JPH05287801A - プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造 - Google Patents

プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造

Info

Publication number
JPH05287801A
JPH05287801A JP8725692A JP8725692A JPH05287801A JP H05287801 A JPH05287801 A JP H05287801A JP 8725692 A JP8725692 A JP 8725692A JP 8725692 A JP8725692 A JP 8725692A JP H05287801 A JPH05287801 A JP H05287801A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
plastic hinge
column
frame structure
precast
joint section
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP8725692A
Other languages
English (en)
Inventor
Masaru Teraoka
勝 寺岡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP8725692A priority Critical patent/JPH05287801A/ja
Publication of JPH05287801A publication Critical patent/JPH05287801A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】 プレキャスト鉄筋コンクリート造ラーメン構
造における柱梁接域廻りに梁機構形成時の層のせん断力
を高め梁をプレキャスト化する範囲を拡大し、接合部の
せん断破壊を防止し、骨組全体としての耐震性を増大す
る。 【構成】 プレキャスト鉄筋コンクリート造ラーメン構
造において地震水平力による梁のモーメント分布を考慮
し、梁端から離隔した位置に塑性ヒンジができるように
高強度梁主筋を柱梁接合部を中心として塑性ヒンジを生
起せしめる位置まで配筋し、梁中央部の普通強度の梁主
筋に継接した。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明はプレキャスト鉄筋コンク
リート造によるラーメン構造における梁の配筋構造に係
るものである。
【0002】
【従来の技術】図4(イ)(ロ)は従来のプレキャスト
コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構
造を示し、梁Aを部分プレキャストの単材とし、下端梁
主筋aを90°折曲げて柱梁接合部内に定着し、上端主
筋bを通し配筋とし、柱梁接合部、梁上部及びスラブの
コンクリートを後打ちするものである。
【0003】図中cは柱主筋,dは帯筋,eは肋筋であ
る。図5(イ)(ロ)に示す従来例ではプレキャスト梁
Aを1〜2スパンの長さとし、下端主筋a及び上端主筋
bを梁中央部で継接し、接合部,梁上部及び梁接合部の
コンクリートを後打ちする。前記各方法共、ある方向の
梁を柱Bの柱頭部に横架し、続いて直交する方向の梁を
配設し、上端筋を通して組立てている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】前者は比較的低層構造
物の場合に適用され、後者の場合は高層の建物に適用さ
れている。而して両者共梁の下端主筋を2段配筋とする
ことはできず、特に高層建物の場合は梁のプレキャスト
化が建物下層部における高応力部では不可能となる。
【0005】本発明は前記従来技術の有する問題点を解
決するために提案されたもので、併せて架構の耐震性を
増大することを目的として提案されたものである。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記の目的を達成するた
め、本発明に係るプレキャスト鉄筋コンクリート造にお
ける梁の配筋構造によればプレキャスト鉄筋コンクリー
ト造ラーメン構造において地震水平力による梁のモーメ
ント分布を考慮して、梁端から離隔した位置に塑性ヒン
ジができるように、高強度梁主筋を柱梁接合部を中心と
して塑性ヒンジを生起せしめる位置まで配筋し、梁中央
部の普通強度の梁主筋に継接してなるものである。
【0007】また請求項2の発明は、塑性ヒンジ部の回
転を十分とするため、前記塑性ヒンジ部に多数の肋筋が
配設されている。
【0008】
【作用】図3は塑性ヒンジの必要回転性能と層せん断力
を示し、図5に示す如く梁端に塑性ヒンジを形成した従
来方法においては、 δH =RH ・h=θB ・LO ・h/L ∴θB =RH L/LO (塑性ヒンジ回転角) QBU=( lBU RU ) /LO ここで lBU:梁左端の終局曲げモーメントRBU:梁右端の終局曲げモーメント QBU:梁機構形成時層せん断力CBU=ΣQBU×l/h しかるに梁端から離隔した位置に塑性ヒンジを形成した
本発明によれば δH =RH ・h=θB ′・(LO −2Ld )×h/L ∴QB ′=RH L/(LO −2Ld )(塑性ヒンジ回転
角) QB U =( LBU RBU′)/(LO −2Ld ) ここで lBU′:梁左側ヒンジの終局曲げモーメントRBU′:梁右側ヒンジの終局曲げモーメントCB U =ΣQB U ×L/h(梁機構形成時層せん
断力)
【0009】
【数1】
【0010】
【数2】
【0011】但し lBU lBURBU RBU′の場合 以上から明らかなように従来の方法と同じ梁機構形成時
の層のせん断力は従来のLO /(LO −2Ld )倍とな
る。しかし、塑性ヒンジ部の必要回転角( nθ′BU)も
理想的にはLO /LO −2Ld 倍となりそれを可能なら
しめる肋筋が必要となる。
【0012】実際には構造各部の弾性変形があり、耐力
もLO /LO −2Ld 倍になっているので、必要回転角
nθ′BU
【0013】
【数3】
【0014】の範囲となり若干緩和される。
【0015】
【実施例】以下本発明を図1及び図2に示す実施例につ
いて説明する。プレキャストコンクリート柱1上に部分
プレキャストコンクリート梁2を横架し、下端梁主筋3
については梁中央部p及び塑性ヒンジ形成部qで、上端
梁主筋4については、梁端から離隔した位置にある塑性
ヒンジ形成部qで継接する。また梁中央接合部及び柱梁
接合部の肋筋5及び帯筋6をセットし、床、柱梁接合
部、部分プレキャストコンクリート梁2上部のコンクリ
ートを打設する。
【0016】以下次階のプレキャストコンクリート柱1
をセットする。
【0017】
【発明の効果】本発明によれば従来と同じ配筋をし、接
合部域廻りに高強度主筋を配筋し、梁機構形成時の層の
せん断力を高め梁機構形成時の層のせん断力を高めてい
るので、梁をプレキャスト化する範囲を拡大することが
できる。また梁端から離隔した位置に塑性ヒンジを形成
するため、接合部域の高強度鉄筋は降伏しないので、主
筋の付着劣化、それに伴う接合部のせん断破壊が防止さ
れるため、骨組全体としては従来の方法に比して耐震性
が増大する。
【0018】請求項2の発明によれば、塑性ヒンジ部に
多数の肋筋が配筋されているので、塑性ヒンジ部の回転
が十分に行なわれる。
【図面の簡単な説明】
【図1】プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメ
ン構造における梁の配筋構造の一実施例を示す縦断正面
図である。
【図2】図1の横断平面図である。
【図3】(イ)(ロ)は塑性ヒンジの必要回転性能と層
せん断力の説明図で、(イ)は梁端に塑性ヒンジが形成
された場合を示し、(ロ)は梁端から離隔した位置に塑
性ヒンジが形成された場合を示す。
【図4】(イ)(ロ)は従来構造の1例を示す縦断面図
並に横断平面図である。
【図5】(イ)(ロ)は従来構造の他の例を示す縦断面
図並に横断平面図である。
【符号の説明】
1 プレキャストコンクリート柱 2 部分プレキャストコンクリート梁 3 下端梁主筋 4 上端梁主筋 5 肋筋 6 帯筋

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 プレキャスト鉄筋コンクリート造ラーメ
    ン構造において地震水平力による梁のモーメント分布を
    考慮して、梁端から離隔した位置に塑性ヒンジができる
    ように、高強度梁主筋を柱梁接合部を中心として塑性ヒ
    ンジを生起せしめる位置まで配筋し、梁中央部の普通強
    度の梁主筋に継接してなることを特徴とするプレキャス
    ト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の
    配筋構造。
  2. 【請求項2】 前記梁主筋の塑性ヒンジ部には多数の肋
    筋を配設しなる請求項1記載のプレキャスト鉄筋コンク
    リート造によるラーメン構造における梁の配筋構造。
JP8725692A 1992-04-08 1992-04-08 プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造 Pending JPH05287801A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8725692A JPH05287801A (ja) 1992-04-08 1992-04-08 プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8725692A JPH05287801A (ja) 1992-04-08 1992-04-08 プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05287801A true JPH05287801A (ja) 1993-11-02

Family

ID=13909706

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8725692A Pending JPH05287801A (ja) 1992-04-08 1992-04-08 プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05287801A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001049890A (ja) * 1999-08-05 2001-02-20 Okumura Corp 修復限定建物
JP2015224533A (ja) * 2014-05-30 2015-12-14 高周波熱錬株式会社 鉄筋コンクリート構造物
JP2016204862A (ja) * 2015-04-16 2016-12-08 高周波熱錬株式会社 鉄筋コンクリート造の設計方法及び鉄筋コンクリート造
JP2016204861A (ja) * 2015-04-16 2016-12-08 高周波熱錬株式会社 鉄筋コンクリート造の設計方法及び鉄筋コンクリート造
JP2018003322A (ja) * 2016-06-28 2018-01-11 西松建設株式会社 柱梁の接合構造および接合部材の製造方法
CN111119404A (zh) * 2020-01-17 2020-05-08 吉林建筑大学 一种提高框架梁端延性的方法

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001049890A (ja) * 1999-08-05 2001-02-20 Okumura Corp 修復限定建物
JP2015224533A (ja) * 2014-05-30 2015-12-14 高周波熱錬株式会社 鉄筋コンクリート構造物
JP2016204862A (ja) * 2015-04-16 2016-12-08 高周波熱錬株式会社 鉄筋コンクリート造の設計方法及び鉄筋コンクリート造
JP2016204861A (ja) * 2015-04-16 2016-12-08 高周波熱錬株式会社 鉄筋コンクリート造の設計方法及び鉄筋コンクリート造
JP2018003322A (ja) * 2016-06-28 2018-01-11 西松建設株式会社 柱梁の接合構造および接合部材の製造方法
CN111119404A (zh) * 2020-01-17 2020-05-08 吉林建筑大学 一种提高框架梁端延性的方法

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH05287801A (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート造によるラーメン構造における梁の配筋構造
JPH07229202A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JP2843204B2 (ja) 耐震壁
JPH02300439A (ja) プレハブ工法
JP2754377B2 (ja) 建築構造
JP2522708B2 (ja) 型枠付鉄筋先組梁及び型枠付鉄筋先組工法
JPH09264050A (ja) 建物構造
JPH0334963Y2 (ja)
JPH0932311A (ja) 既設建物の補強構造
JPS60152755A (ja) 持出し床の高強度構築工法
JPH084107A (ja) 柱と梁との接合部における接合方法
JPH05230935A (ja) プレキャストコンクリート製梁型枠部材
JPS6335773B2 (ja)
JPH0123614B2 (ja)
JPS6226481Y2 (ja)
JPH0443526Y2 (ja)
JPH0746652Y2 (ja) プレキヤスト鉄骨鉄筋コンクリート梁
JPH04144B2 (ja)
JPS6232299B2 (ja)
JP2636858B2 (ja) フラツトスラブの施工法
JPS62378Y2 (ja)
JPH0716807Y2 (ja) 鉄骨大梁の端部の構造
JPS59228554A (ja) プレキヤスト小梁と該プレキヤスト小梁を用いたスラブ構造体の構築方法
JPH0688393A (ja) フラットプレート構造
JPH11172826A (ja) 床スラブおよび構築物