JPH01214641A - 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法 - Google Patents

鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法

Info

Publication number
JPH01214641A
JPH01214641A JP3764188A JP3764188A JPH01214641A JP H01214641 A JPH01214641 A JP H01214641A JP 3764188 A JP3764188 A JP 3764188A JP 3764188 A JP3764188 A JP 3764188A JP H01214641 A JPH01214641 A JP H01214641A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
pole
steel
column
steel pipe
precast concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3764188A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH06104993B2 (ja
Inventor
Yasuyuki Fukushima
泰之 福島
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP3764188A priority Critical patent/JPH06104993B2/ja
Publication of JPH01214641A publication Critical patent/JPH01214641A/ja
Publication of JPH06104993B2 publication Critical patent/JPH06104993B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本発明は鋼管プレキャストコンクリート柱の構築方法に
係るものである。
(従来の技術) 多様化する建築物の用途上から、鉄骨鉄筋コンクリート
柱と鉄骨梁とよりなる複合構造が多くなっている。
従来このような構造の施工に当っては一般に、第11図
に示すようにH形鋼製の鉄骨柱(a)の複数階を1節の
鉄骨柱とし、鉄骨梁、床と順次建方を行ない、各部位の
配筋、型枠の組立、コンクリートの打設等の施工をした
り、第12図乃至第14図に示すように、各階の鉄骨柱
ら)にジヨイント部を除いた部分にコンクリート被覆部
(C)を設け、柱脚部で相対する柱の鉄骨(d)(d)
及び柱筋(e)(e)を接合したのち、コンクリートを
打設しながら1層毎に構築している。
図中(f)は帯筋、(g)は柱筋接合金具、(ロ)は鉄
骨接合用添板である。
(発明が解決しようとする課題) 前記従来工法においては、鉄骨建方後、柱筋の組立、型
枠の設置、スラブの施工と順次作業を進めるため工程が
多(なり、鉄骨鉄筋コンクリート造柱のプレキャスト化
は、鉄骨相互の接合、柱筋の接合、接合部コンクリート
の打設等の後工事が煩Iにあ殻ノ鉄骨柱で1節をプレキ
ャスト化すると重量が増大したり、建方揚重機の設備が
かかり、また鉄骨柱の接合個所が多い。
本発明はこのような従来技術の有する問題点に鑑みて提
案されたもので、その目的とする処は、現場作業の省力
化と、工期の短縮が図られる鋼管プレキャストコンクリ
ート柱の構築方法を提供する点にある。
(課題を解決するための手段) 前記の目的を達成するために本発明に係る鋼管プレキャ
ストコンクリート柱の構築方法によれば、多層階に亘っ
て延びる鋼管柱に、各階毎に鉄骨梁継手を剛接合すると
ともに、前記鋼管柱外周に柱筋及び帯筋を組立ててコン
クリートを被覆し、且つ前記柱筋下端に接合金物を接続
してなる鋼管プレキャストコンクリート柱を、1階の鉄
筋コンクリート柱脚部上に建込み、1階中央部において
同柱脚部及び前記鋼管プレキャストコンクリート柱を夫
々の柱筋及び前記接合金物を介して接合するものである
(作用) 本発明によれば前記したように、多階層に亘って延び、
各階毎に鉄骨梁継手が剛接合された鋼管柱の外周に、下
端部に接合金物が接続された柱筋と同柱筋を囲繞する帯
筋とよりなる補強鉄筋を配筋してコンクリートを被覆し
、かくして鋼管柱鉄骨と鉄筋コンクリートとよりなる複
合構造の鋼管プレキャストコンクリート柱を構成し、同
社を1階の鉄筋コンクリート柱脚部上に建込み、両社を
前記接合金物を介して夫々の柱筋だけで接合し、一体化
するものである。
(実施例) 以下本発明を図示の実施例について説明する。
(1)は1階より3乃至4階まで延びる角型の鋼管柱で
、各階毎に鉄骨梁継手(2)が剛に溶接され、前記鋼管
柱(1)の外周には柱筋(3)及び同社筋(3)を囲繞
する帯筋(4)が配筋され、柱筋(3)の下端部に柱筋
の種合金@l3(5)が取付けられ、前記鋼管柱(1)
の外周にコンクリート(6)が被覆され、かくして、鋼
管プレキャストコンクリート柱(A)が構成されている
図中(7)は建方用ピースである。(B)は現場で施工
された鉄筋コンクリート柱脚部で、1階の床(C)面よ
り階高の中央部まで立上がる鉄筋コンクリート造とし、
柱筋(8)の上端部はジツイント分だけ上方に突出して
いる0図中(7′) は建方用ピースである。
前記鉄筋コンクリート柱脚部(B)には予め高さ調整用
のレベルモルタル(9)を施し、建方直前に間柱脚部(
B)の上部に敷モルタルOIを敷き均らす。
次いで前記鋼管プレキャストコンクリート柱(A)を揚
重機で前記柱脚部(B)上に吊込み、同柱脚部(B)の
上端面より突出している柱筋(8)を前記柱(A)にお
ける柱筋(3)下端部の接合金物(5)に挿入し、建方
用ピース(7)(7’)によって柱脚部を固定し、前記
柱(A)の垂直建入れを確認したのち、斜めワイヤロー
プで仮固定する。
以下鉄骨造の建方と同様に順次作業を進め、建方完了後
、1階の鋼管プレキャストコンクリート柱(^)の下部
ジヨイント部における接合金物(5)に無収縮モルタル
00を充填し、前記柱(A) (B)を一体化する。
(発明の効果) 本発明によれば前記したように、多層階に亘って延びる
鋼管柱に、各階毎に接合用鉄骨梁端部を剛接合するとと
もに、鋼管柱の外周に柱筋及び帯を組立ててコンクリー
トを被覆し、柱筋の下端部には接合金物を接続して、鋼
管鉄骨柱と鉄筋コンクリートとよりなる複合構造の長尺
の鋼管プレキャストコンクリート柱を構成し、間柱を1
階の鉄筋コンクリート柱脚部上に建込んで夫々の柱筋と
前記接合金物とを介して接合し、1階柱中央部のジヨイ
ントを柱筋の接合だけによって行ない、従来工法にみら
れるような柱鉄骨の接合を不要ならしめたので作業性が
向上される。
また前記プレキャストコンクリート柱は多wi層に亘う
て延びる長尺の柱に構成されたにもかかわらず、間柱の
柱鋼管が中空の鋼管柱より構成され、プレキャスト化さ
れていることによって部材重量が大きくならず、またこ
のように柱をプレキャスト化したことによって現場作業
の省力化と大幅な工期の短縮が図かれる。
【図面の簡単な説明】
第1図は本発明に係る鋼管プレキャストコンクリート柱
の構築方法の一実施例の実施状況を示す斜面図、第2図
はその一部を欠截して示す正面図、第3図はその正面図
、第4図は第1図の矢視■−■図、第5図及び第6国益
に第7図は夫々第2図の矢視V−V図及び矢視Vl−V
1図並に矢国益−■図、第8図は鋼管プレキャストコン
クリート柱の部分正面図、第9図及び第10図は夫々鋼
管プレキャストコンクリート柱と1階鉄筋コンクリート
柱脚部との接合部を示す縦断面図、並に分解斜面図、第
11図は従来の鉄骨鉄筋コンクリート柱の構築方法の一
例の実施状況を示す正面図、第12図は他の例の実施状
況を示す一部縦断正面図、第13図は第12図の矢視能
−詣図、第14図は鉄骨鉄筋コンクリート柱の接合部を
示す正面図である。 (^)・・・鋼管プレキャストコンクリート柱(B)・
・・柱脚部      (1)・−鋼管柱(2)−・鉄
骨梁継手     (3)−柱筋(4)・・・帯筋  
      (5)・・・接合金物(6)・・・コンク
リート 代理人 弁理士 岡 本 重 文 外2名 三 肩I閃 JPJ2TA      男3国    A4呂劃8A
       月qrA 差IOm

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 多層階に亘って延びる鋼管柱に、各階毎に鉄骨梁継手を
    剛接合するとともに、前記鋼管柱外周に柱筋及び帯筋を
    組立ててコンクリートを被覆し、且つ前記柱筋下端に接
    合金物を接続してなる鋼管プレキャストコンクリート柱
    を、1階の鉄筋コンクリート柱脚部上に建込み、1階中
    央部において同柱脚部及び前記鋼管プレキャストコンク
    リート柱を夫々の柱筋及び前記接合金物を介して接合す
    ることを特徴とする鋼管プレキャストコンクリート柱の
    構築方法。
JP3764188A 1988-02-22 1988-02-22 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法 Expired - Lifetime JPH06104993B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3764188A JPH06104993B2 (ja) 1988-02-22 1988-02-22 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3764188A JPH06104993B2 (ja) 1988-02-22 1988-02-22 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01214641A true JPH01214641A (ja) 1989-08-29
JPH06104993B2 JPH06104993B2 (ja) 1994-12-21

Family

ID=12503277

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3764188A Expired - Lifetime JPH06104993B2 (ja) 1988-02-22 1988-02-22 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06104993B2 (ja)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03290543A (ja) * 1990-04-06 1991-12-20 Nakano Kenchiku Kenkyusho:Kk Pc鋼管柱とpc鉄骨梁若しくはps鉄骨梁とからなる構造物の架構体
JPH0657864A (ja) * 1992-08-04 1994-03-01 Kajima Corp 上下階中空pc部材の接合方法
WO2008068366A1 (es) * 2006-12-01 2008-06-12 Habidite, S.A. Pieza polivalente
JP2020204204A (ja) * 2019-06-18 2020-12-24 株式会社竹中工務店 建物の建築方法

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03290543A (ja) * 1990-04-06 1991-12-20 Nakano Kenchiku Kenkyusho:Kk Pc鋼管柱とpc鉄骨梁若しくはps鉄骨梁とからなる構造物の架構体
JPH0657864A (ja) * 1992-08-04 1994-03-01 Kajima Corp 上下階中空pc部材の接合方法
WO2008068366A1 (es) * 2006-12-01 2008-06-12 Habidite, S.A. Pieza polivalente
US8402706B2 (en) 2006-12-01 2013-03-26 Habidite, S.A. Pillar part for modular construction
JP2020204204A (ja) * 2019-06-18 2020-12-24 株式会社竹中工務店 建物の建築方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06104993B2 (ja) 1994-12-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0518003A (ja) 鋼管コンクリート柱とハーフプレキヤスト鉄筋コンクリート柱の接合方法。
JPH01214641A (ja) 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法
JPH03132532A (ja) プレキャスト梁部材を使用した鉄筋コンクリート柱・梁構築法
JP2000160687A (ja) 混合構造の構築方法およびプレキャストコンクリート柱
JPH08319695A (ja) 地中梁用鉄筋組及び地中梁の構築方法
JP2592224Y2 (ja) Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造
JP3187618B2 (ja) 梁鉄筋の組み立て方法
JP2645329B2 (ja) 柱の構築工法
JP2763488B2 (ja) 構真柱および逆打ちラーメンプレハブ工法
JP2003013493A (ja) 柱梁接合継手および柱梁接合方法
JPH01287336A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート複合構法
JPH0949264A (ja) 鉄筋コンクリート造軸組と構造物の構築方法及びその部材
JPH02282538A (ja) 鉄筋コンクリート造躯体の構築方法
JPH0414567A (ja) 建築物の積層構法
JPH02236328A (ja) 超高層建物の構築方法
JP2001020383A (ja) Sc造梁による建物の混合構造
JPH03151429A (ja) 型枠付鉄筋先組梁及び型枠付鉄筋先組工法
JP3122739B2 (ja) プレキャストのrc柱とプレキャストのrc梁とからなる架構
JP3114024B2 (ja) 躯体の接合部構造
JPH0522787B2 (ja)
JPH0967858A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート構造物の施工方法
JP2001020297A (ja) 建物のsc造基礎梁構法
JPH0588331B2 (ja)
JPH03293445A (ja) 建築物の構造体の施工方法
JPH04309630A (ja) Pc製部材を使用した躯体構築方法