JPS6328500A - し尿系汚水の処理装置 - Google Patents

し尿系汚水の処理装置

Info

Publication number
JPS6328500A
JPS6328500A JP61171416A JP17141686A JPS6328500A JP S6328500 A JPS6328500 A JP S6328500A JP 61171416 A JP61171416 A JP 61171416A JP 17141686 A JP17141686 A JP 17141686A JP S6328500 A JPS6328500 A JP S6328500A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
treatment
tank
biological treatment
membrane
treated
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP61171416A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0667520B2 (ja
Inventor
Yasuhiko Ishii
保彦 石井
Yasunobu Murakami
村上 恭庸
Shigeki Kagi
嘉義 茂樹
Takero Misaki
岳郎 三崎
Hideaki Komune
小宗 日出昭
Kensuke Matsui
謙介 松井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kurita Water Industries Ltd
Original Assignee
Kurita Water Industries Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kurita Water Industries Ltd filed Critical Kurita Water Industries Ltd
Priority to JP61171416A priority Critical patent/JPH0667520B2/ja
Publication of JPS6328500A publication Critical patent/JPS6328500A/ja
Publication of JPH0667520B2 publication Critical patent/JPH0667520B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Treatment Of Sludge (AREA)
  • Separation Using Semi-Permeable Membranes (AREA)
  • Separation Of Suspended Particles By Flocculating Agents (AREA)
  • Purification Treatments By Anaerobic Or Anaerobic And Aerobic Bacteria Or Animals (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 [産業上の利用分野] 本発明は、し尿又はし尿の他に家庭用浄化槽などの浄化
槽から発生する浄化槽汚泥などのし尿系汚水(以下、車
に「し尿」という、)を処理するための装置に関する。
[従来の技術] 従来、通常行なわれているし尿処理は、■ 目開き3〜
5mm程度のスクリーンでし清を除去した除清し尿を生
物学的硝化脱窒処理し、これを凝集沈殿処理した後、濾
過、活性炭吸着処理等の三次処理を行うもの。
■ し尿を直接脱水処理して固形物の大部分を除去した
後、その分離水を生物処理し、この処理液を凝集沈殿処
理、濾過、活性炭扱者で処理するもの。
■ し尿を生物処理した後、限外濾過膜を用い汚泥分i
処理するもの。
等である。
[発明が解決しようとする問題点] しかしながら、上記従来法によっては、いずれも良好な
し尿処理を行なうことができなかった。
即ち、前記■の、除渣し尿を生物学的硝化脱窒処理し、
これを凝集沈殿処理した後、濾過、活性炭吸着処理する
方法では、し尿中に含まれるSSに起因して、硝化脱窒
槽での発泡が著しいこと及び硝化脱窒!A埋木中に未分
解物質が妥留し、処理水のCOD van、色度が高い
こと等の問題点があり、更にこれにより後工程の凝集沈
殿処理や活性炭吸着処理における凝集特性や活性炭吸着
特性に悪影響を及ぼすという欠点があった。しかも、こ
の場合、凝集性@槽、濾過塔、活性炭吸着塔や逆洗排水
槽が必要となり、敷地面積が広くなるという問題もある
また、前記■においても、前記■と同様に三次処理設備
が必要であるという問題がある。
前記■においては、限外1J1.過膜でSSはもちろん
、溶解性のCOD MTlや色度まで除去され、処理水
は良好となる。一方、除去された成分は、そのままある
いは、返送汚泥として生物処理槽へ戻される。返送され
た成分のうち、SSに基因するものは生物分解を受ける
が、COD Mnや色度はほとんど分解されず、生物処
理槽に蓄積される。しかして、(: OD Mnや色度
成分が増加すると、限外濾過膜の透A流束は低下してく
る。
COD Mnや色度の蓄積は、処理装置の全体構成が、
膜分離装置の!l1ifi液を生物処理系統に戻さず系
外に排出する一過式のものであれば問題はない、しかし
、この−過膜の場合、汚泥返送がないため生物処理が不
安定であると共に、高濃縮するので膜の面積を多くとら
なくてはならない。このためCODmや色度成分の増加
による、限外濾過膜の透過流束(Flux)の低下を解
決することは極めて難しい。
一方、生物処理における余剰物質は、一般に、余剰汚泥
として処理するが、余剰汚泥をそのまま廃棄する場合は
少なく、通常、脱水してケーキを廃棄あるいは焼却し、
脱水濾液は生物処理槽へ戻す。この脱水処理には、高分
子凝集剤、特にカチオンポリマーを使用するのが一般的
であるが、この場合、CODMnや色度は殆ど除去され
ない。無機凝集剤を高分子凝集剤と共に用い、無機凝集
剤の添加量を多くすれば、COD Mnや色度は除去さ
れるが、ケーキ含水率は高い等の難点がある。
し問題点を解決するための手段] 本発明は、上記従来の問題点を解消し、し層系汚水を膜
分離装置を用いて処理するに際し、膜で除去される物質
の濃縮を防ぎ、処理を安定させると共に、処理水質を向
上させることができるし層系汚水の処理装置を提供する
ことを目的としている。
この目的を達成するために、本発明のし層系汚水の処理
装置は、し層系汚水を凝集脱水する手段と、該凝集脱水
手段からの分離水を生物処理する手段と、該生物処理手
段からの処理液を膜分離する手段と、系内の余剰汚泥を
無機凝集剤で凝集処理する手段と、凝!#、処理した余
剰汚泥を前記凝集脱水手段に返送する手段とを備えるよ
うにしたものである。
[作用] 本発明の装置においては、し層系汚水を直接凝集脱水す
る手段を備え、し尿系汚水中の固形分の大部分を予め除
去するので、後続の生物処理手段において、SSに起因
する発泡が抑制されると共に、生物処理液のCOD M
nや色度等が低く良好な処理液が得られる。また、この
処理液を@処理するので、膜の目詰りが少なく、処理水
水質および透過液量を向上させることができると共に、
運転寿命が格段に延長される。
また、系内の余剰汚泥に無機凝集剤を添加した後凝集処
理し、更に前段の凝集脱水手段に戻すため、COD M
nや色度の蓄積・濃縮が防止される。
特に、有機性窒素の除去により生物処理、特に硝化処理
の安定化が図れる。また、無機凝集剤の使用により、高
分子凝集剤では凝集させ難い高分子の発泡性物質の凝集
固定が可能となり、生物処理槽における発泡がより軽減
され、良好な生物処理が可能となる。
[実施例] 以下図面を参照して実施例について説明する。
第1図は本発明の実施例装置の系統図である。
第1図において、し層系汚水は配管11より凝集槽1に
送られ、槽内で配管12からのカチオンポリマー等の凝
集剤により凝集処理される。この場合、凝集剤のカチオ
ンポリマーとしては、DAM/AM系、マンニッヒ化合
物等が用いられる。
なお、本実施例において、凝集槽1に送られるし尿は生
し尿であるが、本発明においては目開き3〜5mm程度
のスクリーン等によって夾雑物を除去された除渣し尿を
凝集槽1に導入しても良い。
凝集槽1の凝集物は、次いで配管13より脱水手段Aに
送給し、脱水処理する。脱水手段Aの構成には特に制限
はないが、図示の如く、ロータリースクリーン2(目開
き0.3〜1mm程度)で前濃縮した後、脱水機3で脱
水する構成とすることもできる。ロータリースクリーン
2及び脱水機3で脱水処理されて得られたケーキは、ケ
ーキ取出手段14により排出され焼却処理あるいは土壌
還元等によって処分される。
一方、脱水処理手段Aで分離された分離水、即ち、スク
リーン濾液及び脱水濾液は、配管15.16により貯留
槽4に送給された後、配管17より生物処理槽5へ送ら
れる。
本発明において、生物処理a!5としては、硝化脱窒処
理槽、好気性処理槽、は気性処理槽等が採用される。
生物処理槽5として硝化脱窒槽を採用した場合において
は、槽5内において、BOD成分の分解や窒素成分の硝
化脱窒処理が施される。
生物処理槽5の生物処理液は配管18より限外濾過原水
槽6に送給される。限外濾過原水槽6において、過剰の
汚泥分の一部は配管19より生物処理槽5に返送汚泥と
して返送される。また、残部は配管20より余剰汚泥と
して凝集槽1に返送されるが、その際、配管21より無
機凝集剤が添加される。無機凝集剤としては、FeCl
2、ポリ硫酸鉄等のFe塩、硫酸バンド、ポリ塩化アル
ミニウム(PAC)等のA1塩、その他の無機凝集剤を
用いることができる。この場合、凝集pH域は中性以下
で、例えば鉄塩を用いた場合には、必要に応じてpH調
整剤等を添加することにより、pH4〜5.5程度に調
整するのが望ましい。
この場合、余剰汚泥に予め無機凝集剤を添加した後凝集
槽1に送給することは極めて重要である。即ち、無機凝
集剤を予め添加せずに、凝集槽1においてポリマーと共
に添加した場合には、無機凝集剤はし尿系汚水の凝集に
消費されてしまい、余剰汚泥の凝集作用が殆どなくなっ
てしまう。
一方、限外濾過原水槽6の液分は、配管22より限外濾
過膜分離装置7に送られる。限外濾過膜分離装置7にお
いては、液中の高分子量物質(例えば分子量20,00
0以上)の殆どが除外される。限外濾過膜分離装置7の
濃縮液は、配管23より限外:61A原水槽6に返送さ
れ、透過液は配管24より処理水として取り出され、放
流工程に送られる。
なお、本発明において、膜分離手段は第1図に示すよう
な限外濾過膜分離装置に限られず、精密濾過装置、逆浸
透膜分離装置、あるいはこれらを併用した多段膜分離手
段としてもよい。
第2図は他の実施例を示すもので、図中、第1図と同じ
部分は同一符号を付してその説明を省略する。:@2図
の実施例は、第1図における貯留槽4と限外濾過原水槽
6を省いたものであって、脱水手段Aの濾液は配管15
.16より生物処理槽5に送給され、生物処理液は配管
25より直接限外濾過膜分離装置7に送給される。しか
して、限外濾過膜分離装置7の濃縮液は配管26.27
により一部は生物処理槽5に返送され、残部は配管28
より余剰汚泥として、配管21からの無機凝集剤と共に
凝集槽1に送給されて凝集処理される。なお、この場合
、限外濾過膜分離装置7の濃縮液はその全量を生物処理
槽5に返送し、生物処理槽5から余剰汚泥を抜き出し凝
集槽1に送給するようにしてもよい。
このように構成された本発明の装置においては、生物処
理液中の溶解性物質は凝集処理を受け、脱水ケーキとし
て系外に取り出され得るものであるので、生物処理液か
らの溶解性物質の分離が可能となり、この生物処理液中
における蓄積が防止されるように/♂る。このようにし
て、COD Mn、色度、リン、有機性窒素が系外へ除
去され、処理系内での水質濃縮が防止され、効率的な!
A埋が可能とされる。
実験例1(本発明例) 第1図に示す本発明の装置により、し尿(平均水N: 
BOD=112oomg/λ、SS=16000mg/
、りの処理を行なった。ただし、生物処理4v sとし
ては曝気槽を用い、限外濾過膜分離装置7の濃縮液は全
量曝気槽に返送し、曝気槽から余剰汚泥を抜き取った。
また、脱水処理手段としては、スクリュープレスを用い
た。
装置の各部の仕様を以下に示す。
し尿処理量:  10mゝ/日 曝  気  4i  :   M  I  S  S 
=  1 5 7 0 0 m g/ fL余剰汚泥引
抜量:3m’/日 限外濾過膜分離装置・ 型式=平膜型 膜面積=12rn’ 平均圧力= 2 k g / cゴ 膜面流速−1,5m/s このような装置において、十分il1%の行なわれた汚
泥を用い、1ケ月間運転した。ただし、運転を開始して
、14巳間は余剰汚泥にFeCA3を添加せず、し尿と
余剰汚泥を混合したものにカチオンポリマー(栗田工業
■製 クリフィックスCP659)を対スラリー250
 m g / n添加した。その結果、得られた脱水ケ
ーキの含水率は62%であフた。また、生物処理槽のC
OD Mn(0,45μ濾紙で濾過した濾液中:溶解性
物質と考えらねる)は徐々に増加した。それと同時に限
外濾過膜の透過流束(Flux)は低下し、処理水の(
ODMnも増加した。
14日目以降から余剰汚泥にFeC,Q:iを1900
 m g / 1 m加した。FeCfL3を添加した
余剰汚泥のPHは5.1(平均)であった。その結果、
生物処理槽のCODカは増加せず、横ばいから減少の傾
向となった。また、Fluxは横ばい傾向となり、処理
水のCOD Mnも横ばいから減少の傾向となった。カ
チオンポリマーの添加率は250 m g / flで
、脱水ケーキ含水率は60%となった。この試験結果を
まとめて第3図に示す。
第3図より、余剰汚泥にFeCA3を添加することによ
り、FluXの低下を防ぎ、処理水を安定化することが
できることが明らかである。
[発明の効果] 以上詳述した通り、本発明のし尿汚水の処理装置は、し
尿汚水を凝集脱水する手段と、該凝集脱水手段からの分
離水を生物処理する手段と、該生物処理手段からの処理
液を膜分離する手段と、県内の余剰汚泥を無機す集剤で
凝集処理する手段と、凝集処理した余剰汚泥を前記凝集
脱水手段に返送する手段とを備えるよう構成したもので
あり、 ■ 生物処理液中のCOD Mn、色度等が凝集除去さ
れるため、分だ膜の透過流束が低下せず、処理が安定化
され乙。
■ 余剰汚泥のi凝集物をし尿系汚水の凝集物と混合し
て脱水するため、得られるケーキの含水率が低い。
■ リンの除去も同時に行なわれる。
■ 有機性窒素が除去され、生物処理、特に硝化処理が
安定する。
■ 高分子の発泡性物質を凝集固定でき、生物処理槽で
の発泡が少なくなり、生物処理が安定する。また、消泡
剤使用量を低減でき、消泡剤による生物への悪影響を改
善することができる。
等の効果が奏される。
従って、本発明の装置によれば、し尿に含まれる窒素、
リン、COD、BOD、33等を効率的に除去して、極
めて優れた水質の処理水を安定して得ることができる。
【図面の簡単な説明】
第1図および第2図は本発明の実施例9買の系統メであ
る。第3図は実験例における測定結果を示すグラフであ
る。 A・・・脱水手段、 1・・・凝集相、 2・・・ロータリースクリーン、 3・・・脱水機、 5・・・生物処理槽、 7・・・限外濾過膜分難装置。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)し尿系汚水を凝集脱水する手段と、該凝集脱水手
    段からの分離水を生物処理する手段と、該生物処理から
    の処理液を膜分離する手段と、系内の余剰汚泥を無機凝
    集剤で凝集処理する手段と、凝集処理した余剰汚泥を前
    記凝集脱水手段に返送する手段とからなることを特徴と
    するし尿系汚水の処理装置。
  2. (2)生物処理手段が硝化脱窒手段であることを特徴と
    する特許請求の範囲第1項に記載の装置。
  3. (3)膜分離手段は限外濾過膜分離手段であることを特
    徴とする特許請求の範囲第1項又は第2項に記載の装置
JP61171416A 1986-07-21 1986-07-21 し尿系汚水の処理装置 Expired - Lifetime JPH0667520B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61171416A JPH0667520B2 (ja) 1986-07-21 1986-07-21 し尿系汚水の処理装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP61171416A JPH0667520B2 (ja) 1986-07-21 1986-07-21 し尿系汚水の処理装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6328500A true JPS6328500A (ja) 1988-02-06
JPH0667520B2 JPH0667520B2 (ja) 1994-08-31

Family

ID=15922729

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP61171416A Expired - Lifetime JPH0667520B2 (ja) 1986-07-21 1986-07-21 し尿系汚水の処理装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0667520B2 (ja)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02149399A (ja) * 1988-12-01 1990-06-07 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 汚泥の処理装置
JPH03161087A (ja) * 1989-11-21 1991-07-11 Ebara Infilco Co Ltd ろ材の再生方法
JPH0386094U (ja) * 1989-12-20 1991-08-30
JPH0471695A (ja) * 1990-07-11 1992-03-06 Ngk Insulators Ltd カルシウムおよび窒素を含有する廃水の処理方法
JPH04180900A (ja) * 1990-11-15 1992-06-29 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 浄化槽汚泥処理方法
KR100303765B1 (ko) * 1999-07-05 2001-09-24 장병규 축산폐수 고도처리 장치 및 그 방법
JP2006314908A (ja) * 2005-05-12 2006-11-24 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 有機性廃水処理方法及び該システム
JP2015093258A (ja) * 2013-11-13 2015-05-18 水ing株式会社 脱窒処理方法及び脱窒処理装置
CN109650670A (zh) * 2019-01-25 2019-04-19 广州故乡源水处理有限公司 化粪池净化系统的净化方法

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58159899A (ja) * 1982-03-18 1983-09-22 Toray Eng Co Ltd し尿汚泥の処理方法
JPS61146397A (ja) * 1984-12-19 1986-07-04 Mitsui Petrochem Ind Ltd し尿処理方法及びその装置
JPS61185400A (ja) * 1985-02-12 1986-08-19 Kurita Water Ind Ltd し尿系汚水の処理装置
JPS62221494A (ja) * 1986-03-20 1987-09-29 Ebara Infilco Co Ltd し尿処理方法

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS58159899A (ja) * 1982-03-18 1983-09-22 Toray Eng Co Ltd し尿汚泥の処理方法
JPS61146397A (ja) * 1984-12-19 1986-07-04 Mitsui Petrochem Ind Ltd し尿処理方法及びその装置
JPS61185400A (ja) * 1985-02-12 1986-08-19 Kurita Water Ind Ltd し尿系汚水の処理装置
JPS62221494A (ja) * 1986-03-20 1987-09-29 Ebara Infilco Co Ltd し尿処理方法

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02149399A (ja) * 1988-12-01 1990-06-07 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 汚泥の処理装置
JPH03161087A (ja) * 1989-11-21 1991-07-11 Ebara Infilco Co Ltd ろ材の再生方法
JPH0732911B2 (ja) * 1989-11-21 1995-04-12 荏原インフイルコ株式会社 ろ材の再生方法
JPH0386094U (ja) * 1989-12-20 1991-08-30
JPH0471695A (ja) * 1990-07-11 1992-03-06 Ngk Insulators Ltd カルシウムおよび窒素を含有する廃水の処理方法
JPH04180900A (ja) * 1990-11-15 1992-06-29 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 浄化槽汚泥処理方法
KR100303765B1 (ko) * 1999-07-05 2001-09-24 장병규 축산폐수 고도처리 장치 및 그 방법
JP2006314908A (ja) * 2005-05-12 2006-11-24 Mitsubishi Heavy Ind Ltd 有機性廃水処理方法及び該システム
JP2015093258A (ja) * 2013-11-13 2015-05-18 水ing株式会社 脱窒処理方法及び脱窒処理装置
CN109650670A (zh) * 2019-01-25 2019-04-19 广州故乡源水处理有限公司 化粪池净化系统的净化方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0667520B2 (ja) 1994-08-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100673841B1 (ko) 세라믹 응집제를 이용한 고농도 유기성 부유물질 함유폐수의 처리방법
JPS6328500A (ja) し尿系汚水の処理装置
JPS6210720B2 (ja)
JP3368938B2 (ja) 汚水の処理方法及び装置
JP2796909B2 (ja) 廃水の処理方法
JPH04131197A (ja) し尿系汚水の処理方法および装置
JPH0366036B2 (ja)
JPH03270800A (ja) 有機性汚水の処理方法
JPS6320600B2 (ja)
JPS61185400A (ja) し尿系汚水の処理装置
JPH09174091A (ja) 有機性廃水の処理方法およびその装置
JPH02172598A (ja) 有機性汚水の処理方法
JPS60206498A (ja) し尿系汚水の処理方法
JPH0649199B2 (ja) し尿系汚水の処理装置
JPH0567359B2 (ja)
JPH02139099A (ja) 有機性汚水の処理方法
JPS5851995A (ja) し尿処理方法
JPH0649196B2 (ja) 有機性汚水の処理方法
JP4467748B2 (ja) 廃水処理装置
JPS596986A (ja) し尿系汚水の処理方法
JPH0649198B2 (ja) 有機性汚水の処理装置
JPH1028995A (ja) 排水の処理方法
JPH02172596A (ja) 有機性汚水の処理方法
JPH0535038B2 (ja)
JPS63221900A (ja) し尿系汚水の処理方法

Legal Events

Date Code Title Description
EXPY Cancellation because of completion of term