JPH1014776A - 焼き物調理器具 - Google Patents

焼き物調理器具

Info

Publication number
JPH1014776A
JPH1014776A JP18854196A JP18854196A JPH1014776A JP H1014776 A JPH1014776 A JP H1014776A JP 18854196 A JP18854196 A JP 18854196A JP 18854196 A JP18854196 A JP 18854196A JP H1014776 A JPH1014776 A JP H1014776A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cooking
far
container
infrared radiator
infrared
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP18854196A
Other languages
English (en)
Inventor
Toshiyuki Inagaki
敏行 稲垣
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Main Ltd
Original Assignee
Main Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Main Ltd filed Critical Main Ltd
Priority to JP18854196A priority Critical patent/JPH1014776A/ja
Publication of JPH1014776A publication Critical patent/JPH1014776A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 焼き物料理で使用する調理器具や食器の洗浄
手間を省く。 【解決手段】 難燃性、耐熱性及び遠赤外線透過性を有
する材質からなる使い捨ての調理容器2と、該調理容器
2の下部に支持される遠赤外線放射体と、該遠赤外線放
射体が燃焼部上方を被覆する様に配置される焜炉にて構
成した焼き物調理器具を提供し、焜炉上方で加熱される
遠赤外線放射体からの遠赤外線加熱により、調理容器2
内の調理物を焼き上げると共に飲食し、食事終了後には
調理容器2を処分することで、調理容器2の洗浄手間を
省き、後片付けの負担を軽減する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は特に料亭や旅館など
で、鉄板焼き等の焼き物料理を提供するために使用する
焼き物調理器具に関するものである。
【0002】
【従来の技術】従来、肉、魚介類、野菜等を焼き物調理
する場合は、鉄板上で焼くのが一般的であり、最近、料
亭や旅館などでは、1人前用の焼き物調理器具が添えら
れ、各人が調理しながら食事している。
【0003】しかしながら、特に、旅館などで大多数の
宴席者による宴会が終了した後には、大量の調理器具や
食器の後片付けが大変であり、鉄板にこびりついた焦げ
等を綺麗に洗い落とすには大変な手間と労力を必要と
し、かかる後片付けに要する負担を軽減することが要望
されていた。
【0004】尚、調理を行わない通常の飲食器は、食器
自動洗浄器が活用されているも、調理兼用の食器は、汚
れがこびりついているため、食器自動洗浄器での洗浄が
困難であった。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は焼き物料理で
使用する調理器具や食器の洗浄手間を省き、食事終了後
の後片付けの負担を軽減する様にした焼き物調理器具を
提供せんとするものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明は上記従来技術に
基づく、焼き物調理器具において、その洗浄時の手間及
び労力を要する課題に鑑み、難燃性、耐熱性及び遠赤外
線透過性を有する材質からなる使い捨ての調理容器と、
該調理容器の下部に支持される遠赤外線放射体と、該遠
赤外線放射体が燃焼部上方を被覆する様に配置される焜
炉にて構成した焼き物調理器具を提供し、焜炉上方で加
熱される遠赤外線放射体からの遠赤外線加熱により、調
理容器内の調理物を焼き上げると共に飲食し、食事終了
後には調理容器を処分することで、調理容器の洗浄手間
を省き、後片付けの負担を軽減する様にして、上記欠点
を解決せんとしたものである。
【0007】
【発明の実施の形態】以下本発明の実施の形態を図面に
基づいて説明すると、1は本発明に係る焼き物調理器具
であり、該焼き物調理器具1は、肉、魚介類野菜などの
調理物Wを焼き物調理するものにして、図1及び図2に
示す様に調理物Wを収容する使い捨ての調理容器2と、
該調理容器2の下部に支持持される遠赤外線放射体3
と、調理容器2と遠赤外線放射体3を収容する保持容器
4と、該保持容器4を燃焼部5a上方に配置する焜炉5か
ら構成されている。
【0008】調理容器2は、難燃性、耐熱性及び遠赤外
線透過性を有する紙製、セラミック紙製、プラスチック
フィルム製、アルミ箔製などの薄肉なシート材を所定面
積を有する正方形状に形成し、かかるシート2を絞り加
工などにより、型崩れしない様に癖をつけて容器状に形
成してなり、詳細には、図4に示す様に、前記シート2
中央に、所定面積を有する略円形状の載置部2aを設ける
と共に、該載置部2aを取り囲む縁部2bに皺をよせて容器
状と成している。
【0009】尚、調理容器2は、遠赤外線透過性を有す
ると共に、少なくとも遠赤外線放射体3からの伝導熱に
耐え得る耐熱温度を有する難燃性及び耐熱性の材質から
なるものであれば良く、又調理容器2はシート2を絞り
加工したもの、又は前記の様に形状加工をしていない単
なる方形状のシートからなるもの以外に、調理物Wを焼
き物調理できる載置部2aを有し、調理物からでる水分、
肉汁などが遠赤外線放射体3上に漏れない様に構成され
ておれば、例えば皿状に形成されたもの等で良く、上記
形状に何ら限定されない。
【0010】遠赤外線放射体3は、図5に示す様に、円
形平板状に形成され、黒鉛を焼成して炭化させ固形化し
たもの、陶磁器、セラミックなど、要するに耐熱性に優
れ、焜炉5の熱源によって加熱されることにより、遠赤
外線を効率良く放射する材質であれば良い。
【0011】保持容器4は、図6に示す様に、アルミニ
ウム製など耐熱性を有する材質にして、且つ網籠状に形
成してなり、その中央に遠赤外線放射体3と略同一面積
の載置部4aを平坦状に形成すると共に、該載置部4aの周
囲に側壁4bを形成している。
【0012】焜炉5は、図7に示す様に、金属製、陶器
製にして、略鉢型に形成してなり、その上端周縁部を保
持容器4を支持する五徳部5bと成すと共に、側壁5cに通
気口5dを貫設し、又内部に固形燃料6を収容して燃焼部
5aと成している。
【0013】固形燃料6は、本実施の形態においては、
図8に示す様に主原料をアルコールとして、これを固形
化すると共に、その上部以外をアルミ箔7で被覆して成
り、燃焼後の燃え殻がアルミ箔7内に納まる様にして、
焜炉5内に燃え殻がこびりつかない様に配慮したものを
使用したが、かかる燃料に限定されることなく、上記の
様に固形燃料6をアルミ箔7で被覆してなくても良く、
一般に使用される固形燃料であれば良い。
【0014】尚、焜炉5は上記形状に限定されることな
く、要するに保持容器4を支持する五徳部5bと、該五徳
部5bより下方に固形燃料6の収容する燃焼部5aを設けた
ものであれば良い。
【0015】又、8は焦げつき防止用の焜炉敷板であ
り、該焜炉敷板8上に焜炉5を載置して使用する様にな
している。
【0016】尚、本実施の形態においては、遠赤外線放
射体3を円形平板状に形成したものを示したが、かかる
形状に限定されることなく、例えば上記保持容器4と同
様な容器状に形成したものであっても良く、この場合に
は保持容器4を必要とせず、遠赤外線放射体3内に調理
容器2を収容して、直接焜炉5の五徳部5b上に載置する
様に構成しても良い。
【0017】又、遠赤外線放射体3は保持容器4に支持
されず、焜炉5から直接支持される様にしても良く、調
理容器2の下部であれば良い。
【0018】又、本実施の形態に示した焼き物調理器具
1は、1人前の分量の調理物Wを焼き上げるものである
が、何らこれに限定されず、2人用など多人数用のもの
であっても良い。
【0019】但し、焜炉5の熱源である固形燃料6は、
ガスコンロに比してその熱量が低く、又これ以上に熱量
の高い熱源にすると、調理容器2の耐熱温度を越えて焦
げ易くなるため、1人用が最も好ましい。
【0020】次に本発明に係る焼き物調理器具の作用に
ついて説明すると、図1及び図2に示す様に、調理物W
を収容した調理容器2を遠赤外線放射体3に載上して保
持容器4内に収容し、該保持容器4を焜炉5の五徳部5b
上に載置する。
【0021】ここで、調理容器2はシート2を絞り加工
により容器状に形成しただけであるが、保持容器4内に
収容されていることにより、調理容器2の縁部2bが広が
らず、その形状が保持されている。
【0022】そして、焜炉5内部には予め固形燃料6を
収容しており、該固形燃料6を着火すると、固形燃料6
の炎が遠赤外線放射体3のみを加熱する。
【0023】固形燃料6の炎は直接調理容器2に到達せ
ず、焦げたり、燃やすことはなく、遠赤外線放射体3を
加熱することにより、遠赤外線放射体3から放射される
遠赤外線で調理容器2内の調理物Wを加熱する。
【0024】又、調理容器2はその材質特性により、固
形燃料6で加熱される保持容器4の伝導熱によっても燃
えることはない。
【0025】調理時において、調理物Wは固形燃料6に
よって加熱された遠赤外線放射体3の伝導熱により加熱
されると共に、遠赤外線放射体3からの遠赤外線放射に
より、直接加熱がなくても調理物Wの内部に遠赤外線が
浸透して調理可能となり、従来の鉄板の伝導熱によるも
のに比して調理物Wの水分の急激なる蒸散が防止される
ので、調理物Wは焼むらがなく焼き上がる。
【0026】又、遠赤外線放射体3による遠赤外線加熱
を利用しているため、ガスコンロの様な熱源に比し、熱
量が小さい固形燃料6でも、美味しく早く焼き上げら
れ、又調理中に調理物Wから水分や汁が出てきても、蒸
発して調理容器2に調理物Wがべたつくことはない。
【0027】
【発明の効果】要するに本発明は、難燃性、耐熱性及び
遠赤外線透過性を有する材質からなる使い捨ての調理容
器2にて構成したので、炎が直接当たらないから、調理
容器2が調理中に燃えることはなく、調理物Wを焼き物
調理することができ、調理後は調理容器2そのものが食
器として使え、又食事終了後には調理容器2を処分すれ
ば、これを洗浄手間を省くことが出来、特に大人数を対
象とする旅館、料亭などでは、後片付けの負担を飛躍的
に軽減できる。
【0028】又、調理容器2の下部に支持される遠赤外
線放射体3にて構成したので、焜炉5によって加熱され
た遠赤外線放射体3から遠赤外線を放射することが出
来、かかる遠赤外線の放射によって調理物Wの内部も加
熱することが出来て炎が直接当たらなくても、調理物W
を早く焼き上げることが出来るし、又あまり焦げずに程
よく焼けた程度でも、調理物Wの内部まで熱が良く伝わ
り、黒こげにはならず、丁度いい具合に焦げ目がつき、
焼き上がりと焼むらの解消を図ることが出来、しかも保
温が良く、食べ終わるまで料理が冷めないので、最後ま
で美味しく食事に供することができる。
【0029】又、遠赤外線放射体3が燃焼部5a上方を被
覆する様に配置される焜炉5にて構成したので、調理時
において焜炉5で遠赤外線放射体3が直火され、遠赤外
線の放射効率を向上させることが出来ると共に、調理容
器2に焜炉5の炎を直接当てずに遮ることが出来るた
め、調理容器2を焦がしたり、燃やしたりすることはな
い。
【0030】又、調理容器2はシート2を容器状に形成
してなるので、シート2は軽く、大量に重ね合わせての
持ち運びが容易であり、嵩張らないので保管にも最適で
あり、又実施の形態で示した絞り加工してなるもので
は、調理容器2の縁部2aが襞状に現れ、調理物Wを囲む
その襞によって料理を美しく演出できると共に、シート
2からなる調理容器2上で調理するといった新しい料理
法としての意外性が興味をひき、その味わいを増すこと
が出来る。
【0031】又、耐熱性を有する網籠状の保持容器4
に、調理容器2と遠赤外線放射体3を収容したので、調
理容器2がシート2からなるものであっても、その縁部
2aが広がらず、その形状を安定的に保持することがで
き、調理中に調理物Wが調理容器2より零れ落ちること
はなく、又保持容器4が網籠状のため、焜炉5の熱が殆
ど直に遠赤外線放射体3へ伝わり、遠赤外線加熱効果に
影響はない。
【0032】又、遠赤外線放射体3は調理容器2を収容
可能な容器状に形成してなるので、遠赤外線放射体3の
底部以外に側壁からでも遠赤外線を放射することが出
来、その遠赤外線加熱による効果を高めることが出来、
しかも上記の様な保持容器4を使用する必要がなく、そ
の分の保管スペースを確保する必要がない等その実用的
効果甚だ大なるものである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る焼き物調理器具の使用状態を示す
斜視図である。
【図2】図1の断面図である。
【図3】焼き物調理器具の分解斜視図である。
【図4】調理容器の斜視図である。
【図5】遠赤外線放射体の斜視図である。
【図6】保持容器の斜視図である。
【図7】焜炉の斜視図である。
【図8】固形燃料の斜視図である。
【図9】焜炉載置台の斜視図である。
【符号の説明】
2 調理容器 2 シート 3 遠赤外線放射体 4 保持容器 5 焜炉 5a 燃焼部

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 難燃性、耐熱性及び遠赤外線透過性を有
    する材質からなる使い捨ての調理容器と、該調理容器の
    下部に支持される遠赤外線放射体と、該遠赤外線放射体
    が燃焼部上方を被覆する様に配置される焜炉にて構成し
    たことを特徴とする焼き物調理器具。
  2. 【請求項2】 調理容器はシートを容器状に形成してな
    ることを特徴とする請求項1の焼き物調理器具。
  3. 【請求項3】 耐熱性を有する網籠状の保持容器に、調
    理容器と遠赤外線放射体を収容したことを特徴とする請
    求項2の焼き物調理器具。
  4. 【請求項4】 遠赤外線放射体は調理容器を収容可能な
    容器状に形成してなることを特徴とする請求項1又は2
    の焼き物調理器具。
JP18854196A 1996-06-28 1996-06-28 焼き物調理器具 Pending JPH1014776A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18854196A JPH1014776A (ja) 1996-06-28 1996-06-28 焼き物調理器具

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP18854196A JPH1014776A (ja) 1996-06-28 1996-06-28 焼き物調理器具

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1014776A true JPH1014776A (ja) 1998-01-20

Family

ID=16225519

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP18854196A Pending JPH1014776A (ja) 1996-06-28 1996-06-28 焼き物調理器具

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1014776A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013539372A (ja) * 2010-06-11 2013-10-24 プレスコ アイピー エルエルシー 狭帯域照射調理用の調理容器および調理パック、ならびにシステムおよびその方法
US9332877B2 (en) 2010-06-11 2016-05-10 Pressco Ip Llc Cookware and cook-packs for narrowband irradiation cooking and systems and methods thereof
US10687391B2 (en) 2004-12-03 2020-06-16 Pressco Ip Llc Method and system for digital narrowband, wavelength specific cooking, curing, food preparation, and processing
US10857722B2 (en) 2004-12-03 2020-12-08 Pressco Ip Llc Method and system for laser-based, wavelength specific infrared irradiation treatment
US11072094B2 (en) 2004-12-03 2021-07-27 Pressco Ip Llc Method and system for wavelength specific thermal irradiation and treatment

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10687391B2 (en) 2004-12-03 2020-06-16 Pressco Ip Llc Method and system for digital narrowband, wavelength specific cooking, curing, food preparation, and processing
US10857722B2 (en) 2004-12-03 2020-12-08 Pressco Ip Llc Method and system for laser-based, wavelength specific infrared irradiation treatment
US11072094B2 (en) 2004-12-03 2021-07-27 Pressco Ip Llc Method and system for wavelength specific thermal irradiation and treatment
JP2013539372A (ja) * 2010-06-11 2013-10-24 プレスコ アイピー エルエルシー 狭帯域照射調理用の調理容器および調理パック、ならびにシステムおよびその方法
US9332877B2 (en) 2010-06-11 2016-05-10 Pressco Ip Llc Cookware and cook-packs for narrowband irradiation cooking and systems and methods thereof
US9357877B2 (en) 2010-06-11 2016-06-07 Pressco Ip Llc Cookware and cook-packs for narrowband irradiation cooking and systems and methods thereof
JP2016209633A (ja) * 2010-06-11 2016-12-15 プレスコ アイピー エルエルシー 狭帯域照射調理用の調理容器および調理パック、ならびにシステムおよびその方法
US10882675B2 (en) 2010-06-11 2021-01-05 Pressco Ip Llc Cookware and cook-packs for narrowband irradiation cooking and systems and methods thereof
US11034504B2 (en) 2010-06-11 2021-06-15 Pressco Ip Llc Cookware and cook-packs for narrowband irradiation cooking and systems and methods thereof

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR200371963Y1 (ko) 조리기구판
KR20120121497A (ko) 찜 구이용 조리기
JPH1014776A (ja) 焼き物調理器具
JP2006087854A (ja) オーブン機能を備えた引き出し付きバーベキュウ用コンロ
KR101713432B1 (ko) 다기능 불판
JP6467570B2 (ja) ガスコンロのグリル庫用陶磁器製調理器
JPH0643613Y2 (ja) 焙焼器
KR101043790B1 (ko) 구이기
KR20110000512U (ko) 직화형 후라이팬
JP2008054893A (ja) 陶器製調理具
JP3081841B1 (ja) 多機能鍋
KR200424658Y1 (ko) 신선로 겸용 취사기
JP2887309B2 (ja) 調理器
KR0117155Y1 (ko) 전자렌지용 피자구이판
JP2002209758A (ja) ロースター
KR200305101Y1 (ko) 양면 요리판
KR200415465Y1 (ko) 고기 구이장치
KR20080111758A (ko) 다공성 도기 화덕
JP2001275844A (ja) 焼物調理器
JP2005114239A (ja) 炭火調理器及び炭火調理セット
JP2819088B2 (ja) 石焼料理用加熱器
KR200214938Y1 (ko) 원적외선 방사 세라믹을 이용한 가열용기
JP3002210U (ja) 土 鍋
JPH0719391Y2 (ja) 加熱調理器
JP2896990B2 (ja) 炭火用卓上式コンロ