JP3281175B2 - プレス成形装置 - Google Patents

プレス成形装置

Info

Publication number
JP3281175B2
JP3281175B2 JP07846794A JP7846794A JP3281175B2 JP 3281175 B2 JP3281175 B2 JP 3281175B2 JP 07846794 A JP07846794 A JP 07846794A JP 7846794 A JP7846794 A JP 7846794A JP 3281175 B2 JP3281175 B2 JP 3281175B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
die
punch
plate
cam
nest
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP07846794A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH07288956A (ja
Inventor
忠 森島
Original Assignee
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社東芝 filed Critical 株式会社東芝
Priority to JP07846794A priority Critical patent/JP3281175B2/ja
Publication of JPH07288956A publication Critical patent/JPH07288956A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3281175B2 publication Critical patent/JP3281175B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B30PRESSES
    • B30BPRESSES IN GENERAL
    • B30B7/00Presses characterised by a particular arrangement of the pressing members
    • B30B7/04Presses characterised by a particular arrangement of the pressing members wherein pressing is effected in different directions simultaneously or in turn
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21DWORKING OR PROCESSING OF SHEET METAL OR METAL TUBES, RODS OR PROFILES WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
    • B21D15/00Corrugating tubes
    • B21D15/02Corrugating tubes longitudinally

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【産業上の利用分野】本発明は円筒状のワークにリブ部
をプレス成形する装置に関する。

【0002】

【従来の技術】従来より、例えばモータの鋼板製フレー
ムなど、円筒状のワークにリブ部をプレス成形する場
合、図6に示すプレス成形装置が用いられている。この
ものでは、下型プレート1に下型ダイ2が立設されると
共に、この下型ダイ2の外方に所要数のポンチ3が下型
ダイ2に遠近する方向(図中左右方向)に移動可能に配
置されている。一方、下型プレート1と対向する上型プ
レート4には、下型ダイ2に対向して上型ダイ5が設け
られると共に、ポンチ3に対向してカム6が同数設けら
れている。

【0003】この構成で、円筒状のワーク7が下型ダイ
2外周に嵌挿され、次いで、上型プレート4が降下され
ることにより、カム6が斜面6aをポンチ3の背部斜面
3aに摺接させてポンチ3を下型ダイ2方向に移動させ
る。そして、上型ダイ5が下型ダイ2に接したところ
で、ポンチ3がワーク7に当たり、ワーク7を押圧して
リブ部8のプレス成形をするようになっている。

【0004】

【発明が解決しようとする課題】上記構成のものの場
合、下型ダイ2は一般的には図7に示すごとく、すべて
一体で構成され、その外周部に上記リブ部8成形のため
の凹部9と凸部10とが交互に形成されている。しか
し、この下型ダイ2によると、ワーク7がリブ部8のプ
レス成形をした段階で凹部9や凸部10の各隅部,各角
部に噛み合い気味となり、ワーク7の取出しがしにくい
という問題点を有する。

【0005】そこで、図8に示すように、下型ダイ2の
凸部10相当部分を径方向に移動可能な入子11とし、
ワーク7の取出しをしやすくするものも供されている。
しかしながら、このものでは、入子11の数が図示のご
とく多い場合、下型ダイ2の入子11を組込む凹部12
と隣る凹部12との間の部分13の幅が狭くなって、下
型ダイ2の強度が低下するため、入子11の数、ひいて
はワーク7のリブ部8の成形数に制限が生じてしまう。

【0006】そして一方、ワーク7にリブ部8のプレス
成形をしたとき、ポンチ3がワーク7に食込んで、抜け
なくなるという問題もある。そこで、ポンチ3の斜面3
aとカム6の斜面6aとに例えばT字形の係合凹部と同
形の係合凸部とを形成して、それらをカム6の降下で係
合させ、カム6の上昇でポンチ3を強制的に引き戻し、
その後に解離するようにしたものが供されている。

【0007】しかしながら、このものの場合、カム6の
係合凸部の先端面とそれ以外の斜面6aとの双方をポン
チ3に同様に摺接させるようにすることは設計、製作上
きわめて困難で、一般的にはそのいずれか一方、例えば
カム6の係合凸部の先端面以外の斜面6aでのみポンチ
3に摺接してポンチ3を押圧するようになるため、それ
らの摺接面積が少なくなって、ポンチ3を押圧するのに
高い面圧が必要となり、リブ部8の成形に相当に高いプ
レス能力が必要となってしまう。

【0008】本発明は上述の事情に鑑みてなされたもの
であり、従ってその第1の目的は、下型ダイの強度を低
下させることなくワークの取出しをしやすくできるプレ
ス成形装置を提供するにある。本発明の第2の目的は、
プレス能力を高く必要とするようになることなく、ポン
チのワークからのスムーズな引き離しができるプレス成
形装置を提供するにある。

【0009】

【課題を解決するための手段】上記第1の目的を達成す
るために、本発明のプレス成形装置においては、下型プ
レートに立設された下型ダイと、この下型ダイの外周部
に径方向に移動可能に組込まれた入子と、この入子と互
い違いに且つ下型ダイに遠近する方向に移動可能に下型
の外方に配置されたポンチと、上記下型プレートと対向
する上型プレートに上記下型ダイに対向して設けられた
上型ダイと、上記上型プレートに上記入子に対向して設
けられた楔と、上記上型プレートに上記ポンチに対向し
て設けられたカムとを具備し、上記下型プレートに対す
る上型プレートの降下により、上記入子を楔で移動さ
せ、上記ポンチをカムで移動させて、円筒状のワークに
リブ部をプレス成形するものにあって、上記入子の下型
ダイに組込まれた部分を下型ダイより突出する部分より
幅狭に形成したことを特徴とする。

【0010】又、第2の目的を達成するために、本発明
のプレス成形装置においては、下型プレートに立設され
た下型ダイと、この下型ダイの外周部に径方向に移動可
能に組込まれた入子と、この入子と互い違いに且つ下型
ダイに遠近する方向に移動可能に下型の外方に配置され
たポンチと、上記下型プレートと対向する上型プレート
に上記下型ダイに対向して設けられた上型ダイと、上記
上型プレートに上記入子に対向して設けられた楔と、上
記上型プレートに上記ポンチに対向して設けられたカム
とを具備し、上記下型プレートに対する上型プレートの
降下により、上記入子を楔で移動させ、上記ポンチをカ
ムで移動させて、円筒状のワークにリブ部をプレス成形
するものにあって、上記ポンチと上記カムとの斜状摺接
面に、カムの降下で係合しカムの上昇でポンチを引き戻
した後解離する係合凹部と係合凸部とを部分的に形成し
たことを特徴とする。

【0011】

【作用】上記第1の目的を達成するための手段によれ
ば、入子の下型ダイに組込まれた部分を下型ダイより突
出する部分より幅狭に形成した分、ワークの必要な受面
幅を確保しながら、下型ダイの入子を組込む凹部と隣る
凹部との間の部分の幅を広く確保することができる。

【0012】又、第2の目的を達成するための手段によ
れば、ポンチとカムとの斜状摺接面に、カムの降下で係
合しカムの上昇でポンチを引き戻した後解離する係合凹
部と係合凸部とを部分的に形成した分、その残りでそれ
らの摺接面積を広く確保することができる。

【0013】

【実施例】以下、本発明の一実施例につき、図1ないし
図5を参照して説明する。まず図2には下型プレート2
1及びこれと対向する上型プレート22を示しており、
このうち、下型プレート21の中央部には下型ダイ23
を立設している。この下型ダイ23の外周部には、図1
に示すように、段付きの凹部24を例えば6か所に形成
しており、この凹部24の各外側部24aに入子25を
径方向に移動可能に組込んでいる。

【0014】入子25は、詳細には、先端部25aを扇
形に形成しており、基部25bはそれより幅狭な矩形に
形成していて、その基部25bを上記下型ダイ23の凹
部24の外側部24aに組込み、先端部25aは下型ダ
イ23外に突出させている。このほか、下型ダイ23の
外周部には、入子25より小さな入子26を例えば2か
所に固定状態で組込んでいる。

【0015】又、下型ダイ23の外方には環状のポンチ
プレート27を配置しており、このポンチプレート27
の内周部には上記入子25,入子26と同数の凹部28
をその入子25,入子26と互い違いの配置で放射状に
形成し、この凹部28にそれぞれポンチ29を挿入し、
かくして、ポンチ29を下型ダイ23に遠近する方向に
移動可能に設けている。

【0016】なお、図2には、ポンチプレート27下
(下型プレート21上)にあってポンチ29をスライド
させるスライドプレート30と、このスライドプレート
30のそれぞれポンチ29下の部分に形成した溝部3
1、並びにこの溝部31に収容されてポンチ29に復帰
力を与えるように設けたスプリング32を示している。

【0017】これらに対して一方、上型プレート22の
中央部には下型ダイ23に対向して上型ダイ33をスプ
リング34により弾性支持して配設しており、又、入子
25に対向してそれと同数の楔35を上型ダイ33に挿
着し、上型ダイ33下に突出させている。更に、上型プ
レート22の上型ダイ33周囲の部分には、ポンチ29
に対向してそれと同数のカム36を突設している。

【0018】上記カム36には上型ダイ33側に斜面3
7を形成しており、これに対向してポンチ29の反上型
ダイ33側である背部には斜面38を形成している。し
かして、これらのうち、斜面37の上部には図3及び図
4に示すように例えばT字形の係合凸部39を形成して
おり、これに対向して斜面38の上部には同形の係合凹
部40を形成している。又、斜面37の下部には同じく
T字形の係合凹部41を形成しており、これに対向して
斜面38の下部には同形の係合凸部42を形成してい
る。

【0019】以上の構成で、成形を行なう折りには、図
5に示す円筒状のワーク(例えばモータの鋼板製フレー
ムなど)43を下型ダイ23に嵌挿する。このとき、入
子25はいずれも自由な状態にあり、ワーク43が接触
すれば、内方に引込んでワーク43の嵌挿をスムーズに
許容する。

【0020】次いで、成形作動を開始させることによ
り、上型プレート22が上型ダイ33,楔35,及びカ
ム36と共に降下する。すると、楔35は下型ダイ23
の凹部24の各内側部24b(凹部24の奥部と入子2
5との間)に入って、入子25をワーク43の内周面に
当接するまで外方に移動させる。又、カム36は、係合
凸部39を係合凹部40に係合させると共に、係合凹部
41を係合凸部42に係合させつつ、斜面37をポンチ
29の斜面38に摺接させて、ポンチ29を下型ダイ2
3方向に移動させる。そして、図2及び図1に示すよう
に、上型ダイ33が下型ダイ23に接したところで、ポ
ンチ29がワーク43に当たり、ワーク43の上記入子
25で受けられた部分の間を押圧してリブ部44のプレ
ス成形をする。

【0021】成形後、上型プレート22が上型ダイ3
3,楔35,及びカム36と共に上昇復帰することによ
り、カム36は、係合凸部39で係合凹部40を引き、
係合凹部41で係合凸部42を引いて、ポンチ29を強
制的に引き戻し、その後、係合凸部39を係合凹部40
から解離させ、係合凹部41を係合凸部42から解離さ
せる。又、このとき、ポンチ29はスプリング32によ
る復帰力をも受けて復帰する。

【0022】更に、この場合、楔35も下型ダイ23の
凹部24の各内側部24bから抜け出て入子25を自由
な状態に戻す。このため、その後、図示しないエジェク
ターによりワーク43が押し上げられるとき、入子25
はワーク43による押圧があれば内方に引込んでワーク
43の取出しをスムーズに許容する。なお、入子26は
入子25より小さいため、入子25のように移動可能に
設けることは困難であるが、ワーク43の食い込みも少
なく、ワーク43の取出しの阻害となるようなことはな
い。

【0023】このように本構成のものでは、ワーク43
の取出し時、入子25がワーク43による押圧があれば
内方に引込んでワーク43の取出しをスムーズに許容す
るので、ワーク43の取出しをしやすくできる。しか
も、入子25の下型ダイ23に組込まれた部分である基
部25bを、下型ダイ23より突出する部分である先端
部25aより幅狭に形成したことにより、ワーク43の
必要な受面幅を確保しながら、下型ダイ23の入子25
を組込む凹部24と隣る凹部24との間の部分の幅を広
く確保するがことできるもので、それにより、入子25
の数が図示のごとく多い場合にも、下型ダイ23の強度
を高く確保することができる。

【0024】又、成形後には、カム36が係合凸部39
で係合凹部40を引き、係合凹部41で係合凸部42を
引いて、ポンチ29を強制的に引き戻すから、ポンチ2
9がワーク43に食込んで抜けにくいという事情があっ
ても、ポンチ29をワーク43から容易に抜け出させる
ことができる。しかも、その折り、係合凸部39と係合
凹部40はカム36の斜面37の上部とポンチ29の斜
面38の上部に設け、係合凹部41と係合凸部42はカ
ム36の斜面37の下部とポンチ29の斜面38の下部
に設けていて、要するに、いずれも斜面37,38の全
部にではなく、部分的に形成している。よって、カム3
6とポンチ29との摺接面積をその残りで広く確保する
ことができ、ポンチ29を押圧するのに高い面圧を必要
とすることがなくなるから、プレス能力を高く必要とす
ることもなくなる。

【0025】なお、ワーク43からのポンチ29の食込
みさえとれれば、後はスプリング32による復帰力でポ
ンチ29を復帰させ得るから、係合凸部39と係合凹部
40、並びに係合凹部41と係合凸部42はそれぞれ部
分的にしかなくても充分である。

【0026】又、係合凸部39と係合凹部40、並びに
係合凹部41と係合凸部42は、斜面37,38の上部
と下部とに存することにより、ポンチ29の引き戻しを
安定性良く行ない得る利点を有するが、それに限られる
ものではなく、そのいずれか一方にのみ設けられていて
も良いし、斜面37,38の中間部にのみ設けられてい
ても良い。更に、それらの係合凸部と係合凹部はT字形
以外、例えばL字形であっても良いものであり、そのほ
か、ワーク43もモータのフレーム以外であっても良
い。

【0027】

【発明の効果】本発明のプレス成形装置は以上説明した
とおりのもので、次に述べる効果を奏する。第1に、下
型プレートに立設された下型ダイと、この下型ダイの外
周部に径方向に移動可能に組込まれた入子と、この入子
と互い違いに且つ下型ダイに遠近する方向に移動可能に
下型の外方に配置されたポンチと、上記下型プレートと
対向する上型プレートに上記下型ダイに対向して設けら
れた上型ダイと、上記上型プレートに上記入子に対向し
て設けられた楔と、上記上型プレートに上記ポンチに対
向して設けられたカムとを具備し、上記下型プレートに
対する上型プレートの降下により、上記入子を楔で移動
させ、上記ポンチをカムで移動させて、円筒状のワーク
にリブ部をプレス成形するものにおいて、上記入子の下
型ダイに組込まれた部分を下型ダイより突出する部分よ
り幅狭に形成したことにより、下型ダイの強度を低下さ
せることなくワークの取出しをしやすくすることができ
る。

【0028】第2に、下型プレートに立設された下型ダ
イと、この下型ダイの外周部に径方向に移動可能に組込
まれた入子と、この入子と互い違いに且つ下型ダイに遠
近する方向に移動可能に下型の外方に配置されたポンチ
と、上記下型プレートと対向する上型プレートに上記下
型ダイに対向して設けられた上型ダイと、上記上型プレ
ートに上記入子に対向して設けられた楔と、上記上型プ
レートに上記ポンチに対向して設けられたカムとを具備
し、上記下型プレートに対する上型プレートの降下によ
り、上記入子を楔で移動させ、上記ポンチをカムで移動
させて、円筒状のワークにリブ部をプレス成形するもの
において、上記ポンチと上記カムとの斜状摺接面に、カ
ムの降下で係合しカムの上昇でポンチを引き戻した後解
離する係合凹部と係合凸部とを部分的に形成したことに
より、プレス能力を高く必要とするようになることな
く、ポンチのワークからのスムーズな引き離しを行なわ
しめることができる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明の一実施例を全体の横断面図

【図2】全体の縦断面図

【図3】ポンチとカムの側面図

【図4】図3の矢印A方向から見た部分図

【図5】全体の成形前状態の縦断面図

【図6】従来例を示す図2相当図

【図7】下型ダイの平面図

【図8】異なる下型ダイの平面図

【符号の説明】

21は下型プレート、22は上型プレート、23は下型
ダイ、24は凹部、25は入子、25aは先端部(入子
の下型ダイに組込まれた部分)、25bは基部(入子の
下型ダイより突出する部分)、29はポンチ、33は上
型ダイ、35は楔、36はカム、37,38は斜面(斜
状摺接面)、39は係合凸部、40,41は係合凹部、
42は係合凸部、43はワーク、44はリブ部を示す。

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 下型プレートに立設された下型ダイと、
    この下型ダイの外周部に径方向に移動可能に組込まれた
    入子と、この入子と互い違いに且つ下型ダイに遠近する
    方向に移動可能に下型の外方に配置されたポンチと、前
    記下型プレートと対向する上型プレートに前記下型ダイ
    に対向して設けられた上型ダイと、前記上型プレートに
    前記入子に対向して設けられた楔と、前記上型プレート
    に前記ポンチに対向して設けられたカムとを具備し、前
    記下型プレートに対する上型プレートの降下により、前
    記入子を楔で移動させ、前記ポンチをカムで移動させ
    て、円筒状のワークにリブ部をプレス成形するものにお
    いて、前記入子の下型ダイに組込まれた部分を下型ダイ
    より突出する部分より幅狭に形成したことを特徴とする
    プレス成形装置。
  2. 【請求項2】 下型プレートに立設された下型ダイと、
    この下型ダイの外周部に径方向に移動可能に組込まれた
    入子と、この入子と互い違いに且つ下型ダイに遠近する
    方向に移動可能に下型の外方に配置されたポンチと、前
    記下型プレートと対向する上型プレートに前記下型ダイ
    に対向して設けられた上型ダイと、前記上型プレートに
    前記入子に対向して設けられた楔と、前記上型プレート
    に前記ポンチに対向して設けられたカムとを具備し、前
    記下型プレートに対する上型プレートの降下により、前
    記入子を楔で移動させ、前記ポンチをカムで移動させ
    て、円筒状のワークにリブ部をプレス成形するものにお
    いて、前記ポンチと前記カムとの斜状摺接面に、カムの
    降下で係合しカムの上昇でポンチを引き戻した後解離す
    る係合凹部と係合凸部とを部分的に形成したことを特徴
    とするプレス成形装置。
JP07846794A 1994-04-18 1994-04-18 プレス成形装置 Expired - Fee Related JP3281175B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP07846794A JP3281175B2 (ja) 1994-04-18 1994-04-18 プレス成形装置

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP07846794A JP3281175B2 (ja) 1994-04-18 1994-04-18 プレス成形装置
CN95100445A CN1056790C (zh) 1994-04-18 1995-02-28 冲压装置
US08/395,928 US5634367A (en) 1994-04-18 1995-02-28 Press forming device
KR1019950004218A KR0161786B1 (ko) 1994-04-18 1995-02-28 프레스 성형장치

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07288956A JPH07288956A (ja) 1995-10-31
JP3281175B2 true JP3281175B2 (ja) 2002-05-13

Family

ID=13662833

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP07846794A Expired - Fee Related JP3281175B2 (ja) 1994-04-18 1994-04-18 プレス成形装置

Country Status (4)

Country Link
US (1) US5634367A (ja)
JP (1) JP3281175B2 (ja)
KR (1) KR0161786B1 (ja)
CN (1) CN1056790C (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104475593A (zh) * 2014-12-15 2015-04-01 安徽巨一自动化装备有限公司 一种变速器输入轴锁止环冲铆机构
KR101875522B1 (ko) * 2017-04-05 2018-07-06 동은단조(주) 단조 금형의 높이 조절 장치

Families Citing this family (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3752646B2 (ja) * 1997-03-13 2006-03-08 株式会社日立製作所 管体の加工方法
DE19743929B4 (de) * 1997-10-04 2013-12-19 Volkswagen Ag Vorrichtung zum Erzeugen von lokalen Auswölbungen in einem Bauteil
KR100396186B1 (ko) * 2000-07-13 2003-08-27 최혁재 스웨이징 머신
US6457343B1 (en) * 2001-03-06 2002-10-01 Larry Shed Tubing swaging machine
US7703664B2 (en) * 2004-10-15 2010-04-27 Sonoco Development, Inc. Paperboard container having curvilinear portion
US8117884B2 (en) * 2005-07-15 2012-02-21 Ernst Grob Ag Method for producing internal and external toothings on thin-walled, cylindrical hollow parts
US20070125147A1 (en) * 2005-12-06 2007-06-07 Yahya Hodjat Method of forming a part
DE102006029951A1 (de) 2006-06-29 2008-01-03 BSH Bosch und Siemens Hausgeräte GmbH Verfahren und Vorrichtung zum Prägen eines Trommelmantels
KR100790774B1 (ko) * 2006-11-27 2008-01-03 주식회사 성우하이텍 Punch press device
KR100784284B1 (ko) * 2006-11-27 2007-12-12 유재형 Press forming apparatus for metal containers
US9616484B2 (en) * 2008-12-18 2017-04-11 Pratt & Whitney Canada Corp. Method and apparatus for forming a turbofan mixer
CN101829721B (zh) * 2009-03-09 2013-07-31 和龙双昊高新技术有限公司 贮液器筒壁冲凸外卡工装
CN103128164B (zh) * 2011-11-25 2016-03-16 北汽福田汽车股份有限公司 复合斜楔冲压模具
US9192738B2 (en) * 2012-04-25 2015-11-24 Medtronic Vascular Galway Devices and methods for crimping medical devices
AU2013251238B2 (en) * 2012-11-01 2018-05-17 Betaswage Pty Ltd Indexing die shoes in a swage press
CN103223440B (zh) * 2013-05-08 2015-03-25 艾通电磁技术(昆山)有限公司 管状件表面凹凸点加工用扣点工装
KR101496115B1 (ko) * 2013-05-31 2015-02-26 주식회사화신 프레스 장치
CN103586346A (zh) * 2013-11-01 2014-02-19 哈尔滨汽轮机厂有限责任公司 一种燃机火焰筒薄壁件成形加工用模具
US9475109B2 (en) 2013-12-31 2016-10-25 Simpson Strong-Tie Company, Inc. Method of manufacturing a hollow externally threaded fastener
CN103722072B (zh) * 2014-01-13 2017-01-04 晟扬精密模具(昆山)有限公司 一种脱料板磨压料槽模具
CN104014668B (zh) * 2014-06-18 2016-01-13 苏州旭创精密模具有限公司 一种轴阀紧固件连续模具曲面成型装置
CN104874659B (zh) * 2015-06-01 2017-04-19 东莞市闻誉实业有限公司 用于led散热器的周向凹槽冲压机
CN104931347B (zh) * 2015-06-01 2018-02-02 东莞市闻誉实业有限公司 用于led灯饰中薄材的多向拉伸测试机
DE102015121326A1 (de) * 2015-12-08 2017-06-08 Familie Burger GbR (vertretungsberechtigte Gesellschafter: Mercedes Burger, 87484 Nesselwang; Georg Burger, 87484 Nesselwang; Bernhard Burger, 87484 Nesselwang; Manuel Burger, 87484 Nesselwang; Christina Burger, 87484 Nesselwang; Diana Burger, 87484 Nesselwang) Verfahren zur Herstellung eines Brennkammerrohrs für Rückhaltesysteme in Kraftfahrzeugen und Vorrichtung zur Durchführung des Verfahrens
CN106238608B (zh) * 2016-08-15 2018-06-29 安徽天祥空调科技有限公司 一种散热管的制造方法
CN108237167B (zh) * 2016-12-27 2020-10-09 联合汽车电子有限公司 油泵外壳压点制作设备
CN106881409B (zh) * 2017-01-13 2018-07-24 大楚神驰车轮股份有限公司 一种用于汽车轮辐的挤孔模具
CN107309316B (zh) * 2017-07-26 2019-04-23 西南石油大学 一种液压式丁胞传热管挤压成型装置
CN107199269B (zh) * 2017-07-26 2018-09-14 西南石油大学 一种多液缸式凹坑传热管挤压成型装置
CN110153281A (zh) * 2018-01-31 2019-08-23 山东金马工业集团机械锻造厂 一种方管包箍的一次成型加工装置
CN109079032B (zh) * 2018-08-15 2020-08-18 成都佳伦机械有限公司 一种冲压模具
CN109226381A (zh) * 2018-09-14 2019-01-18 安徽龙胜实业有限公司 一种管口四面高效压弧工装及压弧方法
CN110774217A (zh) * 2019-09-27 2020-02-11 南京三乐集团有限公司 一种螺旋线慢波系统冷挤压工装及其装配方法

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US461812A (en) * 1891-10-27 Burkhardt
US2999405A (en) * 1957-12-24 1961-09-12 Smith Corp A O Apparatus for radially compressing articles
US3370451A (en) * 1965-06-28 1968-02-27 Blaw Knox Co Apparatus and method for pointing tubes
GB1587822A (en) * 1976-11-06 1981-04-08 Lucas Industries Ltd Manufacture of yokes for dynamo electric machines
JPS53139106A (en) * 1977-05-10 1978-12-05 Mitsubishi Electric Corp Preparing stator frame for rotary machine
JPS6057307B2 (ja) * 1980-04-23 1985-12-14 Hitachi Ltd
US4381659A (en) * 1981-02-09 1983-05-03 General Motors Corporation Method of manufacturing universal joint housing
US4470290A (en) * 1981-09-04 1984-09-11 Anderson-Cook, Inc. Thin-wall sleeve forming
JPS641219B2 (ja) * 1981-09-11 1989-01-10 Toyota Motor Co Ltd
SU1323175A1 (ru) * 1986-04-07 1987-07-15 Предприятие П/Я М-5921 Штамп дл правки и калибровки полых деталей
JP2777951B2 (ja) * 1992-06-30 1998-07-23 本田技研工業株式会社 Manufacturing method and manufacturing apparatus for clutch drum

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104475593A (zh) * 2014-12-15 2015-04-01 安徽巨一自动化装备有限公司 一种变速器输入轴锁止环冲铆机构
KR101875522B1 (ko) * 2017-04-05 2018-07-06 동은단조(주) 단조 금형의 높이 조절 장치

Also Published As

Publication number Publication date
US5634367A (en) 1997-06-03
KR950028846A (ko) 1995-11-22
CN1056790C (zh) 2000-09-27
CN1118721A (zh) 1996-03-20
KR0161786B1 (ko) 1999-01-15
JPH07288956A (ja) 1995-10-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
DE10332131B4 (de) Verbinder
DE4138829C2 (de) Kommutator für einen Motor und Verfahren zu dessen Herstellung
CN1154418C (zh) 自动锁紧拉链头和成形该拉链头的盖的装置
US4618121A (en) Mold for forming plastic cap with perforation about the periphery of the skirt
JP2812198B2 (ja) ステアリングホイール用パッドの製造方法
EP2104579B1 (en) Shear punching die assemblies
US6863568B2 (en) Connector
US4541605A (en) Metal mold device
US6287502B1 (en) Method of manufacturing a connector
JP4472417B2 (ja) 積層鉄心の製造方法および金型装置
US6099772A (en) Undercut split die
US4078760A (en) Combination die and pallet
US6009607A (en) Device for constructing laminated articles
KR100478388B1 (ko) 펀치조립체에있어서의판누르개에펀치가이드구멍을천설하는방법,펀치조립체및판누르개
EP0110350B1 (en) Snap-fit button assembly
US4406146A (en) Forging die for a part with internal, tapered grooves
US6948986B2 (en) Connector
DE102004014431B4 (de) Verbinder, Formverfahren hierfür und Formvorrichtung hierfür
US9511406B2 (en) Method of producing iron core
US20070207646A1 (en) Connector
US6835097B2 (en) Connector
US6764334B2 (en) Connector
JP3827005B2 (ja) 無段変速機ベルトのエレメント製造方法
JP5325934B2 (ja) ピアスナットの製造装置
JP2005318764A (ja) 積層鉄心の製造方法および金型装置

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080222

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090222

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100222

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100222

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110222

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120222

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120222

Year of fee payment: 10

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130222

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140222

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees