JP2002210143A - パチンコ遊技機 - Google Patents

パチンコ遊技機

Info

Publication number
JP2002210143A
JP2002210143A JP2001008186A JP2001008186A JP2002210143A JP 2002210143 A JP2002210143 A JP 2002210143A JP 2001008186 A JP2001008186 A JP 2001008186A JP 2001008186 A JP2001008186 A JP 2001008186A JP 2002210143 A JP2002210143 A JP 2002210143A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
mode
game
symbols
display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001008186A
Other languages
English (en)
Inventor
Kenichi Kojima
建一 小島
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Maruhon Industry Co Ltd
Original Assignee
Maruhon Industry Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Maruhon Industry Co Ltd filed Critical Maruhon Industry Co Ltd
Priority to JP2001008186A priority Critical patent/JP2002210143A/ja
Publication of JP2002210143A publication Critical patent/JP2002210143A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】大当たりとなる図柄変動態様が変化に富む構成
を提供する。 【解決手段】遊技盤面上に図柄価値更改領域31を備
え、該図柄価値更改領域31への球通過に伴い、常に又
は図柄価値選定乱数Wの抽選結果により、図柄価値要素
を更改するようにしたものであるから、大当たりとなる
条件が随時変化していくため、大当たりとなる図柄変動
態様が変化に富むものとなる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、図柄表示装置に確
定表示された各図柄の組合せが所定の当り図柄態様であ
る場合に、遊技者に所定の利得を供与することとなる特
別遊技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機に関す
る。
【0002】
【従来の技術】複数の図柄を変動表示する図柄表示装置
と、図柄始動領域への遊技球通過に起因して図柄を変動
開始し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、
図柄表示装置に確定表示された各図柄の組合せが所定の
当り図柄態様である場合に、遊技者に所定の利得を供与
することとなる特別遊技作動を実行するようにしたパチ
ンコ遊技機は良く知られている。これらには、いわゆる
第1種パチンコ遊技機及び第3種パチンコ遊技機があ
る。
【0003】ここで、第1種パチンコ遊技機は、図柄を
変動表示する複数の図柄表示部を具備する図柄表示装置
と、開閉片により開閉制御される可変入賞口を具備する
可変入賞装置とを備え、遊技盤面に設けられた特別図柄
始動領域への遊技球通過に起因して表示図柄を変動開始
し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、図柄
表示装置に所定の当り図柄態様が確定表示された場合
に、可変入賞装置の可変入賞口の開放と、可変入賞口の
所定制限時間の経過又は該所定制限時間内での規定個数
の入賞満了による可変入賞口の閉鎖とを順次生じてなる
開閉ラウンドを、可変入賞口内に設けられた特定領域を
遊技球が通過することを継続条件として、所定制限回数
まで繰り返してなる特別遊技作動を実行するものであ
る。
【0004】また、第3種パチンコ遊技機は、図柄を変
動表示する図柄表示装置と、球通過を検知する図柄始動
領域と、開口を開閉制御してその内部の特別作動領域へ
球通過可能な状態と不可能な状態とに変換する普通電動
役物と、開閉制御される可変入賞口とを備え、球通過に
伴って該可変入賞口を開放する特定領域への流入制御を
行う役物とを備え、図柄始動領域への遊技球通過に起因
して、図柄表示装置の図柄を変動させた後に確定表示す
るようにし、その確定図柄態様が所定の当り図柄態様で
ある場合に、普通電動役物を開放制御し、その特別作動
領域への球通過に伴って特別遊技作動が実行され、かつ
該特別遊技作動は、役物が駆動して特定領域への球通過
が可能となり、かつ該球通過ごとに、可変入賞口の開放
と、閉鎖とを生じてなる開閉ラウンドを複数回繰り返し
てなるものである。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで従来のパチン
コ遊技機にあって、特別遊技作動を実行するための当た
り条件は一定しており、その大当たり図柄態様等もあら
かじめ定められてる。このため、遊技者が期待する図柄
態様に変化が無く、遊技全体が変化に乏しいものとな
り、面白みに欠けるという問題もあった。
【0006】本発明は、大当たりとなる図柄変動態様が
変化に富む構成を提供することを目的とするものであ
る。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、上述の複数の
図柄を変動表示する図柄表示装置と、図柄始動領域への
遊技球通過に起因して図柄を変動開始し、停止して図柄
確定する図柄制御手段とを備え、図柄表示装置に確定表
示された各図柄の組合せが所定の当り図柄態様である場
合に、遊技者に所定の利得を供与することとなる特別遊
技作動を実行するようにしたパチンコ遊技機において、
遊技盤面上に図柄価値更改領域を備え、該図柄価値更改
領域への球通過に伴い、図柄価値選定乱数を抽選して、
その抽選結果により、図柄価値要素を更改するようにし
た遊技盤面上に図柄価値更改領域を備え、該図柄価値更
改領域への球通過に伴い、図柄価値要素を更改するよう
にしたことを特徴とするものである。
【0008】かかる構成にあっては、図柄価値選定乱数
の抽選により大当たりとなる図柄条件等の図柄価値要素
が随時変化していくため、遊技者は、図柄価値要素の変
化に留意しながら、遊技を行うこととなり、遊技の進行
に気を逸らすことがない。また、図柄価値選定乱数を用
いているものであるから、遊技者は選定結果を予め知得
できない面白さを生ずる。また、図柄価値選定乱数を用
いた場合には多数の図柄価値要素を具備する場合に、最
適な構成となる。ここで、図柄価値選定乱数を設けない
で、遊技盤面上に図柄価値更改領域を備え、該図柄価値
更改領域への球通過に伴い、図柄価値要素を更改するよ
うにしても良い。この場合には、図柄価値更改領域への
球通過により、大当たりとなる図柄条件等が変化してい
くから、その打球操作を戦略的に行うことを要して、パ
チンコ遊技の興趣が向上する。
【0009】かかる各構成にあって、図柄価値要素を、
特別遊技作動を実行するための当り図柄態様とすること
ができる。この当り図柄態様の選定としては、具体的な
図柄態様の選定の場合と、例えば同一図柄からなる暗貢
(例「111」)、数字順列からなる順子(例「34
5」)のいずれの形態を有効とするかの抽象的な図柄態
様の選定の場合とがある。この構成にあっては、当たり
図柄態様が随時変化していくため、遊技者の図柄態様に
対する注意が向上する。
【0010】また、図柄価値選定乱数の抽選結果により
選定される図柄価値要素を、当り図柄態様を構成する特
定役割図柄とすることができる。この特定役割図柄とし
ては、いずれの図柄の機能をも備えるオールマイティ図
柄などが提案される。すなわち、特定役割図柄であるオ
ールマイティ図柄として「3」が選択された場合には、
同一図柄(例「777」)を当たり態様とする場合に
は、例えば「773」であっても大当たりとなる。
【0011】ここで、この抽選結果を遊技者に報知する
ために抽選結果報知部を遊技盤面上に配設することがで
きる。この抽選結果報知部としては、図柄表示部が設け
られるセンターケースに該図柄表示部とは別途独立して
設けることができる。この場合に、特定役割図柄の選定
の場合には、図柄を円弧状に配列して、ルーレット形態
を呈するようにし、選定に先だって円周に沿って点灯部
を走行させ、停止した位置の図柄を特定役割図柄とする
などが提案される。
【0012】
【発明の実施の形態】いわゆる第1種パチンコ遊技機に
本発明を適用した一実施例を説明する。図1はパチンコ
遊技機の遊技盤1の正面図である。また図2は、遊技盤
1の内側レール内の中央に配設されたセンターケース4
aの正面図である。ここでセンターケース4a内には液
晶表示器、CRT表示器、ドットマトリックスまたは7
セグメント指示器等からなる特別図柄表示装置6が設け
られる。この特別図柄表示装置6の表示領域Fには三つ
の特別図柄A,B,Cが表示される。この特別図柄A,
B,Cは、「0」〜「9」からなる10の数字からなる
図柄が表示される。
【0013】センターケース4aの下部には4個のパイ
ロットランプからなる始動記憶数表示装置8が設けられ
る。この始動記憶数表示装置8は、図5で示す記憶装置
RAMの一部領域により構成される始動記憶装置に記憶
された球数を表示する。さらにセンターケース4aの上
部には、三個のLEDからなる普通図柄表示装置10が
配設される。この三個のLEDは順次点滅して、種々の
組み合わせの点灯態様を表示する。そして、この点灯態
様が所定の当り態様の場合には、後述の普通電動入賞口
15を開放する。この普通図柄表示装置10としては、
液晶表示器や一乃至複数個の7セグメント指示器等によ
り構成し、その表示内容により、当り,はずれを決定す
るものであっても良い。
【0014】さらに、普通図柄表示装置10の直上位置
には、4個のパイロットランプからなる普通図柄始動記
憶数表示装置12が設けられ、前記普通図柄始動スイッ
チからの球検出信号が、所定数を上限として記憶装置R
AMの一部領域に記憶された場合に、その記憶数を表示
する。
【0015】一方、センターケース4aの下部両側に
は、普通図柄作動ゲート(普通図柄始動領域)13,1
3が設けられ、遊技球の通過により該普通図柄作動ゲー
ト13,13に内蔵された普通始動スイッチS2(図5
参照)から球検出信号が発生すると、普通図柄表示装置
10が図柄変動する。
【0016】 また、特別図柄表示装置6の直下位置に
は、内部を特別図柄始動領域14として、開閉翼片によ
り始動領域(入賞口兼用)の開口度を変化させるように
した普通電動入賞口15が配設されている。そして普通
図柄表示装置10の表示結果が、上述したような所定の
当り状態の場合には、開閉翼片が約0.2秒拡開して、
特別図柄始動領域14の開口度を拡開させ、球が入り易
い状態となる。普通電動入賞口15内には、光電スイッ
チ、リミットスイッチ等の特別図柄始動スイッチS1
(図5参照)が備えられ、該始動スイッチS1による球
通過検知に伴って、特別図柄表示装置6の特別図柄A,
B,Cが変動表示し、所定の図柄を停止表示することと
なる。
【0017】普通電動入賞口15のさらに下方には、内
部に特定領域と通常領域とを有する可変入賞口23が配
設され、開閉片24を大入賞口開放ソレノイド(図5参
照)により開閉制御することにより可変入賞口23を開
放状態と閉鎖状態のいずれかに変換する可変入賞装置2
2が配設されている。そして、特別図柄表示装置6が所
定の組み合わせで表示され、大当りとなると、開閉片2
4が開いて、その開放状態で開閉片24の上面が案内作
用を生じ、可変入賞口23へ遊技球を案内すると共に、
特定領域に遊技球が入ると、次の開閉ラウンドへ移行可
能となり、連続開放作動を生じて、遊技者に所定の利得
が供される。この可変入賞装置22は、後述する特別遊
技作動を実行するものであって、その内部には、図5で
示すように、特定領域に入った遊技球を検知する特定領
域スイッチS3と、大当り中の入賞個数を計数する入賞
球検知スイッチS4とが設けられている。ここで役物連
続作動スイッチは、特定領域スイッチS3とともに、特
定領域に入った球を計数するカウントスイッチとしての
機能も備える。
【0018】次に本発明の要部の構成につき説明する。
前記センターケース4aの下部の、始動記憶数表示装置
8の直上位置には、抽選結果を報知する抽選結果報知部
30が配設されている。この抽選結果報知部30は液晶
表示装置、ドットマトリックス表示装置などにより構成
される。さらに、センターケース4aの両側位置には、
通過ゲートからなる図柄価値更改領域31,31が配設
されている。この図柄価値更改領域31,31には条件
更改検知スイッチS5が内蔵され、後述するようにこの図
柄価値更改領域31,31への球通過が条件更改検知ス
イッチS5により検知されるに伴い、図柄価値選定乱数W
が抽選され、その抽選結果により、図柄価値要素が更改
されることとなる。そして、その選定結果は、上述の抽
選結果報知部30に表示され、遊技者に報知されること
となる。ここで本実施例では、図柄価値選定乱数Wによ
り抽選される図柄価値要素として、特別遊技作動を実行
するための当り図柄態様としている。さらに詳しくは、
同一図柄からなる暗貢(例「111」」)、数字順列か
らなる順子(例「345」)のいずれの形態を有効とす
るかを選定するようにしている。
【0019】次に上記パチンコ遊技機の作動につき説明
する。特別図柄始動領域14から遊技球が流入すると、
賞品球の供給と共に特別図柄表示装置6が駆動する。
尚、連続的に通過した場合には、始動スイッチによる球
検出が始動記憶装置(RAM)に記憶され、その記憶に
基づいて上述のように始動記憶数表示装置8のLEDが
順次点灯し、最高四回まで保留される。このLEDは図
柄が変動開始する都度、消灯されて、記憶数が減少す
る。
【0020】図柄表示装置6が駆動すると、特別図柄
A,B,Cは所定の図柄順列に従って変動開始し、通常
では約6.5秒以上経過すると、特別図柄A,B,Cの
順番に図柄変動が停止する。そして、特別図柄A,B,
Cが後述する図柄価値選定乱数Wにより選定された当た
り図柄態様で定められた大当たり図柄態様となると、大
当りが発生し、サウンドジェネレーター(図5参照)が
ファンファーレを発すると共に、特別遊技作動が開始さ
れ、大入賞口開放ソレノイド(図5参照)が駆動し、開
閉片24が前方に傾動して可変入賞口23が開放され、
開閉ラウンドが実行される。この開閉ラウンドは、所定
制限時間(30秒)が経過するか、該所定制限時間内
で、入賞球検知スイッチS4により10個の遊技球の入
賞検知がなされるまで継続される。また上述したよう
に、可変入賞口23の特定領域を通過し、特定領域スイ
ッチS3がオンした時は、次の開閉ラウンドへの条件が
充足され、一旦開閉片24が閉鎖駆動して、一ラウンド
が終了する。そして、その動作終了後に再び可変入賞口
23が開放して、次の開閉ラウンドへ移行する。このよ
うに開閉ラウンドが最大16回繰り返されて、可変入賞
口23の連続開放作動を生じ、遊技者に所定の利得が供
される。ここで役物連続作動スイッチは、特定領域スイ
ッチS3とともに、特定領域に入った球を計数するカウ
ントスイッチとしての機能も備える。前記サウンドジェ
ネレータは、中央制御装置CPUに接続され、音データ
を受けてアンプに出力するものであり、これにより各ス
ピーカに鳴音が発せられる。
【0021】さらには、この遊技作動にあって、特別図
柄が特定図柄態様で大当たりとなったときには、大当た
り遊技の終了後、図柄の当たり確率が高確率(1/6
0)となる。また、その他の図柄態様で大当たりとなっ
たときには、大当たり遊技の終了後、図柄の当たり確率
が低確率(1/300)となる。このような確率状態は
次の大当たりが生ずるまで継続される。
【0022】一方、大当たり図柄態様は、本発明にあっ
ては一定ではなく、随時変化する。すなわち、図柄価値
更改領域31,31を遊技球が通過すると、条件更改検
知スイッチS5による検知に伴って、図柄価値選定乱数W
が抽選され、その抽選結果により大当たり図柄態様が変
化する。この抽選結果は、上述のように抽選結果報知部
30に表示される。この詳細については後述する。
【0023】上述の図柄表示装置6及び普通図柄表示装
置10の図柄制御手段は、図5で示す中央制御装置CP
U等からなる遊技制御装置80(マイクロコンピュータ
システム)によって構成される。かかる構成及び制御態
様につき説明する。
【0024】この中央制御装置CPUは、制御動作を所
定の手順で実行するものであって、動作プログラムを格
納する記憶装置ROMと、必要なデータを随時読み書き
できる記憶装置RAMが接続されている。記憶装置RO
Mには、制御プログラム、乱数テーブル、大当り遊技パ
ターン及びランプ,LEDの表示パターン、スピーカか
らの効果音等を発生させるための音声発生パターン等の
固定データが記憶されている。そして前記乱数テーブル
には上述した各種の乱数が格納され、これにより、上述
の各ステップに沿って、各抽選がなされる。
【0025】また中央制御装置CPUには入力ポートを
介して図柄始動領域14に設けられた特別図柄始動スイ
ッチS1 、普通図柄始動スイッチS2、特定領域スイッ
チ(役物連続作動スイッチ)S3、入賞球検知スイッチ
S4,条件更改検知スイッチS5が接続され、各スイッチ
から送り出された信号を波形整形回路により波形整形し
て中央制御装置CPUに入力データとして伝えられ、そ
の情報が記憶装置RAMに記憶される。記憶装置RAM
には図柄表示装置6で表示される特別図柄A,B,Cの
停止表示態様を定めるデータ等を一時的に記憶する記憶
エリア、ソフトタイマを構成するレジスタ領域及び遊技
制御装置80のワークエリア等が設けられている。この
記憶装置RAMには、メモリにデータを読み書きするア
ドレスを指定する情報を一方的に伝えるアドレスバス
(図示せず)と、中央制御装置CPUと記憶装置RO
M,RAMとデータのやり取りを行なうデータバスとが
接続される。さらには、記憶装置RAMの記憶エリアに
は、特別図柄始動スイッチS1 ,普通図柄始動スイッチ
S2からの球検知信号が所定個数(4個)を限度として
記憶される。
【0026】さらに、中央制御装置CPUには、出力ポ
ートを介して制御する図柄制御装置81、上述した各種
ソレノイド、始動記憶数表示装置8,12,装飾ランプ
・LED等の周辺機器が接続される。この図柄制御装置
81は中央制御装置CPU等と共に図柄表示装置6の画
面上で実行される図柄変動態様を実行する図柄制御手段
を構成する。またこの図柄制御装置81は、LCD可変
表示用CPU及びドライバーとを備え、そのドライバー
に液晶表示器からなる図柄表示装置6が接続され、その
図柄を制御するようにしている。この図柄制御装置81
の図示しない記憶装置には、液晶表示器(図柄表示装置
6)への可変表示データ、その表示パターン及び大当り
表示態様等の固定データが記憶されている。
【0027】その他、中央制御装置CPUには、上述し
たように、音データを受けてアンプに出力するサウンド
ジェネレータが接続されている。さらには、後述するよ
うに、特別遊技作動の開始から、規定個数10個が入賞
満了するまでの時間を計測するタイマーTMが接続され
ている。
【0028】次に図柄制御装置81による図柄表示装置
6の図柄制御につき説明する。上述の記憶装置ROMに
は、0〜899の900コマからなる大当たり特別乱数
Kが格納される。ここで、通常遊技状態である低確率時
では、大当たり特別乱数KがK=7,347,647が
大当たりとなる。すなわち大当たり確率は3/900=
1/300である。また、高確率時でK=7,77,1
37,157,197,247,347,407,45
7,507,577,647,707,767,847
の場合には大当たりとなる。すなわち大当たり確率は1
5/900=1/60である。そしてそれ以外はハズレ
となる。
【0029】また記憶装置ROMには、本発明に係る図
柄価値選定乱数Wが格納されると共に、該図柄価値選定
乱数Wの抽選により選定される複数の大当たり図柄乱数
L1,L2と、ハズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mc とが格納
され、当たり,ハズレに基づき停止図柄となる図柄を決
定する。ここで大当たり図柄乱数L1は、同一図柄の組
み合わせ(例「777」)で当たり図柄態様となる暗貢
態様を選定するものであり、大当たり図柄乱数L2は、
数字順(例「123」)で当たり図柄態様となる順子態
様を選定するものである。
【0030】さらにまた記憶装置ROMには、0〜28
のリーチ乱数Nが格納される。このリーチ乱数Nは、非
リーチ状態のときと異なる変動態様の特殊なリーチ変動
態様を複数種類備えていることから、いずれのリーチ変
動態様でリーチ作動を行うかを決定するものであり、大
当たり図柄の場合、及びハズレ図柄であって暗貢態様で
ある大当たり図柄乱数L1が選定された場合にはA=B
の場合に、順子態様である大当たり図柄乱数L2が選定
された場合にはA=(B+1)の場合に、選択される。
この特殊変動態様としては、例えば、ロングリーチ,低
速スクロール,逆走行,低速走行からの加速度的停止,
図柄の反転等の、種々の変動態様がある。
【0031】次に、上述の各乱数を用いてなる、図柄表
示態様を説明する。まず、図柄始動領域14を球が通過
すると同時に大当たり特別乱数Kを選定し、当たりまた
はハズレを決定する。尚、この過程で、始動記憶数表示
装置8に表示される始動記憶数が満杯状態(4個)とな
っている場合には、図柄始動領域14を球が通過しても
無効としたり、変動中の場合には、始動記憶数を一個加
算する等の処理が行なわれる。そして、この図柄始動領
域14への球通過、または始動記憶数の減算に基づき特
別図柄表示装置6が変動する。
【0032】そして、大当たり特別乱数Kを抽選して、
これが所定乱数値であると、大当たりとなる。ここで、
上述したように通常遊技状態である低確率時では、大当
たり確率は1/300である。また、高確率時で1/6
0である。そして始動スイッチからの球検知信号の発生
に伴って、又は始動記憶装置に記憶されている場合には
その記憶消化に伴って、特別図柄A,B,Cを変動させ
ると共に、図5で示す図柄価値選定乱数Wの選定により
定められた大当たり図柄乱数L1,L2のいずれかが有効
となり、その有効な大当たり図柄乱数L1,L2から値を
選出して、当たり図柄を決定する。さらにはリーチ乱数
Nを抽選し、いずれの特殊変動態様でリーチ作動を行う
かを決定する。
【0033】そして、特別図柄A,Bを順次循環変動し
て停止させ、同一図柄または順列図柄となるようにして
リーチ状態とし、リーチ乱数Nにより指定された所定の
特殊動作形態を実行した後に、特別図柄Cが図柄停止し
て、大当たり図柄乱数L1,L2によりあらかじめ決定さ
れた、当たり図柄態様の組み合わせを特別図柄A,B,
Cに表出し、当たり図柄態様となるようにする。そし
て、「大当たり」となって、上述の可変入賞装置23の
作動が行われることとなる。
【0034】一方、Kが当たりコマでない場合には、ハ
ズレとなり、特別図柄A,B,Cを変動させると共にハ
ズレ図柄乱数Ma ,Mb ,Mc を順次選出し、特別図柄
A,B,Cをハズレ表示する。この時、ハズレ図柄乱数
Ma ,Mb から選出された図柄が、同一図柄または順列
図柄となった場合には、リーチ作動を発生させるように
し、当たり図柄態様が得られた場合は、再度、ハズレ図
柄乱数を選出し直して、ハズレ図柄態様となるようにす
る。
【0035】さらに一方、始動記憶装置の記憶消化に伴
って、図柄表示装置を変動表示させる場合にあって、始
動記憶装置の始動記憶数には限度(通常四個)があり、
この個数を越えると、始動スイッチからの球検知信号が
あっても、無効となってしまう。このため、このような
記憶満杯に伴う無効球の発生を少なくするためには、始
動記憶数が迅速に消化されることが望まれる。そこで、
大当たり(特別遊技作動)が終了した直後には、通常の
図柄変動時間よりも、短い図柄変動時間を選択して、特
別図柄A,B,Cにつき変動短縮作動(時短)を実行す
るようにしている。すなわち特別図柄A,B,Cの変動
固定時間(図柄合わせに要する時間を除いた固定的な時
間)が通常6秒であるのが2秒に短縮される。
【0036】次に普通図柄作動につき説明する。遊技球
が普通図柄始動ゲート13を通過すると、該遊技球は普
通始動スイッチ(図5参照)で検出される。この普通始
動スイッチで球検出されると、普通図柄表示装置10の
普通図柄が変動する。この普通図柄は、左赤色,中緑
色,右赤色の3個のLEDで構成される。この普通図柄
表示装置10が変動中、又は普通電動役物15が開放中
のときに、普通始動スイッチで球検出されると、普通始
動記憶装置(RAM)にその球検出が記憶され、記憶数
の消化に伴って普通図柄始動記憶数表示装置12のLE
Dが点灯し、普通図柄が変動開始になる都度消灯され
て、記憶個数が表示される。尚、普通図柄始動記憶数表
示装置12の最大記憶数は4個であり、それ以上は無効
とされる。
【0037】普通図柄表示装置10の変動停止後、又は
普通電動役物15の開放動作終了後に、普通始動記憶数
表示装置12に表示された始動記憶に基づいて普通図柄
表示装置10は再び変動開始する。普通図柄表示装置1
0が変動開始後、通常状態では、約30秒以上経過する
と変動が停止し、左右のLEDが点灯した状態であれば
当たりとなり、普通電動役物15が約0.2秒間開放さ
れる。
【0038】一方、前述の特別図柄表示装置6の変動短
縮作動中においては、普通図柄表示装置10の変動時間
も、常態の約30秒から短縮され、約5秒経過すると変
動が停止する。すなわち所定有利状態となる。さらにこ
れとともに、普通電動役物15の開放時間が約0.2秒
間から約3秒間に延長される。
【0039】普通図柄表示装置10が変動を停止したと
きに表示する図柄態様は、「0」から「20」までのコ
マからなる記憶装置ROMに格納された普通図柄当たり
乱数Pにより決定される。すなわち普通始動スイッチで
球検知されると、普通図柄当たり乱数Pから乱数値が選
出され、その内容が記憶されて、普通図柄表示装置10
が変動開始すると同時に、記憶した内容を調べ、「3」
〜「20」のいずれかであれば当たりとしている。この
当たりの場合は、当たり普通図柄乱数Qにより停止態様
を決定し、左右赤色が点灯した状態となる。ハズレの場
合は、中緑色のLEDのみが点灯した状態となる。
【0040】上述したように、この実施態様にかかるパ
チンコ遊技機は、特別図柄が大当たりとなる確率の高い
高確率状態、特別図柄の変動時間が短い特別図柄時短状
態、普通図柄の変動時間の短い普通図柄時短状態、普通
電動役物の開放時間が長い状態等、特別遊技作動の終了
後に生ずる遊技者に有利な種々の付加利得が出現する。
そして一方、利得が供与されない状態が常態として発生
する。
【0041】そしてこれらの利得内容は、大当たり図柄
乱数L1,L2で選定された図柄態様におけるその図柄内
容に関係している。従って、大当たり図柄乱数L1,L2
のいずれが選定されるかにより、その利得内容が大きく
変化することとなる。
【0042】次に本発明の要部に係る態様及びその作用
につき説明する。本発明は、上述したように、遊技盤面
1上に図柄価値更改領域31を備え、該図柄価値更改領
域31への球通過に伴い、条件更改検知スイッチS5によ
り遊技球検知がなされると、図柄価値選定乱数Wを抽選
し、その抽選結果により、図柄価値要素を選定するよう
にしたものである。
【0043】この図柄価値要素として、上述の実施例に
あっては、同一図柄からなる暗貢(例「111」)、数
字順列からなる順子(例「345」)のいずれの形態を
有効とするかの抽象的な図柄態様としているものであ
る。そして図柄価値選定乱数Wにより大当たり図柄乱数
L1,L2のいずれかのみを有効とするようにしている。
かかる構成にあって、大当たりとなる図柄変動態様が変
化に富むものとなる。
【0044】ここで、図柄価値選定乱数Wを設けない
で、遊技盤面上に図柄価値更改領域31,31への球通
過ごとに、図柄価値要素を更改するようにしてもよい。
すなわち、大当たり図柄乱数L1,L2が、交互に有効と
なる構成である。この構成は、図柄価値更改領域31,
31への通過タイミングを考慮に入れた戦略的な遊技を
誘引する作用を生ずる。
【0045】尚、上述の実施例のように図柄価値更改領
域31への球通過に伴い、図柄価値選定乱数Wを抽選し
て、その抽選結果により、図柄価値要素を選定するよう
にした構成にあっては、遊技者は選定結果を予め知得で
きない面白さを生ずる。また、後述するように多数の図
柄価値要素を具備する場合には、図柄価値選定乱数Wを
用いることにより選定が可能となり、最適な構成とな
る。
【0046】かかる各構成にあって、例えば暗貢図柄で
大当たりとなっていたのが、次回には暗貢図柄に価値が
無くなる等、遊技者は遊技盤面から目を離すことができ
なくなる。この遊技者の確認を容易とするために、抽選
結果報知部30に、「暗貢」、「順子」の表示を行い。
現在どの図柄価値要素が有効かを表示する。そして、
「暗貢」が表示されると、「111」,「222」、
「333」などが大当たり図柄となり、「順子」が表示
されると、「123」,「234」、「345」などが
大当たり図柄となる。
【0047】一方、大当たりとなった場合には、抽選結
果報知部30にはその大当たりとなった図柄態様(又は
大当たり構成要素)を表示維持する。すなわち特別遊技
作動が満了するまで、図柄価値更改領域31,31は無
効となる。
【0048】この図柄価値要素の実施例としては、上述
の構成以外に次の態様がある。 1)図柄価値要素が大当たりとなる図柄態様である場合 イ) 特定の抽象的な大当たり図柄を選定する構成 上述した暗貢図柄態様、順子図柄態様の他に、例えば、
「135」などの一個置きの数字順列、「543」等の
逆順列等の、図柄態様を含んだ図柄態様種を図柄価値要
素として、これを図柄価値選定乱数Wにより選定する構
成が提案される。
【0049】ロ) 特定の具体的な大当たり図柄を選定
する構成 図柄価値選定乱数Wにより特定の図柄態様を選定する場
合である。例えば、抽選結果報知部30に、「大当たり
図柄は5」等が表示された場合に、「555」のみが大
当たりとなる。この場合に、「大当たり図柄は1,2,
7」(「111」,「222」,「777」が有効)な
ど、複数表示するようにしても良い。
【0050】2) 図柄価値要素が特定役割図柄である
場合 イ) オールマイティ図柄 特定役割図柄であるオールマイティ図柄として「3」が
選択された場合には、同一図柄態様(例「777」)を
当たり態様とする場合には、例えば「773」であって
も大当たりとなる。また、順子図柄態様(例「45
6」)を当たり態様とする場合には、例えば「356」
であっても大当たりとなる。すなわち「3」がオールマ
イティ図柄として「7」,「4」等他の図柄の機能を果
たすものである。 ロ) グルーピング図柄 特定役割図柄であるグルーピング図柄として「3/4」,
「5/6 」,「7/8」等を予め設けて、何れかを選出す
る。そして「3/4」が選択された場合には、同一図柄態
様(例「333」)を当たり態様とする場合には、例え
ば「334」であっても大当たりとなる。また、順子図
柄態様(例「456」)を当たり態様とする場合には、
例えば「356」であっても大当たりとなる。
【0051】3) 図柄価値要素が付加利得を発生する
付加利得図柄態様である場合 イ) 特定の付加利得が供与される大当たり図柄態様 上述した高確率,時短などの有利な状態が、特別遊技作
動の終了後に供与される大当たり図柄態様を選定する構
成としても良い。例えば、図柄価値更改領域31,31
に遊技球が通過し、抽選結果報知部30に、「ラッキー
図柄は8」等が表示された場合に、「888」で大当た
りとなると、特別遊技作動の終了後に、高確率等の利得
が供与される。 ロ) ボーナス図柄 特定役割図柄として、ボーナス図柄が提案される。例え
ば、ボーナス図柄として抽選結果報知部30に「3」が
表示された場合には、この図柄を含んだ図柄態様が出現
した場合(例えば、「235」、「389」、「17
3」等)には、特別遊技作動以外の他の遊技者に利益あ
る作動を発生させるようにする。この作動として、例え
ば、普通電動入賞口15を開放させる等が提案される。
【0052】次に、抽選結果報知部の変形例につき説明
する。図3,4は本発明にかかる他の実施例を示すもの
であって、上述の構成と同じ構成は同一符号を付して説
明を省略する。ここで遊技盤1の内側レール内の中央に
配設されたセンターケース4b内には特別図柄表示装置
6が設けられ、その周囲には環状の抽選結果報知部40
が設けられる。この抽選結果報知部40は「0」〜
「9」までの数字を付した要素表示部41が数字順列に
従って配設されている。その他、このセンターケース4
bの下部には4個のパイロットランプからなる始動記憶
数表示装置8が設けられる。さらにセンターケース4b
の上部には、三個のLEDからなる普通図柄表示装置1
0が配設され、普通図柄表示装置10の直上位置には、
4個のパイロットランプからなる普通図柄始動記憶数表
示装置12が設けられる。
【0053】上述の抽選結果報知部40にあって、図柄
価値更改領域31,31の遊技球の通過に伴い、この時
短状態は、変動回数により制御され、かつ大当たり図柄
乱数L1,L2で選定された図柄態様によりその多寡が決
定される。例えば大当たり図柄乱数L1が選定された場
合には、奇数で大当たりとなると、その特別遊技作動終
了後に、変動回数200回まで変動短縮作動が実行さ
れ、偶数で大当たりとなると、その特別遊技作動終了後
に、変動回数50回まで変動短縮作動が実行される。表
示部41の単一の点灯位置(単一の消灯位置であっても
よい)が循環走行し、所定位置に停止する。これによ
り、いずれかの数字が選定される。そして該選定された
数字により、図柄価値要素が確定報知される。この図柄
価値要素の選定態様及び選定図柄態様などは上述の通り
であり説明を省略する。この抽選結果報知部40にあっ
ては、ルーレット形態で変動することとなるから、その
過程で遊技者は、高揚感を抱くこととなる。
【0054】
【発明の効果】本発明は、上述したように、遊技盤面上
に図柄価値更改領域を備え、該図柄価値更改領域への球
通過に伴い、常に又は図柄価値選定乱数の抽選結果によ
り、図柄価値要素を更改するようにしたものであるか
ら、大当たりとなる図柄条件等が随時変化していくた
め、図柄変動態様の意義が変化に富むものとなる。ま
た、遊技者は、大当たり図柄条件等の変化に留意しなが
ら、遊技を行うこととなり、遊技の進行に気を逸らすこ
とがない。
【0055】ここで、図柄価値更改領域への球通過に伴
い、図柄価値選定乱数を抽選して、その抽選結果によ
り、図柄価値要素を選定するようにした構成にあって
は、遊技者は選定結果を予め知得できない面白さを生ず
る。また、多数の図柄価値要素を具備する場合には、図
柄価値選定乱数Wを用いることにより選定が可能とな
り、最適な構成となる。
【0056】また、図柄価値選定乱数を設けないで、遊
技盤面上に図柄価値更改領域への球通過ごとに、図柄価
値要素を更改するようにした構成にあっては、図柄価値
更改領域への通過タイミングを考慮に入れた戦略的な遊
技を誘引することとなる。
【0057】かかる構成にあって、選定される図柄価値
要素を、特別遊技作動を実行するための当り図柄態様と
した場合には、当たり図柄態様が随時変化していくた
め、遊技者の図柄態様に対する注意が向上する。
【0058】また、図柄価値選定乱数の抽選結果により
選定される図柄価値要素を、オールマイティ図柄などの
特定役割図柄とした場合には、多様な利益ある図柄形態
を実現することができる。
【0059】ここで、この抽選結果を遊技者に報知する
ために抽選結果報知部を遊技盤面上に配設することがで
き、この場合には、ルーレット形態で変動することとな
るから、その過程で遊技者は、高揚感を抱くこととな
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】遊技盤1の正面図である。
【図2】センターケース4aの拡大正面図である。
【図3】変形例の技盤1の正面図である。
【図4】変形例のセンターケース4bの拡大正面図であ
る。
【図5】マイクロコンピュータを示すブロック回路図で
ある。
【符号の説明】
1 遊技盤 4a,4b センターケース 6 特別図柄表示装置 22 可変入賞装置 23 可変入賞口 30 抽選結果報知部 31 図柄価値更改領域 40 抽選結果報知部 41 要素表示部 W 図柄価値選定乱数

Claims (6)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】複数の図柄を変動表示する図柄表示装置
    と、図柄始動領域への遊技球通過に起因して図柄を変動
    開始し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、
    図柄表示装置に確定表示された各図柄の組合せが所定の
    当り図柄態様である場合に、遊技者に所定の利得を供与
    することとなる特別遊技作動を実行するようにしたパチ
    ンコ遊技機において、 遊技盤面上に図柄価値更改領域を備え、該図柄価値更改
    領域への球通過に伴い、図柄価値選定乱数を抽選して、
    その抽選結果により、図柄価値要素を更改するようにし
    たことを特徴とするパチンコ遊技機。
  2. 【請求項2】複数の図柄を変動表示する図柄表示装置
    と、図柄始動領域への遊技球通過に起因して図柄を変動
    開始し、停止して図柄確定する図柄制御手段とを備え、
    図柄表示装置に確定表示された各図柄の組合せが所定の
    当り図柄態様である場合に、遊技者に所定の利得を供与
    することとなる特別遊技作動を実行するようにしたパチ
    ンコ遊技機において、 遊技盤面上に図柄価値更改領域を備え、該図柄価値更改
    領域への球通過に伴い、図柄価値要素を更改するように
    したことを特徴とするパチンコ遊技機。
  3. 【請求項3】図柄価値要素が、特別遊技作動を実行する
    ための当り図柄態様である請求項1又は請求項2記載の
    パチンコ遊技機。
  4. 【請求項4】図柄価値要素が、当り図柄態様を構成する
    特定役割図柄である請求項1記載又は請求項2記載のパ
    チンコ遊技機。
  5. 【請求項5】図柄価値要素が、付加利得を発生する付加
    利得図柄態様である請求項1記載又は請求項2記載のパ
    チンコ遊技機。
  6. 【請求項6】抽選結果を報知する抽選結果報知部を遊技
    盤面上に配設したことを特徴とする請求項1乃至請求項
    5のいずれかに記載のパチンコ遊技機。
JP2001008186A 2001-01-16 2001-01-16 パチンコ遊技機 Granted JP2002210143A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001008186A JP2002210143A (ja) 2001-01-16 2001-01-16 パチンコ遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001008186A JP2002210143A (ja) 2001-01-16 2001-01-16 パチンコ遊技機

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002210143A true JP2002210143A (ja) 2002-07-30

Family

ID=18875837

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001008186A Granted JP2002210143A (ja) 2001-01-16 2001-01-16 パチンコ遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002210143A (ja)

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6220580B2 (ja) パチンコ機
JP2003010446A (ja) パチンコ遊技機
JP2004121729A (ja) パチンコ遊技機
JP2002224357A (ja) パチンコ遊技機
JP2003010445A (ja) パチンコ遊技機
JP2002172232A (ja) パチンコ遊技機
JP2002315917A (ja) パチンコ遊技機
JP2003010444A (ja) パチンコ遊技機
JP2000070468A (ja) 遊技機
JP2002066043A (ja) パチンコ遊技機
JP2002159686A (ja) パチンコ遊技機
JPH10295900A (ja) パチンコ機
JP2002165994A (ja) パチンコ遊技機
JP3976506B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2004113827A (ja) パチンコ遊技機
JP2002210129A (ja) パチンコ遊技機
JP3839270B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002210143A (ja) パチンコ遊技機
JP4373367B2 (ja) パチンコ遊技機
JP3640617B2 (ja) パチンコ遊技機
JP2002239106A (ja) パチンコ遊技機
JP2002239152A (ja) パチンコ遊技機
JP2002239160A (ja) パチンコ遊技機
JP2002224348A (ja) パチンコ遊技機
JP2002210146A (ja) パチンコ遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20041227

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050128

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050325

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20051219