JPH05178561A - エレベータのガイドレール付設方法 - Google Patents

エレベータのガイドレール付設方法

Info

Publication number
JPH05178561A
JPH05178561A JP34320191A JP34320191A JPH05178561A JP H05178561 A JPH05178561 A JP H05178561A JP 34320191 A JP34320191 A JP 34320191A JP 34320191 A JP34320191 A JP 34320191A JP H05178561 A JPH05178561 A JP H05178561A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
guide rail
guide
hoistway
rail
guide rails
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34320191A
Other languages
English (en)
Inventor
Makoto Masumoto
眞 増本
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Toshiba Corp
Original Assignee
Toshiba Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP34320191A priority Critical patent/JPH05178561A/ja
Publication of JPH05178561A publication Critical patent/JPH05178561A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B66HOISTING; LIFTING; HAULING
    • B66BELEVATORS; ESCALATORS OR MOVING WALKWAYS
    • B66B19/00Mining-hoist operation
    • B66B19/002Mining-hoist operation installing or exchanging guide rails

Abstract

(57)【要約】 【目的】 作業条件の良いフロア上で非常に簡便且つ確
実にガイドレールの連結作業とレールブラケットの取付
作業を行いながら、それらガイドレールを昇降路内に順
次連ねて引き込み吊り上げ付設でき、非常に作業性に優
れて、作業環境の悪い昇降路内での作業の大幅な軽減と
高能率化が図れるエレベータ用ガイドレール付設方法を
提供することにある。 【構成】 エレベータ昇降路3の入口3aに通じるフロ
ア4上に作業台10を設置し、この作業台10上に所要
本数のガイドレール1を順番に寝かせて直列状態に次々
と載せると共に、これらガイドレール1相互端部を連結
金具18により屈曲可能に連結し、且つそのガイドレー
ル1に所要個数のレールブラケット30を取付けなが
ら、それらガイドレール1をこの先頭のものから揚重機
により昇降路3内に順次連ねて引き込んで吊り上げ該昇
降路3内に付設することを特徴とする。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【産業上の利用分野】本発明は、エレベータ昇降路内に
かご或いはつり合いおもりの案内用のガイドレールを付
設するガイドレール付設方法に関する。
【0002】
【従来の技術】一般に、エレベータにおいては、かご或
いはつり合いおもりを案内するガイドレールをビル等の
建屋に構築した昇降路内の最下部から最上部までの全長
に亘り付設する必要がある。特に近年のように建物が高
層化すると、昇降路が長くなり、ガイドレールを多数本
継ぎ足して付設しなければならない。
【0003】その従来のガイドレール付設方法の具体的
作業手順を説明すると、まず、図5に示す如く、適当な
単位長さ(通常4〜5m)のガイドレール1を工場から
トラック等で現場建屋に所要本数搬送し、それらのガイ
ドレール1を台車2などで昇降路3の最下部の入口3a
のフロア(乗場)4に運ぶ。そこでそれらガイドレール
1を一本ずつ電動ウインチ等の揚重機5により吊上げロ
ープ6を介し昇降路3内下端ピット部3bに引き込んで
立て掛け状態に仮置きする。
【0004】次に、図6に示す如く、該昇降路3内に全
高に移動用の仮設足場7を組み立てるか、又は図示しな
いがゴンドラをガイドロープにより吊り下げるかして、
作業員の足場を確保する。つまり、ガイドレール付設作
業はエレベータ据付作業のうち昇降路内では一番最初に
行うために足場が必要である。こうした状態で前記ピッ
ト部3aに立て掛けてあるガイドレール1を前記揚重機
6により1本ずつ順次吊上げる。そして最初のガイドレ
ール1を前記仮設足場7上に乗った作業員が昇降路3の
内壁にレールブラケット8を用いて仮止めし、この上端
に次に吊上げられて来るガイドレール1の下端を合わせ
て連結金具9により連結すると共に、このガイドレール
1も昇降路3の内壁にレールブラケット8を用いて仮止
めすると行った具合に、次々とガイドレール1を一本ず
つ吊上げて、それらガイドレール1を下から順次上方に
継ぎ足すように連結金具9で連結しながら、各々昇降路
3の内壁にレールブラケット8により仮止めして、最上
部まで付設する。そして、最終的にはその上下一連のガ
イドレール1を段差なく規定位置に鉛直状態に位置決め
するように芯出し調整して付設作業を終了する。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】ところで、前述した従
来のガイドレールの付設方法では、必要本数のガイドレ
ール1を一本ずつ昇降路3内に一旦引き込んで仮置きし
た後、それらガイドレール1を一本ずつ昇降路3内に順
次吊上げる作業を何回も繰り返さなければならず、しか
も昇降路3内の仮設足場7に乗った作業員が次々と吊上
げられて来るガイドレール1に連結金具9を締結して該
レール相互を連結すると共に、昇降路3の内壁に多数の
レールブラケット8を取付けて各ガイドレール1を固定
して行かなければならない。
【0006】このために、昇降路3内でのガイドレール
1の吊上げ、及び連結金具9やレールブラケット8など
の部品の運び上げ供給、並びにそれら連結金具9やレー
ルブラケット8の取付けなど、面倒できつい繰り返し作
業が非常に多く、多大な時間を要し非能率的であったと
共に、そうした殆どの作業を昇降路3内の暗く高所で行
わなければならないので、作業性が悪く、作業員の危険
を招くと共に、細心の注意を払って慎重に作業を行わな
いと、ガイドレール1の先端ガイド面部に傷を付け易
く、施工後のかご案内走行に支障をきたして乗り心地の
悪化名度の不都合を招くなどの問題があった。
【0007】本発明は前記事情に鑑みなされ、その目的
とするところは、昇降路の入口に通じる作業条件の良い
乗場等のフロア上で非常に簡便且つ確実にガイドレール
の連結作業とレールブラケットの取付作業を行いなが
ら、それらガイドレールを昇降路内に順次連ねて引き込
み吊り上げ付設でき、非常に作業性に優れて、作業環境
の悪い昇降路内での作業の大幅な軽減が図れると共に、
高能率化が図れ、且つガイドレールの先端ガイド面部の
損傷などの不具合を少なくできるエレベータ用ガイドレ
ール付設方法を提供することにある。
【0008】
【課題を解決するための手段】本発明のエレベータのガ
イドレール付設方法は、前記目的を達成するために、エ
レベータ昇降路の入口に通じるフロア上に作業台を設置
し、この作業台上に所要本数のガイドレールを順番に寝
かせて直列状態に次々と載せると共に、これらガイドレ
ール相互端部を連結金具により屈曲可能に連結し、且つ
そのガイドレールに所要個数のレールブラケットを取付
けながら、それらガイドレールをこの先頭のものから揚
重機により昇降路内に順次連ねて引き込んで吊り上げ該
昇降路内に付設することを特徴とする。
【0009】
【作用】前述のエレベータのガイドレール付設方法であ
れば、ガイドレールを昇降路の入口に通じるフロアに設
置した作業台上に寝かせる状態に載せ、その状態で各ガ
イドレールの連結金具による連結作業と各ガイドレール
へのレールブラケットの取付作業とを行うので、従来の
如く昇降路内の高く狭い暗所の足場上で行う場合に比
し、明るく平坦で非常に作業条件が良く、そのレール連
結作業及びレールブラケット取付け作業が簡便且つ確実
にしかも安全にでき、ガイドレールの先端ガイド面部を
傷付けることが少なくなる。また、昇降路外部でガイド
レール相互端部を連結金具により屈曲可能に連結するの
で、そのガイドレールを連結した状態のまま何ら支障な
く昇降路内に入口から順次連ねて引き込んで吊り上げて
行けるようになり、従来の如くガイドレールを一本ずつ
昇降路内に引き込んで更に一本ずつ吊り上げると言った
面倒な繰り返し作業が不要となると共に、その昇降路内
高所への連結金具やレールブラケットなどの部品供給及
びそれらの取付作業が軽減されて、作業能率が大幅に向
上するようになる。
【0010】
【実施例】以下、本発明のエレベータのガイドレール付
設方法の一実施例を図1乃至図4に基づいて説明する。
なお、図中前述の図5及び図6で示した構成と重複する
ものには同一符号を付して説明の簡略化を図る。
【0011】まず、説明の便宜上、本発明のエレベータ
のガイドレール付設方法に使用する用具や部品について
先に説明する。図1及び図2に示す如く複数の作業台1
0を用いる。これら各作業台10は、フロア4上にボル
ト11により固定されるハット形状の台座12と、この
台座12上に左右のフレーム13を介し回転自在に横設
された水平支持ローラ14と、これより後側のフレーム
15を介し回転自在に立設された左右一対の垂直ガイド
ローラ16,16とを備えてなる。その水平支持ローラ
14上に断面T字形のガイドレール1をうつぶせ状態
(先端ガイド面部1aが下側に来る状態)に寝せて載せ
ることで、そのガイドレール1の先端ガイド面部1aを
傷付けずに、該ガイドレール1の重量を水平支持ローラ
14で支えると共に、左右の垂直ガイドローラ16,1
6でガイドレール1の左右方向への倒れを防止しながら
移動可能に案内する構成である。
【0012】これらの作業台10上に載せられる1番目
のガイドレール1の先端に吊上用金具17を取付ける。
これは図5で示したと同様に昇降路3上部の機械室より
垂下された電動ウインチ等の揚重機5の吊上げロープ6
のフック6aにより引っ掛けられて、ガイドレール1を
支持したまま昇降路3内に引き込み吊上げられる鎖状の
ものである。
【0013】また、ガイドレール1の相互端部を屈曲可
能に連結する連結金具18は、図3に示す如く、互いに
ヒンジピン19により蝶番の如く回動可能に連結された
鋼板製の一対の接続板20,21を備えてなる。その一
方の接続板20は両ガイドレール1,1のフランジ部1
b,1b相互の背面に跨がって当てがいられる比較的長
尺な長方形板状をなし、この接続板20の長手方向両端
寄りと中間とに左右一対ずつ合計6個の締結穴20a,
20b,20cが形成されている。この一方の接続板2
0の基端側及び中間の計4個の締結穴20a,20bと
一方のガイドレール1のフランジ部1bに形成した4個
の締結穴(図示せず)とに各々締結ボルト22を通して
ナット23を締め付けることで、該一方の接続板20を
一方のガイドレール1のフランジ部1bに締結できると
共に、その先端側2個の締結穴20cと他方のガイドレ
ール1のフランジ部1bに形成した2個の締結穴1cと
に各々締結ボルト24を通してナット25を締め付ける
ことで、該一方の接続板20の先端部を他方のガイドレ
ール1のフランジ部1bに締結できる構成である。ま
た、前記他方の接続板21は他方のガイドレール1のフ
ランジ部1bの背面の端部寄りに当てがいられる比較的
短尺な長方形板状をなし、この接続板21の両端寄りに
も左右一対ずつ合計4個の締結穴21a,21bが形成
されている。この4個の締結穴21a,21bと他方の
ガイドレール1のフランジ部1bに形成した4個の締結
穴(図示せず)とに各々締結ボルト26を通してナット
27を締め付けることで、該他方の接続板21を他方の
ガイドレール1のフランジ部1bに締結できる構成とな
っている。
【0014】つまり、この連結金具18は、互いに蝶番
状にヒンジピン22で枢着された一対の接続板20,2
1のうち、その一方の接続板20を締結ボルト22とナ
ット23により一方のガイドレール1のフランジ部1b
に締結し、その先端側2個の締結穴20cには締結ボル
ト24を差し込まずに他方のガイドレール1のフランジ
部1bと締結しないでおき、他方の接続板21を締結ボ
ルト26とナット27で他方のガイドレール1のフラン
ジ部1bに締結することで、両ガイドレール1、1相互
端部を屈曲可能に連結でき、最後に前記一方の接続板2
0の先端側2個の締結穴20cに締結ボルト24を差し
込んで他方のガイドレール1のフランジ部1bと締結す
れば、該両ガイドレール1,1を互いに直線状態に保持
して連結できる構成である。
【0015】更に、ガイドレール1を昇降路3内壁に固
定するレールブラケット30は、図4に示す如く、アン
グル材よりなる2個のブラケット31,32と、左右一
対のレールクリップ33とを備えたもので、その両ブラ
ケット31と32は互いに逆向きにて重合して左右一対
ずつのボルト・ナット34により左右並びに前後調整可
能に結合されている。その一方のブラケット31は左右
一対の溶接ナット35を有し、これに各々締付けられる
締結ボルト36と前記左右一対のレールクリップ33と
でもってガイドレール1のフランジ部1bの背面に仮固
定でき、他方のブラケット32は左右一対の横長穴状の
取付穴32aが形成されて、昇降路3内壁に設けられる
アンカーボルト(図示せず)に締結できるようになって
いる。
【0016】しかして、前述した用具や部品を用いて必
要本数のガイドレール1を昇降路3内に付設する方法を
のべると、まず、図1に示す如く、エレベータ昇降路3
の最下階の入口3aに通じるフロア(乗場床)4上に複
数(3台以上)の作業台10を、ガイドレール1の単位
長さ(通常4〜5m)よりも狭い間隔で、且つ該入口3
aから反昇降路側に真っ直ぐ一列に配して設置する。
【0017】これらの作業台10の水平支持ローラ14
上に一番目のガイドレール1をうつぶせ状態(先端ガイ
ド面部1aが下側に来る状態)に寝せて載せる。この
際、そのガイドレール1の先端ガイド面部1aを傷付け
ないように、その先端ガイド面部1a下面を水平支持ロ
ーラ14で支えると共に、その先端ガイド面部1aめw
nの左右面を左右の垂直ガイドローラ16,16で案内
支持する。これでその1番目のガイドレール1を左右方
向に倒れることなく水平状態で真っ直ぐ入口3aに向か
って移動可能に搭載支持する。
【0018】こうして作業台10上に載せた1番目のガ
イドレール1の先端に吊上用金具17を取付け、これを
昇降路3上部の機械室より垂下した電動ウインチ等の揚
重機5の吊上げロープ6のフック6aに引っ掛けて、昇
降路3内に引き込み吊上げ可能にしておく。
【0019】この状態で、その1番目のガイドレール1
のフランジ部1bの背面に前記レールブラケット30を
左右のレールクリップ33を用いて取り付ける。そのガ
イドレール1に対するレールブラケット30の取付箇所
は昇降路3内壁の各固定箇所(アンカーボルトを突設し
た箇所)と対応する位置とする。一般的にはガイドレー
ル1本につき2箇所ずつである。
【0020】また、前記1番目のガイドレール1の後方
の作業台10の水平支持ローラ14上に2番目のガイド
レール1を前記同様に寝かせて載せ、この2番目のガイ
ドレール1の先端を1番目のガイドレール1の後端に接
合して直列状態となす。この状態でその両ガイドレール
1、1相互端部を前記連結金具18により屈曲可能に連
結する。
【0021】つまり、連結金具18の互いにヒンジピン
22で枢着された一対の接続板20,21のうち、その
一方の接続板20を締結ボルト22とナット23により
一方のガイドレール1のフランジ部1bに締結し、その
先端側2個の締結穴20cには締結ボルト24を差し込
まずに他方のガイドレール1のフランジ部1bと締結し
ないでおき、他方の接続板21を締結ボルト26とナッ
ト27で他方のガイドレール1のフランジ部1bに締結
する。これで両ガイドレール1、1は互いに背面側に屈
曲可能に連結される。
【0022】この状態で前記揚重機5を稼働させて、吊
上げロープ6により前記1番目のガイドレール1を引っ
張ることで、その1番目のガイドレール1とこれに連結
した2番目のガイドレール1とを連ねて作業台10の水
平支持ローラ14上を移動させ、該1番目のガイドレー
ル1を2番目のガイドレール1に対し連結金具18を介
し斜め上方に向け屈曲させながら入口3aから昇降路3
内に引き込んで上方に吊上げる。
【0023】そして、前記2番目のガイドレール1の先
端が入口3a付近に達したら、前記揚重機5を一時停止
し、その2番目のガイドレール1のフランジ部1bの背
面に前述同様にレールブラケット30を取り付けると共
に、その2番目のガイドレール1の後方の作業台10の
水平支持ローラ14上に3番目のガイドレール1を前記
同様に寝かせて載せ、この3番目のガイドレール1の先
端を2番目のガイドレール1の後端に直列状態に接合し
て連結金具18により屈曲可能に連結する。
【0024】そして、再度前記揚重機5を稼働させて、
吊上げロープ6により前記1番目のガイドレール1を更
に高く吊り上げることで、これに連なる2番目のガイド
レール1と3番目のガイドレール1とを作業台10の水
平支持ローラ14上を移動させ、その2番目のガイドレ
ール1も前記同様に3番目のガイドレール1に対し斜め
上方に向け屈曲させながら入口3aから昇降路3内に引
き込んで上方に吊上げる。
【0025】このようにして、以下4番目,5番目…の
ガイドレール1を次々と順番に寝かせて作業台10上に
載せて連結金具18により屈曲可能に連結すると共に、
そのガイドレール1に所要個数のレールブラケット30
を取付けながら、それらガイドレール1を前記1番目の
ものから揚重機5により昇降路3内に順次連ねて引き込
んで吊り上げる。そして最後のガイドレール1まで連ね
て昇降路3内に吊り上げたら、それら全ガイドレール1
を昇降路3内の所定位置に沿うように仮吊りする。その
後、昇降路3内をゴンドラなどで作業員が移動して、下
方からガイドレール1の各レールブラケット30を昇降
路3内壁のアンカーボルトに締結て行くと共に、その各
ガイドレール1の芯出し調整を行って、該レールブラケ
ット30を本締めして各ガイドレール1を固定する。こ
れで必要本数のガイドレール1の昇降路3内への付設作
業を終了する。
【0026】こうしたガイドレール付設方法であれば、
各ガイドレール1を昇降路3の入口3aに通じるフロア
4に設置した作業台10上に寝かせる状態に載せ、その
状態で各ガイドレール1の連結金具18による連結作業
と各ガイドレール1へのレールブラケット30の取付作
業とを行うので、従来の如く昇降路3内の高く狭い暗所
の足場上で行う場合に比し、明るく平坦で非常に作業条
件が良く、そのレール連結作業及びレールブラケット取
付け作業が簡便且つ確実にしかも安全にでき、ガイドレ
ールの先端ガイド面部を傷付けることが少なくなる。ま
た、昇降路3外部でガイドレール1相互端部を連結金具
18により屈曲可能に連結するので、そのガイドレール
1を連結した状態のまま何ら支障なく昇降路3内に入口
3aから順次連ねて引き込んで吊り上げて行けるように
なり、従来の如くガイドレール1を一本ずつ昇降路3内
に引き込んで更に一本ずつ吊り上げると言った面倒な繰
り返し作業が不要となると共に、その昇降路3内高所へ
の連結金具18やレールブラケット30などの部品供給
及びそれらの取付作業が軽減されて、作業能率が大幅に
向上するようになる。
【0027】なお、前述した実施例において、高ライズ
のエレベータでガイドレール1の本数が非常に多い場合
は、前記作業台10上でのガイドレール1への連結金具
18やレールブラケット30の取付けを簡易ロボット等
で自動化することも考えられる。また、連結金具18を
工夫すれば、各ガイドレール1をうつぶせでなく横向き
に寝せて屈曲可能に連結することも可である。更には、
電動ウインチ等の揚重機5の容量によっては、前述のガ
イドレール1の昇降路3内への引き込み吊り上げ作業を
複数本ずつ数回に分けて行うようにしても良い。
【0028】
【発明の効果】本発明のエレベータ用ガイドレールの付
設方法は、前述の如くなしたから、昇降路の入口に通じ
る作業条件の良い乗場等のフロア上で非常に簡便且つ確
実にガイドレールの連結作業とレールブラケットの取付
作業を行いながら、それらガイドレールを昇降路内に順
次連ねて引き込み吊り上げ付設でき、非常に作業性に優
れて、作業環境の悪い昇降路内での作業の大幅な軽減と
安全性が図れると共に、高能率化が図れ、且つガイドレ
ールの先端ガイド面部の損傷などの不具合を少なくでき
る効果が得られる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明のエレベータ用ガイドレールの付設方法
の一実施例を示すガイドレール吊り込み作業状態図。
【図2】図1のA−A線に沿う一部切欠した断面図。
【図3】図1のB部分の一部分解した拡大斜視図。
【図4】図1のC部分の一部分解した拡大斜視図。
【図5】従来のエレベータ用ガイドレールの付設方法を
示すガイドレール吊り込み作業状態図。
【図6】同上従来例のガイドレール吊り上げ連結作業状
態図。
【符号の説明】
1…ガイドレール、3…昇降路、3a…入口、4…フロ
ア、5…揚重機、6…吊上げロープ、10…作業台、1
8…連結金具、30…レールブラケット。

Claims (1)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 エレベータ昇降路の入口に通じるフロア
    上に作業台を設置し、この作業台上に所要本数のガイド
    レールを順番に寝かせて直列状態に次々と載せると共
    に、これらガイドレール相互端部を連結金具により屈曲
    可能に連結し、且つそのガイドレールに所要個数のレー
    ルブラケットを取付けながら、それらガイドレールをこ
    の先頭のものから揚重機により昇降路内に順次連ねて引
    き込んで吊り上げ該昇降路内に付設することを特徴とす
    るエレベータのガイドレール付設方法。
JP34320191A 1991-12-25 1991-12-25 エレベータのガイドレール付設方法 Pending JPH05178561A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34320191A JPH05178561A (ja) 1991-12-25 1991-12-25 エレベータのガイドレール付設方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34320191A JPH05178561A (ja) 1991-12-25 1991-12-25 エレベータのガイドレール付設方法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05178561A true JPH05178561A (ja) 1993-07-20

Family

ID=18359700

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34320191A Pending JPH05178561A (ja) 1991-12-25 1991-12-25 エレベータのガイドレール付設方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05178561A (ja)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1717186A1 (de) * 2005-04-27 2006-11-02 Inventio Ag Verfahren und Vorrichtung zur Installation von Führungsschienen in einem Aufzugsschacht
JP2006306621A (ja) * 2005-04-27 2006-11-09 Inventio Ag エレベータ昇降路にガイドレールを設置する方法および装置
WO2010136636A1 (en) * 2009-05-28 2010-12-02 Kone Corporation Method for installing the hoisting roping of an elevator
WO2018100636A1 (ja) * 2016-11-29 2018-06-07 三菱電機株式会社 エレベータ用ガイドレールおよびその製造方法
US20180170712A1 (en) * 2016-12-20 2018-06-21 Otis Elevator Company Foldable guide rail tracks for elevator systems
JP2020055660A (ja) * 2018-09-28 2020-04-09 三菱電機ビルテクノサービス株式会社 エレベーターの出入口に設けられる敷居および敷居の取り替え方法
WO2020081046A1 (en) 2018-10-15 2020-04-23 Kone Corporation Method and arrangement
WO2020261804A1 (ja) * 2019-06-24 2020-12-30 株式会社日立ビルシステム ガイドレールの敷設方法及び回転防止治具
EP3766820A1 (en) * 2019-07-16 2021-01-20 KONE Corporation A method and an arrangement for elevator guide rail installation
KR102280379B1 (ko) * 2020-11-17 2021-07-21 김영칠 승강로에서의 가이드 레일 설치를 위한 방법
US11365095B2 (en) * 2019-07-16 2022-06-21 Kone Corporation Method and an arrangement for installing elevator guide rails into an elevator shaft

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1717186A1 (de) * 2005-04-27 2006-11-02 Inventio Ag Verfahren und Vorrichtung zur Installation von Führungsschienen in einem Aufzugsschacht
JP2006306621A (ja) * 2005-04-27 2006-11-09 Inventio Ag エレベータ昇降路にガイドレールを設置する方法および装置
AU2006201735B2 (en) * 2005-04-27 2011-11-10 Inventio Ag Method and device for installation of guide rails in a lift shaft
KR101240081B1 (ko) * 2005-04-27 2013-03-06 인벤티오 아게 승강기 통로에 안내 레일의 설치를 위한 방법 및 장치
WO2010136636A1 (en) * 2009-05-28 2010-12-02 Kone Corporation Method for installing the hoisting roping of an elevator
CN102448866A (zh) * 2009-05-28 2012-05-09 通力股份公司 用于安装电梯的提升绳索的方法
US8720032B2 (en) 2009-05-28 2014-05-13 Kone Corporation Method for installing the hoisting roping of an elevator
JPWO2018100636A1 (ja) * 2016-11-29 2019-06-24 三菱電機株式会社 エレベータ用ガイドレールおよびその製造方法
WO2018100636A1 (ja) * 2016-11-29 2018-06-07 三菱電機株式会社 エレベータ用ガイドレールおよびその製造方法
CN109982956A (zh) * 2016-11-29 2019-07-05 三菱电机株式会社 电梯用导轨及其制造方法
US20180170712A1 (en) * 2016-12-20 2018-06-21 Otis Elevator Company Foldable guide rail tracks for elevator systems
EP3339230A1 (en) * 2016-12-20 2018-06-27 Otis Elevator Company Foldable guide rail tracks for elevator systems
JP2020055660A (ja) * 2018-09-28 2020-04-09 三菱電機ビルテクノサービス株式会社 エレベーターの出入口に設けられる敷居および敷居の取り替え方法
EP3867188A4 (en) * 2018-10-15 2022-04-27 KONE Corporation METHOD AND ARRANGEMENT
WO2020081046A1 (en) 2018-10-15 2020-04-23 Kone Corporation Method and arrangement
US11851304B2 (en) 2018-10-15 2023-12-26 Kone Corporation Method and arrangement
WO2020261804A1 (ja) * 2019-06-24 2020-12-30 株式会社日立ビルシステム ガイドレールの敷設方法及び回転防止治具
EP3766820A1 (en) * 2019-07-16 2021-01-20 KONE Corporation A method and an arrangement for elevator guide rail installation
US11365095B2 (en) * 2019-07-16 2022-06-21 Kone Corporation Method and an arrangement for installing elevator guide rails into an elevator shaft
US11661316B2 (en) 2019-07-16 2023-05-30 Kone Corporation Method and an arrangement for elevator guide rail installation
KR102280379B1 (ko) * 2020-11-17 2021-07-21 김영칠 승강로에서의 가이드 레일 설치를 위한 방법

Similar Documents

Publication Publication Date Title
TWI361793B (en) Method and device for installation of guide rails in a lift shaft
JP6467097B1 (ja) モノレール式ゴンドラ
US4738335A (en) Scaffolding system for performing a work on an outer wall surface of a building
JPH05178561A (ja) エレベータのガイドレール付設方法
JPH0220354Y2 (ja)
JP3432455B2 (ja) ウィンチ装置およびこれを用いた出窓の設置方法
WO2023193403A1 (zh) 一种成排管束吊装工装及其施工方法
WO2007066667A1 (ja) エレベータの重量物仮置装置および重量物の据付方法
JP3250764B2 (ja) 建物の外装カーテンウォール組立装置
JP2748812B2 (ja) エレベーター用のガイドレール吊上げ装置
EP1647512A1 (en) Working scaffold system of elevator
JPH08245116A (ja) エレベータの据付工法
JPH092774A (ja) 重量物吊り装置
JPH05319729A (ja) エレベータのガイドレール付設作業装置及びその装置を用いたガイドレール付設作業法
JPH05229766A (ja) エレベーターの昇降体固定装置
JP2513802B2 (ja) エレベ―タのガイドレ―ル揚重用補助装置
JPH04354782A (ja) エレベータ用ガイドレールの連結構造及び同ガイドレールの付設方法
JPH10121713A (ja) 荷取りステージ及びその取付け方法
JP4125027B2 (ja) 荷重受けブラケット
JP2002060158A (ja) エレベーターの据付工法
JPH09202563A (ja) エレベータの据付方法
CN217000787U (zh) 一种电梯井免拆卸式提升平台装置
CN220578705U (zh) 高空管道固定架提升安装装置
KR102621157B1 (ko) 곤도라 확장용 발판
JP5130720B2 (ja) 昇降式ステージ足場