JP2566701Y2 - 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造 - Google Patents

鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造

Info

Publication number
JP2566701Y2
JP2566701Y2 JP1832092U JP1832092U JP2566701Y2 JP 2566701 Y2 JP2566701 Y2 JP 2566701Y2 JP 1832092 U JP1832092 U JP 1832092U JP 1832092 U JP1832092 U JP 1832092U JP 2566701 Y2 JP2566701 Y2 JP 2566701Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
reinforced concrete
joint
column
joint structure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP1832092U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0569204U (ja
Inventor
一宇 縄田
賢二 吉松
博章 滝田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kumagai Gumi Co Ltd
Original Assignee
Kumagai Gumi Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kumagai Gumi Co Ltd filed Critical Kumagai Gumi Co Ltd
Priority to JP1832092U priority Critical patent/JP2566701Y2/ja
Publication of JPH0569204U publication Critical patent/JPH0569204U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2566701Y2 publication Critical patent/JP2566701Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は鉄筋コンクリート柱と鉄
骨梁を有する複合構造物の柱・梁接合部の構造に関する
ものである。
【0002】
【従来技術およびその問題点】事務所ビル、ショッピン
グセンター、倉庫等の建築物には、鉄筋コンクリート柱
と鉄骨梁とからなる構造形式が採用されている。この構
造形式はスパンを長くすることができ、また、施工の合
理化を図ることができる点で優れているが、鉄筋コンク
リートおよび鉄骨という異種構造部材を組み立てるもの
であるから、これらの部材の接合部における応力伝達が
重要な課題となっている。
【0003】実開昭62−75105号公報には、鉄筋
コンクリート柱の梁接合部のフープ筋および型枠を省略
して、施工の簡略化を図るべく、横断面が方形の鉄筋コ
ンクリート柱の接合部のコンクリート内に、ウェブの先
端にフランジが垂直に形成された平面十字形梁接合金物
を設置し、更に、この鉄筋コンクリート柱の四面を囲む
板状の梁接合部の補強金物を設け、横T形断面の梁の接
合ブラケットのフランジを前記補強金物に重ねて、前記
平面十字形梁接合金物の先端のフランジを高力ボルトに
よってボルト止めすることにより当該接合ブラケットを
取り付け、かつ、該接合ブラケットに鉄骨梁を接合する
構造が開示されている。しかしながら、この接合構造は
接合金物に取り付ける部材点数が相当多く、複雑な構造
となっている。
【0004】また、特開平1−290844号公報に
は、鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とを十分な機械的強度
を保って接合するために、鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁
の接合部を鋼板で覆い、この鋼板に鉄骨梁の上下フラン
ジにそれぞれ連結する十文字状の水平ダイアフラムを上
記鋼板から外方に突出して設け、更に、この水平ダイア
フラムにコンクリート充填用穴および柱鉄筋貫通用穴を
設けた接合構造が開示されている。この接合構造は接合
部を鋼板で覆っているので、パネルゾーンにおけるコン
クリートの拘束効果が大きい点で優れているが、接合部
を覆う鋼板から水平ダイアフラムを突設させるなど、鋼
板の加工作業が煩雑となるという問題点を有している。
また、力学的にも、パネルゾーン内に突設する水平ダイ
アフラムが引張り降伏を起こす虞がある。
【0005】
【考案の目的】本考案の目的は、鉄筋コンクリート柱と
鉄骨梁との接合部において、簡易な構造を採用しつつ、
所要の耐力を確保することができ、また、接合金物の加
工が容易な接合構造を提供することにある。
【0006】
【考案の構成】この考案は、鉄筋コンクリート柱と鉄骨
梁の接合部が鋼管または鋼板で覆われた鉄筋コンクリー
ト柱と鉄骨梁の接合構造において、鉄骨梁の上下フラン
ジにそれぞれ連結する上下一対の断面T字形の梁接続金
物をそのリブが向き合うように、前記鋼管または鋼板の
一端から他端まで設けると共に、該鋼管または鋼板の上
下端には前記梁接続金物を受入れ可能なT字形の切欠部
を有することを特徴とするものである。
【0007】
【作用】上記接合構造において、鉄骨梁の応力は梁接続
金物と接合部の鋼管または鋼板を介して、確実に鉄筋コ
ンクリート柱に伝達される。また、前記梁接続金物はリ
ブを有しているから、引張り降伏を起こす虞がなく、更
に、前記鋼管または鋼板がパネルゾーン内部のコンクリ
ートを拘束するので、接合部の力学的性状が良好とな
る。
【0008】
【実施例】以下、本考案の好適な実施例を図面に基づき
説明する。図1は本考案に係る鉄筋コンクリート柱と鉄
骨梁の接合部に用いる接合金物の組立図であり、該接合
金物10は角筒形の柱接続部20と十字形の梁接続金物
30A、30Bとから構成される。
【0009】柱接続部20は鋼管または鋼板から製造す
ることができ、その高さは鉄骨梁12となるH形鋼の梁
成に等しくする。鋼管により製造する場合は、柱接続部
20の組立が容易となり、一方、鋼板を用いて柱接続部
20を製造する場合には、次に述べる切欠部22の加工
が容易となる。柱接続部20の上下端部には、後記する
梁接続金物30A、30Bを嵌合させるためのT字形の
切欠部22を4個ずつ形成する。図1において、切欠部
22は柱接続部20の上下端部と梁接続金物30A、3
0Bのフランジ面が整合するように切り欠かれている
が、これに限らずもっと深く切り欠いて、梁接続金物3
0A、30Bが柱接続部20の内部に位置するようにし
てもよい。
【0010】梁接続金物30A、30Bは、十字形のフ
ランジ32と、このフランジ32に対して垂直に設けた
リブ34とからなる。従って、梁接続金物30A、30
Bの断面はT字形となり、所謂、カットティー梁とな
る。フランジ32の幅は鉄骨梁12のフランジ幅と等し
くする。また、リブ34の高さには格別の制限はない
が、梁接続金物30A、30Bが引張り降伏を起こさな
い程度の高さがあればよい。
【0011】図2は前記接合金物10を用いた鉄筋コン
クリート柱14と鉄骨梁12の接合部の斜視図である。
プレキャスト製の鉄筋コンクリート柱14に鉄骨梁12
を接合するには、例えば、前記柱接続部20の上下端部
に梁接続金物30A、30Bを溶接して組立てた接合金
物10を地上にてプレキャスト製鉄筋コンクリート柱1
4の柱頭部に固定した後、該鉄筋コンクリート柱14を
所定の位置に吊り込み、床面から突出している下階の柱
主筋16とプレキャスト製鉄筋コンクリート柱14の下
端から突出している柱主筋16をスリーブを用いてグラ
ウト接合する。なお、現場打ちコンクリートにより柱を
構築する場合は、床面から突出している下階の柱主筋位
置に構築階の柱主筋を圧接または機械式継手により立設
し、柱型枠を設置した後、該型枠上に組立てた接合金物
10を配置し、柱型枠内にコンクリートを打設する。
【0012】次に、鉄骨梁12の端部を四方から寄せ
て、鉄骨梁12のフランジ端部と梁接続金物30A、3
0Bのフランジ32の各端部とを溶接する。また、鉄骨
梁12のウェブにはガセット18を当てて柱接続部20
の外周部にボルト接合する。本考案において、接合金物
10と鉄骨梁12の接合には種々の方法を採用すること
ができ、例えば、図3は柱・梁接合部の中央部縦断側面
図であるが、同図の左半部に示すように、鉄骨梁12の
フランジ端部と梁接続金物30A、30Bのフランジ3
2の各端部とにガセット18を当ててボルト接合してい
る。なお、図3の右半部は前記図2の縦断側面図を示し
ている。
【0013】柱と梁を接続した後、接合金物10の内部
にコンクリートを打設する。パネルゾーン内には部分的
にリブ34が延びているだけであるから、コンクリート
はスムーズに充填される。
【0014】上記接合構造により、鉄骨梁12の応力は
梁接続金物30A、30Bおよび柱接続部20を介し
て、確実に鉄筋コンクリート柱14に伝達される。ま
た、角型鋼管形状の柱接続部20がパネルゾーン内部の
コンクリートを拘束するので、接合部の力学的性状が良
好となる。
【0015】
【考案の効果】本考案は鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の
接合部に接合金物を設け、この接合金物内を貫通する梁
接続金物の断面形状をT字形とする構造を採用すること
により、鉄骨梁の応力を確実に鉄筋コンクリート柱に伝
達させることができ、接合部に所要の耐力を確保するこ
とができる。
【0016】また、本考案は接合部としてシンプルな構
造を採用しているから、当該接合部に使用する鋼管や鋼
板の加工および組立が極めて容易であるという優れた効
果を有する。
【図面の簡単な説明】
【図1】鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合部に用いる
接合金物の組立図である。
【図2】鉄筋コンクリート柱14と鉄骨梁12の接合部
の斜視図である。
【図3】鉄筋コンクリート柱14と鉄骨梁12の接合部
の中央部縦断側面図である。
【符号の説明】
10 接合金物 12 鉄骨梁 14 鉄筋コンクリート柱 20 柱接続部 30A、B 梁接続金物 32 フランジ 34 リブ

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合部が
    鋼管または鋼板で覆われた鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁
    の接合構造において、鉄骨梁の上下フランジにそれぞれ
    連結する上下一対の断面T字形の梁接続金物をそのリブ
    が向き合うように、前記鋼管または鋼板の一端から他端
    まで設けると共に、該鋼管または鋼板の上下端には前記
    梁接続金物を受入れ可能なT字形の切欠部を有すること
    を特徴とする鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造。
JP1832092U 1992-02-27 1992-02-27 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造 Expired - Fee Related JP2566701Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1832092U JP2566701Y2 (ja) 1992-02-27 1992-02-27 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1832092U JP2566701Y2 (ja) 1992-02-27 1992-02-27 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0569204U JPH0569204U (ja) 1993-09-21
JP2566701Y2 true JP2566701Y2 (ja) 1998-03-30

Family

ID=11968319

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1832092U Expired - Fee Related JP2566701Y2 (ja) 1992-02-27 1992-02-27 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2566701Y2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017186880A (ja) * 2016-03-31 2017-10-12 大和ハウス工業株式会社 鉄筋コンクリート柱・鉄骨梁接合構造

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101295740B1 (ko) * 2011-07-26 2013-08-12 주식회사 액트파트너 콘크리트충전강관기둥의 상하 분리식 접합부구조
JP2016176216A (ja) * 2015-03-19 2016-10-06 前田建設工業株式会社 仕口部の接合装置、仕口部の接合構造、及び仕口部の接合方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2017186880A (ja) * 2016-03-31 2017-10-12 大和ハウス工業株式会社 鉄筋コンクリート柱・鉄骨梁接合構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0569204U (ja) 1993-09-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2566701Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JPH11100900A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JPH09209451A (ja) 上下柱と梁の接合構造および接合方法
JPH0581403U (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2979361B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP3052100B2 (ja) 柱体と仕口構成体とを結合した建物駆体およびその構築法
JP3327184B2 (ja) 鋼管構造または充填型鋼管コンクリート構造の柱とsrc構造のはりとの柱・はり接合部
JPH066818B2 (ja) 鉄筋鉄骨複合柱
JP2547977Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2972962B2 (ja) 仕口構造
JP2592224Y2 (ja) Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造
JPH0967940A (ja) 既設建物の補強構造
JP3639368B2 (ja) 鉄骨柱脚部の基礎構造
JP2857582B2 (ja) 組立て建物の構築方法
JPH0732706Y2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造
JP3035205U (ja) 柱・梁接合装置
JP2893406B2 (ja) プレキャストコンクリート柱梁の接合工法
JP2857815B2 (ja) 異種構造部材の接合方法
JP2534160Y2 (ja) 柱梁の仕口構造
JP2606250B2 (ja) 鉄筋コンクリートからなる柱と鉄骨梁との接合部構造
KR20210066225A (ko) 기둥과 보의 접합부 코어
JP2674442B2 (ja) 鉄骨鉄筋コンクリート構造物の柱・梁接合部の構造
JPH0823148B2 (ja) 落し込み鉄骨柱脚
JP2000291289A (ja) 耐震部材の接合構造
JPH1143950A (ja) T形鋼アンカーフレームを利用した固定鉄骨柱脚

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19971111

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees