JP4689910B2 - 新規組成物 - Google Patents

新規組成物 Download PDF

Info

Publication number
JP4689910B2
JP4689910B2 JP2001521339A JP2001521339A JP4689910B2 JP 4689910 B2 JP4689910 B2 JP 4689910B2 JP 2001521339 A JP2001521339 A JP 2001521339A JP 2001521339 A JP2001521339 A JP 2001521339A JP 4689910 B2 JP4689910 B2 JP 4689910B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
antigen
vaccine composition
hpv
composition according
vaccine
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001521339A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2003508495A5 (ja
JP2003508495A (ja
Inventor
アンヌ セシール ウェッテンドルフ,マルティーヌ
モハンマド スラウイ モンセフ
Original Assignee
グラクソスミスクライン バイオロジカルズ ソシエテ アノニム
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to GB9921146A priority Critical patent/GB9921146D0/en
Priority to GB9921146.8 priority
Application filed by グラクソスミスクライン バイオロジカルズ ソシエテ アノニム filed Critical グラクソスミスクライン バイオロジカルズ ソシエテ アノニム
Priority to PCT/EP2000/008784 priority patent/WO2001017551A2/en
Publication of JP2003508495A publication Critical patent/JP2003508495A/ja
Publication of JP2003508495A5 publication Critical patent/JP2003508495A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4689910B2 publication Critical patent/JP4689910B2/ja
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C07ORGANIC CHEMISTRY
    • C07KPEPTIDES
    • C07K16/00Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies
    • C07K16/08Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies against material from viruses
    • C07K16/081Immunoglobulins [IGs], e.g. monoclonal or polyclonal antibodies against material from viruses from DNA viruses
    • C07K16/084Papovaviridae, e.g. papillomavirus, polyomavirus, SV40, BK virus, JC virus
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K39/12Viral antigens
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K39/12Viral antigens
    • A61K39/29Hepatitis virus
    • A61K39/292Serum hepatitis virus, hepatitis B virus, e.g. Australia antigen
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K39/39Medicinal preparations containing antigens or antibodies characterised by the immunostimulating additives, e.g. chemical adjuvants
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B09DISPOSAL OF SOLID WASTE; RECLAMATION OF CONTAMINATED SOIL
    • B09CRECLAMATION OF CONTAMINATED SOIL
    • B09C1/00Reclamation of contaminated soil
    • EFIXED CONSTRUCTIONS
    • E02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
    • E02DFOUNDATIONS; EXCAVATIONS; EMBANKMENTS; UNDERGROUND OR UNDERWATER STRUCTURES
    • E02D3/00Improving or preserving soil or rock, e.g. preserving permafrost soil
    • E02D3/11Improving or preserving soil or rock, e.g. preserving permafrost soil by thermal, electrical or electro-chemical means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K2039/51Medicinal preparations containing antigens or antibodies comprising whole cells, viruses or DNA/RNA
    • A61K2039/525Virus
    • A61K2039/5258Virus-like particles
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K2039/555Medicinal preparations containing antigens or antibodies characterised by a specific combination antigen/adjuvant
    • A61K2039/55505Inorganic adjuvants
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K2039/555Medicinal preparations containing antigens or antibodies characterised by a specific combination antigen/adjuvant
    • A61K2039/55511Organic adjuvants
    • A61K2039/55572Lipopolysaccharides; Lipid A; Monophosphoryl lipid A
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K2039/57Medicinal preparations containing antigens or antibodies characterised by the type of response, e.g. Th1, Th2
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K39/00Medicinal preparations containing antigens or antibodies
    • A61K2039/70Multivalent vaccine
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
    • C12N2710/00MICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA dsDNA Viruses
    • C12N2710/00011MICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA dsDNA Viruses dsDNA Viruses
    • C12N2710/20011Papillomaviridae
    • C12N2710/20023Virus like particles [VLP]
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
    • C12N2710/00MICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA dsDNA Viruses
    • C12N2710/00011MICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA dsDNA Viruses dsDNA Viruses
    • C12N2710/20011Papillomaviridae
    • C12N2710/20034Use of virus or viral component as vaccine, e.g. live-attenuated or inactivated virus, VLP, viral protein
    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C12BIOCHEMISTRY; BEER; SPIRITS; WINE; VINEGAR; MICROBIOLOGY; ENZYMOLOGY; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING
    • C12NMICROORGANISMS OR ENZYMES; COMPOSITIONS THEREOF; PROPAGATING, PRESERVING OR MAINTAINING MICROORGANISMS; MUTATION OR GENETIC ENGINEERING; CULTURE MEDIA
    • C12N2730/00Reverse Transcribing DNA Viruses
    • C12N2730/00011Reverse Transcribing DNA Viruses
    • C12N2730/10011Hepadnaviridae
    • C12N2730/10111Orthohepadnavirus, e.g. hepatitis B virus
    • C12N2730/10134Use of virus or viral component as vaccine, e.g. live-attenuated or inactivated virus, VLP, viral protein
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A50/00TECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE in human health protection
    • Y02A50/30Against vector-borne diseases, e.g. mosquito-borne, fly-borne, tick-borne or waterborne diseases whose impact is exacerbated by climate change
    • Y02A50/46Medical treatment of waterborne diseases characterized by the agent
    • Y02A50/462The waterborne disease being caused by a virus
    • Y02A50/463The waterborne disease being caused by a virus the virus being the Hepatitis A virus [HAV]
    • Y02A50/464The waterborne disease being caused by a virus the virus being the Hepatitis A virus [HAV] the medicinal preparation containing antigens or antibodies, e.g. vaccines, antisera

Description

【0001】
本発明は、新規のワクチン処方物、それらの製造方法ならびに療法におけるそれらの使用に関する。特に本発明は、青年への投与のための混合ワクチンに関する。
【0002】
パピローマウイルスは小型DNA腫瘍ウイルスであって、これらは高度に種特異的である。今までのところ、70を上回る個々のヒトパピローマウイルス(HPV)遺伝子型が記載されている。HPVは一般に、皮膚(例えばHPV−1および−2)または粘膜表面(例えばHPV−6および−11)に特異的であり、通常は、数ヶ月または数年間存続する良性腫瘍(いぼ)を生じる。このような良性腫瘍は、当該個体を悩ませている可能性はあるが、しかし2〜3の例外を除いて、生命を脅かす傾向はない。
【0003】
いくつかのHPVは癌とも関連する。HPVとヒト癌との間の最強の正の関連は、HPV−16およびHPV−18ならびに子宮頸癌との間に存在するものである。子宮頸癌は、発展途上国における最も一般的な悪性疾患であり、毎年世界中で約500,000例の新規症例が発生している。ワクチンを用いて、原発性HPV−16感染を、そして確立されたHPV−16含有癌をさえ相手にして活発に戦うことが、今日、技術的に実行可能である。HPV−16に対する予防的および治療的ワクチン接種の見込みに関する再検討のためには、Cason J., Clin. Immunother. 1994; 1(4) 293-306およびHagenesee M.E., Infections in Medicine 1997 14(7) 555-556,559-564を参照されたい。
【0004】
その他の特定の当該HPVは、血清型31、33および45である。
今日、種々の種類のHPVが単離されており、そして細菌におけるクローニングの助けを借りて、ならびにさらに近年ではPCR増幅により、特性化されてきた。HPVゲノムの分子編成は、十分に特性化されたウシ1型パピローマウイルス(BPV1)との比較に基づいて定義されてきた。
【0005】
小変異は起こらないが、しかし記載された全てのHPVゲノムは少なくとも7つの初期遺伝子、即ちE1〜E7と、2つの後期遺伝子、即ちL1およびL2を有する。さらに、上流調節領域は、HPVゲノムのほとんどの転写事象を制御すると思われる調節配列を保有する。
【0006】
E1およびE2遺伝子は、それぞれウイルス複製および転写制御に関与し、ウイルス取り込みにより崩壊される傾向がある。E6およびE7、ならびに近年の証拠関連物であるE5も、ウイルス形質転換に関与する。
【0007】
子宮頸癌に関与するHPV、例えばHPV16および18では、腫瘍形成過程はウイルスDNAの組込み後に開始する。組込みは、キャプシドタンパク質L1およびL2をコードする遺伝子の不活性化を、ならびに正常細胞分化および癌腫の発症の漸次損失をもたらす2つの初期タンパク質E6およびE7の連続的過剰発現のインストールを生じる。
【0008】
子宮頸の癌腫は女性において一般的であり、前癌性中間段階を経て侵襲性癌腫に発達し、これはしばしば死に至る。疾患の中間段階は子宮頸上皮細胞新形成として知られており、漸増的重症度に換算してI〜IIIに等級付けされる。
【0009】
臨床的には、女性肛門生殖器のHPV感染は、その特徴が子宮頸扁平上皮の主に浅在性および中間細胞に影響を及ぼす空胞細胞症である子宮頸部扁平コンジローマとして現れる。
【0010】
ウイルスの細胞変性効果の結果である空胞細胞は、核周囲透明輪を有する多核化細胞として現れる。上皮は、病変のいぼ状外見に関与する異常角質化により肥厚される。
【0011】
このような扁平コンジローマは、HPV16または18血清型に対して陽性である場合、それら自体が侵襲性子宮頸癌の前駆病変とみなされる子宮頸上皮内新形成(CIN)および癌腫in situ(CIS)に発達するための高危険因子である。
【0012】
WO96/19496は、ヒトパピローマウイルスE6およびE7タンパク質の変異体、特にE6およびE7タンパク質の両方に欠失を有するE6/E7の融合タンパク質を開示する。これらの欠失融合タンパク質は、免疫原性であるといわれている。
【0013】
HPV L1ベースのワクチンは、WO94/00152、WO94/20137、WO93/02184およびWO94/05792に開示されている。このようなワクチンは、モノマー、キャプソメアまたはウイルス様粒子としてL1抗原を含み得る。このような粒子はさらに、L2タンパク質を含み得る。L2ベースのワクチンは、例えばWO93/00436に記載されている。その他のHPVワクチンは、E7のような初期タンパク質またはL2−E7のような融合タンパク質を基礎にしている。
【0014】
HSV−2は、陰部ヘルペスの原発性病因作用物質である。HSV−2およびHSV−1(口唇ヘルペスの原因作用物質)は、主に神経節細胞において、急性疾患を誘導し、潜在性感染を確立するそれらの能力の両方により特性化される。
【0015】
陰部ヘルペスは、米国単独で約500万人に起こると概算され、毎年500,000の臨床例が報告されている(原発性および再発性感染)。原発性感染は、典型的には思春期後に生じ、2〜3週間存続する疼痛性皮膚病変の限局性出現を特徴とする。一次感染後6ヶ月以内に、患者の50%が疾患の再発を経験する。患者の約25%は、毎年、疾患の10〜15の再発エピソードを経験し得る。免疫無防備状態患者では、高頻度の再発の発生率は、正常患者集団よりも統計学的に高い。
【0016】
HSV−1およびHSV−2ウイルスはともに、ウイルスの表面に位置する多数の糖タンパク質構成成分を有する。これらは、gB、gC、gDおよびgE等として知られている。
【0017】
青年が特に罹患する傾向がある疾患を防止するために有効な混合ワクチンが必要とされている。
【0018】
本発明は、以下の:
(a)単純ヘルペスウイルス(HSV)抗原、および
(b)ヒトパピローマウイルス(HPV)抗原
を、TH1細胞応答の優先刺激剤であるアジュバントと組合せて含むワクチン組成物を提供する。
【0019】
本発明のワクチン組成物は、特にHSVおよび/またはHPV感染の恐れのある青年への投与のための大きな利点を有する。
【0020】
任意に、本発明のワクチン組成物はさらに、下記のような多数のその他の抗原のうちの1つ以上を含む。
【0021】
本発明のワクチン組成物は意外にも干渉を示さない、即ち、本発明の組成物中の各抗原に対する免疫応答が、TH1細胞応答の優先刺激剤であるアジュバントとともに別々に投与された各抗原により得られる応答と本質的に同一である、ということが見出された。
【0022】
1つ以上のB型肝炎抗原を含むB型肝炎感染の予防のためのワクチンが周知である。例えば、SmithKline Beecham Biologicalsからのワクチンであるエンゲリックス(Engerix)−B(商標)が、B型肝炎を防止するために用いられる。このワクチンは、B型肝炎表面抗原(特に、Harford et al. in Postgraduate Medical Journal, 1987, 63(Suppl.2), p65-70に記載されている226アミノ酸S抗原)を含み、アジュバントとして水酸化アルミニウムを用いて処方される。
【0023】
ワクチンハブリックス(Havrix)(商標)(これもSmithKline Beecham Biologicals)は、A型肝炎感染を防止するために用い得るワクチンの一例である。それは、アジュバントとして水酸化アルミニウムを用いて処方される。このワクチンは、ホルモル(ホルムアルデヒド)で不活性化されたHM−175A型肝炎ウイルスの弱毒化株を含む(Andre et al., Prog. Med. Virol., vol. 37, p1-24参照)。
【0024】
本明細書中で用いる場合、A型肝炎ウイルス(HAV)抗原という用語は、A型肝炎ウイルスからまたは例えばホルムアルデヒドにより任意に不活性化されたHAVの弱毒化株から得られるタンパク質をさすために用いられる。HAV抗原がA型肝炎ウイルス由来のタンパク質である場合、それは任意に組換え体タンパク質であり得る。
【0025】
ワクチントゥインリックス(Twinrix)(商標)は、組換え体B型肝炎抗原と前記の不活性化弱毒化A型肝炎ウイルスの組合せである。本ワクチンは、A型肝炎およびB型肝炎を同時に防御するために用い得る。
【0026】
欧州特許第0 339 667号(Chemo Sero)は、A型肝炎抗原とB型肝炎抗原を組合せて混合ワクチンを作製する一般概念を記載する。その明細書には、用いられるアジュバントは重要ではない:それは免疫活性を所望程度に強化し得るだけでなければならず、いかなる副作用も引き起こしてはならない、と記述されている。アルミニウムゲル、特に水酸化アルミニウムゲルおよびリン酸アルミニウムゲルを用い得ると記述されている。
【0027】
本発明のワクチン組成物は、HPVおよびHSV抗原のほかに、HAV抗原またはHBV抗原、さらに好ましくはHAV抗原とHBV抗原の両方の組合せを含み得る。
【0028】
このようなワクチンは、特にHSVおよび/またはHPV感染、および/またはHAV感染および/またはHBV感染の恐れのある青年への投与のために大きな利点を有する。
【0029】
免疫応答は、大きく2つの両極端の種類に分けられる。即ち体液性免疫応答と細胞性免疫応答である(伝統的にそれぞれ、防御の抗体および細胞エフェクターメカニズムにより特性化される)。これらの種類の応答は、TH1型応答(細胞性応答)およびTH2型免疫応答(体液性応答)と呼ばれてきた。
【0030】
極端なTH1型免疫応答は、抗原特異的ハプロタイプ制限細胞傷害性Tリンパ球およびナチュラルキラー細胞応答の発生により特性化され得る。マウスにおいては、TH1型応答はしばしばIgG2a亜型の抗体の生成により特性化されるが、一方、ヒトにおいては、これらはIgG1型抗体に対応する。TH2型免疫応答は、マウスにおけるIgG1を含めた一連の免疫グロブリンアイソタイプの生成により特性化される。
【0031】
これら2つの型の免疫応答の発現の背後の駆動力はサイトカインである、と考えられる。高レベルのTH1型サイトカインは、所定の抗原に対する細胞性免疫応答の誘導を援助する傾向があるが、一方、高レベルのTH2型サイトカインは、抗原に対する体液性免疫応答の誘導を援助する傾向がある。
【0032】
TH1型とTH2型の免疫応答の区別は、絶対的なものではない。実際は、個体は、主にTH1であるまたは主にTH2であると記載される免疫応答を支持する。しかしながら、MosmanとCoffman(Mosmann, T.R. and Coffman, R.L.(1989)TH1 and TH2 cells:different patterns of lymphokine secretion lead to different functional properties. Annual Review of Immunology, 7, p145-173)によりネズミCD4+veT細胞クローンで説明されたものに関してサイトカインのファミリーを考えるのがしばしば便利である。伝統的に、TH1型応答は、Tリンパ球によるINF−γサイトカインの産生に関連する。TH1型免疫応答の誘導にしばしば直接関連するその他のサイトカイン、例えばIL−12は、T細胞により産生されない。これに対比して、TH2型応答は、IL−4、IL−5、IL−6、IL−10および腫瘍壊死因子−β(TNF−β)の分泌に関連する。
【0033】
ある種のワクチンアジュバントはTH1またはTH2型サイトカイン応答の刺激に特に適していることが知られている。伝統的に、ワクチン接種または感染後の免疫応答のTH1:TH2平衡の最良の指標としては、抗原による再刺激後のin vitroのTリンパ球によるTH1またはTH2サイトカインの産生の直接測定、および/または抗原特異的抗体応答のIgG1:IgG2a比の(少なくともマウスにおける)測定が挙げられる。
【0034】
したがって、TH1型アジュバントは、in vitroで抗原により再刺激された場合に高レベルのTH1型サイトカインを産生するよう単離T細胞集団を刺激するものであり、TH1型アイソタイプに関連した抗原特異的免疫グロブリン応答を誘導する。
【0035】
TH1細胞応答の優先刺激を可能にするアジュバントは、国際特許出願WO94/00153およびWO95/17209に記載されている。
【0036】
3De−O−アシル化モノホスホリルリピドA(3D−MPL)は、このようなアジュバントの1つである。これは、GB 2220211(Ribi)から既知である。化学的には、それは3De−O−アシル化モノホスホリルリピドAと4、5または6アシル化鎖の混合物であり、Ribi Immunochem (Montana)により製造される。好ましい形態の3De−O−アシル化モノホスホリルリピドAは、欧州特許第0 689 454 B1号(SmithKline Beecham Biologicals SA)に開示されている。
【0037】
好ましくは、3−DMPLの粒子は、0.22μ膜を通して滅菌濾過されるのに十分に小さい(欧州特許第0 689 454号に記載)。3−DMPLは、10μg〜100μg、好ましくは25〜50μg/用量の範囲で存在し、この場合、抗原は典型的には2〜50μg/用量の範囲で存在する。
【0038】
別の好ましいアジュバントは、セッケンボクQuillaja Saponaria Molinaの樹皮から得られるQS21、Hplc精製非毒性分画を含む。任意に、これは、任意に担体と一緒に、3De−O−アシル化モノホスホリルリピドA(3−DMPL)と混和され得る。
【0039】
QS21の製造方法は、米国特許第5,057,540号に開示されている。
QS21を含有する非反応原性アジュバント処方物は、以前に記載されている(WO 96/33739)。QS21およびコレステロールを含むこのような処方物は、抗原と一緒に処方された場合に上首尾のTH1刺激アジュバントであることが示されている。したがって、本発明の一部を構成するワクチン組成物は、QS21およびコレステロールの組合せを含み得る。
【0040】
TH1細胞応答の優先刺激剤であるさらに別のアジュバントとしては、免疫調節性オリゴヌクレオチド、例えばWO 96/02555に開示されているような非メチル化CpG配列が挙げられる。
【0041】
例えば本明細書中に前記されたもののような異なるTH1刺激アジュバントの組合せも、TH1細胞応答の優先刺激剤であるアジュバントを提供するとして意図される。例えば、QS21は、3−DMPLと一緒に処方し得る。QS21:3−DMPLの比は、典型的には1:10〜10:1、好ましくは1:5〜5:1、そしてしばしば実質的には1:1のオーダーである。最適共同作用のための好ましい範囲は、2.5:1〜1:1の3−DMPL:QS21である。
【0042】
好ましくは、担体も本発明のワクチン組成物中に存在する。担体は、水中油型エマルション、またはアルミニウム塩、例えばリン酸アルミニウムまたは水酸化アルミニウムであり得る。
【0043】
好ましい水中油型エマルションは、代謝性油、例えばスクアレン、αトコフェロールおよびトゥイーン80を含む。さらに、水中油型エマルションは、スパン85および/またはレシチンおよび/またはトリカプリリンを含有し得る。
【0044】
特に好ましい局面では、本発明のワクチン組成物中の抗原は、3−DMPLおよびミョウバンと併合される。
【0045】
典型的には、ヒト投与のためには、QS21および3−DMPLは、1μg〜200μg、例えば10μg〜100μg、好ましくは10μg〜50μg/用量の範囲でワクチン中に存在する。典型的には、水中油は、2〜10%のスクアレン、2〜10%のαトコフェロールおよび0.3〜3%のトゥイーン80を含む。好ましくは、スクアレン:αトコフェロールは、これがより安定なエマルションを提供する場合、1またはそれ未満である。スパン85も、1%のレベルで存在し得る。いくつかの場合には、本発明のワクチンは安定剤をさらに含有するのが有益である。
【0046】
非毒性水中油型エマルションは、好ましくは非毒性油、例えばスクアランまたはスクアレン、乳化剤、例えばトゥイーン80を水性担体中に含有する。水性担体は、例えばリン酸塩緩衝化食塩水であり得る。
【0047】
水中油型エマルション中にQS21、3−DMPLおよびトコフェロールを包含する特に効力のあるアジュバント処方物は、WO 95/17210に記載されている。
【0048】
本発明の組成物中のHPV抗原は、好ましくはHPV16および/または18から、あるいはHPV6および/または11から、あるいはHPV31、33または45から得られる。
【0049】
好ましい一実施態様では、本発明のワクチン組成物中のHPV抗原は、HPVの主要キャプシドタンパク質L1、ならびに任意に、特にHPVおよび/またはHPVからのL2タンパク質を含む。この実施態様では、好ましい形態のL1タンパク質は切頭化L1タンパク質である。好ましくは、L1は、ウイルス様粒子(VLP)の形態である。L1タンパク質は、別のHPVタンパク質と、特にE7と融合して、L1−E7融合体を形成し得る。L1−EまたはL1−L2−Eを含むキメラVLPが特に好ましい。
【0050】
別の好ましい実施態様では、本発明の組成物中のHPV抗原は、E6またはE7タンパク質、特にT細胞エピトープを有する免疫学的融合相手に連結されたE6またはE7から得られる。
【0051】
本発明のこの実施態様の好ましい形態では、免疫学的融合相手は、B型インフルエンザ菌のプロテインDから得られる。好ましくは、プロテインD誘導体は、タンパク質のおよそ最初の1/3、特におよそ最初のN末端100〜110アミノ酸を含む。
【0052】
本発明のこの実施態様における好ましい融合タンパク質は、HPV16からのプロテインD−E6、HPV16からのプロテインD−E7、HPV18からのプロテインD−E7およびHPV18からのプロテインD−E6を含む。プロテインD部分は、好ましくはプロテインDの最初の1/3を含む。
【0053】
本発明のさらに別の実施態様では、HPV抗原は、特にHPV6および/またはHPV11からのL2−E7融合体の形態である。
【0054】
本発明のタンパク質は、好ましくは大腸菌中で発現される。好ましい実施態様では、5〜9、好ましくは6個のヒスチジン残基を含むヒスチジン尾を有するタンパク質が発現される。これらは、精製を促進するのに有益である。このようなタンパク質の製造の説明は、同時係属中の英国特許出願第9717953.5号に詳細に説明されている。
【0055】
ワクチン組成物中のHPV抗原は、Al(OH)3上に吸着され得る。
本発明の組成物中のHSV抗原は、好ましくはHSV−2から得られ、典型的には糖タンパク質Dである。糖タンパク質Dはウイルス膜上に位置し、感染細胞の細胞質中にも見出される(Eisenberg R.J. et al; J of Virol 1980, 35, 428-435)。それは、シグナルペプチドを含めた393のアミノ酸を含み、約60kDの分子量を有する。全てのHSVエンベロープ等タンパク質のうち、これはおそらくは最良に特性化されている(Cohen et al; J. of Virology, 60, 157-166)。インビボにおいては、細胞膜へのウイルス付着において中心的役割を演じることが知られている。さらに、糖タンパク質Dは、インビトロにおいて中和抗体を誘導し得ることが知られている(Eing et al J. Med. Virology 127:59-65)。しかしながら、患者の血清中の高中和抗体力価の存在にもかかわらず、潜在性HSV−2ウイルスは依然として再活性化され、そして疾患の再発を誘導し得る。
【0056】
本発明の好ましい一実施態様では、HSV抗原は、その膜アンカー領域を欠く切頭化タンパク質のC末端にアスパラギンおよびグルタミンの付加を伴う、アミノ酸1〜306天然糖タンパク質を含む308アミノ酸の切頭化HSV−2糖タンパク質である。この形態のタンパク質としては、切断されて成熟283アミノ酸タンパク質を産生するシグナルペプチドが挙げられる。チャイニーズハムスター卵巣細胞におけるこのようなタンパク質の産生は、EP-B-139 417(Genentech)に記載されている。
【0057】
組換え体成熟HSV−2糖タンパク質D切頭体は、好ましくは本発明のワクチン処方物中に用いられ、rgD2tと呼ばれる。
【0058】
アジュバント3−DMPLとの組合せにおけるこのHSV−2抗原の組合せは、WO 92/16231に記載されている。
【0059】
B型肝炎ウイルス(HBV)抗原が本発明の組成物中に含まれる場合、これは、典型的にはB型肝炎表面抗原である。
【0060】
B型肝炎表面抗原(HBsAg)の調製は、十分に実証されている(例えば、Harford et al. in Develop. Biol. Standard 54, page 125(1983)、Gregg et al. in Biotechnology, 5, page479(1987)、EP-A-0 226 846、EP-A-0 299 108およびそれらの中の参考文献参照)。
【0061】
本明細書中で用いる場合、本明細書中で「HBsAg」または「HBS」と略記される「B型肝炎表面抗原」という表現は、HBV表面抗原の抗原性を表示するあらゆるHBsAg抗原またはその断片を含む。HBsAgS抗原の226アミノ酸配列(Tiollais et. Al. Nature, 317, 489(1985)およびその中の参考文献参照)のほかに、本明細書中に記載したようなHBsAgは、所望により、前記の参考文献中に、およびEP-A-0 278 940に記載されたような前S配列の全部または一部を含有する、と理解される。本明細書中に記載されているようなHBsAgは、変異体、例えばWO91/14703に記載された「エスケープ突然変異体」も指示し得る。さらに別の局面において、HBsAgは、欧州特許出願第0 414 374号にL*として記載されたタンパク質、即ち、そのアミノ酸配列がB型肝炎ウイルス大(L)タンパク質(adまたはay亜型)のアミノ酸配列の一部から成るタンパク質であって、タンパク質のアミノ酸配列が以下の:
(a)前記のLタンパク質の残基12〜52、その後の残基133〜145、その後の残基175〜400、あるいは
(b)前記のLタンパク質の残基12、その後の残基14〜52、その後の残基133〜145、その後の残基175〜400
いずれかから成ることを特徴とするタンパク質を含み得る。
【0062】
HBsAgは、欧州特許第0 198 474号または欧州特許第0 304 578号に記載されたポリペプチドも指示し得る。
【0063】
普通はHBsAgは粒子形態である。それは、Sタンパク質単独を含み得るし、あるいは複合粒子、例えば(L*、S)(ここで、L*は前記と同様であり、そしてSはB型肝炎表面抗原のS−タンパク質を意味する)として存在し得る。
【0064】
HBsAgは、WO93/24148に記載されているように、リン酸アルミニウム上に吸着され得る。
【0065】
好ましくは、本発明の処方物中に用いられるB型肝炎(HBV)抗原は、市販製品エンゲリックス−B(商標;SmithKline Beecham Biologicals)に用いられるようなHBsAgS抗原である。
【0066】
B型肝炎表面抗原を3−DMPLとともに含むワクチンは、欧州特許出願第0 633 784号に記載された。
【0067】
本発明の組成物中に含まれ得るさらに別の病原体からの抗原の例を、ここに記載する。
【0068】
ヘルペスウイルス群の一成員であるエプスタイン−バールウイルス(EBV)は、ヒトにおける原発性疾患として感染性単核細胞症を引き起こす。主としてそれは小児または青年に影響を及ぼす。平均成人集団の90%より多くが、末梢Bリンパ球中に生涯存続するEBVに感染している。ウイルスは終生耳下腺中で産生され、主に、ウイルスを落とす個体からの唾液の交換により蔓延する。EBVに感染した小児は大部分は無症候性であり、あるいは非常に軽度の症状を有するが、一方、感染した青年および成人は、発熱、咽頭炎および腺症を特徴とする典型的感染性単核細胞症を発症する。感染していた人々は、彼らの余生の間、抗EBV抗体を維持し、したがってさらなる感染に対して免疫される。
【0069】
その感染性のほかに、EBVはリンパ球を迅速分裂性細胞に変えることが示されており、したがって、アフリカバーキットリンパ腫(BL)を含めたいくつかの異なるリンパ腫に関係があった。EBVは、鼻咽頭癌(NPC)の発症にも関与し得る。世界中で、80,000例の鼻咽頭癌が発生すると概算され、そしてそれは中国人集団中においてより流行している。感染性単核細胞症は、EBVによる原発性感染の結果である。それは、さらに別の危険因子が存在しない場合、致命的疾患ではない。
【0070】
いわゆる膜抗原複合体を構成するEBVウイルスエンベロープの4つのタンパク質が記載されている。それらは通常は、gp220/350またはgp250/350あるいは単にgp250または350と呼ばれる(EP-A-151079参照)。gp350およびgp250に対する抗体は中和能力を有する、という説得力のある証拠がある。したがってこれらのタンパク質は、考え得るEBVワクチンの候補である。EBV関連疾患の予防および治療のためのgp250/350の適用についてのさらなる情報に関しては、欧州特許第0 173 254号を参照されたい。
【0071】
主なEBV表面糖タンパク質gp350/220は、細胞膜タンパク質CD21との相互作用を介してヒト標的細胞に感染する。gp350/220は、ヒトにおけるEBV中和抗体の一次標的であり、gp350/220のいくつかの形態は、EBV関連疾患に対して防御することが示されている。好ましくは、本発明のワクチン組成物はEBVのgp350を含むが、しかしその他の防御抗原も使用し得る。
【0072】
好ましい一局面において、本発明のワクチン組成物はさらに、水痘帯状ヘルペスウイルス抗原(VZV抗原)を含む。ワクチン処方物中に含入するためのVZVの適切な抗原としては、Longnecker et al., Proc Natl Acad Sci USA 84, 4303-4307(1987)により記載されたgpI−Vが挙げられる。
【0073】
好ましい実施態様では、gpI(米国特許第4,769,239号(Ellis等)参照)が用いられる。欧州特許第0 405 867 B1号も参照されたい。
【0074】
別の好ましい局面では、本発明のワクチン組成物はさらに、ヒトサイトメガロウイルス(HCMV)抗原を含む。HCMVは、ヘルペスウイルスのファミリーに属するヒトDNAウイルスである。HCMVは、世界のほとんどの地域において風土病性である。2つの集団の間で、HCMVは重篤な医学的症状に関与する。HCMVは、新生児の先天性欠陥の主因である。危険な状態にある第二の集団は、免疫無防備状態患者、例えばHIV感染に罹患した者、および移植を施されている患者である。臨床的疾患は、種々の症状、例えば発熱、肝炎、肺炎および感染性単核細胞症を引き起こす。HCMVに対するワクチンに用いるための好ましい抗原は、WO 95/31555に記載されているようなgB685**である。HCMVワクチン中に用いるための免疫原は、WO 94/00150(City of Hope)に記載されたHCMVマトリックスタンパク質であるpp65によっても提供される。
【0075】
好ましい一実施態様では、本発明のワクチン組成物はさらに、VZVおよびHCMV抗原の両方を、特に前記した抗原を含む。
【0076】
別の好ましい局面では、本発明のワクチン組成物はさらに、トキソプラスマ抗原を含む。トキソプラスマは、温血動物、例えばヒトにおけるトキソプラスマ症に関与する真正の細胞内原生動物寄生虫である。それは健常個体においては一般に臨床的には無症候性であるが、しかしトキソプラスマ症は、妊娠女性および免疫無防備状態患者においては重症合併症を引き起こし得る。トキソプラスマに対するワクチン中に用いるための好ましい抗原は、WO96/02654に記載されたようなSAG1(P30として知られている)またはWO92/11366に記載されたようなTg34である。
【0077】
好ましい一局面では、本発明のワクチン組成物はさらに、トキソプラスマ抗原と組合されたVZV抗原またはHCMV抗原、特に前記の抗原を含む。
【0078】
好ましい一局面において、本発明のワクチン組成物は、多価ワクチン、例えば4または5価ワクチンである。
【0079】
本発明の処方物は、低用量の抗原(例えば、5μgrg D2tという低い値)を用いる場合でさえ、防御免疫を誘導するのに非常に有効である。
【0080】
それらは原発性感染に対して優れた防御を提供し、特異的体液性(中和抗体)およびエフェクター細胞性(DTH)免疫応答の両方を有益に刺激する。
【0081】
本発明は、さらなる局面において、医学的療法に用いるための、特にヒトパピローマウイルス感染および単純ヘルペスウイルス感染に用いるための本明細書中に記載したようなワクチン処方物を提供する。
【0082】
本発明のワクチンは、抗原の免疫防御性を含有し、慣用的技法により調製し得る。
【0083】
ワクチン調製物は一般に、Pharmaceutical Biotechnology, Vol. 61 Vaccine Design-the subunit and ajuvant approach, edited by Powell and Newman, Plenurn Press, 1995. New Trends Developments in Vaccines, edited by Voller et al., University Park Press, Baltimore, Maryland, U.S.A. 1978に記載されている。リポソーム内封入は、例えば、米国特許第4,235,877号(Fullerton)により記載されている。タンパク質と高分子との結合は、例えば米国特許第4,372,945号(Likhite等)および米国特許第4,474,757号(Armor等)に開示されている。
【0084】
各ワクチン中のタンパク質の量は、典型的ワクチン中の有意の副作用を伴わずに免疫防御応答を誘導する量として選択される。このような量は、用いられる特定の免疫原によって変わる。一般に、各用量は1〜1000μg、好ましくは2〜100 μg、最も好ましくは4〜40 μgのタンパク質を含む、と予測される。特定のワクチンのための最適量は、被験者における抗体力価およびその他の応答の観察を含めた標準試験により確証し得る。初期ワクチン接種後、被験者は約4週間で追加免疫を受け得る。
【0085】
HPVまたはHSV感染に罹りやすい人々のワクチン接種のほかに、本発明の製剤組成物は、前記のウイルス感染に罹患している患者を免疫療法的に治療するために用い得る。
【0086】
本発明のさらに別の局面では、本明細書中に記載したような製造方法であって、ヒトパピローマウイルス抗原および単純ヘルペスウイルス抗原をTH−1と混合して、アジュバント、例えば3−DMPL、ならびに好ましくは担体、例えばミョウバンを混合することを包含する方法が提供される。
【0087】
所望により、本明細書中に記載したような多価ワクチンを提供するために、その他の抗原を、任意の便利な順に付加し得る。
【0088】
以下の実施例で本発明をさらに説明するが、本発明はこれらに限定されない。実施例1:AS04を用いて処方された一価または混合ワクチン中のHPV Ags/HB/gDの比較免疫原性
【0089】
序論
抗原の前吸着化モノバルクを用いたミョウバン/3−DMPL(AS04)と、あるいはAl(OH)3またはAlPO4上の3−DMPLとともに処方された4つの異なる抗原:
1.HPV16L1ウイルス様粒子(VLP−16)
2.HPV18L1ウイルス様粒子(VLP−18)
3.HPV−2のgD抗原
4.HBsAg
を用いて、Balb/Cマウスにおいて免疫原性試験を実施した。
3−DMPL/Al(OH)3処方物はAS04Dと呼ばれ、一方、3−DMPL/AlPO4ベースの処方物はAS04Cと呼ばれる。
【0090】
以下のワクチン:
1.VLP16+VLP18AS04D、
2.gD AS04D、
3.HBsAS04C
を査定し、これらのワクチンを併用する効力を評価した。
【0091】
この実験の目的は、以下のいずれかから作製された2つの異なるAS04組合せの免疫原性を比較することであった:
1.VLP16+VLP18およびgD。
2.VLP16+VLP18およびgDおよびHBsAg。
【0092】
実験プロトコールは、材料と方法の項に詳細に記載されている。
要するに、マウス10匹の群を、種々のAgベースの処方物を用いて、3週間に2回、筋肉内投与で免疫感作した。VLP、gDおよびHB Agに対する抗体応答、ならびにワクチン接種により誘導されるアイソタイププロフィールを、II後14日目にELISAによりモニタリングした。同時点で、サイトカイン産生(IFNγ/IL5))を、VLP、gDまたはHB抗原を用いた脾臓細胞のインビトロにおける再刺激後に分析した。
【0093】
材料と方法
処方物
処方物組成
アルミニウム塩上の3−DMPLを用いて処方されるVLP16、VLP18、gDおよびHB。
【0094】
使用構成成分
【0095】
【表1】
【0096】
吸着
a)VLP吸着
VLP16およびVLP18精製バルクをAl(OH)3に付加して、2 μgVLP/10 μgAl(OH)3を得た。最終処方まで、混合物を2〜8℃で貯蔵する。
b)gD吸着
2 μgのgDを10 μgのAlPO4と混合する。最終処方まで、混合物を2〜8℃で貯蔵する。
c)HB吸着
2 μgのHbを10 μgのAlPO4と混合する。最終処方まで、混合物を2〜8℃で貯蔵する。
d)3−DMPL吸着
5 μgの3−DMPLを10 μgのAl(OH)3と混合する。最終処方まで、混合物を2〜8℃で貯蔵する。
5 μgの3−DMPLを10 μgのAlPO4と混合する。最終処方まで、混合物を2〜8℃で貯蔵する。
【0097】
処方物
2OおよびNaClを混合(10x濃縮)し、室温で10分間撹拌後、異なる構成成分:即ち吸着化抗原、吸着化3−DMPLおよびAl(OH)3を付加する(下表参照)。それらを室温で10分間振盪し、注入まで4℃で貯蔵する。
【0098】
【表2】
【0099】
マウス血清学
抗VLP−16および抗VLP−18血清学
コーティング抗原としてVLP16503/1(20/12/99)およびVLP18504/2(25/10/99F)を用いたELISAにより、抗VLP16および抗VLP18抗体の定量を実施した。抗原および抗体溶液は、50 μl/ウエルで用いた。抗原をPBS中0.5 μg/mlの最終濃度で希釈し、4℃で一夜、96ウエル微小滴定プレート(Maxisorb Immuno-plate, Nunc, Denmark)のウエルに吸着させた。次に、1%ウシ血清アルブミンを含有するPBSとともにプレートを37℃で1時間インキュベートした。飽和緩衝液中の血清の2倍希釈液(1/400希釈液で出発)をVLP被覆プレートに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。プレートをPBS0.1%トゥイーン20で4回洗浄し、飽和緩衝液中に1/1500希釈したビオチン結合抗マウスIg(Amersham, UK)を各ウエルに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。洗浄段階後、飽和緩衝液中に1/1000希釈したストレプタビジン−ビオチニル化ペルオキシダーゼ複合体(Amersham, UK)を37℃でさらに30分間付加した。プレートを前記と同様に洗浄し、o−フェニレンジアミン(Sigma)、0.04%H22、0.1%トゥイーン20中の0.03%の0.05 Mクエン酸塩緩衝液、pH4.5の溶液とともに20分間インキュベートした。H2SO4を用いて反応を停止させて、490/630 nmで読取った。ソフトマックスプロ(4つのパラメーター方程式を使用)による参照からELISA力価を算定し、EU/mlで表した。
【0100】
抗gD血清学
コーティング抗原としてgD(gD43B318)を用いたELISAにより、抗gD抗体の定量を実施した。抗原および抗体溶液は、50 μl/ウエルで用いた。抗原をPBS中1 μg/mlの最終濃度で希釈し、4℃で一夜、96ウエル微小滴定プレート(Maxisorb Immuno-plate, Nunc, Denmark)のウエルに吸着させた。次に、1%ウシ血清アルブミンおよび0.1%トゥイーン20を含有するPBS(飽和緩衝液、100 μl/ウエル)とともにプレートを37℃で1時間インキュベートした。飽和緩衝液中の血清の2倍希釈液(1/100希釈液で出発)をgD被覆プレートに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。プレートをPBS0.1%トゥイーン20で4回洗浄し、飽和緩衝液中に1/1000希釈したビオチン結合抗マウスIgG1,IgG2a、IgG2bまたはIg(Amersham, UK)を各ウエルに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。洗浄段階後、飽和緩衝液中に1/1000希釈したストレプタビジン−ビオチニル化ペルオキシダーゼ複合体(Amersham, UK)を37℃でさらに30分間付加した。プレートを前記と同様に洗浄し、o−フェニレンジアミン(Sigma)、0.04%H22、0.1%トゥイーン20中の0.03%の0.05 Mクエン酸塩緩衝液、pH4.5の溶液とともに20分間インキュベートした。H2SO42 Nを用いて反応を停止させて、490/630 nmで読取った。ソフトマックスプロ(4つのパラメーター方程式を使用)による参照からELISA力価を算定し、EU/mlで表した。
【0101】
抗HB血清学
コーティング抗原としてHB(Hep286)を用いたELISAにより、抗HB抗体の定量を実施した。抗原および抗体溶液は、50 μl/ウエルで用いた。抗原をPBS中1 μg/mlの最終濃度で希釈し、4℃で一夜、96ウエル微小滴定プレート(Maxisorb Immuno-plate, Nunc, Denmark)のウエルに吸着させた。次に、1%ウシ血清アルブミンおよび0.1%トゥイーン20を含有するPBS(飽和緩衝液)とともにプレートを37℃で1時間インキュベートした。飽和緩衝液中の血清の2倍希釈液(1/100希釈液で出発)をHB被覆プレートに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。プレートをPBS0.1%トゥイーン20で4回洗浄し、飽和緩衝液中に1/1500希釈したビオチン結合抗マウスIg(Amersham, UK)、あるいはそれぞれ1/4000、1/8000、1/4000で希釈したIgG1、IgG2a、IgG2b(IMTECH, USA)を各ウエルに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。洗浄段階後、飽和緩衝液中に1/1000希釈したストレプタビジン−ビオチニル化ペルオキシダーゼ複合体(Amersham, UK)を37℃でさらに30分間付加した。プレートを前記と同様に洗浄し、o−フェニレンジアミン(Sigma)、0.04%H22、0.1%トゥイーン20中の0.03%の0.05 Mクエン酸塩緩衝液、pH4.5の溶液とともに20分間インキュベートした。H2SO42Nを用いて反応を停止させて、490/630 nmで読取った。ソフトマックスプロ(4つのパラメーター方程式を使用)による参照からELISA力価を算定し、EU/mlで表した。
【0102】
サイトカイン産生
二次免疫感作の2週間後に、マウスを屠殺し、脾臓を無菌的に摘出して、プールした。2 mMのL-グルタミン、抗生物質、5x10-5 Mの2−メルカプトエタノールおよび5%ウシ胎仔血清を含有するRPMI1640倍地(GIBCO)中に、細胞懸濁液を調製した。異なる濃度(10〜1 μg/ml)の各Ag(VLP、gDまたはHB抗原)を有する平底24ウエルプレート中で、5x106細胞/mlの最終濃度で脾臓細胞を培養した。上清を96時間後に収穫し、ELISAによりIFNγおよびIL5の存在に関して試験するまで凍結した。
【0103】
IFNγ(Genzyme)
Genzymeからの試薬を用いて、ELISAによりIFNγの定量を実施した。試料および抗体溶液は、50 μl/ウエルで用いた。炭酸塩緩衝液、pH9.5中で1.5 μg/mlに希釈したハムスター抗マウスIFNγ50μlとともに4℃で一夜、96ウエル微小滴定プレート(Maxisorb Immuno-plate, Nunc, Denmark)を被覆した。次に、1%ウシ血清アルブミンおよび0.1%トゥイーン20を含有するPBS(飽和緩衝液)100μlとともにプレートを37℃で1時間インキュベートした。飽和緩衝液中のin vitro刺激からの上清の2倍希釈液(1/2で出発)を抗IFNγ被覆プレートに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。プレートをPBS0.1%トゥイーン(洗浄緩衝液)で4回洗浄し、最終濃度0.5μg/mlで飽和緩衝液中に希釈したビオチン結合ヤギ抗マウスIFNγを各ウエルに付加し、37℃で1時間インキュベートした。洗浄段階後、飽和緩衝液中に1/10000希釈したAMDEX複合体(Amersham)を37℃で30分間付加した。プレートを前記と同様に洗浄し、50μlのTMB(Biorad)とともに10分間インキュベートした。H2SO40.4Nを用いて反応を停止させて、450/630 nmで読取った。ソフトマックスプロ(4つのパラメーター方程式を使用)により標準曲線(マウスIFNγ標準)を用いて濃度を算定し、pg/mlで表した。
【0104】
IL5(Pharmingen)
Pharmingenからの試薬を用いて、ELISAによりIL5の定量を実施した。試料および抗体溶液は、50 μl/ウエルで用いた。炭酸塩緩衝液、pH9.5中で1 μg/mlに希釈したラット抗マウスIL550μlとともに4℃で一夜、96ウエル微小滴定プレート(Maxisorb Immuno-plate, Nunc, Denmark)を被覆した。次に、1%ウシ血清アルブミンおよび0.1%トゥイーン20を含有するPBS(飽和緩衝液)100μlとともにプレートを37℃で1時間インキュベートした。飽和緩衝液中のin vitro刺激からの上清の2倍希釈液(1/2で出発)を抗IL5被覆プレートに付加し、37℃で1時間30分インキュベートした。プレートをPBS0.1%トゥイーン(洗浄緩衝液)で4回洗浄し、最終濃度1μg/mlで飽和緩衝液中に希釈したビオチン結合ラット抗マウスIL5を各ウエルに付加し、37℃で1時間インキュベートした。洗浄段階後、飽和緩衝液中に1/10000希釈したAMDEX複合体(Amersham)を37℃で30分間付加した。プレートを前記と同様に洗浄し、50μlのTMB(Biorad)とともに15分間インキュベートした。H2SO40.4Nを用いて反応を停止させて、450/630 nmで読取った。ソフトマックスプロ(4つのパラメーター方程式を使用)により標準曲線(組換え体マウスIL5)を用いて濃度を算定し、pg/mlで表した。
【0105】

以下の処方物を筋肉内的に用いて、10匹のBalb/Cマウスの群を免疫感作した。
【0106】
【表3】
【0107】
処方物の詳細は、材料と方法の項の表に前記されている。
【0108】
結果
1.血清学的知見
a)抗VLP16応答:
コーティング抗原としてVLP16503-1(20/12/99)を用いて、ELISAにより体液性応答(Ig)を測定した。II後14日目に、血清を分析した。
【0109】
図1は、II後14日目に個々の血清に関して測定した抗VLP16Ig抗体応答を示す。
【0110】
VLP、gDおよびHB Agの組合せ(群B)を用いて免疫感作後に得られた抗VLP16力価は、VLPおよびgDの組合せ(群A)または一価VLP処方物(群D)により得られたものよりわずかに低かった(それぞれ27578対48105 EU/ml対44448 EU/mlのGMT)。統計学的分析の前に、データ排除のために各集団に関して、T-Grubbs検定を適用した。群AおよびD中の2匹の非応答マウスを、分析のために除去した。
群間に観察された差は、Student Newman Keuls検定を用いて統計学的に有意でないことが示された。
【0111】
b)抗VLP18応答:
コーティング抗原としてVLP18504-2(25/10/99)を用いて、ELISAにより体液性応答(Ig)を測定した。II後14日目に、血清を分析した。
【0112】
図2は、II後14日目に個々の血清に関して測定した抗VLP18Ig抗体応答を示す。
【0113】
VLP、gDおよびHBの組合せ(群B)を用いて免疫感作後に得られた抗VLP18力価は、VLPおよびgDの組合せ(群A)または一価VLP処方物(群D)により得られたものよりわずかに低かった(それぞれ56078対88786 EU/ml対76991 EU/mlのGMT)。
【0114】
統計学的分析の前に、データ排除のために各集団に関して、T-Grubbs検定を適用した。群AおよびD中の2匹の非応答マウスを、分析のために除去した。
観察された差は、分散検定の一方向分析を用いて、統計学的に有意でないことが示された。
【0115】
c)抗gD応答:
コーティング抗原としてgDを用いて、ELISAにより体液性応答(Igおよびアイソタイプ)を測定した。II後14日目に、群BおよびFの血清を分析した。
【0116】
図3は、II後14日目に個々の血清に関して測定した抗gD抗体応答を示す。抗gD応答に関して、VLP/gD/HB組合せ(群B)により得られたGMTにおいて、gD単独(群C)またはVLP/gD組合せ(群A)と比較した場合に、わずかな低減が観察された(それぞれ、18631対32675対27058 EU/mlのGMT)。
【0117】
統計学的分析の前に、データ排除のために各集団に関して、T-Grubbs検定を適用した。群A中の2匹の非応答マウスを、分析のために除去した。
II後データの対数変換後に、抗gD力価に関して分散の一方向分析を実施した。3つの処方物間に統計学的有意差は観察されなかった。
【0118】
プール血清に関して分析されたアイソタイプ再分配は以下のとおりであった:
【0119】
【表4】
【0120】
3つの処方物により誘導されたアイソタイププロフィールに差異は観察されなかった。下表に報告されるように、主としてIgG1応答(IgG1の96〜97%)が、3群において誘導された。
【0121】
d)抗HB応答:
コーティング抗原としてHBsAg(Hep286)を用いて、ELISAにより体液性応答(Igおよびアイソタイプ)を測定した。II後14日目に、血清を分析した。
【0122】
図4は、II後14日目に個々の血清に関して測定した抗HB抗体応答を示す。VLP、gDおよびHB抗原を含有する組合せ群Bにおいて、HB単独(群E)と比較して、わずかに低い抗HB抗体応答が観察された(28996 EU/ml対20536 EU/mlのGMT)。
【0123】
II後データの対数変換後に、抗HB力価に関して分散の一方向分析を実施した。Student Newman Keuls検定を用いて、群B(VLP/HB/gD)対群E(HBAS04)間に、統計学的有意差は観察されなかった。
【0124】
プール血清に関して分析されたアイソタイプ再分配は以下のとおりであって、2つの群間に差異を示さず、IgG2aの一部は混合ワクチン中に保存された。
【0125】
【表5】
【0126】
2.細胞性免疫応答
細胞性免疫応答(IFNγ/IL5産生)を、VLP、gDまたはHB抗原を用いた脾臓細胞のインビトロにおける再刺激後、II後14日目に評価した。各群のマウスに関しては、5つの臓器のプールを設定した。
実験手法は、材料と方法の項に詳述されている。
【0127】
3.サイトカイン生産
a)VLP16および18によるインビトロにおける再刺激
図5は、VLP16による96時間インビトロにおける再刺激後の脾臓細胞でモニタリングされたサイトカイン生産を示す。
【0128】
図6は、VLP18による96時間インビトロにおける再刺激後の脾臓細胞でモニタリングされたサイトカイン生産を示す。
【0129】
明らかな用量範囲効果は、両サイトカイン産生に関していずれかのVLP抗原による再刺激のための10 μgおよび1 μgAg用量を用いて観察されなかった。全処方物に関して、明らかなTH−1プロフィールが観察された。
【0130】
【表6】
【0131】
b)gDによるインビトロにおける再刺激
図7は、gD抗原による96時間インビトロにおける再刺激後の脾臓細胞においてモニタリングされたサイトカイン生産を示す。
明らかな用量範囲効果は、再刺激のための10 μgおよび1 μgAg用量を比較した場合、観察されなかった。
【0132】
IFN−γは、IL−5に比して非常に高濃度で産生され(表3)、これは、評価された全群における免疫応答の明らかなTH−1プロフィールを示す(一価ワクチン対混合ワクチン)。
【0133】
【表7】
【0134】
c)HBによるインビトロにおける再刺激
図8は、HBによる96時間インビトロにおける再刺激後の脾臓細胞においてモニタリングされたサイトカイン生産を示す。
群Bに関して、有意レベルのIFN−γ生産が観察されたが、IL5生産は観察されなかった。表2に示されているように、群Bと比較して、より高いIFN−γの生産が観察された。しかしながら、IFN−γの高バックグラウンド値が、再刺激のための抗原を有さない対照に関する群E(HB一価)で観察された。非常に高いIFN−γ/IL−5比が一価ワクチンにより観察されたが、これは、強TH1応答が誘導されたことを示す。同様に、高IFN−γ/IL−5比が混合ワクチンにより測定され、これは、TH−1応答を誘導するこの処方物の能力を確証する。
【0135】
【表8】
【0136】
結論
【0137】
免疫原性に及ぼすAS04中に処方されたVLP/gDまたはVLP/HB Agの組合せの作用を、Balb/Cマウスで評価した。
血清学的分析に関しては、Ag組合せの干渉は、抗VLP、抗gDおよび抗HB血清学的知見に関しては観察されなかった。
【0138】
VLPおよびgDまたはVLP、gDおよびHB抗原の組合せは、gDおよびHB一価ワクチンにより表示される抗体応答のアイソタイププロフィールを妨げなかった。
サイトカイン評価に関しては、各一価ワクチンを用いて観察されたTH−1プロフィール(IFN−γ/IL−5比)は、混合ワクチン群により確証された。

Claims (10)

  1. 以下の:
    (a)単純ヘルペスウイスル(HSV)2gD抗原、
    (b)ヒトパピローマウイルス(HPV)L1抗原
    を、TH1細胞応答の優先刺激剤であるアジュバントとともに含む、ヒトパピローマウイルス感染及び単純ヘルペスウイルス感染の治療又は予防に好適なワクチン組成物であって、ここで、該組成物は、B型肝炎抗原を含まず、かつ、該TH1細胞応答の優先刺激剤は、3D−MPL、その粒子サイズが100nm未満である3D−MPL、QS21、QS21とコレステロールの混合物、及びCpGオリゴヌクレオチドからなるアジュバント群から選ばれる、前記ワクチン組成物
  2. 担体をさらに含む請求項1記載のワクチン組成物。
  3. 前記TH1細胞応答の優先刺激剤が3−DMPLである請求項1又は2に記載のワクチン組成物。
  4. アルムをさらに含む、請求項1〜3のいずれか1項に記載のワクチン組成物。
  5. 前記HSV抗原がHSV−2gDの切頭体である、請求項1〜4のいずれか1項に記載のワクチン組成物。
  6. 前記HPV抗原が、HPV6由来である、請求項1〜5のいずれか1項に記載のワクチン組成物
  7. 前記HPV抗原が、HPV11由来である、請求項1〜5のいずれか1項に記載のワクチン組成物
  8. 前記HPV抗原が、HPV16由来である、請求項1〜5のいずれか1項に記載のワクチン組成物
  9. 前記HPV抗原が、HPV18由来である、請求項1〜5のいずれか1項に記載のワクチン組成物
  10. 前記担体が水酸化アルミニウム、リン酸アルミニウムトコフェロール、及び水中油型エマルションからなる群から選択される請求項のいずれか1項に記載のワクチン組成物。
JP2001521339A 1999-09-07 2000-09-07 新規組成物 Expired - Fee Related JP4689910B2 (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
GB9921146A GB9921146D0 (en) 1999-09-07 1999-09-07 Novel composition
GB9921146.8 1999-09-07
PCT/EP2000/008784 WO2001017551A2 (en) 1999-09-07 2000-09-07 Combined vaccine compositions

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2003508495A JP2003508495A (ja) 2003-03-04
JP2003508495A5 JP2003508495A5 (ja) 2005-06-02
JP4689910B2 true JP4689910B2 (ja) 2011-06-01

Family

ID=10860520

Family Applications (2)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001521339A Expired - Fee Related JP4689910B2 (ja) 1999-09-07 2000-09-07 新規組成物
JP2003296403A Pending JP2004067696A (ja) 1999-09-07 2003-08-20 新規組成物

Family Applications After (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003296403A Pending JP2004067696A (ja) 1999-09-07 2003-08-20 新規組成物

Country Status (33)

Country Link
US (3) US6936255B1 (ja)
EP (3) EP1210113B1 (ja)
JP (2) JP4689910B2 (ja)
KR (1) KR100594668B1 (ja)
CN (2) CN1325117C (ja)
AR (1) AR025502A1 (ja)
AT (2) AT321569T (ja)
AU (1) AU766494B2 (ja)
BR (1) BR0014171A (ja)
CA (2) CA2384064C (ja)
CO (1) CO5280045A1 (ja)
CY (1) CY1107457T1 (ja)
CZ (2) CZ2002843A3 (ja)
DE (2) DE60027029T2 (ja)
DK (2) DK1210113T3 (ja)
ES (2) ES2253636T3 (ja)
GB (1) GB9921146D0 (ja)
GC (1) GC0000201A (ja)
HK (2) HK1048435A1 (ja)
HU (2) HU228687B1 (ja)
IL (3) IL158107D0 (ja)
MX (1) MXPA02002484A (ja)
MY (2) MY142842A (ja)
NO (3) NO332800B1 (ja)
NZ (2) NZ517621A (ja)
PL (2) PL201264B1 (ja)
PT (1) PT1210113E (ja)
SG (1) SG110072A1 (ja)
SI (2) SI1210113T1 (ja)
TR (1) TR200200607T2 (ja)
TW (1) TWI258374B (ja)
WO (1) WO2001017551A2 (ja)
ZA (2) ZA200306402B (ja)

Families Citing this family (62)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6207646B1 (en) 1994-07-15 2001-03-27 University Of Iowa Research Foundation Immunostimulatory nucleic acid molecules
US20060029617A1 (en) * 1997-10-03 2006-02-09 Charreyre Catherine E Porcine circovirus and Helicobacter combination vaccines and methods of use
FR2772047B1 (fr) 1997-12-05 2004-04-09 Ct Nat D Etudes Veterinaires E Sequence genomique et polypeptides de circovirus associe a la maladie de l'amaigrissement du porcelet (map), applications au diagnostic et a la prevention et/ou au traitement de l'infection
DK1733735T3 (en) 1998-05-22 2017-06-19 Ottawa Hospital Res Inst Methods and products for the induction of mucosal immunity
JP2003519084A (ja) 1998-10-16 2003-06-17 グラクソスミスクライン バイオロジカルズ ソシエテ アノニム ワクチン
US20050002958A1 (en) * 1999-06-29 2005-01-06 Smithkline Beecham Biologicals Sa Vaccines
GB9921147D0 (en) 1999-09-07 1999-11-10 Smithkline Beecham Biolog Novel composition
DE60126737T2 (de) * 2001-03-23 2007-11-08 Deutsches Krebsforschungszentrum Stiftung des öffentlichen Rechts Modifizierte HPV E6- und E7-Gene und -Proteine als Impfstoff
GB0110431D0 (en) * 2001-04-27 2001-06-20 Glaxosmithkline Biolog Sa Novel compounds
WO2004024182A2 (en) 2002-09-13 2004-03-25 Intercell Ag Method for isolating hepatitis c virus peptides
GB0206360D0 (en) * 2002-03-18 2002-05-01 Glaxosmithkline Biolog Sa Viral antigens
US7407807B2 (en) 2002-05-17 2008-08-05 University Of Cape Town Chimaeric human papillomavirus 16 I1 virus like particles and a method for preparing the particles
WO2004011650A2 (en) 2002-07-24 2004-02-05 Intercell Ag Antigens encoded by alternative reading frame from pathogenic viruses
EP1556077A2 (en) 2002-10-29 2005-07-27 Coley Pharmaceutical GmbH Use of cpg oligonucleotides in the treatment of hepatitis c virus infection
CA2502015A1 (en) 2002-12-11 2004-06-24 Coley Pharmaceutical Group, Inc. 5' cpg nucleic acids and methods of use
US7758866B2 (en) 2004-06-16 2010-07-20 Glaxosmithkline Biologicals, S.A. Vaccine against HPV16 and HPV18 and at least another HPV type selected from HPV 31, 45 or 52
AR053715A1 (es) * 2005-04-26 2007-05-16 Glaxosmithkline Biolog Sa Vacuna multivalente de vph
AR042530A1 (es) * 2002-12-20 2005-06-22 Glaxosmithkline Biolog Sa Vacuna que comprende particulas viroides del virus papiloma humano 16 y 18
US7858098B2 (en) * 2002-12-20 2010-12-28 Glaxosmithkline Biologicals, S.A. Vaccine
PE04342006A1 (es) * 2004-06-16 2006-06-08 Glaxosmithkline Biolog Sa Composicion inmunogenica que comprende plv o capsomeros de vph 16, vph 18 y al menos otro tipo de cancer de vph
WO2004084938A1 (en) * 2003-03-24 2004-10-07 Intercell Ag Improved vaccines
JP2006521321A (ja) * 2003-03-24 2006-09-21 インターツェル・アクチェンゲゼルシャフトIntercell Ag 免疫応答を促進するためのミョウバンおよびTh1免疫応答誘起アジュバントの使用
EP1877086A2 (en) * 2005-04-26 2008-01-16 GlaxoSmithKline Biologicals SA Vaccine
GB0413510D0 (en) * 2004-06-16 2004-07-21 Glaxosmithkline Biolog Sa Vaccine
US7833707B2 (en) 2004-12-30 2010-11-16 Boehringer Ingelheim Vetmedica, Inc. Methods of overexpression and recovery of porcine circovirus type 2 ORF2
EA012212B1 (ru) * 2005-02-16 2009-08-28 Новартис Вэксинес Энд Дайэгностикс, Инк. Адъювантная композиция, содержащая фосфат алюминия и 3d-mpl
JP4182074B2 (ja) 2005-03-03 2008-11-19 ファナック株式会社 ハンド及びハンドリングロボット
AU2006226458B2 (en) * 2005-03-23 2012-08-30 Glaxosmithkline Biologicals S.A. Novel composition
US7790203B2 (en) * 2005-12-13 2010-09-07 Lowder Tom R Composition and regimen for the treatment of herpes simplex virus, herpes zoster, and herpes genitalia epidermal herpetic lesions
TWI457133B (zh) 2005-12-13 2014-10-21 Glaxosmithkline Biolog Sa 新穎組合物
WO2007076520A2 (en) 2005-12-29 2007-07-05 Boehringer Ingelheim Vetmedica, Inc. Multivalent pcv2 immunogenic compositions and methods of producing such compositions
MX338626B (es) 2005-12-29 2016-04-26 Boehringer Ingelheim Vetmed Uso de una composicion inmunogenica de pcv2 para producir los sintomas clinicos en cerdos.
WO2008027394A2 (en) 2006-08-28 2008-03-06 The Wistar Institute Of Anatomy And Biology Constructs for enhancing immune responses
US20090181078A1 (en) 2006-09-26 2009-07-16 Infectious Disease Research Institute Vaccine composition containing synthetic adjuvant
TR201809043T4 (tr) 2006-09-26 2018-07-23 Infectious Disease Res Institute Sentetik adjuvan içeren aşı bileşimi.
EP1941903A1 (en) 2007-01-03 2008-07-09 Boehringer Ingelheim Vetmedica Gmbh Prophylaxis and treatment of PRDC
EP1958644A1 (en) 2007-02-13 2008-08-20 Boehringer Ingelheim Vetmedica Gmbh Prevention and treatment of sub-clinical pcvd
CA2679720A1 (en) 2007-03-09 2008-09-18 Merck & Co., Inc. Papillomavirus vaccine compositions
EP2168977B1 (en) 2007-06-26 2018-08-08 Japan Health Sciences Foundation Vaccine antigen capable of inducing cross-reacting and neutralizing antibody against high-risk-type human papillomavirus
US7829274B2 (en) 2007-09-04 2010-11-09 Boehringer Ingelheim Vetmedica, Inc. Reduction of concomitant infections in pigs by the use of PCV2 antigen
ES2588913T3 (es) 2008-06-04 2016-11-07 The Chemo-Sero-Therapeutic Research Institute Uso de una partícula vírica de encefalitis japonesa como adyuvante
MX2011001218A (es) * 2008-07-31 2011-03-15 Glaxosmithkline Biolog Sa Vacuna contra el virus de papiloma humano.
WO2010135749A1 (en) * 2009-05-22 2010-11-25 Genocea Biosciences Inc. Herpes simplex virus type2: compositions and methods for eliciting an immune response
TWI494125B (zh) 2009-06-05 2015-08-01 Infectious Disease Res Inst 合成的葡萄吡喃糖基脂質佐劑
MX2011013566A (es) 2009-06-19 2012-06-28 Eyegene Inc Vacunas para cancer cervical.
CN102497880A (zh) * 2009-06-25 2012-06-13 葛兰素史密丝克莱恩生物有限公司 新的人乳头状瘤病毒(hpv)蛋白构建体及其在预防hpv疾病中的用途
AR078253A1 (es) 2009-09-02 2011-10-26 Boehringer Ingelheim Vetmed Metodos para reducir la actividad antivirica en composiciones pcv-2 y composiciones pcv-2 con mejor inmunogenicidad
MX347471B (es) * 2010-05-28 2017-04-24 Zoetis Belgium S A Vacunas que comprenden colesterol y cpg como moleculas portadoras-adyuvantes unicas.
JP2013535488A (ja) * 2010-08-05 2013-09-12 メルク・シャープ・エンド・ドーム・コーポレイション 不活化水痘帯状疱疹ウイルスワクチン、その生産方法及び使用
JP5650327B2 (ja) * 2010-08-27 2015-01-07 インターベット インターナショナル ベー. フェー. ワクチン製剤についての効力試験
CN102008721A (zh) * 2010-11-16 2011-04-13 浙江大学 一种hpv多肽/dc混合疫苗及其制备
JP6055776B2 (ja) 2010-11-24 2016-12-27 ジェノセア バイオサイエンシーズ, インコーポレイテッド 単純ヘルペスウイルス2型に対するワクチン:免疫応答を誘発する組成物及び方法
US9044420B2 (en) 2011-04-08 2015-06-02 Immune Design Corp. Immunogenic compositions and methods of using the compositions for inducing humoral and cellular immune responses
CN102210858B (zh) * 2011-05-18 2013-05-08 北京科兴生物制品有限公司 一种肠道病毒71型与甲型肝炎联合疫苗
KR20140036244A (ko) * 2011-06-24 2014-03-25 머크 샤프 앤드 돔 코포레이션 알루미늄 아주반트를 포함하는 hpv 백신 제제 및 그의 제조 방법
WO2013006569A2 (en) 2011-07-01 2013-01-10 The Regents Of The University Of California Herpes virus vaccine and methods of use
CA2885693A1 (en) 2011-11-23 2013-05-30 Genocea Biosciences, Inc. Nucleic acid vaccines against herpes simplex virus type 2: compositions and methods for eliciting an immune response
WO2013119856A1 (en) 2012-02-07 2013-08-15 Infectious Disease Research Institute Improved adjuvant formulations comprising tlr4 agonists and methods of using the same
JP2015522540A (ja) 2012-05-16 2015-08-06 イミューン デザイン コーポレイション Hsv−2のためのワクチン
BR112015025709A2 (pt) 2013-04-18 2017-07-18 Immune Design Corp monoterapia com gla para uso em tratamento de câncer
US9463198B2 (en) 2013-06-04 2016-10-11 Infectious Disease Research Institute Compositions and methods for reducing or preventing metastasis
EP3519427A1 (en) 2016-09-28 2019-08-07 Genocea Biosciences Inc. Methods and compositions for treating herpes

Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06508988A (ja) * 1991-06-26 1994-10-13
JPH07505042A (ja) * 1991-07-19 1995-06-08
JPH08504087A (ja) * 1992-09-03 1996-05-07 アメリカ合衆国 自己組立て組換えパピローマウィルスキャプシッド蛋白質
JPH08508722A (ja) * 1993-03-23 1996-09-17 スミスクライン・ビーチャム・バイオロジカルス(ソシエテ・アノニム) 3−o脱アシル化モノホスホリルリピドa含有ワクチン組成物
JPH09506887A (ja) * 1993-12-23 1997-07-08 スミスクライン・ビーチャム・バイオロジカルス (ソシエテ・アノニム) ワクチン
WO1997027300A1 (en) * 1996-01-26 1997-07-31 Innogenetics N.V. TOXOPLASMA GONDII ANTIGEN Tg20
WO1997028820A1 (en) * 1996-02-09 1997-08-14 Smithkline Beecham Biologicals S.A. Vaccines against varicella zoster virus gene 63 product
JPH10500009A (ja) * 1994-05-18 1998-01-06 スミスクライン・ビーチャム・バイオロジカルス (ソシエテ・アノニム) Hcmvおよびhsv由来の融合糖蛋白質
WO1998056414A1 (en) * 1997-06-11 1998-12-17 Smithkline Beecham Biologicals S.A. Oil in water vaccine compositions

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH085804B2 (ja) * 1988-04-28 1996-01-24 財団法人化学及血清療法研究所 A型及びb型肝炎混合アジュバントワクチン
US5618536A (en) * 1992-09-03 1997-04-08 The United States Of America As Represented By The Department Of Health And Human Services Chimeric papillomavirus-like particles
JP3958360B2 (ja) * 1995-02-24 2007-08-15 キャンタブ ファーマシューティカルズ リサーチ リミティド 免疫治療剤として役立つポリペプチド及びポリペプチド調製の方法
GB9717953D0 (en) * 1997-08-22 1997-10-29 Smithkline Beecham Biolog Vaccine
CA2229955C (en) * 1998-02-20 2003-12-09 Medigene Gmbh Papilloma virus capsomere vaccine formulations and methods of use
CA2324289C (en) * 1998-03-09 2010-07-13 Smithkline Beecham Biologicals S.A. Combined vaccine compositions
US6500284B1 (en) 1998-06-10 2002-12-31 Suraltech, Inc. Processes for continuously producing fine grained metal compositions and for semi-solid forming of shaped articles
GB9819898D0 (en) 1998-09-11 1998-11-04 Smithkline Beecham Plc New vaccine and method of use
JP2003519084A (ja) 1998-10-16 2003-06-17 グラクソスミスクライン バイオロジカルズ ソシエテ アノニム ワクチン
WO2000045841A2 (en) * 1999-02-05 2000-08-10 Merck & Co., Inc. Human papilloma virus vaccine formulations
GB9921147D0 (en) * 1999-09-07 1999-11-10 Smithkline Beecham Biolog Novel composition

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06508988A (ja) * 1991-06-26 1994-10-13
JPH07505042A (ja) * 1991-07-19 1995-06-08
JPH08504087A (ja) * 1992-09-03 1996-05-07 アメリカ合衆国 自己組立て組換えパピローマウィルスキャプシッド蛋白質
JPH08508722A (ja) * 1993-03-23 1996-09-17 スミスクライン・ビーチャム・バイオロジカルス(ソシエテ・アノニム) 3−o脱アシル化モノホスホリルリピドa含有ワクチン組成物
JPH09506887A (ja) * 1993-12-23 1997-07-08 スミスクライン・ビーチャム・バイオロジカルス (ソシエテ・アノニム) ワクチン
JPH10500009A (ja) * 1994-05-18 1998-01-06 スミスクライン・ビーチャム・バイオロジカルス (ソシエテ・アノニム) Hcmvおよびhsv由来の融合糖蛋白質
WO1997027300A1 (en) * 1996-01-26 1997-07-31 Innogenetics N.V. TOXOPLASMA GONDII ANTIGEN Tg20
WO1997028820A1 (en) * 1996-02-09 1997-08-14 Smithkline Beecham Biologicals S.A. Vaccines against varicella zoster virus gene 63 product
WO1998056414A1 (en) * 1997-06-11 1998-12-17 Smithkline Beecham Biologicals S.A. Oil in water vaccine compositions

Also Published As

Publication number Publication date
CN100389824C (zh) 2008-05-28
PL201264B1 (en) 2009-03-31
US7101560B2 (en) 2006-09-05
MXPA02002484A (es) 2002-08-28
MY142842A (en) 2011-01-14
US7220551B2 (en) 2007-05-22
DE60024893D1 (de) 2006-01-19
HU229099B1 (en) 2013-07-29
AT312624T (de) 2005-12-15
JP2003508495A (ja) 2003-03-04
CO5280045A1 (es) 2003-05-30
SG110072A1 (en) 2005-04-28
ES2253636T3 (es) 2006-06-01
EP1769806A2 (en) 2007-04-04
NO20021116L (no) 2002-04-30
DK1410805T3 (da) 2006-04-18
IL158107A (en) 2008-11-03
CN1387443A (zh) 2002-12-25
AT321569T (de) 2006-04-15
CA2384064A1 (en) 2001-03-15
EP1410805B1 (en) 2005-12-14
TW200408405A (en) 2004-06-01
CN1618465A (zh) 2005-05-25
DE60027029D1 (de) 2006-05-18
HU0303215A3 (en) 2008-04-28
DE60024893T2 (de) 2006-07-06
IL148456D0 (en) 2002-09-12
AU7775100A (en) 2001-04-10
CZ2002843A3 (cs) 2002-08-14
NZ517621A (en) 2003-09-26
NZ527560A (en) 2004-12-24
NO331825B1 (no) 2012-04-10
HU0202804A3 (en) 2004-08-30
ZA200201810B (en) 2004-05-26
TR200200607T2 (tr) 2002-06-21
CA2443214A1 (en) 2001-03-15
PL354039A1 (xx) 2003-12-15
NO20033715L (no) 2002-04-30
SI1210113T1 (sl) 2006-08-31
SI1410805T1 (sl) 2006-04-30
MY130084A (en) 2007-05-31
NO20021116D0 (no) 2002-03-06
ES2261243T3 (es) 2006-11-16
CA2443214C (en) 2006-03-21
TWI258374B (en) 2006-07-21
CZ302811B6 (cs) 2011-11-23
EP1210113B1 (en) 2006-03-29
HU0303215D0 (en) 2003-11-28
ZA200306402B (en) 2004-08-02
WO2001017551A2 (en) 2001-03-15
NO2012016I1 (no) 2012-10-15
HU0202804A2 (hu) 2002-12-28
IL158107D0 (en) 2004-03-28
BR0014171A (pt) 2002-05-21
DE60027029T2 (de) 2006-10-19
DK1210113T3 (da) 2006-07-03
KR20030087081A (ko) 2003-11-12
PT1210113E (pt) 2006-07-31
KR100594668B1 (ko) 2006-06-30
AR025502A1 (es) 2002-11-27
HK1064958A1 (en) 2006-08-18
NO2012016I2 (no) 2012-10-08
AU766494B2 (en) 2003-10-16
HK1048435A1 (en) 2007-01-05
CN1325117C (zh) 2007-07-11
PL201767B1 (xx) 2009-05-29
CY1107457T1 (xx) 2012-12-19
GB9921146D0 (en) 1999-11-10
CA2384064C (en) 2010-06-01
WO2001017551A3 (en) 2001-09-27
NO332800B1 (no) 2013-01-14
HU228687B1 (en) 2013-05-28
JP2004067696A (ja) 2004-03-04
US20040126394A1 (en) 2004-07-01
EP1769806A3 (en) 2007-10-24
EP1410805A1 (en) 2004-04-21
US20060280756A1 (en) 2006-12-14
GC0000201A (en) 2006-03-29
US6936255B1 (en) 2005-08-30
EP1210113A2 (en) 2002-06-05
NO20033715D0 (no) 2003-08-21

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3734263B2 (ja) 呼吸器シンシチウムウイルスに対するワクチンのためのアジュバント
CN1248737C (zh) 含有皂苷和固醇的疫苗
ES2284287T3 (es) Sistemas adyuvantes y vacunas.
CN1136918C (zh) 疫苗
JP3958360B2 (ja) 免疫治療剤として役立つポリペプチド及びポリペプチド調製の方法
JP4125781B2 (ja) ワクチン
EP0671948B1 (en) Vaccine composition containing adjuvants
JP5814507B2 (ja) ワクチン
CN1101226C (zh) 疫苗
FI110843B (fi) Menetelmä 3-O-deasyloitua monofosforyylilipidiä A sisältävän hepatiittirokotteen valmistamiseksi
JP2010090158A (ja) ウイルス性抗原
Breitburd et al. Immunization with viruslike particles from cottontail rabbit papillomavirus (CRPV) can protect against experimental CRPV infection.
JP3881015B2 (ja) B型肝炎ワクチン
Christensen et al. Assembled baculovirus-expressed human papillomavirus type 11 L1 capsid protein virus-like particles are recognized by neutralizing monoclonal antibodies and induce high titres of neutralizing antibodies
Romanowski Long term protection against cervical infection with the human papillomavirus: review of currently available vaccines
AU714930B2 (en) Vaccines
AU685443B2 (en) Vaccine compositions containing 3-O deacylated monophosphoryl lipid A
ES2618885T3 (es) Formulaciones de vacuna para norovirus
Gaukroger et al. Vaccination of cattle with bovine papillomavirus type 4 L2 elicits the production of virus-neutralizing antibodies
Frazer Correlating immunity with protection for HPV infection
Moscicki HPV vaccines: today and in the future
Kawana et al. Safety and immunogenicity of a peptide containing the cross-neutralization epitope of HPV16 L2 administered nasally in healthy volunteers
Stanley et al. Immunobiology of human papillomavirus infection and vaccination-implications for second generation vaccines
EP0692028B1 (en) Pharmaceuticals based on papillomaviruses
US6692752B1 (en) Methods of treating human females susceptible to HSV infection

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070815

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070730

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070730

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100824

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20101122

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20101130

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101217

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110118

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110217

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140225

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees