JP2001020297A - 建物のsc造基礎梁構法 - Google Patents

建物のsc造基礎梁構法

Info

Publication number
JP2001020297A
JP2001020297A JP11197251A JP19725199A JP2001020297A JP 2001020297 A JP2001020297 A JP 2001020297A JP 11197251 A JP11197251 A JP 11197251A JP 19725199 A JP19725199 A JP 19725199A JP 2001020297 A JP2001020297 A JP 2001020297A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
reinforcing bar
reinforcement
pca
reinforcing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP11197251A
Other languages
English (en)
Inventor
Norie Yukimura
憲衛 幸村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Individual
Original Assignee
Individual
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Individual filed Critical Individual
Priority to JP11197251A priority Critical patent/JP2001020297A/ja
Publication of JP2001020297A publication Critical patent/JP2001020297A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Foundations (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【課題】施工効率を向上せしめると共に工期短縮を図る
ことができ、作業の合理化および部材の軽量化も図るこ
とができる建物のSC造基礎梁構法を提供する。 【解決手段】建物の応力を負担する梁鉄骨1と、梁鉄骨
1の周囲に配置されるひび割れ補強用鉄筋2と、これら
の梁鉄骨1およびひび割れ補強用鉄筋2を被覆する梁コ
ンクリート3からSC造基礎梁が構成される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、建物の基礎梁構
法、特にSC(鉄骨コンクリート)造梁による基礎梁構
法に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、中高層の集合住宅などの建物の基
礎梁としては、主としてRC(鉄筋コンクリート)造基
礎梁が使用されている。また、最近、SC造の基礎梁の
開発も見られる。
【0003】しかしながら、上記RC造基礎梁は、躯体
工事が複雑で施工の合理化が遅れている等の問題点があ
った。また、これまで開発されているSC造基礎梁は、
上部躯体がS(鉄骨)造のみで適用範囲が狭い等の問題
点がある。
【0004】さらに、従来、上部躯体がRC造、SRC
(鉄骨鉄筋コンクリート)造の建物では、杭、基礎、地
中梁工事を簡易に進める施工法や、工程短縮可能な工法
の開発が要請されていた。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記従来の
梁の構法の問題点を解決するためになされたもので、そ
の目的とするところは、施工効率を向上せしめると共に
工期短縮を図ることができ、作業の合理化および部材の
軽量化も図ることができる建物のSC造基礎梁構法を提
供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明の建物のSC造基
礎梁構法は、建物の応力を負担する梁鉄骨と、該梁鉄骨
の周囲に配置されるひび割れ補強用鉄筋と、これらの梁
鉄骨およびひび割れ補強用鉄筋を被覆する梁コンクリー
トから構成されることを特徴とする。また、内部に中空
部が形成されることも特徴とする。さらに、上記ひび割
れ補強用鉄筋を2つのコの字形鉄筋により構成し、上記
梁鉄骨に上下から外挿するように配筋することも特徴と
する。またさらに、上記梁鉄骨を接続する鉄骨部材と、
該鉄骨部材に一体的に設けられた貫通用鋼管と、該貫通
用鋼管を上下に貫通するPCa芯柱と、接合部パネルゾ
ーンに配筋された帯筋からPCa芯柱付き柱梁接合部材
を構成し、上記PCa芯柱と上記貫通用鋼管との隙間に
コンクリート又はモルタルを充填して一体化することも
特徴とする。この一体化は、PCa芯柱を建て込む前
に、または、建て込んだ後に、行うことも特徴とする。
【0007】
【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態につい
て、図面を参照しながら説明する。図1において、Aは
SC造基礎梁であって、図2から明らかなように、梁鉄
骨1と、ひび割れ補強用鉄筋2と、梁コンクリート3か
ら構成されている。4は建物の床スラブ、5は基礎スラ
ブである。
【0008】上記梁鉄骨1はI形の断面を有する形鋼で
あって、垂直方向のウエブ部1aと、該ウエブ部1aの
上下端部から両側横方向に延びるフランジ部1bから構
成されている。該梁鉄骨1は、上記I形鋼の他にH形鋼
などの形鋼、あるいはウエブ部1aとフランジ部1bを
溶接により一体化したものであってもよい。
【0009】上記ひび割れ補強用鉄筋2は、上下のコの
字形梁筋部材2a、2bを向かい合わせ状態で、上記梁
鉄骨1に一体的に溶接されている。これらのコの字形梁
筋部材2a、2bは、図3に示すように、それぞれ多数
のコの字鉄筋2a′、1b′を繋筋2a″、2b″によ
り一体的に組み付けて構成されている。以上のように、
ひび割れ補強用鉄筋2は、上記梁鉄骨1の周囲に配筋さ
れ、ひび割れ補強効果しか期待されていない。また、上
記ひび割れ補強用鉄筋2を梁鉄骨1に一体的に溶接する
ことにより、梁筋の組立作業を無くすことができる。さ
らに、上記コの字形梁筋部材2a、2bの組み付けによ
り、梁筋同士の継手作業が不要となる。
【0010】上記梁コンクリート3は、剛性効果および
耐火性能を保持するのに機能し、現場打ちコンクリート
あるいはPCa(プレキャストコンクリート)のいずれ
でもよく、多様なニーズに対応することができる。ま
た、本発明のSC造基礎梁を接合する柱は、SRC造ま
たはRC造のいずれでもよく、多様なの構法を提供する
ことができる。なお、梁鉄骨1同士の仕口は従来の手法
で可能である。
【0011】図4は、本発明の別の実施例を示すもの
で、上記梁鉄骨1のウエブ部1aの両側に薄鉄板などで
構築した埋込型枠6をセットして、コンクリート3内に
中空部7を形成し、SC梁の軽量化を図るようになって
いる。
【0012】再び、図1において、BはPCa芯柱付き
柱梁接合部材であって、図5に示すように、十字状の鉄
骨部材8と、該鉄骨部材8の中心部を上下に貫通するよ
うに一体的に設けられた貫通用鋼管9と、該貫通用鋼管
9を上下に貫通するPCa芯柱10と、接合部パネルゾ
ーンに配筋された帯筋11から構成されている。上記P
Ca芯柱10は、上記貫通用鋼管9との隙間にコンクリ
ート又はモルタルを充填して一体化される。この一体化
は、PCa芯柱10を建て込む前に工場又は現場の地上
で行ってもよく、また、PCa芯柱10を建て込んだ
後、これに貫通用鋼管9を外挿して一体化してもよい。
【0013】上記帯筋11内の四隅には柱主筋12が上
下方向に貫通するように配筋されると共に、該柱主筋1
2の周囲には帯筋13が配筋されて、鉄筋コンクリート
(RC)造柱を構築するようになっている。14はフー
チングである。
【0014】
【発明の効果】1)基礎梁をSC造にすることによっ
て、RC造に比べて、スパンを長くとることができる。
また、SRC造に比べて梁主筋の継手作業がないため施
工性が向上する。 2)梁鉄骨とひび割れ補強用鉄筋を一体化して建て込む
ようにしたので、施工効率が向上する。 3)ひび割れ補強用鉄筋を2つのコの字形鉄筋により構
成し、梁鉄骨に上下から外挿するように組み付けるの
で、従来のスターラップに比べて配筋作業が極めて簡略
化される。 4)ひび割れ補強用鉄筋を梁鉄骨に溶接して一体化して
いるので、鉄筋の組立作業や、鉄筋同士の継手作業など
が無く、作業の合理化を図ることができる。 5)梁鉄骨によるコンクリート保持能力が高いため、梁
下の型枠を早期に解体・撤去することができ、型枠転用
回数が多くなってコストダウンとなるだけでなく、工期
短縮が可能となる。 6)内部に中空部を形成することにより、部材重量の軽
量化を図ることができる。 7)工場加工した梁部材を取り付けるため、現場での地
組みスペースが不要で、狭い敷地において特に効果を発
揮するするするだけでなく、本梁部材は積み重ねするこ
とができ、運搬能率も向上する。 8)柱をS造、SRC造さらにRC造にすることによ
り、種々の躯体合理化を図ることができる。 9)梁部材の設計において、標準化を図ることができ
る。 10)本発明のSC造梁による建物の基礎梁への用途と
しては、柱がSRC造の躯体では、事務所、ホテル、店
舗などに適用可能であり、また、柱がRC造の躯体で
は、中高層住宅から超高層住宅に適用可能となり、新し
いニーズの発掘が可能となった。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の基礎構造を示す平面図(A)および断
面図(B)である。
【図2】本発明のSC梁の構法の一実施例を示す断面図
である。
【図3】図1の補強筋の一例を示す斜視図である。
【図4】本発明のSC梁の構法の別の実施例を示す断面
図である。
【図5】PCa芯柱を有する柱梁接合部の斜視図であ
る。
【符号の説明】
A SC造基礎梁 B PCa芯柱付き柱梁接合部材 1 鉄骨 1a ウエブ部 1b フランジ部 2 ひび割れ補強用鉄筋 2a、2b コの字形梁筋部材 2a′、2b′コの字鉄筋 2a″、2b″繋筋 3 梁コンクリート 4 床スラブ 5 基礎スラブ 6 埋込型枠 7 中空部 8 鉄骨部材 9 貫通用鋼管 10 PCa芯柱 11 帯筋 12 柱主筋 13 帯筋 14 フーチング

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物の応力を負担する梁鉄骨と、該梁鉄
    骨の周囲に配置されるひび割れ補強用鉄筋と、これらの
    梁鉄骨およびひび割れ補強用鉄筋を被覆する梁コンクリ
    ートから構成されることを特徴とする建物のSC造基礎
    梁構法。
  2. 【請求項2】 内部に中空部が形成されることを特徴と
    する請求項1に記載の建物のSC造基礎梁構法。
  3. 【請求項3】 上記ひび割れ補強用鉄筋を2つのコの字
    形鉄筋により構成し、上記梁鉄骨に上下から外挿するよ
    うに配筋することを特徴とする請求項1または2に記載
    の建物のSC造基礎梁構法。
  4. 【請求項4】 上記梁鉄骨を接続する鉄骨部材と、該鉄
    骨部材に一体的に設けられた貫通用鋼管と、該貫通用鋼
    管を上下に貫通するPCa芯柱と、接合部パネルゾーン
    に配筋された帯筋からPCa芯柱付き柱梁接合部材を構
    成し、上記PCa芯柱と上記貫通用鋼管との隙間にコン
    クリート又はモルタルを充填して一体化することを特徴
    とする請求項1、2または3に記載の建物のSC造基礎
    梁構法。
  5. 【請求項5】上記PCa芯柱と上記貫通用鋼管を、PC
    a芯柱を建て込む前に、または、建て込んだ後に、一体
    化することを特徴とする請求項4に記載の建物のSC造
    基礎梁構法。
JP11197251A 1999-07-12 1999-07-12 建物のsc造基礎梁構法 Pending JP2001020297A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11197251A JP2001020297A (ja) 1999-07-12 1999-07-12 建物のsc造基礎梁構法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11197251A JP2001020297A (ja) 1999-07-12 1999-07-12 建物のsc造基礎梁構法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001020297A true JP2001020297A (ja) 2001-01-23

Family

ID=16371369

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP11197251A Pending JP2001020297A (ja) 1999-07-12 1999-07-12 建物のsc造基礎梁構法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001020297A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018017041A (ja) * 2016-07-28 2018-02-01 藤和コーポレーション株式会社 基礎構造及びその基礎工法
JP2018071159A (ja) * 2016-10-27 2018-05-10 株式会社竹中工務店 ダクト構築方法

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018017041A (ja) * 2016-07-28 2018-02-01 藤和コーポレーション株式会社 基礎構造及びその基礎工法
JP2018071159A (ja) * 2016-10-27 2018-05-10 株式会社竹中工務店 ダクト構築方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN109339229B (zh) 一种穿孔浆锚预制装配式钢管混凝土框架结构
JPH10131516A (ja) 既存の建物の補強構造
JPH09209451A (ja) 上下柱と梁の接合構造および接合方法
JP3999591B2 (ja) 繊維補強セメント系材料によるコンクリート系構造物の制震構造
JPH11343667A (ja) 鉄骨コンクリ―ト造地中梁による柱脚固定構造
JPH1096294A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート梁
JP2001020297A (ja) 建物のsc造基礎梁構法
JP2001020376A (ja) 建物のsc造梁構法
JP3116767B2 (ja) 既設建物の免震構造化方法
JP3586121B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の混合構造およびその施工方法
JPS6314937A (ja) 鉄筋鉄骨複合柱
JPH0598653A (ja) 地下逆打工法における鋼管コンクリート柱
JP2592224Y2 (ja) Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造
JP7435979B2 (ja) Cltを用いた既存建物の耐震補強構造
JP7442268B2 (ja) 地下躯体構造
JPH0366878A (ja) プレキヤスト柱梁とプレキヤスト耐震壁の構築方法
JPH05156654A (ja) 逆打ち工法
JPS62264230A (ja) 多階建築物の躯体構築工法
JPH01287336A (ja) 鉄骨・鉄筋コンクリート複合構法
JP2578671B2 (ja) 柱と梁の構築工法
JP2001248167A (ja) 建物の基礎の構造
JPH01214641A (ja) 鋼管プレキヤストコンクリート柱の構築方法
JP2001020383A (ja) Sc造梁による建物の混合構造
JPH09273317A (ja) 既存コンクリート構造物の耐震補強方法
JP2003161041A (ja) 既存建物の耐震補強構造及びその施工方法