JPH0123614B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0123614B2
JPH0123614B2 JP7307183A JP7307183A JPH0123614B2 JP H0123614 B2 JPH0123614 B2 JP H0123614B2 JP 7307183 A JP7307183 A JP 7307183A JP 7307183 A JP7307183 A JP 7307183A JP H0123614 B2 JPH0123614 B2 JP H0123614B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wall
formwork
column
concrete
board
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired
Application number
JP7307183A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS59199933A (ja
Inventor
Tsuguhiko Yoshino
Hideo Yanagisawa
Nobuo Yoshuki
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP7307183A priority Critical patent/JPS59199933A/ja
Publication of JPS59199933A publication Critical patent/JPS59199933A/ja
Publication of JPH0123614B2 publication Critical patent/JPH0123614B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】 ラーメンプレハブ工法においては、耐震壁が場
所打ちコンクリートによつて施工されている場合
が多い。従つて外周に耐震壁が配置されている場
合、型枠、鉄筋のための仮設工事が必要であつ
た。
また最近外壁工事において、オムニア版と称す
る薄肉コンクリート板に埋設された鉄筋の一部を
板面より突出せしめた型枠兼用PC板を型枠とし
てコンクリートを打設し、オムニア版に配設され
た前記鉄筋を介して同版と打設コンクリートとを
一体化する無足場工法が行なわれつつある。
しかしながら鉄筋コンクリート造建物の耐震壁
に前記工法を適用する場合、コンクリート打設完
了まで仮設の斜めサポートでオムニア版を支持す
る必要があるため、耐震壁の鉄筋工事、内型枠の
取付等が煩雑であつた。
本発明はこのような欠点を除去するために提案
されたもので、断面の一部が材軸方向に亘つて
略々壁厚分欠截されたPC柱及びPC梁を所定位置
にセツトし、同PC柱及びPC梁の欠截面に対向し
て薄肉コンクリート板に埋設された鉄筋を同板面
より突出してなる型枠兼用薄肉PC壁板を配設す
るとともに、同PC壁板に内型枠を対設したのち、
同内型枠及び前記PC柱並にPC梁と前記PC壁板
との間にコンクリートを打設して耐震壁を施工す
ることを特徴とする構造物の構築方法に係るもの
である。
本発明においては前記したように、PC柱及び
PC梁が、その断面の一部が材軸方向に略々壁厚
分欠截された半製品より構成され、同PC柱及び
PC梁の欠截面に、薄肉コンクリート板に埋設さ
れた鉄筋を同板面より突出させてなる型枠兼用
PC壁板を対設して、同PC壁板と前記PC柱、PC
梁及び内側型枠との間にコンクリートを打設して
耐震壁を施工するようにしたので、同耐震壁とそ
の周辺フレームを形成する前記PC柱及びPC梁と
の一体性が向上され、構造的に信頼度の高い構造
物が構成される。また前記型枠兼用PC壁板は直
接PC柱及びPC梁に取付けられるので、仮設用の
斜めサポートが不用となり、作業性、安全性が向
上する。更に型枠工事は内型枠だけであるため、
外周足場が不要となる。更にまたラーメンプレハ
プ工法の場合、フレームと後打ち壁との間に打継
ぎができるため、打継ぎ部の後処理が必要であつ
たが、本発明の方法によれば型枠兼用PC壁板同
志の目地だけであるので、目地処理が簡単であ
り、また意匠的にも優れている等、本発明は多く
の利点を有するものである。
以下本発明を図示の実施例について説明する。
第1図はPC柱1を示し、その外側面が略々壁
厚分欠截され、同欠截面1a及び柱頭より夫々フ
ープ筋2並に柱主筋3が突設されている。
1′はPCコーナ柱で、互いに直交する両外側面
が略々壁厚分欠截され、同各欠截面1′b,1′c
及び柱頭より夫々フープ筋2並に柱主筋3が突設
されている。
4はPC梁で、その一側面が略々壁厚分欠截さ
れ、同欠截面4a及び略々スラブ厚分欠截された
頂部欠截面4bに亘つて肋筋5の一側部が突出さ
れ、また頂部欠截面4bから肋筋5の他側部上端
が突設されている。更に梁端面からは梁下端筋6
が突設されている。
7は型枠兼用PC壁板で、薄肉コンクリート板
8に埋設された立体トラス鉄筋9が板面より突設
されている。
而して本方法においては前記PC柱1PCコーナ
柱1′及びPC梁4を所定位置にセツトし、PC柱
1の欠截面1a、PC梁4の欠截面4aに対向し
て型枠兼用PC壁板7を取付け、PCコーナ柱1′
の欠截面1′b,1′cに対向してL型の型枠兼用
PC壁板7′を取付け、内型枠(図示せず)を配設
するとともに壁筋10を配設したのち、同内型枠
及び前記PC柱1、PCコーナ柱1′並にPC梁4の
欠截面と型枠兼用PC壁板7,7′との間にコンク
リート11を打設し、前記各梁、柱と一体化され
た耐震壁12を施工するものである。
なお従来出隅は第7図に示すように一側面の欠
截されたPC柱aの両側に場所打ち耐震壁b,
b′を連設していたが、PC柱aにおける欠截面
a′と反対面と耐震壁b′との接合部に防水の手間が
必要であつたが、本方法によれば直交する2側面
の欠截されたPCコーナ柱1′を配置して、その両
欠截面1′b,1′cに対向するL型の型枠兼用
PC壁板7′を配設することによつて、前記従来方
法の欠点を解決しうるものである。
なお図中13はPC床板、14は梁上端筋、1
5はPC梁4上の打設コンクリートである。
なお第8図は前記型枠兼用PC壁版7を示し、
所定位置毎にナツト16が埋設され、相隣る型枠
兼用PC壁版7,7間に接合金物17を取付け、
同金物17に挿貫したボルト18を前記ナツト1
6に螺着して前記型枠兼用PC壁版7を連結し、
これをPC柱1PC梁4に対して所定位置にセツト
し、そのフープ及びスターラツプと前記金物17
とに亘つて添筋19を溶接して前記型枠兼用PC
壁版7をPC柱1、PC梁4に取付けるものであ
る。
以上本発明を実施例について説明したが、本発
明は勿論このような実施例にだけ局限されるもの
ではなく、本発明の精神を逸脱しない範囲内で
種々の設計の改変を施しうるものである。
【図面の簡単な説明】
第1図、第2図、第3図及び第4図は夫々PC
柱、PCコーナ柱、PC梁及び型枠兼用PC壁板の
斜面図、第5図及び第6図は夫々本発明の方法の
一実施例によつて構築された構造物の要部を示す
横断平面図並に縦断面図、第7図は従来の方法に
よつて構築された出隅部分の横断平面図、第8図
は型枠兼用PC壁板の斜面図、第9図はその接合
部の側面図、第10図はそのPC柱、梁に対する
取付部を示す側面図である。 1……PC柱、1a……欠截面、1′……PCコ
ーナ柱、1′b,1′c……欠截面、4……PC梁、
4a……欠截面、7……型枠兼用PC壁板、8…
…コンクリート板、9……立体トラス筋、11…
…コンクリート、12……耐震壁。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 1 断面の一部が材軸方向に亘つて略々壁厚分欠
    截されたPC柱及びPC梁を所定位置にセツトし、
    同PC柱及びPC梁の欠截面に対向して薄肉コンク
    リート板に埋設された鉄筋を同板面より突出して
    なる型枠兼用薄肉PC壁板を配設するとともに、
    同PC壁板に内型枠を対設したのち、同内型枠及
    び前記PC柱並にPC梁と前記PC壁板との間にコ
    ンクリートを打設して耐震壁を施工することを特
    徴とする構造物の構築方法。
JP7307183A 1983-04-27 1983-04-27 構造物の構築方法 Granted JPS59199933A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7307183A JPS59199933A (ja) 1983-04-27 1983-04-27 構造物の構築方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7307183A JPS59199933A (ja) 1983-04-27 1983-04-27 構造物の構築方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS59199933A JPS59199933A (ja) 1984-11-13
JPH0123614B2 true JPH0123614B2 (ja) 1989-05-08

Family

ID=13507729

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7307183A Granted JPS59199933A (ja) 1983-04-27 1983-04-27 構造物の構築方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS59199933A (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6268946A (ja) * 1985-09-24 1987-03-30 株式会社フジタ 梁構築工法
JPS62194349A (ja) * 1986-02-19 1987-08-26 株式会社フジタ 建造物における壁施工法
JPH0736974Y2 (ja) * 1987-12-18 1995-08-23 鹿島建設株式会社 薄肉プレキャストコンクリート板
JP2688471B2 (ja) * 1993-10-22 1997-12-10 鹿島建設株式会社 薄肉プレキャストコンクリート板を用いた壁の構築方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS59199933A (ja) 1984-11-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH0123614B2 (ja)
JPH0348977B2 (ja)
JPH02300439A (ja) プレハブ工法
JPH04222742A (ja) 複合梁
JP2758208B2 (ja) 柱と鉄骨鉄筋コンクリート梁との接合工法
JPH1150538A (ja) 建築物およびその施工方法
JP4011137B2 (ja) 柱・梁の接合構造および方法
JP2643641B2 (ja) Pc製部材を使用した躯体構築方法
JPH08144425A (ja) 混合構造物のプレハブ部材及び混合構造物の構築方法
JPH0340176B2 (ja)
JPH044091Y2 (ja)
JPH0375704B2 (ja)
JPS5925931Y2 (ja) π形鋼を用いた合成桁
JPH0266246A (ja) 立体トラス付き断熱コンクリート及びその造成方法
JPH07139054A (ja) プレキャストコンクリート壁版の接合方法
JPS6232303B2 (ja)
JPS6262213B2 (ja)
JPS5940984B2 (ja) プレキャストコンクリ−ト壁板と柱体および梁部との接合工法
JPS5830459B2 (ja) プレキヤスト鉄筋コンクリ−ト造構造物の構築方法
JPH0746652Y2 (ja) プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁
JPH07207754A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JPS6335773B2 (ja)
JPH02171441A (ja) 建築物の梁の構造
JP3312945B2 (ja) コンクリート構造体の構築方法
JPH0688393A (ja) フラットプレート構造