JP2004074920A - ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード - Google Patents

ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード Download PDF

Info

Publication number
JP2004074920A
JP2004074920A JP2002237849A JP2002237849A JP2004074920A JP 2004074920 A JP2004074920 A JP 2004074920A JP 2002237849 A JP2002237849 A JP 2002237849A JP 2002237849 A JP2002237849 A JP 2002237849A JP 2004074920 A JP2004074920 A JP 2004074920A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
member
wiper blade
coupling
portion
fitting
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002237849A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4067912B2 (ja
Inventor
Yusuke Inoue
井上 雄輔
Original Assignee
Nippon Wiper Blade Co Ltd
日本ワイパブレード株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Wiper Blade Co Ltd, 日本ワイパブレード株式会社 filed Critical Nippon Wiper Blade Co Ltd
Priority to JP2002237849A priority Critical patent/JP4067912B2/ja
Publication of JP2004074920A publication Critical patent/JP2004074920A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4067912B2 publication Critical patent/JP4067912B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60SSERVICING, CLEANING, REPAIRING, SUPPORTING, LIFTING, OR MANOEUVRING OF VEHICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60S1/00Cleaning of vehicles
    • B60S1/02Cleaning windscreens, windows or optical devices
    • B60S1/04Wipers or the like, e.g. scrapers
    • B60S1/32Wipers or the like, e.g. scrapers characterised by constructional features of wiper blade arms or blades
    • B60S1/40Connections between blades and arms
    • B60S1/4006Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end
    • B60S1/4009Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end comprising a detachable intermediate element mounted on the hook-shaped end
    • B60S1/4016Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end comprising a detachable intermediate element mounted on the hook-shaped end the element being provided with retention means co-operating with the hook-shaped end of the arm
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60SSERVICING, CLEANING, REPAIRING, SUPPORTING, LIFTING, OR MANOEUVRING OF VEHICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60S1/00Cleaning of vehicles
    • B60S1/02Cleaning windscreens, windows or optical devices
    • B60S1/04Wipers or the like, e.g. scrapers
    • B60S1/32Wipers or the like, e.g. scrapers characterised by constructional features of wiper blade arms or blades
    • B60S1/40Connections between blades and arms
    • B60S1/4003Multi-purpose connections for two or more kinds of arm ends
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B60VEHICLES IN GENERAL
    • B60SSERVICING, CLEANING, REPAIRING, SUPPORTING, LIFTING, OR MANOEUVRING OF VEHICLES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • B60S1/00Cleaning of vehicles
    • B60S1/02Cleaning windscreens, windows or optical devices
    • B60S1/04Wipers or the like, e.g. scrapers
    • B60S1/32Wipers or the like, e.g. scrapers characterised by constructional features of wiper blade arms or blades
    • B60S1/40Connections between blades and arms
    • B60S1/4006Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end
    • B60S1/4009Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end comprising a detachable intermediate element mounted on the hook-shaped end
    • B60S1/4016Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end comprising a detachable intermediate element mounted on the hook-shaped end the element being provided with retention means co-operating with the hook-shaped end of the arm
    • B60S2001/4022Connections between blades and arms for arms provided with a hook-shaped end comprising a detachable intermediate element mounted on the hook-shaped end the element being provided with retention means co-operating with the hook-shaped end of the arm the element being provided with a locking element movable thereon
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y10TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC
    • Y10TTECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER US CLASSIFICATION
    • Y10T403/00Joints and connections
    • Y10T403/60Biased catch or latch
    • Y10T403/606Leaf spring

Abstract

【課題】様々なタイプのワイパーアーム(主としてUフックタイプ)を容易かつ堅固にワイパーブレード本体に結合し得る結合部材を、低コストで提供する。
【解決手段】結合部材20を、ワイパーアーム10のUフック部11が嵌合する嵌合部材21と、嵌合部材21との間にUフック部11を保持する固定部材22と、嵌合部材21の後端21Bと固定部材22の後端22Bを連結する可撓性を有する連結部23とから構成する。嵌合部材21は、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9に回転可能に装着され、装着作業時におけるワイパーアーム10とワイパーブレードの角度を適切に変更できる。Uフック部11は、固定部材21の前側横板41と嵌合部材21の前端21Aとの間に保持される。固定部材21の両側板42、43は、ワイパーブレード本体1の側面部2B、2Cに当接し、ワイパーアーム10とワイパーブレード間の振れが防止される。
【選択図】   図6

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、ワイパー装置に備えられるワイパーブレードをワイパーアームに結合するための結合部材に関する。
【0002】
【従来技術】
ワイパー装置としては、従来から、ワイパーブレードと、ワイパーアームと、駆動モータとを備えたものが知られている。ワイパーブレードは、払拭面(例えば自動車の窓面)を払拭するためのワイパーラバーを備えるもので、ワイパーアームに連結される。ワイパーアームは、例えばリンク部材を介して、駆動モータに連係される。これにより、駆動モータがワイパーアームを介してワイパーブレードを駆動し、ワイパーラバーによる払拭がなされる。
【0003】
このようなワイパー装置においては、ワイパーアームの先端側をU字型に湾曲させ、この湾曲部分(Uフック部)を、結合部材を用いてワイパーブレードに接続するものがある。図17〜図19には、このような結合部材の一例を示す。
【0004】
図17に示す結合部材100は、ワイパーアーム10のUフック部11に嵌合する嵌合部101と、この嵌合部の両側に設けられた一対の側板102(図には側板102の一つのみを示す)とから構成される。嵌合部101及び側板102には、取り付け穴103が切り欠かれている。結合部材100は、この取り付け穴103において、ワイパーブレード本体1(ワイパーブレードの結合部材以外の部分)に設けられた取り付けピン9に、回転可能に嵌合する。また、各側板102の前端部には、内側に突起する突起部104が設けられる。嵌合部材100の前端とこの突起部104との間には、間隙105が形成されている。
【0005】
結合作業においては、まず図17(A)に示すように、結合部材100を、ワイパーブレード本体1に対して略直角に立てた状態にしておく。次に、図17(B)に示すように、結合部材100と略平行としたワイパーアーム10のUフック部11を、結合部材100の前端側から係合させていく。これにより、Uフック部11の側部が、結合部材100の突起部104に当接し、側板102を外側に押し開き、図17(C)に示すように、Uフック部11は、間隙105内にはまり込み、嵌合部101前端と突起部104の間に保持された状態となる。この状態から、図17(D)に示すように、ワイパーアーム10をワイパーブレード1と略平行な状態になるように回転させると、結合部材100の側板102がワイパーブレード本体1と当接して外側に開くことが防止され、ワイパーアーム10がワイパーブレード本体1に結合される。
【0006】
図18に示す結合部材110は、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9が回転可能に嵌合する筒部111と、この筒部111両側に設けられた一対の側板112と、両側板112の前端間に掛け渡された横板113とから構成される。
【0007】
結合作業においては、図18(A)に示すように、結合部材110をワイパーブレード本体1に対して略垂直に配置する。続いて、図18(B)に示すように、Uフック部11の終端11Aを、筒部111と横板113の間の間隙114に挿入していき、図18(C)に示すように、筒部111をUフック部11の奥部に嵌合させる。この状態から、結合部材110をワイパーブレード本体1と平行となるように回転させることにより、Uフック部11の先端部11Bが横板113と当接する。これにより、Uフック部11が筒部111と横板113との間に保持され、ワイパーアーム10とワイパーブレード本体1の結合がなされる。
【0008】
図19に示す結合部材120は、ワイパーブレード本体1に装着される本体121と、この本体121の前端付近に回動自在に取り付けられた押さえ部材122とから構成される。本体121には、ワイパーアーム10のUフック部11が嵌合する嵌合部121Aと、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9に取り付けられるための取り付け穴121Bが備えられている。また、押さえ部材122には、嵌合部121Aとの間にUフック部11を保持する押さえ板122Aが備えられる。
【0009】
結合作業においては、図19(A)に示すように、押さえ部122をワイパーブレード本体1及び結合部材本体121に対して略垂直な方向に向けておき、図19(B)に示すように、ワイパーアーム10のUフック部11を、嵌合部121Aの前方から嵌合させる。そして、図19(C)に示すように、押さえ部材122を回転させて、嵌合部121Aの先端と押さえ板122Aの間にUフック部11を挟み込んで保持することにより、ワイパーアーム10をワイパーブレード本体1に結合する。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、このような従来の結合部材には、以下に述べるような問題点がある。
【0011】
まず、図17の結合部材100では、Uフック部11の結合部材100への着脱は側板105が外側に開くことによってなされるので、ワイパーアーム10が結合部材100及びワイパーブレード本体1から外れないようにするためには、側板105をワイパーブレード本体1に当接させて、外側に開かないようにする必要がある。このため、ワイパーアーム10の結合作業において、ワイパーアーム10及び結合部材100をワイパーブレード本体1に対して大角度(略90度)で回転させる必要がある。しかしながら、一部の車輌では、ワイパーアーム10とワイパーブレード本体1を大角度で回転できない構造のものもあり、結合部材100はこのような車輌には適用できない。さらに、Uフック部11を保持する突起部104は、衝撃などでせん断変形をおこしやすく、これにより、Uフック部11が、結合部材100から外れてしまう恐れもある。
【0012】
また、図18の結合部材110では、Uフック部11の結合部材110への結合時に、Uフック部11を間隙114に挿入し、さらに、この状態から結合部材110を回転させる必要がある。このため、このような動きを可能となるように、横板113の大きさが制限されてしまう。この結果、ワイパーアーム10とワイパーブレード本体1の結合の剛性を十分に確保することができず、ワイパー装置の作動中に、ワイパーアーム10とワイパーブレード本体1の間に有害な振れが生じてしまう。
【0013】
また、図19の結合部材120は、結合部材120を本体121と押さえ部材122の2つの部材から構成するので、部品製造及び組み立てのためにコストがかかる。さらに、組み付け時にUフック部11及び押さえ部材122が干渉しないようにするために、Uフック部11及び押さえ部材122の形状が限定されてしまう。
【0014】
本発明は、このような問題点に鑑みてなされたもので、様々なタイプのUフック部を有するワイパーアームを容易かつ堅固にワイパーブレード本体に結合し得る結合部材を、低コストで提供することを目的とする。
【0015】
【課題を解決するための手段】
本発明の結合部材は、ワイパーアームとワイパーブレードとの結合に用いられる結合部材であって、ワイパーブレード本体に装着され前記ワイパーアームと嵌合する嵌合部材と、前記嵌合部材との間に前記ワイパーアームを保持して固定する固定部材と、前記嵌合部材と前記固定部材を連結する可撓性を有する連結部とを備えた。
【0016】
前記嵌合部材は、前記ワイパーアームに設けられたフック部の内側に嵌合し、前記固定部材は、前記嵌合部材との間に前記フック部を狭持してもよい。
前記固定部材は、前記嵌合部材及びフック部に被せられるケース状の部材でもよい。
【0017】
前記固定部材は、前記フック部の側部に配置される側面部と、前記側面部の前端側に配置される前面部とを備え、前記フック部の先端部が前記前面部と前記嵌合部材の間に狭持されるようにしてもよい。
【0018】
前記固定部材は、前記フック部の両側に配置される側面部と、これらの側面部の間に掛け渡された前面部とを備え、フック部が前面部と嵌合部材の間に狭持されるようにしてもよい。
【0019】
前記固定部材は、前記フック部を狭持したときに、側部がワイパーブレード本体の一部に当接するようにしてもよい。
前記固定部材は、前記ワイパーブレード本体に対して回転可能に取り付けられてもよい。
【0020】
前記ワイパーブレード本体にはワイパーブレードの長手方向と直交して延びる取り付けピンが備えられ、前記嵌合部材は、前記取り付けピンに回転可能に嵌合する取り付け部を備えてもよい。
【0021】
前記連結部は、前記結合部材の前記ワイパーブレードの長手に沿った方向の一端において前記嵌合部材と前記固定部材を連結してもよい。
前記連結部は、前記結合部材の前記ワイパーブレードの長手に沿った方向の一側部において前記嵌合部材と前記保持部材を連結してもよい。
【0022】
前記連結部は、板状の部材でもよい。
前記固定部材と嵌合部材と連結部は、一部材として一体に成形されてもよい。
また、本発明のワイパーブレードは、上記本発明の結合部材を備えている。
【0023】
【発明の作用及び効果】
本発明の結合部材は、ワイパーブレード本体(例えばワイパーブレード本体1)に装着されワイパーアーム(例えばワイパーアーム10)に嵌合する嵌合部材(例えば嵌合部材21、51)と、前記嵌合部材との間に前記ワイパーアームを保持して固定する固定部材(例えば固定部材22、52)と、前記嵌合部材と前記固定部材を連結する可撓性を有する連結部(例えば連結部23、53)とを備え、例えば、前記嵌合部材は前記ワイパーアームに設けられたフック部(例えばUフック部11)の内側に嵌合し、前記固定部材は前記嵌合部材との間に前記フック部を狭持するようにしたので、固定部材を嵌合部材に対して連結部が変形する範囲で比較的自由に動かして結合作業を行うことができる。したがって、結合作業が容易となる。また、結合作業は、嵌合部材及びフック部の上に固定部材を装着することにより行えるので、作業はワイパーブレード本体の上側で行うことができ、作業者は、作業位置を視覚的に認識しながら、容易に結合作業を行うことができる。また、可撓性を有する連結部は、撓むことによって嵌合部材と固定部材の間にフック部を保持するものであるので、複雑な連結構造を採用した場合に比較して、簡素に構成することができ、コストダウンを図れる。また、嵌合部材と固定部材の連結構造によって、対応可能なフック部の形状が限定されてしまうこともない。さらに、嵌合部材と固定部材は別部材として設計でき、また嵌合部材及び固定部材の形態が互いの連結のされ方(連結構造)によって制限されることもないので、嵌合部材及び固定部材の寸法及び形状を、強い保持力が確保されるように適切に選択できる。これにより、ワイパーアームとワイパーブレード間の振れを有効に抑制でき、またワイパーアームとワイパーブレードの回転抵抗も適切に設定できる。
【0024】
また、連結部を板状の部材とすれば、連結部は、適切な可撓性(曲げ易さ)を持ちつつ、破損しにくい耐久性の大きなものとできる。
また、ケース状の固定部材を嵌合部材及びフック部に被せて、フック部を保持するようにすれば、フック部を固定部材と嵌合部材の間に確実に保持できる。
【0025】
また、フック部が前面部(例えば前側横板41、前面部52B)と嵌合部材の間に狭持されるようにすれば、フック部を確実に固定することができる。
また、フック部を狭持したときに、固定部材の側部(例えば側板42、43、側面部52C)がワイパーブレード本体の一部(例えば側面部2B、2C)に当接するようにすれば、ワイパーブレードとワイパーアーム間の振れを効果的に抑制できる。また、結果として、結合部材の摩耗も少なくできる。
【0026】
また、本発明の結合部材によれば、嵌合部材と固定部材と連結部を一部材として一体に成形できるので、従来、構造的に2つの部品で達成していた機能を、一部品で達成することができる。
【0027】
【発明の実施の形態】
以下、添付図面を参照して本発明の実施の形態を説明する。
図1、図2には、ワイパーブレードの全体構成を示す。図示されるように、ワイパーブレードは、ワイパーブレード本体1と、このワイパーブレード本体1とワイパーアーム10(図6等参照)を結合するための結合部材20とからなる。
【0028】
ワイパーブレード本体1は、プライマリーレバー2と、このプライマリーレバー2の両端に回動可能に支持されたセカンダリーレバー3、4と、各セカンダリーレバー3、4の内側端にそれぞれ回動可能に支持されたヨークレバー5、6を備えている。セカンダリーレバー3、4の外側端とヨークレバー5、6の両端には支持爪7が形成されており、これらの支持爪7にワイパーラバー8が取り付けられている。
【0029】
プライマリーレバー2の略中央部には、開口部2Aが形成され、この開口部2A両側の側面部2B、2Cの間には、取り付けピン9が掛け渡されている。この取り付けピン9に、結合部材20が取り付けられる。
【0030】
結合部材20を介してワイパーブレード本体1と連結されたワイパーアーム10は、リンク部材(図示せず)を介してモータ(図示せず)に連結される。これらワイパーブレード、ワイパーアーム10、リンク部材、モータにより、ワイパー装置が構成される。ワイパー装置において、ワイパーブレードは、モータによりリンク部材及びワイパーアーム10を介して駆動され、払拭面(例えば自動車の窓ガラス面)に沿って運動する。この結果、払拭面がワイパーラバー8により払拭される。
【0031】
図3〜図5には、結合部材20を詳細に示す。図3〜図5に示す結合部材20は、非結合時のもので、図3は結合部材20の側面図を、図4(A)及び(B)はそれぞれ結合部材20の平面図及び底面図を、図5(A)及び(B)はそれぞれ結合部材20の正面図及び背面図を示す。
【0032】
図示されるように、結合部材20は、ワイパーアーム10のUフック部11(図3〜図5には図示せず)に嵌合する嵌合部材21と、この嵌合部材21との間にUフック部11を狭持して固定する固定部材22と、嵌合部材21と固定部材22を連結する連結部23とからなる。嵌合部材21、固定部材22及び連結部23は、例えば、プラスチックを一体に成形して形成されている。
【0033】
嵌合部材21は、ワイパーアーム10のUフック部11が嵌合する本体部31と、この本体部31の両側から下方に延びる側板32、33とからなる。本体部31の前端31Aは、Uフック部11の形状に適合した円弧形状となっている。さらに、本体部31の前端31A側の下側には、円弧断面を有する取り付け穴34が形成されている。結合部材20は、取り付け穴34において、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9に、回転可能に取り付けられる。
【0034】
固定部材22は、Uフック部11を固定するために嵌合部材21の上側に装着され得るケース状の部材であり、前端22Aに配置された前側横板41と、両側の側板42、43と、後端22B付近に配置された後側横板44とから構成される。前側横板41は、側板42、43の幅広とされた前端部分の間に、固定部材22の長手方向に対して略垂直に配置されている。一方、後側横板44は、側板42、43の後端部分の間に、固定部材22の長手方向に延びて配置されている。また、各側板42、43の下側には、円弧形状の奥部を有する取り付け穴45、46が形成されている。取り付け穴45、46には、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9が嵌合する。
【0035】
Uフック部11を固定する時(結合時)には、側板42、43は、本体部31を両側から挟み込むように配置される。この場合、両側板42、43の下端42A、43Aは、それぞれ、嵌合部材21の両側板32、33の上端32A、33Aに当接する。また、後側横板44の前端44Aは、本体部31の後端31Bに当接し、嵌合部材21と固定部材22は、長手方向に正しく位置合わせされる。これにより、嵌合部材21の取り付け穴34と固定部材22の取り付け穴45、46は、正しく重なった位置に配置されるようになっている。さらに、前側横板41は、嵌合部材本体部31の先端31Aに対して、おおよそ、Uフック部11の厚みの間隔をもって配置される。これにより、前側横板41と先端31Aとの間にUフック部11が狭持され、Uフック部11の確実な固定がなされるようになっている。
【0036】
連結部23は、可撓性を有する板状部材であり、嵌合部材21の両側板32、33及び固定部材22の両側板42、43に対して垂直な方向に延び、嵌合部材21の後端部21Bと固定部材22の後端部22Bとを連結している。連結部23は、その平面に対して任意の方向に撓むことができる。これにより、嵌合部材21と固定部材22は、連結部23の可撓性の範囲で、互いの位置を移動することができるようになっている。
【0037】
具体的には、ワイパーブレード本体1とワイパーアーム10の結合に使用されていない初期状態(非結合時)には、嵌合部材21と固定部材22は、図3〜図5に示すように、互いの長手方向が略90度の角度を持つように配置されている。これに対して、ワイパーブレード本体1とワイパーアーム10の結合時には、嵌合部材21と固定部材22は、互いの長手方向が略平行となるように重なり合った状態に配置される(図6(E)参照)。
【0038】
次に、図6及び図7〜図11にしたがって、結合部材20を用いたワイパーブレード本体1とワイパーアーム10の結合手順を説明する。
まず、図6(A)及び図7に示すように、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9を、嵌合部材21の取り付け穴34に嵌合させる。次に、図6(B)及び図8に示すように、ワイパーアーム10先端のUフック部11を、側面42、43の間に通して、本体部21の前端21Aの前方にもっていく。なお、この場合、結合部材20は、取り付けピン9の回りで回転することができるので、取り付け作業時におけるワイパーアーム10とワイパーブレード本体1のとるべき角度は、特に制限されることはない。
【0039】
次に、図6(C)及び図9に示すように、ワイパーアーム10を、本体部21の上面に当接させる。そして、図6(D)に示すように、本体部21の前端21AがUフック部11の最奥部11Aに当接するまで、ワイパーアーム10を後退させる。これにより、Uフック部11内に、嵌合部材21の本体部21が嵌合する。
【0040】
次に、図10に示すように、固定部材22を、略90度回転させ、嵌合部材21及びUフック部11上に被せる。これにより、図6(E)及び図11に示すように、Uフック部11が、本体部21の先端21Aと固定部材22の前側横板41との間に挟み込まれ、固定される。
【0041】
以上のように、本実施形態の結合部材20によれば、嵌合部材21と固定部材22を、変形可能な連結部23で結合したので、結合作業においては、嵌合部材21と固定部材22の位置関係を、連結部23が変形する範囲で比較的自由に動かすことができ、結合作業が容易となる。
【0042】
また、結合作業は、嵌合部材21及びUフック部11の上に固定部材22を装着することにより行えるので、作業はワイパーブレード本体1の上側(ワイパーラバー8と反対側)で行うことができ、作業者は、作業位置を視覚的に認識しながら、容易に結合作業を行うことができる。
【0043】
また、連結部23は、撓むことによって嵌合部材21と固定部材22の間にUフック部11を保持するものであるので、簡素に構成することができ、複雑な連結構造を採用した場合と比較して、大幅にコストダウンを図れる。また、嵌合部材21と固定部材22の連結構造によって、対応可能なUフック部11の形状が限定されてしまうこともない。
【0044】
さらに、嵌合部材21と固定部材22は別部材として設計でき、また嵌合部材21及び固定部材22の形態が互いの連結のされ方(連結構造)によって制限されることもないので、嵌合部材21及び固定部材22の寸法及び形状を、強い保持力が確保されるように適切に選択できる。これにより、ワイパーアーム10とワイパーブレード間の振れを有効に抑制でき、またワイパーアーム10とワイパーブレードの回転抵抗も適切に設定できる。
【0045】
また、連結部23は板状の部材であるので、適切な可撓性を有するとともに、使用されても破損しにくい、耐久性の大きなものとできる。
また、固定部材21はケース状のものであり、嵌合部材21及びフック部11上に被せられるようになっているので、フック部11は、固定部材22と嵌合部材21の間に確実に保持される。また、この場合、フック部11は、固定部材の前側横板41と嵌合部材21の前端21Aの間に保持されるので、確実な固定がなされる。
【0046】
また、フック部11を保持した固定部材22の両側板42、43は、ワイパーブレード本体1の側面部2B、2Cに当接するので、ワイパーブレードとワイパーアーム10間の振れを効果的に抑制できる。また、結果として、結合部材20の摩耗も少なくできる。
【0047】
また、嵌合部材21は、結合ピン10の回りでワイパーブレード本体1に対して回転可能であるので、結合作業時におけるワイパーアーム10とワイパーブレード本体1の角度を、ワイパーブレード1及びワイパーアーム10の種類に応じて、作業しやすいように変えることができる。したがって、結合部材20は、様々なタイプのワイパー装置に適用できる。
【0048】
また、結合部材20は、嵌合部材21と固定部材22と連結部23を一部材として一体に成形しているので、従来、構造的に2つの部品で達成していた機能を、一部品で達成することができる。
【0049】
図12〜図16には、本発明の他の実施形態における結合部材50を示す。この結合部材50は、上記実施形態の結合部材20と同様に、ワイパーブレード本体1とワイパーアーム10の結合に用いられる。
【0050】
図示されるように、結合部材50は、ワイパーアーム10のUフック部11に嵌合する嵌合部材51と、この嵌合部材51との間にUフック部11を狭持して固定する固定部材52と、嵌合部材51と固定部材52を連結する連結部53とからなる。この連結部53による嵌合部材51と固定部材52の連結は、結合部材50の側部においてなされる構造となっており、この点で、結合部材50は上記結合部材20と異なっている。
【0051】
詳しく説明すると、嵌合部材51は、Uフック部11の内側に嵌合する本体部51Aと、この本体部51Aの一側面に設けられる側面部51Bとを備えている。本体部51Aの前端51Cは、Uフック部11奥部の形状に適合した円弧形状となっている。さらに、本体部51Aの前端51C側下側には、円弧形状の奥部を有する取り付け穴51Dが形成されている。この取り付け穴51Dには、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9が嵌合する。なお、嵌合部材51の下側には、下側側板51E、51Fが設けられ、本体部51Aの下側に回り込んだUフック部11の先端側は、下側側板51E、51Fの間に保持される。
【0052】
固定部材52は、Uフック部11を固定するために嵌合部材21の上側に装着されるケース状の部材であり、嵌合部材51の上面との間にUフック部11を狭持する上面部52A及び前面部52Bと、側面部52Cとからなる。側面部52Cには、嵌合部材51の取り付け穴51Dと対応する位置に、円弧形状の奥部を有する取り付け穴52Dが形成されている。この取り付け穴52Dには、ワイパーブレード本体1の取り付けピン9が嵌合する。
【0053】
連結部53は、屈曲可能な板状の部材であり、結合部材50の一側面において、嵌合部材51の側面部51Bと固定部材52の側面部51Cとを連結している。嵌合部材51、固定部材52及び連結部53は、例えば、プラスチックで一体に成形されている。
【0054】
ワイパーアーム10とワイパーブレード本体1の結合においては、取り付け穴51Dを取り付けピン9に嵌合させた状態で、嵌合部材51の本体51A外側にUフック部11を嵌合させる。次に、連結部53を屈曲させ、固定部材53をUフック部11及び嵌合部材51上に側方から被せる。このとき、固定部材53の取り付け穴52Dに取り付けピン9が嵌合し、固定部材53の位置が固定され、嵌合部材51と固定部材52間にUフック部11が確実に保持される。この場合、Uフック部11の両側は、嵌合部材51の側面部51Bと固定部材の側板52Cにより保持される。
【0055】
このように、本発明では、連結部による嵌合部材と固定部材の連結位置は特に限定されず、連結部は、任意の場所に設けることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施形態におけるワイパーブレードの全体構成を示す正面図である。
【図2】同じく平面図である。
【図3】同じく結合部材を示す正面図である。
【図4】同じく結合部材を示す図であり、(A)は平面図、(B)は底面図である。
【図5】同じく結合部材を示す図であり、(A)は左側面図、(B)は右側面図である。
【図6】同じく結合部材を用いたワイパーブレード本体へのワイパーアームの取り付け手順を示す図である。
【図7】同じく結合部材を用いたワイパーブレード本体へのワイパーアームの取り付けを示す斜視図である。
【図8】同じく結合部材を用いたワイパーブレード本体へのワイパーアームの取り付けを示す斜視図である。
【図9】同じく結合部材を用いたワイパーブレード本体へのワイパーアームの取り付けを示す斜視図である。
【図10】同じく結合部材を用いたワイパーブレード本体へのワイパーアームの取り付けを示す斜視図である。
【図11】同じく結合部材を用いたワイパーブレード本体へのワイパーアームの取り付けを示す斜視図である。
【図12】本発明の他の実施形態における結合部材を示す斜視図である。
【図13】同じく結合部材を示す正面図である。
【図14】同じく結合部材を示す背面図である。
【図15】同じく結合部材を示す平面図である。
【図16】同じく結合部材を示す右側面図である。
【図17】従来の結合部材によるワイパーアームのワイパーブレード本体への取り付けを説明するための図である。
【図18】他の従来の結合部材によるワイパーアームのワイパーブレード本体への取り付けを説明するための図である。
【図19】さらに他の従来の結合部材によるワイパーアームのワイパーブレード本体への取り付けを説明するための図である。
【符号の説明】
1 ワイパーブレード本体
9 取り付けピン
10 ワイパーアーム
11 Uフック部
20 結合部材
21 嵌合部材
22 固定部材
23 連結部
30 結合部材
31 嵌合部材
32 固定部材
33 連結部

Claims (13)

  1. ワイパーアームとワイパーブレードとの結合に用いられる結合部材であって、
    ワイパーブレード本体に装着され前記ワイパーアームと嵌合する嵌合部材と、
    前記嵌合部材との間に前記ワイパーアームを保持して固定する固定部材と、
    前記嵌合部材と前記固定部材を連結する可撓性を有する連結部と、
    を備えた結合部材。
  2. 前記嵌合部材は、前記ワイパーアームに設けられたフック部の内側に嵌合し、前記固定部材は、前記嵌合部材との間に前記フック部を狭持する請求項1に記載の結合部材。
  3. 前記固定部材は、前記嵌合部材及びフック部に被せられるケース状の部材である請求項2に記載の結合部材。
  4. 前記固定部材は、前記フック部の側部に配置される側面部と、前記側面部の前端側に配置される前面部とを備え、前記フック部の先端部が前記前面部と前記嵌合部材の間に狭持されるようにした請求項2又は請求項3に記載の結合部材。
  5. 前記固定部材は、前記フック部の両側に配置される側面部と、これらの側面部の間に掛け渡された前面部とを備え、フック部が前面部と嵌合部材の間に狭持されるようにした請求項2から請求項4のいずれか一つに記載の結合部材。
  6. 前記固定部材は、前記フック部を狭持したときに、側部がワイパーブレード本体の一部に当接するようにした請求項2から請求項5のいずれか一つに記載の結合部材。
  7. 前記固定部材は、前記ワイパーブレード本体に対して回転可能に取り付けられる請求項1から請求項6のいずれか一つに記載の結合部材。
  8. 前記ワイパーブレード本体にはワイパーブレードの長手方向と直交して延びる取り付けピンが備えられ、前記嵌合部材は、前記取り付けピンに回転可能に嵌合する取り付け部を備えた請求項7に記載の結合部材。
  9. 前記連結部は、前記結合部材の前記ワイパーブレードの長手に沿った方向の一端において前記嵌合部材と前記固定部材を連結する請求項1から請求項8のいずれか一つに記載の結合部材。
  10. 前記連結部は、前記結合部材の前記ワイパーブレードの長手に沿った方向の一側部において前記嵌合部材と前記保持部材を連結する請求項1から請求項8のいずれか一つに記載の結合部材。
  11. 前記連結部は、板状の部材である請求項1から請求項10のいずれか一つに記載の結合部材。
  12. 前記固定部材と嵌合部材と連結部は、一部材として一体に成形されている請求項1から請求項11のいずれか一つに記載の結合部材。
  13. 請求項1から請求項12のいずれか一つに記載の結合部材を備えたワイパーブレード。
JP2002237849A 2002-08-19 2002-08-19 ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード Active JP4067912B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002237849A JP4067912B2 (ja) 2002-08-19 2002-08-19 ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード

Applications Claiming Priority (17)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002237849A JP4067912B2 (ja) 2002-08-19 2002-08-19 ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード
PL374698A PL211790B1 (xx) 2002-08-19 2003-08-13 Element złączny stosowany do połączenia ramienia wycieraczki z piórem wycieraczki
AU2003257828A AU2003257828B2 (en) 2002-08-19 2003-08-13 Joint member for wiper blade and wiper blade
CNB038235641A CN100377934C (zh) 2002-08-19 2003-08-13 刮水片用的结合部件及刮水片
EP20030788100 EP1544069B1 (en) 2002-08-19 2003-08-13 Joint member for wiper blade and wiper blade
BR0306135A BR0306135B1 (pt) 2002-08-19 2003-08-13 elemento de junta para palheta de limpador de pára-brisa e palheta de limpador de pára-brisa.
DE60332853T DE60332853D1 (de) 2002-08-19 2003-08-13 Verbindungsglied für wischerblatt und wischerblatt
PCT/JP2003/010307 WO2004016483A1 (ja) 2002-08-19 2003-08-13 ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード
DK03788100T DK1544069T3 (da) 2002-08-19 2003-08-13 Forbindelseselement til et viskerblad og viskerblad
CA 2495436 CA2495436C (en) 2002-08-19 2003-08-13 Joint member for wiper blade and wiper blade
US10/524,764 US7587782B2 (en) 2002-08-19 2003-08-13 Joint member for wiper blade and wiper blade
ES03788100T ES2346869T3 (es) 2002-08-19 2003-08-13 Elemento de union para una rasqueta de limpiaparabrisas y rasqueta de limpiaparabrisas.
KR20057002787A KR100968235B1 (ko) 2002-08-19 2003-08-13 와이퍼 블레이드용 결합부재 및 와이퍼 블레이드
MXPA05001896A MXPA05001896A (es) 2002-08-19 2003-08-13 Elemento articulado para soporte de limpiador y soporte de limpiador.
TW92122711A TWI261558B (en) 2002-08-19 2003-08-19 Joining member for wiper blade and wiper blade
NO20050843A NO329579B1 (no) 2002-08-19 2005-02-16 Overgangselement for a koble sammmen viskerarm og viskerblad
HK05111435A HK1077045A1 (en) 2002-08-19 2005-12-12 Joint member for wiper blade and wiper blade

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004074920A true JP2004074920A (ja) 2004-03-11
JP4067912B2 JP4067912B2 (ja) 2008-03-26

Family

ID=31884445

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002237849A Active JP4067912B2 (ja) 2002-08-19 2002-08-19 ワイパーブレード用の結合部材及びワイパーブレード

Country Status (17)

Country Link
US (1) US7587782B2 (ja)
EP (1) EP1544069B1 (ja)
JP (1) JP4067912B2 (ja)
KR (1) KR100968235B1 (ja)
CN (1) CN100377934C (ja)
AU (1) AU2003257828B2 (ja)
BR (1) BR0306135B1 (ja)
CA (1) CA2495436C (ja)
DE (1) DE60332853D1 (ja)
DK (1) DK1544069T3 (ja)
ES (1) ES2346869T3 (ja)
HK (1) HK1077045A1 (ja)
MX (1) MXPA05001896A (ja)
NO (1) NO329579B1 (ja)
PL (1) PL211790B1 (ja)
TW (1) TWI261558B (ja)
WO (1) WO2004016483A1 (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007137360A (ja) * 2005-11-22 2007-06-07 Dung Jyuu Enterprise Co Ltd ワイパー
JP2009154771A (ja) * 2007-12-27 2009-07-16 Nippon Wiper Blade Co Ltd ワイパーブレード及びワイパーブレード用の結合部材
KR100932745B1 (ko) * 2008-02-04 2009-12-21 주식회사 캐프 차량 와이퍼 블레이드장치의 아암 결속용 멀티 커넥터
JP2011116365A (ja) * 2009-12-07 2011-06-16 Dongyang Mechatronics Corp 車両用ワイパ
KR101425175B1 (ko) 2007-02-19 2014-08-01 로베르트 보쉬 게엠베하 와이퍼 암에 와이퍼 블레이드를 힌지형으로 연결하기 위한 연결 부재
JP2016117471A (ja) * 2014-12-22 2016-06-30 ケーシーダブリュー コーポレーション ワイパーブレードとワイパーアームを連結するコネクタ

Families Citing this family (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
AU2007319383A1 (en) * 2006-11-10 2008-05-22 Glaukos Corporation Uveoscleral shunt and methods for implanting same
DE102007016479A1 (de) * 2007-04-05 2008-10-09 Robert Bosch Gmbh Anschlussvorrichtung
JP5163502B2 (ja) * 2009-01-09 2013-03-13 市光工業株式会社 ワイパーブレード
EP2571733B1 (en) * 2010-05-20 2018-06-13 Federal-Mogul S.a. Windscreen wiper device
US9457768B2 (en) 2011-04-21 2016-10-04 Pylon Manufacturing Corp. Vortex damping wiper blade
US9174609B2 (en) 2011-04-21 2015-11-03 Pylon Manufacturing Corp. Wiper blade with cover
WO2013016493A1 (en) 2011-07-28 2013-01-31 Pylon Manufacturing Corp. Windshield wiper adapter, connector and assembly
US9108595B2 (en) 2011-07-29 2015-08-18 Pylon Manufacturing Corporation Windshield wiper connector
US9180839B2 (en) * 2011-12-29 2015-11-10 Federal-Mogul Corporation Windscreen wiper device
US20130219649A1 (en) 2012-02-24 2013-08-29 Pylon Manufacturing Corp. Wiper blade
US20130227809A1 (en) 2012-02-24 2013-09-05 Pylon Manufacturing Corp. Wiper blade
US20130269141A1 (en) * 2012-04-16 2013-10-17 Dongguan Hongyi Wiper Co., Ltd. Windshield wiper frame
US9511748B2 (en) 2013-03-15 2016-12-06 Illinois Tool Works Inc. Universal connector for attachment of a windshield wiper blade with multiple types of windshield wiper arms
US10166951B2 (en) 2013-03-15 2019-01-01 Pylon Manufacturing Corp. Windshield wiper connector
US9555775B2 (en) 2013-03-15 2017-01-31 Illinois Tool Works Inc. Connectors and connector kit for attachment of a windshield wiper blade to multiple types of windshield wiper arms
JP5645284B1 (ja) * 2013-06-28 2014-12-24 日本ワイパブレード株式会社 ワイパーアーム
USD727238S1 (en) 2013-12-13 2015-04-21 Illinois Tool Works Inc. Cover used for windshield wiper connectors
US9505380B2 (en) 2014-03-07 2016-11-29 Pylon Manufacturing Corp. Windshield wiper connector and assembly
USD777079S1 (en) 2014-10-03 2017-01-24 Pylon Manufacturing Corp. Wiper blade frame

Family Cites Families (30)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2608605C3 (ja) 1976-03-02 1978-10-05 Robert Bosch Gmbh, 7000 Stuttgart
DE2709893C3 (ja) 1977-03-08 1981-11-19 Daimler-Benz Ag, 7000 Stuttgart, De
GB1569374A (en) 1977-04-21 1980-06-11 Trico Folberth Ltd Attachment of windscreen wiper blades to wiper arms
JPS5852853B2 (ja) * 1979-06-20 1983-11-25 Esu Bee Efu Shupetsuiaarufuaburiiku Fuyua Autootsuubeheeru Gusutafu Rau Gmbh
FR2486002B1 (fr) 1980-07-07 1985-06-21 Marchal Equip Auto Essuie-glace comportant un bras a embout rapporte, notamment pour vehicule automobile
JPS5852853A (en) 1981-09-24 1983-03-29 Sony Corp Manufacture of semiconductor device
DE3331310A1 (de) 1983-08-31 1985-03-14 Swf Auto Electric Gmbh Wischhebel, insbesondere fuer kraftfahrzeuge
EP0141186B1 (de) 1983-09-13 1987-08-12 Equipements Automobiles Brevetés PAUL JOURNEE S.A. Scheibenwischerhalterung
IT8453207V0 (it) * 1984-04-02 1984-04-02 Fister Spa Elemento intermedio di collegamento tra una spazzola tergicristallo e un relativo braccio di azionamento
DE3416505A1 (de) 1984-05-04 1985-11-07 Bosch Gmbh Robert Wischvorrichtung fuer scheiben von kraftfahrzeugen
DE3439523C2 (ja) * 1984-10-29 1986-10-30 Daimler-Benz Ag, 7000 Stuttgart, De
FR2600292B1 (fr) * 1986-06-20 1990-02-23 Marchal Equip Auto Dispositif d'attache reliant un bras d'essuie-glace et un etrier portant une lame racleuse
DE3919050C2 (de) 1989-06-10 2000-06-08 Teves Gmbh Alfred Wischblatt und Verfahren zu seiner Herstellung
FR2659613B1 (fr) * 1990-03-19 1992-05-29 Valeo Systemes Dessuyage Connecteur destine a solidariser un balai d'essuie-glace et un bras d'essuie-glace.
US5238990A (en) 1991-06-05 1993-08-24 Exxon Chemical Patents Inc. High modulus toughened polyamide composition
US5289608A (en) * 1991-10-29 1994-03-01 Alberee Product Inc. Windshield wiper frame connector which accomodates different size wiper arms
JP2557021Y2 (ja) * 1993-04-05 1997-12-08 マルエヌ株式会社 ワイパーブレードの連結具
CN2203670Y (zh) * 1994-10-11 1995-07-19 郑森雄 经改进的汽车雨刷连结构件
GB9707750D0 (en) * 1997-04-17 1997-06-04 Clearco Automotive Product Ltd Wiper Blade assembly
US5920950A (en) * 1997-12-09 1999-07-13 Trico Products Corporation Wiper blade attachment adapter
DE19758245A1 (de) * 1997-12-30 1999-07-08 Bosch Gmbh Robert Verbindungselement für die Verbindung eines Scheibenwischerblattes mit einem Wischerarmhaken
JP3230738B2 (ja) * 1998-04-28 2001-11-19 アスモ株式会社 車両用ワイパ
DE19900945A1 (de) 1999-01-13 2000-07-20 Valeo Auto Electric Gmbh Wischblatt
US6161249A (en) * 1999-01-27 2000-12-19 Rally Manufacturing, Inc. Windshield wiper frame and connector assembly
CN1263836A (zh) * 1999-02-16 2000-08-23 拉雷制造公司 挡风玻璃刮水器支架和连接器的组件
GB2348118A (en) * 1999-03-24 2000-09-27 Trico Products Windscreen wiper/blade arm connector
JP2001163188A (ja) * 1999-09-30 2001-06-19 Ngk Spark Plug Co Ltd ワイパーブレード連結具
DE19952054A1 (de) * 1999-10-28 2001-05-03 Bosch Gmbh Robert Wischvorrichtung für Scheiben von Kraftfahrzeugen
JP2002308063A (ja) * 2001-04-10 2002-10-23 Maruenu Kk ワイパーをアームに連結する連結具
JP4476051B2 (ja) * 2004-07-01 2010-06-09 住友電工焼結合金株式会社 波動歯車装置の剛性内歯歯車の製造方法

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007137360A (ja) * 2005-11-22 2007-06-07 Dung Jyuu Enterprise Co Ltd ワイパー
KR101425175B1 (ko) 2007-02-19 2014-08-01 로베르트 보쉬 게엠베하 와이퍼 암에 와이퍼 블레이드를 힌지형으로 연결하기 위한 연결 부재
US9021652B2 (en) 2007-02-19 2015-05-05 Robert Bosch Gmbh Connecting element for the articulated connection of a wiper blade to a wiper arm
JP2009154771A (ja) * 2007-12-27 2009-07-16 Nippon Wiper Blade Co Ltd ワイパーブレード及びワイパーブレード用の結合部材
JP4607172B2 (ja) * 2007-12-27 2011-01-05 日本ワイパブレード株式会社 ワイパーブレード及びワイパーブレード用の結合部材
KR100932745B1 (ko) * 2008-02-04 2009-12-21 주식회사 캐프 차량 와이퍼 블레이드장치의 아암 결속용 멀티 커넥터
JP2011116365A (ja) * 2009-12-07 2011-06-16 Dongyang Mechatronics Corp 車両用ワイパ
JP2016117471A (ja) * 2014-12-22 2016-06-30 ケーシーダブリュー コーポレーション ワイパーブレードとワイパーアームを連結するコネクタ

Also Published As

Publication number Publication date
BR0306135B1 (pt) 2012-11-27
US7587782B2 (en) 2009-09-15
AU2003257828B2 (en) 2010-05-27
DE60332853D1 (de) 2010-07-15
KR20050046734A (ko) 2005-05-18
NO329579B1 (no) 2010-11-15
HK1077045A1 (en) 2010-12-24
BR0306135A (pt) 2004-10-19
AU2003257828A1 (en) 2004-03-03
ES2346869T3 (es) 2010-10-21
NO20050843L (no) 2005-03-17
EP1544069B1 (en) 2010-06-02
DK1544069T3 (da) 2010-10-04
CA2495436C (en) 2011-09-13
EP1544069A1 (en) 2005-06-22
PL374698A1 (xx) 2005-10-31
CN100377934C (zh) 2008-04-02
TWI261558B (en) 2006-09-11
JP4067912B2 (ja) 2008-03-26
MXPA05001896A (es) 2005-07-29
EP1544069A4 (en) 2006-04-05
CN1688466A (zh) 2005-10-26
CA2495436A1 (en) 2004-02-26
KR100968235B1 (ko) 2010-07-06
US20050244218A1 (en) 2005-11-03
TW200404691A (en) 2004-04-01
PL211790B1 (xx) 2012-06-29
WO2004016483A1 (ja) 2004-02-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9365189B2 (en) Windscreen wiper device
JP5427939B2 (ja) フロントガラス用ワイパー装置
JP5226104B2 (ja) ワイパーブレードを連結する手段を備える自動車用ワイパー
US8429786B2 (en) Connection device for the articulated connection of a wiper blade to a wiper arm
US9555774B2 (en) Windscreen wiper device
JP4794431B2 (ja) 自動車の風防ガラスワイパ装置を組み立てる方法および構造
US8186002B2 (en) Device for the pivoting connection of a wiper blade to a wiper arm of a windscreen wiper
US8671505B2 (en) Windshield wiper blade assembly
JP5941101B2 (ja) 自動車のワイパブレード用コネクタのアダプタおよび連結ベース
US8151406B2 (en) Wiper blade
US7886401B2 (en) Device for detachably linking a wiper blade with a wiper arm
RU2346834C1 (ru) Узел щетки стеклоочистителя
JP4574662B2 (ja) 雨センサ
TWI261558B (en) Joining member for wiper blade and wiper blade
KR100650300B1 (ko) 전환 위치들 사이에서 이동가능하며 윈도우를 향해 하중을 받는 와이퍼 암을 구비한 자동차의 윈도우용 와이퍼 장치
US9193335B2 (en) Wiper blade for cleaning vehicle windows, and wiper arm
EP1940661B1 (de) Anschlussvorrichtung für einen wischerarm
US10077025B2 (en) Windscreen wiper adapter with safety position
RU2543448C2 (ru) Соединительное устройство и способ соединения щетки стеклоочистителя с рычагом стеклоочистителя ветрового стекла транспортного средства
EP1612113B1 (en) Wiper structure
US8959701B2 (en) Multi-adapter for a vehicle wiper
US20130340197A1 (en) Wiper blade assembly
KR101254582B1 (ko) 와이퍼 장치
US8448290B2 (en) Device for the jointed connection of a wiper blade
KR100688047B1 (ko) 차량의 윈도우용 와이퍼 장치

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050818

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20070828

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071029

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20071211

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080109

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110118

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 4067912

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120118

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130118

Year of fee payment: 5

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250