JPH0746652Y2 - プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁 - Google Patents

プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁

Info

Publication number
JPH0746652Y2
JPH0746652Y2 JP1989041706U JP4170689U JPH0746652Y2 JP H0746652 Y2 JPH0746652 Y2 JP H0746652Y2 JP 1989041706 U JP1989041706 U JP 1989041706U JP 4170689 U JP4170689 U JP 4170689U JP H0746652 Y2 JPH0746652 Y2 JP H0746652Y2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
reinforced concrete
steel frame
concrete
precast
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP1989041706U
Other languages
English (en)
Other versions
JPH02134117U (ja
Inventor
勝 石井
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP1989041706U priority Critical patent/JPH0746652Y2/ja
Publication of JPH02134117U publication Critical patent/JPH02134117U/ja
Application granted granted Critical
Publication of JPH0746652Y2 publication Critical patent/JPH0746652Y2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Description

【考案の詳細な説明】 (産業上の利用分野) 本考案はプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁に係るも
のである。
(従来の技術) 従来のプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁はH型の梁
鉄骨に、工場等でコンクリートを部分的に巻きつけたも
のであって、現場での型枠工事、コンクリート打設工事
の一部省略を目的としている。
第3図は前記従来のプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート
梁を示し、曲げ及び剪断応力を負担するH型の鉄骨梁
(a)と、剪断応力を負担するスターラツプ(b)とを
内蔵し、同スターラツプ(b)は梁下端に配設された受
け筋(c)を介して前記鉄骨梁(a)を囲繞するように
配筋され、これらを一体化するようにコンクリート
(d)を工場で打設して構成されている。
このようにして構成されたプレキヤスト鉄骨鉄筋コンク
リート梁は第4図に示すように、現場で建方を行ったの
ち上端鉄筋(e)を配筋し、残りのコンクリート部
(f)を後打ちして完全な梁を構成するものである。
(考案が解決しようとする課題) 前記従来のプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁におい
ては、下端の鉄筋はスターラツプの受け筋として利用さ
れるだけであって、曲げ応力を鉄骨だけに負担させてい
たので鉄骨量が多くなり、またコンクリート部分に生起
したひび割れを鉄骨だけで制御することは困難であっ
た。
本考案は前記従来技術の有する問題点に鑑みて提案され
たもので、その目的とする処は、鉄骨量が節減され、コ
ンクリート部のひび割れが有効に防止された構造的に信
頼性の高いプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁を提供
する点にある。
(課題を解決するための手段) 前記の問題点を解決するため、本考案に係るプレキヤス
ト鉄骨鉄筋コンクリート梁は、梁鉄骨の両端部にハンチ
を設け、同両ハンチ間に挟まれた前記梁鉄骨の中央部下
部フランジの下面に下端梁筋を配設するとともに、同下
端梁筋と前記梁鉄骨を囲繞する肋筋を配設して構成され
ている。
(作用) 本考案に係るプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁は前
記したように、同梁に内蔵される梁鉄骨の両端にハンチ
が設けられたことによって、同両ハンチ間に挟まれた梁
鉄骨の中央部における下部フランジと、梁外面との間に
十分な間隙部が形成され、同間隙部に下端梁筋が配筋さ
れ十分にコンクリートが充填され、同下端梁筋にも応力
が負担できるようになる。
この結果、従来梁鉄骨がすべて負担していた応力を一部
下端梁筋が負担するので、ハンチ付きの梁鉄骨が梁中央
部において従来の梁鉄骨より梁成が減少することと相俟
って、鉄骨量が軽減する。またコンクリート部分に生じ
るひび割れに対しても前記下端梁筋が有効に働き、ひび
割れの防止が可能となる。また同下端梁筋は前記梁鉄骨
と協動して曲げ応力に抵抗することによって、本考案に
係るプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁は曲げ応力に
対しても耐力が増大する。
(実施例) 以下本考案を図示の実施例について説明する。
(1)はプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁(A)に
内蔵されたH型断面の梁鉄骨で、その長手方向の両端部
にハンチ(2)が設けられ、前記梁鉄骨(A)における
両ハンチ(2)(2)によって形成された段差部間に挟
まれた中央部分と梁外面との間に十分な間隙tが形成さ
れる。
同間隙には所要量の下端梁筋(3)が配筋され、更に同
下端梁筋(3)と前記梁鉄骨(1)とを囲繞する肋筋
(4)が配筋され、同肋筋(4)の端部は梁コンクリー
ト(5)の頂面より突設されている。
なお前記梁鉄骨(1)における中央部フランジと梁外面
との間隙tは、十分にコンクリートが充填され、同間隙
内の鉄筋にも応力が負担できるように、十分に大きくと
られるものである。
図示の実施例は前記したように構成されているので、従
来のプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリートにおいて鉄骨が
全て負担していた応力の一部を、梁鉄骨(1)の下部に
配設された前記下端梁筋(3)が負担することによっ
て、曲げ応力に対する耐力が増大するとともに、鉄骨量
が節減され、またコンクリート部分に生じるひび割れに
も、下端梁筋(3)が有効に働き、ひび割れの防止が可
能となる。
(考案の効果) このように本考案に係るプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリ
ート梁は、梁鉄骨の両端部にハンチを設け、同両ハンチ
に挟まれた梁鉄骨の中央部の梁成を減少して、同梁鉄骨
の下部フランジと梁外面との間に十分な間隙を設け、同
間隙部に対するコンクリートの充填性を良好ならしめる
ことにより、同部に密実なコンクリートを打設するとと
もに、同部に下端梁筋を配筋することによって、従来梁
鉄骨が負担していた応力を、一部前記下端梁筋が負担す
るようにし、かくして梁鉄骨にハンチ部を設けて梁中央
部の梁成を減少したことと相俟って鉄骨量を節減し、経
済的な設計を可能ならしめるものである。
また前記下端梁筋が梁鉄骨と協動して曲げ応力に対抗す
ることによって、曲げ応力に対するプレキヤスト鉄骨鉄
筋コンクリート梁の耐力が増強され、更に前記下端梁筋
はコンクリート部に生じるひび割れに対しても有効に働
き、ひび割れの発生が防止されるものである。
【図面の簡単な説明】
第1図は本考案に係るプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリー
ト梁の一実施例を示す縦断面図で、第2図の矢視I-I
図、第2図はその縦断側面図で、第1図の矢視II-II
図、第3図は従来のプレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート
梁の縦断側面図、第4図は同梁に後打ちコンクリートを
打設した状態を示す縦断側面図である。 (1)……梁鉄骨、(2)……ハンチ、(3)……下端
梁筋、(4)……肋筋、(5)……コンクリート。

Claims (1)

    【実用新案登録請求の範囲】
  1. 【請求項1】梁鉄骨の両端部にハンチを設け、同両ハン
    チ間に挟まれた前記梁鉄骨の中央部下部フランジの下面
    に下端梁筋を配設するとともに、同下端梁筋と前記梁鉄
    骨を囲繞する肋筋を配設してなることを特徴とするプレ
    キヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁。
JP1989041706U 1989-04-11 1989-04-11 プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁 Expired - Lifetime JPH0746652Y2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1989041706U JPH0746652Y2 (ja) 1989-04-11 1989-04-11 プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP1989041706U JPH0746652Y2 (ja) 1989-04-11 1989-04-11 プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH02134117U JPH02134117U (ja) 1990-11-07
JPH0746652Y2 true JPH0746652Y2 (ja) 1995-10-25

Family

ID=31552605

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP1989041706U Expired - Lifetime JPH0746652Y2 (ja) 1989-04-11 1989-04-11 プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0746652Y2 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0768742B2 (ja) * 1991-05-09 1995-07-26 鹿島建設株式会社 鉄骨鉄筋プレキャストコンクリート梁

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6033981A (ja) * 1983-08-03 1985-02-21 株式会社中野建築研究所 梁構築法
JPS61134454A (ja) * 1984-12-04 1986-06-21 株式会社竹中工務店 鉄骨鉄筋コンクリ−ト造建物の無支保工化工法
JPH0520817Y2 (ja) * 1985-04-05 1993-05-28

Also Published As

Publication number Publication date
JPH02134117U (ja) 1990-11-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2535722B2 (ja) 鉄筋コンクリ―ト柱と鉄骨梁との連結構造及び建築物構築方法
JPH0746652Y2 (ja) プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁
JPH04222742A (ja) 複合梁
JPH05287801A (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造
JPH06272311A (ja) プレキャストコンクリート柱と鉄骨梁との接合構法
JPH0123614B2 (ja)
JPS6312987B2 (ja)
JPH1150538A (ja) 建築物およびその施工方法
JPH0736962Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JPH079921Y2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JP2917159B2 (ja) 柱、梁の接合方法
JPH0326738B2 (ja)
JP2729132B2 (ja) 柱とプレキャストコンクリート梁の接合方法
JP2592224Y2 (ja) Rc造梁と鉄骨構造体との接合部の構造
JPH076252Y2 (ja) Pc小梁と大梁との接合構造
JP2554499Y2 (ja) プレキャストコンクリート製柱部材
JPH0781355B2 (ja) プレキャストコンクリート大梁を用いたジョイストスラブの架構工法
JP2544966Y2 (ja) プレキヤストコンクリート柱、梁主筋の接合構造
JPH02236328A (ja) 超高層建物の構築方法
JPS5830459B2 (ja) プレキヤスト鉄筋コンクリ−ト造構造物の構築方法
JPH10227011A (ja) 橋梁床版用の主鉄筋付き鋼製型枠及びそれを用いた橋梁の床版施工法
JPS6335773B2 (ja)
JPH07229203A (ja) プレキャスト鉄筋コンクリートの接合部
JPH0213692B2 (ja)
JPH05171682A (ja) Rc構造物の柱・梁接合部構造