JP2010275042A - ダブルデッキエレベーター - Google Patents

ダブルデッキエレベーター Download PDF

Info

Publication number
JP2010275042A
JP2010275042A JP2009127690A JP2009127690A JP2010275042A JP 2010275042 A JP2010275042 A JP 2010275042A JP 2009127690 A JP2009127690 A JP 2009127690A JP 2009127690 A JP2009127690 A JP 2009127690A JP 2010275042 A JP2010275042 A JP 2010275042A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
car
pulley
position adjusting
wound around
adjusting rope
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009127690A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5280300B2 (ja
Inventor
Katsuharu Shudo
克治 首藤
Takeshi Ogasawara
剛 小笠原
Hiroichi Miyata
弘市 宮田
Fumiyoshi Ishi
文良 石
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Ltd
Original Assignee
Hitachi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Ltd filed Critical Hitachi Ltd
Priority to JP2009127690A priority Critical patent/JP5280300B2/ja
Priority to CN2010101893693A priority patent/CN101920884B/zh
Publication of JP2010275042A publication Critical patent/JP2010275042A/ja
Priority to HK11104192.5A priority patent/HK1149921A1/xx
Application granted granted Critical
Publication of JP5280300B2 publication Critical patent/JP5280300B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】かご位置調整ロープが、ガイドレールと干渉することがないとともに、かごの重心を支えることのできるダブルデッキエレベーターの提供。
【解決手段】主枠の内側に配置され、一対の上かごガイドレール2に沿って上下動可能な上かご3と、この上かごの下部に取付けられる上かごプーリ4a、4bと、主枠の内側で上かごの下方に配置され、一対の下かごガイドレールに沿って上下動可能な下かごと、この下かごの下部に取付けられる下かごプーリと、上かご及び下かごを主枠に対して吊り下げるかご位置調整ロープとを備えたダブルデッキエレベーターにおいて、対となって互いに対峙する上かごプーリ、及び下かごプーリのそれぞれを、レール芯と交差するように斜めに取付けるとともに、上かごプーリに巻き掛けられたかご位置調整ロープの軌跡9aと、下かごプーリに巻き掛けられたかご位置調整ロープの軌跡とが交差するように配置した。
【選択図】図2

Description

本発明は、主枠内に上下2つのかごを有するダブルデッキエレベーターに関する。
従来、主枠内の上下2つのかごを移動可能としたダブルデッキエレベーターにあっては、上かごの上部に、上かご及び下かごを上下動させることにより両者の間隔を変化させるかご位置調整駆動装置を設置し、このかご位置調整駆動装置と上かごのかご下、及び下かごのかご下に設けたプーリにかご位置調整ロープを巻き掛けた構成としている(例えば、特許文献1参照)。
特開2007−331871(段落番号0008〜0015、図1)
しかしながら、前述した従来のダブルデッキエレベーターでは、かご位置調整ロープによる上かご及び下かごの吊位置の説明がなく、上かご及び下かごを案内するガイドレールと干渉することなくどのようにローピングを行なうかについては特に言及されていなかった。
本発明は、前述した従来技術における実状からなされたもので、その目的は、かご位置調整ロープが、ガイドレールと干渉することがないとともに、かごの重心を支えることのできるダブルデッキエレベーターを提供することにある。
前記目的を達成するために、本発明の請求項1に係る発明は、昇降路内を昇降する主枠と、この主枠の内側に配置され、一対の上かごガイドレールに沿って上下動可能な上かごと、この上かごの下部に取付けられる2つの上かごプーリと、前記主枠の内側で前記上かごの下方に配置され、一対の下かごガイドレールに沿って上下動可能な下かごと、この下かごの下部に取付けられる2つの下かごプーリと、前記主枠の上部に搭載され、かつ、かご位置調整駆動シーブを有し、前記上かご及び前記下かごを上下動させることにより両者の間隔を変化させるかご位置調整駆動装置と、前記かご位置調整駆動シーブ、前記上かごプーリ、及び前記下かごプーリに巻き掛けられ、前記上かご及び前記下かごを前記主枠に対して吊り下げるかご位置調整ロープとを備えたダブルデッキエレベーターにおいて、対となって互いに対峙する前記上かごプーリ、及び前記下かごプーリのそれぞれは、レール芯と交差するように斜めに取付けられるとともに、前記上かごプーリに巻き掛けられた前記ご位置調整用ロープの軌跡と、前記下かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡とが交差するように配置されることを特徴としている。
このように構成した本発明の請求項1に係る発明では、対となって互いに対峙する上かごプーリ、及び下かごプーリのそれぞれを、レール芯と交差するように斜めに取付けることで、上かごガイドレール及び下かごガイドレールと干渉しないかご位置調整ロープのローピングを可能とするとともに、かご位置調整ロープがかごの重心を支えることを可能とした。また、上かごプーリに巻き掛けられたかご位置調整ロープの軌跡と、下かごプーリに巻き掛けられたかご位置調整ロープの軌跡とは交差するものであることから、上かごのローピングと、下かごのローピングが互いに干渉することがない。
また、本発明の請求項2に係る発明は、対となる上かご緩衝器は、前記上かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡と交差する位置に配置されるとともに、対となる下かご緩衝器は、前記下かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡と交差するように配置されることを特徴としている。
このように構成した本発明の請求項2に係る発明では、対となる上かご緩衝器を、上かごプーリに巻き掛けられたかご位置調整ロープの軌跡と交差する位置に配置するとともに、対となる下かご緩衝器を、下かごプーリに巻き掛けられたかご位置調整ロープの軌跡と交差するように配置することで、緩衝器がかごプーリと干渉することのない構造とすることができる。
本発明によれば、ガイドレールと干渉しないかご位置調整ロープのローピングを可能とした。また、かご位置調整ロープがかごの重心を支えることも可能とし、これによって、かごの偏荷重を軽減し、走行中の振動が少なく乗り心地の良いエレベーターとすることができる。
本発明が適用されるダブルデッキエレベーターの概略構成図である。 本発明に係るダブルデッキエレベーターの第1の実施例を示す上かごの上面図である。 本発明に係るダブルデッキエレベーターの第1の実施例を示す下かごの上面図である。 本発明に係るダブルデッキエレベーターの第2の実施例を示す上かごの上面図である。 本発明に係るダブルデッキエレベーターの第2の実施例を示す下かごの上面図である。
以下、本発明に係るダブルデッキエレベーターの実施例を図により説明する。
ダブルデッキエレベーターは、図1に示すように、昇降路内を昇降する主枠1と、この主枠1の内側に配置され、一対の上かごガイドレール2に沿って上下動可能な上かご3と、この上かご3の下部に取付けられる2つの上かごプーリ4a、4bと、主枠1の内側で上かご3の下方に配置され、一対の下かごガイドレール5に沿って上下動可能な下かご6と、この下かご6の下部に取付けられる2つの下かごプーリ7a、7bと、主枠1の上部に搭載され、かつかご位置調整駆動シーブ8aを有し、上かご3及び下かご6を上下動させることにより両者の間隔を変化させるかご位置調整駆動装置8と、かご位置調整駆動シーブ8a、上かごプーリ4a、4b、及び下かごプーリ6a、6bに巻き掛けられ、上かご3及び下かご6を主枠1に対して吊り下げるかご位置調整ロープ9とを備えている。このかご位置調整ロープ9は、一端が上部梁1fに弾性体14を介して固定され、他端は、中間梁1dに弾性体15を介して固定されている。
主枠1は、一対の縦枠1a、1b、上梁1c、中間梁1d、下梁1e、及びかご位置調整駆動装置8が載置される上部梁1fから形成されている。また、上部梁1fと中間梁1dとの間に、かご位置調整ロープ9により垂下された上かご3が配置されるとともに、中間梁1dと下梁1eとの間に、かご位置調整ロープ9により垂下された下かご6が配置される。さらに、中間梁1d上には、上かご緩衝器10が設けられているとともに、下梁1e上には、下かご緩衝器11が設けられている。さらにまた、主枠1の四隅には、昇降路に立設されたガイドレール12に摺接するガイドシュー13が取付けられている。そして、主ロープ14を介して昇降路に垂下された主枠1は、ガイドレール12に沿って上下に移動する。
対となって互いに対峙する上かごプーリ4a、4b、及び下かごプーリ7a、7bのそれぞれは、図2及び図3に示すように、レール芯と交差するように斜めに取付けられるとともに、上かごプーリ4a、4bに巻き掛けられたかご位置調整ロープ9の軌跡9aと、下かごプーリ7a、7bに巻き掛けられたかご位置調整ロープ9の軌跡9bとが交差するように配置されている。即ち、図中、下を手前とした場合、図2に示すように、上かごプーリ4aは上かごガイドレール2の奥、上かごプーリ4bは上かごガイドレール2の手前、図3に示すように、下かごプーリ7aは下かごガイドレール5の手前、下かごプーリ7bは下かごガイドレール5の奥にそれぞれ配置される。
上かご緩衝器10は、図2に示すように、対となるように2つ設けられるとともに、上かごプーリ4a、4bに巻き掛けられたかご位置調整ロープ9の軌跡9aと交差する位置に配置されている。また、下かご緩衝器11は、対となるように2つ設けられるとともに、下かごプーリ7a、7bに巻き掛けられたかご位置調整ロープ9の軌跡9bと交差するように配置されている。
第1の実施例にあっては、対となって互いに対峙する上かごプーリ4a、4b、及び下かごプーリ7a、7bのそれぞれを、レール芯と交差するように斜めに取付けることで、上かごガイドレール2及び下かごガイドレール5と干渉しないかご位置調整ロープ9のローピングを可能とするとともに、かご位置調整ロープ9がかごの重心を支えることを可能とした。また、上かごプーリ4a、4bに巻き掛けられたかご位置調整ロープ9の軌跡9aと、下かごプーリ7a、7bに巻き掛けられたかご位置調整ロープ9の軌跡9bとは交差するものであることから、上かご3のローピングと、下かご6のローピングが互いに干渉することがない。
第1の実施例によれば、上かごガイドレール2及び下かごガイドレール5と干渉しないかご位置調整ロープ9のローピングを可能とした。また、かご位置調整ロープ9が上かご3及び下かご6の重心を支えることも可能とし、これによって、上かご3及び下かご6の偏荷重を軽減し、走行中の振動が少なく乗り心地の良いエレベーターとすることができる。
ここで、図4及び図5に基づき本発明に係る第2の実施例を説明する。なお、前述したものと同等のものには同一符号が付してある。
第2の実施例にあっては、上かごプーリ4a、4b及び下かごプーリ7a、7bの配置が、前述した第1の実施例に示すものと逆の組み合わせとなっている。即ち、図中、下を手前とした場合、図4に示すように、上かごプーリ4aは上かごガイドレール2の手前、上かごプーリ4bは上かごガイドレール2の奥、図5に示すように、下かごプーリ7aは下かごガイドレール5の奥、下かごプーリ7bは下かごガイドレール5の手前にそれぞれ配置される。
第2の実施例によれば、前述したものと同様の効果を得ることができる。
1 主枠
2 上かごガイドレール
3 上かご
4a、4b 上かご
5 下かごガイドレール
6 下かご
7a、7b 下かごプーリ
8 かご位置調整駆動装置
8a かご位置調整駆動シーブ
9 かご位置調整ロープ
10 上かご緩衝器
11 下かご緩衝器
12 ガイドレール
13 ガイドシュー
14 主ロープ

Claims (2)

  1. 昇降路内を昇降する主枠と、この主枠の内側に配置され、一対の上かごガイドレールに沿って上下動可能な上かごと、この上かごの下部に取付けられる2つの上かごプーリと、前記主枠の内側で前記上かごの下方に配置され、一対の下かごガイドレールに沿って上下動可能な下かごと、この下かごの下部に取付けられる2つの下かごプーリと、前記主枠の上部に搭載され、かつかご位置調整駆動シーブを有し、前記上かご及び前記下かごを上下動させることにより両者の間隔を変化させるかご位置調整駆動装置と、前記かご位置調整駆動シーブ、前記上かごプーリ、及び前記下かごプーリに巻き掛けられ、前記上かご及び前記下かごを前記主枠に対して吊り下げるかご位置調整ロープとを備えたダブルデッキエレベーターにおいて、
    対となって互いに対峙する前記上かごプーリ、及び前記下かごプーリのそれぞれは、レール芯と交差するように斜めに取付けられるとともに、前記上かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡と、前記下かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡とが交差するように配置されることを特徴としたダブルデッキエレベーター。
  2. 対となる上かご緩衝器は、前記上かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡と交差する位置に配置されるとともに、対となる下かご緩衝器は、前記下かごプーリに巻き掛けられた前記かご位置調整ロープの軌跡と交差するように配置されることを特徴とした請求項1記載のダブルデッキエレベーター。
JP2009127690A 2009-05-27 2009-05-27 ダブルデッキエレベーター Expired - Fee Related JP5280300B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009127690A JP5280300B2 (ja) 2009-05-27 2009-05-27 ダブルデッキエレベーター
CN2010101893693A CN101920884B (zh) 2009-05-27 2010-05-24 双层电梯
HK11104192.5A HK1149921A1 (en) 2009-05-27 2011-04-27 Double-deck elevator

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009127690A JP5280300B2 (ja) 2009-05-27 2009-05-27 ダブルデッキエレベーター

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010275042A true JP2010275042A (ja) 2010-12-09
JP5280300B2 JP5280300B2 (ja) 2013-09-04

Family

ID=43336147

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009127690A Expired - Fee Related JP5280300B2 (ja) 2009-05-27 2009-05-27 ダブルデッキエレベーター

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP5280300B2 (ja)
CN (1) CN101920884B (ja)
HK (1) HK1149921A1 (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111252647A (zh) * 2020-03-11 2020-06-09 长沙宁湖机械设备有限公司 一种三厢双层停靠式电梯
JP2020147441A (ja) * 2019-03-15 2020-09-17 フジテック株式会社 ダブルデッキエレベータ

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5641979B2 (ja) * 2011-03-01 2014-12-17 東芝エレベータ株式会社 ダブルデッキエレベータの制御装置
JP5462843B2 (ja) * 2011-08-04 2014-04-02 株式会社日立製作所 ダブルデッキエレベータおよびその制御方法

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS53109355A (en) * 1977-03-07 1978-09-25 Hitachi Ltd Elevator
JP2000309482A (ja) * 1999-04-23 2000-11-07 Toshiba Corp エレベーター装置
JP2001226053A (ja) * 2000-02-16 2001-08-21 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ装置
JP2007331871A (ja) * 2006-06-14 2007-12-27 Mitsubishi Electric Corp ダブルデッキエレベータ

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4517506B2 (ja) * 2000-12-26 2010-08-04 フジテック株式会社 ダブルデッキエレベータ
JP2005089135A (ja) * 2003-09-18 2005-04-07 Toshiba Elevator Co Ltd ダブルデッキ式エレベータ
SG115739A1 (en) * 2004-03-17 2005-10-28 Inventio Ag Equipment for fine positioning of the cages of a multi-stage cage for a lift
JP2007055799A (ja) * 2005-08-26 2007-03-08 Toshiba Elevator Co Ltd 階間調整機能付きダブルデッキエレベータ

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS53109355A (en) * 1977-03-07 1978-09-25 Hitachi Ltd Elevator
JP2000309482A (ja) * 1999-04-23 2000-11-07 Toshiba Corp エレベーター装置
JP2001226053A (ja) * 2000-02-16 2001-08-21 Toshiba Elevator Co Ltd エレベータ装置
JP2007331871A (ja) * 2006-06-14 2007-12-27 Mitsubishi Electric Corp ダブルデッキエレベータ

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2020147441A (ja) * 2019-03-15 2020-09-17 フジテック株式会社 ダブルデッキエレベータ
JP7003954B2 (ja) 2019-03-15 2022-01-21 フジテック株式会社 ダブルデッキエレベータ
CN111252647A (zh) * 2020-03-11 2020-06-09 长沙宁湖机械设备有限公司 一种三厢双层停靠式电梯

Also Published As

Publication number Publication date
HK1149921A1 (en) 2011-10-21
JP5280300B2 (ja) 2013-09-04
CN101920884B (zh) 2012-09-26
CN101920884A (zh) 2010-12-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2010275042A (ja) ダブルデッキエレベーター
KR101494583B1 (ko) 더블-데크 엘리베이터
JPWO2007122702A1 (ja) エレベータ装置
JP6738964B2 (ja) エレベーター
JP2013147336A (ja) エレベータの釣り合い錘装置
JP2004175510A (ja) エレベータ装置
CN105314497B (zh) 电梯
JP2015151230A (ja) エレベータ用主ロープ振れ止め装置
JP2016210583A (ja) エレベータ
JP6603626B2 (ja) かご位置調整ロープの交換方法
JP2010528958A (ja) トラクション部材と整列するガイド軸を有するエレベータシステム
JP5692816B2 (ja) エレベータ装置
JP4474306B2 (ja) エレベーター装置
JP2007022673A (ja) エレベータのロープ振れ止め装置
JP2015168533A (ja) エレベータ装置
CN104418212B (zh) 电梯
JP2006016184A (ja) Cwtレスエレベータ装置
JP5253285B2 (ja) エレベータ装置
JP2012144363A (ja) エレベータの釣合い錘
JP2016026976A (ja) エレベータ装置
JP6694598B2 (ja) ダブルデッキエレベータ及びその駆動方法
WO2014006667A1 (ja) エレベーターロープの振れ止め装置
JPWO2006123393A1 (ja) エレベータ装置
JP6591362B2 (ja) エレベーター振動防止装置
JP6095026B2 (ja) エレベータ装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110627

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20121220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130108

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130306

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130514

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130522

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Ref document number: 5280300

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees