JP4428179B2 - 被記録材案内装置 - Google Patents

被記録材案内装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4428179B2
JP4428179B2 JP2004280743A JP2004280743A JP4428179B2 JP 4428179 B2 JP4428179 B2 JP 4428179B2 JP 2004280743 A JP2004280743 A JP 2004280743A JP 2004280743 A JP2004280743 A JP 2004280743A JP 4428179 B2 JP4428179 B2 JP 4428179B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
recording
guide
paper
hopper
roller
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2004280743A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2006089278A (ja
JP2006089278A5 (ja
Inventor
泰康 奥田
欣弘 小林
堀  和人
直浩 上山
Original Assignee
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by セイコーエプソン株式会社 filed Critical セイコーエプソン株式会社
Priority to JP2004280743A priority Critical patent/JP4428179B2/ja
Publication of JP2006089278A publication Critical patent/JP2006089278A/ja
Publication of JP2006089278A5 publication Critical patent/JP2006089278A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4428179B2 publication Critical patent/JP4428179B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H1/00Supports or magazines for piles from which articles are to be separated
    • B65H1/02Supports or magazines for piles from which articles are to be separated adapted to support articles on edge
    • B65H1/022Supports or magazines for piles from which articles are to be separated adapted to support articles on edge with non-controlled means for advancing the pile to present the pile to the separating device, e.g. weights or spring
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B41PRINTING; LINING MACHINES; TYPEWRITERS; STAMPS
    • B41JTYPEWRITERS; SELECTIVE PRINTING MECHANISMS, e.g. INK-JET PRINTERS, THERMAL PRINTERS, i.e. MECHANISMS PRINTING OTHERWISE THAN FROM A FORME; CORRECTION OF TYPOGRAPHICAL ERRORS
    • B41J13/00Devices or arrangements of selective printing mechanisms, e.g. ink-jet printers, thermal printers, specially adapted for supporting or handling copy material in short lengths, e.g. sheets
    • B41J13/10Sheet holders, retainers, movable guides, or stationary guides
    • B41J13/103Sheet holders, retainers, movable guides, or stationary guides for the sheet feeding section
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H1/00Supports or magazines for piles from which articles are to be separated
    • B65H1/08Supports or magazines for piles from which articles are to be separated with means for advancing the articles to present the articles to the separating device
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H3/00Separating articles from piles
    • B65H3/02Separating articles from piles using friction forces between articles and separator
    • B65H3/06Rollers or like rotary separators
    • B65H3/0661Rollers or like rotary separators for separating inclined-stacked articles with separator rollers above the stack
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2405/00Parts for holding the handled material
    • B65H2405/10Cassettes, holders, bins, decks, trays, supports or magazines for sheets stacked substantially horizontally
    • B65H2405/11Parts and details thereof
    • B65H2405/111Bottom
    • B65H2405/1117Bottom pivotable, e.g. around an axis perpendicular to transport direction, e.g. arranged at rear side of sheet support
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65HHANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL, e.g. SHEETS, WEBS, CABLES
    • B65H2405/00Parts for holding the handled material
    • B65H2405/10Cassettes, holders, bins, decks, trays, supports or magazines for sheets stacked substantially horizontally
    • B65H2405/11Parts and details thereof
    • B65H2405/114Side, i.e. portion parallel to the feeding / delivering direction

Description

本発明は、記録時において被記録材案内部材を変位させることによって、被記録材と被記録材案内部材との摩擦接触を防止する被記録材案内装置およびそれを備えた記録装置に関するものである。
従来においては、用紙をセットした後、ユーザが目視によって用紙ガイドを用紙の側端まで移動させてガイドしていたので、用紙の側端と用紙ガイドとの間隙にバラツキがあった。そのため、前記間隙が大きい場合には、給送時に用紙が傾いてジャム発生、記録結果が斜行する虞があり、前記間隙が小さい場合には、用紙が用紙ガイドとの摩擦抵抗が大きくなるので給送されにくくなり、記録品位を低下させる虞があった。
そこで、実開平5−12428号公報(特許文献1)には、自動給送装置の用紙ガイドにリミッタ機構を設けている。前記リミッタ機構は、用紙をセットするときにおいて積層された用紙の両側端と両側の用紙ガイドとの間に一定の間隙を設定する。この間隙によって、用紙と用紙ガイドとの間の摩擦力を低減することができる。
しかしながら、常に一定の間隙を設けていたのでは、記録時の振動や用紙同士の摩擦によって主走査方向にバラツキが生じる虞がある。従って、記録時において用紙が用紙ガイドと接触し摩擦が生じる虞がある。即ち、記録時における前記摩擦(以下、バックテンションという)が低減されただけであるので、バックテンションが発生しやすい用紙サイズの大きいA3等においては画質が低下する虞がある。
実開平5−12428号公報
そこで本発明は、このような問題に鑑み成されたものであり、その課題は、記録時において少なくとも被記録材の一側端と側端案内部材との摩擦を低減するのではなく、摩擦を無にする被記録材案内装置および被記録材案内装置を備えた記録装置を提供することである。
上記課題を達成するため、本発明の第1の態様は、被記録材の先端が突き当たった状態で被記録材を支持する被記録材支持面と、前記被記録材支持面に支持された被記録材を給送ローラへ搬送するよう前記給送ローラに接離動可能なホッパと、被記録材の搬送方向に直交する方向の一端をガイドする第1の側端案内部材と、被記録材のサイズに応じてスライド可能に前記ホッパに配設される側端案内部材であって、被記録材の前記直交する方向の他端をガイドする第2の側端案内部材と、 前記ホッパの、前記被記録材支持面に対向する面に設けられた案内突起部と、前記被記録材支持面に設けられ、前記案内突起部と係合する案内溝とを備え、前記ホッパが前記給送ローラから離動するとき、前記ホッパは前記案内溝に沿って移動するようになっており、それにより前記第2の側端案内部材を、前記被記録材の他端と当接する第1の位置から、前記被記録材の他端との間に間隙を形成する第2の位置に、前記第1の側端案内部材に対して、摺動させることを特徴とする被記録材案内装置である。
以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。
まず、本発明に係る「記録装置」としてのインクジェット式記録装置の概略構成について説明する。
図1は、本発明に係るインクジェット式記録装置の外観斜視図である。図2は、本発明に係るインクジェット式記録装置の本体カバーを取り外した状態の概略斜視図である。図3は、本発明に係るインクジェット式記録装置の内部構造の要部斜視図である。図4は、本発明に係るインクジェット式記録装置の内部構造の要部側断面図である。
インクジェット式記録装置100は、図1に示した如く本体カバー1で覆われており、本体カバー1の上面には、上方向へ開閉可能な上面カバー2が配設されている。上面カバー2を開くことによって、インクジェット式記録装置100の内部へユーザがアクセスすることが可能となり、インクカートリッジの交換等を行うことが可能になる。本体カバー1の前面には、電源スイッチ等のスイッチ類5が配設されているほか、排紙スタッカ3並びにトレイカバー4が前方へ開閉可能に配設されている。排紙スタッカ3は、記録実行時には前方に開いた状態で使用され、記録実行後の「被記録材」及び「被搬送体」としての記録紙Pが開いた状態の排紙スタッカ3の上に排出されて積重されるようになっている。トレイカバー4は、前方に開いた状態でディスクトレイを前方からユーザが手差し挿入するためのトレイ挿入口へのアクセスが可能になる。ディスクトレイは、光記録ディスクのラベル面への記録を実行する際に使用され、光記録ディスクを装着した状態のディスクトレイをトレイ挿入口の所定の挿入位置まで手差し挿入して記録を実行することによって、光記録ディスクのラベル面への記録を実行することができる。
インクジェット式記録装置100の後部には、図示の如く自動給紙装置20が配設されており、自動給紙装置20の上部には、上方向へ開閉可能な給紙トレイカバー6が配設されている。給紙トレイカバー6は、記録実行時には開いた状態で使用され、開いた状態の給紙トレイカバー6と一体となって記録紙Pの支持面を形成する給紙トレイ22に記録実行前の記録紙Pが積重されるようになっている。給紙トレイ22に積重された記録紙Pは、給紙時に所定のタイミングで給紙ローラ21側へ揺動するホッパ23により給紙ローラ21の外周面に押圧される。給紙ローラ21の外周面に押圧された記録紙Pは、給紙ローラ軸211を回転軸として回転可能に配設されている給紙ローラ21の駆動回転によって、搬送駆動ローラ41の外周面と搬送従動ローラ42の外周面との当接面へ向けて1枚ずつ自動給紙される。
インクジェット式記録装置100の筐体は、メインフレーム11、左サイドフレーム12、右サイドフレーム13、右サイド外フレーム13a及びリアフレーム19で主たる骨格が形成されている。左サイドフレーム12(部材191を介して)、右サイドフレーム13、及び右サイド外フレーム13aは、インクジェット式記録装置100の前面側においてリアフレーム19で連結されている。搬送駆動ローラ41の両端は、記録紙Pの搬送方向(副走査方向Y)に回転可能な如く左サイドフレーム12と右サイドフレーム13とにそれぞれ支持されている。搬送駆動ローラ41の左端は、回転ブッシュ17を介して左サイドフレーム12に回転可能に支持され、搬送駆動ローラ41の右端は、回転ブッシュ18を介して右サイドフレーム13に回転可能に支持されている。また、搬送駆動ローラ41の中央近傍に形成されている支持部は、中支え部材15によって回転可能に支持されている。中支え部材15は、サブフレーム14に回動可能に配設されている調整部材16の回動位置によって、搬送駆動ローラ41の中央近傍の支持位置を上下動させることができるようになっている。搬送駆動ローラ41の外周面のうち記録紙Pが押圧されて密着される部分には、中支え部材15によって回転可能に支持される部分を除いて高摩擦抵抗被膜が形成されている。
各搬送従動ローラホルダ43には、2つの搬送従動ローラ42が記録紙Pの搬送方向へ従動回転可能に支持されており、搬送従動ローラホルダ43は、搬送駆動ローラ41と平行に複数並べて配置され、それぞれメインフレーム11に揺動可能に支持されている。各搬送従動ローラホルダ43は、ばね431によって搬送駆動ローラ41へ押圧付勢されており、それによって、各搬送従動ローラ42は、略一定の押圧力で搬送駆動ローラ41の外周面に押圧されている。また、各搬送従動ローラホルダ43の副走査方向Y下流側には、補助ローラホルダ43Sがそれぞれ配設されており、補助ローラホルダ43Sには、補助ローラ42Sが記録紙Pの搬送方向へ従動回転可能に支持されている。自動給紙装置20から給紙される記録紙Pは、紙案内前部材44により搬送駆動ローラ41の外周面へ向けて案内され、搬送駆動ローラ41の外周面と搬送従動ローラ42との当接面に狭持されて搬送駆動ローラ41の高摩擦抵抗被膜面に押圧されて密着し、搬送駆動ローラ41が副走査方向Yへ回転することによって、搬送駆動ローラ41の回転量に応じた搬送量で副走査方向Yへ搬送される。
搬送駆動ローラ41は、搬送歯車54が回転伝達可能に一体に取り付けられており、搬送用モータ51(図3参照)の駆動プーリ52の駆動回転が無端ベルト53を介して搬送歯車54へ伝達されて回転する。搬送駆動ローラ41の回転によって副走査方向Yへ搬送される記録紙Pは、紙案内後部材45と一体に形成されているプラテン46に裏面が摺接しながら面姿勢が規制されつつ搬送される。尚、搬送駆動ローラ41の左端側には、搬送駆動ローラ41の回転量を検出する「回転量検出手段」として公知のロータリエンコーダが設けられている。ロータリエンコーダは、搬送駆動ローラ41の回転に連動して回転するロータリスケール50と、ロータリスケール50の外周に沿って等間隔に形成されているスリットを検出するロータリスケールセンサ501(図2参照)とを有している。
インクジェット式記録装置100は、記録紙Pにインクを噴射して記録を行う記録ヘッド63を記録紙Pに対して主走査方向Xに走査させるためのキャリッジ62を備えている。キャリッジ62は、主走査方向Xに往復動可能にキャリッジガイド軸61に軸支されており、図示していないキャリッジ用モータの回転駆動力が図示していないベルト伝達機構によって伝達されて主走査方向Xに往復動する。キャリッジガイド軸61は、左サイドフレーム12と右サイド外フレーム13aとで両端を支持されて配設されている。キャリッジ62には、各色のインクが充填されたインクカートリッジ(図示せず)が着脱可能に搭載され、インクカートリッジから記録ヘッド63へ各色のインクが供給される。記録ヘッド63のヘッド面は、プラテン46と対向する位置で主走査方向Xへ往復動し、ヘッド面に多数配置されているノズルからプラテン46上を搬送される記録紙Pへインクが噴射されて記録が実行される。記録ヘッド63のヘッド面と記録紙Pの記録面との間隔は、プラテン46によって規定される。また、インクジェット式記録装置100には、キャリッジ62の移動位置を検出するための公知のリニアエンコーダが配設されている。リニアエンコーダは、キャリッジガイド軸61と平行に配設されたリニアスケール64と、キャリッジ62に搭載され、リニアスケール64に等間隔に形成されているスリットを検出するリニアスケールセンサ(図示せず)とを有している。
一方、プラテン46より副走査方向Yの下流側には、記録実行後の記録紙Pを排紙する手段として、副走査方向Yへ回転可能に紙案内後部材45に支持された第1の排紙駆動ローラ軸47及び第2の排紙駆動ローラ軸48が配設されている。第1の排紙駆動ローラ軸47には、図示の如く複数の第1の排紙駆動ローラ471が略等間隔に設けられており、第2の排紙駆動ローラ軸48にも同様に複数の第2の排紙駆動ローラ481が略等間隔に設けられている。第2の排紙駆動ローラ481は、搬送歯車54、中間歯車55及び排紙歯車56を介して搬送用モータ51の回転駆動力が第2の排紙駆動ローラ軸48へ伝達されて排出方向(副走査方向Y)に回転する。第1の排紙駆動ローラ471は、第2の排紙駆動ローラ軸48に回転伝達可能に取り付けられている歯車57及び図示していない中間歯車を介して、第1の排紙駆動ローラ軸47に回転伝達可能に取り付けられている歯車58へ搬送用モータ51の回転駆動力が伝達されて排出方向(副走査方向Y)に回転する。
第1の排紙駆動ローラ軸47及び第2の排紙駆動ローラ軸48の上側には、主走査方向Xに長尺な排紙フレーム49(図4)が設けられている。排紙フレーム49には、第1の排紙駆動ローラ471に対応する位置に複数の第1の排紙従動ローラ472が従動回転可能に支持されており、第2の排紙駆動ローラ481に対応する位置に複数の第2の排紙従動ローラ482が従動回転可能に支持されている。第1の排紙従動ローラ472及び第2の排紙従動ローラ482は、周囲に複数の歯を有し、各歯の先端が記録紙Pの記録面に点接触するように鋭角的に尖っている歯付きローラになっており、それぞれ第1の排紙駆動ローラ471及び第2の排紙駆動ローラ481に弱い付勢力で付勢されている。記録実行後の記録紙Pは、第1の排紙駆動ローラ471と第1の排紙従動ローラ472との間に狭持されて、第1の排紙駆動ローラ471の排出方向への回転によって搬送され、さらに、第2の排紙駆動ローラ481と第2の排紙従動ローラ482との間に狭持されて、第2の排紙駆動ローラ481の排出方向への回転によって、開いた状態の排紙スタッカ3へと排出される。
このような構成を有するインクジェット式記録装置100は、まず、記録前の白紙の記録紙Pが自動給紙装置20によって自動給紙される。続いて、自動給紙された記録前の白紙の記録紙Pは、搬送駆動ローラ41の回転によって記録ヘッド63のヘッド面と対向するプラテン46に摺接しながら副走査方向Yへ所定の搬送量で搬送される動作と、プラテン46の上で主走査方向Xへ往復動する記録ヘッド63からインクが噴射される動作とが交互に繰り返し実行されて記録面への記録が実行される。そして、記録実行後の記録紙Pは、第1の排紙駆動ローラ471及び第2の排紙駆動ローラ472の排出方向への回転によって開いた状態の排紙スタッカ3へ排出される。これらの一連の記録実行動作は、図示していない記録制御装置によって、自動給紙装置20の駆動力源としての自動給紙用モータ(図示せず)、搬送用モータ51並びにキャリッジ駆動用モータ(図示せず)が制御されて実行される。
続いて、本発明に係る「自動給送装置」としての自動給紙装置20の概略構成について、図5〜図7を参照しながら説明する。
図5は、自動給紙装置20の要部斜視図である。図6は、自動給紙装置20の要部正面図である。図7は、自動給紙装置20の要部側面図である。
記録実行前の記録紙Pが積重される「被記録材積重手段」としての給紙トレイ22には、積重された記録紙Pの先端が突き当たった状態で給紙トレイ22に積重された記録紙Pを支持する支持面221が形成されている。給紙トレイ22には、給紙時に所定のタイミングで給紙ローラ21側へ揺動するホッパ23が軸233を揺動軸として揺動可能に配設されている。ホッパ23は、ホッパ23に積重されている記録紙Pを最下位側から給紙ローラ21の外周面へ最上位の記録紙P1を押圧する方向へ図示していない付勢手段によって付勢されている。ホッパ23の給紙ローラ21の外周面が当接する部分には、記録紙Pの滑り止め部材231が配設されている。ホッパ23は、給紙ローラ軸211の両端近傍に一体にそれぞれ形成されたホッパカム213とカム係合し、給紙ローラ軸211の回転位置に応じて揺動する如くホッパカム213によって揺動位置が規定されるようになっている。
ホッパ23には、給紙トレイ22に積重される記録紙Pの主走査方向Xの一端側を主走査方向Xの「被記録材基準端」としての基準端に規定する基準端ガイド24と、給紙トレイ22に積重される記録紙Pの主走査方向Xの他端側をガイドするエッジガイド部材25とが配設されている。エッジガイド部材25は、腕部252でホッパ23の上端に掛着されるとともに、ホッパ23に形成されている主走査方向Xに長尺な長孔232と係合して、記録紙Pのサイズに応じて符号Sで示した方向へスライド可能に配設されている。基準端ガイド24には、給紙トレイ22から給紙された記録紙Pが浮き上がることを防止するための浮き上がり防止ガイド241が図示の如く形成されている。同様に、エッジガイド部材25にも給紙された記録紙Pが浮き上がることを防止するための浮き上がり防止ガイド251が図示の如く形成されている。
給紙ローラ21は、記録紙Pの給送方向へ回転可能に両端部を支持され、自動給紙用モータ27(図6参照)の回転駆動力が伝達されて回転する「給送ローラ軸」としての給紙ローラ軸211に同心かつ一体に配設されており、給紙ローラ軸211の軸方向における記録紙Pの基準端側に偏倚した位置に配設されている。給紙ローラ21は、給紙ローラ軸211の軸心からの距離が一定となる「第1の外周面」としての外周面21aと、給紙ローラ軸211の軸心からの距離が「第1の外周面」より短く設定された「第2の外周面」としての平坦な外周面21bとを有する略D形の断面形状を有している(図7)。給紙ローラ21の外周面21a及び外周面21bには、ゴム材等の高摩擦部材が一様に配設されている。また、給紙ローラ軸211には、基準端ガイド24によって記録紙Pの主走査方向Xの一端側が位置決めされて給送される記録紙Pの他端側近傍に当接して、給紙される記録紙Pの給紙姿勢を規制する「給送補助ローラ」としての第1の給紙補助ローラ214、第2の給紙補助ローラ215及び第3の給紙補助ローラ216が同心かつ一体に形成されている。
第1の給紙補助ローラ214、第2の給紙補助ローラ215及び第3の給紙補助ローラ216は、給紙ローラ21と略同じD形の断面形状を有する薄板形状の回転体であり、外周面に高摩擦部材は配設されていない。給紙ローラ21と同位相に形成され、外径が約1〜2mm程度給紙ローラ21より小さく設定されている。第1の給紙補助ローラ214、第2の給紙補助ローラ215及び第3の給紙補助ローラ216は、主走査方向Xの一端側近傍に配設された給紙ローラ21の回転によって記録紙Pが給紙される際に、主走査方向Xの他端側の記録面(上面)にそれぞれの外周面が当接して回転する。それによって、主走査方向Xの他端側における記録紙Pの浮き上がりが防止され、給紙される記録紙Pの給紙姿勢が略平行に規定されつつ搬送駆動ローラ41と搬送従動ローラ42との当接面に向けて記録紙Pの先端が案内される。給紙トレイ22に形成された給送案内面222並びに給送案内部材44に形成された給送案内面444に対して記録紙Pが均等に面接触した状態で給紙されることとなり、給紙時の記録紙Pのスキュー等が防止される。
第1の給紙補助ローラ214は、A3サイズの記録紙Pを給紙トレイ22に積重した場合における記録紙Pの主走査方向Xの他端側近傍に対応する位置に形成されている。第2の給紙補助ローラ215は、A4サイズの記録紙Pを給紙トレイ22に積重した場合における記録紙Pの主走査方向Xの他端側近傍に対応する位置に形成されている。第3の給紙補助ローラ216は、A4サイズの記録紙Pより小さいサイズの記録紙Pに対応する位置に形成されている。さらに、給紙ローラ軸211には、給紙ローラ21より基準端側の端部近傍に第4の給紙補助ローラ212が形成されており、主走査方向Xの一端側近傍における記録紙Pの浮き上がりが防止され、特に名刺サイズ等の小さな記録紙Pにおいて大きな効果を発揮する。
給紙ローラ21の外周面21a及び外周面21bと対向する位置には、給紙ローラ21の外周面21aに当接している記録紙P1が給紙ローラ21の給紙方向への回転によって給紙される際に、給紙される記録紙P1に引きずられて給送経路へ進入しようとする他の記録紙Pを給紙される記録紙P1から分離する「被記録材分離手段」としてのリタードローラ26及びリタードローラホルダ261が配設されている。リタードローラ26は、外周面にゴム材等の高摩擦部材が配設された回転体であり、給紙方向へ略一定の従動回転抵抗を有して回転可能にリタードローラホルダ261に軸支されて配設されている。リタードローラホルダ261は、軸262を揺動軸として揺動可能に給紙トレイ22に軸支されるとともに、給紙トレイ22の一部に一端側が係止されたばね263の他端側が接続されて、リタードローラ26の外周面が給紙ローラ21の外周面21aへ所定の押圧力で押圧する如く付勢されて配設されている。
リタードローラホルダ261は、リタードローラ26の外周面が給送案内面222からわずかに突出した状態となる揺動位置が押圧方向への変位限界位置として設定されている。そのため、リタードローラ26の外周面は、給紙ローラ21の外周面21aと対向している状態(給紙動作中)では、外周面21aには適正な押圧力で当接し、給紙ローラ21の外周面21bと対向している状態(給紙された記録紙Pの先端が搬送駆動ローラ41と搬送従動ローラ42とで狭持された後)では、外周面21bから離間する。それによって、搬送駆動ローラ41と搬送従動ローラ42とで狭持されて副走査方向Yへ搬送される記録紙Pに対して、リタードローラ26によるバックテンションが作用することが防止される。
給紙ローラ21の外周面21aがリタードローラ26の外周面に適正な押圧力で当接され、複数の記録紙Pが重なった状態で給紙ローラ21の外周面21aとリタードローラ26との間に狭持されている状態において、リタードローラ26の従動回転抵抗は、給紙ローラ21の外周面21a及びリタードローラ26の外周面と記録紙Pとの間の摩擦抵抗より小さく、かつ重なった状態の記録紙P同士の摩擦抵抗より大きくなる如く設定されている。それによって、給紙ローラ21の外周面21aに当接している給紙されるべき記録紙P1のみが給紙ローラ21の回転によって給紙される。給紙されるべき記録紙P1の下側に重なった状態の他の記録紙Pは、リタードローラ26の従動回転抵抗によって給紙されるべき記録紙P1から分離されて、給紙ローラ21の外周面21aとリタードローラ26の外周面との当接面より先への進入が防止されるので、複数の記録紙Pが重なった状態で給紙されることが防止される。
リタードローラ26の従動回転抵抗によって給紙されるべき記録紙P1から分離された他の記録紙Pは、その先端がリタードローラ26の近傍に滞在してしまう場合がある。そのため、自動給紙装置20には、その分離された記録紙Pの先端を給紙トレイ22の所定の位置(積重された記録紙Pの先端が支持面221に突き当たった状態)へ押し戻すための紙戻しレバー28(図7)が配設されている。紙戻しレバー28は、軸281を揺動軸として揺動可能に軸支され、給紙ローラ21の回転位置に応じて紙戻し面282が給送案内面222に進退するように揺動する如く配設されている。先端がリタードローラ26の近傍まで進入した記録紙Pは、その先端が給送案内面222に進出する紙戻しレバー28の紙戻し面282で給紙トレイ22側へ押し戻されることによって、給紙トレイ22の所定の位置へ押し戻される。
続いて、自動給紙装置20の動作の概略について、図8〜図11を参照しながら説明する。
図8〜図11は、自動給紙装置20の要部側面図であり、図8は、図7に示した状態(給紙待機状態)から給紙動作が開始された直後の状態を示したものであり、図9は、給紙動作中、図10は、給紙動作終了直前、図11は、給紙動作終了後の状態をそれぞれ示したものである。
給紙ローラ21が符号Aで示した回転方向へ回転し始めると、ホッパ23が符号Bで示した揺動方向へ揺動する。それによって、給紙トレイ22に積重されている記録紙Pの最上位の記録紙P1が給紙ローラ21の外周面21aに押しつけられて当接する。また、紙戻しレバー28は、符号Cで示した揺動方向へ揺動して、給送経路を塞ぐように給送案内面222より給送経路側へ進出していた紙戻し面282が給送経路から退避する(図8)。
給紙ローラ21が符号Aで示した回転方向へさらに回転すると、給紙ローラ21の外周面21aに当接している給紙されるべき記録紙P1が給紙方向へ給紙されていく。前述したように、給紙されるべき記録紙P1の下側に重なった状態の他の記録紙Pは、リタードローラ26の従動回転抵抗によって給紙されるべき記録紙P1から分離されて、給紙ローラ21の外周面21aとリタードローラ26の外周面との当接面より先への進入が防止される(図9)。
給紙ローラ21が符号Aで示した回転方向へさらに回転すると、給紙されるべき記録紙P1の先端が給送案内面222に面接触した状態で案内部材44の給送案内面444へ向けて案内されながら給紙されていく。また、その間、給紙ローラ21が所定の回転位置まで回転した時点でホッパ23が符号Dで示した揺動方向へ揺動する。このとき、ほとんどの記録紙Pは、給紙トレイ22の所定の位置へ戻るが、リタードローラ26の従動回転抵抗によって給紙されるべき記録紙P1から分離された記録紙Pの一部は、その先端がリタードローラ26の近傍に滞在したままの状態となっている場合がある(図10)。
給紙ローラ21が符号Aで示した回転方向へさらに回転すると、紙戻しレバー28が符号Eで示した揺動方向へ揺動して紙戻し面282が給送案内面222に進出する。先端がリタードローラ26の近傍に滞在したままの状態となっている記録紙Pは、紙戻しレバー28の紙戻し面282で給紙トレイ22の所定の位置へ向けて押し戻される。一方、給紙されるべき記録紙P1は、その先端が案内部材44の給送案内面444に面接触して案内されつつ、搬送駆動ローラ41と搬送従動ローラ42との間に到達し、符号Fで示した回転方向に回転する搬送駆動ローラ41の外周面に接触して引き込まれて狭持された状態(いわゆるニップした状態)となる。給紙ローラ21は、外周面21bがリタードローラ26の外周面に対向する回転位置まで回転し、給紙ローラ21とリタードローラ26とによる給紙されるべき記録紙P1の狭持状態が解除されて一連の給紙動作が終了する。給紙された記録紙P1に対する記録実行制御が開始され、記録紙P1は、搬送駆動ローラ41の符号Fで示した回転方向の回転によって副走査方向Yへ搬送されていく(図11)。
このようにして、給紙トレイ22に積重された複数の記録紙Pは、搬送駆動ローラ41の外周面と搬送従動ローラ42の外周面との当接面へ向けて1枚ずつ自動給紙される。
続いて、本発明に係る被記録材案内装置の構成について図12〜14を参照しながら、さらに説明する。
図12は、本発明に係る被記録材案内装置の平面図であり、(A)は第2の案内部材が第1の位置の状態を示し、同図(B)は第2の案内部材が第2の位置の状態を示す。
図13(A)および(B)は、図12における被記録材案内装置の側面図であり、それぞれ図12の(A)および(B)と対応している。
図14(A)および(B)は、図13における被記録材案内装置の移動方向変換機構の要部平面図であり、同図(A)は図13(A)のX−X’の断面図であり、同図(B)は図13(B)のY−Y’の断面図である。
まず、図12(A)を参照しながら説明する。
本発明に係る被記録材案内装置601は、「被記録材」としての記録紙Pが積層される「給送トレイ」としての給紙トレイ22と、記録紙Pの主走査方向の移動を規制する第1の側端案内部材24aおよび第2の側端案内部材25aと、第1の側端案内部材24aおよび第2の側端案内部材25aを有し、積層された記録紙Pを「給送ローラ」としての給紙ローラ21へ押し付けるよう給紙ローラ21に接離動可能なホッパ23とを備えている。
第2の案内部材606は、第2の側端案内部材25aを含むエッジガイド部材25と、浮き上がり防止ガイド251とから構成されている。また、第1の案内部材603としての基準端ガイド24の側面に設けられた開口(図示しない)にホッパ23が係合されている。従って、ホッパ23を基準端ガイド24(第1の案内部材603)に対して主走査方向に移動することができ、それによりホッパに配設された第2の案内部材606、基準端ガイド24(第1の案内部材603)に対して主走査方向に摺動することができる。
第1の位置604は、第2の側端案内部材25aと記録紙Pの一側端Paとが当接する位置であり、第2の位置605は、第2の側端案内部材25a記録紙Pの一側端Paとの間に間隙d1(図12(B)参照)を形成する位置である。記録時において、ホッパ23を主走査方向に移動させることにより第2の側端案内部材25aの位置を第1の位置604から第2の位置605にせて、第2の側端案内部材25aと記録紙Pの側端Paとの間に間隙d1を形成できるので、第2の側端案内部材側の記録紙Pの側端Paにおいては摩擦接触を防止することができる。
その結果、少なくとも記録紙Pの一側端Paにおいてバックテンションを無にできる。従って、バックテンションが発生しやすい用紙サイズの大きいA3等であってもバックテンションを著しく低減することができるので、記録画質を向上させることができる。
本実施の形態において、ホッパ23は、給紙ローラ軸211の回転位置に応じて揺動する如く第1カム213cと第2カム213bと当接することによって揺動位置が規定されるようになっている。
ここで、本発明に係る摩擦接触防止手段602は、ホッパ23の給紙ローラ21へ接離動する力を、ホッパ23が主走査方向へ摺動する力へ変換する移動方向変換機構607を備えている。従って、ホッパ23を給紙ローラ方向へ接離動させることによって、第2の案内部材606を第1の位置604、あるいは、第2の位置605へ摺動させることができる。続いて、本実施の形態の移動方向変換機構607について詳しく説明する。
図13(A)および(B)に示すのは、図12の側面図であり、それぞれ図12の(A)および(B)と対応している。図13(A)および(B)より、カム213(後述するカム突起部213a)が、ホッパ23の第1当接部23b(後述する第2当接部23a)に当接することによって、ホッパ23が軸233を支点に揺動するようになっている。
ここで、本発明の移動方向変換機構607は、ホッパ揺動面23cに設けられた案内突起部608と、給送トレイの支持面221に案内突起部608と係合する案内溝609とを備えており、図13(A)および(B)より、案内突起部608が案内溝609に沿って移動するようになっている。続いて、本実施の形態の案内溝609について詳しく説明する。
尚、符号619に示すスキュー取り手段については、さらに後に説明する。
図14(A)および(B)は、図13における被記録材案内装置601の移動方向変換機構607の要部平面図であり、同図(A)は図13(A)のX−X’の断面図であり、同図(B)は図13(B)のY−Y’の断面図である。
本実施の形態の案内溝609は、給紙ローラ側にホッパ23の給紙ローラ21に対する接離動方向と同方向の直線部610と、給紙ローラ21と反対側に直線部610に対して傾斜した傾斜部611とから構成されている。
図14(A)および(B)より、ホッパ23が給紙ローラ側から給紙ローラ21から離れるように揺動するとき、図14(A)に示す如く、ホッパ揺動面23Cに設けられた案内突起部608は、案内溝609の直線部610を通った後、同図(B)に示す如く傾斜部611を通る。従って、傾斜部611によって案内突起部608の移動方向を変更することができる。即ち、傾斜部611によって、案内突起部608は主走査方向へも移動することができる。その結果、ホッパ23が給紙ローラ側から給紙ローラ21から離れるように揺動すると共に第2の案内部材606は主走査方向へも移動することができ、記録紙Pの側端Paと第2の側端案内部材25aとの間に間隙d1を設けることができる。即ち、第2の案内部材606を第1の位置604、あるいは、第2の位置605へ摺動させることができる。 即ち、記録時において、第2の側端案内部材25aを第1の位置604から第2の位置605まで摺動させることによって、第2の側端案内部材25aと記録紙Pの側端Paとの間に間隙d1を形成できるので、第2の側端案内部材側の記録紙Pの側端Paにおいては摩擦接触を防止することができる。
また、ホッパ23の給紙ローラ21へ揺動させる動力源を利用することができ、新たな動力源は不要である。
このように移動方向変換機構607は、ホッパ揺動面23cに案内突起部608と、給送トレイの支持面221に案内突起部608と係合する案内溝609とを備えただけで、簡単に構成することができる。
さらに、案内溝609は、直線部610と傾斜部611とを備えているので、ホッパ23の一サイクルの給紙ローラ21への揺動に基づいて、第2の案内部材606の主走査方向への摺動を制御できる。
またさらに、案内溝609は、給紙ローラ側に直線部610と、給紙ローラ21と反対側に傾斜部611とを備えているので、本来のホッパ23の作用効果である給紙ローラへの記録紙Pの押圧を妨げる虞がない。
本実施の形態において、第2の側端案内部材25aに配設され、積層された記録紙Pの浮き上がりを防止する浮き上がり防止ガイド251は、少なくとも主走査方向における第1の位置604から第2の位置605までの長さ延びている。従って、浮き上がり防止ガイド251は、第2の案内部材606が第2の位置605の状態であっても、積層された記録紙Pの表面と当接できる。その結果、第2の案内部材606が第2の位置605の状態であっても、記録紙Pの浮き上がりを防止することができる。
第2の案内部材606が第1の位置604から第2の位置605へと摺動するとき、カムによって制御されている。従って、摺動する側の第2の案内部材606において、カムと当接する第1当接部23bも摺動する。即ち、ホッパ23の摺動によって、第2カム213bと第1当接部23bのカム係合が外れる虞がある。
そこで図15に示すのは、本発明に係る案内部材制御部612を示す側面図であり、同図(A)は、案内突起部608が直線部610から傾斜部611にさしかかっている状態、即ち、第2の案内部材606が第1の位置604の状態であり、同図(B)は、案内突起部608が傾斜部611を進んだ状態、即ち、第2の案内部材606が第2の位置605の状態である。
本実施の形態の第2カム213bに、少なくとも主走査方向における第1の位置604から第2の位置605までの長さ(d1)延びているカム突起部213aを設け、一方のホッパ23に第2当接部23aと当接するように構成されている。
図16(A)および(B)は、図15における被記録材案内装置601の案内部材制御部612および移動方向変換機構607の要部平面図であり、同図(A)は図15(A)のV−V’の断面図であり、同図(B)は図15(B)のW−W’の断面図である。
図16に示す如く、本実施の形態の第2カム213bに、少なくとも主走査方向における第1の位置604から第2の位置605までの長さ(d1)延びているカム突起部213aが設けられ、一方のホッパ23に第2当接部23aと当接するように構成されている。従って、第2の案内部材606が第1の位置604からd1の距離だけ摺動して第2の位置605へ移動した場合であっても制御することができる。
以上のように構成されているため、案内部材制御部612であるホッパカム213(第1カム213c、第2カム213b)の形状、あるいは、移動方向変換機構607の直線部610・傾斜部611の設定しだいで、第2の案内部材606が、次に記録される記録紙Pが給送されるまでに第2の位置605から第1の位置604へ摺動するように制御することができる。従って、記録時の間隙d1によって、次の記録紙P(積層されている記録紙)が主走査方向へずれた場合、次の給送時までに第2の側端案内部材25aが、当該ずれた記録紙Pの側端Paを押し戻して記録紙Pの側端Paを揃え直すことができる。
さらに、本実施の形態の被記録材案内装置601は、ホッパ23より下流側の搬送従動ローラホルダ43(図13)に記録紙Pの後端Pbを検出する被記録材検出器を備えている。
図17に示す符号613は、被記録材検出器613であり、検出レバー部材616がバネ(図示しない)に付勢されながら支点616bを軸に回動する。この検出レバー部材616の一端には記録紙Pと当接する記録紙当接部616aと、他端に光学センサである検出センサ部615の受光を遮断する遮断部616cとが設けられている。
図17(A)の状態に記録紙Pが給送されて、同図(B)に示す如く記録紙Pが記録紙当接部616aと当接して記録紙当接部616aを押し上げる。従って、検出レバー部材616は支点616bを軸に回動するので、遮断部616cが検出センサ部615から外れる。即ち、検出センサ部615が光を検出することによって、記録紙Pの有無を検出することができる。言い換えると、記録紙Pの先端、あるいは、後端Pbを確実に検出することができる。
このような被記録材検出器613で得た信号をスループット制御部617が受けて、記録紙Pの後端Pbが、ホッパ23より下流側へ給送されると、第2の案内部材606が第2の位置605から第1の位置604へ摺動するように制御することができる。即ち、記録中であるかを問わず、記録紙Pの後端Pbがホッパ23より下流側へ給送されると、第2の案内部材606を第1の位置604へ戻して次の記録紙Pの給送に備えることができる。言い換えると、早いタイミングで第2の案内部材606を第1の位置604へ戻すので、スループットを向上させることができる。
また、早いタイミングで戻すので、スループットを低下させない範囲において、第2の案内部材606の移動速度を遅くすることもできる。即ち、移動速度を遅くすることによって、動作音を静かにすることができる。
また、本実施の形態の被記録材案内装置601は、第1の側端案内部材24a側に偏倚して配設された給紙ローラ21と、給紙ローラ21より搬送方向の下流側において主走査方向に延びて記録紙Pを搬送し正転・逆転可能な「搬送ローラ」としての搬送駆動ローラ41と搬送従動ローラ42とを有し、給紙ローラ21、搬送駆動ローラ41および搬送従動ローラ42により、給送前に記録紙Pのスキュー取りをするスキュー取り手段619(図13)を備えている。
給紙ローラ21が、第1の側端案内部材側に偏倚して配設されているため、給送が進行するにつれて、記録紙Pの側端において第2の側端案内部材側の摩擦抵抗が、第1の側端案内部材側の摩擦抵抗より大きくなる。従って、記録紙Pの先端が第1の側端案内部材側の反対側へスキューするようになる。そしてスキュー状態で記録紙の先端が搬送駆動ローラ41により僅かに給送方向に送り出された後に、記録紙Pの先端の搬送駆動ローラ41への係合状態が解除されるまで搬送駆動ローラ41を逆転させたとき、給紙ローラ21の逆方向への回転が規制されているため給紙ローラ21が記録紙Pを軽くグリップした状態で、記録紙Pが軽く撓んだ状態となる。即ち、搬送駆動ローラ41と搬送従動ローラ42とが主走査方向に成すニップ線に、記録紙Pの先端が主走査方向に当接した状態である。
そしてこの時、記録紙Pは撓みが復帰する力により給紙ローラ21に対してスリップして、記録紙Pの側端(Paの反対側)は第1の側端案内部材24aから離れるようになる。
言い換えると、該記録紙Pを第1の側端案内部材側と反対側、即ち、第2の側端案内部材側へ僅かに移動させることができる。従って、該記録紙Pの側端(Paの反対側)と第1の側端案内部材24aとの間に間隙(図示しない)が生じるので、摩擦接触を防止することができる。その結果、記録時に第1の側端案内部材24aおよび第2の側端案内部材25aの両側において、該記録紙Pの摩擦接触を防止することができる。
〈他の実施形態2〉
前述したように、第2の案内部材606を第2の位置605から第1の位置604へと戻した場合であっても、バラついた記録紙Pの側端Paがキレイに揃わない虞がある。
そこで、他の実施形態2に係る被記録材案内部材は、第2の案内部材606を第1の位置604より僅かに記録紙側へ摺動させて、記録紙Pの側端Paを押し込むことでキレイに側端Paを揃えるように構成した。
図18に示すのは第2の案内部材606が、第3の位置614にある状態であり、同図(A)はその平面図であり、同図(B)は(A)のZ−Z’の移動方向変換機構607の要部断面図である。
他の実施形態2における第2の案内部材606は、第2の位置605へ摺動した後に第3の位置614へ摺動するように構成されている。第3の位置614は、第1の位置604より記録紙側へ距離d2だけ僅かに変位した位置である。
具体的な第3の位置614への摺動方法は、図18(B)に示す如く案内溝609の直線部610と傾斜部611との間に、互いに異なった方向へ傾斜する逆「く」字状傾斜部618を設けている。このとき、逆「く」字状傾斜部618の頂点は、直線部610より距離d2だけ主走査方向の第1の案内部材側に突出したように構成される。これにより、ホッパ23の揺動運動に伴い第2の案内部材606が、第2の位置605から第1の位置604へ摺動する間に第3の位置614へ摺動させることができる。
ここで、図13(B)に示す如く符号614は、第3の位置614であり、一点鎖線で示す第1の位置604より距離d2だけ記録紙側へ変位している。
その結果、第2の位置605のときに積層された記録紙Pの側端Paがバラついた場合であっても、第2の案内部材606が、第3の位置614に摺動することで、バラついた記録紙Pの側端Paを押し込んでキレイに揃えることができる。
尚、本発明については、片側の第2の案内部材606のみを摺動させて記録紙Pの側端Paとの間に間隙d1を設けて摩擦接触を防止したが、両側、即ち、第1の案内部材603および第2の案内部材606の両方を摺動させて記録紙Pの側端との間に間隙d1を設けて摩擦を完全にゼロにすることもできるのは勿論である。
また、本発明は上記実施例に限定されることなく、特許請求の範囲に記載した発明の範囲内で、種々の変形が可能であり、それらも本発明の範囲内に含まれるものであることは言うまでもない。
インクジェット式記録装置の外観斜視図。 インクジェット式記録装置の本体カバーを取り外した概略斜視図。 インクジェット式記録装置の内部構造の要部斜視図。 インクジェット式記録装置の内部構造の要部側断面図。 本発明に係る自動給紙装置の要部斜視図。 本発明に係る自動給紙装置の要部正面図。 本発明に係る自動給紙装置の要部側面図。 給紙動作の開始直後の状態を示した自動給紙装置の要部側面図。 給紙動作中を示した自動給紙装置の要部側面図。 給紙動作終了直前の状態を示した自動給紙装置の要部側面図。 給紙動作終了後の状態を示した自動給紙装置の要部側面図。 本発明に係る被記録材案内装置の平面図。 図12における被記録材案内装置の側面図。 図13における被記録材案内装置の移動方向変換機構の要部平面図。 本発明に係る案内部材制御部を示す側面図。 図16における案内部材制御部の要部断面図。 本発明に係る被記録材検出装置の側面図。 (A)は他の実施形態を示す平面図、(B)は同図(A)の要部断面図。
1 本体カバー、2 上面カバー、3 排紙スタッカ、4 トレイカバー、
5 スイッチ類、6 給紙トレイカバー、11 メインフレーム、20 自動給紙装置、21 給紙ローラ、22 給紙トレイ、23 ホッパ、23a 第2当接部、
23b 第1当接部、23c ホッパ揺動面、24 基準端ガイド、
24a 第1の側端案内部材、25 エッジガイド部材、25a 第2の側端案内部材、26 リタードローラ、27 自動給紙用モータ、28 紙戻しレバー、
31 第1の押圧支持部材、32 第2の押圧支持部材、41 搬送駆動ローラ、42 搬送従動ローラ、43 搬送従動ローラホルダ、44 紙案内前部材、
45 紙案内後部材、46 プラテン、47 第1の排紙駆動ローラ軸、
48 第2の排紙駆動ローラ軸、51 搬送用モータ、61 キャリッジガイド軸、62 キャリッジ、63 記録ヘッド、100 インクジェット式記録装置、
211 給紙ローラ軸、213 ホッパカム、213a カム突起部、
213b 第2カム、213c 第1カム、214 第1の給紙補助ローラ、
215 第2の給紙補助ローラ、216 第3の給紙補助ローラ、222 給送案内面、251 浮き上がり防止ガイド、261 リタードローラホルダ、
601 被記録材案内装置、602 摩擦接触防止手段、603 第1の案内部材、604 第1の位置、605 第2の位置、606 第2の案内部材、
607 移動方向変換機構、608 案内突起部、609 案内溝、610 直線部、611 傾斜部、612 案内部材制御部、613 被記録材検出器、
614 第3の位置、615 検出センサ部、616 検出レバー部材、
616a 記録紙当接部、616b 支点、616c 遮断部、
617 スループット制御部、618 逆「く」字状傾斜部、619 スキュー取り手段、
d1 間隙、d2 距離、Pa 側端、Pb 後端

Claims (6)

  1. 被記録材の先端が突き当たった状態で被記録材を支持する被記録材支持面と、
    前記被記録材支持面に支持された被記録材を給送ローラへ搬送するよう前記給送ローラに接離動可能なホッパと、
    被記録材の搬送方向に直交する方向の一端をガイドする第1の側端案内部材と、
    被記録材のサイズに応じてスライド可能に前記ホッパに配設される側端案内部材であって、被記録材の前記直交する方向の他端をガイドする第2の側端案内部材と、
    前記ホッパの、前記被記録材支持面に対向する面に設けられた案内突起部と、
    前記被記録材支持面に設けられ、前記案内突起部と係合する案内溝とを備え、
    前記ホッパが前記給送ローラから離動するとき、前記ホッパは前記案内溝に沿って移動するようになっており、それにより前記第2の側端案内部材を、前記被記録材の他端と当接する第1の位置から、前記被記録材の他端との間に間隙を形成する第2の位置に、前記第1の側端案内部材に対して、摺動させることを特徴とする被記録材案内装置。
  2. 前記案内溝が、
    前記ホッパの前記給送ローラに対する接離動方向と同方向に延びる形状の溝である直線部と、
    前記直線部に対して傾斜する形状の溝である傾斜部を有していることを特徴とする請求項1に記載の被記録材案内装置。
  3. 前記案内突起部は、前記ホッパが前記給送ローラから離動するとき、前記直線部を通った後に前記傾斜部を通ることを特徴とする請求項2に記載の被記録材案内装置。
  4. 前記案内溝が、
    前記ホッパの前記給送ローラに対する接離動方向と同方向に延びる形状の溝である直線部と
    前記直線部に対して、前記第1の側端案内部材を被記録材に当接する方向に僅かに突出させる形状の溝である突出部と、
    前記直線部に対して傾斜する形状の溝である傾斜部とを有し、
    前記案内突起部は、前記ホッパが前記給送ローラから離動するとき、前記直線部及び前記突出部を通った後に前記傾斜部を通ることを特徴とする請求項1に記載の被記録材案内装置。
  5. 被記録材の搬送方向における後端が前記ホッパより下流側へ給送されると、前記ホッパが前記給送ローラに接動するように制御するスループット制御部を備えていることを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の被記録材案内装置。
  6. 前記給送ローラと同軸に配設され、前記ホッパを制御するカムと、
    前記カムから前記直交する方向に延びるカム突起部と、
    前記ホッパに設けられ、前記カム突起部と当接して前記ホッパの前記給送ローラへの接離動を制御する当接部とを備え、
    前記カム突起部が、前記第1の位置、及び、前記第2の位置においても前記当接部と当接できるように、少なくとも主走査方向における前記第1の位置から前記第2の位置までの長さ延びていることを特徴とする請求項1から5のいずれか1項に記載の被記録材案内装置。
JP2004280743A 2004-09-27 2004-09-27 被記録材案内装置 Expired - Fee Related JP4428179B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004280743A JP4428179B2 (ja) 2004-09-27 2004-09-27 被記録材案内装置

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004280743A JP4428179B2 (ja) 2004-09-27 2004-09-27 被記録材案内装置
DE200560005758 DE602005005758D1 (de) 2004-09-27 2005-09-27 Bildaufzeichnungsmaterialführungsvorrichtung und Aufzeichnungsgerät
CNB2005101068746A CN100396581C (zh) 2004-09-27 2005-09-27 记录材料导向装置及记录设备
EP20050021024 EP1642738B1 (en) 2004-09-27 2005-09-27 Recording material guiding device and recording apparatus
US11/237,205 US7547014B2 (en) 2004-09-27 2005-09-27 Recording material guiding device and recording apparatus
US12/324,064 US7913998B2 (en) 2004-09-27 2008-11-26 Recording material guiding device and recording apparatus

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2006089278A JP2006089278A (ja) 2006-04-06
JP2006089278A5 JP2006089278A5 (ja) 2007-11-08
JP4428179B2 true JP4428179B2 (ja) 2010-03-10

Family

ID=35708707

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004280743A Expired - Fee Related JP4428179B2 (ja) 2004-09-27 2004-09-27 被記録材案内装置

Country Status (5)

Country Link
US (2) US7547014B2 (ja)
EP (1) EP1642738B1 (ja)
JP (1) JP4428179B2 (ja)
CN (1) CN100396581C (ja)
DE (1) DE602005005758D1 (ja)

Families Citing this family (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4428179B2 (ja) * 2004-09-27 2010-03-10 セイコーエプソン株式会社 被記録材案内装置
JP4379606B2 (ja) * 2004-09-29 2009-12-09 セイコーエプソン株式会社 給送装置における媒体ガイド装置
US20060280542A1 (en) * 2005-05-25 2006-12-14 Thieme Gmbh & Co. Kg Flatbed printing machine
JP4697880B2 (ja) * 2006-05-11 2011-06-08 株式会社リコー 手差し給紙装置及びその手差し給紙装置を有する画像形成装置
JP4613892B2 (ja) * 2006-07-28 2011-01-19 富士ゼロックス株式会社 給紙装置、及びこれを備えた画像形成装置
US7784782B2 (en) * 2007-10-02 2010-08-31 Lexmark International, Inc. Automatic sheet feed extender for paperfeed modularity
JP5209977B2 (ja) * 2008-01-25 2013-06-12 株式会社ユニバーサルエンターテインメント 紙葉類処理装置
JP4687774B2 (ja) * 2008-11-18 2011-05-25 富士ゼロックス株式会社 画像処理装置
WO2011086662A1 (ja) * 2010-01-12 2011-07-21 キヤノン株式会社 給送装置および記録装置
TWI517980B (zh) * 2011-12-13 2016-01-21 金寶電子工業股份有限公司 事務機
KR101850276B1 (ko) * 2012-01-03 2018-04-19 에스프린팅솔루션 주식회사 급지장치 및 이를 포함하는 화상형성장치
JP5925162B2 (ja) * 2013-07-19 2016-05-25 キヤノン株式会社 シート給送装置及び画像形成装置
CN209402578U (zh) * 2018-03-28 2019-09-17 精工爱普生株式会社 读取装置

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US127364A (en) * 1872-05-28 Improvement in ships pumps for liquid freight
JPS5939631A (en) * 1982-08-31 1984-03-05 Konishiroku Photo Ind Co Ltd Universal paper feed cassette
JPH0512428A (ja) 1991-07-05 1993-01-22 Nec Corp データ補間方式
JPH0512428U (ja) * 1991-07-25 1993-02-19 株式会社沖データシステムズ 自動給紙装置における用紙ガイド構造
JPH06156750A (ja) * 1992-11-27 1994-06-03 Minolta Camera Co Ltd 給紙装置
JP3092370B2 (ja) 1993-01-12 2000-09-25 日本電気株式会社 微細ゲート電極の形成方法
JPH08143169A (ja) 1994-11-21 1996-06-04 Toshiba Corp 給紙装置
JP3697059B2 (ja) 1998-04-15 2005-09-21 キヤノン株式会社 画像形成装置
JP2002332123A (ja) * 2001-05-10 2002-11-22 Canon Inc シート給送装置および画像形成装置
US6896253B2 (en) * 2001-05-10 2005-05-24 Canon Kabushiki Kaisha Sheet material feeding apparatus and recording apparatus
US6793215B2 (en) * 2001-12-24 2004-09-21 Pitney Bowes Inc. Self-adjusting side guide for a mail handling device
JP3092370U (ja) 2002-08-27 2003-03-07 船井電機株式会社 インクジェットプリンタおよびインクジェット装置
KR100474435B1 (ko) * 2002-09-13 2005-03-08 삼성전자주식회사 사무기기의 급지장치
JP2004280743A (ja) 2003-03-19 2004-10-07 Yanmar Agricult Equip Co Ltd 水田管理システム
JP4407444B2 (ja) * 2003-10-02 2010-02-03 セイコーエプソン株式会社 被記録媒体給送装置、記録装置、液体噴射装置
JP4428179B2 (ja) * 2004-09-27 2010-03-10 セイコーエプソン株式会社 被記録材案内装置
US7370860B2 (en) * 2004-09-29 2008-05-13 Lexmark International, Inc. Automatic edge guide assembly using springs and tapered surfaces
JP2007131422A (ja) * 2005-11-11 2007-05-31 Seiko Epson Corp 媒体給送装置及び液体噴射装置と記録装置

Also Published As

Publication number Publication date
EP1642738A3 (en) 2007-01-03
US20060071388A1 (en) 2006-04-06
CN100396581C (zh) 2008-06-25
US7547014B2 (en) 2009-06-16
US20090140485A1 (en) 2009-06-04
EP1642738A2 (en) 2006-04-05
CN1765716A (zh) 2006-05-03
EP1642738B1 (en) 2008-04-02
DE602005005758D1 (de) 2008-05-15
JP2006089278A (ja) 2006-04-06
US7913998B2 (en) 2011-03-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4428179B2 (ja) 被記録材案内装置
JP4640334B2 (ja) シート搬送装置
JP5153253B2 (ja) 給紙装置及び記録装置
JP2004345769A (ja) 用紙処理装置
JP2008213959A (ja) シート供給装置、及び該シート供給装置を具備する画像記録装置
US9751706B2 (en) Conveyance apparatus and image recording apparatus
JP4336962B2 (ja) 記録装置
US7517078B2 (en) Image forming apparatus
JP4182353B2 (ja) 被記録媒体給送装置、記録装置
EP1743774A2 (en) Feeding device
JP2006089219A (ja) 被記録材分離装置における間口規制装置および記録装置
JP2006089221A (ja) 自動給送装置、該自動給送装置を備えた記録装置
JP4613968B2 (ja) 用紙収容装置および画像記録装置
JP2003112458A (ja) 記録装置
JP2020138841A (ja) 画像記録装置及び給送装置
JP3671310B2 (ja) 画像記録装置
JP6566329B2 (ja) インクジェットプリンタ−
JP2005247434A (ja) 給送装置、これを備える記録装置及び液体噴射装置並びに給送方法
JP2000293735A (ja) 媒体処理装置
JP5578878B2 (ja) 給紙分離装置および記録装置
JP2021066595A (ja) シート搬送装置
EP3162580B1 (en) Printer device
JP4258644B2 (ja) 自動給送装置、該自動給送装置を備えた記録装置
JP2004175531A (ja) 自動給紙装置、該自動給紙装置を備えた記録装置
JP2006168918A (ja) 記録装置

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070926

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070926

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20090622

RD03 Notification of appointment of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7423

Effective date: 20090706

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090901

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090908

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091023

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091124

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4428179

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121225

Year of fee payment: 3

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091207

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121225

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131225

Year of fee payment: 4

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees