JPH09264050A - 建物構造 - Google Patents

建物構造

Info

Publication number
JPH09264050A
JPH09264050A JP7670296A JP7670296A JPH09264050A JP H09264050 A JPH09264050 A JP H09264050A JP 7670296 A JP7670296 A JP 7670296A JP 7670296 A JP7670296 A JP 7670296A JP H09264050 A JPH09264050 A JP H09264050A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
building
wall
steel
reinforced concrete
steel beam
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP7670296A
Other languages
English (en)
Inventor
Akio Hori
昭夫 堀
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Hazama Corp
Original Assignee
Hazama Gumi Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Hazama Gumi Ltd filed Critical Hazama Gumi Ltd
Priority to JP7670296A priority Critical patent/JPH09264050A/ja
Publication of JPH09264050A publication Critical patent/JPH09264050A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】本発明の目的は内柱をローコストでなくすこと
ができる建物構造を提供する。 【解決手段】建物1の外側構面のみを地震力を負担可能
な壁梁11及び壁柱12によって構成し、建物1に対す
る地震力を外側構面のみによって負担可能とし、これに
よって建物1の内側構面の耐震性を不要とする。従っ
て、建物1の内部の梁として鉄骨梁21と鉄筋コンクリ
ート床22とからなる合成小梁20を採用することによ
り、内柱なしで床スラブ(鉄筋コンクリート床22)を
設けることができる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は建物構造、特に2〜
11階建て程度の中高層建物の骨組構造に関する。
【0002】
【従来の技術】我国における中高層建物の骨組構造とし
ては専らRCラーメン構造が採用されており、この構造
では建物の内側構面における骨組スパンを内柱を設けて
小さくすることにより、地震力を建物の外側構面のみな
らず内側構面によっても負担可能としている。
【0003】しかしながら、内柱は建物の内部空間の利
用形態を著しく制限して建物の利用価値を低減している
のが実状である。
【0004】なお、内柱をなくすために建物を鉄骨造と
すると、RC造に比べてコストアップとなるし、建物を
柱RC・梁鉄骨造とすると、RC造に比べてコストアッ
プとなり、柱梁接合部の詳細も繁雑となる。また、内柱
をなくしたことにより梁成が増大して、階高が高くなっ
てこれによってもコストアップとなるという問題があ
る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】従って、本発明の目的
は内柱をローコストでなくすことができる建物構造を提
供することにある。
【0006】
【課題を解決するための手段】本発明に係る建物構造
(以下、本欄及び実施例の欄において「本構造」とい
う。
【0007】)は、建物の外側構面のみを地震力を負担
可能な壁梁及び壁柱によって構成し、当該建物の内部の
梁として鉄骨梁と鉄筋コンクリート床とからなる合成小
梁を採用して内柱をなくしたことを特徴とする。
【0008】即ち、本構造では、建物の外側構面のみを
壁梁・壁柱によって構成して当該建物に対する地震力を
外側構面のみによって負担可能とし、これによって建物
の内側構面の耐震性を不要とする。このような内側構面
に仮に内柱を設けた場合、内柱は自重のみを支えること
となって内柱の必要性はなくなる。従って、鉄骨梁と鉄
筋コンクリート床とからなる合成小梁を用いて、上記鉄
骨梁の端部を壁梁に接合させることにより、内柱なしで
床スラブ(鉄筋コンクリート床)を設けることができ
る。なお、実際の建設時には基礎小梁を配設して合成小
梁の支保工の支持に供する。
【0009】本構造の適用対象に含まれる建物は、2〜
11階建て(壁式ラーメンが11階以外のため。)で、
建物の平面形は矩形が望ましいものの矩形を組み合わて
なるような多角形であってもよく、短手方向(合成小梁
方向)の長さが25m程度以内(合成小梁のスパンの実
用的な限界がこの程度であるため。なお、短手方向は2
5m以上でもよい(図4参照))であればよい。
【0010】壁梁及び壁柱とは、壁式ラーメン構造にお
ける壁梁・壁柱のことであり、概念的には通常のラーメ
ン構造と、縦横に開口(窓等)が並設されたRC壁体に
おける開口以外の部分との中間の形状を有する。
【0011】また、各壁梁の梁巾と各壁柱の柱巾を揃え
ることが望ましく、その場合、壁式構造内での厚さが等
しくなって型枠が簡単になるため、コストダウンにな
る。
【0012】更に、壁梁の上端が鉄筋コンクリート床
(床スラブ)の上面を上回るようすれば、壁梁の成が大
きくなっても階高を必要以上に大きく設定する必要はな
くなり、これによってもコストダウンが図られる。
【0013】また、合成小梁における「小梁」とは、耐
震性を不要とされた内側構面においては鉄骨梁が曲げモ
ーメントを壁梁・壁柱に伝える必要がないため、鉄骨梁
と壁梁との接合をピン節点又は半剛節点とする趣旨であ
り、鉄骨梁を壁梁に剛接する場合に比べ、接合が容易な
ためコスト的に有利となる。
【0014】
【実施例】以下、本発明の実施例を添付図面に基づいて
説明する。
【0015】図1は本構造の説明図であり、本構造によ
る建物1の任意階における鉄骨梁21を含む水平断面を
概略的に表している。なお、図2は図1のA−A断面を
示している。
【0016】建物1は、四方の外側構面のみを壁梁11
及び壁柱12(図2参照)を含むRC壁式ラーメン10
によって構成し、建物内の梁(21)として合成小梁2
0を採用して内柱をなくしてなる、水平断面24m(梁
間方向長さ)×17m(桁行方向長さ)で地上階数5階
建て(軒高17m)の矩形箱型のものである。
【0017】合成小梁20は、図3に拡大して示すよう
に、鉄骨梁21と鉄筋コンクリート床22とを前者に一
体のスタッドコネクタ23を後者に埋設して一体化させ
るものであり、この合成小梁20を用いることによって
内柱を設けることなく床スラブ(鉄筋コンクリート床2
2)の設置が可能となる。
【0018】建物1においては、壁式ラーメン10の壁
厚を50cm程度とすることにより、建物1に対する地
震力を外側構面のみで負担させることができ、これによ
って耐震性が不要となり、且つ、内柱のない内側構面に
おいては、各鉄骨梁21の許容応力のみを考慮に入れて
梁21の短手方向スパン(桁行方向長さ)を設定するこ
とができる。
【0019】本実施例では、鉄骨梁21としてはウェブ
21a高600mm×フランジ21b巾200mmのH
鋼を梁間方向の梁−梁間ピッチ3mで用いることによ
り、既述したように短辺方向スパンを17mとしたが、
700×300mmのH鋼を用いれば、梁間ピッチ4m
で短辺方向スパンを21mに延長することができる。
【0020】各鉄骨梁21は両端が壁式ラーメン10に
対し、図4(イ)〜(ニ)に例示するように接合され、
これによって曲げモーメントを負担しない小梁として機
能させる。即ち、(イ)においては、鉄骨梁21の端部
にスタッド31を一体に有するプレート30を設け、ス
タッド31を壁式ラーメン10に埋め込むようにする。
【0021】(ロ)においては、鉄骨梁21のウェブ2
1aを壁式ラーメン10内へ延在させている。(ハ)及
び(ニ)においては、鉄骨梁21の端部に上下方向に屈
曲した鉄筋32及び半リング状の鉄筋32’をそれぞれ
一体に有するプレート30’を設け、各鉄筋32,3
2’を壁式ラーメン10に埋設させる。
【0022】また、図5に概略的に示すように、建物
1’の中央部にエレベーターホール等のコア2が存在す
る場合、一端が壁梁11’に接合される鉄骨梁21’の
他端をコア2又はコア2に他端が接合される別の鉄骨梁
21”に接合させることにより、鉄骨鋼21’,21”
を短くして応力を低減(許容スパンを増加)させ、建物
1’の水平断面を更に拡大させることができる。
【0023】
【発明の効果】以上述べたように、本発明に係る建物構
造では、壁梁及び壁柱によって構成した外側構面のみに
よって建物に対する地震力を負担することができるた
め、当該建物の内部の梁として鉄骨梁と鉄筋コンクリー
ト床とからなる合成小梁を採用して内柱をなくすことが
でき、建物の利用価値を向上させることができる。
【0024】また、鉄骨造あるいは柱RC・梁鉄骨造に
よって内柱をなくす場合に比べてもコスト的に有利とな
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明に係る建物構造の説明図であり、建物の
任意階における鉄骨梁を含む水平断面を概略的に表して
いる。
【図2】図1のA−A断面図である。
【図3】合成小梁を拡大して示す説明図である。
【図4】合成小梁とRC壁式ラーメンとの接合状態の例
をそれぞれ示す説明図(イ),(ロ),(ハ)及び
(ニ)である。
【図5】他の建物の例を示す水平断面平面図である。
【符号の説明】
1,1’ 建物 2 コア 10 RC壁式ラーメン 11,11’,11” 壁梁 12 壁柱 20 合成小梁 21,21’,21” 鉄骨梁 22 鉄筋コンクリート床

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 建物の外側構面のみを地震力を負担可能
    な壁梁及び壁柱によって構成し、当該建物の内部の梁と
    して鉄骨梁と鉄筋コンクリート床とからなる合成小梁を
    採用して内柱をなくしたことを特徴とする建物構造。
JP7670296A 1996-03-29 1996-03-29 建物構造 Pending JPH09264050A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7670296A JPH09264050A (ja) 1996-03-29 1996-03-29 建物構造

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP7670296A JPH09264050A (ja) 1996-03-29 1996-03-29 建物構造

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09264050A true JPH09264050A (ja) 1997-10-07

Family

ID=13612853

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP7670296A Pending JPH09264050A (ja) 1996-03-29 1996-03-29 建物構造

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09264050A (ja)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009155868A (ja) * 2007-12-26 2009-07-16 Takenaka Komuten Co Ltd 建築構造物
JP2010126901A (ja) * 2008-11-25 2010-06-10 Takenaka Komuten Co Ltd 構造物
JP2010156103A (ja) * 2008-12-26 2010-07-15 Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd 集合住宅
JP2011214278A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Taisei Corp 建物
JP2015040381A (ja) * 2013-08-20 2015-03-02 株式会社竹中工務店 建物

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009155868A (ja) * 2007-12-26 2009-07-16 Takenaka Komuten Co Ltd 建築構造物
JP2010126901A (ja) * 2008-11-25 2010-06-10 Takenaka Komuten Co Ltd 構造物
JP2010156103A (ja) * 2008-12-26 2010-07-15 Sumitomo Mitsui Construction Co Ltd 集合住宅
JP2011214278A (ja) * 2010-03-31 2011-10-27 Taisei Corp 建物
JP2015040381A (ja) * 2013-08-20 2015-03-02 株式会社竹中工務店 建物

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6807790B2 (en) Ring beam/lintel system
JP3226492B2 (ja) 高層建築物の免震構造
JPH09264050A (ja) 建物構造
JP3170535B2 (ja) 制振構造
JP2002317498A (ja) 高層建物の軸組構造
JP3259238B2 (ja) チューブ構造の建築物
JP2754377B2 (ja) 建築構造
JPS6314937A (ja) 鉄筋鉄骨複合柱
JP2674457B2 (ja) 建築構造
JPH04368528A (ja) ボイド梁を用いた架構工法
JP3045034B2 (ja) Rc建築物の躯体工法
JP3043938B2 (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JP2527975B2 (ja) 建築物構造体
JPH1143994A (ja) Rc造の扁平梁
KR102349442B1 (ko) 좌우 방향의 싱글 보와 전후 방향의 더블 보를 갖고 기둥 주변에 콘크리트부가 형성된, 기둥과 보의 결합 구조
JPS62264230A (ja) 多階建築物の躯体構築工法
JPH032435A (ja) 柱と鉄骨鉄筋コンクリート梁との接合工法
JPS63103140A (ja) 多層建物の柱梁の仕口構造
JP2662619B2 (ja) 跳ね出し部に形成した耐震壁を有する中高層建築物
JP2642101B2 (ja) 片持ち式床パネルの取付部の構造
JP2001262691A (ja) 芯柱およびこれを有する合成柱
JPH0326746B2 (ja)
JPH08158695A (ja) 耐震チューブ架構および高層事務所ビルの躯体構造
JPH10219827A (ja) 高層建築物の架構構造
JPH0893049A (ja) 建築構造物の架構