JPH02172598A - 有機性汚水の処理方法 - Google Patents

有機性汚水の処理方法

Info

Publication number
JPH02172598A
JPH02172598A JP63325984A JP32598488A JPH02172598A JP H02172598 A JPH02172598 A JP H02172598A JP 63325984 A JP63325984 A JP 63325984A JP 32598488 A JP32598488 A JP 32598488A JP H02172598 A JPH02172598 A JP H02172598A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sludge
membrane
activated carbon
water
treatment process
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP63325984A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0649197B2 (ja
Inventor
Katsuyuki Kataoka
克之 片岡
Takayuki Suzuki
隆幸 鈴木
Norio Yamada
紀夫 山田
Yoshiyuki Ichiki
嘉之 一木
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Ebara Corp
Ebara Research Co Ltd
Original Assignee
Ebara Research Co Ltd
Ebara Infilco Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ebara Research Co Ltd, Ebara Infilco Co Ltd filed Critical Ebara Research Co Ltd
Priority to JP63325984A priority Critical patent/JPH0649197B2/ja
Publication of JPH02172598A publication Critical patent/JPH02172598A/ja
Publication of JPH0649197B2 publication Critical patent/JPH0649197B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02WCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES RELATED TO WASTEWATER TREATMENT OR WASTE MANAGEMENT
    • Y02W10/00Technologies for wastewater treatment
    • Y02W10/10Biological treatment of water, waste water, or sewage

Landscapes

  • Activated Sludge Processes (AREA)
  • Treatment Of Sludge (AREA)
  • Separation Using Semi-Permeable Membranes (AREA)
  • Separation Of Suspended Particles By Flocculating Agents (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 本発明は、し尿、浄化槽汚泥、ごみ埋立滲出汚水などの
含窒素有機性汚水を二段階の生物学的硝化脱窒素処理工
程で処理する処理方法において、同処理工程で消泡剤を
使用しないで処理できるようにし、かつ高度に浄化され
た処理水を安定して得ることができる処理方法に関する
〔従来技術〕
有機性汚水の処理の代表的なものはし尿処理である。そ
のし尿処理における従来技術を見ると、種々の処理方法
が発表されているが、その中で最も進歩した処理方式は
第2図のフローシートに示すように限外濾紙膜(UF膜
)を用いる膜分離を行うものであって、膜分離方式と呼
ばれている。
この方式では、汚泥脱水分離水やバキュームカー洗車汚
水のような雑排水は無希釈硝化脱窒製処理工程に導入さ
れ、またUF膜を用いる膜分離工程からの膜透過水に塩
化第2鉄のような無機凝集剤が添加される。
この膜分離方式は、従来硝化脱窒素処理工程後に行われ
ていた沈降分離工程がいっさい省略されているので、S
Sのキャリオーバーの心配がなく、維持管理が容易とい
う掻めて望ましい長所をもっているため、非常に注目を
集めている。
〔発明が解決しようとする課題〕
しかしながら、この方式は反面では次のような重大な欠
点をもっており、とうてい理想的な処理プロセスとはい
えない。
(1)  無希釈硝化脱窒素処理工程でのエアレーショ
ンに伴う発泡が激しく、多量の消泡剤を添加し、消泡機
を設置しないと、泡が処理槽から溢れ出し、処理不能に
なる。
(2)  凝集分離水を活性炭吸着塔に通水し、COD
、色度を吸着除去しているために設備費が高く、しかも
吸着に使用した活性炭を再生するために活性炭再生炉を
設ける必要があるので、ますます設備費が増加し、維持
管理も煩雑になる。
(3)  汚泥脱水濾液、あるいは場内各種洗浄汚水な
どの雑排水を生物学的硝化脱窒製処理工程に混入させ、
し尿と合併処理しているため、限外濾過膜で透過すべき
水量が著しく増加し、UF膜分離のポンプ動力コストが
増加し、また所要膜面積の増加に伴い設備費が増加する
以上に挙げた問題点はいずれも大きな問題点であり、こ
のような問題点のない、さらに理想的な処理方法を開発
することが望まれている。
本発明は、前記fil〜(3)の問題点を根本的に解決
することを課題としている。
〔課題を解決するための手段〕
本発明は有機性汚水を生物学的硝化脱窒素処理した後、
該処理工程からの活性汚泥スラリーを限外濾過膜又は精
密濾過膜により膜分離し、そのさい有機性汚水の処理量
をQ1、膜透過水量をQ2とするとき、Q、>Qtの条
件を満たすように膜分離工程の透過水量を設定し、そこ
で得られる濃縮活性汚泥を前記生物学的硝化脱窒製処理
工程に返送し、また膜分離工程で得られる膜透過水に汚
泥脱水濾液等の雑排水を添加して、さらに生物学的硝化
脱窒素処理し、該工程からの流出水に無機凝集剤を添加
して酸性条件下に維持しつつ、$5)未活性炭を添加し
て攪拌せしめた後置液分離し、そこで分離された粉末活
性炭共存凝集汚泥の少な(とも一部を第1の生物学的硝
化脱窒製処理工程に供給することを特徴とする有機性汚
水の処理方法である。
以下、本発明を実施する装置の模式図を示した第1図を
参照しながら、し尿処理を例に挙げて、本発明の詳細な
説明する。
スクリーンなどの前処理工程によりし渣が除去された除
清し尿1は、無希釈型の生物学的硝化脱窒製処理工程(
これを「主生物処理工程」という)2に流入し、そこで
硝化脱窒素され、同時にBODも除去される。なお、し
尿の除渣にさいしては、し尿にあらかじめカチオンポリ
マーなどの凝集剤を添加して偕集除渣するという前処理
を通用してもよい、この主生物処理工程2としては、硝
化液循環型、ステップ流入型、−槽壁、好気的脱窒製型
など、公知の任意の方式を適用してもよい。
主生物処理工程2から流出する活性汚泥スラリー3をチ
ューブラ型、平膜型などの限外濾過膜4によって膜分離
し、膜透過水5と濃縮活性汚泥6に分離する。この膜分
離では膜として精密濾過膜(MF膜)を用いてもよい、
膜透過水5は第2の生物学的硝化脱窒製処理工程(以下
「副生物処理工程」という)7に流入する。>I4縮活
性汚泥6は主生物処理工程2内の活性汚泥MLSSを所
定)農度(通常12000〜20000 ng/ e 
) ニ維持すルタメにリサイクルされる。濃縮活性汚泥
6は全量主生物処理工程2へ返送するのがよいが、その
一部を次段の副生物処理工程7に導入するようにしても
よい。
一方、主生物処理工程2から余剰汚泥発生量に相当する
活性汚泥スラリー8が引き抜かれ、必要によりそれに高
分子ポリマーなどの凝集剤9を添加し、ベルトプレス、
遠心脱水、スクリエープレス、フィルタプレスなどから
選ばれる汚泥脱水工程10に供給され、脱水ケーキ11
と脱水分離液(「脱水濾液」と呼ぶこともある) 12
に分離される。
そのさいにおける余剰汚泥発生量を△SS(kg/日)
とし、汚泥脱水工程に供給される汚泥スラリーの汚泥濃
度をC8、その流量をQ、とすると、の関係があり、ま
た前記除渣し尿の供給量をQ1膜分離工程の透過水量を
C2とすると、Qt =Q、  −Q、。
Q、>Q。
の関係を満足するようにC2の流量を設定する。
本発明は、汚泥脱水濾液等の雑排水を主生物処理工程2
に供給せずに、Q1>Q2の条件を満たすように膜透過
水量を設定して運転することが一つの重要な条件であり
、このことによって、限外濾過膜などの膜面積を第2図
の従来方式よりもその1/2ないし1/3程度と、大幅
に削減できる。
なお、汚泥脱水工程10に供給する活性汚泥スラリー8
は、別に取り出さないで、前記活性汚泥スラリー3又は
tM I@活性汚泥6から抜き出してもよい。
これに対し、第2図に示す従来の膜分離方式では、汚泥
脱水濾液(流量はQHにほぼ等しい)を生物学的硝化脱
窒素処理工程2に供給し、かつ床洗浄排水などの雑排水
も同時に生物学的硝化脱窒素処理工程2に流入させると
いう方法を採用しているため、し尿処理量をQ1、膜透
過水量を02雑排水の流量をQ、とすると、 Q、−Q、+Q。
となり、本発明方法とは正反対に、 Q、<Q。
になってしまう。
すなわち、第2図の従来の膜分離方式における膜透過水
量は、本発明方法の2〜3倍に達し、膜分離用のポンプ
動力コストと膜所要面積も2〜3倍に増加し、極めて不
利であることがわかる。
しかして、汚泥脱水濾液12及び、バキュームカー洗車
汚水、床洗い汚水などの各雑排水13は副生物処理工程
7に流入し、前記の膜透過水5とともに生物学的硝化脱
窒素処理を受ける。14は、メタノール、酢酸などの脱
窒製促進用の有機炭素源である。副生物処理工程7から
の活性汚泥スラリー15は、沈殿槽などの任意の固液分
離工程16で分離され、高度にBOD、窒素成分が除去
された生物処理水17が得られる。18は返送汚泥であ
る。
次に、この生物処理水17に対し、無機凝集剤19を添
加し、pHtPI整剤20によってp)(を4〜6、好
ましくは4〜5に調整し、混和槽21で攪拌して凝集フ
ロックを形成させる。このさいの生物処理水の流量は、
し尿処理量に雑排水13の流量を加えたものとなってい
る。そして、ここで使用する無機凝集剤19としては、
アルミニウム系のものも使用できるが、COD除去効果
が劣るので、塩化第2鉄などの鉄系凝集剤を使用するの
が好適である。
鉄又はアルミニウム系凝集剤の添加量は通常1500〜
3000■/lの範囲とするのがよい。
しかる後、前記凝集フロνりを形成した処理水に粉末活
性炭22を添加して接触混和槽23で前記pHに維持し
ながら所要時間混和する。攪拌手段としては曝気攪拌が
好適であるが、機械環゛拌でもよい。前記の混和時間は
30〜60分程度でよい。粉末活性炭の添加量は、通常
100〜800■/1、好ましくは150〜500■/
lとするのが好適であり、市販されているものをそのま
ま使用することができ、その粒度は平均粒径が100メ
ツシユ以下のものが好ましい。
粉末活性炭によりCOD、色度が高度に除去された粉末
活性炭共存凝集スラリー24は、任意の固定液分離手段
25によって粉末活性炭共存凝集汚泥が分離され、無色
透明のCOD、色度、リン、SS、BOD、窒素などが
極めて高度に浄化された処理水26が得られる。前記の
固液分離手段25としては、第1図では限外濾過膜又は
精密濾過膜を用いるのが好ましいが、浮上濃縮、遠心分
離でもかまわない。
一方、固液分離手段25で分離された粉末活性炭共存凝
集汚泥27を主生物処理工程2にならびに、必要により
副生物処理工程7にも循環させる。
〔作用〕
本発明の重要な特徴の一つは、粉末活性炭共存凝集汚泥
を主生物処理工程、必要により副生物処理工程へ循環す
るすることにより、驚くべきことには主生物処理工程2
における激しい発泡が極めて効果的に抑止され、第2図
に示す従来方法において不可欠の消泡剤の添加及び消泡
機の設置が全く不要、あるいは消泡剤の添加が大幅に削
減できることが発見された。したがって、高度処理工程
のCOD、色度吸着用として使用済の廃粉末活性炭によ
って発泡を防止できるため、消泡剤コストがゼロあるい
は借手になるという注目すべき効果が得られる。
このほか、注目すべき点として次のような多くの現象も
認められた。
(1)  膜分離工程において、限外濾過膜4の透過流
束(Flux)が粉末活性炭共存時に増加する。
(2)  主生物処理工程の硝化脱窒製反応効率の変!
IJ幅が縮小する。−処理の安定化効果 (3)  粉末活性炭共存凝集スラリーの分離をする工
程25からの粉末活性炭共存凝集汚泥の一部27′を凝
集処理の前段、すなわちII!J透過水に返送すると、
無機凝集剤19の所要注入率が低減する。
本発明においては、粉末活性炭などを前記した個所に添
加し、かつそれにより生じた粉末活性炭共存凝集汚泥の
少なくとも一部を硝化脱窒素処理工程に供給することに
より上記の作用を生じるのであって、粉末活性炭が発泡
防止に役立っているのではないかとの観点から、もしも
新鮮な粉末活性炭を、本発明のように凝集剤添加工程の
後に添加するのではなく、たとえば生物学的硝化脱窒素
処理工程に添加すると、該処理工程内の液の高?店度の
溶解性CODと色度成分(凝集処理後のCOD、色度の
約10倍もの高濃度を示す)と粉末活性炭が接触するこ
とになること、およびこれらのCOD、色度成分が活性
炭によって吸着され難い高分子量成分であることにより
、放流水のCOD、色度が本発明における放流水よりも
4〜5倍も高い値になり、トータルプロセスとして評価
した場合に極めて不合理な結果を招り、シたがって、新
鮮な粉末活性炭を生物学的硝化脱窒素処理工程に添加す
る方法では、総合的な水質向上度が本発明に比べ捲めて
劣るという結果をもたらす。
〔実施例〕
以下、実施例によって本発明を具体的に説明する。ただ
し、本発明はこの実施例のみに限定されるものではない
実施例 第1図の模式図に示す、本発明を実施する装置によって
し尿を処理した。その実験結果について述べる。
第1表に示す水質の除渣し尿を、後記する粉末活性炭共
存凝集汚泥を循環しつつ主生物処理工程2で無希釈タイ
プの硝化脱窒製処理を行った。その運転条件を第2表に
示す。
第1表 除渣し尿の水質 第2表 主生物処理工程の運転条件 10ケ月にわたる試験期間中、運転初期を除いて発泡は
ほとんど認められず、円滑な処理が可能であったゆその
発泡状態は水面上10 cncのところで泡はとどまっ
ており、泡は自然に壊れやすかった。
次に、主生物処理工程2からの活性汚泥スラリーをチュ
ーブラ型のLIF膜モジュール(分画分子量10万)で
クロスフロ一方式で膜分離したところ、膜透過水の水質
は第3表に示す値が得られた。また、そのさいのLIF
膜の透過流束は1.8〜2.0 rd/、(・日が可能
であった・ 注)T−N:全窒素 第3表 II2透過水の水質 運転条件を第5表に示す。
第4表 副生物処理工程への供給液水質主生物処理工程
から発生する余剰汚泥8の量(余剰活性汚泥、Fe(O
H)s汚泥、粉末活性炭の合計量)は、し尿1に1あた
り7.5〜9.0kg・SSであった。余剰汚泥に対し
微細目スクリーンを用いるし尿の前処理工程で除去した
し渣を添加し混合してから、これにカチオンポリマを添
加して凝集させた後、スクリュープレス脱水機で脱水し
たところ、水分65〜67%の脱水ケーキが得られた。
次に、このスクリュープレス脱水機からの脱水濾液と床
洗い汚水とを、前記の第3表に示す水質の膜透過水と共
に、副生物処理工程に供給し、生物学的硝化脱窒素処理
を行った。副生物処理工程への供給液の水質を第4表に
示し、同処理工程の第5表 副生物処理工程の運転条件 副生物処理工程の沈殿槽からの流出水にFeC1,を1
500mg/l添加し、NaOHでpH4,0〜4.5
に調整して、2分攪拌した後、粉末活性炭(石炭系)を
450mg/f添加し、接触混和槽23で45分エアレ
ーション攪拌し、限外濾過膜(公称分画分子量10万)
で固液分離した。この結果、第6表の中欄に示す水質の
流出水は第6表の右欄に示す水質の、極めて高度な処理
水となった。
第6表 なお、固液分離工程の限外′li過膜で分離された、固
形物濃度2.0〜2.2%の粉末活性炭共存凝集汚泥は
、主生物処理工程へ循環させた。
また、その凝集汚泥の一部(比率50%)27′をFe
Cl5添加前の生物処理水に循環添加させたところ、第
6表右欄に示す水質と同一の処理水質を得るのに必要な
FeCl3注入率は1250■/!、新鮮な粉末活性炭
の添加率は380■/βとなり、所要注入率がいずれも
減少した。
比較例 第1図に示す処理装置で行う処理において、イ。
粉末活性炭を添加しない、口、凝集スラリーの固液分離
工程25で分離された凝集汚泥を主生物処理工程に供給
しない、という2条件以外は前記実施例と全く同一の条
件で運転した結果、主生物処理工程にシリコーン系消泡
剤(信越シリコーン株式会社製品)を常時200■/e
添加しないと、発泡が処理槽外に溢れ出し、処理不可能
であった。
消泡剤200nr/7!を添加しながら運転した場合の
各工程における処理水の水質を第7表に示す。
第7表 比較例の各処理水の水質 第7表に示すように、最終処理水である固液分離工程の
処理水のCOD、色度が非常に悪化し、従来方式のよう
に前記処理水(a集分離水)に対して、さらに活性炭吸
着処理を行わないと放流不可能であった。また、主生物
処理工程のBOD除去、硝化脱窒素効率が本発明に比べ
てやや悪化することが認められた。主生物処理工程に後
続する膜分離におけるUF膜における透過流束は1.5
8〜1.65r&/ rrI・日となり、本発明方法に
比べて低下した。
〔発明の効果〕
本発明によれば、次のような工業上顕著な効果を得るこ
とができる。
+11  消泡剤、消泡機を用いずに、無希釈生物学的
硝化脱窒製処理工程での発泡を効果的に防止でき、ラン
ニングコスト節減効果が大きいほか、COD発現物質で
もある消泡剤が添加されないので、処理水質が向上する
(2)  従来方式では不可欠であった活性炭吸着塔、
活性炭再生炉が全く不要になり、著しく維持管理性が向
上すると同時に、建設費、設置面積が大きく低減する。
(3)  生物学的硝化脱窒素処理工程の処理効果がや
や向上する。
(4)  膜分離工程の限外a過膜又は精密濾過膜の透
過流束かやや向上する。
(5)  汚泥脱水ill液等の雑排水を主生物処理工
程に流入させないので膜分離工程で膜透過すべき水量が
従来方式に比べおよそ1/2に減少し、膜分離工程の設
備費と動力コストが太き(低減する。
(6)  主生物処理工程の硝化脱窒素反応効率の変動
幅が縮小し、同処理が安定化される。
【図面の簡単な説明】
第1図は、本発明を実施する装置の模式図を示し、第2
図は従来の最も進歩した有機性汚水の処理方法である膜
分離方式のフローシートを示す。 1・・・除渣し尿     2・・・主生物処理工程3
・・・活性汚泥スラリー 4・・・膜分離工程5・・・
膜透過水     7・・・副生物処理工程12・・・
汚泥脱水濾液   13・・・雑排水15・・・活性汚
泥スラリー16・・・固液分離工程17・・・生物処理
水    19・・・無機凝集剤21・・・混和槽  
    22・・・粉末活性炭23・・・接触混和槽 
   25・・・固液分離工程26・・・処理水 27.27′・・・粉末活性炭共存殿集汚泥(ほか3名
) 手続補正歯 事件の表示 昭和63年特許願第325984号 発明の名称 有機性汚水の処理方法 補正をする者 事件との関係: 特許出願人

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 有機性汚水を生物学的硝化脱窒素処理した後、該処理工
    程からの活性汚泥スラリーを限外濾過膜又は精密濾過膜
    により膜分離し、そのさい有機性汚水の処理量をQ_1
    、膜透過水量をQ_2とするとき、Q_1>Q_2の条
    件を満たすように膜分離工程の透過水量を設定し、そこ
    で得られる濃縮活性汚泥を前記生物学的硝化脱窒素処理
    工程に返送し、また膜分離工程で得られる膜透過水に汚
    泥脱水濾液等の雑排水を添加して、さらに生物学的硝化
    脱窒素処理し、該工程からの流出水に無機凝集剤を添加
    して酸性条件下に維持しつつ、粉末活性炭を添加して攪
    拌せしめた後固液分離し、そこで分離された粉末活性炭
    共存凝集汚泥の少なくとも一部を第1の生物学的硝化脱
    窒素処理工程に供給することを特徴とする有機性汚水の
    処理方法。
JP63325984A 1988-12-26 1988-12-26 有機性汚水の処理方法 Expired - Lifetime JPH0649197B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63325984A JPH0649197B2 (ja) 1988-12-26 1988-12-26 有機性汚水の処理方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP63325984A JPH0649197B2 (ja) 1988-12-26 1988-12-26 有機性汚水の処理方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02172598A true JPH02172598A (ja) 1990-07-04
JPH0649197B2 JPH0649197B2 (ja) 1994-06-29

Family

ID=18182792

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP63325984A Expired - Lifetime JPH0649197B2 (ja) 1988-12-26 1988-12-26 有機性汚水の処理方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0649197B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005103381A (ja) * 2003-09-29 2005-04-21 Hitachi Plant Eng & Constr Co Ltd 硝化処理方法及び装置
JP2005279447A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Kubota Corp 水処理方法および装置
JP2010012458A (ja) * 2008-06-06 2010-01-21 Asahi Kasei Chemicals Corp 有機性排水の処理方法及び排水処理装置
CN111943436A (zh) * 2020-08-12 2020-11-17 湖南现代环境科技股份有限公司 一种垃圾渗滤液处理系统以及垃圾渗滤液处理工艺

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN106865751B (zh) * 2017-03-01 2020-09-25 北京恩菲环保技术有限公司 控制生物池污泥膨胀的方法及污水处理方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005103381A (ja) * 2003-09-29 2005-04-21 Hitachi Plant Eng & Constr Co Ltd 硝化処理方法及び装置
JP2005279447A (ja) * 2004-03-30 2005-10-13 Kubota Corp 水処理方法および装置
JP4508694B2 (ja) * 2004-03-30 2010-07-21 株式会社クボタ 水処理方法および装置
JP2010012458A (ja) * 2008-06-06 2010-01-21 Asahi Kasei Chemicals Corp 有機性排水の処理方法及び排水処理装置
CN111943436A (zh) * 2020-08-12 2020-11-17 湖南现代环境科技股份有限公司 一种垃圾渗滤液处理系统以及垃圾渗滤液处理工艺

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0649197B2 (ja) 1994-06-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2010000476A (ja) 有機性廃水の処理方法及び装置
JPH02172598A (ja) 有機性汚水の処理方法
JP2796909B2 (ja) 廃水の処理方法
JPS6328500A (ja) し尿系汚水の処理装置
JPH0366036B2 (ja)
JPS6320600B2 (ja)
JPH1052697A (ja) 有機性汚泥の減量化方法
JPS61185400A (ja) し尿系汚水の処理装置
JPH0647118B2 (ja) 有機性汚水の処理方法
JPH0352699A (ja) し尿系汚水の処理方法
JPH0230320B2 (ja)
JPH0310399B2 (ja)
JPS61146397A (ja) し尿処理方法及びその装置
JPH029497A (ja) し尿系汚水の処理装置
JPH02293098A (ja) し尿処理方法
JP4467748B2 (ja) 廃水処理装置
JPH0535038B2 (ja)
JPH02172596A (ja) 有機性汚水の処理方法
JPH0632833B2 (ja) 有機性汚水の処理方法
JPH0471699A (ja) 水の浄化方法
JPH02139099A (ja) 有機性汚水の処理方法
JP2873968B2 (ja) 廃水処理方法
JPH01274899A (ja) 有機性汚水の処理方法
JPH0433519B2 (ja)
JPH1028995A (ja) 排水の処理方法