JPH028944B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH028944B2
JPH028944B2 JP57009741A JP974182A JPH028944B2 JP H028944 B2 JPH028944 B2 JP H028944B2 JP 57009741 A JP57009741 A JP 57009741A JP 974182 A JP974182 A JP 974182A JP H028944 B2 JPH028944 B2 JP H028944B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
side member
rear side
floor
fixed
side wall
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP57009741A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS58128967A (ja
Inventor
Hiroshi Tazaki
Osamu Matsura
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mazda Motor Corp
Original Assignee
Mazda Motor Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mazda Motor Corp filed Critical Mazda Motor Corp
Priority to JP974182A priority Critical patent/JPS58128967A/ja
Publication of JPS58128967A publication Critical patent/JPS58128967A/ja
Publication of JPH028944B2 publication Critical patent/JPH028944B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D25/00Superstructure or monocoque structure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
    • B62D25/20Floors or bottom sub-units
    • B62D25/2009Floors or bottom sub-units in connection with other superstructure subunits
    • B62D25/2027Floors or bottom sub-units in connection with other superstructure subunits the subunits being rear structures
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B62LAND VEHICLES FOR TRAVELLING OTHERWISE THAN ON RAILS
    • B62DMOTOR VEHICLES; TRAILERS
    • B62D25/00Superstructure or monocoque structure sub-units; Parts or details thereof not otherwise provided for
    • B62D25/08Front or rear portions
    • B62D25/087Luggage compartments

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • Chemical & Material Sciences (AREA)
  • Combustion & Propulsion (AREA)
  • Transportation (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Body Structure For Vehicles (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は自動車の車体構造、特に後輪懸架装置
の取付部に改良を加えた後部車体構造に関するも
のである。
(従来技術) 自動車の車体構造においては、特に車輪の懸架
装置を取り付ける部分に大きな荷重がかかるた
め、この取付部の強度を大きくする必要がある。
特に後輪懸架装置は車体のフロアの下方に取り付
けられるので、この部分のフロアを補強する必要
があり、従来この後輪懸架装置の取付部を補強し
たフロアの構造が種々知られている。これらの補
強構造は構造的に複雑になるとともに組立て作業
が煩雑となり、装造上不利となるため、この構造
を簡略化し、コストダウンや軽量化を計つた設計
が提案されている。
例えば実開昭54−59622号には、強度の大きい
閉断面構造のサイドシルにリヤサイドメンバを固
着し、この剛性の高い部分を後輪懸架装置の取付
部とした構造が示されている。しかしながら、こ
れでは構造は簡略化されたものの、リヤサイドメ
ンバの下面すなわち懸架装置が取り付けられる部
分にかかる荷重が、全てリヤサイドメンバとサイ
ドシルとの固着部によつて負担されることにな
り、この固着部が剥離し、後突時のリヤサイドメ
ンバに入る荷重のサイドシルへの分散が十分に行
なわれず後突対策上不利となるおそれがあり構造
上の強度に難点がある。さらに、リヤサイドメン
バに大荷重がかかつた場合、リヤサイドメンバ全
体がねじれることも考えられ、実用上強度に問題
がある。
(発明の目的) 本発明はこれらの問題点に鑑み、構造を簡単と
して製造コストを低くする一方、実用上十分な強
度を備えた後部車体構造を提供することを目的と
するものである。
(発明の構成) 本発明は、上記目的を達成するために強度の大
きい閉断面構造のサイドシルの側壁に、フロアの
下面に固着されたリヤサイドメンバを固着してサ
イドシルとリヤサイドメンバとフロアとにより閉
断面部を形成し、この閉断面部内に補強板を配
し、この補強板の底面部をリヤサイドメンバの底
面に重合させるとともに補強板底面部の両側縁部
に立設されたフランジ部をリヤサイドメンバおよ
びサイドシルの側壁に固着し、補強板底面部の後
部に上方に延びて立設された縦面を形成せしめる
とともにこの縦面の両側縁部に形成されたフラン
ジ部をリヤサイドメンバの側壁に固着して上記閉
断面部を前後に仕切るようになし、この補強板と
リヤサイドメンバの側壁とサイドシルの側壁とフ
ロアとにより箱状閉断面部を形成せしめ、この箱
状閉断面部を形成する補強板とリヤサイドメンバ
との重合部の下方に後輪懸架装置取付用ブラケツ
トを固定するようにしたことを特徴とするもので
ある。
(発明の効果) 本発明は上記構成により補強板とリヤサイドメ
ンバの側壁とサイドシルの側壁とフロアとにより
箱状閉断面部を形成したことにより、サイドシル
とリヤサイドメンバとの接合部の強度は著しく向
上し、懸架装置からリヤサイドメンバ下面に加わ
る荷重がサイドシルへも分散することにより、リ
ヤサイドメンバとサイドシルとの剥離を防止する
ことができる。更に、後突時のリヤサイドメンバ
からサイドシルへの荷重分散が効果的に行なわれ
るため、衝撃吸収性能が向上する。よつて実用上
強度の大きい、しかも簡素化された車体構造が実
現される。
なお、上記構造において、リヤサイドメンバを
断面U字型のチヤンネル状に形成し、その側壁前
部を車体外方向に屈曲させ、その側壁の前端縁を
サイドシルの側壁に固着すれば、さらに一層強度
を向上させることができる。
(実施例) 以下、図面により本発明の車体構造の実施例を
説明する。
第1図本発明の後部車体構造の実施例を示す一
部分解斜視図、 第2図はその組立状態を示す断面図(第1図中
−断面図)、第5図は本発明の車体構造を適
用した要部斜視図である。
フロア1の側縁1aには車体の前後方向に延び
る閉断面構造のサイドシル2が固着されている。
このサイドシル2は、車体の内方に位置するサイ
ドシルインナ21と外方に位置するサイドシルア
ウタ22を上縁2aと下縁において固着して閉断
面構造に形成され、車体の下縁に沿つて前後方向
に配置され後端はリヤタイヤハウス(RH)で終
つている。フロア1の側縁1aはこのサイドシル
インナ21の肩の部分に上から固着される。
フロア1の下方には、フロア1との間に前後方
向に延びる閉断面状の空間3を形成するようにリ
ヤサイドメンバ4が固着されている。このリヤサ
イドメンバ4は、前端4aがサイドシルインナ2
1の後端部分に固着され後端が車体後壁を形成す
るバツクパネル(BP)に固着されている。図示
の実施例ではさらにリヤサイドメンバ4がチヤン
ネル状に形成され、その車体内方の側壁41の前
部が車体外方向に屈曲され、その側壁41の前端
縁4bがサイドシルインナ21に固着されて、一
層リヤサイドメンバ4のねじり剛性を向上させて
いる。リヤサイドメンバ4の底面42には、この
底面42の3角状部分に合致する3角形状の補強
板5が重ね合わされて配置され、この補強板5の
両側縁部5a,5bはそれぞれリヤサイドメンバ
4の車内側の側壁41とサイドシルインナ21に
固着される。さらに、この補強板5は後部に上方
に折曲した縦面51を有し、この縦面51は、そ
の両側のフランジ5c,5dがリヤサイドメンバ
4の両側壁41,43にそれぞれ溶接され、リヤ
サイドメンバ4とフロア1との間の空間3を前後
に仕切る節を形成している。これにより、前記閉
断面状の空間3内に、補強板5とリヤサイドメン
バ4の側壁41とサイドシルインナ21の側壁と
フロア1とにより箱状閉断面部が形成される。
この補強板5の底面52とリヤサイドメンバ4
の底面42の重合部下方には、後輪懸架装置を取
り付けるためのブラケツト6が固定される。この
ブラケツト6は第3図に示すように固定用のボル
トを通すための3つの貫通孔6aを上面61に有
し、後輪懸架装置のトレーリングアーム7の軸部
7aを軸支して支持する一対の軸孔6bを一対の
張出部62に有している。
第2図に示すように、後輪懸架装置のトレーリ
ングアーム7の軸部7aを軸支するブラケツト6
は補強板5で補強されたリヤサイドメンバ4の底
面42に固定され、この補強板5は左右両側縁5
a,5bをリヤサイドメンバ4とサイドシル2の
側壁41,21(サイドシルインナ)に固着さ
れ、さらに後部に節となる縦面51(第2図では
省略、第1図参照)を有しているから、このブラ
ケツト6の取付部はリヤサイドメンバ4のねじり
に対する剛性においても、またブラケツト6から
上下方向の荷重に対する剛性においても十分な強
度を有し、実用上、堅固な後輪懸架装置取付部の
構造が実現される。
なお、上記構造において、さらに強度を向上さ
せるため、リヤサイドメンバ4とフロア1との間
に形成される空間3を、補強板5の後方において
さらに上下に仕切る水平仕切板を設けるようにし
てもよい。このような実施例を第4図に示す。
第4図は補強板5′の後部の縦面51′の高さを
第1図の実施例より多少低くして、この縦面5
1′の上端に前記空間3の水平仕切り板8を連設
し、この水平仕切り板8の左右両側縁8a,8b
をリヤサイドメンバ4の側壁41と、リヤタイヤ
ハウス9の側壁にそれぞれ固着した例を示すもの
である。このように水平仕切り板8を増設すれ
ば、リヤサイドメンバ4のねじり剛性はさらに向
上し、一層強度の大きい車体構造とすることがで
きる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明の後部車体構造の一実施例を示
す分解斜視図、第2図は同じくその組立状態を示
す第1図の−線断面図、第3図は本発明の車
体構造の後輪懸架装置取付部に取り付けられるブ
ラケツトと懸架装置のトレーリングアームを示す
分解斜視図、第4図は本発明の後部車体構造に使
用される補強板の異なつた例を示す斜視図、第5
図は本発明を適用した車体のの要部斜視図であ
る。 1……フロア、2……サイドシル、4……リヤ
サイドメンバ、5……補強板、6……後輪懸架装
置取付用ブラケツト、21……サイドシルイン
ナ、22……サイドシルアウタ、41……リヤサ
イドメンバの側壁、42……リヤサイドメンバの
底面、51……補強板の縦面。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1 フロア、 フロアの側縁に固着され、車体前後方向に延び
    る閉断面構造のサイドシル、 フロアの下面に固着され、フロアとの間に車体
    前後方向に延びる閉断面を形成し、前部が前記サ
    イドシルの側壁に固着されたリヤサイドメンバ、 前記サイドシルとリヤサイドメンバとフロアと
    により形成された閉断面部内に配置され、前記リ
    ヤサイドメンバの底面に重合されるとともにその
    両側縁部に立設されたフランジ部がこのリヤサイ
    ドメンバおよび前記サイドシルの側壁にそれぞれ
    固着される底面部と、この底面部の後部に上方に
    延びて立設されるとともにその両側縁部に形成さ
    れたフランジ部が前記リヤサイドメンバの側壁に
    それぞれ固着される縦面とを有し、この縦面によ
    つて前記閉断面部を前後に仕切る補強板、および この補強板の底面部と前記リヤサイドメンバの
    底面との重合部下面に固定された後輪懸架装置取
    付用ブラケツトからなり、 上記補強板とリヤサイドメンバの側壁とサイド
    シルの側壁とフロアとにより箱状閉断面部が形成
    されていることを特徴とする自動車の後部車体構
    造。 2 前記リヤサイドメンバは、チヤンネル状の断
    面を有し、このリヤサイドメンバの車体内方の側
    壁の前部が車体外方向に屈曲されてその側壁の前
    端縁が前記サイドシルの側壁に固着されているこ
    とを特徴とする特許請求の範囲第1項記載の自動
    車の後部車体構造。
JP974182A 1982-01-25 1982-01-25 自動車の後部車体構造 Granted JPS58128967A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP974182A JPS58128967A (ja) 1982-01-25 1982-01-25 自動車の後部車体構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP974182A JPS58128967A (ja) 1982-01-25 1982-01-25 自動車の後部車体構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS58128967A JPS58128967A (ja) 1983-08-01
JPH028944B2 true JPH028944B2 (ja) 1990-02-27

Family

ID=11728730

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP974182A Granted JPS58128967A (ja) 1982-01-25 1982-01-25 自動車の後部車体構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS58128967A (ja)

Families Citing this family (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS61125883U (ja) * 1985-01-25 1986-08-07
JPH0348948Y2 (ja) * 1985-09-10 1991-10-18
JPH0513671Y2 (ja) * 1986-01-10 1993-04-12
US5180206A (en) * 1988-07-19 1993-01-19 Suzuki Motor Corporation Structure for vehicular body of automotive vehicle
JPH0746607Y2 (ja) * 1988-09-22 1995-10-25 マツダ株式会社 自動車の下部車体構造
KR100411490B1 (ko) * 2001-06-07 2003-12-18 현대자동차주식회사 트레일링 암 고정부
FR2970459B1 (fr) * 2011-01-18 2013-02-15 Peugeot Citroen Automobiles Sa Liaison entre le longeron interieur et le longeronnet avant de la caisse d'un vehicule automobile et vehicule ainsi equipe
FR3094326B1 (fr) * 2019-03-28 2021-02-26 Psa Automobiles Sa Structure arrière de caisse de véhicule automobile comportant des platines de renfort fixées sur les longeronnets avant
JP7161514B2 (ja) * 2020-11-10 2022-10-26 本田技研工業株式会社 車体下部構造

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5732895Y2 (ja) * 1977-10-03 1982-07-20
JPS56152774U (ja) * 1980-04-14 1981-11-16

Also Published As

Publication number Publication date
JPS58128967A (ja) 1983-08-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4950025A (en) Automobile rear body structure
JPH02246877A (ja) 自動車の前部車体構造
JP2000016338A (ja) リヤダンパハウス構造
JPH10244963A (ja) 自動車の後部車体構造
JPH028944B2 (ja)
JPH02258481A (ja) 車両の後部車体構造
JP3311797B2 (ja) 自動車の下部車体構造
JP3693899B2 (ja) 自動車における車体前部の衝撃力吸収構造
JP3181101B2 (ja) 自動車の下部車体構造
JP3321065B2 (ja) 自動車の車体フレーム補強構造
JPH0622594Y2 (ja) 自動車のエンジンマウント取付け体構造
JPH02293277A (ja) 自動車の前部車体構造
JPH0452103Y2 (ja)
JPS5936540Y2 (ja) 後部車体構造
JPH02293276A (ja) 自動車の前部車体構造
JPS58133967A (ja) 自動車の後部車体構造
JPS6320619Y2 (ja)
JPH0574513B2 (ja)
JPH0617670Y2 (ja) 自動車の下部車体構造
JPH0712193Y2 (ja) 自動車のフロア構造
JPH0545590Y2 (ja)
JPH0459489A (ja) 車両の前部車体構造
JPH01309880A (ja) 車両の前部車体構造
JPH0439821Y2 (ja)
KR20110020979A (ko) 서스펜션 입력점부 차체 강성 구조