JP2896820B2 - 柱梁接合構造 - Google Patents

柱梁接合構造

Info

Publication number
JP2896820B2
JP2896820B2 JP26210091A JP26210091A JP2896820B2 JP 2896820 B2 JP2896820 B2 JP 2896820B2 JP 26210091 A JP26210091 A JP 26210091A JP 26210091 A JP26210091 A JP 26210091A JP 2896820 B2 JP2896820 B2 JP 2896820B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
column
steel pipe
steel
joint
concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP26210091A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0598704A (ja
Inventor
昭彦 三瓶
仁 佐々木
貞介 武藤
正士 松戸
美貞 宗村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Kk
Original Assignee
Fujita Kk
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Kk filed Critical Fujita Kk
Priority to JP26210091A priority Critical patent/JP2896820B2/ja
Publication of JPH0598704A publication Critical patent/JPH0598704A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2896820B2 publication Critical patent/JP2896820B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は柱軸内に配設された鋼管
の内外に夫々コンクリートを充填及び被覆し
【0002】てなる鋼管コンクリート柱と鉄骨梁の接合
構造に係るものである。
【従来の技術】従来の鋼管構造の柱梁の接合に際して
は、下階の角型鋼管柱に溶着したダイヤフラムに梁を接
合し、同梁の上方部分で上下の角型鋼管柱を現場溶接に
よって接合するか、円型鋼管柱にステイフナリングを溶
着し、更に同リングに梁ブラケツトを溶着してこれに梁
を接合するとともに、上下の円型鋼管柱を梁の上方部分
で現場溶接によって接合していた。
【0003】前記の方法は鋼管柱同志の接合が梁上部分
での現場溶接となるので、品質や性能が天候や溶接上の
技能によって左右され、不安定で信頼に欠け、また現場
溶接技能工の確保が困難である。更に柱梁継手部分は製
作工程が多く、作業が複雑で多大の手間を要し、工程の
遅延を生じる等の問題があった。本発明者等はこのよう
な問題点を解決するために、特願平2−322521号
において、相隣る上下階の鋼管柱の柱脚及び柱頭に跨っ
て接合用鞘管を嵌挿し、前記各鋼管柱との間にグラウト
材を注入して同各鋼管柱を接合したのち、前記鞘管より
外側に突設された接合片に梁を接合する鋼管構造の柱梁
接合方法を提案した。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】柱、梁間の応力の伝達
が円滑に行なわれるのには、柱内の鉄骨部分の曲げ耐力
が梁鉄骨の曲げ耐力に対して40%以上の曲げ性能を有
することが必要とされ、このことは日本建築学会SRC
規準に規定されている。しかるに前記従来技術において
は柱内の鉄骨部分の曲げ耐力の点について必らずしも十
分であるとはいえなかった。
【0005】本発明はこのような問題点に鑑みて提案さ
れたもので、その目的とする処は、現場溶接作業を伴な
うことなく柱梁の接合が簡単に行なわれ、しかも柱内の
鉄骨部分が十分な曲げ性能を有し、柱梁間の応力の伝達
が円滑に行なわれる柱梁接合構造を提供する点にある。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
めに、本発明の柱梁接合構造は、鋼管柱の内部にコンク
リートを充填するとともに同鋼管柱の外部にコンクリー
トを被覆して夫々を構成した上下の鋼管コンクリート柱
の接合部において、柱梁交叉部材の継手鋼管の外周面上
下部にリブを介して上下の鉄骨バンドプレートを取付
け、同継手鋼管の外周面上下中間部に梁接合部片を突設
し、前記下部の鋼管コンクリート柱の柱頭部を前記下部
の鉄骨バンドプレートにより囲繞するとともに同鋼管コ
ンクリート柱の鋼管柱を同鉄骨バンドプレートの継手鋼
管の下半部内に嵌着し、前記上部の鋼管コンクリート柱
の柱脚部を前記上部の鉄骨バンドプレートにより囲繞す
るとともに同鋼管コンクリート柱の鋼管柱を同鉄骨バン
ドプレートの継手鋼管の上半部内に嵌着し、前記梁接合
部片に鉄骨梁を接合してなることを特徴としている。
【0007】
【作用】本発明の柱梁接合構造は前記のように継手鋼管
の外周面に放射状に配設したリブを介して鉄骨バンドプ
レートを接合するとともに、継手鋼管の外周面に梁接合
部片を突設してなる柱梁交叉部材を使用し、同柱梁交叉
部材の継手鋼管を上下の鋼管コンクリート柱の柱脚部及
び柱頭部の各鋼管柱に跨がって嵌着して、前記上下鋼管
コンクリート柱の柱脚部及び柱頭部を前記鉄骨バンドプ
レートにより補強する。
【0008】従って前記鋼管コンクリート柱内における
柱梁接合部の鉄骨部分の曲げ耐力が梁鉄骨の曲げ耐力に
対して著しく増大され、そのため、前記継手鋼管に突設
された梁接合部片に接合された鉄骨梁と前記各鋼管コン
クリート柱との間の応力の伝達が円滑に行なわれる。
【0009】
【実施例】以下本発明を図示の実施例について説明す
る。図1乃至図3において、Aは上下の鋼管コンクリー
ト柱で、同各鋼管コンクリート柱Aは、鋼管柱1の内部
にコンクリートが充填されるとともに同鋼管柱の外部に
コンクリートが被覆されている。図中3は柱主筋、4は
柱帯筋である。
【0010】Bは予め工場でプレハブ化された柱梁交叉
部材で、角形の継手鋼管5の各外周面上下部にリブ6を
介してスラブ厚さ程度の方形の上下の鉄骨バンドプレー
ト7が同心状に取付けられ、更に前記継手鋼管5の外周
面上下中間部に梁接合部片8がリブ9を介して溶着され
ている(図4参照)。而して上下の鋼管コンクリート柱
A、Aの接合に際しては、前記柱梁交叉部材Bの継手鋼
管5の下半部に下部の鋼管コンクリート柱Aの柱頭部に
おける鋼管柱1を嵌入し、同柱頭部と継手鋼管5との間
にグラウト材注入間隙が形成されるようにボルト等で仮
固定する。
【0011】次いで前記継手鋼管5の上半部に上部の鋼
管コンクリート柱Aにおける鋼管柱1の柱脚部を嵌入し
て、同柱脚部と継手鋼管5との間にグラウト材注入間隙
が形成されるように仮固定する。次いで前記継手鋼管5
の梁接合部片8に上階の鉄骨梁Cをボルトで仮接合し、
以下同様にして数階分、建て方したのち建方調整を行な
い、前記梁Cのハイテンシヨンボルトによる本接合を行
なったのち、前記継手鋼管5と鋼管コンクリート柱Aと
の間隙にグラウト材を注入、充填するとともに、前記柱
梁交叉部材Bの内外にコンクリートを打設し、上下階の
鋼管コンクリート柱A、Aと鉄骨梁Cとを柱梁交叉部材
Bを介して一体に接合する。
【0012】この際、同柱梁交叉部材Bの上下の鉄骨バ
ンドプレート7、7により上下の鋼管コンクリート柱A
の柱脚部及び柱頭部が補強され、柱内の鋼管柱1の断面
積が減少されるとともに、鋼管コンクリート柱A内の鉄
骨部分の曲げ耐力は、鉄骨梁Cの曲げ耐力により、大幅
に増大され、柱梁間の応力伝達が円滑に行なわれる。図
5乃至図7は本発明の他の実施例を示し、前記実施例に
おいて鋼管コンクリート柱Aに内蔵された角形の鋼管柱
に代えて円形の鋼管柱1を使用した場合を示し、図中前
記実施例と均等部分には同一符号が附されている。
【0013】
【発明の効果】本発明の柱梁接合構造は前記のように継
手鋼管の外周面上下部に放射状に配設したリブを介して
上下の鉄骨バンドプレートを取付けるとともに、継手鋼
管の外周面の上下中間部に梁接合部片を突設した柱梁交
差部材を使用し、同柱梁交叉部材の継手鋼管を上下の鋼
管コンクリート柱の柱脚部及び柱頭部の各鋼管柱に跨が
って嵌着し、前記梁接合部片に鉄骨梁を接合したので、
鋼管コンクリート柱同志と梁の接合に現場溶接が不要と
なり、品質や性能が天候や溶接技術に左右されることな
く安定しており、信頼のある柱梁接合部が構成される。
【0014】また本発明の柱梁接合構造は、柱梁接合部
において、前記柱梁交叉部材の鉄骨バンドプレートによ
り、前記上下の鋼管コンクリート柱の柱脚部及び柱頭部
が補強され、同各鋼管コンクリート柱内の鋼管柱の断面
積が減少し、部材のコストダウンが図られるとともに、
柱内の鉄骨部分の曲げ耐力が梁鉄骨の曲げ耐力より大幅
に増大することにより、柱梁間の応力の伝達が円滑に行
なわれる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の柱梁接合構造の一実施例を示す縦断面
図である。
【図2】図1の矢視イ−イ図である。
【図3】図1の矢視ロ−ロ図である。
【図4】柱梁交叉部材の斜視図である。
【図5】本発明の他の実施例を示す縦断面図である。
【図6】図5の矢視ハ−ハ図である。
【図7】図5の矢視ニ−ニ図である。
【符号の説明】
A 鋼管コンクリート柱 B 柱梁交叉部材 C 鉄骨梁 1 鋼管柱 2 コンクリート 3 柱主筋 4 柱帯筋 5 継手鋼管 6 リブ 7 鉄骨バンドプレート 8 梁接合部片 9 リブ
フロントページの続き (72)発明者 松戸 正士 東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目6番15号 株式会社フジタ内 (72)発明者 宗村 美貞 東京都渋谷区千駄ヶ谷四丁目6番15号 株式会社フジタ内 (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) E04B 1/30

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 鋼管柱の内部にコンクリートを充填する
    とともに同鋼管柱の外部にコンクリートを被覆して夫々
    を構成した上下の鋼管コンクリート柱の接合部におい
    て、柱梁交叉部材の継手鋼管の外周面上下部にリブを介
    して上下の鉄骨バンドプレートを取付け、同継手鋼管の
    外周面上下中間部に梁接合部片を突設し、前記下部の鋼
    管コンクリート柱の柱頭部を前記下部の鉄骨バンドプレ
    ートにより囲繞するとともに同鋼管コンクリート柱の鋼
    管柱を同鉄骨バンドプレートの継手鋼管の下半部内に嵌
    着し、前記上部の鋼管コンクリート柱の柱脚部を前記上
    部の鉄骨バンドプレートにより囲繞するとともに同鋼管
    コンクリート柱の鋼管柱を同鉄骨バンドプレートの継手
    鋼管の上半部内に嵌着し、前記梁接合部片に鉄骨梁を接
    合してなることを特徴とした柱梁接合構造。
JP26210091A 1991-10-09 1991-10-09 柱梁接合構造 Expired - Fee Related JP2896820B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26210091A JP2896820B2 (ja) 1991-10-09 1991-10-09 柱梁接合構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP26210091A JP2896820B2 (ja) 1991-10-09 1991-10-09 柱梁接合構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0598704A JPH0598704A (ja) 1993-04-20
JP2896820B2 true JP2896820B2 (ja) 1999-05-31

Family

ID=17371039

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP26210091A Expired - Fee Related JP2896820B2 (ja) 1991-10-09 1991-10-09 柱梁接合構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2896820B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105926779A (zh) * 2016-06-14 2016-09-07 沈阳建筑大学 一种中空钢管混凝土叠合柱与钢梁连接节点

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101281320B1 (ko) * 2011-09-29 2013-07-03 재단법인 포항산업과학연구원 연결형 다중강관 및 이의 연결방법
CN104947804B (zh) * 2015-06-29 2017-11-03 上海建工四建集团有限公司 一种钢托架及利用其构建梁柱节点结构的施工方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN105926779A (zh) * 2016-06-14 2016-09-07 沈阳建筑大学 一种中空钢管混凝土叠合柱与钢梁连接节点

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0598704A (ja) 1993-04-20

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH09256461A (ja) 柱頭部の柱梁無溶接接合構造
JP2927402B2 (ja) コンクリート建造物の柱・梁接合部構造
JP2896820B2 (ja) 柱梁接合構造
JPH09209451A (ja) 上下柱と梁の接合構造および接合方法
JPH1096294A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート梁
JP3327184B2 (ja) 鋼管構造または充填型鋼管コンクリート構造の柱とsrc構造のはりとの柱・はり接合部
JP2566701Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2972962B2 (ja) 仕口構造
JP3106263B2 (ja) 充填コンクリート鋼管柱を用いる建物躯体の構築法
JP3487156B2 (ja) 鋼製基礎梁を用いた基礎およびその施工方法
JP2001262706A (ja) 柱梁の接合構造
JPH10280541A (ja) 混合構造の骨組及び同骨組の構築方法
JPH0732706Y2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造
JP3520483B2 (ja) 既設建物の補強構造
JP3250760B2 (ja) 梁ブラケット付きプレキャストコンクリート柱と梁鉄骨付きプレキャストコンクリート耐震壁の接合方法
JP3430326B2 (ja) 柱と梁の接合構造
JP2674442B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート構造物の柱・梁接合部の構造
JP2677189B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱接合用鉄骨梁
JP2534160Y2 (ja) 柱梁の仕口構造
JPS5840171Y2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリ−ト構造柱と鉄筋コンクリ−ト構造梁よりなる架構体
JPS6037347A (ja) 鉄筋コンクリ−ト構造物における柱梁接合構造
JPH0673785A (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート柱、及びこの柱と鉄骨梁の構築工法
JP2699795B2 (ja) 集成木材を利用した梁の構造
JPH0762740A (ja) プレキャスト鉄骨鉄筋コンクリート造柱梁の接合方法
JP2677159B2 (ja) 被覆鋼管コンクリート柱を用いた構造

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080312

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 10

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090312

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100312

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100312

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110312

Year of fee payment: 12

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees