JP2002167999A - 車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備 - Google Patents

車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備

Info

Publication number
JP2002167999A
JP2002167999A JP2000369338A JP2000369338A JP2002167999A JP 2002167999 A JP2002167999 A JP 2002167999A JP 2000369338 A JP2000369338 A JP 2000369338A JP 2000369338 A JP2000369338 A JP 2000369338A JP 2002167999 A JP2002167999 A JP 2002167999A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
parking
space
comb
comb teeth
car
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000369338A
Other languages
English (en)
Inventor
Takeshi Katsuno
武志 勝野
Yukio Yomo
幸雄 四方
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hitachi Zosen Corp
Original Assignee
Hitachi Zosen Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hitachi Zosen Corp filed Critical Hitachi Zosen Corp
Priority to JP2000369338A priority Critical patent/JP2002167999A/ja
Publication of JP2002167999A publication Critical patent/JP2002167999A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】収容効率を向上させ、かつ円滑性を満足させ
る。 【解決手段】クレーン台車4aに昇降自在に配置される
搬器4bと駐車台との間で車を受渡しする車受渡し装置
で、前記搬器4bに、水平姿勢と垂直姿勢との間で開閉
自在な可動櫛歯54を設け、駐車台に水平姿勢の可動櫛
歯が上下方向に通過可能な固定櫛歯と、垂直姿勢の可動
櫛歯54が上下方向に通過可能な通過空間とを設け、前
記駐車台から搬器4bに車を受け渡す時に、車を搭載し
た駐車台に、可動櫛歯54が垂直姿勢とした搬器4bを
上方から下降させて可動櫛歯54を通過空間を介して通
過させた後、櫛歯開閉装置55により可動櫛歯54を水
平姿勢として、搬器4bを上昇させることにより、駐車
台の固定櫛歯から搬器4bの可動櫛歯54に車を受け渡
す。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、車受渡し装置およ
びこの車受渡し装置を用いた櫛歯式立体駐車設備に関す
る。
【0002】
【従来の技術】立体駐車設備に採用される車受渡し装置
は、搬器から駐車室に車を受け渡す際に、搬器が駐車室
に対応して停止し、搬器および駐車室の一方の櫛歯部材
を他方に移動させて上下位置に重なるように配置し、昇
降により櫛歯部材を相互に通過させて櫛歯部材上の車を
受渡しするように構成されている。
【0003】ところで、立体駐車設備では、車を短時間
で入庫し出庫するという円滑性と、設備空間に対して多
くの車を収容するという収容効率とが重要な要素である
といわれている。たとえば円滑性に重点をおいたもので
は、各駐車層にそれぞれ搬送用台車を配置して駐車室に
出し入れする平面往復式立体駐車装置があり大規模立体
駐車設備に多く採用されている。また収容効率に重点を
おいたものでは、各駐車層を格子状に区画して交点位置
に横行自在でかつ縦行自在な循環式の格納台車を配置
し、少なくとも1つの格納台車を削除して格納台車をパ
ズル式に移動させることにより、入出庫位置に格納台車
を移動させる水平循環式の立体駐車装置があり、小規模
立体駐車設備に採用されている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上記従来の受
渡し装置は、目的の駐車室に隣接して搬器の停止空間が
必要なため、設備空間の有効利用が図れないという問題
があった。
【0005】また平面往復式立体駐車装置では、円滑性
は向上するが、搬送台車の移動空間分の駐車スペースが
削減されるため、車の収容効率が低下するという問題が
あった。また、水平循環式の立体駐車設備とすると、収
容効率を上げることができるが、奥部からの車の出庫に
時間がかかり、円滑性が低下するという問題があった。
【0006】本発明は上記問題点を解決して、収容効率
を向上させ、かつ円滑性を満足させることができる中規
模程度の設備に適した車受渡し装置および櫛歯式立体駐
車設備を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するため
に請求項1記載の車受渡し装置は、昇降空間に沿って昇
降自在に配置される搬器と駐車台との間で車を受渡しす
る車受渡し装置であって、前記搬器に、両側部からそれ
ぞれ中央側に伸びる水平姿勢と、上方または下方に向く
垂直姿勢との間で開閉自在な可動櫛歯と、これら可動櫛
歯を開閉する櫛歯開閉装置とを設け、前記駐車台に、中
央部から側方にそれぞれ伸びて車を搭載可能で、かつ前
記水平姿勢の可動櫛歯が上下方向に通過可能な固定櫛歯
と、垂直姿勢の櫛歯が上下方向に通過可能な通過空間と
を設け、前記駐車台から搬器に車を受け渡す時に、車を
搭載した駐車台に、可動櫛歯が垂直姿勢にした搬器を上
方から下降させて前記可動櫛歯を前記通過空間を介して
下方に通過させた後、櫛歯開閉装置により可動櫛歯を水
平姿勢として、搬器を上昇させることにより、駐車台の
固定櫛歯から搬器の可動櫛歯に車を受け渡すように構成
したものである。
【0008】上記構成によれば、駐車台に対して上方か
ら搬器を昇降させて車を受け渡しすることができるの
で、駐車台に隣接して搬器の移動空間を設置しなくても
よい。したがって、各駐車層に収容空間に沿う搬器の移
動用空間が不要となるので、設備空間を有効に利用して
収容効率を高めることができる。
【0009】また請求項2記載の車受渡し装置は、請求
項1記載の構成において、可動櫛歯は、搬器フレームに
軸心回りに回転自在に支持された櫛歯支持軸と、この櫛
歯支持軸に突設された複数の受け歯からなり、櫛歯開閉
装置は、両端部が搬器フレームと櫛歯支持軸に連結され
て折り曲げ自在な複数のリンクアームを有するリンク機
構と、このリンク機構を駆動して櫛歯支持軸を介して受
け歯が上方に向く垂直姿勢と水平姿勢との間で回動させ
る櫛歯開閉伸縮駆動装置とを具備し、前記受け歯が垂直
姿勢から水平姿勢となる位置で、前記リンク機構を回動
限としたものである。
【0010】上記構成によれば、可動櫛歯を水平姿勢で
回動限とするリンク機構を設けたので、可動櫛歯が下方
に回動するのを確実に防止することができ、安全性を高
めることができる。
【0011】さらに請求項3記載は、請求項1または2
記載の櫛歯式受渡し装置を有する立体駐車設備であっ
て、複数の駐車層のうち、最上の駐車層に搬器を搬送方
向に移動可能な搬送移載空間を設けるとともに、前記搬
送移載空間両側の収容空間に、搬送移載空間に出退自在
な複数の横行駐車台を並設し、他の駐車層に、搬送移載
空間の下方に対応して移載空間を設け、前記移載空間の
両側の収容空間に、移載空間に出退自在な複数の横行駐
車台を並設するとともに、前記移載空間に、前記搬器が
上下方向に通過可能な1つの挿通空間を除いて、移載空
間に沿って移動自在な複数の縦行駐車台を設け、前記搬
送移載空間の上方に、前記搬器を昇降自在に支持するク
レーン台車を搬送移載空間に沿って移動自在に設けたも
のである。
【0012】上記構成によれば、最上層の駐車層以外
は、1つの挿通空間以外を横行駐車台と縦行駐車台とを
配置して埋めることができ、設備空間の有効利用を図る
ことができる。同時に収容空間の横行駐車台を移載空間
に出退させるだけでよいので、短時間で車を出し入れす
ることが可能となり、車の入出庫の円滑性を確保するこ
とができる。
【0013】さらに請求項4記載の櫛歯式立体駐車設備
は、請求項3記載の構成において、最上層の少なくとも
一部の収容空間に入出庫装置を設けるとともに、この入
出庫装置を設けたものである。
【0014】請求項4記載の構成によれば、入出庫装置
の昇降空間も、最上の駐車層まででよく、他の駐車層に
は不要で、設備空間を有効利用できるとともに、入出庫
用搬器に入出庫用の横行駐車台を設けるだけで、上記車
受渡し装置との間で車を受渡しすることができ、特別な
装置も不要で設備コストを低減できる。
【0015】
【発明の実施の形態】ここで、本発明に係る櫛歯式立体
駐車設備の実施の形態を図1〜図10に基づいて説明す
る。
【0016】この立体駐車設備は、たとえば図2に示す
ように、設備空間1の最上駐車層B1Sから車を出し入
れするのに適したもので、たとえば地下に設けられた設
備空間1内に3つの駐車層B1S〜B3Sが設けられ、
地上部2に入出庫部3が設けられている。そして、最上
の駐車層B1Sに車受渡し装置4が配設されて、各駐車
層B1S〜B3Sに配置された可動式の駐車台5,6に
直接車を入出庫することができる。
【0017】すなわち、最上の駐車層B1Sには、車受
渡し装置4のクレーン台車4aに昇降自在に支持された
搬器4bが上下方向および搬送方向に移動自在な搬送移
載空間7が中央部に設けられるとともに、この搬送移載
空間7の両側には収容空間8がそれぞれ形成され、収容
空間8には、搬送移載空間7に出退自在な複数の横行駐
車台5が並設配置されている。
【0018】また他の駐車層B2S〜B3Sには、搬送
移載空間7の下方に対応して移載空間9が配置されると
ともに、移載空間9の両側に収容空間8が設けられ、こ
れら収容空間8には、移載空間9に出退自在な複数の横
行駐車台5が並設配置されている。また移載空間9に
は、搬器4bが上下方向に通過可能な1つの挿通空間1
0を除いて、移載空間9に沿って縦行移動自在な縦行駐
車台6が配置されている。
【0019】地上部2の入出庫部3と最上の駐車層B1
Sの収容空間8との間には、入出庫用リフト装置(入出
庫装置)11が配設され、入出庫用リフト装置11によ
り入出庫部3と駐車層B1Sとの間で昇降駆動される昇
降台11aに、搬送移載空間7に出退自在な入出庫用の
横行駐車台12が配置されている。
【0020】前記横行駐車台5,(12)は、図3に示
すように、中央部に縦行方向に長い平面視が矩形状の本
体フレーム21の前後左右位置に、車の前後左右の車輪
をそれぞれ支持する固定櫛歯22が側部外方に突設さ
れ、これら固定櫛歯22は、縦行方向に沿って一定間隔
ごとに複数本の固定受け歯が突設されて構成されてい
る。また本体フレーム21の四隅部には横行車輪23が
それぞれ配設され、出退方向の前後一方の横行車輪23
が連動軸24aを介して連結されている。そして、連動
軸24aは伝動機構24bを介して横行用駆動装置24
cに連結連動されて台車横行装置24が構成されてい
る。また収容空間8と移載空間9の底部間、収容空間8
と搬送移載空間7の底部間、および昇降台11aと搬送
移載空間7の底部間には、それぞれ前記横行車輪22を
案内する横行レール25が一体または分割されて敷設さ
れており、台車横行装置24により横行駐車台5,(1
2)が収容空間8(昇降台11a)と、移載空間9間で
出退駆動される。
【0021】前記縦行駐車台6は、図4に示すように、
中央部に縦行方向に設けられた矩形状の本体フレーム3
1の前後左右位置に、車の前後左右の車輪を支持する固
定櫛歯32が側部外方に突設され、これら固定櫛歯32
は、縦行方向に一定間隔ごとに複数本の固定受け歯が突
出されて構成されている。また本体フレーム31の四隅
部には縦行車輪33がそれぞれ配設され、縦行方向の前
後一方の縦行車輪33が連動軸34aを介して連結され
ている。そして、連動軸34aは伝動機構34bを介し
て横行用駆動装置34cに連結連動されて台車縦行装置
34が構成されている。また移載空間9の底部両側に
は、横行レール25と交差して縦行車輪33を案内する
左右一対の縦行レール35が敷設されており、台車縦行
装置34により縦行駐車台6が移載空間9に沿って縦行
駆動される。
【0022】車受渡し装置4は、図1(a),(b)に
示すように、搬送移載空間7の上方に沿って配設された
クレーンガイドレール41に案内されて縦行移動自在に
配置されたクレーン台車4aと、このクレーン台車4a
に昇降自在に支持されて車を駐車台5,6に対して受け
渡しする搬器4bとを具備している。
【0023】前記クレーン台車4aは、台車フレーム4
2の四隅近傍にクレーンガイドレール41に案内される
搬送車輪43がそれぞれ配設され、縦行方向の前後一方
の搬送車輪43が台車搬送装置44により回転駆動され
る。またこの台車フレーム42には搬器昇降装置45が
設けられており、この搬器昇降装置45は、搬器4bに
それぞれ連結された複数(図では4本)の昇降索45a
をガイドシーブ45bを介して巻取り繰り出すウインチ
ドラム45cと、このウインチドラム45cを正逆方向
に回転駆動する昇降駆動装置45dとで構成されてい
る。
【0024】搬器4bは、縦行方向に沿う一対の縦ビー
ム51aと横行方向に沿う一対の横ビーム51bとによ
り平面視が矩形枠状に形成された搬器フレーム51と、
これら左右の縦ビーム51aの下方に垂下された複数の
支持ビーム52間に、それぞれ縦行方向に沿って配置さ
れて軸心回りに回転自在に支持された櫛歯支持軸53
と、これら櫛歯支持軸53の前部および後部にそれぞれ
一定間隔ごとに可動受け歯が突設された可動櫛歯54
と、可動櫛歯54を縦ビーム51a側から中央側に伸び
て水平姿勢(閉鎖位置)と、上方(または下方)に向く
垂直姿勢(開放位置)との間で開閉自在な櫛歯開閉装置
55とが具備されている。
【0025】なお、前記横行駐車台5および縦行駐車台
6の縦ビーム51aに対応する両側部には、垂直姿勢の
可動櫛歯54、櫛歯支持軸53および支持ビーム52の
下部を通過可能な通過空間26,36がそれぞれ形成さ
れている。
【0026】前記櫛歯開閉装置55は、図5(a),
(b)に示すように、櫛歯支持軸53の両端部にそれぞ
れ配置されており、各横ビーム51bに設けられてい
る。すなわち、横ビーム51bには、支持ピン61を介
して第1リンクアーム62が回動動自在に支持され、櫛
歯支持軸53の端部に第2リンクアーム63が取り付け
られ、第1リンクアーム62と第2リンクアーム63と
は中間リンクアーム64を介して回動自在にピン連結さ
れてリンク機構60が構成されている。そして、各リン
クアーム62〜64の長さは、たとえば第2リンクアー
ム63が水平となる位置でリンク機構60が一方の開動
方向の回転限となり、さらに図5(b)に示すように、
第2リンクアーム63が垂直となる位置でリンク機構6
0の閉動方向の回動限になるように設定されている。ま
た第2リンクアーム63と可動櫛歯54は、櫛歯支持軸
53と同一方向に突出されており、リンク機構60によ
り、一方の回動限で水平姿勢の可動櫛歯54がさらに下
方に回動することが無いように規制する安全機構を構成
している。また横ビーム51bには、リンク機構60を
駆動する駆動レバー65が支持ピン64を介して回動自
在に支持されており、この駆動レバー65の下端部と中
間リンクアーム64とが長穴とスライドピンからなる連
結機構67を介して連結されている。また、駆動レバー
65の上端部はL形に折り曲げられて、櫛歯開閉シリン
ダ(櫛歯開閉伸縮駆動装置)68のピストンロッドにピ
ン連結されている。したがって、櫛歯開閉シリンダ68
を伸縮して駆動レバー65を介して中間リンクアーム6
4を駆動し、第2リンクアーム63を回動させて櫛歯支
持軸53を介して可動櫛歯54を垂直姿勢と水平姿勢と
の間で開閉することができる。
【0027】上記車の受渡し装置4による車の受渡し方
法を説明する。搬器4bから駐車台5に車を移し替える
場合、目的の空の駐車台5(6)を搬送用移載空間7
(移載空間9)に停止させるとともに、クレーン台車4
aを目的の駐車台5(6)の上方まで移動させて停止す
る。次いで、搬器昇降装置45を駆動して、水平姿勢の
可動櫛歯54上に車を搭載した搬器4bを下ろし、可動
櫛場54を固定櫛歯22(32)に噛み合わせて通過さ
せるとともに、櫛歯支持軸53および支持ビーム52の
下部を通過空間26(36)から下方に通過突出させ
る。これにより、可動櫛歯54上の車が固定櫛歯22
(32)に受け渡される。さらに搬器4bを可動櫛歯5
4が駐車台5(6)から所定距離離れた位置まで下ろし
て停止させた後、櫛歯開閉装置55により水平姿勢の可
動櫛歯54を垂直姿勢まで閉動する。そして、搬器昇降
装置45を駆動して搬器4bを上昇させることにより、
垂直姿勢の可動櫛歯54と櫛歯支持軸53および支持ビ
ーム52の下部を通過空間26(36)から上方に抜き
出して、搬器4bを元位置に復帰させる。
【0028】駐車台5から搬器4bに車を移し替える場
合、車を搭載した目的の駐車台5(6)を移載空間9
(搬送用移載空間7)に停止させるとともに、クレーン
台車4aを目的の駐車台5(6)の上方まで移動させて
停止する。この時、クレーン台車4aの櫛歯開閉装置5
5により搬器4bの可動櫛歯54は垂直姿勢に保持され
ている。そして、搬器昇降装置45を駆動して搬器4b
を下ろし、可動櫛歯54と櫛歯支持軸53および支持ビ
ーム52の下部を通過空間26(36)から下方に通過
させ、可動櫛歯54が駐車台5(6)から所定距離離れ
た位置で停止させた後、櫛歯開閉装置55により可動櫛
歯54を垂直姿勢から水平姿勢に開動させる。さらに搬
器昇降装置45を駆動して搬器4bを上昇させることに
より、可動櫛歯54を固定櫛歯22(32)に噛み合わ
せて通過させる。これにより固定櫛歯22(32)上の
車を可動櫛歯54上に受け渡し、さらに搬器4bを上昇
させて車を出庫することができる。
【0029】次に、車に入出庫方法を図6〜図10を参
照して説明する。最上の駐車層B1Sでは、車受渡し装
置4のクレーン台車4aにより搬器4bを搬送移載空間
7に沿って移動させ、収容空間8から搬送移載空間7に
突出移動された横行駐車台5に対して車を受渡しする。
また次層の駐車層B2Sでは、搬送移載空間7から下降
された搬器4bにより、移載空間9に配置された縦行駐
車台6に対して車を受け渡しするとともに、収容空間8
から移載空間7に突出移動された横行駐車台5に対して
車を受渡しする。さらに下方層の駐車層B3Sでは、駐
車層B2Sの挿通空間10を介して下降された搬器4b
により、移載空間9に配置された縦行駐車台6、または
収容空間8から挿通空間10に突出移動された横行駐車
台5に対して車を受渡しする。
【0030】地上部2の入出庫部3から車を入庫する場
合には、 .昇降台11a上の入出庫用横行駐車台12に車を乗
り込ませて停止させる。そして、入出庫用リフト装置1
1を駆動して昇降台11aを最上駐車層B1Sまで下降
させる。
【0031】.台車横行装置24を駆動して入出庫用
横行駐車台12を横行レール25を会し搬送移載空間7
まで移動させる。この時、搬器4bは干渉を避けるため
に、入出庫用リフト装置11の対応位置とは異なる位置
に停止される。(図6) .車受渡し装置4のクレーン台車4aが入出庫用リフ
ト装置11の対応位置まで移動され、可動櫛歯54が垂
直姿勢に保持された搬器4bが、入出庫用横行駐車台1
2上の車の上方に停止される。次いで搬器昇降装置45
が駆動されて搬器4bが下降され、可動櫛歯54等が入
出庫用横行駐車台12の通過空間26を通って下降され
る。
【0032】.櫛歯開閉装置55により可動櫛歯54
が水平姿勢に閉動姿勢に変更された後(図7)、搬器昇
降装置45により可動櫛歯54が上昇されて固定櫛歯2
2をすり抜け、車を受け取って、入出庫用横行駐車台1
2に干渉しない位置まで上昇され、停止される。(図
8)この時、下方層の駐車層B3Sでは、縦行駐車台6
が移動されて目的の横行駐車台5に対応する移載空間9
が空けられ、横行駐車台5が元位置(ホームポジショ
ン)から移載空間9に突出移動される。また上方の駐車
層B2Sでは、縦行駐車台6が移動されて目的の横行駐
車台5の上方に挿通空間10が形成される。
【0033】.クレーン台車4aにより搬器4bが搬
送移載空間7に沿って移動されて(または停止した状態
のままで)目的の横行駐車台5の上方に対応して停止さ
れる。そして搬器昇降装置45が駆動されて搬器4bが
下降され、駐車層B2Sの挿通空間10から横行駐車台
5まで移動し、さらに可動櫛歯54が固定櫛歯22をす
り抜けて下降し、車を搬器4bから横行駐車台5の固定
櫛歯22上に受け渡す。(図9) .搬器4bが所定位置まで下降して停止した後、可動
櫛歯54が水平姿勢から垂直姿勢まで開動され、次いで
搬器昇降装置45により上昇されて可動櫛歯54が通過
空間26を通って上昇され、搬送移載空間7まで戻され
る。さらに車を受け取った横行駐車台5は、移載空間9
から元位置に後退移動される。(図10) また縦行駐車台6に対する入庫も同様にして行われる。
さらに車の出庫は、上記と逆の手順で行われる。
【0034】上記実施の形態によれば、車受渡し装置4
において、クレーン台車4aに昇降自在に支持された搬
器4bに、可動櫛歯54を開閉自在に設け、駐車台5,
6に垂直姿勢の可動櫛歯54やその支持部材を通過可能
な通過空間26,36を設けたので、搬器4bを駐車台
5,6の上方から上げ下ろしして、車の受渡しを行うこ
とができる。したがって、搬器4bを駐車台5,6の隣
接する側部まで移動させる必要がなくなり、これにより
駐車台5,6に隣接して受け渡し用の空間を形成してお
く必要がなくなり、空間の有効利用が可能となる。
【0035】上記車受渡し装置4では、搬器フレーム5
1と櫛歯支持軸53との間にリンク機構60を設けて可
動櫛歯54を水平姿勢で回動限とすることにより、可動
櫛歯が下方に回動して車が落下するなどの事故を確実に
防止することができ、安全性をより高めることができ
る。
【0036】さらに櫛歯式立体駐車設備では、最上層の
駐車層B1Sを除いて、各駐車層B2S,B3Sには、
1つの挿通空間10以外を横行駐車台5と縦行駐車台6
を配置して埋めることができ、1つの駐車層に多数の車
を収容することができ、空間の有効利用を図ることがで
きる。同時に収容空間8の横行駐車台5を移載空間9に
出退させるだけでよいので、従来のパズル式に比較して
短時間で車を出し入れすることが可能となり、車の入出
庫の円滑性を確保することができる。
【0037】さらにまた入出庫用リフト装置11の昇降
空間も、最上の駐車層B1Sと地上部2との間だけでよ
く、他の駐車層B2S,B3Sには不要で、空間を有効
利用できる。また入出庫用リフト装置11に入出庫用横
行駐車台12を設けるだけで、車受渡し装置4との間で
車を受渡しすることができ、特別な移載装置が不要とな
り、設備コストを低減できる。
【0038】なお、クレーン台車4aの搬器昇降装置4
5により昇降索45aを介して搬器4bを吊り下げて昇
降移動させるようにしたが、搬器4bを安定して昇降さ
せるために、移載空間9に搬器4bを案内するガイドレ
ールを設けてもよいし、また搬器4bの昇降に応じてク
レーン台車4aから下方に伸縮自在なガイド部材を設け
てもよい。
【0039】
【発明の効果】以上に述べたごとく請求項1記載の車受
渡し装置によれば、駐車台に対して上方から搬器を昇降
させて車を受け渡しすることができるので、駐車台に隣
接して搬器の移動空間を設置しなくてもよい。したがっ
て、各駐車層に収容空間に沿う搬器の移動用空間が不要
となるので、設備空間を有効に利用して収容効率を高め
ることができる。
【0040】また請求項2記載の車受渡し装置によれ
ば、可動櫛歯を水平姿勢で回動限とするリンク機構を設
けたので、可動櫛歯が下方に回動するのを確実に防止す
ることができ、安全性を高めることができる。
【0041】さらに請求項3記載の櫛歯式立体駐車設備
によれば、最上層の駐車層以外は、1つの挿通空間以外
を横行駐車台と縦行駐車台とを配置して埋めることがで
き、設備空間の有効利用を図ることができる。同時に収
容空間の横行駐車台を移載空間に出退させるだけでよい
ので、短時間で車を出し入れすることが可能となり、車
の入出庫の円滑性を確保することができる。
【0042】さらに請求項4記載の櫛歯式立体駐車設備
によれば、入出庫装置の昇降空間も、最上の駐車層まで
でよく、他の駐車層には不要で、設備空間を有効利用で
きるとともに、入出庫用搬器に入出庫用の横行駐車台を
設けるだけで、上記車受渡し装置との間で車を受渡しす
ることができ、特別な装置も不要で設備コストを低減で
きる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る車受渡し装置の実施の形態を示
し、(a)は全体斜視図、(b)は可動櫛歯が垂直姿勢
の状態を示す搬器の斜視図である。
【図2】同車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備を
示す全体斜視図である。
【図3】同立体駐車設備の横行駐車台の車受渡し状態を
示す平面図である。
【図4】同立体駐車設備の縦行駐車台の車受渡し状態を
示す全体平面図である。
【図5】同立体駐車設備の搬器を示し、(a)は櫛歯開
閉装置の開放状態(垂直姿勢)を示す正面図、(b)は
櫛歯開閉装置の閉鎖状態(水平姿勢)を示す正面図であ
る。
【図6】同立体駐車設備の入庫動作を示す説明図であ
る。
【図7】同立体駐車設備の入庫動作を示す説明図であ
る。
【図8】同立体駐車設備の入庫動作を示す説明図であ
る。
【図9】同立体駐車設備の入庫動作を示す説明図であ
る。
【図10】同立体駐車設備の入庫動作を示す説明図であ
る。
【符号の説明】
1 設備空間 2 地上部 3 入出庫部 4 車受渡し装置 4a クレーン台車 4b 搬器 5 横行駐車台 6 縦行駐車台 7 搬送移載空間 8 収容空間 9 移載空間 10 挿通空間 11 入出庫用リフト装置 11a 昇降台 12 入出庫用横行駐車台 21 本体フレーム 22 固定櫛歯 23 横行車輪 26 通過空間 24 台車横行装置 31 本体フレーム 32 固定櫛歯 33 縦行車輪 34 台車縦行装置 36 通過空間 44 台車搬送装置 45 搬器昇降装置 51 搬器フレーム 53 櫛歯支持軸 54 可動櫛歯 55 櫛歯開閉装置 60 リンク機構 65 駆動レバー 68 櫛歯開閉シリンダ

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】昇降空間に沿って昇降自在に配置される搬
    器と駐車台との間で車を受渡しする車受渡し装置であっ
    て、 前記搬器に、両側部からそれぞれ中央側に伸びる水平姿
    勢と、上方または下方に向く垂直姿勢との間で開閉自在
    な可動櫛歯と、これら可動櫛歯を開閉する櫛歯開閉装置
    とを設け、 前記駐車台に、中央部から側方にそれぞれ伸びて車を搭
    載可能で、かつ前記水平姿勢の可動櫛歯が上下方向に通
    過可能な固定櫛歯と、垂直姿勢の櫛歯が上下方向に通過
    可能な通過空間とを設け、 前記駐車台から搬器に車を受け渡す時に、車を搭載した
    駐車台に、可動櫛歯が垂直姿勢にした搬器を上方から下
    降させて前記可動櫛歯を前記通過空間を介して下方に通
    過させた後、櫛歯開閉装置により可動櫛歯を水平姿勢と
    して、搬器を上昇させることにより、駐車台の固定櫛歯
    から搬器の可動櫛歯に車を受け渡すように構成したこと
    を特徴とする車受渡し装置。
  2. 【請求項2】可動櫛歯は、搬器フレームに軸心回りに回
    転自在に支持された櫛歯支持軸と、この櫛歯支持軸に突
    設された複数の受け歯からなり、 櫛歯開閉装置は、両端部が搬器フレームと櫛歯支持軸に
    連結されて折り曲げ自在な複数のリンクアームを有する
    リンク機構と、このリンク機構を駆動して櫛歯支持軸を
    介して受け歯が上方に向く垂直姿勢と水平姿勢との間で
    回動させる櫛歯開閉伸縮駆動装置とを具備し、 前記受け歯が垂直姿勢から水平姿勢となる位置で、前記
    リンク機構を回動限としたことを特徴とする車受渡し装
    置。
  3. 【請求項3】請求項1または2記載の車受渡し装置を有
    する立体駐車設備であって、 複数の駐車層のうち、最上の駐車層に搬器を搬送方向に
    移動可能な搬送移載空間を設けるとともに、前記搬送移
    載空間両側の収容空間に、搬送移載空間に出退自在な複
    数の横行駐車台を並設し、 他の駐車層に、搬送移載空間の下方に対応して移載空間
    を設け、 前記移載空間の両側の収容空間に、移載空間に出退自在
    な複数の横行駐車台を並設するとともに、前記移載空間
    に、前記搬器が上下方向に通過可能な1つの挿通空間を
    除いて、移載空間に沿って移動自在な複数の縦行駐車台
    を設け、 前記搬送移載空間の上方に、前記搬器を昇降自在に支持
    するクレーン台車を搬送移載空間に沿って移動自在に設
    けたことを特徴とする櫛歯式立体駐車設備。
  4. 【請求項4】最上層の少なくとも一部の収容空間に入出
    庫装置を設けるとともに、この入出庫装置の入出庫用搬
    器に、搬送移載空間に出退自在な入出庫用の横行駐車台
    を設けたことを特徴とする請求項3記載の櫛歯式立体駐
    車設備。
JP2000369338A 2000-12-05 2000-12-05 車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備 Pending JP2002167999A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000369338A JP2002167999A (ja) 2000-12-05 2000-12-05 車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000369338A JP2002167999A (ja) 2000-12-05 2000-12-05 車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002167999A true JP2002167999A (ja) 2002-06-11

Family

ID=18839392

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000369338A Pending JP2002167999A (ja) 2000-12-05 2000-12-05 車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2002167999A (ja)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100348827C (zh) * 2005-12-01 2007-11-14 上海交通大学 双层搬运器备份的三车位滚道存放停车设备
CN104005582A (zh) * 2013-02-25 2014-08-27 于君 以梳齿承载和存取车辆的停车设备
CN105863331A (zh) * 2015-01-19 2016-08-17 厦门市华尔曼泊车设备有限公司 一种新型的立体停车装置
CN105863332A (zh) * 2015-01-19 2016-08-17 厦门市华尔曼泊车设备有限公司 一种应用于立体停车的汽车抓取装置
CN106088721A (zh) * 2016-06-07 2016-11-09 上海工程技术大学 一种智能停车系统及存取车方法
CN106382033A (zh) * 2016-10-28 2017-02-08 纽科伦(新乡)起重机有限公司 新型多功能立体车库及其控制方法
CN107386737A (zh) * 2017-07-11 2017-11-24 陕西隆翔停车设备集团有限公司 回转式梳齿升降搬运器、立体停车设备及存取车辆方法
CN107663965A (zh) * 2017-11-02 2018-02-06 山东天辰智能停车股份有限公司 一种梳齿式汽车横向智能搬运器
CN107816236A (zh) * 2017-11-08 2018-03-20 陕西隆翔停车设备集团有限公司 一种应用于智能搬运小车的顶升装置
CN108397014A (zh) * 2018-03-23 2018-08-14 西安交通大学 一种复合交换立体停车设备及自动存车和取车方法
CN108625644A (zh) * 2018-07-16 2018-10-09 合肥学院 一种转动搬运式无避让立体停车库
CN108625637A (zh) * 2018-04-27 2018-10-09 西安交通大学 设在小区行车道上方的空间停车系统及停车取车方法
CN108824896A (zh) * 2018-09-05 2018-11-16 何斌 一种汽车存取装置及新型车库
CN109025433A (zh) * 2018-09-25 2018-12-18 吉林大学 一种基于托举式停车设备的立体车库
CN109989608A (zh) * 2019-04-09 2019-07-09 深圳怡丰自动化科技有限公司 停车转运机构及应用其的自动停车系统
CN110094092A (zh) * 2019-05-31 2019-08-06 攀枝花学院 地下旋转停车库
CN110485780A (zh) * 2019-09-03 2019-11-22 山东天辰智能停车有限公司 具有摆臂式自动平层装置的轿厢类机械停车设备用横移台车
CN112325806A (zh) * 2020-11-05 2021-02-05 湖南天桥利亨停车装备有限公司 梳齿交换机械式立体车库车位平行检测装置及其纠偏方法
CN109989608B (zh) * 2019-04-09 2024-02-20 深圳怡丰自动化科技有限公司 停车转运机构及应用其的自动停车系统

Cited By (26)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN100348827C (zh) * 2005-12-01 2007-11-14 上海交通大学 双层搬运器备份的三车位滚道存放停车设备
CN104005582A (zh) * 2013-02-25 2014-08-27 于君 以梳齿承载和存取车辆的停车设备
WO2014127721A3 (zh) * 2013-02-25 2015-02-26 Yu Jun 以梳齿承载和存取车辆的停车设备
CN105863332B (zh) * 2015-01-19 2018-08-21 厦门市华尔曼泊车设备有限公司 一种应用于立体停车的汽车抓取装置
CN105863331A (zh) * 2015-01-19 2016-08-17 厦门市华尔曼泊车设备有限公司 一种新型的立体停车装置
CN105863332A (zh) * 2015-01-19 2016-08-17 厦门市华尔曼泊车设备有限公司 一种应用于立体停车的汽车抓取装置
CN105863331B (zh) * 2015-01-19 2018-08-21 厦门市华尔曼泊车设备有限公司 一种立体停车装置
CN106088721A (zh) * 2016-06-07 2016-11-09 上海工程技术大学 一种智能停车系统及存取车方法
CN106382033A (zh) * 2016-10-28 2017-02-08 纽科伦(新乡)起重机有限公司 新型多功能立体车库及其控制方法
CN107386737A (zh) * 2017-07-11 2017-11-24 陕西隆翔停车设备集团有限公司 回转式梳齿升降搬运器、立体停车设备及存取车辆方法
CN107386737B (zh) * 2017-07-11 2022-11-25 陕西隆翔停车设备集团有限公司 回转式梳齿升降搬运器、立体停车设备及存取车辆方法
CN107663965A (zh) * 2017-11-02 2018-02-06 山东天辰智能停车股份有限公司 一种梳齿式汽车横向智能搬运器
CN107816236A (zh) * 2017-11-08 2018-03-20 陕西隆翔停车设备集团有限公司 一种应用于智能搬运小车的顶升装置
CN108397014A (zh) * 2018-03-23 2018-08-14 西安交通大学 一种复合交换立体停车设备及自动存车和取车方法
CN108397014B (zh) * 2018-03-23 2020-03-17 西安交通大学 一种复合交换立体停车设备及自动存车和取车方法
CN108625637B (zh) * 2018-04-27 2019-10-15 西安交通大学 设在小区行车道上方的空间停车系统及停车取车方法
CN108625637A (zh) * 2018-04-27 2018-10-09 西安交通大学 设在小区行车道上方的空间停车系统及停车取车方法
CN108625644A (zh) * 2018-07-16 2018-10-09 合肥学院 一种转动搬运式无避让立体停车库
CN108824896A (zh) * 2018-09-05 2018-11-16 何斌 一种汽车存取装置及新型车库
CN109025433A (zh) * 2018-09-25 2018-12-18 吉林大学 一种基于托举式停车设备的立体车库
CN109025433B (zh) * 2018-09-25 2024-02-06 吉林大学 一种基于托举式停车设备的立体车库
CN109989608A (zh) * 2019-04-09 2019-07-09 深圳怡丰自动化科技有限公司 停车转运机构及应用其的自动停车系统
CN109989608B (zh) * 2019-04-09 2024-02-20 深圳怡丰自动化科技有限公司 停车转运机构及应用其的自动停车系统
CN110094092A (zh) * 2019-05-31 2019-08-06 攀枝花学院 地下旋转停车库
CN110485780A (zh) * 2019-09-03 2019-11-22 山东天辰智能停车有限公司 具有摆臂式自动平层装置的轿厢类机械停车设备用横移台车
CN112325806A (zh) * 2020-11-05 2021-02-05 湖南天桥利亨停车装备有限公司 梳齿交换机械式立体车库车位平行检测装置及其纠偏方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2002167999A (ja) 車受渡し装置およびこの車受渡し装置を有する櫛歯式立体駐車設備
EP0887491A1 (en) Vehicle handling system
US4170310A (en) Installation for mechanical storage, particularly for the parking of automotive vehicles
JP3461416B2 (ja) 機械式駐車設備
CN201177983Y (zh) 放射性或危险性物品搬运存储装置
JP4526492B2 (ja) エレベータ式駐車装置およびその横行駆動装置
JP3710212B2 (ja) 3縦列型昇降式駐車装置
JP2577647B2 (ja) 立体機械式駐車設備
JP2631347B2 (ja) 立体格納装置
JPS63251576A (ja) 立体駐車装置
JPH084345A (ja) 機械式立体駐車装置
JPH04343981A (ja) 機械式立体駐車場
JP2003343105A (ja) エレベータ式駐車装置
JP3018371U (ja) 駐車装置のパレット移載機構
JP2942712B2 (ja) 格納システム
JP2002309792A (ja) 昇降式駐車装置
JPH0350866B2 (ja)
JP2001040895A (ja) 格納設備
JPH11324383A (ja) 格納装置
JP4283939B2 (ja) 立体格納場
JP3189078B2 (ja) 機械式駐車設備
JP2972483B2 (ja) 立体駐車装置
JPH06167134A (ja) 駐車装置
JP2597318B2 (ja) 立体格納設備
JPH11350771A (ja) 立体駐車場

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20040422

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20060511

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060516

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060919