JPH08174497A - 打抜き装置 - Google Patents

打抜き装置

Info

Publication number
JPH08174497A
JPH08174497A JP34078794A JP34078794A JPH08174497A JP H08174497 A JPH08174497 A JP H08174497A JP 34078794 A JP34078794 A JP 34078794A JP 34078794 A JP34078794 A JP 34078794A JP H08174497 A JPH08174497 A JP H08174497A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
side plate
bevel gear
punching
mounting table
pressing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34078794A
Other languages
English (en)
Inventor
Kohei Miyato
康平 宮藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
KUDOO KIKAI KAIHATSU KK
Original Assignee
KUDOO KIKAI KAIHATSU KK
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by KUDOO KIKAI KAIHATSU KK filed Critical KUDOO KIKAI KAIHATSU KK
Priority to JP34078794A priority Critical patent/JPH08174497A/ja
Publication of JPH08174497A publication Critical patent/JPH08174497A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Perforating, Stamping-Out Or Severing By Means Other Than Cutting (AREA)

Abstract

(57)【要約】 【目的】 平板状の型によりる打抜く装置でありなが
ら、線接触として抵抗を低くすることで、刃の損傷を少
なくし、型とシート間のスリップを押さえ、さらに、型
抜く材料がどんな厚みにも対応でき、操作も簡単にする
こと。 【構成】 本体に所要の形状に打抜く型を載置する載置
台を付設し、この載置台で案内されるローラ等を設けた
両側板と、少なくとも一方の側板を往復運動させる手段
と、この側板に型を押圧する押圧ローラと、押圧ローラ
を上記側板の往復運動に連動して回動させる手段と、こ
の側板にモータを付設しこの正逆の駆動で押圧ローラを
上下動させる手段とを設けた打抜き装置である。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、段ボールシート又はこ
れに類したシート状の紙、或いは合成樹脂製中空板、合
板等を、所要の形状に罫線加工と打抜く装置に関するも
のである。
【0002】
【従来の技術】段ボールシート又はこれに類したシート
状の紙等の打抜く装置として、ロータリカッタにより連
続的に所要の形状に罫線加工や打抜く装置(以下、単に
ロータによる打抜く装置という)と、所要の形状の平板
状の型により間欠的に打抜く装置とが知られている。前
者の装置は、連続的に打抜くことができるので、生産性
は高いが、カッターとシート間でスリップが生じ打抜き
精度が低い欠点があり、また、少量多品種の箱等の製品
にはスリッター及びスコアラーの調節が面倒か高価な制
御手段の付加が必要である。一方、後者の装置は、打抜
き精度が高く、刃の製作も簡単で安価であるので、少量
多品種の生産でも型を数多く用意したり、変更すればよ
いが、シートと面接触して一度に打抜くため打抜き抵抗
が大きく、そのため刃が損傷しやすいという欠点があ
る。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】そこで、第1に、平板
状の型によりる打抜く装置でありながら、ロータによる
打抜き装置と同じような線接触として抵抗を低くするこ
とで、刃の損傷を少なくし、平板状の型と打抜くロール
とをスリップしないようにすること。第2に、平板状の
型によりる打抜く装置でありながら、ロータによる打抜
き装置と同じような線接触として抵抗を低くすること
で、刃の損傷を少なくし、平板状の型と打抜くロールと
をスリップしないようにより正確に連動させること。第
3に、第2の目的に加えて、型抜く材料がどんな厚みに
も対応できること。第4に、第3の目的に加えて、より
正確な厚み調整ができるとともに、側板の駆動と押圧ロ
ーラの回動手段とを連動させ兼用することで操作を簡単
にすること。
【0004】
【課題を解決するための手段】第1に、本体に所要の形
状に打抜く型を載置する載置台を付設し、この載置台で
案内されるローラ等を設けた両側板と、少なくとも一方
の側板を往復運動させる手段と、この側板にシートを型
に押圧する押圧ローラとを設けたことを特徴とする打抜
き装置を要旨とし、第2に、本体に所要の形状に打抜く
型を載置する載置台を付設し、この載置台で案内される
ローラ等を設けた両側板と、少なくとも一方の側板を往
復運動させる手段と、この側板にシートを型に押圧する
押圧ローラとを設け、押圧ローラを上記側板の往復運動
に連動して回動させたことを特徴とする打抜き装置を要
旨とし、第3に、本体に所要の形状に打抜く型を載置す
る載置台を付設し、この載置台で案内されるローラ等を
設けた両側板と、少なくとも一方の側板を往復運動させ
る手段と、この側板にシートを型に押圧する押圧ローラ
と、押圧ローラを上記側板の往復運動に連動して回動さ
せる手段と、この側板にモータを付設しこの回転で押圧
ローラを上下動させる手段とを設けたことを特徴とする
打抜き装置を要旨とし、第4に、本体に所要の形状に打
抜く型を載置する載置台を付設し、この載置台で案内さ
れるローラ等を設けた両側板と、少なくとも一方の側板
を往復運動させる手段と、この側板にシートを型に押圧
する押圧ローラと、この側板にモータを付設しこの正逆
回転でネジ軸が正逆して押圧ローラの軸受け部材を上下
動させる手段と、上記側板を往復運動させることにより
載置台に付設したラックに噛合うピニオンで側板に設け
た歯車を回転させ、この歯車に噛合う歯車の軸に設けた
ベベル歯車と、このベベル歯車と噛合うベベル歯車と、
このベベル歯車の軸をスプライン軸又はキー軸とし、こ
の軸にスライドするベベル歯車と、このベベル歯車で回
動される押圧ローラとを設けたことを特徴とする打抜き
装置を要旨とする。
【0005】
【作用】第1に、平板状の型の上を押圧ロールを動かし
たので、刃がシートに部分的な線接触とし打抜き、抵抗
を低くすることができ、刃の損傷が少なくなり、載置台
が案内として側板を往復運動させて押圧ロールをその上
で回動させたので正確に打抜くことができ、型とシート
間とのスリップも少なく押さえれる。第2に、平板状の
型の上を押圧ロールを動かしたので、刃がシートに部分
的な線接触とし打抜き、抵抗を低くすることができ、刃
の損傷が少なくなり、載置台が案内として側板を往復運
動させ、これに連動して押圧ロールをその上で回動させ
たので正確に連動させることができ、型とシート間との
スリップをより少なく押さえれる。第3に、第2の作用
に加えて、押圧ロールを上下に調整できるので、打抜く
材料がどんな厚みにも対応できる。第4に、第3の作用
に加えて、側板の移動で押圧ロールの回動をさせるの
で、より正確な厚み調整ができるとともに、側板の駆動
と押圧ローラの回動手段とを連動させ兼用することによ
り正確に操作ができ、かつ別々の操作をしないので簡単
にできる。
【0006】
【実施例】以下、本発明の打抜き装置について、実施例
に基ずいて説明する。図1は、本発明の概略図であり、
本体1にシートaを所要の形状に打抜く型2を載置する
載置台3を付設し、この載置台3の上下で案内される少
なくとも一対のローラ4、4を設けた両側板5、6と、
図示のように一対のローラ4、4を間隔をあけて二組も
うけてもよいし、図示していないが、載置台3に溝を設
け、この溝内を摺動するローラにしたり、載置台3と側
板5、6とを蟻溝とでスライドさせたり、載置台3にガ
イドレルを付設し側板をスライドさせる、等の構造であ
る。また、この一方或いは両方の側板5、6を往復運動
させる手段として、図示していないが、モータの正逆回
転とそのスプロケットに係合させるチェーン22や、ベ
ルトとプーリ等で側板5、6を載置台3に対して往復運
動させる。図2に示すように、この側板に上記型を押圧
する押圧ローラ7を付設し、この一方の側板6にモータ
8を付設し、このモータ8の正逆回転でネジ軸9が正逆
し、このネジ軸9に螺合する歯車12でネジ軸10を正
逆回転させ、この正逆回転するネジ軸10のにネジに螺
合して軸受け部材11が上下して所望の厚さのシートに
対応できる、この軸受け部材11に軸受けを介して押圧
ローラ7が設けてある。また、押圧ローラ7を打抜く型
に接触しない高さの位置までモータ8を駆動させて上昇
させれる。
【0007】載置台3に対して上記側板6を往復運動さ
せることにより、この載置台3の裏面に付設したラック
13に噛合うピニオン14で側板に設けた歯車15を回
転させられ、この歯車15に噛合う歯車16の軸に設け
たベベル歯車17と、このベベル歯車17と噛合うベベ
ル歯車18と、このベベル歯車の軸をスプライン軸又は
キー軸19とし、このスプライン軸又はキー軸19にス
ライドするベベル歯車20と、このベベル歯車20と噛
合うベベル歯車21で回動される押圧ローラ7が設けら
れている。なお、図示していないが、側板5に上下方向
のスリットを設け、このスリット内で載置台3へ付勢さ
れた軸受け部材を設けて押圧ローラ7を軸承させるか、
或いは上記のように載置台3の裏面に付設したラック1
3に噛合うピニオンで側板に設けた歯車を回転させ、こ
の歯車に噛合う歯車の軸に設けたベベル歯車と、このベ
ベル歯車と噛合うベベル歯車と、このベベル歯車の軸を
スプライン軸又はキー軸とし、このスプライン軸又はキ
ー軸にスライドするベベル歯車と、このベベル歯車と噛
合うベベル歯車で回動される押圧ローラとしてもよい。
また、スプライン軸又はキー軸にスライドするベベル歯
車20は、常時ベベル歯車21と噛合うように、ベベル
歯車18とベベル歯車20との間に圧縮スプリング等で
ベベル歯車20をベベル歯車21へ付勢させておき、押
圧ローラを空転させたい時に付勢を解除させるか、又は
ベベル歯車20が、押圧ローラの空転位置に上昇させな
いように、ストッパーをスプライン軸又はキー軸に設け
るか或いは空転部位のスプライン軸又はキー軸でなくベ
ベル歯車20が空転する軸としてもよいし、さらには、
押圧ローラ7を打抜く型に接触しない高さの位置で回転
状態にしてもよいことは勿論である。なお、上記実施例
では、打抜き装置について説明したが、打抜きのみでな
く、スリッター及びスコアラー等同様な包装機械は勿
論、金属等の打抜き装置、工作機械等に適用できる。
【0008】次ぎに、動作について説明すると、所要の
形状に打抜くシートを型に載置し、これを載置台に載置
し、図示していない側板の駆動モータを駆動させ、両側
板を載置台上で往復運動させることで、押圧ローラが順
次線接触しながら進み、段ボールシート等を所要の形状
に打抜くのである。そして、載置台に二人の作業人が対
峙して、側板の往復移動に合わせて交互にシートを打抜
き型にセットするだけで、所要の形状に打抜かれ、新た
なシートと交換することができる。また、側板のモータ
を駆動して載置した打抜く材料の厚さに合わせて押圧ロ
ーラと打抜く型との間隔を所望の寸法にセットすること
で、いかなる厚さのものにも対応できる。さらに、一人
で作業をする場合は、打抜きの空転時に押圧ローラを打
抜く型に接触しない位置までモータを駆動して軸受け部
材を上昇させればよい。
【0009】
【発明の効果】第1に、平板状の型の上を押圧ロールを
動かしたので、刃がシートに部分的な線接触とし打抜
き、抵抗を低くすることができ、刃の損傷が少なくな
り、載置台が案内として側板を往復運動させて押圧ロー
ルをその上で動かしたで正確に動かせることができ、型
とシート間とのスリップを少なく押さえれるので正確な
打抜き等ができる。第2に、第1の効果に加えて、載置
台が案内として側板を往復運動させ、この往復運動に連
動して押圧ロールをその上で回動させたのでより正確に
動かせることができ、型とシート間とのスリップをより
少なく押さえれるのでより正確な打抜き等ができる。
【0010】第3に、第2の効果に加えて、打抜くロー
ルを上下に調整できるので、型抜く材料がどんな厚みに
も対応できるし、その操作もモータの正逆転させるだけ
なので簡単に熟練を必要としない。また、作業者が前後
で段ボールの出入れをすることで能率の向上にも役立つ
し、又は一人で作業もできるものである。第4に、第3
の効果に加えて、平板状の型の移動で打抜くロールの駆
動をするので、より正確な厚み調整ができるとともに、
側板の駆動と押圧ローラの回動手段とを兼用し連動させ
より正確に操作ができ、かつ別々の操作をしないので簡
単にでき、かつ安価に提供できる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の打抜き装置の概略図である。
【図2】本発明の打抜き装置の要部の拡大図である。
【符号の説明】
1 本体 2 所要の形状に打抜く型 3 載置台 4 ローラ 5、6 側板 7 押圧ローラ 8 正逆回転するモータ 12 歯車 13 ラック 14 ピニオン 15、17 歯車 17、18、20、21 ベベル歯車 19 スプライン軸 22 チェーン

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】本体に所要の形状に打抜く型を載置する載
    置台を付設し、この載置台で案内されるローラ等を設け
    た両側板と、少なくとも一方の側板を往復運動させる手
    段と、この側板にシートを型に押圧する押圧ローラとを
    設けたことを特徴とする打抜き装置。
  2. 【請求項2】本体に所要の形状に打抜く型を載置する載
    置台を付設し、この載置台で案内されるローラ等を設け
    た両側板と、少なくとも一方の側板を往復運動させる手
    段と、この側板にシートを型に押圧する押圧ローラとを
    設け、押圧ローラを上記側板の往復運動に連動して回動
    させたことを特徴とする打抜き装置。
  3. 【請求項3】本体に所要の形状に打抜く型を載置する載
    置台を付設し、この載置台で案内されるローラ等を設け
    た両側板と、少なくとも一方の側板を往復運動させる手
    段と、この側板にシートを型に押圧する押圧ローラと、
    押圧ローラを上記側板の往復運動に連動して回動させる
    手段と、この側板にモータを付設しこの回転で押圧ロー
    ラを上下動させる手段とを設けたことを特徴とする打抜
    き装置。
  4. 【請求項4】本体に所要の形状に打抜く型を載置する載
    置台を付設し、この載置台で案内されるローラ等を設け
    た両側板と、少なくとも一方の側板を往復運動させる手
    段と、この側板にシートを型に押圧する押圧ローラと、
    この側板にモータを付設しこの正逆回転でネジ軸が正逆
    して押圧ローラの軸受け部材を上下動させる手段と、上
    記側板を往復運動させることにより載置台に付設したラ
    ックに噛合うピニオンで側板に設けた歯車を回転させ、
    この歯車に噛合う歯車の軸に設けたベベル歯車と、この
    ベベル歯車と噛合うベベル歯車と、このベベル歯車の軸
    をスプライン軸又はキー軸とし、この軸にスライドする
    ベベル歯車と、このベベル歯車で回動される押圧ローラ
    とを設けたことを特徴とする打抜き装置。
JP34078794A 1994-12-26 1994-12-26 打抜き装置 Pending JPH08174497A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34078794A JPH08174497A (ja) 1994-12-26 1994-12-26 打抜き装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34078794A JPH08174497A (ja) 1994-12-26 1994-12-26 打抜き装置

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08174497A true JPH08174497A (ja) 1996-07-09

Family

ID=18340296

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34078794A Pending JPH08174497A (ja) 1994-12-26 1994-12-26 打抜き装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08174497A (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104441053A (zh) * 2014-11-06 2015-03-25 东莞创先新材料科技有限公司 设置可调切断刀装置的oca光学胶冲切机

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104441053A (zh) * 2014-11-06 2015-03-25 东莞创先新材料科技有限公司 设置可调切断刀装置的oca光学胶冲切机

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN210100143U (zh) 一种纸板模切机
JPH08174485A (ja) 型抜成形機のローラ調節装置
CN101575797B (zh) 半自动双刀伞面压裁机
CN208854685U (zh) 一种高精度裁切机切刀
CN108527519B (zh) 一种纸板圆压圆模切机及其模切工艺
US6899003B1 (en) Rotary cutting machine for corrugated cardboard plate
CN211541399U (zh) 一种模切压印一体机
JP3013150U (ja) 打抜き装置
JPH08174497A (ja) 打抜き装置
US2751003A (en) Sheet feeder
US3788179A (en) Cutting press
CN212859771U (zh) 橡胶垫冲切一体机
CN211104886U (zh) 一种石膏板切边机
CN212352243U (zh) 剪板机
JP3013151U (ja) 型抜成形機のローラ調節装置
CN212193328U (zh) 一种净化滤网生产用分切装置
CN209970951U (zh) 一种模切机
KR20200013186A (ko) 로터리 방식 마그네틱 실린더에 플렉서블 블레이드가 장착된 톰슨장치
CN220593387U (zh) 一种具有整平功能的双面印刷模切装置
JP4524836B2 (ja) 裁断機
CN217346765U (zh) 一种口罩机的热压装置
CN217258381U (zh) 一种带有切断结构的覆膜机
CN207953967U (zh) 自动送料冲切机
CN218699239U (zh) 一种裁切装置
CN220784153U (zh) 一种模切片材裁切去毛屑装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20040517

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040622

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20041026