JPS59122653A - プレキャストコンクリート製支板 - Google Patents

プレキャストコンクリート製支板

Info

Publication number
JPS59122653A
JPS59122653A JP23090182A JP23090182A JPS59122653A JP S59122653 A JPS59122653 A JP S59122653A JP 23090182 A JP23090182 A JP 23090182A JP 23090182 A JP23090182 A JP 23090182A JP S59122653 A JPS59122653 A JP S59122653A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
support plate
concrete
slab
flat slab
column
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP23090182A
Other languages
English (en)
Other versions
JPH026901B2 (ja
Inventor
昭光 加藤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsui Construction Co Ltd
Original Assignee
Mitsui Construction Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsui Construction Co Ltd filed Critical Mitsui Construction Co Ltd
Priority to JP23090182A priority Critical patent/JPS59122653A/ja
Publication of JPS59122653A publication Critical patent/JPS59122653A/ja
Publication of JPH026901B2 publication Critical patent/JPH026901B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Road Paving Structures (AREA)
  • Rod-Shaped Construction Members (AREA)

Abstract

(57)【要約】本公報は電子出願前の出願データであるた
め要約のデータは記録されません。

Description

【発明の詳細な説明】 (a)  発明の技術分野 本発明は、梁を用いないフラットスラブ構造の建造物の
柱とスラブを接続する、支板部分の施工方法C三関する
(b)  技術の背景 第1図及び第2図はフラットスラブ構造の建造物におけ
る支板部分を示す図である。
フラットスラブ構造の建造物においては、スラブ1に生
じる曲げ応力を円滑に柱2へ伝達するために、第1図及
び第2図に示すように、柱2とスラブ1を接続する支板
3が設けられている。
(C)  従来技術と問題点 従来、支板3の打設は、柱2及びスラブ1と共に、全て
現場打ちコンクリートを用いて施工していた。しかし、
支板3は、第1図に示すような全体が錐状のものや、第
2図に示すように、板状の支板部3aに錐状の柱頭部3
bの形成されたもの等、種々のものがあり、いずれも複
雑な立体形状を有している。従って、現場における型枠
設置、配筋及びコンクリート打設作業は高度の技術を要
する困難なものであり、それだけ工期も長くなる不都合
があった。
(d)  発明の目的 本発明は、前述の欠点を解消すべく、支板の、現場での
型枠設置、配筋、コンクリート打設等を行なう必要のな
い、フラットスラブの施工方法を提供することを目的と
するものである。
(e)  発明の構成 即ち、本発明は、予めm体で形成されたプレキャストコ
ンクリート製の支板を用いて構成される1、 Cf)  発明の実施例 以下、図面に基さ、本発明の詳細な説明する。
第3図は本発明を用いてフラットスラブを施工する際の
一例を示す図、第4図は柱にプレキャストコンクリート
製の支板を装着した際の一例を示す斜視図、第5図及び
第6図はプレキャストコンクリート製支板を複数のパー
ツに分割して構成した場合の一例を示す斜視図である。
フラットスラブ構造の建造物を施工する場合、第3図及
び第4図に示すように、まず、下層の柱2を現場打ちコ
ンクリート又はプレキャストコンクリートで形成し、そ
の上に、プレキャストコンクリート製の支板5を、支板
5の第3図下部に設けられた固定具5aを介して溶接又
はボルトナツト等を用いて仮止めする。
プレキャストコンクリート製の支板5は、第1図及び第
2図に示す支板3に対応する形状に工場で予め打設形成
されており、その中央部には、第3図及び第4図に示す
ように、柱2の鉄筋2aを貫通させるための鉄筋穴5b
が柱2の立設方向である第3図と下方向に貫通穿設され
ている。支板5の下部には、支板5を柱2に仮留めする
ための固定具5aが設けられており、更に支板5の上面
、即ちスラブ打設部5Cには、U字形に形成された鉄製
のシャーコ杢りタ5dが多数植設されている。
従って、柱2上に゛、第4図に示すように、鉄筋穴5b
に柱2の鉄筋2aを貫通させる形で支板5を設置し、固
定具5aを介して柱2と支板5を仮止めしたところで、
上層のスラブ1部分の型枠を設置し、当該設置した型枠
中にコンクリートを打設することにより、柱2、支板5
及びスラブlを一体化する。支板5と柱2は、打設され
たコンクリートが鉄筋穴5bに流入凝固することにより
緊密に一体化し、支板5とスラブ1は、シャーコネクタ
5d上にコンクリートが打設されることから緊密に一体
化する。当然、柱2とスラブ1は、鉄筋2aを介して緊
密に一体化する。
なお、前述の実施例は、支板5をプレキャストコンクリ
ートにより工場等で予め一体化した形で形成した場合に
ついて述べたが、支板5を、第5図に示すように、複数
のパーツ5e 、 5eに分割した形で予め形成してお
き、現場ではそれ等を組み合わせ、接続用コンクリ−1
6を溝状に形成された接続部5gに打設することにより
、第6図に示すように、一体化させ、更に一体化した支
板5を柱2上に設置する方法を用いてもよい。こうする
ことにより、構造上、大型の支板5を用いる必要がある
施工現場等において、支板5をプレキャストする工場か
ら現場まで輸送する際の障害等を排除することができる
また、支板5を電数のパーツ5eから形成する場合には
、第5図に示すように、各パーツ5eを一体化した際に
、それ等が緊密に一体化するように接続用鉄筋5fを、
各パーツ5eからコンクリート6の打設される接続用接
続部5gに突出させておく必要がある。
伝)発明の詳細 な説明したよ、うに、本発明によれば、フラットスラブ
構造の建造物を施工する際に、単体で形成されたプレキ
ャストコンクリート製の支板5を用いるようにしたので
、複雑な形状を有する支板5の型枠省現場で製作し、配
筋し、更にコンクリートを打設する等の一切の作業を行
なう必要がなくなり、現場では水平部分であるスラブ1
についてのみ型枠、配筋、コンクリート打設工事を行え
ばよく、現場作業の容易化、工期の短縮化に寄与し得る
。また、製作に高度の技術を要する支板5は、予め工場
等でプレキャストされるので、品質が安定化し、現場で
の施工精度を向上させることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
第1図及び第2図はフラットスラブ構造の建造物におけ
る支板部分を示す図、第3図は本発明を用いてフラット
スラブを施工する際の一例を示す図、第4図は柱にプレ
キャストコンクリート製の支板を装着した際の一例を示
す斜視図、第5図及び第6図はプレキャストコンクリー
ト製支板を複数のパーツに分割して構成した場合の一例
を示す斜視図である二 1・・・・・・・・・・・・スラブ 2・・・・・・・・・・・・柱 3.5・・・・・・支 板 5e・・・・・・・・・パーツ 6・・・・・・・・・・・・接続用コンクリート特許出
願人    三井建設株式会社 代理人弁理士相田伸二 第1図 第2図 第5図 ζ 第6図 ら

Claims (2)

    【特許請求の範囲】
  1. (1)柱と上層スラブ間に、支板を設けたフラットスラ
    ブ構造の建造物を施工する際において、予め単体で形成
    されたプレキャストコンクリート製の支板を府い16、
    ることを特徴としたフラットスラブの施工方法。
  2. (2)  プレキャストコンクリート製の支板を複数の
    パーツに分割した形で予め形成しておき、現場で接□続
    用コンクリートを打設するコトニよりそれ等パーツを一
    体化させて構成した特許請求の範囲第1項記載のフラッ
    トスラブの施工方法。
JP23090182A 1982-12-29 1982-12-29 プレキャストコンクリート製支板 Granted JPS59122653A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23090182A JPS59122653A (ja) 1982-12-29 1982-12-29 プレキャストコンクリート製支板

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP23090182A JPS59122653A (ja) 1982-12-29 1982-12-29 プレキャストコンクリート製支板

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS59122653A true JPS59122653A (ja) 1984-07-16
JPH026901B2 JPH026901B2 (ja) 1990-02-14

Family

ID=16915069

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP23090182A Granted JPS59122653A (ja) 1982-12-29 1982-12-29 プレキャストコンクリート製支板

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS59122653A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63151616U (ja) * 1987-03-24 1988-10-05
JPH01137047A (ja) * 1987-11-19 1989-05-30 Taisei Corp フラツトスラブの施工法
JPH0448317U (ja) * 1990-08-30 1992-04-24

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5027312A (ja) * 1973-07-12 1975-03-20
JPS58213933A (ja) * 1982-06-03 1983-12-13 黒沢建設株式会社 フラツトスラブの構築方法

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5027312A (ja) * 1973-07-12 1975-03-20
JPS58213933A (ja) * 1982-06-03 1983-12-13 黒沢建設株式会社 フラツトスラブの構築方法

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS63151616U (ja) * 1987-03-24 1988-10-05
JPH0547206Y2 (ja) * 1987-03-24 1993-12-13
JPH01137047A (ja) * 1987-11-19 1989-05-30 Taisei Corp フラツトスラブの施工法
JPH0448317U (ja) * 1990-08-30 1992-04-24

Also Published As

Publication number Publication date
JPH026901B2 (ja) 1990-02-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPS59122653A (ja) プレキャストコンクリート製支板
JP2706434B2 (ja) 柱梁の接続部及び接続方法
JPS61233131A (ja) ポ−ルの基礎構造
JPH06185111A (ja) プレキャストコンクリート梁及び柱並びにこれらを使用した耐震壁の構築工法
JPH04128424A (ja) アンカー支持梁の施工方法
JP2000345719A (ja) 既設耐力壁における透設開口部の補強工法
JPH0732708Y2 (ja) プレキヤストコンクリート柱部材
US3779505A (en) Apparatus for simultaneously precasting a plurality of structural members
JPH01137032A (ja) 柱及び梁接合部における主筋の重ね継手工法
JP3245824B2 (ja) Rc構造物の柱・梁接合部構造とその構築法
JP2917159B2 (ja) 柱、梁の接合方法
JPS62178634A (ja) 構造物の軸組工法
JPH06341186A (ja) 支保工を使用しないフラットスラブ構法
JPH0654042B2 (ja) フラットプレート構造建築物におけるシアヘッド部の剪断補強構造
JPH03279533A (ja) ラーメン式rc造超高層建物の施工法
JP2972955B2 (ja) 柱と梁の接合工法およびその構造
JPH0674590B2 (ja) 法枠構築用ブロック及び法枠の構築方法
JP2651321B2 (ja) 壁式ラーメン構造物における梁の定着方法
JPS62121251A (ja) 建築用ラ−メン
JPH0132345B2 (ja)
JPH0459978B2 (ja)
JPS63261037A (ja) ワツフルスラブの施工方法およびワツフルスラブの下部構成体
JP3024518U (ja) アンカープレート
JPS63241233A (ja) 柱梁の仕口構法
JPS6213627A (ja) Pc小梁構築工法