コラーゲンペプチドは、高い消化および吸収率のため、食品栄養強化用およびアミノ酸バランス栄養補助剤として主に用いられる。その上、海産魚皮コラーゲンペプチドは、栄養分に富み、特有な加湿特性を有するため、皮膚に潤い、滑らかさおよび弾力性をもたらすことができ、また外面的には日光によるダメージから皮膚を守り、内面的にはフリーラジカルによるダメージから皮膚を守ることができる。青果物飲料を調製するための発酵プロセスにおいて、海産魚皮コラーゲンペプチドを窒素の栄養補助の一つとして用いることは、本発明の革新であり、乳酸菌および酵母の増加と代謝を良く促進することができる。一方、海産魚皮コラーゲンペプチドはまた、それ自身の栄養および健康機能により、発酵した青果物ジュース生産物の栄養的および機能的特性を高める。
本発明の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末は、市販製品であり、そのいくつかは海産魚オリゴペプチド粉末とも呼ばれ、GB/T22729−2008に従って、国の基準<海産魚のオリゴペプチド粉末>に準拠している。
上記から、本発明は、健康機能を有する酵素飲料を提供し、この飲料は美味しいだけではなく、栄養的機能および健康的機能両方を有し、病気を予防することができることを理解することができる。
本発明の実施形態による調製プロセスのフロー図である。
本発明は、以下の実施形態によってさらに説明されるが、これらの実施形態に限定されない。これらの実施形態は、本発明の範囲を限定することは全く意図していない。当業者によって、添付の請求項の範囲内で様々な変更および修正が本発明になされてもよく、これらもまた本発明の範囲内に含まれるとみなされるべきである。
実施例1
プロセスは、図1に示す通りである。新鮮な白いリンゴ、パイナップル、赤ぶどう、豊水梨、トマト、キャベツ、セロリおよびキュウリを各1kgの量を取り、洗浄し、小片に切り、そして搾汁する。混合後、得られた青果物ジュースを同じ体積の精製水で希釈して混合し、青果物の軟塊を得る。次いで、青果物の軟塊中に2%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、得られた混合物を高温で滅菌し、冷却する。2U/1000Lのダイレクトバットセット(凍結乾燥)の乳酸菌スターター菌を加え、発酵を30℃で7日間行い、pHが4.3に到達したら発酵を終了し、乳酸菌発酵液を生成する。乳酸菌発酵液中に、1%(w/v)の蔗糖および1%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加える。得られた混合物を高温で滅菌し、冷却し、次いで、0.08%の高活性乾燥酵母をその中に加え、発酵を25℃で約5日間行い、pHが4.0に到達したら発酵を終了する。得られた生産物を高温で滅菌し、冷却し、次いで、タンクで約15日間、8℃で貯蔵する。
上記のように得られた発酵液を40MPaで10分間均質化し;二重効用低温濃縮機により真空下60℃で10Brixに濃縮し;2500rpmで25分間遠心分離し;有機膜精密濾過フィルターによって濾過する。次いで、1.0%のマルチトール、0.1%のガラクトオリゴ糖、および0.01%のアセスルファム(濾液の重量に基づく;以下同じ)を得られた濾液中に加える。得られた混合物を再び有機膜精密濾過フィルターによって濾過し、経口液体生産プロセスに従って、充填して密封し、次いで、低温殺菌によって滅菌し、経口液体の形態でびん詰めされた、4℃の低温で貯蔵される飲料製品を得る。
実施例2
新鮮な赤いリンゴ、スイカ、ブルーベリー、レモン、青ピーマン、とうがん、アスパラガスおよびアオサを各5kgの量を取り、洗浄し、小片に切り、そして搾汁する。混合後、得られた青果物ジュースを基本的に同じ体積の精製水で希釈して混合し、青果物の軟塊を得る。次いで、青果物の軟塊中に2.5%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、得られた混合物を高温で滅菌し、冷却する。3U/1000Lのダイレクトバットセット(凍結乾燥)の乳酸菌スターター菌を加え、発酵を35℃で10日間行い、pHが4.3に到達したら発酵を終了し、乳酸菌発酵液を生成する。乳酸菌発酵液中に1.2%(w/v)の蔗糖および1.2%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加える。得られた混合物を高温で滅菌し、冷却し、次いで、0.10%の高活性乾燥酵母をその中に加え、発酵を28℃で約6日間行い、pHが4.0に到達したら発酵を終了する。得られた生産物を高温で滅菌し、冷却し、次いで、タンクで約18日間、10℃で貯蔵する。
上記のように得られた発酵液を40MPaで12分間均質化し;二重効用低温濃縮機により真空下70℃で10Brixに濃縮し;3500rpmで15分間遠心分離し;有機膜精密濾過フィルターによって濾過する。次いで、得られた濾液中に、0.5%のマルチトール、0.2%のガラクトオリゴ糖、および0.01%のアセスルファムを加える。得られた混合物を再び有機膜精密濾過フィルターによって濾過し、経口液体生産プロセスに従って、充填して密封し、次いで、低温殺菌によって滅菌し、経口液体の形態のびん詰めされた、4℃の低温で貯蔵される飲料製品を得る。
実施例3
新鮮なキウイ、ハミ瓜、ネーブルオレンジ、ブラウンプラム、大根、ズッキーニ、フラットマッシュルームおよびエノキタケを各10kgの量を取り、洗浄し、小片に切り、そして搾汁する。混合後、得られた青果物ジュースを基本的に同じ体積の精製水で希釈して混合し、青果物の軟塊を得る。次いで、青果物の軟塊中に、2%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、得られた混合物を高温で滅菌し、冷却する。4U/1000Lのダイレクトバットセット(凍結乾燥)の乳酸菌スターター菌を加え、発酵を35℃で10日間行い、pHが4.3に到達したら発酵を終了し、乳酸菌発酵液を生成する。乳酸菌発酵液中に、1.5%(w/v)の蔗糖および1.5%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加える。得られた混合物を高温で滅菌し、冷却し、次いで、0.12%の高活性乾燥酵母をその中に加え、発酵を30℃で約7日間行い、pHが4.0に到達したら発酵を終了する。得られた生産物を高温で滅菌し、冷却し、次いで、タンクで約20日間、12℃で貯蔵する。
上記のように得られた発酵液を40MPaで15分間均質化し;二重効用低温濃縮機により真空下80℃で10Brixに濃縮し;3000rpmで20分間遠心分離し;有機膜精密濾過フィルターによって濾過する。次いで、得られた濾液中に0.5%のマルチトール、0.1%のガラクトオリゴ糖、および0.02%のアセスルファムを加える。得られた混合物を再び有機膜精密濾過フィルターによって濾過し、経口液体生産プロセスに従って、充填して密封し、次いで、低温殺菌によって滅菌し、経口液体の形態のびん詰めされた、10℃の低温で貯蔵される飲料製品を得る。

Claims (10)

  1. 天然青果物の酵素飲料であって、ここで、酵素飲料は、乳酸菌および酵母を用いた発酵基質の段階的な発酵によって調製され、発酵基質は、青果物の軟塊および海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を含有し、青果物の軟塊は、少なくとも2種以上の青果物を搾汁し、それらを混合することによって調製される、天然青果物の酵素飲料。
  2. 発酵基質は青果物の軟塊および海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を含有し、青果物の軟塊は、少なくとも2種以上の青果物ならびに1種または複数種の食用菌類および海藻を搾汁し、それらを混合することによって調製される、請求項1に記載の酵素飲料。
  3. 海産魚皮コラーゲンペプチド粉末は、1000未満の平均分子量を有する、請求項1または2に記載の酵素飲料。
  4. 以下のステップ:
    (1)発酵基質の調製:基本的に同じ重量比の少なくとも2種の青果物を搾汁し、それらを混ぜて青果物ジュースを形成し、青果物ジュースを基本的に同じ体積の精製水で希釈して青果物の軟塊を形成し、軟塊中に2〜3%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、高温滅菌して冷却するステップ;
    (2)乳酸菌による発酵:発酵基質中に、発酵基質を基準として2〜4U/1000Lの乳酸菌スターター菌を加え、発酵を30〜35℃の温度で行い、pHが4.3に達したら終了し、乳酸菌発酵液を形成するステップ;
    (3)酵母による発酵:乳酸菌発酵液中に、蔗糖および1.0〜1.5%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、高温滅菌し、冷却し、次いで0.08〜0.12%(w/v)の高活性乾燥酵母を加え、発酵を25〜30℃の温度で行い、pHが4.0に達したら終了し、続いて、結果として生じる発酵生成物を高温で滅菌し、それを冷却し、酵母発酵液を形成するステップ;および
    (4)均質化、濃縮および混合:酵母発酵液を均質化し、濃縮および混合して、酵素飲料を得るステップ
    を含む方法によって調製される、請求項1に記載の酵素飲料。
  5. 前記方法が、さらに以下の:
    均質化し、10Brixに濃縮後、酵母発酵液を遠心分離し濾過し、結果として生じる濾液に甘味料を加えて混合し、次いで、濾過し滅菌するステップ
    を含む、請求項4に記載の酵素飲料。
  6. 前記方法が、さらに以下の:
    濾液の重量を基準として、0.5〜1.0%のマルチトール、0.1〜0.2%のガラクトオリゴ糖および0.01〜0.02%のアセスルファムを濾液中に加えるステップと、それらを混合するステップと、続いて、再び濾過し滅菌するステップと
    を含む、請求項4または5に記載の酵素飲料。
  7. 天然青果物の酵素飲料を調製する方法であって、以下のステップ:
    (1)発酵基質の調製:基本的に同じ重量比の2種以上の新鮮な青果物を洗浄し、切った後、搾汁し、それらを混合して青果物ジュースを形成し、ジュースを基本的に同じ体積の精製水で希釈して青果物の軟塊を形成し、軟塊中に2〜3%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、次いで、結果として生じる混合物を発酵槽で高温滅菌し、冷却するステップ;
    (2)乳酸菌による発酵:発酵基質中に2〜4U/1000Lの乳酸菌スターター菌を加え、発酵を30〜35℃の温度で行い、pHが4.3に達したら終了し、乳酸菌発酵液を形成するステップ;
    (3)酵母による発酵:乳酸菌発酵液中に、適当量の蔗糖および1.0〜1.5%(w/v)の海産魚皮コラーゲンペプチド粉末を加え、結果として生じる混合物を高温滅菌し、冷却し、次いで、0.08〜0.12%(w/v)の高活性乾燥酵母を加え、発酵を25〜30℃の温度で行い、pHが4.0に達したら終了し、続いて、高温滅菌し、冷却して、酵母発酵液を形成し、次いで、それを14〜21日間、8〜12℃で貯蔵するステップ;および
    (4)均質化、濃縮および混合:酵母発酵液を40MPaで10〜15分間均質化し、60〜80℃で10Brixに濃縮し;2500〜3500rpmで15〜25分間遠心分離して濾過し;結果として生じる濾液に甘味料を加え混合し、次いで、濾過し、低温殺菌して酵素飲料を得るステップ
    を含む、方法。
  8. 濾過し低温殺菌するステップの前に、0.5〜1.0%のマルチトール、0.1〜0.2%のガラクトオリゴ糖および0.01〜0.02%のアセスルファムを濾液中に加え、酵素飲料を得る、請求項7に記載の方法。
  9. 発酵基質を調製するステップが、さらに、前記新鮮な青果物と基本的に同じ重量比を有する1種または複数種の食用菌類および海藻を搾汁するステップと、次いで、それらを青果物ジュースと共に混ぜるステップとを含む、請求項7に記載の方法。
  10. ステップ(1)および(3)で用いられる海産魚皮コラーゲンペプチド粉末が1000未満の平均分子量を有する、請求項7に記載の方法。
JP2014528840A 2011-09-07 2012-09-05 天然青果物の酵素飲料とその調製方法 Active JP5989123B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN2011102630971A CN102356899B (zh) 2011-09-07 2011-09-07 一种天然果蔬酵素饮料及其制备方法
CN201110263097.1 2011-09-07
PCT/CN2012/081021 WO2013034080A1 (zh) 2011-09-07 2012-09-05 一种天然果蔬酵素饮料及其制备方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014525273A true JP2014525273A (ja) 2014-09-29
JP5989123B2 JP5989123B2 (ja) 2016-09-07

Family

ID=45582324

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014528840A Active JP5989123B2 (ja) 2011-09-07 2012-09-05 天然青果物の酵素飲料とその調製方法

Country Status (4)

Country Link
US (1) US20140147554A1 (ja)
JP (1) JP5989123B2 (ja)
CN (2) CN102356899B (ja)
WO (1) WO2013034080A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN107668192A (zh) * 2017-09-19 2018-02-09 三沙南海美源岛生物科技有限公司 一种海巴戟酵素果浆及相关食品的制备方法
CN107691951A (zh) * 2017-07-10 2018-02-16 杨宇 一种胶原蛋白益生菌固体饮料
CN107712879A (zh) * 2017-11-14 2018-02-23 周学义 一种低糖活性枸杞酵素的制备方法
JP2018070706A (ja) * 2016-10-26 2018-05-10 長谷川香料株式会社 柑橘様香味増強剤
CN108902949A (zh) * 2018-07-30 2018-11-30 山东晨彰生物科技有限公司 一种具有预防痛风功能的酵素及其制备方法
JP2019088258A (ja) * 2017-11-16 2019-06-13 健茂生物科技股▲ふん▼有限公司 抗酸化機能を有するサボテン果実とレッドドラゴンフルーツの複合発酵飲料品プロセス

Families Citing this family (55)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102356899B (zh) * 2011-09-07 2012-11-28 中国食品发酵工业研究院 一种天然果蔬酵素饮料及其制备方法
CN102669658B (zh) * 2012-04-23 2014-12-17 浙江科技学院 一种植物酵素食品的制备方法
CN103027293A (zh) * 2012-05-25 2013-04-10 深圳市中科海外科技有限公司 一种樟芝酵素制备方法
CN103027294A (zh) * 2012-05-25 2013-04-10 深圳市中科海外科技有限公司 一种抗癌酵素及其制备方法
CN102907726B (zh) * 2012-10-09 2015-02-11 广东盆地一号生物产业有限公司 一种天然柠檬酵素饮料、其制备方法及用途
CN103305432B (zh) * 2013-04-09 2015-04-22 杭州清正生物科技有限公司 一种酿酒酵母菌株及其应用
CN103190665B (zh) * 2013-04-23 2014-07-02 中国食品发酵工业研究院 一种天然蔬果发酵饮料
CN103564562B (zh) * 2013-07-12 2015-02-04 宁夏光彩生物科技有限公司 果蔬发酵液、果蔬发酵饮料及其制备方法
CN104336547B (zh) * 2013-07-30 2021-05-18 杭州立一真生物科技有限公司 一种无花果酵素及其制备方法
CN103462147B (zh) * 2013-10-12 2015-07-01 安徽燕之坊食品有限公司 一种果蔬型五谷杂粮饮料及其制备方法
CN103598643B (zh) * 2013-11-13 2016-02-10 陕西科技大学 一种即食浓缩浆水饮料和汤料及其制备方法和食用方法
CN104906560A (zh) * 2014-03-14 2015-09-16 嘉兴纽迪康生物科技有限公司 一种具有抗肿瘤功能的保健品的配方
CN104187602B (zh) * 2014-06-30 2016-02-10 青海圣烽生物技术开发有限公司 一种枸杞酵素的制备方法
CN104664525A (zh) * 2014-07-29 2015-06-03 杭州恒克生物技术有限公司 一种具有调理肠胃功能的水果调和酵素产品及其制备方法
CN104522827A (zh) * 2014-12-19 2015-04-22 上海承煌实业有限公司 一种藻类酵素营养固体饮品及其制备工艺
CN104431859B (zh) * 2014-12-30 2017-12-22 湖南双创部落信息咨询服务有限责任公司 一种杨桃酵素的制备方法
CN104432342B (zh) * 2015-01-05 2016-07-06 重庆润优农业开发有限公司 一种草莓发酵饮料的制作方法
CN104585825B (zh) * 2015-01-19 2017-03-01 中国食品发酵工业研究院 一种山药发酵制品及其制备方法
CN104522816B (zh) * 2015-01-19 2016-11-09 中国食品发酵工业研究院 一种木瓜发酵制品及其制备方法
CN104544441B (zh) * 2015-01-19 2017-03-01 中国食品发酵工业研究院 一种沙棘发酵制品及其制备方法
CN104522817B (zh) * 2015-01-19 2016-04-27 中国食品发酵工业研究院 一种菊苣发酵制品及其制备方法
CN104522818B (zh) * 2015-01-19 2016-04-27 中国食品发酵工业研究院 一种草莓发酵制品及其制备方法
CN104585828B (zh) * 2015-01-19 2016-04-27 中国食品发酵工业研究院 一种灵芝发酵制品及其制备方法
CN104522672B (zh) * 2015-01-19 2017-02-22 中国食品发酵工业研究院 一种枸杞发酵制品及其制备方法
CN104856016A (zh) * 2015-04-24 2015-08-26 西藏月王生物技术有限公司 一种青稞红曲酵素及其制备方法
CN104921141A (zh) * 2015-06-24 2015-09-23 润盈生物工程(上海)有限公司 一种复合益生菌果蔬酵素的制备方法
CN105146660B (zh) * 2015-09-09 2017-11-17 安徽管仲宫神生物科技有限公司 天然果蔬酵素饮料及其制备方法
CN105105268A (zh) * 2015-09-23 2015-12-02 杨万录 一种复合酵素液、其制备方法及应用
CN105166907A (zh) * 2015-10-10 2015-12-23 宁波海通食品科技有限公司 一种麦苗酵素的快速发酵制备方法
CN105266084A (zh) * 2015-11-08 2016-01-27 沈阳农业大学 一种蓝莓酵素粉的制作方法
CN105192834A (zh) * 2015-11-13 2015-12-30 廖亚妹 一种混菌发酵甜玉米制备甜玉米饮料的方法
CN105341927A (zh) * 2015-12-01 2016-02-24 沈阳园康天然生物科技有限公司 一种有美容效果的蛹虫草葡萄酵素制备方法
CN105533377A (zh) * 2016-01-11 2016-05-04 上海金苇子生物技术有限公司 一种酵素饮料及其制备方法
CN105919076A (zh) * 2016-04-26 2016-09-07 青岛金凤凰庄园果品有限公司 一种黑莓单一酵素的发酵方法
CN106036326A (zh) * 2016-06-20 2016-10-26 合肥丰瑞隆生物科技有限公司 火龙果酵素及其制备方法
CN106107966A (zh) * 2016-06-20 2016-11-16 合肥丰瑞隆生物科技有限公司 明目酵素及其制备方法
CN106036863A (zh) * 2016-06-20 2016-10-26 合肥丰瑞隆生物科技有限公司 降血脂酵素及其制备方法
CN106107964A (zh) * 2016-06-20 2016-11-16 合肥丰瑞隆生物科技有限公司 人参酵素及其制备方法
CN106036325A (zh) * 2016-06-20 2016-10-26 合肥丰瑞隆生物科技有限公司 枸杞酵素及其制备方法
CN106036886A (zh) * 2016-06-20 2016-10-26 合肥丰瑞隆生物科技有限公司 银杏酵素及其制备方法
CN106176909A (zh) * 2016-07-16 2016-12-07 江南大学 一种用人参白术茯苓甘草制备四君子酵素饮料的方法
CN106072596A (zh) * 2016-07-26 2016-11-09 厦门益力康生物科技有限公司 一种促消化酵素及其制备方法
CN106072597A (zh) * 2016-07-26 2016-11-09 厦门益力康生物科技有限公司 一种补钙健骨酵素及其制备方法
CN106261363A (zh) * 2016-08-08 2017-01-04 厦门和美科盛生物技术有限公司 一种益生菌果蔬酵素饮料及其制备方法
CN106262866A (zh) * 2016-08-30 2017-01-04 深圳市全酵源生物技术有限公司 植菌素及其用途
CN106723071A (zh) * 2016-11-25 2017-05-31 北京市绿友食品有限公司 一种冻干发酵果蔬粉及其制备方法
CN108157938A (zh) * 2016-12-07 2018-06-15 新乡医学院三全学院 一种食用菌搅拌混合发酵设备及发酵方法
CN106923316A (zh) * 2017-04-26 2017-07-07 合肥绿益食品有限公司 茶树菇香肠及其制备方法
CN106858261A (zh) * 2017-05-03 2017-06-20 黑龙江众生生物工程有限公司 一种用于果蔬汁发酵的乳酸菌发酵促进剂及其应用
CN107334099A (zh) * 2017-06-20 2017-11-10 安徽阳光药业有限公司 水果酵素及其制备方法
CN107439886A (zh) * 2017-08-17 2017-12-08 佛山泓乾生物科技有限公司 一种蛋白固体饮料的制备方法
CN107683994A (zh) * 2017-10-24 2018-02-13 武汉旗裕高新技术有限公司 一种果蔬酵素饮料及其制备方法
CN107712523A (zh) * 2017-10-31 2018-02-23 格瑞果汁工业(天津)有限公司 一种发酵菠萝饮料浓浆及其制备方法
CN108244428A (zh) * 2017-12-26 2018-07-06 张家界金驰天问农业科技有限公司 大鲵活性肽益生菌饮品及应用
CN109463750A (zh) * 2018-12-15 2019-03-15 陕西微阅信息技术有限公司 一种肠道菌群整理剂的制备方法

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03172147A (en) * 1989-11-30 1991-07-25 Shirako:Kk Food and drink made from seaweed and its preparation
JP2001190251A (ja) * 2000-01-11 2001-07-17 House Foods Corp 発酵飲料の製造方法
JP2003111580A (ja) * 2001-09-27 2003-04-15 Seiko Boku 抗酸化物質とオクタコサノルとβ−グルーカンを含有する発酵飲料とその製造方法
JP2003210133A (ja) * 2002-01-18 2003-07-29 Oubiken:Kk 発酵製品の製造と利用
JP2004254528A (ja) * 2003-02-24 2004-09-16 Sakamoto Koryo Kk 野菜汁飲料
JP2008194010A (ja) * 2007-02-15 2008-08-28 Nihon Koken Kk コラーゲンペプチド含有組成物の製造方法および用途
JP2008283948A (ja) * 2007-05-15 2008-11-27 Bhn Kk 乳発酵物の製造方法
JP2010130945A (ja) * 2008-12-04 2010-06-17 Pharma Foods International Co Ltd 野菜発酵物の製造方法

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
NZ501386A (en) * 1999-11-29 2002-10-25 Nz Inst For Crop & Food Res Collagen from fish skin
CN1262874A (zh) * 2000-02-16 2000-08-16 宋桐哲 乳酸发酵果汁及饮料
FR2816321B1 (fr) * 2000-11-09 2003-01-24 Roquette Freres Procede de preparation d'un milieu de fermentation a partir d'une matiere premiere renouvelable
JP4226299B2 (ja) * 2002-10-22 2009-02-18 日本水産株式会社 魚由来ゼラチンペプチドの製造方法
CN1285287C (zh) * 2004-05-18 2006-11-22 浙江省农业科学院 一种果肉型复合蔬菜发酵饮料及其制备方法
KR20060074013A (ko) * 2004-12-27 2006-06-30 가부시끼가이샤 롯데 콜라겐 함유 음식품
CN100372468C (zh) * 2005-06-23 2008-03-05 统一企业(中国)投资有限公司昆山研究开发中心 活性乳酸菌发酵果蔬汁饮料的制作方法
CN1891084A (zh) * 2005-07-08 2007-01-10 上海博安生物工程有限公司 一种鱼果蔬混合汁及其发酵饮料的制备工艺
DE102005056668A1 (de) * 2005-11-28 2007-05-31 Basf Ag Fermentative Herstellung organischer Verbindungen
CN101088421A (zh) * 2006-06-18 2007-12-19 杨锋 一种发酵型水解植物蛋白-果蔬汁复合饮料及其制备方法
CN101091789B (zh) * 2006-06-19 2010-11-10 李勇 海洋胶原肽在制备免疫调节药物或食品中的用途
US9441257B2 (en) * 2008-08-29 2016-09-13 Pharvis R&D Korea Co., Ltd. Method for producing fermented edible plants or edible animal/plants, fermented edible plants or edible animal/plants produced by same, and foods containing same
CN101558895A (zh) * 2009-05-15 2009-10-21 才玉山 制取乳酸果蔬蜜的加工方法
CN101692908B (zh) * 2009-10-19 2013-06-26 浙江省医学科学院 一种具有补血、养颜、美容功能的双胶花粉食品及其制备方法
CA2779460A1 (en) * 2009-11-23 2011-05-26 Butamax(Tm) Advanced Biofuels Llc Method for producing butanol using extractive fermentation with osmolyte addition
CN102356899B (zh) * 2011-09-07 2012-11-28 中国食品发酵工业研究院 一种天然果蔬酵素饮料及其制备方法

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03172147A (en) * 1989-11-30 1991-07-25 Shirako:Kk Food and drink made from seaweed and its preparation
JP2001190251A (ja) * 2000-01-11 2001-07-17 House Foods Corp 発酵飲料の製造方法
JP2003111580A (ja) * 2001-09-27 2003-04-15 Seiko Boku 抗酸化物質とオクタコサノルとβ−グルーカンを含有する発酵飲料とその製造方法
JP2003210133A (ja) * 2002-01-18 2003-07-29 Oubiken:Kk 発酵製品の製造と利用
JP2004254528A (ja) * 2003-02-24 2004-09-16 Sakamoto Koryo Kk 野菜汁飲料
JP2008194010A (ja) * 2007-02-15 2008-08-28 Nihon Koken Kk コラーゲンペプチド含有組成物の製造方法および用途
JP2008283948A (ja) * 2007-05-15 2008-11-27 Bhn Kk 乳発酵物の製造方法
JP2010130945A (ja) * 2008-12-04 2010-06-17 Pharma Foods International Co Ltd 野菜発酵物の製造方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018070706A (ja) * 2016-10-26 2018-05-10 長谷川香料株式会社 柑橘様香味増強剤
CN107691951A (zh) * 2017-07-10 2018-02-16 杨宇 一种胶原蛋白益生菌固体饮料
CN107668192A (zh) * 2017-09-19 2018-02-09 三沙南海美源岛生物科技有限公司 一种海巴戟酵素果浆及相关食品的制备方法
CN107712879A (zh) * 2017-11-14 2018-02-23 周学义 一种低糖活性枸杞酵素的制备方法
JP2019088258A (ja) * 2017-11-16 2019-06-13 健茂生物科技股▲ふん▼有限公司 抗酸化機能を有するサボテン果実とレッドドラゴンフルーツの複合発酵飲料品プロセス
CN108902949A (zh) * 2018-07-30 2018-11-30 山东晨彰生物科技有限公司 一种具有预防痛风功能的酵素及其制备方法

Also Published As

Publication number Publication date
US20140147554A1 (en) 2014-05-29
CN102356899B (zh) 2012-11-28
JP5989123B2 (ja) 2016-09-07
CN103929982A (zh) 2014-07-16
CN102356899A (zh) 2012-02-22
WO2013034080A1 (zh) 2013-03-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5989123B2 (ja) 天然青果物の酵素飲料とその調製方法
CN105192798B (zh) 复合酵素饮料及其制备方法
CN105360864A (zh) 一种酵素饮料的制备方法
CN105211985B (zh) 一种果葡糖浆与蔗糖协同制备高品质果汁浓浆的方法
CN103798368A (zh) 一种猕猴桃乳酸菌发酵饮料的制备方法
US20160192682A1 (en) Formulation and process for making fermented probiotic food and beverage products
CN103609688A (zh) 一种活性嗜酸乳杆菌饮品及其制备方法
JPH10179134A (ja) にんにく食酢
CN106387569A (zh) 一种浓缩发酵果蔬汁及其制备方法
CN103103104A (zh) 桑椹发酵果醋及工艺
CN107006742B (zh) 一种植物乳杆菌发酵桑葚果浆及制备方法和应用
CN104186661A (zh) 一种葡萄杏仁高钙酸羊奶发酵乳及其制备方法
CN103932343A (zh) 用蔬菜和水果发酵制备风味保健饮料的方法
CN105494635A (zh) 乳饮料及其制备方法
CN104397178A (zh) 一种猕猴桃酸奶
CN102919357A (zh) 柠檬味乳饮料及其制备方法
CN103876212A (zh) 一种马铃薯饮料及其制作方法
CN105211970A (zh) 一种罗汉果乳酸发酵果汁及其制备方法
CN103976444B (zh) 一种果仁露及其制备方法
CN103202337A (zh) 一种洛神花保健酸奶的制备工艺
KR101092482B1 (ko) 과일막걸리 및 그 제조방법
CN103734851A (zh) 一种基于米曲霉培养物的非乳益生菌饮料的制备方法
CN105285103A (zh) 一种美容酸奶
KR20130071751A (ko) 발효 유기산 성분이 함유된 액상발효제의 제조방법 및 상기 방법으로 제조된 발효주스
KR20130110109A (ko) 쌀뜨물 유산균 발효 조성물의 제조방법 및 그 방법에 의하여 제조된 식품

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150116

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150210

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150508

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20151110

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20160203

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160802

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160809

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5989123

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250