JP3181101B2 - 自動車の下部車体構造 - Google Patents

自動車の下部車体構造

Info

Publication number
JP3181101B2
JP3181101B2 JP19193892A JP19193892A JP3181101B2 JP 3181101 B2 JP3181101 B2 JP 3181101B2 JP 19193892 A JP19193892 A JP 19193892A JP 19193892 A JP19193892 A JP 19193892A JP 3181101 B2 JP3181101 B2 JP 3181101B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
side frame
reinforcing
kick
vehicle body
vehicle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP19193892A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0632255A (ja
Inventor
真祝 福田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mazda Motor Corp
Original Assignee
Mazda Motor Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mazda Motor Corp filed Critical Mazda Motor Corp
Priority to JP19193892A priority Critical patent/JP3181101B2/ja
Publication of JPH0632255A publication Critical patent/JPH0632255A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3181101B2 publication Critical patent/JP3181101B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、自動車の下部車体構
造、特に、サイドフレームにキックアップ部が設けられ
るとともに、このキックアップ部が車体内方に湾曲させ
られてなる自動車の下部車体構造に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、自動車の車体フロア構造として、
リヤ側のフロアパネルを、車体前後方向における途中部
から斜め上後方に向かって立ち上げ、リヤ側フロアに上
下の段差を有するキックアップ部を設けるとともに、こ
のキックアップ部を車体内方にある程度絞ってこの部分
にリヤ側のホイールハウスを形成するようにしたものが
知られている。リヤ側フロアを上記のような構造とした
場合、リヤフロアパネルを支持する車体前後方向のリヤ
サイドフレームも、フロアパネルの側面形状にほぼ対応
して、その車体前後方向における途中部に上下方向の段
差を有するキックアップ部を設けるとともに、このキッ
クアップ部を車体内方に向かって湾曲させた形状に形成
される。
【0003】ところで、車体フロアパネルに上記のよう
なキックアップ部が設けられた自動車では、このキック
アップ部の近傍、すなわち、左右のリヤサイドフレーム
の湾曲部間のフロアパネルの下面側に燃料タンクが設置
される場合がある。このような場合、車両が後方から衝
突され、上記リヤサイドフレームに前後方向の衝突荷重
が作用した際には、該リヤサイドフレームの途中部が車
体内方に湾曲させられている関係上、この湾曲部が更に
車体内方へ移動するように変形することが考えられ、特
に、衝突荷重が大きい場合にはリヤサイドフレームの湾
曲部と燃料タンクとが干渉することも考えられる。
【0004】このように、車体前後方向における途中部
にキックアップ部や湾曲部が設けられたフレーム部材で
は、車体前後方向から荷重が入力された場合における変
形モードおよび強度・剛性の確保について特に配慮する
必要がある。従来より、このための工夫が種々なされて
おり、例えば、実開昭62−99476号公報では、特
に断面変化が大きい部分について、フレーム部材の内部
に略ボックス状の補強体を配設し、この補強体の各面を
フレーム部材の各面に接合することにより、フレーム部
材を補強するようにしたものが開示されている。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従
来の補強構造では、補強体は単にフレームと接合される
だけであるので、換言すれば、フレームは単に上記補強
体に接合されることによって補強されるだけであるの
で、フレームの強度および剛性を十分に高めようとした
場合には、例えば補強体が大形化し重量もかさむなど、
実用上の問題が生じることが考えられる。従って、上記
のようなフレーム部材をより効果的に補強できる構造が
望まれていた。
【0006】そこで、この発明は、補強体を介してサイ
ドフレームと強度部材としてのフロアパネルとの結合を
強化することにより、サイドフレームの強度および剛性
を効果的に高めることができる自動車の下部車体構造を
提供することを目的としてなされたものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】このため、本願の第1の
発明は、車体前後方向に延設されたサイドフレームの途
中部に上下方向の段差を有するキックアップ部が設けら
れるとともに、該キックアップ部が車体内方に湾曲させ
られてなる自動車の下部車体構造において、左右のサイ
ドフレームのキックアップ部の間に燃料タンクが配設さ
れており、上記サイドフレームの内側上端に、車体内方
へ曲折されたフロア取付フランジを設けるとともに、上
記サイドフレームの低い側水平部からキックアップ部に
かけて、このサイドフレーム内に、縦板と上下の横板と
で断面略コ字状に形成され、かつ、この略コ字状の断面
空間の前後を閉じる補強仕切り板を有する略ボックス状
の補強体を配設し、該補強体の縦板を上記サイドフレー
ムの内側壁面に、補強体の下側の横板をサイドフレーム
の底面にそれぞれ接合する一方、上記補強仕切り板の先
端側をサイドフレームの外側壁面に接合し、且つ、上記
補強体の上側の横板をフロアパネルに接合したものであ
る。
【0008】
【0009】また、本願の第2の発明は、上記第1の発
明において、上記補強体の下側の横板には、車両牽引具
を係止する係止穴が設けられていることを特徴としたも
のである。
【0010】更に、本願の第3の発明は、上記第1また
は第2の発明において、上記補強仕切り板には、車体前
後方向に延びる補強ビード部が設けられていることを特
徴としたものである。
【0011】
【発明の効果】本願の第1の発明によれば、上記補強体
は、サイドフレームに接合されるだけでなく、その上側
の横板がフロアパネルにも接合されるようにしたので、
上記サイドフレームは、単に上記補強体に接合されるこ
とによって補強されるだけでなく、該補強体を介して、
強度部材としてのフロアパネルとの結合が強化される。
この結果、サイドフレームの上記補強体が配設された部
分について、その強度および剛性をより効果的に高める
ことができる。特に、上記補強体の縦板をサイドフレー
ムの内側壁面に、また補強仕切り板の先端側をサイドフ
レームの外側壁面に接合するようにしたので、上記サイ
ドフレームは、その内側および外側の壁面が、上記補強
仕切り板によって相互に連結されることにより、より一
層効果的に補強されるようになる。従って、上記補強体
をサイドフレームのキックアップ部に配設することによ
り、該キックアップ部の剛性をより効果的に高めること
ができ、特に、車体後方からの荷重入力時に、上記キッ
クアップ部が(つまり湾曲部が)更に車体内方へ移動する
ように変形することを有効に抑制でき、サイドフレーム
と燃料タンクとの干渉防止を図ることができる。
【0012】
【0013】また、本願の第2の発明によれば、基本的
に、上記第1の発明と同様の効果を奏することができ
る。その上、特に、上記補強体の下側の横板に車両牽引
具を係止する係止穴を設けたので、車両牽引用の所謂タ
イダウンフックを別途に設ける必要が無くなり、部品点
数の削減および車体下部の構造簡素化に寄与することが
できる。
【0014】更に、本願の第3の発明によれば、基本的
に、上記第1または第2の発明と同様の効果を奏するこ
とができる。その上、上記補強仕切り板に車体前後方向
に延びる補強ビード部を設けたので、この補強仕切り板
の(つまり補強体の)車体前後方向における強度および剛
性を高めることができる。特に、補強体の下側の横板に
車両牽引具を係止する係止穴を設けた場合には、この係
止穴の穿設による補強体の剛性低下を有効に補うことが
できる。
【0015】
【実施例】以下、この発明の実施例を、添付図面に基づ
いて詳細に説明する。図1は、本実施例に係る自動車の
フロア構造を示す全体斜視図であるが、この図に示すよ
うに、上記自動車では、車室の床面を形成するフロアパ
ネルが、車室の前側部分の床面を形成するフロントフロ
アパネル2と、後側部分の床面を形成するリヤフロアパ
ネル3とで構成されている。上記フロントフロアパネル
2には、プロペラシャフト等を挿通させるために、車幅
方向の略中央において車体前後方向へ延びるトンネル部
2aが形成され、また、上記リヤフロアパネル3には、
その前後方向における途中部から後方に向かって斜め上
方に立ち上がるキックアップ部3aが設けられている。
そして、このキックアップ部3aおよびその近傍を車体
内方へある程度絞って、この部分にリヤ側のホイールハ
ウス8,8が形成されている。また、上記このキックア
ップ部3aの後側には、トランクルームの床面を形成す
るフラットな延長部3bが続いており、この延長部3bの
左側面にはスペアタイヤ収納部9が形成されている。
【0016】上記フロントフロアパネル2は、その左右
両端が車体前後方向に延びる左右一対のサイドシル5に
接合・支持されるとともに、その下面側は、車体前後方
向に延びる左右のフロアフレーム6で接合・支持されて
いる。一方、上記リヤフロアパネル3は、その左右両端
が、上記サイドシル5の後端側から車体後方に向かって
延びる左右一対のリヤサイドフレーム7に接合・支持さ
れている。これら左右のリヤサイドフレーム7は、車幅
方向に掛け渡して延設されたクロスメンバC3,C4及
びC5によって相互に連結され補強されている。尚、C
2は左右のサイドシル5どうしを連結するクロスメンバ
である。また、具体的には図示しなかったが、上記リヤ
フロアパネル3のキックアップ部3aの下面側には、N
o.3クロスメンバC3とNo.4クロスメンバC4との間
で支持された燃料タンクが配設されている。
【0017】本実施例では、上記リヤサイドフレーム
7,7が、リヤフロアパネル3の側面形状にほぼ対応し
て、その車体前後方向における途中部にキックアップ部
が形成されるとともに、このキックアップ部が車体内方
に向かって湾曲させた形状に形成されている。すなわ
ち、例えば右側のリヤサイドフレーム7を例にとって説
明すれば、図3から良く分かるように、上記リヤサイド
フレーム7が、その前後方向における途中部に段差を有
するキックアップ状に形成され、前方部分の低い側の水
平部7aと後方部分の高い側の水平部7bとがキックアッ
プ部7cで滑らかに一体に接続されている。そして、図
2から良く分かるように、このリヤサイドフレーム7の
キックアップ部7cと上記高い側水平部7bの前側部分と
が、車体内方に向かって湾曲させられている。
【0018】また、本実施例では、上記リヤサイドフレ
ーム7の強度および剛性を向上させるために、上記低い
側水平部7aからキックアップ部3cにかけて、リヤサイ
ドフレーム7内にボックス状の補強体20(ガセット)が
配設されている。該ガセット20は、図4および図5に
示すように、縦板20aと上下の横板20b,20cとで断
面略コ字状に形成され、かつ、この略コ字状の断面空間
の前後を閉じる補強仕切り板20d,20eを有して略ボ
ックス状に形成されている。このガセット20の縦板2
0aはサイドフレーム7の内側壁面7gに、下側の横板2
0cはサイドフレーム7の底面7hに、それぞれ接合され
ている。尚、サイドフレーム7の外面には断面略L字形
のレインフォースメント11が接合されており、サイド
フレーム7と上記ガセット20との接合は、実際にはこ
のレインフォースメント11を介して行なわれている。
一方、リヤサイドフレーム7の内側上端には、車体内方
に略90度折り曲げられたフロア取付フランジ7fが形
成され、リヤフロアパネル3は、このフロア取付フラン
ジ7fと、上記ガセット20の上側の横板20bとに接合
されるようになっている。すなわち、上記サイドフレー
ム7は、単に上記ガセット20に接合されることによっ
て補強されるだけでなく、該ガセット20を介して、強
度部材としてのフロアパネル3との結合が強化され、そ
の強度および剛性をより効果的に高めることができる。
【0019】更に、補強仕切り板20d,20eの先端側
は、サイドフレーム7の外側壁面を構成するクロージン
グプレート12に接合されている。すなわち、サイドフ
レーム7は、その内側および外側の壁面7g,12が上記
補強仕切り板20d,20eで相互に連結されることによ
り補強されている。尚、ガセット20の下側の横板20
cには、車両牽引時に牽引フック(不図示)を係止する係
止穴22が形成されており、この係止穴22を設けたこ
とによるガセット20の剛性低下を補うために、例えば
後側の補強仕切り板20eには、車体前後方向に延びる
補強ビード部23が設けられている。
【0020】以上、説明したように、本実施例によれ
ば、上記ガセット20は、サイドフレーム7に接合され
るだけでなく、その下側の横板20cがフロアパネル3
にも接合されるようにしたので、上記サイドフレーム7
は、単に上記ガセット20に接合されることによって補
強されるだけでなく、該ガセット20を介して、強度部
材としてのフロアパネル3との結合が強化される。この
結果、サイドフレーム7のガセット20が配設された部
分について、その強度および剛性をより効果的に高める
ことができるのである。従って、上記ガセット20をサ
イドフレーム7のキックアップ部7cに配設することに
より、該キックアップ部7cの剛性をより効果的に高め
ることができ、特に、車体後方からの荷重入力時に、上
記キックアップ部7cが(つまり湾曲部7dが)更に車体内
方へ移動するように変形することを有効に抑制できる。
すなわち、車両が後方から衝突を受けた場合において、
サイドフレーム7と燃料タンク(不図示)との干渉防止を
図ることができる。
【0021】また、特に、上記ガセット20の縦板20
aをサイドフレーム7の内側壁面7gに、また補強仕切り
板20d,20eの先端側をサイドフレーム7の外側壁面
12(クロージングプレート)に接合するようにしたの
で、上記サイドフレーム7は、その内側および外側の壁
面7g,12が、上記補強仕切り板20d,20eによって
相互に連結されることにより、より一層効果的に補強さ
れるようになる。
【0022】更に、その上、上記ガセット20の下側の
横板20cに牽引フック(不図示)を係止する係止穴22
を設けたので、車両牽引用の所謂タイダウンフックを別
途に設ける必要が無くなり、部品点数の削減および車体
下部の構造簡素化に寄与することができる。この場合に
おいて、上記補強仕切り板20eに車体前後方向に延び
る補強ビード部23を設けたので、この補強仕切り板2
0eの(つまりガセット20の)車体前後方向における強
度および剛性を高めることができ、上記係止穴22の穿
設によるガセット20の剛性低下を有効に補うことがで
きるのである。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明の実施例に係る自動車のフロア構造を
示す斜視図である。
【図2】 上記自動車のリヤサイドフレームの平面説明
図である。
【図3】 上記リヤサイドフレームの側面説明図であ
る。
【図4】 図2のY−Y方向の断面説明図である。
【図5】 上記実施例に係るガセットの斜視図である。
【符号の説明】
3…リヤフロアパネル 7…リヤサイドフレーム 7c…キックアップ部 7d…湾曲部 7f…フロア取付フランジ 7g…リヤサイドフレームの内側壁面 12…クロージングプレート(リヤサイドフレームの外
側壁面) 20…ガセット(補強体) 20a…ガセットの縦板 20b…ガセットの上側の横板 20c…ガセットの下側の横板 20d,20e…ガセットの補強仕切り板 22…係止穴 23…補強ビード部
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) B62D 25/20

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 車体前後方向に延設されたサイドフレー
    ムの途中部に上下方向の段差を有するキックアップ部が
    設けられるとともに、該キックアップ部が車体内方に湾
    曲させられてなる自動車の下部車体構造において、 左右のサイドフレームのキックアップ部の間に燃料タン
    クが配設されており、 上記サイドフレームの内側上端に、車体内方へ曲折され
    たフロア取付フランジを設けるとともに、 上記サイドフレームの低い側水平部からキックアップ部
    にかけて、このサイドフレーム内に、縦板と上下の横板
    とで断面略コ字状に形成され、かつ、この略コ字状の断
    面空間の前後を閉じる補強仕切り板を有する略ボックス
    状の補強体を配設し、 該補強体の縦板を上記サイドフレームの内側壁面に、補
    強体の下側の横板をサイドフレームの底面にそれぞれ接
    合する一方、上記補強仕切り板の先端側をサイドフレー
    ムの外側壁面に接合し、且つ、上記補強体の上側の横板
    をフロアパネルに接合したことを特徴とする自動車の下
    部車体構造。
  2. 【請求項2】 上記補強体の下側の横板には、車両牽引
    具を係止する係止穴が設けられていることを特徴とする
    請求項1記載の自動車の下部車体構造。
  3. 【請求項3】 上記補強仕切り板には、車体前後方向に
    延びる補強ビード部が設けられていることを特徴とする
    請求項1または請求項2に記載の自動車の下部車体構
    造。
JP19193892A 1992-07-20 1992-07-20 自動車の下部車体構造 Expired - Fee Related JP3181101B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19193892A JP3181101B2 (ja) 1992-07-20 1992-07-20 自動車の下部車体構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP19193892A JP3181101B2 (ja) 1992-07-20 1992-07-20 自動車の下部車体構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0632255A JPH0632255A (ja) 1994-02-08
JP3181101B2 true JP3181101B2 (ja) 2001-07-03

Family

ID=16282957

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP19193892A Expired - Fee Related JP3181101B2 (ja) 1992-07-20 1992-07-20 自動車の下部車体構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3181101B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2019038482A (ja) * 2017-08-29 2019-03-14 本田技研工業株式会社 車両後部構造

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11286282A (ja) * 1998-04-02 1999-10-19 Hino Motors Ltd キャブオーバ型トラックのキャブ構造
KR100644942B1 (ko) * 2004-10-05 2006-11-10 현대자동차주식회사 차량 플로워의 하부 충돌 분산 구조
JP4654917B2 (ja) * 2006-01-12 2011-03-23 日産自動車株式会社 車体後部構造
JP5699584B2 (ja) * 2010-12-17 2015-04-15 スズキ株式会社 車両用アンダボディ構造
CN104097698B (zh) * 2013-04-12 2016-09-07 北汽福田汽车股份有限公司 用于汽车的地板组件及具有其的汽车
JP6311961B2 (ja) * 2013-11-19 2018-04-18 スズキ株式会社 車両のフロア構造
US10029524B2 (en) 2016-08-04 2018-07-24 Ford Global Technologies, Llc Tow hook mounting structure for use with vehicle having curved frame
JP7048192B2 (ja) * 2018-12-19 2022-04-05 ダイハツ工業株式会社 車両構造

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2019038482A (ja) * 2017-08-29 2019-03-14 本田技研工業株式会社 車両後部構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0632255A (ja) 1994-02-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3434069B2 (ja) 車体後部構造
JP5509842B2 (ja) 車両の後部車体構造
US20070085381A1 (en) D-pillar structure for a rear vehicle body structure
JPH05201356A (ja) 電気自動車の車体構造
JP3866176B2 (ja) 車体構造
JP3181101B2 (ja) 自動車の下部車体構造
JP2000016338A (ja) リヤダンパハウス構造
JP2820951B2 (ja) 車両の後部車体構造
JP2004529817A (ja) ノッチバック形式車両
JPH10244963A (ja) 自動車の後部車体構造
JP2004338581A (ja) 車両の下部車体構造
US20220105991A1 (en) Vehicle Body Structure
JP2005313728A (ja) 自動車の車体後部構造
JP3807202B2 (ja) 自動車の後部車体構造
JP3102508B2 (ja) 自動車の後部車体構造
JP2020040486A (ja) 車両の後部車体構造
JPH0611892Y2 (ja) 自動車の後部車体構造
JP3811297B2 (ja) トラックの荷台補強構造
JP2664587B2 (ja) 車体構造
JP2601563Y2 (ja) 自動車の側部車体構造
JP3082544B2 (ja) 自動車の車体構造
WO2019198751A1 (ja) 自動車の車体構造
JPH11245845A (ja) キャブオーバ型トラックのキャブ構造
JP2938945B2 (ja) 自動車の前部車体構造
JP2886291B2 (ja) 自動車の前部車体構造

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080420

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090420

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090420

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100420

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees