JPH07237601A - 長尺物箱詰め装置 - Google Patents

長尺物箱詰め装置

Info

Publication number
JPH07237601A
JPH07237601A JP4968994A JP4968994A JPH07237601A JP H07237601 A JPH07237601 A JP H07237601A JP 4968994 A JP4968994 A JP 4968994A JP 4968994 A JP4968994 A JP 4968994A JP H07237601 A JPH07237601 A JP H07237601A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
conveyor
long
sorting
cucumber
boxing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4968994A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3628719B2 (ja
Inventor
Toru Ishii
徹 石井
Takamichi Shimomura
孝道 下村
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Yanmar Co Ltd
Ishii Corp
Original Assignee
Yanmar Agricultural Equipment Co Ltd
Ishii Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Yanmar Agricultural Equipment Co Ltd, Ishii Corp filed Critical Yanmar Agricultural Equipment Co Ltd
Priority to JP04968994A priority Critical patent/JP3628719B2/ja
Publication of JPH07237601A publication Critical patent/JPH07237601A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3628719B2 publication Critical patent/JP3628719B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【目的】箱詰め作業に要する搬送工程及び搬送時間を削
減して、箱詰め作業の省力化及び能率アップを図ること
のできる長尺物箱詰め装置を提供する。 【構成】仕分け用コンベアの各バケット上に載置された
多数本の各胡瓜を等階級判定装置による判定に基づいて
等階級別に仕分けする。周回用コンベア上に載置された
多数の各整列用トレイを仕分け用コンベアの落下位置下
部に順次移動して、仕分け用コンベアの各バケットから
落下供給される移動される胡瓜を整列用トレイの各凹状
載置部に対して1本ずつ投入する。周回用コンベア上の
吸着位置に二つの各整列用トレイを搬送停止した後、胡
瓜箱詰め機を駆動して、二つの各整列用トレイに載置さ
れた18本分の各胡瓜を各吸着パッドで吸着保持して段
ボール箱内に順次箱詰めするので、適宜本数の各胡瓜を
箱詰めするときの搬送工程及び搬送時間が削減され、箱
詰め作業の省力化及び能率アップが図れる。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】この発明は、例えば、胡瓜、人
参、長芋、長茄子等の長尺物を箱詰めする作業に用いら
れる長尺物箱詰め装置に関する。
【0002】
【従来の技術】従来、上述例のような胡瓜を箱詰めする
方法としては、例えば、仕分け用コンベアの各バケット
上に載置された多数本の各胡瓜を撮像用カメラで撮像
し、判定装置に格納された等階級データと、撮像用カメ
ラで撮像した画像データとを比較して、各バケット上に
載置された各胡瓜を等階級別に仕分け処理する。各バケ
ットから落下供給される同一等階級の各胡瓜をベルトコ
ンベア上に一旦載置して、同ベルトコンベアの送り側終
端部に移動される整列用トレイの各載置部に対して各胡
瓜を順次投入する。適宜本数の各胡瓜が載置された整列
用トレイを箱詰め位置に移動した後、胡瓜箱詰め機を駆
動して、整列用トレイに載置された適宜本数の各胡瓜を
一括保持して段ボール箱内に箱詰めする方法がある。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、上述のように
仕分け用コンベアから落下供給される各胡瓜をベルトコ
ンベア上に一旦載置して、同ベルトコンベアの送り側終
端部に移動される整列用トレイに胡瓜を順次投入するの
で、仕分け位置と箱詰め位置との間をベルトコンベアの
設置スペース分だけ離間しなければならず、装置全体の
搬送距離が長くなるため、多数本の各胡瓜を箱詰め位置
まで搬送するのに手間及び時間が掛かる。且つ、ベルト
コンベア等の搬送手段を介して、整列用トレイの各載置
部に胡瓜を順次投入するので、作業工程が複雑となり、
単位時間当たりの作業能率が悪くなるという問題点を有
している。
【0004】この発明は上記問題に鑑み、仕分け用コン
ベアから落下供給される長尺物を長尺物整列台の各載置
部に直接載置して箱詰め位置に移動することにより、箱
詰め作業に要する搬送工程及び搬送時間を削減して、箱
詰め作業の省力化及び能率アップを図ることができる長
尺物箱詰め装置の提供を目的とする。
【0005】
【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、
上記仕分け用コンベアの仕分け位置下部に、適宜本数分
の各長尺物が並列載置される大きさに形成した長尺物整
列台を配置し、上記長尺物整列台を供給、受入れ、排出
の各移動を制御する送り用コンベアを設けた長尺物箱詰
め装置であることを特徴とする。
【0006】請求項2記載の発明は、上記請求項1記載
の発明の構成と併せて、上記仕分け用コンベアの仕分け
位置下部に、上記長尺物整列台の各載置部に載置される
長尺物を検知する検知手段を設けると共に、上記検知手
段から出力される検知信号に基づいて、上記仕分け用コ
ンベアの仕分け位置下部に長尺物整列台の各載置部が間
欠送りされる速度に送り用コンベアを駆動する制御手段
を設けた長尺物箱詰め装置であることを特徴とする。
【0007】請求項3記載の発明は、上記請求項1記載
の発明の構成と併せて、上記送り用コンベアを、上記仕
分け用コンベアの仕分け位置から箱詰め位置に各長尺物
整列台を周回移動する周回用コンベアで構成した長尺物
箱詰め装置であることを特徴とする。
【0008】請求項4記載の発明は、上記請求項1記載
の発明の構成と併せて、上記仕分け用コンベアの仕分け
位置下部に、該位置下部に移動される長尺物整列台の各
載置部に対して長尺物を1本ずつ投入する投入ガイドを
設けた長尺物箱詰め装置であることを特徴とする。
【0009】
【作用】請求項1記載の長尺物箱詰め装置は、仕分け用
コンベア上に載置された多数本の各長尺物を等階級判定
手段による判定に基づいて等階級に仕分け処理すると共
に、送り用コンベアを駆動して、仕分け用コンベア上の
仕分け位置下部に多数の各長尺物整列台を供給移動さ
せ、同位置下部に移動される長尺物整列台の各載置部に
対して適宜本数の各長尺物を並列載置する。適宜本数の
各長尺物が載置された各長尺物整列台を箱詰め位置に排
出移動すると共に、長尺物箱詰め手段を駆動して、各長
尺物整列台に載置された適宜本数の各長尺物を一括保持
して箱体内部に順次箱詰めするので、仕分け位置から箱
詰め位置に至るまでの搬送距離及び搬送時間を短くする
ことができる。
【0010】請求項2記載の長尺物箱詰め装置は、上記
の請求項1記載の作用と併せて、仕分け用コンベアから
落下供給される長尺物を長尺物整列台の各載置部に載置
するとき、同長尺物整列台の各載置部に載置される長尺
物を検知手段で検知して、同検知手段から出力される検
知信号に基づいて制御手段により送り用コンベアを間欠
駆動することで、仕分け用コンベアから落下供給される
長尺物を長尺物整列台の各載置部に対して1本ずつ投入
できる。
【0011】請求項3記載の長尺物箱詰め装置は、上記
の請求項1記載の作用と併せて、周回用コンベアを駆動
して、多数の各長尺物整列台を仕分け位置から箱詰め位
置に向けて周回移動することで、仕分け用コンベアから
落下供給される多数本の各長尺物を各長尺物整列台に対
して連続投入できる。
【0012】請求項4記載の長尺物箱詰め装置は、上記
の請求項1記載の作用と併せて、仕分け用コンベアから
落下供給される長尺物を投入ガイドによりガイドして、
仕分け用コンベアの仕分け位置下部に移動される長尺物
整列台の各載置部に対して順次投入するので、長尺物整
列台の各載置部に対する投入作業が確実に行える。
【0013】
【発明の効果】この発明によれば、仕分け用コンベアか
ら仕分け供給される各長尺物を、仕分けと同時に長尺物
整列台に直接投入して箱詰め位置に搬送するので、従来
例のように既に仕分けられた多数本の各長尺物をベルト
コンベア等の適宜コンベア上に一旦載置するような手間
及び作業が省けると共に、仕分けられた多数本の各長尺
物を箱詰め位置に搬送するまで搬送距離が短くなるた
め、箱詰め作業に要する搬送時間が大幅に短縮され、装
置全体の作業工程を簡素化して、箱詰め作業の省力化及
び能率アップを図ることができる。
【0014】且つ、多数の各長尺物整列台を仕分け位置
から箱詰め位置に周回移動させることで、仕分け用コン
ベアから仕分け供給される多数本の各長尺物を、仕分け
と同時に各長尺物整列台に対して連続載置することがで
き、長尺物の載置作業が能率的に行えると共に、仕分け
用コンベアから落下供給される各長尺物を投入ガイドに
よりガイドするので、長尺物整列台の各載置部に対する
投入作業が確実に行える。
【0015】
【実施例】この発明の一実施例を以下図面に基づいて詳
述する。図面は長尺物の一例として等階級別に選別され
た多数本の各胡瓜を箱詰めする作業に用いられる胡瓜箱
詰め装置を示し、図1に於いて、この胡瓜箱詰め装置1
は、荷受けされる多数本の各胡瓜K…を2本の各仕分け
用コンベア2,2上に順次載置して、同各仕分け用コン
ベア2,2上に設定した撮像位置及び各仕分け位置に多
数本の各胡瓜K…を順次搬送すると共に、同撮像位置に
配設した等階級判定装置3による判定に基づいて、各仕
分け用コンベア2,2上に載置された各胡瓜K…を等階
級別に仕分けする。同時に、各仕分け用コンベア2,2
上の仕分け位置下部に配設した周回用コンベア4を駆動
して、周回用コンベア4上に設定した投入位置、揃え位
置、吸着位置に多数の各整列用トレイT…を周回移動す
ると共に、仕分け用コンベア2上の仕分け位置下部に周
回移動される各整列用トレイT…に対して同一等階級の
各胡瓜K…を順次載置する。
【0016】次に、周回用コンベア4上の揃え位置に配
設した3機の各胡瓜揃え機5…を駆動して、同位置に搬
送停止された各整列用トレイT,T上の各胡瓜K…を箱
詰め状態に揃えた後、後段側の吸着位置上部に配設した
3機の各胡瓜箱詰め機6…を駆動して、同位置に搬送停
止された各整列用トレイT,T上の各胡瓜K…を吸着保
持して箱詰め位置に移動する。一方、箱詰め位置下部に
配設した箱昇降機7を駆動して、上面開放形態に組立て
られた段ボール箱Bを箱詰め位置に供給し、同箱詰め位
置上部に配設した箱開放機8を駆動して、適宜高さに上
昇された段ボール箱Bの各フラップBa…を開放した
後、上述の胡瓜箱詰め機6により保持した18本の各胡
瓜K…を段ボール箱B内に一括して箱詰めする構成であ
る。
【0017】上述の仕分け用コンベア2は、図2、図
3、図4に示すように、左右に張架した各周回用チェー
ン2a,2a間にバケット2bの両側前端部を前後回動
可能に軸支し、同各周回用チェーン2a,2aの長さ方
向に対して多数台の各バケット2b…を所定等間隔に隔
てて架設すると共に、同各バケット2b…の一側後端部
に軸支した各支持ローラ2c…と、同側に架設した走行
レール2dとを係合して水平姿勢に周回ガイドする。す
なわち、減速機付きモータ(図示省略)の駆動力により
各周回用チェーン2a,2aを同期回転して、多数台の
各バケット2b…を送り方向に周回移動させ、生産者側
から持込まれる多数本の各胡瓜K…を各バケット2b…
に対して1本ずつ載置する。
【0018】且つ、仕分け用コンベア2上に設定した仕
分け位置側部の走行レール2dを支持ローラ2cの落下
が許容される間隔に離間し、同走行レール2dの各端部
2e,2e間を連結可能に設けた連結レール2fと、同
位置側部に配設した開閉用ソレノイド2gとを連結し
て、後述する等階級判定装置3から出力される指令信号
に基づいて開閉用ソレノイド2gを作動させ、走行レー
ル2dの各端部2e,2e間を連結する前進位置と、同
各端部2e,2e間を開放する後退位置とに連結レール
2fを前後移動する。
【0019】前述の等階級判定装置3は、上述の仕分け
用コンベア2上に設定した撮像位置上部にバケット2b
の上面側と対向して垂設した撮像用カメラ3aと、同位
置下部にバケット2bの下面側と対向して配設した番地
用リーダ3bとを備えると共に、同位置側部に配設した
判定装置3cと、上述の開閉用ソレノイド2gとを接続
している。各バケット2b…には予め番地が順次設定さ
れていて、この番地を、例えば、バーコードで各バケッ
ト2b…に表示し、上述の番地用リーダ3dはこのバー
コードを読取る。また、撮像用カメラ3aは胡瓜Kの外
観形状を読取り、そして等階級判定装置3は読取った画
像データで胡瓜Kの等階級を判定し、この判定データと
番地データとを対応させて判定装置3cに出力する。
【0020】上述の判定装置3cは、仕分け用コンベア
2の各バケット2b…に載置された胡瓜Kが何れの等階
級(例えば、L、M、S)に対応するかを判定し、その
判定に基づいて仕分け用コンベア2の各バケット2b…
に載置された各胡瓜K…を等階級別に仕分け処理する。
【0021】例えば、L、M、S等の等階級別に設定し
た仕分け用コンベア2上の仕分け位置にバケット2bが
移動するまでタイムラグを計数し、判定装置3cにより
判定された等階級別の仕分け位置にそのバケット2bが
移動したとき、同位置に配設した開閉用ソレノイド2g
を作動して、判定された等階級と対応する仕分け位置で
バケット2bを下向き姿勢に横転させる。
【0022】前述の周回用コンベア4は、各仕分け用コ
ンベア2,2上に設定した仕分け位置下部に2本の各第
1コンベア4a,4aを送り方向に平行して配設し、同
各第1コンベア4a,4aの送り側終端部に第2コンベ
ア4bを直交して配設し、同第2コンベア4bの送り側
終端部に第3コンベア4cを直交して配設し、同第3コ
ンベア4cの一側端部に3本の各第4コンベア4d…を
直交して配設し、同各第4コンベア4d…の送り側終端
部に設定した吸着位置下部に第5コンベア4eを直交し
て配設し、同第5コンベア4eの送り側終端部に第6コ
ンベア5fを直交して配設し、同第6コンベア4fの送
り側終端部に各第1コンベア4a,4aを直交して接続
している。
【0023】つまり、減速機付きモータ(図示省略)の
駆動力により各コンベア4a,4b,4c,4d,4
e,4fを周回方向に回転駆動して、同各コンベア4
a,4b,4c,4d,4e,4f上に載置された多数
の各整列用トレイT…を投入位置、揃え位置、吸着位置
の順に周回移動する。且つ、各コンベア4a,4b,4
c,4d,4e,4fの直交部分に配設した各プッシャ
機構9a,9b,9c,9d,9e,9fを駆動して、
多数台の各整列用トレイT…を各コンベア4a,4b,
4c,4d,4e,4fに順次移載する。
【0024】上述の第1コンベア4aは、図3、図4に
示すように、送り側始端部に軸支した各スプロケット1
0,10と、送り側終端部に軸支した各スプロケット1
1,11との間に各送りチェーン12,12を張架し、
同各送りチェーン12,12上に多数枚の各トレイ送り
板12a…を送り方向に対して所定間隔に隔てて固定
し、終端側下部に配設した減速機付き送り用モータ13
の駆動力により、各スプロケット14,15及び駆動チ
ェーン16を介して各送りチェーン12,12を送り方
向に周回させ、同各送りチェーン12,12上の各トレ
イ送り板12a…間に載置された整列用トレイTを送り
方向に搬送する。
【0025】且つ、第1コンベア4a上に設定した投入
位置と、仕分け用コンベア2上に設定した仕分け位置と
の間にシュータ40を配設し、仕分け用コンベア2から
落下供給される胡瓜Kをシュータ40により落下ガイド
して、第1コンベア4a上の投入位置に搬送される整列
用トレイTの各凹状載置部Tb…に胡瓜Kを1本ずつ投
入する。
【0026】且つ、第1コンベア4a上に設定した投入
位置側部に、同位置に移動される整列用トレイTの凹状
載置部Tbと対向して反射型の光電センサSを配設する
と共に、同位置下部に配設した制御ユニット57に送り
用モータ13と光電センサSとを接続している。つま
り、整列用トレイTの凹状載置部Tbに載置される胡瓜
Kを光電センサSで検知し、同光電センサSから出力さ
れる検知信号に基づいて制御ユニット57で送り用モー
タ13を間欠駆動して、第1コンベア4a上に設定した
投入位置に整列用トレイTの各凹状載置部Tb…を間欠
送りする。
【0027】上述の第4コンベア4dには、図7にも示
すように、同第4コンベア4d上に設定した吸着位置
に、二つの各整列用トレイT,Tが載置される大きさに
形成したトレイ昇降台41を配設し、同トレイ昇降台4
1の前後端部間に架設した各支持枠41a…上に多数個
の各送りローラ42…を軸支し、同位置前後部に配設し
た各昇降用シリンダ43,43のピストンロッドをトレ
イ昇降台41の前後端部に固定して、同各昇降用シリン
ダ43,43の作動により、上段側に架設した第4コン
ベア4dの搬送面と水平となる上昇位置と、下段側に架
設した第5コンベア4eの搬送面よりも下方に没入した
降下位置とにトレイ昇降台41を昇降停止する。
【0028】上述の整列用トレイTは、横長形状に形成
したトレイ本体Taの上面側短手方向に対して1本分の
胡瓜Kを載置するための凹状載置部Tbを形成し、同ト
レイ本体Taの上面側長手方向に対して9本分の各胡瓜
K…を載置するための各凹状載置部Tb…を並列に形成
し、同トレイ本体Taの長手側両縁部に各胡瓜K…の前
後端部と対向して各整列板Tc,Tcを形成している。
なお、く字形に変形した各胡瓜K…を載置する場合、各
凹状載置部Tb…の底面中央部が長手方向に対して谷形
又は山形に形成された整列用トレイTを選択使用する。
【0029】前述の胡瓜揃え機5は、図5、図6に示す
ように、上述の第4コンベア4d上に設定した揃え位置
にストッパ17を出没可能に設け、同位置下部に配設し
た出没用シリンダ18のピストンロッドをストッパ17
の下端部に固定して、同出没用シリンダ18の作動によ
り、第4コンベア4d上の揃え位置に搬送される整列用
トレイTと当接する突出位置と、同整列用トレイTとの
当接が回避される没入位置とにストッパ17を上下動す
る。
【0030】且つ、第4コンベア4d上の揃え位置一側
に整列用トレイTの一側端部と対向して受け板19を配
設し、同揃え位置他側に整列用トレイTの他側端部と対
向して固定板20を配設すると共に、同位置側部に配設
した固定用シリンダ21のピストンロッドを固定板20
に固定している。且つ、第4コンベア4d上の揃え位置
上部に配設した各揃え用シリンダ22,22のピストン
ロッドを各支持板23,23に固定し、同各支持板2
3,23に垂直固定した各押圧用シリンダ24,24の
ピストンロッドを各押圧板24a,24aの上面側中央
部に固定すると共に、同各押圧板24a,24aの下面
側に、例えば、合成ゴム又は合成樹脂等の弾性体で形成
した押圧パッド24bを夫々貼着している。
【0031】つまり、出没用シリンダ18を上昇作動し
て、第4コンベア4d上の揃え位置に二つの各整列用ト
レイT,Tを一旦停止させ、固定用シリンダ21を作動
して、後列側の整列用トレイTを受け板19と固定板2
0とで挾持固定した後、各シリンダ22,24を作動し
て、各整列用トレイT,Tに載置された各胡瓜K…を各
押圧パッド24b,24bで押圧し、前列側の整列用ト
レイTに載置された各胡瓜K…を長手側前端部の整列板
Tcに当接して横一線に揃え、後列側の整列用トレイT
に載置された各胡瓜K…を長手側後端部の整列板Tcに
当接して横一線に揃える。
【0032】前述の胡瓜箱詰め機6は、図7、図8、図
9に示すように、上述の第4コンベア4d上に設定した
吸着位置上方と、同位置側部に設定した箱詰め位置上方
との間に各ガイドレール25,25を架設し、各ガイド
レール25,25間に取付けた移動枠26と、同位置上
部に配設した移動用シリンダ27のピストンロッドとを
固定して、同移動用シリンダ27の作動により、吸着位
置上方と箱詰め位置上方とに移動枠26全体を水平移動
する。且つ、移動枠26下部に垂設した昇降枠28と、
同枠上部に立設した昇降用シリンダ29のピストンロッ
ドとを固定して、同昇降用シリンダ29の作動により、
吸着位置直上と箱詰め位置直上とで昇降枠28全体を垂
直昇降する。
【0033】上述の昇降枠28は、同枠両側部に架設し
た各ガイドレール30,30上の前後端部に各可動台3
1,31を前後摺動可能に取付け、同各可動台31,3
1間に架設した各ガイドレール32,32上に9個の各
可動板33…を左右摺動可能に取付け、同各可動板33
…に垂設した各支持管34…の下端部に、例えば、合成
ゴム又は合成樹脂等の弾性体で形成した各吸着パッド3
5…を夫々取付けている。
【0034】且つ、同枠両側部に取付けた各進退用シリ
ンダ36,36のピストンロッドを後端側の各可動台3
1,31に連結して、各進退用シリンダ36,36の作
動により、前端側の各可動台31,31を基準として、
二つの各整列用トレイT,T上に載置された前後列の各
胡瓜K…を各吸着パッド35…により吸着保持する離間
位置と、同各吸着パッド35…により吸着保持した前後
列の各胡瓜K…を箱詰め状態に集合する集合位置とに各
可動台31,31を前後移動する。
【0035】且つ、各可動板33…の下端部間を各調節
ボルト37…と各調節ナット38…とで連結して、整列
用トレイT上に載置された各胡瓜K…と対応する左右間
隔に規制すると共に、各可動台31,31に取付けた各
拡縮用シリンダ39,39のピストンロッドを左右の各
可動板33,33に夫々固定して、各拡縮用シリンダ3
9,39の作動により、中間位置の可動板33を基準と
して、整列用トレイT上に載置された各胡瓜K…を各吸
着パッド35…により吸着保持する離間位置と、同各吸
着パッド35…により吸着保持した各胡瓜K…を箱詰め
状態に集合する集合位置とに各可動板33…を左右移動
する。
【0036】つまり、第4コンベア4d上の吸着位置に
二つの各整列用トレイT,Tを搬送停止したとき、同各
整列用トレイT,Tに載置された各胡瓜K…に各吸着パ
ッド32…を夫々密着し、同各吸着パッド32…に接続
した吸引用ブロワ(図示省略)の負圧で18本分の各胡
瓜K…を吸着保持する。一方、各吸着パッド32…で吸
着保持した18本分の各胡瓜K…を段ボール箱B内に収
納したとき、吸引用ブロワ(図示省略)による負圧を遮
断又は停止して各胡瓜K…の吸着保持を解除する。
【0037】前述の箱昇降機7は、図2に示すように、
箱詰め位置下部に配設した昇降台45の下部中央にナッ
ト部46を固定し、同位置下部に垂直軸受したネジ軸4
7上にナット部46を螺合して、下部一側に配設した減
速機付き昇降用モータ48の駆動力により、各スプロケ
ット49,50及び駆動チェーン51を介してネジ軸4
7を正逆回転させ、後述する搬入用コンベア55及び搬
出用コンベア56と水平となる降下位置と、上面開放形
態に組立てられた段ボール箱Bを箱詰め位置に供給する
上昇位置とに昇降台45を垂直昇降する。
【0038】前述の箱開放機8は、箱詰め位置の前後及
び左右に各開放板52…を上下開閉自在に軸支し、同各
開放板52…の軸端部に固定した傘形の各ギャ53…を
噛合すると共に、同位置側部に配設した開閉用シリンダ
54のピストンロッドを開放板52の軸端部に連結し
て、同開閉用シリンダ54の作動により、箱詰め位置に
供給された段ボール箱Bの各フラップBa…と対向する
閉位置と、同段ボール箱Bの各フラップBa…を開放す
る開位置とに各開放板52…を連動して上下開閉する。
【0039】且つ、箱詰め位置下部の搬入側に、前工程
(例えば、箱製函工程、袋敷設工程)から供給される段
ボール箱Bを箱詰め位置下部に搬送する搬入用コンベア
55を配設し、同位置下部の搬出側に、箱詰め済みの段
ボール箱Bを後工程(例えば、袋封函工程、箱封函工
程)に搬送する搬出用コンベア56を配設している。な
お、上述の段ボール箱Bには、例えば、合成樹脂製又は
紙製の包装袋Pを上向きに開口して敷設すると共に、同
包装袋Pの投入口Paを二つに折返して段ボール箱Bの
各フラップBa…に被覆している。
【0040】図示実施例は上記の如く構成するものとし
て、以下、胡瓜箱詰め装置1による胡瓜Kの仕分け動作
及び箱詰め動作を説明する。先ず、図1に示すように、
荷受けされる多数本の胡瓜Kを各仕分け用コンベア2,
2の各バケット2b…に1本ずつ載置して連続搬送し、
同各仕分け用コンベア2,2上に設定した撮像位置通過
に於いて、各仕分け用コンベア2,2の各バケット2b
…に載置された胡瓜Kを等階級判定装置3により等階級
別に仕分け処理する。
【0041】つまり、番地用リーダ3dによるバケット
2bの番地読取りに対応して、仕分け用コンベア2のバ
ケット2bに載置された胡瓜Kを撮像用カメラ3aで撮
像し、同撮像用カメラ3aで読取った画像データに基づ
いて等階級判定装置3は胡瓜Kの等階級を判定し、この
判定データと番地データとを対応させて判定装置3cに
出力する。判定装置3cはバケット2bに載置された胡
瓜Kが何れの等階級(例えば、L、M、S)に対応する
かを判定し、且つ、判定と対応する仕分け位置にバケッ
ト2bが移動するまでのタイムラグを計数する。
【0042】例えば、「M」サイズの判定データを持っ
たバケット2bがMサイズの仕分け位置に移動したと
き、図2、図3、図4に示すように、同位置側部に配設
した開閉用ソレノイド2gを作動して、そのバケット2
bを下向き姿勢に順次横転させ、同バケット2bから落
下供給される胡瓜Kをシュータ40により落下ガイドし
て、第1コンベア4a上の投入位置に搬送される整列用
トレイTの各凹状載置部Tb…に胡瓜Kを投入する。同
時に、整列用トレイTの各凹状載置部Tb…に載置され
る胡瓜Kを光電センサSで検知し、同光電センサSから
出力される検知信号に基づいて制御ユニット57で送り
用モータ13を間欠駆動して、第1コンベア4a上に設
定した投入位置に整列用トレイTの各凹状載置部Tb…
を間欠送りし、仕分け用コンベア2の各バケット2b…
から落下供給される胡瓜Kを整列用トレイTの各凹状載
置部Tb…に対して1本ずつ投入する。
【0043】なお、整列用トレイTに載置される胡瓜K
に不揃い及び過不足が生じた場合、第2コンベア4bの
搬送途中に待機する作業者の手で胡瓜Kの載置姿勢及び
載置本数を補正する。
【0044】次に、9本分の胡瓜Kが載置された各整列
用トレイT…を第2コンベア4bと第3コンベア4cと
に順次載置して各第4コンベア4d…に振分け搬送し、
同各第4コンベア4d…上の揃え位置に二つの各整列用
トレイT,Tを搬送停止した後、図5、図6に示すよう
に、各胡瓜揃え機5…を駆動して、前列側の整列用トレ
イTに載置された各胡瓜K…の前端部と、後列側の整列
用トレイTに載置された各胡瓜K…の後端部とを横一線
に揃える。
【0045】次に、各第4コンベア4d…上の吸着位置
に二つの各整列用トレイT,Tを搬送し、同位置に待機
する各トレイ昇降台41,41上に二つの各整列用トレ
イT,Tを載置した後、図7、図8、図9に示すよう
に、各胡瓜箱詰め機6…を駆動して、二つの各整列用ト
レイT,Tに載置された各胡瓜K…を各吸着パッド35
…で吸着保持して段ボール箱Bに順次箱詰する。つま
り、二つの各整列用トレイT,Tに載置された各胡瓜K
…を各吸着パッド35…で吸着保持し、同各吸着パッド
35…で吸着保持した18本分の各胡瓜K…を箱詰め状
態に集合して箱詰め位置に移動する。同時に、搬入用コ
ンベア55上に載置された空の段ボール箱Bを箱詰め位
置下部に搬送供給し、箱昇降機7を駆動して、上面開放
形態に組立てられた段ボール箱Bを昇降台45上に載置
して箱詰め位置に供給する。
【0046】箱詰め直前に於いて、箱開放機8を駆動し
て、昇降台45上に載置された段ボール箱Bの各フラッ
プBa…及び包装袋Pの投入口Paを4枚の各開放板5
2…により四方に開放し、上述の各吸着パッド35…で
吸着保持した各胡瓜K…を段ボール箱B内に一括収納し
て吸着解除することで、1段分の各胡瓜K…の箱詰め作
業が完了する。同時に、トレイ昇降台41を垂直降下し
て、空の各整列用トレイT…を第5コンベア4eと第6
コンベア4fとに順次載置して第1コンベア4aに回帰
搬送する。この後、トレイ昇降台41を上昇復帰させ
て、次の各整列用トレイT,Tを載置する。以下同様
に、二つの各整列用トレイT,Tに載置された各胡瓜K
…を各吸着パッド35…で吸着保持して段ボール箱Bに
順次箱詰めする。
【0047】所定本数分の胡瓜Kを箱詰めした後、昇降
台45を垂直降下して、箱詰め済の段ボール箱Bを搬出
用コンベア56に載置して次工程(例えば、袋封函工
程、箱封函工程)に搬送供給し、胡瓜Kの箱詰め作業を
継続して行う。
【0048】箱詰め直前に於いて、箱開放機8を駆動し
て、昇降台45上に載置された段ボール箱Bの各フラッ
プBa…及び包装袋Pの投入口Paを4枚の各開放板5
2…により四方に開放し、上述の各吸着パッド35…で
吸着保持した各胡瓜K…を段ボール箱B内に一括収納し
て吸着解除することで、1段分の各胡瓜K…の箱詰め作
業が完了する。以下同様に、次列の各整列用トレイT,
Tに載置された各胡瓜K…を各吸着パッド35…で吸着
保持して段ボール箱Bに順次箱詰めする。
【0049】所定本数分の胡瓜Kを箱詰めした後、昇降
台45を垂直降下して、箱詰め済の段ボール箱Bを搬出
用コンベア56に移載し、同段ボール箱Bを次工程(例
えば、袋封函工程、箱封函工程)に搬送供給する。続い
て、各機4,5,6,7を駆動して、18本分の各胡瓜
K…を箱詰めするための箱詰め作業を継続して行う。
【0050】以上のように、仕分け用コンベア2の各バ
ケット2b…から仕分け供給される各胡瓜K…を、仕分
けと同時に整列用トレイTの各凹状載置部Tb…に直接
投入して箱詰め位置に搬送するので、従来例のように既
に仕分けられた多数本の各胡瓜K…をベルトコンベア等
の適宜コンベア上に一旦載置するような手間及び作業が
省けると共に、仕分けられた多数本の各胡瓜K…を箱詰
め位置に搬送するまで搬送距離が短くなるため、箱詰め
作業に要する搬送時間が大幅に短縮され、装置全体の作
業工程を簡素化して、箱詰め作業の省力化及び能率アッ
プを図ることができる。
【0051】しかも、周回用コンベア4上に載置された
多数の各整列用トレイT…を周回移動させることで、仕
分け用コンベア2から仕分け供給される多数本の各胡瓜
K…を、仕分けと同時に各整列用トレイT…に対して連
続載置することができ、胡瓜Kの載置作業が能率的に行
える。且つ、仕分け用コンベア2の各バケット2b…か
ら落下供給される各胡瓜K…をシュータ40により落下
ガイドするので、整列用トレイTの各凹状載置部Tb…
に対する投入作業が確実に行える。
【0052】図10は仕分け用コンベア2の各バケット
2b…を前後方向に分割開放して、同各バケット2b…
から落下供給される胡瓜Kを整列用トレイTの各凹状載
置部Tb…に投入する第2実施例の仕分け用コンベア2
を示し、同仕分け用コンベア2は、左右に張架した各周
回用チェーン2a,2a間にバケット2bの前側載置部
2hと後側載置部2iとを前後開閉可能に軸支し、同各
載置部2h,2iの開放側端部に軸支した各支持ローラ
2c,2cを走行レール2d上に係合している。つま
り、等階級判定装置3から出力される指令信号に基づい
て開閉用ソレノイド2gを作動させ、走行レール2dの
各端部2e,2e間を連結する連結レール2fを後退し
て、バケット2bに軸支した各支持ローラ2c,2cを
走行レール2d上から脱落させる。バケット2bの各載
置部2h,2iが前後方向に開放されるので、上述の実
施例と同様に、仕分け用コンベア2の各バケット2b…
から落下供給される胡瓜Kを整列用トレイTの各凹状載
置部Tb…に対して1本ずつ投入することができる。
【0053】この発明の構成と、上述の実施例との対応
において、この発明の長尺物箱詰め装置は、実施例の胡
瓜箱詰め装置1に対応し、以下同様に、長尺物は、胡瓜
Kに対応し、長尺物整列台は、整列用トレイTに対応
し、載置部は、凹状載置部Tbに対応し、検知手段は、
光電センサSに対応し、等階級判定手段は、等階級判定
装置3に対応し、送り用コンベアは、周回用コンベア4
に対応し、長尺物箱詰め手段は、胡瓜箱詰め機6に対応
し、投入ガイドは、シュータ40に対応し、制御手段
は、制御ユニット57に対応するも、この発明は、上述
の実施例の構成のみに限定されるものではない。
【0054】例えば、チェーンコンベア、ベルトコンベ
ア等の適宜コンベア上に連結された整列用トレイTの各
凹状載置部Tb…に適宜本数の各胡瓜K…を並列載置し
て搬送するもよい。
【図面の簡単な説明】
【図1】長尺物箱詰め装置の全体構成を示す斜視図。
【図2】仕分け用コンベアの仕分け動作を示す部分平面
図。
【図3】仕分け用コンベアの仕分け動作を示す正面図。
【図4】仕分け用コンベアの仕分け動作を示す側面図。
【図5】胡瓜揃え機の揃え動作を示す平面図。
【図6】胡瓜揃え機の揃え動作を示す側面図。
【図7】胡瓜箱詰め機の箱詰め動作を示す側面図。
【図8】胡瓜の吸着状態を示す側面図。
【図9】胡瓜の吸着状態を示す正面図。
【図10】仕分け用コンベアの仕分け動作を示す側面
図。
【符号の説明】
S…光電センサ B…段ボール箱 K…胡瓜 T…整列用トレイ Tb…凹状載置部 1…胡瓜箱詰め装置 2…仕分け用コンベア 2b…バケット 2h,2i…載置部 3…等階級判定装置 3a…撮像用カメラ 3b…番地用リーダ 3c…判定装置 4…周回用コンベア 4a,4b,4c,4d,4e,4f …第1〜第6コンベア 5…胡瓜揃え機 6…胡瓜箱詰め機 7…箱昇降機 8…箱開放機 35…吸着パッド 40…シュータ 57…制御ユニット

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】仕分け用コンベア上に載置された多数本の
    各長尺物を等階級判定手段による判定に基づいて等階級
    別に仕分け処理し、該仕分け用コンベアから等階級別に
    仕分けられる同一等階級の各長尺物を長尺物整列台の各
    載置部に載置して箱詰め位置に搬送し、該長尺物整列台
    に載置された適宜本数の各長尺物を長尺物箱詰め手段に
    より一括保持して箱体内部に箱詰めする長尺物箱詰め装
    置であって、上記仕分け用コンベアの仕分け位置下部
    に、適宜本数分の各長尺物が並列載置される大きさに形
    成した長尺物整列台を配置し、上記長尺物整列台を供
    給、受入れ、排出の各移動を制御する送り用コンベアを
    設けた長尺物箱詰め装置。
  2. 【請求項2】上記仕分け用コンベアの仕分け位置下部
    に、上記長尺物整列台の各載置部に載置される長尺物を
    検知する検知手段を設けると共に、上記検知手段から出
    力される検知信号に基づいて、上記仕分け用コンベアの
    仕分け位置下部に長尺物整列台の各載置部が間欠送りさ
    れる速度に送り用コンベアを駆動する制御手段を設けた
    請求項1記載の長尺物箱詰め装置。
  3. 【請求項3】上記送り用コンベアを、上記仕分け用コン
    ベアの仕分け位置から箱詰め位置に各長尺物整列台を周
    回移動する周回用コンベアで構成した請求項1記載の長
    尺物箱詰め装置。
  4. 【請求項4】上記仕分け用コンベア上に設定した仕分け
    位置下部に、該位置下部に移動される長尺物整列台の各
    載置部に対して長尺物を1本ずつ投入する投入ガイドを
    設けた請求項1記載の長尺物箱詰め装置。
JP04968994A 1994-02-22 1994-02-22 長尺物箱詰め装置 Expired - Fee Related JP3628719B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04968994A JP3628719B2 (ja) 1994-02-22 1994-02-22 長尺物箱詰め装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP04968994A JP3628719B2 (ja) 1994-02-22 1994-02-22 長尺物箱詰め装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07237601A true JPH07237601A (ja) 1995-09-12
JP3628719B2 JP3628719B2 (ja) 2005-03-16

Family

ID=12838160

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP04968994A Expired - Fee Related JP3628719B2 (ja) 1994-02-22 1994-02-22 長尺物箱詰め装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3628719B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002284102A (ja) * 2001-03-26 2002-10-03 Iseki & Co Ltd 長物選別箱詰め装置
CN111645922A (zh) * 2020-05-09 2020-09-11 广州慧科智能科技有限公司 一种智能装箱机
CN114275538A (zh) * 2020-10-01 2022-04-05 日本电产三协株式会社 搬运系统

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN111216939A (zh) * 2018-11-27 2020-06-02 捷普电子(广州)有限公司 装箱机
CN109748104B (zh) * 2019-03-27 2020-12-22 芜湖扬进自动化设备科技有限公司 一种双工位聚合物锂电池上料方法
CN112340121A (zh) * 2020-11-19 2021-02-09 平江县华文食品有限公司 整理装置及包装设备

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002284102A (ja) * 2001-03-26 2002-10-03 Iseki & Co Ltd 長物選別箱詰め装置
JP4715007B2 (ja) * 2001-03-26 2011-07-06 井関農機株式会社 長物選別箱詰め装置
CN111645922A (zh) * 2020-05-09 2020-09-11 广州慧科智能科技有限公司 一种智能装箱机
CN111645922B (zh) * 2020-05-09 2022-03-22 广州慧科智能科技有限公司 一种智能装箱机
CN114275538A (zh) * 2020-10-01 2022-04-05 日本电产三协株式会社 搬运系统
CN114275538B (zh) * 2020-10-01 2024-01-16 日本电产三协株式会社 搬运系统

Also Published As

Publication number Publication date
JP3628719B2 (ja) 2005-03-16

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3628719B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JP2592514Y2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07137712A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP3597549B2 (ja) 長尺物載置装置
JP2592873Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JP3494316B2 (ja) 長尺物仕分け装置
JP3706402B2 (ja) 長物野菜の箱詰装置
JPH08301221A (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH03256814A (ja) 果菜物整列箱詰装置
JP3409876B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07257508A (ja) 長物野菜の箱詰装置
JP2592874Y2 (ja) 長尺物集出荷施設
JP3678798B2 (ja) 袋体箱詰め装置
JP2574872Y2 (ja) 青果物の選別箱詰装置
JPH07112716A (ja) 長尺物投入装置
JP3404684B2 (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH0881046A (ja) 長尺物仕分け装置
JPH08301222A (ja) 果菜物箱詰め装置
JP3017491U (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07300115A (ja) 長尺物箱詰め装置
JPH07251802A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP2598529Y2 (ja) 長尺青果物箱詰め装置
JP2004292060A (ja) 長尺物箱詰め装置
JP2606417Y2 (ja) 長尺青果物投入装置
JP2587625Y2 (ja) 長尺物箱詰め装置

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Effective date: 20040206

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20040316

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040514

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20040907

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20041207

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20041209

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081217

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313115

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 5

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091217

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 6

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313117

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101217

Year of fee payment: 6

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111217

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 7

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111217

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121217

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131217

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees