JP2002239160A - パチンコ遊技機 - Google Patents

パチンコ遊技機

Info

Publication number
JP2002239160A
JP2002239160A JP2001046134A JP2001046134A JP2002239160A JP 2002239160 A JP2002239160 A JP 2002239160A JP 2001046134 A JP2001046134 A JP 2001046134A JP 2001046134 A JP2001046134 A JP 2001046134A JP 2002239160 A JP2002239160 A JP 2002239160A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
type
gain
symbols
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001046134A
Other languages
English (en)
Inventor
Hiroshi Kanazawa
広嗣 金沢
Original Assignee
Maruhon Ind Co Ltd
マルホン工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Maruhon Ind Co Ltd, マルホン工業株式会社 filed Critical Maruhon Ind Co Ltd
Priority to JP2001046134A priority Critical patent/JP2002239160A/ja
Publication of JP2002239160A publication Critical patent/JP2002239160A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】遊技者の打球操作と関係して、確変当り図柄態
様等の特定の利得図柄態様種となる割合が変化する変化
に富んだ図柄制御が可能となるパチンコ機を提供する。 【解決手段】特定の利得図柄態様種を構成する図柄種が
有効表出部位に表出しているときに、図柄始動領域を遊
技球が通過すると、大当りとなる場合に、当該利得図柄
態様種の当り図柄態様で確定する割合が高くなるように
したものであるから、遊技者の打球操作と関係して、大
当り時の利得に差異を生じ、このため、遊技者の行為と
関係して図柄が決定されることとなり、遊技者参加型の
図柄確定が実現される。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、図柄表示装置に確
定表示された各図柄の組合せが所定の当り図柄態様であ
る場合に、遊技者に所定の利得を供与することとなる特
別遊技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機に関す
る。
【0002】
【従来の技術】複数の図柄を変動表示する図柄表示装置
と、図柄始動領域への遊技球通過に起因して図柄を変動
開始し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、
図柄表示装置に確定表示された各図柄の組合せが所定の
当り図柄態様である場合に、遊技者に所定の利得を供与
することとなる特別遊技作動を実行するようにしたパチ
ンコ遊技機は良く知られている。これらには、いわゆる
第1種パチンコ遊技機及び第3種パチンコ遊技機があ
る。
【0003】ここで、第1種パチンコ遊技機は、図柄を
変動表示する複数の図柄表示部を具備する図柄表示装置
と、開閉片により開閉制御される可変入賞口を具備する
可変入賞装置とを備え、遊技盤面に設けられた特別図柄
始動領域への遊技球通過に起因して表示図柄を変動開始
し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、図柄
表示装置に所定の当り図柄態様が確定表示された場合
に、可変入賞装置の可変入賞口の開放と、可変入賞口の
所定制限時間の経過又は該所定制限時間内での規定個数
の入賞満了による可変入賞口の閉鎖とを順次生じてなる
開閉ラウンドを、可変入賞口内に設けられた特定領域を
遊技球が通過することを継続条件として、所定制限回数
まで繰り返してなる特別遊技作動を実行するものであ
る。
【0004】また、第3種パチンコ遊技機は、図柄を変
動表示する図柄表示装置と、球通過を検知する図柄始動
領域と、開口を開閉制御してその内部の特別作動領域へ
球通過可能な状態と不可能な状態とに変換する普通電動
役物と、開閉制御される可変入賞口とを備え、球通過に
伴って該可変入賞口を開放する特定領域への流入制御を
行う役物とを備え、図柄始動領域への遊技球通過に起因
して、図柄表示装置の図柄を変動させた後に確定表示す
るようにし、その確定図柄態様が所定の当り図柄態様で
ある場合に、普通電動役物を開放制御し、その特別作動
領域への球通過に伴って特別遊技作動が実行され、かつ
該特別遊技作動は、役物が駆動して特定領域への球通過
が可能となり、かつ該球通過ごとに、可変入賞口の開放
と、閉鎖とを生じてなる開閉ラウンドを複数回繰り返し
てなるものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従来のパチンコ遊技機
にあって、大当り図柄態様のうちの所定のものを確変当
り図柄態様とし、該確変当り図柄態様で大当りとなった
場合に、以降に大当りとなる確率を高確率に維持するよ
うにした構成が、種々提案されている。ところで、この
確変当り図柄態様の表出制御は、遊技者とは無関係に、
乱数のみを用いて制御していた。このため、確変当り図
柄態様で大当りとなるかどうかは、単に運によるもので
あるから、遊技者の遊技参加意識が低くなり、遊技性に
欠けるという問題があった。
【0006】本発明は、遊技者の打球操作と関係して、
確変当り図柄態様等の特定の利得図柄態様種となる割合
が変化する図柄制御を可能として、遊技の興趣を高める
ことを目的とするものである。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、獲得利益が異
なる複数の利得図柄態様種により区別される当り図柄態
様を有し、該利得図柄態様種を構成する図柄種が、図柄
表示装置の有効表出部位に表出しているときに、図柄始
動領域を遊技球が通過すると、大当りとなる場合に、当
該利得図柄態様種の当り図柄態様で確定する割合が高く
なるようにしたことを特徴とするものである。この獲得
利益が異なる複数の利得図柄態様種を、当該特別遊技作
動後に大当りとなる確率が向上することとなる確変当り
図柄態様と、当該特別遊技作動後に大当りとなる確率が
向上しない通常当り図柄態様の二種とする構成が提案さ
れる。ここでこの表出有効部位とは、確定図柄を定める
部位をいい、上下方向で図柄がスクロール表示される場
合には、通常は、中央横列を言う。
【0008】かかる構成にあって、遊技者は、変動する
図柄の内容と、遊技球の始動領域への通過タイミングに
意を注ぎながら、打球操作を行うこととなる。そして、
確変当り図柄態様等の、有利な利得図柄態様種を構成す
る図柄種が表出しているときに、始動領域へ遊技球が通
過することを願うと共に、タイミングよく遊技球通過し
た場合には、有利な利得図柄態様種で大当りとなる期待
感を抱くこととなる。このため、図柄確定は、従来は、
遊技者の行為とは無関係に、乱数のみにより定まってい
たのが、遊技者の行為と関係して決定されることとな
り、遊技者参加型の図柄確定が実現されることとなる。
【0009】ここで、この利得図柄態様種は、奇数,偶
数の差異により区分することができる。この場合に、利
得図柄態様種を構成する図柄種としては、例えば最初に
停止する図柄列を対象とするなど、有効な図柄列があら
かじめ定められる。一方、特定の利得図柄態様種を構成
する図柄種を、各図柄に付される色要素により区分する
ようにし、かつ有効表出部位にある図柄が常に同色とな
るように変動させることができる。この場合に、表出有
効部位を通過する各図柄は、すべて同じ色、すなわち同
じ図柄種となるから、あらかじめ有効図柄列を定める必
要はなく、図柄変動と図柄種との関係が明瞭となる。
【0010】ところで、この有利となる特定の利得図柄
態様種が、例えば1個置きに表出すると、各図柄は2m
sごとに表出有効部位を通過して図柄が更新する変動速
度で走行しているから、始動領域通過のタイミングを表
出図柄種に適合させることは、技量によっては困難とな
り、専ら偶然による他はない。そこで、始動領域へ狙い
を定める打球操作を可能とするために、図柄変動中に、
特定の利得図柄態様種を構成する図柄種が、所定数、連
続的に表示されるように制御する構成が提案される。か
かる制御態様として、次の構成がある。
【0011】まず、同一の利得図柄態様種を構成する図
柄種の連続表出数を、あらかじめ定められた遊技条件に
基づき選定するようにした構成が提案される。例えば、
普通図柄の表示内容により、連続表出数を選定する等が
考えられる。
【0012】また、同一の利得図柄態様種を構成する図
柄種の連続表出数を、連続回数選定乱数の抽選により選
定してもよい。この抽選時期は、各変動ごとに実行して
も良いが、次のように、所定変動回数ごとに、または所
定時間経過ごとに行うようにしても良い。
【0013】ここで、同一の利得図柄態様種を構成する
図柄種の連続表出数を、所定経過時間または所定変動回
数ごとに変化させた構成が提案される。この場合には、
あらかじめ、連続表出数の変化パターンを定めておき、
この所定時間経過又は所定回数消化に伴って、そのパタ
ーンを進行させるようにしておくことが考えられる。又
は上述のように、所定時間経過又は所定回数消化ごとに
連続表出数を抽選などにより選定してもよい。
【0014】また、変動開始から所定時間経過後に、同
一の利得図柄態様種を構成する図柄種が連続的に現れる
ようにしてもよい。これにより遊技者は所定時間まで
は、余裕をみることができ、経過後変動と同時に、始動
領域に狙いを定める必要が無くなる。
【0015】ここで同一図柄変動中にあって、特定の利
得図柄態様種を構成する図柄種の連続表出数は、必ずし
も同じとする必要が無く、その連続表出数の変化パター
ンも、あらかじめ定めたり、各種条件に基づいたり、抽
選により選定することができる。
【0016】また、この有効表出部位に表出した利得図
柄態様種と、始動領域への遊技球通過の関係は、順次確
定する三つの特別図柄A,B,Cを備える場合にあっ
て、最初に停止する特別図柄Aの確定まで有効とする場
合、特別図柄A,Bが確定するまで有効とする場合、全
図柄が確定するまで有効とする場合、さらには図柄確定
後でも有効とする場合、その他あらかじめ定められた期
間のみ有効とする場合等、種々の実施態様が提案され
る。ここで、特別図柄Aの確定まで有効とする場合に
は、図柄が全変動している最中に、有利な利得図柄態様
種が有効表出部位に到来するときに、始動領域14へ遊
技球を通過する必要を生じ、遊技の力量が試されると共
に、上述した特定の利得図柄態様種を連続的に表出する
意義を生ずる。また、特別図柄A,Bが確定するまで有
効とする場合、全図柄が確定するまで有効とする場合、
さらには図柄確定後でも有効とする場合には、特別図柄
Aが確定した時点で、有効表出部位に表出した色彩も確
定されるから、比較的長いチャンスが与えられることと
なり、赤色で特別図柄Aが確定した場合には、遊技者の
期待感が高まる。あらかじめ定められた期間のみ有効と
する場合には、所定制限期間内となり、チャンスが明快
となり、図柄変動態様とは無関係に期間設定できて、変
化に富んだ遊技が可能となる。
【0017】
【発明の実施の形態】いわゆる第1種パチンコ遊技機に
本発明を適用した一実施例を説明する。図1はパチンコ
遊技機の遊技盤1の正面図である。また図2は、遊技盤
1の内側レール内の中央に配設されたセンターケース4
の正面図である。ここでセンターケース4内には液晶表
示器、CRT表示器、ドットマトリックスまたは7セグ
メント指示器等からなる特別図柄表示装置6が設けられ
る。この特別図柄表示装置6の図柄表示領域Fには三つ
の特別図柄A,B,Cが表示される。この特別図柄A,
B,Cは、「1」〜「8」の8の数字からなる図柄が表
示される。
【0018】センターケース4の下部には四個のパイロ
ットランプからなる特別図柄始動記憶数表示装置8が設
けられる。この特別図柄始動記憶数表示装置8は、図3
で示す記憶装置RAMに記憶された始動記憶数を表示す
る。さらにセンターケース4の上部には、三個のLED
からなる普通図柄表示装置10が配設される。この三個
のLEDは順次点滅して、種々の組み合わせの点灯態様
を表示する。そして、この点灯態様が所定の当り態様の
場合には、後述の普通電動入賞役物15を開放する。こ
の普通図柄表示装置10としては、液晶表示器や一乃至
複数個の7セグメント指示器等により構成し、その表示
内容により、当り,はずれを決定するものであっても良
い。
【0019】さらに、普通図柄表示装置10の直上位置
には、4個のパイロットランプからなる普通図柄始動記
憶数表示装置12が設けられ、前記普通図柄始動スイッ
チからの球検出信号が、所定数を上限として記憶装置R
AMの一部領域に記憶された場合に、その記憶数を表示
する。
【0020】一方、センターケース4の下部両側には、
普通図柄作動ゲート(普通図柄始動領域)13,13が
設けられ、遊技球の通過により該普通図柄作動ゲート1
3,13に内蔵された普通図柄始動スイッチS2(図3
参照)から球検出信号が発生すると、普通図柄表示装置
10が図柄変動する。
【0021】 また、特別図柄表示装置6の直下位置に
は、内部を特別図柄始動領域14として、開閉翼片によ
り始動領域(入賞口兼用)の開口度を変化させるように
した普通電動入賞役物15が配設されている。そして普
通図柄表示装置10の表示結果が、上述したような所定
の当り状態の場合には、開閉翼片が約0.2秒拡開し
て、特別図柄始動領域14の開口度を拡開させ、球が入
り易い状態となる。普通電動入賞役物15内には、光電
スイッチ、リミットスイッチ等の特別図柄始動スイッチ
S1(図3参照)が備えられ、該始動スイッチS1による
球通過検知に伴って、特別図柄表示装置6の特別図柄
A,B,Cが変動表示し、所定の図柄を停止表示するこ
ととなる。
【0022】普通電動入賞役物15のさらに下方には、
内部に特定領域と通常領域とを有する可変入賞口23が
配設され、開閉片24を大入賞口開放ソレノイド(図3
参照)により開閉制御することにより可変入賞口23を
開放状態と閉鎖状態のいずれかに変換する可変入賞装置
22が配設されている。そして、特別図柄表示装置6が
所定の組み合わせで表示され、大当りとなると、開閉片
24が開いて、その開放状態で開閉片24の上面が案内
作用を生じ、可変入賞口23へ遊技球を案内すると共
に、特定領域に遊技球が入ると、次の開閉ラウンドへ移
行可能となり、連続開放作動を生じて、遊技者に所定の
利得が供される。この可変入賞装置22は、後述する特
別遊技作動を実行するものであって、その内部には、図
3で示すように、特定領域に入った遊技球を検知する特
定領域スイッチS3と、大当り中の入賞個数を計数する
入賞球検知スイッチS4とが設けられている。ここで役
物連続作動スイッチは、特定領域スイッチS3ととも
に、特定領域に入った球を計数するカウントスイッチと
しての機能も備える。
【0023】次に上記パチンコ遊技機の作動につき説明
する。特別図柄始動領域14から遊技球が流入すると、
賞品球の供給と共に特別図柄表示装置6が駆動する。
尚、連続的に通過した場合には、特別図柄始動スイッチ
S1による球検出が記憶装置RAMに記憶され、その記
憶に基づいて上述のように特別図柄始動記憶数表示装置
8のLEDが順次点灯し、最高四回まで保留される。こ
のLEDは図柄が変動開始する都度、消灯されて、記憶
数が減少する。
【0024】特別図柄表示装置6が駆動すると、特別図
柄A,B,Cは所定の図柄順列に従って変動開始し、通
常では約6.5秒以上経過すると、特別図柄A,B,C
が左右中の順番で変動停止する。そして、特別図柄A,
B,Cが後述する大当り図柄乱数Lにより選定された大
当り図柄態様となると、大当りが発生し、サウンドジェ
ネレーター(図3参照)がファンファーレを発すると共
に、特別遊技作動が開始され、大入賞口開放ソレノイド
(図3参照)が駆動し、開閉片24が前方に傾動して可
変入賞口23が開放され、開閉ラウンドが実行される。
この開閉ラウンドは、所定制限時間(30秒)が経過す
るか、該所定制限時間内で、入賞球検知スイッチS4に
より10個の遊技球の入賞検知がなされるまで継続され
る。また上述したように、可変入賞口23の特定領域を
通過し、特定領域スイッチS3がオンした時は、次の開
閉ラウンドへの移行条件が充足され、一旦開閉片24が
閉鎖駆動して、一ラウンドが終了する。そして、その動
作終了後に再び可変入賞口23が開放して、次の開閉ラ
ウンドへ移行する。このように開閉ラウンドが最大16
回繰り返されて、可変入賞口23の連続開放作動を生
じ、遊技者に所定の利得が供される。ここで役物連続作
動スイッチは、特定領域スイッチS3とともに、特定領
域に入った球を計数するカウントスイッチとしての機能
も備える。前記サウンドジェネレータは、中央制御装置
CPUに接続され、音データを受けてアンプに出力する
ものであり、これにより各スピーカに鳴音が発せられ
る。
【0025】上述の特別図柄表示装置6及び普通図柄表
示装置10の図柄制御手段は、図3で示す中央制御装置
CPU等からなる遊技制御装置80(マイクロコンピュ
ータシステム)によって構成される。かかる構成及び制
御態様につき説明する。
【0026】この中央制御装置CPUは、制御動作を所
定の手順で実行するものであって、動作プログラムを格
納する記憶装置ROMと、必要なデータを随時読み書き
できる記憶装置RAMが接続されている。記憶装置RO
Mには、制御プログラム、乱数テーブル、大当り遊技パ
ターン及びランプ,LEDの表示パターン、スピーカか
らの効果音等を発生させるための音声発生パターン等の
固定データが記憶されている。そして前記乱数テーブル
には上述した各種の乱数が格納され、これにより、上述
の各ステップに沿って、各抽選がなされる。
【0027】また中央制御装置CPUには入力ポートを
介して特別図柄始動領域14に設けられた特別図柄始動
スイッチS1 、普通図柄始動スイッチS2 、特定領域ス
イッチ(役物連続作動スイッチ)S3 、入賞球検知スイ
ッチS4 が接続され、各スイッチから送り出された信号
を波形整形回路により波形整形して中央制御装置CPU
に入力データとして伝えられ、その情報が記憶装置RA
Mに記憶される。記憶装置RAMには特別図柄表示装置
6で表示される特別図柄A,B,Cの停止表示態様を定
めるデータ等を一時的に記憶する記憶エリア、ソフトタ
イマを構成するレジスタ領域及び遊技制御装置80のワ
ークエリア等が設けられている。この記憶装置RAMに
は、メモリにデータを読み書きするアドレスを指定する
情報を一方的に伝えるアドレスバス(図示せず)と、中
央制御装置CPUと記憶装置ROM,RAMとデータの
やり取りを行なうデータバスとが接続される。さらに
は、記憶装置RAMの記憶エリアには、特別図柄始動ス
イッチS1 ,普通図柄始動スイッチS2 からの球検知信
号が所定個数(4個)を限度として記憶される。
【0028】さらに、中央制御装置CPUには、出力ポ
ートを介して制御する図柄制御装置81,上述した各種
ソレノイド、始動記憶数表示装置8,普通図柄始動記憶
数表示装置12,装飾ランプ・LED等の周辺機器が接
続される。図柄制御装置81は中央制御装置CPU等と
共に特別図柄表示装置6の画面上で実行される図柄変動
態様を実行すると共に普通図柄表示装置10の表示実行
を行うものであって、特別図柄制御手段及び普通図柄制
御手段を構成する。この図柄制御装置81は、LCD可
変表示用CPU及びドライバーとを備え、そのドライバ
ーに液晶表示器からなる特別図柄表示装置6が接続さ
れ、その図柄を制御するようにしている。この図柄制御
装置81の図示しない記憶装置には、液晶表示器(特別
図柄表示装置6)への可変表示データ、その表示パター
ン及び大当り表示態様等の固定データが記憶されてい
る。
【0029】その他、中央制御装置CPUには、上述し
たように、音データを受けてアンプに出力するサウンド
ジェネレータが接続されている。さらには、後述するよ
うに、特別遊技作動の開始から、規定個数10個が入賞
満了するまでの時間を計測するタイマーTMが接続され
ている。
【0030】次に図柄制御装置81による特別図柄表示
装置6の図柄制御につき説明する。上述の記憶装置RO
Mには、0〜599の600コマからなる大当り特別乱
数Kが格納される。ここで、低確率時では、大当り特別
乱数KがK=7,247,427が大当りとなる。すな
わち大当り確率は3/600=1/200である。ま
た、高確率時でK=7,37,67,97,127,1
57,187,217,247,277,307,33
7,367,397,427,457,487,51
7,547,577の場合には大当りとなる。すなわち
大当り確率は20/600=1/30である。そしてそ
れ以外はハズレとなる。
【0031】また記憶装置ROMには、大当り図柄乱数
Lと、ハズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mc とが格納され、
当り,ハズレに基づき停止図柄となる図柄を決定する。
さらにまた記憶装置ROMには、0〜28のリーチ乱数
Nが格納される。このリーチ乱数Nは、非リーチ状態の
ときと異なる変動態様の特殊なリーチ変動態様を複数種
類備えていることから、いずれのリーチ変動態様でリー
チ作動を行うかを決定するものであり、大当り図柄の場
合、及びハズレ図柄であってA=Bの場合に選択され
る。この特殊変動態様としては、例えば、ロングリー
チ,低速スクロール,逆走行,低速走行からの加速度的
停止,図柄の反転等の、種々の変動態様がある。さらに
は本発明にあっては、この記憶装置ROMには、図柄面
領域yに付される赤色の連続表出数を抽選するための連
続表出数選定乱数Wが格納される。ここで、この赤色が
付された図柄で大当りが確定すると、当該特別遊技作動
後に大当りとなる確率が向上することとなる。すなわ
ち、この赤色は、当該特別遊技作動後に大当りとなる確
率が向上することとなる確変当り図柄態様と、当該特別
遊技作動後に大当りとなる確率が向上しない通常当り図
柄態様とを種別化する機能を有する。
【0032】次に、上述の各乱数を用いてなる、図柄表
示態様を説明する。まず、特別図柄始動領域14を球が
通過すると同時に大当り特別乱数Kを選定し、当りまた
はハズレを決定する。尚、この過程で、特別図柄始動記
憶数表示装置8に表示される始動記憶数が満杯状態(4
個)となっている場合には、特別図柄始動領域14を球
が通過しても無効としたり、変動中の場合には、始動記
憶数を一個加算する等の処理が行なわれる。そして、こ
の特別図柄始動領域14への球通過、または始動記憶数
の減算に基づき特別図柄表示装置6が変動する。
【0033】そして、大当り特別乱数Kを抽選して、こ
れが所定乱数値であると、大当りとなる。ここで、上述
のように低確率時では、大当り確率は1/200であ
る。また、高確率時では1/30である。ここで大当り
図柄乱数Lの選定により各図柄の形態要素が決定され、
「1」〜「8」のいずれかの数字で、形態要素が確定す
る。
【0034】一方、後述するように、変動時に、確変図
柄態様を構成する図柄種が表出しているタイミング(す
なわち有効表示部位の図柄が赤色であるとき)で、図柄
始動領域を遊技球が通過すると、大当りとなる場合に、
当該利得図柄態様種の当り図柄態様で確定するように色
合わせがなされる。また、連続表出数選定乱数Wの選定
により赤色の連続表出数が決定される。
【0035】そしてさらに、特別図柄始動スイッチS1
からの球検知信号の発生に伴って、又は始動記憶がある
場合にはその記憶消化に伴って、特別図柄A,B,Cを
変動させると共に大当り図柄乱数L、連続表出数選定乱
数Wから値を選出して、大当り図柄態様を決定する。さ
らにはリーチ乱数Nを抽選し、いずれの特殊変動態様で
リーチ作動を行うかを決定する。
【0036】そして、特別図柄A,Bを順次循環変動し
て停止させ、同一図柄となるようにしてリーチ状態と
し、リーチ乱数Nにより指定された所定の特殊動作形態
を実行した後に、特別図柄Cが図柄停止して、大当り図
柄乱数Lによりあらかじめ決定された、当り図柄態様の
組み合わせを特別図柄A,B,Cに表出して、当り図柄
態様となるようにする。そして、「大当り」となる。こ
の場合に、変動時に、確変図柄態様を構成する図柄種が
表出しているタイミング(すなわち有効表示部位Vの図
柄が赤色であるとき)で、図柄始動領域14を遊技球が
通過したという、履歴がある場合には、当該利得図柄態
様種の当り図柄態様で確定するように図柄合わせがなさ
れる。そして、その確定により上述の可変入賞装置23
の作動が行われることとなる。
【0037】Kが当りコマでない場合には、ハズレとな
り、特別図柄A,B,Cを変動させると共にハズレ図柄
乱数Ma ,Mb ,Mc を順次選出し、特別図柄A,B,
Cをハズレ表示する。この時、ハズレ図柄乱数Ma ,M
b から選出された図柄が、同一図柄となった場合には、
リーチ作動を発生させるようにし、当り図柄態様が得ら
れた場合は、再度、ハズレ図柄乱数を選出し直して、ハ
ズレ図柄態様となるようにする。
【0038】一方、始動記憶消化に伴って、特別図柄表
示装置6を変動表示させる場合にあって、始動記憶数に
は限度(通常四個)があり、この個数を越えると、特別
図柄始動スイッチS1からの球検知信号があっても、無
効となってしまう。このため、このような記憶満杯に伴
う無効球の発生を少なくするためには、始動記憶数が迅
速に消化されることが望まれる。そこで、特定図柄によ
る大当り(特別遊技作動)が終了した直後には、通常の
図柄変動時間よりも、短い図柄変動時間を選択して、特
別図柄A,B,Cにつき変動短縮作動(時短)を実行す
るようにしている。すなわち特別図柄A,B,Cの変動
固定時間(図柄合わせに要する時間を除いた固定的な時
間)が通常6秒であるのが2秒に短縮される。
【0039】次に普通図柄作動につき説明する。遊技球
が普通図柄始動ゲート13を通過すると、該遊技球は普
通図柄始動スイッチS2(図3参照)で検出される。こ
の普通図柄始動スイッチS2で球検出されると、普通図
柄表示装置10の普通図柄が変動する。この普通図柄
は、左赤色,中緑色,右赤色の3個のLEDで構成され
る。この普通図柄表示装置10が変動中、又は普通電動
役物15が開放中のときに、普通図柄始動スイッチS2
で球検出されると、記憶装置RAMにその球検出が記憶
され、記憶数の消化に伴って普通図柄始動記憶数表示装
置12のLEDが点灯し、普通図柄が変動開始になる都
度消灯されて、記憶個数が表示される。尚、普通図柄始
動記憶数表示装置12の最大記憶数は4個であり、それ
以上は無効とされる。
【0040】普通図柄表示装置10の変動停止後、又は
普通電動役物15の開放動作終了後に、普通始動記憶数
表示装置12に表示された始動記憶に基づいて普通図柄
表示装置10は再び変動開始する。普通図柄表示装置1
0が変動開始後、約30秒以上経過すると変動が停止
し、左右いずれかのLEDが1個でも点灯した状態であ
れば当りとなり、普通電動役物15が約0.2秒間開放
される。
【0041】普通図柄表示装置10が変動を停止したと
きに表示する図柄態様は、「0」から「54」までの5
5コマからなる記憶装置ROMに格納された普通図柄当
り乱数Pにより決定される。そして普通図柄当り時には
すなわち普通図柄始動スイッチで球検知されると、普通
図柄当り乱数Pから乱数値が選出され、その内容が記憶
されて、普通図柄表示装置10が変動開始すると同時
に、記憶した内容を調べ、その確率状態に対応して当り
ハズレを決定する。そして当りの場合は、当り普通図柄
乱数Qにより停止態様を決定し、左赤色,右赤色のいず
れか少なくとも一つが点灯した状態となる。ハズレの場
合は、中緑色のLEDのみが点灯した状態となる。
【0042】次に本発明の要部に係る作動態様につき説
明する。本発明にあっては、利得図柄態様種を構成する
図柄種が図柄表示装置の表示領域に表出しているタイミ
ングで、図柄始動領域を遊技球が通過すると、大当りと
なる場合に、当該利得図柄態様種の当り図柄態様で確定
する割合が高くなるようにしたものである。ここでは、
利得図柄態様種として、特別遊技作動後に大当りとなる
確率が向上することとなる確変当り図柄態様と、当該特
別遊技作動後に大当りとなる確率が向上しない通常当り
図柄態様の二種が用いられている。
【0043】そして、この種別は上述したように図柄を
構成する図柄面領域yに付された色によって決定し、白
抜きの場合には、通常当り図柄態様とし、赤色の場合に
は確変当り図柄態様としている。勿論、この色は適宜な
色彩、彩度、明度を用いることができ、要は区別化でき
ればよい。この場合に、この色付けは、図柄の表示列が
常に同色となるようにして、スクロール変動するように
している。すなわち、、図4で示す図柄表示領域Fに
は、有効表出部位Vの上下に図柄の一部が表示され、こ
れによりその図柄順列が感得されるようにしているが、
横列となる有効表出部位Vの色は同一となる。
【0044】ここで、図4は図柄生成工程を示し、特別
図柄A,B,Cは、上述したように、特別図柄始動領域
14への遊技球通過と同期して、又は特別図柄記憶数表
示装置8に記憶表示された記憶消化に伴って変動開始す
る。この場合には、図柄の表示列には適宜間隔で連続的
に赤色が付されて、有効表出部位Vに表出する。この連
続表出数の制御態様は後述する。一方、この赤色が有効
表出部位Vに表出するときに、特別図柄始動領域14に
遊技球が通過して、特別図柄始動スイッチS1がオン動
作すると(図4(イ))、当該オン動作により図柄変動
して当りとなった場合に、赤色が示す利得図柄態様種で
ある確変当り図柄態様で大当りとなる(図4(ロ))よ
うにしている。
【0045】かかる制御手段を述べる。まず、特別図柄
始動スイッチS1のオン動作と同期して、その時点の有
効表出部位Vに表出した色彩(図柄表出態様種)を記憶
装置RAMに記憶保持(図4(イ))し、これと同時
に、大当り特別乱数Kと、大当り図柄乱数Lとを抽選す
る。そしてこの大当り特別乱数Kにより大当りとなった
場合には、大当り図柄乱数Lで抽出された図柄態様を有
効とすると共に、図柄変動の確定に伴い、この図柄態様
を、記憶保持された図柄表出態様種となるように、その
図柄面領域yに赤色を付すか、または白抜きのままとし
て確定表示(図4(ロ))する。而して、特別図柄始動
スイッチS1のオン動作時と、その時点に有効表出部位
Vに表出している図柄表出態様種との間に上述の関係を
生じさせることができる。このため、赤色が有効表出部
位Vに表出するときに、特別図柄始動領域14に遊技球
が通過し、かつ該始動領域通過に起因して変動した図柄
が、大当りとなった場合には、確変当り図柄態様を示す
赤色が付されることとなる。これにより、遊技者は特別
図柄始動領域14への遊技球通過時期に意を注ぐことと
なり、かつ赤色が有効表出部位Vに表出するときに、特
別図柄始動領域14に遊技球を通過させることができる
と、大当りに対する期待感がさらに高揚することとな
る。ここで、始動記憶による変動にあっては、赤色が有
効表出部位Vに表出するのと同期した始動領域通過に係
る始動記憶が有効となる。従って、記憶数に対応する図
柄変動後に、当該始動領域通過に係る結果が現れること
となる。
【0046】ところで、この確変当り図柄態様が、例え
ば1個置きに表出すると、各図柄は2msごとに有効表
出部位Vを通過して図柄が更新する変動速度で走行して
いるから、特別図柄始動領域14への遊技球の通過タイ
ミングを技量により制御することは困難となる。そこ
で、図5で示すように、この確変当り図柄態様を規定す
る赤色を、有効表出部位Vに連続的に表出するようにし
て、狙いを定めて、遊技球を発射させる調整を可能とす
るようにしている。この連続表出は、所定パターンで現
れるようにすることにより、遊技者は、そのパターンを
読んで、打球操作することが有効となる。ここで図5は
特別図柄Aの図柄進行列図であり、赤色図柄は丸で囲ん
で示す。ここで連続表示数が多いほど遊技者にとって有
利となる。
【0047】この連続表出数の制御態様として、つぎの
構成がある。まず、確変当り図柄態様を規定する赤色の
連続表出数を、あらかじめ定められた遊技条件に基づき
選定するようにした構成が提案される。例えば、普通図
柄を7セグメントにより数字によって表示するように
し、その数字に対応して連続表出数を規定することが考
えられる。例えば、「7」の数字が出た場合には、連続
表出数を7回とするなど、その図柄変動にあって、各図
柄が有効表出部位Vを7回通過するまで赤色に維持され
るようにする。同様に「1」がでれば、1回「2」がで
れば2回などのようにする。この場合には、普通図柄
は、その数字により、当り、ハズレの他、連続表出数を
定める役割も果たすこととなる。尚、このような因果関
係は必ずしも要せず、特定の数字、又は奇数、偶数の差
異などにより連続表出数を変化させることができる。そ
のほかの連続表出数を規定する遊技条件として、賞球累
計数、打球累計数等が所定個数となった場合に、連続表
出数を増やす等の条件設定を行うことができる。尚、赤
色の間の白色の表出数は、赤色と同じ数としたり、また
は、この表出数も、遊技条件により定めても良い。
【0048】また、確変当り図柄態様を規定する赤色の
連続表出数を、連続回数選定乱数Wの抽選により選定し
てもよい。この抽選時期は、各変動ごとに実行しても良
いが、所定変動回数ごとに、または所定時間経過ごとに
行うようにしても良い。
【0049】ここで上述のように確変当り図柄態様を規
定する赤色の連続表出数を、所定経過時間または所定変
動回数ごとに変化させた構成が提案される。この場合に
は、あらかじめ、連続表出数の変化パターン(例えば、
5連続赤・3連続白パターン、4連続赤・4連続白パタ
ーン、3連続赤・5連続白パターン〜)を定めておき、
所定時間経過又は所定変動回数消化に伴って、そのパタ
ーン順序に従って、変化させるようにしておくことが考
えられる。
【0050】さらに、変動開始から所定時間経過後に、
同一の利得図柄態様種を構成する図柄種が連続的に現れ
るようにしてもよい。すなわち連続猶予時間を定めるも
のである。これにより遊技者は連続猶予時間までは連続
的に赤色が表出しないから、余裕をみることができ、経
過後変動と同時に、始動領域に狙いを定める必要が無く
なり、より戦略的な打球操作を行うことができる。
【0051】ここで同一図柄変動中にあって、確変当り
図柄態様を構成する図柄種の連続表出数は、必ずしも同
じとする必要が無く、その連続表出数の変化パターン
も、あらかじめ定めたり、各種条件に基づいて定めた
り、抽選により選定することができる。
【0052】上述の各構成のように、連続表出数を制御
した場合には、該連続表出数が変化し、特別図柄始動領
域14へ、狙いを定めて打球操作する行為が、種々のタ
イミングを取る必要を生じ、高度な技量を要求されて、
遊技者の挑戦意欲を刺激することとなると共に、その力
量により、大当り時には、その成果を与えられることと
なり、遊技が能動的となる。
【0053】また、この有効表出部位Vに表出した色彩
と、始動領域14への遊技球通過の関係は、特別図柄A
の確定まで有効とする場合、特別図柄A,Bが確定する
まで有効とする場合、全図柄が確定するまで有効とする
場合、さらには図柄確定後でも有効とする場合など、種
々の実施態様が提案される。ここで、特別図柄Aの確定
まで有効とする場合には、図柄が全変動している最中
に、有利な利得図柄態様種が有効表出部位に到来すると
きに、始動領域14へ遊技球を通過する必要を生じ、遊
技の力量が試されると共に、上述の赤色を連続的に表出
する意義を生ずる。すなわち、通常はこのような構成が
好適である。また、特別図柄A,Bが確定するまで有効
とする場合、全図柄が確定するまで有効とする場合、さ
らには図柄確定後でも有効とする場合には、特別図柄A
が確定した時点で、有効表出部位Vに表出した色彩も確
定されるから、比較的長いチャンスが与えられることと
なり、赤色で特別図柄Aが確定した場合には、遊技者の
期待感が高まる。
【0054】上述の実施例は、確変当り図柄態様を図柄
に付した色要素(赤色)により規定し、この色出現を制
御するようにしたが、確変当り図柄態様と通常当り図柄
態様とを奇数,偶数により区別するようにしても良い。
そして、この場合には、確変当り図柄態様を連続表出す
る場合には、例えば奇数図柄を連続的に表出するように
する。従って、連続表出数を制御する場合には、連続表
出数の異なる複数の図柄列をあらかじめ用意しておき、
これをその制御態様に従って選定することにより行われ
得る。
【0055】上述の構成は、獲得利益が大きな所定利得
図柄態様種を、確変当り図柄態様としたものであるが、
その他の獲得利得としては、出球総数、普通図柄の当り
確率、遊技続行権等種々の利得が提案され、これに対応
する利得図柄態様種に本発明を適用することができる。
また、上述の構成にあっては、特定の利得図柄態様種を
構成する図柄種が表出しているタイミングで、図柄始動
領域を遊技球が通過すると、大当りとなる場合に、当該
利得図柄態様種の当り図柄態様で確定するようにして、
達成割合を100%としたものであるが、当該利得図柄
態様種の当り図柄態様で確定する確率が向上するものと
し、確定的ではない構成としても良い。
【0056】
【発明の効果】本発明は、上述したように、変動時に、
特定の利得図柄態様種を構成する図柄種が有効表出部位
に表出しているときに、図柄始動領域を遊技球が通過す
ると、大当りとなる場合に、当該利得図柄態様種の当り
図柄態様で確定する割合が高くなるようにしたものであ
るから、遊技者の打球操作と関係して、大当り時の利得
に差異を生じ、このため、従来は、図柄確定は、遊技者
の行為とは無関係に、乱数のみにより定まっていたの
が、遊技者の行為と関係して決定されることとなり、遊
技者参加型の図柄確定が実現されて、パチンコ遊技の興
趣が向上することとなる。また特定の利得図柄態様種を
構成する図柄種を連続的に表出するようにした構成にあ
っては、特別図柄始動領域へ狙いを定めて遊技球を発射
させる打球操作が有効となり、遊技者の挑戦意欲をさら
に増大しうることとなる。さらには、この連続表出数を
制御変化するようにした構成にあっては、その連続表出
数により遊技者は一喜一憂することとなり、変化に富ん
だ遊技形態を実現できることとなる。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技盤1の正面図である。
【図2】センターケース4の拡大正面図である。
【図3】遊技制御装置80等を示すブロック回路図であ
る。
【図4】図柄生成行程の実施態様を示す流れ図である。
【図5】特別図柄Aの図柄進行列図である。
【符号の説明】
1 遊技盤 4 センターケース 6 特別図柄表示装置 14 特別図柄始動領域 22 可変入賞装置 23 可変入賞口 F 図柄表示領域 A,B,C 特別図柄 V 有効表出部位

Claims (9)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】複数の図柄を変動表示する図柄表示装置
    と、図柄始動領域への遊技球通過に起因して図柄を変動
    開始し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、
    図柄表示装置に確定表示された各図柄の組合せが所定の
    当り図柄態様である場合に、遊技者に所定の利得を供与
    することとなる特別遊技作動を実行するようにしたパチ
    ンコ遊技機において、 獲得利益が異なる複数の利得図柄態様種により区別され
    る当り図柄態様を有し、 該利得図柄態様種を構成する図柄種が、図柄表示装置の
    有効表出部位に表出しているときに、図柄始動領域を遊
    技球が通過すると、大当りとなる場合に、当該利得図柄
    態様種の当り図柄態様で確定する割合が高くなるように
    したことを特徴とするパチンコ遊技機。
  2. 【請求項2】獲得利益が異なる複数の利得図柄態様種
    を、当該特別遊技作動後に大当りとなる確率が向上する
    こととなる確変当り図柄態様と、当該特別遊技作動後に
    大当りとなる確率が向上しない通常当り図柄態様の二種
    とした請求項1記載のパチンコ遊技機。
  3. 【請求項3】特定の利得図柄態様種を構成する図柄種
    を、各図柄に付される色要素により区分するようにし、
    かつ有効表出部位にある図柄が常に同色となるように変
    動させるようにした請求項1又は請求項2記載のパチン
    コ遊技機。
  4. 【請求項4】図柄変動中に、特定の利得図柄態様種を構
    成する図柄種が、有効表出部位に、所定数、連続的に表
    出するように制御した請求項1乃至請求項3のいずれか
    に記載のパチンコ遊技機。
  5. 【請求項5】同一の利得図柄態様種を構成する図柄種の
    連続表出数を、あらかじめ定められた遊技条件に基づき
    選定した請求項4に記載のパチンコ遊技機。
  6. 【請求項6】同一の利得図柄態様種を構成する図柄種の
    連続表出数を、連続回数選定乱数の抽選により選定した
    請求項4に記載のパチンコ遊技機。
  7. 【請求項7】同一の利得図柄態様種を構成する図柄種の
    連続表出数を、所定経過時間または所定変動回数ごとに
    変化させた請求項4乃至請求項6のいずれかに記載のパ
    チンコ遊技機。
  8. 【請求項8】変動開始から所定時間経過後に、同一の利
    得図柄態様種を構成する図柄種が、有効表出部位に、連
    続的に現れるようにした請求項4乃至請求項7のいずれ
    かに記載のパチンコ遊技機。
  9. 【請求項9】同一図柄変動中にあって、特定の利得図柄
    態様種を構成する図柄種の連続表出数が、必ずしも同じ
    ではない請求項4乃至請求項8のいずれかに記載のパチ
    ンコ遊技機。
JP2001046134A 2001-02-22 2001-02-22 パチンコ遊技機 Pending JP2002239160A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001046134A JP2002239160A (ja) 2001-02-22 2001-02-22 パチンコ遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001046134A JP2002239160A (ja) 2001-02-22 2001-02-22 パチンコ遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002239160A true JP2002239160A (ja) 2002-08-27

Family

ID=18907815

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001046134A Pending JP2002239160A (ja) 2001-02-22 2001-02-22 パチンコ遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002239160A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006247067A (ja) * 2005-03-09 2006-09-21 Samii Kk 弾球遊技機

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006247067A (ja) * 2005-03-09 2006-09-21 Samii Kk 弾球遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2003010446A (ja) パチンコ遊技機
JP2004121729A (ja) パチンコ遊技機
JP2003019294A (ja) パチンコ遊技機
JP2002224357A (ja) パチンコ遊技機
JP2003010445A (ja) パチンコ遊技機
JP2002315917A (ja) パチンコ遊技機
JPH1128279A (ja) 弾球遊技機
JP3976506B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002165994A (ja) パチンコ遊技機
JP3775735B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2004113827A (ja) パチンコ遊技機
JP4373367B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002239160A (ja) パチンコ遊技機
JP3839270B2 (ja) パチンコ遊技機
JP3877289B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002239152A (ja) パチンコ遊技機
JP2002224348A (ja) パチンコ遊技機
JP3640617B2 (ja) パチンコ遊技機
JP3985999B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002210143A (ja) パチンコ遊技機
JP2002346091A (ja) パチンコ遊技機
JP2001079222A (ja) 遊技機
JP2002248224A (ja) パチンコ遊技機
JP2020099405A (ja) 遊技機
JP2020099408A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040709

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041108