JP6506460B2 - サービスの供給状況を管理するシステム及び方法 - Google Patents

サービスの供給状況を管理するシステム及び方法 Download PDF

Info

Publication number
JP6506460B2
JP6506460B2 JP2018196944A JP2018196944A JP6506460B2 JP 6506460 B2 JP6506460 B2 JP 6506460B2 JP 2018196944 A JP2018196944 A JP 2018196944A JP 2018196944 A JP2018196944 A JP 2018196944A JP 6506460 B2 JP6506460 B2 JP 6506460B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
location
service
order
information
plurality
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2018196944A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2019057293A (ja
Inventor
ザン リンユー
ザン リンユー
ザン ボー
ザン ボー
フェン ペンチェン
フェン ペンチェン
スン ミンコン
スン ミンコン
Original Assignee
ベイジン ディディ インフィニティ テクノロジー アンド ディベロップメント カンパニー リミティッド
ベイジン ディディ インフィニティ テクノロジー アンド ディベロップメント カンパニー リミティッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to CN201410168588.1A priority Critical patent/CN103985247B/zh
Priority to CN201410168588.1 priority
Priority to CN201410366721.4A priority patent/CN104123836B/zh
Priority to CN201410366721.4 priority
Priority to CN201510037388.7 priority
Priority to CN201510037388.7A priority patent/CN104537831B/zh
Application filed by ベイジン ディディ インフィニティ テクノロジー アンド ディベロップメント カンパニー リミティッド, ベイジン ディディ インフィニティ テクノロジー アンド ディベロップメント カンパニー リミティッド filed Critical ベイジン ディディ インフィニティ テクノロジー アンド ディベロップメント カンパニー リミティッド
Publication of JP2019057293A publication Critical patent/JP2019057293A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP6506460B2 publication Critical patent/JP6506460B2/ja
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08GTRAFFIC CONTROL SYSTEMS
    • G08G1/00Traffic control systems for road vehicles
    • G08G1/20Monitoring the location of vehicles belonging to a group, e.g. fleet of vehicles, countable or determined number of vehicles
    • G08G1/202Dispatching vehicles on the basis of a location, e.g. taxi dispatching
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/06Resources, workflows, human or project management, e.g. organising, planning, scheduling or allocating time, human or machine resources; Enterprise planning; Organisational models
    • G06Q10/063Operations research or analysis
    • G06Q10/0631Resource planning, allocation or scheduling for a business operation
    • G06Q10/06315Needs-based resource requirements planning or analysis
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01CMEASURING DISTANCES, LEVELS OR BEARINGS; SURVEYING; NAVIGATION; GYROSCOPIC INSTRUMENTS; PHOTOGRAMMETRY OR VIDEOGRAMMETRY
    • G01C21/00Navigation; Navigational instruments not provided for in preceding groups G01C1/00-G01C19/00
    • G01C21/26Navigation; Navigational instruments not provided for in preceding groups G01C1/00-G01C19/00 specially adapted for navigation in a road network
    • G01C21/34Route searching; Route guidance
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q10/00Administration; Management
    • G06Q10/06Resources, workflows, human or project management, e.g. organising, planning, scheduling or allocating time, human or machine resources; Enterprise planning; Organisational models
    • G06Q10/063Operations research or analysis
    • G06Q10/0631Resource planning, allocation or scheduling for a business operation
    • G06Q10/06311Scheduling, planning or task assignment for a person or group
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q30/00Commerce, e.g. shopping or e-commerce
    • G06Q30/06Buying, selling or leasing transactions
    • G06Q30/0601Electronic shopping
    • G06Q30/0633Lists, e.g. purchase orders, compilation or processing
    • G06Q30/0635Processing of requisition or of purchase orders
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q50/00Systems or methods specially adapted for specific business sectors, e.g. utilities or tourism
    • GPHYSICS
    • G08SIGNALLING
    • G08GTRAFFIC CONTROL SYSTEMS
    • G08G1/00Traffic control systems for road vehicles
    • G08G1/01Detecting movement of traffic to be counted or controlled
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04MTELEPHONIC COMMUNICATION
    • H04M1/00Substation equipment, e.g. for use by subscribers; Analogous equipment at exchanges
    • H04M1/72Substation extension arrangements; Cordless telephones, i.e. devices for establishing wireless links to base stations without route selecting
    • H04M1/725Cordless telephones

Description

(関連出願の相互参照)
本願は、2014年4月24日に出願された中国特許出願第201410168588
.1号、2014年7月29日に出願された中国特許出願第201410366721.
4号、及び2015年1月23日に出願された中国特許出願第201510037388
.7号の優先権を主張し、その全内容を参照として本明細書に援用する。

(技術分野)
本願は、概して、サービスの供給状況の管理、特に、ネットワークを利用した、例えば
インターネットを利用したシステム及び方法を用いたサービスの供給状況の管理に関連す
る。

タクシーやリムジンの車両用に用いられている車両管理システムなどの、オン・デマン
ドのサービスにおいては、通常、搭載型の距離計測装置や無線、携帯電話を用いて配車を
行う。そのようなシステムは、通常、ピックアップを待っている客に対して通信するもの
ではなく、またそのような客の分布を監視するものでもない。

本願は、概して、サービスの供給状況の管理、特に、ネットワークを利用した、例えば
、インターネットを利用したシステム及び方法を用いるサービスの供給状況の管理に関連
する。本明細書に開示するシステムは、サービス要求者やサービス提供者などの分布、又
はその組み合わせに基づいて、サービスが行き届いていないエリア、又はサービスが届い
ているエリアを特定することもできる。

ある例において、サービスの供給状況を管理するために、少なくとも1つの処理部(プ
ロセッサ)、記憶部、及びコミュニケーションプラットフォームを有するシステムが提供
されている。そのシステムは、サービスを要求する複数のオーダーを受け取るように構成
されている収集モジュールと、複数のオーダーに基づいて場所をマーキング(印付け)す
るように構成された識別モジュールと、マーキングされた場所に関連する情報が配信され
る1以上のサービス提供者を特定するように構成された判断モジュールとを含む。ここで
マーキングされた場所は複数のオーダーのうち、第1の特性を共有する第1の数のオーダ
ーに関連する。第1の特性は、第1の位置と、マーキングされた場所のオーダーに関連す
る位置との間の距離が第1の閾値未満であることであってもよい。収集モジュールは、例
えば、複数のオーダーのうちの、1のオーダーに関連するオーダー位置、サービス提供者
に関連するサービス提供者位置、複数のオーダーに関連する受注率、マーキングされた場
所に関連する受注率、マーキングされた場所に関連する交通状況、マーキングされた場所
に関連する道路状況、マーキングされた場所に関連する気象状況、及びマーキングされた
場所に関連する履歴情報からなる群から選択される少なくとも1つの情報を受け取るよう
に構成されていてもよい。

収集モジュールは、複数のオーダーのうちの、1のオーダーに関連するオーダー位置を
特定するように構成された位置情報収集部をさらに含んでもよい。位置情報収集部は、オ
ーダーに関連する測位デバイスと通信するように構成されている位置情報受領部を含んで
もよい。ある実施形態において、複数のオーダーのうち少なくとも1つのオーダーは、ユ
ーザーの位置情報を含む。位置情報は、ユーザーに関連付けられたデバイスからの測位信
号に基づいて決定されてもよい。複数のオーダーのうち少なくとも1つのオーダーをネッ
トワーク、例えば、インターネットを通じて受け取ってもよい。

識別モジュールは場所を特定するように構成されていてもよい。当該場所は、1以上の
クラスターアルゴリズムに基づいて特定されてもよい。識別モジュールは、例えば、履歴
情報処理部、及びオーダー情報処理部、サービス提供者情報処理部、若しくは偶発的情報
処理部など、又はそれらの組み合わせから選択される少なくとも1つのユニットを含んで
もよい。オーダー情報処理部又はサービス提供者情報処理部は、例えば、位置情報処理部
、距離計算部、時間計算部、若しくは雑情報ユニットなど、又はそれらの組み合わせから
選択される少なくとも1つのユニットを含んでもよい。情報処理部は、例えば、位置情報
処理部、距離計算部、時間計算部、若しくは雑情報ユニットなど、又はそれらの組み合わ
せから選択される少なくとも1つのユニットを含んでもよい。上記クラスターアルゴリズ
ムは、CLARANS、PAM、CLATIN、CLARA、DBSCAN、BIRCH
、OPTICS、Wave cluster、CURE、CLIQUE、K−means
アルゴリズム、若しくは階層的アルゴリズムなど、又はそれらの組み合わせを含んでもよ
い。

識別モジュールは、さらに、マーキングされた場所に関連する第2の数のサービス提供
者を特定するように構成されていてもよい。第2の数のサービス提供者は第2の特性を共
有している。第2の特性は、第1の位置と、第2の数のサービス提供者に関連する位置と
の間の距離が第2の閾値未満であることであってもよい。ある実施形態において、第1の
特性(第1の位置と、第1の数のオーダーのうちの、1のオーダーに関連する位置との間
の距離が第1の閾値未満であること)と、上記第2の特性は同じであってもよく、第1の
閾値と第2の閾値が同じであってもよい。第1の数のオーダーと第2の数のサービス提供
者とは、同じ場所又は同じエリア内に位置してもよい。識別モジュールは、第2の数に対
する第1の数の比率に基づく判断に基づいて、場所をマーキングするように構成されてい
てもよい。例えば、識別モジュールは、第2の数に対する第1の数の比率が第3の閾値を
超える、という判断に基づいて場所をマーキングするように構成されていてもよい。別の
実施形態において、上記識別モジュールは、さらにエリアを特定するように構成されてい
てもよい。識別モジュールは、上記エリアに関連する1以上のオーダーに基づいて場所を
マーキングするように構成されていてもよい。

別の実施形態において、識別モジュールは、第1の数又は第2の数が第4の閾値を超え
る、という判断に基づいて場所を特定する、又はマーキングするように構成されていても
よい。ある実施形態において、エリアは場所として特定されてもよく、マーキングされた
場所に関連する情報が1以上のサービス要求者若しくは1以上のサービス提供者など、又
はそれらの組み合わせに配信されるようにマーキングされてもよい。場所を特定するため
の基準(基準は単数でも複数でもよい)は、場所をマーキングするための基準(基準は単
数でも複数でもよい)と同じであってもよい。ほんの一例に過ぎないが、エリアでのオー
ダーの数が閾値に到達する、又は閾値を超える場合、そのエリアが場所として特定される
。特定された場所は、マーキングされた場所に関連する情報が1以上のサービス要求者若
しくは1以上のサービス提供者など、又はそれらの組み合わせに配信されるようにマーキ
ングされる。

別の実施形態において、エリアは第1の基準(基準は単数でも複数でもよい)に基づい
て特定されていてもよく、第2の基準(基準は単数でも複数でもよい)を満足する特定さ
れた場所は、1以上のサービス要求者若しくは1以上のサービス提供者など、又はそれら
の組み合わせに向けて、マーキングされた場所に関連する情報が配信されるようにマーキ
ングされる。第1の基準(基準は単数でも複数でもよい)は第2の基準(基準は単数でも
複数でもよい)と異なっていてもよい。ほんの一例に過ぎないが、あるエリアでのオーダ
ーの数が閾値に到達する、又は閾値を超える場合、そのエリアが場所として特定される。
そのエリア内のサービス提供者の数に対する同じエリア内のオーダーの数の比率がもう1
つの閾値を超えた場合、特定された場所はマーキングされる。1以上のサービス要求者若
しくは1以上のサービス提供者など、又はそれらの組み合わせに対し、マーキングされた
場所に関連する情報が配信される。

判断モジュールは、マーキングされた場所に関連する情報が誰に配信されるかを判断す
るように構成されていてもよい。判断モジュールは、例えば、履歴情報処理部、及びオー
ダー情報処理部、サービス提供者情報処理部、若しくは偶発的情報処理部など、又はそれ
らの組み合わせから選択される少なくとも1つのユニットを含んでもよい。さらに別の実
施形態においては、上記システムは、マーキングされた場所に関連する情報を、マーキン
グされた場所のオーダーに関連するサービス要求者又は1以上のサービス提供者に配信す
るように構成されている配信モジュールをさらに含んでいてもよい。

別の実施形態において、少なくとも1つの処理部(プロセッサ)を有するシステムが提
供される。上記少なくとも1つの処理部(プロセッサ)は、例えば、サービスを要求する
複数のオーダーを受け取り、複数のオーダーに基づいて場所をマーキングし、マーキング
された場所に関連する情報が配信される1以上のサービス提供者を特定するオペレーショ
ンを行う。ここで上記マーキングされた場所は、複数のオーダーのうちの、第1の特性を
共有する第1の数のオーダーに関連する。マーキングされた場所は第1の位置に関連する

上記システムは、サービスの供給状況を管理するために適合されている。上記第1の特
性は、第1の位置と、マーキングされた場所のオーダーに関連する位置との間の距離が第
1の閾値未満であることであってもよい。ある実施形態において、上記システムは、複数
のオーダーのうちの、1のオーダーに関連する測位デバイスと通信し、そのオーダーに関
連するオーダー位置を特定するオペレーションを行ってもよい。別の実施形態において、
上記システムは、少なくとも1つの処理部(プロセッサ)によって、又は少なくとも1つ
の処理部(プロセッサ)上で、ネットワークから少なくとも1つのオーダーを受け取るオ
ペレーションを行ってもよい。さらに別の実施形態においては、上記システムは、少なく
とも1つの処理部(プロセッサ)によって、又は少なくとも1つの処理部(プロセッサ)
上で、少なくとも1つのクラスターアルゴリズムに基づいてマーキングされた場所を特定
するオペレーションを行ってもよい。クラスターアルゴリズムの例については、本教示の
他の箇所で述べる。

さらに別の実施形態においては、上記システムは、少なくとも1つの処理部(プロセッ
サ)によって、又は少なくとも1つの処理部(プロセッサ)上で、マーキングされた場所
に関連する第2の数のサービス提供者を特定してもよい。第2の数のサービス提供者は第
2の特性を共有していてもよい。第2の特性は、第1の位置と、第2の数のサービス提供
者に関連する位置との間の距離が第2の閾値未満であることであってもよい。ある実施形
態において、第1の特性(第1の位置と、第1の数のオーダーのうちの、1のオーダーに
関連する位置との間の距離が第1の閾値未満であること)と、上記第2の特性は同じであ
ってもよく、第1の閾値と第2の閾値が同じであってもよい。第1の数のオーダーと第2
の数のサービス提供者は同じ場所又はエリアに位置してもよい。場所のマーキングは、第
2の数に対する第1の数の比率を判断することを含んでもよい。例えば、第2の数に対す
る第1の数の比率が第3の閾値を超えるときに上記場所をマーキングしてもよい。ある実
施形態において、場所のマーキングは、第1の数、又は第2の数が第4の閾値を超えたと
判断することを含んでもよい。ある実施形態において、場所のマーキングは、第1の数又
は第2の数が第4の閾値を超えたと判断することを含んでもよい。

ある実施形態において、上記システムは、少なくとも1つの処理部(プロセッサ)によ
って、又は少なくとも1つの処理部(プロセッサ)上で、あるエリアを場所として特定す
ること、及び/又はマーキングされた場所に関連する情報が1以上のサービス要求者若し
くは1以上のサービス提供者など、又はそれらの組み合わせに向けて配信されるようにマ
ーキングすることを行ってもよい。場所を特定するための基準(基準は単数でも複数でも
よい)は、場所をマーキングするための基準(基準は単数でも複数でもよい)と同じであ
ってもよい。別の実施形態において、エリアは第1の基準(基準は単数でも複数でもよい
)に基づいて特定されていてもよい。また第2の基準(基準は単数でも複数でもよい)を
満足する特定された場所は、1以上のサービス要求者若しくは1以上のサービス提供者な
ど、又はそれらの組み合わせに向けて、マーキングされた場所に関連する情報が配信され
るようにマーキングされる。第1の基準(単数でも複数でもよい)は第2の基準(単数で
も複数でもよい)と異なっていてもよい。上記システムは、少なくとも1つの処理部(プ
ロセッサ)によって、又は少なくとも1つの処理部(プロセッサ)上で、マーキングされ
た場所に関連する情報をマーキングされた場所のオーダーに関連するサービス要求者、又
は1以上のサービス提供者に対し配信するオペレーションを行ってもよい。配信は、シス
テム外部の、又はシステムから独立したデバイスによって行われてもよい。

別の実施形態において、少なくとも1つの処理部(プロセッサ)によって実行される方
法が提供される。上記方法は少なくとも1つの処理部(プロセッサ)によって、又は少な
くとも1つの処理部(プロセッサ)上で、サービスを要求する複数のオーダーを受け取る
こと、少なくとも1つの処理部(プロセッサ)によって、又は少なくとも1つの処理部(
プロセッサ)上で、複数のオーダーに基づいて場所をマーキングすること、及びマーキン
グされた場所に関連する情報が配信される1以上のサービス提供者を特定することを含む
。ここでマーキングされた場所は、複数のオーダーのうちの、第1の特性を共有する第1
の数のオーダーに関連する。マーキングされた場所は第1の位置に関連する。上記方法は
、エリアを場所として特定すること、及び/又はマーキングされた場所に関連する情報が
1以上のサービス要求者若しくは1以上のサービス提供者など、又はそれらの組み合わせ
に向けて配信されるようにマーキングすることを含んでもよい。場所を特定するための基
準は、場所をマーキングするための基準と同じであってもよい。別の実施形態において、
上記エリアは第1の基準(基準は単数でも複数でもよい)に基づいて特定されていてもよ
い。また第2の基準(基準は単数でも複数でもよい)を満足する特定された場所は、1以
上のサービス要求者若しくは1以上のサービス提供者など、又はそれらの組み合わせに向
けて、マーキングされた場所に関連する情報が配信されるようにマーキングされる。第1
の基準(基準は単数でも複数でもよい)は第2の基準(基準は単数でも複数でもよい)と
異なっていてもよい。上記方法は、マーキングされた場所に関連する情報を、マーキング
された場所のオーダーに関連するサービス要求者若しくは1以上のサービス提供者など、
又はそれらの組み合わせに向けて配信することを含んでもよい。上記方法は、サービスの
供給状況を管理するために適合されている。

さらに別の実施形態において、少なくとも1つの処理部(プロセッサ)によって実行さ
れる方法が提供される。上記方法は、第1のオーダー及び第2のオーダーを受け取ること
(第1のオーダーは第1のオーダー時刻、第1のオーダー元、及び目的地を含み、第2の
オーダーは、第2のオーダー時刻及び第2のオーダー元を含む)、第1のオーダー時刻、
第1のオーダー元、及び目的地に基づいて、目的地に到着する第1の時刻を計算すること
、目的地と第2のオーダー元との間の第1の差を求めること、第1の時刻と第2のオーダ
ー時刻の間の第2の差を求めること、及び第1の差が第1の閾値未満で、かつ第2の差が
第2の閾値未満であれば、第1のオーダー及び第2のオーダーをマーキングすること、を
含む。上記方法は、第1のオーダー及び第2のオーダーを管理するために適合されている

上述した閾値は、それぞれ一定値であってもよく、変数であってもよい。ほんの一例に
過ぎないが、閾値は、例えば、時刻、曜日、道路状況、交通状況、若しくはサービス要求
者若しくはサービス提供者などにより指定された特定の条件など、又はそれらの組み合わ
せに基づいて変動してもよい。閾値は、予め定められた定数であってもよく、予め定めら
れた変数であってもよい。例えば、閾値は、時間の関数としての変数、偶発的条件の関数
、又は2つ以上のパラメータの関数などであってもよい。上記関数は、例えば、機械学習
アルゴリズムを用いた履歴情報から導出されるものであってもよい。機械学習アルゴリズ
ムの例としては、教師あり学習、教師なし学習、半教師あり学習、若しくは強化学習など
、又はそれらの組み合わせのうちの1つであってもよい。機械学習アルゴリズムの例とし
ては、c4.5、k−Means、Support Vector Machines(
SVM)、Apriori、Expectation Maximization(EM
)、PageRank、AdaBoost、k−Nearest Neighbors(
kNN)、Naive Bayes、若しくはClassification and
Regression Tree(CART)など、又はそれらの組み合わせが挙げられ
る。

他の概念は本教示の内容を実行するためソフトウェアに関連する。この概念によれば、
ソフトウェアプロダクトには、少なくとも1つの機械可読非一時的媒体、及びその媒体に
よって担持される情報が含まれる。上記媒体によって担持される上記情報は実行可能なプ
ログラムコードデータ、実行可能なプログラムコードに関連するパラメータ、及び/又は
サービス要求者に関連する情報、サービス提供者、目的のサービスに関連する種々の情報
、及び目的のサービスの供給状況の管理などであってもよい。

追加の特徴について、一部は以下の発明の詳細な説明について述べる。また一部は以下
の説明及び付属の図面を考察すれば当業者にとって明白であろうし、また例示した製法又
はオペレーションによって理解できる場合もあろう。本教示の特徴は、以下で説明する詳
細な例において述べる種々の態様の技法、手段及び組み合わせを実施するか、又は使用す
ることによって実現され、達成することができる。

本明細書において述べる上記方法、システム、及び/又はプログラミングを、例示する
実施形態に基づいてさらに詳細に説明する。これらの例示的な実施形態は図面を参照しな
がら詳細に説明する。これらの実施形態は実施形態の例を示すものに過ぎず、本願発明を
限定するものではない。幾つかの図面を通じて同様の参照符号が付された構造は同様の構
造であることを表す。

本教示の種々の実施形態に係る、スケジューリングシステムが展開されていてもよいシステム構成の一例を示す図である。 本教示の実施形態に係る、図1において示されたシステム構成のスケジューリングシステムの一例を示す図である。 本教示の実施形態に係る、スケジューリングシステムが展開されるプロセスの一例のフローチャートである。 本教示の実施形態に係る、スケジューリングシステムが展開されるプロセスの一例のフローチャートである。 本教示の実施形態に係る収集モジュールの構成を示すブロック図である。 本教示の実施形態に係るオーダー/サービス提供者情報ユニットの構成を示すブロック図である。 本教示の実施形態に係る位置情報収集部の構成を示すブロック図である。 本教示の実施形態に係る種々の情報源又はデバイスからの情報を受け取るように構成されている収集モジュールを示す図である。 本教示の実施形態に係る識別モジュールのブロック図である。 本教示の実施形態に係るオーダー情報処理部の例を示す図である。 本教示の実施形態に係る場所の特定の例を示す図である。 本教示の実施形態に係る場所の特定の例を示す図である。 本教示の実施形態に係る識別モジュールの場所/領域分割アルゴリズムがどのようにして入力及び出力を行うかを示す図である。 本教示の実施形態に係る識別モジュールの特定の領域分割アルゴリズムがどのようにして入力及び出力を行うかを示す別の図である。 本教示の別の実施形態に係るDbスキャン・クラスタリング・アルゴリズムのフローチャート図である。 本教示の実施形態に係る、さらに場所をマーキングするための識別モジュールを示すフローチャートである。 本教示の実施形態に係る、サービス提供者に広告を配信するプロセスの一例を示すフローチャートである。 本教示の実施形態に係る、サービス提供者に広告を配信するプロセスの他の一例を示すフローチャートである。 本教示の内容を組み込んだ特別なシステムを実行するのに使用することができるモバイル機器の構成を示す図である。 本教示の内容を組み込んだ特別なシステムを実行するのに使用することができるコンピュータの構成を示す図である。 本教示の実施形態に係る、提供者−要求者比とオーダー受注率の間の相関を示す図である。

以下の詳細な説明においては、関連する教示が充分に理解されるように、多数の特定の
詳細な内容を例として述べる。しかしながら、当業者であれば、そのような詳細な説明が
なくても本教示の内容を実施できることが明らかである。本教示の態様を不必要にわかり
にくくすることを避けるために、他の例においては、周知の方法、手順、システム、構成
要素、及び/又は電子回路については相対的に高いレベルで、詳細については述べること
なく説明する。

本教示は、サービス提供者によってサービスが行き届いていない、又はサービスが供給
過剰であるエリアを特定するサービス情報を提供するためのサービスシステムの、方法、
システム、及びプログラミングの態様を述べる。本明細書に開示する方法及びシステムは
、例えば、オーダー若しくはサービス提供者などの、又はそれらの組み合わせの分布パタ
ーンを特定し、サービスの需要と供給の間のミスマッチが生じているエリア又は領域をマ
ーキングし、そのような情報をサービス要求者若しくはサービス提供者など、又はそれら
の組み合わせに提供することを目指している。対象の領域は、リアルタイムの情報及び/
又は履歴情報、又は他の情報を伴う異なる状況における種々のアルゴリズム又は他の基準
に基づいて特定することができる。例えばこの情報に基づいて、サービス提供者やサービ
ス要求者がサービスを得る又はサービスを提供するために異なる領域又はエリアに移動す
るなどにより調整を行うに従ってサービスの効率を改善することができる。

サービスの供給状況を管理するためのシステムや方法は、タクシーやリムジンの車両に
対して用いられる車両管理システム、市内急行デリバリーシステムなどを含む別の輸送シ
ステムにおいて使用してもよい(特に限定されないが、輸送には陸上輸送、海上輸送、空
輸など、又はそれらの組み合わせが含まれる)。本明細書で開示されているシステムや方
法のこれらの適用例は例示の目的で提供するものであり、本教示の範囲を制限することを
意図したものではないことは理解されよう。開示するシステム及び方法は、他の状況、例
えば、他のオン・デマンドのサービスにおいて適用することもできる。

本教示において、「ユーザー」、「乗客」、「要求者」、「サービス(の)要求者」、
及び「客」は、サービスを要求又はオーダーする個人を指すために交換可能に使用される
。また、「提供者」、「サービス(の)提供者」及び「サプライヤー」は、サービスを提
供する、又はサービスの提供を促進する個人、団体、又はツールを指すために交換可能に
使用される。また、「場所(ローカス:locus,loci)、「クラスター」、及び
「グループ」は、ある特性を共有する類似の目的物の群に言及するために交換可能に使用
される。ある実施形態において、「場所」又は「クラスター」は特定の領域に関連しても
よい。ほんの一例に過ぎないが、場所は、ある領域における複数のオーダーを指してもよ
く、領域を指してもよい。ある実施形態において、領域は、場所又はクラスターと解釈さ
れる複数の目的物に関連してもよい。

図1は、本教示の種々の実施形態に係る、スケジューリングシステムが展開されていて
もよいシステム構成100の一例を示す図である。一例であるシステム構成100は、ス
ケジューリングシステム102と、サービス要求者104と、ユーザーログデータベース
(DB)106と、サービス提供者108と、ネットワーク114とを含む。ネットワー
ク114は単一のネットワークであってもよいし、異なるネットワークの組み合わせであ
ってもよい。例えば、ネットワーク114は、ローカルエリアネットワーク(LAN)、
広域ネットワーク(WAN)、パブリックネットワーク、プライベートネットワーク、ワ
イヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)、ヴァーチャルネットワーク、首都圏
ネットワーク(MAN)、若しくは公衆交換電話網(PSTN)、又はこれらの組み合わ
せであってもよい。ネットワーク114は、例えば、ベースステーション(基地局)又は
インターネットエクスチェンジ114−1、114−2などの有線又は無線のアクセスポ
イントなどの、ネットワーク114を介して情報を送信するために、それを通じてデータ
源がネットワーク114に接続されてもよい種々のネットワークアクセスポイントをさら
に含んでいてもよい。

サービスを要求するオーダーを発注してもよいユーザー104は、異なるタイプのユー
ザーであってもよい。例えば、デスクトップコンピュータ104−1、ラップトップコン
ピュータ104−2、自動車車内のビルトインデバイス104−3、又はモバイル機器1
04−4を介してネットワーク114に接続されたユーザーなどであってもよい。ユーザ
ー又はサービス要求者は、ネットワーク114を介して要求を送り、結果又は提案を受け
取ることができる。スケジューリングシステム(又はシステムとも呼ぶ)102は、ユー
ザーログデータベース(データベース)106に記憶された情報にアクセスすることもで
きるし、ネットワーク114を介して直接アクセスすることもできる。

ユーザーログデータベース106は1以上の異なるアプリケーション(図示しない)に
よって生成することができ、スケジューリングシステムのバックエンドで走らせることも
できる。または、ネットワーク114に接続し、異なる情報源からの情報にアクセスし、
情報を解析し、構造化した情報を生成し、そのような生成した情報を記憶することができ
る完全にスタンドアロンなシステムとして走らせることもできる。図1に示すように、ユ
ーザーログデータベース106はネットワーク114及びスケジューリングシステム10
2に接続してもよい。ある実施形態においては、ユーザーログデータベース106とネッ
トワーク114との間に少なくとも1つのゲートウェイがあり、ユーザー、サービス提供
者、又は第三者がネットワーク114を通じてユーザーログデータベース106にアクセ
スするためには認証が必要とされる。サービス提供者108には、異なるタイプのハイヤ
ー車両などの、複数のサービス提供者108−1、108−2、・・・、108−nなど
を含んでもよい。例えば、サービス提供者は、タクシー会社、単独のタクシー、登録済み
の私用車、又は登録された運転手が乗る車両などに該当してもよい。スケジューリングシ
ステム102と通信して情報の交換ができるように、種々のタイプのサービス提供者がス
ケジューリングシステム102に登録されている。例えば、上記スケジューリングシステ
ムは、ネットワーク114を介してサービス提供者の情報、サービス要求者の情報、サー
ビスを要求するオーダーの情報にアクセスしてもよく、あるいはサービス提供者やサービ
ス要求者などに対して通知や広告を送信してもよい。

図2は、図1に示すシステム構成のスケジューリングシステム102のブロック図であ
る。スケジューリングシステム102は、収集モジュール210と、識別モジュール22
0と、判断モジュール230と、配信モジュール240と、履歴情報データベース(DB
)250とを含む。収集モジュール210は、サービス要求者104若しくはサービス提
供者108など、又はそれらの組み合わせに関連する情報を収集することができる。収集
モジュール210は、ネットワーク114及び/又はユーザーログデータベース106を
通じて情報を収集することができる。また、収集モジュール210は、1以上の偶発的情
報の情報源260から偶発的情報又は周辺環境の情報を収集することもできる。特に限定
されないが、偶発的情報には、気象状況、道路状況、交通状況、提供者−要求者比、若し
くはオーダー受注率など、又はそれらの組み合わせが含まれてもよい。履歴情報データベ
ース(DB)250は、例えば、客、サービス提供者、オーダーの分布、サービス提供者
の分布、需要と供給の関係など、又はそれらの組み合わせに関連する履歴情報を記憶する
ことができる。識別モジュール220は、例えば、収集モジュール210から情報を受け
取り、受け取った情報に基づいてオーダーの場所を特定する、又はマーキングする。オー
ダーの、特定された又はマーキングされた場所に関連する情報は、さらに処理されてもよ
い。ほんの一例に過ぎないが、識別モジュール220は、オーダーに関連する情報、サー
ビス提供者に関連する情報、その場所、若しくは領域の内部又はその周辺の偶発的情報に
基づいて、ある場所又は領域においてサービスが行き届いていないか、又はサービスが供
給過剰であるかをマーキングするようにしてもよい。ある実施形態において、識別モジュ
ール220から提供される、特定された若しくはマーキングされた場所又は領域について
の情報は、配信モジュール240に直接送信されてもよい。別の実施形態において、判断
モジュール230は、識別モジュール220から情報を受け取り、特定された若しくはマ
ーキングされた場所又は領域に関連する情報を誰に送信してよいかを特定するように構成
されていてもよい。上記判断モジュール230は、識別モジュール220にフィードバッ
クを送信してもよい。例えば場所又は領域に関連する情報を配信モジュール240に送信
してもよい。配信モジュール240は、広告、告知、又は案内などの情報を、サービス要
求者、サービス提供者、若しくは第三者など、又はそれらの組み合わせに向けて配信して
もよい。特定された、若しくはマーキングされた場所又は領域に関連する情報は、フィー
ドバックとして、又はバックアップ若しくは保存のために、判断モジュール230、識別
モジュール220、又は履歴情報データベース250に送信されてもよい。

当然ながら、必要に応じて、図2に示したものよりも多い又は少ない構成モジュールを
有する別のシステム102を実行することができる。上記記載においては、どのようなも
のが本教示及び/又は他の例を構成するかを説明したが、それらに対して種々の改変が可
能であること、本明細書で開示されている主題は種々の形式及び実施例において実施可能
であること、並びに本教示は多くの応用例において適用可能であり、本明細書においては
その応用例のうちほんの一部のみが記載されているに過ぎないことは理解されよう。当業
者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又は改良が可能であることは理解できるで
あろう。例えば、上述の収集モジュール210、識別モジュール220、判断モジュール
230、又は配信モジュール240のうち一部は単一のモジュール又はデバイス内で統合
されていてもよく、単一のモジュール又はデバイスが上述のモジュールのうち2つ以上の
機能を実行してもよい。例えば、上述の収集モジュール210及び識別モジュール220
によって達成されるように、一つのモジュールが、関連情報を受け取るためと、場所をマ
ーキングするためとの両方の目的で使用されてもよい。

図3−aは、本教示の実施形態に係る、スケジューリングシステム102が展開される
プロセスの一例のフローチャートである。始めのブロック301では、情報が受け取られ
る。ある実施形態において、受け取った情報には、オーダー、サービス要求者、サービス
提供者、履歴情報、若しくは偶発的情報など、又はそれらの組み合わせに関連する情報が
含まれてもよい。ある実施形態においては、受け取った情報のうち少なくとも幾つかはリ
アルタイムの情報である。本明細書において使用するように、リアルタイムの情報とは、
オーダーされた時刻ちょうど若しくはその時刻周辺(例えば、数秒以内、数分以内など)
、又は所定の時刻ちょうどのことを指す。

本明細書において使用するように、履歴情報には、例えば、あるエリア又は領域におけ
るサービス(同一の又は類似のサービスを含む)の需要と供給に関連する過去の情報が含
まれてもよい。例えば、履歴情報には、オーダーの数、サービス提供者の数、オーダー受
注率、交通状況、若しくは道路状況など、又はそれらの組み合わせが含まれてもよい。履
歴情報は、ある一定の期間における情報を含んでいてもよい。別の例としては、上記履歴
情報は、時間の関数として上記例示した過去の情報のプロフィール、例えば、一日のうち
の異なる時間における変化(例えばラッシュ時間やオフ・ピーク時間など)、若しくは曜
日の違いによる変化、又はそれらの組み合わせを含んでもよい。上記履歴情報は、履歴情
報が生じた時又は履歴情報に関連する元の出来事が起こった時よりも後の時点の情報を予
想する又は導出するために使用されてもよい。本明細書において、偶発的情報(又は状況
)には、例えば、サービス要求者、サービス提供者などによって制御することができない
情報(又は状況)、又は一時的な情報(又は状況)が含まれてもよい。例えば、偶発的情
報(又は状況)には、気象状況、環境状況、道路状況(例えば、道路工事又は安全上の理
由により通行止めになっている、など)、若しくは交通状況など、又はそれらの組み合わ
せが含まれてもよい。上記履歴情報又は上記偶発的情報(又は状況)は、例えばオーダー
のオーダー元、オーダーの目的地、又はオーダーのオーダー元と目的地の間の経路などの
、オーダーに関連する情報(又は状況)であってもよい。

別の実施形態において、受け取った情報には、例えば、オーダーの位置、サービス提供
者の位置、オーダーがなされた時刻、オーダー受注率、交通状況、道路状況、気象状況、
若しくは履歴情報など、又はそれらの組み合わせなどが含まれてもよい。ブロック302
において、場所は受け取った情報に基づいてマーキングされる。上で説明したとおり、こ
れはスケジューリングシステム102内の識別モジュール220によって実行されてもよ
い。マーキングは、ある特定のエリア又は領域に関連する情報、例えば、オーダーの分布
、オーダーの数、サービス提供者の数、気象状況、道路状況、履歴情報、若しくは交通状
況など、又はそれらの組み合わせに基づいて行われてもよい。ブロック303において、
マーキングされた場所に関連する情報は、例えば、1以上のサービス要求者、若しくは1
以上のサービス提供者など、又はそれらの組み合わせに向けて配信される。

図3−bは、本教示の実施形態に係る、スケジューリングシステム102が展開される
プロセスの別の一例のフローチャートである。始めのブロック304では、情報が受け取
られる。情報の収集は、スケジューリングシステム102内の収集モジュール210によ
って行われてもよい。上述したように、受け取られた情報は、オーダー、サービス要求者
、サービス提供者、履歴情報、若しくは偶発的情報などに関連する情報、又はそれらの組
み合わせであってもよい。ある実施形態においては、受け取られる情報の少なくとも一部
はリアルタイムの情報である。

ブロック305において、場所は、ある特定のエリア又は領域に関連する、第1の集合
の情報に基づいて特定される。特定された場所とは、少なくとも一つの同じ特性を共有す
るオーダーが、本教示の実施形態に従って一括りにグループ化された場所であると説明す
ることもできる。上述の通り、これはスケジューリングシステム102内の識別モジュー
ル220によって実行されていてもよい。第1の集合の情報は、収集モジュール210に
おいて受け取られた情報のサブ集合(サブセット)であってもよい。特に限定されないが
、第1の集合の情報には、ある特定のエリア又は領域に関連する情報、例えば、オーダー
の開始位置(オーダー元)、オーダーの目的地、オーダーの分布、オーダーの数、サービ
ス提供者の数、気象状況、道路状況、履歴情報、若しくは交通状況などの情報、又はそれ
らの組み合わせが含まれてもよい。

ブロック306において、特定された場所は第2の集合の情報に基づいてマーキングさ
れる。これもまた識別モジュール220によって実行されてもよい。第2の集合の情報は
、特定された場所に関連する情報であってもよい。第2の集合の情報は、第1の集合の情
報と、少なくとも一部が重複していてもよい。第2の集合の情報は、収集モジュール21
0において受け取られた情報のサブ集合(サブセット)であってもよい。第2の集合の情
報には、例えば、オーダーの分布、ある特定の領域又はエリア、特定された場所における
オーダーの数、特定された場所におけるサービス提供者の数、気象状況、道路状況、特定
された場所に関連する履歴情報、特定された場所に関連する交通状況、特定された場所に
おけるオーダー受注率、若しくは特定された場所における提供者−要求者比など、又はそ
れらの組み合わせが含まれてもよい。ある実施形態において、ブロック305で特定され
た場所は直接マーキングされてもよく、マーキングされたものとして取扱ってもよい。そ
の後、ブロック307に進んで、どのサービス提供者及び/又はどのサービス要求者に向
けて、マーキングされた場所に関連する情報を配信するかが決定される。ある実施形態に
おいては、第1の集合の情報は第2の集合の情報と同じである。ある実施形態において、
場所が特定されるときの基準(基準は単数でも複数でもよい)は、場所がマーキングされ
るときの基準(基準は単数でも複数でもよい)と同じである。特定された場所はマーキン
グされる。ある実施形態においては、ブロック306にて、スケジューリングシステム1
02は、その場所においてサービスの需要と供給のバランスが取れているか、サービスが
行き届いていないか、又はサービスが供給過剰であるかを判断する。ブロック306にお
ける、マーキングされた場所に関連する情報はブロック304へ送られてもよい。この場
合、収集モジュール210によって最初に受け取られた情報は更新(アップデート)され
てもよく、及び/又は識別モジュール220はマーキングされた場所に関連する情報を変
更又は更新(アップデート)してもよい。

ブロック307において、どのサービス提供者又はどのサービス要求者に向けてマーキ
ングされた場所に関連する情報を配信するかが判断される。ブロック308においては、
マーキングされた場所に関連する情報が配信される。

図3−a及び図3−bに示すように、いくつかの実施形態において、特定された又はマ
ーキングされた場所に関連する情報は、1以上のサービス提供者、及び/又は1以上のサ
ービス要求者、又は1以上の第三者に向けて配信されてもよい。サービス提供者に向けて
配信される情報は、サービス要求者に向けて配信される情報と同じであってもよい。ほん
の一例に過ぎないが、サービス提供者及びサービス要求者に向けて配信される情報には、
場所の所在地、サービス要求者の所に又は当該場所にサービス提供者が到達する推定時刻
、サービス提供者又はサービス要求者の位置、道路状況、若しくは気象状況などの情報、
又はそれらの組み合わせが含まれてもよい。サービス提供者に向けて配信される情報は、
サービス要求者に向けて配信される情報と異なっていてもよい。ほんの一例に過ぎないが
、サービス提供者に向けて配信される情報としては、場所の所在地、1以上のサービス要
求者の位置、及びその場所の1以上のオーダーに関連する情報(例えば、オーダー元、目
的地、乗客の数、荷物の個数、チップの申し出があったか否か、など)が含まれてもよい
。また、サービス要求者に向けて配信される情報としては、近接したエリア内により多く
のサービス提供者がいるか否かに関する情報、推定待ち時間はどれぐらいかに関する情報
、気象状況、道路状況、若しくは1以上のサービス提供者の位置など、又はそれらの組み
合わせなどが含まれる。

上記記載において、どのようなものが本教示及び/又は他の例を構成するかを述べたが
、それらに対して種々の改変が可能であること、本明細書で開示されている主題は、種々
の形式及び実施例において実施可能であること、並びに本教示は多くの応用例において適
用可能であり、本明細書においてはその応用例のうちほんの一部のみが記載されているに
過ぎないことは理解されよう。当業者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又は改
良が可能であることは理解できるであろう。

図4は、本教示の実施形態に係る収集モジュール210の構成を示すブロック図である
。収集モジュール210は、履歴情報ユニット410、オーダー情報ユニット420、サ
ービス提供者情報ユニット430、及び偶発的情報ユニット440を含む。それらに対し
て種々の改変が可能であること、本明細書で開示されている主題は、種々の形式及び実施
例において実施可能であること、並びに本教示は多くの応用例において適用可能であり、
本明細書においてはその応用例のうちほんの一部のみが記載されているに過ぎないことは
理解されよう。当業者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又は改良が可能である
ことは理解できるであろう。例えば、記載したモジュール又はユニットの中には、単一の
モジュール又はユニットに統合されているものがあってもよく、また単一のモジュール又
はユニットが、上述したモジュール又はユニットの2つ以上の機能を行ってもよい。

履歴情報ユニット410は、例えば、ユーザーログデータベース106から、及び/又
は1以上の第三者(例えば、サービスセンター、等)からの履歴情報を受け取るように構
成されていてもよい。ある実施形態においては、履歴情報ユニット410は、履歴情報を
記憶及び/又は処理するために使用される履歴情報データベース250をさらに含んでい
てもよい。上述したとおり、履歴情報は、例えば、あるエリア若しくは領域における、及
び/又は一定期間内のサービス(同一又は類似のサービスを含む)の需要と供給に関連す
る過去の情報などを含んでいてもよい。特に限定されないが、上記履歴情報には、ある特
定の時刻での、又は一定期間内の、あるエリア又は領域におけるサービス要求者の数、オ
ーダーされた時刻、オーダーの数、タクシーによりピックアップされた位置及び/又は時
刻、サービス要求者が自発的に払った追加料金又はチップ、あるオーダーにおいて要求さ
れた特別な条件(例えば、荷物が多いこと、乗客が多いこと、特殊なタイプの車両であっ
たこと、など)、ユーザーログデータベース106及び/又は履歴情報データベース25
0に記憶されたサービス要求者の情報、性別、年齢、運転年数又はサービス提供者として
の経験、車両の使用年数、車両の形式、ナンバープレートの番号、追加のサービス能力(
例えば、車両の特別な特徴など)、オーダー番号、オーダーの受注数、オーダー受注率、
サービス要求者の習性、及びタクシーの位置などの、過去及び/又は最近の情報が含まれ
てもよい。履歴情報は、クラウドデータストレージを通じて、又はサーバー又はコンピュ
ータにローカルで、1以上のデータベースに収集され、記憶されてもよい。特に限定され
ないが、上記履歴情報は、政府及び/又は会社によって委託されている少なくとも1つの
団体又は組織から得られるものであってもよい。

オーダー情報ユニット420は、例えば、アプリケーション又はポータル(例えば相互
に情報を送信し、及び/又は情報を受信することにより、ネットワークを通じてスケジュ
ーリングシステムと通信するように適合されたターミナルなど)を通じてサービス要求者
から、及び/又は第三者から1以上のオーダーを受け取るように構成されていてもよい。
そのようなアプリケーション又はポータルは、例えば、スマートフォン、デスクトップパ
ソコン、ラップトップパソコン、又は本教示の若しくは当業者に公知の、別の場所にて開
示されているデバイスなどにインストールされていてもよい。ほんの一例に過ぎないが、
乗客又は乗客のグループの代わりに、第三者がそのようなアプリケーションを用いてサー
ビスをオーダーしてもよい。そのオーダーは、例えば、オーダーされた時刻、タクシーの
数、ピックアップする位置(又はオーダー元)、目的地、ピックアップする時刻、合流し
たという情報、乗客の数、荷物の個数、サービス要求者が自発的に払ったチップ、そのオ
ーダーに関連して追加で要求された条件、若しくは運転手が必要か否か(例えば、そのサ
ービス要求者自身が運転するか、又は運転手付きか)など、又はそれらの組み合わせに関
連する情報を含んでもよい。

サービス提供者情報ユニット430は、例えば、上述したようなアプリケーションやポ
ータルを通じて、サービス提供者及び/又は第三者から提供されるサービス提供者の情報
を受け取るように構成されていてもよい。特に限定されないが、サービス提供者の情報に
は、性別、年齢、運転年数又はサービス提供者としての経験、オーダー受注数、特定の時
刻又は一定期間内のオーダー受注率、車両の使用年数、車両の形式、車両の能力、ナンバ
ープレートの番号、タクシーの位置、追加のサービス能力(例えば、車両の特別な特徴な
ど)、その車両は運転手の提供なしで利用可能かどうか(例えば、サービス要求者自身が
その車両を運転する必要があるのか、若しくは運転手を手配する必要があるのか)など、
又はそれらの組み合わせなどの、サービス提供者及び/又はタクシーに特有の情報を含ん
でもよい。

偶発的情報ユニット440は、例えば、公的なニュースシステム(例えば、天気予報シ
ステム、リアルタイム道路状況システム、放送局など)の1以上の情報源から提供される
偶発的情報、及び/又は、例えばインターフェース、ポータル、アプリケーション(例え
ば、グーグルマップによる3Dの現実的風景など)などを通じて1以上の第三者から提供
される偶発的情報、又はそれらの組み合わせを受け取るように構成されていてもよい。あ
る実施形態においては、偶発的情報は偶発的情報の情報源260を含む。特に限定されな
いが、偶発的情報には、オーダー若しくはオーダー場所に関連する交通状況、オーダー若
しくはオーダー場所に関連する道路状況、若しくはオーダー若しくはオーダー場所に関連
する気象状況など、又はそれらの組み合わせなどの、偶発的情報の情報源260からの情
報を含む。例えば天気が雨の場合、偶発的情報ユニット440は「雨」という情報を、例
えば、リアルタイム天気予報システムに接続されていてもよい偶発的情報の情報源260
から受け取り、その情報を処理するか、あるいはスケジューリングシステム102の別の
部分、例えば、識別モジュール220に送信してもよい。

図5は、本教示の実施形態に係るオーダー/サービス提供者情報ユニット420/43
0の構成を示すブロック図である。オーダー/サービス提供者情報ユニット420/43
0は、位置情報収集部510と、雑情報収集部520とを含む。それらに対して種々の改
変が可能であること、本明細書で開示されている主題は、種々の形式及び実施例において
実施可能であること、並びに本教示は多くの応用例において適用可能であり、本明細書に
おいてはその応用例のうちほんの一部のみが記載されているに過ぎないことは理解されよ
う。当業者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又は改良が可能であることは理解
できるであろう。例えば、上記収集部は、単一の収集部に統合されていてもよく、あるい
は一つの収集部が両方の収集部の機能を実行してもよい。

位置情報収集部510は、例えば、サービス要求者、又はそのサービス要求者と関連付
けられたデバイス、サービス提供者、又はそのサービス提供者と関連付けられたデバイス
、第三者、又はその第三者と関係づけられたデバイスなどから得られる位置情報を収集す
るように構成されていてもよい。例えば、位置情報はピックアップする位置や目的地など
を含んでいてもよい。

雑情報収集部520は、サービス要求者から提供される情報、及び/又はアプリケーシ
ョンにアクセス可能な1以上の第三者から提供される情報を収集するように構成されてい
てもよい。雑情報は、オーダーに関連する情報(例えば、時間の制約、乗客の数、荷物の
個数、荷物の大きさ、位置及び/又はピックアップする位置及び/又は時間、目的地、サ
ービス要求者が自発的に支払うチップの量、若しくは乗客の習性又は好みなど、又はそれ
らの組み合わせ)、サービス提供者に関連する情報(例えば、性別、年齢、運転年数又は
運転経験、車両の使用年数、車両の形式、ナンバープレートの番号、追加のサービス能力
(例えば、車両の特別な特徴など)、オーダー番号、オーダーの受注数、特定の時間又は
一定期間内のオーダー受注率、タクシーの位置、車両は利用者自身での運転が可能かどう
か、など)、乗客、サービス提供者、若しくは第三者などからの他の入力情報、又はそれ
らの組み合わせを含んでもよい。さらに雑情報は、オーダー又は場所に関連する偶発的情
報を含んでいてもよい。

図6は、本教示の実施形態に係る位置情報収集部510の構成を示すブロック図である
。位置情報収集部510は、位置情報受領部610及び位置情報処理部620を含んでも
よい。それらに対して種々の改変が可能であること、本明細書で開示されている主題は、
種々の形式及び実施例において実施可能であること、並びに本教示は多くの応用例におい
て適用可能であり、本明細書においてはその応用例のうちほんの一部のみが記載されてい
るに過ぎないことは理解されよう。当業者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又
は改良が可能であることは理解できるであろう。例えば、上述の収集部は、単一の収集部
に統合されていてもよく、あるいは一つの収集部が両方の収集部の機能を行ってもよい。

ある実施形態において、上記位置情報受領部610は、位置情報又は位置信号を受け取
るための1以上の測位デバイスと通信可能なように構成されていてもよい。測位デバイス
は、例えば、スマートフォン、全地球測位システム、デスクトップパソコン、ラップトッ
プパソコン、タブレットコンピュータ、車載用コンピューティングプラットフォーム、測
位サービスが付随した、クラウドコンピューティングを利用するポータブルユーザープラ
ットフォーム、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)、ネットブック、ウルトラブ
ック、デジタルフォトフレーム、メディアプレイヤー、携帯型ゲーム機、電子ブックリー
ダー(例えば、Amazon kindle voyageなど)、全地球航法衛星シス
テム(GLONASS)、北斗衛星導航系統(BDNS)、ガリレオ測位システム(Ga
lilio positioning system)、準天頂衛星システム(QZSS
)、ベースステーション(基地局)(BS)、ウェアラブルコンピューティングデバイス
(例えば眼鏡、腕時計など)、ヴァーチャルディスプレイデバイス、ディスプレイ拡張デ
バイス、車載PC、カーナビゲーション、レーダークロノグラフ、若しくはレーザ速度計
など、又はそれらの組み合わせであってもよい。測位デバイスは、測位デバイス又はその
デバイスのユーザーの位置を決定するのに使用することができる測位信号を送受信しても
よい。位置情報処理部620は、位置情報についての入力を受け取るか、又は受け取った
情報の位置を特定することにより、サービス要求者若しくはサービス提供者など地理的又
は位置的情報(例えば、経度、緯度、高度、若しくは住所など、又はそれらの組み合わせ
)が決定できるように構成されていてもよい。特に限定されないが、位置情報に関連する
入力には、サービス要求者、サービス提供者、及び/又は1以上の第三者から提供される
位置情報が含まれる。例えば、タクシーに乗るためにピックアップを必要としている友人
の乗客が測位機能を有するデバイスを持っていないときに、サービス要求者がその友人の
居る位置を入力する。それらに対して種々の改変が可能であること、本明細書で開示され
ている主題は、種々の形式及び実施例において実施可能であること、並びに本教示は多く
の応用例において適用可能であり、本明細書においてはその応用例のうちほんの一部のみ
が記載されているに過ぎないことは理解されよう。当業者であれば、本教示に対する種々
の改変及び/又は改良が可能であることは理解できるであろう。本明細書において、「タ
クシー」とは、料金又は運賃の見返りに乗客又は物品を運ぶのに利用されるあらゆる輸送
手段をいう。特に限定されないが、例えば「タクシー」には、道で乗客を拾う流しのタク
シー(ストリートタクシー)、前もって手はずを整えた小旅行に対応するカーチャーター
、リムジン、及び配送サービスなどが含まれる。

図7は、本教示の実施形態に係る種々の情報源又はデバイスからの情報を受け取るよう
に構成されている収集モジュール210を示す図である。収集モジュール210は、情報
を受け取れるように構成された少なくとも1つのコミュニケーションユニット及び/又は
関連の情報を保存し、及び/又は処理する1以上のデータベースを含んでいてもよい。上
記収集モジュール210は、1以上の測位デバイスと通信して、ネットワーク114を通
じて関連の情報を受け取ってもよく、及び/又は受け取った情報を、スケジューリングシ
ステム102の他の部分、例えば、識別モジュール220に伝送してもよい。測位デバイ
スは、例えば、測位機能を備えたモバイル機器、一体化された少なくとも1つの測位モジ
ュールを有する車両、及び速度パラメータを検出する他の機器、例えば、スマートフォン
、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)、タブレット、ラップトップパソコン、ネ
ットブック、デスクトップパソコン、車載用コンピューティングプラットフォーム、測位
サービスを伴った、クラウドコンピューティングを利用するポータブルユーザープラット
フォーム、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)、ネットブック、ウルトラブック
、デジタルフォトフレーム、メディアプレイヤー、携帯型ゲーム機、電子ブックリーダー
(例えば、Amazon kindle voyageなど)、全地球測位システム(G
PS)、全地球航法衛星システム(GLONASS)、北斗衛星導航系統(BDNS)、
ガリレオ測位システム、準天頂衛星システム(QZSS)、ベースステーション(基地局
)(BS)、ウェアラブルコンピューティングデバイス(例えば、眼鏡、腕時計など)、
ヴァーチャルディスプレイデバイス、ディスプレイ拡張デバイス、車載PC、カーナビゲ
ーション、レーダークロノグラフ、若しくはレーザ速度計など、又はそれらの組み合わせ
を含んでいてもよい。ネットワーク114においては、例えば、ワイヤレスLAN(WN
AN)(Wi−Fi)、ワイヤレスブロードバンド(WiBro)、ワールド・インター
オペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス(WiMax)、ハイ・スピード
・ダウンリンク・パケット・アクセス(HSDPA)などの種々のワイヤレスインターネ
ット技術を使用することができる。ネットワーク114においては、さらに、例えば、B
luetooth(登録商標)(例えば、iBeaconなど)、無線IDタグ(Rad
io Frequency Identification(RFID))、赤外線デー
タ協会(Infrared data Association(IrDA))、ウルト
ラワイドバンド(UWB)、ジグビー(ZigBee)などの種々の近距離コミュニケー
ション技術を使用することもできる。

図8は本教示の実施形態に係る識別モジュールのブロック図である。図8に示すモジュ
ールの構造及び構成要素は、識別モジュール220の場合においても、また判断モジュー
ル230の場合においても適用することができる。以下の説明は、例示の目的で識別モジ
ュール220の場合において提示するものであり、本教示の範囲の限定することを意図し
たものではない。

ある実施形態において、識別モジュール220は、収集モジュール210からの情報及
び出力計算結果を受け取るように構成されていてもよい。特に限定されないが、収集モジ
ュール220からの情報は、履歴情報、オーダー情報、サービス提供者の情報、若しくは
偶発的情報など、又はそれらの組み合わせを含んでもよい。図8に示すように、識別モジ
ュール220は、モジュール計算制御ユニット802、モジュール計算コンフィギュレー
ション804、履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報
処理部810、偶発的情報処理部812、及びモジュール統合制御部814を含んでもよ
い。

モジュール計算制御ユニット802は、モジュール計算コンフィギュレーション804
と通信し、例えば収集モジュール210から情報を受け取り、履歴情報処理部806、オ
ーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810、及び偶発的情報処理部81
2などのうち一つ以上、又はそれらの組み合わせにおけるさらなる処理のために受け取っ
た情報を送信するように構成されていてもよい。モジュール計算制御ユニット802は、
モジュール計算コンフィギュレーション804から引き出された命令に従って、実施する
計算のモードを制御してもよい。モジュール計算コンフィギュレーション804は、モジ
ュール計算制御ユニット802、履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サ
ービス提供者情報処理部810、偶発的情報処理部812、及びモジュール統合制御部8
14において実施される計算に関連する命令を含んでもよい。ほんの一例に過ぎないが、
モジュール計算コンフィギュレーション804から引き出される命令は、履歴情報処理部
806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810、及び偶発的情報
処理部812のうちどれかが計算に関与しているか否かについて;履歴情報処理部806
、オーダー情報処理部808、及びサービス提供者情報処理部810の間の計算シーケン
ス;履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部81
0、及び偶発的情報処理部812のうちいずれかにおいて使用されるアルゴリズム;履歴
情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810、及び
偶発的情報処理部812のうちいずれか一つにおけるアルゴリズムに関連するパラメータ
;若しくは履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理
部810、及び偶発的情報処理部812のうちいずれか一つから得た中間結果がどのよう
に統合されるべきか、など、又はそれらの組み合わせを判断してもよい。

上記命令は、例えば、オーダー又は場所、サービス提供者、偶発的状況、履歴情報、サ
ービス要求者、サービス提供者若しくは第三者によって提供された、又はシステムによっ
て自動的に選択された、行われる計算に関連する命令又は使用されるアルゴリズムに関す
る情報などの、収集モジュール210によって受け取られた情報に基づいて、モジュール
計算制御ユニット802によりモジュール計算コンフィギュレーション804から引き出
されてもよい。ほんの一例に過ぎないが、場所に関連する履歴情報を全く受け取らなかっ
た場合、履歴情報処理部は計算においてバイパスされる。他の例としては、サービス要求
者がオーダーに関連する基準(例えば、時間の制約、提供されるべきチップなど)を特定
した場合、特定のアルゴリズムがモジュール計算制御ユニット802によってモジュール
計算コンフィギュレーション804から引き出され、関連の情報を処理するのに使用され
てもよい。別の例としては、需要/要求が、ある特定の領域における、一定の期間内のオ
ーダーの累積数及びその領域におけるサービス提供者の数のリアルタイムの情報に基づい
て決定される場合、履歴情報処理部及びサービス提供者情報処理部の両方が、情報の処理
に関与してもよい。

履歴情報処理部806は、履歴情報を処理するように構成されていてもよい。オーダー
情報処理部808は、オーダー又は場所に関連するオーダー情報を処理するように構成さ
れていてもよい。サービス提供者情報処理部810は、サービス提供者に関連する情報を
処理するように構成されていてもよい。偶発的情報処理部812は、オーダー又は場所に
関連する偶発的情報を処理するように構成されていてもよい。履歴情報処理部806、オ
ーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810、及び偶発的情報処理部81
2は、それぞれ独立のコンピューティングユニットであってもよい。他の例において、履
歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810、及
び偶発的情報処理部812のうち少なくとも2つが、あるコンピューティングユニットを
互いに共有してもよい。

図9は、本教示の実施形態に係るオーダー情報処理部の例示図を示す。図9におけるオ
ーダー情報処理部の構造は、サービス提供者情報処理部810の場合にも適用可能であっ
てもよい。オーダー情報処理部808は、情報処理制御ユニット902を含んでいてもよ
い。情報処理制御ユニット902は、処理される情報、若しくは情報処理コンフィギュレ
ーション904からの命令など、又はそれらの組み合わせを受け取るように構成されてい
てもよい。情報処理制御ユニット902は、情報処理コンフィギュレーション904から
引き出される命令に従って、行われる計算のモードを制御するように構成されていてもよ
い。

情報処理コンフィギュレーション904は、オーダー情報処理部808の種々の計算部
及び処理ユニット、例えば、位置情報処理部906、距離計算部908、時間計算部91
0、及び雑情報ユニット912などにおいて行われる計算に関連する命令を含んでいても
よい。特に限定されないが、位置情報処理部906は、サービス要求者及び/又は1以上
の第三者からの位置情報などの位置情報を処理するように構成されていてもよい。位置情
報は、さらに、オーダーの開始位置(オーダー元)、及び目的地の位置(又は目的地)に
関する情報を含んでもよい。距離計算部908は、2つの位置の間の距離を計算するよう
に構成されていてもよい。時間計算部910は、距離情報、例えば距離計算部908によ
り計算された距離情報に基づいて、サービス提供者/サービス受容者が、ある位置から他
の位置に移動するのに必要な時間を見積もるように構成されていてもよい。雑情報ユニッ
ト912は、上述の通り、サービス要求者、サービス提供者、第三者、偶発的情報から得
られる雑多な情報を処理するように構成されていてもよい。

情報統合制御部914は、位置情報処理部906、距離計算部908、時間計算部91
0、若しくは雑情報ユニット912など、又はそれらの組み合わせによって処理された情
報を統合し、処理されたオーダー情報を出力するように構成されていてもよい。ほんの一
例に過ぎないが、識別モジュール220は、交通情報及び位置情報に基づいて場所を特定
するか又はマーキングしてもよい。このようにして、オーダー情報処理部808は、情報
処理コンフィギュレーション904によって情報処理制御ユニット902を形成すること
により位置情報処理部906及び雑情報ユニット912にアクセスするようにしてもよく
、情報統合制御部914は、統合された情報を処理して次のモジュール又はユニットに処
理結果を出力してもよい。

図8に戻って、履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情
報処理部810、及び偶発的情報処理部812は、それぞれの情報を個別に処理してもよ
く、協働的に処理してもよい。上述の4つの処理部は、それぞれの処理したデータ(又は
中間結果)を、モジュール統合制御部814に送信してもよい。上記4つの処理部モジュ
ールは、情報を同時に、又は所定のシーケンスで送信する。

モジュール統合制御部814は、受け取った又は処理されたデータ(又は中間結果)を
統合し、モジュール計算制御ユニット802によってモジュール計算コンフィギュレーシ
ョン804から引き出された命令に基づいて結果を計算するように構成されていてもよい
。モジュール統合制御部814は、独立のコンピューティングユニットであってもよく、
又は履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部81
0、及び偶発的情報処理部812と共有されたコンピューティングユニットであってもよ
い。

モジュール計算制御ユニット802、モジュール計算コンフィギュレーション804、
履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810、
偶発的情報処理部812、及びモジュール統合制御部814の間の接続様式は、有線又は
無線であってもよく、全て一つの回路上に集積されていてもよく、また別々の場所に分散
されていてもよい。

識別モジュール220は複数のオーダーを処理してもよく、種々の情報に基づいて、少
なくとも1つの場所を特定するかマーキングしてもよい。上記種々の情報は、オーダー、
サービス要求者、乗客、サービス提供者、偶発的情報、履歴情報、特定の領域若しくはエ
リア、若しくは特定の領域若しくはエリアの地理的情報など、又はそれらの組み合わせに
関連する情報を含んでいてもよい。例えば、場所又は領域の特定は、クラスタリング・ア
ルゴリズムによるオーダーの分布に基づいて、又は領域の条件に基づいて行われてもよい
。場所は、1以上のオーダーを含むオーダー集合を含んでもよい。その場所内のオーダー
は、その場所の外側におけるオーダーと比較して、互いにより似ている。その場所内のオ
ーダーは、少なくとも1つの特性を共有する。ほんの一例に過ぎないが、共有される特性
は、その場所に関連する位置(例えば、基準点又はその場所内の位置)と、そのオーダー
に関連する位置との間の距離が閾値未満であることであってもよい。閾値は定数であって
もよく、変数であってもよい。ほんの一例に過ぎないが、閾値は、例えば、時刻、曜日、
道路状況、交通状況、若しくはサービス要求者若しくはサービス提供者などにより指定さ
れた特定の条件など、又はそれらの組み合わせに基づいて変動してもよい。閾値は、予め
定められた定数であってもよく、予め定められた変数であってもよい。例えば、閾値は、
時間の関数としての変数、偶発的条件の関数、又は2つ以上のパラメータの関数などであ
ってもよい。上記関数は、例えば、機械学習アルゴリズムを用いた履歴情報から導出され
るものであってもよい。機械学習アルゴリズムの例は、本教示の他の場所にて説明されて
いる。

図10−a及び10−bは、本教示の一実施形態に係る、どの場所が特定され又はマー
キングされたかに基づいて領域を特定する例を示す図である。図10−aは、どのように
してオーダーが各場所にグループ化され、又は整理されるかを示す例であり(一つの楕円
のエリアが一つの場所(ローカス、locus)を示している)、どの楕円のエリアにも
入っていない点はどの場所にも属していない。点はサービスを要求するオーダーに関連す
る位置、例えば、タクシーの乗車を求めるオーダーの開始位置又はオーダー元を示す。

図10−bは、地理的情報に基づいてある特定のエリアを特定する別の例である。図1
0−bに示すように、あるエリア(例えば、市)は30m×30mの格子(グリッド)に
分割されている。「r」を収集モジュールからのオーダー要求とし、その経度と緯度の座
標を(経度、緯度)とする。地図の左下側の角の経度と緯度の座標を(左経度、左緯度)
とし、格子の幅を「幅」とする。このとき、格子の番号(gridCx、gridCy)
は次のようにして計算できる。
gridCx = (int)((経度−左経度)/幅)
gridCy = (int)((緯度−左緯度)/幅)

上で述べた例は本教示の特定の実施形態にすぎないことから、当然ながら場所又は領域
の特定方法は上述の例に限定されない。当業者であれば、本教示は種々の改変及び/又は
改良が可能であることを理解するであろう。例えば、図10−bにおける領域の分割は、
図10−aにおいて説明するクラスタリング・アルゴリズムに従って改変が可能である。
また格子の幅は、特定のアルゴリズムに従って変更することができる。

図11は、本教示に従って、場所/領域分割アルゴリズムがどのようにして入力及び出
力を行うかを示す図である。場所/領域分割アルゴリズムは、入力される情報であって、
例えば、本教示の他の場所において説明されているような、履歴情報、オーダー情報、サ
ービス提供者の情報、若しくは偶発的情報など、又はそれらの組み合わせから選択される
少なくとも1つの情報に関連する情報に基づいて場所又は領域を特定するために使用され
てもよい。

識別モジュール220において使用される情報は、スケジューリングシステム102内
部又はスケジューリングシステム102外部の1以上の記憶装置(デバイス)(図面には
図示していない)(例えば、販売主によって提供される記憶装置)に保存されてもよい。
ある実施形態においては、識別モジュール220は、例えば、履歴情報、オーダー情報、
サービス提供者の情報、若しくは偶発的情報など、又はそれらの組み合わせを受け取るよ
うに構成されていてもよい。そのような情報は、収集モジュール210から提供されるも
のであってもよい。識別モジュール220は、受け取った情報及びアルゴリズムに基づい
て少なくとも1つの場所を特定するように構成されていてもよい。ある実施形態において
、図10−a及び図10−bに示すように、領域分割アルゴリズムは、エリア(例えば、
市、区など)を、特に限定されないが、経度と緯度、座標、位置、エリアの大きさ、密度
、及び/又は格子(グリッド)に従って少なくとも1つの領域に分割してもよい。

図12は、本教示の実施形態に係る識別モジュールの特定の領域分割アルゴリズムがど
のようにして入力及び出力を行うかを示す別の図である。図12に示すアルゴリズムは、
クラスタリング・アルゴリズムである。適用可能なクラスタリング・アルゴリズムは、C
LARANS、PAM、CLATIN、CLARA、DBSCAN、BIRCH、OPT
ICS、Wave cluster、CURE、CLIQUE、K−meansアルゴリ
ズム、若しくは階層的アルゴリズムなど、又はそれらの組み合わせであってもよい。ある
実施形態において、Dbスキャン・クラスタリング・アルゴリズムは、距離を決定し、全
オーダーの開始位置情報の緯度と経度に基づいて、全オーダーを、自動的にある特定のオ
ーダーの場所の下においてもよい。ある場所内のオーダーは同一の特性を共有する。例え
ば、ある場所内のオーダーは、それぞれ、互いにある特定の距離の範囲内に位置する。図
12に示すように、Dbスキャン・クラスタリング・アルゴリズムの入力には、例えば、
オーダー集合(オーダーセット)D、半径r、及びパラメータeなどが含まれる。オーダ
ー集合Dとは、所定の期間内の全オーダーの集合であり、半径rはオーダーのr領域を決
定し、密度閾値eは特定のオーダーが、r領域内における中心的な(コア(core)と
なる)オーダーであると判定又は決定されるためのオーダーの最少数である。受け取った
入力オーダー集合D、オーダー集合D、及び特定のパラメータ(半径r及び密度閾値e)
に基づいて、識別モジュールは少なくとも1つの特定された場所(又はオーダー場所(オ
ーダーローカス(locus))とも呼ぶ)を出力する。本教示の実施形態によれば、D
bスキャン・クラスタリング・アルゴリズムは、ある期間内のオーダー集合Dに基づいて
、その期間内の少なくとも1つのオーダー場所を計算するために適用される。オーダー集
合Dは、各オーダーの番号、(例えば、開始位置の緯度と経度により表された)各開始位
置、若しくは各開始時刻など、又はそれらの組み合わせを含んでもよい。クラスタリング
・アルゴリズムにおいて利用される、特定の半径r及び密度閾値eは、履歴情報、1以上
のサービス要求者によって提供される情報、又は偶発的情報などの異なる条件に基づいて
改変されてもよい。

図13は、本教示の別の実施形態に係るDbスキャン・クラスタリング・アルゴリズム
の適用例のフローチャート図である。車両オーダー集合Dは、ある期間(例えば、所定の
期間)内における、一つの市内での車両サービスを求めるオーダーの集合であり、そのオ
ーダー集合に含まれる一つのオーダーの情報には、オーダー番号(ID)、開始位置の緯
度と経度、開始時間などが含まれる。半径rは経験的に定められ、概ね1〜5kmである
。密度閾値eは現在の市における全車両オーダーの概ね1/10〜1/50である。各場
所Cは、現時点における、ある特定の市内のオーダー場所の一つである。期間は5分、1
0分、15分、20分、25分又は30分である。情報のリフレッシュ時間は、5秒、1
0秒、15秒、20秒、25秒又は30秒である。

ほんの一例に過ぎないが、Dbスキャン・クラスタリング・アルゴリズムは、以下のス
テップを含む。

ステップ1では、ブロック1301において、オーダー集合Dのうちのオーダーpを検
出し、分岐ブロック1302において、オーダー集合Dのうちのオーダーpが処理されて
いるか否かを判断する。オーダーpが特定の場所の下でグループ化されているか、又はノ
イズとしてマーキングされている場合には、pが処理されていることを意味し、その場合
ブロック1301に戻り、Dのうちの次のオーダーを検出する。オーダーpが処理されて
いない場合、ブロック1303に進んで、オーダーpのr領域内の全てのオーダー(ある
特定のオーダーの開始位置の緯度と経度と、オーダーpの開始位置の緯度と経度との間の
距離が半径r未満の場合、そのオーダーは、オーダーpのr領域内のオーダーであるとみ
なす)を候補集合Nに加える。

ステップ2では、ブロック1304において、候補集合N内のオーダーの数を検出し、
分岐ブロック1305において、オーダー集合Nのオーダーの数がe未満か否かを判断す
る。オーダー集合Nのオーダーの数がe未満の場合、ブロック1306に進み、オーダー
pをノイズとしてマーキングし、その後ブロック1301に戻り、Dのうちの次のオーダ
ーを検出する。オーダー集合Nに含まれるオーダーの数がe以上の場合、ブロック130
7に進み、新しい場所Cを作成して、オーダーpを場所Cに加える。

ステップ3では、ブロック1308において、候補集合Nのうちのオーダーp’を検出
し、分岐ブロック1309において、Nのうちのオーダーp’が処理されているか否かを
判断する。オーダーp’が特定の場所の下でグループ化されているか、又はノイズとして
マーキングされている場合には、p’が処理されていることを意味し、その場合ブロック
1308に戻り、Nのうちの次のオーダーを検出する。オーダーp’が処理されていない
場合、ブロック1310に進んで、オーダーp’のr領域内の全てのオーダーを候補集合
N’に加える。ブロック1311では、オーダー集合N’に含まれるオーダーの数を検出
する。分岐ブロック1312では、オーダー集合N’に含まれるオーダーの数がe未満で
あるか否かを判断する。オーダー集合N’に含まれるオーダーの数がe以上の場合、ブロ
ック1313に進み、オーダーN’をNに加える。分岐ブロック1314では、pがいず
れかの場所の下でグループ化されているか否かを判断する。オーダーp’がどの場所の下
にもグループ化されていない場合、ブロック1315に進んで、オーダーp’を場所Cに
加える。

ステップ4では、分岐ブロック1316において、オーダー集合Nが全て検出されたか
否かを判断する。Nの全ては検出されていない場合、ブロック1308に戻り、オーダー
集合Nが全て検出されるまで、Nのうちの次のオーダーを検出し、ステップ3を繰り返す
。Nが全て検出されると検出すると、分岐ブロック1317に進む。

ステップ5では、分岐ブロック1317において、オーダー集合Dが全て検出されたか
否かを判断する。Dの全ては検出されていない場合、ブロック1301に戻り、オーダー
集合Dが全て検出されるまで、Dのうちの次のオーダーを検出し、ステップ1〜3を繰り
返す。Dが全て検出されると、エンドに進む。

このように、Dbスキャン・アルゴリズムによるクラスタリングの後、複数の場所を出
力する。複数の場所の各々は、ある特定の位置に関連するオーダーを含む。

Dbスキャン・クラスタリング・アルゴリズム擬似コードは以下のように記述すること
ができる。

Dbscan (D, r, e)
Begin
Init C = 0;
For each unvisited point p in D
Mark p as visited;
N = getNeighbours (p, r) ;
If sizeOf (N) < e then
Mark p as Noise;
else
C = next cluster;
ExpandCluster (p, N, C, r, e) ;
end if
end for
End

ExpandClusterアルゴリズム疑似コードは以下のように記述することがで
きる。

ExpandCluster (p, N, C, r, e)
add p to cluster C;
for each unvisited point p' in N
mark p' as visited;
N'= getNeighbours (p', r) ;
if sizeOf (N') >=e then
N = N+N';
end if
if p' is not member of any cluster
add p' to cluster C;
end if
end for
End ExpandCluster

さらに、ある場所のオーダーに基づいて、例えば、その場所の中心、半径、サービス提
供者の数、若しくはその場所におけるオーダーの数など、又はそれらの組み合わせを含む
パラメータを計算してもよい。

ほんの一例に過ぎないが、その場所の全オーダーの緯度と経度に基づいて、その場所の
中心の緯度と経度が平均値を用いて計算されてもよい。その場所の中心の緯度と経度が得
られた後、その場所の中心の緯度と経度と、その場所における各オーダーの緯度と経度と
の間の距離を計算し、その距離の最大値をその領域の半径とすることができる。その領域
におけるオーダーの数は、その場所における全オーダーの総数である。その領域における
サービス提供者の数は、その場所の中心と各サービス提供者の緯度と経度のと間の距離を
計算し、その距離がその領域の半径未満であるサービス提供者の数を数えるなどして決定
する。

このように、1以上のオーダー場所がある特定のエリア内(例えば、ある市内)で特定
されてもよい。例えば、場所1は中心座標xy(場所の中心の緯度と経度)、半径r、オ
ーダー数n、サービス提供者数mとして説明し、場所2は中心座標xy’、半径r’、オ
ーダー数n’、サービス提供者数m’として説明することができる。

ある特定のオーダー場所におけるオーダー情報に基づいて、識別モジュール220は、
例えば、オーダー場所におけるオーダーの数、(例えば、緯度と経度によって表される)
その場所の中心の位置、若しくはその場所の半径など、又はそれらの組み合わせを計算す
るように構成されていてもよい。本明細書において使用するように、その場所におけるオ
ーダーの数は、そのオーダー場所におけるオーダーの総数である。その場所の中心の緯度
と経度は、その場所の全ての緯度と経度の平均値である。その場所の半径は、その場所の
中心の緯度と経度と、オーダー場所における各オーダーの開始位置の緯度と経度の間の距
離の最大値である。他にも場所の中心の位置を決定する方法はある。上述した内容は例示
を目的としたものであり、本教示の範囲を限定することを意図したものではない。その場
所内のオーダーの互いの距離は、その場所の外側におけるオーダーの互いの距離よりも近
くてもよい。そのようにして特定された場所は、サービス(又は同一の若しくは同様のサ
ービス)を求めるオーダーが集中している箇所を有していてもよい。

ある実施形態において、識別モジュール220は、特定された場所が、特定された場所
内でのサービスに対する需要と、特定された場所内でのサービスの供給との不均衡(ミス
マッチ)を示す特定の基準を満たす場合に、その場所をさらにマーキングするように構成
されていてもよい。その判断は、例えば、収集モジュール210から受け取った情報、又
は履歴情報処理部806、オーダー情報処理部808、サービス提供者情報処理部810
、及び/又は偶発的情報処理部812によって処理された情報に基づいて行われてもよい
。上記情報は、履歴情報、オーダー情報、サービス提供者の情報、若しくは偶発的情報な
ど、又はそれらの組み合わせを含んでもよい。例えば、上記情報は、例えば、オーダー位
置、サービス提供者の位置、オーダー受注率、オーダー受注率、交通状況、道路状況、気
象状況、及び履歴情報など、又はそれらの組み合わせなどの特定された場所に関連する情
報を含んでもよい。ある実施形態において、特定された場所に関連する提供者−要求者比
及びオーダー受注率が計算される。ある例においては、ある特定の基準を満たす特定され
た場所は、より多くのサービス提供者を必要としている「サービスが行き届いていない」
場所としてさらにマーキングされる。他の例において、提供者−要求者比、道路状況に関
連する要因、交通状況に関連する要因が計算される。計算されたパラメータに基づいて、
ある基準に合致する特定された場所は「サービスが行き届いていない」場所としてさらに
マーキングされる。

図14は、本教示の実施形態に従って、その場所を、サービスが行き届いていない場所
としてマーキングするか否かを決定するためのフローチャートである。マーキングは識別
モジュール220において行われてもよい。始めのブロック1402では、場所に関連す
る情報が受け取られる。ブロック1404において、受け取った情報に基づいて第1のパ
ラメータが計算される。第1のパラメータは、数(例えば、ある場所におけるオーダーの
数)、比率(例えば、オーダー受注率、ある場所におけるオーダーの数に対する、その場
所におけるサービス提供者の数の比率(提供者−要求者比)など)、若しくは偶発的な要
因(例えば、気象状況に関連する要因、交通状況に関連する要因など)など、又はそれら
の組み合わせであってもよい。

ブロック1406において、ある場所における第1のパラメータを第1の閾値と比較し
て、その場所をマーキングするか否かを決定する。ほんの一例に過ぎないが、第1のパラ
メータがオーダー受注率であり、閾値Aが80%に設定されている場合において、オーダ
ー受注率が閾値を超えた場合(すなわち、その場所が現状で良好な条件にある場合)、そ
の場所はマーキングされない。上記パラメータが第1の閾値未満の場合、識別モジュール
220はブロック1408に進む。第1の閾値は定数でもよく、又は変数でもよい。ほん
の一例に過ぎないが、第1の閾値は、例えば、時刻、曜日、道路状況、交通状況、若しく
はサービス要求者若しくはサービス提供者などにより指定された特定の条件など、又はそ
れらの組み合わせに基づいて変動してもよい。第1の閾値は、予め定められた定数であっ
てもよく、予め定められた変数であってもよい。例えば、第1の閾値は、時間の関数とし
ての変数、偶発的条件の関数、又は2つ以上のパラメータの関数などであってもよい。上
記関数は、例えば、機械学習アルゴリズムを用いた履歴情報から導出されるものであって
もよい。機械学習アルゴリズムの例は、本教示の他の場所にて説明されている。

ブロック1408において、第2のパラメータが計算される。第2のパラメータもまた
、比率(例えば、オーダー受注率、ある場所におけるオーダーの数に対する、その場所に
おけるサービス提供者の数の比率など)、又は偶発的な要因(例えば、気象状況に関連す
る要因、交通状況に関連する要因など)などであってもよい。第2のパラメータは第1の
パラメータと異なっていてもよい。ブロック1410において、第2のパラメータは第2
の閾値と比較される。ほんの一例に過ぎないが、第1のパラメータが第1の閾値A未満(
例えば、オーダー受注率が、80%に設定された第1の閾値Aよりも低い)場所について
、ブロック1410において、提供者−要求者比が、第2の閾値Bを下回る(例えば、提
供者−要求者比が、10に設定された第2の閾値Bよりも低い)場合、ブロック1412
において、その場所に対し、サービスの供給が不充分で、その場所におけるサービスに対
する需要を満たしていないことを示すようマーキングされる。その場所は、その場所にお
ける需要と供給の不均衡に関連する情報が配信されるべきものとしてマーキングされる。
第2の閾値は定数であっても、又は変数であってもよい。ほんの一例に過ぎないが、第2
の閾値は、例えば、時刻、曜日、道路状況、交通状況、若しくはサービス要求者若しくは
サービス提供者などにより指定された特定の条件など、又はそれらの組み合わせに基づい
て変動してもよい。第2の閾値は、予め定められた定数であってもよく、予め定められた
変数であってもよい。例えば、第2の閾値は、時間の関数としての変数、偶発的条件の関
数、又は2つ以上のパラメータの関数などであってもよい。上記関数は、例えば、機械学
習アルゴリズムを用いた履歴情報から導出されるものであってもよい。機械学習アルゴリ
ズムの例は、本教示の他の場所にて説明されている。

当業者であれば、本教示は種々の改変及び/又は改良が可能であることを理解するであ
ろう。例えば、場所をさらにマーキングするか否かを判断するためには、上記モジュール
において少なくとも1つのパラメータが必要である。実施形態の中には、場所をさらにマ
ーキングするために2つ以上のパラメータが実装可能なものもある。

判断モジュール230は、マーキングされた場所に関連する情報を誰に向けて配信する
かを判断するように構成されていてもよい。図8に示すように、判断モジュール230は
上述の識別モジュール220と類似するものであってもよい。ある実施形態において、判
断モジュール、又は判断モジュールの一部(例えば、判断モジュールのサービス提供者情
報処理部の距離計算部など)は、マーキングされた場所に関連する第1の位置と、サービ
ス提供者に関連する位置との間の距離を計算するように構成されていてもよい。その距離
は、マーキングされた場所に関連する情報が誰に向けて配信されるかを決定するための根
拠を提供するものであってもよい。ほんの一例に過ぎないが、サービス提供者の位置と第
1の位置(例えば、マーキングされた場所に関連する位置)の間の距離が閾値未満の場合
、マーキングされた場所に関連する情報はサービス提供者に向けて配信される。

別の実施形態において、判断モジュール、又は判断モジュールの一部(例えば、判断モ
ジュールのサービス提供者情報処理部の時間計算部)は、1以上のサービス提供者が第1
の位置(例えば、マーキングされた場所に関連する位置)に移動するのにかかる時間を計
算するように構成されていてもよい。時間を計算するために、時間計算部は、例えば、サ
ービス提供者に関連する位置と第1の位置(例えば、マーキングされた場所に関連する位
置)に関連する情報、又は2つの位置の間の距離、偶発的情報(例えば、道路状況、交通
状況、2つの位置の間の利用可能な種々の経路など)、若しくはサービス提供者が使用し
ている車両の条件など、又はそれらの組み合わせを利用してもよい。その時間はマーキン
グされた場所に関連する情報が誰に向けて配信されるかを決定するための根拠を提供する
ものであってもよい。ほんの一例に過ぎないが、その時間が閾値よりも短い場合、サービ
ス提供者にマーキングされた場所に関連する情報が配信される。

判断モジュールは、サービス要求者に向けて場所に関連する情報を配信するか否かを判
断するように構成されていてもよい。上述の閾値は定数であってもよく、変数であっても
よい。ほんの一例に過ぎないが、閾値は、例えば、時刻、曜日、道路状況、交通状況、若
しくはサービス要求者若しくはサービス提供者などにより指定された特定の条件など、又
はそれらの組み合わせに基づいて変動してもよい。閾値は予め定められた定数であっても
よく、予め定められた変数であってもよい。例えば、閾値は、時間の関数としての変数、
偶発的条件の関数、又は2つ以上のパラメータの関数などであってもよい。上記関数は、
例えば、機械学習アルゴリズムを用いた履歴情報から導出されるものであってもよい。機
械学習アルゴリズムの例は、本教示の他の場所にて説明されている。

図15は本教示の実施形態に係る、マーキングされた場所に関連する情報が配信される
サービス提供者を決定するプロセスの例である。始めのブロック1501では、場所に関
連する情報が受け取られる。その場所はマーキングされた場所であってもよい。特に限定
されないが、ある実施形態において、マーキングされた場所に関連する情報は、場所の中
心、場所の半径、オーダー受注率、若しくはオーダーのオーダー元若しくは目的地など、
又はそれらの組み合わせを含んでもよい。ある実施形態において、マーキングされた場所
に関連する情報は、場所の履歴情報、若しくは偶発的条件(例えば、交通状況、道路状況
、気象状況など)など、又はそれらの組み合わせをさらに含んでもよい。ブロック150
2において、サービス提供者に関連する情報が受け取られる。特に限定されないが、ある
実施形態において、サービス提供者に関連する情報にはタクシーの位置が含まれる。ある
実施形態において、サービス提供者に関連する情報には、ドライバーのID、報告時刻、
若しくはタクシーの現状など、又はそれらの組み合わせがさらに含まれる。

ブロック1503において、サービス提供者に関連する情報が基準(基準は単数でも複
数でもよい)(すなわち、図15に示すような第1の条件)を満たす場合、ブロック15
04において、マーキングされた場所に関連する広告がサービス提供者に向けて配信され
る。サービス提供者に関連する情報が基準(基準は単数でも複数でもよい)を満たさない
場合、エンドブロックに進むか、又はブロック1502に戻って他のサービス提供者の情
報を受け取ってもよい。ある実施形態において、上記基準(基準は単数でも複数でもよい
)は、例えば、サービス提供者の位置、若しくはその場所のエリアなど、又はそれらの組
み合わせなどのパラメータと相関関係がある。例えば上記基準(基準は単数でも複数でも
よい)は、サービス提供者と最も近い場所との距離が間隔(r’、r’+d)の範囲内で
あるか否かであってもよい。なお、間隔(r’、r’+d)は上記距離がr’以上、r’
+d以下であることを意味する。ここで、r’はマーキングされた場所の半径であり、d
は所定の値である。例えば、dは0.5kmから2kmの間の値に設定してもよい。サー
ビス提供者の位置、及びサービス提供者とその場所との間の距離は、例えば距離計算部9
08によって、又は上述の他のモジュールに含まれる各ユニット又は各部分によって提供
されてもよい。

ある実施形態において、配信モジュールは、例えば、マーキングされた場所の周囲にい
るサービス提供者などの種々の受取人に向けて、マーキングされた場所に関連する情報を
配信するように構成されていてもよい。ブロック1504において、マーキングされた場
所に関連する情報(例えば、広告又は通知の形ので情報)は、第1の条件を満足するサー
ビス提供者に向けて配信される。本教示の実施形態に係る、サービス提供者に外の領域か
らマーキングされた場所への移動を予定させる又は促すための広告は、幾つかの方法又は
それらの組み合わせによって実現されてもよい。例えば、ある場所の外の領域から1以上
のサービス提供者に向けて配信される情報は、例えば、ある期間内にある場所でサービス
提供者が不足した数、サービスが供給過剰である、又はサービスが行き届いていないとし
てマーキングされた場所、サービス提供者の位置とマーキングされた場所との間の距離、
サービス提供者がマーキングされた場所若しくはその場所の中の1つのオーダーに到達す
る推定時刻、サービス提供者がマーキングされた場所若しくはその場所の中の1つのオー
ダーに到達するのに利用できる経路(例えば、より速い経路、有料道路を通らない経路な
ど)、若しくは提案される経路など、又はそれらの組み合わせから選択される少なくとも
一つの情報を含んでいてもよい。交通が不便なエリアに対しては、交通情報をサービス提
供者に向けて配信してもよい。道路状況を示すために、サービス提供者に対して代替の情
報、例えば道路局による工事のエリアなどの情報を配信してもよい。

別のある例においては、広告は、サービス提供者/乗客の密度分布を異なる色又は何ら
かの識別可能なパターンで示した分布図であってもよい。別のある例においては、広告は
、マーキングされた場所でのサービスに対する標準価格の変更の知らせを伴っていてもよ
く、サービス要求者とサービス提供者との間で事前に同意に至ることができるように、そ
の標準価格はサービス要求者に対して送信されてもよい。ある実施形態においては、マー
キングされた場所に関連する情報の幾つかをその場所内のサービス要求者に向けて配信す
る。ほんの一例に過ぎないが、近接した領域内に、サービス要求者のいる領域内よりも多
くのサービス提供者がいる場合、この情報をサービス要求者に対して配信してもよい。サ
ービス要求者は、近接したエリアに到達するための速い経路に関連する情報、サービス要
求者の必要移動距離、道路状況、若しくは交通状況など、又はそれらの組み合わせを受け
取ってもよい。1以上のサービス提供者、1以上のサービス要求者などに配信される情報
は、例えば、テキストメッセージ、音声メッセージ、スクリーンに映し出すことが可能な
グラフィック情報、若しくはアニメーションなど、又はそれらの組み合わせなどのフォー
マットで配信されてもよい。例えば、サービス提供者、サービス要求者などの情報の受取
人は、配信される情報の内容、情報が記録されるフォーマット、若しくはそのような情報
が配信されるデバイスなど、又はそれらの組み合わせを特定してもよい。

当業者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又は改良が可能であることは理解す
るであろう。例えば、マーキングされた場所に関連する情報が受け取られる前にサービス
提供者の情報を受け取ってもよく、又は2つの集合の情報を同時に又は実質的に同時に受
け取ってもよい。別のある例においては、2以上の条件を満たしたときに、マーキングさ
れた場所に関連する情報を配信してもよい。例えば、第1の条件は、サービス提供者と場
所の領域の中心(又は場所の中心)との距離が、その場所の半径よりも大きいことであっ
てもよい(これはサービス提供者がその場所のどこにもいないことを示している)。第2
の条件は、サービス提供者と最も近い場所との間の距離が間隔(R、R+D)上にあるこ
とであってもよい(これは上記距離がR以上、R+D以下であることを意味する)。ここ
でRはその場所の半径に基づくパラメータであり、Dはシステムによって決定される変数
又は定数である。

本教示に係る別の実施形態において、配信モジュールはサービス要求者に対し広告を配
信してもよい。例えば、場所が広告を配信されるようにマーキングされているという条件
において、例えばある場所における交通渋滞、気象状況の変化、又はある場所における営
業の終了などの偶発的な事象が発生した場合、車両サービスを受けるのがより容易かもし
れない別の場所へと特定の場所内のサービス要求者を誘導するために、システムは広告又
は案内情報をサービス要求者に対して配信してもよい。本教示の実施形態によれば、交通
渋滞の状況は、衛星画像又は道路監視システムの車両密度により判断してもよい。さらに
、道路工事のために道路が通行止めになっている場合、広告又は案内情報をサービス要求
者に配信してもよい。

図16は、本教示の実施形態に係る、サービス提供者に広告を配信するプロセスの他の
一例を示すフローチャートである。ブロック1601において、場所に関連する情報が受
け取られる。ブロック1602において、サービス提供者及びサービス要求者の情報が受
け取られる。上述した通り、ブロック1601とブロック1602のシーケンスは交換可
能である。ブロック1603において、第3の条件を満たすか否かに関連する判断が行わ
れる。第3の条件を満たす場合、ブロック1604に示すオペレーションが行われる。第
3の条件を満たさない場合、ブロック1602に戻る。ブロック1604において、場所
に関連する情報が1以上のサービス提供者、又は1以上のサービス要求者に対して配信さ
れる。ある実施形態において、第3の条件は、オーダーを組み合わせることに関連する。
例えば、あるオーダーがある場所に属し、別のオーダーと連結が可能な場合、両方のオー
ダーの情報を最初のオーダーを受注したサービス提供者に対し配信してもよい。オーダー
を組み合わせる方法の例としては、以下のようなオペレーションが挙げられる。収集モジ
ュールによって収集された2つのオーダーOi及びOjのうち、最初に出発するOjを第
1オーダーとし、後から出発するOiを第2オーダーとし、Oiが場所Aに属するものと
する。第2オーダーOiの出発点と、第1オーダーOjの目的地点の間の距離Dijが距
離閾値Dbase以下の場合、オーダーOi及びオーダーOjは距離について連結可能で
あると判断される。第2オーダーOiの出発時間と第1オーダーOjの到着時間の間の時
間間隔Tijが時間閾値TBase以下の場合、オーダーOiとオーダーOjは、時間に
おいて連結可能であると判断される。オーダーOiとオーダーOjが距離についてと時間
においての両方の面で連結可能であると判断された場合、OiとOjとは組み合わせが可
能なオーダーであると判断される。ある実施形態においては、Dbaseは4kmから6
kmの間、TBaseは5分から15分の間である。別の実施形態において、距離は距離
計算部によって計算され、時間間隔は配信モジュールの時間計算部によって計算される。
ある実施形態において、距離と時間間隔は、特に限定されないが、オーダー番号、出発点
の経度と緯度、目的地点の経度と緯度、及び出発の時間などのオーダー情報に基づいて決
定される。なお、上述したオーダー情報は収集モジュールによって収集されてもよく、ま
たオーダー情報の一部はサービス要求者の入力から直接得てもよい。

図17は、本教示を実行する特別なシステムを実現するのに使用することができるモバ
イル機器の構成を示す。この例において、サービスを求めるオーダーに関連する情報又は
スケジューリングシステムから得られる他の情報が示され、かつ相互に情報をやり取りす
るユーザーのデバイスは、特に限定されないが、スマートフォン、タブレット、ミュージ
ックプレイヤー、携帯型ゲーム機、全地球測位システム(GPS)受信機、及びウェアラ
ブルコンピューティングデバイス(例えば、眼鏡、腕時計など)、又はその他のフォーム
ファクターなどのモバイル機器1700である。この例における上記モバイル機器170
0は、1以上の中央処理装置(CPU)1740と、1以上のグラフィックスプロセッシ
ングユニット(GPU)1730、ディスプレイ1720、メモリ1760、ワイヤレス
コミュニケーションモジュールなどのコミュニケーションプラットフォーム1710、記
憶装置1790、及び1以上の入力/出力(I/O)デバイス1750を含む。特に限定
されないが、例えばシステムバス又は制御部(図示しない)などの他の好適なコンポーネ
ントもまたモバイル機器1700に含まれてもよい。図17に示すように、例えば、iO
S、Android、Windows Phoneなどのモバイルオペレーティングシス
テム1770、及び1以上のアプリケーション1780は、CPU1740によって実行
されるように、記憶装置1790からメモリ1760にロードしてもよい。アプリケーシ
ョン1780は、サービスを求めるオーダーに関連する情報、又はモバイル機器1700
上のスケジューリングシステムから得た他の情報を受け取ったり戻したりするためのブラ
ウザ又は他の好適なモバイルアプリケーションを含んでもよい。情報ストリームを用いた
ユーザーインタラクションはI/Oデバイス1750を介して達成することができ、例え
ばネットワーク114を介してスケジューリングシステム102及び/又はシステム10
0の他のコンポーネントに提供することができる。

本開示において説明した種々のモジュール、ユニット、及びその機能を実行するために
、本明細書に記載した1以上のエレメント(例えば、スケジューリングシステム102及
び/又は図1〜16に関して説明したシステム100の他のコンポーネントなど)のため
のハードウェアプラットフォームとしてコンピュータハードウェアプラットフォームを使
用することができる。上記コンピュータのハードウェアエレメント、オペレーティング・
システム及びプログラミング言語は本質的に従来公知のものであり、当業者は、本明細書
において述べたようなサービスの供給状況の管理にそれらの技術を適合させることに特に
精通しているものと考えられる。ユーザーインターフェースエレメントを備えたコンピュ
ータは、パーソナルコンピュータ(PC)又は他のタイプのワークステーション又は端末
装置を実行するために使用してもよい。但し、コンピュータは適切にプログラムされると
サーバーとしても機能することができる。当業者は、構造、プログラミング、及びそのよ
うなコンピュータ装置の一般的なオペレーションには精通しているものと考えられ、その
結果として、それらを図示することは要しないであろう。

図18は、本教示の内容を実行するための特別なシステムを実現するために用いること
ができるコンピューティングデバイスの構造を示す。本教示の内容を盛り込んだそのよう
な特別なシステムはユーザーインターフェースエレメントを含むハードウェアプラットフ
ォームの機能ブロック図を有している。上記コンピュータは、汎用のコンピュータであっ
てもよく、専用のコンピュータであってもよい。両方共、本教示のための特殊なシステム
を実行するのに用いることができる。このコンピュータ1800は、本明細書において述
べるサービスの供給状況の管理のあらゆるコンポーネントを実行するのに用いることがで
きる。例えば、上記スケジューリングシステム102などを、コンピュータ1800など
のコンピュータ上で、そのハードウェア、ソフトウェアプログラム、若しくはファームウ
ェア、又はそれらの組み合わせを介して実行することができる。便宜のため、そのような
コンピュータは一つしか図示していないが、本明細書で説明されるサービス供給の管理に
関連するコンピュータ機能は、処理負荷を分散するために、いくつかの同様のプラットフ
ォーム上に分散して実装されてもよい。

コンピュータ1800は、例えば、ネットワークにかつネットワークから接続され、デ
ータコミュニケーションを促進するCOMポート1850を含む。コンピュータ1800
は、プログラムの命令を実行するための中央処理装置(CPU)1820を、1以上の処
理部(プロセッサ)の形態でさらに含む。コンピュータプラットフォームの例としては、
コンピュータによって処理され、及び/又は伝達される種々のデータファイル、並びにC
PUによって実行される可能性のあるプログラム命令のための、内部コミュニケーション
バス1810、例えば、ディスク1870、リード・オンリー・メモリ(ROM)183
0、又はランダム・アクセス・メモリ(RAM)1840などの異なる形態のプログラム
記憶部及びデータ記憶部が挙げられる。コンピュータ1800は、さらに、ユーザーイン
ターフェースエレメント1880などの、コンピュータとその中の他のコンポーネントの
間の入力/出力フローを支援するI/Oコンポーネント1860を含む。コンピュータ1
800はさらに、ネットワークコミュニケーションを介してプログラミングやデータを受
け取ってもよい。

したがって、上で概略を示した、サービスの供給状況の管理の方法及び/又は他のプロ
セスの態様は、プログラミングにおいて具体化することができる。その技術のプログラム
態様は、「製品」又は「製造物」、典型的にはあるタイプの機械可読媒体に担持され、又
はあるタイプの機械可読媒体の中で具体化される実行可能なコード及び/又は関連データ
の形態の「製品」又は「製造物」を想定してもよい。有形の非一過性「記憶」型媒体には
、ソフトウェアプログラミングに対し常時記憶部を提供できる、コンピュータ、又はプロ
セッサなどのためのメモリ又は他の記憶媒体、又は種々の半導体メモリ、テープドライブ
、及びディスクドライブなどのその関連のモジュール類のいずれか又は全てが含まれる。

ソフトウェアの全部又は一部は、時折インターネット又は種々の他のテレコミュニケー
ションネットワークなどのネットワークを通じて通信される。上記コミュニケーションは
、例えば、あるコンピュータ又はプロセッサから他のコンピュータ又はプロセッサへのソ
フトウェアのローディング、例えばスケジューリングシステムの管理サーバー又はホスト
コンピュータから、コンピューティング環境のハードウェアプラットフォーム又はサービ
スの供給状況の管理に関係のあるコンピューティング環境若しくは同様の機能を実行する
他のシステムへのローディングを可能にするものであってもよい。したがって、ソフトウ
ェアエレメントを有していてもよい他のタイプの媒体には、有線の光学的陸上通信線ネッ
トワークを通じて及び種々のエアリンクを超えてローカルデバイス間の物理的インターフ
ェースを横断して使用される、光波、電波及び電磁波が含まれる。有線又は無線のリンク
、光学的リンクなどの、そのような波を伝播する物理的エレメントもまたソフトウェアを
運ぶ媒体と考えてもよい。本明細書において、有形の「記憶」媒体に限定しない限り、コ
ンピュータ又は機械「可読媒体」などの語は、実行するためのプロセッサに対し命令を送
ることに関与するあらゆる媒体を指す。

したがって、機械可読媒体は、特に限定されないが、例えば有形の記憶媒体、搬送波媒
体又は物理的伝送媒体などの多くの形態をとることができる。非揮発性記憶媒体には、例
えば、図面に示したようなシステム又はその構成要素を実行するために使用されてもよい
、コンピュータ内部の記憶装置などの、光学ディスク又は磁気ディスクが含まれる。揮発
性記憶媒体には、上記コンピュータプラットフォームのメインメモリなどのダイナミック
メモリが含まれる。有形の伝送媒体には、同軸ケーブルや、コンピュータシステム内のバ
ス(母線)を形成する配線などの銅線及び光ファイバなどが含まれる。キャリア波伝送媒
体は、高周波(RF)及び赤外線(IR)データコミュニケーションの間に発生する電気
信号又は電磁信号、又は音波、又は光波のような、電気信号又は電磁信号、又は音波、又
は光波の形態をとってもよい。したがって、コンピュータ可読媒体の一般的な形態には、
例えば、フロッピーディスク、フレキシブルディスク、ハードディスク、磁気テープ、任
意の他の磁気媒体、CD−ROM、DVD又はDVD−ROM、任意の他の光学媒体、パ
ンチカード、紙テープ、孔のパターンを有する任意の物理的記憶媒体、RAM、PROM
及びEPROM、FLASH−EPROM、任意の他のメモリチップ又はカートリッジ、
搬送波輸送データ又は命令、そのような搬送波を輸送するケーブル又はリンク、又はそこ
からコンピュータがプログラミングコード及び/又はデータを読み取ることができる任意
の他の媒体が含まれる。コンピュータ可読媒体のこれらの形態の多くは、1以上のシーケ
ンスの1以上の命令を実行するための物理的プロセッサに運ぶのに関与することができる

当業者であれば、本教示に対する種々の改変及び/又は改良が可能であることは理解す
るであろう。例えば、上述の種々の構成要素の実装はハードウェアデバイスにおいて具体
化することができるが、例えば、現存のサーバー上にインストールすることによりソフト
ウェアのみのソリューションとして実装することもできる。さらに本明細書で開示されて
いるような、サービスの供給状況の管理のためのスケジューリングシステムは、ファーム
ウェア、ファームウェア/ソフトウェアの組み合わせ、ファームウェア/ハードウェアの
組み合わせ、又はハードウェア/ファームウェア/ソフトウェアの組み合わせとして実装
されてもよい。

以下の実施例は例示することを目的として提示するものであり、本教示の範囲を制限す
ることを意図したものではない。

(実施例1)
北京を一例とすると、朝のラッシュ時間の郊外エリアからの車両の需要は、街の中心周
辺のエリアからの需要よりもずっと多い。例えば、午前8:00から午前9:00までは
回竜観(Huilongguan)エリアにおいて、タクシーサービスを求める大きな需
要がある。夕方のラッシュ時間、例えば午後の18:00から午後の19:00までは、
中関村(Zhongguancun)エリアにおいて、タクシーサービスを求める大きな
需要がある。

タクシー予約ソフトウェアのサーバー(若しくはスケジューリングシステム)又はコー
ルセンターにおいては、乗客から収集した多数の予約オーダーが蓄積される。一般に、乗
客から集めた予約のオーダーのフォーマットを下記表1に示す。

通常、乗客がタクシーの配車をオーダーしたときに、表1のエントリーにあるオーダー
情報がサーバーに送信されてもよい。

サーバー(又はスケジューリングシステム)は、オーダーの開始位置に応じて、ある一
定の期間(同日の18:00から18:05まで)内の、特定のエリア(例えば、北京)
内のオーダーについて、(例えば、Dbスキャン・クラスタリング・アルゴリズムを用い
て)統計的分析を行い、複数の場所(エリア1:中関村(Zhongguancun)エ
リア周辺、半径2.5km、乗客の数:200;エリア2:上地(Shangdi)周辺
、半径3.4km、乗客の数:300;等)を特定する。

各タクシーは、タクシードライバーが使用するアプリケーションによって10分毎に緯
度と経度の情報を報告する。上記情報のフォーマットの例を以下の表2に示す。

適切な場所を選択した後、サーバー(又はスケジューリングシステム)は、「こんにち
は。今のあなたの場所からXkm離れたXXXにおいて多くの乗客が車両を必要としてい
ますよ」という情報を1以上のタクシードライバー(サービス提供者)に配信してもよい

(実施例2)
スケジューリングシステムは、Dbスキャン・クラスタリング・アルゴリズムを用いて
、上海の車両需要分布に基づいて複数の場所を特定する。またスケジューリングシステム
は、例えばその場所におけるオーダー情報及びサービス提供者の情報に基づいて、オーダ
ーの数、(例えば、緯度と経度による)その場所の中心の位置、場所の半径、サービス提
供者の数、及び受注されたオーダーの数、オーダー受注率、ある場所における提供者−要
求者比を計算する。

オーダー情報は、オーダー番号、(例えば緯度と経度による手段で表される)開始位置
、開始時間、若しくはオーダーが受注されたかどうかなど、又はそれらの組み合わせを含
んでもよい。タクシー情報は、ドライバーの番号(ID)、報告時刻、(例えば、経度及
び緯度で表される)サービス提供者の位置などを含んでもよい。その場所におけるオーダ
ーの数は、その場所におけるオーダーの数の総数であってもよい。場所の中心の緯度と経
度は、その場所における全てのオーダーの緯度と経度の平均値であってもよい。その場所
の半径は、場所の中心とその場所のオーダーに関連する位置との間の最大距離であっても
よい。その場所におけるサービス提供者の数は、場所の中心とそのタクシーの位置との間
の距離がその場所の半径未満であるサービス提供者の総数であってもよい。受注されたオ
ーダーの数は、その場所において受注されたオーダーの総数であってもよい。オーダー受
注率は、その場所における受注されたオーダーの数と、オーダーの総数との比率であって
もよい。提供者−要求者比は、その場所におけるオーダーの数に対するサービス提供者の
数の比率であってもよい。

あるシナリオの例においては、サービス提供者の数、オーダーの数、オーダー受注率、
提供者−要求者比が以下の表3に示すように列挙される。

上記データから、サービス提供者−サービス要求者の比率が増加するに連れて、オーダ
ー受注率も有意に増加すると結論付けることができる。図19を参照して、縦軸は提供者
−要求者比を、横軸はオーダーの受注率を示す。オーダー受注率の期待値を1に設定する
と、理想的な提供者−要求者比は16といえ、これはオーダー受注率と提供者−要求者比
とがおおよそある直線相関を有することを意味している。図19に示すように、その直線
相関はおおよそ関係式y=8.6155x+4.8676によって表すことができる。

上記場所における需要と供給のミスマッチはオーダー受注率、及び提供者−要求者比に
よって示すことができる。

いくつかの実施形態において、ある場所におけるオーダー受注率が80%を超える場合
、その場所は健全であると考えられる(すなわち、その場所における需要と供給の関係が
健全であると考えられる)。ある場所におけるオーダー受注率が80%よりも低い場合、
その場所は不健全であると考えられる(すなわち、需要と供給の関係がその場所において
不健全であると考えられる)。オーダー受注率が80%を下回る場所に関しては、提供者
−要求者比(サービス提供者の数をオーダーの数で割った値)が10を下回る場合、提供
者−要求者比が低いと考えられる。オーダー受注率が低い一つの理由は、サービス提供者
の数が、その場所において要求されたサービスに対するオーダーを満足するには不充分で
あったからとも考えられる。サービス提供者に対し、近接した領域からその領域に入らせ
、その場所でサービスを提供するよう促すのが有益であると考えられる。このことは近接
した領域内のサービス提供者に対し当該場所に関連する情報を配信することにより促進す
ることができる。オーダー受注率が80%を下回る場所に関し、提供者−要求者比が10
を上回る場合、オーダー受注率が低い理由は提供者−要求者比以外の何かに原因がある場
合がある。この場合には、サービス提供者に対し、近接した領域からその領域に入らせ、
その場所でサービスを提供するよう促すことは有益ではないこともある。

要約すると、オーダー受注率が低く、かつ提供者−要求者比も低い場所では、需要と供
給の間にミスマッチがある可能性がある。それらを表4に示す。

表4に示したこれらの3つの車両需要密度の場所は、非常に不健全である(需要と供給
が不均衡である)と考えることができ、サービス提供者は、その場所に入り、その場所で
サービスを提供することを促されてもよい。このことは、サービス提供者、例えば近接し
たエリア内のサービス提供者、にその場所に関連する情報を配信することによって促進す
ることができる。

以上、本教示及び/又は他の例を構成すると考えられるものについて説明したが、本教
示に対しては種々の変形が可能であり、本明細書に開示する主題は種々の形態や実施例に
おいて実施でき、上記教示の内容は多くの応用例において適用でき、本明細書に開示した
ものはその一部のみであることは理解されよう。添付の特許請求の範囲は、本教示の真の
範囲内に属する任意のかつすべての応用、変更及び変形が請求されることを意図するもの
である。

100 システム、102 スケジューリングシステム、104 サービス要求者、10
4−1 デスクトップコンピュータ、104−2 ラップトップコンピュータ、104−
3 自動車車内のビルトインデバイス、104−4 モバイル機器、106 ユーザーロ
グデータベース、108 サービス提供者、108−1 サービス提供者、108−2
サービス提供者、108−n サービス提供者、114 ネットワーク、114−1 イ
ンターネットエクスチェンジ、114−2 インターネットエクスチェンジ、210 収
集モジュール、220 識別モジュール、230 判断モジュール、240 配信モジュ
ール、250 履歴情報データベース、260 偶発的情報の情報源、301 ブロック
、302 ブロック、303 ブロック、304 ブロック、305 ブロック、306
ブロック、307 ブロック、308 ブロック、410 履歴情報ユニット、420
オーダー情報ユニット、430 サービス提供者情報ユニット、440 偶発的情報ユ
ニット、510 位置情報収集部、520 雑情報収集部、610 位置情報受領部、6
20 位置情報処理部、802 モジュール計算制御ユニット、804 モジュール計算
コンフィギュレーション、806 履歴情報処理部、808 オーダー情報処理部、81
0 サービス提供者情報処理部、812 偶発的情報処理部、814 モジュール統合制
御部、902 情報処理制御ユニット、904 情報処理コンフィギュレーション、90
6 位置情報処理部、908 距離計算部、910 時間計算部、912 雑情報ユニッ
ト、914 情報統合制御部、1301 ブロック、1302 ブロック、1303 ブ
ロック、1304 ブロック、1305 ブロック、1306 ブロック、1307 ブ
ロック、1308 ブロック、1309 ブロック、1310 ブロック、1311 ブ
ロック、1312 ブロック、1313 ブロック、1314 ブロック、1315 ブ
ロック、1316 ブロック、1317 ブロック、1402 ブロック、1404 ブ
ロック、1406 ブロック、1408 ブロック、1410 ブロック、1412 ブ
ロック、1501 ブロック、1502 ブロック、1503 ブロック、1504 ブ
ロック、1601 ブロック、1602 ブロック、1603 ブロック、1604 ブ
ロック、1700 モバイル機器、1710 コミュニケーションプラットフォーム、1
720 ディスプレイ、1730 GPU、1740 CPU、1750 I/O、17
60 メモリ、1770 OS、1780 アプリケーション、1790 記憶装置、1
800 コンピュータ、1810 内部コミュニケーションバス、1820 CPU、1
830 ROM、1840 RAM、1850 COMポート、1860 I/Oコンポ
ーネント、1870 ディスク、1880 ユーザーインターフェースエレメント

Claims (19)

  1. サービス提供者モバイルデバイス上にオンライン輸送サービスの場所の表示を生成するように構成されたシステムであって、
    ネットワークシステムのうち少なくとも1つのネットワークに接続する、前記ネットワークシステムのインターネットインターフェースと、
    前記少なくとも1つのネットワークを介して、測位システムの複数の検出部から測位信号を受け取る、前記測位システムの少なくとも1つの受信部であって、
    前記測位信号は、前記測位システムの前記複数の検出部の位置情報を含み、
    前記測位システムの前記複数の検出部は、測位能力を有する複数のサービス提供者モバイルデバイスと、前記測位能力を有する複数のサービス要求者モバイルデバイスと、を含む、受信部と、
    放送部と少なくとも1つの受信部とを備える交通状況報告システムの少なくとも1つの受信部であって、少なくとも1つのネットワークを介してある領域の交通状況の情報又は前記オンライン輸送サービスのオーダーを受け取る受信部、と、
    前記オンライン輸送サービスの複数のサービスユーザー及び複数のサービス提供者の情報を含む少なくとも1つのユーザーログと、
    前記測位システムの少なくとも1つの受信部及び前記交通状況報告システムの少なくとも1つの受信部からの情報を受け取る処理回路と、
    を備え、
    作動する間、前記処理回路は、
    少なくとも1つのネットワークを介して、前記オンライン輸送サービスの前記複数のサービスユーザーに関連付けられた前記複数のサービス要求者モバイルデバイスに接続し、
    少なくとも1つのネットワークを介して、前記オンライン輸送サービスの前記複数のサービス提供者に関連付けられた前記複数のサービス提供者モバイルデバイスに接続し、
    記憶媒体からオンライン輸送サービスを提供するための一連の命令をロードし、
    前記複数のサービス要求者モバイルデバイスからの前記オンライン輸送サービスを求める複数のオーダーおよび前記複数のサービス要求者モバイルデバイスの位置を含む第1の電気信号を受け取り、
    前記複数のオーダーのうち、各オーダーに対して
    前記オーダーが第1の位置に関連する第1の特性を共有する第1の数のオーダーであるか否かの論理判断を行い、かつ
    前記オーダーが前記第1の数のオーダーに属するとの前記論理判断に応じて、前記第1の数のオーダーに関連する場所の中オーダーの位置を組み込む
    ように前記処理回路内の論理回路を作動させ、
    前記論理回路を作動させて前記複数のサービス提供者から少なくとも1のサービス提供者を特定し、
    前記論理回路を作動させて前記場所の中のオーダーの受注率を取得し、
    前記論理回路を作動させて、前記場所の中のオーダーの数に対するサービス提供者の数の比率を取得し、
    前記場所におけるオーダーの前記受注率が受注率の閾値未満であり、かつ前記場所における前記比率が比率の閾値未満であるとの判断に応じて、前記場所に関する情報を含む第2の電気信号を生成して、その第2の電気信号を前記少なくとも1のサービス提供者に送信し、
    前記第1の特性は、前記第1の数のオーダーに含まれる各オーダーの位置が、前記第1の位置からの距離である第1の閾値距離の範囲内にあることを含む
    システム。
  2. 前記処理回路は、前記複数のオーダーのうちの1つのオーダーに関連するオーダー位置、サービス提供者に関連するサービス提供者位置、なされたオーダーに関連する時刻、前記複数のオーダーのうちの1つのオーダーに関連するピックアップ時刻、前記複数のオーダーに関連するオーダー受注率、前記場所に関連する交通状況、前記場所に関連する道路状況、前記場所に関連する気象状況、及び前記場所に関連する履歴情報のうち少なくとも1つの情報を含む第3の電気信号を受け取るように構成されている、請求項1に記載のシステム。
  3. 前記処理回路は、前記場所の交通状況に応じて前記第1の閾値距離を調整するようさらに構成されている、請求項に記載のシステム。
  4. 前記処理回路は、前記少なくとも1のサービス提供者または前記少なくとも1のサービス提供者に関連付けられたサービス要求者によって特定される条件に応じて前記第1の閾値距離を調整するようさらに構成されている、請求項に記載のシステム。
  5. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて、少なくとも1つのクラスターアルゴリズムに基づいて前記場所を特定するようさらに構成されている、請求項1に記載のシステム。
  6. 前記少なくとも1つのクラスターアルゴリズムは、CLARANS、PAM、CLATIN、CLARA、DBSCAN、BIRCH、OPTICS、WaveCluster、CURE、CLIQUE、K−meansアルゴリズム、及び階層的アルゴリズムを含む、請求項に記載のシステム。
  7. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて前記場所に関連する第2の数のサービス提供者を特定するように構成され、前記第2の数のサービス提供者は第2の特性を共有する、請求項1に記載のシステム。
  8. 前記第2の特性は、前記第1の位置と、前記第2の数のサービス提供者のうちの1のサービス提供者に関連する位置との間の距離が第2の閾値未満であることを含む、請求項に記載のシステム。
  9. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて、前記第2の数のオーダーの第2の数に対する前記第1の数のオーダーの第1の数の比率が第3の閾値を超えたという判断に基づいて前記場所をマーキングするようにさらに構成されている、請求項に記載のシステム。
  10. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて、エリアを特定するようにさらに構成され、前記場所は、前記複数のオーダーのうちの、前記エリアに関連する少なくとも1のオーダーに基づいて決定される、請求項1に記載のシステム。
  11. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて、前記第1の数のオーダーの第1の数が第4の閾値を超えるとの判断に基づいて前記場所を決定するようにさらに構成されている、請求項1に記載のシステム。
  12. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて、前記第1の位置と、前記少なくとも1のサービス提供者に関連する位置との間の距離を判定するようにさらに構成され、前記距離は第5の閾値未満である、請求項1に記載のシステム。
  13. 前記処理回路は、前記論理回路を作動させて、前記少なくとも1のサービス提供者が前記第1の位置に到達するまでにかかる時間を決定するようにさらに構成されており、前記時間は第6の閾値未満である、請求項1に記載のシステム。
  14. 前記少なくとも1のサービス提供者と前記場所との間の距離は、所定の第1の距離と所定の第2の距離との間にあり、
    前記処理回路は、さらに、前記少なくとも1のサービス提供者に対し、広告を含む第5の電子信号を送信するようにさらに構成されている、請求項1に記載のシステム。
  15. 前記所定の第1の距離は前記場所の半径r’であり、
    前記所定の第2の距離はr’+d(dは所定の距離)である、請求項14に記載のシステム。
  16. 前記処理回路とワイヤレスコミュニケーションを行う少なくとも1つのベースステーションと、
    前記少なくとも1つのベースステーションとワイヤレスコミュニケーションを行う複数のサービス要求者モバイルデバイスであって、各モバイルデバイスは前記複数のオーダーのサービス要求者のうち1のサービス要求者と関連付けられている、サービス要求者モバイルデバイスと、
    前記少なくとも1つのベースステーションとワイヤレスコミュニケーションを行う少なくとも1つのサービス提供者モバイルデバイスであって、各モバイルデバイスは前記少なくとも1のサービス提供者のうち1のサービス提供者と関連付けられている、サービス提供者モバイルデバイスと、
    をさらに備え、
    前記複数のサービス要求者モバイルデバイスと、前記複数のサービス提供者モバイルデバイスとは、
    グローバル・ポジショニング・システム・レシーバーと、
    グローバル・ポジショニング・システムを備えた前記グローバル・ポジショニング・システム・レシーバーと接続するように構成されているワイヤレス・コミュニケーション・モジュールと、を含む、
    請求項1に記載のシステム。
  17. 前記少なくとも1つのサービス提供者モバイルデバイスは、自動車のビルトインデバイスを含む、請求項16に記載のシステム。
  18. 前記処理回路は、前記場所に関連する情報を前記場所のオーダーに関連するサービス要求者に送信するようさらに構成されている、請求項1に記載のシステム。
  19. サービス提供者モバイルデバイス上にオンライン輸送サービスの場所の表示を生成するように構成されたシステムであって、
    前記オンライン輸送サービスをオペレーションする少なくとも1つのサーバーと、
    前記少なくとも1つのサーバーと通信する少なくとも1つのユーザーログであって、輸送サービスの複数のサービスユーザーと複数のサービス提供者の情報を含む、ユーザーログと、
    複数のインターネットエクスチェンジポイントを介する少なくとも1のネットワークと、
    前記輸送サービスの前記複数のサービスユーザーと関連付けられた複数の認証済みサービス要求者モバイルデバイスであって、前記少なくとも1のネットワークを介して前記少なくとも1のサーバーと通信し、かつ前記複数のサービス要求者モバイルデバイスが、前記複数のサービス要求者モバイルデバイスの位置を取得し、前記少なくとも1のサーバーにその位置を伝達する測位システムを含む、サービス要求者モバイルデバイスと、
    前記複数のサービス提供者に関連付けられた複数の認証済みサービス提供者モバイルデバイスであって、前記少なくとも1のネットワークを介して前記少なくとも1のサーバーと通信し、かつ前記複数のサービス提供者モバイルデバイスが、前記複数のサービス提供者モバイルデバイスの位置を取得し、前記少なくとも1のサーバーにその位置を伝達する測位システムを含む、サービス提供者モバイルデバイスと、
    インターフェース、ポータル、及びアプリケーションのうち少なくとも1つを介して、第三者の交通状況報告システムから、前記オンライン輸送サービスのオーダーのオーダー場所に関連する交通状況を受信するブロードキャストステーションと、
    を備え、
    作動する間、前記少なくとも1つのサーバーは、
    記憶媒体からオンライン輸送サービスを提供するための一連の命令をロードし、
    前記複数のサービス要求者モバイルデバイスからの前記オンライン輸送サービスを求める複数のオーダーおよび前記複数のサービス要求者モバイルデバイスの位置を含む第1の電気信号を受け取り、
    前記複数のオーダーのうち、各オーダーに対して
    前記オーダーが第1の位置に関連する第1の特性を共有する第1の数のオーダーであるか否かの論理判断を行い、かつ
    前記オーダーが前記第1の数のオーダーに属するとの前記論理判断に応じて、前記第1の数のオーダーに関連する場所の中オーダーの位置を組み込み、
    前記複数のサービス提供者から少なくとも1のサービス提供者を特定し、
    論理回路を作動させて前記場所の中のオーダーの受注率を取得し、
    前記論理回路を作動させて、前記場所の中のオーダーの数に対するサービス提供者の数の比率を取得し、
    前記場所におけるオーダーの前記受注率が受注率の閾値未満であり、かつ前記場所における前記比率が比率の閾値未満であるとの判断に応じて、前記場所に関する情報を含む第2の電気信号を生成して、その第2の電気信号を前記少なくとも1のサービス提供者に送信し、
    前記第1の特性は、前記第1の数のオーダーに含まれる各オーダーの位置が、前記第1の位置からの距離である第1の閾値距離の範囲内にあることを含む
    システム。
JP2018196944A 2014-04-24 2018-10-18 サービスの供給状況を管理するシステム及び方法 Active JP6506460B2 (ja)

Priority Applications (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
CN201410168588.1A CN103985247B (zh) 2014-04-24 2014-04-24 基于城市叫车需求分布密度的出租车运力调度系统
CN201410168588.1 2014-04-24
CN201410366721.4A CN104123836B (zh) 2014-07-29 2014-07-29 基于城市叫车订单时间地点组合的订单推送系统
CN201410366721.4 2014-07-29
CN201510037388.7 2015-01-23
CN201510037388.7A CN104537831B (zh) 2015-01-23 2015-01-23 车辆调度的方法及设备

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017507056 Division 2015-04-24

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2019057293A JP2019057293A (ja) 2019-04-11
JP6506460B2 true JP6506460B2 (ja) 2019-04-24

Family

ID=54331776

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017507056A Active JP6423520B2 (ja) 2014-04-24 2015-04-24 サービスの供給状況を管理するシステム及び方法
JP2018196944A Active JP6506460B2 (ja) 2014-04-24 2018-10-18 サービスの供給状況を管理するシステム及び方法

Family Applications Before (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2017507056A Active JP6423520B2 (ja) 2014-04-24 2015-04-24 サービスの供給状況を管理するシステム及び方法

Country Status (12)

Country Link
US (3) US10373089B2 (ja)
EP (1) EP3134887A4 (ja)
JP (2) JP6423520B2 (ja)
KR (1) KR101994631B1 (ja)
AU (1) AU2015251350A1 (ja)
BR (1) BR112016024779A2 (ja)
CA (1) CA2946648A1 (ja)
GB (1) GB2539852A (ja)
PH (1) PH12016502125A1 (ja)
RU (1) RU2682313C2 (ja)
SG (1) SG11201608881QA (ja)
WO (1) WO2015161828A1 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
RU2617177C1 (ru) * 2015-12-01 2017-04-21 Акционерное общество "Научно-производственное предприятие "Полет" Аппаратно-программный комплекс обмена данными мобильного объекта
CN105389975B (zh) * 2015-12-11 2017-11-14 北京航空航天大学 专车调度方法和装置
CN105788341A (zh) * 2016-01-04 2016-07-20 北京百度网讯科技有限公司 车辆站点位置确定方法和装置
US10417605B1 (en) 2016-02-29 2019-09-17 Square, Inc. Courier notifications regarding missing items
US10417589B2 (en) * 2016-11-01 2019-09-17 Uber Technologies, Inc. Pre-selection of drivers in a passenger transport system
US10171569B2 (en) * 2016-12-02 2019-01-01 Uber Technologies, Inc. Transmission of data to multiple computing devices according to a transmission schedule
CN110326020A (zh) * 2017-02-27 2019-10-11 株式会社Ntt都科摩 需求预测装置
WO2018190428A1 (ja) * 2017-04-14 2018-10-18 株式会社Nttドコモ 需要予測装置
WO2018232723A1 (en) * 2017-06-23 2018-12-27 Beijing Didi Infinity Technology And Development Co., Ltd. System and method of user behavior based service dispatch
CN108009189A (zh) * 2017-08-16 2018-05-08 北京嘀嘀无限科技发展有限公司 热力图展示方法、系统、终端及服务器
CN108009652A (zh) * 2017-08-16 2018-05-08 北京嘀嘀无限科技发展有限公司 信息显示方法、装置、终端设备和计算机可读存储介质
CN108009188A (zh) * 2017-08-16 2018-05-08 北京嘀嘀无限科技发展有限公司 热力图展示方法、系统、终端及服务器
WO2019220205A1 (ja) * 2018-05-15 2019-11-21 日産自動車株式会社 乗降位置決定方法、乗降位置決定装置、ならびに、乗降位置決定システム

Family Cites Families (63)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1100064A1 (en) 1999-11-10 2001-05-16 Bull HN Information Systems Italia S.p.A. Management system for a fleet of taxis
US20020082881A1 (en) 2000-10-20 2002-06-27 Price Marc Steven System providing event pricing for on-line exchanges
JP4550990B2 (ja) * 2000-11-08 2010-09-22 八千朗 神薗 乗合運行支援システム及びその方法
JP4458453B2 (ja) 2001-07-30 2010-04-28 カシオ計算機株式会社 相乗り仲介管理装置及びそのプログラム
JP3860496B2 (ja) 2002-03-28 2006-12-20 富士通株式会社 配車方法、および配車プログラム
JP2003296888A (ja) 2002-03-29 2003-10-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd 配車支援システムおよび配車支援方法
JP2003296887A (ja) * 2002-03-29 2003-10-17 Eiichiro Inakazu タクシー配車方法、タクシー配車システム及びタクシー配車用ウェブサーバ
JP2004062490A (ja) 2002-07-29 2004-02-26 Matsushita Electric Ind Co Ltd 相乗り代理交渉システムおよび相乗り代理交渉方法
US8103540B2 (en) 2003-06-05 2012-01-24 Hayley Logistics Llc System and method for influencing recommender system
US6925381B2 (en) * 2003-06-24 2005-08-02 Bellsouth Intellectual Property Corporation Methods, systems and computer program products for ride matching based on current location information
JP4711174B2 (ja) 2004-03-31 2011-06-29 博正 千葉 複数地点を経由して乗降・集配等を行う車両運行管理システム
JP2006040007A (ja) 2004-07-28 2006-02-09 Nobutoshi Umeda タクシー配車システム及び配車方法
JP4678779B2 (ja) 2006-03-20 2011-04-27 株式会社日立ソリューションズ 携帯型端末を用いたタクシー配車システム
CN1889143A (zh) 2006-07-17 2007-01-03 刘迅 车辆调度方法及系统
CN1932921A (zh) 2006-09-28 2007-03-21 江苏天泽信息产业有限公司 出租车辆调度中快速定位就近空车的方法
US20080189143A1 (en) 2007-02-02 2008-08-07 Mach 9 Travel, Llc System and Method of Providing Transportation Services
SG146461A1 (en) 2007-03-15 2008-10-30 Agis Pte Ltd Location determination using sequential pattern recognition
CN101355714A (zh) 2007-07-24 2009-01-28 梁宇杰 一种实时拼车系统和方法
WO2009089182A1 (en) 2008-01-03 2009-07-16 Lubeck Olaf M Method for requesting transportation services
CN201181988Y (zh) 2008-03-31 2009-01-14 杭州义盛祥通信技术有限公司 出租车即时呼叫分派管理系统
KR20100006262A (ko) 2008-07-09 2010-01-19 권오대 택시 콜 서비스 시스템 및 그 방법
KR20100010430A (ko) 2008-07-22 2010-02-01 케이티파워텔 주식회사 Gps 위치정보 및 자바 vm 기능을 이용한 대리운전, 퀵서비스용 무선통신망 중개 시스템 및 중개 방법
US20110137699A1 (en) 2008-08-05 2011-06-09 Ronen Ben-Ari Method and system for cab management
EP2347372A4 (en) * 2008-09-22 2012-07-25 212 Llc Dba Event Ground Global Event management system
CN101383089B (zh) 2008-10-15 2014-03-26 梁宇杰 一种车辆匹配调度系统和方法
KR101119117B1 (ko) 2009-07-10 2012-03-16 엘지전자 주식회사 차량 호출 방법 및 차량 배차 방법 및 이를 위한 이동 단말기
JP5129799B2 (ja) * 2009-11-24 2013-01-30 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 需要予測装置及び需要予測方法
US20110307282A1 (en) 2009-12-04 2011-12-15 Garrett Camp System and method for operating a service to arrange transport between a customer and a transport party
CN102158804A (zh) * 2010-02-11 2011-08-17 希姆通信息技术(上海)有限公司 一种出租车手机呼叫系统
RU2429538C1 (ru) * 2010-03-29 2011-09-20 Михаил Владимирович Леонтьев Способ вызова такси и передачи заказов водителю
US20120130627A1 (en) * 2010-11-23 2012-05-24 Islam Mohammad R Taxi dispatch system
CN102073970A (zh) 2010-12-22 2011-05-25 宁波诺丁汉大学 针对分散经营个体出租车的调度方法
US8442848B2 (en) * 2011-03-09 2013-05-14 David Myr Automatic optimal taxicab mobile location based dispatching system
CN102355406B (zh) 2011-08-12 2013-11-27 河南工业大学 车载自组网中基于节点密度分布的自适应数据分发方法
US20130073327A1 (en) * 2011-09-20 2013-03-21 Benjamin J. Edelberg Urban transportation system and method
US8775059B2 (en) 2011-10-26 2014-07-08 Right There Ware LLC Method and system for fleet navigation, dispatching and multi-vehicle, multi-destination routing
CN102542790B (zh) 2011-11-15 2013-10-16 浪潮齐鲁软件产业有限公司 一种出租车停靠载客点选择的智能调度方法
US9424515B2 (en) * 2011-12-05 2016-08-23 FasterFare, LLC Predicting taxi utilization information
CN102938198A (zh) 2011-12-26 2013-02-20 刘胜强 公共交通运输分配方法与公共交通运输系统
JP6143214B2 (ja) * 2011-12-27 2017-06-07 株式会社Intelade 携帯端末を用いたタクシー車両の呼び寄せシステム
US20130179205A1 (en) * 2012-01-10 2013-07-11 Eduard SLININ Systems and methods for optimizing transportation resources
CN102572697A (zh) 2012-02-26 2012-07-11 沈哲 基于手持移动终端的出租车呼叫系统及方法
JP6062641B2 (ja) * 2012-03-05 2017-01-18 セイコーソリューションズ株式会社 タクシー運用システムおよびサーバ装置
US20130254289A1 (en) 2012-03-21 2013-09-26 Saro Cutri Methods and systems for social referrals
SG195395A1 (en) 2012-05-07 2013-12-30 Accenture Global Services Ltd Location-based cognitive and predictive communication system
TWI550534B (zh) 2012-05-21 2016-09-21 張凱傑 共乘者媒合配對之系統及其方法
US9066206B2 (en) 2012-07-03 2015-06-23 Uber Technologies, Inc. System and method for providing dynamic supply positioning for on-demand services
CN102752393A (zh) 2012-07-13 2012-10-24 王万秋 出租车订车系统及订车方法
CN103578265B (zh) 2012-07-18 2015-07-08 北京掌城科技有限公司 基于出租车gps数据的打车热点获取方法
CN102881152B (zh) * 2012-07-19 2015-09-16 杭州路招网络科技有限公司 出租车智能营运导航助理方法
CN102890861B (zh) 2012-09-28 2015-03-18 山东大学 场站出租车自动计数与调度方法及系统
GB201300006D0 (en) * 2013-01-01 2013-02-13 Tomtom Dev Germany Gmbh Vehicle management system
JP5875542B2 (ja) 2013-02-15 2016-03-02 三菱電機株式会社 交通需要検出装置、エレベーター群管理装置、及びエレベーターシステム
CN103177575B (zh) 2013-03-07 2014-12-31 上海交通大学 城区出租车动态在线调度优化系统及其方法
US9437107B2 (en) * 2013-03-15 2016-09-06 Inrix, Inc. Event-based traffic routing
US20140279667A1 (en) 2013-03-15 2014-09-18 United Parcel Service Of America, Inc. Group delivery systems and related methods
CN103259783B (zh) 2013-04-09 2015-10-28 安徽科技学院 基于SIP会话和LBS定位的Android移动终端实时拼车系统及方法
CN203288078U (zh) 2013-05-28 2013-11-13 吴昌明 一种出租车即时通讯系统
CN103295394B (zh) * 2013-06-24 2015-01-14 东南大学 基于广义gps数据的出租车候客站点备选地址确定方法
CN104346921B (zh) 2013-08-06 2019-05-10 腾讯科技(深圳)有限公司 基于位置信息的出租车信息通讯服务系统、终端和方法
US20150081362A1 (en) * 2013-09-13 2015-03-19 Stephen C. Chadwick Context-aware distributive taxi cab dispatching
CN103985247B (zh) * 2014-04-24 2016-08-24 北京嘀嘀无限科技发展有限公司 基于城市叫车需求分布密度的出租车运力调度系统
CN104537831B (zh) * 2015-01-23 2018-12-11 北京嘀嘀无限科技发展有限公司 车辆调度的方法及设备

Also Published As

Publication number Publication date
CA2946648A1 (en) 2015-10-29
GB2539852A (en) 2016-12-28
SG11201608881QA (en) 2016-11-29
AU2015251350A1 (en) 2016-11-10
JP2019057293A (ja) 2019-04-11
US10373089B2 (en) 2019-08-06
JP2017522673A (ja) 2017-08-10
EP3134887A1 (en) 2017-03-01
US20180129999A1 (en) 2018-05-10
RU2682313C2 (ru) 2019-03-18
WO2015161828A1 (en) 2015-10-29
RU2016145910A (ru) 2018-05-25
BR112016024779A2 (pt) 2017-08-15
KR101994631B1 (ko) 2019-09-30
JP6423520B2 (ja) 2018-11-14
PH12016502125A1 (en) 2017-01-09
GB201618084D0 (en) 2016-12-07
US20190370713A1 (en) 2019-12-05
US10037503B2 (en) 2018-07-31
EP3134887A4 (en) 2017-08-30
RU2016145910A3 (ja) 2018-05-25
KR20170021233A (ko) 2017-02-27
US20170046644A1 (en) 2017-02-16
GB2539852A8 (en) 2018-11-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Tang et al. Ridership effects of real-time bus information system: A case study in the City of Chicago
Ma et al. Real-time city-scale taxi ridesharing
US10217069B2 (en) Systems and methods for vehicle resource management
US8666660B2 (en) Method, system and apparatus for determining geofence data based on estimated time of arrival
US10453339B2 (en) Pooled point-to-point ride hailing in shared transport system
JP5922091B2 (ja) コンテンツを優先順位付けするためのインタラクティブなアドバイザリーシステム
US20110313880A1 (en) System and method for selecting transportation resources
US20140011522A1 (en) System and method for providing dynamic supply positioning for on-demand services
US8442848B2 (en) Automatic optimal taxicab mobile location based dispatching system
US20190095849A1 (en) Data transmission and communication for processing multiple transport requests
CN103531025B (zh) 一种利用线路分段方法来匹配信息的拼车方法
US8498953B2 (en) Method for allocating trip sharing
US20140278071A1 (en) Estimating times to leave and to travel
US20130244624A1 (en) Selective distribution of location based service content to mobile devices
DE112016003722T5 (de) Systeme und verfahren zum einstellen von fahrplänen und strecken für mitfahrgelegenheiten
US20090276250A1 (en) Process and system to determine commercial airline arrivals
AU2015296265A1 (en) Arranging a transport service for multiple users
AU2013205716B2 (en) Location-based cognitive and predictive communication system
US9226105B2 (en) Mutual interest location matching
US20170147951A1 (en) Automatic booking of transportation based on context of a user of a computing device
US20150254581A1 (en) Rideshare system and method to facilitate instant carpooling
US9534913B2 (en) Systems and methods for simultaneous electronic display of various modes of transportation for viewing and comparing
US20150176997A1 (en) Adaptive transportation framework
US20170220998A1 (en) Automated service management system with rule-based, cascading action requests
US10197410B2 (en) Dynamic real-time carpool matching

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20190219

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20190305

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20190328

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6506460

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150