JP2592224Y2 - Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造 - Google Patents

Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造

Info

Publication number
JP2592224Y2
JP2592224Y2 JP1992045222U JP4522292U JP2592224Y2 JP 2592224 Y2 JP2592224 Y2 JP 2592224Y2 JP 1992045222 U JP1992045222 U JP 1992045222U JP 4522292 U JP4522292 U JP 4522292U JP 2592224 Y2 JP2592224 Y2 JP 2592224Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
joint
welded
column
concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1992045222U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH0596203U (ja
Inventor
一三 山根
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Takenaka Corp
Original Assignee
Takenaka Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Takenaka Corp filed Critical Takenaka Corp
Priority to JP1992045222U priority Critical patent/JP2592224Y2/ja
Publication of JPH0596203U publication Critical patent/JPH0596203U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP2592224Y2 publication Critical patent/JP2592224Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本考案は、RC造梁と鉄骨構造体
との接合部の構造に関するものである。
【0002】
【従来の技術】例えば、柱をSRC造(鉄骨鉄筋コンク
リート造)とし、梁をRC造(鉄筋コンクリート造)と
した従来の建物では、RC造梁とSRC造柱との接合
が、図に示すように、梁主筋a…の端部を柱梁仕口部
の内部で下方に折り曲げたり、柱鉄骨bに穿設した孔c
…に挿通させた梁主筋a…の端部を下方に折り曲げる等
して、柱コンクリートdに定着させることにより行われ
ていた。図中のeは梁コンクリート、fはスターラッ
プ、gは柱主筋、hはフープ筋である。
【0003】このため、柱梁仕口部に鉄筋が集中錯綜し
て、配筋作業が非常に面倒であるばかりでなく、コンク
リートの充填性が悪くなって、密実なコンクリートを得
ることが難しく、また、鉄骨に孔をあけた場合には、鉄
骨の強度低下も生じ、それ故、接合部において鉄筋を如
何に整理するかが最大の問題となっていた。
【0004】また、梁をRC造とし、柱をS造(鉄骨
造)とすることは、超高層建築の地下階の構造を合理的
なものとし、短工期化、省力化を図る上で、有効である
と考えられるが、このような組合せの構造は、未だ実現
されていない。即ち、一般に、超高層建築の場合、地上
階は軽量化、短工期化等のためにS造とされるが、地下
階では、周囲の地下外壁がRC造であるため、梁をRC
造とすることが多い。そして、地下階の梁をRC造とし
た場合、従来では、地下階の柱も、RC造梁と接合する
都合上、SRC造とされていたのであり、地上階のS造
柱がそのまま地下階のS造柱として降りて来るような合
理的な超高層建築の設計は行われていなかった。
【0005】
【考案が解決しようとする課題】上記の現状に鑑み、本
考案は、接合部における鉄筋の整理が簡単で、施工性が
良く、例えば、超高層建築の地下階に適用することによ
り、当該地下階の構造を合理的なものにして短工期化、
省力化を図ることが可能となるRC造梁と鉄骨構造体と
の接合部の構造を提供するものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するた
めに、本考案が講じた技術的手段は次のとおりである。
即ち、本考案によるRC造梁と鉄骨構造体との接合部の
構造は、S造柱を構成する角形鋼管の側面から垂直ウエ
ブと水平な上,下フランジ及び上下一対の中段フランジ
とを備えた鉄骨ブラケットを突出させ、RC造梁におけ
る上下の梁主筋の端部を前記鉄骨ブラケットの上,下フ
ランジに溶接し、中段の梁主筋の端部を前記中段フラン
ジに溶接した点に特徴がある。
【0007】
【作用】上記の構成によれば、RC造梁における上下の
梁主筋の端部及び中段の梁主筋の端部を、S造柱を構成
する角形鋼管の側面から突出した鉄骨ブラケットの上,
下フランジ及び上下一対の中段フランジに溶接している
ため、梁主筋とS造柱間の応力伝達が明解であると共
に、接合部に鉄筋が集中錯綜せず、鉄筋の整理が容易で
ある。
【0008】
【実施例】図1〜図3は本考案の一実施例を示す。この
実施例は、本考案を、RC造梁1とS造柱を構成する
形鋼管2との接合部の構造に適用したもので、角形鋼管
2の側面に、図3に示すように、垂直ウエブ3と水平な
上,下フランジ4a,4b及び上下一対の中段フランジ
5a,5bとを備えた鉄骨ブラケットAを溶接して突出
させ、RC造梁1における上下の梁主筋6a,6bの端
部を前記鉄骨ブラケットAの上,下フランジ4a,4b
に溶接し、中段の梁主筋7a,7bを前記中段フランジ
5a,5bに溶接した点に特徴がある。8は角形鋼管
の補強フランジ部、9はスターラップ、10は現場打ちさ
れた梁コンクリートを示す。梁の端部は、鉄骨ブラケッ
トAによるS造となっているが、前記スターラップ9の
端部を鉄骨ブラケットA周りのコンクリート中にまで延
長して、当該コンクリートのひび割れを防止するように
している。
【0009】上記の構成によれば、RC造梁1における
上下の梁主筋6a,6bの端部および中段の梁主筋7
a,7bの端部を、夫々、角形鋼管2の側面から突出し
た鉄骨ブラケットAに溶接しているため、梁主筋6a,
6b、7a,7bとS造柱(角形鋼管2)間の応力伝達
が明解であると共に、接合部に鉄筋が集中錯綜せず、鉄
筋の整理が容易である。
【0010】また、RC造梁1における梁主筋6a,6
b、7a,7bの端部を角形鋼管22の側面から突出し
た鉄骨ブラケットAに溶接するため、例えば、地上階の
S造柱がそのまま地下階のS造柱として降りて来るよう
な合理的な超高層建築の設計が可能である。
【0011】尚、上記の実施例では、中段の梁主筋7
a,7bのうち、下側の梁主筋7bを下側の中段フラン
ジ5bの下面に溶接しているが、当該中段フランジ5b
の上面に溶接してもよい
【0012】図4は本考案の他の実施例を示す。この実
施例は、鉄骨ブラケットAの所定位置に、前記梁主筋6
a,6b、7a,7bの端部に相当する接合用の鉄筋6a
1 ,6b1 、7a1 ,7b1 を、予め工場加工により溶接して
おき、プレハブ化されたRC造梁1の梁主筋6a2 ,6
b2 、7a2 ,7b2 を前記鉄筋6a1 ,6b1 、7a1 ,7b1
機械継手11…を介して接合し、現場での溶接作業を不要
にした点に特徴がある。プレハブ化されたRC造梁1と
しては、図示のように、梁コンクリート10の一部10aを
プレキャスト化したものの他、梁の鉄筋だけをプレハブ
化したもの(梁鉄筋を組立鉄筋とし、梁コンクリートは
現場で打設するようにしたもの)であってもよい。その
他の構成は、図1〜図3に基づいて説明した先の実施例
と同じであるため、同一構成部材に同一符号を付し、説
明を省略する。
【0013】
【0014】
【0015】
【考案の効果】本考案は、上述した構成よりなり、RC
造梁における上下の梁主筋の端部及び中段の梁主筋の端
を、S造柱を構成する角形鋼管の側面から突出した鉄
骨ブラケットの上,下フランジ及び上下一対の中段フラ
ンジに溶接しているため、梁主筋とS造柱間の応力伝達
が明解であると共に、接合部に鉄筋が集中錯綜せず、鉄
筋の整理が容易であり、容易に施工できる等の効果があ
る。また、本考案による接合部の構造は、建物の地上
階、地下階を問わず適用できるものであることは言うま
でもないが、特に、超高層建築の地下階に好適に適用で
きる。即ち、本考案では、RC造梁における梁主筋の端
部を、S造柱を構成する角形鋼管の側面から突出した鉄
骨ブラケットに溶接するため、これを超高層建築の地下
階に適用することにより、例えば、地上階のS造柱がそ
のまま地下階のS造柱として降りて来るような合理的な
超高層建築の設計が可能となり、超高層建築の地下階の
構造を合理的なものにして短工期化、省力化を図ること
も可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本考案の一実施例を示す側面図である。
【図2】図2のイ−イ線断面図である。
【図3】要部の斜視図である。
【図4】本考案の他の実施例を示す側面図である。
【図5】従来例の説明図である。
【符号の説明】
A…鉄骨ブラケット、1…RC造梁、2…角形鋼管、3
…垂直ウエブ、4a,4b…上,下フランジ、6a,6
b…梁主筋。

Claims (1)

    (57)【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】 S造柱を構成する角形鋼管の側面から垂
    直ウエブと水平な上,下フランジ及び上下一対の中段フ
    ランジとを備えた鉄骨ブラケットを突出させ、RC造梁
    における上下の梁主筋の端部を前記鉄骨ブラケットの
    上,下フランジに溶接し、中段の梁主筋の端部を前記中
    段フランジに溶接してあることを特徴とするRC造梁と
    鉄骨構造体との接合部の構造。
JP1992045222U 1992-06-05 1992-06-05 Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造 Expired - Lifetime JP2592224Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1992045222U JP2592224Y2 (ja) 1992-06-05 1992-06-05 Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1992045222U JP2592224Y2 (ja) 1992-06-05 1992-06-05 Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0596203U JPH0596203U (ja) 1993-12-27
JP2592224Y2 true JP2592224Y2 (ja) 1999-03-17

Family

ID=12713245

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1992045222U Expired - Lifetime JP2592224Y2 (ja) 1992-06-05 1992-06-05 Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2592224Y2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016138376A (ja) * 2015-01-26 2016-08-04 大成建設株式会社 鉄骨柱と鉄筋コンクリート梁の接合構造

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5529221U (ja) * 1978-08-13 1980-02-26
JPH0648705B2 (ja) * 1985-08-02 1994-06-22 日本電信電話株式会社 半導体装置の試験方法

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016138376A (ja) * 2015-01-26 2016-08-04 大成建設株式会社 鉄骨柱と鉄筋コンクリート梁の接合構造

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0596203U (ja) 1993-12-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101050956B1 (ko) 철근 선조립 기둥공법
CN109339229B (zh) 一种穿孔浆锚预制装配式钢管混凝土框架结构
JPH0518003A (ja) 鋼管コンクリート柱とハーフプレキヤスト鉄筋コンクリート柱の接合方法。
JP2592224Y2 (ja) Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造
JP2747678B2 (ja) 複合梁
JP3154020B2 (ja) 鉄筋鉄骨コンクリート造柱梁仕口構造
JPH066818B2 (ja) 鉄筋鉄骨複合柱
JPH1096294A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート梁
JP2566701Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2003206569A (ja) 複合構造建築物の仕口構造
JP2600961B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接続構造
JPH11229495A (ja) 複合構造建物
JPH0732706Y2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造
JP2002364072A (ja) 複合構造架構用梁
JPH11247288A (ja) 柱梁主筋先組中空プレキャストコンクリート柱ユニットおよびこの柱ユニットを用いた柱構築方法
JP2514859B2 (ja) プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリ―ト柱
JPH06193133A (ja) 鉄筋コンクリート造を主体とした建物の混合構造
JP2910551B2 (ja) Src柱の主筋の重ね継手工法
JP2574630Y2 (ja) ハーフpc大梁の仕口部構造
JP2001020297A (ja) 建物のsc造基礎梁構法
JP4184538B2 (ja) 柱脚半固定接合構造および建物、建物の設計方法
JP2972956B2 (ja) 柱と梁の接合工法およびその構造
JP2893406B2 (ja) プレキャストコンクリート柱梁の接合工法
JP2554535B2 (ja) 鉄骨梁・鉄筋コンクリート柱複合構法
JP2547977Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造