JP4678972B2 - 回転センサ用ローター - Google Patents

回転センサ用ローター Download PDF

Info

Publication number
JP4678972B2
JP4678972B2 JP2001092894A JP2001092894A JP4678972B2 JP 4678972 B2 JP4678972 B2 JP 4678972B2 JP 2001092894 A JP2001092894 A JP 2001092894A JP 2001092894 A JP2001092894 A JP 2001092894A JP 4678972 B2 JP4678972 B2 JP 4678972B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ring
cover ring
cover
rotor
multipolar magnet
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001092894A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002286739A (ja
Inventor
慎三郎 一幡
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
NTN Corp
Original Assignee
NTN Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by NTN Corp filed Critical NTN Corp
Priority to JP2001092894A priority Critical patent/JP4678972B2/ja
Priority to US10/107,373 priority patent/US20020140418A1/en
Publication of JP2002286739A publication Critical patent/JP2002286739A/ja
Priority to US11/369,745 priority patent/US20060145687A1/en
Priority to US11/581,577 priority patent/US20070029995A1/en
Priority to US11/822,245 priority patent/US20070257665A1/en
Priority to US12/061,310 priority patent/US20080186016A1/en
Priority to US12/486,306 priority patent/US20090251132A1/en
Priority to US12/878,511 priority patent/US20110193551A1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4678972B2 publication Critical patent/JP4678972B2/ja
Priority to US13/445,158 priority patent/US20120194178A1/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16JPISTONS; CYLINDERS; SEALINGS
    • F16J15/00Sealings
    • F16J15/16Sealings between relatively-moving surfaces
    • F16J15/32Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings
    • F16J15/3248Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports
    • F16J15/3252Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports with rigid casings or supports
    • F16J15/3256Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports with rigid casings or supports comprising two casing or support elements, one attached to each surface, e.g. cartridge or cassette seals
    • F16J15/326Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports with rigid casings or supports comprising two casing or support elements, one attached to each surface, e.g. cartridge or cassette seals with means for detecting or measuring relative rotation of the two elements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/7869Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted with a cylindrical portion to the inner surface of the outer race and having a radial portion extending inward
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01PMEASURING LINEAR OR ANGULAR SPEED, ACCELERATION, DECELERATION, OR SHOCK; INDICATING PRESENCE, ABSENCE, OR DIRECTION, OF MOVEMENT
    • G01P3/00Measuring linear or angular speed; Measuring differences of linear or angular speeds
    • G01P3/42Devices characterised by the use of electric or magnetic means
    • G01P3/44Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed
    • G01P3/443Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed mounted in bearings
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01PMEASURING LINEAR OR ANGULAR SPEED, ACCELERATION, DECELERATION, OR SHOCK; INDICATING PRESENCE, ABSENCE, OR DIRECTION, OF MOVEMENT
    • G01P3/00Measuring linear or angular speed; Measuring differences of linear or angular speeds
    • G01P3/42Devices characterised by the use of electric or magnetic means
    • G01P3/44Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed
    • G01P3/48Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed by measuring frequency of generated current or voltage
    • G01P3/481Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed by measuring frequency of generated current or voltage of pulse signals
    • G01P3/487Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed by measuring frequency of generated current or voltage of pulse signals delivered by rotating magnets

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、相対回転する軸受部の回転数検出構造に関し、具体的には自動車のアンチロックブレーキシステムあるいはトラクションコントロールシステムなどの配備のための前後・左右の車輪の回転数を検出する回転センサ用ローターに関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、自動車の各車輪の回転差を防止するための車輪回転数検出装置としては次のような構造が多く用いられている。
すなわち、前記の如くの回転数検出装置はパルス発生ローターとこのパルスを感知する感知センサーからなっており、その一般的な構造としては、補強環の径方向部に多極磁石からなるパルス発生手段を配置し、このパルス発生手段へ感知センサーを近接配備した回転数検出が開発され実用化に至っている。このような構造は多くの場合補強環の端部へシールリップを形成し密封機能を付加することが図られている。
以下、図面を参照しつつ詳述する。
【0003】
このような従来例の一例を図面によつて説明すると、図6に示すように、外輪(1a)に嵌合されたオイルシール(2)へパルス発生リング(3)が取り付けられ、このパルス発生リング(3)を回転数検出センサー(4)で感知検出する構造がある。
ここで軸受(1a、1b)はその内輪(1b)にリップが摺接するオイルシール(2)によって水分あるいは異物の侵入から守られている。
【0004】
【発明が解決しようとする課題】
しかしながら、このような回転数検出装置のパルス発生リング(3)は、前記回転数検出センサー(4)に近づけて最も外部側の大気に露出した配置としているので、飛散する水あるいは異物に直接曝される酷い状況にあり、この水が侵入すれば錆びの発生を招いて回転数の検出能力を低下させ、悪くすると該部分へ異物さえ付着しかねず、異物がパルス発生リング(3)と回転数検出センサー(4)間へ付着侵入すれば該パルス発生リング(3)が異物の回転噛み込みによって損傷を起こし回転検出数を誤らせると云う回転数検出装置として致命的な欠点となって現われる。
本発明はこのような欠点に鑑み、パルス発生部の完璧な保護をなし感知性能と耐久性を飛躍的に向上せしめた回転センサ用ローターを提供することを目的としている。
【0005】
【課題を解決するための手段】
本発明を図面に基づいて説明すると、図1、図7、図8に示すように、自動車用ホィール等の軸受部(ここでは内輪1bを示す)に装着されそのホィールの回転数の検出をなすためのパルスを発生する多極磁石(5)と補強環(6)で構成された回転センサ用ローターであって、前記ローターは、前記多極磁石(5)をフランジ部(61)へ配した補強環(6)と、前記多極磁石(5)を外部側から包み込む非磁性体製のカバーリング(7)でなり、このカバーリング(7)は、前記多極磁石(5)の外表面を覆う立板部(7b)と、前記多極磁石(5)の外周面を覆う筒部(7a)とを有し、前記補強環(6)と前記カバーリング(7)とをカシメ手段(8)を用いて一体化せしめ、前記ローターの外方から回転数検出センサー(4、図示していない)を近接配備せしめ、前記カバーリング(7)の前記筒部7aは、多極磁石(5)の外周面を覆う覆い部(7aa)と、この覆い部(7aa)から延びる端縁とで成り、この端縁を、このカバーリング(7)の他の部分よりも薄肉に形成した薄肉部(10)とし、且つ、前記カバーリング(7)の前記端縁は、円周方向の複数個所に先端から軸方向に延びるスリット(11)を有し、前記筒部(7a)の覆い部(7aa)の、前記端縁の付近を多極磁石(5)の外周面の軸受内側端に当接させて、この当接部分以外で前記覆い部(7aa)と多極磁石(5)の外周面との間に径方向隙間を設け、前記カシメ手段(8)は、補強環(6)に前記薄肉部(10)を変形かしめせしめたものとしたことを特徴としている。
【0006】
なお、前記補強環(6)と前記カバーリング(7)とを一体化するカシメ手段(8)としては、前記カバーリング(7)の一部分を変形せしめる変形カシメ(81)を用いることを特徴としている。
【0007】
【発明の実施の形態】
本発明は、上記した構造をもって下記に示す優れた作用をなす。
すなわち、軸受部(図1では内輪1b)に装着固定されたローターはパルスを発生する多極磁石(5)を径方向のフランジ部(61)に配備しており、この径方向に設けられた多極磁石(5)がその外側に位置するカバーリング(7)によって覆われカシメられて外部から遮断された状態におかれているので、外方からの影響を全く受けないものとなり、しかも該カバーリング(7)が非磁性体からなるので磁力はこれを簡単に透過しパルス発生性能をいささかも低下させない。
ここで多極磁石(5)は外部から降りかかる石、砂、泥、水等から完全に護られこれらが引き起こすであろう摩耗とか破壊を防いで誤作動のない正確なパルスを半永久的に発生させるものとなる。
【0008】
【実施例】
本発明での多極磁石(5)は、強磁性材料を合成ゴムあるいは合成樹脂等の弾性素材に混入せしめて型において加硫成型するか、あるいは必要なら予め下地処理と接着剤の塗布された補強環(6)のフランジ部(61)へ型によって加硫成型接着する。
これと一体化せしめるカバーリング(7)はその厚みを比較的薄目の0.1mm〜0.6mmに形成配備すると、磁力の透過性が良いことに加えカシメが正確で容易となり、また必要なら前記補強環(6)あるいはカバーリング(7)に図1、及び図4に示すような合成ゴム等の弾性体からなるシールリップ(C)を形成せしめ、これを軸受部(1a、あるいは1b)へ接触または摺動させることで密封性能を高めることもできる。
【0009】
前記したように補強環(6)とカバーリング(7)とのカシメ手段は、図2ではカバーリング(7)の端縁をフランジ部(61)側に折り曲げて多極磁石(5)を挟んで変形カシメ(81)固定されることを示してており、これとは別に図3及び図4で示すように、前記カバーリング(7)の端部へ周方向に突出する弾性体製の突起(9)を設け、フランジ部(61)の周端をしごき圧入して弾性カシメ(82)せしめ固定を図ることもできる。
【0010】
また、図4ではカバーリング(7)に合成ゴム等の弾性体からなるシールリップ(C)を形成せしめて軸受の内輪(1b)へ接触せしめた組み合せ構造を示したが、ここでのシールリップ(C)には周方向へ突出する突起(9)を併設しており、密封作用と固定作用の効率の良い作用効果を得ることができる。
【0011】
組付けにおいては、図5に示すように補強環(6)と多極磁石(5)とカバーリング(7)とをそれぞれ別々に形成せしめ、多極磁石(5)へ着磁した後にそれぞれを組付けてカシメ固定する組付け方法も可能である。
【0012】
このカシメ固定を容易とするために、図7に示すようにカバーリング(7)の端縁を薄肉に形成し、該薄肉部10を変形カシメ(81)せしめれば他部に悪影響を及ぼすことなく正確な組付けが実現され、また、図8で示すようにカバーリング(7)の端縁にスリット(11)を周状に複数個削設することも効果的であって、ここでは該スリット(11)の減剛性作用によってその端縁の曲げカシメ作業を極めて容易とすることができる。
【0013】
勿論前記とは異なり、補強環(6)へ多極磁石(5)を一体的に成形、あるいは接着し、これとカバーリング(7)とをカシメ組付けして一体化を図っても差し支えなく、様々な状況と要求において最適な対処をなせば良い。
なお、前記カバーリング(7)は上記のような性能と剛性を要求されるからその材料としては、例えばSUS304、Al、CuZn、Cuなどが選択される。
【0014】
【発明の効果】
本発明によると、回転パルスを発生する多極磁石(5)は外方部へ位置しカシメ固定されるカバーリング(7)によって完全に外気から隔離されており、異物あるいは潤滑油等の被着から守られてキズ、破壊を防いで正確で安定した磁場を形成する。この安定した磁場があって初めて回転数検出センサー(4)の感知性能が発揮されるものであり高精度な回転検出を行なうものとなる。また、多極磁石(5)が弾性体で形成されていてもカバーリング(7)の保護作用によって摩耗が防がれ、実使用においても前記多極磁石(5)をカバーリング(7)がしっかり押さえるサンドイッチ構造であるから剥がれとかズレを防ぎ持てる性能を長期に保持することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 参考提案例の装着状態を示す実施例の断面図である。
【図2】 参考提案例のカシメ工程を示す一実施例の断面図である。
【図3】 参考提案例を示す断面図である。
【図4】 さらに他の参考提案例を示す断面図である。
【図5】 参考提案例の組付け工程を示す実施例の断面図である。
【図6】 本発明を用いない従来例を示す断面図である。
【図7】 本発明の組付け例を示す断面図である。
【図8】 本発明の組付け例の断面図である。
【符号の説明】
1 軸受部
1a 外輪
1b 内輪
2 オイルシール
3 パルス発生リング
4 回転数検出センサー
5 多極磁石
6 補強環
61 フランジ部
7 カバーリング
8 カシメ手段
81 変形カシメ
82 弾性カシメ
9 突起
10 薄肉部
11 スリット
C シールリップ

Claims (4)

  1. 自動車のホィール軸受部にあってその回転数の検出をなすための多極磁石と補強環で構成された回転センサ用ローターにおいて、
    前記ローターは、前記多極磁石をフランジ部へ配した補強環と、前記多極磁石を外部側から包み込む非磁性体製のカバーリングでなり、このカバーリングは、前記多極磁石の外表面を覆う立板部と、前記多極磁石の外周面を覆う筒部とを有し、
    前記補強環と前記カバーリングとをカシメ手段を用いて一体化せしめ、前記ローターの外方から回転数検出センサーを近接配備せしめ、
    前記カバーリングの前記筒部は、多極磁石の外周面を覆う覆い部と、この覆い部から延びる端縁とで成り、この端縁を、このカバーリングの他の部分よりも薄肉に形成した薄肉部とし、且つ、前記カバーリングの前記端縁は、円周方向の複数個所に先端から軸方向に延びるスリットを有し、前記筒部の覆い部の、前記端縁の付近を多極磁石の外周面の軸受内側端に当接させて、この当接部分以外で前記覆い部と多極磁石の外周面との間に径方向隙間を設け、
    前記カシメ手段は、カバーリングの前記端縁をフランジ部側に折り曲げて多極磁石を前記カバーリングで軸方向に挟み、補強環に前記薄肉部を変形かしめせしめたものとしたことを特徴とした回転センサ用ローター。
  2. 前記カバーリングはその厚みを0.1mm〜0.6mmに形成されることを特徴とした請求項1の回転センサ用ローター。
  3. 前記補強環あるいはカバーリングに弾性体からなるシールリップを形成せしめたことを特徴とした請求項1または2の回転センサ用ローター。
  4. 前記補強環と前記カバーリングとのカシメ手段は、前記カバーリングの部分変形カシメであることを特徴とした請求項1ないし3のいずれか1項の回転センサ用ローター。
JP2001092894A 2001-03-28 2001-03-28 回転センサ用ローター Expired - Fee Related JP4678972B2 (ja)

Priority Applications (9)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001092894A JP4678972B2 (ja) 2001-03-28 2001-03-28 回転センサ用ローター
US10/107,373 US20020140418A1 (en) 2001-03-28 2002-03-28 Rotor for rotation sensor
US11/369,745 US20060145687A1 (en) 2001-03-28 2006-03-08 Rotor for rotation sensor
US11/581,577 US20070029995A1 (en) 2001-03-28 2006-10-17 Rotor for rotation sensor
US11/822,245 US20070257665A1 (en) 2001-03-28 2007-07-03 Rotor for rotation sensor
US12/061,310 US20080186016A1 (en) 2001-03-28 2008-04-02 Rotor for rotation sensor
US12/486,306 US20090251132A1 (en) 2001-03-28 2009-06-17 Rotor for rotation sensor
US12/878,511 US20110193551A1 (en) 2001-03-28 2010-09-09 Rotor for rotation sensor
US13/445,158 US20120194178A1 (en) 2001-03-28 2012-04-12 Rotor for rotation sensor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001092894A JP4678972B2 (ja) 2001-03-28 2001-03-28 回転センサ用ローター

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002286739A JP2002286739A (ja) 2002-10-03
JP4678972B2 true JP4678972B2 (ja) 2011-04-27

Family

ID=18947290

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001092894A Expired - Fee Related JP4678972B2 (ja) 2001-03-28 2001-03-28 回転センサ用ローター

Country Status (2)

Country Link
US (8) US20020140418A1 (ja)
JP (1) JP4678972B2 (ja)

Families Citing this family (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6692153B2 (en) 2001-03-07 2004-02-17 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
JPWO2003012456A1 (ja) * 2001-07-30 2004-11-18 内山工業株式会社 回転センサ用ローター
JP2004077318A (ja) * 2002-08-20 2004-03-11 Uchiyama Mfg Corp 磁気エンコーダ
JP4353693B2 (ja) * 2002-11-27 2009-10-28 Ntn株式会社 車輪用軸受装置
JP2004197879A (ja) * 2002-12-20 2004-07-15 Uchiyama Mfg Corp エンコーダ付シール
JP2004212351A (ja) * 2003-01-08 2004-07-29 Uchiyama Mfg Corp 磁気エンコーダと磁気エンコーダ付軸受ユニット
US20050007226A1 (en) * 2003-05-22 2005-01-13 Uchiyama Manufacturing Corp. Magnetic encoder
JP4543306B2 (ja) * 2003-10-07 2010-09-15 内山工業株式会社 円筒型カバー付きエンコーダ
FR2868525B1 (fr) * 2004-04-05 2006-06-09 Hutchinson Sa Codeur pour arbre, dispositif comprenant un tel codeur et procede de fabrication d'un tel codeur
JP2005321330A (ja) * 2004-05-11 2005-11-17 Uchiyama Mfg Corp トーンホイール付シールリング
FR2875005B1 (fr) * 2004-09-06 2006-12-08 Hutchinson Sa Codeur de deplacement, dispositif comprenant un tel codeur et procede de fabrication d'un tel codeur
US7592799B2 (en) 2004-09-10 2009-09-22 Ntn Corporation Magnetic encoder and wheel support bearing assembly using the same
FR2884314B1 (fr) * 2005-04-11 2007-06-22 Hutchinson Sa Codeur pour arbre mobile, dispositif comprenant un tel codeur et procede de fabrication d'un tel codeur
JP4889094B2 (ja) * 2006-01-11 2012-02-29 内山工業株式会社 トーンホイール
JP5040469B2 (ja) * 2006-09-25 2012-10-03 株式会社ジェイテクト 車輪支持装置の密封構造
US8089271B2 (en) * 2007-04-16 2012-01-03 Globe Motors, Inc. Sense magnet assembly including multiple annular portions with alternating magnetic poles
US8237431B2 (en) * 2007-07-05 2012-08-07 Terry Fruehling Wheel speed sensor
JP2009065027A (ja) * 2007-09-07 2009-03-26 Daido Electronics Co Ltd ヨーク一体型磁石体
DE102008033616A1 (de) * 2008-07-17 2010-01-21 Schaeffler Kg Lager und Motor mit einem Magneten
JP5196253B2 (ja) * 2008-07-29 2013-05-15 株式会社ジェイテクト センサー付き転がり軸受装置
DE102008042791A1 (de) * 2008-10-13 2010-04-15 Robert Bosch Gmbh Vorrichtung zur Erfassung eines Drehwinkels eines drehbaren Teils
EP2549631B1 (en) 2011-07-22 2021-07-14 LG Innotek Co., Ltd. Holding structure of sensing magnet for EPS motor
WO2015010735A1 (en) * 2013-07-24 2015-01-29 Aktiebolaget Skf Sensor-bearing unit, mechanical system comprising at least one such unit and mounting method
DE102014208510A1 (de) * 2014-05-07 2015-11-12 Bayerische Motoren Werke Aktiengesellschaft Sensorring
JP6303937B2 (ja) * 2014-09-10 2018-04-04 住友電装株式会社 車輪速センサ
KR20160120069A (ko) * 2015-04-07 2016-10-17 엘지이노텍 주식회사 모터용 센싱유닛 및 이를 포함하는 모터
SI25094A (sl) * 2015-11-13 2017-05-31 RLS merilna tehnika d.o.o. Poslovna cona Ĺ˝eje pri Komendi Magnetni dajalnik zasuka z zaščiteno elastoferitno plastjo

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6125019A (ja) * 1984-07-13 1986-02-03 Matsushita Electric Works Ltd 光学式ロ−タリ−エンコ−ダ
JPS62204007U (ja) * 1986-06-18 1987-12-26
JPH0381482U (ja) * 1989-12-08 1991-08-20
JPH10160744A (ja) * 1996-10-28 1998-06-19 Fag Automobiltechnik Ag 保護される回転数検出装置を持つころがり軸受装置
JPH11303879A (ja) * 1998-04-23 1999-11-02 Uchiyama Mfg Corp ベアリングシール
JP2002539431A (ja) * 1999-03-10 2002-11-19 エス.エヌ.エール.ルールマン 内蔵エンコーダを有する封止ガスケットを形成する予備組立済アセンブリ及び該アセンブリを備えるベアリング

Family Cites Families (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3916234A (en) * 1973-05-24 1975-10-28 Wagner Electric Corp Vehicle wheel speed sensor
US5229715A (en) * 1989-04-03 1993-07-20 Sanken Airpax Ltd. Variable reluctance sensor for electromagnetically sensing the rate of movement of an object
US5325055A (en) * 1991-12-11 1994-06-28 Sauer, Inc. Retained magnetic strip for mounting on a rotating member to provide a magnetic flux to be sensed
FR2698421B1 (fr) * 1992-11-24 1995-06-02 Skf France Logement pour fixation radiale d'un roulement.
US5473799A (en) * 1994-02-23 1995-12-12 Application Art Laboratories Co., Ltd. Magnetic closure device
DE19503469C1 (de) * 1995-02-03 1996-05-30 Freudenberg Carl Fa Dichtungsanordnung
ID26707A (id) * 1999-01-21 2001-02-01 Idemitsu Petrochemical Co Katalisator untuk produksi-olefin dan metode produksi-olefin
JP3862453B2 (ja) * 1999-09-10 2006-12-27 Ntn株式会社 車輪軸受装置
US6559633B1 (en) * 2000-09-18 2003-05-06 Freudenberg-Nok General Partnership Speed sensor with a seal
US6692153B2 (en) * 2001-03-07 2004-02-17 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly
JPWO2003012456A1 (ja) * 2001-07-30 2004-11-18 内山工業株式会社 回転センサ用ローター

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6125019A (ja) * 1984-07-13 1986-02-03 Matsushita Electric Works Ltd 光学式ロ−タリ−エンコ−ダ
JPS62204007U (ja) * 1986-06-18 1987-12-26
JPH0381482U (ja) * 1989-12-08 1991-08-20
JPH10160744A (ja) * 1996-10-28 1998-06-19 Fag Automobiltechnik Ag 保護される回転数検出装置を持つころがり軸受装置
JPH11303879A (ja) * 1998-04-23 1999-11-02 Uchiyama Mfg Corp ベアリングシール
JP2002539431A (ja) * 1999-03-10 2002-11-19 エス.エヌ.エール.ルールマン 内蔵エンコーダを有する封止ガスケットを形成する予備組立済アセンブリ及び該アセンブリを備えるベアリング

Also Published As

Publication number Publication date
US20110193551A1 (en) 2011-08-11
US20070029995A1 (en) 2007-02-08
JP2002286739A (ja) 2002-10-03
US20080186016A1 (en) 2008-08-07
US20120194178A1 (en) 2012-08-02
US20070257665A1 (en) 2007-11-08
US20060145687A1 (en) 2006-07-06
US20090251132A1 (en) 2009-10-08
US20020140418A1 (en) 2002-10-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4678972B2 (ja) 回転センサ用ローター
US4778286A (en) Bearing assembly
US7547145B2 (en) Bearing device with a sensor
JP2752343B2 (ja) パッキン装置
US6906509B2 (en) Rotor for rotation sensor
JP3453699B2 (ja) ベアリングシール
JP4508704B2 (ja) センサ付軸受装置
JP5067718B2 (ja) センサー付き転がり軸受装置
JP2004211832A (ja) センサ対応軸受装置
JP3980371B2 (ja) 車輪用軸受
JP2002327847A (ja) シールリング、密封装置ならびに軸受装置
JP4052897B2 (ja) 転がり軸受装置
JP4239669B2 (ja) 車輪支持用転がり軸受ユニット
JP4258221B2 (ja) センサ組立体、シール装置ならびに転がり軸受装置
EP1610013A1 (en) Sensor assembly body, seal device, and rolling bearing device for motor vehicle
JP2005140187A (ja) センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
WO2006001176A1 (ja) センサ付き密封装置
JP2005321330A (ja) トーンホイール付シールリング
JP4155127B2 (ja) 回転検出用のパルサリング、シール装置および転がり軸受装置
JP2003120704A (ja) 車軸支持構造
JPH0942466A (ja) ドライブシャフトにおけるオイルシール構造
JP4023405B2 (ja) 回転検出用のパルサリング、シール装置および転がり軸受装置
JPH11344502A (ja) ベアリングシール
JP2004233221A (ja) 保護カバー付トーンホイール
JP5137247B2 (ja) ベアリングシール

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20071114

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20071203

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20071114

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100427

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100609

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100629

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100825

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100914

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101110

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110201

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110201

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4678972

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140210

Year of fee payment: 3

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100609

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees