JP4578015B2 - 密封装置ならびに軸受装置 - Google Patents

密封装置ならびに軸受装置 Download PDF

Info

Publication number
JP4578015B2
JP4578015B2 JP2001114902A JP2001114902A JP4578015B2 JP 4578015 B2 JP4578015 B2 JP 4578015B2 JP 2001114902 A JP2001114902 A JP 2001114902A JP 2001114902 A JP2001114902 A JP 2001114902A JP 4578015 B2 JP4578015 B2 JP 4578015B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
ring
seal ring
seal
sealing device
bearing device
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2001114902A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002054647A (ja
Inventor
一寿 戸田
稔 千徳
大和 新井
文明 笠原
新一 大林
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JTEKT Corp
Koyo Sealing Techno Co Ltd
Original Assignee
JTEKT Corp
Koyo Sealing Techno Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by JTEKT Corp, Koyo Sealing Techno Co Ltd filed Critical JTEKT Corp
Priority to JP2001114902A priority Critical patent/JP4578015B2/ja
Priority to DE60113188T priority patent/DE60113188T2/de
Priority to EP01113097A priority patent/EP1160492B1/en
Priority to US09/870,953 priority patent/US6499885B2/en
Publication of JP2002054647A publication Critical patent/JP2002054647A/ja
Priority to US10/291,321 priority patent/US20030059140A1/en
Priority to US11/149,841 priority patent/US7215110B2/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4578015B2 publication Critical patent/JP4578015B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01PMEASURING LINEAR OR ANGULAR SPEED, ACCELERATION, DECELERATION, OR SHOCK; INDICATING PRESENCE, ABSENCE, OR DIRECTION, OF MOVEMENT
    • G01P3/00Measuring linear or angular speed; Measuring differences of linear or angular speeds
    • G01P3/42Devices characterised by the use of electric or magnetic means
    • G01P3/44Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed
    • G01P3/443Devices characterised by the use of electric or magnetic means for measuring angular speed mounted in bearings
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C19/00Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement
    • F16C19/02Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows
    • F16C19/14Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load
    • F16C19/18Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls
    • F16C19/181Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact
    • F16C19/183Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles
    • F16C19/184Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement
    • F16C19/185Bearings with rolling contact, for exclusively rotary movement with bearing balls essentially of the same size in one or more circular rows for both radial and axial load with two or more rows of balls with angular contact with two rows at opposite angles in O-arrangement with two raceways provided integrally on a part other than a race ring, e.g. a shaft or housing
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C33/00Parts of bearings; Special methods for making bearings or parts thereof
    • F16C33/72Sealings
    • F16C33/76Sealings of ball or roller bearings
    • F16C33/78Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members
    • F16C33/784Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted to a groove in the inner surface of the outer race and extending toward the inner race
    • F16C33/7859Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted to a groove in the inner surface of the outer race and extending toward the inner race with a further sealing element
    • F16C33/7866Sealings of ball or roller bearings with a diaphragm, disc, or ring, with or without resilient members mounted to a groove in the inner surface of the outer race and extending toward the inner race with a further sealing element with sealing lips
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C41/00Other accessories, e.g. devices integrated in the bearing not relating to the bearing function as such
    • F16C41/007Encoders, e.g. parts with a plurality of alternating magnetic poles
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16JPISTONS; CYLINDERS; SEALINGS
    • F16J15/00Sealings
    • F16J15/16Sealings between relatively-moving surfaces
    • F16J15/32Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings
    • F16J15/3248Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports
    • F16J15/3252Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports with rigid casings or supports
    • F16J15/3256Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports with rigid casings or supports comprising two casing or support elements, one attached to each surface, e.g. cartridge or cassette seals
    • F16J15/326Sealings between relatively-moving surfaces with elastic sealings, e.g. O-rings provided with casings or supports with rigid casings or supports comprising two casing or support elements, one attached to each surface, e.g. cartridge or cassette seals with means for detecting or measuring relative rotation of the two elements
    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16CSHAFTS; FLEXIBLE SHAFTS; ELEMENTS OR CRANKSHAFT MECHANISMS; ROTARY BODIES OTHER THAN GEARING ELEMENTS; BEARINGS
    • F16C2326/00Articles relating to transporting
    • F16C2326/01Parts of vehicles in general
    • F16C2326/02Wheel hubs or castors

Landscapes

  • Engineering & Computer Science (AREA)
  • General Engineering & Computer Science (AREA)
  • Mechanical Engineering (AREA)
  • Physics & Mathematics (AREA)
  • General Physics & Mathematics (AREA)
  • Sealing Of Bearings (AREA)
  • Sealing With Elastic Sealing Lips (AREA)

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、いわゆるパックシールと呼ばれる密封装置、さらに、それを組み込んだ軸受装置に関する。より詳しくは、密封装置は、回転検出用のセンサおよび被検出体としてのパルサリングを組み込んだ構造に関する。前述した回転検出用のセンサやパルサリングは、例えば自動車の安置ロックブレーキなどに用いる車輪速度を検出するために用いられる。
【0002】
【従来の技術】
本願出願人は、特開2000−346858号公報に示すように、回転検出装置のセンサとパルサリングをパックシールに一体化した構造を提案している。
【0003】
この公報において、特に、それに添付の図10では、コンパクト化を図るために、パックシールの外径側シールリングの内径側に回転検出装置のセンサを、また、パックシールの内径側シールリングの外径側に回転検出装置のパルサリングをそれぞれ取り付けた構造にしている。
【0004】
なお、外径側シールリングに対してセンサを取り付ける方法としては、外径側シールリングの芯金の内周に対して樹脂材を用いてセンサをモールドする方法が採用されている。
【0005】
このようにしているのは、外径側シールリングの金属製の芯金を外輪などの内周面に対して圧入嵌合させるようにして、外径側シールリングを外輪に対して強固に取り付けるためである。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】
上述したように、外径側シールリングについては、芯金の内周に対して樹脂材を用いてセンサをモールドする構造にしているが、この構造では、金属製の芯金と樹脂材との線膨張係数の差が大きいために、樹脂材の成形後に樹脂材が収縮して芯金との接着面に隙間ができやすくなる。
【0007】
そのため、前記シールリングに対して外部から水などがかかると、この水が前述した隙間から軸受内部へ侵入しやすくなってしまうために、軸受内部の潤滑剤を劣化させるなど、軸受性能の低下をもたらすおそれがある。
【0008】
このような事情に鑑み、本発明は、回転検出用のセンサおよび被検出体としてのパルサリングを組み込んだ構造の密封装置において、先行技術のコンパクトな構造を継承したうえで、シールリングの芯金と樹脂製外装体との接着面に隙間ができにくい構造とし、密封性を高めることを課題としている。
【0009】
また、本発明は、回転検出用のセンサおよび被検出体としてのパルサリングを組み込んだ構造の密封装置において、取り付け対象位置への装着強度を高めて、軸方向への位置ずれを防止することも目的としている。
【0018】
【課題を解決するための手段】
本発明の請求項1に係る密封装置は、固定配置される外側部材に装着される第1シールリングと、前記外側部材の内周に回転可能に挿通される内側部材に装着される第2シールリングとを一体に組み合わせて密封部を形成する密封装置であって、前記第1シールリングが、円筒部と、その一端側に連なり径方向内向きに延びる円板部とでなる芯金を有し、かつ前記芯金の円筒部の外周に、センサ部材が設けられるとともに、このセンサ部材を覆う状態でかつ前記外側部材に対して所定のしめしろを持つ状態で嵌合される樹脂製外装体がインサート成形により設けられており、前記第2シールリングが、内側部材の外周面に嵌合される円筒部と、その一端側に連なり径方向外向きに延びる円板部とでなる金環を有し、かつ前記金環の円板部の内側面に、前記第1シールリングのセンサ部材に対して径方向で対向する状態で前記第2シールリングと一体になるようにパルサリングが取り付けられている、ことを特徴としている。
【0019】
この構成では、要するに、密封装置を構成する2つのシールリングに対して、センサ部材とパルサリングとを一体化してコンパクトにした構造であり、2つのシールリングを使用部位に対して位置決め装着するだけで、センサ部材とパルサリングとを高精度に位置決めして対向配置できるようになる。
【0020】
本発明の請求項2に係る密封装置は、請求項1に記載の密封装置において、前記センサ部材が、前記第1シールリングの芯金における円筒部の外周面に対して実質的に非接触となる状態で配置されている、ことを特徴としている。
【0021】
この構成では、万一、芯金と樹脂製外装体との接着面に水分が侵入したとしても、第1シールリングのセンサ部材がショートすることを確実に防止できるようになる。
【0022】
本発明の請求項3に係る密封装置は、請求項1または2に記載の密封装置において、前記第1シールリングまたは第2シールリングの少なくとも一方が、残り他方に対して接触されて接触密封部を作る弾性リップを有している、ことを特徴としている。
【0023】
この構成では、弾性リップにより接触密封部を形成するから、密封性能が高い構造となる。
【0024】
本発明の請求項4に係る密封装置は、請求項1から3のいずれかに記載の密封装置において、前記樹脂製外装体に、前記センサ部材に接続される信号線を被覆するハーネスが埋め込まれている、ことを特徴としている。
【0025】
この構成では、万一、ハーネスと樹脂製外装体との界面に水分が侵入したとしても、第1シールリングのセンサ部材と信号線との接続部位がショートすることを確実に防止できるようになる。
【0026】
本発明の請求項5に係る密封装置は、請求項1から4のいずれかに記載の密封装置において、前記センサ部材が、磁気センサとされ、また、前記パルサリングが、周方向交互に極性を変えて着磁した構成とされ、これらで回転検出装置を構成している、ことを特徴としている。
【0027】
この構成では、センサやパルサリングの種類を特定したものである。
【0028】
本発明の請求項6に係る軸受装置は、固定状態で設置される外輪部材と、外輪部材の内周に同心状に挿通されて回転される内輪部材と、外輪部材と内輪部材との間の円周数ヶ所に介装される複数の転動体と、前記外輪部材の内周面肩部に装着される密封装置とを備え、前記密封装置が、前記外輪部材に装着される第1シールリングと、前記内輪部材に装着される第2シールリングとの一体になった組み合わせによって密封部を作るものであり、前記第1シールリングが、円筒部と、その一端側に連なり径方向内向きに延びる円板部とでなる芯金を有し、かつ前記芯金の円筒部の外周に、センサ部材が設けられるとともに、このセンサ部材を覆う状態でかつ前記外輪部材に対して所定のしめしろを持つ状態で嵌合される樹脂製外装体がインサート成形により設けられており、前記第2シールリングが、内輪部材の外周面に嵌合される円筒部とその一端側に連なり径方向外向きに延びる円板部とでなる金環を有し、かつ前記金環の円板部の内側面に、前記第1シールリングのセンサ部材に対して径方向で対向する状態で前記第2シールリングと一体になるようにパルサリングが取り付けられている、ことを特徴としている。
【0029】
この構成では、上記請求項1と同様に、第1シールリングの芯金と樹脂製外装体との接着面の密封性を高めることができるから、転動体が存在する部位への水分侵入を防止できるようになって、潤滑剤の劣化を防止できるようになる。
【0030】
本発明の請求項7に係る軸受装置は、請求項6に記載の軸受装置において、前記センサ部材が、前記第1シールリングの芯金における円筒部の外周面に対して実質的に非接触となる状態で配置されている、ことを特徴としている。
【0031】
この構成では、上記請求項2や6と同様、万一、第1シールリングの芯金と樹脂製外装体との接着面に水分が侵入したとしても、第1シールリングのセンサ部材がショートすることを確実に防止できるようになる。
【0032】
本発明の請求項8に係る軸受装置は、請求項6または7に記載の軸受装置において、前記第1シールリングまたは第2シールリングの少なくとも一方が、残り他方に対して接触されて接触密封部を作る弾性リップを有している、ことを特徴としている。
【0033】
この構成では、請求項と同様、弾性リップにより接触密封部を形成するから、密封性能が高い構造となる。
【0034】
本発明の請求項9に係る軸受装置は、請求項6から8のいずれかに記載の軸受装置において、前記樹脂製外装体に、前記センサ部材に接続される信号線を被覆するハーネスが埋め込まれている、ことを特徴としている。
【0035】
この構成では、上記請求項と同様、万一、第1シールリングの樹脂製外装体とハーネスとの界面に水分が侵入したとしても、第1シールリングのセンサ部材と信号線との接続部位がショートすることを確実に防止できるようになる。
【0036】
本発明の請求項10に係る軸受装置は、請求項6から9のいずれかに記載の軸受装置において、前記外輪部材の内周面肩部と、前記第1シールリングの樹脂製外装体とに対して、スナップフィット作用により軸方向から係合する凹部と凸部がそれぞれ振り分けて設けられている、ことを特徴としている。
【0037】
この構成では、使用中に軸方向抜け荷重の作用でシールリングの樹脂製外装体と外輪部材の内周面肩部との嵌合が緩む傾向となっても、シールリングの樹脂製外装体が軸方向へずれ動かなくなる。その結果、シールリングは軸方向への抜け荷重に対し安定して位置決めされるので、センサ部材の位置ずれを防止できる。
【0038】
本発明の請求項11に係る軸受装置は、請求項10に記載の軸受装置において、前記外輪部材における内周面肩部と軌道部との角部に前記肩部研削時の工具逃げ溝が設けられており、この工具逃げ溝を前記凹部とし、前記第1シールリングの樹脂製外装体の前記凹部に対してスナップフィット作用により軸方向から係合する凸部が設けられている、ことを特徴としている。
【0039】
この構成では、わざわざ、外輪部材の内周面の肩部に凹部を形成するといった無駄を省けるようになる。
【0040】
【発明の実施の形態】
以下、本発明の詳細を示す実施形態に基づいて説明する。
【0041】
図1および図2は、本発明の一実施形態に係る車輪支持用の軸受装置を示している。図1は、軸受装置の全体の側面断面図、図2は、図1の要部を拡大した図である。
【0042】
図例の軸受装置2は、複列転がり軸受4、密封装置6を有する。
【0043】
複列転がり軸受4は、軸方向2列の軌道部を有する単一の外輪14、軸方向で隣り合わせに配置された2つの内輪16、外輪14と内輪16との間に介装されたボール18、およびこのボール18を保持する冠形の保持器20を備える。
【0044】
密封装置6は、第1シールリング22と第2シールリング24とを組み合わせて構成される。
【0045】
第1シールリング22は、外輪14側に取り付けられるもので、環状芯金26に主弾性リップ30と補助弾性リップ32とを被着した構成である。環状芯金26は、軸方向に沿う円筒部26aと、円筒部26aの軸方向内端側を径方向内向きに屈曲してなる円板部26bとを有している。
【0046】
第2シールリング24は、内輪16側に取り付けられるもので、環状芯金34に軸方向弾性リップ38と径方向弾性リップ40とを被着した構成である。環状芯金34は、軸方向に沿う円筒部34aと、円筒部34aの軸方向外端側を径方向外向きに屈曲してなる円板部34bとを有している。
【0047】
なお、上記各弾性リップ30,32,38,40は、ニトリルブタジエンラバー(NBR)などのゴムとされ、環状芯金26,34に対して加硫接着される。また、第1シールリング22の環状芯金26は、例えばJIS規格SUS304などの非磁性材で形成されている。
【0048】
この実施形態では、上記第1シールリング22に対してセンサ部材10を、第2シールリング24に対してパルサリング12をそれぞれ一体に組み込んでいる。
【0049】
具体的に、センサ部材10は、例えば半導体回路、好ましくはホール素子や磁気抵抗素子などからなる磁気センサとされている。このセンサ部材10は、第1シールリング22の環状芯金26における円筒部26aの外周面上に搭載されており、円筒部26aの外径にセンサ部材10を覆う厚みの樹脂製外装体8を接着することにより固定されている。この樹脂製外装体8は、例えばポリフェニレンサルファイド(PPS)、ポリブチレンテレフタレート(PBT)、ポリアミド(PA)などのエンジニアリングプラスチックとされる。なお、樹脂製外装体8に対して、第1シールリング22を外輪14に取り付けた状態でセンサ部材10を軸方向に位置決めするためのフランジ41が一体に設けられている。
【0050】
また、パルサリング12は、磁性粉末を含有したゴムを加硫成型して形成されるものであり、例えば周方向交互にN極とS極を配列する形態で着磁されている。このパルサリング12は、第2シールリング24の環状芯金34の内周においてセンサ部材10と径方向で対向する位置に固定されている。
【0051】
そして、動作としては、外輪14を非回転で固定配置し、内輪16を回転させるときに、内輪16と一体に回転するパルサリング12の各磁極が、センサ部材10に対して順次対向することになる。このとき、センサ部材10に対してパルサリング12の対向位置が順次変化するために、パルサリング12から出る磁束の向きが交互に変わるので、センサ部材10から交流電圧が出力される。この交流電圧の波形周期は、パルサリング12の回転位相、回転速度に応じて変化する。この交流電圧を波形処理することにより、内輪16の回転位相、回転速度、回転数などを求める。
【0052】
以上説明したように、第1シールリング22について、その環状芯金26の円筒部26aの外周面に対してセンサ部材10を搭載して樹脂製外装体8で覆う構造にしていれば、第1シールリング22の環状芯金26の円筒部26aに対して樹脂製外装体8を成形により接着した後、樹脂製外装体8の収縮作用によって環状芯金26の円筒部26aに対して圧接することになり、この円筒部26aと樹脂製外装体8との接着面に、従来例で述べたような隙間ができにくくなる。したがって、第1シールリング22に対して外部から水がかかっても、複列転がり軸受4の内部へ侵入することを防止できるので、複列転がり軸受4の潤滑剤の劣化防止に貢献できる。
【0053】
ところで、上記実施形態では、以下で述べるような工夫も施している。
【0054】
まず、センサ部材10を組み込んだ第1シールリング22については、その樹脂製外装体8を外輪14の内周面の肩部14aに対して、また、パルサリング12を組み込んだ第2シールリング24については、その環状芯金34を内輪16の外周面の肩部に対して圧入嵌合させることにより、タイトフィット状態で取り付けている。
【0055】
この場合、第2シールリング24については、その金属製の環状芯金34を内輪16に対して圧入嵌合させることにより金属どうしの嵌合にしているので、この第2シールリング24の取付強度が十分になって、第2シールリング24が強固に位置決めされる。
【0056】
しかしながら、第1シールリング22については、その樹脂製外装体8を外輪14に対して圧入嵌合させることにより樹脂と金属との嵌合にしているので、この第1シールリング22の取付強度が不十分になりやすい。そのため、樹脂製外装体8が変形させられたときなど、第1シールリング22が比較的簡単に軸方向に位置ずれしてしまうことが懸念される。
【0057】
このようなことを考慮し、上記実施形態では、第1シールリング22を外輪14に対して位置ずれしにくくさせるために、外輪14の内周面の肩部14aと第1シールリング22の樹脂製外装体8とに対して、スナップフィット作用で軸方向に係合する凹部と凸部をそれぞれ振り分けて設けるようにしている。
【0058】
具体的に、第1シールリング22の樹脂製外装体8における外周面の軸方向内端側には、径方向外向きに斜めに突出する凸部44が設けられている。
【0059】
また、複列転がり軸受4の外輪14では、一般的に、その内周面の肩部14aを研削するときに肩部14aの軸方向全長の研削を可能とするために、肩部14aと軌道部14bとの角部に対して、前記研削工具を逃がすための溝42が円周方向に連続して設けられている。この工具逃げ溝42を上述した凹部として利用している。
【0060】
このような構成により、第1シールリング22を外輪14の肩部14aに対して嵌入させるときに、まず、凸部44が弾性的に径方向内向きにたわんで、工具逃げ溝42の位置に到達すると弾性復元してスナップフィットする形態で係合する。これにより、第1シールリング22が外輪14に対して軸方向に位置決めされるようになり、仮に、使用中に樹脂製外装体8が変形しても第1シールリング22が簡単に軸方向へずれ動かずに済む。しかも、このような係合であれば、第1シールリング22を掴んで軸方向外端へ引っ張ると、凸部44が撓んで工具逃げ溝42から抜け出ることになるので、比較的簡単に取り外せるようになる。したがって、メンテナンスなどが容易に行えるようになる。
【0061】
次に、上記実施形態では、図2および図3に示すように、樹脂製外装体8においてセンサ部材10の配置場所の近傍に、センサ部材10に接続される2本の信号線45a,45bを外部に引き出すガイド用凸部43を、径方向外向きへ斜めに突出する状態で設けるとともに、このガイド用凸部43の内部に、前記2本の信号線45a,45bを束ねて被覆する絶縁パイプからなるハーネス46を埋め込んでいる。
【0062】
このようにしていれば、万一、ハーネス46とガイド用凸部43との界面に微小な隙間ができたとして、この隙間から水分が侵入したときでも、センサ部材10と信号線45a,45bの接続部位にまで到達しなくなる。仮に、ハーネス46をガイド用凸部43内に埋め込まずに、信号線45a,45bだけを埋め込んだ場合だと、万一、信号線45a,45bの外皮とガイド用凸部43との界面に微小な隙間ができたとして、この隙間から水分が侵入してしまうと、この水分が信号線45a,45bの外皮や芯線を伝って、センサ部材10と信号線45a,45bの接続部位にまで到達して、センサ部材10をショートさせるという不具合が発生するおそれがある。つまり、上述したようにガイド用凸部43にハーネス46を埋め込んでいれば、先に述べたような不具合を確実に防止するうえで好ましいのである。
【0063】
さらに、上記実施形態において、図4に示すように、第1シールリング22の環状芯金26における円筒部26aの外周面に対してセンサ部材10を実質的に非接触とする状態で配置させて、当該両者間に樹脂を介在させるのが好ましい。
【0064】
その理由は、仮に、環状芯金26の円筒部26aの真円度が低い場合だと、円筒部26aと樹脂製外装体8との接着面に微小な隙間ができやすくなる。この状態で、仮に、センサ部材10を円筒部26aに対して接触させていると、前記微小な隙間から外部の水分が侵入したときに、センサ部材10の存在部位まで到達して、センサ部材10をショートさせてしまうおそれがある。
【0065】
これに対して、上述したように、円筒部26aとセンサ部材10とを非接触として当該両者間に樹脂を介在させていれば、万一、円筒部26aと樹脂製外装体8との接着面に微小な隙間ができたとして、この隙間から水分が侵入したとしても、センサ部材10に対して水分が触れずに済むから、センサ部材10がショートするという万一の不具合を確実に防止できるのである。
【0066】
上述したように、円筒部26aとセンサ部材10との間に樹脂を介在させる場合、樹脂製外装体8内においてセンサ部材10を径方向で位置決めして配置しにくいのであるが、これに対しては、樹脂製外装体8の成形過程において、成形金型に環状芯金26とセンサ部材10をインサートした状態で、センサ部材10を成形金型内の所定位置に位置決めさせた状態で保持させるようにすればよい。このようにすれば、前記成形金型内に溶融樹脂を注入したときでも、センサ部材10を不動にできるので、第1シールリング22の樹脂製外装体8に対してセンサ部材10を径方向で位置決めした状態で組み込むことが可能になり、ひいては、第1シールリング22のセンサ部材10と第2シールリング24のパルサリング12との相対位置を正確に管理できるようになる。
【0067】
なお、本発明は上記実施形態のみに限定されるものではなく、いろいろな応用や変形が考えられる。
【0068】
(1)上記実施形態では、第1シールリング22の樹脂製外装体8に凸部44を設けた例を挙げているが、例えば図5に示すように、樹脂製外装体8に凸部44を設けない構造としてもよい。
【0069】
(2)上記実施形態では、軸受装置として車輪支持用の軸受装置2を例に挙げているが、その他のいろいろな機器に使用する軸受装置として実施することができる。
【0070】
(3)上記実施形態では、軸受装置2に対して2つのシールリング22,24を組み合わせた密封装置6を装着した構造を挙げているが、上記軸受装置2あるいはいろいろな形式の転がり軸受に対して第1シールリング22のみを単独で組み込んだ構造としてもよい。その一例を図6に示す。図6において、141は外輪14などに相当する外側部材であり、221は第1シールリング22に相当するセンサ部材10付きのシールリングであり、161は内輪16に相当する内側部材である。シールリング221は、円筒状の芯金261を有し、その外周面に対して、センサ部材10を非接触状態で設けるとともに、このセンサ部材10を覆う厚みの樹脂製外装体81をインサート成形により設けている。この場合、シールリング221のセンサ部材10と対となるパルサリング12を内側部材161の外周面に対して設けている。また、この構造では、シールリング221の円筒状芯金261がパルサリング12に対して微小隙間を介して対向させられており、この微小隙間で非接触密封部を作っている。
【0071】
(4)上記実施形態において、第1シールリング22や第2シールリング24に弾性リップを設けないようにし、各シールリング22,24とそれぞれ相対回転する相手部材に対して微小隙間を介して対向させることにより非接触密封部を形成する構成であってもよい。
【0076】
【発明の効果】
請求項1から5の密封装置は、2つのシールリングを組み合わせた構成において、第1シールリングにセンサを、第2シールリングにパルサリングを一体化してコンパクトにした構造であり、2つのシールリングを使用部位に対して位置決め装着するだけで、センサとパルサリングとを高精度に位置決めして対向配置できるようになる他、第1シールリングに対して外部から水がかかっても、水分が第1シールリングで密封すべき空間へ侵入することを防止できる。
【0077】
特に、請求項2に係る密封装置では、万一、第1シールリングの芯金と樹脂製外装体との接着面に水分が侵入したときでも、センサ部材がショートするという万一の不具合を確実に防止できる。
【0078】
また、請求項3に係る密封装置は、第1シールリングの密封性能を高めるうえで好ましい。
【0079】
また、請求項4に係る密封装置では、万一、第1シールリングのハーネスと樹脂製外装体との界面に水分が侵入したときでも、センサ部材と信号線との接続部位がショートするという不具合を確実に防止することができる。
【0080】
また、請求項5に係る密封装置では、センサ部材やパルサリングの種類を特定して、センサ部材に対するパルサリングの相対位置の変化に伴う磁界の変化を検出する形態にしているから、センサ部材とパルサリングとの間隔つまりエアギャップを大きくしても検出感度を向上できるようになる。
【0081】
請求項6から11に係る軸受装置では、上記請求項1と同様に、第1シールリングの芯金と樹脂製外装体との接着面の密封性を高めることができるから、転動体が存在する部位への水分侵入を防止できるようになって、潤滑剤の劣化を防止できるようになる。
【0082】
特に、請求項7に係る軸受装置では、上記請求項と同様、万一、第1シールリングの芯金と樹脂製外装体との接着面に水分が侵入したときでも、第1シールリングのセンサ部材がショートすることを確実に防止できる。
【0083】
また、請求項8に係る軸受装置では、上記請求項と同様、弾性リップにより接触密封部を形成するから、密封性能が高い構造となる。
【0084】
また、請求項9に係る軸受装置では、上記請求項と同様、万一、ハーネスと樹脂製外装体との界面に水分が侵入したときでも、水分侵入により第1シールリングのセンサ部材と信号線との接続部位がショートすることを確実に防止できるようになる。
【0085】
また、請求項10に係る軸受装置では、外輪部材と第1シールリングとを凹凸の係合により軸方向で位置決めさせるようにしているから、使用中に軸方向抜け荷重の作用で第1シールリングの樹脂製外装体と外輪部材の内周面肩部との嵌合が緩む傾向となっても、第1シールリングの樹脂製外装体が軸方向へずれ動かなくなる。したがって、第1シールリングは軸方向への抜け荷重に対し安定して位置決めされるので、使用中におけるセンサ部材の位置ずれを防止できる。
【0086】
また、請求項11に係る軸受装置では、上記請求項10の凹部について、一般的に外輪部材の内周面肩部に設けられる工具逃げ溝を利用しているから、わざわざ、外輪の内周面肩部に凹部を形成するといった無駄を省けるようになる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施形態に係る軸受装置の上半分を示す断面図
【図2】図1の要部を拡大した図
【図3】第1シールリングの一部を拡大した斜視図
【図4】第1シールリングの他の実施形態で、図2に対応する図
【図5】第1シールリングのさらに他の実施形態で、図4に対応する図
【図6】本発明の他の実施形態で、シールリングの使用状態を示す断面図
【符号の説明】
2 軸受装置
4 複列転がり軸受
6 密封装置
8 樹脂製外装体
10 センサ
12 パルサリング
14 外輪
14a 外輪の内周面肩部
14b 外輪の軌道部
16 内輪
22 第1シールリング
24 第2シールリング
26 第1シールリングの環状芯金
26a 環状芯金の円筒部
26b 環状芯金の円板部
42 外輪の工具逃げ溝(凹部)
44 樹脂製外装体の凸部

Claims (11)

  1. 固定配置される外側部材に装着される第1シールリングと、前記外側部材の内周に回転可能に挿通される内側部材に装着される第2シールリングとを一体に組み合わせて密封部を形成する密封装置であって、前記第1シールリングが、円筒部と、その一端側に連なり径方向内向きに延びる円板部とでなる芯金を有し、かつ前記芯金の円筒部の外周に、センサ部材が設けられるとともに、このセンサ部材を覆う状態でかつ前記外側部材に対して所定のしめしろを持つ状態で嵌合される樹脂製外装体がインサート成形により設けられており、前記第2シールリングが、内側部材の外周面に嵌合される円筒部と、その一端側に連なり径方向外向きに延びる円板部とでなる金環を有し、かつ前記金環の円板部の内側面に、前記第1シールリングのセンサ部材に対して径方向で対向する状態で前記第2シールリングと一体になるようにパルサリングが取り付けられている、ことを特徴とする密封装置。
  2. 請求項1に記載の密封装置において、前記センサ部材が、前記第1シールリングの芯金における円筒部の外周面に対して実質的に非接触となる状態で配置されている、ことを特徴とする密封装置。
  3. 請求項1または2に記載の密封装置において、前記第1シールリングまたは第2シールリングの少なくとも一方が、残り他方に対して接触されて接触密封部を作る弾性リップを有している、ことを特徴とする密封装置。
  4. 請求項1から3のいずれかに記載の密封装置において、前記樹脂製外装体に、前記センサ部材に接続される信号線を被覆するハーネスが埋め込まれている、ことを特徴とする密封装置。
  5. 請求項1から4のいずれかに記載の密封装置において、前記センサ部材が、磁気センサとされ、また、前記パルサリングが、周方向交互に極性を変えて着磁した構成とされ、これらで回転検出装置を構成している、ことを特徴とする密封装置。
  6. 固定状態で設置される外輪部材と、外輪部材の内周に同心状に挿通されて回転される内輪部材と、外輪部材と内輪部材との間の円周数ヶ所に介装される複数の転動体と、前記外輪部材の内周面肩部に装着される密封装置とを備え、前記密封装置が、前記外輪部材に装着される第1シールリングと、前記内輪部材に装着される第2シールリングとの一体になった組み合わせによって密封部を作るものであり、前記第1シールリングが、円筒部と、その一端側に連なり径方向内向きに延びる円板部とでなる芯金を有し、かつ前記芯金の円筒部の外周に、センサ部材が設けられるとともに、このセンサ部材を覆う状態でかつ前記外輪部材に対して所定のしめしろを持つ状態で嵌合される樹脂製外装体がインサート成形により設けられており、前記第2シールリングが、内輪部材の外周面に嵌合される円筒部とその一端側に連なり径方向外向きに延びる円板部とでなる金環を有し、かつ前記金環の円板部の内側面に、前記第1シールリングのセンサ部材に対して径方向で対向する状態で前記第2シールリングと一体となるようにパルサリングが取り付けられている、ことを特徴とする軸受装置。
  7. 請求項6に記載の軸受装置において、前記センサ部材が、前記第1シールリングの芯金における円筒部の外周面に対して実質的に非接触となる状態で配置されている、ことを特徴とする軸受装置。
  8. 請求項6または7に記載の軸受装置において、前記第1シールリングまたは第2シールリングの少なくとも一方が、残り他方に対して接触されて接触密封部を作る弾性リップを有している、ことを特徴とする軸受装置。
  9. 請求項6から8のいずれかに記載の軸受装置において、前記樹脂製外装体に、前記センサ部材に接続される信号線を被覆するハーネスが埋め込まれている、ことを特徴とする軸受装置。
  10. 請求項6から9のいずれかに記載の軸受装置において、前記外輪部材の内周面肩部と、前記第1シールリングの樹脂製外装体とに対して、スナップフィット作用により軸方向から係合する凹部と凸部がそれぞれ振り分けて設けられている、ことを特徴とする軸受装置。
  11. 請求項10に記載の軸受装置において、前記外輪部材における内周面肩部と軌道部との角部に前記肩部研削時の工具逃げ溝が設けられており、この工具逃げ溝を前記凹部とし、前記第1シールリングの樹脂製外装体の前記凹部に対してスナップフィット作用により軸方向から係合する凸部が設けられている、ことを特徴とする軸受装置。
JP2001114902A 2000-05-31 2001-04-13 密封装置ならびに軸受装置 Expired - Fee Related JP4578015B2 (ja)

Priority Applications (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001114902A JP4578015B2 (ja) 2000-05-31 2001-04-13 密封装置ならびに軸受装置
DE60113188T DE60113188T2 (de) 2000-05-31 2001-05-29 Lagervorrichtung
EP01113097A EP1160492B1 (en) 2000-05-31 2001-05-29 Bearing apparatus
US09/870,953 US6499885B2 (en) 2000-05-31 2001-05-30 Seal ring, sealing apparatus and bearing apparatus
US10/291,321 US20030059140A1 (en) 2000-05-31 2002-11-08 Seal ring, sealing apparatus and bearing apparatus
US11/149,841 US7215110B2 (en) 2000-05-31 2005-06-10 Seal ring, sealing apparatus and bearing apparatus

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000-162121 2000-05-31
JP2000162121 2000-05-31
JP2001114902A JP4578015B2 (ja) 2000-05-31 2001-04-13 密封装置ならびに軸受装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002054647A JP2002054647A (ja) 2002-02-20
JP4578015B2 true JP4578015B2 (ja) 2010-11-10

Family

ID=26593020

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001114902A Expired - Fee Related JP4578015B2 (ja) 2000-05-31 2001-04-13 密封装置ならびに軸受装置

Country Status (4)

Country Link
US (3) US6499885B2 (ja)
EP (1) EP1160492B1 (ja)
JP (1) JP4578015B2 (ja)
DE (1) DE60113188T2 (ja)

Families Citing this family (34)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3869185B2 (ja) * 2000-06-13 2007-01-17 株式会社ジェイテクト シールリング、密封装置およびそれを内蔵した転がり軸受
JP4863243B2 (ja) * 2001-07-18 2012-01-25 内山工業株式会社 エンコーダ付密封装置
FR2847018B1 (fr) * 2002-11-07 2005-02-04 Hutchinson Joint dynamique pour arbre rotatif muni d'un dispositif de codage angulaire, dispositif comportant un tel joint et procede de fabrication d'un tel joint
US7336067B2 (en) 2003-02-03 2008-02-26 Jtekt Corporation Sensor assembly, sealing device, and roller bearing apparatus for vehicles having integrated connector and ring
JP4258221B2 (ja) * 2003-02-12 2009-04-30 株式会社ジェイテクト センサ組立体、シール装置ならびに転がり軸受装置
US20060153481A1 (en) * 2003-02-12 2006-07-13 Koyo Seiko Co., Ltd. Sensor assembly body, seal device, and rolling bearing device for motor vehicle
DE602004027994D1 (de) * 2003-03-13 2010-08-19 Jtekt Corp Wälzlagereinheit
JP4318205B2 (ja) * 2003-06-23 2009-08-19 Ntn株式会社 車輪用転がり軸受およびそれを備えた半浮動式車輪用軸受装置
JP4333259B2 (ja) 2003-07-24 2009-09-16 日本精工株式会社 回転速度検出装置付転がり軸受ユニット
DE10338960B4 (de) 2003-08-25 2014-05-08 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Dichtungsanordnung mit Encoder und Magnetisierungskopf für den Encoder
US7318589B2 (en) 2003-09-22 2008-01-15 Jtekt Corporation Sealing device and rotation detector
JP4463518B2 (ja) * 2003-09-22 2010-05-19 株式会社ジェイテクト シール装置
WO2005040647A1 (ja) * 2003-10-29 2005-05-06 Jtekt Corporation センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP4736806B2 (ja) * 2003-10-29 2011-07-27 株式会社ジェイテクト センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP2005133772A (ja) * 2003-10-29 2005-05-26 Koyo Seiko Co Ltd シール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP4547567B2 (ja) * 2003-10-29 2010-09-22 株式会社ジェイテクト シール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP2007085906A (ja) * 2005-09-22 2007-04-05 Sumiden Electronics Kk 回転検出センサの取付構造
JP2007127142A (ja) * 2005-11-01 2007-05-24 Jtekt Corp センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP4747853B2 (ja) * 2006-01-23 2011-08-17 株式会社ジェイテクト 転がり軸受装置用センサ付きシール装置の固定側シール部材とその製造方法
JP5003862B2 (ja) 2006-03-31 2012-08-15 Nok株式会社 密封装置
FR2900209B1 (fr) * 2006-04-20 2009-02-13 Skf Ab Dispositif de roulement instrumente
JP2008175645A (ja) 2007-01-17 2008-07-31 Ntn Corp 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP2009030760A (ja) * 2007-07-30 2009-02-12 Ntn Corp 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
DE102007020365A1 (de) * 2007-04-30 2008-11-13 Siemens Ag Lagerbaugruppe mit integriertem Messsystem
CN101688878B (zh) * 2007-05-16 2011-06-22 Ntn株式会社 结合有轮速检测装置的车轮轴承装置
DE102007035550B4 (de) * 2007-07-28 2014-07-24 Schaeffler Technologies Gmbh & Co. Kg Dichtungselement für ein Lager, insbesondere ein Wälzlager
EP2042786B1 (de) * 2007-09-25 2010-01-06 Carl Freudenberg KG Dichtung und Dichtungsanordnung mit einer solchen Dichtung
EP2093574B1 (en) 2008-02-19 2012-09-05 Aktiebolaget SKF A combined rotation sensing and sealing device for bearings
WO2010143021A1 (en) * 2009-06-12 2010-12-16 Aktiebolaget Skf Rolling bearing assembly with a sensor and process for manufacturing such a bearing assembly
JP2011053053A (ja) * 2009-09-01 2011-03-17 Sumitomo Wiring Syst Ltd 回転検出装置
JP5708374B2 (ja) * 2011-08-29 2015-04-30 日立金属株式会社 回転検出装置及び車輪軸受装置
JP5300965B2 (ja) * 2011-12-19 2013-09-25 株式会社ジェイテクト 転がり軸受装置の組立て方法
WO2014086410A1 (en) * 2012-12-05 2014-06-12 Aktiebolaget Skf Bearing power generating configuration
IT201700099285A1 (it) * 2017-09-05 2019-03-05 Skf Ab Dispositivo di tenuta per gruppo mozzo-ruota e gruppo mozzo-ruota equipaggiato con tale dispositivo di tenuta

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0474729U (ja) * 1990-10-31 1992-06-30
JPH0555070U (ja) * 1991-12-26 1993-07-23 エヌティエヌ株式会社 車輪用軸受の回転速度検出装置
JP2000142341A (ja) * 1998-11-02 2000-05-23 Nsk Ltd 回転速度検出装置付回転支持装置

Family Cites Families (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE3809904C2 (de) * 1988-03-24 1998-12-10 Skf Gmbh Vorrichtung zur Abdichtung und Erzeugung von elektrischen Impulsen
FR2640706B1 (fr) 1988-12-20 1991-02-01 Roulements Soc Nouvelle Roulement a capteur d'informations
US5022659A (en) * 1988-12-27 1991-06-11 The Timken Company Seal assembly for antifriction bearings
FR2642122B1 (fr) 1989-01-20 1991-04-05 Roulements Soc Nouvelle Joint d'etancheite tournant a codeur magnetique integre, notamment pour des roulements a capteurs d'informations
US4968156A (en) 1989-11-27 1990-11-06 The Torrington Company Bearing with a magnetic field sensor
IT1237618B (it) * 1989-12-15 1993-06-08 Roberto Moretti Dispositivo atto a permettere la rilevazione della velocita' di rotazione tra due organi in rotazione relativa quali gli organi di supporto di una ruota di un veicolo.
FR2678692B1 (fr) 1991-07-05 1995-05-12 Skf France Ensemble capteur etanche integrable dans un roulement a capteur d'informations et roulement equipe d'un tel ensemble.
US5458420A (en) * 1993-12-10 1995-10-17 The Timken Company Bearing seal with encoder
DE9320143U1 (de) * 1993-12-30 1995-04-27 Nord Klaus Juergen Vorrichtung zum Steuern einer elektrischen Signaleinrichtung beim Auftreten unzulässiger Bewegungen von abgedichteten Wellen technischer Geräte
JP3331728B2 (ja) * 1994-03-23 2002-10-07 日本精工株式会社 回転速度検出装置付円すいころ軸受
IT1273173B (it) * 1994-05-03 1997-07-07 Skf Ind Spa Gruppo sensore e di tenuta per un cuscinetto di rotolamento
JP3635707B2 (ja) * 1995-03-03 2005-04-06 日本精工株式会社 回転速度検出装置付転がり軸受ユニット
JPH09196072A (ja) * 1996-01-19 1997-07-29 Nippon Seiko Kk シール装置付転がり軸受
FR2751707B1 (fr) * 1996-07-24 1998-09-11 Skf France Roulement a capteur d'informations
FR2754903B1 (fr) * 1996-10-23 1998-12-04 Skf France Dispositif de codeur pour capteur de vitesse de rotation et roulement equipe d'un tel dispositif
JPH10184708A (ja) * 1996-12-26 1998-07-14 Ntn Corp 密封形ころ軸受
JP4141588B2 (ja) * 1999-06-02 2008-08-27 株式会社ジェイテクト 車輪速検出装置
JP3869185B2 (ja) * 2000-06-13 2007-01-17 株式会社ジェイテクト シールリング、密封装置およびそれを内蔵した転がり軸受
US6559633B1 (en) * 2000-09-18 2003-05-06 Freudenberg-Nok General Partnership Speed sensor with a seal
US6692153B2 (en) * 2001-03-07 2004-02-17 Ntn Corporation Wheel support bearing assembly

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0474729U (ja) * 1990-10-31 1992-06-30
JPH0555070U (ja) * 1991-12-26 1993-07-23 エヌティエヌ株式会社 車輪用軸受の回転速度検出装置
JP2000142341A (ja) * 1998-11-02 2000-05-23 Nsk Ltd 回転速度検出装置付回転支持装置

Also Published As

Publication number Publication date
US20030059140A1 (en) 2003-03-27
DE60113188T2 (de) 2006-07-13
EP1160492B1 (en) 2005-09-07
DE60113188D1 (de) 2005-10-13
JP2002054647A (ja) 2002-02-20
US20020018606A1 (en) 2002-02-14
EP1160492A2 (en) 2001-12-05
US6499885B2 (en) 2002-12-31
EP1160492A3 (en) 2003-09-24
US7215110B2 (en) 2007-05-08
US20050242514A1 (en) 2005-11-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4578015B2 (ja) 密封装置ならびに軸受装置
US7872554B2 (en) Sealing device and rotation detector
WO2009157274A1 (ja) ベアリングシール
JP2005042866A (ja) 回転速度検出装置付転がり軸受ユニット
JP2005042866A5 (ja)
US6796713B2 (en) Instrumented antifriction bearing provided with a sealing device
JP2008175645A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP5300965B2 (ja) 転がり軸受装置の組立て方法
JP2002327847A (ja) シールリング、密封装置ならびに軸受装置
JP2005098761A (ja) 回転検出器
JP5061652B2 (ja) 着磁パルサリング、及びこれを用いたセンサ付き転がり軸受装置
JP6671909B2 (ja) エンコーダリングを備えた密封装置の圧入方法
JP4300412B2 (ja) エンコーダ付きシール装置
JP2000142341A (ja) 回転速度検出装置付回転支持装置
JP2010019423A (ja) 転がり軸受装置
JP2010031961A (ja) センサー付き転がり軸受装置
JP2007198886A (ja) エンコーダ、転がり軸受の密封装置、及びセンサ付き転がり軸受装置
JP6648904B2 (ja) 車輪用軸受装置
JP4225069B2 (ja) センサ組立体、シール装置ならびに転がり軸受装置
JP2003097580A (ja) 転がり軸受およびその製造方法
JP2009036335A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP5137247B2 (ja) ベアリングシール
JP5132209B2 (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置
JP4736806B2 (ja) センサ付きシール装置およびそれを用いた転がり軸受装置
JP2008303899A (ja) 回転速度検出装置付き車輪用軸受装置

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080229

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20091113

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091201

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100201

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100805

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100824

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130903

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees