JP2003522146A - 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤 - Google Patents

外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤

Info

Publication number
JP2003522146A
JP2003522146A JP2001557561A JP2001557561A JP2003522146A JP 2003522146 A JP2003522146 A JP 2003522146A JP 2001557561 A JP2001557561 A JP 2001557561A JP 2001557561 A JP2001557561 A JP 2001557561A JP 2003522146 A JP2003522146 A JP 2003522146A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
dosage form
antagonist
opioid
naltrexone
oral dosage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2001557561A
Other languages
English (en)
Inventor
オシュラック,ベンジャミン
ライト,カーティス
Original Assignee
ユーロ−セルティーク,エス.エイ.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to US18136900P priority Critical
Priority to US60/181,369 priority
Application filed by ユーロ−セルティーク,エス.エイ. filed Critical ユーロ−セルティーク,エス.エイ.
Priority to PCT/US2001/004346 priority patent/WO2001058451A1/en
Publication of JP2003522146A publication Critical patent/JP2003522146A/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=22663996&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2003522146(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/5084Mixtures of one or more drugs in different galenical forms, at least one of which being granules, microcapsules or (coated) microparticles according to A61K9/16 or A61K9/50, e.g. for obtaining a specific release pattern or for combining different drugs
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/33Heterocyclic compounds
    • A61K31/395Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins
    • A61K31/435Heterocyclic compounds having nitrogen as a ring hetero atom, e.g. guanethidine, rifamycins having six-membered rings with one nitrogen as the only ring hetero atom
    • A61K31/47Quinolines; Isoquinolines
    • A61K31/485Morphinan derivatives, e.g. morphine, codeine
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/0012Galenical forms characterised by the site of application
    • A61K9/0043Nose
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/0012Galenical forms characterised by the site of application
    • A61K9/0053Mouth and digestive tract, i.e. intraoral and peroral administration
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/0012Galenical forms characterised by the site of application
    • A61K9/0053Mouth and digestive tract, i.e. intraoral and peroral administration
    • A61K9/006Oral mucosa, e.g. mucoadhesive forms, sublingual droplets; Buccal patches or films; Buccal sprays
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/02Suppositories; Bougies; Bases therefor; Ovules
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • A61K9/16Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction
    • A61K9/1605Excipients; Inactive ingredients
    • A61K9/1617Organic compounds, e.g. phospholipids, fats
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • A61K9/16Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction
    • A61K9/1605Excipients; Inactive ingredients
    • A61K9/1629Organic macromolecular compounds
    • A61K9/1635Organic macromolecular compounds obtained by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyvinyl pyrrolidone, poly(meth)acrylates
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • A61K9/16Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction
    • A61K9/1605Excipients; Inactive ingredients
    • A61K9/1629Organic macromolecular compounds
    • A61K9/1641Organic macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyethylene glycol, poloxamers
    • A61K9/1647Polyesters, e.g. poly(lactide-co-glycolide)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • A61K9/16Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction
    • A61K9/167Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction with an outer layer or coating comprising drug; with chemically bound drugs or non-active substances on their surface
    • A61K9/1676Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction with an outer layer or coating comprising drug; with chemically bound drugs or non-active substances on their surface having a drug-free core with discrete complete coating layer containing drug
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/14Particulate form, e.g. powders, Processes for size reducing of pure drugs or the resulting products, Pure drug nanoparticles
    • A61K9/16Agglomerates; Granulates; Microbeadlets ; Microspheres; Pellets; Solid products obtained by spray drying, spray freeze drying, spray congealing,(multiple) emulsion solvent evaporation or extraction
    • A61K9/1682Processes
    • A61K9/1694Processes resulting in granules or microspheres of the matrix type containing more than 5% of excipient
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/20Pills, tablets, discs, rods
    • A61K9/2072Pills, tablets, discs, rods characterised by shape, structure or size; Tablets with holes, special break lines or identification marks; Partially coated tablets; Disintegrating flat shaped forms
    • A61K9/2077Tablets comprising drug-containing microparticles in a substantial amount of supporting matrix; Multiparticulate tablets
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/20Pills, tablets, discs, rods
    • A61K9/2072Pills, tablets, discs, rods characterised by shape, structure or size; Tablets with holes, special break lines or identification marks; Partially coated tablets; Disintegrating flat shaped forms
    • A61K9/2077Tablets comprising drug-containing microparticles in a substantial amount of supporting matrix; Multiparticulate tablets
    • A61K9/2081Tablets comprising drug-containing microparticles in a substantial amount of supporting matrix; Multiparticulate tablets with microcapsules or coated microparticles according to A61K9/50
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/20Pills, tablets, discs, rods
    • A61K9/28Dragees; Coated pills or tablets, e.g. with film or compression coating
    • A61K9/2806Coating materials
    • A61K9/2833Organic macromolecular compounds
    • A61K9/286Polysaccharides, e.g. gums; Cyclodextrin
    • A61K9/2866Cellulose; Cellulose derivatives, e.g. hydroxypropyl methylcellulose
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/4808Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate characterised by the form of the capsule or the structure of the filling; Capsules containing small tablets; Capsules with outer layer for immediate drug release
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/5005Wall or coating material
    • A61K9/501Inorganic compounds
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/5005Wall or coating material
    • A61K9/5015Organic compounds, e.g. fats, sugars
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/5005Wall or coating material
    • A61K9/5021Organic macromolecular compounds
    • A61K9/5026Organic macromolecular compounds obtained by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyvinyl pyrrolidone, poly(meth)acrylates
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/5005Wall or coating material
    • A61K9/5021Organic macromolecular compounds
    • A61K9/5031Organic macromolecular compounds obtained otherwise than by reactions only involving carbon-to-carbon unsaturated bonds, e.g. polyethylene glycol, poly(lactide-co-glycolide)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/5073Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals having two or more different coatings optionally including drug-containing subcoatings
    • A61K9/5078Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals having two or more different coatings optionally including drug-containing subcoatings with drug-free core
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/48Preparations in capsules, e.g. of gelatin, of chocolate
    • A61K9/50Microcapsules having a gas, liquid or semi-solid filling; Solid microparticles or pellets surrounded by a distinct coating layer, e.g. coated microspheres, coated drug crystals
    • A61K9/51Nanocapsules; Nanoparticles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7053Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polyvinyl, polyisobutylene, polystyrene
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K9/00Medicinal preparations characterised by special physical form
    • A61K9/70Web, sheet or filament bases ; Films; Fibres of the matrix type containing drug
    • A61K9/7023Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms
    • A61K9/703Transdermal patches and similar drug-containing composite devices, e.g. cataplasms characterised by shape or structure; Details concerning release liner or backing; Refillable patches; User-activated patches
    • A61K9/7038Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer
    • A61K9/7046Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds
    • A61K9/7053Transdermal patches of the drug-in-adhesive type, i.e. comprising drug in the skin-adhesive layer the adhesive comprising macromolecular compounds obtained by reactions only involving carbon to carbon unsaturated bonds, e.g. polyvinyl, polyisobutylene, polystyrene
    • A61K9/7061Polyacrylates

Abstract

(57)【要約】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オピオイドアンタゴニストを含む投与形を開示し、よって、外圧後の該投与形から放出されたアンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの量の比は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:1またはそれ以上であり、該アゴニストおよびアンタゴニストは、相互分散し、互いに2つの異なる層に単離しない。

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 オピオイドは、オピオイドアゴニストとしても知られるが、これは、アヘンま
たはモルヒネ様の特性を示す薬物群である。オピオイドは、主に中程度から強度
の鎮痛薬として使用されるが、同様に、眠気、呼吸器抑制、気分の変化、および
意識の消失を伴わない意識混濁を含む多くの他の薬理作用を示す。オピオイドは
、脳および他の組織中の立体特異的かつ飽和可能な結合部位と相互作用し、アゴ
ニストとして作用する。内因性オピオイド様ペプチドは、疼痛の知覚;運動、気
分および挙動、および、神経内分泌学的機能の調節に関連すると推定される中枢
神経系の領域に特に存在する。アヘンは、20を超える別個のアルカロイドを含
む。モルヒネ、コデインおよびパパベリンがこの群に含まれる。 【0002】 19世紀の中期までに、粗アヘン調製物ではなく、モルヒネなどの純粋なアル
カロイドの使用が、医学分野全体に広がり始めた。モルヒネの非経口使用は、粗
アヘン調製物よりも、多種多様なやみつきな薬物使用を引き起こす傾向がある。
オピオイドに対する耽溺の問題は、耽溺を生じる危険性のない強力な鎮痛薬の探
索を促した。1967年までに、研究者は、モルヒネ様薬物、アンタゴニスト、
および「混合アゴニスト−アンタゴニスト」と呼ばれるものの間の複雑な相互作
用は、オピオイドおよび関連薬物の2つ以上の種類の受容体の存在を仮定するこ
とにより説明できると結論づけた。モルヒネ様作用を有する新規な全合成物体の
出現により、「オピオイド」なる語は、一般に、オピオイド受容体の数個の亜種
のいずれかに立体特異的に結合し、アゴニスト作用を生じる、全ての外来的物質
の総称として保持されている。このより深い解明により、薬理科学は前進したが
、乱用の危険性のない鎮痛オピオイドは開発されなかった。 【0003】 オピオイドの反復使用による耐性および身体依存の発達の危険性は、全てのオ
ピオイド薬物の特徴的な面であり、心理的依存(すなわち耽溺)が発生する危険
性は、医原性耽溺は稀ではあるが、オピオイドを用いた疼痛処置の使用における
主な懸念の1つである。オピオイドの使用に関連した別の主な懸念は、疼痛患者
からこれらの薬物が、違法目的で、別の人(患者以外)、例えば常用者に流れる
ことである。 【0004】 オピオイドの全体的な乱用の危険性は、いずれか1つの単一の因子によっては
確立されない。その代わりに、薬物離脱が薬物探索行動を生じるに十分な苦悩を
引き起こす一種の身体依存を生じる薬物の能力;他の薬剤の離脱により引き起こ
される離脱症状を抑制する能力;モルヒネおよび他のオピオイドにより生じる陶
酔に類似した陶酔を誘導する程度;薬物を、その通常の治療範囲より多く投与し
た場合に生じる毒性パターン;および、水溶解度などの薬物の身体的特徴を含む
、複合因子がある。かかる身体特徴によって、薬物が非経口経路により乱用され
る可能性があるかどうかを決定し得る。 【0005】 米国では、やみつきな薬物使用者を制御する努力は、やみつきな薬物使用者の
疼痛処置におけるオピオイドの使用に対して制限を設けることにより、薬物の入
手を制御する努力を含む。実際に、医師は、該薬物に身体依存、すなわち耽溺を
発達する素因があると見られる人にさえ、強力なオピオイド鎮痛薬を投与する選
択に直前することが多い。この問題を鑑みると、これらの患者には、乱用の危険
性のない別の薬物で足りる場合にはオピオイドを投与すべきではなく;さらに、
これらの患者には、非経口的に乱用し得る投与形で与えるべきではなく、単にい
ずれか1回で数日間の供給を与えるべきであることを推奨する。 【0006】 オピオイド使用および依存の少なくとも3つの基本的なパターンを同定した。
第一は、薬物使用が、医学的処置に関連して始まり、例えば医師などの合法的起
源からその初回供給を得た個人を含む。別のパターンは、実験的または「娯楽」
薬物使用から始まり、より徹底的な使用に進行する。第三のパターンは、前のパ
ターンの一方または他方で始まったが、認可耽溺処置プログラムから得た、メサ
ドンなどの経口オピオイドに後に切り替えた使用者を含む。 【0007】 耐性は、同じレベルの鎮痛または陶酔を得るための、ある期間におよびオピオ
イドの投与量を増加する必要性、または、同じ投与量の反復投与により、鎮痛、
陶酔、または他のオピオイド作用の減少が観察されることを意味する。顕著な程
度の耐性は、オピオイドの呼吸器抑制、鎮痛、沈静、催吐および陶酔作用へと発
達することが判明した。しかし、常用者または疼痛処置の必要な患者において、
この耐性が発達し得る速度は、使用パターンに依存する。オピオイドを頻繁に使
用する場合、投与量の増加が必要であり得る。耐性は、全てのオピオイドの作用
に対して同等または同じ速度で発達せず、呼吸器抑制作用に高度に耐性である使
用者さえ、縮瞳および便秘を示し続ける。オピオイドに対する耐性は、主に、離
脱症状が終了した時に消失する。 【0008】 身体依存は、オピオイドの反復投与および延長使用時に発達し得る。身体依存
は、オピオイド使用停止後に次第に現れるか、または、麻薬性アンタゴニストの
投与後に急激に現れる(「急激離脱症状シンドローム(precipitated abstinenc
e syndrome)」と称する)(例えば数分以内)。依存が確立される薬物、並びに
使用および投与期間に応じて、離脱の症状は、数および種類、期間および重度が
変化する。離脱症候群の最も一般的な症状は、摂食障害、体重減少、瞳孔散大、
過度の発汗と交互に生じる悪寒、腹部痙攣、吐気、嘔吐、筋肉痙縮、過敏症、流
涙、鼻漏、鳥肌、心拍増加を含む。天然禁断症候群は、典型的には、最後の投与
の24〜48時間後に起こり始め、約3日目に最大強度に達し、第三週まで減少
し始めないだろう。オピオイドアンタゴニストの投与により生じる禁断症候群の
急激な出現は、投与量および具体的なアンタゴニストによって、強度および期間
が変化するが、一般に、数分から数時間の範囲である。 【0009】 オピオイドに対する心理的依存(すなわち耽溺)は、陶酔、および、例えば心
理社会的経済的プレッシャーからの逃避を達成することに向けた薬物探索行動を
特徴とする。常用者は、非医学的目的で、自己危害にも関わらずオピオイドを投
与し続ける。 【0010】 以前、当分野では、オピオイド鎮痛薬に関連した乱用の危険性を制御する試み
がなされた。例えば、ペンタゾシンとナロキソンの組合せが、サノフィ−ウィン
トロップからタルウィン(登録商標)Nxとして市販されている米国で入手可能
な錠剤に使用されている。タルウィン(登録商標)Nxは、50mgの塩基に同
等な塩酸ペンタゾシン、および、0.5mg塩基に同等な塩酸ナロキソンを含む
。タルウィン(登録商標)Nxは、中程度から重度の疼痛の緩解に適応されてい
る。この組合せに存在するナロキソンの量は、経口投与する場合に低い活性を示
し、ペンタゾシンの薬理作用に最小限にしか干渉しない。しかし、非経口投与し
たこの量のナロキソンは、麻薬性鎮痛薬に対して顕著なアンタゴニスト作用を示
す。従って、ナロキソンの包含は、投与形を可溶化し注射した場合に生じる、誤
用形の経口ペンタゾシンを抑制するものである。それ故、この投与量は、以前の
経口ペンタゾシン製剤よりも、非経口誤用の危険性が低い。しかし、依然として
、経口経路による、例えば、一度に複数の投与量を服用した患者による、患者の
誤用および乱用がある。重度の疼痛の管理用の、チリジン(50mg)およびナ
ロキソン(4mg)を含む一定の組合せ療法が、1978年以来、ドイツで入手
可能である(ヴァロロン(登録商標)N、ゴエデッケ)。これらの薬物の組合せ
の理論は、モルヒネ受容体でのナロキソン誘導アンタゴニストによる、効果的な
疼痛緩解およびチリジン耽溺の予防である。疼痛の処置用のブプレノルフィンと
ナロキソンの一定の組合せが、1991年、ニュージーランドに導入された(テ
ムゲシック(登録商標)Nx、レキット&コールマン)。 【0011】 (発明の目的および要約) 本発明の目的は、経口投与形のオピオイドアゴニストを提供することであり、
これは、それに含まれるオピオイドアゴニストの乱用の危険性を減少するのに有
用である。 【0012】 本発明の好ましい実施形態の目的は、経口投与形のオピオイドアゴニストを提
供することであり、これは、オピオイドアゴニストの鎮痛作用に影響を及ぼすこ
となく、または離脱症状の急激な出現の危険性を受けることなく、オピオイドア
ゴニストの乱用の危険性を減少するのに有用である。 【0013】 本発明の好ましい実施形態の目的は、経口投与形のオピオイドアゴニストを提
供することであり、これは、誤用、乱用または流用に抵抗性であり、ここでの抵
抗性は、同時投与したオピオイドアゴニストおよびアンタゴニスト混合物の作用
における、個々の患者特異的な差異に依存しない。 【0014】 本発明の好ましい実施形態の目的は、投与形を無傷で経口投与した場合にオピ
オイドアゴニストの鎮痛効力を変化させないが、オピオイドアゴニストの作用を
干渉することにより投与形に外圧を負荷した場合に乱用を予防できる、投与量の
オピオイドアンタゴニストと共に、有効投与量のオピオイドアゴニストを含む経
口投与形を提供することである。 【0015】 本発明の好ましい実施形態の目的は、経口オピオイド投与形の乱用を防ぐ方法
を提供することであり、ここでの投与形はまた、隔離された、例えば、投与量が
無傷で投与された場合には生物学的に利用可能ではないが、投与形に外圧を負荷
した(tampered)場合には(例えばオピオイド鎮痛薬の投与量を誤用する試みで
)生物学的に利用可能である、投与量のオピオイドアンタゴニストを含む。 【0016】 本発明の好ましい実施形態のさらなる目的は、急性または慢性疼痛の管理に使
用する目的またはそれに適した経口投与形を提供することであり、オピオイドア
ゴニストの鎮痛作用の変化は、耐性、身体依存、または、肝代謝または生理にお
ける個々のばらつきなどの場合には回避しなければならない。 【0017】 本発明の好ましい実施形態のさらなる目的は、経口、非経口、鼻腔内および/
または舌下経路によるその誤用を減少させつつ、経口投与形のオピオイドアゴニ
ストを用いて、ヒト患者の疼痛を処置する方法を提供することである。 【0018】 上記の目的およびその他のいくつかまたは全部は、本発明の実施形態により達
成され、これは、一部には、オピオイドアゴニストおよびオピオイドアンタゴニ
ストを含む経口投与形に向けられ、ここでのオピオイドアンタゴニストは、実質
的に放出不可能な形(すなわち「隔離」)で存在する。好ましい実施形態におい
て、投与形は、経口的に治療有効量のオピオイドアゴニストを含み、該投与形は
、所望の鎮痛作用を与える。オピオイドアンタゴニストは、実質的に放出不可能
な形で存在するので、投与形を無傷で経口投与した場合にオピオイドアゴニスト
の鎮痛作用を実質的に遮断せず、オピオイド耐性または依存患者における離脱症
状の急激な出現の危険性を課さない。 【0019】 好ましい実施形態において、本発明の経口投与形は、(i)放出可能な形のオ
ピオイドアゴニストおよび(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放
出されない隔離オピオイドアンタゴニストを含む経口投与形に関し、よって、外
圧後(after tampering)の該投与形から放出されたアンタゴニストの量と、無
傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの量の比は、37℃で75rpm
でUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形の
インビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:1またはそれ以上であり、該ア
ゴニストおよびアンタゴニストは、相互分散し、互いに2つの異なる層に単離し
ない。 【0020】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
トおよび(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オ
ピオイドアンタゴニストを含む経口投与形に関し、よって、外圧後の該投与形か
ら放出されたアンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴ
ニストの量の比は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用し
て模擬胃液900ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき
、約4:1またはそれ以上であり、該アンタゴニストは、実質的にアンタゴニス
トの放出を防ぐ隔離材料で個々にコーティングされた多粒子形である。 【0021】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
トおよび(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オ
ピオイドアンタゴニストを含む経口投与形に関し、よって、外圧後の該投与形か
ら放出されたアンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴ
ニストの量の比は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用し
て模擬胃液900ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき
、約4:1またはそれ以上であり、隔離オピオイドアンタゴニストを含み、該ア
ンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を防ぐ隔離材料を含むマトリッ
クスで分散している。 【0022】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
トおよび(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オ
ピオイドアンタゴニストを含む経口投与形に関し、よって、該無傷投与形に含ま
れるアンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの
量の比は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃
液900ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:
1またはそれ以上であり、該アゴニストおよびアンタゴニストは、相互分散し、
互いに2つの異なる層に単離しない。 【0023】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
ト;および(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離
オピオイドアンタゴニストを含む経口投与形に関し、よって、1時間後に該無傷
投与形から放出されたアンタゴニストの量は、0.25mgナルトレキソンに生
物学的同等な量より少なく、外圧後に該投与形から1時間後に放出された該アン
タゴニストの量は、0.25mgナルトレキソンに生物学的同等な量またはそれ
以上であり、該放出は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使
用して模擬胃液900ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基
づき、該アゴニストおよびアンタゴニストは相互分散し、互いに2つの異なる層
に単離しない。好ましくは、外圧を負荷した投与形から1時間後に放出されたア
ンタゴニストの量は、約0.5mgのナルトレキソンに生物学的に同等な量また
はそれ以上、および/または、無傷投与形から1時間後に放出されたアンタゴニ
ストの量は、約0.125mgのナルトレキソンに生物学的に同等な量またはそ
れ以下である。 【0024】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
ト;および(ii)投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離
ナルトレキソンまたは医薬的に許容可能なその塩を含む経口投与形に関し、よっ
て、1時間後に該無傷投与形から放出されたナルトレキソンの量は0.25mg
未満であり、外圧後に該投与形から1時間後に放出された該ナルトレキソンの量
は0.25mgまたはそれ以上であり、該放出は、37℃で75rpmでUSP
II型(パドル)装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形の1時間後
の溶解に基づき、該アゴニストおよびナルトレキソンは、相互分散し、互いに2
つの異なる層に単離しない。またはこの実施形態において、外圧投与形から1時
間後に放出されたアンタゴニストの経口量は、約0.5mgのナルトレキソンま
たはそれ以上、および/または、無傷投与形から1時間後に放出されたアンタゴ
ニストの量は約0.125mgのナルトレキソンまたはそれ以下である。 【0025】 他の実施形態において、本発明は、(i)治療に効果的なオピオイドアゴニス
ト;および(ii)隔離オピオイドアンタゴニストを含む経口投与形に関し、よ
って、経口投与1時間後に、該投与形が、約25%以下の該アンタゴニストを放
出し、該投与形は鎮痛を与え、放出された該アンタゴニストは鎮痛効力に影響を
及ぼさず、該アゴニストおよびアンタゴニストは相互分散し、互いに2つの異な
る層に単離しない。好ましくは、無傷投与形は、12.5%以下のアンタゴニス
トを放出する。 【0026】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
ト;および(ii)実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含む
経口投与形に関し、該アンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を防ぐ
材料で個々にコーティングされた多粒子形(multiparticulates)である。 【0027】 他の実施形態において、本発明は、(i)放出可能な形のオピオイドアゴニス
ト;および(ii)実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含む
経口投与形に関し、該アンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を防ぐ
材料を含むマトリックスで分散している。 【0028】 本発明の特定の実施形態において、本発明の無傷投与形は、経口投与1時間後
にそれに含まれるいくつかのオピオイドアンタゴニストを放出する、例えば、該
投与形は、1時間後に少なくとも0.025mgのナルトレキソンまたは生物学
的に同等な投与量の別のアンタゴニストを放出する。これらの実施形態において
、投与形は、患者に鎮痛を与え、放出されたアンタゴニストは、鎮痛効力に影響
を及ぼさない。これらの実施形態において、投与形は、好ましくは、投与1時間
後に0.25mg以上のナルトレキソンを放出しない。これらの実施形態の目的
のために、無傷投与形からのナルトレキソンの放出を、37℃で75rpmでU
SPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形のイン
ビトロでの1時間後の溶解に基づき測定し得る。 【0029】 他の実施形態において、本発明は、実質的に放出不可能な形のオピオイドアゴ
ニストおよびナルトレキソンまたはその塩を含む経口投与形に関し;該アゴニス
トおよびナルトレキソンは少なくとも部分的に相互分散している。 【0030】 他の実施形態において、本発明は、オピオイドアゴニスト;および実質的に放
出不可能な形の経口で生物学的に利用可能なオピオイドアンタゴニストを含む経
口投与形に関し、該アゴニストおよびアンタゴニストは少なくとも部分的に相互
分散している。 【0031】 アンタゴニストが、隔離材料でコーティングされた多粒子形である本発明の実
施形態において、多粒子は、アンタゴニストでコーティングし、材料で上塗りし
た不活性ビーズ形、または別に、アンタゴニストおよび材料を含む顆粒形であり
得る。多粒子は、オピオイドアゴニストを含むマトリックスで分散できるか、ま
たは、オピオイドアゴニストと共にカプセルに含めることができる。 【0032】 アンタゴニストが、アンタゴニストの放出を実質的に防ぐ隔離材料を含むマト
リックスで分散されている本発明の実施形態において、マトリックスはペレット
形であり得る。ペレットは、オピオイドアゴニストを含む別のマトリックスに分
散できるか、または、オピオイドアゴニストと共にカプセルに含めることができ
る。 【0033】 本発明の他の実施形態において、アンタゴニストの一部は、マトリックス中に
あり、および/またはアンタゴニストの一部はコーティングされたビーズ中にあ
る。 【0034】 37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液900
ml中への該投与形の1時間後の溶解に基づいた、外圧後に投与形から放出され
たアンタゴニストの量と、無傷投与形から放出された該アンタゴニストの量に関
して、上記に開示した約4:1またはそれ以上の比を示す、本発明の特定の実施
形態において、無傷投与形は、1時間後に22.5%以下のアンタゴニストを放
出し、外圧を負荷した投与形は、1時間後に90%以上のアンタゴニストを放出
する。別の実施形態において、無傷投与形は、1時間後に該アンタゴニストの2
0%以下を放出し、外圧を負荷した投与形は、1時間後に80%以上のアンタゴ
ニストを放出する。別の実施形態において、無傷投与形は、1時間後に10%以
下の該アンタゴニストを放出し、外圧を負荷した投与形は、1時間後に40%以
上のアンタゴニストを放出する。別の実施形態において、無傷投与形は、1時間
後に該アンタゴニストの5%以下を放出し、外圧を負荷した投与形は、1時間後
に20%以上のアンタゴニストを放出する。 【0035】 本発明の特定の実施形態において、37℃で75rpmでUSPII型(パド
ル)装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形の1時間後の溶解に基づ
いた、外圧後に投与形から放出されたアンタゴニストの量と、無傷投与形から放
出された該アンタゴニストの量の比は、10:1またはそれ以上、50:1また
はそれ以上、或いは100:1またはそれ以上である。 【0036】 本発明の特定の実施形態において、アンタゴニストはナルトレキソンまたは医
薬的に許容可能なその塩である。該実施形態において、無傷投与形は、好ましく
は、上記の溶解条件に従って、1時間で、0.25mg未満、好ましくは0.1
25mg以下のナルトレキソンを放出する。好ましくは、外圧を負荷した投与形
は、同じ条件下で、1時間で0.25mg以上のナルトレキソンを放出する。 【0037】 本発明の特定の実施形態において、37℃で75rpmでUSPII型(パド
ル)装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形の1時間後の溶解に基づ
いた、外圧後に投与形から放出されたアンタゴニストの量と、無傷投与形から放
出された該アンタゴニストの量の比は、10:1またはそれ以上、50:1また
はそれ以上、或いは100:1またはそれ以上である。 【0038】 投与形の特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のアンタゴニスト
は、36時間後にインビボで15重量%未満を放出するように適合している。投
与形の特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のアンタゴニストは、
36時間後にインビボで8重量%未満を放出するように適合している。投与形の
特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のアンタゴニストは、36時
間後にインビボで3重量%未満を放出するように適合している。投与形の特定の
実施形態において、実質的に放出不可能な形のアンタゴニストは、36時間後に
インビボで1重量%未満を放出するように適合している。投与形の特定の実施形
態において、実質的に放出不可能な形のアンタゴニストは、36時間後にインビ
ボで5重量%未満を放出するように適合している。 【0039】 本発明はまた、本明細書に開示した投与形を使用して、オピオイドアゴニスト
の乱用を防ぐ方法に関する。該方法は、経口投与形のオピオイドアゴニストを、
オピオイドアンタゴニストと共に提供することを含み、ここでのオピオイドアン
タゴニストは、消化時に実質的に放出不可能な形であり、投与形の完全性は消化
が始まるまで維持されるが、外圧(例えば、圧搾、投与形を破壊する剪断力等、
溶媒または45℃以上の温度)にかけられると生物学的に利用可能となる形で存
在する。 【0040】 本発明の別の実施形態は、本明細書に開示したような経口投与形を調製するこ
とを含む、経口投与形のオピオイドアゴニストの乱用を減少する方法に関する。
例えば、該方法は、(i)経口で治療有効量のオピオイドアゴニストおよび(i
i)実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含む投与形を調製す
ることを含む投与形を調製することを含み得、よって、該投与形を無傷で経口投
与した場合、該投与形は、所望の鎮痛効果を与え、該アンタゴニストは実質的に
オピオイドアゴニストの鎮痛効果を遮断しない。別の実施形態において、オピオ
イドアゴニストの効果は、該投与形に外圧を負荷する、例えば咀嚼、圧搾または
溶媒に溶解し、経口的、鼻腔内、非経口的または舌下投与した場合に少なくとも
部分的に遮断される。 【0041】 本発明はまた、本明細書に開示した投与形で疼痛を処置する方法に関する。該
方法は、放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび実質的に放出不可能な形の
オピオイドアンタゴニストを含む経口投与形を提供し;そして、無傷経口投与形
を経口投与することを含み得る。 【0042】 本発明の別の実施形態は、開示した投与形で疼痛を処置する方法に関する。特
定の実施形態において、乱用の危険性の低い投与形で患者の疼痛を処置する方法
は、放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび実質的に放出不可能な形のオピ
オイドアンタゴニストを含む経口投与形を提供し;そして、経口投与形を経口投
与して、最小鎮痛濃度のオピオイドアゴニストよりも高い血漿中アゴニストレベ
ルを提供することを含む。 【0043】 本発明は、本明細書に開示した投与形の調製法にも関する。特定の実施形態に
おいて、本発明は、オピオイドアンタゴニストを前処理して、実質的に放出不可
能とし;そして、前処理したアンタゴニストを、放出可能な形のオピオイドアゴ
ニストと、放出不可能な形のアンタゴニストの完全性を維持する様式で合わせる
ことを含む、経口投与形の調製法を含む。 【0044】 本発明の特定の実施形態は、アゴニストおよびアンタゴニストが、相互分散し
、互いに2つの異なる層に単離しない、製剤に関する。しかし、特定の実施形態
において、アゴニストおよびアンタゴニストは、部分的に相互分散している。 【0045】 「鎮痛効力」なる語は、本発明の目的では、ヒト患者により決定した、耐容可
能なレベルの副作用を伴う、疼痛の満足のいく減少または消失として定義する。
「実質的にオピオイドアゴニストの鎮痛効果を遮断しない」なる語は、オピオイ
ドアンタゴニストが、投与形を、鎮痛の付与において、治療効力を低くするに十
分な程度で、オピオイドアゴニストの効果を遮断しないことを意味する。「離脱
症状の急激な出現の危険性」は、製剤の適切な作用が、アゴニストとアンタゴニ
ストの具体的な比、または、いずれかの差次的代謝(differential metabolism
)に依存しないことを意味する。 【0046】 「実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニスト」なる語は、オピオイ
ドアゴニストおよびオピオイドアンタゴニストの両方を含む無傷投与形(すなわ
ち外圧を負荷していない)を経口投与した1時間後に放出されない、または、実
質的に放出されない、オピオイドアンタゴニストを意味する。本発明の目的では
、無傷投与形の経口投与後に放出された量は、37℃で75rpmでUSPII
型(パドル)装置を使用して模擬胃液900ml中への投与形の1時間後の溶解
を通して、インビトロで測定し得る。該投与形は、「隔離(sequestered)アン
タゴニスト」を含むとも称する。 【0047】 本発明の好ましい実施形態は、オピオイドアンタゴニストの放出を完全に防ぐ
形でオピオイドアンタゴニストを含むが、本発明はまた、実質的に放出不可能な
形のアンタゴニストも含む。「実質的に放出されない」なる語は、放出量が影響
を受けないか、または、投与形を目的のようにヒトに経口投与した場合の鎮痛効
果に有意に影響を及ぼさない限り、少量で放出され得るアンタゴニストを意味す
る。 【0048】 本発明の特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のアンタゴニスト
は、結腸移行の管理に使用する下剤(例えば鉱油)および塩酸欠乏性状態に抵抗
性である。 【0049】 特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニス
トは、外圧を負荷することなく、意図するように経口投与した場合に胃腸管を通
るその移行中にアンタゴニストが放出されないかまたは実質的に放出されないよ
うな、1つ以上の医薬的に許容可能な疎水性材料を用いて製剤化したオピオイド
アンタゴニストを含む。 【0050】 本発明の特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のオピオイドアン
タゴニストは、経口投与形の機械的、熱的および/または化学的外圧、例えば、
圧搾、剪断、粉砕、咀嚼および/または熱(約45℃以上)と組合わせた溶媒中
への溶解による外圧に脆弱である。かくして外圧を負荷すると、実質的に放出不
可能な形のオピオイドアンタゴニストの完全性は損なわれ、オピオイドアンタゴ
ニストは放出可能となる。特定の実施形態において、投与形を、咀嚼、圧搾また
は溶媒中に溶解および加熱し、経口、鼻腔内、非経口または舌下投与した場合、
オピオイドの鎮痛または陶酔作用は、減少または消失する。特定の実施形態にお
いて、オピオイドアゴニストの効果は、オピオイドアンタゴニストにより少なく
とも部分的に遮断される。特定の他の実施形態において、オピオイドアゴニスト
の効果は、オピオイドアンタゴニストにより実質的に遮断される。 【0051】 「外圧(tampering)」なる語は、投与形の物理特性を変化させる、例えば、
持続放出形である場合には即時放出でオピオイドアゴニストを遊離する、または
、別の経路、例えば非経口で投与などの不適切な使用に利用可能なオピオイドア
ゴニストを作成する、機械的、熱的および/または化学的手段による任意の操作
を意味する。外圧は、圧搾、剪断、粉砕、咀嚼、溶媒への溶解、加熱(例えば約
45℃以上)、またはその任意の組合せにより得る。 【0052】 「少なくとも部分的にオピオイド効果を遮断する」なる語は、本発明の目的で
は、オピオイドアンタゴニストが、少なくとも有意に、オピオイドアゴニストの
陶酔作用を遮断し、これにより、投与形のオピオイドアゴニストの乱用の危険性
を減少することを意味すると定義する。 【0053】 本発明の特定の好ましい実施形態において、実質的に放出不可能な形のオピオ
イドアンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を防ぐコーティング中に
、オピオイドアンタゴニスト粒子を含む。好ましい実施形態において、コーティ
ングは、1つ以上の医薬的に許容可能な疎水性材料を含む。コーティングは、好
ましくは、それに含まれるオピオイドアンタゴニストに非浸透性であり、胃腸系
で不溶性であり、従って、投与形を目的のように経口投与した場合にはオピオイ
ドアンタゴニストの放出を実質的に防ぐ。 【0054】 従って、経口投与形を、コーティングの完全性の破損に関して外圧をかけない
場合、それに含まれるオピオイドアンタゴニストは、実質的に、胃腸系を通る移
行の最初の1時間中には実質的に放出されず、従って、吸収に利用できないだろ
う。本発明の特定の好ましい実施形態において、疎水性材料は、胃腸液では不溶
性であり、オピオイドアンタゴニストに非浸透性である、セルロースポリマーま
たはアクリル酸ポリマーを含む。 【0055】 本明細書に使用したようなオピオイドアンタゴニストの「粒子(particles)
」なる語は、オピオイドアンタゴニストを含む、顆粒、球状体(spheroids)、
ビーズまたはペレットを意味する。特定の好ましい実施形態において、オピオイ
ドアンタゴニスト粒子は、約0.2から2mmの直径であり、より好ましくは約
0.5から2mmの直径である。 【0056】 本発明の特定の実施形態において、経口投与形はさらに、放出可能な形のオピ
オイドアンタゴニストを含み、従って、経口投与した場合には経口投与形から放
出でき、オピオイドアゴニストと放出可能な形のオピオイドアンタゴニストの比
は、投与形が、経口投与した場合に、鎮痛に効果的であるような比である。例え
ば、オピオイドアンタゴニストを、実質的にその放出を防ぐコーティングでコー
ティングし、その後、オピオイドアゴニストと混合し、錠剤に圧縮した場合、特
定の量のコーティングが、圧搾し得、よって、オピオイドアンタゴニストが経口
投与時に放出される。 【0057】 好ましくは、本発明に有用なオピオイドアゴニストは、モルヒネ、ヒドロモル
ホン、ヒドロコドン、オキシコドン、コデイン、レボルファノール、メペリジン
、メサドンおよびその混合物からなる群から選択し得る。本発明に有用なオピオ
イドアンタゴニストの好ましい例は、ナルトレキソン、ナロキソン、ナルメフェ
ン、シクラザシン、レボルファン、医薬的に許容可能なその塩およびその混合物
からなる群から選択し得る。 【0058】 本発明の特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形に存在する、オピ
オイドアゴニストとオピオイドアンタゴニストの比は、重量にして、約1:1か
ら約50:1、重量にして好ましくは約1:1から約20:1、または15:1
から約30:1である。本出願に使用したようなオピオイドアゴニストとオピオ
イドアンタゴニストの重量比は、活性成分の重量を意味する。従って、例えば、
オピオイドアンタゴニストの重量は、オピオイドアンタゴニストを実質的に放出
不可能とするコーティングまたはマトリックス、または、アンタゴニスト粒子に
会合した他の可能な賦形剤の重量を除外する。特定の好ましい実施形態において
、比は、重量にして約1:1から約10:1である。オピオイドアンタゴニスト
は、実質的に放出不可能な形にあるので、投与形内の該アンタゴニストの量は、
オピオイドアゴニスト/アンタゴニスト組合せ投与形よりも広範に変化し得、こ
こでは、製剤は、適切な機能に関して差次的代謝または肝クリアランス(hepati
c clearance)に依存しないので、両方とも、投与時の放出に利用可能である。
安全性のために、実質的に放出不可能な形で存在するオピオイドアンタゴニスト
の量は、投与形に外圧を負荷することにより完全に放出した場合にさえ、ヒトに
有害ではないように選択する。 【0059】 本発明の特定の好ましい実施形態において、オピオイドアゴニストは、ヒドロ
コドン、オキシコドンまたは医薬的に許容可能なその塩を含み、実質的に放出不
可能な形で存在するオピオイドアンタゴニストは、ナロキソン、ナルトレキソン
および医薬的に許容されるその塩を含む。 【0060】 オピオイドアゴニストを実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニスト
と組合せて含む経口投与形は、錠剤またはカプセル剤を含むがこれに限定されな
い。本発明の投与形は、当業者に公知の任意の所望の医薬的賦形剤を含み得る。
経口投与形は、さらに、オピオイドアゴニストの即時放出を提供し得る。特定の
実施形態において、本発明の特定の投与形は、それに含まれるオピオイドアゴニ
ストの持続放出を提供する。オピオイドアゴニストの持続放出を提供する経口投
与形は、医薬製剤の分野の専門家には公知の調合/製造法に従って、例えば、実
質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含むマトリックスへの持続
放出キャリアの取込みを介して;または、オピオイドアゴニストおよび実質的に
放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含むマトリックスの持続放出コー
ティングを介して、調製し得る。 【0061】 乱用に抵抗性の投与形の利点は、価値ある鎮痛を提供するが、乱用しがちな、
強力なオピオイドアゴニスト(例えばオキシコドンまたはヒドロコドン)の経口
投与形について、特に多大である。これは特に、各投与単位中に、特定の期間に
および放出する目的の大量の所望のオピオイドアゴニストを有する、持続放出オ
ピオイドアゴニスト製品に当てはまる。薬物乱用者は、該持続放出製品をとり、
製品を圧搾、粉砕、抽出または別の方法で傷害し、投与形の全含量を、即時吸収
に利用できるようにする。本発明の投与形の該外圧により、オピオイドアンタゴ
ニストを吸収利用できるようになるので、本発明は、かかる乱用を妨げる手段を
提供する。さらに、本発明は、製品を偶発的に咀嚼または圧搾した場合に、正常
患者の過剰投与による、オピオイドアゴニストの全用量の「ダンピンク(dumpin
g)」作用の危険性に取り組む。 【0062】 「持続放出」なる語は、本発明の目的では、血中(例えば血漿中)濃度(レベ
ル)を、8から24時間の期間におよび、好ましくは1日2回または1日1回の
処方の適応の期間におよび、治療範囲(最小有効鎮痛濃度すなわち「MEAC」
)内であるが、毒性レベルより低く維持するような速度での、経口投与形からの
オピオイドアゴニストの放出として定義する。 【0063】 本発明は、製品を誤用した場合の、より安全な製品(例えばより呼吸器抑制が
少ない)、並びに、乱用の危険性のより少ない製品を提供し得る。 【0064】 特定の実施形態において、2つのオピオイドアゴニストの組合せが製剤に含ま
れる。さらなる実施形態において、1つ以上のオピオイドアゴニストを含め、さ
らに非オピオイド薬物も含める。かかる非オピオイド薬物は好ましくは、さらな
る鎮痛を与え、これは例えばアスピリン、アセトアミノフェン、非ステロイド抗
炎症薬(「NSAID」)、NMDAアンタゴニスト、およびシクロオキシゲナ
ーゼ−II阻害剤(「COX−II阻害剤」)を含む。 【0065】 またさらなる実施形態において、鎮痛以外の所望の作用を与える非オピオイド
薬物、例えば鎮咳薬、去痰薬、鬱血除去薬または抗ヒスタミン薬等を含めること
ができる。 【0066】 本発明の目的では、「オピオイドアゴニスト」なる語は、「オピオイド」また
は「オピオイド鎮痛薬」なる語と同義語であり、2つ以上のオピオイドアゴニス
トの組合せを含み、またオピオイド塩基、混合アゴニスト−アンタゴニスト、部
分アゴニスト、医薬的に許容可能なその塩、その立体異性体、そのエーテルおよ
びエステル、およびその混合物も含む。 【0067】 本発明の目的では、「オピオイドアンタゴニスト」なる語は、2つ以上のオピ
オイドアンタゴニストの組合せを含み、塩基、医薬的に許容可能なその塩、その
立体異性体、そのエーテルおよびエステル、並びにその混合物も含む。 【0068】 本明細書に開示の本発明は、開示したオピオイドアゴニストおよびアンタゴニ
ストの全ての医薬的に許容可能なその塩を包含することを意味する。医薬的に許
容可能な塩は、ナトリウム塩、カリウム塩、セシウム塩等の金属塩;カルシウム
塩、マグネシウム塩等のアルカリ金属塩;トリエチルアミン塩、ピリジン塩、ピ
コリン塩、エタノールアミン塩、トリエタノールアミン塩、ジシクロヘキシルア
ミン塩、N,N'−ジベンジルエチレンジアミン塩等の有機アミン塩;塩酸塩、
臭化水素酸塩、硫酸塩、リン酸塩等の無機酸塩;ギ酸塩、酢酸塩、トリフルオロ
酢酸塩、マレイン酸塩、酒石酸塩等の有機酸塩;メタンスルホン酸塩、ベンゼン
スルホン酸塩、p−トルエンスルホン酸塩等のスルホン酸塩;アルギン酸塩、ア
スパラギン酸塩、グルタミン酸塩等のアミノ酸塩を含むがこれに限定されない。 【0069】 本明細書に開示したオピオイドアゴニストおよびアンタゴニストのいくつかは
、1つ以上の不斉中心を含み得、従って、エナンチオマー、ジアステレオマー、
および他の立体異性体形を与え得る。本発明はまた、全てのかかる可能な形、並
びに、そのラセミおよび分割形およびその混合物を包含すると意味する。本明細
書に記載の化合物が、オレフィン二重結合または他の幾何不斉中心を含む場合、
特記しない限り、EおよびZ幾何異性体の両方を含むものとする。全ての互変異
性体が、同様に本発明に包含されるものとする。 【0070】 本明細書に使用したような「立体異性体」なる語は、空間中のその原子の配向
のみが異なる、個々の分子の全ての異性体の総称である。それは、互いに鏡像で
はない(ジアステレオマー)2つ以上のキラル中心を有する化合物のエナンチオ
マーおよび異性体を含む。 【0071】 「キラル中心」なる語は、4つの異なる基が付着している炭素原子を意味する
。 【0072】 「エナンチオマー」または「エナンチオ的」なる語は、その鏡像に重ね合わせ
ることができず、従って、光学的に活性である分子を意味し、ここで、エナンチ
オマーは、一方向に偏光面を回転させ、その鏡像は、逆の方向に偏光面を回転さ
せる。 【0073】 「ラセミ」なる語は、等しい割合のエナンチオマーの混合物を意味し、これは
光学的に不活性である。 【0074】 「分割」なる語は、分子の2つのエナンチオマー形の一方の分離または濃縮ま
たは枯渇を意味する。 【0075】 本発明はさらに、経口投与形のオピオイドアゴニストの乱用の危険性を減少す
る方法に関する。該方法は、本明細書に記載したような経口投与形のオピオイド
アゴニストを提供することを含む。 【0076】 (発明の詳細な説明) ミュー、カッパ、およびデルタと称される、少なくとも3つの亜種のオピオイ
ド受容体が存在すると仮定されている。このフレームワーク内で、ミュー受容体
は、超脊髄麻酔、呼吸器抑制、陶酔および身体依存の発生に関与すると考えられ
ている。カッパ受容体は、脊髄麻酔、縮瞳、および鎮静の誘導に関与すると考え
られている。ガンマ受容体の活性化は、神経不安および幻覚、並びに、呼吸器お
よび血管運動刺激作用を引き起こす。マウス輸精管における、ミュー受容体とは
別個で、ガンマと称される受容体が、Lordら、Nature、1977、2
67、495〜99に記載されている。オピオイドアゴニストは、主にミュー受
容体で、より低い程度でカッパ受容体で、そのアゴニスト作用を奏功すると考え
られている。1つまたは別の受容体型で部分アゴニストとして作用するようであ
る薬物が数個存在する。該薬物は、天井効果を示す。該薬物は、ナロルフィン、
プロピラム、およびブプレノルフィンを含む。さらに他の薬物は、ミュー受容体
で競合的アンタゴニストとして作用し、カッパおよびオメガ受容体でその作用を
奏功することにより、モルヒネ様薬物の作用を遮断する。アゴニスト−アンタゴ
ニストなる語は、かかる作用機序を記載するために展開する。 【0077】 本発明は、既存の放出制御オピオイド鎮痛薬に対して、鎮痛スペクトルの類似
した、誤用、乱用および流用を減少および最小限にするために製剤化された、放
出制御オピオイド鎮痛薬に関する。特定の実施形態において、これらの特徴は、
独特な放出制御マトリックスにそれ自体が製剤化された、ナルトレキソンHCl
などのオピオイドアンタゴニストの包含により付与される。この製剤の特性は、
誤用または外圧の条件下でアンタゴニストを遊離するように開発されているが、
依然として無視できる量のアンタゴニスト(患者の受ける鎮痛に影響を及ぼさな
い量)が、処方の使用条件下で放出される。 【0078】 本発明の特定の実施形態において、製剤のアンタゴニスト成分の放出は、無傷
製剤から放出した量と比較した、外圧、例えば圧搾または咀嚼後に得られる放出
の比に関して表現する。それ故、比は、[圧搾]/[全体]として表現し、この
比は、少なくとも4:1またはそれ以上の数の範囲を有することが望ましい(1
時間の圧搾放出/1時間の無傷放出)。アンタゴニストがナルトレキソンである
場合、無傷投与形は、1時間以内に0.25mg未満、好ましくは0.125m
g以下を放出することが好ましく、投与形が圧搾または咀嚼された場合に、0.
25mgまたはそれ以上のナルトレキソンが、1時間後に放出される。これらの
値の導出を実施例17、18および19に記載する。 【0079】 本発明は、経口投与形に含まれるオピオイドアゴニストの乱用の危険性を減少
するのに有用な経口投与形のオピオイドアゴニストを提供する。本発明は、経口
で治療有効な量のオピオイドアゴニストを、オピオイドアンタゴニストと組合せ
て含む、経口投与形を含む。オピオイドアンタゴニストは、実質的に放出不可能
な形で存在する。 【0080】 特定の好ましい実施形態において、実質的に放出不可能な形のオピオイドアン
タゴニストは、実質的にその放出を防ぐコーティングでコーティングされたオピ
オイドアンタゴニスト粒子を含む。好ましい実施形態において、該コーティング
は、アンタゴニスト粒子を囲み、薬物に非浸透性であり、胃腸系に不溶性である
。本発明の投与形をヒトに経口投与する場合、オピオイドアンタゴニストは、実
質的にコーティングから放出されず、それ故、生体への吸収に利用できない。従
って、オピオイドアンタゴニストは、投与形で存在するが、オピオイドアゴニス
トの鎮痛効力を実質的に遮断しない。しかし、本発明の経口投与形に外圧を負荷
して、コーティングの完全性を損なう場合、それに含まれるオピオイドアンタゴ
ニストは利用可能となり、少なくとも部分的にはオピオイドアゴストの効力を遮
断するだろう。この特徴により、経口投与形のオピオイドアゴニストの乱用また
は流用の危険性は減少する。例えば、咀嚼、圧搾、粉砕または熱(例えば約45
℃以上から約50℃)を加え溶媒中に溶解することにより、本発明の経口投与形
に含まれる薬物を乱用しようと試みた場合、コーティングは傷害し、オピオイド
アンタゴニストの遊離をもはや防がないだろう。投与時に、オピオイドアンタゴ
ニストは放出され、オピオイドアゴニストの陶酔作用を有意に遮断する。 【0081】 本発明の特定の実施形態において、オピオイドアゴニストと、コーティングさ
れたオピオイドアンタゴニストの比は、経口投与形が外圧を受けて、オピオイド
アンタゴニストを実質的に放出不可能としているコーティングの完全性を損なう
場合、アゴニストの陶酔作用は、ヒト被検者により、経口、非経口、鼻腔内、ま
たは舌下で誤用される場合、オピオイドアンタゴニストにより打ち消されるだろ
う。本発明の特定の好ましい実施形態において、オピオイドアゴニストの陶酔作
用は、非経口または舌下で誤用した場合に、オピオイドアンタゴニストにより打
ち消されるだろう。 【0082】 本発明はまた、放出可能な形のオピオイドアンタゴニストを、オピオイドアゴ
ニストおよびコーティングされたオピオイドアンタゴニスト粒子と共に含む、経
口投与形を含み、アゴニストとコーティングされていないオピオイドアンタゴニ
ストの比は、意図したような経口投与する場合、経口投与形は鎮痛効果があるよ
うな比である。 【0083】 本発明の特定の他の実施形態において、実質的に放出不可能な形のオピオイド
アンタゴニストは、アンタゴニストを実質的に放出不可能としているマトリック
ス中に分散されたオピオイドアンタゴニストを含み、ここでのマトリックスは、
1つ以上の医薬的に許容可能な疎水性材料を含む。アンタゴニストは、実質的に
マトリックスから放出されず、従って、胃腸系を通る移行中の吸収に利用できな
い。 【0084】 本発明の特定の他の実施形態において、アンタゴニストを実質的に放出不可能
とするマトリックス中のオピオイドアンタゴニストは、融解押出(melt-extrude
d)マトリックスに分散したオピオイドアンタゴニストを含み、該マトリックス
は、1つ以上の医薬的に許容可能な疎水性材料を含む。 【0085】 好ましい実施形態において、本発明に有用なオピオイドアゴニストは、アルフ
ェンタニル、アリルプロジン、アルファプロジン、アニレリジン、ベンジルモル
ヒネ、ベジトラミド、ブプレノルフィン、ブトルファノール、クロニタゼン、コ
デイン、デスモルヒネ、デキストロモラミド、デゾシン、ジアムプロミド、ジア
モルホン、ジヒドロコデイン、ジヒドロモルヒネ、ジメノキサドール、ジメフェ
プタノール、ジメチルチアムブテン、ジオキサフェチルブチレート、ジピパノン
、エプタゾシン、エトヘプタジン、エチルメチルチアムブテン、エチルモルヒネ
、エトニタゼン、エトルフィン、ジヒドロエトルフィン、フェンタニルおよび誘
導体、ヘロイン、ヒドロコドン、ヒドロモルホン、ヒドロキシペチジン、イソメ
サドン、ケトベミドン、レボルファノール、レボフェナシルモルファン、ロフェ
ンタニル、メペリジン、メプタジノール、メタゾシン、メサドン、メトポン、モ
ルヒネ、ミロフィン、ナルセイン、ニコモルヒネ、ノルレボルファノール、ノル
メサドン、ナロルフィン、ナルブフェン、ノルモルヒネ、ノルピパノン、アヘン
、オキシコドン、オキシモルフォン、パパベレタム、ペンタゾシン、フェナドキ
ソン、フェノモルファン、フェナゾシン、フェノペリジン、ピミノジン、ピリト
ラミド、プロフェプタジン、プロメドール、プロペリジン、プロポキシフェン、
スフェンタニル、チリジン、トラマドール、前記のいずれかの混合物、前記のい
ずれかの塩等を含むがこれに限定されない。特定の実施形態において、記載のオ
ピオイド組成物中のオピオイドアゴニストの量は、約75ngから750mgで
あり得る。 【0086】 特定の好ましい実施形態において、オピオイドアゴニストは、ヒドロコドン、
モルヒネ、ヒドロモルホン、オキシコドン、コデイン、レボルファノール、メペ
リジン、メサドン、オキシモルホン、ブプレノルフィン、フェンタニルおよびそ
の誘導体、ジピパノン、ヘロイン、トラマドール、エトルフィン、ジヒドロエト
ルフィン、ブトルファノール、レボルファノール、またはその塩またはその混合
物からなる群から選択する。特定の好ましい実施形態において、オピオイドアゴ
ニストは、オキシコドンまたはヒドロコドンである。15mgの投与量のヒドロ
コドンに比べて、等価な鎮痛投与量のこれらのオピオイドを、以下の表1に示す
。 【表1】 表1:等価な鎮痛投与量のオピオイド オピオイド 計算投与量 オキシコドン 13.5 コデイン 90.0 ヒドロコドン 15.0 ヒドロモルフォン 3.375F レボルファノール 1.8 メペリジン 135.0 メサドン 9.0 モルヒネ 27.0 ヒドロコドンおよびオキシコドンは、疼痛の管理に効果的であるが、オピオイ
ドに心理的に依存しているか、または、非治療理由でオピオイドを誤用している
個体による、その乱用は増加している。他のオピオイドでの以前の実験により、
オピオイドを、特に悪化した常用者である患者において麻薬性アンタゴニストと
組合せて投与した場合に、乱用の危険性の減少することが実証された。ワインホ
ルドら、非依存ヒトにおける、単独で、または、ナルトレキソンと組合せたブプ
レノルフィン、Drug and Alcohol Dependence 1
992;30:263〜274;メンデルソン・ジェイら、アヘン依存試験志願
者におけるブプレノルフィンとナロキソンの相互作用、Clin Pharm
Ther.1996;60:105〜114;両方共、参照してここに組み込ま
れる。しかし、これらの組合せは、実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタ
ゴニストを含まない。むしろ、オピオイドアンタゴニストは、経口投与した場合
に胃腸系で放出され、ホストが差次的にアゴニストおよびアンタゴニストを代謝
する生理機能に依拠して吸収に利用可能となり、アゴニスト作用を打ち消す。 【0087】 ヒドロコドンは、複数の中枢神経系および胃腸の作用をもつ、半合成麻薬性鎮
痛薬および鎮咳薬である。化学的には、ヒドロコドンは、4,5−エポキシ−3
−メトキシ−17−メチルモルフィナン−6−オンであり、ジヒドロコデイノン
としても知られる。他のオピオイドと同様に、ヒドロコドンは習慣性であり得、
モルヒネ型の薬物依存を発生し得る。過剰投与量のヒドロコドンでは、他のアヘ
ン誘導体と同様に、呼吸を抑制する。 【0088】 経口ヒドロコドンも、欧州(ベルギー、ドイツ、ギリシャ、イタリア、ルクセ
ンブルグ、ノルウェーおよびスイス)で鎮咳剤として入手できる。非経口製剤も
、ドイツで、鎮咳剤として入手できる。鎮痛薬として使用するために、酒石酸水
素ヒドロコドンは、米国で、中程度または中程度に重度の疼痛の寛解用に、非ア
ヘン薬物と一定の組合せ(すなわち、イブプロフェン、アセトアミノフェン、ア
スピリン等)としてのみ市販されている。 【0089】 一般的な投与形のヒドロコドンは、アセトアミノフェンと組合せられ、2.5
/500mg、5/500mg、7.5/500mgおよび10/500mgの
ヒドロコドン/アセトアミノフェン錠剤として、UCBファーマ社から米国でロ
ルタブ(登録商標)として市販されている。錠剤はまた、7.5mgの酒石酸水
素ヒドロコドンおよび650mgのアセトアミノフェン;および7.5mgの酒
石酸水素ヒドロコドンおよび750mgのアセトアミノフェンの比で入手できる
。アスピリンと組合わせたヒドロコドンは、経口投与形で、成人に、疼痛の緩解
に必要である、一般に4〜6時間毎に1〜2個の錠剤を投与する。錠剤形は、3
2mgのカフェインを含む、5mgの酒石酸水素ヒドロコドンおよび224mg
のアスピリン;または、5mgの酒石酸水素ヒドロコドンおよび500mgのア
スピリンである。比較的新規な製剤は、酒石酸水素ヒドロコドンおよびイブプロ
フェンを含む。米国でクロール・ラボラトリーズから市販されているビコプロフ
ェン(登録商標)は、7.5mgの酒石酸水素ヒドロコドンおよび200mgの
イブプロフェンを含む錠剤である。本発明は、アンタゴニストを実質的に放出不
可能な形とするコーティングでコーティングしたオピオイドアンタゴニスト粒子
を含む、かかる全ての製剤を包含するものとする。 【0090】 オキシコドンは、化学的には4,5−エポキシ−14−ヒドロキシ−3−メト
キシ−17−メチルモルフィナン−6−オンとしても知られるが、これは基本的
な治療作用が鎮痛であるオピオイドアゴニストである。オキシコドンの他の治療
効果は、抗不安、陶酔およびリラックス感を含む。その鎮痛作用の正確な機序は
不明であるが、オピオイド様活性を有する内因性化合物の特異的CNSオピオイ
ド受容体が、脳および脊髄全体において同定され、この薬物の鎮痛効果に役割を
果たす。 【0091】 オキシコドンは、米国で、例えばオキシコンチン(登録商標)として、パーデ
ュー・ファーマL.P.から、10mg、20mg、40mgまたは80mgの
塩酸オキシコドンを含む経口投与用の放出制御錠剤として、オキシIR(登録商
標)としてパーデュー・ファーマL.P.から、5mgの塩酸オキシコドンを含
む即時放出カプセル剤として市販されている。本発明は、オピオイドアンタゴニ
ストを実質的に放出不可能な形で含む、かかる全ての製剤を包含するものとする
。 【0092】 好ましい実施形態において、本発明のオピオイドアンタゴニストは、ナルトレ
キソン、ナルメフェン、シクラザシン、レバロルファンおよびその混合物を含む
。特定の好ましい実施形態において、オピオイドアンタゴニストはナロキソンま
たはナルトレキソンである。特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形
で存在するオピオイドアンタゴニストの量は、約10ngから275mgであり
得る。 【0093】 ナロキソンは、アゴニスト作用のほとんどない、オピオイドアンタゴニストで
ある。12mgのナロキソンの皮下投与量により、識別可能な主観的な作用は全
く生じず、24mgのナロキソンはほんの僅かな眠気を引き起こす。ヒトに筋肉
内または静脈内投与した少量(0.4〜0.8mg)のナロキソンは、モルヒネ
様オピオイドアゴニストの作用を予防または迅速に逆転し得る。1mgの静注の
ナロキソンが、25mgのヘロインの作用を完全に遮断すると報告されている。
ナロキソンの作用は、静脈内投与後ほぼ即座に見られる。薬物は経口投与後に吸
収されるが、肝臓を通る初回通過で急速に不活性形へと代謝されると報告され、
よって、非経口投与した場合よりも有意に低い強度を有すると報告されている。
1gより多い経口投与量が、24時間未満でほぼ完全に代謝されると報告されて
いる。舌下投与したナロキソンの25%が吸収されると報告されている。ワイン
バーグら、選択したオピオイド鎮痛薬の舌下吸収、Clin Pharmaco
l Ther.(1988)44:335〜340。 【0094】 他のオピオイドアンタゴニスト、例えばシクラゾシンおよびナルトレキソン(
両方共、窒素上にシクロプロピルメチル置換基を有する)は、経口経路により、
その多くの効力を保持し、その作用時間は、はるかに長く、経口投与後24時間
に近い。 【0095】 以前にオピオイドに耽溺した患者の処置において、ナルトレキソンを、オピオ
イドアゴニストの陶酔作用を予防するために、大量の経口投与量(100mg以
上)で使用した。ナルトレキソンは、デルタ部位よりも、ミュー部位で、強力で
選択的な遮断作用を奏功すると報告されている。ナルトレキソンは、オピオイド
アゴニスト特性の全くないオキシモルフォンの合成同属体として知られ、オキシ
モルフォンの窒素原子上に位置するメチル基をシクロプロピルメチル基で置換す
ることにより、オキシモルフォンとは構造が異なる。ナルトレキソンの塩酸塩は
、約100mg/ccまで水に溶ける。ナルトレキソンの薬理および薬物動態特
性を、複数の動物および臨床試験で評価した。例えば、ゴンザレスJPら、ナル
トレキソン:その薬物動態および薬物速度特性、並びに、オピオイド依存管理に
おける治療効力の総説、Drugs 1988;35:192〜213(参照し
てここに組み込まれる)参照。経口投与後、ナルトレキソンは、急速に吸収され
(1時間以内に)、5〜40%の範囲の経口バイオアベイラビリティーを有する
。ナルトレキソンのタンパク質結合は、約21%であり、単回投与後の分布容量
は、16.1L/kgである。 【0096】 ナルトレキソンは、錠剤形(レビア(登録商標)、デュポン)で、アルコール
依存の処置および外的に投与したオピオイドの遮断用に市販されている。例えば
レビア(塩酸ナルトレキソン錠剤)参照。米国医薬品便覧第51版、モントバレ
、NJ「医学経済学」1997;51:957〜959。50mgのレビア(登
録商標)の投与量は、24時間までに25mg静注投与したヘロインの薬理作用
を遮断する。 【0097】 モルヒネ、ヘロインまたは他のオピオイドを慢性的に同時投与した場合、ナル
トレキソンは、オピオイドへの身体依存の発生を遮断することが知られている。
ナルトレキソンがヘロインの作用を遮断する方法は、オピオイド受容体で競合的
に結合することによると考えられている。ナルトレキソンは、オピオイドの作用
の完全な遮断により、麻薬性耽溺を処置するのに使用されている。麻薬性耽溺に
おけるナルトレキソンの最も成功裏な使用は、挙動制御または他の服薬遵守増強
法を含む包括的職業的またはリハビリプログラムの一部として、良好な予後を有
する麻薬性常用者に対してであることが判明した。ナルトレキソンによる麻薬依
存の処置では、患者は、少なくとも7〜10日間オピオイドがないことが望まし
い。該目的での、初回投与量のナルトレキソンは、典型的には約25mgであり
、離脱症状の兆候が出現しない場合には、投与量は、1日あたり50mgまで増
加し得る。50mgの1日投与量が、非経口投与オピオイド作用の適切な臨床遮
断を行なうと考えられる。ナルトレキソンはまた、社会的および心理療法を用い
る補助剤として、アルコール依存症の処置に使用されている。 【0098】 本発明の特定の実施形態において、経口投与形のオピオイドアゴニストと実質
的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストの比は、オピオイドアゴニスト
の作用が、投与形が咀嚼、圧搾または溶媒に溶解および加熱され、経口、鼻腔内
、非経口または舌下投与した場合に、少なくとも部分的に遮断されるような比で
ある。本発明の経口投与形は、意図したように適切に投与した場合、オピオイド
アンタゴニストを実質的に放出しないので、該アンタゴニストの量は、経口投与
時に胃腸系に放出されて利用可能である場合よりも、広範に変化し得る。安全性
の理由から、実質的に放出不可能な形で存在するアンタゴニストの量は、完全に
放出された場合でさえヒトに有害でないべきである。当業者は過度の実験を行な
うことなく、具体的なオピオイドアゴニストとアンタゴニストの比を決定できる
。 【0099】 本発明の特定の実施形態において、オピオイドアゴニストと、実質的に放出不
可能な形で存在するオピオイドアンタゴニストの比は、重量にして約1:1から
約50:1、好ましくは重量にして約1:1から約20:1である。特定の好ま
しい実施形態において、比は重量にして約1:1から約10:1である。本発明
の好ましい実施形態において、オピオイドアゴニストは、オキシコドンまたはヒ
ドロコドンを含み、約15〜45mgの量で存在し、オピオイドアンタゴニスト
はナルトレキソンを含み、約0.5〜5mgで存在する。 【0100】 本発明の経口投与形は、さらに、オピオイドアゴニストおよびアンタゴニスト
に加えて、1つ以上の薬物を含み得、これは相乗的に作用してもしなくてもよい
。従って、特定の実施形態において、オピオイドアンタゴニストに加えて、2つ
のオピオイドアゴニストの組合せを投与形に含め得る。例えば、投与形は、半減
期、溶解度、強度などの異なる特性を有する2つのオピオイドアゴニスト、およ
び前記のいずれかの組合せを含み得る。またさらなる実施形態において、1つ以
上のオピオイドアゴニストが含まれ、オピオイドアンタゴニストに加えて、さら
なる非オピオイド薬物も含まれる。かかる非オピオイド薬物は、好ましくは、追
加の鎮痛を与え、例えば、アスピリン、アセトアミノフェン;非ステロイド抗炎
症薬(「NSAID」)、例えばイブプロフェン、ケトプロフェン等;N−メチ
ル−D−アスパルテート(NMDA)受容体アンタゴニスト、例えばモルフィナ
ン、例えばデキストロメトルファンまたはデキストルファン、またはケタミン;
シクロオキシゲナーゼ−II阻害剤(「COX−II阻害剤」);および/また
はグリシン受容体アンタゴニストを含む。 【0101】 本発明の特定の好ましい実施形態において、本発明により、NSAIDまたは
COX−2阻害剤などの追加の非オピオイドアゴニストの包含により、より少な
い投与量のオピオイド鎮痛薬を使用できる。より少量の一方または両方の薬物の
使用により、ヒトにおける効果的な疼痛管理に伴う副作用は減少する。 【0102】 適切な非ステロイド抗炎症剤は、イブプロフェン、ジクロフェナク、ナプロキ
セン、ベノキサプロフェン、フルルビプロフェン、フェノプロフェン、フルブフ
ェン、ケトプロフェン、インドプロフェン、ピロプフェン、カプロフェン、オキ
サプロジン、プラモプロフェン、ムロプロフェン、トリオキサプロフェン、スプ
ロフェン、アミノプロフェン、チアプロフェン酸、フルプロフェン、ブクロキシ
酸、インドメタシン、スリンダク、トルメチン、ゾメピラク、チオピナク、ジド
メタシン、アセメタシン、フェンチアザク、クリダナク、オキシピナク、メフェ
ナム酸、メクロフェナム酸、フルフェナム酸、ニフルム酸、トルフェナム酸、ジ
フルニサル、フルフェニサル、ピロキシカム、スドキシカムまたはイソキシカム
等を含む。これらの薬物の有用な投与量は、当業者に公知である。 【0103】 N−メチル−D−アスパルテート(NMDA)受容体アンタゴニストは、当分
野で公知であり、例えば、デキストロメトルファンまたはデキストロルファンな
どのモルフィナン、ケタミン、d−メサドンまたは医薬的に許容可能なその塩を
包含する。本発明の目的では、「NMDAアンタゴニスト」なる語はまた、GM 1 またはGT1bなどのガングリオシド、トリフルオペラジンなどのフェノチアジ
ン、またはN−(6−アミノセキシル)−5−クロロ−1−ナフタレンスルホン
アミドなどのナフタレンスルホンアミドなどの、NMDA−受容体活性化の主要
な細胞内結果を遮断する、薬物を包含すると判断される。これらの薬物は、米国
特許第5,321,012号および第5,556,838号(両方共マイヤーら
)に、モルヒネ、コデイン等の麻薬性鎮痛薬などの耽溺性薬物への耐性および/
または依存の発達を阻害し、米国特許第5,502,058号(マイヤーら)に
慢性疼痛を処置すると記載され、これらの文献は全部、参照してここに組み込ま
れる。NMDAアンタゴニストは、これらのマイヤーらの特許に記載のように、
単独で、または、リドカインなどの局所麻酔薬と組合せて含め得る。 【0104】 グリシン受容体アンタゴニストの使用による慢性疼痛の処置および該薬物の同
定は、本明細書に参考として取込んだ、米国特許第5,514,680号(ウェ
ーバーら)に記載されている。 【0105】 COX−2阻害剤が当分野で報告され、多くの化学構造が、シクロオキシゲナ
ーゼ−2の阻害を引き起こすことが知られている。COX−2阻害剤は、例えば
、米国特許第5,616,601号;第5,604,260号;第5,593,
994号;第5,550,142号;第,5,536,752号;第5,521
,213号;第5,475,995号;第5,639,780号;第5,604
,253号;第5,552,422号;第5,510,368号;第5,436
,265号;第5,409,944号;および第5,130,311号(これは
全部、参照してここに組み込まれる)に記載されている。特定の好ましいCOX
−2阻害剤は、セレコキシブ(SC−58653)、DUP−697、フロスリ
ド(CGP−28238)、メロキシカム、6−メトキシ−2ナフチル酢酸(6
−MNA)、MK−966(Vioxxとしても知られる)、ナブメトン(6−
MNAのプロドラッグ)、ニメスリド、NS−398、SC−5766、SC−
58215、T−614;またはその組合せを含む。体重1kgあたり1日あた
り約0.005mgから約140mgの次元のCOX−2阻害剤の投与量レベル
を、オピオイド鎮痛薬と組合せると治療に有効である。別法として、患者1人あ
たり1日あたり約0.25mgから約7gのCOX−2阻害剤を、オピオイド鎮
痛薬と組合せて投与する。 【0106】 またさらなる実施形態において、鎮痛以外の所望の作用を与える非オピオイド
薬物、例えば鎮咳薬、去痰薬、抗鬱血薬、抗ヒスタミン薬、局所麻酔薬等を含め
ることができる。 【0107】 実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストの調製 本発明の特定の実施形態において、実質的に放出不可能な形のオピオイドアン
タゴニストは、該アンタゴニストを、1つ以上の医薬的に許容可能な疎水性材料
と合わせることにより調製し得る。例えば、オピオイドアンタゴニスト粒子は、
実質的にアンタゴニストの放出を防ぐコーティングでコーティングし得、該コー
ティングは、疎水性材料(群)を含んでいる。別の例は、アンタゴニストを、実
質的に放出不可能とするマトリックスで分散されたオピオイドアンタゴニストで
あり、該マトリックスは、疎水性材料(群)を含んでいる。特定の実施形態にお
いて、医薬的に許容可能な疎水性材料は、エチルセルロース、セルロースアセテ
ート、セルロースプロピオネート(低、中または高の分子量)、セルロースアセ
テートプロピオネート、セルロースアセテートブチレート、セルロースアセテー
トフタレートおよびセルローストリアセテートからなる群から選択したセルロー
スポリマーを含む。エチルセルロースの例は、44から55%のエトキシ含量を
有するものである。エチルセルロースは、アルコール溶液形で使用し得る。特定
の他の実施形態において、疎水性材料は、ポリ乳酸、ポリグリコール酸またはポ
リ乳酸とポリグリコール酸のコポリマーを含む。 【0108】 特定の実施形態において、疎水性材料は、セルロースエーテル、セルロースエ
ステル、セルロースエステルエーテル、およびセルロースからなる群から選択し
たセルロースポリマーを含み得る。セルロースポリマーは、0より大きく、3以
下の、無水グルコース単位での、置換度(D.S.)を有する。置換度により、
置換基により置換されたセルロースポリマーを含む無水グルコース単位上に存在
する、ヒドロキシル基の平均数を意味する。代表的な材料は、セルロースアクリ
レート、セルロースジアシレート、セルローストリアシレート、セルロースアセ
テート、セルロースジアセテート、セルローストリアセテート、モノ、ジ、およ
びトリセルロースアルカニレート、モノ、ジ、およびトリセルロースアロイレー
ト、並びに、モノ、ジ、およびトリセルロースアルケニレートからなる群から選
択したポリマーを含む。例示的なポリマーは、D.S.および21%までのアセ
チル含量を有するセルロースアセテート;32から39.8%までのアセチル含
量を有するセルロースアセテート;1から2のD.S.および21から35%ま
でのアセチル含量を有するセルロースアセテート;2から3のD.S.および3
5から44.8%のアセチル含量を有するセルロースアセテートを含む。 【0109】 より具体的なセルロースポリマーは、1.8のD.S.および39.2から4
5までのプロピル含量および2.8から5.4%のヒドロキシル含量を有するセ
ルロースプロピオネート;1.8のD.S.、13から15%のアセチル含量お
よび34から39%のブチリル含量を有するセルロースアセテートブチレート;
2から29%のアセチル含量、17から53%のブチリル含量、および0.5か
ら4.7%のヒドロキシル含量を有するセルロースアセテートブチレート;2.
9から3のD.S.を有するセルローストリアシレート、例えばセルローストリ
アセテート、セルローストリバレレート、セルローストリラウレート、セルロー
ストリパルミテート、セルローストリスクシネート、およびセルローストリオク
タノエート;2.2から2.6のD.S.を有するセルロースジアシレート、例
えばセルロースジスクシネート、セルロースジパルミテート、セルロースジオク
タノエート、セルロースジペンタノエート、およびセルロースのコエステル、例
えばセルロースアセテートブチレート、セルロースアセテートオクタノエートブ
チレート、およびセルロースアセテートプロピオネートを含む。 【0110】 実質的に放出不可能な形の、オピオイドアンタゴニストの調製に有用な、追加
のセルロースポリマーは、アセトアルデヒドルジメチルセルロースアセテート、
セルロースアセテートエチルカルバメート、セルロースアセテートメチルカルバ
メート、およびセルロースアセテートジメチルアミノセルロースアセテートを含
む。 【0111】 実質的に放出不可能な形の、オピオイドアンタゴニストの調製に有用な、アク
リル酸ポリマーは、使用したアクリル酸およびメタクリル酸モノマーの1モルあ
たり、0.02から0.03モルのトリ(低級アルキル)アンモニウム基を含む
、アクリル酸およびメタクリル酸エステルから合成されたコポリマー(例えば、
アクリル酸低級アルキルエステルおよびメタクリル酸低級アルキルエステルのコ
ポリマー)を含むアクリルレジンを含むがこれに限定されない。適切なアクリル
レジンの例は、ローム・ファーマGmbHが製造し、オイドラギット(登録商標
)RS商標名で販売のポリマーである。オイドラギットRS30Dが好ましい。
オイドラギット(登録商標)RSは、アクリル酸エチル(EA)、メタクリル酸
メチル(MM)およびトリメチルアンモニウムエチルメタクリレートクロリド(
TAM)の水不溶性ポリマーであり、TAMと残りの成分(EAおよびMM)の
モル比は、1:40である。オイドラギット(登録商標)RSなどのアクリルレ
ジンは、水性懸濁液の形で使用し得る。 【0112】 本発明の特定の実施形態において、アクリル酸ポリマーは、アクリル酸および
メタクリル酸コポリマー、メチルメタクリレートコポリマー、エトキシエチルメ
タクリレート、シアノエチルメタクリレート、ポリ(アクリル酸)、ポリ(メタ
クリル酸)、メタクリル酸アルキルアミドコポリマー、ポリ(メチルメタクリレ
ート)、ポリメタクリレート、ポリ(メチルメタクリレート)コポリマー、ポリ
アクリルアミド、アミノアルキルメタクリレートコポリマー、ポリ(メタクリル
酸無水物)、およびグリシジルメタクリレートコポリマーからなる群から選択し
得る。 【0113】 実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストは、アンタゴニストを実
質的に放出不可能な形にするコーティングでコーティングしたオピオイドアンタ
ゴニスト粒子を含み、セルロースポリマーまたはアクリル酸ポリマーをコーティ
ング組成物の調製に使用する場合、適切な可塑剤、例えばアセチルトリエチルシ
トレートおよび/またはアセチルトリブチルシトレートも、ポリマーと混合し得
る。コーティングはまた、コーティング分野で公知である、着色剤、タルクおよ
び/またはステアリン酸マグネシウムなどの添加剤を含み得る。 【0114】 コーティング組成物は、それを、当分野で公知の適切な噴霧装置を使用して、
粒子上に噴霧することにより、オピオイドアンタゴニストに適用し得る。例えば
、下方から注入した、空気ジェットがコーティング材料を流動化し、不溶性ポリ
マーコーティングを噴霧している間に乾燥を行なう、ウスター流動床系を使用し
得る。コーティングの厚さは、使用する具体的なコーティング組成物の特徴に依
存する。しかし、本発明の具体的な投与形に必要な具体的なコーティングの最適
な厚さを慣用的な実験により決定することは当業者の十分能力内である。 【0115】 実質的に放出不可能な形の、オピオイドアンタゴニストの調製に有用な医薬的
に許容可能な疎水性材料は、ポリ(乳酸/グリコール酸)(「PLGA」)、ポ
リラクチド、ポリグリコライド、ポリアンヒドリド、ポリオルトエステル、ポリ
カプロラクトン、ポリホスファゼン、ポリサッカリド、タンパク質性ポリマー、
ポリエステル、ポリジオキサノン、ポリグルコネート、ポリ乳酸−ポリエチレン
オキシドコポリマー、ポリ(ヒドロキシブチレート)、ポリホスホエステル、或
いは、これらのいずれかの混合物またはブレンドを含む、生分解性ポリマーを含
む。 【0116】 特定の実施形態において、生分解性ポリマーは、約2,000から約500,
000ダルトンの分子量を有する、ポリ(乳酸/グリコール酸)、すなわち乳酸
とグリコール酸のコポリマーを含む。乳酸とグリコール酸の比は、約100:0
から約25:75であり、乳酸とグリコール酸の比は65:35が好ましい。 【0117】 ポリ(乳酸/グリコール酸)は、米国特許第4,293,539号(ルドウィ
ッグら)に示した手順により調製し得、この開示は全体を参照してここに組み込
まれる。簡潔には、ルドウィッグは、容易に除去可能な重合触媒(例えば、ダウ
エックスHCR−W2−Hなどの強酸イオン交換レジン)の存在下で、乳酸とグ
リコール酸の縮合により、コポリマーを調製する。触媒の量は、重合に重要では
ないが、典型的には、合わせた乳酸およびグリコール酸の総重量に対して、重量
にして約0.01から約20部である。重合反応は、溶媒を用いずに、約100
℃から約250℃の温度で、約48から約96時間、好ましくは水および副生成
物の除去を容易にするために減圧下で実施し得る。その後、ポリ(乳酸/グリコ
ール酸)は、ジクロロメタンまたはアセトンなどの有機溶媒中の融解反応混合物
をろ過し、その後、触媒をろ過して除去することにより回収する。 【0118】 一旦、実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストが調製されると、
当分野で公知の慣用的な賦形剤と共に、オピオイドアゴニストと合わせて、本発
明の経口投与形を調製し得る。 【0119】 本発明の特定の好ましい実施形態において、経口投与形は、カプセル剤または
錠剤である。錠剤として製剤化した場合、オピオイドアンタゴニストおよびアゴ
ニストを、錠剤の製造に適した、1つ以上の不活性で無毒性の賦形剤と合わせ得
る。該賦形剤は、例えば、ラクトースなどの不活性希釈剤;造粒および崩壊剤、
例えばコーンスターチ;結合剤、例えばスターチ;および潤滑剤、例えばステア
リン酸マグネシウムを含む。 【0120】 本発明の経口投与形は、それに含まれるオピオイドアゴニストの即時放出を提
供するように製剤化し得る。しかし、本発明の他の実施形態において、経口投与
形は、オピオイドアゴニストの持続放出を与える。 【0121】 特定の実施形態において、オピオイドアゴニストの持続放出を与える経口投与
形は、実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを、アゴニストおよ
び所望の医薬賦形剤と混合し、錠剤を与え、その後、錠剤を持続放出錠剤コーテ
ィングでコーティングすることにより調製し得る。 【0122】 本発明の特定の実施形態において、持続放出オピオイドアゴニスト錠剤は、実
質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを、持続放出特性を有する錠
剤を提供するマトリックス中のオピオイドアンタゴニストと混合することにより
調製し得る。 【0123】 本発明に従って持続放出経口投与形を調製する詳細な説明を以下に示す。 【0124】 オピオイドアゴニストおよび実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニ ストを含む、放出制御投与形の調製 オピオイドアゴニストと実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニスト
の組合せは、当業者に公知の任意の適切な錠剤、コーティング錠剤または多粒子
製剤で、放出制御または持続経口製剤として製剤化し得る。持続放出投与形は、
任意選択で、オピオイドアゴニストおよび利用不可能な形のオピオイドアンタゴ
ニストと共に、マトリックスに取込まれた持続放出キャリアを含み得えるか、ま
たは、持続放出コーティングとして適用し得る。 【0125】 オピオイドアゴニストがヒドロコドンを含む実施形態において、持続放出経口
投与形は、1投与量あたり、約8mgから約50mgのヒドロコドンという鎮痛
投与量を含み得る。ヒドロモルホンが治療に有効なオピオイドである持続放出経
口投与形では、それは、約2mgから約64mgの塩酸ヒドロモルホンの量で含
まれる。別の実施形態において、オピオイドアゴニストはモルヒネを含み、本発
明の持続放出経口投与形は、重量にして、約2.5mgから約800mgのモル
ヒネを含む。さらに別の実施形態において、オピオイドアゴニストはオキシコド
ンを含み、持続放出経口投与形は、約2.5mgから約800mgのオキシコド
ンを含む。特定の好ましい実施形態において、持続放出経口投与形は、約20m
gから約30mgのオキシコドンを含む。放出制御オキシコドン製剤は、当分野
で公知である。以下の文書は、本明細書に記載の本発明に使用するに適した、種
々の放出制御オキシコドン製剤、および、その製造プロセスを記載する:米国特
許第5,266,311号;第5,549,912号;第5,508,042号
;および第5,656,295号。オピオイドアゴニストは、トラマドールを含
み得、持続放出経口投与形は、1投与単位あたり、約25mgから約800mg
のトラマドールを含み得る。投与形は、2つ以上のオピオイドアゴニストを含み
得、実質的に等価な治療効果を提供する。別法として、投与形は、本発明に有用
なモル等量のオピオイドアゴニストの他の塩を含み得る。 【0126】 本発明の1つの好ましい実施形態において、持続放出投与形は、オピオイドア
ゴニストを含む該粒子を含み、該粒子は、0.1mmから約2.5mm、好まし
くは約0.5mmから約2mmの直径を有する。 【0127】 オピオイドアゴニスト粒子は、好ましくは、水性媒体中で持続した速度で、オ
ピオイドアゴニストの放出の可能な材料でコーティングしたフィルムである。フ
ィルムコートは、他の記載の特性と組合せて、所望のインビトロ放出速度を達成
するように選択する。本発明の持続放出コーティング製剤は、なだらかで秀麗な
強力な連続フィルムを生成でき、色素および他のコーティング添加剤を支持でき
、無毒性、不活性で、結び目がないものとすべきである。 【0128】 オピオイドアゴニストおよび実質的に放出不可能なオピオイドアンタゴニスト
を含む投与形は、任意選択で、オピオイドアゴニストの調節または製剤の保護に
適した1つ以上の材料でコーティングし得る。1つの実施形態において、コーテ
ィングは、例えば、胃液に暴露された場合に、pH依存性またはpH独立的放出
が可能となるように施す。pH依存的コーティングは、胃または小腸などの胃腸
(GI)管の所望の領域でオピオイドの放出を行ない、患者に、少なくとも約8
時間、好ましくは約12時間から約24時間の間、鎮痛を提供できる、吸収プロ
ファイルが提供される。pH独立的コーティングが望ましい場合、コーティング
は、例えば胃腸管で環境液体中のpH変化に関係なく、オピオイドの最適な放出
を達成するように設計されている。それは、例えば胃などの胃腸管の1つの所望
の領域で、投与量の一部を放出し、例えば小腸などの胃腸管の別の領域で投与量
の残りを放出する組成物を製剤化することが可能である。 【0129】 製剤を得るために、pH依存的コーティングを利用した、本発明に記載の製剤
はまた、反復作用の効果を付与し得、これにより非保護の薬物は腸溶性コーティ
ングされ、胃で放出され、一方、腸溶性コーティングにより保護された残りは、
胃腸管のさらに下部で放出される。pH依存的であるコーティングは、本発明に
従って使用し得、これはシェラック、セルロースアセテートフタレート(CAP
)、ポリビニルアセテートフタレート(PVAP)、ヒドロキシプロピルメチル
セルロースフタレート、およびメタクリル酸エステルコポリマー、ゼイン等を含
む。 【0130】 特定の好ましい実施形態において、オピオイド鎮痛薬(COX−2阻害剤を含
むまたは含まない)を含む基質(例えば錠剤コアビーズ、マトリックス粒子)を
、(i)アルキルセルロース;(ii)アクリル酸ポリマー;または(iii)
その混合物から選択した疎水性材料でコーティングする。コーティングは、有機
または水性溶液または分散液の形で適用し得る。コーティングは、所望の持続放
出プロファイルを得るために、約2から約25%の基質の重量増となるように適
用し得る。分散水から得たコーティングは、本発明の譲受人に譲渡され、本明細
書に参考として取込んだ、詳細に米国特許第5,273,760号および第5,
286,493号に記載されている。 【0131】 本発明に従って使用し得る、持続放出製剤およびコーティングの他の例は、そ
の全体を参照してここに組み込まれ、譲受人の米国特許第5,324,351号
;第5,356,467号、および第5,472,712号を含む。 【0132】 アルキルセルロースポリマー セルロース系の材料およびポリマー(アルキルセルロースを含む)は、本発明
によるビーズをコーティングするために十分に適する疎水性材料をもたらす。単
に例として、1つの好ましいアルキルセルロース系ポリマーはエチルセルロース
であるが、当業者は、本発明による疎水性ビーズの全体または一部として、他の
セルロースポリマーおよび/またはアルキルセルロースポリマーを単独で、また
は任意の組合せで容易に用いることができることを理解する。 【0133】 エチルセルロースの市販されている水性分散物の1つがアクアコート(登録商
標)(FMC Corp.、フィラデルフィア、ペンシルバニア州、米国)であ
る。アクアコート(登録商標)は、水と混和しない有機溶媒にエチルセルロース
を溶解し、これを水に界面活性剤および乳化剤の存在下で乳化することによって
調製される。サブミクロンの液滴を得るためにホモジネーションした後、有機溶
媒を減圧下で除き、擬似ラテックス(pseudolatex)を形成させる。
可塑剤は製造段階の擬似ラテックスには配合されない。したがって、これをコー
ティング物として使用する前には、アクアコート(登録商標)を適切な可塑剤と
使用前に十分に混合することが必要である。 【0134】 エチルセルロースの別の水性分散物がシュアリース(Surelease)(
登録商標)(Colorcon,Inc.、ウエストポイント、ペンシルバニア
州、米国)として市販されている。この製品は、製造プロセス途中の分散物に可
塑剤を配合することによって調製される。ポリマー、可塑剤(セバシン酸ジブチ
ル)および安定化剤(オレイン酸)の融解物が均質な混合物として調製され、そ
の後、基体に直接塗布することができる水性分散物を得るためにアルカリ性溶液
で希釈される。 【0135】 アクリルポリマー 本発明の他の好ましい実施形において、徐放性コーティング物を含む疎水性材
料は医薬的に許容可能なアクリルポリマーであり、これには、アクリル酸および
メタクリル酸のコポリマー、メタクリル酸メチルコポリマー、メタクリル酸エト
キシエチル、メタクリル酸シアノエチル、ポリ(アクリル酸)、ポリ(メタクリ
ル酸)、メタクリル酸アルキルアミドコポリマー、ポリ(メタクリル酸メチル)
、ポリメタクリレート、ポリ(メタクリル酸メチル)コポリマー、ポリアクリル
アミド、メタクリル酸アミノアルキルコポリマー、ポリ(無水メタクリル酸)お
よびメタクリル酸グリシジルコポリマーが含まれるが、これらに限定されない。 【0136】 いくつかの好ましい実施形において、アクリルポリマーは、1つ以上のアンモ
ニオメタクリレートコポリマーから構成される。様々なアンモニオメタクリレー
トコポリマーがこの分野では十分に知られており、四級アンモニウム基の含有量
が低いアクリル酸エステルおよびメタクリル酸エステルの完全重合したコポリマ
ーとして、NF XVIIに記載されている。 【0137】 望ましい溶解プロフィルを得るためには、四級アンモニウム基対中性(メタ)
アクリルエステルのモル比が異なるなどの異なる物理的性質を有する2つ以上の
アンモニオメタクリレートコポリマーを配合することが必要になる場合がある。 【0138】 ある種のメタクリル酸エステル型ポリマーが、本発明に従って使用され得るp
H依存性コーティング物を調製するために有用である。例えば、一群のコポリマ
ーがメタクリル酸ジエチルアミノエチルおよび他の中性メタクリルエステルから
合成されており、これらは、メタクリル酸コポリマーまたはポリマー状メタクリ
レートとしても知られており、Rohm Tech,Inc.から得られるオイ
ドラギット(Eudragit)(登録商標)として市販されている。7つの異
なるタイプのオイドラギット(登録商標)が存在する。例えば、オイドラギット
(登録商標)Eは、酸性媒体に膨潤して溶解するメタクリル酸コポリマーの一例
である。オイドラギット(登録商標)Lは、約pH<5.7では膨潤せず、約p
H>6で可溶性であるメタクリル酸コポリマーである。オイドラギット(登録商
標)Sは、約pH<6.5では膨潤せず、約pH>7で可溶性である。オイドラ
ギット(登録商標)RLおよびオイドラギット(登録商標)RSは水膨潤性であ
り、これらのポリマーにより吸収される水の量はpH依存的である。しかし、オ
イドラギット(登録商標)RLおよびオイドラギット(登録商標)RSがコーテ
ィングされた投与形はpH非依存的である。 【0139】 いくつかの好ましい実施形において、アクリルコーティング物は、Rohm
Pharmaからオイドラギット(登録商標)RL30Dおよびオイドラギット
(登録商標)RS30Dの商品名でそれぞれ市販されている2つのアクリル樹脂
ラッカーの混合物を含む。オイドラギット(登録商標)RL30Dおよびオイド
ラギット(登録商標)RS30Dは、四級アンモニウム基の含有量が低いアクリ
ルエステルおよびメタクリルエステルのコポリマーであり、アンモニウム基対残
留中性(メタ)アクリルエステルのモル比が、オイドラギット(登録商標)RL
30Dでは1:20であり、オイドラギット(登録商標)RS30Dでは1:4
0である。平均分子量は約150,000である。RL(高透過性)およびRS
(低透過性)のコード標示はこれらの薬剤の透過性性質を示している。オイドラ
ギット(登録商標)RL/RSの混合物は水および消化液に不溶である。しかし
、この混合物から形成されたコーティング物は水溶液および消化液において膨潤
可能であり、透過可能である。 【0140】 本発明のオイドラギット(登録商標)RL/RS分散物は、望ましい溶解プロ
フィルを有する持続放出性配合物を最終的に得るために、任意の所望する比率で
一緒に混合され得る。望ましい持続放出性配合物は、例えば、100%オイドラ
ギット(登録商標)RL、50%オイドラギット(登録商標)RLおよび50%
オイドラギット(登録商標)RS、ならびに10%オイドラギット(登録商標)
RL:90%オイドラギット(登録商標)RSに由来する緩速性コーティング物
から得ることができる。当然のことではあるが、当業者は、例えば、オイドラギ
ット(登録商標)Lなどの他のアクリルポリマーもまた使用できることを認識す
る。 【0141】 可塑剤 コーティング組成物が疎水性材料の水性分散物を含む本発明の様々な実施形で
は、効果的な量の可塑剤を疎水性材料の水性分散物に含ませることにより、持続
放出性コーティング物の物理的性質がさらに改善される。例えば、エチルセルロ
ースは比較的高いガラス転移温度を有し、かつ通常のコーティング条件のもとで
は柔軟性の薄膜を形成しないので、エチルセルロースのコーティング物を含有す
る持続放出性コーティング物に可塑剤を配合し、その後、これをコーティング材
料として使用することが好ましい。一般に、コーティング溶液に含まれる可塑剤
の量は、薄膜形成剤の濃度に基づいて、例えば、最も多くの場合には薄膜形成剤
の約1重量パーセントから約50重量パーセントである。しかしながら、可塑剤
の濃度は、特定のコーティング溶液および塗布方法を用いて慎重に試験した後に
適正に決定され得るだけである。 【0142】 エチルセルロースに対する適切な可塑剤の例には、セバシン酸ジブチル、フタ
ル酸ジエチル、クエン酸トリエチル、クエン酸トリブチルおよびトリアセチンな
どの水不溶性可塑剤が含まれるが、他の水不溶性可塑剤(アセチル化モノグリセ
リド、フタル酸エステル、ひまし油など)が使用できることが考えられる。クエ
ン酸トリエチルが、本発明のエチルセルロースの水性分散物に対する特に好まし
い可塑剤である。 【0143】 本発明のアクリルポリマーに対する適切な可塑剤の例には、クエン酸トリエチ
ルNF XVI、クエン酸トリブチルなどのクエン酸エステル、フタル酸ジブチ
ル、およびおそらくは1,2−プロピレングリコールが含まれるが、これらに限
定されない。オイドラギット(登録商標)RL/RSラッカー溶液などのアクリ
ル薄膜から形成された薄膜の弾性を増強させるために好適であることが証明され
ている他の可塑剤には、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、フタ
ル酸ジエチル、ひまし油およびトリアセチンが含まれる。クエン酸トリエチルが
、本発明のエチルセルロースの水性分散物に対する特に好ましい可塑剤である。 【0144】 少量のタルクを添加することは、水性分散物の加工中の粘着傾向を低下させ、
そして研磨材として作用することがさらに見出されている。 【0145】 コーティングビーズの調製方法 疎水性の徐放性コーティング材料を使用して、オピオイドアゴニストが既にコ
ーティングされているヌ・パリエル(nu pariel)18/20ビーズな
どの不活性な薬学的ビーズをコーティングした場合、多数の得られた固体の徐放
性ビーズは、その後、実質的な放出不可能形のオピオイドアンタゴニストととも
にゼラチンカプセルに入れることができる。この投与形は、摂取され、そして周
りの液体(例えば、胃液または溶解媒体)が接触したときに、オピオイドアゴニ
ストの効果的な制御された放出用量をもたらす。 【0146】 本発明の徐放性ビーズ配合物は、例えば、摂取されて、胃液にさらされ、その
後、腸液にさらされたときに、オピオイドアゴニストをゆっくり放出する。本発
明の配合物の徐放性プロフィルは、例えば、疎水性材料による上塗り量を変化さ
せることによって、可塑剤が疎水性材料に添加される方法を変えることによって
、疎水性材料に対する可塑剤の量を変化させることによって、さらなる成分また
は賦形剤を含ませることによって、製造方法を変えることなどによって変化させ
ることができる。最終的な製造物の溶解プロフィルはまた、例えば、緩速性(re
tardant)コーティング物の厚さを増減させることによって変えることができる
。 【0147】 オピオイドアゴニストがコーティングされた球状体またはビーズは、例えば、
薬物を水に溶解し、その後、Wuster不活性を使用して、溶液を基体(例え
ば、ヌ・パリエル18/20ビーズ)にスプレーすることによって調製すること
ができる。必要な場合には、ビーズに対するオピオイドの結合を助けるために、
かつ/または溶液を着色するなどのために、ビーズをコーティングする前に、さ
らなる成分もまた加えることができる。例えば、着色剤(例えば、オパドライ(
登録商標)、これはColorcon,Inc.から市販されている)とともに
、または着色剤を伴うことなく、ヒドロキシプロピルメチルロースなどを含む製
造物を溶液に加え、そして溶液を(例えば、約1時間)混合して、その後、この
溶液をビーズに塗布することができる。得られたコーティング済みの基体(この
例では、ビーズ)は、その後、必要な場合には、治療的に活性な薬剤を疎水性の
徐放性コーティング物から隔てるためにバリア剤を上塗りすることができる。適
切なバリア剤の一例は、ヒドロキシプロピルメチルセルロースを含むバリア剤で
ある。しかし、この分野で知られている薄膜形成剤はどれも使用することができ
る。バリア剤は最終製品の溶解速度を変化させないことが好ましい。 【0148】 ビーズは、その後、疎水性材料の水性分散物を上塗りすることができる。疎水
性材料の水性分散物は、好ましくは、効果的な量の可塑剤、例えば、クエン酸ト
リエチルをさらに含む。エチルセルロースの事前配合された水性分散物、例えば
、アクアコート(登録商標)またはシュアリース(登録商標)などを使用するこ
とができる。シュアリース(登録商標)が使用される場合、可塑剤を別個に加え
る必要はない。あるいは、アクリルポリマーの事前配合された水性分散物、例え
ば、オイドラギット(登録商標)などを使用することができる。 【0149】 本発明のコーティング溶液は、好ましくは、薄膜形成剤、可塑剤および溶媒系
(すなわち、水)に加えて、気品さおよび製品の区別をもたらす着色剤を含有す
る。着色剤は、疎水性材料の水性懸濁物の代わりに、またはそれに加えて、治療
的に活性な薬剤の溶液に加えることができる。例えば、着色は、剪断とともに水
溶性ポリマー溶液に着色を施し、その後、可塑化アクアコート(登録商標)に対
して低剪断を使用することによって、アルコールまたはプロピレングリコールに
基づく有色分散物、粉砕されたアルミニウムレーキ、および二酸化チタンなどの
乳白剤の使用を介してアクアコート(登録商標)に施すことができる。あるいは
、本発明の配合物を着色する適切な方法はどれも使用することができる。配合物
を着色するために適切な成分として、アクリルポリマーの水性分散物が使用され
る場合には、二酸化チタンおよび有色顔料(酸化鉄顔料など)が挙げられる。し
かしながら、顔料の配合はコーティング物の緩速作用を増大させることがある。 【0150】 可塑化された疎水性材料は、この分野で知られている任意の適切なスプレー装
置を使用してスプレーすることによって治療的に活性な薬剤を含む基体に塗布す
ることができる。好ましい方法では、Wurster流動床システムが使用され
る。この場合、アクリルポリマーのコーティング物がスプレーされながら、下部
から注入されるエアージェットにより、コア材料が流動化され、そして乾燥が行
われる。好ましくは、コーティングされた材料が水性溶液(例えば、胃液)にさ
らされたときに前記治療的に活性な薬剤の所定の制御された放出を得るために十
分な量の疎水性材料が、治療的に活性な薬剤の物理的特性、可塑剤の配合様式な
どを考慮に入れて塗布される。疎水性材料がコーティングされた後、オパドライ
(登録商標)などの薄膜形成剤のさらなる上塗りが、必要な場合にはビーズに塗
布される。この上塗りは、施される場合には、ビーズの凝集を実質的に低下させ
るために施される。 【0151】 本発明の徐放性配合物からの治療的に活性な薬剤の放出は、1つ以上の放出調
節剤を添加することによって、あるいはコーティング物により1つ以上の通路を
提供することによってさらに影響を受けることがあり、すなわち、所望する速度
に調節することができる。水溶性材料に対する疎水性材料の比率は、他の因子の
中でも、必要とされる放出速度、および選択された材料の溶解性特性によって決
定される。 【0152】 細孔形成剤として機能する放出調節剤は有機系または無機系であってもよく、
これには、使用環境において溶解し、抽出され、またはコーティング物から溶出
可能な材料が含まれる。このような細孔形成剤は、ヒドロキシプロピルメチルセ
ルロースなどの1つ以上の疎水性材料を含むことができる。 【0153】 本発明の持続放出性コーティング物はまた、デンプンおよびガムなどの侵食促
進剤を含むことができる。 【0154】 本発明の持続放出性コーティング物はまた、使用環境においてマイクロ細孔の
薄層を作製するために有用な材料、例えば、カルボナート基がポリマー鎖に存在
する炭酸の線状ポリエステルから構成されるポリカーボナートなどを含むことが
できる。 【0155】 放出調節剤はまた半透過性のポリマーを含むことができる。 【0156】 いくつかの好ましい実施形において、放出調節剤は、ヒドロキシプロピルメチ
ルセルロース、ラクトース、ステアリン酸金属塩、および前記のいずれかの混合
物から選択される。 【0157】 本発明の持続放出性コーティング物はまた、少なくとも1つの経路またはオリ
フィスなどを含む出口手段を含むことができる。このような経路は、米国特許第
3,845,770号、第3,916,889号、第4,063,064号およ
び第4,088,864号(これらすべては参照してここに組み込まれる)に開
示される方法のような方法によって形成させることができる。このような経路は
、円形、三角形、四角形、楕円形、不規則形、その他などの任意の形状を有する
ことができる。 【0158】 マトリックス配合物 本発明の他の実施形において、徐放性配合物は、上記に示されるような徐放性
コーティング物を有するマトリックスによって達成される。本発明はまた、オピ
オイドアンタゴニストを実質的に放出不可能にするコーティング物がコーティン
グされた、オピオイドアゴニストの粒子およびオピオイドアンタゴニストの粒子
を含む持続放出錠剤を含む。この場合、アゴニストおよびアンタゴニストは、オ
ピオイドアゴニストのインビトロ溶解速度を好ましい範囲内でもたらし、かつオ
ピオイドアゴニストをpH依存的またはpH非依存的な様式で放出する徐放性マ
トリックスに分散されている。徐放性マトリックスに含ませるために適切な材料
は、マトリックスを形成させるために使用される方法に依存する。 【0159】 例えば、マトリックスは、オピオイドアゴニストおよび実質的な放出不可能形
のコーティングされたオピオイドアンタゴニストに加えて、下記を含むことがで
きる: 親水性材料および/または疎水性材料、例えば、ガム、セルロースエーテル、
アクリル樹脂、タンパク質由来材料(この列挙は排他的であることを意味しない
)、そしてオピオイドの制御された放出をもたらし得る任意の医薬的に許容可能
な疎水性材料または親水性材料を本発明に従って使用することができる。 【0160】 消化性の長鎖(C8〜C50、特にC12〜C40)の置換炭化水素または非置換炭
化水素、例えば、脂肪酸、脂肪族アルコール、脂肪酸のグリセリルエステル、ミ
ネラルオイルおよび植物油およびワックスならびにステアリルアルコールなど;
そしてポリアルキレングリコール。 【0161】 これらのポリマーの中で、アクリルポリマー、特にオイドラギット(登録商標
)RSPO(セルロースエーテル)、特にヒドロキシアルキルセルロースおよび
カルボキシアルキルセルロースが好ましい。経口投与形は、少なくとも1つの親
水性材料または疎水性材料を1%〜80%(重量比)含有することができる。 【0162】 疎水性材料が炭化水素である場合、炭化水素は、好ましくは、25℃から90
℃の間の融点を有する。長鎖炭化水素材料の中で、脂肪族アルコールが好ましい
。経口投与形は、少なくとも1つの消化性の長鎖炭化水素を60%(重量比)ま
で含有することができる。 【0163】 好ましくは、経口投与形は、少なくとも1つのポリアルキレングリコールを6
0%(重量比)まで含有することができる。 【0164】 疎水性材料は、好ましくは、アルキルセルロース、アクリル酸およびメタクリ
ル酸のポリマーおよびコポリマー、セラック、ゼイン、水素化ひまし油、水素化
植物油、またはこれらの混合物からなる群から選択される。本発明のいくつかの
好ましい実施形において、疎水性材料は、医薬的に許容可能なアクリルポリマー
であり、これには、アクリル酸およびメタクリル酸のコポリマー、メタクリル酸
メチル、メタクリル酸メチルコポリマー、メタクリル酸エトキシエチル、メタク
リル酸シアノエチル、メタクリル酸アミノアルキルコポリマー、ポリ(アクリル
酸)、ポリ(メタクリル酸)、メタクリル酸アルキルアミノコポリマー、ポリ(
メタクリル酸メチル)、ポリ(メタクリル酸)(無水物)、ポリメタクリレート
、ポリアクリルアミド、ポリ(無水メタクリル酸)、およびメタクリル酸グリシ
ジルコポリマーが含まれるが、これらに限定されない。他の実施形において、疎
水性材料は、ヒドロキシアルキルセルロース(ヒドロキシプロピルメチルセルロ
ースなど)などの材料、および前記の混合物から選択される。 【0165】 好ましい疎水性材料は水に不溶性であるが、多少なりとも顕著な親水性傾向お
よび/または疎水性傾向を有する。好ましくは、本発明において有用な疎水性材
料は、融点が約30℃から約200℃であり、好ましくは約45℃から約90℃
である。具体的には、疎水性材料は、天然または合成されたワックス、脂肪族ア
ルコール(ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、ステアリルアルコール
、セチルアルコールまたは好ましくはセトステアリルアルコールなど)、脂肪酸
(これには、脂肪酸エステル、脂肪酸グリセリド(モノグリセリド、ジグリセリ
ドおよびトリグリセリド)が含まれるが、これらに限定されない)、水素化脂肪
、炭化水素、ノーマルワックス、ステアリン酸、ステアリルアルコール、ならび
に炭化水素骨格を有する疎水性材料および親水性材料を含むことができる。適切
なワックスには、例えば、蜂ロウ、グリコワックス、カスターワックスおよびカ
ルナウバワックスが含まれる。本発明の目的のためには、ワックス様材料が、通
常は室温で固体であり、かつ約30℃〜約100℃の融点を有する任意の材料と
して定義される。 【0166】 本発明に従って使用され得る適切な疎水性材料には、消化性の長鎖(C8〜C5 0 、特にC12〜C40)の置換炭化水素または非置換炭化水素、例えば、脂肪酸、
脂肪族アルコール、脂肪酸のグリセリルエステル、ミネラルオイルおよび植物油
、ならびに天然ワックスおよび合成ワックスなどが含まれる。25℃から90℃
の融点を有する炭化水素が好ましい。長鎖炭化水素材料の中で、脂肪族アルコー
ルがいくつかの実施形では好ましい。経口投与形は、少なくとも1つの消化性の
長鎖炭化水素を60%(重量比)まで含有することができる。 【0167】 好ましくは、2つ以上の疎水性材料の組合せがマトリックス配合物に含まれる
。さらなる疎水性材料が含まれる場合、さらなる疎水性材料は、好ましくは、天
然および合成されたワックス、脂肪酸、脂肪族アルコール、ならびにこれらの混
合物から選択される。例として、蜜ロウ、カルナウバワックス、ステアリン酸お
よびステアリルアルコールが挙げられる。この列挙は排他的であることを意味し
ない。 【0168】 1つの特に適切なマトリックスは、少なくとも1つの水溶性ヒドロキシアルキ
ルセルロース、少なくとも1つのC12〜C36(好ましくはC14〜C22)脂肪族ア
ルコール、および必要な場合には少なくとも1つのポリアルキレングリコールを
含む。少なくとも1つのヒドロキシアルキルセルロースは、好ましくは、ヒドロ
キシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、および特にヒ
ドロキシエチルセルロースなどのヒドロキシ(C1〜C6)アルキルセルロースで
ある。本発明の経口投与形における少なくとも1つのヒドロキシアルキルセルロ
ースの量は、必要とされるオピオイド放出の正確な速度によって特に決定される
。少なくとも1つの脂肪族アルコールは、例えば、ラウリルアルコール、ミリス
チルアルコールまたはステアリルアルコールであり得る。しかし、本発明の経口
投与形の特に好ましい実施形では、少なくとも1つの脂肪族アルコールはセチル
アルコールまたはセトステアリルアルコールである。本発明の経口投与形におけ
る少なくとも1つの脂肪族アルコールの量は、上記のように、必要とされるオピ
オイド放出の正確な速度によって決定される。少なくとも1つの脂肪族アルコー
ルの量はまた、少なくとも1つのポリアルキレングリコールが経口投与形に存在
するか、または存在しないかにも依存する。少なくとも1つのポリアルキレング
リコールが存在しない場合、経口投与形は、好ましくは、少なくとも1つの脂肪
族アルコールを20%および50%の間(重量比)含有する。少なくとも1つの
ポリアルキレングリコールが経口投与形に存在する場合、少なくとも1つの脂肪
族アルコールおよび少なくとも1つのポリアルキレングリコールを組み合わせた
量は、好ましくは、投与量全体の20%および50%の間(重量比)を構成する
。 【0169】 1つの実施形において、例えば、少なくとも1つの脂肪族アルコール/ポリア
ルキレングリコールに対する少なくとも1つのヒドロキシセルロースまたはアク
リル樹脂の比率により、配合物からのオピオイドの放出速度が相当の程度で決定
される。少なくとも1つのヒドロキシアルキルセルロース対少なくとも1つの脂
肪族アルコール/ポリアルキレングリコールの比率は1:2および1:4の間が
好ましく、1:3および1:4の間の比率が特に好ましい。 【0170】 少なくとも1つのポリアルキレングリコールは、例えば、ポリプロピレングリ
コールであり得るが、好ましいものはポリエチレングリコールであり得る。少な
くとも1つのポリアルキレングリコールの数平均分子量は、1,000および1
5,000の間が好ましく、特に1,500および12,000の間が好ましい
。 【0171】 別の適切な徐放性マトリックスは、アルキルセルロース(特に、エチルセルロ
ース)、C12〜C36脂肪族アルコール、および必要な場合にはポリアルキレング
リコールを含む。 【0172】 別の好ましい実施形において、マトリックスは、少なくとも2つの疎水性材料
の医薬的に許容可能な組合せを含む。 【0173】 上記の成分に加えて、徐放性マトリックスはまた、他の材料、例えば、製薬分
野では通常的である希釈剤、滑沢剤、結合剤、造粒補助剤、着色剤、芳香剤およ
び滑剤を適切な量で含むことができる。 【0174】 マトリックス型ビーズの調製方法 本発明による固体の徐放性経口投与形の調製を容易にするために、当業者に知
られているマトリックス配合物の調製方法はどれは使用することができる。例え
ば、マトリックスへの配合は、例えば、(a)少なくとも1つの水溶性ヒドロキ
シアルキルセルロースおよびオピオイドまたはオピオイド塩を含む顆粒を形成し
、(b)ヒドロキシアルキルセルロース含有顆粒を少なくとも1つのC12〜C36 脂肪族アルコールと混合し、(c)必要な場合には、顆粒を圧縮成形および成形
することによって行うことができる。好ましくは、顆粒は、水を用いてヒドロキ
シアルキルセルロース/オピオイドを湿式造粒することによって形成される。こ
のプロセスの特に好ましい実施形において、湿式造粒工程のときに添加される水
の量は、好ましくは、オピオイドの乾燥重量の1.5倍および5倍の間であり、
特に1.75倍および3.5倍の間である。 【0175】 さらに別の代わりの実施形では、活性な成分と一緒に、球状化剤を、球状体を
形成させるために球状化することができる。微結晶セルロースが好ましい。適切
な微結晶セルロースは、例えば、アビセル(Avicel)PH101(商標、
FMC Corporation)として販売されている材料である。そのよう
な実施形において、活性な成分および球状化剤に加えて、球状体は結合剤をも含
有することができる。適切な結合剤、例えば、低粘度の水溶性ポリマーなどが、
製薬分野の当業者には十分に知られている。しかし、ヒドロキシプロピルセルロ
ースなどの水溶性のヒドロキシ低級アルキルセルロースが好ましい。さらに(ま
たは、代替として)、球状体は、水に不溶性のポリマー、特に、アクリルポリマ
ー、アクリルコポリマー(メタクリル酸−アクリル酸エチルコポリマーなど)ま
たはエチルセルロースを含有することができる。そのような実施形では、持続放
出コーティング物は、(a)ワックス(単独もしくは脂肪族アルコールとの混合
)、または(b)セラックもしくはゼインなどの疎水性材料を一般に含む。 【0176】 融解押出マトリックス 持続放出性マトリックスはまた、経口投与されたときに胃腸系に放出されるた
めに、十分な量のオピオイドアンタゴニストが利用できるような程度でマトリッ
クスの調製時に添加されたオピオイドアンタゴニストの実質的な放出不可能な形
の一体性が、使用される技術により損なわれない限り、様々な融解造粒技術また
は融解押出技術によって調製することができる。あるいは、融解押出工程をオピ
オイドアゴニストとともに行い、アゴニストの持続放出性粒子を製造することが
でき、その後、この粒子を、オピオイドアンタゴニストの実質的な放出不可能な
形と組み合わせることができる。一般に、融解造粒技術は、通常は固体である疎
水性材料(例えば、ワックス)を融解し、これに粉末化薬物を配合することを伴
う。持続放出性投与形を得るために、さらなる疎水性材料(例えば、エチルセル
ロースまたは水不溶性アクリル樹脂)を融解ワックスの疎水性材料に配合しなけ
ればならないことがある。融解造粒技術により調製された持続放出性配合物の様
々な例が米国特許第4,861,598号(本発明の出願人により出願され、そ
の全体が参照してここに組み込まれる)に見出される。 【0177】 さらなる疎水性材料は、1つ以上の水不溶性のワックス様熱可塑性材料よりも
疎水性が小さい1つ以上のワックス様熱可塑性材料と混合されるかもしれない1
つ以上の水不溶性のワックス様熱可塑性材料を含むことができる。一定した放出
を達成するために、配合物中の個々のワックス様材料は、初期放出段階のときに
胃腸液において実質的に非分解性で、不溶性でなければならない。有用な水不溶
性ワックス様材料は、約1:5,000(w/w)未満の水溶性を有するワック
ス様材料であり得る。 【0178】 上記の成分に加えて、持続放出性マトリックスはまた、他の材料、例えば、製
薬分野では通常的である希釈剤、滑沢剤、結合剤、造粒補助剤、着色剤、芳香剤
および滑剤を適切な量で含むことができる。これらのさらなる材料の量は、所望
する配合物に所望する効果をもたらすのに十分なほどである。 【0179】 上記の成分に加えて、融解押出された多粒子を含む持続放出性マトリックスは
また、他の材料、例えば、製薬分野では通常的である希釈剤、滑沢剤、結合剤、
造粒補助剤、着色剤、芳香剤および滑剤を適切な量で、所望する場合には粒状物
の約50重量%までの量で含むことができる。 【0180】 経口投与形を配合するために使用され得る医薬的に許容可能なキャリアおよび
賦形剤の具体的な例が、Handbook of Pharmaceutica
l Excipients(アメリカ薬剤師会(1986)、これは参照してこ
こに組み込まれる)に記載されている。 【0181】 融解押出多粒子 本発明による適切な融解押出マトリックスの調製は、例えば、オピオイド鎮痛
剤を少なくとも1つの疎水性材料および好ましくはさらなる疎水性材料と一緒に
混合して、均質な混合物を得る工程を含みむことができる。その後、この均質な
混合物は、これを押出成形するために十分に混合物を少なくとも柔らかくするの
に十分な温度に加熱される。得られた均質な混合物は、その後、ストランドを得
るために押し出される。押出物は、好ましくは、この分野で知られているいずれ
かの手段によって冷却され、多粒子に切断される。ストランドは冷却され、多粒
子に切断される。その後、多粒子は、アンタゴニストを実質的に放出不可能にす
るコーティング物がコーティングされたオピオイドアンタゴニスト粒子と混合さ
れ、そしてユニット量に分割される。押出物は、好ましくは、直径が約0.1m
mから約5mmであり、そして約8時間から約24時間の期間にわたってオピオ
イドアゴニストの持続した放出をもたらす。 【0182】 本発明の融解押出物を調製するために必要に応じて使用されるプロセスは、疎
水性材料、治療的に活性な薬剤、および必要に応じて使用される結合剤を直接計
量して押出機に入れること;均質な混合物加熱すること;均質な混合物を押出、
それによりストランドを形成させること;均質な混合物を含有するストランドを
冷却すること;約0.1mmから約12mmのサイズを有する粒子にストランド
を切断すること;および粒子と、コーティングされたオピオイドアンタゴニスト
粒子とを一緒にし、それらをユニット量に分割することを含む。本発明のこの局
面では、相対的に連続した製造法が実現される。 【0183】 押出機の開口部または出口ポートの直径はまた、押し出されたストランドの厚
さを変化させるために調節することができる。さらに、押出機の出口ポートは円
形である必要はなく、細長い形状、矩形などにすることができる。押し出される
ストランドは、ホットワイヤカッター、ギロチンなどを使用して粒子にまで小さ
くすることができる。 【0184】 融解押出された多粒子システムは、押出機の出口オリフィスに依存して、例え
ば、顆粒、球状体またはペレットの形にすることができる。本発明の目的のため
に、用語「融解押出された多粒子」および用語「融解押出された多粒子システム
」および用語「融解押出された粒子」は、好ましくは、一定範囲内の類似したサ
イズおよび/または形状を有し、かつ1つ以上の活性な薬剤と、好ましくは本明
細書中に記載されるような疎水性材料を含む1つ以上の賦形剤とを含有する多数
のユニット物を示すものとする。これに関して、融解押出された多粒子は、長さ
が約0.1mmから約12mmの範囲であり、直径が約0.1mmから約5mm
である。また、融解押出された多粒子はこのサイズ範囲内の任意の幾何学的形状
であり得ることを理解しなければならない。あるいは、押出物は単に、球状化工
程を必要とすることなく、所望する長さに切断し、そして治療的に活性な薬剤の
ユニット量に分割することができる。 【0185】 1つの好ましい実施形において、経口投与形は、融解押出された多粒子の効果
的な量がカプセルに含まれるように調製される。例えば、多数の融解押出された
多粒子を、摂取され、そして胃液が接触したときに効果的な持続した放出量をも
たらすのに十分な量でゼラチンカプセルに入れることができる。 【0186】 別の好ましい実施形において、適切な量の多粒子の押出物は、コーティングさ
れたオピオイドアンタゴニスト粒子と一緒にされ、そして標準的な技術を使用す
る従来的な錠剤化装置を使用して経口用錠剤に圧縮成形される。錠剤(圧縮成形
物および鋳型成形物)、カプセル(ハードゼラチンおよびソフトゼラチン)およ
びピルを作製するための技術および組成物はまたRemington’s Ph
armaceutical Sciences(編者:アーサー・オソル、15
53〜1593(1980)、これは参照してここに組み込まれる)に記載され
ている。 【0187】 さらに別の好ましい実施形では、上記にさらに詳しく記載された米国特許第4
,957,681号(クリメッシュら)(これはこれにより参照してここに組み
込まれる)に示されるように、コーティングされたオピオイドアンタゴニスト粒
子が押出処理中に加えられ、そして押出物を錠剤に成形することができる。 【0188】 必要な場合には、持続放出性の融解押出された多粒子システムまたは錠剤は、
上記に記載される持続放出性コーティング物などの持続放出性コーティング物を
コーティングすることができ、あるいはゼラチンカプセルは、上記に記載される
持続放出性コーティング物などの持続放出性コーティング物をさらにコーティン
グすることができる。そのようなコーティング物は、好ましくは、約2パーセン
トから約30パーセントの重量増大レベルを得るために十分な量の疎水性材料を
含むが、上塗りは、中でも、利用された特定のオピオイド鎮痛剤化合物の物理的
性質、および所望する放出速度に依存してそれよりも大きくすることができる。 【0189】 本発明の融解押出されたユニット投与形は、上記に開示された治療的に活性な
薬剤の1つまたは複数を含有する融解押出された多粒子の組合せをカプセル化前
にさらに含むことができる。さらに、ユニット投与形はまた、治療効果を促進さ
せるために、一定量の即時放出されるオピオイドアゴニストを含むこともできる
。即時放出されるオピオイドアゴニストは、例えば、別個のペレットとしてゼラ
チンカプセルに配合することができ、または投与形(例えば、徐放性コーティン
グまたはマトリックス型)を調製した後に多粒子の表面にコーティングすること
ができる。本発明のユニット投与形はまた、所望する効果を達成するために、徐
放性ビーズおよびマトリックス多粒子の組合せを含有することができる。 【0190】 本発明の持続放出性配合物は、好ましくは、例えば、摂取され、そして胃液に
さらされ、その後、腸液にさらされたときに、オピオイドアゴニストをゆっくり
放出する。本発明の融解押出された配合物の持続放出プロフィルは、例えば、緩
速剤(すなわち、疎水性材料)の量を変化させることによって、疎水性材料に対
する可塑剤の量を変化させることによって、さらなる成分または賦形剤を含ませ
ることによって、製造方法を変えることなどによって変化させることができる。 【0191】 本発明の他の実施形において、融解押出物が、オピオイドアゴニスト粒子およ
び/またはコーティングされたオピオイドアンタゴニスト粒子を含むことなく調
製され、そしてこれらはその後で押出物に加えられる。そのような配合物は、オ
ピオイドアゴニストの遅い放出をもたらすために、典型的には、薬物が、押出さ
れたマトリックス材料と混合され、その後、混合物が錠剤化される。そのような
配合物は、例えば、配合物に含まれる治療的に活性な薬剤が、疎水性材料および
/または緩速剤材料を柔らかくするために必要とされる温度に対して敏感であり
得る場合には好都合であり得る。 【0192】 好適な実施態様の詳細な説明 下記の実施例は本発明の様々な局面を例示する。下記の実施例は、いずれにお
いても請求項を決して限定するように解釈されるものではない。 【0193】 実施例1 実施例1では、オピオイドアンタゴニスト(ナルトレキソンHCl)の実質的
な放出不可能な形が、このアンタゴニストを実質的に放出不可能にするコーティ
ング物をナルトレキソン粒子にコーティングすることによって調製される。 【0194】 配合: 【0195】成分 量/ユニット(mg) 負荷 ナルトレキソンHCl 5.0 球状糖(30/35メッシュ) 50.0 オパドライ・ホワイトY−5−7068 2.5 精製水 42.5*上塗り オパドライ・ホワイトY−5−7068 3.02* 精製水 17.11* 放出不可能コーティング物 (オピオイドアンタゴニストを 実質的に放出不可能にするために) オイドラギットRS30D(乾燥重量) 12.10 クエン酸トリエチル 2.42 タルク 4.84 精製水 49.21*上塗り オパドライ・ホワイトY−5−7068 4.12精製水 23.35* 合計 84.0* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0196】 方法: 1.溶液調製 ナルトレキソンHClを精製水に溶解する。溶解したら、オパド
ライ・ホワイトを加えて、均一な分散物が得られるまで混合を続ける。 2.負荷 流動床コーティング装置を使用して上記分散物を球状糖に塗布する。
3.上塗り オパドライ・ホワイトを精製水に分散させることによって上塗り溶
液を調製する。流動床コーティング装置を使用して、この分散物を、ナルトレキ
ソンHClが負荷された球状糖に塗布する。 4.緩速剤コーティング オイドラギットRS30D、クエン酸トリエチル、タ
ルクおよび精製水を混合することによって放出不可能コーティング物の溶液を調
製する。流動床コーティング装置を使用して、この分散物を、負荷および上塗り
された球状糖に塗布する。 5.上塗り オパドライ・ホワイトを精製水に分散させることによって別の上塗
り溶液を調製する。流動床コーティング装置を使用して、この分散物を、放出不
可能のコーティングされたナルトレキソン球状物に塗布する。 6.キュア処理 球状物を45℃で約48時間キュア処理する。 【0197】 実施例2 実施例2では、オピオイドアンタゴニスト(ナルトレキソンHCl)の実質的
な放出不可能な形がナルトレキソンHCl含有顆粒として調製される。この顆粒
は、このアンタゴニストを実質的に放出不可能にするマトリックスに分散された
ナルトレキソンHClから構成される。 【0198】 配合: 【0199】成分 量/ユニット(mg) ナルトレキソンHCl 5.0 リン酸二カルシウム 53.0 ポリ(DI−ラクチド−Co−グリコリド) 12.0 ポリマー(PLGA) MW〜100,000酢酸エチル 合計 70.0* PLGAポリマーを塗布するためのビヒクルとして使用される。 【0200】 方法: 1.溶液調製 混合によってPLGAを酢酸エチルに溶解する。 2.造粒 ナルトレキソンHClおよびリン酸二カルシウムを流動床コーティン
グ装置に入れ、上記溶液をスプレーすることによって造粒する。 【0201】 実施例3 実施例3では、オピオイドアンタゴニスト(ナルトレキソンHCl)の実質的
な放出不可能な形がナルトレキソンHClの押出成形ペレットとして調製される
。 【0202】 配合: 【0203】成分 量/ユニット(mg) ナルトレキソンHCl 5.0 オイドラギットRSPO 180.0ステアリルアルコール 55.0 合計 240.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを衝撃粉砕機に通す。 2.混合 ナルトレキソンHCl、オイドラギットおよび粉砕されたステアリル
アルコールをツインシェル混合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用してペレットに
切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 【0204】 実施例4 ナルトレキソンHClビーズを含む重酒石酸ヒドロコドン徐放性錠剤 【0205】成分 量/ユニット(mg) 重酒石酸ヒドロコドン 30.0 ステアリルアルコール 44.0 無水リン酸二カルシウム(粉末化) 62.0 微結晶セルロース 62.0 ベヘン酸グリセリル 20.0 ナルトレキソンHClビーズ(実施例1) 84.0 ステアリン酸マグネシウム 2.0 オドライ・レッド 10.0精製水 56.7 合計 314.0* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0206】 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを振動粉砕機に通す。 2.混合 重酒石酸ヒドロコドン、粉砕されたステアリルアルコール、無水リン
酸二カルシウム、微結晶セルロースおよびベヘン酸グリセリルをツインシェル混
合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られた高温物を
コンベア上に集める。 4.冷却 押出物をコンベア上で冷却する。 5.粉砕 冷却された押出物を、振動粉砕機を使用して粉砕する。 6.混合 粉砕された押出物、ナルトレキソンHClビーズ(実施例1から得ら
れるもの)およびステアリン酸マグネシウムを混合する。 7.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 8.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティン
グ溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0207】 実施例5 ナルトレキソンHCl造粒物を含む重酒石酸ヒドロコドン徐放性錠剤 【0208】成分 量/ユニット(mg) 重酒石酸ヒドロコドン 30.0 ステアリルアルコール 44.0 無水リン酸二カルシウム(粉末化) 62.0 微結晶セルロース 62.0 ベヘン酸グリセリル 20.0 ナルトレキソンHCl造粒物(実施例2)70.0 ステアリン酸マグネシウム 2.0 オパドライ・レッド 10.0精製水 56.7* 合計 300.0* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0209】 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを振動粉砕機に通す。 2.混合 重酒石酸ヒドロコドン、粉砕されたステアリルアルコール、無水リン
酸二カルシウム、微結晶セルロースおよびベヘン酸グリセリルをツインシェル混
合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られた高温物を
コンベア上に集める。 4.冷却 押出物をコンベア上で冷却する。 5.粉砕 冷却された押出物を、振動粉砕機を使用して粉砕する。 6.混合 粉砕された押出物、ナルトレキソンHCl造粒物(実施例2から得ら
れるもの)およびステアリン酸マグネシウムを混合する。 7.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 8.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティン
グ溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0210】 実施例6 ナルトレキソンHClビーズを含むオキシコドンHCl徐放性錠剤 【0211】成分 量/ユニット(mg) オキシコドンHCl 20.00 スプレー乾燥ラクトース 59.25 ポビドン 5.00 オイドラギットRS30D(乾燥重量) 10.00 トリアセチン 2.00 ステアリルアルコール 25.00 タルク 2.50 ステアリン酸マグネシウム 1.25 ナルトレキソンHClビーズ(実施例1) 84.00 オパドライ・ピンク 6.00精製水 34.00* 合計 215.00* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0212】 方法: 1.溶液調製 混合によってオイドラギットをトリアセチンで可塑化する。 2.造粒 オキシコドンHCl、スプレー乾燥ラクトースおよびポビドンを流動
床造粒機に入れ、上記溶液を加える。 3.粉砕 造粒物を回転式インペラーミルに通す。 4.乾燥 水分含有量が高すぎる場合には造粒物を乾燥する。 5.ろう引き ステアリルアルコールを融解し、融解したステアリルアルコール
を混合下で造粒物に加えることによって上記造粒物をろう引きする。 6.冷却 ろう引きされた造粒物を流動乾燥機で冷却する。 7.粉砕 冷却されたろう引き造粒物を回転式インペラーミルに通す。 8.混合 粉砕されたろう引き造粒物、タルク、ステアリン酸マグネシウムおよ
びナルトレキソンHClビーズ(実施例1から得られたもの)を混合する。 9.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 10.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティ
ング溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0213】 実施例7 ナルトレキソンHCl造粒物を含むオキシコドンHCl徐放性錠剤 【0214】成分 量/ユニット(mg) オキシコドンHCl 20.00 スプレー乾燥ラクトース 59.25 ポビドン 5.00 オイドラギットRS30D(乾燥重量) 10.00 トリアセチン 2.00 ステアリルアルコール 25.00 タルク 2.50 ステアリン酸マグネシウム 1.25 ナルトレキソンHCl造粒物(実施例2) 70.00 オパドライ・ピンク 6.00精製水 34.00* 合計 201.00* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0215】 方法: 1.溶液調製 混合によってオイドラギットをトリアセチンで可塑化する。 2.造粒 オキシコドンHCl、スプレー乾燥ラクトースおよびポビドンを流動
床造粒機に入れ、上記溶液を加える。 3.粉砕 造粒物を回転式インペラーミルに通す。 4.乾燥 水分含有量が高すぎる場合には造粒物を乾燥する。 5.ろう引き ステアリルアルコールを融解し、融解したステアリルアルコール
を混合下で造粒物に加えることによって上記造粒物をろう引きする。 6.冷却 ろう引きされた造粒物を流動乾燥機で冷却する。 7.粉砕 冷却されたろう引き造粒物を回転式インペラーミルに通す。 8.混合 粉砕されたろう引き造粒物、タルク、ステアリン酸マグネシウムおよ
びナルトレキソンHCl造粒物(実施例2から得られたもの)を混合する。 9.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 10.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティ
ング溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0216】 実施例8 ナルトレキソンHClの押出成形ペレットを含むヒドロモルホンHCl徐放性
錠剤 配合: 【0217】 成分 量/ユニット(mg) ヒドロモルホンHCl 12.0 オイドラギットRSPO 76.5 エチルセルロース 4.5 ステアリルアルコール 27.0 ナルトレキソンHClペレット 240.0 (実施例3) ハードゼラチンカプセル - 合計 360.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを衝撃粉砕機に通す。 2.混合 ヒドロモルホンHCl、オイドラギット、エチルセルロースおよび粉
砕されたステアリルアルコールをツインシェル混合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用してペレットに
切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 7.カプセル化 120mgの押出成形されたヒドロモルホンHClペレットお
よび240mgのナルトレキソンHClペレット(実施例3から得られたもの)
をハードゼラチンカプセルに詰める。 【0218】 実施例9 ナルトレキソンHClビーズを含む重酒石酸ヒドロコドン徐放性錠剤 【0219】成分 量/ユニット(mg) 重酒石酸ヒドロコドン 30.0 ステアリルアルコール 44.0 無水リン酸二カルシウム(粉末化) 62.0 微結晶セルロース 62.0 ベヘン酸グリセリル 20.0 ナルトレキソンHClビーズ 84.0 (実施例1) ステアリン酸マグネシウム 2.0 オパドライ・レッド 10.0精製水 56.7* 合計 314* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0220】 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを振動粉砕機に通す。 2.混合 重酒石酸ヒドロコドン、粉砕されたステアリルアルコール、無水リン
酸二カルシウム、微結晶セルロースおよびベヘン酸グリセリルをツインシェル混
合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られた高温物を
コンベア上に集める。 4.冷却 押出物をコンベア上で冷却する。 5.粉砕 冷却された押出物を、振動粉砕機を使用して粉砕する。 6.混合 粉砕された押出物、ナルトレキソンHClビーズ(実施例1から得ら
れるもの)およびステアリン酸マグネシウムを混合する。 7.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 8.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティン
グ溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0221】 実施例10 ナルトレキソンHCl造粒物を含む重酒石酸ヒドロコドン徐放性錠剤 【0222】成分 量/ユニット(mg) 重酒石酸ヒドロコドン 30.0 ステアリルアルコール 44.0 無水リン酸二カルシウム(粉末化) 62.0 微結晶セルロース 62.0 ベヘン酸グリセリル 20.0 ナルトレキソンHCl造粒物 70.0 (実施例2) ステアリン酸マグネシウム 2.0 オパドライ・レッド 10.0精製水 56.7* 合計 300.5* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0223】 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを振動粉砕機に通す。 2.混合 重酒石酸ヒドロコドン、粉砕されたステアリルアルコール、無水リン
酸二カルシウム、微結晶セルロースおよびベヘン酸グリセリルをツインシェル混
合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られた高温物を
コンベア上に集める。 4.冷却 押出物をコンベア上で冷却する。 5.粉砕 冷却された押出物を、振動粉砕機を使用して粉砕する。 6.混合 粉砕された押出物、ナルトレキソンHCl造粒物(実施例2から得ら
れるもの)およびステアリン酸マグネシウムを混合する。 7.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 8.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティン
グ溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0224】 実施例11 ナルトレキソンHClビーズを含むオキシコドンHCl徐放性錠剤 【0225】成分 量/ユニット(mg) オキシコドンHCl 20.00 スプレー乾燥ラクトース 58.75 ポビドン 5.00 オイドラギットRS30D(乾燥重量) 10.00 トリアセチン 2.00 ステアリルアルコール 25.00 タルク 2.50 ステアリン酸マグネシウム 1.25 ナルトレキソンHClビーズ(実施例1) 84.00 オパドライ・ピンク 6.00精製水 34.00* 合計 215.00* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0226】 方法: 1.溶液調製 混合によってオイドラギットをトリアセチンで可塑化する。 2.造粒 オキシコドンHCl、スプレー乾燥ラクトースおよびポビドンを流動
床造粒機に入れ、上記溶液を加える。 3.粉砕 造粒物を回転式インペラーミルに通す。 4.乾燥 水分含有量が高すぎる場合には造粒物を乾燥する。 5.ろう引き ステアリルアルコールを融解し、融解したステアリルアルコール
を混合下で造粒物に加えることによって上記造粒物をろう引きする。 6.冷却 ろう引きされた造粒物を流動乾燥機で冷却する。 7.粉砕 冷却されたろう引き造粒物を回転式インペラーミルに通す。 8.混合 粉砕されたろう引き造粒物、タルク、ステアリン酸マグネシウムおよ
びナルトレキソンHClビーズ(実施例1から得られたもの)を混合する。 9.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 10.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティ
ング溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0227】 実施例12 ナルトレキソンHCl造粒物を含むオキシコドンHCl徐放性錠剤 【0228】成分 量/ユニット(mg) オキシコドンHCl 20.00 スプレー乾燥ラクトース 58.75 ポビドン 5.00 オイドラギットRS30D(乾燥重量) 10.00 トリアセチン 2.00 ステアリルアルコール 25.00 タルク 2.50 ステアリン酸マグネシウム 1.25 ナルトレキソンHCl造粒物(実施例2) 70.00 オパドライ・ピンク 6.00精製水 34.00* 合計 201.00* 残留水分として生成物に残留するだけである。 【0229】 方法: 1.溶液調製 混合によってオイドラギットをトリアセチンで可塑化する。 2.造粒 オキシコドンHCl、スプレー乾燥ラクトースおよびポビドンを流動
床造粒機に入れ、上記溶液を加える。 3.粉砕 造粒物を回転式インペラーミルに通す。 4.乾燥 水分含有量が高すぎる場合には造粒物を乾燥する。 5.ろう引き ステアリルアルコールを融解し、融解したステアリルアルコール
を混合下で造粒物に加えることによって上記造粒物をろう引きする。 6.冷却 ろう引きされた造粒物を流動乾燥機で冷却する。 7.粉砕 冷却されたろう引き造粒物を回転式インペラーミルに通す。 8.混合 粉砕されたろう引き造粒物、タルク、ステアリン酸マグネシウムおよ
びナルトレキソンHCl造粒物(実施例2から得られたもの)を混合する。 9.圧縮成形 得られた造粒物を、錠剤プレス機を使用して圧縮成形する。 10.コーティング オパドライを精製水に分散することによって薄膜コーティ
ング溶液を調製し、これを錠剤コアに塗布する。 【0230】 実施例13 ナルトレキソンHClの押出成形ペレットを含むヒドロモルホンHCl徐放性
錠剤 配合: 【0231】成分 量/ユニット(mg) ヒドロモルホンHCl 12.0 オイドラギットRSPO 76.0 エチルセルロース 4.5 ステアリルアルコール 27.0 ナルトレキソンHClペレット 240.0 (実施例3)ハードゼラチンカプセル - 合計 360.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを衝撃粉砕機に通す。 2.混合 ヒドロモルホンHCl、オイドラギット、エチルセルロースおよび粉
砕されたステアリルアルコールをツインシェル混合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用してペレットに
切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 7.カプセル化 120.0mgの押出成形されたヒドロモルホンHClペレッ
トおよび240mgのナルトレキソンHClペレット(実施例3から得られたも
の)をハードゼラチンカプセルに詰める。 【0232】 実施例14 徐放性オキシコドン塩酸塩10mg錠−有機合成されたオキシコドン塩酸塩(
10mg/錠剤)およびスプレー乾燥ラクトース(71.25mg/錠剤)を適
切なサイズの混合機に移し、約6分間混合する。オイドラギット(登録商標)R
SPM粉末(6mg/錠剤)をエタノールに分散させる。粉末を混合しながら、
粉末を分散物とともに造粒し、湿った粒状物が形成されるまで混合を続ける。造
粒終了点に達するために必要ならば、エタノールをさらに加える。造粒物を流動
床乾燥機に移し、30℃で乾燥し、その後、12メッシュの篩いに通す。残りの
オイドラギット(登録商標)RSPM粉末(9mg/錠剤)を、90部のエタノ
ールおよび10部の精製水からなる溶媒に分散させて、流動床造粒機/乾燥機に
おいて30℃で顆粒にスプレーする。次に、顆粒を12メッシュに篩いに通す。
ステアリルアルコール(25mg/錠剤)を約60℃〜70℃で融解する。温か
い顆粒を混合機に戻す。混合しながら、融解したステアリルアルコールを加える
。コーティングされた顆粒を混合機から取り出し、冷却する。その後、12メッ
シュの篩いに通す。次に、顆粒を、ナロキソンを実質的に放出不可能にするコー
ティング物がコーティングされたナロキソン粒子(錠剤あたり約1mg〜5mg
)、および薬学的に望ましい錠剤化賦形剤(例えば、タルクおよびステアリン酸
マグネシウム)とを適切な混合機で混合して、錠剤に圧縮成形する。 【0233】 ナロキソン粒子は、直径が約0.5mmから2mmである。ナロキソンを実質
的に放出不可能にするコーティング物がコーティングされたナロキソン粒子は、
水に不溶性で、かつナロキソンに対して不透過性であるセルロースポリマーまた
はアクリルポリマーを含むコーティング組成物をナロキソン粒子にスプレーする
ことによって調製することができる。適切な粒子として、ナロキソンを含む顆粒
、ペレット、球状体またはビーズが挙げられる。粒子がビーズまたはペレットで
ある場合、それらは、ナロキソンを溶液に溶解し、それを不活性なペレットまた
はビーズにスプレーすることによって調製することができる。 【0234】 好ましくは、コーティング組成物はオイドラギット(登録商標)RSを含み、
オイドラギット(登録商標)RSは、水性懸濁物の形で、そして可塑剤(例えば
、アセチルトリエチルシトラートおよび/またはアセチルトリブチルシトラート
など)と組み合わせて使用することができる 好ましくは、コーティング組成物はオイドラギット(登録商標)RSを含み、
オイドラギット(登録商標)RSは、水性懸濁物の形で、そして可塑剤(例えば
、アセチルトリエチルシトラートおよび/またはアセチルトリブチルシトラート
など)と組み合わせて使用することができる 実施例15 疼痛を処置する方法 本発明による経口投与形は、疼痛を緩和させるために患者に投与することがで
きる。本発明による経口投与形は、経口的に効果的な量のオピオイドアゴニスト
と、実質的に放出不可能にされているオピオイドアンタゴニストとを含むことが
できる。 【0235】 経口投与形が経口投与され、疼痛治療が必要な患者の胃腸管に送達されたとき
、オピオイドアゴニストが通常の消化中の経口投与形から放出され、これにより
痛覚消失が患者にもたらされる。しかし、オピオイドアンタゴニストは、実質的
に放出不可能にされているので、オピオイドアンタゴニストが胃腸系を移動して
いるときには実質的に放出されない。好ましくは、アンタゴニストの実質的な放
出不可能な形は、遅れた結腸移動または無塩酸症状態を管理するために使用され
る緩下薬(ミネラルオイル)に対して耐性である。(例えば、機械的な攪拌、加
熱または溶媒への溶解によって)アンタゴニストに変化を及ぼすことなく、指示
されたように経口投与形を服用する患者は、オピオイドアゴニストの鎮痛有効性
がアンタゴニストによって低下または消失するように、オピオイドアンタゴニス
トが配合物の投与中の任意の時間に十分な量で吸収される。すなわち、(そのま
ま経口投与されたときに)投与形から放出され、そして胃腸管から吸収され、患
者の体内に蓄積するオピオイドアンタゴニストの量は、投与形に含まれるオピオ
イドアゴニストの用量の鎮痛効力に対する著しい影響または変化を生じさせるレ
ベルにまで上昇しない。 【0236】 実施例16 オピオイドアゴニストの乱用を防止する方法 本発明による経口投与形は、それに含有されるオピオイドアゴニストの潜在的
な乱用を防止するために使用することができる。本発明による経口投与形は、オ
ピオイドアンタゴニストとともにオピオイドアゴニストを含む。オピオイドアン
タゴニストは、消化中は実質的に放出不可能である形で存在する。したがって、
経口投与形が、変化を受けることなく、意図されたように経口的に胃腸管に送達
された場合、アンタゴニストは、胃腸系に放出されることが実質的に妨げられる
。しかし、経口投与形が、例えば、機械的な攪拌(例えば、破砕、剪断、摩砕)
、熱(例えば、45℃を越える温度、好ましくは45℃および50℃の間の温度
)、または(加熱しながら、または加熱することなく)溶媒への投与形の溶解に
よって変化を受けた場合、投与形はオピオイドアンタゴニストによって汚染され
、このオピオイドアンタゴニストが、オピオイドの効果を弱めるように利用され
る。したがって、投与形がかみ砕かれ、破砕され、加熱され、または溶媒に溶解
され、その後、経口的、鼻腔内、非経口的または舌下に投与された場合、オピオ
イドアゴニストの効果は、少なくとも一部がオピオイドアンタゴニストによって
阻止される。 【0237】 実施例17 このヒトでの研究では、12名のモルヒネ依存者を、0.25mgから8mg
の範囲にある用量のナルトレキソンと同時にヒドロコドン即時放出錠剤を投与し
た後に生じる薬物使用中止について評価した。実験法は、ナルトレキソンの用量
を上昇させながらの単純盲検一用量のプラセボ対照試験であった。研究薬剤を投
与した後、乱用傾向および薬物使用中止の主観的および生理学的な測定を、ナル
トレキソン用量の32倍の範囲にわたって行った。データは、1mgのナルトレ
キソン用量において、オピオイド依存者は、プラセボとの組合せに対してアゴニ
ストとのつながりをほとんど示さず、そして50%の最大禁断症状スコアをもた
らす血漿中濃度を達成したことを示唆している。 【0238】 実施例18 本実施例は、12名のメタドン依存者において即時放出ナルトレキソンにより
誘導される薬物使用中止の閾値を調べる、ランダム化された二重盲検プラセボ対
照試験であった。この研究は現在進行中であるが、中間分析では、0.5mgの
ナルトレキソンがこの集団における薬物使用中止の徴候および症状を誘発できた
ことを示している。これの研究により、オピオイド依存者において禁断症状を誘
発させるために必要とされるナルトレキソンの用量は0.25mgおよび1mg
の間にあることが示唆される。 【0239】 実施例19 本実施例は、16名の正常患者における15mgのヒドロコドンの主観的およ
び生理学的な効果についてナルトレキソンの影響を調べる、ランダム化された単
純盲検一用量プラセボ対照の10ウエイ試験である。ナルトレキソンの用量は0
.4mgから12.8mgの範囲であった。この研究において、0.4mgのナ
ルトレキソンは、瞳孔縮小を含む、ヒドロコドンの中枢神経的に媒介されるオピ
オイドの作用のいくつかを中和することができた。このデータに基づいて、0.
25mg未満のナルトレキソンの実質的にさらに少ない用量は、同時に投与され
たアゴニストの拮抗作用を少しだけ示す。このことは、0.25mgが投与され
ている実施例17における被験者では薬物使用中止の徴候が認められないことよ
って裏付けられる。 【0240】 実施例17、18および19に関する臨床データにより、0.125mgのナ
ルトレキソンの生物利用可能な即時放出量(または徐放性投与形からの等価な即
時放出)は痛覚消失に何ら著しい程度にまで影響を及ぼさず、一方、生物利用性
薬物のより大きな即時放出(0.25mg以上)は何らかの大きな影響を及ぼす
ことが示唆される。これらの臨床データは、オピオイドマトリックスへのナルト
レキソンの負荷が、本実施例の場合には1:15から1:30のナルトレキソン
(mg)/ヒドロコドン(mg)の比率であること、そして変化型(tampe
red)/無傷型の放出比が少なくとも4:1であり、好ましくはそれよりも大
きいことを示している。あるいは、0.25mg未満のナルトレキソンが無傷な
投与形から放出され、そして0.25mg以上のナルトレキソンが破砕した投与
形から放出されていることが明らかにされ得る。 【0241】 実施例20 ナルトレキソンHClビーズ 配合: 【0242】 成分 量/ユニット(mg) 工程1. 薬物成層 ナルトレキソンHCl 0.6 ノンパレイユビーズ 61.4 (30/35メッシュ) オパドライ・クリア 0.6 (ヒドロキシプロピルメチル セルロース) 工程2. アニオン性 オイドラギットL30D(乾燥) 6.3 ポリマー層 クエン酸トリブチル 1.6 タルク 3.1 水(処理後に蒸発する) 工程3. 持続放出層 オイドラギットRS30D(乾燥) 17.9 クエン酸トリブチル 4.5 タルク 8.8 水(処理後に蒸発する) 工程4. シール層 オパドライ・クリア 3.2 (ヒドロキシプロピルメチル セルロース) 水(処理後に蒸発する) 合計(乾燥基準) 108 ビーズ製造手順 1.ナルトレキソンHClおよびオパドライ・クリアを水に溶解する。Wurs
ter不活性を用いて流動床コーターにおいてこの薬物溶液をノンパレイユビー
ズにスプレーする。 2.オイドラギットL30D、クエン酸トリブチルおよびタルクを水に分散する
。流動床コーターにおいてこの分散物を薬物負荷ビーズにスプレーする。 3.オイドラギットRS30D、クエン酸トリブチルおよびタルクを水に分散す
る。流動床コーターにおいてこの分散物をビーズにスプレーする。 4.オパドライ・クリアを水に溶解する。流動床コーターにおいてこの溶液をビ
ーズにスプレーする。 5.ビーズを60℃で24時間キュア処理する。 【0243】 製造方法 1.装置−米国薬局方タイプII(パドル)、37℃で75rpm 2.サンプリング時間:1、2、4、8、12、24、36 3.媒体:1時間のSGF/その後SIF 分析方法:高速液体クロマトグラフィー 結果および考察: ビーズ(108mg)は下記の溶解結果を有することが見出された: 【0244】時間(時間) 1 2 4 12 24 36 溶解した平均% nd nd nd nd 6.0 10.0 nd=検出されず これらの溶解結果は、ナルトレキソンHClのわずかに約10%のナルトレキ
ソンHCl(0.06mg)のみが溶解浴において36時間後に放出されたこと
を示している。これらのビーズは、壊れずに経口摂取された場合には生物利用性
ではない。 【0245】 ナルトレキソンHClは非常に水溶性である。ナルトレキソンHClは、水性
薄膜コーティング処理(工程3)のときに持続放出性薄膜を通って移動しやすい
。移動がこのコーティング工程のときに生じる場合、薄膜は溶解時に多孔性にな
り、薬物放出速度が比較的速くなる。アニオン性コーティング物(工程2)は、
プロトン化したナルトレキソンHCl塩との水不溶性複合体層を形成し、薬物が
次の持続放出性コーティング物を通って移動することを防止する。 【0246】 壊れたビーズの溶解 シミュレートされた変化過程 約108mgのナルトレキソンビーズを乳鉢および乳棒で粉砕して、溶解研究
用の粉末にした。 【0247】 製造方法−上記と同じ 結果および考察: 壊れたビーズ(108mg)は下記の溶解結果を有することが見出された: 【0248】時間(時間) 0.25 0.5 1 溶解した平均% 91 100 104 したがって、1時間において、無傷のビーズからは検出可能なNTXが放出さ
れていないが、破砕されたときには、NTXのすべて、すなわち、0.6mgが
放出されていることを認めることができる。これは、図1にグラフで示されてい
る。したがって、1時間における破砕型/無傷型の比率は100:0であり、こ
れは、実施例17、18および19から結論されているように、>4:1の基準
よりも大きい。 【0249】 実施例21 ナルトレキソンビーズを含むオキシコドンIRカプセル 配合: 【0250】 成分 量/ユニット*(mg) 工程1. 薬物成層 オキシコドンHCl 5.0 ノンパレイユビーズ 1.25 (30/35メッシュ) ヒドロキシプロピルメチル 54.35 セルロース (HPMC) 水(処理後に蒸発する) 工程2. 薄膜層 オパドライ・バタースコッチ 1.9 水(処理後に蒸発する) 工程3. カプセル化 オキシIRビーズ(工程2) 62.5 ナルトレキソンビーズ(実施例20)* 108 * オキシIRビーズを隠すために、ナルトレキソンビーズは、実施例20の工程
4におけるシール層としてオパドライ・バタースコッチを使用する必要がある。 【0251】 製造手順 1.オキシコドンHClおよびHPMCを水に溶解する。Wurster不活性
を用いて流動床コーターにおいてこの薬物溶液をノンパレイユビーズにスプレー
する。 2.着色されたオパドライを水に溶解する。流動床コーターにおいて薬物負荷ビ
ーズを薄膜コーティングする。 3.等量のオキシIRビーズおよびナルトレキソンビーズを混合する。ハードゼ
ラチンカプセルで包む。 【0252】 実施例22 ナルトレキソンビーズを含む硫酸モルヒネ徐放性カプセル 配合: 【0253】 成分 量/ユニット*(mg) 工程1. 薬物成層 硫酸モルヒネ 60.0 ラクトース粉 12.0 オイドラギットRS30D 2.0 ポビドン 3.5 ヌパレイルPG30/35 16.8 オパドライ・ブルー 4.9 工程2. 徐放性層 MSIRビーズ(工程1) 99.2 オイドラギットRS30D 4.712 オイドラギットRL30D 0.248 クエン酸トリエチル 0.992 タルク 1.884 オパドライ・ブルー 5.639 工程3. カプセル化 MSCRビーズ(上記) 212 ナルトレキソンビーズ 108 (実施例20)* * MSCRビーズを隠すために、ナルトレキソンビーズは、実施例22の工程4
におけるシール層としてオパドライ・ブルーを使用する必要がある。 【0254】 製造手順 1.ポビドンおよびオイドラギットRS30Dを水に溶解する。硫酸モルヒネお
よびラクトースを混合する。 2.ビーズをローター処理機に入れる。薬物粉末混合物および結合剤溶液をビー
ズにスプレーする。 3.ローター処理機において上記ビーズを薄膜コーティングする。 4.オイドラギットRS30D、RL30D、クエン酸トリエチル、タルクおよ
びクエン酸トリエチルを水に分散する。Wurster不活性を用いて流動床コ
ーターにおいて上記ビーズをコーティングする。 5.ビーズ(MSCRビーズ)をキュア処理する。 6.等量のMSCRビーズおよびナルトレキソンビーズを混合する。ハードゼラ
チンカプセルで包む。 【0255】 実施例23 ナルトレキソンHClの押出成形ペレット 配合: 【0256】成分 量/ユニット(mg) ナルトレキソンHCl 2.0 オイドラギットRSPO 88.0 ステアリルアルコール 15.0 ステアリン酸 15.0 ブチル化ヒドロキシトルエン 1.0(BHT) 合計 121.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを粉砕機に通す。 2.混合 ナルトレキソンHCl、オイドラギット、粉砕されたステアリルアル
コール、ステアリン酸およびBHTをツインシェル混合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用して1mmのペ
レットに切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 【0257】 製造方法 1.装置−米国薬局方タイプII(パドル)、37℃で75rpm 2.サンプリング時間:1、2、4、8、12、24、36 3.媒体:1時間のSGF/その後SIF 4.分析方法:高速液体クロマトグラフィー 結果: 【0258】時間(時間) 1 2 4 8 12 24 36 溶解した平均% 1.3 2.6 2.9 3.6 4.0 5.2 6.2 シミュレートされた変化過程 ナルトレキソンペレットを乳鉢および乳棒で粉砕して、溶解研究用の粉末にし
た。 【0259】 製造方法:上記と同じ 結果: 【0260】時間(時間) 1 溶解した平均% 33.5 したがって、無傷のペレットの放出は、1時間で0.026mgであり、破砕
されたときには1時間で0.67mgである。破砕型対無傷型のこの比率もまた
4:1よりも大きい。これは、図2にグラフで示されている。 【0261】 実施例24 ナルトレキソンHClの押出成形ペレット 配合: 【0262】成分 量/ユニット(mg) ナルトレキソンHCl 2.0 オイドラギットRSPO 96.0 ステアリルアルコール 22.0 二塩基性リン酸カルシウム 6.0 ブチル化ヒドロキシトルエン 1.0(BHT) 合計 127.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを粉砕機に通す。 2.混合 ナルトレキソンHCl、オイドラギット、粉砕されたステアリルアル
コール、二塩基性リン酸カルシウムおよびBHTをツインシェル混合機で混合す
る。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用してペレットに
切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 【0263】 製造方法 4.装置−米国薬局方タイプII(パドル)、37℃で75rpm 5.サンプリング時間:1、2、4、8、12、24、36 6.媒体:1時間のSGF/その後SIF 7.分析方法:高速液体クロマトグラフィー 結果: 【0264】時間(時間) 1 2 4 8 12 24 36 溶解した平均% 3.1 5.9 8.9 12.2 14.7 19.9 24.6 シミュレートされた変化過程 ナルトレキソンペレットを乳鉢および乳棒で粉砕して、溶解研究用の粉末にし
た。 【0265】 製造方法:上記と同じ 結果: 【0266】時間(時間) 1 溶解した平均% 36.4 したがって、無傷のペレットの放出は、1時間で0.062mgであり、破砕
されたときには1時間で0.728mgである。破砕型対無傷型のこの比率もま
た4:1よりも大きい。これは、図24にグラフで示されている。 【0267】 実施例25 ナルトレキソンHClの押出成形ペレットを含む考えられるヒドロモルホンH
Cl CRカプセル 配合: 【0268】成分 量/ユニット(mg) ヒドロモルホンHCl 12.0 オイドラギットRSPO 76.5 エチルセルロース 4.5 ステアリルアルコール 27.0 ナルトレキソンHClペレット 121.0 (実施例23)ハードゼラチンカプセル - 合計 241.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを衝撃粉砕機に通す。 2.混合 ヒドロモルホンHCl、オイドラギット、エチルセルロースおよび粉
砕されたステアリルアルコールをツインシェル混合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用してペレットに
切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 7.カプセル化 120mgの押出成形されたヒドロモルホンHClペレットお
よび121mgのナルトレキソンペレット(実施例23から得られたもの)をハ
ードゼラチンカプセルに詰める。 【0269】 実施例26 ナルトレキソンHClの押出成形ペレットを有する考えられるヒドロモルホン
HCl CRカプセル 配合: 【0270】成分 量/ユニット(mg) ヒドロモルホンHCl 12.0 オイドラギットRSPO 76.5 エチルセルロース 4.5 ステアリルアルコール 27.0 ナルトレキソンHClペレット 127.0 (実施例24)ハードゼラチンカプセル - 合計 247.0 方法: 1.粉砕 ステアリルアルコールのフレークを衝撃粉砕機に通す。 2.混合 ヒドロモルホンHCl、オイドラギット、エチルセルロースおよび粉
砕されたステアリルアルコールをツインシェル混合機で混合する。 3.押出 混合物を二軸スクリュー押出機に連続的に供給し、得られたストラン
ドをコンベア上に集める。 4.冷却 ストランドをコンベア上で冷却する。 5.ペレット化 冷却されたストランドを、ペレタイザーを使用してペレットに
切断する。 6.選別 ペレットを選別して、所望する篩い部分を集める。 7.カプセル化 120mgの押出成形されたヒドロモルホンHClペレットお
よび127mgのナルトレキソンペレット(実施例24から得られたもの)をハ
ードゼラチンカプセルに詰める。 【0271】 実施例27A ナルトレキソンCRビーズ ナルトレキソン徐放性ビーズが開発されており、これはオピオイド徐放性造粒
物に配合することができ、その後、混合物は錠剤に圧縮成形される。オキシコド
ンHClの徐放性造粒物が、一例としてナルトレキソンビーズとともに使用され
る。 【0272】 配合27A 【0273】 成分 量/ユニット*(mg) 工程1. 薬物成層 ナルトレキソンHCl 3.3 ノンパレイユビーズ 95.0 (14/18メッシュ) プラスドンC30 1.5 タルク 0.2 工程2. シール層 オパドライ・クリア 5.0 (ヒドロキシプロピルメチル セルロース) 工程3. 持続放出層 オイドラギットRS30D 17.63 (乾燥) クエン酸トリブチル 3.53 ツイーン80 0.04 タルク 8.81 工程4. シール層 オパドライ・クリア 5.0 (ヒドロキシプロピルメチル セルロース) 合計 140 ビーズ製造手順 1.ナルトレキソンHClおよびHPMCを水に溶解する。Wurster不活
性を用いて流動床コーターにおいてこの薬物溶液をノンパレイユビーズにスプレ
ーする。 2.オイドラギットL、クエン酸トリブチルおよびタルクを水に分散する。流動
床コーターにおいてこの分散物を薬物負荷ビーズにスプレーする。 3.オイドラギットRS、クエン酸トリブチルおよびタルクを水に分散する。流
動床コーターにおいてこの分散物をビーズにスプレーする。 4.HPMCを水に溶解する。流動床コーターにおいてこの溶液をビーズにスプ
レーする。 5.ビーズを60℃で24時間キュア処理する。 【0274】 製造方法 1.装置−米国薬局方タイプII(パドル)、37℃で75rpm 2.サンプリング時間:1、2、4、8、12、24、36 3.媒体:1時間のSGF/その後SIF 4.分析方法:高速液体クロマトグラフィー 結果および考察: 無傷のビーズからのナルトレキソンの溶解 【0275】時間(時間) 1 4 8 12 24 36 溶解した平均% 2 2 4 5 6 33 破砕ビーズからのナルトレキソンの溶解 【0276】時間(時間) 1 溶解した平均% 100 配合27B オキシ/NX CR錠剤 【0277】 成分 量/ユニット*(mg) 工程1. 造粒 オキシコドンHCl 10.0 スプレー乾燥ラクトース 69.25 ポビドン 5.0 オイドラギットRS30D 10.0 (乾燥) トリアセチン 2.0 ステアリルアルコール 25.0 タルク 2.5 マグネシウム 1.25 工程2. 混合錠剤 オキシコンチン造粒物 125 (上記) ナルトレキソンCRビーズ 140 (配合27A) 製造手順(オキシ/NX CR錠剤) 1.流動床造粒機を使用して、オイドラギット/トリアセチン分散物をオキシコ
ドンHCl、スプレー乾燥ラクトースおよびポビドンにスプレーする。 2.造粒物を取り出して、粉砕機に通す。 3.ステアリルアルコールを融解し、粉砕された造粒物に、粉砕機を使用して加
える。冷却する。 4.冷却された造粒物を粉砕機に通す。 5.混合機を使用して、造粒物をタルクおよびステアリン酸マグネシウムで滑沢
化する。 6.ナルトレキソンビーズを上記造粒物と混合し、錠剤に圧縮成形する。 【0278】 製造方法 1.装置−米国薬局方タイプII(パドル)、37℃で75rpm 2.サンプリング時間:1、2、4、8、12、24、36 3.媒体:900mlのpH6.5のリン酸塩緩衝液 4.分析方法:高速液体クロマトグラフィー オキシ/NX CR錠剤は下記の溶解結果を有することが見出された: 無傷の錠剤からのナルトレキソンの溶解 【0279】時間(時間) 1 4 8 12 24 36 溶解した平均% 1 3 9 15 25 36 破砕錠剤からのナルトレキソンの溶解 【0280】時間(時間) 1 溶解した平均% 95 【図面の簡単な説明】 【図1】 図1は、実施例20の結果のグラフ表示である。 【図2】 図2は、実施例23の結果のグラフ表示である。 【図3】 図3は、実施例24の結果のグラフ表示である。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl.7 識別記号 FI テーマコート゛(参考) A61K 31/485 A61K 31/485 47/02 47/02 47/14 47/14 47/26 47/26 47/32 47/32 47/38 47/38 A61P 25/04 A61P 25/04 39/00 39/00 43/00 121 43/00 121 (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE,TR),OA(BF ,BJ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW, ML,MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,G M,KE,LS,MW,MZ,SD,SL,SZ,TZ ,UG,ZW),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ, MD,RU,TJ,TM),AE,AG,AL,AM, AT,AU,AZ,BA,BB,BG,BR,BY,B Z,CA,CH,CN,CR,CU,CZ,DE,DK ,DM,DZ,EE,ES,FI,GB,GD,GE, GH,GM,HR,HU,ID,IL,IN,IS,J P,KE,KG,KP,KR,KZ,LC,LK,LR ,LS,LT,LU,LV,MA,MD,MG,MK, MN,MW,MX,MZ,NO,NZ,PL,PT,R O,RU,SD,SE,SG,SI,SK,SL,TJ ,TM,TR,TT,TZ,UA,UG,US,UZ, VN,YU,ZA,ZW Fターム(参考) 4C076 AA38 AA41 AA45 AA67 AA94 AA95 BB01 BB05 CC01 DD27 DD47 DD67 EE09 EE10 EE11 EE12 EE13 EE31 EE32 EE33 FF05 FF06 FF25 FF27 FF31 FF67 FF68 GG12 GG14 4C084 AA20 MA02 MA05 NA06 NA12 NA13 ZA081 ZA082 ZC012 ZC752 4C086 AA01 AA02 BC21 CB23 MA02 MA03 MA04 MA05 NA06 NA12 NA13 ZA08 ZC01 ZC75 4C206 AA01 AA02 FA10 MA02 MA03 MA04 MA05 NA06 NA12 NA13 ZA08 ZC01 ZC75

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび(ii)
    投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オピオイドアンタゴ
    ニストを含む経口投与形であって、よって、外圧後の該投与形から放出されたア
    ンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの量の比
    は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液90
    0ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:1また
    はそれ以上であり、ここでの該アゴニストおよびアンタゴニストは、相互分散し
    、互いに2つの異なる層に単離しない、前記経口投与形。 【請求項2】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび(ii)
    投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オピオイドアンタゴ
    ニストを含む経口投与形であって、よって、外圧後の該投与形から放出されたア
    ンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの量の比
    は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液90
    0ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:1また
    はそれ以上であり、ここでの該アゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を
    防ぐ隔離材料で個々にコーティングされた多粒子形である、前記経口投与形。 【請求項3】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび(ii)
    投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オピオイドアンタゴ
    ニストを含む経口投与形であって、よって、外圧後の該投与形から放出されたア
    ンタゴニストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの量の比
    は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液90
    0ml中への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:1また
    はそれ以上であり、ここでの該アンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放
    出を防ぐ隔離材料を含むマトリックスに分散している、前記経口投与形。 【請求項4】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニストおよび(ii)
    投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オピオイドアンタゴ
    ニストを含む経口投与形であって、よって、該無傷投与形に含まれるアンタゴニ
    ストの量と、無傷な該投与形から放出された該アンタゴニストの量の比は、37
    ℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液900ml中
    への該投与形のインビトロでの1時間後の溶解に基づき、約4:1またはそれ以
    上であり、ここでの該アゴニストおよびアンタゴニストは、相互分散し、互いに
    2つの異なる層に単離しない、前記経口投与形。 【請求項5】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニスト;および(ii
    )投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離オピオイドアンタ
    ゴニストを含む経口投与形であって、よって、1時間後に該無傷投与形から放出
    されたアンタゴニストの量は、0.25mgナルトレキソンに生物学的同等な量
    より少なく、外圧後に該投与形から1時間後に放出された該アンタゴニストの量
    は、0.25mgナルトレキソンに生物学的同等な量またはそれ以上であり、該
    放出は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル)装置を使用して模擬胃液
    900ml中への該投与形の1時間後の溶解に基づき、該アゴニストおよびアン
    タゴニストは相互分散し、互いに2つの異なる層に単離しない、前記経口投与形
    。 【請求項6】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニスト;および(ii
    )投与形を無傷で投与した場合には実質的に放出されない隔離ナルトレキソンま
    たは医薬的に許容可能なその塩を含む経口投与形であって、よって、1時間後に
    該無傷投与形から放出されたナルトレキソンの量は0.25mg未満であり、外
    圧後に該投与形から1時間後に放出された該ナルトレキソンの量は0.25mg
    またはそれ以上であり、該放出は、37℃で75rpmでUSPII型(パドル
    )装置を使用して模擬胃液900ml中への該投与形の1時間後の溶解に基づき
    、該アゴニストおよびナルトレキソンは、相互分散し、互いに2つの異なる層に
    単離しない、前記経口投与形。 【請求項7】 (i)治療に有効なオピオイドアゴニスト;および(ii)
    隔離オピオイドアンタゴニストを含む経口投与形であって、経口投与1時間後に
    、該投与形が、該アンタゴニストの25%以下を放出し、該投与形は鎮痛を与え
    、放出された該アンタゴニストは鎮痛効力に影響を及ぼさず、該アゴニストおよ
    びアンタゴニストは相互分散し、互いに2つの異なる層に単離しない、前記経口
    投与形。 【請求項8】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニスト;および(ii
    )実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含む経口投与形であっ
    て、該アンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を防ぐ材料で個々にコ
    ーティングされた多粒子形である、前記経口投与形。 【請求項9】 (i)放出可能な形のオピオイドアゴニスト;および(ii
    )実質的に放出不可能な形のオピオイドアンタゴニストを含む経口投与形であっ
    て、該アンタゴニストは、実質的にアンタゴニストの放出を防ぐ材料を含むマト
    リックスで分散している、前記経口投与形。 【請求項10】 前記の比は、10:1またはそれ以上である、請求項1か
    ら4記載の経口投与形。 【請求項11】 前記の比は、50:1またはそれ以上である、請求項1か
    ら4記載の経口投与形。 【請求項12】 前記の比は、100:1またはそれ以上である、請求項1
    から4記載の経口投与形。 【請求項13】 前記の無傷投与形は、1時間で少なくとも0.025mg
    のナルトレキソンを放出する、請求項6記載の経口投与形。 【請求項14】 前記の無傷投与形は、1時間で、少なくとも0.025m
    gのナルトレキソンに生物学的に同等な量のアンタゴニストを提供する、請求項
    1から5および7から9記載の経口投与形。 【請求項15】 前記の外圧を負荷した投与形から1時間後に放出されたア
    ンタゴニストの量は、0.5mgのナルトレキソンに生物学的に同等な量または
    それ以上である、請求項5記載の経口投与形。 【請求項16】 前記の無傷投与形から1時間後に放出されたアンタゴニス
    トの量は、0.125mgのナルトレキソンに生物学的に同等な量またはそれ以
    下である、請求項5および15記載の経口投与形。 【請求項17】 前記の外圧を負荷した投与形から1時間後に放出されたア
    ンタゴニストの量は、0.5mgのナルトレキソンまたはそれ以上である、請求
    項6記載の経口投与形。 【請求項18】 前記の無傷投与形から1時間後に放出されたアンタゴニス
    トの量は、0.125mgのナルトレキソンまたはそれ以下である、請求項6お
    よび17記載の経口投与形。 【請求項19】 オピオイドアゴニストは、モルヒネ、ヒドロモルヒネ、ヒ
    ドロコドン、オキシコドン、コデイン、レボルファノール、メペリジン、メサド
    ン、オキシモルフォン、ブプレノルフィン、フェンタニル、およびその誘導体、
    ジピパノン、ヘロイン、トラマドール、エトルフィン、ジヒドロエトルフィン、
    ブトルファノール、レボルファノール、その医薬的に許容される塩およびその混
    合物からなる群から選択する、請求項1から9記載の経口投与形。 【請求項20】 オピオイドアゴニストは、オキシコドン、ヒドロコドンお
    よび医薬的に許容されるその塩からなる群から選択する、請求項19記載の経口
    投与形。 【請求項21】 オピオイドアンタゴニストは、ナルトレキソン、ナロキソ
    ン、ナルメフェン、シクラゾシン、レバロルファン、医薬的に許容されるその塩
    およびその混合物からなる群から選択する、請求項1から5および7から9記載
    の経口投与形。 【請求項22】 オピオイドアンタゴニストは、ナルトレキソン、ナロキソ
    ン、ナルメフェン、医薬的に許容されるその塩およびその混合物からなる群から
    選択する、請求項21記載の経口投与形。 【請求項23】 オピオイドアンタゴニストは、ナルトレキソンまたは医薬
    的に許容されるその塩を含む、請求項22記載の経口投与形。 【請求項24】 材料は、胃腸管で不溶性であり、コーティング内に含まれ
    るオピオイドアンタゴニストに非浸透性である、セルロースポリマーまたはアク
    リル酸ポリマーを含む、請求項2および8記載の経口投与形。 【請求項25】 セルロースポリマーは、エチルセルロース、セルロースア
    セテート、セルロースプロピオネート、セルロースアセテートプロピオネート、
    セルロースアセテートブチレート、セルロースアセテートフタレート、およびそ
    の混合物からなる群から選択する、請求項24記載の経口投与形。 【請求項26】 アクリル酸ポリマーは、アクリル酸とメタクリル酸のコポ
    リマー、メチルメタクリレートコポリマー、エトキシエチルメタクリレート、シ
    アノエチルメタクリレート、ポリ(アクリル酸)、ポリ(メタクリル酸)、メタ
    クリル酸アルキルアミドコポリマー、ポリ(メチルメタクリレート)、ポリメタ
    クリレート、ポリ(メチルメタクリレート)コポリマー、ポリアクリルアミド、
    アミノアルキルメタクリレートコポリマー、ポリ(メタクリル酸無水物)、およ
    びグリシジルメタクリレートコポリマーからなる群から選択する、請求項24記
    載の経口投与形。 【請求項27】 投与形は、オピオイドアゴニストの持続放出を与える、請
    求項1から9記載の経口投与形。 【請求項28】 投与形は、持続放出錠剤または持続放出カプセル剤である
    、請求項27記載の経口投与形。 【請求項29】 前記の多粒子は、該アンタゴニストでコーティングし、該
    材料で上塗りした不活性ビーズ形である、請求項2および8記載の経口投与形。 【請求項30】 前記の多粒子は、該アンタゴニストおよび該材料を含む顆
    粒形である、請求項2および8記載の経口投与形。 【請求項31】 前記の多粒子は、該オピオイドアゴニストを含むマトリッ
    クスで分散している、請求項2および8記載の経口投与形。 【請求項32】 前記の多粒子は、該オピオイドアゴニストと共にカプセル
    に含まれている、請求項2および8記載の経口投与形。 【請求項33】 前記のマトリックスは、ペレット形である、請求項3およ
    び9記載の経口投与形。 【請求項34】 前記のペレットは、該オピオイドアゴニストを含むマトリ
    ックスで分散している、請求項33記載の経口投与形。 【請求項35】 前記のペレットは、該オピオイドアゴニストと共にカプセ
    ルに含まれている、請求項33記載の経口投与形。 【請求項36】 前記の外圧は圧搾による、請求項1から9記載の経口投与
    形。 【請求項37】 前記の外圧は、該アゴニストが即時に放出されるような様
    式である、請求項27記載の経口投与形。 【請求項38】 前記の外圧は、アゴニストを、不適切な使用に利用可能と
    するためのものである、請求項1から9記載の経口投与形。 【請求項39】 前記のアンタゴニストは、アゴニストにより提供される鎮
    痛に有意に影響を及ぼさない、請求項1から9記載の経口投与形。 【請求項40】 該オピオイドアゴニストを請求項1から9記載の投与形に
    取込むことを含む、経口投与形のオピオイドアゴニストの乱用を減少させる方法
    。 【請求項41】 (a)オピオイドアゴニスト:および(b)実質的に放出
    不可能な形のナルトレキソンを含む投与形であって、該アゴニストおよびナルト
    レキソンは少なくとも部分的に相互分散している、前記投与形。 【請求項42】 オピオイドアゴニストは、オキシコドン、コデイン、ヒド
    ロコドン、ヒドロモルホン、レボルファノール、メペリジン、メサドン、モルヒ
    ネ、その塩またはその混合物である、請求項41記載の投与形。 【請求項43】 オピオイドアゴニストは塩酸オキシコドンである、請求項
    42記載の投与形。 【請求項44】 オピオイドアゴニストは酒石酸水素ヒドロコドンである、
    請求項42記載の投与形。 【請求項45】 オピオイドアゴニストは塩酸ヒドロモルホンである、請求
    項42記載の投与形。 【請求項46】 ナルトレキソンの少なくとも一部はマトリックス中にある
    、請求項41記載の投与形。 【請求項47】 ナルトレキソンの少なくとも一部は、コーティングされた
    ビーズ中にある、請求項41記載の投与形。 【請求項48】 実質的に放出不可能な形のナルトレキソンは、36時間後
    にインビボで15重量%未満のナルトレキソンを放出するように適合している、
    請求項41記載の投与形。 【請求項49】 実質的に放出不可能な形のナルトレキソンは、36時間後
    にインビボで8重量%未満のナルトレキソンを放出するように適合している、請
    求項48記載の投与形。 【請求項50】 実質的に放出不可能な形のナルトレキソンは、36時間後
    にインビボで1重量%未満のナルトレキソンを放出するように適合している、請
    求項49記載の投与形。 【請求項51】 実質的に放出不可能な形のナルトレキソンは、1時間後に
    インビボで3重量%未満のナルトレキソンを放出するように適合している、請求
    項41記載の投与形。 【請求項52】 実質的に放出不可能な形のナルトレキソンは、1時間後に
    インビボで1.0重量%未満のナルトレキソンを放出するように適合している、
    請求項41記載の投与形。 【請求項53】 実質的に放出不可能な形のナルトレキソンは、1時間後に
    インビボで0.5重量%未満のナルトレキソンを放出するように適合している、
    請求項41記載の投与形。 【請求項54】 (a)オピオイドアゴニスト;および(b)実質的に放出
    不可能な形の経口で生物学的に利用可能なオピオイドアンタゴニストを含む、投
    与形。 【請求項55】 アゴニストおよびアンタゴニストは、少なくとも部分的に
    相互分散している、請求項54記載の投与形。 【請求項56】 経口で生物学的に利用可能なアンタゴニストはナルトレキ
    ソンまたはその塩である、請求項54記載の投与形。 【請求項57】 オピオイドアゴニストは、オキシコドン、コデイン、ヒド
    ロコドン、ヒドロモルホン、レボルファノール、メペリジン、メサドン、モルヒ
    ネ、或いは、その塩またはその混合物である、請求項54記載の投与形。 【請求項58】 アンタゴニストの少なくとも一部はマトリックス中にある
    、請求項54記載の投与形。 【請求項59】 アンタゴニストの少なくとも一部はコーティングされたビ
    ーズ中にある、請求項54記載の投与形。 【請求項60】 オピオイドアンタゴニストを前処理して、それを実質的に
    放出不可能とし;前処理したアンタゴニストを、放出可能な形のオピオイドアゴ
    ニストと合わせることを含む、経口投与形の調製法。 【請求項61】 ヒト患者に、請求項1から9、41または54記載の投与
    形を投与することを含む、疼痛の処置法。
JP2001557561A 2000-02-08 2001-02-08 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤 Withdrawn JP2003522146A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US18136900P true 2000-02-08 2000-02-08
US60/181,369 2000-02-08
PCT/US2001/004346 WO2001058451A1 (en) 2000-02-08 2001-02-08 Tamper-resistant oral opioid agonist formulations

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003522146A true JP2003522146A (ja) 2003-07-22

Family

ID=22663996

Family Applications (10)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001557557A Pending JP2003522144A (ja) 2000-02-08 2001-02-08 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2001557561A Withdrawn JP2003522146A (ja) 2000-02-08 2001-02-08 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2007264445A Pending JP2008019280A (ja) 2000-02-08 2007-10-10 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2009023739A Active JP5351538B2 (ja) 2000-02-08 2009-02-04 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2012032017A Active JP5676504B2 (ja) 2000-02-08 2012-02-16 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2012138857A Pending JP2012176993A (ja) 2000-02-08 2012-06-20 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2014094376A Pending JP2014169306A (ja) 2000-02-08 2014-05-01 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2014222704A Active JP6063427B2 (ja) 2000-02-08 2014-10-31 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2016196329A Pending JP2016222730A (ja) 2000-02-08 2016-10-04 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2016208382A Active JP6403742B2 (ja) 2000-02-08 2016-10-25 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001557557A Pending JP2003522144A (ja) 2000-02-08 2001-02-08 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物

Family Applications After (8)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007264445A Pending JP2008019280A (ja) 2000-02-08 2007-10-10 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2009023739A Active JP5351538B2 (ja) 2000-02-08 2009-02-04 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2012032017A Active JP5676504B2 (ja) 2000-02-08 2012-02-16 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2012138857A Pending JP2012176993A (ja) 2000-02-08 2012-06-20 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2014094376A Pending JP2014169306A (ja) 2000-02-08 2014-05-01 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2014222704A Active JP6063427B2 (ja) 2000-02-08 2014-10-31 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2016196329A Pending JP2016222730A (ja) 2000-02-08 2016-10-04 オピオイドアゴニストおよびアンタゴニストを含む制御放出組成物
JP2016208382A Active JP6403742B2 (ja) 2000-02-08 2016-10-25 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤

Country Status (34)

Country Link
US (15) US6696088B2 (ja)
EP (6) EP2283842B1 (ja)
JP (10) JP2003522144A (ja)
CN (3) CN100563656C (ja)
AP (1) AP1665A (ja)
AT (1) AT431145T (ja)
AU (2) AU776904B2 (ja)
BG (1) BG65828B1 (ja)
BR (3) BRPI0108380B1 (ja)
CA (1) CA2400567C (ja)
CY (2) CY1109270T1 (ja)
CZ (1) CZ299991B6 (ja)
DE (1) DE60138706D1 (ja)
DK (5) DK2092936T3 (ja)
EA (1) EA004876B1 (ja)
EE (1) EE05171B1 (ja)
ES (5) ES2539945T3 (ja)
GE (1) GEP20053614B (ja)
HK (2) HK1056822A1 (ja)
HU (2) HU0204163A2 (ja)
IL (5) IL151057D0 (ja)
ME (1) MEP48308A (ja)
MX (2) MXPA02007686A (ja)
NO (2) NO324717B1 (ja)
NZ (1) NZ520554A (ja)
OA (1) OA12215A (ja)
PL (2) PL358088A1 (ja)
PT (6) PT1299104E (ja)
RS (1) RS50407B (ja)
SI (5) SI1299104T1 (ja)
SK (1) SK287107B6 (ja)
TW (1) TWI292317B (ja)
UA (1) UA79069C2 (ja)
WO (2) WO2001058447A1 (ja)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005515152A (ja) * 2001-05-11 2005-05-26 エンドー ファーマシューティカルズ, インコーポレイティド 乱用防止制御放出オピオイド投薬形態
JP2006506374A (ja) * 2002-10-25 2006-02-23 グリューネンタ−ル・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング 乱用が防止された製剤
JP2007513960A (ja) * 2003-12-09 2007-05-31 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 作用薬及び逆作用薬を含有する不正使用防止共押出剤型、及びその製造方法
JP2007522196A (ja) * 2004-02-12 2007-08-09 ユーロ−セルティック エス. ア. 微粒子
JP2007523167A (ja) * 2004-02-23 2007-08-16 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 乱用抵抗性の経皮的オピオイド送達デバイス
JP2009523833A (ja) * 2006-01-21 2009-06-25 アボット ゲーエムベーハー ウント カンパニー カーゲー 乱用薬剤送達のための製剤および方法
JP2009138007A (ja) * 2000-02-08 2009-06-25 Euro-Celtique Sa 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2009541320A (ja) * 2006-06-19 2009-11-26 アルファーマ,インコーポレイテッド 医薬組成物
JP2010506833A (ja) * 2006-10-11 2010-03-04 アルファーマ,インコーポレイテッド 医薬組成物
JP2011093927A (ja) * 2004-03-30 2011-05-12 Euro-Celtique Sa 吸着剤と逆作用薬とを含有する不正使用防止投与剤型
JP4758897B2 (ja) * 2003-09-25 2011-08-31 ユーロ−セルティーク エス.エイ. ヒドロコドンとナルトレキソンとの併用医薬
JP2013526510A (ja) * 2010-05-10 2013-06-24 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 活性剤を負荷した顆粒と追加の活性剤の組合せ
JP2015500273A (ja) * 2011-12-09 2015-01-05 パーデュー、ファーマ、リミテッド、パートナーシップ ポリ(イプシロン−カプロラクトン)およびポリエチレンオキシドを含む医薬剤形

Families Citing this family (287)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100417490B1 (ko) * 1997-12-22 2004-02-05 유로-셀티크 소시에떼 아노뉨 오피오이드 제형의 남용을 방지하는 방법
PT1041987E (pt) 1997-12-22 2006-07-31 Euro Celtique Sa Forma farmaceutica de dosagem oral, compreendendo uma combinacao de um agonista de opioide e naltrexona
US6375957B1 (en) * 1997-12-22 2002-04-23 Euro-Celtique, S.A. Opioid agonist/opioid antagonist/acetaminophen combinations
BR0015284B1 (pt) 1999-10-29 2014-08-05 Euro-Celtique, S/A Formulações de hidrocodona de liberação controlada
US10179130B2 (en) 1999-10-29 2019-01-15 Purdue Pharma L.P. Controlled release hydrocodone formulations
KR101167465B1 (ko) 2000-10-30 2012-07-27 유로-셀티크 소시에떼 아노뉨 서방성 하이드로코돈 제형
US7858118B2 (en) * 2001-04-11 2010-12-28 Galephar Pharmaceutical Research, Inc. Extended release composition containing Tramadol
CN1592609A (zh) * 2001-05-11 2005-03-09 恩德制药公司 抗滥用阿片样物质剂型
US20040156844A1 (en) * 2002-05-22 2004-08-12 Curtis Wright Tamper resistant oral dosage form
US7968119B2 (en) * 2001-06-26 2011-06-28 Farrell John J Tamper-proof narcotic delivery system
EP1406630A1 (en) * 2001-07-06 2004-04-14 Endo Pharmaceuticals Inc. Parenteral administration of 6-hydroxy-oxymorphone for use as an analgesic
US8329216B2 (en) * 2001-07-06 2012-12-11 Endo Pharmaceuticals Inc. Oxymorphone controlled release formulations
AT376832T (de) * 2001-07-06 2007-11-15 Penwest Pharmaceuticals Co Verzögert freisetzende formulierungen von oxymorphon
DK1416842T3 (da) * 2001-07-18 2009-03-16 Euro Celtique Sa Farmaceutiske kombinationer af oxycodon og naloxon
US20030157168A1 (en) * 2001-08-06 2003-08-21 Christopher Breder Sequestered antagonist formulations
US7144587B2 (en) * 2001-08-06 2006-12-05 Euro-Celtique S.A. Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and bittering agent
US20030068375A1 (en) 2001-08-06 2003-04-10 Curtis Wright Pharmaceutical formulation containing gelling agent
US7157103B2 (en) 2001-08-06 2007-01-02 Euro-Celtique S.A. Pharmaceutical formulation containing irritant
US7141250B2 (en) * 2001-08-06 2006-11-28 Euro-Celtique S.A. Pharmaceutical formulation containing bittering agent
US7842307B2 (en) 2001-08-06 2010-11-30 Purdue Pharma L.P. Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and gelling agent
US7332182B2 (en) 2001-08-06 2008-02-19 Purdue Pharma L.P. Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and irritant
US20030044458A1 (en) * 2001-08-06 2003-03-06 Curtis Wright Oral dosage form comprising a therapeutic agent and an adverse-effect agent
HU0401191A3 (en) * 2001-08-06 2006-11-28 Euro Celtique Sa Opioid agonist formulations with releasable and sequestered antagonist and process for their preparation
US20030049317A1 (en) * 2001-08-30 2003-03-13 Lindsay David R. Method and composition for reducing the danger and preventing the abuse of controlled release pharmaceutical formulations
AU2002337686B2 (en) * 2001-09-26 2008-05-15 Penwest Pharmaceuticals Company Opioid formulations having reduced potential for abuse
US8101209B2 (en) * 2001-10-09 2012-01-24 Flamel Technologies Microparticulate oral galenical form for the delayed and controlled release of pharmaceutical active principles
FR2830447B1 (fr) * 2001-10-09 2004-04-16 Flamel Tech Sa Forme galenique orale microparticulaire pour la liberation retardee et controlee de principes actifs pharmaceutiques
PT2939696E (pt) * 2001-10-18 2016-06-17 Nektar Therapeutics Conjugados poliméricos de antagonistas de opióides
WO2003039561A1 (en) * 2001-11-02 2003-05-15 Elan Corporation, Plc Pharmaceutical composition
US20060177381A1 (en) * 2002-02-15 2006-08-10 Howard Brooks-Korn Opiopathies
US20040033253A1 (en) * 2002-02-19 2004-02-19 Ihor Shevchuk Acyl opioid antagonists
IL163667D0 (en) * 2002-02-22 2005-12-18 New River Pharmaceuticals Inc Novel sustained release pharmaceutical compounds to preventabuse of controlled substances
ES2616981T3 (es) 2002-03-14 2017-06-15 Euro-Celtique S.A. Composiciones de hidrocloruro de naltrexona
US7666876B2 (en) 2002-03-19 2010-02-23 Vernalis (R&D) Limited Buprenorphine formulations for intranasal delivery
GB0206505D0 (en) * 2002-03-19 2002-05-01 Euro Celtique Sa Pharmaceutical combination
US7790215B2 (en) * 2002-03-26 2010-09-07 Purdue Pharma Lp Sustained-release gel coated compositions
BRPI0309544B1 (pt) 2002-04-05 2018-04-03 Euro-Celtique S.A. Preparação farmacêutica oral estável ao armazenamento compreendendo oxicodona e naloxona
CN100577164C (zh) * 2002-04-09 2010-01-06 弗拉梅技术公司 可改进释放阿莫西林的微囊含水混悬液形式的口服药物制剂
JP4732696B2 (ja) 2002-04-09 2011-07-27 フラメル・テクノロジーFlamel Technologies 活性成分の改変された放出のための、マイクロカプセルの水性懸濁液形態での経口医薬品製剤
DE60336394D1 (de) 2002-04-23 2011-04-28 Durect Corp Transdermale analgetische systeme mit reduziertem missbrauchspotential
US7776314B2 (en) 2002-06-17 2010-08-17 Grunenthal Gmbh Abuse-proofed dosage system
US8557291B2 (en) 2002-07-05 2013-10-15 Collegium Pharmaceutical, Inc. Abuse-deterrent pharmaceutical compositions of opioids and other drugs
US8840928B2 (en) 2002-07-05 2014-09-23 Collegium Pharmaceutical, Inc. Tamper-resistant pharmaceutical compositions of opioids and other drugs
WO2004004693A1 (en) 2002-07-05 2004-01-15 Collgegium Pharmaceutical Abuse-deterrent pharmaceutical compositions of opiods and other drugs
US10004729B2 (en) 2002-07-05 2018-06-26 Collegium Pharmaceutical, Inc. Tamper-resistant pharmaceutical compositions of opioids and other drugs
AU2003281182A1 (en) * 2002-07-11 2004-02-02 Taiho Pharmaceutical Co., Ltd. Composition for nasal absorption
MY142204A (en) 2002-07-25 2010-10-29 Pharmacia Corp Pramipexole once-daily dosage form
DE10237056A1 (de) * 2002-08-09 2004-03-04 Grünenthal GmbH Opiod-Rezeptor-Antagonisten in Transdermalen Systemen mit Buprenorphin
SI1542658T1 (sl) * 2002-08-15 2011-04-29 Euro Celtique Sa Farmacevtski sestavki, ki obsegajo opioidni analgetik
ES2677769T3 (es) 2002-09-20 2018-08-06 Alpharma Pharmaceuticals Llc Subunidad secuestrante y composiciones y procedimientos relacionados
EP1545468A4 (en) * 2002-09-20 2007-06-20 Alpharma Inc Sustained-release opioid formulations and methods of use
JP5189242B2 (ja) 2002-09-23 2013-04-24 アルケルメス ファーマ アイルランド リミテッドAlkermes Pharma Ireland Limited 乱用抵抗性の医薬組成物
US9233049B2 (en) 2002-10-31 2016-01-12 Purdue Pharma L.P. Pharmaceutical identification
US20040110781A1 (en) * 2002-12-05 2004-06-10 Harmon Troy M. Pharmaceutical compositions containing indistinguishable drug components
US7524515B2 (en) * 2003-01-10 2009-04-28 Mutual Pharmaceuticals, Inc. Pharmaceutical safety dosage forms
GB0300531D0 (en) 2003-01-10 2003-02-12 West Pharm Serv Drug Res Ltd Pharmaceutical compositions
DE10305137A1 (de) * 2003-02-07 2004-08-26 Novosis Ag Transdermale therapeutische Abgabesysteme mit einem Butenolid
US20040202717A1 (en) 2003-04-08 2004-10-14 Mehta Atul M. Abuse-resistant oral dosage forms and method of use thereof
MXPA05011071A (es) * 2003-04-21 2005-12-12 Euro Celtique Sa Forma de dosificacion resistente a la alteracion que comprende particulas co-extrusionadas de agente adverso y proceso de fabricacion de las misma.
MY135852A (en) * 2003-04-21 2008-07-31 Euro Celtique Sa Pharmaceutical products
SI2316456T1 (sl) 2003-04-29 2017-10-30 Orexigen Therapeutics, Inc. Sestavki za vplivanje na izgubo teže, ki obsegajo opioidni antagonist in bupropion
CA2522529C (en) * 2003-04-30 2015-10-20 Purdue Pharma L.P. Tamper resistant transdermal dosage form
US8790689B2 (en) * 2003-04-30 2014-07-29 Purdue Pharma L.P. Tamper resistant transdermal dosage form
WO2004112756A1 (en) 2003-06-26 2004-12-29 Isa Odidi Proton pump-inhibitor-containing capsules which comprise subunits differently structured for a delayed release of the active ingredient
TWI357815B (en) * 2003-06-27 2012-02-11 Euro Celtique Sa Multiparticulates
US20060165790A1 (en) * 2003-06-27 2006-07-27 Malcolm Walden Multiparticulates
US20070048228A1 (en) 2003-08-06 2007-03-01 Elisabeth Arkenau-Maric Abuse-proofed dosage form
DE10336400A1 (de) * 2003-08-06 2005-03-24 Grünenthal GmbH Gegen Missbrauch gesicherte Darreichungsform
US8075872B2 (en) 2003-08-06 2011-12-13 Gruenenthal Gmbh Abuse-proofed dosage form
PL1658054T3 (pl) * 2003-08-06 2007-11-30 Grã¼Nenthal Gmbh Postać aplikacyjna zabezpieczona przed nadużyciem
PL1663229T3 (pl) * 2003-09-25 2010-09-30 Euro-Celtique S.A. Farmaceutyczne kombinacje hydrokodonu i naltreksonu
US20050245557A1 (en) * 2003-10-15 2005-11-03 Pain Therapeutics, Inc. Methods and materials useful for the treatment of arthritic conditions, inflammation associated with a chronic condition or chronic pain
AU2004281153A1 (en) * 2003-10-15 2005-04-28 Pain Therapeutics, Inc. Treatment of arthritic conditions, chronic inflammation or pain
WO2005044243A2 (en) 2003-10-30 2005-05-19 Alza Corporation Transdermal analgesic systems having reduced abuse potential
US8883204B2 (en) * 2003-12-09 2014-11-11 Purdue Pharma L.P. Tamper resistant co-extruded dosage form containing an active agent and an adverse agent and process of making same
DE10361596A1 (de) * 2003-12-24 2005-09-29 Grünenthal GmbH Verfahren zur Herstellung einer gegen Missbrauch gesicherten Darreichungsform
EP2319499A1 (en) 2005-01-28 2011-05-11 Euro-Celtique S.A. Alcohol resistant dosage forms
TWI483944B (zh) * 2004-03-30 2015-05-11 Euro Celtique Sa 含有小於25ppm14-羥可待因酮之羥可酮鹽酸鹽組成物、醫藥劑型、延遲釋出口服劑型及醫藥上可以接受的包裝
EP1604667A1 (en) * 2004-06-08 2005-12-14 Euro-Celtique S.A. Opioids for the treatment of the restless leg syndrome
EP1604666A1 (en) * 2004-06-08 2005-12-14 Euro-Celtique S.A. Opioids for the treatment of the Chronic Obstructive Pulmonary Disease (COPD)
PT1765292T (pt) 2004-06-12 2017-12-29 Collegium Pharmaceutical Inc Formulações de fármacos dissuasoras de abuso
DE102004032103A1 (de) * 2004-07-01 2006-01-19 Grünenthal GmbH Gegen Missbrauch gesicherte, orale Darreichungsform
US8394409B2 (en) * 2004-07-01 2013-03-12 Intellipharmaceutics Corp. Controlled extended drug release technology
DE102004032049A1 (de) * 2004-07-01 2006-01-19 Grünenthal GmbH Gegen Missbrauch gesicherte, orale Darreichungsform
DE102004032051A1 (de) * 2004-07-01 2006-01-19 Grünenthal GmbH Verfahren zur Herstellung einer gegen Missbrauch gesicherten, festen Darreichungsform
AU2005271193B2 (en) * 2004-08-13 2011-11-24 Boehringer Ingelheim International Gmbh Extended release pellet formulation containing pramipexole or a pharmaceutically acceptable salt thereof, method for manufacturing the same and use thereof
GB2418854B (en) * 2004-08-31 2009-12-23 Euro Celtique Sa Multiparticulates
US7226619B1 (en) 2004-09-07 2007-06-05 Pharmorx Inc. Material for controlling diversion of medications
US7827983B2 (en) * 2004-12-20 2010-11-09 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Method for making a pharmaceutically active ingredient abuse-prevention device
DE102005005449A1 (de) * 2005-02-04 2006-08-10 Grünenthal GmbH Verfahren zur Herstellung einer gegen Missbrauch gesicherten Darreichungsform
DE102005005446A1 (de) * 2005-02-04 2006-08-10 Grünenthal GmbH Bruchfeste Darreichungsformen mit retardierter Freisetzung
FR2881652B1 (fr) * 2005-02-08 2007-05-25 Flamel Technologies Sa Forme pharmaceutique orale microparticulaire anti-mesuage
EP1695700A1 (en) * 2005-02-28 2006-08-30 Euro-Celtique S.A. Dosage form containing oxycodone and naloxone
EP1702558A1 (en) 2005-02-28 2006-09-20 Euro-Celtique S.A. Method and device for the assessment of bowel function
EP1879557A1 (en) * 2005-05-13 2008-01-23 Alpharma, Inc. Morphine sulfate formulations
PT1895994E (pt) 2005-05-13 2010-12-03 Alza Corp Sistema de administração de medicamentos de camada múltipla com barreira contra o fluxo de material do reservatório
WO2006124890A1 (en) * 2005-05-13 2006-11-23 Alpharma, Inc. Morphine sulphate formulations
FR2889810A1 (fr) * 2005-05-24 2007-02-23 Flamel Technologies Sa Forme medicamenteuse orale, microparticulaire, anti-mesurage
ES2277743B2 (es) * 2005-06-02 2008-12-16 Universidade De Santiago De Compostela Nanoparticulas que comprenden quitosano y ciclodextrina.
WO2006133733A1 (en) * 2005-06-13 2006-12-21 Flamel Technologies Oral dosage form comprising an antimisuse system
EP1909769A2 (en) * 2005-08-01 2008-04-16 Alpharma, Inc. Alcohol resistant pharmaceutical formulations
EP2431088A1 (en) 2005-08-02 2012-03-21 Sol-Gel Technologies Ltd. Metal oxide coating of water insoluble ingredients
US9125833B2 (en) * 2005-11-02 2015-09-08 Relmada Therapeutics, Inc. Multimodal abuse resistant and extended release opioid formulations
US8329744B2 (en) * 2005-11-02 2012-12-11 Relmada Therapeutics, Inc. Methods of preventing the serotonin syndrome and compositions for use thereof
US8652529B2 (en) * 2005-11-10 2014-02-18 Flamel Technologies Anti-misuse microparticulate oral pharmaceutical form
EP2292220A3 (en) 2005-11-22 2012-01-04 Orexigen Therapeutics, Inc. Composition and methods for increasing insulin sensitivity
WO2007070632A2 (en) * 2005-12-13 2007-06-21 Biodelivery Sciences International, Inc. Abuse resistant transmucosal drug delivery device
US10064828B1 (en) 2005-12-23 2018-09-04 Intellipharmaceutics Corp. Pulsed extended-pulsed and extended-pulsed pulsed drug delivery systems
EP1810678A1 (de) * 2006-01-19 2007-07-25 Holger Lars Hermann Verwendung einer Kombination von Morphin und Naloxon zur Drogensubstitution
EP1810714A1 (de) * 2006-01-19 2007-07-25 Holger Lars Hermann Verwendung einer Kombination von Heroin und Naloxon zur Drogensubstitution
WO2007087452A2 (en) * 2006-01-27 2007-08-02 Theraquest Biosciences, Llc Abuse resistant and extended release formulations and method of use thereof
US20070185145A1 (en) * 2006-02-03 2007-08-09 Royds Robert B Pharmaceutical composition containing a central opioid agonist, a central opioid antagonist, and a peripheral opioid antagonist, and method for making the same
US7939567B2 (en) 2006-02-24 2011-05-10 Blue Blood Biotech Corp. Dextromethorphan-based method for treating acne
ZA200807571B (en) * 2006-03-01 2009-08-26 Ethypharm Sa Crush-resistant tablets intended to prevent accidental misuse and unlawful diversion
US20070212414A1 (en) * 2006-03-08 2007-09-13 Penwest Pharmaceuticals Co. Ethanol-resistant sustained release formulations
EP2428205B1 (en) 2006-03-16 2012-10-03 Tris Pharma, Inc. Modified release formulations containing drug-ion exchange resin complexes
GB0606124D0 (en) * 2006-03-28 2006-05-03 Reckitt Benckiser Healthcare Buprenorphine derivatives and uses thereof
EP2007360B1 (en) * 2006-04-03 2014-11-26 Isa Odidi Controlled release delivery device comprising an organosol coat
US20100010029A1 (en) * 2006-05-03 2010-01-14 Kowa Phamaceuticals America, Inc. Acute Pain Medications Based on Fast Acting Diclofenac-Opioid Combinations
US20140010860A1 (en) * 2006-05-12 2014-01-09 Isa Odidi Abuse and alcohol resistant drug composition
US8916195B2 (en) 2006-06-05 2014-12-23 Orexigen Therapeutics, Inc. Sustained release formulation of naltrexone
US8765178B2 (en) 2006-07-19 2014-07-01 Watson Laboratories, Inc. Controlled release formulations and associated methods
MX2009000745A (es) 2006-07-21 2009-04-16 Biodelivery Sciences Int Inc Dispositivos de suministro transmucosa con admision mejorada.
US20080069871A1 (en) * 2006-07-21 2008-03-20 Vaughn Jason M Hydrophobic abuse deterrent delivery system
AU2011205222B2 (en) * 2006-07-21 2014-02-27 Biodelivery Sciences International, Inc. Transmucosal delivery devices with enhanced uptake
SA2709B1 (ar) 2006-08-25 2011-07-20 بيورديو فارما إل. بي. أشكال جرعة صيدلانية للتناول عن طريق الفم مقاومة للعبث تشتمل على مسكن شبه أفيوني
WO2008027442A2 (en) * 2006-08-30 2008-03-06 Theraquest Biosciences, Llc Abuse deterrent oral pharmaceutical formulations of opioid agonists and method of use
EP1897543A1 (en) 2006-08-30 2008-03-12 Euro-Celtique S.A. Buprenorphine- wafer for drug substitution therapy
US20080069891A1 (en) 2006-09-15 2008-03-20 Cima Labs, Inc. Abuse resistant drug formulation
US8445018B2 (en) 2006-09-15 2013-05-21 Cima Labs Inc. Abuse resistant drug formulation
US8187636B2 (en) * 2006-09-25 2012-05-29 Atlantic Pharmaceuticals, Inc. Dosage forms for tamper prone therapeutic agents
TW200829235A (en) 2006-11-09 2008-07-16 Orexigen Therapeutics Inc Methods for administering weight loss medications
DE102006054731B4 (de) 2006-11-21 2013-02-28 Lts Lohmann Therapie-Systeme Ag Transdermales therapeutisches System zur Verabreichung des Wirkstoffs Buprenorphin und Verwendung desselben in der Schmerztherapie
PT2101740E (pt) 2006-12-04 2013-12-23 Orexo Ab Nova composição farmacêutica não susceptível de abuso que compreende opióides
JP2010517996A (ja) 2007-02-01 2010-05-27 ソル − ゲル テクノロジーズ リミテッド 過酸化物及びレチノイドを含む局所適用用組成物
GB2447014A (en) * 2007-03-01 2008-09-03 Reckitt Benckiser Healthcare Analgesic composition comprising a specific ratio of buprenorphine and naltrexone
ES2350029T3 (es) * 2007-03-02 2011-01-17 Farnam Companies, Inc. Pellets de liberación sostenida que comprenden un material tipo cera.
DE102007011485A1 (de) 2007-03-07 2008-09-11 Grünenthal GmbH Darreichungsform mit erschwertem Missbrauch
US20090124650A1 (en) * 2007-06-21 2009-05-14 Endo Pharmaceuticals, Inc. Method of Treating Pain Utilizing Controlled Release Oxymorphone Pharmaceutical Compositions and Instructions on Effects of Alcohol
CA2696341C (en) * 2007-08-13 2016-05-17 Abuse Deterrent Pharmaceutical Llc Abuse resistant drugs, method of use and method of making
ES2572157T3 (es) * 2007-09-03 2016-05-30 Nanotherapeutics Inc Composiciones en forma de partículas para la administración de fármacos poco solubles
AU2008346870A1 (en) * 2007-12-17 2009-07-16 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Pharmaceutical composition
EP2224805A4 (en) * 2007-12-17 2013-10-16 Alpharma Pharmaceuticals Llc Pharmaceutical composition
US8623418B2 (en) 2007-12-17 2014-01-07 Alpharma Pharmaceuticals Llc Pharmaceutical composition
CA2709950A1 (en) * 2007-12-17 2009-07-09 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Pharmaceutical composition
CA2709903A1 (en) * 2007-12-17 2009-06-25 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Oral opioid compositions with opioid antagonist
WO2009076764A1 (en) 2007-12-17 2009-06-25 Labopharm Inc. Misuse preventative, controlled release formulation
AU2015200313B2 (en) * 2007-12-17 2016-12-01 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Pharmaceutical composition
TWI454288B (zh) 2008-01-25 2014-10-01 Gruenenthal Chemie 藥物劑型
US9700552B2 (en) 2008-02-28 2017-07-11 Syntropharma Limited Pharmaceutical compositions for treatment of addiction
ES2599031T3 (es) 2008-05-09 2017-01-31 Grünenthal GmbH Proceso para la preparación de una formulación de polvo intermedia y una forma de dosificación solida final utilizando un paso de congelación por pulverización
SI2317991T1 (sl) * 2008-07-07 2017-09-29 Euro-Celtique S.A. Uporaba opioidnih antagonistov za zdravljenje retencije urina
US20100099696A1 (en) * 2008-10-16 2010-04-22 Anthony Edward Soscia Tamper resistant oral dosage forms containing an embolizing agent
EP2352494B1 (en) * 2008-10-30 2019-10-09 Grünenthal GmbH Novel and potent tapentadol dosage forms
MX2011006173A (es) * 2008-12-12 2011-09-01 Paladin Labs Inc Formulaciones de drogas narcoticas con disminuido potencial de abuso.
AU2009327312A1 (en) 2008-12-16 2011-08-04 Labopharm Europe Limited Misuse preventative, controlled release formulation
US20100151014A1 (en) * 2008-12-16 2010-06-17 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Pharmaceutical composition
WO2010078486A2 (en) 2008-12-31 2010-07-08 Upsher-Smith Laboratories, Inc. Opioid-containing oral pharmaceutical compositions and methods
EP3045043A1 (en) * 2009-02-26 2016-07-20 Relmada Therapeutics, Inc. Extended release oral pharmaceutical compositions of 3-hydroxy-n-methylmorphinan and method of use
ES2706407T3 (es) 2009-03-10 2019-03-28 Euro Celtique Sa Composiciones farmacéuticas de liberación inmediata que comprenden oxicodona y naloxona
EA201171271A1 (ru) * 2009-04-22 2012-05-30 Фоеме Гмбх Фармацевтическая композиция в форме частиц с опиоидом и антагонистом опиоида
GB0909680D0 (en) 2009-06-05 2009-07-22 Euro Celtique Sa Dosage form
WO2011009603A1 (en) * 2009-07-22 2011-01-27 Grünenthal GmbH Tamper-resistant dosage form for oxidation-sensitive oploids
US10080721B2 (en) 2009-07-22 2018-09-25 Gruenenthal Gmbh Hot-melt extruded pharmaceutical dosage form
US9023390B2 (en) 2009-09-17 2015-05-05 Upsher-Smith Laboratories, Inc. Sustained-release product comprising a combination of a non-opioid amine and a non-steroidal anti-inflammatory drug
RU2017108985A (ru) 2010-01-11 2019-01-22 Ориксиджен Терапьютикс, Инк. Способы проведения терапии потери веса у пациентов с доминирующей депрессией
EP2531176B1 (en) 2010-02-03 2016-09-07 Grünenthal GmbH Preparation of a powdery pharmaceutical composition by means of an extruder
CA2792878C (en) * 2010-03-12 2019-10-22 Government Of The Usa, As Represented By The Sec., Dept. Of Health And Human Services Agonist/antagonist compositions and methods of use
CN102946870A (zh) 2010-05-10 2013-02-27 欧洲凯尔特公司 包含氢吗啡酮和纳洛酮的药物组合物
CA2798884C (en) 2010-05-10 2016-09-13 Euro-Celtique S.A. Manufacturing of active-free granules and tablets comprising the same
JP2013526523A (ja) 2010-05-11 2013-06-24 シマ ラブス インク. メトプロロールを含むアルコール耐性持続放出性経口剤形
AU2011297901B2 (en) 2010-09-02 2014-07-31 Grunenthal Gmbh Tamper resistant dosage form comprising inorganic salt
US9636303B2 (en) 2010-09-02 2017-05-02 Gruenenthal Gmbh Tamper resistant dosage form comprising an anionic polymer
DE102010048883A1 (de) 2010-10-19 2012-04-19 Lars Holger Hermann Verwendung von Buprenorphin zum Abususschutz von Opiat-Vollagonisten sowie entsprechende pharmazeutische Zusammensetzungen
US8623409B1 (en) 2010-10-20 2014-01-07 Tris Pharma Inc. Clonidine formulation
JP2012087101A (ja) * 2010-10-21 2012-05-10 Holger Hermann Lars オピオイドおよびオピオイド拮抗薬を含む微粒子医薬組成物
EP2654734A2 (en) 2010-12-22 2013-10-30 Purdue Pharma LP Encased tamper resistant controlled release dosage forms
NZ612996A (en) 2010-12-23 2015-05-29 Purdue Pharma Lp Tamper resistant solid oral dosage forms
TW201628618A (zh) * 2010-12-28 2016-08-16 歐 賽提克股份有限公司 用於治療巴金森氏症的類鴉片激動劑與類鴉片拮抗劑之組合
CN102068697B (zh) * 2010-12-30 2013-10-16 宜昌人福药业有限责任公司 含有阿片类镇痛剂和阿片受体拮抗剂的药用组合物
KR20160031038A (ko) 2011-02-02 2016-03-21 알파마 파머슈티컬스 엘엘씨 오피오이드 효능제 및 격리된 길항제를 포함하는 제약 조성물
US20120321716A1 (en) 2011-02-17 2012-12-20 Michael Vachon Technology for preventing abuse of solid dosage forms
EP2726065A4 (en) * 2011-06-30 2014-11-26 Neos Therapeutics Lp Abuse resistant drug forms
CA2839123A1 (en) 2011-07-29 2013-02-07 Grunenthal Gmbh Tamper-resistant tablet providing immediate drug release
KR101944367B1 (ko) 2011-08-18 2019-01-31 바이오딜리버리 사이언시스 인터내셔널 인코포레이티드 부프레노르핀 운반용 약물남용 억제 점막 부착 장치
ME02153B (me) 2011-09-19 2015-10-20 Orexo Ab Nove farmaceutske kompozicije, otporne na zloupotrebu, za tretman zavisnosti od opioida
WO2013088254A1 (en) 2011-12-12 2013-06-20 Lts Lohmann Therapie-Systeme Ag Transdermal delivery system comprising buprenorphine
EA201491046A1 (ru) * 2011-12-21 2014-11-28 Байоделивери Сайенсиз Интернэшнл, Инк. Трансмукозальные устройства для доставки лекарств для применения при облегчении хронической боли
US9901539B2 (en) 2011-12-21 2018-02-27 Biodelivery Sciences International, Inc. Transmucosal drug delivery devices for use in chronic pain relief
JP6117249B2 (ja) 2012-02-28 2017-04-19 グリュネンタール・ゲゼルシャフト・ミト・ベシュレンクテル・ハフツング 薬理学的に活性な化合物および陰イオン性ポリマーを含むタンパーレジスタント剤形
US9687445B2 (en) 2012-04-12 2017-06-27 Lts Lohmann Therapie-Systeme Ag Oral film containing opiate enteric-release beads
TWI522101B (zh) 2012-04-17 2016-02-21 普渡製藥有限合夥事業 處理由類鴉片引起之不利的藥效動力反應之系統和方法
RS57913B1 (sr) 2012-04-18 2019-01-31 Gruenenthal Gmbh Farmaceutske dozne forme otporne na neovlašćenu upotrebu i naglo oslobađanje celokupne doze
US10064945B2 (en) 2012-05-11 2018-09-04 Gruenenthal Gmbh Thermoformed, tamper-resistant pharmaceutical dosage form containing zinc
US9827192B2 (en) 2012-05-14 2017-11-28 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US10016445B2 (en) 2012-05-14 2018-07-10 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US10028969B2 (en) 2012-05-14 2018-07-24 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9877977B2 (en) 2012-05-14 2018-01-30 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US8802658B2 (en) 2012-05-14 2014-08-12 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating disease
US9662343B2 (en) 2012-05-14 2017-05-30 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9782421B1 (en) 2012-05-14 2017-10-10 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid molecular complex for treating complex regional pain syndrome
US9949993B2 (en) 2012-05-14 2018-04-24 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for administration of zoledronic acid or related compounds for treating low back pain
US9820999B2 (en) 2012-05-14 2017-11-21 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating complex regional pain syndrome
US10111837B2 (en) 2012-05-14 2018-10-30 Antecip Bioventures Ii Llc Dosage forms for oral administration of zoledronic acid or related compounds
US9895383B2 (en) 2012-05-14 2018-02-20 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9861648B2 (en) 2012-05-14 2018-01-09 Antecip Boiventures Ii Llc Osteoclast inhibitors for knee conditions
US10034890B2 (en) 2012-05-14 2018-07-31 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9956237B2 (en) 2012-05-14 2018-05-01 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors for knee conditions
US9770457B2 (en) 2012-05-14 2017-09-26 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating bone marrow lesion
US9707245B2 (en) 2012-05-14 2017-07-18 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating complex regional pain syndrome
US9427403B2 (en) 2012-05-14 2016-08-30 Antecip Bioventures Ii Llc Methods for the safe administration of imidazole or imidazolium compounds
US9844559B2 (en) 2012-05-14 2017-12-19 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating bone marrow lesions
US10080765B2 (en) 2012-05-14 2018-09-25 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating complex regional pain syndrome
US9211257B2 (en) 2012-05-14 2015-12-15 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors for knee conditions
US9717747B2 (en) 2012-05-14 2017-08-01 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors for knee conditions
US10039773B2 (en) 2012-05-14 2018-08-07 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating arthritis
US10028908B2 (en) 2012-05-14 2018-07-24 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9795622B2 (en) 2012-05-14 2017-10-24 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating pain associated with a joint
US9616078B2 (en) 2012-05-14 2017-04-11 Antecip Bioventures Ii Llc Dosage forms for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating disease
US10350227B2 (en) 2012-05-14 2019-07-16 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating complex regional pain syndrome
US9956238B2 (en) 2014-05-15 2018-05-01 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for administration of zoledronic acid or related compounds for treating low back pain
US9943531B2 (en) 2014-08-08 2018-04-17 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors such as zoledronic acid for low back pain treatment
US10463682B2 (en) 2012-05-14 2019-11-05 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating low back pain
US10092581B2 (en) 2014-05-15 2018-10-09 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors such as zoledronic acid for low back pain treatment
US10413561B2 (en) 2012-05-14 2019-09-17 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid and other bisphosphonates for treating complex regional pain syndrome and other diseases
US9675626B2 (en) 2012-05-14 2017-06-13 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US10004756B2 (en) 2014-05-15 2018-06-26 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9789128B2 (en) 2012-05-14 2017-10-17 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9694023B2 (en) 2012-05-14 2017-07-04 Antecip Bioventures Ii Llc Methods for the safe administration of imidazole or imidazolium compounds
US9901589B2 (en) 2012-05-14 2018-02-27 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9655908B2 (en) 2012-05-14 2017-05-23 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid molecular complex for treating complex regional pain syndrome
US9925203B2 (en) 2012-05-14 2018-03-27 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for administration of zoledronic acid or related compounds for treating low back pain
US9956234B2 (en) 2012-05-14 2018-05-01 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors for joint conditions
US9827256B2 (en) 2014-05-27 2017-11-28 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for administration of zoledronic acid or related compounds for treating lower back pain
US10173986B2 (en) 2012-05-14 2019-01-08 Antecip Bioventures Ii Llc Methods for the safe administration of imidazole or imidazolium compounds
US9669040B2 (en) 2012-05-14 2017-06-06 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9707247B2 (en) 2012-05-14 2017-07-18 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for administration of zoledronic acid or related compounds for treating low back pain
US9289441B2 (en) 2014-08-08 2016-03-22 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors such as zoledronic acid for low back pain treatment
US9999628B2 (en) 2012-05-14 2018-06-19 Antecip Bioventures Ii Llc Neridronic acid for treating complex regional pain syndrome
US9999629B2 (en) 2012-05-14 2018-06-19 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US10413560B2 (en) 2012-05-14 2019-09-17 Antecip Bioventures Ii Llc Dosage forms for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating disease
US9867839B2 (en) 2012-05-14 2018-01-16 Antecip Bioventures Ii Llc Osteoclast inhibitors for joint conditions
US10016446B2 (en) 2012-05-14 2018-07-10 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating Paget's disease of bone
KR20150016405A (ko) 2012-06-06 2015-02-11 오렉시젠 세러퓨틱스 인크. 과체중 및 비만의 치료 방법
PL2872121T3 (pl) 2012-07-12 2019-02-28 SpecGx LLC Kompozycje farmaceutyczne o przedłużonym uwalnianiu, zniechęcające do nadużywania
US9687465B2 (en) 2012-11-27 2017-06-27 Sol-Gel Technologies Ltd. Compositions for the treatment of rosacea
KR101659983B1 (ko) 2012-12-31 2016-09-26 주식회사 삼양바이오팜 용융 압출된 방출 제어용 약학 조성물, 및 이를 포함하는 경구용 제제
WO2014123899A1 (en) 2013-02-05 2014-08-14 Purdue Pharma L.P. Tamper resistant pharmaceutical formulations
US20140271896A1 (en) 2013-03-15 2014-09-18 Purdue Pharma L.P. Tamper resistant pharmaceutical formulations
US20140275149A1 (en) 2013-03-15 2014-09-18 Inspirion Delivery Technologies, Llc Abuse deterrent compositions and methods of use
US9517208B2 (en) 2013-03-15 2016-12-13 Purdue Pharma L.P. Abuse-deterrent dosage forms
ITTO20130284A1 (it) * 2013-04-09 2014-10-10 Fond Istituto Italiano Di Tecnologia Procedimento per la produzione di microparticelle polimeriche sagomate
MX2015016112A (es) * 2013-05-29 2016-03-31 Grünenthal GmbH Forma de dosificacion resistente al uso indebido que contiene una o mas particulas.
BR112015029616A2 (pt) 2013-05-29 2017-07-25 Gruenenthal Gmbh forma de dosagem resistente à adulteração com perfil de liberação bimodal
AU2014295042B2 (en) 2013-07-23 2017-03-30 Mundipharma Pty Limited A combination of oxycodone and naloxone for use in treating pain in patients suffering from pain and a disease resulting in intestinal dysbiosis and/or increasing the risk for intestinal bacterial translocation
US9770514B2 (en) 2013-09-03 2017-09-26 ExxPharma Therapeutics LLC Tamper-resistant pharmaceutical dosage forms
US20150118300A1 (en) 2013-10-31 2015-04-30 Cima Labs Inc. Immediate Release Abuse-Deterrent Granulated Dosage Forms
WO2015065546A2 (en) 2013-10-31 2015-05-07 Cima Labs Inc. Abuse-deterrent dosage forms
SG11201602884WA (en) 2013-11-13 2016-05-30 Euro Celtique Sa Hydromorphone and naloxone for treatment of pain and opioid bowel dysfunction syndrome
WO2015078891A1 (en) 2013-11-26 2015-06-04 Farmaceutici Formenti S.P.A. Preparation of a powdery pharmaceutical composition by means of cryo-milling
US8969371B1 (en) 2013-12-06 2015-03-03 Orexigen Therapeutics, Inc. Compositions and methods for weight loss in at risk patient populations
US10085937B2 (en) 2014-03-14 2018-10-02 Adapt Pharma Limited Nasal drug products and methods of their use
GB2538682B (en) 2014-03-14 2017-12-13 Opiant Pharmaceuticals Inc Nasal drug products and methods of their use
US9561177B2 (en) 2014-03-14 2017-02-07 Adapt Pharma Limited Nasal drug products and methods of their use
US9480644B2 (en) 2014-03-14 2016-11-01 Opiant Pharmaceuticals, Inc. Nasal drug products and methods of their use
MX2016014738A (es) 2014-05-12 2017-03-06 Grünenthal GmbH Formulacion en capsula de liberacion inmediata resistente a alteraciones que comprende tapentadol.
CA2949422A1 (en) 2014-05-26 2015-12-03 Grunenthal Gmbh Multiparticles safeguarded against ethanolic dose-dumping
US9867840B2 (en) 2014-05-27 2018-01-16 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US9700570B2 (en) 2014-05-27 2017-07-11 Antecip Bioventures Ii Llc Compositions for oral administration of zoledronic acid or related compounds for treating complex regional pain syndrome
US8865757B1 (en) 2014-05-28 2014-10-21 Antecip Bioventures Ii Llp Therapeutic compositions comprising imidazole and imidazolium compounds
US9127069B1 (en) 2014-06-11 2015-09-08 Antecip Bioventures LLC Compositions comprising rank/rankl antagonists and related compounds for treating pain
CA2910865C (en) 2014-07-15 2016-11-29 Isa Odidi Compositions and methods for reducing overdose
EP3177270A4 (en) * 2014-08-07 2018-01-24 Mucodel Pharma LLC Chemically stable and oromucosally absorbable gel compositions of a pharmaceutical active agent in a multi-chambered delivery system
US9132096B1 (en) 2014-09-12 2015-09-15 Alkermes Pharma Ireland Limited Abuse resistant pharmaceutical compositions
US9849124B2 (en) 2014-10-17 2017-12-26 Purdue Pharma L.P. Systems and methods for treating an opioid-induced adverse pharmacodynamic response
EP3229788A4 (en) 2014-12-08 2018-06-13 Cima Labs Inc. Immediate release abuse-deterrent granulated dosage forms
WO2016091805A2 (de) * 2014-12-08 2016-06-16 Develco Pharma Schweiz Ag Naloxon-monopräparat und mehrschichttablette
FR3032353B1 (fr) 2015-02-06 2017-03-10 Jacques Seguin Composition pharmaceutique et dispositif pour le traitement de la douleur
US20160310429A1 (en) 2015-04-24 2016-10-27 Grünenthal GmbH Tamper-resistant dosage form with immediate release and resistance against solvent extraction
AU2016319782A1 (en) * 2015-09-09 2018-04-05 Micell Technologies, Inc. Biopharma application of micell technology
US9861629B1 (en) 2015-10-07 2018-01-09 Banner Life Sciences Llc Opioid abuse deterrent dosage forms
US10335405B1 (en) 2016-05-04 2019-07-02 Patheon Softgels, Inc. Non-burst releasing pharmaceutical composition
WO2017222575A1 (en) 2016-06-23 2017-12-28 Collegium Pharmaceutical, Inc. Process of making more stable abuse-deterrent oral formulations
WO2018012627A1 (ja) * 2016-07-15 2018-01-18 シャープ株式会社 送風装置および空気調和機
WO2018208241A1 (en) * 2017-05-10 2018-11-15 İlko Ilaç Sanayi Ve Ticaret Anonim Şirketi Formulation and optimization of controlled release tablets of morphine sulphate
US10335375B2 (en) 2017-05-30 2019-07-02 Patheon Softgels, Inc. Anti-overingestion abuse deterrent compositions
CN109232748B (zh) * 2018-09-26 2019-06-11 哈尔滨工业大学 多位点修饰的脑啡肽与神经降压素(8-13)相偶联的环化杂合肽及其合成方法和应用

Family Cites Families (230)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US316889A (en) 1885-04-28 Soil pulverizer and leveler
US2770569A (en) 1952-08-01 1956-11-13 Hoffmann La Roche Analgesic compositions
US3493657A (en) 1961-03-14 1970-02-03 Mozes Juda Lewenstein Therapeutic compositions of n-allyl-14-hydroxy - dihydronormorphinane and morphine
US3332950A (en) 1963-03-23 1967-07-25 Endo Lab 14-hydroxydihydronormorphinone derivatives
US3773955A (en) 1970-08-03 1973-11-20 Bristol Myers Co Analgetic compositions
US3879555A (en) 1970-11-16 1975-04-22 Bristol Myers Co Method of treating drug addicts
US3676557A (en) 1971-03-02 1972-07-11 Endo Lab Long-acting narcotic antagonist formulations
GB1390772A (en) 1971-05-07 1975-04-16 Endo Lab Oral narcotic composition
US3965256A (en) 1972-05-16 1976-06-22 Synergistics Slow release pharmaceutical compositions
US3845770A (en) 1972-06-05 1974-11-05 Alza Corp Osmatic dispensing device for releasing beneficial agent
US3916889A (en) 1973-09-28 1975-11-04 Sandoz Ag Patient ventilator apparatus
US3966940A (en) * 1973-11-09 1976-06-29 Bristol-Myers Company Analgetic compositions
GB1478759A (en) 1974-11-18 1977-07-06 Alza Corp Process for forming outlet passageways in pills using a laser
US4063064A (en) 1976-02-23 1977-12-13 Coherent Radiation Apparatus for tracking moving workpiece by a laser beam
US4176186A (en) 1978-07-28 1979-11-27 Boehringer Ingelheim Gmbh Quaternary derivatives of noroxymorphone which relieve intestinal immobility
US4237140A (en) 1979-05-18 1980-12-02 E. I. Du Pont De Nemours And Company Analgesic mixture of nalbuphine and acetaminophen
US4293539A (en) 1979-09-12 1981-10-06 Eli Lilly And Company Controlled release formulations and method of treatment
IE49324B1 (en) 1979-12-19 1985-09-18 Euro Celtique Sa Controlled release compositions
US4457933A (en) 1980-01-24 1984-07-03 Bristol-Myers Company Prevention of analgesic abuse
US4464378A (en) 1981-04-28 1984-08-07 University Of Kentucky Research Foundation Method of administering narcotic antagonists and analgesics and novel dosage forms containing same
US4587118A (en) 1981-07-15 1986-05-06 Key Pharmaceuticals, Inc. Dry sustained release theophylline oral formulation
US4401672A (en) 1981-10-13 1983-08-30 Regents Of The University Of Minnesota Non-addictive narcotic antitussive preparation
US4803208A (en) 1982-09-30 1989-02-07 Sloan-Kettering Institute For Cancer Research Opiate agonists and antagonists
US4608376A (en) 1981-10-16 1986-08-26 Carolyn McGinnis Opiate agonists and antagonists
US4987136A (en) 1982-03-16 1991-01-22 The Rockefeller University Method for controlling gastrointestinal dysmotility
DE3381877D1 (de) 1982-03-16 1990-10-18 Univ Rockefeller Verwendung von opium antagonisten zur herstellung von arzneimitteln zur behebung gastro-intestinaler stoerungen.
US4443428A (en) 1982-06-21 1984-04-17 Euroceltique, S.A. Extended action controlled release compositions
US4451470A (en) 1982-07-06 1984-05-29 E. I. Du Pont De Nemours And Company Analgesic, antagonist, and/or anorectic 14-fluoromorphinans
GB8332556D0 (en) 1983-12-06 1984-01-11 Reckitt & Colmann Prod Ltd Analgesic compositions
US5266574A (en) 1984-04-09 1993-11-30 Ian S. Zagon Growth regulation and related applications of opioid antagonists
DE3434946A1 (de) 1984-09-22 1986-04-03 Basf Ag Diarylacetylene, ihre herstellung und verwendung
US4573995A (en) 1984-10-09 1986-03-04 Alza Corporation Transdermal therapeutic systems for the administration of naloxone, naltrexone and nalbuphine
GB8430346D0 (en) 1984-11-30 1985-01-09 Reckitt & Colmann Prod Ltd Analgesic compositions
CA1267092A (en) 1985-02-25 1990-03-27 Martin D. Hynes Analgesic composition containing codeine
US4806341A (en) 1985-02-25 1989-02-21 Rutgers, The State University Of New Jersey Transdermal absorption dosage unit for narcotic analgesics and antagonists and process for administration
GB8514665D0 (en) 1985-06-11 1985-07-10 Eroceltique Sa Oral pharmaceutical composition
FR2585246A1 (fr) 1985-07-26 1987-01-30 Cortial Procede d'obtention de formes pharmaceutiques solides a liberation prolongee
GB8521350D0 (en) 1985-08-28 1985-10-02 Euro Celtique Sa Analgesic composition
AT84717T (de) 1985-09-06 1993-02-15 Baker Cummins Pharma Verwendung von 6-methylen-6-desoxy-nus850906
US4889860A (en) 1985-09-23 1989-12-26 Nova Pharmaceutical Corporation Oximes of oxymorphone, naltrexone and naloxone as potent, selective opioid receptor agonists and antagonists
US4760069A (en) 1985-09-23 1988-07-26 Nova Pharmaceutical Corporation Oximes of oxymorphone, naltrexone and naloxone as potent, selective opioid receptor agonists and antagonists
DE219243T1 (de) 1985-10-11 1987-09-24 Monolithic Memories, Inc., Santa Clara, Calif., Us Verfahren zur herstellung eines bipolaren transistors.
US4730048A (en) 1985-12-12 1988-03-08 Regents Of The University Of Minnesota Gut-selective opiates
US4861781A (en) 1986-03-07 1989-08-29 The University Of Chicago Quaternary derivatives of noroxymorphone which relieve nausea and emesis
US4719215A (en) 1986-03-07 1988-01-12 University Of Chicago Quaternary derivatives of noroxymorphone which relieve nausea and emesis
US5316759A (en) 1986-03-17 1994-05-31 Robert J. Schaap Agonist-antagonist combination to reduce the use of nicotine and other drugs
US4673679A (en) * 1986-05-14 1987-06-16 E. I. Du Pont De Nemours And Company Use of prodrugs of 3-hydroxymorphinans to prevent bitter taste upon buccal, nasal or sublingual administration
GB8613689D0 (en) 1986-06-05 1986-07-09 Euro Celtique Sa Pharmaceutical composition
GB8613688D0 (en) 1986-06-05 1986-07-09 Euro Celtique Sa Pharmaceutical composition
EP0249347B1 (en) 1986-06-10 1994-06-29 Euroceltique S.A. Controlled release dihydrocodeine composition
US4785000A (en) 1986-06-18 1988-11-15 The Rockefeller University Method of treating patients suffering from chronic pain or chronic cough
US4769372A (en) * 1986-06-18 1988-09-06 The Rockefeller University Method of treating patients suffering from chronic pain or chronic cough
US4861598A (en) * 1986-07-18 1989-08-29 Euroceltique, S.A. Controlled release bases for pharmaceuticals
US4970075A (en) 1986-07-18 1990-11-13 Euroceltique, S.A. Controlled release bases for pharmaceuticals
US5356900A (en) 1986-10-07 1994-10-18 Bernard Bihari Method of treating chronic herpes virus infections using an opiate receptor antagonist
DE3636075A1 (de) * 1986-10-23 1988-04-28 Merck Patent Gmbh Kosmetische zubereitungen
GB8626098D0 (en) 1986-10-31 1986-12-03 Euro Celtique Sa Controlled release hydromorphone composition
US4806543A (en) 1986-11-25 1989-02-21 Board Of Trustees Of The Leland Stanford Junior University Method and compositions for reducing neurotoxic injury
GB8628728D0 (en) 1986-12-02 1987-01-07 Euro Celtique Sa Spheroids
GB8705083D0 (en) 1987-03-04 1987-04-08 Euro Celtique Sa Spheroids
US4831781A (en) * 1987-11-02 1989-05-23 Dayton Extruded Plastics, Inc. Window assembly of rigid plastics material
GB8728294D0 (en) 1987-12-03 1988-01-06 Reckitt & Colmann Prod Ltd Treatment compositions
JPH0551598B2 (ja) * 1988-01-20 1993-08-03 Baker Norton Pharma
DE3812567A1 (de) 1988-04-15 1989-10-26 Basf Ag Verfahren zur herstellung pharmazeutischer mischungen
US4873076A (en) 1988-04-29 1989-10-10 Baker Cummins Pharmaceuticals, Inc. Method of safely providing anesthesia or conscious sedation
GB8813064D0 (en) 1988-06-02 1988-07-06 Euro Celtique Sa Controlled release dosage forms having defined water content
US4882335A (en) 1988-06-13 1989-11-21 Alko Limited Method for treating alcohol-drinking response
EP0352361A1 (en) * 1988-07-29 1990-01-31 The Rockefeller University Method of treating patients suffering from chronic pain or chronic cough
US5236714A (en) 1988-11-01 1993-08-17 Alza Corporation Abusable substance dosage form having reduced abuse potential
CA2002492A1 (en) 1988-11-11 1990-05-11 Sandra T. A. Malkowska Pharmaceutical ion exchange resin composition
US5260331A (en) 1989-01-02 1993-11-09 John Wyeth & Brother Limited Composition for treating depression with (S- or O-heteroaryl)alkyl amines
US5102887A (en) 1989-02-17 1992-04-07 Arch Development Corporation Method for reducing emesis and nausea induced by the administration of an emesis causing agent
US5096715A (en) 1989-11-20 1992-03-17 Alko Ltd. Method and means for treating alcoholism by extinguishing the alcohol-drinking response using a transdermally administered opiate antagonist
US5075341A (en) 1989-12-01 1991-12-24 The Mclean Hospital Corporation Treatment for cocaine abuse
US5086058A (en) 1990-06-04 1992-02-04 Alko Ltd. Method for treating alcoholism with nalmefene
FR2663818B1 (fr) * 1990-06-29 1993-07-09 Rhone Poulenc Nutrition Animal Procede de preparation de granules de principes actifs par extrusion.
FR2669336B1 (fr) 1990-11-20 1993-01-22 Adir Nouveaux derives d'oxazolo pyridines, leurs procedes de preparation et les compositions pharmaceutiques qui les contiennent.
HU208633B (en) 1991-02-04 1993-12-28 Alkaloida Vegyeszeti Gyar Process for production of analgetic compositions as applicable for blocking of opioid-binding spaces /2-receptors/ causing respiration depression
GB9104854D0 (en) 1991-03-07 1991-04-17 Reckitt & Colmann Prod Ltd Sustained release compositions
CZ284993B6 (cs) * 1991-03-29 1999-04-14 Eli Lilly And Company Derivát piperidinu
US5486362A (en) 1991-05-07 1996-01-23 Dynagen, Inc. Controlled, sustained release delivery system for treating drug dependency
US5149538A (en) 1991-06-14 1992-09-22 Warner-Lambert Company Misuse-resistive transdermal opioid dosage form
KR100221695B1 (ko) 1991-08-12 1999-09-15 그린 마틴, 브라이언 쥐 테슬리 약학적 구상 제형
DE69226624T3 (de) 1991-09-06 2009-11-05 Ortho-Mcneil Pharmaceutical, Inc. Zusammensetzung, die eine tramadol-verbindung und acetaminophen enthält, und ihre verwendung
US5215758A (en) 1991-09-11 1993-06-01 Euroceltique, S.A. Controlled release matrix suppository for pharmaceuticals
US5225440A (en) 1991-09-13 1993-07-06 The United States Of America As Represented By The Department Of Health And Human Services Attenuation of the opioid withdrawal syndrome by inhibitors of nitric oxide synthase
US5226331A (en) 1991-10-03 1993-07-13 General Electric Company Apparatus and method for measuring the particle number rate and the velocity distribution of a sprayed stream
US5266331A (en) 1991-11-27 1993-11-30 Euroceltique, S.A. Controlled release oxycodone compositions
US5656295A (en) 1991-11-27 1997-08-12 Euro-Celtique, S.A. Controlled release oxycodone compositions
US5273760A (en) 1991-12-24 1993-12-28 Euroceltigue, S.A. Stabilized controlled release substrate having a coating derived from an aqueous dispersion of hydrophobic polymer
US5968551A (en) 1991-12-24 1999-10-19 Purdue Pharma L.P. Orally administrable opioid formulations having extended duration of effect
US5472712A (en) 1991-12-24 1995-12-05 Euroceltique, S.A. Controlled-release formulations coated with aqueous dispersions of ethylcellulose
US5958459A (en) 1991-12-24 1999-09-28 Purdue Pharma L.P. Opioid formulations having extended controlled released
US5681585A (en) 1991-12-24 1997-10-28 Euro-Celtique, S.A. Stabilized controlled release substrate having a coating derived from an aqueous dispersion of hydrophobic polymer
US5580578A (en) 1992-01-27 1996-12-03 Euro-Celtique, S.A. Controlled release formulations coated with aqueous dispersions of acrylic polymers
US5286493A (en) 1992-01-27 1994-02-15 Euroceltique, S.A. Stabilized controlled release formulations having acrylic polymer coating
GB9202464D0 (en) * 1992-02-05 1992-03-18 Danbiosyst Uk Composition for nasal administration
GB9203689D0 (en) 1992-02-20 1992-04-08 Euro Celtique Sa Pharmaceutical composition
GB9204354D0 (en) 1992-02-28 1992-04-08 Biokine Tech Ltd Compounds for medicinal use
CA2138026C (en) 1992-06-22 2003-09-09 Eckard Weber Novel 1,4-dihydroquinoxaline-2,3-diones and uses therefor as glycine receptor antagonists
US5352680A (en) 1992-07-15 1994-10-04 Regents Of The University Of Minnesota Delta opioid receptor antagonists to block opioid agonist tolerance and dependence
JP2563100Y2 (ja) 1992-08-05 1998-02-18 日本精工株式会社 シートベルト用リトラクター
US5256669A (en) 1992-08-07 1993-10-26 Aminotek Sciences, Inc. Methods and compositions for treating acute or chronic pain and drug addiction
US5324351A (en) 1992-08-13 1994-06-28 Euroceltique Aqueous dispersions of zein and preparation thereof
US6765010B2 (en) 1999-05-06 2004-07-20 Pain Therapeutics, Inc. Compositions and methods for enhancing analgesic potency of tramadol and attenuating its adverse side effects
US5585348A (en) 1993-02-10 1996-12-17 Albert Einstein College Of Medicine Of Yeshiva University, A Division Of Yeshiva University Use of excitatory opioid receptor antagonists to prevent growth factor-induced hyperalgesia
US5633259A (en) 1992-09-21 1997-05-27 United Biomedical, Inc. Method for identification of low/non-addictive opioid analgesics and the use of said analgesics for treatment of opioid addiction
US5512578A (en) 1992-09-21 1996-04-30 Albert Einstein College Of Medicine Of Yeshiva University, A Division Of Yeshiva University Method of simultaneously enhancing analgesic potency and attenuating dependence liability caused by exogenous and endogenous opiod agonists
US5580876A (en) 1992-09-21 1996-12-03 Albert Einstein College Of Medicine Of Yeshiva University, A Division Of Yeshiva University Method of simultaneously enhancing analgesic potency and attenuating dependence liability caused by morphine and other bimodally-acting opioid agonists
JPH08504189A (ja) 1992-09-21 1996-05-07 ウォン、チャン・イ 低/非たんでき性オピオイド鎮痛剤の確認及び使用方法
US5472943A (en) 1992-09-21 1995-12-05 Albert Einstein College Of Medicine Of Yeshiva University, Method of simultaneously enhancing analgesic potency and attenuating dependence liability caused by morphine and other opioid agonists
US5869097A (en) 1992-11-02 1999-02-09 Alza Corporation Method of therapy comprising an osmotic caplet
US5604260A (en) 1992-12-11 1997-02-18 Merck Frosst Canada Inc. 5-methanesulfonamido-1-indanones as an inhibitor of cyclooxygenase-2
US5321012A (en) 1993-01-28 1994-06-14 Virginia Commonwealth University Medical College Inhibiting the development of tolerance to and/or dependence on a narcotic addictive substance
CA2115792C (en) 1993-03-05 2005-11-01 David J. Mayer Method for the treatment of pain
US5352683A (en) 1993-03-05 1994-10-04 Virginia Commonwealth University Medical College Of Virginia Method for the treatment of chronic pain
US5409944A (en) 1993-03-12 1995-04-25 Merck Frosst Canada, Inc. Alkanesulfonamido-1-indanone derivatives as inhibitors of cyclooxygenase
US5849240A (en) 1993-11-23 1998-12-15 Euro-Celtique, S.A. Method of preparing sustained release pharmaceutical compositions
IL109460A (en) 1993-05-10 1998-03-10 Euro Celtique Sa Controlled release formulation comprising tramadol
US5891471A (en) 1993-11-23 1999-04-06 Euro-Celtique, S.A. Pharmaceutical multiparticulates
US5457208A (en) 1993-06-21 1995-10-10 Regents Of The University Of Minnesota Kappa opioid receptor antagonists
US5474995A (en) 1993-06-24 1995-12-12 Merck Frosst Canada, Inc. Phenyl heterocycles as cox-2 inhibitors
IL110014A (en) 1993-07-01 1999-11-30 Euro Celtique Sa Solid controlled-release oral dosage forms of opioid analgesics
US5879705A (en) 1993-07-27 1999-03-09 Euro-Celtique S.A. Sustained release compositions of morphine and a method of preparing pharmaceutical compositions
DE4325465B4 (de) 1993-07-29 2004-03-04 Jurna, Ilmar, Prof. Dr.med. Orales pharmazeutisches Präparat für die Schmerztherapie
US5411965A (en) 1993-08-23 1995-05-02 Arizona Board Of Regents Use of delta opioid receptor antagonists to treat cocaine abuse
GB9319568D0 (en) 1993-09-22 1993-11-10 Euro Celtique Sa Pharmaceutical compositions and usages
EP1442745A1 (en) * 1993-10-07 2004-08-04 Euro-Celtique Orally administrable opioid formulations having extended duration of effect
US5436265A (en) 1993-11-12 1995-07-25 Merck Frosst Canada, Inc. 1-aroyl-3-indolyl alkanoic acids and derivatives thereof useful as anti-inflammatory agents
US5843480A (en) 1994-03-14 1998-12-01 Euro-Celtique, S.A. Controlled release diamorphine formulation
US6210714B1 (en) 1993-11-23 2001-04-03 Euro-Celtique S.A. Immediate release tablet cores of acetaminophen having sustained-release coating
US5478577A (en) 1993-11-23 1995-12-26 Euroceltique, S.A. Method of treating pain by administering 24 hour oral opioid formulations exhibiting rapid rate of initial rise of plasma drug level
US5500227A (en) 1993-11-23 1996-03-19 Euro-Celtique, S.A. Immediate release tablet cores of insoluble drugs having sustained-release coating
US5376662A (en) 1993-12-08 1994-12-27 Ockert; David M. Method of attenuating nerve injury induced pain
US5834477A (en) 1993-12-08 1998-11-10 The United States Of America As Represented By The Secretary Of The Army Opiate analgesic formulation with improved safety
US5451408A (en) 1994-03-23 1995-09-19 Liposome Pain Management, Ltd. Pain management with liposome-encapsulated analgesic drugs
US5475995A (en) 1994-05-16 1995-12-19 Livingston; George G. Truck spare tire locking rod
US5411745A (en) 1994-05-25 1995-05-02 Euro-Celtique, S.A. Powder-layered morphine sulfate formulations
US6077533A (en) 1994-05-25 2000-06-20 Purdue Pharma L.P. Powder-layered oral dosage forms
US5460826A (en) 1994-06-27 1995-10-24 Alza Corporation Morphine therapy
US5616601A (en) 1994-07-28 1997-04-01 Gd Searle & Co 1,2-aryl and heteroaryl substituted imidazolyl compounds for the treatment of inflammation
US5521213A (en) 1994-08-29 1996-05-28 Merck Frosst Canada, Inc. Diaryl bicyclic heterocycles as inhibitors of cyclooxygenase-2
AU3419995A (en) * 1994-09-19 1996-04-09 Du Pont Merck Pharmaceutical Company, The Combination of an opioid antagonist and a selective serotonin reuptake inhibitor for treatment of alcoholism and alcohol dependence
US5593994A (en) 1994-09-29 1997-01-14 The Dupont Merck Pharmaceutical Company Prostaglandin synthase inhibitors
GB9422154D0 (en) 1994-11-03 1994-12-21 Euro Celtique Sa Pharmaceutical compositions and method of producing the same
US5965161A (en) 1994-11-04 1999-10-12 Euro-Celtique, S.A. Extruded multi-particulates
RU2180852C2 (ru) 1994-12-12 2002-03-27 Омерос Медикл Системс, Инк. Ингибирующий раствор и способ подавления боли, воспаления или спазма
GB9426102D0 (en) 1994-12-23 1995-02-22 Merck Sharp & Dohme Pharmacuetical compositions
US5834024A (en) 1995-01-05 1998-11-10 Fh Faulding & Co. Limited Controlled absorption diltiazem pharmaceutical formulation
US5552422A (en) 1995-01-11 1996-09-03 Merck Frosst Canada, Inc. Aryl substituted 5,5 fused aromatic nitrogen compounds as anti-inflammatory agents
US5578725A (en) 1995-01-30 1996-11-26 Regents Of The University Of Minnesota Delta opioid receptor antagonists
US5639780A (en) 1995-05-22 1997-06-17 Merck Frosst Canada, Inc. N-benzyl indol-3-yl butanoic acid derivatives as cyclooxygenase inhibitors
US5510368A (en) 1995-05-22 1996-04-23 Merck Frosst Canada, Inc. N-benzyl-3-indoleacetic acids as antiinflammatory drugs
US5604253A (en) 1995-05-22 1997-02-18 Merck Frosst Canada, Inc. N-benzylindol-3-yl propanoic acid derivatives as cyclooxygenase inhibitors
DE69632569D1 (de) * 1995-06-09 2004-07-01 Euro Celtique Sa Formulierungen und verfahren für eine verlängerte lokalanästhesie
GB9517883D0 (en) 1995-09-01 1995-11-01 Euro Celtique Sa Improved pharmaceutical ion exchange resin composition
GB9519363D0 (en) 1995-09-22 1995-11-22 Euro Celtique Sa Pharmaceutical formulation
US5811126A (en) 1995-10-02 1998-09-22 Euro-Celtique, S.A. Controlled release matrix for pharmaceuticals
WO1997020819A1 (en) 1995-12-06 1997-06-12 Eli Lilly And Company Composition for treating pain
ES2168610T3 (es) 1996-03-12 2002-06-16 Alza Corp Composicion y forma galenica que contiene un antagonista opioide.
JPH11505547A (ja) 1996-03-13 1999-05-21 エール ユニバーシティ ナルトレキソン及び関連化合物を用いる禁煙処置
US6103258A (en) 1996-04-12 2000-08-15 Simon; David Lew Salts and bases of the 17-(Cyclopropylmethyl)-4,5 alpha-epoxy-6-Methylenemorphinan-3,14 diol molecule for optimizing dopamine homeostasis during administration of opioid analgesics
DE19651551C2 (de) 1996-12-11 2000-02-03 Klinge Co Chem Pharm Fab Opioidantagonisthaltige galenische Formulierung
DE19654468C1 (de) 1996-12-27 1998-01-22 Lohmann Therapie Syst Lts Extrem flexibles, dermal oder transdermal wirkendes Pflaster und Verfahren zu seiner Herstellung
HU224964B1 (en) 1997-02-14 2006-04-28 Goedecke Ag Process for stabilization of naloxone and stable pharmaceutical compositions containing naloxone
DE29719704U1 (de) 1997-02-14 1998-01-22 Goedecke Ag Stabile Zubereitungen von Naloxonhydrochlorid
US5968547A (en) 1997-02-24 1999-10-19 Euro-Celtique, S.A. Method of providing sustained analgesia with buprenorphine
US5780479A (en) 1997-04-04 1998-07-14 Regents Of The University Of Minnesota Use of opioid antagonists to treat impulse-control disorders
US6120806A (en) 1997-06-25 2000-09-19 Whitmire; David R. Oral formulations for controlled release of alcohol deterrents
WO1999001111A1 (en) 1997-07-02 1999-01-14 Euro-Celtique, S.A. Stabilized sustained release tramadol formulations
RS49982B (xx) 1997-09-17 2008-09-29 Euro-Celtique S.A., Sinergistička analgetička kombinacija analgetičkog opijata i inhibitora ciklooksigenaze-2
US6274591B1 (en) 1997-11-03 2001-08-14 Joseph F. Foss Use of methylnaltrexone and related compounds
AT210983T (de) 1997-11-03 2002-01-15 Stada Arzneimittel Ag Stabilisiertes kombinationsarzneimittel enthaltend naloxone und ein opiatanalgetikum
US5972954A (en) 1997-11-03 1999-10-26 Arch Development Corporation Use of methylnaltrexone and related compounds
PT1041987E (pt) 1997-12-22 2006-07-31 Euro Celtique Sa Forma farmaceutica de dosagem oral, compreendendo uma combinacao de um agonista de opioide e naltrexona
US6375957B1 (en) 1997-12-22 2002-04-23 Euro-Celtique, S.A. Opioid agonist/opioid antagonist/acetaminophen combinations
KR100417490B1 (ko) 1997-12-22 2004-02-05 유로-셀티크 소시에떼 아노뉨 오피오이드 제형의 남용을 방지하는 방법
US6248691B1 (en) 1998-02-10 2001-06-19 Corning Incorporated Method of making mesoporous carbon
HU226729B1 (en) * 1998-05-27 2009-08-28 Euro Celtique Sa Preparation for the application of antiseptic agents and/or agents promoting the healing of wounds to the lower respiratory tract
FR2787715B1 (fr) 1998-12-23 2002-05-10 Synthelabo Composition pharmaceutique comprenant un compose hypnotique ou un de ses sels pharmaceutiquement acceptables
DE19859636A1 (de) 1998-12-23 2000-06-29 Hexal Ag Kontrolliert freisetzende pharmazeutische Zusammensetzung mit Tilidinmesylat als Wirkstoff
US6312949B1 (en) 1999-03-26 2001-11-06 The Salk Institute For Biological Studies Regulation of tyrosine hydroxylase expression
JP2004515455A (ja) 2000-05-05 2004-05-27 アルバート アインシュタイン カレッジ オブ メディシン オブ イエシバ ユニバーシティ オピオイドアンタゴニスト組成物および投薬形態
US6734188B1 (en) 1999-11-01 2004-05-11 John Rhodes Composition for treatment of constipation and irritable bowel syndrome
PT1244447E (pt) 1999-11-29 2007-02-28 Adolor Corp Métodos e composições inovadoras envolvendo opióides e antagonístas opióides
WO2001052851A1 (en) 2000-01-22 2001-07-26 Albert Shulman Methods for the treatment of substance abuse
AU776904B2 (en) 2000-02-08 2004-09-23 Euro-Celtique S.A. Controlled-release compositions containing opioid agonist and antagonist
US6716449B2 (en) 2000-02-08 2004-04-06 Euro-Celtique S.A. Controlled-release compositions containing opioid agonist and antagonist
AU4743601A (en) 2000-03-15 2001-09-24 Wolfgang Sadee Neutral antagonists and use thereof in treating drug abuse
CA2411564A1 (en) 2000-06-09 2001-12-13 The Regents Of The University Of California Method of treating pain using nalbuphine and opioid antagonists
CN1592609A (zh) 2001-05-11 2005-03-09 恩德制药公司 抗滥用阿片样物质剂型
CA2446550C (en) 2001-05-11 2012-03-06 Endo Pharmaceuticals, Inc. Abuse-resistant controlled-release opioid dosage form
US6555080B1 (en) * 2001-07-13 2003-04-29 Chevron U.S.A. Inc. Using zeolite SSZ-57 for reduction of oxides of nitrogen in a gas stream
DK1416842T3 (da) 2001-07-18 2009-03-16 Euro Celtique Sa Farmaceutiske kombinationer af oxycodon og naloxon
HU0401191A3 (en) 2001-08-06 2006-11-28 Euro Celtique Sa Opioid agonist formulations with releasable and sequestered antagonist and process for their preparation
US7141250B2 (en) 2001-08-06 2006-11-28 Euro-Celtique S.A. Pharmaceutical formulation containing bittering agent
US7332182B2 (en) 2001-08-06 2008-02-19 Purdue Pharma L.P. Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and irritant
US20030157168A1 (en) 2001-08-06 2003-08-21 Christopher Breder Sequestered antagonist formulations
US7842307B2 (en) 2001-08-06 2010-11-30 Purdue Pharma L.P. Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and gelling agent
US7144587B2 (en) 2001-08-06 2006-12-05 Euro-Celtique S.A. Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and bittering agent
ES2616981T3 (es) 2002-03-14 2017-06-15 Euro-Celtique S.A. Composiciones de hidrocloruro de naltrexona
US7790215B2 (en) 2002-03-26 2010-09-07 Purdue Pharma Lp Sustained-release gel coated compositions
BRPI0309544B1 (pt) 2002-04-05 2018-04-03 Euro-Celtique S.A. Preparação farmacêutica oral estável ao armazenamento compreendendo oxicodona e naloxona
US20030191147A1 (en) 2002-04-09 2003-10-09 Barry Sherman Opioid antagonist compositions and dosage forms
SI1542658T1 (sl) 2002-08-15 2011-04-29 Euro Celtique Sa Farmacevtski sestavki, ki obsegajo opioidni analgetik
US20080020028A1 (en) 2003-08-20 2008-01-24 Euro-Celtique S.A. Transdermal dosage form comprising an active agent and a salt and a free-base form of an adverse agent
EP1545468A4 (en) 2002-09-20 2007-06-20 Alpharma Inc Sustained-release opioid formulations and methods of use
ES2677769T3 (es) 2002-09-20 2018-08-06 Alpharma Pharmaceuticals Llc Subunidad secuestrante y composiciones y procedimientos relacionados
US20050191244A1 (en) 2002-10-25 2005-09-01 Gruenenthal Gmbh Abuse-resistant pharmaceutical dosage form
US20040110781A1 (en) 2002-12-05 2004-06-10 Harmon Troy M. Pharmaceutical compositions containing indistinguishable drug components
US7524515B2 (en) 2003-01-10 2009-04-28 Mutual Pharmaceuticals, Inc. Pharmaceutical safety dosage forms
WO2004071423A2 (en) 2003-02-05 2004-08-26 Euro-Celtique S.A. Methods of administering opioid antagonists and compositions thereof
US20040202717A1 (en) 2003-04-08 2004-10-14 Mehta Atul M. Abuse-resistant oral dosage forms and method of use thereof
MY135852A (en) 2003-04-21 2008-07-31 Euro Celtique Sa Pharmaceutical products
PT1663229E (pt) 2003-09-25 2010-07-13 Euro Celtique Sa Combinaãžes farmac—uticas de hidrocodona e naltrexona
US20050245557A1 (en) 2003-10-15 2005-11-03 Pain Therapeutics, Inc. Methods and materials useful for the treatment of arthritic conditions, inflammation associated with a chronic condition or chronic pain
DE10353186A1 (de) 2003-11-13 2005-06-16 Röhm GmbH & Co. KG Mehrschichtige Arzneiform, enthaltend eine in Bezug auf die Wirkstoffabgabe modulatorisch wirkende Substanz
DE10353196A1 (de) 2003-11-13 2005-06-16 Röhm GmbH & Co. KG Mehrschichtige Arzneiform mit einer die Abgabe einer modulatorischen Substanz beeinflussenden Matrix
JP4970045B2 (ja) 2003-12-05 2012-07-04 ケアフュージョン 303、インコーポレイテッド 患者モニタリングシステムを用いる患者自己管理鎮痛法
WO2005078096A2 (en) * 2004-02-09 2005-08-25 University Of Massachusetts Dual functional oligonucleotides for use in repressing mutant gene expression
ES2600141T3 (es) 2006-06-19 2017-02-07 Alpharma Pharmaceuticals Llc Composiciones farmacéuticas
JP2010506833A (ja) 2006-10-11 2010-03-04 アルファーマ,インコーポレイテッド 医薬組成物
EP2197427A2 (en) 2007-09-04 2010-06-23 Alpharma, Inc. A multilayer pharmaceutical composition comprising an antagonist in a first layer and an agonist in a second layer
US8623418B2 (en) 2007-12-17 2014-01-07 Alpharma Pharmaceuticals Llc Pharmaceutical composition
CA2709903A1 (en) 2007-12-17 2009-06-25 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Oral opioid compositions with opioid antagonist
EP2224805A4 (en) 2007-12-17 2013-10-16 Alpharma Pharmaceuticals Llc Pharmaceutical composition
CA2709950A1 (en) 2007-12-17 2009-07-09 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Pharmaceutical composition
US20100151014A1 (en) 2008-12-16 2010-06-17 Alpharma Pharmaceuticals, Llc Pharmaceutical composition
SG189234A1 (en) 2010-10-26 2013-05-31 Alpharma Pharmaceuticals Llc Formulations and methods for attenuating respiratory depression induced by opioid overdose
KR20160031038A (ko) 2011-02-02 2016-03-21 알파마 파머슈티컬스 엘엘씨 오피오이드 효능제 및 격리된 길항제를 포함하는 제약 조성물

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009138007A (ja) * 2000-02-08 2009-06-25 Euro-Celtique Sa 外圧に抵抗性の経口オピオイドアゴニスト製剤
JP2005515152A (ja) * 2001-05-11 2005-05-26 エンドー ファーマシューティカルズ, インコーポレイティド 乱用防止制御放出オピオイド投薬形態
JP2006506374A (ja) * 2002-10-25 2006-02-23 グリューネンタ−ル・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング 乱用が防止された製剤
JP4751613B2 (ja) * 2002-10-25 2011-08-17 グリューネンタ−ル・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング 乱用が防止された剤形
JP4758897B2 (ja) * 2003-09-25 2011-08-31 ユーロ−セルティーク エス.エイ. ヒドロコドンとナルトレキソンとの併用医薬
JP2007513960A (ja) * 2003-12-09 2007-05-31 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 作用薬及び逆作用薬を含有する不正使用防止共押出剤型、及びその製造方法
JP2012082214A (ja) * 2003-12-09 2012-04-26 Euro-Celtique Sa 作用薬及び逆作用薬を含有する不正使用防止共押出剤型、及びその製造方法
JP4917893B2 (ja) * 2003-12-09 2012-04-18 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 作用薬及び逆作用薬を含有する不正使用防止共押出剤型、及びその製造方法
JP2007522196A (ja) * 2004-02-12 2007-08-09 ユーロ−セルティック エス. ア. 微粒子
JP2007523167A (ja) * 2004-02-23 2007-08-16 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 乱用抵抗性の経皮的オピオイド送達デバイス
JP2011225594A (ja) * 2004-02-23 2011-11-10 Euro-Celtique Sa オピオイドアンタゴニストミクロスフェアを含有する乱用抵抗性の経皮的オピオイド送達デバイス
JP2011093927A (ja) * 2004-03-30 2011-05-12 Euro-Celtique Sa 吸着剤と逆作用薬とを含有する不正使用防止投与剤型
JP2009523833A (ja) * 2006-01-21 2009-06-25 アボット ゲーエムベーハー ウント カンパニー カーゲー 乱用薬剤送達のための製剤および方法
JP2009541320A (ja) * 2006-06-19 2009-11-26 アルファーマ,インコーポレイテッド 医薬組成物
JP2010506833A (ja) * 2006-10-11 2010-03-04 アルファーマ,インコーポレイテッド 医薬組成物
JP2013526510A (ja) * 2010-05-10 2013-06-24 ユーロ−セルティーク エス.エイ. 活性剤を負荷した顆粒と追加の活性剤の組合せ
JP2015500273A (ja) * 2011-12-09 2015-01-05 パーデュー、ファーマ、リミテッド、パートナーシップ ポリ(イプシロン−カプロラクトン)およびポリエチレンオキシドを含む医薬剤形

Also Published As

Publication number Publication date
HU0204163A2 (hu) 2003-04-28
ES2540103T3 (es) 2015-07-08
ES2539904T3 (es) 2015-07-07
EA004876B1 (ru) 2004-08-26
EP2277521B1 (en) 2015-03-25
RS50407B (xx) 2009-12-31
WO2001058447A1 (en) 2001-08-16
DK2277521T3 (en) 2015-05-26
US20120288565A1 (en) 2012-11-15
CN1423559A (zh) 2003-06-11
JP2008019280A (ja) 2008-01-31
PT1299104E (pt) 2009-07-21
SI2517710T1 (sl) 2015-07-31
EP2517710A1 (en) 2012-10-31
TWI292317B (en) 2008-01-11
US8936812B2 (en) 2015-01-20
NO324717B1 (no) 2007-12-03
US20170119685A1 (en) 2017-05-04
EP1299104A1 (en) 2003-04-09
DK2517710T3 (en) 2015-05-26
EE200200437A (et) 2003-12-15
US20080306104A2 (en) 2008-12-11
US20060039970A1 (en) 2006-02-23
IL151057A (en) 2008-03-20
CN1418098A (zh) 2003-05-14
US20080311199A2 (en) 2008-12-18
CA2400567C (en) 2008-01-15
EP2283842A1 (en) 2011-02-16
SI2283842T1 (sl) 2015-07-31
US20150182467A1 (en) 2015-07-02
PT1255547E (pt) 2008-11-24
SI2092936T1 (sl) 2013-07-31
EP1299104B1 (en) 2009-05-13
BRPI0108380A8 (pt) 2018-04-24
NZ520554A (en) 2005-08-26
NO20023729L (no) 2002-10-04
PL358088A1 (xx) 2004-08-09
US20130251789A1 (en) 2013-09-26
JP2012176993A (ja) 2012-09-13
CY1114063T1 (el) 2016-07-27
US20080311198A2 (en) 2008-12-18
EA200200840A1 (ru) 2003-02-27
SI2277521T1 (sl) 2015-07-31
US8236351B2 (en) 2012-08-07
CN100563656C (zh) 2009-12-02
CY1109270T1 (xx) 2014-07-02
US20110097404A1 (en) 2011-04-28
EP3130338A1 (en) 2017-02-15
JP2016222730A (ja) 2016-12-28
CN101703777A (zh) 2010-05-12
OA12215A (en) 2006-05-09
JP2009138007A (ja) 2009-06-25
CA2400567A1 (en) 2001-08-16
US20150231086A1 (en) 2015-08-20
US9278073B2 (en) 2016-03-08
JP2017048210A (ja) 2017-03-09
US20190350868A1 (en) 2019-11-21
US20140099369A1 (en) 2014-04-10
CZ299991B6 (cs) 2009-01-14
US8586088B2 (en) 2013-11-19
MXPA02007690A (es) 2004-08-23
SI1299104T1 (sl) 2009-10-31
US20050095291A1 (en) 2005-05-05
PT2277521E (pt) 2015-07-01
US9801828B2 (en) 2017-10-31
ES2326730T3 (es) 2009-10-19
HK1056822A1 (en) 2009-09-11
JP5351538B2 (ja) 2013-11-27
ES2539945T3 (es) 2015-07-07
AP200202617A0 (en) 2002-09-30
ES2415407T3 (es) 2013-07-25
US10350173B2 (en) 2019-07-16
AU776666B2 (en) 2004-09-16
JP2012158592A (ja) 2012-08-23
EP1299104A4 (en) 2004-04-21
AP1665A (en) 2006-09-22
US20080305167A2 (en) 2008-12-11
BR0108379A (pt) 2002-11-05
DK2283842T3 (en) 2015-05-26
HU0204229A3 (en) 2006-01-30
BG106986A (bg) 2003-04-30
US7658939B2 (en) 2010-02-09
EP2092936A3 (en) 2009-10-21
DK1299104T3 (da) 2009-08-03
PT2092936E (pt) 2013-06-20
US20050181046A1 (en) 2005-08-18
NO20023729D0 (no) 2002-08-07
DK2092936T3 (da) 2013-06-17
US9456989B2 (en) 2016-10-04
US8357399B2 (en) 2013-01-22
GEP20053614B (en) 2005-09-26
ME00398B (me) 2011-05-10
PT2283842E (pt) 2015-07-01
DE60138706D1 (de) 2009-06-25
CN101703777B (zh) 2012-11-28
PL210845B1 (en) 2012-03-30
US20040186121A1 (en) 2004-09-23
AU3687601A (en) 2001-08-20
AU3687701A (en) 2001-08-20
IL181356A (en) 2011-10-31
JP2014169306A (ja) 2014-09-18
HK1135907A1 (en) 2013-06-28
US20180042859A1 (en) 2018-02-15
US20040092542A1 (en) 2004-05-13
HU229705B1 (en) 2014-05-28
AU776904B2 (en) 2004-09-23
PT2517710E (pt) 2015-07-01
US7842309B2 (en) 2010-11-30
IL215132D0 (en) 2011-10-31
IL181356D0 (en) 2007-07-04
YU58902A (sh) 2005-11-28
SK11342002A3 (sk) 2003-03-04
HU0204229A2 (hu) 2003-04-28
EP2277521A1 (en) 2011-01-26
IL151057D0 (en) 2003-04-10
BG65828B1 (bg) 2010-02-26
BR0108380A (pt) 2002-10-29
US7682632B2 (en) 2010-03-23
IL204761A (en) 2011-10-31
EP2283842B1 (en) 2015-03-25
WO2001058451A1 (en) 2001-08-16
JP6403742B2 (ja) 2018-10-10
MXPA02007686A (es) 2003-03-27
JP2015044838A (ja) 2015-03-12
US6696088B2 (en) 2004-02-24
EE05171B1 (et) 2009-06-15
EP2517710B1 (en) 2015-03-25
EP2092936A2 (en) 2009-08-26
JP2003522144A (ja) 2003-07-22
EP2092936B1 (en) 2013-03-20
MEP48308A (xx) 2011-05-10
UA79069C2 (en) 2007-05-25
US7842311B2 (en) 2010-11-30
AT431145T (de) 2009-05-15
US7718192B2 (en) 2010-05-18
US20030143269A1 (en) 2003-07-31
NO20023728D0 (no) 2002-08-07
BRPI0108380B1 (pt) 2019-10-01
CZ20022706A3 (cs) 2003-01-15
SK287107B6 (sk) 2009-12-07
JP6063427B2 (ja) 2017-01-18
JP5676504B2 (ja) 2015-02-25
NO20023728L (no) 2002-10-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
ES2374717T3 (es) Formulaciones de hidrocodona de liberación controlada.
ES2412409T3 (es) Forma farmacéutica para dosificación oral que comprende una combinación de un agonista opiáceo y un antagonista opiáceo
JP3825991B2 (ja) 持効性経口投与オピオイド製剤
DK2719378T3 (en) pharmaceutical compositions
US6627635B2 (en) Method of preventing abuse of opioid dosage forms
CA2499550C (en) Sequestering subunit and related compositions and methods
US20050020613A1 (en) Sustained release opioid formulations and method of use
ES2385864T3 (es) Productos resistentes a manipulaciones indebidas, para la administración de opioides y otros fármacos aptos para abuso
KR20100121463A (ko) 오용 예방적 방출 제어형 제제
US9044435B2 (en) Pharmaceutical formulation containing gelling agent
US10022369B2 (en) Pharmaceutical formulation containing irritant
JP5746951B2 (ja) 乱用抵抗性の医薬組成物
US7141250B2 (en) Pharmaceutical formulation containing bittering agent
US7144587B2 (en) Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and bittering agent
US9326954B2 (en) Pharmaceutical formulation containing opioid agonist, opioid antagonist and irritant agent
US8524275B2 (en) Pharmaceutical formulations containing opioid agonist, opioid antagonist and gelling agent
DK2011485T3 (en) Oxycodone formulations for oral administration once daily
US20060039970A1 (en) Tamper-resistant oral opioid agonist formulations
AU2002319774B2 (en) Compositions and methods to prevent abuse of opioids
US6716449B2 (en) Controlled-release compositions containing opioid agonist and antagonist
US8758825B2 (en) Sequestered antagonist formulations
WO2000018378A1 (en) Sustained release hydromorphone formulations exhibiting bimodal characteristics
WO2008027442A2 (en) Abuse deterrent oral pharmaceutical formulations of opioid agonists and method of use
KR20040025741A (ko) 오피오이드 남용을 방지하기 위한 조성물 및 방법
EP1414451B1 (en) Opioid agonist formulations with releasable and sequestered antagonist

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040212

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20040212

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060307

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20060607

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20060614

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060901

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20061017

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070115

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20081007

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090204

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20090316

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20090403

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110524

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110527

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20110622

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20111115

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20111118

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120216

A761 Written withdrawal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A761

Effective date: 20120410