JP2012512936A - スピログリコール、シクロヘキサンジメタノールおよびテレフタル酸を含むポリエステル組成物 - Google Patents

スピログリコール、シクロヘキサンジメタノールおよびテレフタル酸を含むポリエステル組成物 Download PDF

Info

Publication number
JP2012512936A
JP2012512936A JP2011542134A JP2011542134A JP2012512936A JP 2012512936 A JP2012512936 A JP 2012512936A JP 2011542134 A JP2011542134 A JP 2011542134A JP 2011542134 A JP2011542134 A JP 2011542134A JP 2012512936 A JP2012512936 A JP 2012512936A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
polyester
ppm
mol
mole percent
glycol
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2011542134A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5591258B2 (ja
Inventor
デュドリー クラウフォード エンメット
ウェイン コンネル ゲイリー
Original Assignee
イーストマン ケミカル カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to US12/338,453 priority Critical
Priority to US12/338,453 priority patent/US8895654B2/en
Application filed by イーストマン ケミカル カンパニー filed Critical イーストマン ケミカル カンパニー
Priority to PCT/US2009/006607 priority patent/WO2010080117A1/en
Publication of JP2012512936A publication Critical patent/JP2012512936A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5591258B2 publication Critical patent/JP5591258B2/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=41800549&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP2012512936(A) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
    • C08GMACROMOLECULAR COMPOUNDS OBTAINED OTHERWISE THAN BY REACTIONS ONLY INVOLVING UNSATURATED CARBON-TO-CARBON BONDS
    • C08G63/00Macromolecular compounds obtained by reactions forming a carboxylic ester link in the main chain of the macromolecule
    • C08G63/02Polyesters derived from hydroxycarboxylic acids or from polycarboxylic acids and polyhydroxy compounds
    • C08G63/12Polyesters derived from hydroxycarboxylic acids or from polycarboxylic acids and polyhydroxy compounds derived from polycarboxylic acids and polyhydroxy compounds
    • C08G63/16Dicarboxylic acids and dihydroxy compounds
    • C08G63/18Dicarboxylic acids and dihydroxy compounds the acids or hydroxy compounds containing carbocyclic rings
    • C08G63/199Acids or hydroxy compounds containing cycloaliphatic rings

Abstract

本発明は、(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;を含むジカルボン酸成分:ならびに(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;を含むグリコール成分;を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そしてグリコール成分の総モル%が100モル%である、ポリエステル組成物に関する。

Description

発明の分野
本発明は、概略的には、テレフタル酸またはそのエステル、およびその混合物、スピログリコール(「SPG」)(本明細書で記載するもの)、ならびにシクロヘキサンジメタノールから形成されるポリエステル組成物に関する。より特別には、本発明は、概略的に、テレフタル酸、またはそのエステル、およびその混合物、スピログリコール(「SPG」)、ならびにシクロヘキサンジメタノールまたは化学的等価物から形成されるポリエステル組成物であって、より良好な加工性、良好な色、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満(溶融物でのポリエステル合成の間)、およびガラス転移温度(Tg)95℃超、の2つ以上の所定の組合せを有するもの、それから形成される物品、ならびにそれらのポリエステル組成物の製造方法に関する。

発明の背景
PET(ポリエチレンテレフタレート)は、その優れた機械特性および比較的低いコストに起因して工業的に有益なポリエステルである。例えば、PETは、種々の用途,例えば繊維、タイヤコード、ボトルおよびフィルムにおいて広く用いられてきた。しかし、PETが密な部品に形成または射出成形される場合、その高い結晶化度が、製造ステップにおける結晶化に起因する、部品における白化の原因となる傾向がある。この不都合を回避するために、PETをコモノマーで改質して結晶化度を低減できる。PETを改質するために用いるコモノマーの例は、イソフタル酸および1,4−シクロヘキサンジメタノール(CHDM)である。これらの改質PETレジンは市販で入手可能である。

しかし、これらのCHDM改質PETレジンは、Tg95℃未満を有し、従って、高い耐熱性を必要とする用途,例えば射出成形されるカップおよびボウル(食器洗浄機内に入れるもの);または高温気候中の屋外使用用標識、におけるこれらの使用は制限される。

PETについての結晶化度は、種々のコモノマーによって改質できる。SPGは、PET用のコモノマーとして用いる場合、Tgの増大に有効である。しかし、SPGで改質されたPETについて、米国特許第6,447,859号は、SPGの添加量および添加タイミング、ポリエステルの分子量、重合温度、ならびに添加剤を適切に選択することによって分子量分布を2.5〜12.0の範囲に管理できると示す。言い換えると、これらのポリエステルにおいて形成される、分子量分布で示される分岐度を、反応条件によって制御する。結果として、分岐度、および従って溶融粘度プロファイルを、SPG改質PETの製造の間一定に制御することは、プロセス条件の変化に起因して、困難である可能性がある。ポリエステルに添加され、そしてin−situでは形成されない分岐剤の使用によって分岐を制御することがより望ましい。この場合、分岐度または分子量分布は、添加される分岐剤の量に正比例し、そして、反応がSPGとともに生じて分岐剤を形成する場合でのようには、反応条件に重度に影響されないことになる。

PCT(ポリシクロヘキシレン−ジメチレン−テレフタレート)もまた、その優れた機械特性に起因して、工業的に有益なポリエステルである。例えば、PCTは、種々の用途,例えば繊維およびメルトブロー布帛において広く用いられてきた。しかし、PETのように、PCTが密な部品に形成または射出成形される場合、その高い結晶化度は、製造ステップにおける結晶化に起因して、部品における白化の原因となる。この不都合を回避するために、PETのように、PCTをコモノマーで改質して結晶化度を低減できる。PCTを改質するのに用いるコモノマーの例は、イソフタル酸およびエチレングリコールである。これらのエチレングリコールまたはイソフタル酸で改質されたPCTは当該分野で公知であり、そして市販で入手可能である。しかし、これらの改質PCTは、Tg95℃未満を有し、従って、高い耐熱性を必要とする用途,例えば射出成形されるカップおよびボウル(食器洗浄機内に入れるもの)または高温気候中の屋外標識、におけるこれらの使用は制限される。

PCTの結晶化度を低減しつつTgを95℃超に増大させることについての当該分野における要求が存在する。

更に、一態様において、より良好な加工性、良好な色、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満(溶融物におけるポリエステル合成中に)、Tg95℃超、を有するポリエステル、それから形成される物品;およびこれらのポリエステル組成物の製造方法についての当該分野における要求が存在する。

発明の要約
テレフタル酸、そのエステル、および/またはその混合物、SPGならびにシクロヘキサンジメタノールから形成される本発明のポリエステル組成物が、所定の存在する市販のポリエステルよりも、Tg95℃超、良好な色、および良好な明澄性を有することに関して、優れていると考えられる。一態様において、本発明において有用なポリエステルは、分子量分布2.5未満、または2もしくはそれ未満(溶融物におけるポリエステル合成中に生じる)を有することができる;本発明は、それから形成される物品を更に包含し;そして、他の態様において、本発明は、これらのSPG改質PCT組成物の製造方法であってTg95℃超、PCTの結晶化度の低減、および/または溶融物におけるポリマー合成中に生じる分岐(分子量分布約2または2未満によって示される)が殆どもしくは全くないこと、が存在するものを包含する。

一側面において、本発明は、
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、ポリエステル組成物に関する。

一側面において、本発明は、
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から本質的になる少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、ポリエステル組成物に関する。

一側面において、本発明は、ポリエステルの製造方法であって、
(I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、二塩基酸成分とグリコール成分とを含むモノマーの混合物を加熱するステップであって、該混合物が
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、
混合物であるステップ;
(II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
(III)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
を含む、ポリエステルの製造方法であって、
該方法の間、ポリエステルの分子量分布が2.5未満または2もしくはそれ未満である、方法に関する。

一側面において、本発明は、ポリエステルの製造方法であって、
(I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、二塩基酸成分とグリコール成分とを含むモノマーを含む混合物を加熱するステップであって、該混合物が
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、
混合物であるステップ;
(II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
(IV)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
を含む、ポリエステルの製造方法であって、
ポリエステルの分子量分布が2.5未満または2もしくはそれ未満である、方法に関する。

一側面において、本発明は、ポリエステルの製造方法であって、
(I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、二塩基酸成分とグリコール成分とを含むモノマーを含む混合物を加熱するステップであって、該混合物が
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から本質的になる少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、
混合物であるステップ;
(II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
(IV)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
を含み、
ポリエステルの分子量分布が2.5未満または2もしくはそれ未満である、方法に関する。

一側面においては、スピログリコールが、約20〜約45モル%の量で存在する。

一側面においては、スピログリコールが、約20〜約40モル%の量で存在する。

一側面においては、スピログリコールが、約25〜約40モル%の量で存在する。

一側面においては、ポリエステルのインヘレント粘度が、0.5〜1dL/gである。

一側面においては、ポリエステルのインヘレント粘度が、0.60〜0.75dL/gである。

一側面においては、ポリエステルが、エチレングリコールを含有しないポリエステル組成物である。

一側面においては、ポリエステルが、Tg95℃〜140℃を有する。

一側面においては、ポリエステルが、Tg95℃〜120℃を有する。

一側面においては、ポリエステルが、ジエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、ネオペンチルグリコール、ポリテトラメチレングリコール、1,5−ペンタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、p−キシレングリコール、1,3−プロパンジオールおよび1,4−ブタンジオールまたはこれらの混合物から選択される少なくとも1種の改質用グリコールを含む。

一側面においては、ポリエステルが2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基を含み、該残基が、30〜70モル%のシス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基と30〜70モル%のトランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基とを含む混合物である。

一側面においては、ポリエステルが2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基を含み、該残基が、40〜60モル%のシス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基と40〜60モル%のトランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基とを含む混合物である。

一側面においては、本発明のポリエステル組成物が、ポリ(エーテルイミド)、ポリフェニレンオキサイド、ポリ(フェニレンオキサイド)/ポリスチレンブレンド物、ポリスチレンレジン、ポリフェニレンスルフィド、ポリフェニレンスルフィド/スルホン、ポリ(エステルカーボネート)、ポリカーボネート、ポリスルホン、ポリスルホンエーテル、ポリ(エーテル−ケトン)、本発明のもの以外のポリエステル、およびこれらの混合物の少なくとも1種のポリマーを含む。

一側面においては、本発明のポリエステル組成物が、着色剤、型離型剤、リン化合物、可塑剤、成核剤、UV安定剤、ガラス繊維、カーボン繊維、フィラー、衝撃改質剤、またはこれらの混合物から選択される少なくとも1種の添加剤を含む。

一側面においては、本発明において有用なポリエステルについての、L***色系によって評価したときのb*色値が、−12から12未満である。

一側面においては、ポリエステル組成物が、これらに限定するものではないが押出し、カレンダー、および/または成形された物品等の製品(これらに限定するものではないが、射出成形物品、押出物品、キャスト押出物品、プロファイル押出物品、溶融紡糸物品、熱形成物品、押出成形物品、射出ブロー成形物品、射出延伸ブロー成形物品、押出ブロー成形物品および押出延伸ブロー成形物品が挙げられる)において有用である。これらの物品としては、これらに限定するものではないが、フィルム、ボトル、容器、シートおよび/または繊維を挙げることができる。

一側面においては、本発明において有用なポリエステル組成物は、種々の種類のフィルムおよび/またはシート(これらに限定するものではないが、1種もしくは複数種の押出フィルムおよび/または1種もしくは複数種の押出シート、1種もしくは複数種のカレンダーフィルム、および/または1種もしくは複数種のカレンダーシート、1種もしくは複数種の圧縮成形フィルム、および/または1種もしくは複数種の圧縮成形シート、1種もしくは複数種の溶液キャストフィルム、1種もしくは複数種の溶液キャストシートが挙げられる)において使用できる。フィルムおよび/またはシートの製造方法としては、これらに限定するものではないが、押出し、カレンダー、圧縮成形、および溶液キャストが挙げられる。

一側面において、本発明は、1種もしくは複数種の熱形成フィルム、および/または1種もしくは複数種の熱形成シートであって、本発明の1種もしくは複数種のポリエステルおよび/またはポリエステル組成物を含むものに関する。

一側面において、本発明は、本発明の熱形成フィルムおよび/または熱形成シートを組込む製品に関する。一側面において、本発明は、本発明の1種または複数種のポリエステル組成物を組込む成形物品に関する。一側面において、本発明は本発明の1種または複数種のポリエステル組成物を組込むペレットに関する。

一側面において、本発明は、テレフタル酸、またはそのエステル、およびその混合物、スピログリコール(「SPG」)およびシクロヘキサンジメタノールまたは化学的等価物から形成されるポリエステルであって、より良好な加工性、良好な色、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満、およびガラス転移温度(Tg)95℃超、の2つ以上の所定の組合せを有するもの、それから形成される物品、ならびにそれらのポリエステル組成物の製造方法に関する。

発明の詳細な説明
本発明は、参照によって、本発明の所定の態様および実施例の以下の詳細な説明によって、より容易に理解できる。本発明の1つまたは複数の目的に従い、本発明の所定の態様は、発明の要約に記載され、そして本明細書で以下に更に記載される。また、本発明の他の態様が本明細書に記載される。

テレフタル酸、そのエステル、および/もしくはその混合物、SPGおよび1,4−シクロヘキサンジメタノール、ならびに任意に2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール、ならびに/またはその混合物から形成される、本発明の所定のポリエステルおよび/または1種もしくは複数種のポリエステル組成物は、以下の特性:高いノッチ付アイゾッド衝撃強さ、良好な耐熱性、所定のインヘレント粘度、所定のガラス転移温度(Tg);所定の曲げ弾性率(モジュラス)、良好な明澄性、良好な溶融粘度、良好な加工性、長い半結晶化時間、および良好な色、の2つ以上の特異な組合せを有することができると考えられる。

米国特許第2,945,008号は、式I:

で表される3,9−ビス(1,1−ジメチル−2−ヒドロキシエチル)−2,4,8,10−テトラオキサスピロ[5.5]ウンデカン(以下「SPG」という)を含有するポリエステルを記載する。

本発明に従って用いられるスピログリコールおよび所定の他の関連スピログリコール(例えば以下の式IIIに示されるもの)は、種々の方法によって調製できる。特に有利な方法は、ヒドロキシピバルデヒドをペンタエリスリトールで処理することを含む。ヒドロキシピバルデヒドとペンタエリスリトールとの反応は、式(II):

によって表される。

この反応は、ヒドロキシピバルデヒドと種々の2−ヒドロキシメチル−1,3−プロパンジオールとの反応の特別な場合であり、式(III):

(式中、Rは、水素原子、または1〜4個の炭素原子を有するアルキル基を表す)
によって表すことができる。ヒドロキシピバルデヒドは、公知の方法によって、イソブチルアルデヒドおよびホルムアルデヒドから容易に調製される。ポリヒドロキシ化合物は、公知の方法によってホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒドまたは適切なアルデヒドから容易に調製される。このような化合物の調製は、最初に米国特許第2,945,008号に記載された。

分岐剤(ペンタエリスリトール)の形成について、式IVとして示される1つの可能なルートは、SPGからペンタエリスリトールおよびヒドロキシピバルデヒドへ戻る加水分解である。

分岐剤の形成についての他のルート、式V、VI、およびVIIは、グリコール(例えばエチレングリコール)とSPGとの間の反応である。式V〜VIIにおける全生成物は、分子上に3以上のヒドロキシルを有し、従って分岐剤として作用する。分岐剤の形成をもたらす、これらの反応の他の変形が存在する。

一態様において、本発明において有用なこれらのポリエステルは、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満(溶融物におけるポリエステル合成中に生じる)を有することができ;本発明の他の態様は、それから製造される物品を更に包含し;そして、他の態様において、本発明は、SPGによって改質されるこれらのPCTポリエステル組成物の製造方法であって、改善された耐熱性、PCTとの比較での結晶化度の低減、および溶融物におけるポリマー合成中に、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満によって示される分岐が殆どから全く生じないこと、の少なくとも1つが存在する方法を包含する。一態様において、本発明において有用なこれらのポリエステルは、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満を有することができ;本発明の他の態様は、それから製造される物品を更に包含し;そして、他の態様において、本発明は、SPGで改質されたこれらのPCTポリエステル組成物の製造方法であって、改善された耐熱性、PCTとの比較での結晶化度の低減、および溶融物におけるポリマー合成中に、分子量分布2.5未満または2もしくはそれ未満によって示される分岐が殆どから全く生じないこと(ポリマー合成中または単離されたポリマー組成物中で)、の少なくとも1つが存在する方法を包含する。

一態様において、本発明において有用なポリエステルの製造方法は、バッチまたは連続のプロセスを含むことができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステルの製造方法は、連続プロセスを含む。

一態様において、用語「から本質的になる」は、本発明において有用なポリエステルが、改質用グリコール(SPGまたはCHDMではない)を、ポリエステルの特性が、SPGおよびCHDMのみを含有する本発明のポリエステルと比べて顕著には変化しない限度の量で含有できることを意味する。

本明細書で用いる用語「ポリエステル」は、「コポリエステル」を包含することが意図され、そして、1種以上の二官能カルボン酸および/または多官能カルボン酸と、1種以上の二官能ヒドロキシル化合物および/または多官能ヒドロキシル化合物(例えば分岐剤)とを反応させることによって製造される合成ポリマーを意味することが理解される。典型的には、二官能カルボン酸は、ジカルボン酸であることができ、そして二官能ヒドロキル化合物は、二価アルコール,例えばグリコールおよびジオール等であることができる。本明細書で用いる用語「グリコール」としては、これらに限定するものではないが、ジオール、グリコール、および/または多官能ヒドロキシル化合物(例えば分岐剤)が挙げられる。これに代えて、二官能カルボン酸は、ヒドロキシカルボン酸,例えばp−ヒドロキシ安息香酸等であることができ、そして二官能ヒドロキシル化合物は、2つのヒドロキシル置換基を有する芳香核,例えばハイドロキノン等であることができる。本明細書で用いる用語「残基」は、対応するモノマーからの重縮合および/またはエステル化および/またはトランスエステル化の反応を通じてポリマー中に組み込まれる任意の有機構造を意味する。本明細書で用いる用語「繰り返し単位」は、カルボニルオキシ基を介して結合するジカルボン酸残基およびジオール残基を有する有機構造を意味する。よって、例えば、ジカルボン酸残基は、ジカルボン酸モノマーまたはその関連の酸ハライド、エステル、塩、無水物、および/またはこれらの混合物に由来することができる。更に、本明細書で用いる用語「二塩基酸」は、多官能酸,例えば分岐剤を包含する。従って、本明細書で用いる用語「ジカルボン酸」は、ジカルボン酸およびジカルボン酸の任意の誘導体,例えばその関連の酸ハライド、エステル、半エステル、塩、半塩、無水物、混合無水物、またはこれらの混合物の、ジオールと反応してポリエステルを形成するプロセスにおいて有用なものを包含することが意図される。本明細書で用いる用語「テレフタル酸」は、テレフタル酸自体およびその残基、さらにテレフタル酸の任意の誘導体、例えばその関連の酸ハライド、エステル、半エステル、塩、半塩、無水物、混合無水物、および/もしくはそれらの混合物またはそれらの残基の、ジオールと反応してポリエステルを形成するプロセスにおいて有用なものを包含することが意図される。本明細書で用いる用語「分子量分布」は、重量平均分子量の数平均分子量に対する比を意味し、そして多分散性指数ということもできる。

本発明において用いるポリエステルは、典型的には、ジカルボン酸およびジオールから調製でき、これらは実質的に等比で反応して、その対応する残基としてポリエステルポリマー中に組込まれる。従って、本発明のポリエステルは、実質的に等モル比の酸残基(100モル%)およびジオール(および/または多官能ヒドロキシル化合物)残基(100モル%)を含有して、繰返し単位の総モルが100モル%となるようにできる。従って、本開示において与えられるモル%は、酸残基の総モル、ジオール残基の総モル、または繰返し単位の総モルを基準とすることができる。例えば、10モル%のイソフタル酸(総酸残基基準)を含有するポリエステルは、ポリエステルが、10モル%のイソフタル酸残基(全部で100モル%の酸残基のうち)を含有することを意味する。よって、100モル当たりの酸残基の中に10モルのイソフタル酸残基が存在する。別の例において、30モル%のSPG(総ジオール残基基準)を含有するポリエステルは、ポリエステルが、全100モルのジオール残基の中に30モル%のSPG残基を含有することを意味する。よって、100モル当たりのジオール残基の中に30モルのSPG残基が存在する。

本発明の他の側面において、本発明のポリエステル組成物において有用なポリエステルのTgは、以下の範囲の少なくとも1つであることができる:95〜150℃;95〜145℃;95〜140℃;95〜135℃;95〜130℃;95〜125℃;95〜120℃;95〜115℃;95〜110℃;95〜105℃;95〜100℃;100〜150℃;100〜145℃;100〜140℃;100〜135℃;100〜130℃;100〜125℃;100〜120℃;100〜115℃;100〜110℃;105〜150℃;105〜145℃;105〜140℃;105〜135℃;105〜130℃;105〜125℃;105〜120℃;105〜115℃;105〜110℃;110〜150℃;110〜145℃;110〜140℃;110〜135℃;110〜130℃;110〜125℃;110〜120℃;110〜115℃;115〜150℃;115〜145℃;115〜140℃;115〜135℃;115〜130℃;115〜125℃;115〜120℃;120〜150℃;120〜145℃;120〜140℃;120〜135℃;120〜130℃;125〜150℃;125〜145℃;125〜140℃;125〜135℃;130〜150℃;130〜145℃;130〜140℃;130〜135℃;135〜150℃;135〜145℃;および135〜140℃。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:1〜49モル%SPGおよび51〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜45モル%SPGおよび55〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜40モル%SPGおよび60〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜35モル%SPGおよび65〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜30モル%SPGおよび70〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜25モル%SPGおよび75〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜20モル%SPGおよび80〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜15モル%SPGおよび85〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;1〜10モル%SPGおよび90〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および1〜5モル%SPGおよび95〜99モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:5〜49モル%SPGおよび51〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜45モル%SPGおよび55〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜40モル%SPGおよび60〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜35モル%SPGおよび65〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜30モル%SPGおよび70〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜25モル%SPGおよび75〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜20モル%SPGおよび80〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;5〜15モル%SPGおよび85〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および5〜10モル%SPGおよび90〜95モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:10〜49モル%SPGおよび51〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10〜45モル%SPGおよび55〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10〜40モル%SPGおよび60〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10〜35モル%SPGおよび65〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10モル%〜35モル%未満SPGおよび65モル%超〜90%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10〜30モル%SPGおよび70〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10〜25モル%SPGおよび75〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;10〜20モル%SPGおよび80〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および10〜15モル%SPGおよび85〜90モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:15〜49モル%SPGおよび51〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;15〜45モル%SPGおよび55〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;15〜40モル%SPGおよび60〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;15〜35モル%SPGおよび65〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;15〜30モル%SPGおよび70〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;15〜25モル%SPGおよび75〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および15〜24モル%SPGおよび76〜85モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:20〜49モル%SPGおよび51〜80モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;20〜45モル%SPGおよび55〜80モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;20〜40モル%SPGおよび60〜80モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;20〜35モル%SPGおよび65〜80モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;20〜30モル%SPGおよび70〜80モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および20〜25モル%SPGおよび75〜80モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:25〜49モル%SPGおよび51〜75モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;25〜45モル%SPGおよび55〜75モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;25〜40モル%SPGおよび60〜75モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;25〜35モル%SPGおよび65〜75モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および25〜30モル%SPGおよび70〜75モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:30〜49モル%SPGおよび51〜70モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;30〜45モル%SPGおよび55〜70モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;30〜40モル%SPGおよび60〜70モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;30〜35モル%SPGおよび65〜70モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:35〜49モル%SPGおよび51〜65モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;35〜45モル%SPGおよび55〜65モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;35〜40モル%SPGおよび60〜65モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の他の側面において、本発明において有用なポリエステルについてのグリコール成分としては、これらに限定するものではないが、以下の組合せの範囲の少なくとも1つが挙げられる:40〜49モル%SPGおよび51〜60モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール;および40〜45モル%SPGおよび55〜60モル%1,4−シクロヘキサンジメタノール。

本発明の特定の態様について、本発明において有用なポリエステルは、60/40(wt/wt)フェノール/テトラクロロエタン中で濃度0.25g/50mlにて25℃で評価したときに、以下のインヘレント粘度の少なくとも1つを示すことができる:0.50〜1.2dL/g;0.50〜1.1dL/g;0.50〜1dL/g;0.50dL/g〜1dL/g未満;0.50〜0.98dL/g;0.50〜0.95dL/g;0.50〜0.90dL/g;0.50〜0.85dL/g;0.50〜0.80dL/g;0.50〜0.75dL/g;0.50dL/g〜0.75dL/g未満;0.50〜0.72dL/g;0.50〜0.70dL/g;0.50dL/g〜0.70dL/g未満;0.50〜0.68dL/g;0.50dL/g〜0.68dL/g未満;0.50〜0.65dL/g;0.55〜1.2dL/g;0.55〜1.1dL/g;0.55〜1dL/g;0.55dL/g〜1dL/g未満;0.55〜0.98dL/g;0.55〜0.95dL/g;0.55〜0.90dL/g;0.55〜0.85dL/g;0.55〜0.80dL/g;0.55〜0.75dL/g;0.55dL/g〜0.75dL/g未満;0.55〜0.72dL/g;0.55〜0.70dL/g;0.55dL/g〜0.70dL/g未満;0.55〜0.68dL/g;0.55dL/g〜0.68dL/g未満;0.55〜0.65dL/g;0.58〜1.2dL/g;0.58〜1.1dL/g;0.58〜1dL/g;0.58dL/g〜1dL/g未満;0.58〜0.98dL/g;0.58〜0.95dL/g;0.58〜0.90dL/g;0.58〜0.85dL/g;0.58〜0.80dL/g;0.58〜0.75dL/g;0.58dL/g〜0.75dL/g未満;0.58〜0.72dL/g;0.58〜0.70dL/g;0.58dL/g〜0.70dL/g未満;0.58〜0.68dL/g;0.58dL/g〜0.68dL/g未満;0.58〜0.65dL/g;0.60〜1.2dL/g;0.60〜1.1dL/g;0.60〜1dL/g;0.60dL/g〜1dL/g未満;0.60〜0.98dL/g;0.60〜0.95dL/g;0.60〜0.90dL/g;0.60〜0.85dL/g;0.60〜0.80dL/g;0.60〜0.75dL/g;0.60dL/g〜0.75dL/g未満;0.60〜0.72dL/g;0.60〜0.70dL/g;0.60dL/g〜0.70dL/g未満;0.60〜0.68dL/g;0.60dL/g〜0.68dL/g未満;0.60〜0.65dL/g;0.65〜1.2dL/g;0.65〜1.1dL/g;0.65〜1dL/g;0.65dL/g〜1dL/g未満;0.65〜0.98dL/g;0.65〜0.95dL/g;0.65〜0.90dL/g;0.65〜0.85dL/g;0.65〜0.80dL/g;0.65〜0.75dL/g;0.65dL/g〜0.75dL/g未満;0.65〜0.72dL/g;0.65〜0.70dL/g;0.65dL/g〜0.70dL/g未満;0.68〜1.2dL/g;0.68〜1.1dL/g;0.68〜1dL/g;0.68dL/g〜1dL/g未満;0.68〜0.98dL/g;0.68〜0.95dL/g;0.68〜0.90dL/g;0.68〜0.85dL/g;0.68〜0.80dL/g;0.68〜0.75dL/g;0.68dL/g〜0.75dL/g未満;0.68〜0.72dL/g。

特記がない限り、本発明において有用な組成物は、本明細書に記載するインヘレント粘度範囲の少なくとも1つおよび本明細書に記載する組成物についてのモノマー範囲の少なくとも1つを有することができることが意図される。特記がない限り、本発明において有用な組成物は、本明細書に記載するTg範囲の少なくとも1つおよび本明細書に記載する組成物についてのモノマー範囲の少なくとも1つを有することができることもまた意図される。特記がない限り、本発明において有用な組成物は、本明細書に記載するインヘレント粘度範囲の少なくとも1つ、本明細書に記載するTg範囲の少なくとも1つ、および本明細書に記載する組成物についてのモノマー範囲の少なくとも1つを有することができることもまた意図される。

一態様において、テレフタル酸を出発物質として使用できる。別の態様において、ジメチルテレフタレートを出発物質として使用できる。更に別の態様において、テレフタル酸とジメチルテレフタレートとの混合物を出発物質として、および/または中間物質として、使用できる。

特定の態様において、テレフタル酸またはそのエステル,例えばジメチルテレフタレートまたはテレフタル酸残基とそのエステルとの混合物等は、本発明において有用なポリエステルを形成するために用いるジカルボン酸成分の一部または全部を形成できる。特定の態様において、テレフタル酸残基は、本発明において有用なポリエステルを形成するために用いるジカルボン酸成分の一部または全部を形成できる。特定の態様において、より高い衝撃強さのポリエステルを製造するためにより高量のテレフタル酸を使用できる。本開示の目的のために、用語「テレフタル酸」および「ジメチルテレフタレート」は本明細書で互換的に用いる。一態様において、ジメチルテレフタレートは、本発明において有用なポリエステルを形成するために用いるジカルボン酸成分の一部または全部である。本発明のポリエステルの特定の態様において、70〜100モル%、または80〜100モル%、または90〜100モル%、または99〜100モル%、または100モル%の範囲のテレフタル酸および/もしくはジメチルテレフタレートならびに/またはその混合物を使用できる。

テレフタル酸残基に加え、本発明の特定の態様において有用なポリエステルのジカルボン酸成分は20モル%以下、10モル%以下、5モル%以下、または1モル%以下の1種以上の改質用芳香族ジカルボン酸を含むことができる。更に別の態様は、0モル%の改質用芳香族ジカルボン酸を含有する。よって、存在する場合、1種以上の改質用芳香族ジカルボン酸の量は、これらの前述の端点値からのいずれかの範囲であることができることが意図され、例えば、0.01〜20モル%、0.01〜10モル%、0.01〜5モル%および0.01〜1モル%が挙げられる。他の態様において、本発明において有用なポリエステルのジカルボン酸成分は、1〜20モル%、または5〜20モル%、または10〜20モル%、または15〜20モル%;または1〜10モル%、または1〜5モル%の1種以上の改質用芳香族ジカルボン酸を含むことができる。一態様において、本発明において使用できる改質用芳香族ジカルボン酸としては、これらに限定するものではないが、20個以下の炭素原子を有するものが挙げられ、そしてこれは直鎖、パラ配向、または対称性であることができる。本発明において使用できる改質用芳香族ジカルボン酸の例としては、これらに限定するものではないが、イソフタル酸、4,4’−ビフェニルジカルボン酸、1,4−、1,5−、2,6−、2,7−ナフタレンジカルボン酸およびトランス−4,4’−スチルベンジカルボン酸ならびにそれらのエステルが挙げられる。一態様において、改質用芳香族ジカルボン酸はイソフタル酸である。

本発明において有用なポリエステルのカルボン酸成分は、更に、例えば20モル%以下、例えば10モル%以下、例えば5モル%以下または1モル%以下の、2〜16個の炭素原子を含有する1種以上の脂肪族ジカルボン酸,例えばシクロヘキサンジカルボン酸、マロン酸、コハク酸、グルタル酸、アジピン酸、ピメリン酸、スベリン酸、アゼライン酸およびドデカン二酸のジカルボン酸等で改質することができる。特定の態様はまた、0.01〜10モル%、例えば0.1〜10モル%、1または10モル%、5〜10モル%の1種以上の改質用脂肪族ジカルボン酸を含むことができる。他の態様において、本発明において有用なポリエステルのジカルボン酸成分は、1〜20モル%、または5〜20モル%、または10〜20モル%、または15〜20モル%;または1〜10モル%、または1〜5モル%の、1種以上の改質用脂肪族ジカルボン酸を含むことができる。更に別の態様は、0モル%の改質用脂肪族ジカルボン酸を含有する。ジカルボン酸成分の総モル%は100モル%である。一態様において、アジピン酸および/またはグルタル酸が本発明の改質用脂肪族ジカルボン酸成分において与えられる。

テレフタル酸のエステルならびに他の改質用ジカルボン酸またはその対応するエステルおよび/もしくは塩を、ジカルボン酸に代えて使用できる。ジカルボン酸エステルの好適な例としては、これらに限定するものではないが、ジメチルエステル、ジエチルエステル、ジプロピルエステル、ジイソプロピルエステル、ジブチルエステル、およびジフェニルエステルが挙げられる。一態様において、エステルは、以下:メチルエステル、エチルエステル、プロピルエステル、イソプロピルエステル、およびフェニルエステルの少なくとも1つから選択される。

所望のポリエステルについて、シス/トランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールのモル比は、各異性体の純粋形からその混合物で変動できる。特定の態様において、シスおよび/またはトランスの2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールのモル%は、50モル%超のシスおよび50モル%未満のトランス;または55モル%超のシスおよび45モル%未満のトランス;または30〜70モル%のシスおよび70〜30モル%のトランス;または40〜60モル%のシスおよび60〜40モル%のトランス;または50〜70モル%のトランスおよび50〜30モル%のシス;または50〜70モル%のシスおよび50〜30モル%のトランス;または60〜70モル%のシスおよび30〜40モル%のトランス;または70モル%超のシスおよび30モル%未満のトランス;であり、ここでシス−およびトランス−の2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールの総モル%は100モル%である。追加の態様において、シス/トランスの2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールのモル比は、50/50〜0/100の範囲内,例えば40/60〜20/80の範囲で変動できる。

シクロヘキサンジメタノールは、シス、トランス、またはこれらの混合物であることができ、例えば、シス/トランス比60:40〜40:60またはシス/トランス比70:30〜30:70であることができる。別の態様において、トランス−シクロヘキサンジメタノールは60〜80モル%の量で存在でき、そしてシス−シクロヘキサンジメタノールは20〜40モル%の量で存在でき、ここでシス−シクロヘキサンジメタノールおよびトランス−シクロヘキサンジメタノールの総%は100モル%である。特定の態様において、トランス−シクロヘキサンジメタノールは60モル%の量で存在でき、そしてシス−シクロヘキサンジメタノールは40モル%の量で存在できる。特定の態様において、トランス−シクロヘキサンジメタノールは70モル%の量で存在でき、そしてシス−シクロヘキサンジメタノールは30モル%の量で存在できる。シクロヘキサンジメタノールの1,1−、1,2−、1,3−、1,4−異性体のいずれかまたはこれらの混合物は、本発明のグリコール成分において存在できる。シスおよびトランスの異性体は、1,1−シクロヘキサンジメタノールについては存在しない。

一態様において、本発明において有用なポリエステルは、SPGおよび1,4−シクロヘキサンジメタノールを含む。別の態様において、本発明において有用なポリエステルは、SPG、1,4−シクロヘキサンジメタノールおよび2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールを含む。シス/トランス1,4−シクロヘキサンジメタノールのモル比は、50/50〜0/100の範囲内,例えば40/60〜20/80の範囲内で変動できる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル組成物のポリエステル部分のグリコール成分は、48モル%またはそれ未満の1種以上の改質用グリコール(SPGまたはシクロヘキサンジメタノールではないもの)を含有でき;一態様において、本発明において有用なポリエステル組成物のポリエステル部分のグリコール成分は、25モル%またはそれ未満の1種以上の改質用グリコール(SPGまたはシクロヘキサンジメタノールではないもの)を含有でき;一態様において、本発明において有用なポリエステル組成物のポリエステル部分のグリコール成分は、20モル%またはそれ未満の1種以上の改質用グリコール(SPGまたはシクロヘキサンジメタノールではないもの)を含有でき;一態様において、本発明において有用なポリエステルは、15モル%未満の1種以上の改質用グリコールを含有できる。別の態様において、本発明において有用なポリエステルは、10モル%未満の1種以上の改質用グリコールを含有できる。別の態様において、本発明において有用なポリエステルは、5モル%またはそれ未満の1種以上の改質用グリコールを含有できる。別の態様において、本発明において有用なポリエステルは、3モル%またはそれ未満の1種以上の改質用グリコールを含有できる。別の態様において、本発明において有用なポリエステルは、2モル%またはそれ未満の1種以上の改質用グリコールを含有できる。別の態様において、本発明において有用なポリエステルは、0モル%の改質用グリコールを含有できる。

一態様において、エチレングリコールは、ポリエステル中に、存在しないか、または実質的に存在しない;「実質的に存在しない」により、我々は、エチレングリコールが、ポリエステル合成中に分岐の原因とならない量でのみ存在すること、または言い換えると、溶融物におけるポリエステル合成中に分子量分布2.5未満または約2もしくはそれ未満を有することを意味する。

本発明において有用なポリエステルにおいて有用な改質用グリコールは、SPGおよびシクロヘキサンジメタノール以外のジオールを意味し、そして2〜16個の炭素原子を含有することができる。好適な改質用グリコールの例としては、これらに限定するものではないが、ジエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、1,3−プロパンジオール、ネオペンチルグリコール、1,4−ブタンジオール、1,5−ペンタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、p−キシレングリコール、ポリテトラメチレングリコール、およびこれらの混合物が挙げられる。別の態様において、改質用グリコールとしては、これらに限定するものではないが、1,3−プロパンジオールおよび1,4−ブタンジオールの少なくとも1つが挙げられる。一態様において、少なくとも1種の改質用グリコールは、ジエチレングリコールである。一態様において、ジエチレングリコールは、別個のモノマーとしては添加しないが重合中に形成される。

本発明において有用なポリエステルは、0〜10モル%,例えば0.01〜5モル%、0.01〜1モル%、0.05〜5モル%、0.05〜1モル%、または0.1〜0.7モル%(ジオール残基または二塩基酸残基のそれぞれいずれかの総モル%基準で)の分岐用モノマー(本明細書で分岐剤ともいう)の1種以上の残基であって3つ以上のカルボキシル置換基、ヒドロキシル置換基、またはこれらの組合せを有するものを含むことができる。特定の態様において、分岐用モノマーまたは分岐剤は、ポリエステルの重合の前および/または間および/または後に添加できる。よって、本発明において有用な1種または複数種のポリエステルは直鎖または分岐であることができる。分岐剤が本発明のポリエステルの重合中に存在する場合にはポリエステルが分子量分布2.5超を有することが理解される。

分岐用モノマーの例としては、これらに限定するものではないが、多官能酸または多官能アルコール,例えばトリメリット酸、無水トリメリット酸、ピロメリット酸二無水物、トリメチロールプロパン、グリセロール、ペンタエリスリトール、クエン酸、酒石酸、3−ヒドロキシグルタル酸等が挙げられる。一態様において、分岐用モノマー残基は、0.1〜0.7モル%の、以下の少なくとも1種から選択される1種以上の残基を含むことができる:無水トリメリット酸、ピロメリット酸二無水物、グリセロール、ソルビトール、1,2,6−ヘキサントリオール、ペンタエリスリトール、トリメチロールエタン、および/またはトリメシン酸。分岐用モノマーは、ポリエステル反応混合物に添加でき、またはポリエステルとブレンドできる(例えば、米国特許第5,654,347号および第5,696,176号(これらの分岐用モノマーに関する開示は参照により本明細書に組入れる)に記載されるような濃縮物の形状で)。「多官能」により、我々は分岐用モノマーが単官能または二官能でないことを意味する。

本発明のポリエステルは、少なくとも1種の鎖延長剤を含むことができる。好適な鎖延長剤としては、これらに限定するものではないが、多官能(例えば、これに限定するものではないが、二官能)イソシアネート、多官能エポキシド,例えばエポキシレート化ノボラック、およびフェノキシレジン等が挙げられる。特定の態様において、鎖延長剤は、重合プロセスの終了時または重合プロセスの後に添加できる。重合プロセスの後に添加する場合、鎖延長剤は、転化プロセス(例えば射出成形または押出)の間のコンパウンドまたは添加によって組入れることができる。使用する鎖延長剤の量は、用いる具体的なモノマー組成および所望の物理特性に応じて変えることができるが、一般的には、約0.1〜約10質量%、例えば約0.1〜約5質量%(ポリエステルの総質量基準)である。

本発明において有用なポリエステルのガラス転移温度(Tg)は、TA DSC 2920(Thermal Analyst Instrumentより)を用い、スキャン速度20℃/分にて評価した。

本発明において有用な特定のポリエステルによって170℃にて示される長い半結晶化時間(例えば5分超)に起因して、物品(これらに限定するものではないが、射出成形部品、射出ブロー成形物品、射出延伸ブロー成形物品、押出フィルム、押出シート、押出ブロー成形物品、押出延伸ブロー成形物品、および繊維が挙げられる)を製造することが可能である可能性がある。熱形成性シートは、本発明の特定の態様によって提供される製品の例である。本発明のポリエステルは、非晶または半結晶であることができる。一側面において、本発明において有用な特定のポリエステルは、比較的低い結晶性を有することができる。よって、本発明において有用な特定のポリエステルは、実質的に非晶のモルホロジーを有することができ、ポリエステルがポリマーの実質的に無秩序の領域を含むことを意味する。

一態様において、「非晶」ポリエステルは、170℃で半結晶化時間5分超、または170℃で10分超、または170℃で50分超、または170℃で100分超を有することができる。本発明の一態様において、半結晶化時間は170℃で1,000分超であることができる。本発明の別の態様において、本発明において有用なポリエステルの半結晶化時間は170℃で10,000分超であることができる。本明細書で用いるポリエステルの半結晶化時間は、当業者によく知られた方法を用いて測定できる。例えば、ポリエステルの半結晶化時間t1/2は、温度制御された高温ステージ上でレーザーおよび光検知器によってサンプルの光透過率を時間の関数として測定することよって評価できる。この測定は、ポリマーを温度Tmaxに暴露し、次いでそれを所望の温度まで冷却することによって行うことができる。次に、サンプルを、高温ステージによって所望の温度に保持し、その間に透過率測定を時間の関数として行う。最初はサンプルは目視によって明澄であって高い光透過率を有し、サンプルが結晶化するにつれて不透明になることができる。半結晶化時間は、光透過率が初期透過率と最終透過率との中間であった時間である。Tmaxはサンプルの結晶性ドメインを溶融させる(結晶性ドメインが存在するならば)のに必要な温度と定義する。半結晶化時間の測定前にサンプルを状態調整するために、サンプルをTmaxまで加熱できる。絶対Tmax温度は各組成毎に異なる。例えば、PCTは、結晶ドメインを溶融させるために、290℃より高いある温度まで加熱できる。

一態様において、本発明において有用な特定のポリエステルは目視で明澄であることができる。用語「目視で明澄」は、本明細書で、目視で検査した場合に曇り(cloudiness)、霞み(haziness)、および/またはくすみ(muddiness)が感知できるほどには存在しないこととして定義する。別の態様において、ポリエステルをポリカーボネート,例えばこれらに限定するものではないがビスフェノールAポリカーボネートとブレンドする場合、ブレンド物は目視で明澄であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステルおよび/または本発明のポリエステル組成物は、1種または複数種のトナーの存在下および/または不存在下で、色値L*、a*およびb*(本明細書で、Hunter Lab Ultrascan Spectra Colorimeter(Hunter Associates Lab Inc.,Reston,Vaにより製造)を用いて評価できるものとして記載されるような)を有することができる。色の評価は、ポリエステルのペレットもしくはプラークまたは他の物体であってそれから射出成形または押出しされたもののいずれかで測定される値の平均である。これらはCIE(International Commission on Illumination)(翻訳)のL***色系によって評価し、ここでL*は明度座標を表し、a*は、赤/緑座標を表し、そしてb*は黄/青座標を表す。特定の態様において、本発明において有用なポリエステルについてのb*値は、−12から12未満であることができ、そしてL*値は50〜90であることができる。他の態様において、本発明において有用なポリエステルについてのb*値は、以下の範囲の1つで存在できる:−10〜10;−10〜10未満;−10〜9;−10〜8;−10〜7;−10〜6;−10〜5;−10〜4;−10〜3;−10〜2;−5〜9;−5〜8;−5〜7;−5〜6;−5〜5;−5〜4;−5〜3;−5〜2;0〜9;0〜8;0〜7;0〜6;0〜5;0〜4;0〜3;0〜2;1〜10;1〜9;1〜8;1〜7;1〜6;1〜5;1〜4;1〜3;および1〜2。他の態様において、本発明において有用なポリエステルについてのL*値は、以下の範囲の1つで存在できる:50〜60;50〜70;50〜80;50〜90;60〜70;60〜80;60〜90;70〜80;79〜90。

本発明のポリエステルおよび/またはポリエステル組成物および/またはポリエステルの製造方法に対してリンを添加する場合、これはリン化合物,例えば少なくとも1種の1種または複数種のホスフェートエステルの形態で添加する。本発明のポリエステルおよび/または本発明のポリエステル組成物および/または本発明の方法に添加する1種または複数種のリン化合物(例えば、少なくとも1種のホスフェートエステル)の量は、最終ポリエステル中に存在するリン原子の形態で、例えばppm単位で測定される質量基準で測定できる。

重合および/または後加工の間に添加する1種または複数種のリン化合物の量としては、これらに限定するものではないが:1〜5000ppm;1〜1000ppm,1〜900ppm,1〜800ppm,1〜700ppm.1〜600ppm,1〜500ppm,1〜400ppm,1〜350ppm,1〜300ppm,1〜250ppm,1〜200ppm,1〜150ppm,1〜100ppm;10〜5000ppm;10〜1000ppm,10〜900ppm,10〜800ppm,10〜700ppm,10〜600ppm,10〜500ppm,10〜400ppm,10〜350ppm,10〜300ppm,10〜250ppm,10〜200ppm,10〜150ppm,10〜100ppm(ポリエステル組成物の総質量基準)を挙げることができる。

一態様において、重合中に添加する本発明のホスフェートエステルの量は、以下から選択される:1〜5000ppm;1〜1000ppm,1〜900ppm,1〜800ppm,1〜700ppm.1〜600ppm,1〜500ppm,1〜400ppm,1〜350ppm,1〜300ppm,1〜250ppm,1〜200ppm,1〜150ppm,1〜100ppm;1〜60ppm;2〜5000ppm;2〜1000ppm,2〜900ppm,2〜800ppm,2〜700ppm,2〜600ppm,2〜500ppm,2〜400ppm,2〜350ppm,2〜300ppm,2〜250ppm,2〜200ppm,2〜150ppm,2〜100ppm;2〜60ppm;2〜20ppm,3〜5000ppm;3〜1000ppm,3〜900ppm,3〜800ppm,3〜700ppm,3〜600ppm,3〜500ppm,3〜400ppm,3〜350ppm,3〜300ppm,3〜250ppm,3〜200ppm,3〜150ppm,3〜100ppm;3〜60ppm;3〜20ppm,4〜5000ppm;4〜1000ppm,4〜900ppm,4〜800ppm,4〜700ppm,4〜600ppm,4〜500ppm,4〜400ppm,4〜350ppm,4〜300ppm,4〜250ppm,4〜200ppm,4〜150ppm,4〜100ppm;4〜60ppm;4〜20ppm,5〜5000ppm;5〜1000ppm,5〜900ppm,5〜800ppm,5〜700ppm,5〜600ppm,5〜500ppm,5〜400ppm,5〜350ppm,5〜300ppm,5〜250ppm,5〜200ppm,5〜150ppm,5〜100ppm;5〜60ppm;5〜20ppm,6〜5000ppm;6〜1000ppm,6〜900ppm,6〜800ppm,6〜700ppm,6〜600ppm,6〜500ppm,6〜400ppm,6〜350ppm,6〜300ppm,6〜250ppm,6〜200ppm,6〜150ppm,6〜100ppm;6〜60ppm;6〜20ppm,7〜5000ppm;7〜1000ppm,7〜900ppm,7〜800ppm,7〜700ppm,7〜600ppm,7〜500ppm,7〜400ppm,7〜350ppm,7〜300ppm,7〜250ppm,7〜200ppm,7〜150ppm,7〜100ppm;7〜60ppm;7〜20ppm,8〜5000ppm;8〜1000ppm,8〜900ppm,8〜800ppm,8〜700ppm,8〜600ppm,8〜500ppm,8〜400ppm,8〜350ppm,8〜300ppm,8〜250ppm,8〜200ppm,8〜150ppm,8〜100ppm;8〜60ppm;8〜20ppm,9〜5000ppm;9〜1000ppm,9〜900ppm,9〜800ppm,9〜700ppm,9〜600ppm,9〜500ppm,9〜400ppm,9〜350ppm,9〜300ppm,9〜250ppm,9〜200ppm,9〜150ppm,9〜100ppm;9〜60ppm;9〜20ppm,10〜5000ppm;10〜1000ppm,10〜900ppm,10〜800ppm,10〜700ppm.10〜600ppm,10〜500ppm,10〜400ppm,10〜350ppm,10〜300ppm,10〜250ppm,10〜200ppm,10〜150ppm,10〜100ppm,10〜60ppm,10〜20ppm,50〜5000ppm,50〜1000ppm,50〜900ppm,50〜800ppm,50〜700ppm,50〜600ppm,50〜500ppm,50〜400ppm,50〜350ppm,50〜300ppm,50〜250ppm,50〜200ppm,50〜150ppm,50〜100ppm;50〜80ppm,100〜5000ppm,100〜1000ppm,100〜900ppm,100〜800ppm,100〜700ppm,100〜600ppm,100〜500ppm,100〜400ppm,100〜350ppm,100〜300ppm,100〜250ppm,100〜200ppm,100〜150ppm;150〜5000ppm,150〜1000ppm,150〜900ppm,150〜800ppm,150〜700ppm,150〜600ppm,150〜500ppm,150〜400ppm,150〜350ppm,150〜300ppm,150〜250ppm,150〜200ppm,200〜5000ppm,200〜1000ppm,200〜900ppm,200〜800ppm,200〜700ppm,200〜600ppm,200〜500ppm,200〜400ppm,200〜350ppm,200〜300ppm,200〜250ppm,250〜5000ppm,250〜1000ppm,250〜900ppm,250〜800ppm,250〜700ppm,250〜600ppm,250〜500ppm,250〜400ppm,250〜350ppm,250〜300ppm,500〜5000ppm,300〜1000ppm,300〜900ppm,300〜800ppm,300〜700ppm,300〜600ppm,300〜500ppm,300〜400ppm,300〜350ppm,350〜5000ppm,350〜1000ppm,350〜900ppm,350〜800ppm,350〜700ppm,350〜600ppm,350〜500ppm,350〜400ppm(ポリエステル組成物の総質量基準で、最終ポリエステル中のリン原子の形態で測定したときに)。

縮合、エステル化および/またはトランスエステル化の触媒量は、特記がない限り本発明の方法または組成物において任意量で包含でき、任意に10ppm〜20,000ppmまたは10〜10,000ppm,または10〜5000ppmまたは10〜1000ppmまたは10〜500ppm,または10〜300ppmまたは10〜250ppm(触媒金属として測定され、最終ポリマーの質量基準である)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステルを形成するために本発明の方法において使用するのに好適な触媒は、有機亜鉛化合物、スズ化合物、チタン系触媒、またはこれらの混合物の少なくとも1種を含むことができる。一態様において、触媒は、少なくとも1種のチタン化合物を含む。本発明のポリエステル組成物はまた、本発明の方法において有用な少なくとも1種のスズ化合物を含むことができる。一態様において、触媒は少なくとも1種の有機亜鉛化合物を含む。一態様において、触媒は少なくとも1種のスズ化合物および少なくとも1種のチタン化合物の組合せを含むことができる。一態様において、触媒は、少なくとも1種のスズ化合物から本質的になる。一態様において、触媒は少なくとも1種のチタン化合物から本質的になる。一態様において、触媒は少なくとも1種のチタン化合物および少なくとも1種のスズ化合物から本質的になる。一態様において、スズ化合物および/またはチタン化合物は、エステル化反応もしくは重縮合反応または両反応のいずれかにおいて使用できる。一態様において、触媒はエステル化反応において用いるチタン化合物を含む。任意に、一態様において、チタン化合物触媒は約0.005質量%〜約0.2質量%(ジカルボン酸またはジカルボン酸エステルの質量基準で)の量で使用する。任意に、一態様において、約700ppm未満の元素チタンが、ポリエステル中の残基として存在できる(最終ポリエステルの総質量基準で)。

本発明のポリエステルおよび/またはポリエステル組成物および/またはポリエステルの製造方法に対してスズを添加する場合、これはポリエステルの製造方法に対して、スズ化合物の形態で添加する。本発明のポリエステルおよび/または本発明のポリエステル組成物および/または本発明の方法に対して添加するスズ化合物の量は、最終ポリエステル中に存在するスズ原子の形態で、例えばppm単位で測定される質量基準で、測定できる。

本発明のポリエステルおよび/またはポリエステル組成物および/またはポリエステルの製造方法に対してチタンを添加する場合、これはポリエステルの製造方法に対して、チタン化合物の形態で添加する。本発明のポリエステルおよび/または本発明のポリエステル組成物および/または本発明の方法に対して添加するチタン化合物の量は、最終ポリエステル中に存在するチタン原子の形態で、例えばppm単位で測定される質量基準で、測定できる。

本発明のポリエステルおよび/またはポリエステル組成物および/またはポリエステルの製造方法に対して亜鉛を添加する場合、これはポリエステルの製造方法に対して、有機亜鉛化合物の形態で添加する。本発明のポリエステルおよび/または本発明のポリエステル組成物および/または本発明の方法に対して添加する亜鉛化合物の量は、最終ポリエステル中に存在する亜鉛原子の形態で、例えばppm単位で測定される質量基準で、測定できる。

別の態様において、本発明のポリエステルは、少なくとも1種のスズ化合物を1種または複数種の触媒として用いて調製できる。例えば、米国特許第2,720,507号(スズ触媒に関する部分を参照により本明細書に組入れる)を参照のこと。これらの触媒は少なくとも1種の有機基を含有するスズ化合物である。

一態様において、本発明において有用な触媒としては、これらに限定するものではないが、以下の1種以上が挙げられる:ブチルスズトリス−2−エチルヘキサノエート、ジブチルスズジアセテート、ジブチルスズオキサイド、およびジメチルスズオキサイド。

スズ系触媒を用いたポリエステルの調製方法は周知であり、そして上記の米国特許第2,720,507号に記載されている。

本発明において有用なチタン含有化合物としては、チタンを含有する任意の化合物が挙げられ、これらに限定するものではないが:テトラエチルチタネート、アセチルトリプロピルチタネート、テトラプロピルチタネート、テトラブチルチタネート、ポリブチルチタネート、2−エチルヘキシルチタネート、オクチレングリコールチタネート、ラクテートチタネート、トリエタノールアミンチタネート、アセチルアセトネートチタネート、エチルアセト酢酸エステルチタネート、イソステアリルチタネート、アセチルトリイソプロピルチタネート、チタンテトライソプロポキシドチタングリコレート、チタンブトキシド、へキシレングリコールチタネート、およびテトライソオクチルチタネート、二酸化チタン、二酸化チタン/二酸化ケイ素共沈物、および二酸化チタン/二酸化ジルコニウム共沈物が挙げられる。本発明は、これらに限定するものではないが、二酸化チタン/二酸化ケイ素共沈物触媒(米国特許第6,559,272号に記載されるもの)を包含する。

本発明において有用なポリエステル組成物のポリエステル部分は、溶融物における公知の縮合、エステル化またはトランスエステル化のプロセスによって形成できる。好適な方法としては、これらに限定するものではないが、1種以上のジカルボン酸と1種以上のグリコールとを温度100℃〜315℃で圧力0.1〜760mmHgにて、ポリエステルを形成するのに十分な時間、反応させるステップが挙げられる。ポリエステルの製造方法について米国特許第3,772,405号を参照のこと。この方法に関する開示は参照により本明細書に組入れる。

ポリエステルは一般的にはジカルボン酸またはジカルボン酸エステルとグリコールとをチタン触媒ならびに/またはチタンおよびスズの触媒(本明細書に記載するもの)の存在下で、縮合の過程中に温度約225℃〜310℃まで徐々に増大される高温にて、不活性雰囲気中で縮合し、そして該縮合を、縮合の後期の間は低圧で行う(米国特許第2,720,507号(参照により本明細書に組入れる)に更に詳細に記載するように)ことによって調製できる。

別の側面において、これらの発明は、本発明のコポリエステルの製造方法に関する。一態様において、該方法は、テレフタル酸、SPG、および1,4−シクロヘキサンジメタノールを含むコポリエステルを製造することに関する。一側面において、本発明は:
(I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、ジカルボン酸成分およびグリコール成分を含むモノマーを含む混合物を加熱するステップであって、該混合物が
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択されるもの;
を含むグリコール成分:
を含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、
混合物であるステップ;
(II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
(III)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
を含む、ポリエステルの製造方法に関する。

別の側面において、本発明は、本発明のコポリエステルの製造方法に関する。一態様において、該方法は、テレフタル酸、SPG、および1,4−シクロヘキサンジメタノールを含むコポリエステルを製造することに関する。一側面において、本発明は:
(I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、本発明において有用な任意のポリエステルにおいて有用なモノマーを含む混合物を加熱するステップであって、該混合物が
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択されるもの;
を含むグリコール成分:
を含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、
混合物であるステップ;
(II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
(III)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
を含む、ポリエステルの製造方法に関する。

一態様において、該方法の間、ポリエステルの分子量分布は、例において記載するようにGPC(ゲル浸透クロマトグラフィ)によって評価したときに2.5未満または2もしくはそれ未満である。

一態様において、ポリエステルの分子量分布は、例において記載するようにGPC(ゲル浸透クロマトグラフィ)によって評価したときに2.5未満または2もしくはそれ未満である。

エステル化ステップ(I)についての反応時間は、選択される温度、圧力、およびグリコールのジカルボン酸に対する供給モル比に左右される。

一態様において、ステップ(I)は、50質量%またはそれを超えるSPGが反応するまで実施できる。ステップ(I)は、圧力0psig〜100psigの範囲で実施できる。本発明において有用な任意の触媒に関して用いる用語「反応生成物」は、触媒および任意のモノマー(ポリエステルの形成において用いるもの)との重縮合またはエステル化の反応の任意の生成物、更には触媒と任意の他の種類の添加剤との重縮合またはエステル化の反応の生成物を意味する。

典型的には、ステップ(II)およびステップ(III)は同時に実施できる。これらのステップは当該分野で公知の方法によって,例えば反応混合物を圧力0.002psigから大気圧未満までにて入れることによって、または高温窒素ガスを混合物に亘ってブローすることによって実施できる。

本発明において有用なポリエステルの製造において有用な本発明の任意の方法において、少なくとも1種のリン化合物および/またはその反応生成物、ならびにその混合物を、エステル化(ステップ(I))、重縮合(ステップ(II))、もしくは両者の間のいずれかに添加でき、ならびに/またはこれを重合後に添加できる。一態様において、本発明の任意の方法において有用なリン化合物は、エステル化の間に添加できる。一態様において、本発明において有用な1種または複数種のリン化合物をエステル化および重縮合の両者の後に添加する場合、これは0.01〜2質量%(最終ポリエステルの総質量基準で)の量で添加する。一態様において、リン化合物は、少なくとも1種のホスフェートエステルを含むことができる。一態様において、リン化合物は少なくとも1種のリン化合物であってエステル化ステップの間に添加されるものを含むことができる。一態様において、リン化合物は少なくとも1種のホスフェートエステル,例えばエステル化ステップの間に添加されるものを含むことができる。

任意の従来のポリエステルの製造方法を用いて本発明において有用な任意のポリエステルを製造できると考えられる。

本発明の任意の方法のエステル化ステップ(I)についての反応時間は、選択される温度、圧力、およびグリコールのジカルボン酸に対する供給モル比に左右される。

本発明において有用な1種または複数種のポリエステルを製造するための任意の方法の態様において、ステップ(II)の加熱時間は、1〜5時間または1〜4時間または1〜3時間または1.5〜3時間または1〜2時間であることができる。一態様において、ステップ(II)の加熱時間は1.5〜3時間であることができる。

一態様において、本発明の1種もしくは複数種のポリエステル、ポリエステル組成物および/または方法のいずれも、少なくとも1種のチタン化合物を含むことができる。

一態様において、本発明の1種もしくは複数種のポリエステル、ポリエステル組成物および/または方法のいずれも、少なくとも1種のスズ化合物を含むことができる。

一態様において、本発明の1種もしくは複数種のポリエステル、ポリエステル組成物および/または方法のいずれも、少なくとも1種のチタン化合物および少なくとも1種のリン化合物を含むことができる。

一態様において、本発明において有用な1種もしくは複数種のポリエステル、ポリエステル組成物および/またはポリエステルの製造方法のいずれも、少なくとも1種のスズ化合物および少なくとも1種のチタン化合物を含むことができる。

一態様において、本発明において有用な1種もしくは複数種のポリエステル、ポリエステル組成物および/またはポリエステルの製造方法のいずれも、少なくとも1種のスズ化合物、少なくとも1種のチタン化合物および少なくとも1種のリン化合物を含むことができる。

一態様において、本発明において有用な1種もしくは複数種のポリエステル、ポリエステル組成物および/または方法のいずれも、少なくとも1種の有機亜鉛化合物を含むことができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のスズ原子の量は、0〜400ppmスズ原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のスズ原子の量は、15〜400ppmスズ原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のチタン原子の量は、0〜400ppmチタン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のチタン原子の量は、15〜400ppmチタン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のリン原子の量は、1〜500ppmリン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のスズ原子の量は、1〜400ppmスズ原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができ、そして本発明において有用な最終ポリエステル中のリン原子の量は、1〜500ppmリン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のリン原子の量は、1〜500ppmリン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができ、そして本発明において有用なポリエステル中のチタン原子の量は、1〜400ppmチタン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用なポリエステル中のリン原子の量は、1〜500ppmリン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができ、そして本発明において有用なポリエステル中のチタン原子の量は、1〜100ppmチタン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

一態様において、本発明において有用な1種または複数種のポリエステル中のリン原子の量は、1〜500ppmリン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができ、そして本発明において有用な1種または複数種のポリエステル中のスズ原子の量は、1〜400ppmスズ原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができ、そしてポリエステル中のチタン原子の量は、1〜100ppmチタン原子(最終ポリエステルの質量基準で)であることができる。

本発明は上記の1つまたは複数の方法によって製造されるポリエステル組成物に更に関する。

本発明はポリマーブレンド物に更に関する。ブレンド物の特定の態様は:

(a)5〜95質量%の少なくとも1種の上記のポリエステル;および

(b)5〜95質量%の少なくとも1種のポリマー成分;
を含む。

ブレンド物の特定の態様は:

(a)5〜95質量%の少なくとも1種の上記のポリエステル;および

(b)5〜95質量%の少なくとも1種のポリマー成分;
を含み、ここで

該ポリマー成分は、ナイロン;本明細書で記載するものとは異なるポリエステル;ポリアミド;ポリスチレン;ポリスチレンコポリマー;スチレンアクリロニトリルコポリマー;アクリロニトリルブタジエンスチレンコポリマー;ポリ(メチルメタクリレート);アクリルコポリマー;ポリ(エーテル−イミド);ポリフェニレンオキサイド;ポリ(2,6−ジメチルフェニレンオキサイド);ポリ(フェニレンオキサイド)/ポリスチレンブレンド物;ポリフェニレンスルフィド;ポリフェニレンスルフィド/スルホン;ポリ(エステルカーボネート);ポリカーボネート;ポリスルホン;ポリスルホンエーテル;およびポリ(エーテル−ケトン)の芳香族ジヒドロキシ化合物;またはこれらの混合物からなる群から選択される。

ポリマー成分の好適な例としては、これらに限定するものではないが、ナイロン;本明細書に記載するものとは異なるポリエステル;ポリアミド,例えばZYTEL(登録商標)(DuPontより);ポリスチレン;ポリスチレンコポリマー;スチレンアクリロニトリルコポリマー;アクリロニトリルブタジエンスチレンコポリマー;ポリ(メチルメタクリレート);アクリルコポリマー;ポリ(エーテル−イミド),例えばULTEM(登録商標)(ポリ(エーテル−イミド)(General Electricより);ポリフェニレンオキサイド,例えばポリ(2,6−ジメチルフェニレンオキサイド)またはポリ(フェニレンオキサイド)/ポリスチレンブレンド物,例えばNORYL 1000(登録商標) (ポリ(2,6−ジメチルフェニレンオキサイド)とポリスチレンレジン(General Electricより)とのブレンド物;ポリフェニレンスルフィド;ポリフェニレンスルフィド/スルホン;ポリエステル−カーボネート);ポリカーボネート,例えばLEXAN(登録商標)(General Electricによるポリカーボネート);ポリスルホン;ポリスルホンエーテル;およびポリ(エーテル−ケトン)の芳香族ジヒドロキシ化合物;または任意の前記のポリマーの混合物が挙げられる。ブレンド物は、当該分野で公知の従来の加工方法,例えば溶融ブレンドまたは溶液ブレンドによって調製できる。一態様において、ポリカーボネートは、ポリエステル組成物中に存在しない。本発明のポリエステル組成物においてポリカーボネートをブレンド物において使用する場合、ブレンド物は目視で明澄であることができる。しかし、本発明において有用なポリエステル組成物はまた、ポリカーボネートの排除およびポリカーボネートの包含を意図する。

加えて、本発明において有用なポリエステル組成物およびポリマーブレンド組成物は、任意に、任意量の一般的な添加剤,例えば、組成物全体の0.01〜25質量%の、着色剤、1種または複数種のトナー、染料、型離型剤、難燃剤、可塑剤、成核剤、安定剤(これらに限定するものではないが、UV安定剤、熱安定剤および/またはその反応生成物が挙げられる)、フィラー、および衝撃改質剤を含有できる。当該分野において周知で本発明において有用である、典型的な市販で入手可能な衝撃改質剤の例としては、これらに限定するものではないが、エチレン/プロピレンターポリマー、官能化ポリオレフィン,例えばメチルアクリレートおよび/またはグリシジルメタクリレートを含有するもの、スチレン系ブロックコポリマー衝撃改質剤、および種々のアクリルコア/シェル型衝撃改質剤が挙げられる。このような添加剤の残基もまたポリエステル組成物の一部として意図される。

加えて、ポリマーを着色する特定の剤を溶融物に添加できる。一態様において、得られるポリエステルポリマー溶融相生成物のb*を低減するために青味トナーを溶融物に添加する。このような青味剤としては、無機および有機の1種または複数種の青トナーが挙げられる。加えて、1種または複数種の赤トナーを用いてa*色を調整することもできる。1種または複数種の有機トナー,例えば青および赤の1種または複数種の有機トナー,例えば米国特許第5,372,864号および第5,384,377号(これらはその全部を参照により本明細書に組入れる)に記載されるような1種または複数種のトナーを使用できる。1種または複数種の有機トナーは前混合組成物として供給できる。前混合組成物は赤および青の化合物のストレートのブレンド物であることができ、または組成物はポリエステル原料の1つの中で前溶解またはスラリー化できる。

添加するトナー成分の総量は、無論、ベースポリエステルの固有の黄色の量およびトナーの効果に左右される。一般的に、濃度約15ppm以下の組合せ有機トナー成分および最小濃度約0.5ppmを用いる。青味添加剤の総量は、典型的には0.5〜10ppmの範囲である。

1種または複数種のトナーは、エステル化ゾーンまたは重縮合ゾーンに添加できる。好ましくは、1種または複数種のトナーは、エステル化ゾーンまたは重縮合ゾーンの早期段階,例えば前重合反応器に添加する。

補強物質は本発明の組成物において有用である場合がある。補強物質としては、これらに限定するものではないが、カーボンフィラメント、シリケート、マイカ、クレー、タルク、二酸化チタン、珪灰石、ガラスフレーク、ガラスビーズおよび繊維、ならびに高分子繊維ならびにこれらの組合せを挙げることができる。一態様において、補強物質としては、ガラス,例えば繊維ガラスフィラメント、ガラスおよびタルク、ガラスおよびマイカ、ならびにガラスおよび高分子繊維の混合物が挙げられる。

本発明は、本発明のポリエステル組成物および/またはポリマーブレンド物を含む1種もしくは複数種のフィルムおよび/または1種もしくは複数種のシートに更に関する。ポリエステルおよび/またはブレンド物を1種もしくは複数種のフィルムおよび/または1種もしくは複数種のシートに形成する方法は当該分野で周知である。本発明の1種もしくは複数種のフィルムおよび/または1種もしくは複数種のシートの例としては、これらに限定するものではないが、1種もしくは複数種の押出フィルムおよび/または1種もしくは複数種のシート、カレンダー処理された1種もしくは複数種のフィルムおよび/または1種もしくは複数種のシート、圧縮成形された1種もしくは複数種のフィルムおよび/または1種もしくは複数種のシート、溶液キャストされた1種もしくは複数種のフィルムおよび/または1種もしくは複数種のシートが挙げられる。フィルムおよび/またはシートの製造方法としては、これらに限定するものではないが、押出し、カレンダー、圧縮成形、および溶液キャストが挙げられる。

本発明において有用なフィルムおよび/またはシートから製造される可能な物品の例としては、これらに限定するものではないが、一軸延伸フィルム、二軸延伸フィルム、収縮フィルム(一軸延伸または二軸延伸がされており、またはされていないもののいずれも)、液晶ディスプレイフィルム(例えば、これらに限定するものではないが、ディフューザーシート、補償フィルムおよび保護フィルムが挙げられる)、熱形成されたシート、グラフィックアートフィルム、屋外標識、スカイライト、1種もしくは複数種のコーティング、コート物品、塗装物品、ラミネート、ラミネート物品、および/またはマルチウォールのフィルムもしくはシートが挙げられる。

マルチウォールのフィルムまたはシートは、縦リブによって互いに接続された複数層からなるプロファイルとして押出されたシートを意味する。マルチウォールのフィルムまたはシートの例としては、これらに限定するものではないが、屋外シェルター(例えば、グリーンハウスおよび商業用キャノピー)が挙げられる。

本発明において有用なポリエステル組成物を含む押出物品の例としては、これらに限定するものではないが、熱形成シート、グラフィックアート用途用、屋外標識用、スカイライト用のフィルム、マルチウォールフィルム、プラスチックガラスラミネート用のプラスチックフィルム、および液晶ディスプレイ(LCD)フィルム(これらに限定するものではないがディフューザーシート、補償フィルム、および保護フィルム(LCD用)が挙げられる)が挙げられる。

一態様において、本発明は、熱可塑性物品、典型的にはシート材料の形状(中に埋め込まれた装飾材料を有するもの)であって本明細書に記載する任意の組成物を含むものを含む。

以下の例は、本発明のポリエステルをどのように製造および評価できるかを更に説明し、そして純粋に本発明の例示であってその範囲の限定を意図しないことを意図する。特記がない限り、部は質量部であり、温度は℃単位または室温であり、そして圧力は大気圧またはその近傍である。


測定方法
ポリエステルのインヘレント粘度は、60/40(wt/wt)フェノール/テトラクロロエタン中で濃度0.5g/100mlで25℃にて評価した。そしてdL/g単位で報告する。

特記がない限り、ガラス転移温度(Tg)は、TA DSC 2920装置(Thermal Analyst Instrumentsより)を用いて、走査速度20℃/分でASTM D3418に従って評価した。

組成物のグリコール量およびシス/トランス比は、プロトン核磁気共鳴(NMR)分光法によって評価した。全てのNMRスペクトルは、JEOL Eclipse Plus 600MHz核磁気共鳴分光計で、クロロホルム−トリフルオロ酢酸(70−30体積/体積)(ポリマーについて)または、例えばオリゴマーサンプルについては、60/40(wt/wt)フェノール/テトラクロロエタン(ロック用に添加した重水素化クロロホルムを有する)を用いて記録した。2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール共鳴についてのピーク同定は、モデルの2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールのモノ−およびジベンゾエートエステルとの比較によって行った。これらのモデル化合物は、ポリマーおよびオリゴマーで見出される共鳴部位を近接近似する。

本明細書で報告される色値は、CIELAB L*,a*およびb*値であり、これはASTM D 6290−98およびASTM E308−99に従って、Hunter Lab Ultrascan XE Spectrophotometer(Hunter Associates Laboratory Inc.,Reston,VA)による測定(以下のパラメータ:(1)D65光源、(2)10度視野角、(3)反射モード(含まれる反射角で)、(4)大面積視野、(5)1”ポートサイズを有する)を用いて測定される。特記がない限り、測定は、6mm篩を通過するように粉砕したポリマー顆粒で実施した。ヘイズは、4x4x1/8”プラークでASTM D−1003に従って測定した。

GPC分析は、95/5 体積/体積の塩化メチレンおよびHFIPの混合物(0.5g/lのテトラエチルアンモニウムナイトレートを含有する)中で室温にて流量1ml/分で行った。サンプル溶液は、4mgのポリマーを10mlの70/30 体積/体積の塩化メチレン/HFIP(流量マーカーとして添加される10μlのトルエンを有する)中に溶解させることによって調製した。10μlの各溶液を、5μmPLgel Guardカラムおよび5μmPLgel Mixed−Cカラム(Polymer Laboratoriesより)からなるカラムセットに注入した。検出は、波長255nmにおけるUV吸収によった。クロマトグラムを収集してEastmanで書いたソフトウエアで処理した。システムを一連のほぼ単分散のポリスチレン標準で、分子量範囲580〜4,000,000g/molで較正し、そして一般的な較正手順を用いた。

特記がない限り、以下の例で用いた1,4−シクロヘキサンジメタノールのシス/トランス比は約30/70であり、そして35/65〜25/75の範囲であることができた。特記がない限り、以下の例で用いた2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオールのシス/トランス比は約50/50であり、そして45/55〜55/45の範囲であることができた。

以下の略号は実験例を通じて該当する。

例1
この例は、100モル%のテレフタル酸、36モル%のスピログリコール、および64モル%の1,4−シクロヘキサンジメタノール(70/30トランス/シス)を含有するポリエステルの調製を例示する。58.2g(0.30mol)ジメチルテレフタレート、33.9gの1,4−シクロヘキサンジメタノール(0.24mol)、28.7gのスピログリコール(0.09mol)、および50ppmのTi(チタンテトライソプロポキシド基準で)の混合物を、窒素用入口、金属撹拌器、および短い蒸留カラムを備える500ミリリットルのフラスコに入れた。フラスコを、予め220℃に加熱したWoodの金属浴に入れ、そしてフラスコの内容物を220℃で1.5時間加熱し、次いで290℃に1時間かけて加熱した。290℃の時点で、圧力0.3mmHgを次の10分間に亘って徐々に適用した。フルバキュームを全体で約20分間維持して過剰の未反応ジオールを除去して溶融粘度を高めた。高溶融粘度、明澄、無色のポリマーが、ガラス転移温度110℃およびインヘレント粘度0.68dL/gで得られた。GPCによって評価される分子量分布は1.96であり、この物質(3mmスクリーンを通過するように粉砕したもの)のb*は、2.6である。

例2
この例は、100モル%のテレフタル酸、26モル%のスピログリコール、32モル%の2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール(60/40シス/トランス)、および42モル%の1,4−シクロヘキサンジメタノール(70/30トランス/シス)を含有するポリエステルの調製を例示する。62.1g(0.32mol)のジメチルテレフタレート、22.3g(0.16mol)の2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール、19.4g(0.13mol)の1,4−シクロヘキサンジメタノール、および30.1gのスピログリコール(0.1mol)、200ppmのSn(ブチルスズトリス(2−エチル−ヘキサノエート)基準で)、および30ppmのPの混合物(トリフェニルホスフェート基準で)を、窒素用入口、金属撹拌器、および短い蒸留カラムを備える500ミリリットルのフラスコに入れた。フラスコを、予め200℃に加熱したWoodの金属浴に入れ、そしてフラスコの内容物を200℃〜210℃で1時間加熱し、次いで220℃に1時間かけ、次いで275℃で1.5時間かけて加熱した。275℃の時点で、圧力0.3Hgmmを次の10分間に亘って徐々に適用した。フルバキュームを全体で約80分間維持して過剰の未反応ジオールを除去して溶融粘度を高めた。高溶融粘度、明澄、無色のポリマーが、ガラス転移温度128℃およびインヘレント粘度0.61dL/gで得られた。GPCによって評価される分子量分布は2.07であった。

比較例3
この例は、100モル%のテレフタル酸、45モル%のスピログリコール、および55モル%のエチレングリコールを含有するポリエステルの調製を例示する。58.2g(0.15mol)のジメチルテレフタレート、27.9gのエチレングリコール(0.45mol)、45.7gのスピログリコール(0.15mol)、および50ppmのTi(チタンテトラ−イソプロポキシドを基にする)を、窒素用入口、金属撹拌器、および短い蒸留カラムを備える500ミリリットルのフラスコに入れた。フラスコを、予め200℃に加熱したWoodの金属浴に入れ、そしてフラスコの内容物を200℃〜210℃で1時間加熱し、次いで275℃に2時間かけて加熱した。275℃の時点で、圧力0.5mmHgを次の15分間に亘って徐々に適用した。フルバキュームを全体で約15分間維持して過剰の未反応ジオールを除去して溶融粘度を高めた。高溶融粘度、明澄、黄/茶のポリマーが、ガラス転移温度110℃およびインヘレント粘度0.76dL/gで得られた。GPCによって評価される分子量分布は4.93であった。

比較例4
この例は、100モル%のテレフタル酸、28モル%のスピログリコール、および72モル%のエチレングリコールを含有するポリエステルの調製を例示する。77.6g(0.40mol)のジメチルテレフタレート、42.2gのエチレングリコール(0.68mol)、36.5gのスピログリコール(0.12mol)、および50ppmのTi(チタンテトラ−イソプロポキシドを基にする)の混合物を、窒素用入口、金属撹拌器、および短い蒸留カラムを備える500ミリリットルのフラスコに入れた。フラスコを、予め200℃に加熱したWoodの金属浴に入れ、そしてフラスコの内容物を200℃〜210℃で1時間加熱し、次いで275℃に1.5時間かけて加熱した。275℃の時点で、圧力0.5mmHgを次の15分間に亘って徐々に適用した。フルバキュームを全体で約18分間維持して過剰の未反応ジオールを除去して溶融粘度を高めた。高溶融粘度、明澄、黄/茶のポリマーが、ガラス転移温度100℃およびインヘレント粘度0.80dL/gで得られた。GPCによって評価される分子量分布は4.61であった。この物質のb*(3mmのスクリーンを通過するように粉砕したもの)は、15.3である。

当業者には、本発明において、本発明の範囲または精神から逸脱することなく種々の改変および変更をなすことが可能であることが明らかとなろう。本発明の他の態様は、本明細書に開示する発明の詳述および実施を考慮すれば当業者には明らかであろう。明細書および例が例示のみとして解釈され、発明の真の範囲および精神が特許請求の範囲によって示されることが意図される。

当業者には、本発明において、本発明の範囲または精神から逸脱することなく種々の改変および変更をなすことが可能であることが明らかとなろう。本発明の他の態様は、本明細書に開示する発明の詳述および実施を考慮すれば当業者には明らかであろう。明細書および例が例示のみとして解釈され、発明の真の範囲および精神が特許請求の範囲によって示されることが意図される。
本発明は以下の態様を有する。
[1] (a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そしてグリコール成分の総モル%が100モル%である、ポリエステル組成物。
[2] スピログリコールが、約20〜約45モル%の量で存在する、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[3] スピログリコールが、約20〜約40モル%の量で存在する、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[4] スピログリコールが、約25〜約40モル%の量で存在する、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[5] ポリエステルのインヘレント粘度が、0.5〜1dL/gである、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[6] ポリエステルのインヘレント粘度が、0.60〜0.75dL/gである、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[7] ポリエステルが、エチレングリコールを含有しない、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[8] ポリエステルが、Tg95℃〜140℃を有する、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[9] ポリエステルが、Tg95℃〜120℃を有する、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[10] ポリエステルが、ジエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、ネオペンチルグリコール、ポリテトラメチレングリコール、1,5−ペンタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、p−キシレングリコール、1,3−プロパンジオールおよび1,4−ブタンジオールまたはこれらの混合物から選択される少なくとも1種の改質用グリコールを含む、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[11] 2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基が、30〜70モル%のシス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基と30〜70モル%のトランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基とを含む混合物である、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[12] 2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基が、40〜60モル%のシス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基と40〜60モル%のトランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基とを含む混合物である、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[13] 上記[1]に記載のポリエステル組成物を含み、そしてポリ(エーテルイミド)、ポリフェニレンオキサイド、ポリ(フェニレンオキサイド)/ポリスチレンブレンド物、ポリスチレンレジン、ポリフェニレンスルフィド、ポリフェニレンスルフィド/スルホン、ポリ(エステルカーボネート)、ポリカーボネート、ポリスルホン、ポリスルホンエーテル、ポリ(エーテル−ケトン)、上記[1]のもの以外のポリエステル、およびこれらの混合物の少なくとも1種のポリマーを含む、ブレンド物。
[14] 着色剤、型離型剤、リン化合物、可塑剤、成核剤、UV安定剤、ガラス繊維、カーボン繊維、フィラー、衝撃改質剤、またはこれらの混合物から選択される少なくとも1種の添加剤を含む、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[15] 本発明において有用なポリエステルについての、L * * * 色系によって評価したときのb * 色値が、−12から12未満である、上記[1]に記載のポリエステル組成物。
[16] 上記[1]に記載のポリエステル組成物を含む製品であって、フィルムまたはシートを含む、製品。
[17] 上記[1]に記載のポリエステル組成物を含む製品であって、熱形成されたフィルムまたはシートを含む、製品。
[18] (I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、混合物を加熱するステップであって、該混合物が
(a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
(ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
を含むジカルボン酸成分:ならびに
(b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
(ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
を含むグリコール成分:
を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
グリコール成分の総モル%が100モル%である、
混合物であるステップ;
(II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
(VI)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
を含む、ポリエステルの製造方法であって、
該方法の間、ポリエステルの分子量分布が2.5未満である、方法。
[19] ポリエステル組成物が、分子量分布2.5未満を有する、上記[1]に記載のポリエステル組成物。

Claims (19)

  1. (a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
    (ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
    を含むジカルボン酸成分:ならびに
    (b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
    (ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
    を含むグリコール成分:
    を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
    ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そしてグリコール成分の総モル%が100モル%である、ポリエステル組成物。
  2. スピログリコールが、約20〜約45モル%の量で存在する、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  3. スピログリコールが、約20〜約40モル%の量で存在する、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  4. スピログリコールが、約25〜約40モル%の量で存在する、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  5. ポリエステルのインヘレント粘度が、0.5〜1dL/gである、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  6. ポリエステルのインヘレント粘度が、0.60〜0.75dL/gである、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  7. ポリエステルが、エチレングリコールを含有しない、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  8. ポリエステルが、Tg95℃〜140℃を有する、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  9. ポリエステルが、Tg95℃〜120℃を有する、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  10. ポリエステルが、ジエチレングリコール、1,2−プロパンジオール、ネオペンチルグリコール、ポリテトラメチレングリコール、1,5−ペンタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、p−キシレングリコール、1,3−プロパンジオールおよび1,4−ブタンジオールまたはこれらの混合物から選択される少なくとも1種の改質用グリコールを含む、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  11. 2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基が、30〜70モル%のシス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基と30〜70モル%のトランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基とを含む混合物である、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  12. 2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基が、40〜60モル%のシス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基と40〜60モル%のトランス2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基とを含む混合物である、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  13. 請求項1に記載のポリエステル組成物を含み、そしてポリ(エーテルイミド)、ポリフェニレンオキサイド、ポリ(フェニレンオキサイド)/ポリスチレンブレンド物、ポリスチレンレジン、ポリフェニレンスルフィド、ポリフェニレンスルフィド/スルホン、ポリ(エステルカーボネート)、ポリカーボネート、ポリスルホン、ポリスルホンエーテル、ポリ(エーテル−ケトン)、請求項1のもの以外のポリエステル、およびこれらの混合物の少なくとも1種のポリマーを含む、ブレンド物。
  14. 着色剤、型離型剤、リン化合物、可塑剤、成核剤、UV安定剤、ガラス繊維、カーボン繊維、フィラー、衝撃改質剤、またはこれらの混合物から選択される少なくとも1種の添加剤を含む、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  15. 本発明において有用なポリエステルについての、L***色系によって評価したときのb*色値が、−12から12未満である、請求項1に記載のポリエステル組成物。
  16. 請求項1に記載のポリエステル組成物を含む製品であって、フィルムまたはシートを含む、製品。
  17. 請求項1に記載のポリエステル組成物を含む製品であって、熱形成されたフィルムまたはシートを含む、製品。
  18. (I)触媒の存在下、温度150〜240℃で、初期ポリエステルを生成するのに十分な時間、混合物を加熱するステップであって、該混合物が
    (a)(i)約80〜約100モル%のテレフタル酸残基;
    (ii)約0〜約20モル%の、20個以下の炭素原子を有する芳香族および/または脂肪族のジカルボン酸残基;
    を含むジカルボン酸成分:ならびに
    (b)(i)約1〜約49モル%のスピログリコール残基;および
    (ii)約51〜約99モル%の、1,4−シクロヘキサンジメタノール残基および2,2,4,4−テトラメチル−1,3−シクロブタンジオール残基の少なくとも1種から選択される少なくとも1種のグリコール;
    を含むグリコール成分:
    を含む少なくとも1種のポリエステルを含み、
    ジカルボン酸成分の総モル%が100モル%であり、そして
    グリコール成分の総モル%が100モル%である、
    混合物であるステップ;
    (II)ステップ(I)の該初期ポリエステルを、温度240〜320℃で1〜4時間加熱するステップ;ならびに
    (VI)任意の未反応グリコールを除去するステップ;
    を含む、ポリエステルの製造方法であって、
    該方法の間、ポリエステルの分子量分布が2.5未満である、方法。
  19. ポリエステル組成物が、分子量分布2.5未満を有する、請求項1に記載のポリエステル組成物。
JP2011542134A 2008-12-18 2009-12-17 スピログリコール、シクロヘキサンジメタノールおよびテレフタル酸を含むポリエステル組成物 Expired - Fee Related JP5591258B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US12/338,453 2008-12-18
US12/338,453 US8895654B2 (en) 2008-12-18 2008-12-18 Polyester compositions which comprise spiro-glycol, cyclohexanedimethanol, and terephthalic acid
PCT/US2009/006607 WO2010080117A1 (en) 2008-12-18 2009-12-17 Polyester compositions which comprise spiro-glycol, cyclohexanedimethanol, and terephthalic acid

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2012512936A true JP2012512936A (ja) 2012-06-07
JP5591258B2 JP5591258B2 (ja) 2014-09-17

Family

ID=41800549

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011542134A Expired - Fee Related JP5591258B2 (ja) 2008-12-18 2009-12-17 スピログリコール、シクロヘキサンジメタノールおよびテレフタル酸を含むポリエステル組成物

Country Status (6)

Country Link
US (1) US8895654B2 (ja)
EP (1) EP2358786B1 (ja)
JP (1) JP5591258B2 (ja)
KR (1) KR101851013B1 (ja)
CN (1) CN102257031B (ja)
WO (1) WO2010080117A1 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017159524A1 (ja) * 2016-03-15 2017-09-21 三菱瓦斯化学株式会社 ポリエステル樹脂

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
TWI608031B (zh) 2015-11-04 2017-12-11 財團法人工業技術研究院 聚酯及其製造方法
EP3387041B1 (en) * 2015-12-08 2019-11-06 SABIC Global Technologies B.V. Translucent laser weldable thermoplastic compositions and laser-welded products
CN108641071B (zh) * 2018-03-19 2019-10-18 苏州长业材料技术有限公司 一种聚酯树脂及其制备方法与应用

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003292593A (ja) * 2002-04-04 2003-10-15 Mitsubishi Gas Chem Co Inc ポリエステル樹脂
JP2004067973A (ja) * 2002-08-09 2004-03-04 Mitsubishi Gas Chem Co Inc ポリエステル樹脂及びその製造方法
JP2005343953A (ja) * 2004-06-01 2005-12-15 Mitsubishi Gas Chem Co Inc ポリエステルフィルム
JP2008297336A (ja) * 2007-05-29 2008-12-11 Toray Ind Inc ポリエステル樹脂組成物の製造方法

Family Cites Families (341)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2720A (en) 1842-07-16 Methob of and machine foe manufacturing wire ropes
US507A (en) 1837-12-07 John crabtree
NL16356C (ja) 1924-07-22
GB478303A (en) 1936-07-13 1938-01-13 Henry Dreyfus Improvements in the manufacture of ketene, acetic anhydride or a homologue thereof
GB478326A (en) 1936-07-17 1938-01-17 Henry Dreyfus Improvements in the manufacture of ketene, acetic anhydride or a homologue thereof
US2278537A (en) 1937-10-19 1942-04-07 Celanese Corp Manufacture of aliphatic compounds
US2720507A (en) 1952-10-03 1955-10-11 Eastman Kodak Co Organo-metallic tin catalysts for preparation of polyesters
US2806064A (en) 1954-02-23 1957-09-10 Celanese Corp Production of anhydrous ketenes
BE592181A (ja) 1955-12-22
US2945008A (en) 1956-08-23 1960-07-12 Eastman Kodak Co Condensation polymers derived from spiroglycols
IT595468A (ja) 1957-08-22
US2936324A (en) 1958-04-14 1960-05-10 Eastman Kodak Co Preparation of 2, 2, 4, 4-tetraalkylcyclobutane-1, 3-diols
US3030335A (en) 1959-01-02 1962-04-17 Gen Electric Aromatic polycarbonate reaction products
FR1291273A (fr) 1959-01-21 1962-04-20 Eastman Kodak Co Nouveau procédé pour la préparation d'un superpolyester linéaire et produit obtenu
US3075952A (en) 1959-01-21 1963-01-29 Eastman Kodak Co Solid phase process for linear superpolyesters
GB993121A (en) 1959-01-21 1965-05-26 Eastman Kodak Co Linear superpolyester production
US3201474A (en) 1959-09-24 1965-08-17 Eastman Kodak Co Process of manufacturing dialkyl ketenes
FR1278284A (fr) 1959-12-18 1961-12-08 Kodak Pathe Nouveaux polymères dérivés des 2, 2, 4, 4-tétraalcoyl-1, 3-cyclobutanediols et leurs applications industrielles
FR83790E (fr) 1959-12-18 1964-10-09 Kodak Pathe Nouveaux polymères dérivés des 2, 2, 4, 4-tétraalcoyl-1, 3-cyclobutanediols et leurs applications industrielles
US3313777A (en) 1959-12-18 1967-04-11 Eastman Kodak Co Linear polyesters and polyester-amides from 2, 2, 4, 4-tetraalkyl-1, 3-cyclobutanediols
US3000906A (en) 1960-02-05 1961-09-19 Eastman Kodak Co Purification of pivalolactone
US3062852A (en) 1960-03-30 1962-11-06 Eastman Kodak Co Esters of 2, 2, 4, 4-tetraalkylcyclobutane-1, 3-diols
US3227764A (en) 1960-12-30 1966-01-04 Eastman Kodak Co Separation of cis and trans isomers of tetraalkyl - 1,3 - cyclobutanediols and novel compound obtained thereby
US3207814A (en) 1961-01-03 1965-09-21 Gen Electric Carbonate-polyester copolymer resinous compositions
US3091600A (en) 1961-01-05 1963-05-28 Eastman Kodak Co Linear aromatic acid copolyesters modified with dimer glycols having 36 carbons
US3236899A (en) 1961-02-23 1966-02-22 Eastman Kodak Co Treatment of 2, 2, 4, 4-tetraalkyl-1, 3-cyclobutanediols
US3360547A (en) 1961-05-01 1967-12-26 Eastman Kodak Co Polyesters of tetraalkylcyclobutanediol
US3259469A (en) 1961-07-26 1966-07-05 Eastman Kodak Co Apparatus for manufacturing ketenes
US3218372A (en) 1961-08-18 1965-11-16 Kunoshima Kagaku Kogyo Kabushi Molding material and molded articles
US3287390A (en) 1961-08-21 1966-11-22 Mcneilab Inc 2, 2, 4, 4-tetramethylcyclobutyl compounds
US3254047A (en) 1961-09-14 1966-05-31 Eastman Kodak Co Additives for increasing modulus of elasticity of polycarbonate films
US3317466A (en) 1961-09-14 1967-05-02 Eastman Kodak Co Three-dimensional polycyclic bisphenol polycarbonates and polyesters
US3190928A (en) 1961-09-27 1965-06-22 Eastman Kodak Co Preparation of tetraalkylcyclo-butanediols
US3249652A (en) 1962-10-24 1966-05-03 Du Pont Segmented copolyester of 2, 2, 4, 4-tetramethyl-1, 3-cyclobutylene terephthalate andethylene terephthalate
DE1520178A1 (de) 1963-02-09 1969-12-04 Kalle Ag Verfahren zur Herstellung von Polyaethylenterephthalat
US3312741A (en) 1963-04-29 1967-04-04 Eastman Kodak Co 2, 2-dialkyl-3-alkoxy cyclobutanone derivatives
US3288854A (en) 1963-07-05 1966-11-29 Eastman Kodak Co Addition of dialkylketenes to alkoxyacetylenes
US3329722A (en) 1964-01-10 1967-07-04 Englehard Ind Inc Production of 3-hydroxy-2, 2, 4, 4-tetraalkyl-cyclobutanones
DE1997729U (de) 1964-05-04 1968-12-05 Eastman Kodak Co Vorrichtung zur herstellung von ketenen durch pyrolyse von zu ketenen spaltbaren verbindungen
GB1090241A (en) 1964-05-13 1967-11-08 Kodak Ltd Polyester insulating layers
FR1434658A (fr) 1964-05-13 1966-04-08 Eastman Kodak Co Conducteurs électriques à nouvelle couche isolante
FR1456345A (fr) 1964-12-07 1966-10-21 Eastman Kodak Co Nouveau procédé de préparation de polyesters et nouveaux produits obtenus
US3544514A (en) 1965-01-15 1970-12-01 Bayer Ag Process for the production of thermoplastic polycarbonates
US3366689A (en) 1965-03-31 1968-01-30 Daikin Ind Ltd Process for manufacturing ketenes
FR1432471A (fr) 1965-05-12 1966-03-18 Eastman Kodak Co Procédé de préparation de diols cycliques par hydrogénation catalytique des cétones correspondantes
US3484339A (en) 1966-05-02 1969-12-16 Eastman Kodak Co Blends of polyesters containing free carboxyl groups and laminate thereof
US3541059A (en) 1967-04-19 1970-11-17 Calgon C0Rp Novel reaction products of glycidyl esters and alkali metal sulfite or bisulfite,and polymers thereof
US3502620A (en) 1967-05-11 1970-03-24 Eastman Kodak Co Branched polyesters containing terminal carboxyl groups
US3546177A (en) 1968-03-07 1970-12-08 Eastman Kodak Co Polyesters containing sterically hindered trialkyl phosphates
GB1278284A (en) 1969-08-16 1972-06-21 Norman Wood Improvements in or relating to the manufacture of resonators of stringed musical instruments
US3629202A (en) 1969-09-12 1971-12-21 Eastman Kodak Co Treating polyesters with organic acids for improved stability
UST873016I4 (en) 1969-11-28 1970-04-28 Defensive publication
JPS4920078B1 (ja) 1970-09-26 1974-05-22
BE774720A (fr) 1970-11-02 1972-02-14 Fiber Industries Inc Polyesters thermo-stabilises et leur procede de fabrication
BE794938A (fr) 1972-02-02 1973-08-02 Eastman Kodak Co Nouveau procede de preparation de copolyesters et applications
US3915913A (en) 1972-08-15 1975-10-28 Eastman Kodak Co Hot melt polymer blends
US3799953A (en) 1972-09-01 1974-03-26 Bayer Ag 1,4-bis(4,'4''-dihydroxy-triphenylmethyl)benzene
US3907754A (en) 1974-06-19 1975-09-23 Eastman Kodak Co Process and catalyst-inhibitor system for preparing synthetic linear polyester
US4056504A (en) 1974-08-16 1977-11-01 Bayer Aktiengesellschaft Polycarbonate molding compositions
US3962189A (en) 1974-11-01 1976-06-08 Eastman Kodak Company Process and catalyst-inhibitor systems for preparing synthetic linear polyesters
US4010145A (en) 1975-05-12 1977-03-01 Eastman Kodak Company Process and catalyst inhibitor systems for preparing synthetic linear polyesters
US4185009A (en) 1975-01-03 1980-01-22 Bayer Aktiengesellschaft Branched, high-molecular weight thermoplastic polycarbonates
US4001184A (en) 1975-03-31 1977-01-04 General Electric Company Process for preparing a branched polycarbonate
US4046933A (en) 1975-09-16 1977-09-06 Ppg Industries, Inc. Laminated window structure and its method of fabrication
US4156069A (en) 1976-04-02 1979-05-22 Allied Chemical Corporation Bisphenol-A/terephthalate/carbonate melt processable copolymers
US4084889A (en) 1976-07-28 1978-04-18 Vischer Optics, Inc. Eyeglass frame
US4391954A (en) 1976-12-14 1983-07-05 General Electric Company Thermoplastic molding composition
US4188314A (en) 1976-12-14 1980-02-12 General Electric Company Shaped article obtained from a carbonate-polyester composition
US4125572A (en) 1976-12-14 1978-11-14 General Electric Company Thermoplastic molding composition
US4160383A (en) 1977-12-27 1979-07-10 Will Ross Inc. Unitary sample-vent-valve assembly
DE2842004A1 (de) 1978-09-27 1980-04-10 Bayer Ag Verfahren zur herstellung von modifizierten polycarbonat-formmassen
US4194038A (en) 1979-01-25 1980-03-18 Allied Chemical Corporation Poly(ester-carbonates) from dicarboxylic acid chlorides
DE2921868C2 (ja) 1979-05-30 1988-08-25 Obser, Karl, 8000 Muenchen, De
US4263364A (en) 1979-12-14 1981-04-21 Eastman Kodak Company Stampable reinforced thermoplastic polyester sheets
JPS6113488B2 (ja) 1979-12-21 1986-04-14 Daicel Chem
DE3164692D1 (en) 1980-04-30 1984-08-16 Dainippon Ink & Chemicals Ultraviolet-transmissible composition
EP0078609B1 (en) 1980-04-30 1987-05-06 Imperial Chemical Industries Plc 3-hydroxybutyric acid polymers
US4430484A (en) 1981-01-14 1984-02-07 General Electric Company Polyester-carbonate resin blends
US4356299A (en) 1982-02-04 1982-10-26 Rohm And Haas Company Catalyst system for a polyethylene terephthalate polycondensation
US4384106A (en) 1982-03-09 1983-05-17 Owens-Illinois, Inc. Copolyesters
US4379802A (en) 1982-04-21 1983-04-12 Eastman Kodak Company Stampable reinforced thermoplastic polyester sheet with improved surface finish
US4424140A (en) 1982-06-03 1984-01-03 Union Carbide Corporation Stabilization of polycondensation catalysts
US4431793A (en) 1982-06-09 1984-02-14 General Electric Company Aromatic polycarbonate end capped with branched chain alkyl acyl halide or acid
US4786692A (en) 1982-12-20 1988-11-22 General Electric Company High strength, reduced heat distortion temperature thermoplastic composition
US4469861A (en) 1982-12-27 1984-09-04 General Electric Company Polycarbonate composition from branched chain dihydric phenol
US4465820A (en) 1983-06-03 1984-08-14 General Electric Company Copolyestercarbonates
US4426512A (en) 1983-06-09 1984-01-17 Eastman Kodak Company Polyester containers having improved gas barrier properties
US4452933A (en) 1983-06-09 1984-06-05 General Electric Company Stabilized polyester-polycarbonate blends and stabilization process therefor
US4578437A (en) 1983-08-01 1986-03-25 Eastman Kodak Company Copolyester/polyester blends having reduced carbon dioxide permeability
US4480086A (en) 1983-09-09 1984-10-30 Eastman Kodak Company Radiation-resistant copolyesters
US4525504A (en) 1983-10-24 1985-06-25 Eastman Kodak Company Stabilized polyester compositions suitable for outdoor applications
US4642959A (en) 1983-11-29 1987-02-17 Swiech Jr Tom E Vending machine panels
US4939186A (en) 1984-02-10 1990-07-03 General Electric Company Enhancing color stability to sterilizing radiation of polymer compositions
US4578295A (en) 1984-07-16 1986-03-25 Owens-Illinois, Inc. High barrier polymer blend and articles prepared therefrom
JPS61213147A (en) 1985-03-18 1986-09-22 Kanegafuchi Chemical Ind Aromatic group polyester group laminate and liquid-crystal display part
US5239020A (en) 1985-08-21 1993-08-24 Eastman Kodak Company Polyester/polycarbonate blends
AU603076B2 (en) 1985-12-09 1990-11-08 W.R. Grace & Co.-Conn. Polymeric products and their manufacture
EP0273144A3 (en) 1986-12-15 1990-03-21 General Electric Company Cross-linked branched polycarbonate composition
JPH0741907B2 (ja) 1986-12-27 1995-05-10 三菱瓦斯化学株式会社 多層容器
GB8705712D0 (en) 1987-03-11 1987-04-15 Du Pont Canada Lid for food trays
SE8702840D0 (sv) 1987-07-10 1987-07-10 Plm Ab Barrierforsterkning
US4749773A (en) 1987-07-27 1988-06-07 Eastman Kodak Company Condensation polymers containing methine ultraviolet radiation-absorbing residues and shaped articles produced therefrom
US5326821A (en) * 1987-10-28 1994-07-05 Unitika Ltd. Resin composition for powder coatings
JP2608429B2 (ja) 1987-11-09 1997-05-07 東レ・ダウコーニング・シリコーン株式会社 パターン形成用材料およびパターン形成方法
US4882412A (en) 1987-11-30 1989-11-21 Eastman Kodak Company Polyester polymer containing the residue of the UV absorbing benzopyran compound and shaped articles produced therefrom
US4892922A (en) 1987-11-30 1990-01-09 Eastman Kodak Company Polyester polymer containing the residue of a benzopyran colorant compound and shaped articles produced therefrom
US4981898A (en) 1987-12-31 1991-01-01 General Electric Company Polycarbonate-polyester blends
US4826903A (en) 1988-02-22 1989-05-02 Eastman Kodak Company Condensation polymer containing the residue of an acyloxystyrl compound and shaped articles produced therefrom
US4892923A (en) 1988-02-22 1990-01-09 Eastman Kodak Company Polyester compositions containing the residue of a naphthopyran compound and shaped articles produced therefrom
GB2216919B (en) 1988-04-08 1991-11-13 Stc Plc Kiosk housing for telephone equipment
US4976057A (en) 1988-07-21 1990-12-11 Bianchi Dennis R Simulated neon sign
US4845188A (en) 1988-08-19 1989-07-04 Eastman Kodak Company Condensation polymers containing methine ultraviolet radiation-absorbing residues and shaped articles produced therefrom
CA2004300C (en) 1988-12-01 1999-05-11 Motoshige Hayashi Process for producing polyester resin foam and polyester resin foam sheet
US4937134A (en) 1989-04-17 1990-06-26 The Dow Chemical Company Elastomeric optical interference films
US5326584A (en) 1989-04-24 1994-07-05 Drexel University Biocompatible, surface modified materials and method of making the same
US5191038A (en) 1989-06-01 1993-03-02 General Electric Company Preparation of branched polycarbonate composition from cyclic aromatic polycarbonate oligomer, polyhydric phenol and polycarbonate
US5017679A (en) 1989-08-30 1991-05-21 Eastman Kodak Company Polyesters terminated with carboxycyclohexanecarboxylate groups
JPH03207743A (en) 1990-01-09 1991-09-11 Mitsubishi Rayon Co Ltd Methacrylic resin molded material having excellent transmittance and diffusibility of light
CA2035149A1 (en) 1990-02-06 1991-08-07 Charles E. Lundy Blends of polycarbonates and aliphatic polyesters
IE65907B1 (en) 1990-02-26 1995-11-29 Lonza Ag New 3-hydroxy-2-cyclobuten-1-one salts their preparation and use
US5224958A (en) 1990-05-04 1993-07-06 The Research Foundation Of State University Of New York Silicone elastomer line prosthetic devices and methods of manufacture
US5017680A (en) 1990-07-03 1991-05-21 Eastman Kodak Company Process and catalyst-inhibitor systems for preparing poly(ethylene terephthalate)
US5486562A (en) 1990-07-12 1996-01-23 General Electric Company Modifications of poly(alkylene cyclohexanedicarboxylate) blends
AU649710B2 (en) 1990-09-11 1994-06-02 Mitsubishi Gas Chemical Company, Inc. Polyamide resin composition and film therefrom
US5104450A (en) 1990-09-26 1992-04-14 Eastman Kodak Company Formulations of cellulose esters with arylene-bis(diaryl phosphate)s
US5219510A (en) 1990-09-26 1993-06-15 Eastman Kodak Company Method of manufacture of cellulose ester film
DE4036359A1 (de) 1990-11-15 1992-05-21 Hoechst Ag Verfahren zur verminderung der verfaerbung einer kunststoff-formmasse bei der verarbeitungstemperatur
US6495656B1 (en) 1990-11-30 2002-12-17 Eastman Chemical Company Copolyesters and fibrous materials formed therefrom
JP3362040B2 (ja) 1990-11-30 2003-01-07 イーストマン ケミカル カンパニー 脂肪族−芳香族コポリエステル
US5292783A (en) 1990-11-30 1994-03-08 Eastman Kodak Company Aliphatic-aromatic copolyesters and cellulose ester/polymer blends
US5118760A (en) 1990-12-26 1992-06-02 Eastman Kodak Company Impact resistant polymer blends
US5142088A (en) 1991-01-28 1992-08-25 General Electric Company Preparation of branched polycarbonates and chloroformates, and intermediates therefor
US5434227A (en) 1991-05-08 1995-07-18 Daicel Chemical Industries, Ltd. Process for producing polycarbonate
JP2613502B2 (ja) 1991-05-31 1997-05-28 新日本製鐵株式会社 制振材料用粘弾性樹脂組成物
US5310787A (en) 1991-06-04 1994-05-10 Du Pont-Mitsui Polychemicals Co., Ltd. Polyester packaging material
US5343317A (en) 1991-06-17 1994-08-30 Seiko Epson Corporation Optically compensating film, optical compensator, and liquid crystal display incorporating the same
US5169994A (en) 1991-08-20 1992-12-08 Eastman Kodak Company Process for the manufacture of 2,2,4,4-tetramethycyclobutanediol
US5256761A (en) 1991-09-23 1993-10-26 Eastman Kodak Company Polyester coatings containing covalently-bound mesogenic monomers
EP0535930B1 (en) 1991-10-04 1997-01-02 Oki Electric Industry Co., Ltd. Thermoreversible recording material, thermoreversible recording medium and recording method
JP2797804B2 (ja) 1992-01-09 1998-09-17 日本電気株式会社 バックライト及び液晶表示装置
US5207967A (en) 1992-03-02 1993-05-04 Eastman Kodak Company Multicomponent polyester/polycarbonate blends with improved impact strength and processability
US5422189A (en) 1992-10-01 1995-06-06 Minnesota Mining And Manufacturing Company Flexible optically uniform sign face substrate
BE1006297A3 (nl) 1992-10-26 1994-07-12 Axxis Nv Kunststofplaat, een werkwijze voor de vervaardiging daarvan en vormdelen die de plaat bevatten.
US5494992A (en) 1993-01-29 1996-02-27 Daicel Chemical Industries, Ltd. (Co)polycarbonate and process for producing the same
US5288764A (en) 1993-01-29 1994-02-22 Amoco Corporation Increased throughput in foaming and other melt fabrication of polyester
US5258556A (en) 1993-02-01 1993-11-02 Eastman Kodak Company Process for the manufacture of 2,2,4,4-tetramethylcyclobutanediol
US5372879A (en) 1993-02-22 1994-12-13 Teijin Limited Biaxially oriented polyester film
CN1099044A (zh) 1993-04-16 1995-02-22 大世吕化学工业株式会社 (共)聚碳酸酯的制备方法
US5382292A (en) 1993-07-28 1995-01-17 Eastman Kodak Company Edge guide lubricating fluid delivery apparatus
US5372864A (en) 1993-09-03 1994-12-13 Eastman Chemical Company Toners for polyesters
IL110514D0 (en) 1993-10-04 1994-10-21 Eastman Chem Co Concentrates for improving polyester compositions and a method for preparing such compositions
US5354791A (en) 1993-10-19 1994-10-11 General Electric Company Epoxy-functional polyester, polycarbonate with metal phosphate
US5378796A (en) 1994-02-09 1995-01-03 Eastman Chemical Company Process for preparing copolyesters
US5475144A (en) 1994-06-08 1995-12-12 The University Of Delaware Catalyst and process for synthesis of ketenes from carboxylic acids
US5750219A (en) 1994-08-25 1998-05-12 Nkk Corporation Ester copolymer resin, alloy thereof and packaging material using the same
US5442036A (en) 1994-09-06 1995-08-15 Eastman Chemical Company Branched copolyesters especially suitable for extrusion blow molding
US5498668A (en) 1994-10-31 1996-03-12 Eastman Chemical Company Blends of certain polyesters with acrylics
EP0714764A3 (en) 1994-12-02 1997-03-05 Gen Electric Improved impact resistant laminate
US5534609A (en) 1995-02-03 1996-07-09 Osi Specialties, Inc. Polysiloxane compositions
CA2171584A1 (en) 1995-04-11 1996-10-12 James P. Mason Compositions having low birefringence
US5480926A (en) 1995-04-28 1996-01-02 Eastman Chemical Company Blends of ultraviolet absorbers and polyesters
US5650453A (en) 1995-04-28 1997-07-22 General Electric Company UV curable epoxysilicone blend compositions
EP0745628B1 (en) 1995-05-31 2002-04-03 Shell Internationale Research Maatschappij B.V. Copolyester composition
JP4025890B2 (ja) 1995-06-22 2007-12-26 スリーエム カンパニー カプセル封入レンズ再帰反射性シーティング
JP3200338B2 (ja) 1995-08-30 2001-08-20 帝人株式会社 芳香族ポリカーボネートの製造方法
US5506014A (en) 1995-09-01 1996-04-09 Eastman Chemical Company Pet copolyesters containing succinic and naphthalenedicarboxylic acid moieties having improved barrier properties
US5868704A (en) 1995-09-18 1999-02-09 W. L. Gore & Associates, Inc. Balloon catheter device
US5633340A (en) 1995-09-21 1997-05-27 Eastman Chemical Company Polyester molding compositions
US5696176A (en) 1995-09-22 1997-12-09 Eastman Chemical Company Foamable polyester compositions having a low level of unreacted branching agent
US5552512A (en) 1995-10-06 1996-09-03 Eastman Chemical Company Thermoplastic copolyesters having improved gas barrier properties
AUPN605595A0 (en) 1995-10-19 1995-11-09 Amcor Limited A hot fill container
US5608031A (en) 1995-11-30 1997-03-04 Eastman Chemical Company Polyesters modified with 1,4-cyclohexaned imethanol having high clarity prepared utilizing an antimony containing catalyst/stabilizer system
US5688874A (en) 1995-12-22 1997-11-18 Eastman Chemical Company Process for preparing blends of poly(ethylene terephthalate) and poly(ethylene 2,6-naphthalenedicarboxylate)
TW381104B (en) 1996-02-20 2000-02-01 Eastman Chem Co Process for preparing copolyesters of terephthalic acid, ethylene glycol, and 1,4-cyclohexanedimethanol
JP3745776B2 (ja) 1996-04-05 2006-02-15 帝人株式会社 ボトル用エチレンテレフタレート/エチレン―2,6―ナフタレンジカルボキシレート共重合体
US5656715A (en) 1996-06-26 1997-08-12 Eastman Chemical Company Copolyesters based on 1,4-cyclohexanedimethanol having improved stability
US5977347A (en) 1996-07-30 1999-11-02 Daicel Chemical Industries, Ltd. Cellulose acetate propionate
US5814679A (en) 1996-10-18 1998-09-29 General Electric Company Premium release photo-curable silicone compositions
US5783307A (en) 1996-11-04 1998-07-21 Eastman Chemical Company UV stabilized multi-layer structures with detectable UV protective layers and a method of detection
US5863622A (en) 1996-12-05 1999-01-26 Hoechst Celanese Corporation Polarizer laminates comprising coextruded liquid crystal polymer moieties and integral thermoplastic cover layers
US6043322A (en) 1996-12-28 2000-03-28 Eastman Chemical Company Clear polycarbonate and polyester blends
US6005059A (en) 1996-12-28 1999-12-21 Eastman Chemical Company Clear polycarbonate and polyester blends
US6011124A (en) 1996-12-28 2000-01-04 Eastman Chemical Company Blends of bisphenol a polycarbonate and polyesters
US5942585A (en) 1996-12-28 1999-08-24 Eastman Chemical Company Polycarbonate and polyester blends
US5955565A (en) 1996-12-28 1999-09-21 Eastman Chemical Company Polyesters from terephthalic acid, 2,2,4,4-tetramethyl-1,3-cyclobutanediol and ethylene glycol
US6037424A (en) 1996-12-28 2000-03-14 Eastman Chemical Company Clear blends of polycarbonates and polyesters
US5989663A (en) 1996-12-30 1999-11-23 Eastman Chemical Company Blow-molding polyesters from terephthalic acid, 2, 2, 4, 4-tetramethyl-1,3-cyclobutanediol, and ethylene glycol
US6084019A (en) 1996-12-31 2000-07-04 Eastman Chemical Corporation High I.V. polyester compositions containing platelet particles
US5859116A (en) 1997-01-21 1999-01-12 Eastman Chemical Company Clarity and adjustable shrinkage of shrink films using miscible polyester blends
US6114575A (en) 1997-03-25 2000-09-05 Bp Amoco Corporation Process for preparing 2,6-naphthalenedicarboxylic acid
US5902631A (en) 1997-06-03 1999-05-11 Wang; Lixiao Lubricity gradient for medical devices
DE19727709A1 (de) 1997-06-30 1999-01-07 Bayer Ag Verfahren zur Herstellung von verzweigten Polycarbonaten
US6309718B1 (en) 1997-07-25 2001-10-30 Eastman Chemical Company Large polyester containers and method for making same
FR2766964B1 (fr) 1997-07-29 1999-10-29 Pixtech Sa Procede d'assemblage sous vide d'un ecran plat de visualisation
US5958539A (en) 1997-08-26 1999-09-28 Eastman Chemical Company Thermoplastic article having textile fiber fabric embedded therein
US5907026A (en) 1997-08-27 1999-05-25 General Electric Company Polycarbonate compositions comprising polyester resins and ultraviolet light absorbers
SG70651A1 (en) 1997-09-15 2000-02-22 Gen Electric Aliphatic polyester-acrylic blend molding composition having good ductility and weatherability
US6030671A (en) 1998-01-09 2000-02-29 Msc Specialty Films, Inc. Low emissivity window films
US5925507A (en) 1998-01-14 1999-07-20 Eastman Kodak Company Photographic film base and photographic elements
JP2002500931A (ja) 1998-01-23 2002-01-15 ポール・コーポレーション 生物学的流体処理システム
JP3628165B2 (ja) 1998-02-05 2005-03-09 三井化学株式会社 ポリエステルおよびその用途
US6846440B2 (en) 1998-03-17 2005-01-25 Eastman Chemical Company Polyester resin compositions for calendering
DE19811773A1 (de) 1998-03-18 1999-09-23 Wolff Walsrode Ag Thermoplastische, biologisch abbaubare und kompostierbare opake Folie und Verfahren zu deren Herstellung
US6012597A (en) 1998-03-18 2000-01-11 Mitsubishi Plastics, Inc. Polyester bottle with a handle and method of manufacturing the same
US6063465A (en) 1998-04-23 2000-05-16 Hna Holdings, Inc. Polyester container and method for making same
US5958581A (en) 1998-04-23 1999-09-28 Hna Holdings, Inc. Polyester film and methods for making same
US5959066A (en) 1998-04-23 1999-09-28 Hna Holdings, Inc. Polyesters including isosorbide as a comonomer and methods for making same
US6063495A (en) 1998-04-23 2000-05-16 Hna Holdings, Inc. Polyester fiber and methods for making same
US6140422A (en) 1998-04-23 2000-10-31 E.I. Dupont De Nemours And Company Polyesters including isosorbide as a comonomer blended with other thermoplastic polymers
US6063464A (en) 1998-04-23 2000-05-16 Hna Holdings, Inc. Isosorbide containing polyesters and methods for making same
US6025061A (en) 1998-04-23 2000-02-15 Hna Holdings, Inc. Sheets formed from polyesters including isosorbide
US6126992A (en) 1998-04-23 2000-10-03 E.I. Dupont De Nemours And Company Optical articles comprising isosorbide polyesters and method for making same
US6150494A (en) 1998-04-30 2000-11-21 Eastman Chemical Company Polymers containing optical brightener compounds copolymerized therein and methods of making and using therefor
GB9902808D0 (en) 1998-05-06 1999-03-31 Dow Corning Sa Adhesive device
TW500765B (en) 1998-05-13 2002-09-01 Sumitomo Chemical Co Thermoplastic resin composition and heat-resistant tray for IC
US5962625A (en) 1998-06-24 1999-10-05 Eastman Chemical Company High clarity polyester containing sub-visual antimony phosphate derivatives particles
US6211309B1 (en) 1998-06-29 2001-04-03 Basf Corporation Water-dispersable materials
US6639067B1 (en) 1998-09-09 2003-10-28 Willard C. Brinegar Continuous process for the production of anhydrosugar alcohols
US6255523B1 (en) 1998-09-18 2001-07-03 Mcwhorter Technologies, Inc. Power coatings based on branched oligoesters and non-emissive uretdione polyisocyanates
JP4021105B2 (ja) 1998-09-30 2007-12-12 三井化学株式会社 ポリエステル樹脂組成物およびそれからなる中空成形容器
GB9902823D0 (en) 1998-12-23 1999-03-31 Dow Corning Sa Biocompatible coatings
US6232504B1 (en) 1998-12-29 2001-05-15 University Of Delaware Functionalized monolith catalyst and process for production of ketenes
US6458468B1 (en) 1999-01-28 2002-10-01 Eastman Chemical Company Photocurable coatings for polyester articles
US6239910B1 (en) 1999-02-12 2001-05-29 Architectural Energy Corporation Mini-optical light shelf daylighting system
US6320042B1 (en) 1999-03-03 2001-11-20 Konica Corporation Polarizing plate protective cellulose triacetate film
US6221556B1 (en) 1999-03-05 2001-04-24 General Electric Company Article for optical data storage device
JP2000352620A (ja) 1999-03-31 2000-12-19 Konica Corp 光学フィルム、偏光板及び液晶表示装置
US6001910A (en) 1999-04-09 1999-12-14 National Starch And Chemical Investment Holding Corporation Use of anionic or cationic plasticizers with sulfonated polyesters in hot melt formulations
US6120889A (en) 1999-06-03 2000-09-19 Eastman Chemical Company Low melt viscosity amorphous copolyesters with enhanced glass transition temperatures
US6287656B1 (en) 1999-06-03 2001-09-11 Eastman Chemical Corporation Low melt viscosity amorphous copolyesters having improved resistance to lipids
US6183848B1 (en) 1999-06-03 2001-02-06 Eastman Chemical Company Low melt viscosity amorphous copolyesters with enhanced glass transition temperatures having improved gas barrier properties
EP1066825A1 (en) 1999-06-17 2001-01-10 THE PROCTER & GAMBLE COMPANY An anti-microbial body care product
US6191209B1 (en) 1999-06-30 2001-02-20 Ciba Specialty Chemicals Corporation Polyester compositions of low residual aldehyde content
US20030032737A1 (en) 1999-06-30 2003-02-13 Stephen Andrews Polyester compositions of low residual aldehyde content
WO2001006981A1 (en) 1999-07-26 2001-02-01 Kolon Industries, Inc. A suckling bottle for baby, and a process of preparing the same
US7176252B2 (en) 1999-07-29 2007-02-13 Dover Chemical Corporation Solid melt blended phosphite composites
JP2001066701A (ja) 1999-08-25 2001-03-16 Mitsubishi Rayon Co Ltd 光拡散性シートおよび透過型スクリーン
JP2003510440A (ja) 1999-09-27 2003-03-18 チバ スペシャルティ ケミカルズ ホールディング インコーポレーテッド 低残存アルデヒド含量のポリエステル組成物
JP2001098086A (ja) 1999-09-29 2001-04-10 Fuji Photo Film Co Ltd セルロースエステルフイルムの製造方法およびセルロースエステルフイルムの複屈折率上昇方法
JP4373577B2 (ja) 1999-11-25 2009-11-25 帝人化成株式会社 光拡散性芳香族ポリカーボネート樹脂組成物
US6576309B2 (en) 1999-12-02 2003-06-10 Associated Packaging Enterprises Thermoplastic compositions having high dimensional stability
FR2802302B1 (fr) 1999-12-09 2002-02-15 Sagem Appareil de mesure de l'intensite du courant dans un conducteur
US6352783B1 (en) 1999-12-13 2002-03-05 Eastman Kodak Company Copolyester containing 4,4'-biphenyldicarboxylic acid, 1,4-cyclohexanedimethanol and an ultraviolet light absorbing compound and articles made therefrom
AU2001236874B8 (en) 2000-02-11 2004-05-27 Government Of The United States Of America As Represented By The Secretary Of The Army Pacifier pulse oximeter sensor
US6354986B1 (en) 2000-02-16 2002-03-12 Gambro, Inc. Reverse-flow chamber purging during centrifugal separation
DE10009756B4 (de) 2000-03-01 2004-03-25 Ems-Chemie Ag Farblose, hochtransparente Polyamid-Blends mit verbesserter Spannungsrissbeständigkeit
JP2001273723A (ja) 2000-03-28 2001-10-05 Matsushita Electric Ind Co Ltd ハードディスク装置、媒体及び情報集合体
US6225436B1 (en) 2000-04-07 2001-05-01 The Dow Chemical Company Polycarbonate preparation process
US6593425B2 (en) 2000-05-31 2003-07-15 General Electric Company Data storage media containing transparent polycarbonate blends
EP1293527B1 (en) 2000-06-05 2005-03-09 FTEX, Incorporated Processes for producing polyester resin and molded object thereof using masterbatch
FR2810040B1 (fr) 2000-06-09 2004-04-09 Roquette Freres Procede de purification d'une composition contenant au moins un produit de deshydratation interne d'un sucre hydrogene
DE60129768T2 (de) 2000-06-13 2007-12-06 Mitsubishi Gas Chemical Co., Inc. Polyester und aus der Schmelze hergestellte Artikel
US6458915B1 (en) 2000-10-13 2002-10-01 Eastman Chemical Company Process for producing poly(1,4-cyclohexylenedimethylene 1,4-cyclohexanedicarboxylate) and the reactor grade polyester therefrom
KR100579588B1 (ko) 2000-11-09 2006-05-15 애버리 데니슨 코포레이션 자외선 광 흡수 중합체로부터 형성된 차단층을 갖는 형광 중합체 물품
US6448334B1 (en) 2000-12-19 2002-09-10 General Electric Company Translucent polycarbonate composition, method for preparation thereof, and articles derived therefrom
US6635698B2 (en) 2000-12-22 2003-10-21 General Electric Company Flame retardant polycarbonate polyester composition
DE60126340T2 (de) 2000-12-29 2007-11-08 Ciba Specialty Chemicals Holding Inc. Polyesterzusammensetzungen mit geringem restaldehydgehalt
US6573328B2 (en) 2001-01-03 2003-06-03 Loctite Corporation Low temperature, fast curing silicone compositions
US6323304B1 (en) 2001-01-12 2001-11-27 General Electric Company Melt polycarbonate catalyst systems
US6551688B2 (en) 2001-02-28 2003-04-22 Eastman Chemical Company Calendered polyester films or sheets having a haze value of less than five percent
US20020198297A1 (en) 2001-03-02 2002-12-26 Odorisio Paul A. Polyester and polyamide compositions of low residual aldehyde content
US6908650B2 (en) 2001-03-02 2005-06-21 Ciba Specialty Chemicals Corporation Polyester and polyamide compositions of low residual aldehyde content
MXPA03007914A (es) 2001-03-28 2003-12-11 Ciba Sc Holding Ag Proceso para preparar un poliester estabilizado.
US7030181B2 (en) 2001-04-11 2006-04-18 Eastman Chemical Company Films prepared from plasticized polyesters
US6586165B2 (en) 2001-04-27 2003-07-01 Eastman Kodak Company Photographic elements coated on transparent support with reflective protective overcoat
US6733716B2 (en) 2001-05-21 2004-05-11 Sabel Plastechs Inc. Method of making a stretch/blow molded article (bottle) with an integral projection such as a handle
US6599994B2 (en) 2001-07-18 2003-07-29 Eastman Chemical Company Polyester blends and heat shrinkable films made therefrom
US6740377B2 (en) 2001-09-14 2004-05-25 Eastman Chemical Company Polyester having improved crystallization behavior and extrusion blow molded articles made therefrom
US6669980B2 (en) 2001-09-18 2003-12-30 Scimed Life Systems, Inc. Method for spray-coating medical devices
US6773653B2 (en) 2001-10-05 2004-08-10 Avery Dennison Corporation In-mold labeling method
KR100459654B1 (ko) 2001-10-12 2004-12-03 에스케이케미칼주식회사 1,4-사이클로헥산디메탄올이 공중합된 폴리에스테르수지의 제조방법
US6437083B1 (en) 2001-12-06 2002-08-20 General Electric Company Process for preparing branched aromatic polycarbonates
US6504002B1 (en) 2001-12-21 2003-01-07 General Electric Company Process for the production of branched melt polycarbonate by late addition of fries-inducing catalyst
DE60207611T2 (de) * 2001-12-21 2006-07-06 Mitsubishi Gas Chemical Co., Inc. Thermoplastharzzusammensetzung
EP1470175B1 (en) 2002-02-01 2007-03-14 BASF Corporation Oligomeric chain extenders for processing, post-processing and recycling of condensation polymers, synthesis, compositions and applications
US7037576B2 (en) 2002-02-06 2006-05-02 Eastman Chemical Company Polyester or copolyester/polyolefin laminate structures and methods of making the same
US6721102B2 (en) 2002-03-11 2004-04-13 Eastman Kodak Company Surface formed complex polymer lenses for visible light diffusion
US6723768B2 (en) 2002-03-27 2004-04-20 Eastman Chemical Company Polyester/polycarbonate blends with reduced yellowness
US20030195295A1 (en) 2002-04-16 2003-10-16 General Electric Company Miscible blends of polyesters and polycarbonates with good thermal characteristics, and related processes and articles
US6818730B2 (en) 2002-04-26 2004-11-16 E. I. Du Pont De Nemours And Company Process to produce polyesters which incorporate isosorbide
US6742533B2 (en) 2002-06-04 2004-06-01 Charles J. Olson Temporary outdoor shelter
US6656577B1 (en) 2002-06-14 2003-12-02 E. I. Du Pont De Nemours & Company Process for making poly(ethylene-co-isosorbide) terephthalate polymer
DE60332949D1 (de) 2002-07-24 2010-07-22 Covidien Ag Verfahren zum schmieren von injektionsnadeln mit strahlenhärtbarem silikonmaterial
JP2004058565A (ja) 2002-07-31 2004-02-26 Tahara:Kk ポリエステル系樹脂製容器の製造方法
JP4052055B2 (ja) 2002-08-06 2008-02-27 東洋製罐株式会社 プラスチックボトル容器の延伸ブロー成形方法
DE60317282T2 (de) 2002-09-17 2008-02-14 Mitsubishi Gas Chemical Co., Inc. Polyesterharzzusammensetzung
US6818276B2 (en) 2002-10-24 2004-11-16 Eastman Kodak Company Light management film with colorant receiving layer
EP1557439B1 (en) 2002-10-31 2008-04-30 Mitsubishi Chemical Corporation Polyester resin, polyester resin composition, sheet or film obtained therefrom and hollow molded container
US6914120B2 (en) 2002-11-13 2005-07-05 Eastman Chemical Company Method for making isosorbide containing polyesters
WO2004044265A2 (en) 2002-11-13 2004-05-27 Technology Resource International Corporation Protective coatings and methods of applying and using the same
US6896966B2 (en) 2002-11-22 2005-05-24 Eastman Chemical Company Articles of manufacture incorporating polyester/polycarbonate blends
AU2003295672B2 (en) 2002-12-10 2008-05-22 Johnson Polymer, Llc High flow engineering theremoplastic compositions and products made therefrom
US7482397B2 (en) 2003-01-13 2009-01-27 Eastman Chemical Company Polycarbonate compositions
US20040143041A1 (en) 2003-01-13 2004-07-22 Pearson Jason Clay Polyester compositions
US7004583B2 (en) 2003-01-29 2006-02-28 East Bay Technologies Eyewear lenses and methods of manufacturing
JP2004244497A (ja) 2003-02-13 2004-09-02 Konica Minolta Holdings Inc セルロースエステルフィルム、偏光板及び液晶表示装置
JP2004292558A (ja) 2003-03-26 2004-10-21 Konica Minolta Holdings Inc セルロースエステルフィルムとその製造方法および偏光板保護フィルム
US6818293B1 (en) 2003-04-24 2004-11-16 Eastman Chemical Company Stabilized polyester fibers and films
TWI304416B (ja) 2003-05-20 2008-12-21 Mitsubishi Plastics Inc
US7046439B2 (en) 2003-05-22 2006-05-16 Eastman Kodak Company Optical element with nanoparticles
KR101050982B1 (ko) 2003-06-17 2011-07-21 테이진 카세이 가부시키가이샤 직하형 백라이트식 액정 표시 장치 및 광확산판
CA2530484A1 (en) 2003-07-11 2005-01-27 Eastman Chemical Company Addition of uv absorbers to pet process for maximum yield
US20050010017A1 (en) 2003-07-11 2005-01-13 Blakely Dale Milton Addition of UV inhibitors to pet process for maximum yield
EP1666521B1 (en) 2003-09-11 2014-03-26 Teijin Dupont Films Japan Limited Polyester film
US7237360B2 (en) 2003-09-23 2007-07-03 Cemusa, Inc. Shelter
CN100427525C (zh) 2003-09-25 2008-10-22 大阪瓦斯株式会社 聚酯树脂组合物及光学材料
AT316545T (de) * 2003-10-04 2006-02-15 Goldschmidt Gmbh Verfahren zur herstellung von organischen siliciumverbindungen
US7235623B2 (en) 2003-11-26 2007-06-26 Eastman Chemical Company Polyester compositions for calendering
US7273894B2 (en) 2003-12-02 2007-09-25 Eastman Chemical Company Compositions for the preparation of void-containing articles
US7169880B2 (en) 2003-12-04 2007-01-30 Eastman Chemical Company Shaped articles from cycloaliphatic polyester compositions
US8192676B2 (en) 2004-02-12 2012-06-05 Valspar Sourcing, Inc. Container having barrier properties and method of manufacturing the same
JP4378689B2 (ja) 2004-03-15 2009-12-09 帝人化成株式会社 ポリエチレンナフタレート系樹脂からなる燃料タンク用容器
US7179869B2 (en) * 2004-03-22 2007-02-20 Mitsubishi Gas Chemical Company, Inc. Process for producing polyester resins
US20060004151A1 (en) 2004-06-30 2006-01-05 General Electric Company Copolymers containing indan moieties and blends thereof
US20060036012A1 (en) 2004-08-10 2006-02-16 Hayes Richard A Process for producing a wollastonite containing polyester and products and articles produced therefrom
CN101048275A (zh) 2004-08-31 2007-10-03 因维斯塔技术有限公司 具有低雾度的聚酯-聚酰胺共混物
WO2006028043A1 (ja) 2004-09-08 2006-03-16 Canon Kabushiki Kaisha 電子写真シームレスベルトの製造方法および電子写真装置
US20060094858A1 (en) 2004-10-28 2006-05-04 Turner Sam R Novel copolyester compositions with improved impact strength at low temperatures
US8071695B2 (en) 2004-11-12 2011-12-06 Eastman Chemical Company Polyeste blends with improved stress whitening for film and sheet applications
US7582690B2 (en) 2004-11-19 2009-09-01 Eastman Chemical Company Stabilized aliphatic polyester compositions
US7375154B2 (en) 2004-12-06 2008-05-20 Eastman Chemical Company Polyester/polyamide blend having improved flavor retaining property and clarity
US20060135668A1 (en) 2004-12-21 2006-06-22 Hayes Richard A Polyesters containing natural mineral materials, processes for producing such polyesters, and shaped articles produced therefrom
US7114623B2 (en) 2005-02-04 2006-10-03 John Robinson Point of purchase display with interchangeable placards
US7955533B2 (en) 2005-03-02 2011-06-07 Eastman Chemical Company Process for the preparation of transparent shaped articles
US7959836B2 (en) 2005-03-02 2011-06-14 Eastman Chemical Company Process for the preparation of transparent, shaped articles containing polyesters comprising a cyclobutanediol
US7959998B2 (en) 2005-03-02 2011-06-14 Eastman Chemical Company Transparent, oxygen-scavenging compositions containing polyesters comprising a cyclobutanediol and articles prepared therefrom
WO2007123631A1 (en) 2006-03-28 2007-11-01 Eastman Chemical Company Polyester compositions which comprise cyclobutanediol and at least one phosphorus compound
WO2007053549A1 (en) 2005-10-28 2007-05-10 Eastman Chemical Company Polyester compositions containing cyclobutanediol having a certain combination of inherent viscosity and moderate glass transition temperature and articles made therefrom
US20060199871A1 (en) 2005-03-02 2006-09-07 Hale Wesley R Multilayered, transparent articles and a process for their preparation
US7968164B2 (en) 2005-03-02 2011-06-28 Eastman Chemical Company Transparent polymer blends and articles prepared therefrom
US7964258B2 (en) 2005-03-02 2011-06-21 Eastman Chemical Company Transparent, oxygen-scavenging compositions and articles prepared therefrom
CA2625823A1 (en) 2005-10-28 2007-05-10 Eastman Chemical Company Polyester compositions containing cyclobutanediol having high glass transition temperature and articles made therefrom
US7955674B2 (en) 2005-03-02 2011-06-07 Eastman Chemical Company Transparent polymer blends containing polyesters comprising a cyclobutanediol and articles prepared therefrom
US20060270806A1 (en) 2005-05-26 2006-11-30 Hale Wesley R Miscible high Tg polyester/polymer blend compositions and films formed therefrom
US20060270773A1 (en) 2005-05-26 2006-11-30 Hale Wesley R Polyester-polycarbonate blends for diffuser sheets with improved luminance
US20060287484A1 (en) * 2005-06-17 2006-12-21 Crawford Emmett D Opththalmic devices comprising polyester compositions formed from 2,2,4,4-tetramethyl-1,3-cyclobutanediol and 1,4-cyclohexanedimethanol
US7825176B2 (en) 2005-08-31 2010-11-02 Sabic Innovative Plastics Ip B.V. High flow polyester composition
JP4830410B2 (ja) 2005-09-05 2011-12-07 東洋製罐株式会社 延伸成形容器及びその製造方法
BRPI0604797A (pt) * 2005-11-30 2007-10-09 Goodyear Tire & Rubber polìmeros de borracha funcionalizados
US7427430B2 (en) 2005-12-29 2008-09-23 Honeywell International Inc. Polyamide blend composition having excellent gas barrier performance
JP2007253491A (ja) 2006-03-24 2007-10-04 Nippon Zeon Co Ltd ブロー成形容器

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003292593A (ja) * 2002-04-04 2003-10-15 Mitsubishi Gas Chem Co Inc ポリエステル樹脂
JP2004067973A (ja) * 2002-08-09 2004-03-04 Mitsubishi Gas Chem Co Inc ポリエステル樹脂及びその製造方法
JP2005343953A (ja) * 2004-06-01 2005-12-15 Mitsubishi Gas Chem Co Inc ポリエステルフィルム
JP2008297336A (ja) * 2007-05-29 2008-12-11 Toray Ind Inc ポリエステル樹脂組成物の製造方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017159524A1 (ja) * 2016-03-15 2017-09-21 三菱瓦斯化学株式会社 ポリエステル樹脂

Also Published As

Publication number Publication date
CN102257031A (zh) 2011-11-23
JP5591258B2 (ja) 2014-09-17
CN102257031B (zh) 2015-04-01
KR101851013B1 (ko) 2018-04-20
WO2010080117A1 (en) 2010-07-15
EP2358786A1 (en) 2011-08-24
EP2358786B1 (en) 2017-05-03
KR20110112355A (ko) 2011-10-12
US8895654B2 (en) 2014-11-25
US20100160549A1 (en) 2010-06-24

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP2954910B1 (en) Polyester compositions containing cyclobutanediol having a certain combination of inherent viscosity and moderate glass transition temperature and articles made therefrom
KR100967766B1 (ko) 황색도가 감소된 폴리에스터/폴리카보네이트 블렌드
EP1940907B1 (en) Polyester compositions containing cyclobutanediol having high glass transition temperature and articles made therefrom
EP3260482B1 (en) A process for producing a polyester by reacting furandicarboxylic acid or an ester thereof, cyclohexanedimethanol and ethylene glycol
CN100379774C (zh) 酯改性的二羧酸酯聚合物
CA2773244C (en) Polyester resin and method for preparing the same
US20060270773A1 (en) Polyester-polycarbonate blends for diffuser sheets with improved luminance
US20100087574A1 (en) Polyester compositions containing cyclobutanediol having a certain combination of inherent viscosity and moderate glass transition temperature and articles made therefrom
US20070106054A1 (en) Polyester compositions containing cyclobutanediol having a certain combination of inherent viscosity and high glass transition temperature and articles made therefrom
US5955565A (en) Polyesters from terephthalic acid, 2,2,4,4-tetramethyl-1,3-cyclobutanediol and ethylene glycol
US20070232779A1 (en) Certain polyester compositions which comprise cyclohexanedimethanol, moderate cyclobutanediol, cyclohexanedimethanol, and high trans cyclohexanedicarboxylic acid
JP2006507162A (ja) ポリエステル/ポリカーボネートブレンドを含む製造物品
US7737246B2 (en) Polyester compositions which comprise cyclobutanediol, cyclohexanedimethanol, and ethylene glycol and manufacturing processes therefor
WO2007053549A1 (en) Polyester compositions containing cyclobutanediol having a certain combination of inherent viscosity and moderate glass transition temperature and articles made therefrom
US20070100122A1 (en) Polyester compositions containing cyclobutanediol and articles made therefrom
US20070232778A1 (en) Certain polyester compositions which comprise cyclobutanediol, cyclohexanedimethanol, and high trans-cyclohexanedicarboxylic acid
CN101203543B (zh) 包含具有特定顺式/反式比例的环丁二醇的聚酯组合物
US7704605B2 (en) Thermoplastic articles comprising cyclobutanediol having a decorative material embedded therein
CN101868340A (zh) 塑料乳瓶、其它吹塑物品及其制备方法
BRPI0717761A2 (pt) composiÇço de poliÉster, mistura de polÍmero, e, artigo de manufatura
KR20130044867A (ko) 폴리에스테르/폴리카보네이트 블렌드
KR101546564B1 (ko) 폴리에스터의 개선된 제조 방법
US8193302B2 (en) Polyester compositions which comprise cyclobutanediol and certain phosphate thermal stabilizers, and/or reaction products thereof
EP1940909B1 (en) Restaurant smallware comprising polyester compositions formed from 2,2,4,4-tetramethyl-1,3-cyclobutanediol and 1,4-cyclohexanedimethanol
JP5989676B2 (ja) ポリエステル樹脂組成物およびその製造方法

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121112

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130411

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130507

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20130805

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20130812

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20131002

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20131002

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140630

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140729

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5591258

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees