WO2015011890A1 - 薬剤フィーダ - Google Patents

薬剤フィーダ Download PDF

Info

Publication number
WO2015011890A1
WO2015011890A1 PCT/JP2014/003670 JP2014003670W WO2015011890A1 WO 2015011890 A1 WO2015011890 A1 WO 2015011890A1 JP 2014003670 W JP2014003670 W JP 2014003670W WO 2015011890 A1 WO2015011890 A1 WO 2015011890A1
Authority
WO
WIPO (PCT)
Prior art keywords
medicine
width
container
drug
height
Prior art date
Application number
PCT/JP2014/003670
Other languages
English (en)
French (fr)
Inventor
義人 大村
Original Assignee
株式会社トーショー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社トーショー filed Critical 株式会社トーショー
Priority to US14/906,598 priority Critical patent/US10486889B2/en
Publication of WO2015011890A1 publication Critical patent/WO2015011890A1/ja

Links

Images

Classifications

    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B59/00Arrangements to enable machines to handle articles of different sizes, to produce packages of different sizes, to vary the contents of packages, to handle different types of packaging material, or to give access for cleaning or maintenance purposes
    • B65B59/001Arrangements to enable adjustments related to the product to be packaged
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61JCONTAINERS SPECIALLY ADAPTED FOR MEDICAL OR PHARMACEUTICAL PURPOSES; DEVICES OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR BRINGING PHARMACEUTICAL PRODUCTS INTO PARTICULAR PHYSICAL OR ADMINISTERING FORMS; DEVICES FOR ADMINISTERING FOOD OR MEDICINES ORALLY; BABY COMFORTERS; DEVICES FOR RECEIVING SPITTLE
    • A61J7/00Devices for administering medicines orally, e.g. spoons; Pill counting devices; Arrangements for time indication or reminder for taking medicine
    • A61J7/0076Medicament distribution means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B35/00Supplying, feeding, arranging or orientating articles to be packaged
    • B65B35/06Separating single articles from loose masses of articles
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65BMACHINES, APPARATUS OR DEVICES FOR, OR METHODS OF, PACKAGING ARTICLES OR MATERIALS; UNPACKING
    • B65B59/00Arrangements to enable machines to handle articles of different sizes, to produce packages of different sizes, to vary the contents of packages, to handle different types of packaging material, or to give access for cleaning or maintenance purposes
    • B65B59/005Adjustable conveying means
    • BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
    • B65CONVEYING; PACKING; STORING; HANDLING THIN OR FILAMENTARY MATERIAL
    • B65DCONTAINERS FOR STORAGE OR TRANSPORT OF ARTICLES OR MATERIALS, e.g. BAGS, BARRELS, BOTTLES, BOXES, CANS, CARTONS, CRATES, DRUMS, JARS, TANKS, HOPPERS, FORWARDING CONTAINERS; ACCESSORIES, CLOSURES, OR FITTINGS THEREFOR; PACKAGING ELEMENTS; PACKAGES
    • B65D83/00Containers or packages with special means for dispensing contents
    • B65D83/04Containers or packages with special means for dispensing contents for dispensing annular, disc-shaped, or spherical or like small articles, e.g. tablets or pills
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F11/00Coin-freed apparatus for dispensing, or the like, discrete articles
    • G07F11/005Special arrangements for insuring that only one single article may be dispensed at a time
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F11/00Coin-freed apparatus for dispensing, or the like, discrete articles
    • G07F11/02Coin-freed apparatus for dispensing, or the like, discrete articles from non-movable magazines
    • G07F11/44Coin-freed apparatus for dispensing, or the like, discrete articles from non-movable magazines in which magazines the articles are stored in bulk
    • GPHYSICS
    • G07CHECKING-DEVICES
    • G07FCOIN-FREED OR LIKE APPARATUS
    • G07F17/00Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services
    • G07F17/0092Coin-freed apparatus for hiring articles; Coin-freed facilities or services for assembling and dispensing of pharmaceutical articles

Definitions

  • This invention relates to a drug feeder that automatically supplies solid drugs such as tablets and ampoules to automate dispensing performed in hospitals, pharmacies, and the like. More specifically, the present invention relates to a medicine feeder that randomly stores a large number of medicines having the same shape and arranges the medicines by a rotating body so as to sequentially send and discharge the medicines one by one.
  • the rotating body has a concave part at the center and a ball-like or inverted conical shape, and a peripheral edge at the upper end is a flange.
  • a device having a shape is known (see, for example, Patent Document 2).
  • This device is a device employing a so-called flanged rotating container.
  • the following two types of devices are known as rotary part feeders equipped with the flanged rotary container.
  • the rotating feeder for the aligning plate has a strong tendency to be dedicated to specific drugs, and the range of drug shapes that can be shared with the same drug feeder is narrow, and it takes time to design and manufacture before use. Is often required. Therefore, in a medicine packaging machine equipped with a rotating feeder for a sorter, a medicine that is used infrequently or a new medicine with a different size, etc., is pre-equipped in the packaging machine or provided externally. The sequential delivery of medicines is entrusted to the medicine handing device. In other words, even if a sorter rotation type drug feeder is installed, if a new drug with a low usage frequency or a different size is to be handled, the sorter rotation type drug feeder is not used. Become a whisper.
  • the medicine feeder of the present invention (Solution means 2) was created to solve the second technical problem described above, and is a medicine feeder of the solution means 1, at least one of which is movable.
  • a measuring chamber having a pair of walls adjustable in distance from each other, and capable of accommodating one of the same drugs or substitutes of the same shape as the derived product as a measuring object between the pair of walls; and adjusting the distance
  • a transmission mechanism that changes the distance in conjunction with the transmission mechanism.
  • the medicine feeder of the present invention (solving means 4) is the medicine feeder of the above-mentioned solving means 3, wherein at least one of an urging portion that prompts the elevating member to descend and a restraining portion that stops elevating the elevating member are provided. Have.
  • the medicine feeder of the present invention is (the solution means 5), which is one of the solution means 2 to 4 described above, wherein the urging portion that promotes the reduction of the distance and the stop portion that stops the adjustment of the distance. At least one of the following.
  • FIG. 1 It is an external appearance perspective view of an example of the tablet packaging machine which can apply the medicine feeder to which the present invention is applied. It is the left view, front view, and right view of the chemical
  • the rotating container 29 is formed in a funnel-like shape and has a central portion 21 serving as a storage portion that is recessed downward and stores a large number of tablets in a random posture. And a peripheral edge portion 22 as a flange portion for mounting in an aligned state.
  • the rotating container 29 is a rotating container with a flange provided as a rotating body that rotates around an axis that passes through the lowermost portion of the central portion 21 and extends perpendicularly to the paper surface in FIG.
  • the support plate 24 is a hollowed portion in which the mounting position of the rotating container 29 is cut out in a circular shape, and the upper surface height is the same as the upper surface of the peripheral portion 22 in a state where the rotating container 29 is arranged in the cutout portion. Become position.
  • a measuring chamber 25 On the upper surface of the support plate 24, a measuring chamber 25, a width regulating mechanism 30 and a height regulating mechanism 40 are mounted.
  • the width regulating mechanism 30 has a width-adjusting slider 31 that is a prime mover that is manually operated to adjust the width regulation of the drug and moves linearly.
  • the width regulating mechanism 30 converts the linear motion of the width regulating member 34, which is a driven portion as a rocking member disposed on the outer peripheral side of the rotating container 29, of the inner and outer facing members, and the width adjusting slider 31 into rocking.
  • a rocking plate 35 as a transmission mechanism.
  • the width restricting mechanism 30 includes multi-joint links 36 to 38 that convert the linear motion of the width-adjusting slider 31 into a side-sliding motion with swing as a transmission mechanism.
  • the width regulating member 34 it is excluded that the medicines in the two horizontal rows and the medicine in a posture unsuitable for clamping are guided to the lead-out part, and the medicines fed into the lead-out part are limited to one by one. Is possible.
  • the articulated links 36 to 38 cause the nipping and feeding mechanism 39 to slide sideways to the outer peripheral side when the width adjusting slider 31 moves in the direction in which the movable wall 31a is moved closer to the sample 50 and the fixed wall 25a.
  • the multi-joint links 36 to 38 have a large number of links so that the clamping delivery mechanism 39 is appropriately swung so that the opposing surfaces of the clamping delivery mechanism 39 and the width regulating member 34 are in a parallel state as much as possible. ing.
  • the endless belt 39a as a conveying member is an elastic conveying member having elasticity. Therefore, the endless belt 39a is configured by an elastic member having elasticity, and in this embodiment, rubber is included in the material.
  • the conveying member has elasticity.
  • the elastic conveying member is not limited to a belt but may be a roller-shaped member, that is, an elastic roller.
  • an elastic roller is used as the conveying member, it is preferable to arrange a plurality of elastic rollers along the direction in which the medicine is to be conveyed for stability of conveyance.
  • plate-shaped, columnar or other shaped members are arranged in a wedge-shaped space between the elastic rollers as a biting prevention member for preventing the drug from biting between the elastic rollers. It is preferable.
  • the delivery member is preferably an elastic delivery member, but elasticity is not essential if the burden on the drug is small.
  • an endless belt formed by an elastic member as in the present embodiment is preferable.
  • the transport member is a belt, it is possible to obtain an advantage that the transportability of the medicine is improved by providing unevenness like a timing belt, wavy unevenness, and other partitions on the transport surface of the medicine.
  • the medicine feeder according to the present invention is not limited to the replacement of a part of the medicine feeder of the tablet packaging machine, and may replace all medicine feeders of the tablet packaging machine. You may mount in the tablet splitter etc. which mount only a small number.
  • the mechanism or method for storing the medicine in the medicine feeder according to the present invention is not limited to the system for manually opening and closing the lid and replenishing a large number of medicines when the medicine feeder is stopped.
  • the method according to the present invention may be a method in which a medicine is automatically and continuously introduced at any time during the operation of the medicine feeder, or a system in which the medicine is frequently introduced in accordance with a decrease in the amount of medicine being accommodated.

Abstract

 薬剤の幅や高さを規制可能な容器を用い、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲が広いうえ個々の薬剤に適合させる調整作業が容易な小型の薬剤フィーダを実現する。 周縁部(22)の上の空き幅(Wi)を拡縮する幅規制部材(34)を、周縁部(22)より高速で薬剤を容器(29)の外部に導出するための導出機構(39)と対向して設け、採寸室(25)に収容した採寸対象(50)の幅(Ws)に応じて幅規制部材(34)と導出機構(39)との間隔(Wo)を変更するとともに当該採寸対象(50)の高さに応じて周縁部(22)上に載置されている薬剤の高さを高さ規制部材(43)で規制する。

Description

薬剤フィーダ
 この発明は、病院や薬局等で行われる調剤を自動化するために、錠剤やアンプル剤といった固形の薬剤を自動供給する薬剤フィーダに関する。詳しくは、形状の同じ多数の薬剤をランダム収容するとともに、それらの薬剤を回転体で整列させることで、それらの薬剤を一つずつ送り出す逐次送出・順次排出を行う薬剤フィーダに関する。
 同一形状の錠剤等を一列に整列しながら搬送する整列供給装置として(例えば特許文献1参照)、定速回転するターンテーブルと、前記ターンテーブルの外周に沿って設けられた固定の外壁とを備えた装置が知られている。この装置は他に、前記ターンテーブルの上面で運ばれて来て当接した物を径方向外側へ案内する固定の整流ガイドと、前記外壁を貫く形で設けられていて前記外壁に沿って前記ターンテーブルの上面で運ばれて来た物を前記ターンテーブルの上から外へ導く導出部とを備えている。また、この装置は他に、前記導出部に具備された内外対向部材の間隙にて導出物の幅を規制する幅規制手段と、前記導出部の手前で導出物の高さを規制する高さ規制部材とを備えている。ターンテーブルは平らな円板状である。
 この平らな円板状のターンテーブルを用いるよりも多数の物品を収容することができるよう、回転体に、中央部が下に凹んでボール状・逆円錐形状になるとともに上端の周縁部がフランジ状になっている装置が知られている(例えば特許文献2参照)。この装置は謂わばフランジ付き回転容器を採用した装置である。このフランジ付き回転容器を具備したロータリ・パーツフィーダとして、次の2つのタイプの装置が知られている。
・固定の整流ガイドを平坦なターンテーブル上面対応形状から形状変更にてフランジ付き回転容器の凹部の内側の曲面に適合させた装置
・固定の整流ガイドに代えて更に別の回転体を導入し、これを傾斜させて水平なフランジ付き回転容器の中に収めた装置
 薬剤フィーダとして、給電や制御のために薬剤分包機の引出棚などに固定して配列される駆動部と、薬剤補充作業の容易化などのため駆動部に対して着脱自在になっている薬剤カセットとからなる装置が知られている。この装置では、多数の薬剤を薬剤カセットにランダム収納しておき、必要に応じて駆動部を間欠動作や連続動作させて薬剤カセットから薬剤を一つずつ送り出すようになっている(例えば特許文献3参照)。この薬剤カセットは、多数の固形薬剤を収容しうる容器部と、軸回転可能な状態で前記容器部の中に設けられた整列盤とを備えている。この薬剤カセットは他に、前記整列盤の外周面に多数形成されていて前記容器部と前記整列盤との環状間隙を等ピッチで多数の区画室に区切る羽根状の隔壁と、前記容器部の底部のうち前記環状間隙の下面をなす部分の一部に形成された排出口に対向させて設けられ前記環状間隙の一部を仕切る仕切板とを備えている。この薬剤カセットでは、前記区画室の中に入った薬剤を駆動部の回転駆動による前記整列盤の軸回転にて前記排出口から一つずつ落下させるようになっている。
 このような従来の薬剤フィーダを次のように分類すると、それぞれの分類における薬剤フィーダが互いに同じようなサイズの場合、薬剤の収容量等について特性が異なる。
・上面の平坦なターンテーブルを回転体に採用した謂わば円板回転タイプ(例えば特許文献1参照)
・フランジ付き回転容器を回転体に採用した謂わばフランジ回転タイプ(例えば特許文献2参照)
・外周に隔壁が配列されている整列盤を回転体に採用した謂わば整列盤回転タイプ(例えば特許文献3参照)
 すなわち、薬剤の収容量について、円板回転タイプが最も少なく、整列盤回転タイプが最も多く、フランジ回転タイプが両者の中間である。収容量が多ければ、薬剤を停止時に補充しておき逐次送出時は補充しない運用でも使い易いが、収容量が少ないと、薬剤を随時投入する運用の方が使い勝手が良い。
 このような収容量の多寡等から、各フィーダへ個別に随時投入するのが難しい薬剤分包機等には、整列盤回転タイプが多用されてきた。各フィーダへ個別に随時投入するのが難しいのは、薬剤分包機等では多種の薬剤を取り扱うため庫部に多数の薬剤フィーダが配設されるからである。
 もっとも、整列盤回転タイプでは、整列盤の外周の隔壁の形状やピッチを、製造後に変更調整するのが困難なうえ、できるだけ薬剤の外形に適合させることが求められる。よって整列盤回転タイプでは、整列盤が剤種毎に設計され、薬剤分包機等への装備に必要な台数に予備の台数を加えた薬剤フィーダが、種々の薬剤それぞれに対して、しばしば、専用品的に製造される。
 このように、整列盤回転タイプの薬剤フィーダは、特定薬剤への専用化の傾向が強くて、同じ薬剤フィーダに共用しうる薬剤の形状の範囲が狭いうえ、使用に先立って設計や製造に時間を要することが間々ある。そのため、整列盤回転タイプの薬剤フィーダを搭載した薬剤分包機等では、使用頻度の低い薬剤やサイズ等の異なる新規な薬剤が取扱対象になると、予め分包機に装備されている又は外部に設けられている薬剤手撒き装置に、薬剤の逐次送出が委ねられることとなる。つまり、整列盤回転タイプの薬剤フィーダが搭載されていても、使用頻度の低い薬剤やサイズ等の異なる新規な薬剤が取扱対象の場合、整列盤回転タイプの薬剤フィーダが用いられることはなく、手撒きとなる。
特開平02-193809号公報 実開平06-061832号公報 特開2002-153541号公報
 しかしながら、手撒きになると作業者の負担は増すのに作業能率は低下するので、手撒きの不要な自動化に対する要請は強い。
 また、近年の新薬開発競争の激化等による薬剤の種類の増加に伴って、固形の薬剤の形状やサイズについて多様化が進んでいるうえ、新薬の中には使用頻度が急に高まって整列盤回転タイプの薬剤フィーダの設計製造が需要に間に合わないものもある。そのため、錠剤分包機に搭載されている多数の薬剤フィーダのうち少なくとも一部の薬剤フィーダについては、手撒きの不要な自動の逐次送出機能を維持したうえで、薬剤形状の共用範囲を広げることへの要請が、強くなっている。
 かかる要請に応えるには、薬剤の幅や高さを規制可能なタイプの薬剤フィーダを改良することで、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲を広げることが考えられる。しかし、薬剤の幅や高さを規制可能なタイプのうちでは薬剤収容量の多いフランジ回転タイプですら整列盤回転タイプより薬剤収容量が少ない。具体的には占有面積の同等な整列盤回転タイプに比べてフランジ回転タイプでは収容空間の横面積も高さも小さめである。したがって、占有面積を増やさなくてもフランジ付き回転容器を相対的に大きくして収納量を増やせるように、回転容器以外の部材をコンパクトに実装して小型化することも求められる。
 そこで、薬剤の幅や高さを規制可能なタイプのうちでは薬剤収容量の多いフランジ回転タイプを改良して、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲が広い小型の薬剤フィーダを実現することが第1の技術的な課題となる。
 さらに、そのような薬剤フィーダの実用化に際しては、使い易さが損なわれないように、取り扱い対象になった薬剤に適合させる調整作業が容易であることも求められる。
 そこで、薬剤の幅や高さを規制可能なタイプのうちでは薬剤収容量の多いフランジ回転タイプを改良して、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲が広いうえ個々の薬剤に適合させる調整作業が容易な小型の薬剤フィーダの実現が第2の技術的な課題となる。
 本発明の薬剤フィーダは(解決手段1)、固形の薬剤を収容する収容部と該収容部の周縁に設けられ前記薬剤を載置するフランジ部とを備えた容器と、前記容器との相対移動により前記収容部に収容されている前記薬剤を前記フランジ部へ案内する整流案内部材と、前記容器と該容器の外部とにまたがるように配置され前記フランジ部上に載置されている前記薬剤を導出物として前記外部へ導くための導出機構と、前記導出物が前記導出機構に至る前に前記フランジ部上に載置されている該導出物の高さを規制する高さ規制部材と、前記導出物の幅を規制するために前記導出機構との間隔が変更される幅規制部材とを有し、前記導出機構は、前記導出物を前記幅規制部材との間で挟持しながら前記相対移動の速度よりも高速で前記外部に送り出す。
 また、本発明の薬剤フィーダは(解決手段2)、上述した第2技術課題を解決するために創案されたものであり、上記解決手段1の薬剤フィーダであって、少なくとも一方が移動可能であり互いの距離が調整可能な一対の壁を備え、前記一対の壁の間に前記導出物と同じ薬剤か同一形状の代替物を採寸対象として一つ収容しうる採寸室と、前記距離の調整と連動して前記間隔を変更させる伝動機構とを有する。
 さらに、本発明の薬剤フィーダは(解決手段3)、上述した第2技術課題を高度に解決するために創案されたものであり、上記解決手段2の薬剤フィーダであって、前記採寸室に収容された前記採寸対象に対して昇降し前記高さ規制部材を昇降させる昇降部材を有する。
 また、本発明の薬剤フィーダは(解決手段4)、上記解決手段3の薬剤フィーダであって、前記昇降部材の下降を促す付勢部と前記昇降部材の昇降を止める制止部との少なくとも一方を有する。
 また、本発明の薬剤フィーダは(解決手段5)、上記解決手段2ないし4の何れか1つの薬剤フィーダであって、前記距離の減少を促す付勢部と前記距離の調整を止める制止部との少なくとも一方を有する。
 このような本発明の薬剤フィーダにあっては(解決手段1)、収容部とフランジ部とを備えた容器を有しているので、薬剤収容量が適度に確保されるとともに薬剤の逐次送出が行えるうえ、幅規制部材と導出機構との間隔が変更されることにより、薬剤の規制幅が変更調整可能になって、種々の幅の薬剤に対する共用範囲が広がっている。
 また、薬剤を加速して前後に離隔・離間させることで薬剤の間欠的な逐次送出を可能とする導出機構を、容器と容器の外部とにまたがるように配したことにより、導出機構と容器とが上下に重なる形で実装されるので、平面的に広がりがちなフランジ部を備えた容器を有する装置では特に重要な平面視で、小型になる。なお、導出機構が容器と容器の外側とにまたがるように配置しても、導出機構との間で幅規制部材が導出物を挟持した状態で送り出されるので、導出物の送り出しに不都合が無い。
 したがって、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲が広い小型の薬剤フィーダを実現することができ、その結果、第1技術課題が解決される。
 また、本発明の薬剤フィーダにあっては(解決手段2)、採寸対象を一つサンプルとして互いの距離が調整可能な一対の壁を備えた採寸室に収容してから該距離を狭めるとすると、それに応じて幅規制部材と導出機構との対向間隙が狭まるようにしたことにより、フランジ部の上面の空き幅の拡縮による幅規制の調整と、該対向間隙の調整とが連動する。そのため、同一の薬剤フィーダで幅の異なる薬剤を取り扱うときには、採寸室内の採寸対象を入れ替えて一対の壁の距離を狭めれば、容易かつ迅速に、規制幅に加えて挟持幅までも個々の薬剤に適合させることが可能となる。
 したがって、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲が広いうえ個々の薬剤に対して規制幅と挟持幅を適合させる調整作業が容易な小型の薬剤フィーダを実現することができ、その結果、第2技術課題が解決される。
 さらに、本発明の薬剤フィーダにあっては(解決手段3)、昇降部材を採寸室内の採寸対象に当接するまで下降させると、それに随伴して高さ規制部材も下降して規制高さが低くなるから、同一の薬剤フィーダで高さの異なる薬剤を取り扱うときには、採寸対象を入れ替えて昇降部材を止まるまで下げれば、容易かつ迅速に、規制高さまで個々の薬剤に適合させることができる。
 したがって、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲が広いうえ個々の薬剤について幅ばかりか高さまでも適合させる調整作業が容易な小型の薬剤フィーダを実現することができ、その結果、第2技術課題が高度に解決される。
 また、本発明の薬剤フィーダにあっては(解決手段4,5)、付勢部を有する場合は調整作業が軽快に行えることになるとともに調整結果が安定維持され、制止部を有する場合は調整結果が確実に維持される。
本発明を適用した薬剤フィーダの一例の平面図である。 図1に示した薬剤フィーダが駆動部に装着された状態を示す側面図である。 図1に示した薬剤フィーダの一部の平面図である。 図1に示した薬剤フィーダの他の一部の平面図である。 図1に示した薬剤フィーダに備えらえた昇降部材と高さ規制部材とを示した側面図である。 図5に示した昇降部材が採寸対象に当接している状態を示す側面図である。 図5に示した高さ規制部材が導出物の高さを規制している状態を示す側面図である。 図1に示した薬剤フィーダに備えられた収容部に薬剤を収容した状態を示す平面図である。 図1に示した薬剤フィーダに備えられたフランジ部に薬剤が載置される様子を示した平面図である。 図9に示したフランジ部に積載された薬剤が規制される様子を示した平面図である。 図9に示したフランジ部に積載された薬剤がフランジ部を有する容器の外部に導出される様子を示した平面図である。 本発明を適用した薬剤フィーダを適用可能な錠剤分包機の一例の外観斜視図である。 図1に示した薬剤フィーダの左側面図、正面図及び右側面図である。 従来の薬剤フィーダの左側面図、正面図及び右側面図である。
 本発明を適用した薬剤フィーダの一例を図に沿って説明する。
 なお、図示に際しては、簡明化等のため、ボルト等の締結具や,ヒンジ等の連結具,モータドライバ等の電気回路,コントローラ等の電子回路などは図示を割愛し、発明の説明に必要なものや関連するものを中心に図示した。
 図1に示すように、本発明に係る薬剤フィーダを着脱式カセットとして具現化した錠剤カセット20は、錠剤の逐次排出用の薬剤フィーダである。錠剤カセット20は、錠剤の容器である回転容器29と、回転容器29を回転自在に支持した支持板24と、定位置に配置され回転容器29の回転時に回転容器29と相対回転することで相対移動する整流案内部材27とを有している。
 図1又は図2に示すように、回転容器29は、漏斗状に下方に凹み多数の錠剤をランダムな姿勢で収容する収容部としての中央部21と、中央部21の周縁に設けられ錠剤を整列した状態で載置するためのフランジ部としての周縁部22とを有している。回転容器29は、中央部21の最下部を通り図1における紙面に垂直に伸びる軸を中心に回転する回転体として設けられたフランジ付き回転容器である。
 図1に示すように、支持板24は、周縁部22の外周に沿って切れ目のある環状に形成された壁部としての外壁23と、外壁23の切れ目に対応する部分に配置され錠剤を錠剤カセット20の外部に排出するための排出口26とを有している。
 整流案内部材27は、回転容器29の回転中心をなす中央部21の最下部から周縁部22に向けて中央部21の上面に沿って螺旋状に伸びた状態で固定配置されている。
 錠剤カセット20は、従来品との互換性維持のため、既述した整列盤回転タイプの錠剤カセットと同じく、図2に示す別ユニットの駆動部11に対して着脱しうるようになっている。錠剤カセット20の駆動部11への装着状態で、駆動部11に備えられているモータ12によって回転容器29が軸回転駆動可能な状態となるとともに、排出口26が駆動部11に備えられている排出口13と上下に連通する。
 錠剤カセット20は、広い意味の錠剤である固形の薬剤を取り扱うものであり、例えばカプセル剤や狭い意味での錠剤など、個々に分離して搬送しうる薬剤を取り扱うものである。錠剤カセット20は、種々の形状やサイズの薬剤に対する共用範囲を広げるために、図2に示す幅規制機構30と高さ規制機構40とを具備している。幅規制機構30、高さ規制機構40はともに、個々の薬剤に適合させる調整作業を容易にするとともに、小型化のために積み上げ的に実装するといった改良を施されている。すなわち、図3又は図4に示すように、支持板24の片隅に設けられた採寸室25に収めたサンプル50に後述する部材を倣わせる手動の操作を行うことで、幅規制機構30の調整も高さ規制機構40の調整も済むようになっている。
 以下、錠剤カセット20の各部の構成及び錠剤カセット20の周辺の構成を詳述する。
 図2に示すように、回転容器29は、中央部21と周縁部22との他に、駆動部11のモータ12の回転軸12aと噛合する回転伝動部28を備えている。
 中央部21は、固形の薬剤をランダム収容しうるよう鉢状や逆推体状に下側へ凹んでおり、内面には収容薬剤に対して回転運動を伝えるために図1に示すように放射状の適度な起伏が形成された回転容器中央部である。
 図2に示すように、周縁部22は、中央部21の上端から外周側へフランジ状に広がる環状平板の回転容器周縁部であり、薬剤を円弧状に並べて置けるように上面が平坦である。周縁部22は中央部21と一体成型されていることにより中央部21と一体化していて、中央部21の軸回転に随伴して巡回運動することにより、上に整列している薬剤を順送りするようになっている。
 回転伝道部28は中央部21と一体であり、回転軸12aの回転によって回転駆動されると中央部21及び周縁部22を回転させる。
 外壁23は、周縁部22の外周に沿うように支持板24に立設された状態で固定されており、周縁部22の上に載置されている薬剤が遠心力で回転容器29の外部である外周側へ零れ出るのを防止している。ただし、外壁23は、回転容器29の外部への薬剤の送り出しのために、排出口26の手前など、幅規制機構30の近傍部分が欠けている。
 この欠落部分には、後述するように幅規制機構30の一部を構成した幅規制部材34と挟持送出機構39とが配されている。幅規制部材34と挟持送出機構39とは回転容器29から回転容器29の外部に薬剤を導出して導出物とするための導出部の内外対向部材を構成している。挟持送出機構39の薬剤の導入側の端部は周縁部22の内側に位置しているため、排出口26を周縁部22に近づけて配置することが可能となっており、これにより支持板24ひいては錠剤カセット20の占有面積が小さくて済んでいる。
 外壁23は、本形態では整流案内部材27と別構成であるが、整流案内部材27の先端と滑らかに接続されるなど実質的に整流案内部材27と一体に構成して整流案内部材27の一部として備えられるようにしていてもよい。外壁23は、固定されているのに限らず、支持板24に移動可能に支持されていても良い。外壁23は、たとえば回転容器29に対する位置を微調整して周縁部22の外周への当接を回避することなどを目的として、回転容器29の径方向に移動可能であっても良いし、欠落部分の位置を調整することなどを目的として、回転容器29の周方向に移動可能であっても良い。また、外壁23は、支持板24に着脱可能に支持されていても良い。
 支持板24は、回転容器29の取り付け位置が円形にくり抜かれたくり抜き部となっていて、回転容器29がくり抜き部の中に配された状態で、周縁部22の上面と上面高さが同じ位置になる。支持板24の上面には、採寸室25と幅規制機構30と高さ規制機構40とが装着されている。
 図3又は図4に示すように、採寸室25は支持板24の上面に取り付けられた四辺形の枠体によって形成され、底面と四方の壁とが固定されていて天井が無い直方体の小部屋であって、採寸対象を一つ収容し得る。図4は、採寸対象として、回転容器29に収容されている薬剤と同一形状の代替物であるサンプル50が採寸室25に収容された状態を示しているが、採寸対象は回転容器29に収容されている薬剤と同じ薬剤であっても良い。本形態では採寸対象としてサンプル50を用いることとする。採寸室25は、薬剤又はサンプル50を一つ収容することができれば、支持板24の上面に取り付けられた門型の枠体によって形成され底面と三方の壁とが固定された天井がない小部屋であっても良いし、支持板24に彫り込み形成されたものでも良い。
 採寸室25は、後述するように、枠体を形成している何れかの固定壁に対向する幅寄せ自在な可動壁も具備する。この可動壁は、後述するように幅規制機構の一部を構成する幅寄せスライダ31の一端部であって採寸室25の中に入り込んでいる部分31aによって代用される。この可動壁31aは、対向する固定壁25aに向かって進退可能であり、固定壁25aに幅寄せすると、両壁31a、25aの間にサンプル50を挟持する。固定壁は、採寸室25が門型の枠体によって形成されている場合は解放辺の対向壁となる場合がある。
 図2に示すように、排出口26は、支持板24を上下に貫くことで錠剤カセット20を上下に貫いて、錠剤カセット20の下方の駆動部11の排出口13に連通する。排出口26は、錠剤カセット20の小型化のため支持板24に形成されており、導出部で一つずつ分離され回転容器から送り出された薬剤を重力落下にて供給先である後述する錠剤分包機10(図12)へ的確に送り出す。
 図1に示すように、整流案内部材27は中央部21の内側の曲面に適合させた螺旋状の整流ガイドである。整流案内部材27は、中央部21の内面と僅かな間隙を保つように、図示しない支持枠などで中央部21の中に固定されている。整流案内部材27は中央部21が軸回転すると、回転容器29との相対回転による相対移動によって、回転容器29の中の薬剤具体的には中央部21に収容されている薬剤を中央部21から周縁部22へ案内する。
 図3に示すように、幅規制機構30は、薬剤の幅規制の調整のために手動操作されて直線移動する原動部である幅寄せスライダ31を有している。幅規制機構30は他に、内外対向部材のうち回転容器29の外周側に配された揺動部材としての従動部である幅規制部材34と、幅寄せスライダ31の直線運動を揺動に変換する伝道機構である揺動板35とを有している。幅規制機構30は、伝道機構として、揺動板35の他に、幅寄せスライダ31の直線運動を揺動付きの横滑り移動に変換する多関節リンク36~38を有している。
 このように、幅規制機構30は、手動操作によって幅規制部材34を駆動する駆動部を構成するリンク機構として、幅寄せスライダ31と、揺動板35と、多関節リンク36~38とを有している。
 また、幅規制機構30は、従動部として、幅規制部材34の他に、内外対向部材のうち回転容器29の内周側に配されたベルト送り機構である導出機構としての挟持送出機構39(従動部)を備えている。
 幅寄せスライダ31は、図3における上側の端部である一端部が採寸室25に入ることによって採寸室25の可動壁31aを兼ねる。幅寄せスライダ31は、中央部に止めネジ32の挿着された長穴が貫通形成されている。幅寄せスライダ31は、図3における下側の端部である他端部に手動操作用の摘み部33が突出形成されていて、摘み部33の操作により同図における上下方向に対応する可動壁31aの幅寄せ方向および戻り方向へ滑らかに直線移動しうるようになっている。幅寄せスライダ31は、伝動のため、揺動板35に設けられた摺動ピンを挿通させる長穴と、多関節リンク部36の一端の軸回転ピンを挿通させる丸穴とを有している。揺動板35は周縁部22よりも上方すなわち図3における紙面手前側に位置している。
 止めネジ32は、回転によって幅寄せスライダ31を支持板24側へ締め付けると幅寄せスライダ31の移動を止め、逆回転によって締め付けを解除すると幅寄せスライダ31の移動を可能とする。よって、止めねじ32は、幅寄せスライダ31の一端部が兼ねている採寸室25の可動壁31aの移動を止める幅制止部である制止部としての制止手段となっている。
 幅規制部材34は、揺動板35の回転容器29寄り部分具体的には回転容器29側の縁の近傍に立設されていて、揺動板35の揺動に随伴して揺動する。幅規制部材34は、揺動板35と同様に周縁部22よりも上方すなわち図3における紙面手前側に位置しているが、外壁23とほぼ同じ高さの壁状部材であり、外壁23の欠けている所に配されていて、導出部の外周側で外壁23を排出口26へ向けて延長している。幅規制部材34は、回転容器29の径方向に揺動して、図3に示すように外周側すなわち中央部21から遠ざかる側に寄ると周縁部22の上面の空き幅Wiを広げ、内周側すなわち中央部21に近づく側に寄ると空き幅Wiを狭める。空き幅Wiの所で重心が周縁部22に掛かっていない薬剤すなわち重心が中央部21上方に位置する薬剤は周縁部22から中央部21へ落下する。よって周縁部22の上面の空き幅Wiを、導出部に達して導出物となる薬剤の幅の約2倍以内に規制するように拡縮することで、周縁部22上に薬剤が横二列で載置されることが防止される。このように、幅規制部材34により、横二列の内側の薬剤や挟持に不適な姿勢の薬剤が導出部に案内されることを排除し、導出部に送り込む薬剤を一つずつに限定することが可能である。
 揺動板35は、幅寄せスライダ31の直線移動を幅規制部材34の揺動に変換することにより幅寄せスライダ31の進退に応じて幅規制部材34を揺動させる。揺動板35は、幅寄せスライダ31が操作され可動壁31aがサンプル50及び固定壁25aに幅寄せする方向へ移動すると、幅規制部材34を内周側へ揺動させ、幅寄せスライダ31が後退して逆方向に移動すると、幅規制部材34を外周側へ揺動させる。
 多関節リンク36~38は、一端部が幅寄せスライダ31に連結されたリンク36と、リンク36と挟持送出機構39とに連結された多関節リンク部37と、挟持送出機構39に連結された多関節リンク部38とを具備している。多関節リンク36~38は、幅寄せスライダ31が可動壁31aを固定壁25aから離す方向へ移動すると、図3に示すように挟持送出機構39を内周側へ横滑り移動させる。多関節リンク36~38は、幅寄せスライダ31が可動壁31aをサンプル50及び固定壁25aに幅寄せする方向へ移動すると、挟持送出機構39を外周側へ横滑り移動させる。この横滑り移動に際して、挟持送出機構39を適度に揺動させて挟持送出機構39と幅規制部材34との対向面をなるべく平行状態にするよう、多関節リンク36~38は多数のリンクを有している。
 伝動機構35~38は、揺動板35と多関節リンク36~38とを含む。伝動機構35~38は、可動壁25aを兼ねる幅寄せスライダ31と、導出物の内外対向部材である幅規制部材34及び挟持送出機構39それぞれとを連結している。伝動機構35~38は、幅寄せスライダ31の幅寄せ移動に応じて、幅規制部材34及び挟持送出機構39の双方を互いに接近するように移動させることにより、幅規制部材34と挟持送出機構39との間隔である導出部の対向間隙Woを狭める。これにより、対向間隙Woが、固定壁25aと可動壁31aとの間隔である室幅Wsと同じか僅かに広い状態に設定される。すなわち、伝動機構35~38は、周縁部22上に載置されている導出物の幅を規制するために、互いの距離Wsが調整可能な一対の壁である可動壁31aと固定壁25aとのうちの可動壁31aの移動による距離Wsの調整に連動して、対向間隙Woを変更させる。そのため、サンプル50を採寸室25に入れて幅寄せスライダ31を幅寄せさせることで、簡便に、対向間隙Woが、室幅Ws即ちサンプル50の幅に倣わせて、設定される。
 次に述べるように、挟持送出機構39は、弾性を示すように設けられた無端ベルト39aを有しており、伝動機構35~38は、対向間隔Woを、このベルト弾性を利用した薬剤の挟持可能範囲内に収めるように、調整する。なお、一対の壁は、少なくとも一方が移動可能であることで距離Wsが調整可能であればよい。
 挟持送出機構39は、図3に示すように、搬送部材としての無端ベルト39aを一対の回転支軸で巻き掛けて折り返したベルト送り機構からなる。挟持送出機構39は、通常のように搬送面を上にして横置きされるのでなく、搬送面を幅規制部材34に対向させている。挟持送出機構39と幅規制部材34とは、回転容器29と回転容器29の外部とにまたがるように配置され、外壁23の欠けている所に外壁23を貫く形で設けられて周縁部22の概ね接線方向へ延びている。よって、挟持送出機構39と幅規制部材34とは、外壁23に沿って周縁部22の上面で運ばれて来て周縁部22上に載置されている薬剤を、導出物として、対向間隙Woで互いに対向している部分に挟持して、周縁部22の上から回転容器29の外へ導き、送り出す。薬剤の挟持の時、無端ベルト39aが弾性を示して緩衝を行うため、薬剤への負担が低いとともに挟持の確実性が高いという利点が得られる。
 無端ベルト39aの弾性によるこの利点をより高度に得るため、搬送部材としての無端ベルト39aは、弾性を有する弾性搬送部材であることが望ましい。そのため、無端ベルト39aは、弾性を有する弾性部材によって構成されており、本形態ではゴムを素材に含んでいる。
 このように、搬送部材は、弾性を有することが好ましい。弾性搬送部材は、ベルトに限らず、ローラ状の部材すなわち弾性ローラであっても良い。搬送部材として弾性ローラを用いる場合には、弾性ローラを、薬剤を搬送すべき方向に沿って複数並べることが、搬送の安定上好ましい。複数の弾性ローラを用いる場合には、弾性ローラ間に薬剤が噛み込むことを回避するための噛み込み防止部材として、弾性ローラ間の楔状の空間に板状、柱状その他の形状の部材を配置することが好ましい。
 搬送部材は弾性搬送部材であることが好ましいが、薬剤への負担が小さいのであれば弾性は必須ではない。ただし、薬剤への負担、薬剤の搬送性能などを総合的に考慮すると、本形態のように弾性部材によって形成された無端状のベルトであることが好ましい。搬送部材をベルトにする場合には、タイミングベルトのような凹凸、波状の凹凸、その他、仕切りを薬剤の搬送面に有すれば薬剤の搬送性が向上するという利点が得られる。
 幅規制機構30のベルト循環速度すなわち無端ベルト39aの回転速度である移動速度は、導出部に到達した薬剤を加速して周縁部22の上の後続薬剤から離して当該薬剤を導出物として送り出すために次のように設定されている。つまり、無端ベルト39aの移動速度は、周縁部22の回転時の周速すなわち周縁部22と整流案内部材27または外壁23との相対速度より高速に設定されている。この相対速度を生み出す無端ベルト39aの移動速度を得るため、回転容器29の回転が増速ギヤ等によって挟持送出機構39の支軸に伝達されるようになっている。給電等に不都合の無い錠剤カセット20の場合は、この移動速度を得るための構成として、挟持送出機構39に対する専用モータを搭載し、挟持送出機構39と回転容器29とがそれぞれに都合の良いタイミングや速度で駆動されるようにしてもよい。
 挟持送出機構39は、薬剤導入側の端部が中央部21の上方に来て周縁部22の内側に至っているので、挟持送出機構39の大部分が回転容器29の上方に積み上げられた実装状態になっている。そのため、排出口26も多関節リンク37,38の下方で回転容器29に寄せられて、一部が図3に示すように平面視において回転容器29と接している。この構造により、挟持送出機構39と幅規制部材34とによって挟持されて周縁部22の上から回転容器29の外部に送り出された薬剤が、排出口26へ導かれて落下する。
 図5に示すように、高さ規制機構40は、横長の昇降部材41と、昇降部材41を昇降可能に支持する支柱44と、昇降部材41の下降を促す下降付勢部としての付勢部である付勢手段として支柱44に嵌装されたバネ45とを具備している。昇降部材41の一端部は採寸室25の中に上から入れるように下方へ突き出た第1の突出し部となっており、第1の突出し部の下面によって形成された天井部42が採寸室25の天井を兼ねている。昇降部材41の他端部は、周縁部22に対して外壁23より低いところまで近づけるように下方へ突き出た第2の突出し部となっており、第2の突出し部の下面のところが高さ規制部材である高さ規制部43となっている。高さ規制部43は、導出物となる薬剤が導出部に至る前に周縁部22上に載置されている薬剤の高さを規制する。言い換えると、高さ規制部材は、導出部の手前、即ち周縁部22の回転による薬剤の流れで見て幅規制部材34及び挟持送出機構39より上流側で、幅規制部材34と挟持送出機構39との間を通過して導出物となりうる薬剤の高さを規制する。
 天井部42と高さ規制部43とが何れも昇降部材41の一部で一体物として連結されているので、たとえば図6に示されている昇降部材41を持ち上げると、それに随伴して天井部42も高さ規制部43も上昇する。よって、昇降部材41を持ち上げると、採寸室25の天井高さHsも、高さ規制部43による周縁部22の上の規制高さHoも、たとえば図5に示されるように広がる。
 採寸室25にサンプル50を入れて昇降部材41を離すと、自重とバネ45の下向き付勢とによって、昇降部材41が下降し、それに随伴して天井部42も高さ規制部43も下降して、天井高さHsも規制高さHoも縮まる。図6に示すように、昇降部材41の下降は、天井部42がサンプル50に載ったところで止まる。
 昇降部材41は、採寸室25に収容されたサンプル50に対して昇降し高さ規制部43を昇降させる。高さ規制機構40は、天井部42よりも高さ規制部43が、少しだけ、例えば取扱対象となりうる各種薬剤のうちで最も薄い薬剤の厚さである最小厚さの半分程度だけ、高くなっている。そのため、図7に示すように、周縁部22の上で複数個の錠剤5,5が重なっていると、下側の錠剤5aはそのまま高さ規制部43の下を通過するが、上側の錠剤5bは、高さ規制部43によって規制される。よって、上側の錠剤5bは、下側の錠剤5aから降りて、周縁部22の上か中央部21の中へ移動する。
 錠剤カセット20の単体での使用態様及び動作を説明する。
 図1に示すように錠剤カセット20を駆動部11に装着することと、図4又は図6に示すように採寸室25にサンプル50をセットすることと、図8に示すように取扱対象となった多数の錠剤5を中央部21にランダム収容することとを、順序を問わず総て行って稼動準備を済ませる。
 採寸室25へのサンプル50のセット及びサンプル50の採寸は、次のように行う。先ず、図3に示すように、摘み部33の手動操作にて幅寄せスライダ31を後退させて採寸室25の室幅Wsを広げ、この状態を止めネジ32で維持させる。次に、図5に示すように、昇降部材41を手指で摘んで持ち上げ、それで天井高さHsが広がって上面が解放された採寸室25にサンプル50を入れる。それから、図6に示すように、昇降部材41を下げれば規制高さHoの調整が済み、さらに止めネジ32を一旦緩めて幅寄せスライダ31を前進させてサンプル50に幅寄せする。そうすれば、図4又は図8に示すように、幅規制用の空き幅Wiと挟持送出用の対向間隙Woとの調整が纏めて完了する。
 このようにして得られた錠剤カセット20の稼動可能状態で、例えば手動操作や処方情報に基づく自動制御によって錠剤5を一つ排出する必要が生じると、図示しないコントローラ等からの指令に応じた駆動部11の駆動によって回転容器29が回転する。回転容器29が回転すると、図9に示すように、中央部21に収容されている錠剤5が整流案内部材27に案内されて次々に周縁部22の上に乗り移って載置される。周縁部22上に載置された錠剤5は回転容器29の回転に伴って周縁部22の上面で外壁23又は幅規制部材34に沿って搬送される。この搬送の途中で、他の錠剤5に一部でも乗り上げている錠剤5は、図10において矢印で示すように、昇降部材41の高さ規制部43によって乗り上げ状態が解消される。また、この搬送の途中で、他の錠剤5の内側に一部でも横並びしている錠剤5は幅規制部材34によって中央部21に戻される。したがって、幅規制部材34と挟持送出機構39との挟持に適う姿勢をとっている錠剤5だけが一列で幅規制部材34と挟持送出機構39との対向間隙に届けられる。
 図11に示すように、この対向間隙に入った錠剤5cは挟持送出機構39によって高速で送られるので、後続の錠剤5から離れて速やかに排出口26へ送り込まれる。錠剤5cの落下排出が排出口26の下方で排出口26と連なった排出口13に臨む図示しないフォトセンサ等で検出されると、必要個数薬剤の排出完了を前提条件として、直ちに回転容器29の回転駆動が止められる。挟持送出機構39の高速駆動によって後続の錠剤5が先行の錠剤5cから後方に離れているため、回転容器29及び挟持送出機構39の動作停止完了前に後続の錠剤5が挟持送出機構39を通過し終えることが無いので、不所望な過剰排出が的確に防止される。
 こうして、錠剤カセット20は、使い慣れた公知の整列盤回転タイプの錠剤カセットと同様、手軽に使用することができる。
 錠剤カセット20を用いて形状やサイズの異なる他の薬剤を取り扱うことになったときには、繰り返しとなる煩雑な詳細説明は割愛するが、上述したのと同じ作業を行う。これにより、新たな取扱対象の薬剤に適合させる調整も含めて総ての稼動準備を容易かつ迅速に済ませることができる。
 そのため、錠剤カセット20は、種々の形状やサイズの薬剤に対して手軽に共用することができる。
 錠剤カセット20と、薬剤の収容量を錠剤カセット20より大きくした、錠剤カセット20と同様に本発明を適用した薬剤フィーダの一例である錠剤カセット60について、図12に示す錠剤分包機10に装着する使用態様を図12以下を参照しながら説明する。
 この使用態様は、既に薬局等に設置されて稼働中の錠剤分包機10が図14に示す従来の錠剤カセット14を着脱しうるものであることを利用して、既設の錠剤分包機10に錠剤カセット20,60を部分的に組み込むという使用例である。
 図13に示す錠剤カセット20はすでに示した錠剤カセット20であり、図14に示す従来の錠剤カセット14との互換性を持つ。よって、図12に示すように、錠剤カセット14を錠剤分包機10から一つ取り外せば該当箇所の一つの駆動部11に一つの錠剤カセット20が装着可能な状態となる。
 図12に示すように、錠剤カセット20を2倍弱に大形化した錠剤カセット60は、薬剤収容量が数倍に増強されており、隣り合っていた2つの錠剤カセット14,14を取り外した所の2つの駆動部11,11に1つだけ装着可能である。
 錠剤カセット60の装着は横向きで行われる。錠剤カセット60は、錠剤分包機10に備えられている2つのモータ12の回転軸12aと係合可能である。錠剤カセット60は、一方のモータ12を回転容器29の駆動に用い、他方のモータ12を挟持送出機構39の駆動に用いることが可能となっている。よって、錠剤カセット60にモータを搭載しなくても回転容器29と挟持送出機構39とを独立駆動することが可能である。
[その他]
 すでに説明した高さ規制機構40は、昇降部材41の下降を促すバネ45を有しているが、昇降部材41の昇降を止める制止部である制止手段が設けられていなかった。しかし、昇降部材41の昇降を制止できるように、高さ規制機構40は、バネ45に加えて、又はバネ45を省いて、下降制止部としての制止部である制止手段として例えば止めネジ32のような部材を有していても良い。
 すでに説明した幅規制機構30は、可動壁31aを兼ねる幅寄せスライダ31の移動を止め距離Woの調整を止める制止手段である止めネジ32を有しているが、可動壁31aの幅寄せ移動を促して距離Woの減少を促す付勢部である付勢手段を備えていない。しかし、可動壁31aの幅寄せ側への移動を促すように、幅規制機構30は、止めネジ32に加えて、又は止めネジ32を省いて、幅付勢部としての付勢部である付勢手段として例えばバネ45のような部材を有していても良い。
 上述の形態では、錠剤カセット20,60は、回転容器29の蓋を有していないが、回転容器29の上を開閉する蓋が付設されていても良く、その蓋が幅規制機構30や高さ規制機構40のカバーを兼ねるようにしても良い。
 上述の形態では、本発明に係る薬剤フィーダが、駆動部11から分離された着脱式の錠剤カセット20として具現化されていたが、駆動部11と錠剤カセット20とを一体化しても良い。本発明に係る薬剤フィーダは、カッター機構を組み合わせた錠剤分割装置などとして具現化されても良い。
 上述の形態では、整流案内部材が螺旋状になっている固定の整流ガイドとして備えられている場合を示した。しかし、整流案内部材は、容器に収容されている薬剤を収容部からフランジ部へ案内できれば他の部材でも良く、たとえば容器の中で軸回転する傾斜回転体であっても良い(例えば特許文献2参照)。
 また、整流案内部材は、容器との相対移動により容器に収容されている薬剤を収容部からフランジ部へ案内できれば良い。すなわち、容器と整流案内部材とが相対回転などの態様で相対移動することで容器に収容されている薬剤を収容部からフランジ部へ案内すればよい。言い換えると、薬剤を収容部からフランジ部へ案内できれば、容器と整流案内部材との少なくとも一方が他方に対して相対移動すればよく、たとえば固定されている容器の中で整流案内部材が回転するなど、整流案内部材が容器に対して相対移動する構成を採用しても良い。
 固定されている容器に対して整流案内部材が移動する場合、固定されている整流案内部材に対して容器が移動する上記の形態と同様に、容器と整流案内部材との相対移動の速度が、フランジ部上の薬剤の移動速度すなわち導出機構に向かう薬剤の移動速度とみなせる。容器と整流案内部材との相対移動によって、薬剤が整流案内部材に直接、或いは他の薬剤を介して間接的に整流案内部材によって搬送され、結果として、フランジ部上に移動した薬剤が、この相対移動によって得られる速度で、フランジ部上を移動することとなるからである。導出機構による薬剤の搬送速度は、フランジ部上におけるこのような薬剤の移動速度より高速となるように設定されているため、先行の薬剤が後続の薬剤から引き離されるなど、すでに述べた利点が同様に得られる。容器と整流案内部材との両者が移動する場合も同様である。
 本発明に係る薬剤フィーダは、錠剤分包機の一部の薬剤フィーダの代替に適用が限定される訳でなく、錠剤分包機の総ての薬剤フィーダを代替しても良く、薬剤フィーダを一個か少数個しか搭載しない錠剤分割器などに搭載しても良い。本発明に係る薬剤フィーダに薬剤を収容する機構や方式についても、薬剤フィーダの動作停止時に蓋を手動で開閉して多数の薬剤を纏めて補充する方式に限られない。つまり、本発明に係る方式は、薬剤フィーダの動作中に薬剤を自動で連続的に随時投入する方式や、収容中の薬剤の減り具合に応じて頻繁に投入する方式であっても良い。
5,5a,5b,5c…薬剤(錠剤)、導出物、10…錠剤分包機(薬剤分包機)、11…駆動部、12…モータ、13…排出口、14…錠剤カセット、20…薬剤フィーダ(錠剤カセット)、21…収容部、22…フランジ部、23…外壁、24…支持板、25…採寸室、25a,31a…一対の壁、26…排出口、27…整流案内部材、29…容器、30…幅規制機構、31…幅寄せスライダ(可動壁)、32…制止部(止めネジ)、33…摘み部、34…幅規制部材(揺動部材,内外対向部材の外周側,導出部)、35…揺動板(伝動機構)、36,37,38…多関節リンク(伝動機構)、39…導出機構(挟持送出機構、ベルト送り機構,内外対向部材の内周側,導出部)、40…高さ規制機構、41…昇降部材、42…天井部、43…高さ規制部材(高さ規制部)、44…支柱、45…付勢部(バネ)、50…代替物、採寸対象(サンプル、薬剤)、60…薬剤フィーダ(錠剤カセット)、Wo…間隔、Ws…距離

Claims (5)

  1.  固形の薬剤を収容する収容部と該収容部の周縁に設けられ前記薬剤を載置するフランジ部とを備えた容器と、
     前記容器との相対移動により前記収容部に収容されている前記薬剤を前記フランジ部へ案内する整流案内部材と、
     前記容器と該容器の外部とにまたがるように配置され前記フランジ部上に載置されている前記薬剤を導出物として前記外部へ導くための導出機構と、
     前記導出物が前記導出機構に至る前に前記フランジ部上に載置されている該導出物の高さを規制する高さ規制部材と、
     前記導出物の幅を規制するために前記導出機構との間隔が変更される幅規制部材とを有し、
     前記導出機構は、前記導出物を前記幅規制部材との間で挟持しながら前記相対移動の速度よりも高速で前記外部に送り出す薬剤フィーダ。
  2.  少なくとも一方が移動可能であり互いの距離が調整可能な一対の壁を備え、前記一対の壁の間に前記導出物と同じ薬剤か同一形状の代替物を採寸対象として一つ収容しうる採寸室と、
     前記距離の調整と連動して前記間隔を変更させる伝動機構とを有することを特徴とする請求項1記載の薬剤フィーダ。
  3.  前記採寸室に収容された前記採寸対象に対して昇降し前記高さ規制部材を昇降させる昇降部材を有することを特徴とする請求項2記載の薬剤フィーダ。
  4.  前記昇降部材の下降を促す付勢部と前記昇降部材の昇降を止める制止部との少なくとも一方を有することを特徴とする請求項3記載の薬剤フィーダ。
  5.  前記距離の減少を促す付勢部と前記距離の調整を止める制止部との少なくとも一方を有することを特徴とする請求項2ないし4の何れか1つに記載の薬剤フィーダ。
PCT/JP2014/003670 2013-07-25 2014-07-10 薬剤フィーダ WO2015011890A1 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US14/906,598 US10486889B2 (en) 2013-07-25 2014-07-10 Drug feeder

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013154912A JP5950876B2 (ja) 2013-07-25 2013-07-25 薬剤フィーダ
JP2013-154912 2013-07-25

Publications (1)

Publication Number Publication Date
WO2015011890A1 true WO2015011890A1 (ja) 2015-01-29

Family

ID=52392955

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
PCT/JP2014/003670 WO2015011890A1 (ja) 2013-07-25 2014-07-10 薬剤フィーダ

Country Status (4)

Country Link
US (1) US10486889B2 (ja)
JP (1) JP5950876B2 (ja)
TW (1) TWI623312B (ja)
WO (1) WO2015011890A1 (ja)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018027261A (ja) * 2016-08-19 2018-02-22 株式会社トーショー 薬剤フィーダ及び錠剤分割装置
CN110121325A (zh) * 2017-01-04 2019-08-13 株式会社东商 药物供给器
CN110171070A (zh) * 2019-06-04 2019-08-27 濮阳市鲁蒙玻璃制品有限公司 一种安瓿瓶自动切割机及其使用方法
JP2019166202A (ja) * 2018-03-26 2019-10-03 株式会社トーショー 固形薬剤供給装置及び固形薬剤払出し装置
JP2019187493A (ja) * 2018-04-18 2019-10-31 株式会社トーショー 分割錠剤供給装置及び薬剤払出し装置
CN110506302A (zh) * 2017-04-11 2019-11-26 贝克顿迪金森罗瓦德国有限公司 用于存储和分配站的存储容器
WO2020138116A1 (ja) * 2018-12-25 2020-07-02 株式会社トーショー 錠剤カセット

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013141130A1 (ja) * 2012-03-21 2013-09-26 株式会社湯山製作所 薬剤供給装置及び薬剤計数装置
US9940439B2 (en) * 2013-11-29 2018-04-10 Atabak Reza Royaee Method and device for identification and/or sorting of medicines
WO2015119055A1 (ja) * 2014-02-06 2015-08-13 株式会社湯山製作所 薬品撮影装置、薬品形状測定装置、薬品払出装置
CN108366909B (zh) 2015-11-30 2021-06-11 株式会社汤山制作所 药剂盒、药剂配给装置和药剂包装装置
CN106175170B (zh) * 2016-08-26 2018-10-02 四川昱峰医疗器械有限公司 挡板可拆装式大容量药品存放装置
US10839635B2 (en) 2017-06-21 2020-11-17 Toly Management Ltd. Sweep bead dispenser
US10526131B2 (en) * 2017-06-21 2020-01-07 Toly Management Ltd. Sweep bead dispenser
KR101880924B1 (ko) 2017-09-26 2018-07-23 (주)제이브이엠 약제 카세트 및 이를 포함하는 약제 자동 포장기
JP7169235B2 (ja) * 2018-03-15 2022-11-10 三ツ星ベルト株式会社 計数装置
ES2701973B2 (es) * 2018-05-09 2021-02-09 Krz S L Maquina seleccionadora y dispensadora de pastillas
JP7227548B2 (ja) * 2018-08-09 2023-02-22 株式会社湯山製作所 薬剤払出装置
JP7193128B2 (ja) * 2018-09-21 2022-12-20 株式会社タカゾノ 薬剤供給装置
JP7193117B2 (ja) * 2018-09-21 2022-12-20 株式会社タカゾノ 薬剤供給装置
JP7197114B2 (ja) * 2018-09-21 2022-12-27 株式会社タカゾノ 薬剤供給装置
JP7357327B2 (ja) 2019-02-04 2023-10-06 株式会社タカゾノ 薬剤供給装置
CA3151893A1 (en) 2019-08-19 2021-02-25 Tosho, Inc. Tablet packaging machine
US11594094B2 (en) 2020-01-22 2023-02-28 Parata Systems, Llc Methods and apparatus for dispensing solid articles
US11623778B1 (en) * 2020-08-05 2023-04-11 Amazon Technologies, Inc. Item sizing guide for a packing machine
US20240016703A1 (en) * 2020-12-11 2024-01-18 Tosho, Inc. Medicine feeder
WO2023033063A1 (ja) * 2021-09-03 2023-03-09 株式会社湯山製作所 薬剤払出装置
CN113966696B (zh) * 2021-10-26 2023-05-09 杭州职业技术学院 一种可调式菌棒打孔设备
DE102022100828B4 (de) 2022-01-14 2023-08-10 Thilo Kraemer Vorrichtung für kleinvolumiges Schüttgut
JP2023143266A (ja) * 2022-03-25 2023-10-06 株式会社トーショー 薬剤フィーダ及び錠剤分包機

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03102009A (ja) * 1989-05-18 1991-04-26 G D Spa 製品の整列装置
JPH0551126A (ja) * 1991-08-26 1993-03-02 Shibuya Kogyo Co Ltd 容器アキユームテーブル装置
JP2002338033A (ja) * 2001-05-16 2002-11-27 F I T:Kk 回転式整列供給機
JP2006076723A (ja) * 2004-09-09 2006-03-23 Kirin Techno-System Corp 容器の間隔形成装置
JP2010076873A (ja) * 2008-09-25 2010-04-08 Murata Seiko Kk 部品選別装置
JP2013049523A (ja) * 2011-08-31 2013-03-14 Nippon Electric Glass Co Ltd 物品の搬送装置及び搬送方法

Family Cites Families (27)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2829769A (en) * 1955-09-19 1958-04-08 Ernest D Rockafellow Metallic parts counter
GB1168986A (en) * 1965-11-23 1969-10-29 Albro Fillers & Eng Apparatus for Unscrambling Articles in Bulk
US3396737A (en) * 1966-03-17 1968-08-13 Picollo Giacomo Counting machine adjustable for coins of different diameters
US3565086A (en) * 1967-11-04 1971-02-23 Zimmermann & Co F Coin sorting and counting machine
US3837139A (en) * 1973-07-05 1974-09-24 H Rosenberg Apparatus for handling and counting pills and the like
US3960293A (en) * 1975-02-13 1976-06-01 Acurex Corporation Centrifugal arranging and feeding apparatus
US4138009A (en) * 1977-08-24 1979-02-06 General Motors Corporation Endless belt parts transporter
US4705156A (en) * 1985-11-15 1987-11-10 Anderson Machine Works Belt feeder for orienting and transporting round symmetrical parts
US4830172A (en) * 1985-12-17 1989-05-16 Fmc Corporation Rotary feeder
JPH02193809A (ja) 1989-01-19 1990-07-31 Kanebo Ltd 整列供給装置
US5191960A (en) * 1991-10-11 1993-03-09 Haeger Corporation Automated fasterner feed system for fastener attachment devices
US5369940A (en) * 1993-01-27 1994-12-06 Pfizer Inc Automatic filling system
JPH0661832U (ja) 1993-01-29 1994-09-02 神鋼電機株式会社 ロータリ・パーツフィーダ
US5960929A (en) * 1995-02-16 1999-10-05 Graham; S. Neal Confinement tooling for a vibratory parts feeder
US6311825B1 (en) * 1998-04-23 2001-11-06 Hoppmann Corporation Recirculation system for a robotic pickup
JP2000203525A (ja) * 1999-01-11 2000-07-25 Dainippon Printing Co Ltd 錠剤供給ホッパ―
US6161721A (en) * 1999-02-23 2000-12-19 Scriptpro Llc Medicament dispensing cell with dual platens
US6792736B1 (en) * 1999-11-09 2004-09-21 Sanyo Electric Co., Ltd Solid drug filling device
JP2002153541A (ja) 2000-11-20 2002-05-28 Tosho Inc 薬剤フィーダ
AU2003287821A1 (en) * 2002-12-09 2004-06-30 Script Innovations Inc. Universal pill counting device
US7412302B2 (en) * 2005-04-08 2008-08-12 Jm Smith Corporation Pharmaceutical singulation counting and dispensing system
US7383937B2 (en) * 2005-04-29 2008-06-10 Conception R.P. Inc. Article feeder and spacer
KR101820799B1 (ko) * 2010-12-09 2018-01-22 가부시키가이샤 유야마 세이사쿠쇼 약제 송출 장치 및 약제 계수 장치
JP5146624B2 (ja) * 2011-01-20 2013-02-20 株式会社湯山製作所 薬剤供給装置および薬剤供給装置を用いた薬剤計数装置
ITMI20120398A1 (it) * 2012-03-14 2013-09-15 I M A Ind Macchine Automatic He S P A Gruppo distributore
US9533833B2 (en) * 2013-08-08 2017-01-03 Norwalt Design, Inc. Unjamming system for product feeders
CN105744926B (zh) * 2013-08-09 2018-04-03 珀赛普蒂迈德股份有限公司 药片送料器

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03102009A (ja) * 1989-05-18 1991-04-26 G D Spa 製品の整列装置
JPH0551126A (ja) * 1991-08-26 1993-03-02 Shibuya Kogyo Co Ltd 容器アキユームテーブル装置
JP2002338033A (ja) * 2001-05-16 2002-11-27 F I T:Kk 回転式整列供給機
JP2006076723A (ja) * 2004-09-09 2006-03-23 Kirin Techno-System Corp 容器の間隔形成装置
JP2010076873A (ja) * 2008-09-25 2010-04-08 Murata Seiko Kk 部品選別装置
JP2013049523A (ja) * 2011-08-31 2013-03-14 Nippon Electric Glass Co Ltd 物品の搬送装置及び搬送方法

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2018027261A (ja) * 2016-08-19 2018-02-22 株式会社トーショー 薬剤フィーダ及び錠剤分割装置
WO2018034140A1 (ja) * 2016-08-19 2018-02-22 株式会社トーショー 薬剤フィーダ及び錠剤分割装置
US10772803B2 (en) 2016-08-19 2020-09-15 Tosho, Inc. Medicine feeder and tablet splitting apparatus
CN110121325A (zh) * 2017-01-04 2019-08-13 株式会社东商 药物供给器
CN110506302A (zh) * 2017-04-11 2019-11-26 贝克顿迪金森罗瓦德国有限公司 用于存储和分配站的存储容器
JP2019166202A (ja) * 2018-03-26 2019-10-03 株式会社トーショー 固形薬剤供給装置及び固形薬剤払出し装置
JP6997447B2 (ja) 2018-03-26 2022-01-17 株式会社トーショー 固形薬剤供給装置及び固形薬剤払出し装置
JP2019187493A (ja) * 2018-04-18 2019-10-31 株式会社トーショー 分割錠剤供給装置及び薬剤払出し装置
JP7012358B2 (ja) 2018-04-18 2022-01-28 株式会社トーショー 分割錠剤供給装置及び薬剤払出し装置
WO2020138116A1 (ja) * 2018-12-25 2020-07-02 株式会社トーショー 錠剤カセット
CN110171070A (zh) * 2019-06-04 2019-08-27 濮阳市鲁蒙玻璃制品有限公司 一种安瓿瓶自动切割机及其使用方法

Also Published As

Publication number Publication date
US20160167866A1 (en) 2016-06-16
TW201519887A (zh) 2015-06-01
TWI623312B (zh) 2018-05-11
JP2015023969A (ja) 2015-02-05
US10486889B2 (en) 2019-11-26
JP5950876B2 (ja) 2016-07-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
WO2015011890A1 (ja) 薬剤フィーダ
JP6167907B2 (ja) 薬剤カセット
WO2018128133A1 (ja) 薬剤フィーダ
EP2436362B1 (en) Rotary-type tablet feeder
KR100910395B1 (ko) 로터리형 정제공급기
JP2020151496A (ja) 薬剤分包装置および薬剤分包方法
EP3316846B1 (en) Medicine feeding canister for an automated medicine dispensing device
KR20180105804A (ko) 블리스터 포장장치 및 블리스터 팩 포장방법
JP5383640B2 (ja) 薬品払出装置
JP2018090265A (ja) カートニング装置、及び、カートニングシステム
WO2015011764A1 (ja) 薬剤充填装置
KR101576197B1 (ko) 약제 카트리지
JP6762054B1 (ja) 汎用錠剤放出装置、汎用錠剤放出装置を有する薬剤分包機
WO2018021412A1 (ja) 錠剤フィーダ用錠剤カセット
CN117042739A (zh) 给药器
KR20190055041A (ko) 블리스터 포장장치
KR20210049358A (ko) 약제 포장용 블리스터 시트 공급기

Legal Events

Date Code Title Description
121 Ep: the epo has been informed by wipo that ep was designated in this application

Ref document number: 14828731

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1

WWE Wipo information: entry into national phase

Ref document number: 14906598

Country of ref document: US

NENP Non-entry into the national phase

Ref country code: DE

122 Ep: pct application non-entry in european phase

Ref document number: 14828731

Country of ref document: EP

Kind code of ref document: A1