JP4432019B2 - 炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガスを製造する方法 - Google Patents

炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガスを製造する方法 Download PDF

Info

Publication number
JP4432019B2
JP4432019B2 JP2002546655A JP2002546655A JP4432019B2 JP 4432019 B2 JP4432019 B2 JP 4432019B2 JP 2002546655 A JP2002546655 A JP 2002546655A JP 2002546655 A JP2002546655 A JP 2002546655A JP 4432019 B2 JP4432019 B2 JP 4432019B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
platinum
aromatic
aromatic hydrocarbon
zeolite
tin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002546655A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2004514726A (ja
Inventor
イム、ビョン−スウ
オ、スン−フン
ギム、ヨン−スン
ソン、ギョン−ハッ
チェー、ソン
Original Assignee
エスケー エナジー 株式会社Sk Energy Co., Ltd.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to KR20000071959A priority Critical patent/KR100557558B1/ko
Application filed by エスケー エナジー 株式会社Sk Energy Co., Ltd. filed Critical エスケー エナジー 株式会社Sk Energy Co., Ltd.
Priority to PCT/KR2001/001977 priority patent/WO2002044306A1/en
Publication of JP2004514726A publication Critical patent/JP2004514726A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4432019B2 publication Critical patent/JP4432019B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • CCHEMISTRY; METALLURGY
    • C10PETROLEUM, GAS OR COKE INDUSTRIES; TECHNICAL GASES CONTAINING CARBON MONOXIDE; FUELS; LUBRICANTS; PEAT
    • C10GCRACKING HYDROCARBON OILS; PRODUCTION OF LIQUID HYDROCARBON MIXTURES, e.g. BY DESTRUCTIVE HYDROGENATION, OLIGOMERISATION, POLYMERISATION; RECOVERY OF HYDROCARBON OILS FROM OIL-SHALE, OIL-SAND, OR GASES; REFINING MIXTURES MAINLY CONSISTING OF HYDROCARBONS; REFORMING OF NAPHTHA; MINERAL WAXES
    • C10G45/00Refining of hydrocarbon oils using hydrogen or hydrogen-generating compounds
    • C10G45/58Refining of hydrocarbon oils using hydrogen or hydrogen-generating compounds to change the structural skeleton of some of the hydrocarbon content without cracking the other hydrocarbons present, e.g. lowering pour point; Selective hydrocracking of normal paraffins
    • C10G45/60Refining of hydrocarbon oils using hydrogen or hydrogen-generating compounds to change the structural skeleton of some of the hydrocarbon content without cracking the other hydrocarbons present, e.g. lowering pour point; Selective hydrocracking of normal paraffins characterised by the catalyst used
    • C10G45/64Refining of hydrocarbon oils using hydrogen or hydrogen-generating compounds to change the structural skeleton of some of the hydrocarbon content without cracking the other hydrocarbons present, e.g. lowering pour point; Selective hydrocracking of normal paraffins characterised by the catalyst used containing crystalline alumino-silicates, e.g. molecular sieves
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J29/00Catalysts comprising molecular sieves
    • B01J29/04Catalysts comprising molecular sieves having base-exchange properties, e.g. crystalline zeolites
    • B01J29/06Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof
    • B01J29/064Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof containing iron group metals, noble metals or copper
    • B01J29/068Noble metals
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J29/00Catalysts comprising molecular sieves
    • B01J29/04Catalysts comprising molecular sieves having base-exchange properties, e.g. crystalline zeolites
    • B01J29/06Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof
    • B01J29/18Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the mordenite type
    • B01J29/20Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the mordenite type containing iron group metals, noble metals or copper
    • B01J29/22Noble metals
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J29/00Catalysts comprising molecular sieves
    • B01J29/04Catalysts comprising molecular sieves having base-exchange properties, e.g. crystalline zeolites
    • B01J29/06Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof
    • B01J29/40Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the pentasil type, e.g. types ZSM-5, ZSM-8 or ZSM-11, as exemplified by patent documents US3702886, GB1334243 and US3709979, respectively
    • B01J29/42Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the pentasil type, e.g. types ZSM-5, ZSM-8 or ZSM-11, as exemplified by patent documents US3702886, GB1334243 and US3709979, respectively containing iron group metals, noble metals or copper
    • B01J29/44Noble metals
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J2229/00Aspects of molecular sieve catalysts not covered by B01J29/00
    • B01J2229/30After treatment, characterised by the means used
    • B01J2229/42Addition of matrix or binder particles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J29/00Catalysts comprising molecular sieves
    • B01J29/04Catalysts comprising molecular sieves having base-exchange properties, e.g. crystalline zeolites
    • B01J29/06Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof
    • B01J29/18Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the mordenite type
    • B01J29/185Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the mordenite type containing rare earth elements, titanium, zirconium, hafnium, zinc, cadmium, mercury, gallium, indium, thallium, tin or lead
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J29/00Catalysts comprising molecular sieves
    • B01J29/04Catalysts comprising molecular sieves having base-exchange properties, e.g. crystalline zeolites
    • B01J29/06Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof
    • B01J29/40Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the pentasil type, e.g. types ZSM-5, ZSM-8 or ZSM-11, as exemplified by patent documents US3702886, GB1334243 and US3709979, respectively
    • B01J29/405Crystalline aluminosilicate zeolites; Isomorphous compounds thereof of the pentasil type, e.g. types ZSM-5, ZSM-8 or ZSM-11, as exemplified by patent documents US3702886, GB1334243 and US3709979, respectively containing rare earth elements, titanium, zirconium, hafnium, zinc, cadmium, mercury, gallium, indium, thallium, tin or lead
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B01PHYSICAL OR CHEMICAL PROCESSES OR APPARATUS IN GENERAL
    • B01JCHEMICAL OR PHYSICAL PROCESSES, e.g. CATALYSIS OR COLLOID CHEMISTRY; THEIR RELEVANT APPARATUS
    • B01J37/00Processes, in general, for preparing catalysts; Processes, in general, for activation of catalysts
    • B01J37/0009Use of binding agents; Moulding; Pressing; Powdering; Granulating; Addition of materials ameliorating the mechanical properties of the product catalyst

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
発明の分野
本発明は一般的に、炭化水素原料から液相の芳香族炭化水素化合物及び気相の非芳香族炭化水素化合物、例えば液化石油ガス(LPG)を製造する方法、及びこれに有用な触媒に関する。さらに特異的には、本発明は、30ないし250℃の沸点を有する炭化水素原料中の芳香族化合物を脱アルキル化及び/又はトランスアルキル化によりBTX(ベンゼン、トルエン及びキシレン)を含む油成分に転換する方法、及び非芳香族化合物を水素化分解によりLPGの豊富な気相成分に転換させる方法;及び該方法に使用される触媒に関する。
【0002】
【従来の技術】
発明の背景
一般的に、芳香族炭化水素は、改質工程により製造された改質ガソリン及びナフサ分解工程にから得られた熱分解ガソリンのような芳香族化合物を豊富に含む原料を溶媒抽出することにより、非芳香族炭化水素と分離される。上記のように得られた芳香族炭化水素は、その沸点にしたがってベンゼン、トルエン、キシレン、及び炭素原子数9又はそれ以上の芳香族化合物として分離され、及びこのようにして石油化学工業の基礎材料として使用される。非芳香族炭化水素はナフサ分解工程の原材料又は燃料として使用される。
【0003】
これについて、米国特許第4,058,454号公報は、極性炭化水素及び非極性炭化水素を含む炭化水素混合物から極性炭化水素を分離し及び回収する為の溶媒抽出工程に言及している。そのような溶媒抽出工程は、分離を為す為に芳香族炭化水素の極性を使用する。すなわち、スルホランのような極性物質を溶解している溶媒を炭化水素混合物と接触させた場合、極性の芳香族炭化水素は選択的に溶解され得及びかくして非極性の非芳香族炭化水素から分離され得る。前記方法は、高純度の芳香族炭化水素混合物を得ることにおいて利点がある一方で、別途の溶媒抽出装置を必要とし、及び装置の運転の間継続的に溶媒を供給する欠点がある。それ故、付加的な溶媒抽出工程なしに、原料油から芳香族炭化水素と非芳香族炭化水素を分離する方法が案出されてきた。
【0004】
特に、溶媒抽出工程に代わり、非芳香族化合物から芳香族化合物を分離する為に、反応系に対するより多くの研究が実施されてきた。芳香族化合物と混合された非芳香族化合物は、触媒の存在中で水素化分解により気相の炭化水素に転換され、及び芳香族化合物は、反応器の後端における気液分離器を使用して非芳香族化合物から分離され得る。このような概念は米国特許第3,729,409号公報から発展してきた。さらに、米国特許第3,849,290号公報及び第3,950,241号公報は、芳香族化合物と混合されている線状炭化水素成分を、ZSM−5型ゼオライトの存在中において、水素化分解により気体成分に転換することにより良質の揮発油成分を製造する方法に言及し、かくして液体成分中の芳香族含量を増加させる。さらに発展した概念である米国特許第5,865,986号公報は、ベンゼン/トルエンの生産が、改善工程の間に一連の反応器の部分中にゼオライトに基づいた触媒を充填することにより増加される、石油ナフサ分画を改善する方法を開示している。また、米国特許第6,001,241号公報は、改善工程の間に反応器の部分中にゼオライトに基づいた触媒を充填することにより芳香族化合物の収率を高める方法に言及している。しかし、芳香族化合物の製造のみを目的として改善した反応器から独立した工程としてこのような概念を利用する工程はない。改善した反応器のようなものからの独立した工程によって、液化石油ガスは、改質ガソリン及び熱分解ガソリンのような原料油の処理により芳香族化合物とともに製造され得る。韓国のような、液化石油ガス(LPG)の大部分を輸入に依存する国においては、輸入されたエネルギーの相当量が、反応の副産物として生成された液化石油ガスに代替され得る。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
しかし、前記技術はその商業上の使用において多くの制限を有する。特に、触媒上のコークの沈降が副反応を引き起こし、かくして触媒の寿命を短縮する。それ故、この問題を克服する技術が要求されている。コークの沈降は、周期律表中のVIII族金属のように、高い水素化活性を有する金属成分をゼオライト上に支持させることにより抑制され得る。しかし、そのような金属成分に特徴の強い水素化活性は、水素化により芳香族化合物をナフテン化合物に転換させるもう一つの副反応を引き起こす。それ故、このような金属成分による水素化機能は制御される必要がある。前記米国特許第5,865,986号公報は、硫黄化合物を使用することにより金属活性を制御することに言及している。さらに、米国特許第6,001,241号公報においては、水素化の程度が鉛又はビスマスを使用することにより制御されている。このような事情の下で、第2の金属成分を導入することによりVIII族金属の水素化活性を制御する為の研究が為されている。
【0006】
【課題を解決するための手段】
発明の要約
本発明を導く為に、従来技術において遭遇した問題を回避することを目的とした本発明者らにより実施された芳香族炭化水素及び液化石油ガスの製造に対する集中的及び完全な研究が、改質ガソリン、熱分解ガソリン等のような炭化水素原料は、付加的な溶媒抽出工程なしに錫−白金又は鉛−白金で支持されたゼオライトに基づく触媒の存在中で、液相の芳香族炭化水素化合物及び気相の非芳香族炭化水素化合物に転換され得、かくして高純度の芳香族炭化水素混合物及び副産物としてのLPGを得るという発見を導いた。
【0007】
それ故、本発明の目的は、溶媒抽出なしに炭化水素原料から高純度の芳香族炭化水素及び副産物としての液化石油ガス(LPG)を製造する方法を提供することである。
【0008】
改質ガソリン、熱分解ガソリン等のような炭化水素原料中の芳香族炭化水素を改善する方法を提供することが本発明のもう一つの目的である。
【0009】
触媒の存在中で、水素化分解により炭化水素原料中の非芳香族炭化水素成分をLPGの豊富な気体生成物に転換する方法を提供することが本発明の他の目的である。
【0010】
前記方法における使用に適したゼオライトに基づく触媒を提供することが本発明のさらにもう一つの目的である。
【0011】
本発明にしたがって、炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガス(LPG)を製造する方法は以下の段階:
a)少なくとも一つの反応領域で水素及び30ないし250℃の沸点を有する炭化水素原料を導入する段階;
b)前記反応領域内において、触媒の存在下で前記炭化水素原料を、水素化脱アルキル反応及び/又はトランスアルキル化反応により、ベンゼン、トルエン及びキシレン(BTX)の豊富な芳香族炭化水素化合物に、及び水素化分解によりLPGの豊富な非芳香族炭化水素化合物に転換させる段階;及び
c)気液分離及び蒸留により、前記b)段階にて生じた生成物からそれぞれ芳香族炭化水素化合物及びLPGを回収する段階;
を含み、前記触媒は、白金/錫又は白金/鉛及びシリカ/アルミナのモル比が200又はそれ以下であるゼオライト10ないし95重量%及び無機バインダー5ないし90重量%からなる混合支持体を含み、前記ゼオライトはモルデン沸石、β型ゼオライト、ZSM−5型ゼオライト及びこれらの混合物からなる群より選択され、前記混合支持体100重量部に基づき、前記白金は0.01ないし0.5重量部の量で存在し、前記錫は0.01ないし5.0重量部の量で存在するか又は前記鉛は0.02ないし5.0部の量で存在する。
【0012】
図面の簡単な説明
本発明の上述の及び他の目的、特徴及び他の利点は、添付図面に関連した以降の詳細な記載からさらに明らかに理解されるであろう:
図1は、本発明にしたがった、炭化水素原料から芳香族炭化水素及び液化石油ガスを製造する方法の一態様を示す概略図である。
【0013】
好ましい態様の記載
本発明は、30ないし250℃の沸点を有する炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及びLPGを製造する方法、及び前記方法に使用される触媒に関する。前記炭化水素原料の例は、改質ガソリン、熱分解ガソリン、炭素原子数9又はそれ以上の芳香族成分を含有する混合物、ナフサ、及びこれらの混合物を含む。高収率の芳香族炭化水素を得る為には、改質ガソリン及び熱分解ガソリンのような芳香族成分の高含量を有する原料が使用され得ることが好ましい。一方、主としてLPGを得る為には、ナフサのような非芳香族成分の高含量を有する原料が好ましく使用され得る。非芳香族炭化水素成分の水素化分解反応、及び芳香族成分の水素化脱アルキル反応及び/又はトランスアルキル化反応が、本発明にしたがった触媒の存在中で同時に実施される。前記反応により、石油化学工業の主要な芳香族中間体に属するベンゼン、トルエン及びキシレン(BTX)が得られ得る。その時に、LPGを含む非芳香族化合物が副産物として得られる。前記反応において、炭化水素原料中の液相の非芳香族成分がLPGの豊富な気体状非芳香族化合物に転換される為に水素化分解反応が最も重要であり、それ故本発明は、前述の反応の結果としての生成物から芳香族炭化水素化合物を精製し及び回収する為の溶媒抽出を必要としない。さらに、水素化脱アルキル反応及び/又はトランスアルキル化反応は、炭化水素原料中の芳香族成分を改善する。例えば、燃料油として有益な炭素原子数9又はそれ以上の芳香族成分は、水素化脱アルキル反応によりベンゼン、トルエン及びキシレン(BTX)に転換され得、そしてベンゼンと炭素原子数9又はそれ以上の芳香族化合物との間のトランスアルキル化反応はトルエン及びキシレンを生成する。
【0014】
本発明にしたがって、前記反応は、強い酸機能を有するゼオライトに基づく触媒の使用により実施され得る。このようなゼオライトに基づく触媒は30ないし250℃の沸点を有する炭素原子数5ないし12の炭化水素の分子が通過され及び反応され得るおよそ5ないし7Åの細孔を有する。触媒の支持体は、モルデン沸石、β型ゼオライト、ZSM−5型ゼオライト及びそれらの混合物からなる群より選択されたゼオライトが無機バインダーと混合された混合支持体の形態で使用される。
【0015】
上述のとおりの水素化分解反応及び水素化脱アルキル反応の間、エチレン、プロピレン等のようなオレフィンが生成され得、そして迅速に水素化されるべきである。そうでなければ、オレフィンは芳香族成分に再アルキル化されて芳香族成分の特性を悪化させるであろう。さらには、オレフィン自体がポリマー化(又はオリゴマー化)されて液相の非芳香族化合物を形成するか、又は触媒の不活性化を生じるコークの形成を促進する。したがって、強い水素化機能を有する金属が触媒中に含有されるべきである。一般的に、強い水素化を要求する場合、周期律表中のVIII族の金属であるニッケル(Ni)、パラジウム(Pd)、白金(Pt)等を使用する。前述した活性金属において、白金は最も強い水素化機能を有している為、触媒中に白金が好ましく含有され、それによりそのような副反応を抑制する。
【0016】
一方、本発明において、白金はオレフィンを迅速に水素化して、かくして反応生成物の特性を改善し、及びオレフィンにより生じる触媒の不活性化を抑制する。しかし、水素化及び/又はトランスアルキル化により芳香族成分がナフテン炭化水素に転換され、そしてその後、付加的な水素化分解反応により気体状のパラフィンに転換されるもう一つの副反応が生じる。このような副反応は、回収される芳香族化合物量を減少させる為に好ましくない。それ故、白金の活性は、オレフィンの選択的水素化を引き起こす為に適切に調節される。白金に選択的水素化の機能を与える為、錫又は鉛が第2の金属成分として使用される。
【0017】
モルデン沸石、本発明において有益なβ型及びZSM−5型ゼオライトは、最初にナトリウム形態で合成される。ナトリウム形態は、塩化アンモニウム又は硝酸アンモニウムによりイオン交換してそのアンモニウム形態を与える。このアンモニウム形態は焼成することにより水素形態にたやすく転換され得る。本発明においては、アンモニウム又は水素形態にあるモルデン沸石、β型ゼオライト及びZSM−5型ゼオライトが使用される。
【0018】
本発明にしたがって、モルデン沸石、β型ゼオライト及びZSM−5型ゼオライトは、200又はそれ以下のシリカ/アルミナのモル比を有する。モル比が200を超えた場合、反応活性がとても弱くなるので、上述の反応に要求される温度が重大に上昇する。
【0019】
本発明にしたがって、前記ゼオライトは、γアルミナ、シリカ、シリカ/アルミナ、ベントナイト、カオリン、クリノプチロライト、モンモリロナイト、及びそれらの混合物からなる群より選択された少なくとも1種の無機バインダーと組み合わされる。好ましくは、γアルミナ、シリカ、シリカ/アルミナ、及びそれらの混合物の無結晶無機酸化物が使用される。最も好ましくは、γアルミナ及び/又はシリカが無機バインダーとして使用される。
【0020】
前記無機バインダーをゼオライトと組合せる場合、10ないし95重量%のゼオライトが5ないし90重量%の無機バインダーと混合され、そしてその後円筒状又は球状に好ましく成形される。円筒状形態の場合、前記混合物は直径およそ1ないし3mm及び長さおよそ5ないし30mmに成形されることが好ましい。さらに、球状形態の場合、混合物は直径およそ1ないし5mmに好ましく成形される。この際、ゼオライトの量が10重量%未満であると、反応温度が過度に上昇する。一方、その量が95重量%を超えると、触媒の機械的強度が乏しくなる。
【0021】
上述のとおりのゼオライトと無機バインダーの成形された混合支持体は、以下の物理的特性:0.4ないし1.0cc/gの見かけ嵩密度、50ないし200Åの平均細孔直径、0.1ないし1ccの細孔容積、及び200ないし400m2/gの比表面積を有する。
【0022】
本発明において、ゼオライトと無機バインダーの混合物を成形した後、白金/錫又は白金/鉛がその上に支持され得る。択一的に、金属成分はゼオライト上に支持され、そしてその後無機バインダーと混合されて最終的な触媒に成形されてもよい。又は全ての金属、ゼオライト及び無機バインダーは成形の前に混合されてもよい。
【0023】
金属が成形前又は成形後に支持される場合、支持される2種の金属の導入の順序にかかわらず、2種の金属成分のうちの1種がそしてその後もう一方の金属が導入されてもよい。択一的に、2種の金属は同時に導入され得る。例えば、前記2種の金属は支持体混合物と組み合わされ、そしてその後一緒に成形され得る。択一的に、2種の金属のうちの1種が支持体混合物と組み合わされ、そして成形され、続いてもう一方の金属がその上に導入されて触媒を与え得る。
【0024】
前記触媒の活性成分である白金は、ゼオライトと無機バインダーからなる混合支持体100重量部に基づき、およそ0.01ないし0.5重量部の量で好ましく使用される。白金の量が0.01重量部未満であると、水素化分解反応及び水素化脱アルキル反応の反応速度が低下し、及びかくして反応温度が上昇されなければならず、そして触媒の失活が増加する。他方、前記量が0.5重量部を超えると、水素化分解反応が活発に生じ、そしてかくして後芳香族成分の相当量がナフテン化合物に転換される。
【0025】
白金は、当業者により容易に実施され得るイオン交換、含浸、又は物理的混合により導入される。白金がイオン交換により導入される場合、クロロ白金酸アンモニウム、及びジニトロジアミノ白金の水溶液が前駆体として好ましく使用される。含浸の場合、クロロ白金酸、及びクロロ白金酸アンモニウムの水溶液が前駆体として好ましく使用される。物理的混合がとられる場合、前記白金前駆体のいかなる全ての水溶液が使用され得る。
【0026】
本発明において、白金の活性を制御する上で重要な役割を担う錫は、ゼオライトと無機バインダーからなる混合支持体100重量部に基づきおよそ0.01ないし5.0重量部の量で好ましく添加される。錫の使用量が5.0重量部を超えると、白金の性能がとても乏しくなるので、触媒の失活が促進される。他方、前記量が0.01重量部未満である場合は、白金の強い水素化機能が適切に制御されず、それにより芳香族成分のナフテン化合物への転換が増加する。
【0027】
本発明にしたがうと、鉛は錫の代わりに使用され得、そして錫と同じ機能を示す。鉛を使用する場合、ゼオライトと無機バインダーからなる混合支持体100重量部に基づきおよそ0.02ないし5.0重量部の鉛が導入されることが好ましい。鉛の量が上述の範囲から外れると、錫の場合に記載されたと同じ問題が発生する。
【0028】
好ましくは、錫又は鉛は、含浸又は物理的混合により混合支持体中に導入される。その前駆体として、例えば錫は、二塩化錫、四塩化錫、酢酸錫、及び硫酸錫の形態で、そして酢酸鉛、硝酸鉛、及び硫酸鉛の形態である鉛が使用される。
【0029】
本発明において、白金/錫又は白金/鉛が前記混合支持体に導入された後、乾燥は標準大気下、60ないし200℃において30分ないし12時間実施されるのが好ましい。その後、乾燥された触媒は、空気又は窒素雰囲気下、300ないし600℃で、好ましくは1ないし12時間焼成される。
【0030】
前述したように、その導入順序にはかかわらず、白金/錫又は白金/鉛のうちの1対の金属成分がゼオライトと無機バインダーからなる混合支持体に支持される。代わりに、互いに適切に会合された金属を作ることが重要である。特に、白金は錫又は鉛と会合されるか、又は触媒中で独立的に存在するよりはむしろ互いに電気的及び化学的に影響を与えることができるように錫又は鉛に近接して存在し、それ故優れた触媒性能を与える。すなわち、白金が触媒中に独立して存在する場合、白金の高い水素化活性の原因によるような上述の副反応が発生し得る。しかし、白金が錫又は鉛と会合されるか、又は錫又は鉛に十分に近接している場合、白金の選択的水素化は、集合効果又はリガンド効果のような一対の金属成分(白金/錫又は白金/鉛)の間の相互作用によって達成される。
【0031】
図1に、炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及びLPGを製造する方法の一態様の工程図を示す。
【0032】
前記図において、本発明にしたがった触媒は、少なくとも一つの反応領域中で炭化水素原料の水素化脱アルキル反応、トランスアルキル化反応及び水素化分解反応を引き起こす。芳香族及び非芳香族成分を含有する原料は、前記反応領域への導入前に水素と混合される。この時、水素と原料のモル比は0.5ないし10である。0.5未満のモル比は触媒の急速な失活を導くが、その比が10を超えると芳香族成分の飽和環状炭化水素への転換を導き、かくして芳香族化合物の収率を低下させる。工程に導入する炭化水素原料流11は、水素流21及び高純度の水素流12と組み合わされる。さらに、前記原料流11は0.5ないし10hr-1の重量空間速度(WHSV)で反応器3に流入し、そして5ないし50気圧の圧力下、250ないし600℃において反応される。
【0033】
前記態様にしたがうと、付加的なヒーター2が、水素/原料流の温度を上昇させるために設置される。熱交換器1において、前記水素/原料流は、反応器3から排出され反応生成物流15と熱交換され、そしてその後熱交換器1に循環される。その後、ある程度まで上昇された温度の流れ13がヒーター2に流入する。
【0034】
加熱された水素/原料14が流入する反応器内において、上述の反応条件下、触媒の存在中で、芳香族成分の水素化脱アルキル反応及びトランスアルキル化反応、及び非芳香族成分の水素化分解が行われる。
【0035】
反応の完了後、生成物15は比較的高温の気体相中に存在する。第1気液分離器4に導入される前に、生成物は循環されそして水素/原料流が高温の生成物の為にある程度まで上昇された熱交換器1に流入される。その後、生成物は第1冷却器5を通過して生成物流17を与える。
【0036】
30ないし50℃の生成物流17は、第1冷却器5を通過し、そして第1気液分離器4に流入し、かくして気体成分と液体成分を分離する。気体成分は第1上端流19として第1気液分離器4から排出され、一方で液体成分は第1底面流18として排出される。その時、気体の第1上端流19は、およそ60ないし75モル%の水素とそれぞれ低い炭素原子数を有するメタン、エタン、LPG等からなるおよそ25ないし40モル%の炭化水素成分からなる。前記水素成分は分離され、そしてその後圧縮機6で圧縮され、そして水素の純度を制御する為に導入された高純度水素12と組み合わされ、その後原料11と一緒に反応領域に導入される。さらに、第1上端流19中のLPG成分が分離され、そして慣用の方法を使用して回収される。もちろん、メタン、エタン等の各々は燃料のような用途の為に分離され得る。
【0037】
ところで、液体の第1底面流18は、主として芳香族化合物を含みそしてわずかな量の残留水素及び軽い非芳香族化合物を含有している。それ故、液体の第1底面流18は、残留水素と非芳香族化合物を含有する第2上端流22及び99%又はそれ以上の純度を有する芳香族化合物を含有する第2底面流28が第1蒸留塔7内でそれらの沸点にしたがって分離される、分離精製操作を通過する。第2底面流28は回収され、そしてその後他の分離操作、例えば蒸留塔(図示せず)を使用してそれぞれベンゼン、トルエン、キシレン、及び炭素原子数9又はそれ以上の芳香族化合物として分離され得る。
【0038】
前記第2上端流22は、第2冷却器8中で冷却され、そしてその後、第2気液分離器9に流入して気体の第3上端流29及び液体の第3底面流26を与える。残留水素、メタン及びエタンを含む第3上端流29は、燃料として使用され得る。液相の第3底面流26は蒸留塔7に再循環され、そして流れの一部はペンタン、ヘキサン及びLPGを含む流れ27として回収される。蒸留塔7に循環された成分は、第1底面流とともに分離操作を再び通過する。
【0039】
前記工程により、芳香族炭化水素化合物は99%又はそれ以上の純度で回収され得、そしてLPGは第1上端流19の水素が除去された流れ20及び流れ27として得られる。このようにして回収された総LPG成分のおよそ70ないし90%が流れ20に含まれる。
【0040】
本発明は以下の例示される実施例によってより良く理解されるが、本発明を限定するものと解釈してはならない。
【0041】
【実施例】
実施例1
シリカ/アルミナのモル比20を有するモルデン沸石を、無機バインダーとしてγアルミナと混合し、そしてその後成形してモルデン沸石量が75重量%である混合支持体を与える。その手順の間、H2PtCl6水溶液及びSnCl2水溶液をそこに添加する。その時、モルデン沸石とバインダーからなる混合支持体100重量部に基づき、白金0.05重量部及び錫0.5重量部を混合支持体上に導入する。直径1.5mm及び長さ10mmに成形した後、乾燥を200℃にて12時間実施し、続いて500℃にて4時間焼成して触媒を得る。
上述のとおりに調製した触媒の使用により反応試験を行い、そしてその条件及び結果を以下の表1に示す。
【0042】
実施例2
シリカ/アルミナのモル比30を有するZSM−5型ゼオライトを、無機バインダーとしてγアルミナと混合し、そしてその後成形してZSM−5型ゼオライト量が75重量%である混合支持体を与える。その手順の間、H2PtCl6水溶液及びSnCl2水溶液をそこに添加する。その時、ZSM−5型ゼオライトとバインダーからなる混合支持体100重量部に基づき、白金0.05重量部及び錫0.5重量部を混合支持体上に導入する。直径1.5mm及び長さ10mmに成形した後、乾燥を200℃にて12時間実施し、続いて500℃にて4時間焼成して触媒を得る。
上述のとおりに調製した触媒の使用により反応試験を行い、そしてその条件及び結果を以下の表1に示す。
【0043】
実施例3
シリカ/アルミナのモル比30を有するZSM−5型ゼオライトを、無機バインダーとしてγアルミナと混合し、そしてその後成形してZSM−5型ゼオライト量が75重量%である混合支持体を与える。その手順の間、H2PtCl6水溶液及びPb(NO32水溶液をそこに添加する。その時、ZSM−5型ゼオライトとバインダーからなる混合支持体100重量部に基づき、白金0.05重量部及び鉛0.15重量部を混合支持体上に導入する。直径1.5mm及び長さ10mmに成形した後、乾燥を200℃にて12時間実施し、続いて500℃にて4時間焼成して触媒を得る。
上述のとおりに調製した触媒の使用により反応試験を行い、そしてその条件及び結果を以下の表1に示す。
【0044】
実施例4
シリカ/アルミナのモル比25を有するβ型ゼオライトを、無機バインダーとしてγアルミナと混合し、そしてその後成形してZSM−5型ゼオライト量が75重量%である混合支持体を与える。その手順の間、H2PtCl6水溶液及びSnCl2水溶液をそこに添加する。その時、β型ゼオライトとバインダーからなる混合支持体100重量部に基づき、白金0.05重量部及び錫0.5重量部を混合支持体上に導入する。直径1.5mm及び長さ10mmに成形した後、乾燥を200℃にて12時間実施し、続いて500℃にて4時間焼成して触媒を得る。
上述のとおりに調製した触媒の使用により反応試験を行い、そしてその条件及び結果を以下の表1に示す。
【表1】
【0045】
前記表から、ゼオライトと無機バインダーからなる混合支持体上に導入された白金/錫又は白金/鉛の触媒が使用された場合、炭素原子数7又はそれ以上の非芳香族成分が効果的に炭素原子数1、炭素原子数2、及びLPGのような気体の炭化水素化合物に転換され得、そしてかくして液体の芳香族化合物から分離される。
【0046】
このように、上述のとおりの触媒を使用する本発明の方法は、付加的な溶媒抽出装置を設置することなしに、気液分離器及び蒸留塔のみを使用することにより、炭化水素原料から芳香族成分と非芳香族成分の分離の容易さという利点を有する。さらに、原料中の利用価値の低い非芳香族化合物はLPGに転換され得、それ故、経済的利点が生じる。利用価値の高い芳香族化合物が高純度で得られ得る。
【0047】
本発明は例示により記載され、そして使用された用語は本発明を制限するものでなく例示するためのものであると理解されるべきである。本発明の多様な変形例及び修正例が上述の教示から可能である。それ故、本発明の請求項の範囲内において、本発明は特に記載されたものの他に実施され得ると理解されるべきである。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明にしたがった、炭化水素原料から芳香族炭化水素及び液化石油ガスを製造する方法の一態様を示す概略図である。

Claims (17)

  1. 以下の段階:
    a)少なくとも一つの反応領域に水素及び30ないし250℃の沸点を有する炭化水素原料(非芳香族炭化水素成分及び芳香族炭化水素成分を含有する)を導入する段階;
    b)前記反応領域内において、触媒の存在下で前記炭化水素原料中の芳香族炭化水素成分を、水素化脱アルキル反応及び/又はトランスアルキル化反応により、ベンゼン、トルエン及びキシレン(BTX)の豊富な芳香族炭化水素化合物に、及び非芳香族炭化水素成分を水素化分解によりLPGの豊富な非芳香族炭化水素化合物に転換させる段階;及び
    c)気液分離及び蒸留により、前記b)段階にて生じた生成物からそれぞれ芳香族炭化水素化合物及びLPGを回収する段階
    を含む前記炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガス(LPG)を製造する方法であって、
    前記触媒は、白金/錫又は白金/鉛及びシリカ/アルミナのモル比が200又はそれ以下であるゼオライト10ないし95重量%及び無機バインダー5ないし90重量%からなる混合支持体を含み、前記ゼオライトはモルデン沸石、β型ゼオライト、ZSM−5型ゼオライト及びこれらの混合物からなる群より選択され、前記混合支持体100重量部に基づき、前記白金は0.01ないし0.5重量部の量で存在し、前記錫は0.01ないし5.0重量部の量で存在するか又は前記鉛は0.02ないし5.0部の量で存在する方法。
  2. 前記a)段階の間において前記反応領域に導入される前記炭化水素原料の重量空間速度が0.5ないし10hr-1であり、及び水素/炭化水素原料が0.5ないし10のモル比である請求項1記載の方法。
  3. 前記b)段階は、5ないし50気圧の圧力下において250ないし600℃にて実施される請求項1記載の方法。
  4. 前記炭化水素原料は、改質ガソリン、熱分解ガソリン、炭素原子数9又はそれ以上の芳香族混合物、ナフサ及びこれらの混合物からなる群より選択される請求項1記載の方法。
  5. ゼオライト及び無機バインダーからなる前記混合支持体は、0.4ないし1.0cc/gの見かけ嵩密度、50ないし200Åの平均細孔直径、0.1ないし1ccの細孔容積及び200ないし400m2/gの比表面積を有する請求項1記載の方法。
  6. 前記無機バインダーは、γ−アルミナ、シリカ、シリカ−アルミナ、ベントナイト、カオリン、クリノプチロライト、モンモリロナイト及びこれらの混合物からなる群より選択される請求項1記載の方法。
  7. 前記触媒は、ゼオライトと無機バインダーを混合して混合支持体を成形し;該成形された混合支持体に錫又は鉛を支持させ;及び前記錫又は鉛で支持された混合支持体に白金を支持させることにより調製される請求項1記載の方法。
  8. 前記触媒は、ゼオライトと無機バインダーを混合し;前記混合支持体に白金及び錫又は鉛の混合物を支持させ;及び前記白金/錫又は白金/鉛で支持された混合支持体を成形することにより調製される請求項1記載の方法。
  9. 前記触媒は、ゼオライトに白金を支持させ;前記白金で支持されたゼオライトと無機バインダーを混合し、続いて白金で支持された混合支持体を成形し;及び前記成形された白金で支持された混合支持体に錫又は鉛を支持させることにより調製される請求項1記載の方法。
  10. 前記触媒は、ゼオライトと無機バインダーを混合し、続いて前記混合支持体に白金及び錫又は鉛の1つを支持させる間に混合支持体を成形し;及び前記成形された混合支持体に、前の段階で支持されていない他の金属を支持させることにより調製される請求項1記載の方法。
  11. 前記触媒は、ゼオライト、無機バインダー、白金、及び錫又は鉛を混合し;及び前記混合物を成形することにより調製される請求項1記載の方法。
  12. 前記c)段階の芳香族炭化水素化合物を、それぞれの沸点にしたがって、ベンゼン、トルエン、キシレン、及び炭素原子数9又はそれ以上の芳香族化合物に分離する段階をさらに含む請求項1記載の方法。
  13. 以下の段階:
    a)少なくとも一つの反応領域で水素及び30ないし250℃の沸点を有する炭化水素原料を導入する段階;
    b)前記反応領域内で、前記原料中の非芳香族炭化水素成分を水素化分解させる間に前記原料中の芳香族炭化水素成分を水素化脱アルキル及び/又はトランスアルキル化させる段階;
    c)前記反応領域から排出された生成物を気液分離機に導入して、水素、メタン、エタン及びLPG成分を含む第1上端流、及び芳香族炭化水素成分及び水素及び非芳香族炭化水素成分の少量を含む第1底面流を与える段階;
    d)前記第1上端流の分画からLPGを回収する段階;
    e)残留水素及び非芳香族炭化水素成分を含む第2上端流、及び芳香族炭化水素成分を含む第2底面流を与えるように前記第1底面流を蒸留塔に導入する段階;及び
    f)前記第2上端流からLPGを、及び前記第2底面流から芳香族炭化水素成分を回収する段階
    を含む炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガスを製造する方法であって、
    前記触媒は、白金/錫又は白金/鉛及びシリカ/アルミナのモル比が200又はそれ以下であるゼオライト10ないし95重量%及び無機バインダー5ないし90重量%からなる混合支持体を含み、前記ゼオライトはモルデン沸石、β型ゼオライト、ZSM−5型ゼオライト及びこれらの混合物からなる群より選択され、前記混合支持体100重量部に基づき、前記白金は0.01ないし0.5重量部の量で存在し、前記錫は0.01ないし5.0重量部の量で存在するか又は前記鉛は0.02ないし5.0部の量で存在する方法。
  14. 前記a)段階の間において前記反応領域に導入される前記炭化水素原料の重量空間速度は0.5ないし10hr-1であり、及び水素/炭化水素原料は0.5ないし10のモル比である請求項13記載の方法。
  15. 前記b)段階は5ないし50気圧の圧力下において250ないし600℃にて実施される請求項13記載の方法。
  16. 前記炭化水素原料は改質ガソリン、熱分解ガソリン、炭素原子数9又はそれ以上の芳香族混合物、ナフサ及びこれらの混合物からなる群より選択される請求項13記載の方法。
  17. g)前記f)段階の前記芳香族炭化水素成分を、それぞれの沸点にしたがって、ベンゼン、トルエン、キシレン、及び炭素原子数9又はそれ以上の芳香族化合物に分離する段階をさらに含む請求項13記載の方法。
JP2002546655A 2000-11-30 2001-11-19 炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガスを製造する方法 Expired - Fee Related JP4432019B2 (ja)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
KR20000071959A KR100557558B1 (ko) 2000-11-30 2000-11-30 탄화수소 혼합물로부터 방향족 탄화수소 및 액화석유가스를 제조하는 방법
PCT/KR2001/001977 WO2002044306A1 (en) 2000-11-30 2001-11-19 Process for producing aromatic hydrocarbon compounds and liquefied petroleum gas from hydrocarbon feedstock

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004514726A JP2004514726A (ja) 2004-05-20
JP4432019B2 true JP4432019B2 (ja) 2010-03-17

Family

ID=19702488

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002546655A Expired - Fee Related JP4432019B2 (ja) 2000-11-30 2001-11-19 炭化水素原料から芳香族炭化水素化合物及び液化石油ガスを製造する方法

Country Status (6)

Country Link
US (1) US6635792B2 (ja)
EP (1) EP1339813A4 (ja)
JP (1) JP4432019B2 (ja)
KR (1) KR100557558B1 (ja)
CN (1) CN1217892C (ja)
WO (1) WO2002044306A1 (ja)

Families Citing this family (79)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6867340B2 (en) * 1998-12-24 2005-03-15 Sk Corporation Disproportionation/transalkylation of aromatic hydrocarbons
DE10256404B4 (de) * 2002-05-31 2009-02-05 Kataleuna Gmbh Catalysts Katalysator zur Isomerisierung von festen Fischer-Tropsch-Paraffinen und Verfahren zu seiner Herstellung
US6890877B2 (en) * 2002-07-09 2005-05-10 Conocophillips Company Enhanced fluid/solids contacting in a fluidization reactor
US6740788B1 (en) * 2002-12-19 2004-05-25 Uop Llc Integrated process for aromatics production
ITMI20040077A1 (it) * 2004-01-22 2004-04-22 Polimeri Europa Spa Procedimento per la idrodealchilazione catalitica di idrocarburi alchilaromatici
US6964935B2 (en) * 2004-03-12 2005-11-15 Chevron Oronite Company Llc. Mordenite zeolite alkylation catalysts
EP1640434A1 (en) * 2004-09-22 2006-03-29 Indian Oil Corporation Limited Hydrocracking process and catalyst composition
KR100710542B1 (ko) * 2005-06-21 2007-04-24 에스케이 주식회사 탄화수소 원료 혼합물로부터 경질 올레핀계 탄화수소의증산방법
KR100645659B1 (ko) * 2005-06-21 2006-11-06 에스케이 주식회사 탄화수소 혼합물로부터 벤젠을 증산하는 방법
KR101234448B1 (ko) * 2005-11-14 2013-02-18 에스케이이노베이션 주식회사 탄화수소 혼합물로부터 방향족 탄화수소 및 액화석유가스를제조하는 공정
US7642393B2 (en) * 2006-10-05 2010-01-05 General Electric Company Process for removing at least benzene from hydrocarbon streams
CN101172251B (zh) * 2006-11-02 2010-05-12 中国石油化工股份有限公司 增产二甲苯的芳烃烷基转移和脱烷基催化剂
US7692052B2 (en) * 2006-12-29 2010-04-06 Uop Llc Multi-zone process for the production of xylene compounds
US8608942B2 (en) * 2007-03-15 2013-12-17 Kellogg Brown & Root Llc Systems and methods for residue upgrading
TWI478768B (zh) 2007-07-18 2015-04-01 China Petro Chemical Technologydevelopment Company Catalysts and methods for the production of light aromatics and light alkanes from hydrocarbon feedstocks
CN101348405B (zh) * 2007-07-18 2011-01-19 中国石油化工股份有限公司 利用烃类原料制备轻质芳烃和轻质烷烃的方法
US7776283B2 (en) * 2007-07-30 2010-08-17 Uop Llc Xylene production apparatus with integrated feedstock treatment
US7847137B2 (en) * 2007-07-30 2010-12-07 Uop Llc Xylene production processes with integrated feedstock treatment
EP2027917A1 (en) * 2007-07-31 2009-02-25 Shell Internationale Research Maatschappij B.V. Catalyst composition, its preparation and use
US7686946B2 (en) * 2007-08-17 2010-03-30 Uop Llc Method of altering a feed to a reaction zone
KR101568432B1 (ko) * 2007-08-17 2015-11-11 유오피 엘엘씨 반응 구역으로의 공급물을 변경하는 방법 및 장치
WO2009076393A2 (en) * 2007-12-12 2009-06-18 Shell Oil Company Process for the conversion of ethane or mixed lower alkanes to aromatic hydrocarbons
US8809608B2 (en) * 2008-02-18 2014-08-19 Shell Oil Company Process for the conversion of lower alkanes to aromatic hydrocarbons
US8871990B2 (en) * 2008-02-18 2014-10-28 Shell Oil Company Process for the conversion of ethane to aromatic hydrocarbons
WO2009105392A1 (en) 2008-02-18 2009-08-27 Shell Oil Company Process for the conversion of ethane to aromatic hydrocarbons
EA201070974A1 (ru) 2008-02-20 2011-02-28 Шелл Интернэшнл Рисерч Маатсхаппий Б.В. Способ конверсии этана в ароматические углеводороды
US7883618B2 (en) * 2008-02-28 2011-02-08 Kellogg Brown & Root Llc Recycle of olefinic naphthas by removing aromatics
AU2009282954B2 (en) * 2008-08-19 2012-04-05 Shell Internationale Research Maatschappij B.V. Process for the conversion of lower alkanes to aromatic hydrocarbons and ethylene
WO2010021909A2 (en) * 2008-08-19 2010-02-25 Shell Oil Company Process for the conversion of lower alkanes to ethylene and aromatic hydrocarbons
CN101734986A (zh) * 2008-11-21 2010-06-16 中国石油化工股份有限公司 利用裂解汽油加氢裂解多产苯和二甲苯的方法
CN102227490B (zh) * 2008-11-26 2015-02-18 Sk新技术株式会社 由经流化床催化裂化的烃混合物制备清洁燃料和芳香族化合物的方法
EA022457B1 (ru) 2009-11-02 2016-01-29 Шелл Интернэшнл Рисерч Маатсхаппий Б.В. Способ конверсии смесей низших алканов в ароматические углеводороды
US8766026B2 (en) 2010-05-12 2014-07-01 Shell Oil Company Process for the conversion of lower alkanes to aromatic hydrocarbons
CN102311760B (zh) * 2010-07-07 2014-03-05 中国石油化工股份有限公司 一种液化石油气加氢制备乙烯裂解料的方法
CN102443430B (zh) * 2010-10-13 2014-03-05 中国石油化工股份有限公司 一种液化石油气加氢制备乙烯裂解料的方法
ES2654404T3 (es) * 2010-10-22 2018-02-13 Sk Innovation Co., Ltd. Método para producir compuestos aromáticos valiosos y parafinas ligeras a partir de aceites hidrocarbonáceos derivados del petróleo, carbón o madera
US9181146B2 (en) 2010-12-10 2015-11-10 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Process for the production of xylenes and light olefins
US8940950B2 (en) 2010-12-10 2015-01-27 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Method and apparatus for obtaining aromatics from diverse feedstock
US8921633B2 (en) 2012-05-07 2014-12-30 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Process for the production of xylenes and light olefins
US8937205B2 (en) 2012-05-07 2015-01-20 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Process for the production of xylenes
US9181147B2 (en) 2012-05-07 2015-11-10 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Process for the production of xylenes and light olefins
EP2855636A1 (en) * 2012-06-05 2015-04-08 Saudi Basic Industries Corporation Process for producing btx from a c5-c12 hydrocarbon mixture
CN102716748B (zh) * 2012-06-19 2014-05-14 吉林大学 用于偏三甲苯加氢生产btx芳烃的催化剂及其制备方法
CN104109073B (zh) * 2013-04-16 2016-09-07 中国石油化工股份有限公司 Btx芳烃的增产方法
US20160369187A1 (en) 2013-07-02 2016-12-22 Andrew Mark Ward Process and installation for the conversion of crude oil to petrochemicals having an improved carbon-efficiency
EA029413B1 (ru) * 2013-07-02 2018-03-30 Сауди Бейсик Индастриз Корпорейшн Способ крекинга углеводородного сырья в установке парового крекинга
KR20160025512A (ko) 2013-07-02 2016-03-08 사우디 베이식 인더스트리즈 코포레이션 정제소 중질 잔사유를 석유화학물질로 업그레이드하는 방법
US9856425B2 (en) 2013-07-02 2018-01-02 Saudi Basic Industries Corporation Method of producing aromatics and light olefins from a hydrocarbon feedstock
ES2682476T3 (es) 2013-07-02 2018-09-20 Saudi Basic Industries Corporation Proceso para la producción de olefinas ligeras y compuestos aromáticos a partir de una materia prima hidrocarbonada
US9862898B2 (en) 2013-07-02 2018-01-09 Saudi Basic Industries Corporation Process and installation for the conversion of crude oil to petrochemicals having an improved BTX yield
CN105473691B (zh) 2013-07-02 2019-03-15 沙特基础工业公司 从烃原料生产轻质烯烃和芳烃的方法
RU2544241C1 (ru) 2014-01-22 2015-03-20 Общество С Ограниченной Ответственностью "Новые Газовые Технологии-Синтез" Способ получения ароматических углеводородов из природного газа и установка для его осуществления
EA031993B1 (ru) 2014-02-25 2019-03-29 Сауди Бейсик Индастриз Корпорейшн Способ получения продукта бтк из смешанного углеводородного источника при использовании пиролиза
CN106062147B (zh) 2014-02-25 2018-07-24 沙特基础工业公司 用于将烃转化成烯烃的方法
US10358612B2 (en) 2014-02-25 2019-07-23 Saudi Basic Industries Corporation Process for producing BTX from a mixed hydrocarbon source using catalytic cracking
US10301559B2 (en) 2014-02-25 2019-05-28 Saudi Basic Industries Corporation Method for converting a high-boiling hydrocarbon feedstock into lighter boiling hydrocarbon products
SG11201606522WA (en) 2014-02-25 2016-09-29 Saudi Basic Ind Corp Process for producing btx from a mixed hydrocarbon source using coking
US10160925B2 (en) 2014-02-25 2018-12-25 Saudi Basic Industries Corporation Method of controlling the supply and allocation of hydrogen gas in a hydrogen system of a refinery integrated with olefins and aromatics plants
EA033012B1 (ru) 2014-02-25 2019-08-30 Сауди Бейсик Индастриз Корпорейшн Способ и устройство для превращения сырой нефти в продукты нефтехимического синтеза, характеризующегося улучшенным выходом по этилену и бтк
RU2550354C1 (ru) 2014-03-28 2015-05-10 Общество С Ограниченной Ответственностью "Новые Газовые Технологии-Синтез" Способ получения концентрата ароматических углеводородов из легких алифатических углеводородов и установка для его осуществления
EP3154687A1 (en) 2014-06-13 2017-04-19 SABIC Global Technologies B.V. Process for producing benzene from a c5-c12 hydrocarbon mixture
US20170121239A1 (en) * 2014-06-13 2017-05-04 Sabic Global Technologies B.V. Process for producing benzene from c5-c12 hydrocarbon mixture
EP3157891A1 (en) * 2014-06-17 2017-04-26 SABIC Global Technologies B.V. Process for producing benzene and lpg2
WO2015197733A1 (en) 2014-06-26 2015-12-30 Sabic Global Technologies B.V. Process for producing alkylated aromatic hydrocarbons from a mixed hydrocarbon feedstream
CN106660896A (zh) 2014-06-26 2017-05-10 Sabic环球技术有限责任公司 用于从混合的烃进料物流生产纯化的芳族烃的方法
RU2558955C1 (ru) 2014-08-12 2015-08-10 Общество С Ограниченной Ответственностью "Новые Газовые Технологии-Синтез" Способ получения концентрата ароматических углеводородов из жидких углеводородных фракций и установка для его осуществления
SG11201704641VA (en) 2014-12-22 2017-07-28 Sabic Global Technologies Bv Process for producing c2 and c3 hydrocarbons
KR20170100605A (ko) 2014-12-22 2017-09-04 사빅 글로벌 테크놀러지스 비.브이. Lpg 및 btx 생산 공정
CN107109257A (zh) 2014-12-22 2017-08-29 沙特基础工业全球技术有限公司 用于生产c2和c3烃的方法
EA201791195A1 (ru) 2014-12-22 2017-10-31 Сабик Глобал Текнолоджис Б.В. Способ получения lpg и btx
US10053403B2 (en) 2015-02-04 2018-08-21 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Catalyst compositions and their use in transalkylation of heavy aromatics to xylenes
US10118165B2 (en) 2015-02-04 2018-11-06 Exxonmobil Chemical Patents Inc. Catalyst compositions and use in heavy aromatics conversion processes
EP3337776B1 (en) 2015-08-21 2019-06-05 SABIC Global Technologies B.V. Process for producing btx from a c5-c12 hydrocarbon mixture
EP3176243A1 (en) * 2015-12-03 2017-06-07 SABIC Global Technologies B.V. Process for preparing a hydrocracking catalyst
JP2018538303A (ja) 2015-12-15 2018-12-27 サビック グローバル テクノロジーズ ベスローテン フェンノートシャップ C2およびc3炭化水素を生成するためのプロセス
EP3394217A1 (en) 2015-12-22 2018-10-31 SABIC Global Technologies B.V. Process for converting mixed hydrocarbon streams to lpg and btx
US20190321809A1 (en) 2016-08-02 2019-10-24 Sabic Global Technologies B.V. Process for preparing hydrocracking catalyst
US20190375696A1 (en) 2016-09-12 2019-12-12 Sabic Global Technologies B.V. Hydrocracking process
CN110088244A (zh) 2016-10-17 2019-08-02 沙特基础全球技术有限公司 由c5-c12烃混合物生产btx的方法

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3729409A (en) 1970-12-24 1973-04-24 Mobil Oil Corp Hydrocarbon conversion
US3702293A (en) * 1971-12-30 1972-11-07 Universal Oil Prod Co Hydrocarbon conversion process with a bimetallic catalyst
US3849290A (en) 1972-08-02 1974-11-19 Mobil Oil Corp Upgrading of reformates by catalyst compositions selective for cracking low and high boiling paraffin components
US3950241A (en) 1974-06-24 1976-04-13 Mobil Oil Corporation Method for upgrading a wide cut naphtha to full range gasoline
US4058454A (en) 1976-04-22 1977-11-15 Uop Inc. Aromatic hydrocarbon separation via solvent extraction
US4451686A (en) * 1983-05-09 1984-05-29 Cosden Technology, Inc. Dehydrogenation process
JPH0587054B2 (ja) * 1987-08-25 1993-12-15 Toray Industries
US5792338A (en) 1994-02-14 1998-08-11 Uop BTX from naphtha without extraction
WO1996010066A1 (en) * 1994-09-28 1996-04-04 Mobil Oil Corporation Hydrocarbon conversion
JP4240339B2 (ja) * 1994-10-03 2009-03-18 山陽石油化学株式会社 芳香族炭化水素の製造方法
KR970009880A (ko) * 1995-08-25 1997-03-27 백영배 탈수소화 반응용 복합 금속 촉매 조성물 및 이의 제조방법
US5744674A (en) * 1996-02-06 1998-04-28 China Petrochemical Corporation Catalyst and process for the conversion of heavy aromatics to light aromatics
US5968343A (en) * 1997-05-05 1999-10-19 Phillips Petroleum Company Hydrocarbon conversion catalyst composition and processes therefor and therewith

Also Published As

Publication number Publication date
EP1339813A1 (en) 2003-09-03
US20020092797A1 (en) 2002-07-18
WO2002044306A1 (en) 2002-06-06
KR100557558B1 (ko) 2006-03-03
CN1478139A (zh) 2004-02-25
KR20020042174A (ko) 2002-06-05
JP2004514726A (ja) 2004-05-20
EP1339813A4 (en) 2005-03-09
US6635792B2 (en) 2003-10-21
CN1217892C (zh) 2005-09-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101930328B1 (ko) 파라-자일렌의 생산 공정
NL191599C (nl) Werkwijze voor het dehydrocycliseren van een koolwaterstofvoeding.
JP5863878B2 (ja) オレフィン生産プロセス
US8158837B2 (en) Method for selective hydrogenation of acetylene to ethylene
EP0035807B1 (en) Process for carrying out catalytic conversions
US6239057B1 (en) Catalyst for the conversion of low carbon number aliphatic hydrocarbons to higher carbon number hydrocarbons, process for preparing the catalyst and process using the catalyst
KR100881042B1 (ko) 에틸렌 및 프로필렌 제조 방법
RU2377230C2 (ru) Способ ароматизации алканов с использованием платина-цеолитного катализатора
KR100233194B1 (ko) 탄화수소 전화 촉매 및 그것을 사용하는 접촉 전화 방법
CN101573431B (zh) 用于生产二甲苯化合物的多区方法
US7164052B2 (en) Catalytic composition for the aromatization of hydrocarbons
US3948758A (en) Production of alkyl aromatic hydrocarbons
KR101539613B1 (ko) 촉매와, 이 촉매를 이용하여 탄화수소 공급원료로부터경방향족 탄화수소 및 경알칸의 제조방법
US4137147A (en) Process for manufacturing olefinic hydrocarbons with respectively two and three carbon atoms per molecule
KR900005092B1 (ko) 알칸을 탈수소환식화하는 방법
JP5592396B2 (ja) 重質芳香族油からの芳香族物質の製造において水素を効率的に用いる方法
US5591324A (en) Hydroprocessing scheme for production of premium isomerized light gasoline
KR100404990B1 (ko) C9+방향족탄화수소를크실렌을함유한생성물로전환시키는방법
CN103097323B (zh) 芳香族烃的制造方法
US6017840A (en) Hydrotreating catalyst composition and processes therefor and therewith
US8148590B2 (en) Process for producing aromatic hydrocarbon and hydrogen
JP5409775B2 (ja) アルキルベンゼン類の製造方法及びそれに用いる触媒
EP2155633B1 (en) Aromatization of alkanes using a germanium-zeolite catalyst
ES2589592T3 (es) Composiciones catalíticas para la hidrodesalquilación altamente selectiva de hidrocarburos alquilaromáticos
EP0393099B1 (en) A dehydrogenation catalystsynthesis and its use

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041022

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20080123

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080602

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080611

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20080911

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20080919

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090507

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090904

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20091105

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091125

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091210

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130108

Year of fee payment: 3

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130108

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130108

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140108

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees