JPH0732706Y2 - プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造 - Google Patents

プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造

Info

Publication number
JPH0732706Y2
JPH0732706Y2 JP3768488U JP3768488U JPH0732706Y2 JP H0732706 Y2 JPH0732706 Y2 JP H0732706Y2 JP 3768488 U JP3768488 U JP 3768488U JP 3768488 U JP3768488 U JP 3768488U JP H0732706 Y2 JPH0732706 Y2 JP H0732706Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
column
steel frame
steel
reinforced concrete
crossed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP3768488U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH01142701U (ja
Inventor
次彦 吉野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP3768488U priority Critical patent/JPH0732706Y2/ja
Publication of JPH01142701U publication Critical patent/JPH01142701U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0732706Y2 publication Critical patent/JPH0732706Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本考案はプレキャスト鉄筋コンクリート柱と、鉄骨梁と
からなる混合構造における、プレキャスト鉄筋コンクリ
ート柱と同柱の梁位置に配設された鉄骨梁の接合用交叉
鉄骨との配筋構造に係るものである。
(従来の技術) 鉄筋コンクリート造の柱と鉄骨造の梁とからなる複合構
造においては、梁や鉄骨造であるため、大スパン架構の
構造物の場合には、鉄筋コンクリート造の梁や、鉄骨鉄
筋コンクリート造の梁に比して経済的に設計でき、また
柱については軸力をコンクリート断面で負担できるの
で、鉄骨造の柱より経済的な設計となる。
しかしながら鉄骨造の梁端を柱と接合するためには、梁
端に生起する曲げ応力を柱に完全に伝達しなければなら
ず、このため柱にも大きな断面の鉄骨が必要であった。
即ち従来は鉄骨に生起する応力は柱内の鉄骨を介して鉄
骨鉄筋コンクリート断面に伝達しようとするものであ
る。
(考案が解決しようとする課題) 従って応力的には鉄筋コンクリート造で十分設計できる
柱であっても、鉄骨造梁の応力を伝達するために、柱の
鉄骨が必要であり、またこのような複合構造は、大スパ
ンが要求される商業ビルや倉庫に適した構造であるが、
この種の建造物は階高が高く、柱のコンクリート打設に
難点があった。
しかしながら鉄骨鉄筋コンクリート柱をプレキャスト化
する場合には、鉄骨の接合、鉄筋の接合、接合部分の後
打ちコンクリート打設と柱との接合作業が煩雑であり、
また後打ちコンクリートは逆打となるため、打設部に欠
陥を生じるという問題点があった。
本考案はこのような従来技術の有する問題点に鑑みて提
案されたもので、その目的とするところは、鉄骨梁端部
に生起する応力を鉄筋コンクリート柱に十分に伝達しう
るとともに、交叉鉄骨を内蔵した鉄筋コンクリート柱は
プレキャスト造とし、現場作業の省力化が図られるプレ
キャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨
との配筋構造を提供する点にある。
(課題を解決するための手段) 前記の目的を達成するため、本考案に係るプレキャスト
鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁接合用交叉鉄骨との配筋構
造は、プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁とから
なる混合構造において、コンクリート柱躯体に柱筋を埋
設するとともに、同柱躯体における梁位置において、H
型鉄骨よりなる交叉鉄骨の柱内交叉部を内設し、同柱内
交叉部より岐出された接合梁端部における柱躯体内の埋
設部において、前記交叉鉄骨を囲繞する肋筋を密に配設
するとともに、同肋筋の上下部を前記交叉鉄骨のフラン
ジに溶接し、同肋筋の外側には同肋筋と直交方向に柱主
筋を囲繞し、且つ前記交叉鉄骨のウェブを貫通する帯筋
を配設して構成されている。
(作用) 本考案においては前記したように、プレキャスト鉄筋コ
ンクリート柱躯体に柱筋を埋設するとともに、H型鉄骨
を組合わせてなる交叉鉄骨を内設し、同交叉鉄骨のH型
鉄骨の鉄骨梁に対する接合端部をコンクリート柱躯体よ
り突出せしめ、予め柱の製作時において交叉鉄骨を囲繞
する肋筋を密に配筋して、同各肋筋の上下を前記交叉鉄
骨の柱内交叉部より岐出された接合梁端部の上下フラン
ジに溶接して一体化し、同肋筋の外側に同肋筋と直交方
向に柱主筋を囲繞し、且つ交叉鉄骨のウェブを貫通する
帯筋を配設したことによって、柱躯体に埋設される接合
梁端部を有する交叉鉄骨が補強され、柱梁間の応力伝達
が確実に行われる。また交叉鉄骨を埋設した柱がプレキ
ャスト化されていることによって、現場での配筋やコン
クリートの打設が省略される。
(実施例) 以下本考案を図示の実施例について説明する。
(1)はプレキャスト鉄筋コンクリート柱で、柱躯体に
埋設された柱主筋(2)が柱上端より突出され、同柱主
筋(2)の下部には柱主筋接合用スリーブ(3)が埋設
されている。前記プレキャスト鉄筋コンクリート柱
(1)における梁位置には予めH型鉄骨よりなる交叉鉄
骨(4)の柱内交叉部が埋設されるとともに、同柱内交
叉部より岐出された接合梁端部が柱躯体より突設され、
前記交叉鉄骨(4)の柱躯体埋設部分は下記のように肋
筋及び帯筋で十分密に補強されている。
前記交叉鉄骨(4)の柱躯体内に埋設された柱内交叉部
には、同交叉鉄骨(4)を囲繞するように肋筋(5)が
十分密に配筋され、同肋筋(5)の上下部が交叉鉄骨
(4)を構成するH型鋼のフランジに溶接wされてい
る。
更に前記肋筋(5)と直交する方向に、柱主筋(2)を
囲繞するように交叉鉄骨(4)のウェブを貫通して帯筋
(6)が配筋されている。図中(4a)は前記交叉鉄骨
(4)を構成するH型鋼のウェブに穿設された帯筋貫通
孔である。
このように柱主筋(2)及び同柱主筋接合用スリーブ
(3)と交叉鉄骨(4)の柱内交叉部及び前記肋筋
(5)、帯筋(6)とが柱コンクリート躯体に埋設さ
れ、同躯体外周面より交叉鉄骨(4)の柱内交叉部より
岐出された鉄骨梁接合端部が突設されたプレキャスト鉄
筋コンクリート柱(1)を製作する。なお前記交叉鉄骨
(4)の加工、肋筋(5)及び帯筋(6)の配筋作業、
コンクリート打設は予め工場で行なわれる。
前記プレキャスト鉄筋コンクリート柱(1)の建方に際
しては第4図に示すように、1階床(7)に前記プレキ
ャスト鉄筋コンクリート柱(1)を設置し、同1階床
(7)より突出した主筋(8)を前記柱(1)内の柱主
筋接合用スリーブ(3)に挿入する。図中(9)は敷モ
ルタルである。
かくして前記プレキャスト鉄筋コンクリート柱(1)の
建方が完了すると、相隣る前記柱(1)の交叉鉄骨
(4)の柱内交叉部より岐出された接合梁端部間に鉄骨
梁(10)を高力ボルト(11)または溶接等によって接合
する。(第5図参照) 前記鉄骨梁(10)の取付完了後、第6図に示すように、
前記スリーブ(3)内に無収縮モルタル(12)をグラウ
トし、柱主筋(2)と床(7)から突設された主筋
(8)とを接合する。
かくして前記プレキャスト鉄筋コンクリート柱(1)と
鉄骨梁(10)との組立が完了した後、スラブの取付作業
を行い、以下前記の工程を反復して上部の建方を行う。
(考案の効果) 本考案によれば、プレキャスト鉄筋コンクリート柱内に
対するH型鉄骨よりなる交叉鉄骨の埋設部において、同
交叉鉄骨を囲繞するように肋筋を密に配筋し、同各肋筋
の上下を前記交叉鉄骨のフランジに溶接し、前記肋筋の
外側には同肋筋と直交方向に柱主筋を囲繞し、且つ前記
交叉鉄骨のウェブを貫通する帯筋を配筋したことによっ
て、柱内の梁位置の交叉部を補強し、柱梁接合部におけ
る応力の伝達が確実に行なわれるようにしたものであ
る。
また肋筋と帯筋とを交叉して配筋することは、従来工法
においては現場での配筋作業が困難であるが、本考案に
よれば鉄骨加工、配筋作業、コンクリート打設が工場等
で予め行なわれるので、施工が容易に行なわれる。
【図面の簡単な説明】 第1図は本考案に係るプレキャスト鉄筋コンクリート柱
と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造の一実施例を示
す斜視図、第2図及び第3図は夫々前記配筋構造を具え
たプレキャスト鉄筋コンクリート柱の正面図並に斜視
図、第4図は柱の建方状況を示す正面図、第5図は鉄骨
梁の取付状況を示す正面図、第6図は柱脚接合部の縦断
面図である。 (1)……プレキャスト鉄筋コンクリート柱、(4)…
…交叉鉄骨、(5)……肋筋、(6)……帯筋、(10)
……鉄骨梁

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁
    とからなる混合構造において、コンクリート柱躯体に柱
    筋を埋設するとともに、同柱躯体における梁位置におい
    て、H型鉄骨よりなる交叉鉄骨の柱内交叉部を内設し、
    同柱内交叉部より岐出された接合梁端部における柱躯体
    内の埋設部において、前記交叉鉄骨を囲繞する肋筋を密
    に配設するとともに、同肋筋の上下部を前記交叉鉄骨の
    フランジに溶接し、同肋筋の外側には同肋筋と直交方向
    に柱主筋を囲繞し、且つ前記交叉鉄骨のウェブを貫通す
    る帯筋を配設してなることを特徴とするプレキャスト鉄
    筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構
    造。
JP3768488U 1988-03-24 1988-03-24 プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造 Expired - Lifetime JPH0732706Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3768488U JPH0732706Y2 (ja) 1988-03-24 1988-03-24 プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3768488U JPH0732706Y2 (ja) 1988-03-24 1988-03-24 プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH01142701U JPH01142701U (ja) 1989-09-29
JPH0732706Y2 true JPH0732706Y2 (ja) 1995-07-31

Family

ID=31264261

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3768488U Expired - Lifetime JPH0732706Y2 (ja) 1988-03-24 1988-03-24 プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0732706Y2 (ja)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3039295B2 (ja) * 1994-11-18 2000-05-08 株式会社大林組 混合構造物のプレハブ部材の製造方法
CN114856087A (zh) * 2022-06-23 2022-08-05 福建农林大学 一种全预制装配式钢管混凝土叠合柱连接节点及施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPH01142701U (ja) 1989-09-29

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0518003A (ja) 鋼管コンクリート柱とハーフプレキヤスト鉄筋コンクリート柱の接合方法。
KR100710583B1 (ko) Pc기둥과 철골보의 복합구조
JPH0732706Y2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合用交叉鉄骨との配筋構造
JP3052100B2 (ja) 柱体と仕口構成体とを結合した建物駆体およびその構築法
JPH09209451A (ja) 上下柱と梁の接合構造および接合方法
JP2927402B2 (ja) コンクリート建造物の柱・梁接合部構造
JP3586121B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の混合構造およびその施工方法
JP2895750B2 (ja) 柱と梁との接合部における接合方法
JP3424842B2 (ja) プレキャスト工法における鉄骨鉄筋コンクリート構造柱の接合工法
JP2697532B2 (ja) 建築架構の構築方法
JP2566701Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁の接合構造
JP2017155442A (ja) 柱梁接合構造
JP2002364072A (ja) 複合構造架構用梁
JPH0745783B2 (ja) プレキヤスト柱梁とプレキヤスト耐震壁の構築方法
JP2893406B2 (ja) プレキャストコンクリート柱梁の接合工法
JP2972956B2 (ja) 柱と梁の接合工法およびその構造
JP2972962B2 (ja) 仕口構造
JP2592224Y2 (ja) Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造
JP2005002585A (ja) キャピタル部材及びこれを使用したrcft柱の施工方法
JPH10131353A (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート造連層耐震壁
JPH0726440B2 (ja) 鉄骨鉄筋プレキヤストコンクリート柱と鉄骨梁との接合方法
KR20220111082A (ko) 단부 매립형 거더 접합 구조를 갖는 합성 프레임
JPH0868115A (ja) 柱梁の接合構造およびそれを用いた地下躯体の構築方法
JP3094198B2 (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート造部材及びそれを用いる構造体の構築方法
JP3052102B2 (ja) 仕口構成体を使う建物駆体の構築法