JPH11166294A - 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法 - Google Patents

鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法

Info

Publication number
JPH11166294A
JPH11166294A JP9349994A JP34999497A JPH11166294A JP H11166294 A JPH11166294 A JP H11166294A JP 9349994 A JP9349994 A JP 9349994A JP 34999497 A JP34999497 A JP 34999497A JP H11166294 A JPH11166294 A JP H11166294A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel frame
web
floor
concrete block
concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP9349994A
Other languages
English (en)
Inventor
Satoshi Kobayakawa
敏 小早川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujita Corp
Original Assignee
Fujita Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujita Corp filed Critical Fujita Corp
Priority to JP9349994A priority Critical patent/JPH11166294A/ja
Publication of JPH11166294A publication Critical patent/JPH11166294A/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 RC造り床との一体化のために上フランジ上
面のスタッドボルトやジベル筋が不要で、コスト低減に
寄与できるとともに、上フランジのRC造り床板内への
配置を可能とする。そして、床部分を梁の構造断面性能
の一部として算定でき、鉄骨量や階高の節減を図る。 【解決手段】 上下のフランジ16,18間を連続する
ウェブ20を有する鉄骨14がコンクリートブロック2
2に埋設されるSC梁12である。鉄骨14の上フラン
ジ16及びウェブ20をコンクリートブロック22上に
露出させて、コンクリートブロック22上へのウェブ2
0露出部分に床配筋用の貫通孔24を形成する。また、
コンクリートブロック22の上面にシアーキー部(凹
部)26を形成する。そして、貫通孔24に床鉄筋34
を通して、シアーキー部(凹部)26を含んでコンクリ
ート40を打設することにより床板32を施工する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、鉄骨入りコンクリ
ート梁と、この鉄骨入りコンクリート梁を用いた床施工
法に関するものである。
【0002】
【従来の技術】プレキャスト製の鉄骨入りコンクリート
造りの大梁として、従来から、I形鋼(H形鋼などを含
む)の上フランジを除く周囲を鉄筋コンクリート(R
C)で覆った鉄骨・鉄筋コンクリート(SRC)梁や、
I形鋼をその上フランジ上面のみを除いてコンクリート
で覆った鉄骨入りコンクリート(SC)梁がある。この
ようなプレキャスト製のSRC梁やSC梁による大梁と
RC造りの床板との接合において、従来は、SRC梁の
場合、上フランジ及びその上方の梁鉄筋をコンクリート
に埋設して、RC造りの床を構築する方法が採られてお
り、また、SC梁の場合には、上フランジ上面にスタッ
ドボルトやジベル筋を取り付けた上で、RC造りの床を
構築する方法が採られていた。
【0003】
【発明が解決しようとする課題】しかし、このような従
来の床施工法では、次のような問題点があった。 (1)プレキャスト製SRC梁の場合 工場で制作する際に、梁鉄筋の加工・組立及び鉄骨と
の一体化の工程が必要であり、コストが高くなる。 鉄骨建て方後、梁鉄筋と床の下端主筋との接合工程が
必要であり、配筋作業が煩雑であった。
【0004】(2)プレキャスト製SC梁の場合 鉄骨大梁にRC造り床を一体化するために、鉄骨大梁
の上フランジ上面にスタッドボルトやジベル筋を取り付
けておく必要があり、部品点数が多く、その取付作業を
要し、これらがコストを引き上げる要因となっていた。 大梁の上面に床板が施工される構造なので、大梁の構
造断面性能は、鉄骨部分のみで算定され、床部分を算定
することはできず、不経済であり、また、階高に無駄が
生じる場合もあった。
【0005】本発明は前記事情に鑑み案出されたもので
あって、本発明はSRC梁のような製作工程や現場配筋
作業を大幅に節減しながら、RC造り床との一体化のた
めに上フランジ上面のスタッドボルトやジベル筋を不要
として、コスト低減に寄与できるとともに、上フランジ
のRC造り床板内への配置を可能とする鉄骨入りコンク
リート梁を提供することを目的とするものである。そし
て、本発明は、以上の鉄骨入りコンクリート梁を用いた
床施工法を提供して、床部分を梁の構造断面性能の一部
として算定でき、鉄骨量や階高の節減が図れるようにす
ることも目的としている。
【0006】
【課題を解決するための手段】前記目的を達成するため
本発明は、上下のフランジを接続するウェブを有する鉄
骨と、この鉄骨の延在方向に沿って延在し前記鉄骨が埋
設されるコンクリートブロックとからなる鉄骨入りコン
クリート梁であって、前記鉄骨の上フランジ及びこの上
フランジ寄りのウェブ部分を前記コンクリートブロック
上に露出させるとともに、前記ウェブの前記コンクリー
トブロック上への露出部分に、ウェブの延在方向に間隔
をおき床配筋用の貫通孔を複数形成したことを特徴とす
る。また、本発明は、前記コンクリートブロックは断面
が矩形を呈し、コンクリートブロックの上面で上フラン
ジの幅方向における外端は、上フランジの外端よりも上
フランジの幅方向の外側に位置していることを特徴とす
る。また、本発明は、前記コンクリートブロックの断面
の上面と下面の中心を結ぶ想像線上に、ウェブが位置す
るようにコンクリートブロックに対して前記鉄骨が配置
されていることを特徴とする。また、本発明は、前記ウ
ェブが前記コンクリートブロック上へ露出する露出部分
は、ウェブの延在方向に均一の高さとなるように形成さ
れていることを特徴とする。また、本発明は、I型鋼製
の鉄骨と、この鉄骨の延在方向に沿って延在し前記鉄骨
が埋設されるコンクリートブロックとからなる鉄骨入り
コンクリート梁の、前記鉄骨の上フランジ及びこの上フ
ランジ寄りのウェブ部分を前記コンクリートブロック上
に露出させるとともに、前記ウェブの前記コンクリート
ブロック上への露出部分に、ウェブの延在方向に間隔を
おき床配筋用の貫通孔を複数形成し、前記露出部分の下
方でコンクリートブロックの上部に床型枠を設置し、前
記貫通孔に床鉄筋を通し、その上にコンクリートを打設
することにより床板を施工するようにしたことを特徴と
する。
【0007】本発明の鉄骨入りコンクリート梁及びこれ
を用いた床施工法によれば、前記露出部分の下方でコン
クリートブロックの上部に床型枠を設置し、前記貫通孔
に床鉄筋を通し、その上にコンクリートを打設すること
により床板が施工され、鉄骨の上フランジをRC造り床
板内に配置できる。これにより、床部分を梁の構造断面
の一部として算定できるようになり、鉄骨量や階高の節
減が図れるものとなる。
【0008】
【発明の実施の形態】以下、本発明に係る床施工法を、
本発明に係る鉄骨入りコンクリート梁と共に図面を参照
して説明する。図1は、本発明を適用した一例としての
鉄骨入りコンクリート梁を示すもので、鉄骨柱への取付
例の概略側面図、図2は、図1の鉄骨入りコンクリート
梁を拡大し一部を破断した斜視図、図3は、図1及び図
2の鉄骨入りコンクリート梁を用いて行った床施工例の
縦断面図を示す。プレキャスト製の鉄骨入りコンクリー
ト梁、すなわちプレキャスト製のSC梁12は、図1に
示すように、鉄骨柱2,2間において、梁取付プレート
4,4にそれぞれボルト結合して架設された大梁であ
る。このSC梁12は、上フランジ16と、下フランジ
18と、これら上下のフランジ16,18を接続するウ
ェブ20からなるI形鋼(H形鋼等を含む)製の鉄骨1
4が上部を除いてコンクリートブロック22に埋設して
構成されている。即ち、コンクリートブロック22の上
面上には、図2にも拡大して示したように、鉄骨14の
上フランジ16とウェブ20の上フランジ16下方近傍
に沿った部分が露出している。
【0009】図3に示すように、コンクリートブロック
22は断面が矩形であり、前記コンクリートブロック2
2の断面の上面と下面の中心を結ぶ想像線上に、ウェブ
20が位置するようにコンクリートブロック22に対し
て前記鉄骨14が配置されている。そして、コンクリー
トブロック22の上面で上フランジ16の幅方向におけ
る外端は、上フランジ16の外端よりも上フランジ16
の幅方向の外側に位置し、また、ウェブ20がコンクリ
ートブロック22の上面上へ露出する露出部分は、ウェ
ブ22の延在方向に均一の高さとなるように形成されて
いる。なお、床厚が変わる場合には、コンクリートブロ
ック22の上面に段差が設けられることから前記露出部
分にも段差が形成され、露出部分の高さは均一ではなく
なる。
【0010】コンクリートブロック22の上面上に露出
するウェブ20の、上フランジ16寄りの部分には、ウ
ェブ20の厚み方向に貫通する床鉄筋通し用の貫通孔2
4,24,24,・・・が多数形成されている。これら
貫通孔24,24,24,・・・は、鉄骨14、即ち、
SC梁12の全長に渡って等間隔(途中からピッチが変
わる場合もある)に形成されている。また、コンクリー
トブロック22の上面で、鉄骨14のウェブ20を挟ん
だ両側には、シアーキー部となる凹部26,26,2
6,・・・が多数形成されている。これら凹部26,2
6,26,・・・も、コンクリートブロック22、即
ち、SC梁12の全長に渡って等間隔(途中からピッチ
が変わる場合もある)に形成されている。これらシアー
キー部26は、後述するコンクリートが打設されること
で、シアーキー接合により梁と床板との間のせん断力の
伝達機能を高めるようにしたものである。なお、コンク
リートブロック22内部には、図3に点線で示したよう
に、梁型を形成するためのメッシュ筋による補助筋28
が適宜配設されている。
【0011】このようなSC梁12を用いてRC造り床
を施工する場合は、鉄骨建て方終了後、前記ウェブ20
の露出部分の下方でコンクリートブロック22の上部に
図示しない床型枠を組んでから、RC造り床板32に用
いる下部鉄筋34を、鉄骨14のウェブ20の貫通孔2
4にそれぞれ通しておく。さらに、その上方において、
上部鉄筋36を配筋し、その上部鉄筋36及び下部鉄筋
34を鉄筋38,38,38・・・で繋いでおく。そし
て、このような床配筋の後、これらの鉄筋34,38,
40が埋設されるように床型枠(不図示)の上にコンク
リート40を打設することによって、図3に示したよう
に、鉄骨14の上フランジ16とウェブ20上部がコン
クリート40に埋設されたRC造り床板32を得る。
【0012】本実施の態様によれば、大梁であるSC梁
12の鉄骨14に床用の下部鉄筋34が貫通し、上フラ
ンジ16とウェブ20上部を埋設したRC造り床板32
が施工できるため、次のような利点が得られる。 (1)大梁(SC梁12)の鉄骨14の上フランジ16
上面には、従来のようなスタッドボルトやジベル筋が不
要となる。 (2)大梁(SC梁12)の構造断面性能として、RC
造り床板32も算定できるため、大梁(SC梁12)の
構造断面性能を改善でき、鉄骨量や階高を節減できる。 (3)鉄骨14の上フランジ16とウェブ20上部がR
C造り床板32に埋設されているため、大梁(SC梁1
2)の剛性、特に、水平方向の剛性を大幅に改善でき
る。 (4)SC梁12であるため、SRC梁と比較して、製
作工程や建て方後の現場配筋作業が大幅に節減され、コ
スト的に有利である。
【0013】なお、以上の実施の形態例においては、プ
レキャスト製のSC梁を大梁としたが、本発明はこれに
限定されるものではなく、小梁であってもよく、また、
現場打ちのSC梁にも無論適用可能である。また、実施
の形態例では、凹部によるシアーキー部としたが、凸部
によるシアーキー部としても良い。さらに、コンクリー
トブロック上面の端部に沿って床型枠の端縁部を載せて
も良く、その他、具体的な細部構造等についても適宜に
変更可能であることは勿論である。
【0014】
【発明の効果】以上の説明で明らかなように、本発明の
鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法によ
れば、前記ウェブの露出部分の下方でコンクリートブロ
ックの上部に床型枠を設置し、前記貫通孔に床鉄筋を通
し、その上にコンクリートを打設することにより床板が
施工され、鉄骨の上フランジをRC造り床板内に配置で
きる。従って、床部分を梁の構造断面の一部として算定
できるようになり、鉄骨量や階高の節減が図れるものと
なり、また、SRC梁に比べ製作工程や現場配筋作業が
大幅に節減され、しかも、鉄骨梁の上フランジ上面に従
来のようなスタッドボルトやジベル筋を設ける必要がな
くなって、コスト低減に寄与することができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を適用した一例としてのSC梁を示すも
ので、鉄骨柱への取付例を示した概略側面図である。
【図2】図1のSC梁を拡大して示すもので、一部を破
断して示した斜視図である。
【図3】図1及び図2のSC梁を用いて行った床施工例
を示した縦断面図である。
【符号の説明】
12 SC梁 14 鉄骨 16 上フランジ 18 下フランジ 20 ウェブ 22 コンクリートブロック 24 貫通孔 26 シアーキー部 28 補助筋 32 床板 34,36,38 床鉄筋 40 打設コンクリート

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 上下のフランジを接続するウェブを有す
    る鉄骨と、この鉄骨の延在方向に沿って延在し前記鉄骨
    が埋設されるコンクリートブロックとからなる鉄骨入り
    コンクリート梁であって、 前記鉄骨の上フランジ及びこの上フランジ寄りのウェブ
    部分を前記コンクリートブロック上に露出させるととも
    に、 前記ウェブの前記コンクリートブロック上への露出部分
    に、ウェブの延在方向に間隔をおき床配筋用の貫通孔を
    複数形成した、 ことを特徴とする鉄骨入りコンクリート梁。
  2. 【請求項2】 前記コンクリートブロックは断面が矩形
    を呈し、コンクリートブロックの上面で上フランジの幅
    方向における外端は、上フランジの外端よりも上フラン
    ジの幅方向の外側に位置していることを特徴とする請求
    項1記載の鉄骨入りコンクリート梁。
  3. 【請求項3】 前記コンクリートブロックの断面の上面
    と下面の中心を結ぶ想像線上に、ウェブが位置するよう
    にコンクリートブロックに対して前記鉄骨が配置されて
    いることを特徴とする請求項1または2記載の鉄骨入り
    コンクリート梁。
  4. 【請求項4】 前記ウェブが前記コンクリートブロック
    上へ露出する露出部分は、ウェブの延在方向に均一の高
    さとなるように形成されていることを特徴とする請求項
    1、2または3記載の鉄骨入りコンクリート梁。
  5. 【請求項5】 I型鋼製の鉄骨と、この鉄骨の延在方向
    に沿って延在し前記鉄骨が埋設されるコンクリートブロ
    ックとからなる鉄骨入りコンクリート梁の、前記鉄骨の
    上フランジ及びこの上フランジ寄りのウェブ部分を前記
    コンクリートブロック上に露出させるとともに、 前記ウェブの前記コンクリートブロック上への露出部分
    に、ウェブの延在方向に間隔をおき床配筋用の貫通孔を
    複数形成し、 前記露出部分の下方でコンクリートブロックの上部に床
    型枠を設置し、前記貫通孔に床鉄筋を通し、その上にコ
    ンクリートを打設することにより床板を施工するように
    した、 ことを特徴とする床施工法。
JP9349994A 1997-12-04 1997-12-04 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法 Granted JPH11166294A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9349994A JPH11166294A (ja) 1997-12-04 1997-12-04 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9349994A JPH11166294A (ja) 1997-12-04 1997-12-04 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11166294A true JPH11166294A (ja) 1999-06-22

Family

ID=18407520

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9349994A Granted JPH11166294A (ja) 1997-12-04 1997-12-04 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11166294A (ja)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001303706A (ja) * 2000-02-14 2001-10-31 Shimizu Corp 合成梁構造
JP2010047910A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Takenaka Komuten Co Ltd 合成梁、合成梁施工方法、及び耐火建築物
KR100967734B1 (ko) 2008-11-05 2010-07-05 이호찬 철골 콘크리트 복합보
JP2012046991A (ja) * 2010-08-27 2012-03-08 Takenaka Komuten Co Ltd 合成梁、建築物、及び合成梁の施工方法
CN109653442A (zh) * 2018-11-03 2019-04-19 上海建工建集团有限公司 一种钢骨劲性梁柱
JP2021011745A (ja) * 2019-07-08 2021-02-04 ミサワホーム株式会社 プレキャストコンクリート製部材、基礎構造及びスラブ構造

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001303706A (ja) * 2000-02-14 2001-10-31 Shimizu Corp 合成梁構造
JP4502164B2 (ja) * 2000-02-14 2010-07-14 清水建設株式会社 合成梁構造
JP2010047910A (ja) * 2008-08-19 2010-03-04 Takenaka Komuten Co Ltd 合成梁、合成梁施工方法、及び耐火建築物
KR100967734B1 (ko) 2008-11-05 2010-07-05 이호찬 철골 콘크리트 복합보
JP2012046991A (ja) * 2010-08-27 2012-03-08 Takenaka Komuten Co Ltd 合成梁、建築物、及び合成梁の施工方法
CN109653442A (zh) * 2018-11-03 2019-04-19 上海建工建集团有限公司 一种钢骨劲性梁柱
JP2021011745A (ja) * 2019-07-08 2021-02-04 ミサワホーム株式会社 プレキャストコンクリート製部材、基礎構造及びスラブ構造

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100447013B1 (ko) 웨브 홀을 가지는 비대칭 단면 철골 합성보
JPH09221717A (ja) 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法
JP2522714B2 (ja) 建築物躯体の施工法
JPH11166294A (ja) 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法
KR100796216B1 (ko) 건축물의 콘크리트 복합보
JPH07229202A (ja) 鉄筋コンクリート柱と鉄骨梁との接合部構造
JPH11166292A (ja) 鉄骨梁及びこれを用いた床施工法
JP3208530B2 (ja) プレキャストコンクリート型枠及びこれを用いた構造体
JP3466961B2 (ja) 開口部を透設する既設耐力壁の補強工法
JPH11270146A (ja) 既設梁体の補強工法
JP2001173097A (ja) プレキャスト合成梁の構造
KR102398605B1 (ko) Pc 보강패널을 이용한 내진 보강 시스템의 시공 방법
JP3878546B2 (ja) 横桁一体型コンクリート床版の施工方法
JP3008051B2 (ja) 型枠付鉄筋先組体及び型枠付鉄筋先組工法
KR102372473B1 (ko) 가설브라켓을 이용한 pc기둥과 pc거더의 접합부 시공구조 및 시공방법
JP2707966B2 (ja) プレストレストコンクリート板を梁側型枠とする床工法
JP2000073448A (ja) プレキャストコンクリート梁と柱の接合方法および接合構造
JPH06299718A (ja) 原子力発電所施設における壁・床架構の施工法及び施工用壁版
JP2000309998A (ja) プレキャストコンクリート型枠及びこれを用いた構造体
JP3207276B2 (ja) ユニット建物の構築方法
JP2556389B2 (ja) 耐震壁の構築方法
JPH11172758A (ja) 耐力壁用鉄骨入りコンクリート梁および耐力壁用鉄骨梁ならびにこれらを用いた耐力壁と床の施工法
JPH09177240A (ja) プレキャスト鉄筋コンクリート梁とその架構方法
JPH11166295A (ja) 片側耐力壁用プレキャスト製鉄骨・鉄筋コンクリート梁及びこれを用いた施工法
JP2536250Y2 (ja) 鋼製基礎梁

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees