JP3711102B2 - 単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路 - Google Patents

単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路 Download PDF

Info

Publication number
JP3711102B2
JP3711102B2 JP2002315655A JP2002315655A JP3711102B2 JP 3711102 B2 JP3711102 B2 JP 3711102B2 JP 2002315655 A JP2002315655 A JP 2002315655A JP 2002315655 A JP2002315655 A JP 2002315655A JP 3711102 B2 JP3711102 B2 JP 3711102B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
phase coil
drive
driving
current
drive current
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002315655A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004153921A (ja
JP2004153921A5 (ja
Inventor
康之 上島
哲也 吉冨
Original Assignee
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 三洋電機株式会社 filed Critical 三洋電機株式会社
Priority to JP2002315655A priority Critical patent/JP3711102B2/ja
Publication of JP2004153921A publication Critical patent/JP2004153921A/ja
Publication of JP2004153921A5 publication Critical patent/JP2004153921A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3711102B2 publication Critical patent/JP3711102B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
    • H02PCONTROL OR REGULATION OF ELECTRIC MOTORS, ELECTRIC GENERATORS OR DYNAMO-ELECTRIC CONVERTERS; CONTROLLING TRANSFORMERS, REACTORS OR CHOKE COILS
    • H02P6/00Arrangements for controlling synchronous motors or other dynamo-electric motors using electronic commutation dependent on the rotor position; Electronic commutators therefor
    • H02P6/26Arrangements for controlling single phase motors

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路に関する。
【0002】
【従来の技術】
以下、図5および図6を参照しつつ、従来の単相モータ駆動装置について説明する。ここで、図5は、従来の単相モータ駆動装置を示す回路図、図6は、従来の単相モータ駆動装置の駆動波形を示す波形図である。
【0003】
NPN型のバイポーラトランジスタ2、4(第1駆動トランジスタ)は、駆動信号A、Dが供給されることによって、単相コイル6の紙面右方向に駆動電流を供給するものである。そのため、バイポーラトランジスタ2のコレクタエミッタ路、単相コイル6、バイポーラトランジスタ4のコレクタエミッタ路は、電源VCCと接地VSSとの間に直列接続されている。同様に、NPN型のバイポーラトランジスタ8、10(第2駆動トランジスタ)は、駆動信号C、Bが供給されることによって、単相コイル6の紙面左方向に駆動電流を供給するものである。そのため、バイポーラトランジスタ8のコレクタエミッタ路、単相コイル6、バイポーラトランジスタ10のコレクタエミッタ路は、電源VCCと接地VSSとの間に直列接続されている。そして、バイポーラトランジスタ2、4およびバイポーラトランジスタ8、10が相補的にオンオフして、単相コイル6の駆動電流の方向が適宜変化することによって、単相モータは回転することとなる。
【0004】
また、駆動信号A、B、C、Dの変化タイミングは僅かにずれている。即ち、バイポーラトランジスタ2、4およびバイポーラトランジスタ8、10が相補的にオンオフしたとき、バイポーラトランジスタ2、10およびバイポーラトランジスタ8、4が僅かに同時オフするので、電源VCCと接地VSSとの間が貫通電流によって短絡されることはない。
【0005】
【特許文献1】
特開平7−87775号公報
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、バイポーラトランジスタ2、4およびバイポーラトランジスタ8、10が相補的にオンオフしたとき、単相コイル6の紙面右方向の駆動電流は破線の回生経路を循環して短時間で消費され、一方、単相コイル6の紙面左方向の駆動電流は一点鎖線の回生経路を循環して短時間で消費される。即ち、バイポーラトランジスタ2、4およびバイポーラトランジスタ8、10が相補的にオンオフする相切り替えのとき、単相コイル6の駆動電流はあまりトルクに寄与することのない斜線の無効電流を有し、単相コイル6の駆動電流の方向は急に変化することとなる。これにより、単相モータの振動、ノイズ、電力消費量が大きくなるという問題があった。
【0007】
【課題を解決するための手段】
本発明はかかる問題点に鑑みてなされ、単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する単相モータ駆動装置であって、単相モータの回転位置を検知するホール素子からの正弦波信号の大きさと基準値とを比較し、前記単相コイルの駆動電流の方向が切り替わるポイント直前の所定期間にタイミング信号を発生する比較手段と、前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる回生手段と、を備えたことを特徴とする。
【0008】
【発明の実施の形態】
===開示の概要===
本明細書及び添付図面の記載により少なくとも以下の事項が明らかとなる。
先ず、単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する本発明の単相モータ駆動装置は、単相モータの回転位置を検知するホール素子からの正弦波信号の大きさと基準値とを比較し、前記単相コイルの駆動電流の方向が切り替わるポイント直前の所定期間にタイミング信号を発生する比較手段と、前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる回生手段と、を備えている。この単相モータ駆動装置によれば、単相コイルの駆動電流は所定期間において経時的に減少し、単相コイルの駆動電流の方向は緩やかに変化することとなる(ソフトスイッチング作用)。これにより、単相モータの振動、ノイズ、電力消費量を低く抑えることが可能となる。
【0009】
また、かかる単相モータ駆動装置において、前記単相コイルの駆動電流を回生するための回生ダイオードを、備えたこととする。これにより、単相コイルの駆動電流を確実に回生させることが可能となる。
【0010】
また、かかる単相モータ駆動装置において、単相モータの回転位置を検知するホール素子から得られる正弦波信号の絶対値と基準値とを比較して、前記所定期間に相当するタイミング信号を出力する比較手段を、備え、前記回生手段は、前記タイミング信号に基づいて、前記第1駆動トランジスタおよび前記第2駆動トランジスタのオンオフタイミングを制御することとする。この単相モータ駆動装置によれば、単相コイルの駆動電流の方向が切り替わるポイント直前の所定期間のタイミングを確実に捉えることが可能となる。
【0011】
また、単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する本発明の単相モータ駆動装置は、単相モータの回転または停止を検知し、回転信号または停止信号を出力する検知手段と、前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の所定期間において、前記回転信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の所定期間において、前記回転信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる回生手段と、を備え、前記回生手段は、前記単相モータが起動できないとき、前記検知手段の出力が停止信号から回転信号へ変化するまで、前記単相コイルの駆動電流を回生させる動作を停止することを特徴とする。さて、単相モータが停止しているときのロータ側の磁石とホール素子との位相関係が前記所定期間内であるとき、単相モータは回生手段の回生動作によって起動されなくなる。そこで、この単相モータ駆動装置によれば、単相モータが回転するまで回生手段が回生動作を停止するので、単相モータが起動できない停止位置であっても、単相モータを確実に起動することが可能となる。
【0012】
また、単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する本発明の単相モータ駆動装置の駆動方法は、単相モータの回転位置を検知するホール素子からの正弦波信号の大きさと基準値とを比較し、前記単相コイルの駆動電流の方向が切り替わるポイント直前の所定期間にタイミング信号を発生し、前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる、ことを特徴とする。この単相モータ駆動方法によれば、単相コイルの駆動電流の方向が緩やかに変化するので、単相モータの振動、ノイズ、電力消費量を低く抑えることが可能となる。
【0013】
更に、上記の単相モータ駆動装置を有することを特徴とする集積回路も、実現可能である。
【0014】
===単相モータ駆動装置の構成===
以下、図1を参照しつつ、本発明の単相モータ駆動装置の構成について説明する。図1は、本発明の単相モータ駆動装置を示す回路ブロック図である。なお、本実施形態では、単相モータ駆動装置は集積回路であることとし、単相コイルは集積回路に外部接続されることとする。
【0015】
NPN型のバイポーラトランジスタ102、104(第1駆動トランジスタ)は、単相コイル106の紙面右方向に駆動電流を供給するものである。そのため、バイポーラトランジスタ102のコレクタエミッタ路、単相コイル106、バイポーラトランジスタ104のコレクタエミッタ路は、電源VCCと接地VSSとの間に直列接続されている。同様に、NPN型のバイポーラトランジスタ108、110(第2駆動トランジスタ)は、単相コイル106の紙面左方向に駆動電流を供給するものである。そのため、バイポーラトランジスタ108のコレクタエミッタ路、単相コイル106、バイポーラトランジスタ110のコレクタエミッタ路は、電源VCCと接地VSSとの間に直列接続されている。そして、バイポーラトランジスタ102、104およびバイポーラトランジスタ108、110は、図6の駆動信号A、B、C、Dと同一の駆動信号A1、B1、C1、D1または駆動信号A2、B2、C2、D2の何れか一方が供給されて相補的にオンオフし、これにより、単相モータは、単相コイル106の駆動電流の方向が適宜切り替わることによって回転することとなる。回生ダイオード112は、単相コイル106の駆動電流の方向が紙面右方向から紙面左方向へ変化するときの駆動電流を回生するものであり、バイポーラトランジスタ110のコレクタエミッタ路に並列接続されている。同様に、回生ダイオード114は、単相コイル106の駆動電流の方向が紙面左方向から紙面右方向へ変化するときの駆動電流を回生するものであり、バイポーラトランジスタ104のコレクタエミッタ路に並列接続されている。
【0016】
ホール素子116は、単相モータのロータ側の磁石と対向する所定位置に固定されるとともに定電圧でバイアスされている。そして、ホール素子116は、単相モータの回転位置に応じて、即ち、対向するロータ側の磁極の変化に応じて、正弦波信号を出力する。比較回路118は、チャタリングを防止するためのヒステリシス特性を有し、ホール素子116からの正弦波信号を矩形波信号に波形整形するものである。なお、この矩形波信号は、単相コイル106の駆動電流が紙面右方向または紙面左方向へ切り替わるための基となる転流信号である。絶対値回路120(比較手段)は、正弦波信号の絶対値と基準値とを比較し、単相コイル106の駆動電流を回生するためのタイミング信号を出力するものである。
【0017】
検知手段122は、コンデンサ124、定電流源126、NPN型のバイポーラトランジスタ128、比較回路130、基準電圧VREFからなり、単相モータの回転または停止を検知するものである。ここで、コンデンサ124および定電流源126は充電回路を構成し、且つ、コンデンサ126およびバイポーラトランジスタ128は放電回路を構成しており、コンデンサ126の非接地側には鋸歯形状を有する充放電電圧が現れることとなる。比較回路130の+(非反転入力)端子は基準電圧VREFと接続され、−(反転入力)端子はコンデンサ124の非接地側と接続されている。即ち、比較回路130は、コンデンサ124の非接地側の充放電電圧と基準電圧VREFとの大小を比較することによって、単相モータの回転時は"H"、単相モータの停止時は"L"となる検知信号を出力することとなる。
【0018】
制御回路132(回生手段)は、検知手段122の出力値に応じて、比較回路118および絶対値回路120の出力を適宜演算処理し、駆動信号A1、B1、C1、D1または駆動信号A2、B2、C2、D2を選択出力するものである。即ち、制御回路132は、比較回路130の検知信号が"L"のとき、駆動信号A1、B1、C1、D1を出力し、比較回路130の検知信号が"H"のとき、駆動信号A2、B2、C2、D2を出力することとなる。
【0019】
===検知手段の動作===
次に、図1および図2を参照しつつ、検知手段122の動作を説明する。図2は、本発明の単相モータ駆動装置を構成する検知手段の各部波形図である。
【0020】
ホール素子116は、単相モータの回転位置に応じて、実線および破線の180度の位相差を有する正弦波信号を出力する。この正弦波信号は、比較回路118で矩形波信号に波形整形されて制御回路132に供給される。制御回路132は、矩形波信号の変化ポイント(=正弦波信号のゼロクロスポイント)、即ち、単相コイル106の駆動電流の転流ポイントで、放電パルスを出力する。この放電パルスは、検知手段122のバイポーラトランジスタ128のベースに供給される。従って、単相モータが回転しているとき、コンデンサ124の非接地側の充放電電圧は基準電圧VREFより小となるので、比較回路130は"H"の検知信号を出力する。一方、単相モータが停止しているとき、コンデンサ124の非接地側の充放電電圧は基準電圧VREFより大となるので、比較回路130は"L"の検知信号を出力する。
【0021】
===単相モータ駆動装置の動作===
次に、図1、図3、および図4を参照しつつ、本発明の単相モータ駆動装置の動作について説明する。図3は、図1の各部波形を示す波形図である。図4は、図3の要部拡大波形を示す波形図である。なお、図4における駆動電流の斜線部分は、従来の駆動電流(破線)から削減される電流の量である。
【0022】
≪回転モード≫
単相モータが回転しているときの、単相モータ駆動装置の動作について説明する。
ホール素子116は、単相モータの回転位置に応じて、実線および波線の180度の位相差を有する正弦波信号を出力する。比較回路118は、この正弦波信号が入力されることによって、正弦波信号と基準値(ゼロクロス)とを比較して、絶対的には正弦波信号と同相であるとともに相対的には180度の位相差を有する矩形波信号X、Yを出力する。同時に、絶対値回路120は、正弦波信号が入力されることによって、正弦波信号の絶対値をとるとともに絶対値と基準値とを比較して、絶対値が基準値より小のときに"H"となるタイミング信号を出力する。つまり、タイミング信号の"H"期間は、単相コイル106の駆動電流の転流ポイント(正弦波信号のゼロクロスポイント)を確実に有し、この転流ポイントを中心として前後方向に広がることとなる。
【0023】
比較回路130の検知信号は、単相モータが回転していることから"H"である。つまり、制御回路132は、絶対値回路120のタイミング信号を用いた信号処理を行うことによって、駆動信号A2、B2、C2、D2を出力することとなる。詳細には、制御回路132は、先ず、図6の駆動信号A、B、C、Dと同一の駆動信号A1、B1、C1、D1を作成し、次に、タイミング信号の"H"期間に対応する駆動信号A1、C1のレベルのみが"L"となる駆動信号A2、B2、C2、D2を出力する。即ち、駆動信号A2は、単相コイル106の駆動電流の方向が紙面右方向となる期間Rにおいて、タイミング信号の"L"期間のみ"H"の信号となる。同様に、駆動信号C2は、単相コイル106の駆動電流の方向が紙面左方向となる期間Lにおいて、タイミング信号の"L"期間のみ"H"の信号となる。
【0024】
以下、単相コイル106の駆動電流の方向が切り替わる際の回生動作について説明する。
先ず、駆動信号A2、D2が立ち上がると、バイポーラトランジスタ102、104がオンし、単相コイル106には紙面右方向の駆動電流が流れることとなる。次に、駆動信号A2が立ち下がると、バイポーラトランジスタ104のみがオンする。従って、単相コイル106の紙面右方向の駆動電流は、単相コイル106、バイポーラトランジスタ104、回生ダイオード112からなる破線の回生経路を時計方向に循環することによって、徐々に消費されて経時的に減少していきゼロとなる。次に、駆動信号D2が立ち下がると、バイポーラトランジスタ104が単相コイル106の駆動電流の転流ポイントでオフする。
【0025】
その後、駆動信号B2、C2が立ち上がると、バイポーラトランジスタ108、110がオンし、単相コイル106には紙面左方向の駆動電流が流れることとなる。即ち、単相コイル106の駆動電流の方向は切り替わることとなる。次に、駆動信号C2が立ち下がると、バイポーラトランジスタ110のみがオンする。従って、単相コイル106の紙面左方向の駆動電流は、単相コイル106、バイポーラトランジスタ110、回生ダイオード114からなる一点鎖線の回生経路を反時計方向に循環することによって、徐々に消費されて経時的に減少していきゼロとなる。次に、駆動信号B2が立ち下がると、バイポーラトランジスタ110が単相コイル106の駆動電流の転流ポイントでオフする。以降、上記の動作を繰り返すこととなる。
【0026】
以上より、単相コイル106の一方向の駆動電流は、タイミング信号の"H"期間において、緩やかに減少しながらゼロとなり他方向の駆動電流へ切り替わることとなる。即ち、単相モータの駆動電流の方向は、ソフトスイッチングで切り替わることとなる。これにより、単相モータの振動、ノイズを低減することが可能となる。また、単相コイル106の駆動電流は、タイミング信号の"H"期間において、従来の駆動電流から斜線の電流の量だけ削減されることとなる。これにより、単相モータの電力消費量を低減することが可能となる。
【0027】
≪起動モード≫
単相モータが起動しないときの、単相モータ駆動装置の動作について説明する。
例えば、ホール素子116がタイミング信号の"H"期間と対応する正弦波信号を出力し続ける状態においては、単相モータは、駆動信号A2、B2、C2、D2では破線または一点鎖線の回生経路ができるだけで、起動がかからず停止したままとなる。この問題を解決するため、制御回路132は、単相モータが起動から回転へ移行できないとき、駆動信号A1、B1、C1、D1を出力することとなる。
【0028】
詳細には、比較回路130の検知信号は、単相モータが起動せずに停止していることから"L"である。つまり、制御回路132は、絶対値回路120のタイミング信号を用いない信号処理を行うことによって、駆動信号A1、B1、C1、D1を出力することとなる。従って、単相モータのロータとホール素子116とが上記の状態で対向して停止している場合であっても、バイポーラトランジスタ102、104、108、110が駆動信号A1、B1、C1、D1に応じて相補的にオンオフし、単相コイル106の駆動電流の方向が適宜切り替わり、単相モータは起動がかかって回転することとなる。
【0029】
その後、比較回路130の検知信号は、単相モータが回転したことから"H"となる。つまり、制御回路132は、比較回路130の検知信号が"L"から"H"へ変化するタイミングに同期して、絶対値回路120のタイミング信号を用いる信号処理に切り替えることによって、駆動信号A2、B2、C2、D2を出力することとなる。従って、単相モータは、低振動、低ノイズ、低消費電力で継続して回転することとなる。
【0030】
以上より、単相モータのロータとホール素子116とが上記の状態で対向して停止している場合であっても、単相モータを確実に起動させることが可能となる。また、単相モータの回転が検知されるまでの僅かな期間、従来と同一の駆動信号を用いるだけなので、単相モータの振動、ノイズ、電力消費量を低減することが可能となる。
【0031】
===その他の実施形態===
以上、本発明に係る単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路について説明したが、上記した発明の実施の形態は、本発明の理解を容易とするためのものであり、本発明を限定するものではない。本発明は、その趣旨を逸脱することなく、変更、改良され得るとともに、本発明にはその等価物が含まれることはもちろんである。
【0032】
≪第1および第2駆動トランジスタ≫
本実施形態では、第1駆動トランジスタおよび第2駆動トランジスタは、バイポーラトランジスタであるが、これに限定されるものではない。例えば、第1駆動トランジスタおよび第2駆動トランジスタとして、Nチャンネル型またはPチャンネル型のMOSFETを用いることも可能である。
【0033】
≪回生ダイオード≫
本実施形態では、回生ダイオードは、第1駆動トランジスタおよび第2駆動トランジスタとは別に設けられる素子であるが、これに限定されるものではない。例えば、回生ダイオードとして、第1駆動トランジスタおよび第2駆動トランジスタが有する寄生ダイオードを利用することも可能である。これにより、単相モータ駆動装置を集積化したときのチップ面積を小とすることが可能となる。
【0034】
≪絶対値回路≫
本実施形態では、絶対値回路に設定される基準値は一定であるが、これに限定されるものではない。例えば、この基準値を可変として、各種単相モータの特性に対応するタイミング信号を得ることも可能である。即ち、高い汎用性を有する単相モータ駆動装置を提供することが可能となる。また、タイミング信号の"H"期間を調整可能とすることで、電力消費量を更に低減することも可能となる。
【0035】
【発明の効果】
本発明によれば、単相モータの振動、ノイズ、電力消費量を低く抑えることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の単相モータ駆動装置を示す回路ブロック図である。
【図2】本発明の単相モータ駆動装置を構成する検知手段の各部波形を示す波形図である。
【図3】図1の各部波形を示す波形図である。
【図4】図3の要部拡大波形を示す波形図である。
【図5】従来の単相モータ駆動装置を示す回路図である。
【図6】従来の単相モータ駆動装置の駆動波形を示す波形図である。
【符号の説明】
102、104、108、110 バイポーラトランジスタ
106 単相コイル
112、114 回生ダイオード
116 ホール素子
118 比較回路
120 絶対値回路
122 検知手段
132 制御回路

Claims (5)

  1. 単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する単相モータ駆動装置であって、
    単相モータの回転位置を検知するホール素子からの正弦波信号の大きさと基準値とを比較し、前記単相コイルの駆動電流の方向が切り替わるポイント直前の所定期間にタイミング信号を発生する比較手段と、
    前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる回生手段と、
    を備えたことを特徴とする単相モータ駆動装置。
  2. 前記単相コイルの駆動電流を回生するための回生ダイオードを、備えたことを特徴とする請求項1記載の単相モータ駆動装置。
  3. 単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する単相モータ駆動装置であって、
    単相モータの回転または停止を検知し、回転信号または停止信号を出力する検知手段と、
    前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の所定期間において、前記回転信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の所定期間において、前記回転信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる回生手段と、を備え、
    前記回生手段は、前記単相モータが起動できないとき、前記検知手段の出力が停止信号から回転信号へ変化するまで、前記単相コイルの駆動電流を回生させる動作を停止することを特徴とする単相モータ駆動装置。
  4. 単相コイルに一方向の駆動電流を供給する第1駆動トランジスタと、前記単相コイルに逆方向の駆動電流を供給する第2駆動トランジスタと、を有する単相モータ駆動装置の駆動方法であって、
    単相モータの回転位置を検知するホール素子からの正弦波信号の大きさと基準値とを比較し、前記単相コイルの駆動電流の方向が切り替わるポイント直前の所定期間にタイミング信号を発生し、
    前記単相コイルの駆動電流が一方向から他方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに一方向の駆動電流を流し込む側の前記第1駆動トランジスタを前記単相コイルから一方向の駆動電流を流し出す側の前記第1駆動トランジスタより先にオフすることにより一方向の駆動電流を回生させ、前記単相コイルの駆動電流が他方向から一方向へ切り替わるポイント直前の前記所定期間 において、前記タイミング信号に基づいて、前記単相コイルに他方向の駆動電流を流し込む側の前記第2駆動トランジスタを前記単相コイルから他方向の駆動電流を流し出す側の前記第2駆動トランジスタより先にオフすることにより他方向の駆動電流を回生させる、
    ことを特徴とする単相モータ駆動方法。
  5. 請求項1乃至3の何れかに記載の単相モータ駆動装置を有することを特徴とする集積回路。
JP2002315655A 2002-10-30 2002-10-30 単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路 Expired - Fee Related JP3711102B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002315655A JP3711102B2 (ja) 2002-10-30 2002-10-30 単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路

Applications Claiming Priority (7)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002315655A JP3711102B2 (ja) 2002-10-30 2002-10-30 単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路
TW092125429A TWI234921B (en) 2002-10-30 2003-09-16 Device for driving a single phase motor
CNB2003101026956A CN1316729C (zh) 2002-10-30 2003-10-29 单相电动机驱动装置、单相电动机驱动方法
CNB2007100881945A CN100574085C (zh) 2002-10-30 2003-10-29 单相电动机驱动装置
CNA2007100887072A CN101030747A (zh) 2002-10-30 2003-10-29 单相电动机驱动装置
US10/699,263 US7002307B2 (en) 2002-10-30 2003-10-30 Single phase motor unit, method of driving single phase motor and integrated circuit
US11/145,100 US7009351B2 (en) 2002-10-30 2005-06-03 Single phase motor driving unit

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2004153921A JP2004153921A (ja) 2004-05-27
JP2004153921A5 JP2004153921A5 (ja) 2004-05-27
JP3711102B2 true JP3711102B2 (ja) 2005-10-26

Family

ID=32459585

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002315655A Expired - Fee Related JP3711102B2 (ja) 2002-10-30 2002-10-30 単相モータ駆動装置、単相モータ駆動方法、および集積回路

Country Status (4)

Country Link
US (2) US7002307B2 (ja)
JP (1) JP3711102B2 (ja)
CN (3) CN101030747A (ja)
TW (1) TWI234921B (ja)

Families Citing this family (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE102004030129A1 (de) * 2004-06-22 2006-01-19 Robert Bosch Gmbh Schaltungsanordnung und Verfahren zur Einstellung der Leistungsaufnahme einer an einem Gleichspannungsnetz betreibbaren Last
JP2006121798A (ja) * 2004-10-20 2006-05-11 Ishikawajima Harima Heavy Ind Co Ltd モータ駆動装置
US7521883B1 (en) * 2005-08-02 2009-04-21 Minebea Co., Ltd. Motor current shaping
JP5015437B2 (ja) 2005-08-26 2012-08-29 ローム株式会社 モータ駆動装置、方法およびそれを用いた冷却装置
JP2007306782A (ja) * 2006-04-14 2007-11-22 Japan Servo Co Ltd 単相モータ
TWI323077B (en) * 2006-09-26 2010-04-01 Holtek Semiconductor Inc Driving apparatus for single phase motors and driving method thereof
DE502007005507D1 (de) 2007-06-01 2010-12-09 Ebm Papst St Georgen Gmbh & Co Verfahren zum betrieb eines einsträngigen elektronisch kommutierten motors an einer gleichspannungsquelle, und motor zur durchführung eines solchen verfahrens
CN101753071B (zh) * 2008-12-02 2012-09-12 晶致半导体股份有限公司 单相马达驱动装置及单相马达
CN101800511B (zh) * 2009-02-11 2012-07-25 晶致半导体股份有限公司 具有节能模块的单相马达驱动装置
JP2011151997A (ja) * 2010-01-22 2011-08-04 Sanyo Electric Co Ltd モータ駆動回路
JP5843955B2 (ja) * 2011-06-22 2016-01-13 峰▲チァオ▼科技(深▲セン▼)有限公司 単相交流永久磁石モータのセンサレス・ダイナミック駆動方法およびシステム
CN102931893B (zh) * 2011-08-09 2015-03-11 尼克森微电子股份有限公司 直流马达的软切换控制电路
TWI440297B (zh) * 2011-08-12 2014-06-01 Richtek Technology Corp 動態調整無刷直流馬達在換相期間之空載時間的方法及裝置
US8853980B2 (en) * 2011-08-17 2014-10-07 Niko Semiconductor Co., Ltd. Soft-switching control circuit for DC motor
JP5972546B2 (ja) 2011-09-15 2016-08-17 セミコンダクター・コンポーネンツ・インダストリーズ・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー Pwm信号出力回路
JP2014050115A (ja) * 2012-08-29 2014-03-17 Toshiba Corp 単相モータ駆動回路、単相モータ装置、ファンを備えた装置
EP2928066A1 (en) * 2014-03-31 2015-10-07 ABB Technology Ltd A high efficiency commutation circuit
GB2525866A (en) * 2014-05-06 2015-11-11 Johnson Electric Sa Controller for driving a stepper motor
JP6091571B1 (ja) * 2015-09-16 2017-03-08 三菱電機株式会社 回転電機、及び回転電機の制御方法
CN106555534A (zh) * 2015-09-30 2017-04-05 德昌电机(深圳)有限公司 驱动机构、车窗驱动机构及使用该车窗驱动机构的车辆
TWI609568B (zh) * 2015-12-18 2017-12-21 陞達科技股份有限公司 馬達控制系統及其方法

Family Cites Families (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5822408A (en) 1981-07-31 1983-02-09 Aaru Rin Soo Control system of single function process
US5349275A (en) * 1981-12-23 1994-09-20 Papst Licensing Gmbh Brushless direct current motor
JPS6334714B2 (ja) 1982-03-31 1988-07-12 Hitachi Ltd
JPH0126279B2 (ja) * 1982-11-09 1989-05-23 Seiko Denshi Kogyo Kk
US4515666A (en) * 1983-02-28 1985-05-07 Milliken Research Corporation Radiation-stable polyolefin compositions containing aromatic ketone compounds
US4710686A (en) * 1986-08-04 1987-12-01 Guzik Technical Enterprises Method and apparatus for control of current in a motor winding
US4755728A (en) * 1986-09-16 1988-07-05 Itsuki Ban Single-phase semiconductor electric motor and fan using the same
DE3718309A1 (de) * 1987-05-21 1988-12-15 Vdo Schindling Schaltungsanordnung zur getakteten ansteuerung von halbleiterschaltern
EP0655823B1 (en) * 1992-08-12 1999-01-27 Seiko Epson Corporation Method of driving a brushless dc motor
US5428522A (en) * 1992-08-17 1995-06-27 Kaman Electromagnetics Corporation Four quadrant unipolar pulse width modulated inverter
FR2702104B1 (fr) * 1993-02-23 1995-06-30 Aerospatiale Procede de pilotage d'un appareil electrique reversible.
US5557180A (en) * 1993-06-30 1996-09-17 Sgs-Thomson Microelectronics, Inc. Circuit and method for operating a 3-phase motor with a uni-coil phase commutation scheme
JP3276734B2 (ja) * 1993-09-14 2002-04-22 三洋電機株式会社 モータ駆動回路
US5578911A (en) * 1994-09-21 1996-11-26 Chrysler Corporation Method and apparatus for power regeneration in an electric vehicle motor drive using a deadtime generator and having continuously variable regeneration control
US5869944A (en) * 1995-02-16 1999-02-09 Sony Corporation Motor driving apparatus
US6504328B1 (en) * 1995-02-24 2003-01-07 Stmicroelectronics Inc. Sensorless motor driver with BEMF mask extender
US5796194A (en) * 1996-07-15 1998-08-18 General Electric Company Quadrature axis winding for sensorless rotor angular position control of single phase permanent magnet motor
JP3764784B2 (ja) * 1996-09-03 2006-04-12 新電元工業株式会社 誘導性負荷の同期駆動方法、及びhブリッジ回路の同期制御装置
DE19704089C2 (de) * 1997-02-04 1999-02-11 Deutsch Zentr Luft & Raumfahrt Verfahren zur Steuerung eines Zerhacker(Chopper)-Treibers und Schaltungsanordnung zur Durchführung des Verfahrens
US5859519A (en) * 1997-05-29 1999-01-12 General Electric Company Single phase motor drive
TW453018B (en) * 1998-07-31 2001-09-01 Sanyo Electric Co Motor driving circuit
JP2000050673A (ja) 1998-07-31 2000-02-18 Sanyo Electric Co Ltd モータ駆動回路
DE69927373D1 (de) * 1999-09-30 2005-10-27 St Microelectronics Srl Zitterfreie Erkennung von Strom- oder Spannungs-Signalen an mit Pulswechselmodulation betriebener Wicklung
US6563284B2 (en) * 2000-11-21 2003-05-13 Texas Instruments Incorporated Single wire digital width modulation for fan control with tachometer feedback
JP3700576B2 (ja) * 2000-11-24 2005-09-28 松下電器産業株式会社 モータ制御装置
JP2004104951A (ja) * 2002-09-12 2004-04-02 Japan Servo Co Ltd Dcブラシレスモータの制御回路
JP3693173B2 (ja) * 2002-10-16 2005-09-07 日本サーボ株式会社 単相ブラシレスdcモータ

Also Published As

Publication number Publication date
CN101030747A (zh) 2007-09-05
US20050225273A1 (en) 2005-10-13
CN1316729C (zh) 2007-05-16
JP2004153921A (ja) 2004-05-27
US7009351B2 (en) 2006-03-07
TWI234921B (en) 2005-06-21
CN1499708A (zh) 2004-05-26
TW200409450A (en) 2004-06-01
CN100574085C (zh) 2009-12-23
US7002307B2 (en) 2006-02-21
US20040135529A1 (en) 2004-07-15
CN101030746A (zh) 2007-09-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8541988B2 (en) Rotary electric machine improved to carry out load-dump protection
US8217603B2 (en) Apparatus and method for driving rotary machine
DE69736363T2 (de) Verfahren zur Speisung einer induktiven Last- und Steuereinrichtung für eine H-Brückenschaltung
DE69822896T2 (de) Verfahren und gerät zur steuerung eines bürstenlosen elektrischen motors
US7839113B2 (en) Apparatus and method for driving synchronous motor
US6922032B2 (en) Electric motor control device
EP2025054B1 (de) Verfahren zum betrieb eines elektronisch kommutierten motors, und motor zur durchführung eines solchen verfahrens
US8593092B2 (en) Control system for multiphase electric rotating machine
US6570353B2 (en) System for the electronic commutation of a brushless DC motor
US6580236B2 (en) Brushless motor drive circuit having low noise and high efficiency
US7477082B2 (en) Method and circuit for driving H-bridge that reduces switching noise
KR100641551B1 (ko) 모터 구동방법 및 모터 구동장치
EP1839388B1 (de) Steuerschatung für einen elektronisch kommutierten motor
US8102133B2 (en) Control circuit for BLDC motors
US8310188B2 (en) Motor drive circuit with short startup time
JP5132172B2 (ja) モータ駆動集積回路
US7538500B2 (en) Position detection and external driver multiplexing system for DC motors
JP5410690B2 (ja) ブラシレスモータ制御装置及びブラシレスモータ
US6710564B2 (en) Methods and apparatus for controlling brushless motors
TWI234921B (en) Device for driving a single phase motor
JP4578142B2 (ja) ブラシレスdcモータの駆動装置
US7609015B2 (en) Load driving device and electrical apparatus using the same
JP4288851B2 (ja) モータ駆動装置
US20070152612A1 (en) Motor controller
JP2004048951A (ja) モータ駆動装置

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20040928

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050118

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050118

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20050118

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050118

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20050221

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050301

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20050406

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20050406

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050406

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050512

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050712

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050811

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090819

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100819

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100819

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110819

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110819

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120819

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120819

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130819

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees