JP5595390B2 - 流体力学式のトルクコンバータ - Google Patents

流体力学式のトルクコンバータ Download PDF

Info

Publication number
JP5595390B2
JP5595390B2 JP2011515086A JP2011515086A JP5595390B2 JP 5595390 B2 JP5595390 B2 JP 5595390B2 JP 2011515086 A JP2011515086 A JP 2011515086A JP 2011515086 A JP2011515086 A JP 2011515086A JP 5595390 B2 JP5595390 B2 JP 5595390B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
damper
torque converter
hydrodynamic torque
converter
housing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2011515086A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2011526344A (ja
Inventor
マーガークルト ハイコ
ヒューゲル クリスティアン
マイスナー アンドレアス
Original Assignee
シェフラー テクノロジーズ アクチエンゲゼルシャフト ウント コンパニー コマンディートゲゼルシャフトSchaeffler Technologies AG & Co. KG
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Family has litigation
Priority to DE102008031431 priority Critical
Priority to DE102008031431.5 priority
Priority to DE102008037808 priority
Priority to DE102008037808.9 priority
Application filed by シェフラー テクノロジーズ アクチエンゲゼルシャフト ウント コンパニー コマンディートゲゼルシャフトSchaeffler Technologies AG & Co. KG filed Critical シェフラー テクノロジーズ アクチエンゲゼルシャフト ウント コンパニー コマンディートゲゼルシャフトSchaeffler Technologies AG & Co. KG
Priority to PCT/DE2009/000819 priority patent/WO2010000220A1/de
Publication of JP2011526344A publication Critical patent/JP2011526344A/ja
First worldwide family litigation filed litigation Critical https://patents.darts-ip.com/?family=41090319&utm_source=google_patent&utm_medium=platform_link&utm_campaign=public_patent_search&patent=JP5595390(B2) "Global patent litigation dataset” by Darts-ip is licensed under a Creative Commons Attribution 4.0 International License.
Application granted granted Critical
Publication of JP5595390B2 publication Critical patent/JP5595390B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H45/00Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches
    • F16H45/02Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
    • F16F15/00Suppression of vibrations in systems; Means or arrangements for avoiding or reducing out-of-balance forces, e.g. due to motion
    • F16F15/10Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system
    • F16F15/14Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using masses freely rotating with the system, i.e. uninvolved in transmitting driveline torque, e.g. rotative dynamic dampers
    • F16F15/1407Suppression of vibrations in rotating systems by making use of members moving with the system using masses freely rotating with the system, i.e. uninvolved in transmitting driveline torque, e.g. rotative dynamic dampers the rotation being limited with respect to the driving means
    • F16F15/145Masses mounted with play with respect to driving means thus enabling free movement over a limited range
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H45/00Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches
    • F16H45/02Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type
    • F16H2045/0205Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type two chamber system, i.e. without a separated, closed chamber specially adapted for actuating a lock-up clutch
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H45/00Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches
    • F16H45/02Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type
    • F16H2045/0221Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type with damping means
    • F16H2045/0226Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type with damping means comprising two or more vibration dampers
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H45/00Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches
    • F16H45/02Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type
    • F16H2045/0221Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type with damping means
    • F16H2045/0263Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type with damping means the damper comprising a pendulum
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H45/00Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches
    • F16H45/02Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type
    • F16H2045/0273Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type characterised by the type of the friction surface of the lock-up clutch
    • F16H2045/0278Combinations of fluid gearings for conveying rotary motion with couplings or clutches with mechanical clutches for bridging a fluid gearing of the hydrokinetic type characterised by the type of the friction surface of the lock-up clutch comprising only two co-acting friction surfaces

Description

本発明は、ロックアップクラッチと多段のねじり振動ダンパとを備える流体力学式のトルクコンバータに関する。
この種のトルクコンバータは、特に自動車のパワートレーンにおいて、内燃機関と伝動装置あるいはトランスミッションとの間で使用される。内燃機関のねじり振動あるいは回転振動を減衰するには、いわゆるねじり振動ダンパあるいはトーショナルバイブレーションダンパ(Drehschwingungsdaempfer)が使用される。ねじり振動ダンパは、入力部を介して駆動される。トルクは、エネルギアキュムレータを介して、入力部に対して相対的に制限された範囲で回動可能な出力部に伝達され、エネルギアキュムレータの圧縮によりトルクピークのエネルギを一時的に貯蔵し、トルクの谷間で再び出力部に放出する。その際、トルクコンバータの接続は、従来慣用のダンパとしての減衰装置により、コンバータロックアップクラッチとトルクコンバータの被動ボスとの間でなされる。その結果、コンバータロックアップクラッチが閉鎖されている場合、ねじり振動の減衰は、コンバータハウジングと被動ボスとの間のトルク経路を介してなされる。さらに、いわゆるタービンダンパ(Turbinendaempfer)が公知である。タービンダンパは、コンバータロックアップクラッチが開放されている場合か、又はコンバータロックアップクラッチが存在しない場合に、ポンプホイールとタービンホイールとの間での既に行われた減衰後、なおも残るねじり振動を減衰するものであり、このために、タービンホイールと被動ボスとの間に配置されている。さらに、両ダンパ型式を組み合わせることが知られている。
ねじり振動を減じる別の形態は、動吸振器原理(Tilgerprinzip)である。動吸振器原理では、収容部において可動の質量体が、エネルギアキュムレータの作用に抗して配置されているか、又は遠心力振り子の場合には、動吸振器質量体が、周方向及び半径方向で延びる走行軌道上に旋回可能に配置されており、これにより、振動影響に基づいて収容部の慣性モーメントを変化させる。
自動車内、特に内燃機関及び伝動装置並びに内燃機関と伝動装置との間に配置されるトルクコンバータからなる駆動ユニットが横置きされた自動車内の、予め決められた制限された構成スペースと同様、トルクコンバータの形態に対する構成スペースについての要求が、十分な振動絶縁への要求とともに高まる。それゆえ、本発明の課題は、小さな構成スペースと同時に十分な振動絶縁を達成するトルクコンバータを提供することである。
上記課題は、ポンプホイールにより駆動されるタービンホイールと、ハウジングとを備え、ハウジング内に付加的に、複数のダンパ段及びねじり振動動吸振器(Drehschwingungstilger)を備えるねじり振動ダンパと、コンバータロックアップクラッチとが格納されている流体力学式のトルクコンバータにおいて、2つのダンパ段が、直列にコンバータロックアップクラッチと被動ボスとの間に、ねじり振動動吸振器が、両ダンパ段間に、かつ一方のダンパ段が、タービンホイールと被動ボスとの間に配置されており、ねじり振動動吸振器は相対回動不能にタービンホイールに結合されている流体力学式のトルクコンバータにより解決される。すなわち、本願発明に係る、流体力学式のトルクコンバータは、ポンプホイールにより駆動されるタービンホイールと、ハウジングとを備え、該ハウジング内に付加的に、複数のダンパ段及びねじり振動動吸振器を備えるねじり振動ダンパと、コンバータロックアップクラッチとが格納されている形式のものにおいて、第1及び第2のダンパ段が、前記コンバータロックアップクラッチと被動ボスとの間に、第2のダンパ段が、前記タービンホイールと前記被動ボスとの間に、かつ前記ねじり振動動吸振器が、両ダンパ段に対して並列に機能するように配置されていることを特徴とする。好ましくは、前記第1のダンパ段の入力部と前記第2のダンパ段の出力部とが互いにセンタリングされている。好ましくは、少なくとも1つのディスク部材が2つのダンパ段に一体的に配設されている。好ましくは、前記ねじり振動動吸振器の、動吸振器質量体を収容する収容部を、一方のダンパ段の入力部のディスク部材が形成する。好ましくは、前記ねじり振動動吸振器の動吸振器質量体と、前記第1のダンパ段の、周方向に配置されたエネルギアキュムレータとが、半径方向で同じ高さに配置され、かつ軸方向で互いに間隔を置いて配置されている。好ましくは、前記エネルギアキュムレータの収容部の中央の直径が、前記タービンホイールの半径方向外側に配置されている。好ましくは、前記エネルギアキュムレータが、前記タービンホイールに少なくとも部分的に軸方向でオーバラップしている。好ましくは、前記第2のダンパ段の、周方向で分配されたエネルギアキュムレータが、収容部の中央の直径に関して、前記タービンホイールのタービンベーンの半径方向内側に配置されている。好ましくは、前記第2のダンパ段の前記エネルギアキュムレータと、前記タービンホイールとが、少なくとも部分的に軸方向でオーバラップしている。好ましくは、前記コンバータロックアップクラッチが、閉鎖された状態で軸方向で、前記トルクコンバータの外側に設けられた固定手段の半径方向内側に配置されハウジング壁に形成されたポケット内に格納されている。好ましくは、前記コンバータロックアップクラッチが、前記被動ボス上にセンタリングされ前記ハウジングに軸方向で移動可能かつ相対回動不能に収容されたピストンから形成されており、該ピストンが、該ピストンと前記ハウジングとの間で締め付け可能な摩擦板に、摩擦係合を形成するために軸方向で力を加える。好ましくは、収容部が軸方向で前記コンバータロックアップクラッチと前記第1のダンパ段との間に配置されている。好ましくは、前記摩擦板と前記第1のダンパ段の前記入力部との間に伝達結合手段が形成されており、該伝達結合手段が、前記収容部の円弧状の開口を貫通する。好ましくは、前記コンバータロックアップクラッチが閉鎖された状態で、前記ねじり振動動吸振器が両ダンパ段間で機能する。好ましくは、前記ねじり振動動吸振器が相対回動不能にタービンホイールに結合されている。好ましくは、前記コンバータロックアップクラッチが開放された状態で、前記ねじり振動動吸振器が相対回動不能に前記タービンホイールに結合されている。提案された上述の配置構造によって、ねじり振動動吸振器、例えば遠心力振り子が、両ダンパ段で利用可能となるので、ダンパ段は、全体的により小さな所要構成スペースに設計可能である。別の利点は、ねじり振動ダンパの、少なくとも2つのダンパ段への分割である。ねじり振動ダンパは、2つの機能、すなわち、シリーズ型(直列型)のダンパの機能と、タービンダンパの機能とを果たす。両ダンパ段を、同時に両ダンパ段に配設されたねじり振動動吸振器を有する唯一のダンパに統合することにより、多数の部材が共有可能となるので、全体として、予め決められた構成スペース及び減衰性能において、より軽量かつより細身のトルクコンバータを提供することができる。特に低回転数領域におけるトルクアップのために、ポンプホイールとタービンホイールとの間にさらに、フリーホイールを備えるガイドホイールが、ハウジングに固定に配置可能である。
本発明の共通する思想は、加えて、組み合わされて又は単独で使用されてより狭小な構成スペースに至る複数の付加的な構成を含む。例えば、第1のダンパ段の入力部と第2のダンパ段の出力部とは、互いにセンタリングされていてよい。その結果、同じ軸方向の構成スペースに入力部及び出力部を格納可能である。両構成部材は、その際、互いに回動可能に支承されている。例えば、第2のダンパ段の出力部は、第1のダンパ段の半径方向内側に配置可能である。
さらに、機能に関してそれぞれ異なる両ダンパ段の複数の構成部材は、共通して形成可能である。例えば、2つのダンパ段の入力部及び出力部の少なくとも1つのディスク部材が一体的に形成されていてよい。こうして、半径方向外側のダンパ段の出力部は、同時に、ディスク部材が適当に半径方向外側で少なくとも部分的にエネルギアキュムレータを包囲するように案内されていることにより、遠心力に対する支持部を形成可能である。半径方向内側には、エネルギアキュムレータを収容するための窓欠截部が設けられていてよい。さらに、このように形成されたディスク部材は、タービンボスを形成可能であるか、又はタービンシェルは、少なくともこのディスク部材に収容、例えばリベット止め可能である。このディスク部材は、半径方向内側で、被動ボス上に回動可能に受容可能である。その結果、被動ボスのフランジ部材とともに、周方向で作用するエネルギアキュムレータの介在下で、タービンダンパとしての第2のダンパ段を形成可能である。
ねじり振動動吸振器は、有利には、遠心力振り子として形成される。ねじり振動動吸振器の、周方向で分配された動吸振器質量体を収容する収容部と、ダンパ段の入力部のディスク部材とは、一体的に形成可能である。その際、例えば第2のダンパ段の、2つの部分からなる入力部は、軸方向で間隔を置いた2つのディスク部材から形成可能である。第1のディスク部材は、同時に収容部を形成し、第2のディスク部材は、第1のダンパ段の出力部と一体的に形成されている。収容部を有しないディスク部材は、ねじり振動動吸振器を第1のダンパ段に結合するために、他方のディスク部材に固定手段、例えばリベットにより、回転を伝達可能に結合されている。
軸方向の構成スペースを最小化するために、構成部材は、半径方向で、別の構成部材が半径方向の切込み又はくびれを備えるところに配置されることによって、軸方向でオーバラップするように配置可能である。例えば、ねじり振動動吸振器の動吸振器質量体と、第1のダンパ段の、周方向に配置されたエネルギアキュムレータとは、半径方向で同じ高さに配置され、かつ軸方向で互いに間隔を置いて配置可能である。エネルギアキュムレータの収容部の中央の直径(mittlerer Aufnahmedurchmesser)は、タービンホイールの半径方向外側に配置されている。こうして、エネルギアキュムレータは、タービンホイール、例えばタービンホイールの、外周において先細りしたトーラスに、少なくとも部分的に軸方向でオーバラップ可能である。
さらに、第2のダンパ段の、周方向で分配されたエネルギアキュムレータが、収容部の中央の直径に関して、タービンホイールのタービンベーンの半径方向内側に配置可能である。第2のダンパ段のエネルギアキュムレータは、その際、特にタービンホイールのトーラス形状により、タービンホイールの半径方向内側の領域と、エネルギアキュムレータの軸方向の縁部領域とが軸方向でオーバラップする程度にタービンシェルに接近可能である。これにより、全体的に、ねじり振動ダンパは、タービンホイールに接近可能である。その結果、ねじり振動ダンパの端は、コンバータロックアップクラッチの方向で実質的に平坦であり、コンバータロックアップクラッチは、ねじり振動ダンパに接近可能である。
軸方向の構成スペースをさらに減じるために、コンバータロックアップクラッチが、閉鎖された状態で軸方向で、トルクコンバータの外側に設けられた固定手段の半径方向内側に配置されハウジング壁に形成されたポケット内に格納可能である。こうして、トルクコンバータは、フレックスプレート(Flexplate)又は駆動金属薄板(Antriebsblech)に密接に配置可能である。コンバータハウジングの、半径方向で回転軸線周りに配置されるくびれは、軸方向の構成スペースを、フレックスプレートのための収容部を備えるクランク軸のために提供可能である。
さらに、コンバータロックアップクラッチは、動吸振器質量体の半径方向内側に配置可能である。この種の減径された摩擦直径において、伝達可能なトルクの容量を高めるために、コンバータロックアップクラッチは、被動ボス上にセンタリングされハウジングに軸方向で移動可能かつ相対回動不能に収容されたピストンにより軸方向でコンバータハウジングに対して摩擦係合を形成するために締め付けられる摩擦板を備えることができる。
動吸振器質量体のための収容部は、軸方向でコンバータロックアップクラッチと第1のダンパ段との間に配置可能である。トルクをコンバータロックアップクラッチから第1のダンパ段に伝達するために、収容部を通して案内されている伝達結合手段あるいは移行結合手段がコンバータロックアップクラッチと第1のダンパ段の入力部との間に設けられている。出力側で固結された収容部と、第1のダンパ段の入力部との間の回動遊びを可能にするために、貫通案内開口が収容部内に円弧状に設けられている。さらに、貫通案内開口は、ストッパとして役立ち、第1のダンパ段の回動遊びが消費されると、トルクを伝達結合手段により直接第2のダンパ段に導入する。
本発明について唯一の図面に示した実施の形態を参照しながら詳説する。
回転軸線周りに配置された流体力学式のトルクコンバータの半割断面図である。
図面は、流体力学式のトルクコンバータ1を回転軸線2の上側の半割断面図で示している。ハウジング3は、ハウジング部分4,5から形成されている。ハウジング部分4,5は、内側部分の完成後、互いに溶接される。ハウジング部分4内には、ポンプホイール6が組み込まれている。その結果、ハウジング3が回転すると、タービンベーン8を備えるタービンホイール7が、ハウジング3内に存在するコンバータフルードにより駆動される。ハウジング3は、図示しない内燃機関により駆動される。このために、ハウジング部分5には、固定手段9が例えば溶接により取り付けられている。固定手段9により、内燃機関のクランク軸に固結されている、有利には軸方向で弾性的であって、周方向では堅固な駆動金属薄板又はフレックスプレートがハウジング3に、伝動装置に取り付けられたトルクコンバータと内燃機関とを組み合わせた後、例えば螺設により固結される。ポンプホイール6とタービンホイール7との間には、ガイドホイール10がフリーホイール11を介して、図示しない伝動装置突端に例えば歯列あるいはスプラインを介して結合されている。
トルクコンバータ1の出力部は、被動ボス12により形成される。被動ボス12は、伝動装置の、図示しない伝動装置入力軸に相対回動不能に、例えば歯列あるいはスプラインを介して結合されている。ハウジング3内には、コンバータロックアップクラッチ13が格納されている。コンバータロックアップクラッチ13は、閉鎖された状態で、内燃機関からハウジング3に伝達されるトルクをダンパ段14,15を介して被動ボス12に導く。コンバータロックアップクラッチ13が開放されているとき、トルクはポンプホイール6を介してタービンホイールに流れ、タービンホイールからダンパ段15を介して被動ボス12に流れる。コンバータロックアップクラッチ13がスリップしているときは、部分トルクが、両トルク経路を介して伝達可能である。
コンバータロックアップクラッチ13は、被動ボス12において回転可能かつ軸方向で移動可能に、さらにはシールされた状態で収容されたピストン18により形成されている。ピストン18は、板ばね19により相対回動不能にハウジングに結合されている。両チャンバ20,21間の差圧を調節することにより、ピストン18は軸方向力をピストン18とハウジング壁23との間に生じる。その結果、ピストン18とハウジング壁23との間に設けられた摩擦板22並びにピストン18及びハウジング壁23の摩擦面には、摩擦力結合(Reibschluss:摩擦力による束縛)が形成される。ハウジング壁23は、環状のポケット24として形成されている。コンバータロックアップクラッチ13が閉鎖されているとき、ポケット24内には、ピストン18及び摩擦板22が完全に軸方向で収容されている。コンバータロックアップクラッチ13が二面の摩擦板を備えて形成されていることにより、摩擦板は、伝達可能なトルクが同じであれば、固定手段9の半径方向内側に位置する直径上に収容可能である。その結果、コンバータロックアップクラッチ13の、構成スペースに影響しない格納が、軸方向の構成スペースに関して必要である。それゆえ、固定手段9は、予め決められた半径方向の直径において、軸方向でハウジング部分5のくびれを伴って伝動装置の方向に変位されてよく、フレックスプレートへの接続は、軸方向の間隔を減じた状態において実施可能である。
ダンパ段14,15を備えるねじり振動ダンパ16は、多機能のダンパとして設計されている。両ダンパ段14,15は、ダンパ段14,15に属する一体のディスク部材25により互いに結合されている。ディスク部材25は、半径方向内側で被動ボス12上に回動可能にセンタリングされている。半径方向内側では、タービンホイール7のタービンシェルが、ディスク部材25に固定手段26、例えばリベットにより結合されている。固定手段26の半径方向外側には、ダンパ段15の、例えば周方向で分配された短いコイルばねとして形成されるエネルギアキュムレータ27が、窓状の切欠き28内に格納されている。切欠き28は、エネルギアキュムレータを適当な一体形成部により遠心力の作用に抗して支持している。ディスク部材25の外周には、ダンパ段14のエネルギアキュムレータ29が収容され、遠心力に抗して支持されている。このため、ディスク部材25は一体形成部30を有している。一体形成部30は、エネルギアキュムレータ29に半径方向で係合している。その際、ディスク部材25は、ダンパ段14の完全な出力部34を形成する一方、ダンパ段15においては入力部35の一部を形成する。ダンパ段15の入力部35は、適当な窓状の切欠き32を備える第2のディスク部材31によって補完される。両ディスク部材25,31は、互いに、リベット33により軸方向で間隔を置いて固結されており、自身の内部に、被動ボス12に例えば溶接により固結されているか、又は一体的に形成されているフランジ部材36を収容している。両ダンパ段14,15の出力部48として作用するフランジ部材36の、ダンパ段15の入力部35に対する回動可能性を保証するために、フランジ部材36内には、円弧状の欠截部49が形成されており、回動遊びの消費後、リベット33は、欠截部に当接して、ダンパ段14の出力部34のトルクをフランジ部材36に伝達し、フランジ部材36から被動ボス12に伝達する。
ディスク部材31は、半径方向で延長した領域に、一体的にねじり振動動吸振器17の収容部37を形成している。ねじり振動動吸振器17は、収容部37の両側で軸方向に互いに間隔を置いてリベット40により互いに結合されている、周方向及び半径方向で延びる詳細は不可視の走行軌道内で案内されている動吸振器質量体39が、周方向で分配されている構成によって、遠心力振り子38を形成している。リベット40と走行軌道との間には、滑り支承又は転がり支承等の支承部が設けられていてよい。収容部37をダンパ段15の入力部35及びダンパ段14の出力部34にリベット33を介して一体的に結合することにより、遠心力振り子38は、両ダンパ段に並列に配設されている。
ダンパ段14の入力部41は、環状部材42により形成されている。環状部材42は、フランジ部材36のセンタリング周面43上にセンタリングされており、リベット等の伝達結合手段44によりリングギヤ45に固結されている。リングギヤ45は、摩擦板22の外歯列46とともに噛み合い部を形成している。両ハウジング部分4,5を組み立てる際に、この噛み合い部は、ハウジング部分5内に前組み立てされた摩擦板と、ハウジング部分4内に前組み立てされたリングギヤ45との間で形成される。
収容部37あるいはディスク部材31の回動可能性を保証するために、このディスク部材31内には円弧状の開口47が設けられており、開口47を通して伝達結合手段44が案内されている。
軸方向の構成スペースをさらに減じるために、エネルギアキュムレータ29は、タービンホイール7の半径方向外側に配置されており、タービンホイール7に少なくとも部分的に軸方向でオーバラップする。エネルギアキュムレータ27は、タービンベーン8と、ディスク部材25への固定部との間のくびれた領域でタービンホイール7に接近している。動吸振器質量体39は、エネルギアキュムレータ29に対して軸方向で狭小な間隔を置いて、コンバータロックアップクラッチ13の半径方向外側に配置されている。
ねじり振動ダンパ16の機能形式は、コンバータロックアップクラッチ13の作動状態と非作動状態とで異なる。コンバータロックアップクラッチ13が開放されているとき、ダンパ段14は、入力部41が実質的に無負荷状態にあるため、機能しない。トルクは、タービンホイール7からダンパ段15において入力部35及びエネルギアキュムレータ27を介して、フランジ部材36として形成される出力部48に流れ、出力部48から被動ボス12を介して伝動装置入力軸に流れる。
コンバータロックアップクラッチ13の作動時、トルクは、摩擦板22、歯列及び伝達結合手段44を介して入力部41に伝達される。入力部41は、弧状ばねであってよいエネルギアキュムレータ29を負荷する。エネルギアキュムレータ29はトルクを、欠截部49の回動遊びの消費後、当接したリベット33により、共通の出力部48として機能するフランジ部材36に伝達し、フランジ部材36から被動ボス12を介して伝動装置入力軸に伝達する。エネルギアキュムレータ27は、有利には、エネルギアキュムレータ27を介して伝達されるトルクが、回動遊びの消費には至らず、トルクピークが、エネルギアキュムレータの弾性特性により減衰されるような剛性を備えて設計されている。その際、特に有利には、遠心力振り子38がアクティブであるので、両ダンパ段14,15の弾性的な運転領域において、遠心力振り子38は、付加的に振動を減衰するように機能する。
1 流体力学式のトルクコンバータ
2 回転軸線
3 ハウジング
4 ハウジング部分
5 ハウジング部分
6 ポンプホイール
7 タービンホイール
8 タービンベーン
9 固定手段
10 ガイドホイール
11 フリーホイール
12 被動ボス
13 コンバータロックアップクラッチ
14 ダンパ段
15 ダンパ段
16 ねじり振動ダンパ
17 ねじり振動動吸振器
18 ピストン
19 板ばね
20 チャンバ
21 チャンバ
22 摩擦板
23 ハウジング壁
24 ポケット
25 ディスク部材
26 固定手段
27 エネルギアキュムレータ
28 切欠き
29 エネルギアキュムレータ
30 一体形成部
31 ディスク部材
32 切欠き
33 リベット
34 出力部
35 入力部
36 フランジ部
37 収容部
38 遠心力振り子
39 動吸振器質量体
40 リベット
41 入力部
42 環状部材
43 センタリング周面
44 伝達結合手段
45 リングギヤ
46 外歯列
47 開口
48 出力部
49 欠截部

Claims (17)

  1. 流体力学式のトルクコンバータ(1)であって、
    ポンプホイール(6)を有する駆動されるハウジング(3)と、
    前記ポンプホイール(6)により駆動されるタービンホイール(7)と、
    前記流体力学式のトルクコンバータ(1)の出力部を形成する被動ボス(12)と、
    を備え、前記ハウジング(3)内に付加的に、
    第1及び第2のダンパ段(14,15)ねじり振動動吸振器(17)を備えるねじり振動ダンパ(16)と、
    コンバータロックアップクラッチ(13)と
    が格納されている流体力学式のトルクコンバータ(1)において、
    前記第1及び第2のダンパ段(14,15)ロックアップ時に前記ハウジング(3)のトルクを前記第1及び第2のダンパ段(14,15)を介して前記被動ボス(12)に伝達するよう直列に配置されており
    前記タービンホイール(7)は、前記第2のダンパ段(15)の入力部(35)に結合されており、該第2のダンパ段(15)の入力部(35)から前記第2のダンパ段(15)を介して前記被動ボス(12)に接続されており、かつ
    前記ねじり振動動吸振器(17)は、前記第2のダンパ段(15)の入力部(35)に配置されており、両ダンパ段(14,15)に対して並列に機能するようになっていることを特徴とする、流体力学式のトルクコンバータ。
  2. 前記第1及び第2のダンパ段(14,15)は、両ダンパ段(14,15)を直列に接続して第1のダンパ段(14)の出力部(34)を形成するとともに第2のダンパ段(15)の入力部(35)の一部を形成する第1のディスク部材(25)と、該第1のディスク部材(25)に固結され、前記第2のダンパ段(15)の入力部(35)を補完する第2のディスク部材(31)とを有し、前記ねじり振動動吸振器(17)は、前記第2のディスク部材(31)に配置されている、請求項1記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  3. 前記第1のダンパ段(14)の出力部(34)と、前記第2のダンパ段(15)の入力部(35)とは、前記第1のディスク部材(25)として一体的に形成されている、請求項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  4. 前記ねじり振動動吸振器(17)の、動吸振器質量体(39)を収容する収容部(37)を、前記第2のディスク部材(31)が形成する、請求項2又は3記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  5. 前記第1のダンパ段(14)の入力部(41)と前記第2のダンパ段(15)の出力部(48)とが互いにセンタリングされている、請求項1から4までのいずれか1項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  6. 前記ねじり振動動吸振器(17)の動吸振器質量体(39)と、前記第1のダンパ段(14)の、周方向に配置されたエネルギアキュムレータ(29)とが、半径方向で同じ高さに配置され、かつ軸方向で互いに間隔を置いて配置されている、請求項1からまでのいずれか1項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  7. 前記エネルギアキュムレータ(29)の収容部の中央の直径が、前記タービンホイール(7)の半径方向外側に配置されている、請求項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  8. 前記エネルギアキュムレータ(29)が、前記タービンホイール(7)に少なくとも部分的に軸方向でオーバラップしている、請求項又は記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  9. 前記第2のダンパ段(15)の、周方向で分配されたエネルギアキュムレータ(27)が、収容部の中央の直径に関して、前記タービンホイール(7)のタービンベーン(8)の半径方向内側に配置されている、請求項1からまでのいずれか1項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  10. 前記第2のダンパ段(15)の前記エネルギアキュムレータ(27)と、前記タービンホイール(7)とが、少なくとも部分的に軸方向でオーバラップしている、請求項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  11. 前記コンバータロックアップクラッチ(13)が、閉鎖された状態で軸方向で、前記トルクコンバータ(1)の外側に設けられた固定手段(9)の半径方向内側に配置されハウジング壁(23)に形成されたポケット(24)内に格納されている、請求項1から10までのいずれか1項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  12. 前記コンバータロックアップクラッチ(13)が、前記被動ボス(12)上にセンタリングされ前記ハウジング(3)に軸方向で移動可能かつ相対回動不能に収容されたピストン(18)から形成されており、該ピストン(18)が、該ピストン(18)と前記ハウジング(3)との間で締め付け可能な摩擦板(22)に、摩擦係合を形成するために軸方向で力を加える、請求項11記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  13. 収容部(37)が軸方向で前記コンバータロックアップクラッチ(13)と前記第1のダンパ段(14)との間に配置されている、請求項12記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  14. 前記摩擦板(22)と前記第1のダンパ段(14)の前記入力部(41)との間に伝達結合手段(44)が形成されており、該伝達結合手段(44)が、前記収容部(37)の円弧状の開口(47)を貫通する、請求項13記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  15. 前記コンバータロックアップクラッチ(13)が閉鎖された状態で、前記ねじり振動動吸振器(17)が両ダンパ段(14,15)間で機能する、請求項1から14までのいずれか1項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  16. 前記ねじり振動動吸振器(17)が相対回動不能にタービンホイール(7)に結合されている、請求項1から15までのいずれか1項記載の流体力学式のトルクコンバータ。
  17. 前記コンバータロックアップクラッチ(13)が開放された状態で、前記ねじり振動動吸振器(17)が相対回動不能に前記タービンホイール(7)に結合されている、請求項16記載の流体力学式のトルクコンバータ。
JP2011515086A 2008-07-04 2009-06-12 流体力学式のトルクコンバータ Active JP5595390B2 (ja)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
DE102008031431 2008-07-04
DE102008031431.5 2008-07-04
DE102008037808 2008-08-14
DE102008037808.9 2008-08-14
PCT/DE2009/000819 WO2010000220A1 (de) 2008-07-04 2009-06-12 Hydrodynamischer drehmomentwandler

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011526344A JP2011526344A (ja) 2011-10-06
JP5595390B2 true JP5595390B2 (ja) 2014-09-24

Family

ID=41090319

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011515086A Active JP5595390B2 (ja) 2008-07-04 2009-06-12 流体力学式のトルクコンバータ

Country Status (5)

Country Link
US (1) US8573374B2 (ja)
EP (1) EP2300736B2 (ja)
JP (1) JP5595390B2 (ja)
DE (2) DE102009024743A1 (ja)
WO (1) WO2010000220A1 (ja)

Families Citing this family (54)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011122622A (ja) * 2009-12-09 2011-06-23 Exedy Corp トルクコンバータ用ロックアップ装置
CN102792056B (zh) 2010-03-11 2015-05-06 舍弗勒技术股份两合公司 阻尼器单元和具有所述类型的阻尼器单元的动力传动装置
US20130205944A1 (en) * 2010-05-07 2013-08-15 Zf Friedrichshafen Ag Torque Transmission Assembly, In Particular Hydrodynamic Torque Converter, Fluid Coupling Or Wet-Running Clutch
DE102011101156A1 (de) * 2010-05-18 2011-11-24 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Einreihiger Seriendämpfer mit Antriebsflansch
JP5585360B2 (ja) * 2010-09-30 2014-09-10 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 流体伝動装置
CN103038546B (zh) 2010-09-30 2015-11-25 爱信艾达株式会社 起步装置
JP5477249B2 (ja) 2010-09-30 2014-04-23 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 発進装置
JP5408096B2 (ja) * 2010-09-30 2014-02-05 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 流体伝動装置
US8720658B2 (en) 2010-09-30 2014-05-13 Aisin Aw Co., Ltd. Starting device and damper device for use therein
JP5556546B2 (ja) * 2010-09-30 2014-07-23 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 流体伝動装置
JP5556551B2 (ja) * 2010-09-30 2014-07-23 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 流体伝動装置
CN103119325A (zh) 2010-12-29 2013-05-22 爱信艾达株式会社 离心摆式减震装置
DE112012001776A5 (de) 2011-04-21 2014-01-23 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentwandler
DE112012001899A5 (de) * 2011-04-26 2014-01-30 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Torsionsschwingungsdämpfer
FR2976331B1 (fr) * 2011-06-07 2013-05-24 Valeo Embrayages Dispositif d'amortissement de torsion, notamment pour une transmission de vehicule automobile
DE102012209084A1 (de) 2011-06-21 2012-12-27 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentübertragungseinrichtung
DE102012213105A1 (de) * 2011-08-23 2013-02-28 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentübertragungseinrichtung
DE112012003758A5 (de) * 2011-09-09 2014-08-28 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Fliehkraftpendel und Kupplungsscheibe mit diesem
DE102012220278A1 (de) 2011-11-30 2013-06-06 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentwandler
EP2600030A3 (de) 2011-12-01 2018-01-03 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentwandler
DE102012212125A1 (de) * 2012-07-11 2014-01-16 Zf Friedrichshafen Ag Torsionsschwingungsdämpfer
DE102012213012A1 (de) * 2012-07-25 2014-01-30 Zf Friedrichshafen Ag Anfahrelement mit hydrodynamischen Drehmomentwandler
CN104395639B (zh) 2012-08-02 2016-07-06 爱信艾达株式会社 起步装置
EP2706260B1 (de) * 2012-09-06 2019-07-10 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentübertragungseinrichtung
DE102012219194A1 (de) 2012-10-22 2014-04-24 Zf Friedrichshafen Ag Torsionsschwingungsdämpferanordnung
KR101344917B1 (ko) 2012-11-28 2013-12-27 한국파워트레인 주식회사 차량용 토크 컨버터
KR101358998B1 (ko) * 2012-12-14 2014-02-07 한국파워트레인 주식회사 차량용 토크 컨버터
JP6001462B2 (ja) * 2013-01-15 2016-10-05 アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社 ダンパ装置
US9163712B2 (en) * 2013-02-07 2015-10-20 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Torque converter with centrifugal pendulum absorber
JP2014228007A (ja) * 2013-05-17 2014-12-08 トヨタ自動車株式会社 動力伝達装置
JP5734365B2 (ja) * 2013-06-04 2015-06-17 株式会社エクセディ トルクコンバータのロックアップ装置
JP5685304B2 (ja) 2013-06-04 2015-03-18 株式会社エクセディ トルクコンバータのロックアップ装置
JP5878893B2 (ja) 2013-07-11 2016-03-08 株式会社エクセディ トルクコンバータのロックアップ装置
US10473202B2 (en) 2013-09-11 2019-11-12 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Power split torque converter
WO2015058757A1 (de) * 2013-10-24 2015-04-30 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehschwingungsisolationseinrichtung
JP6461469B2 (ja) * 2013-11-20 2019-01-30 株式会社エクセディ トルクコンバータのロックアップ装置
JP2015098930A (ja) * 2013-11-20 2015-05-28 株式会社エクセディ トルクコンバータのロックアップ装置
US10281019B2 (en) * 2013-12-02 2019-05-07 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Device for transmitting torque
US9702446B2 (en) 2014-01-10 2017-07-11 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Torque converter with parallel torsional vibration dampers
JP6142812B2 (ja) 2014-01-31 2017-06-07 アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 発進装置
JP6295131B2 (ja) * 2014-04-23 2018-03-14 本田技研工業株式会社 トルクコンバータ
DE112015002307A5 (de) 2014-05-16 2017-02-09 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentübertragungsvorrichtung für Hybridfahrzeug
US9360081B2 (en) 2014-06-16 2016-06-07 Valeo Embrayages Torsional vibration damper for hydrokinetic torque coupling device
JP6334284B2 (ja) * 2014-06-16 2018-05-30 株式会社エクセディ 動力伝達装置及びトルクコンバータのロックアップ装置
DE102014211597A1 (de) * 2014-06-17 2015-12-17 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Fliehkraftpendel
US20150369069A1 (en) 2014-06-24 2015-12-24 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Stator body centering feature for torque converter
JP6530604B2 (ja) * 2015-01-06 2019-06-12 株式会社エクセディ 動力伝達装置
KR101707804B1 (ko) * 2015-07-16 2017-02-17 한국파워트레인 주식회사 진자를 이용한 진동저감장치를 포함하는 차량용 토크 컨버터
US10047845B2 (en) * 2016-01-14 2018-08-14 Valeo Embrayages Dynamic absorber for torsional vibration damper of hydrokinetic torque coupling device
JP6505035B2 (ja) * 2016-03-01 2019-04-24 本田技研工業株式会社 トルク伝達装置
JP2018031425A (ja) * 2016-08-24 2018-03-01 株式会社エクセディ 振動低減装置
JP6486307B2 (ja) * 2016-09-28 2019-03-20 本田技研工業株式会社 能動型防振装置
JP6779083B2 (ja) * 2016-09-30 2020-11-04 株式会社エクセディ トルクコンバータ
DE102020106763A1 (de) * 2019-04-05 2020-10-08 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Hydrodynamischer Drehmomentwandler und Drehschwingungsdämpfer für diesen

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2002039B2 (de) 1970-01-17 1977-06-16 Kupplungsscheibe
FR2581143B1 (fr) 1985-04-30 1990-08-31 Valeo Amortisseur de torsion, notamment friction d'embrayage pour vehicule automobile.
JPH0562664B2 (ja) * 1987-04-08 1993-09-08 Daikin Mfg Co Ltd
JP3598706B2 (ja) * 1996-01-26 2004-12-08 トヨタ自動車株式会社 流体伝動装置
DE19804227B4 (de) 1998-02-04 2006-03-09 Zf Sachs Ag Überbrückungskupplung mit einer Ausgleichsschwungmasse am Torsionsschwingungsdämpfer
JPH11311309A (ja) * 1998-04-30 1999-11-09 Unisia Jecs Corp トルクコンバータ
DE10236752A1 (de) 2002-08-10 2004-02-19 Daimlerchrysler Ag Antriebsstrang eines Kraftfahrzeuges
JP2004308904A (ja) * 2003-04-05 2004-11-04 Zf Sachs Ag 捩り振動ダンパ
DE10362352B3 (de) * 2003-04-05 2018-04-19 Zf Friedrichshafen Ag Torsionsschwingungsdämpfer
DE102006028556B4 (de) * 2005-07-11 2019-10-10 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Drehmomentübertragungseinrichtung
DE112006003626A5 (de) * 2006-01-12 2008-10-02 Luk Lamellen Und Kupplungsbau Beteiligungs Kg Drehmomentwandler mit Überbrückungskupplung zwischen zwei Dämpfern
US8135525B2 (en) * 2007-11-14 2012-03-13 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Torque converter with turbine mass absorber
WO2009067988A1 (de) * 2007-11-29 2009-06-04 Luk Lamellen Und Kupplungsbau Beteiligungs Kg Kraftübertragungsvorrichtung mit einem drehzahladaptiven tilger und verfahren zu verbesserung des dämpfungsverhaltens
JP5675363B2 (ja) 2007-11-29 2015-02-25 シェフラー テクノロジーズ アクチエンゲゼルシャフト ウント コンパニー コマンディートゲゼルシャフトSchaeffler Technologies AG & Co. KG 特に駆動機械と被駆動部との間の出力伝達のための動力伝達装置
US8739523B2 (en) 2008-06-02 2014-06-03 Schaeffler Technologies AG & Co. KG Rotary vibration damper with centrifugal force pendulum

Also Published As

Publication number Publication date
EP2300736B1 (de) 2012-10-10
US8573374B2 (en) 2013-11-05
US20110099992A1 (en) 2011-05-05
EP2300736B2 (de) 2016-11-09
DE112009001493B3 (de) 2019-04-04
WO2010000220A1 (de) 2010-01-07
DE112009001493A5 (de) 2011-03-24
EP2300736A1 (de) 2011-03-30
DE102009024743A1 (de) 2010-01-07
JP2011526344A (ja) 2011-10-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5595390B2 (ja) 流体力学式のトルクコンバータ
US8342306B2 (en) Hydrodynamic torque converter
JP5283095B2 (ja) 遠心力振り子を備えるトーショナルバイブレーションダンパ
US8479901B2 (en) Hydrodynamic torque converter
US8839924B2 (en) Fluid transmission apparatus
US8807310B2 (en) Fluid transmission apparatus
US9140348B2 (en) Hydrodynamic coupling arrangement, in particular a torque converter
JP5896907B2 (ja) 動吸振器とねじり振動ダンパとを備えたハイドロダイナミック式のトルクコンバータ
US8579093B2 (en) Hydrodynamic torque converter
JP5531728B2 (ja) 流体伝動装置
US20040226794A1 (en) Torsional vibration damper
WO2011122130A1 (ja) 流体伝動装置
WO2013128590A1 (ja) 振動低減装置
JP2012533037A (ja) トルク伝達装置
US6435998B1 (en) Drive train with rigidity dependent on rotational speed
KR20080066026A (ko) 차량-구동 트레인용 유체 역학적 토크 컨버터-장치
JP2009515113A (ja) 4気筒エンジンを備える自動車パワートレーン
WO2014174563A1 (ja) 流体伝動装置
JP2009515115A (ja) 8気筒エンジンを備える自動車パワートレーン
JP2009515119A (ja) 3気筒エンジンを備える自動車パワートレーン
US9618054B2 (en) Torsional vibration damper
JP2003278881A (ja) トルクコンバータ
JP2009515118A (ja) 5気筒エンジンを備える自動車パワートレーン
US8597130B2 (en) Force transmission flange for a torque transmission device or a damper device, and torque transmission device or damper device
JP2009515110A (ja) 6気筒エンジンを備える自動車パワートレーン

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120611

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130926

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20131007

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20131227

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20140110

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140129

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20140707

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140805

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5595390

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R157 Certificate of patent or utility model (correction)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R157

R157 Certificate of patent or utility model (correction)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R157

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250