JPH0881180A - 水平移動クレーン - Google Patents

水平移動クレーン

Info

Publication number
JPH0881180A
JPH0881180A JP24331194A JP24331194A JPH0881180A JP H0881180 A JPH0881180 A JP H0881180A JP 24331194 A JP24331194 A JP 24331194A JP 24331194 A JP24331194 A JP 24331194A JP H0881180 A JPH0881180 A JP H0881180A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
elevator
boom
floor
trolley
rack
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP24331194A
Other languages
English (en)
Inventor
Isao Noda
功 野田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sansei Kenki Co Ltd
Original Assignee
Sansei Kenki Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sansei Kenki Co Ltd filed Critical Sansei Kenki Co Ltd
Priority to JP24331194A priority Critical patent/JPH0881180A/ja
Publication of JPH0881180A publication Critical patent/JPH0881180A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Jib Cranes (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 建造物の各階の奥まで物品を運ぶ作業を容易
化する。 【構成】 ポスト10に沿って昇降可能な昇降機20に
各階の必要な位置へ入り込む長さを有するブーム30を
左右方向へ移動可能に装着する。ブーム30のほぼ全域
にて移動可能なトロリ40をそのブーム30に組み込
み、物品を保持する保持手段50をトロリ40に取り付
ける。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は建造物の各階へ資材や荷
物その他の物品を運ぶための水平移動クレーンに関する
ものである。
【0002】
【従来の技術】建築現場において建造物に資材等の物品
を運ぶ場合にはクレーンが使用されて来た。しかし従来
はマストの上端に一端を軸止めしたジブを有するタワー
クレーンであるとか、ジブクレーンなど、工事に使用す
るクレーンがそのまま使われて来た。このようなクレー
ンでは、旋回と上下回動を組み合わせて物品を所定の場
所へ運ぶために、熟練者による高度な操作が必要になり
作業性も良くないという問題があった。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】本発明は前記の点に着
目してなされたもので、その課題とするところは建造物
の各階における作業を容易にすることである。そのため
本発明は各階の奥まで資材や荷物その他の物品を容易に
運搬できるようにすることを目的とする。
【0004】
【課題を解決するための手段】前記課題を解決するため
本発明は、建造物の近傍に設置したポスト10に沿って
昇降可能な昇降機20を有し、この昇降機20から側方
へ突出したブーム30により物品を建造物の各階の任意
の位置へ運ぶための水平移動クレーンについて、各階で
の作業上必要な位置へ入り込む長さを有するブーム30
を左右方向へ移動可能にかつバランスを保って昇降機2
0に装着し、ブーム30のほぼ全長に及ぶ範囲にて移動
可能なトロリ40をブーム30に組み込み、物品を各階
高の任意の位置へ運ぶために保持する保持手段50をト
ロリ40に設けるという手段を講じたものである。
【0005】建造物の各階高まで昇降機を昇降させるた
めの支持体として建造物の近傍に設置するポスト10に
は、その昇降の案内となる昇降レール11及びそれと平
行な昇降ラック12を備え、昇降レール11に係合して
移動する昇降輪21及び昇降ラック12に噛み合う昇降
ギヤ22とそれを回転させる動力源23を前記の昇降機
20に設けることができる。左右方向へ伸びた横行レー
ル31及びそれと平行な横行ラック32を備え、昇降機
20に取り付けてある保持架33に、各階において左右
方向へ移動可能にブーム30を装着し、そのラック32
に噛み合う横行ギヤ36は、ブーム30を移動させるた
め保持架33に取り付けた動力源35に設けることがで
きる。トロリ40には横行レール31に沿って移動する
走行輪41及びそれを回転させる動力源42を設け、ブ
ーム30に沿った各階の任意の位置ヘ移動可能とし、ブ
ーム30に沿って張設してある索条51に掛けたプーリ
52を通してトロリ40から吊り下げることにより、任
意の階高の任意の位置へ移動可能な保持手段50を構成
する。
【0006】
【実施例】図1に本発明に係る水平移動クレーン全体を
示す。このクレーンは建造物の各階の奥まで資材や荷物
その他の物品を運び込み、或いはそこから物品を運び出
すためのものであり、そのため建造物の近傍に設置した
ポスト10を有する。
【0007】ポスト10はこのクレーンの設置基台とし
て全体を支えるもので、建造物の全高に対応した高さを
有する直立柱状の形態を有している。このポスト10に
は昇降機20が取り付けられるため、その昇降の案内と
なる昇降レール11をポスト両側へ上下方向に設けてい
る。その昇降レール11は昇降機20に設けてある昇降
輪21がそれに沿って移動するように係合可能な例えば
溝型の断面形状を有する(図5参照)。さらにポスト1
0には左右のレール11、11間にそれらと平行に昇降
ラック12が設置してある。
【0008】上述した昇降機20は、本発明に係るクレ
ーンの可動部分をそれに搭載するもので、そのための機
台24を有する。その機台24の一側面側に昇降レール
11と外れないように係合する昇降輪21を片側に複数
個ずつ設けている。前記昇降ラック12と噛み合う昇降
ギヤ22は、昇降輪21、21間の機台24に設置した
動力源23の出力軸に取り付けてあり、昇降機20とそ
れに搭載する以下の部分を昇降させるようになってい
る。
【0009】この昇降機20には左右方向へ伸びたブー
ム30が同方向へ移動可能に設けられる。ブーム30は
建造物の各階の奥の方まで進入できるような長さを有す
る梁状の部材である。図示のものは左右方向の横行レー
ル31を構成するI型鋼を2本並列し上下を連結材によ
り結合した構造を有する(図3、図6参照)。横行ラッ
ク32はそのブーム30の上部連結材上に設置してあ
る。ブーム30を昇降機20に取り付けるために、昇降
機20に保持架33が下向きに取り付けてあり、その保
持架33に軸支した吊持輪34をI型鋼よりなるブーム
30の上部フランジに掛止するようにしている(図3、
図5参照)。
【0010】ブーム30を左右方向へ移動させる機構と
して、横行ラック32と該ラック32に噛み合う横行ギ
ヤ36を備えた動力源35が前記の保持架33に装備さ
れている。37はラック32の反対側面に接触する押え
輪を示す。故にブーム30は保持架33に吊り下げた状
態で長手方向(左右方向)へ移動可能である(図6参
照)。
【0011】ブーム30の横行レール31にはその下部
フランジをレールとしてその長手方向へ移動するトロリ
40が自走可能に取り付けられる。トロリ40は前記レ
ール上を転動する複数の走行輪41とその一部又は全部
を駆動する動力源42をトロリ枠43に取り付けた構成
を有し、かつ下部に吊持手段50を設けるためのプーリ
52を有している。
【0012】保持手段50はフック53を有するものが
例示してあるが、篭状のもの、パレット状のもの、掴む
手段や磁気吸着手段を有するもの、その他を使用するこ
とができ、それがブーム30に沿って張設してある索条
51によって上下動するようになっている。索条51の
一端はブーム30の一端下部54に止着され、保持手段
50を経てブーム30の他端のプーリ52′に掛けたの
ち、ブーム30の一端方向へ戻ってその上に設置した巻
上機55に接続されている。なお56は保持架33上の
プーリ、57はトロリ40を駆動するモータに通じたケ
ーブルのリールを示す。
【0013】
【発明の作用】故に建造物に対する様々な作業におい
て、地上の物品Mを各階1F、2F、3F…ヘ運ぶにあ
たり、昇降機20を作動させて該当階まで上昇させ、ブ
ーム30の先端をその階の奥まで達するように伸張さ
せ、次いでトロリ40をブーム30に沿って走行させ。
目的とする位置へ運ぶことができる(図1参照)。勿
論、各階から運び出す場合にも作業を上記と逆の手順で
実施することができる。
【0014】
【発明の効果】本発明は以上の如く構成されかつ作用す
るものであるから、昇降機20により各階高の高さまで
上昇させて作業高さを設定し、その高さにおいてブーム
30を各階の目的とする作業位置付近まで伸張させ、保
持手段50に吊り下げている物品をトロリ40を走行さ
せて目的位置へ運搬させることができるので、目的位置
が各階の最奥等、従来容易には到達できなかった場所で
もそこまで容易に運ぶことができるという効果を奏す
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る水平移動クレーンの実施例を示す
正面説明図。
【図2】同上要部の拡大正面図。
【図3】同2の部分の側面図。
【図4】ポストの要部斜視図。
【図5】昇降機に取り付けたブームの説明のための平面
図。
【図6】ブームとトロリの関係を示す斜視図。
【図7】同上の側面説明図。

Claims (3)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建造物の近傍に設置したポスト10に沿
    って昇降可能な昇降機20を有し、この昇降機20から
    側方へ突出したブーム30により物品を建造物の各階の
    任意の位置へ運ぶための水平移動クレーンであって、各
    階での作業上必要な位置へ入り込む長さを有するブーム
    30を左右方向へ移動可能にかつバランスを保って昇降
    機20に装着し、ブーム30のほぼ全域にて移動可能な
    トロリ40をブーム30に組み込み、物品を各階高の任
    意の位置へ運ぶために保持する保持手段50をトロリ4
    0に設けたことを特徴とする水平移動クレーン。
  2. 【請求項2】 トロリ40はブーム30に設けられた横
    行レール31に沿って左右へ移動するための複数の走行
    輪41を有し、それらの走行輪41の一部又は全部を駆
    動する動力源42をそれ自体に備えていてブーム上の任
    意の位置へ自走可能に構成された請求項第1項記載の水
    平移動クレーン。
  3. 【請求項3】 建造物の各階高まで昇降機を昇降させる
    ための支持体として建造物の近傍に設置し、その昇降の
    案内となる昇降レール11及びそれと平行な昇降ラック
    12を備えたポスト10、昇降レール11に係合して移
    動する昇降輪21及び昇降ラック12に噛み合う昇降ギ
    ヤ22とそれを回転させる動力源23を有する前記の昇
    降機20、左右方向へ伸びた横行レール31及びそれと
    平行な横行ラック32を備え、昇降機20に取り付けて
    ある保持架33に、各階において左右方向へ移動可能に
    装着したブーム30、そのラック32に噛み合い、ブー
    ム30を移動させるため保持架33に取り付けた動力源
    35を有する横行ギヤ36、横行レール31に沿って移
    動する走行輪41及びそれを回転させる動力源42を有
    し、ブーム30に沿った各階の任意の位置ヘ移動可能な
    トロリ40、ブーム30に沿って張設してある索条51
    に掛けたプーリ52を通してトロリ40から吊り下げる
    ことにより、任意の階高の任意の位置へ移動可能な保持
    手段50によって構成された水平移動クレーン。
JP24331194A 1994-09-12 1994-09-12 水平移動クレーン Pending JPH0881180A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24331194A JPH0881180A (ja) 1994-09-12 1994-09-12 水平移動クレーン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24331194A JPH0881180A (ja) 1994-09-12 1994-09-12 水平移動クレーン

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0881180A true JPH0881180A (ja) 1996-03-26

Family

ID=17101951

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24331194A Pending JPH0881180A (ja) 1994-09-12 1994-09-12 水平移動クレーン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0881180A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN102320522A (zh) * 2011-06-17 2012-01-18 中建六局工业设备安装有限公司 大型设备穿越超高孔洞吊装就位方法
JP2012184110A (ja) * 2011-03-07 2012-09-27 General Electric Co <Ge> ガスタービン上の補助コンパートメントからのトルクコンバータ及び始動モータの取外し装置
JP2012189078A (ja) * 2011-03-07 2012-10-04 General Electric Co <Ge> トルクコンバータ及び始動モータをガスタービンの補助コンパートメントから取り外す方法

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5986594A (ja) * 1982-11-09 1984-05-18 日立建機株式会社 建造用クレ−ン
JPS59155116A (ja) * 1983-02-23 1984-09-04 日本電気株式会社 固体電解コンデンサの製造方法
JPS59163774A (ja) * 1983-03-08 1984-09-14 日立金属株式会社 2進数デ−タ発生コネクタ

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5986594A (ja) * 1982-11-09 1984-05-18 日立建機株式会社 建造用クレ−ン
JPS59155116A (ja) * 1983-02-23 1984-09-04 日本電気株式会社 固体電解コンデンサの製造方法
JPS59163774A (ja) * 1983-03-08 1984-09-14 日立金属株式会社 2進数デ−タ発生コネクタ

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012184110A (ja) * 2011-03-07 2012-09-27 General Electric Co <Ge> ガスタービン上の補助コンパートメントからのトルクコンバータ及び始動モータの取外し装置
JP2012189078A (ja) * 2011-03-07 2012-10-04 General Electric Co <Ge> トルクコンバータ及び始動モータをガスタービンの補助コンパートメントから取り外す方法
CN102320522A (zh) * 2011-06-17 2012-01-18 中建六局工业设备安装有限公司 大型设备穿越超高孔洞吊装就位方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5291964B2 (ja) 荷役物運搬機
JPH0881180A (ja) 水平移動クレーン
JP2884023B2 (ja) 台車式クレーン
US2061044A (en) Traveling hoist
US2941685A (en) Fork lift attachment for a crane
JP2551161Y2 (ja) 天井走行クレーン装置
JP3180203B2 (ja) 超高層構造物建設に用いる資材揚重組み立て装置
JPH11189394A (ja) コンテナクレーン
JP6905334B2 (ja) 建物中間階設置型クレーン装置
JP2000044161A (ja) テルハ付き吊り治具
JPH0628548Y2 (ja) 自走式高所作業台車の吊り装置
CN220300362U (zh) 垂直升降机
JP5458385B2 (ja) クレーン
CN217173000U (zh) 一种矿山用矿石提升机
CN217350563U (zh) 物料提升设备
CN210029713U (zh) 一种可调节的天车吊装支架
JP2000143139A (ja) クレーン用吊り治具
JP2545152B2 (ja) クレ―ン用床材保持装置
JP3034465U (ja) トラックの荷台上に据えられた簡易荷役装置
JP3477672B2 (ja) 斜行エレベータの据付装置
JP2000229782A (ja) 長尺物搬送装置
JPH0941667A (ja) 建築部材を搬送する起伏装置付台車及び同台車による建築部材の搬送方法
JP4265831B2 (ja) エレベーターの昇降路据付装置
JP2583722B2 (ja) クレーンの吊荷受渡し機構
JP2002265013A (ja) スタッカークレーン