JPH08174485A - 型抜成形機のローラ調節装置 - Google Patents

型抜成形機のローラ調節装置

Info

Publication number
JPH08174485A
JPH08174485A JP34078894A JP34078894A JPH08174485A JP H08174485 A JPH08174485 A JP H08174485A JP 34078894 A JP34078894 A JP 34078894A JP 34078894 A JP34078894 A JP 34078894A JP H08174485 A JPH08174485 A JP H08174485A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
metal
eccentric
roll
attached
die
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34078894A
Other languages
English (en)
Inventor
Kohei Miyato
康平 宮藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KUDOO KIKAI KAIHATSU KK
Original Assignee
KUDOO KIKAI KAIHATSU KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KUDOO KIKAI KAIHATSU KK filed Critical KUDOO KIKAI KAIHATSU KK
Priority to JP34078894A priority Critical patent/JPH08174485A/ja
Publication of JPH08174485A publication Critical patent/JPH08174485A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Details Of Cutting Devices (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 厚みがいかなるものでも型抜きできるように
偏心上ロールと固定ロール間の調節を正確で簡単にでき
るとともに、空転時に抜型の刃等が偏心上ロールを傷つ
けないように十分な間隔を持たせれること。 【構成】 本体に抜型を載置する載置台を付設し、この
抜型を挟み移送する固定下ロールとエキセンメタルに偏
心軸支された上ロールとを正逆転駆動可能に軸支し、本
体に設けた角メタル押えに案内摺動する角メタルに上ロ
ールのエキセンメタルを取付け、この両エキセンメタル
のフランジ周囲にギャが刻設され、このギャと噛合うラ
ックが上下動するシリンダのシリンダロッドに連結さ
れ、シリンダと上記角メタルとに、それぞれのウォーム
と噛合うウォームホイールとが、このウォームホイール
の回転でシリンダと角メタルとが同期して上ローラを回
転させずに上下移動するようにネジが刻設されてネジ棒
で螺合されている。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、段ボールシート又はこ
れに類したシート状の紙、或いは合成樹脂製中空板、合
板、金属等を、所要の形状に罫線加工又は並びに打抜く
装置に関するものである。
【0002】
【従来の技術】段ボールシート又はこれに類したシート
状の紙等の打抜く装置として、ロータリカッタにより連
続的に所要の形状に罫線加工や打抜く装置(以下、単に
ロータによる打抜く装置という)と、所要の形状の平板
状の抜型により間欠的に打抜く装置とが知られている。
前者の装置は、連続的に打抜くことができるので、生産
性は高いが、カッターとシート間でスリップが生じ打抜
き精度が低い欠点があり、また、少量多品種の箱等の製
品にはスリッター及びスコアラーの調節が面倒か高価な
制御手段の付加が必要である。一方、後者の装置は、打
抜き精度が高く、刃の製作も簡単で安価であるが、少量
多品種の生産でも型を数多く用意(例えば、刃の高さが
5ミリメートルから35ミリメートルのものに)した
り、変更すればよいが、例えば刃の高さが60ミリメー
トルとすると、シートの厚さや刃の高さを無視して、押
ロールの隙間の調節なしに打抜くと、シートと面接触し
て一度に打抜くため打抜き抵抗がより大きく、そのため
刃を損傷しやすいという欠点がある。また、段ボールの
中芯がダブル波板等になり厚みがある(60ミリメート
ルを越える厚さのもの)ものでは、打抜き精度が極端に
落ちるという欠点がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】そこで、第1に、偏心
上ロールを用いた間欠的に打抜く装置でも被加工物の厚
みがあるものでも正確に型抜き成形でき、どんな厚みの
ものでも偏心上ロールと固定ロール間の調節を被加工物
の厚みに合わせが確実で簡単にすること。第2に、偏心
上ロールを用いた間欠的に打抜く装置でも被加工物の厚
みがあるものでも正確に型抜き成形でき、どんな厚みの
ものでも偏心上ロールと固定ロール間の調節を被加工物
の厚みに合わせが確実で簡単にでき、かつ、空転時に抜
型の刃等が偏心上ロールを傷つけないように十分な間隔
を持たせれること。
【0004】
【課題を解決するための手段】第1に、本体に所要の形
状に打抜く抜型を載置する載置台を付設し、この抜型を
挾み移送する固定下ロールとエキセンメタルに偏心軸支
された上ロールとを正逆転駆動可能に軸支し、本体に設
けた角メタル押えで案内され上下に摺動する角メタルを
設け、この角メタルに上記上ロールのエキセンメタルが
取付けられ、この両エキセンメタルのフランジ周囲にギ
ャが刻設され、このギャと噛合うラックが付設され、こ
のラックの上下動と角メタルとが同期して上ローラを回
転させずに上下移動するようにネジが刻設されているネ
ジ棒でラックと角メタルとが螺合されていることを特徴
とする型抜成形機のローラ調節装置を要旨とし、第2
に、本体に所要の形状に打抜く抜型を載置する載置台を
付設し、この抜型を挟み移送する固定下ロールとエキセ
ンメタルに偏心軸支された上ロールとを正逆転駆動可能
に軸支し、本体に設けた角メタル押えで案内され上下に
摺動する角メタルを設け、この角メタルに上記上ロール
のエキセンメタルが取付けられ、この両エキセンメタル
のフランジ周囲にギャが刻設され、このギャと噛合うラ
ックが付設され、上下動するシリンダのシリンダロッド
に連結されており、このシリンダと角メタルとを上下動
させるそれぞれのウォームと噛合うウォームホイールと
で回動されるネジ棒が設けられ、このウォームホイール
の正逆回転でシリンダと角メタルとが同期して上ローラ
を回転させずに上下移動するように上記シリンダと角メ
タルとにネジが刻設され、かつ上記ネジ棒とで螺合され
ていることを特徴とする型抜成形機のローラ調節装置を
要旨とする。
【0005】
【作用】第1に、エキセンメタルのフランジ周囲にギャ
が刻設され、このギャと噛合うラックが付設され、この
ラックの上下動と角メタルとが同期して偏心上ローラを
回転させずに上下移動するようにネジが刻設されている
ネジ棒でラックと角メタルとが螺合されているので、被
加工物の厚みがどんな厚みでも上下のロールの間隔を合
わせれるし、それでいて、上ローラを回転させずに上下
移動させるので偏心上ロールの回転軸が死点の状態で押
し始めをするので、いかなる厚さに調節してもそのスタ
ート時の状態が変わらないので、シートと上ロールとの
間でスリップすることがなく正確に打抜くことができ
る。また、偏心上ロールと固定ロール間の調節を被加工
物の厚みに合わせるのにモータの正逆駆動のみで正確で
簡単にできる。第2に、第1の作用に加えて、上下動す
るシリンダのシリンダロッドに連結されており、このシ
リンダと上記角メタルとに、それぞれのウォームと噛合
うウォームホイールとが、このウォームホイールの回転
でシリンダと角メタルとが同期して偏心上ローラを回転
させずに上下移動するようにネジが刻設されているネジ
棒で螺合されているので、空転時に間隔が開くようにシ
リンダを動することで抜型の刃等が偏心上ロールを傷つ
けないように十分な間隔を持たせることができる。
【0006】
【実施例】以下、本発明の打抜き装置について、実施例
に基ずいて説明する。図1は、本発明の概略図であり、
本体1に所要の形状に打抜く抜型2を載置する載置台3
を付設し、抜型2を固定の下ロール4と上下移動できる
上ロール5とで挟持移送して、抜くシート6に所要の形
状に罫線加工や打抜き(以下、単に打抜きという)がで
きる。図2に示すように、この上ロール5の上下移動
は、本体1の両サイドフレーム7に角メタル押え8、8
がボルト、溶接等で取付けてある。この両角メタル押え
8、8…に角メタル9,9の突起9a、9aが角メタル
押えの段溝8a、8aで案内され上下に摺動するように
設けてある。この両角メタル9,9にエキセンメタル1
0、10が取付けられ、上記上ロール5がこのエキセン
メタル10、10に対して偏心して軸承し、かつ両エキ
センメタル10、10のフランジ周囲にギャ11、11
が刻設されている。また、このギャ11、11と噛合う
ラック12、12が付設され、このラックは空気圧(油
圧でもよい)シリンダ13、13へのオン・オフで上下
動し偏心上ロール5をと回動できるようにそのシリンダ
ロッド14、14に連結されている。さらに、このシリ
ンダ13、13と上記両角メタル9,9とに、それぞれ
上下に対のギャーボックス15〜15内に上下に対のウ
ォーム16〜16と噛合うウォームホイール17〜17
とが、このウォームホイールの回転でシリンダと角メタ
ルとが同期して上ロールを回転させずに上下移動するよ
うにネジが刻設されている上下に対のネジ棒18〜18
が螺合されている。そして、この同期して駆動させる
に、正逆回転するモータ19、チェーン20等で下のギ
ャーボックス内の対のウォーム16、16を駆動させシ
リンダ13、13を上方へ移動させるとともに、同一の
モータでチェーン21等で上のギャーボックス内の対の
ウォーム16、16を駆動させ角メタル9、9を上方へ
移動させるのである。
【0007】なお、符号22はエキセンメタルの中心で
あり、符号23は上ロールの中心である。この実施例で
は上ロールを偏心ロールについて説明したが、偏心して
いないロールにしてもよい。また、シリンダに圧縮空気
(油圧でもよい)をシリンダの上のホースから供給する
と、図示していないがシリンダ内のピストンが下方へさ
がり、シリンダロッドも追従しラックを下げるので、ラ
ックに噛合うギャ11、11が回転し、偏心上ロールが
回転して、固定ロールとの間に間隔が生じる、この時に
打抜きの終了した抜型を作業位置(図1の状態)へもど
すことで、抜型の刃等で上ロールを傷めることが防げる
のである。なお、図1にて、載置台3を挟んで二人で作
業するようにすれは、シリンダの操作は不要となる。な
お、上記実施例では、打抜き装置について説明したが、
打抜きのみでなく、スリッター及びスコアラー等同様な
包装機械は勿論、金属等の打抜き装置、工作機械等に適
用できる。
【0008】次ぎに、動作について説明すると、所要の
形状に打抜く型2を載置台3に載置し、モータ19を駆
動して載置した打抜く材料の厚さに合わせて押圧する上
ロール5と打抜く型2との間隔を所望の寸法にするに
は、図示していないが正逆転セット押しボタンスイッチ
でコントロールリレー、オートカウンター、ロータリス
イッチ等を介して、抜くシート6の所望の厚みに、偏心
上ロールを回転させずに上ロールの両エキセンメタル1
0を固定ロールに接近或いは離反方向にスライドさせる
ことで調節できる。次いで、図示していないが、上下の
ロールを回転駆動させることで、いかなる厚みの抜きシ
ートでも所要の形状に罫線加工や打抜きが抜型2の刃等
を傷めず、抜きシートを潰すこと無く、正確で簡単な操
作でできる。そして、一人での操作の時には、型2を載
置台3の操作位置へもどす空転時にシリンダを動かして
ラックに噛合うギャ11、11を回転させ、偏心上ロー
ルが回転して、固定ロールとの間に抜型の刃等で上ロー
ルを傷めることのない十分な間隔が生じる、この時に打
抜きの終了した抜型を作業位置(図1の状態)へもどす
のである。
【0009】
【発明の効果】第1に、エキセンメタルのフランジ周囲
にギャが刻設され、このギャと噛合うラックが付設さ
れ、このラックの上下動と角メタルとが同期して上ロー
ラを回転させずに上下移動するようにネジが刻設されて
いるネジ棒でラックと角メタルとが螺合されているの
で、被加工物の厚みがどんな厚みでも上下のロールの間
隔を合わせれるし、それでいて、上ローラを回転させず
に上下移動させるので偏心上ロールの回転軸が死点の状
態で押し始めをするので、いかなる厚さに調節してもそ
のスタート時の状態が変わらないので、シートと上ロー
ルとの間でスリップすることがなく正確に打抜くことが
できる。また、偏心押圧ロールと固定ロール間の調節を
被加工物の厚みに合わせて正確で簡単にすることができ
るとともに、厚さの抜きシートを所要の形状に罫線加工
や打抜きが抜型の刃等を傷めず、抜きシートを潰すこと
無く、正確で簡単な操作でできる。
【0010】第2に、第1の効果に加えて、上下動する
シリンダのシリンダロッドに連結されており、このシリ
ンダと上記角メタルとに、それぞれのウォームと噛合う
ウォームホイールとが、このウォームホイールの回転で
シリンダと角メタルとが同期して上ローラを回転させず
に上下移動するようにネジが刻設されているネジ棒で螺
合されているので、空転時に間隔が開くようにシリンダ
を動することで抜型の刃等が固定ロールを傷つけないよ
うに十分な間隔を持たせることができ、かつ別々の操作
をしないので簡単にでき、かつ安価である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の型抜成形機のローラ調節装置の概略図
である。
【図2】本発明の型抜成形機のローラ調節装置の要部の
拡大図である。
【符号の説明】
1 本体 2 所要の形状に打抜く抜型 3 載置台 4 下ロール 5 上ロール 6 抜くシート 7 両サイドフレーム 8 角メタル押え 9 角メタル 10 エキセンメタル 11 ギャ 12 ラック 13 シリンダ 14 シリンダロッド 15 ギャボックス 16 ウォーム 17 ウォームホイール 18 ネジ棒 19 モータ 20、21 チェーン

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】本体に所要の形状に打抜く抜型を載置する
    載置台を付設し、この抜型を挟み移送する固定下ロール
    とエキセンメタルに偏心軸支された上ロールとを正逆転
    駆動可能に軸支し、本体に設けた角メタル押えで案内さ
    れ上下に摺動する角メタルを設け、この角メタルに上記
    上ロールのエキセンメタルが取付けられ、この両エキセ
    ンメタルのフランジ周囲にギャが刻設され、このギャと
    噛合うラックが付設され、このラックの上下動と角メタ
    ルとが同期して上ローラを回転させずに上下移動するよ
    うにネジが刻設されているネジ棒でラックと角メタルと
    が螺合されていることを特徴とする型抜成形機のローラ
    調節装置。
  2. 【請求項2】本体に所要の形状に打抜く抜型を載置する
    載置台を付設し、この抜型を挟み移送する固定下ロール
    とエキセンメタルに偏心軸支された上ロールとを正逆転
    駆動可能に軸支し、本体に設けた角メタル押えで案内さ
    れ上下に摺動する角メタルを設け、この角メタルに上記
    上ロールのエキセンメタルが取付けられ、この両エキセ
    ンメタルのフランジ周囲にギャが刻設され、このギャと
    噛合うラックが付設され、上下動するシリンダのシリン
    ダロッドに連結されており、このシリンダと角メタルと
    を上下動させるそれぞれのウォームと噛合うウォームホ
    イールとで回動されるネジ棒が設けられ、このウォーム
    ホイールの正逆回転でシリンダと角メタルとが同期して
    上ローラを回転させずに上下移動するように上記シリン
    ダと角メタルとにネジが刻設され、かつ上記ネジ棒とで
    螺合されていることを特徴とする型抜成形機のローラ調
    節装置。
JP34078894A 1994-12-26 1994-12-26 型抜成形機のローラ調節装置 Pending JPH08174485A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34078894A JPH08174485A (ja) 1994-12-26 1994-12-26 型抜成形機のローラ調節装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34078894A JPH08174485A (ja) 1994-12-26 1994-12-26 型抜成形機のローラ調節装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08174485A true JPH08174485A (ja) 1996-07-09

Family

ID=18340305

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34078894A Pending JPH08174485A (ja) 1994-12-26 1994-12-26 型抜成形機のローラ調節装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08174485A (ja)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100433852B1 (ko) * 2001-08-01 2004-06-04 주식회사 명진티에스알 고무 성형공정의 원료 투입 및 성형장치
EP1637300A1 (en) * 2004-09-17 2006-03-22 José Luis Godoy Varo Holding and advancing device, applicable to an apparatus for treating natural cork boards
KR100957202B1 (ko) * 2008-06-18 2010-05-11 주식회사 포스코 냉연강판의 장력 조절장치
CN101941213A (zh) * 2010-09-06 2011-01-12 江苏维达机械有限公司 幅宽切边装置
KR101009433B1 (ko) * 2008-06-30 2011-01-19 주식회사 포스코 냉연강판의 장력 조절장치 및 방법
CN102284821A (zh) * 2011-07-06 2011-12-21 湖北三丰智能输送装备股份有限公司 一种大型构件升降翻转操作平台
CN102862182A (zh) * 2012-09-25 2013-01-09 江苏航天鸿鹏数控机械有限公司 数控降噪材料层切机上工作台同步平移调节系统
CN103586238A (zh) * 2013-11-13 2014-02-19 中国农业大学 一种输棉管道除尘装置
CN104226691A (zh) * 2013-06-24 2014-12-24 上海宝研机械液压技术发展有限公司 齿轮齿条同步机构
CN104440977A (zh) * 2014-12-24 2015-03-25 广东德冠薄膜新材料股份有限公司 薄膜膜卷切边装置
CN104960007A (zh) * 2015-07-02 2015-10-07 济南大学 一种生物冷冻组织切割装置
CN105082379A (zh) * 2015-08-10 2015-11-25 浙江辉弘光电能源有限公司 一种金刚线切割用辅助辊
CN107351145A (zh) * 2017-07-04 2017-11-17 刘养青 一种医药包装袋的易撕口自动切割装置
CN109051908A (zh) * 2018-08-10 2018-12-21 山东中际智能装备有限公司 一种送料压纸辊开合装置
CN109159191A (zh) * 2018-11-06 2019-01-08 安徽瀚洋纸品印刷有限公司 一种纸张上料装置
CN111216055A (zh) * 2020-02-25 2020-06-02 淮北德林机械设备有限公司 一种用于管件加工的机械加工平台
CN113119171A (zh) * 2019-12-30 2021-07-16 苏州优印佳防伪科技有限公司 一种印刷纸张用切纸机

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100433852B1 (ko) * 2001-08-01 2004-06-04 주식회사 명진티에스알 고무 성형공정의 원료 투입 및 성형장치
EP1637300A1 (en) * 2004-09-17 2006-03-22 José Luis Godoy Varo Holding and advancing device, applicable to an apparatus for treating natural cork boards
KR100957202B1 (ko) * 2008-06-18 2010-05-11 주식회사 포스코 냉연강판의 장력 조절장치
KR101009433B1 (ko) * 2008-06-30 2011-01-19 주식회사 포스코 냉연강판의 장력 조절장치 및 방법
CN101941213A (zh) * 2010-09-06 2011-01-12 江苏维达机械有限公司 幅宽切边装置
CN102284821A (zh) * 2011-07-06 2011-12-21 湖北三丰智能输送装备股份有限公司 一种大型构件升降翻转操作平台
CN102862182A (zh) * 2012-09-25 2013-01-09 江苏航天鸿鹏数控机械有限公司 数控降噪材料层切机上工作台同步平移调节系统
CN104226691A (zh) * 2013-06-24 2014-12-24 上海宝研机械液压技术发展有限公司 齿轮齿条同步机构
CN103586238A (zh) * 2013-11-13 2014-02-19 中国农业大学 一种输棉管道除尘装置
CN104440977A (zh) * 2014-12-24 2015-03-25 广东德冠薄膜新材料股份有限公司 薄膜膜卷切边装置
CN104960007A (zh) * 2015-07-02 2015-10-07 济南大学 一种生物冷冻组织切割装置
CN105082379A (zh) * 2015-08-10 2015-11-25 浙江辉弘光电能源有限公司 一种金刚线切割用辅助辊
CN107351145A (zh) * 2017-07-04 2017-11-17 刘养青 一种医药包装袋的易撕口自动切割装置
CN107351145B (zh) * 2017-07-04 2019-03-12 鹤山市诚汇包装有限公司 一种医药包装袋的易撕口自动切割装置
CN109051908A (zh) * 2018-08-10 2018-12-21 山东中际智能装备有限公司 一种送料压纸辊开合装置
CN109159191A (zh) * 2018-11-06 2019-01-08 安徽瀚洋纸品印刷有限公司 一种纸张上料装置
CN113119171A (zh) * 2019-12-30 2021-07-16 苏州优印佳防伪科技有限公司 一种印刷纸张用切纸机
CN111216055A (zh) * 2020-02-25 2020-06-02 淮北德林机械设备有限公司 一种用于管件加工的机械加工平台

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH08174485A (ja) 型抜成形機のローラ調節装置
GB1468975A (en) Slitting and scoring apparatus
JPH07205342A (ja) 紙器平盤打抜機
CN112388731A (zh) 一种全自动高效模切机
JP3013151U (ja) 型抜成形機のローラ調節装置
CA2475250C (en) Apparatus for cutting and nibbling a sheet metal in coil form
CN214724758U (zh) 一种瓦楞纸的可调剪裁装置
CN113954139B (zh) 一种秸秆建筑板材成型裁断机
CN212859771U (zh) 橡胶垫冲切一体机
CN111805618B (zh) 一种应用于薄膜加工的易于调节尺寸的新型模切机
CN207205825U (zh) 汽车中冷器扰流带成形机
JP3013150U (ja) 打抜き装置
CN202241395U (zh) 手动切角器
CN219633920U (zh) 一种全自动模切机用压纸机构
CN220332118U (zh) 纸盒模切压痕一体设备
CN220128904U (zh) 一种可调节模切交底的磷脂片制备模切机
CN206748607U (zh) 全自动模切机
CN220593387U (zh) 一种具有整平功能的双面印刷模切装置
JPH08174497A (ja) 打抜き装置
CN217458160U (zh) 一种异步模切机用拉料结构
CN220840558U (zh) 一种间隙交叉斩型装置
CN220742289U (zh) 一种纸盒生产用裁边机
CN220994724U (zh) 一种可调节间距的模切装置
CN214726813U (zh) 一种纸箱压痕模切机
CN220784153U (zh) 一种模切片材裁切去毛屑装置