JPH09221717A - 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法 - Google Patents

鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法

Info

Publication number
JPH09221717A
JPH09221717A JP3172696A JP3172696A JPH09221717A JP H09221717 A JPH09221717 A JP H09221717A JP 3172696 A JP3172696 A JP 3172696A JP 3172696 A JP3172696 A JP 3172696A JP H09221717 A JPH09221717 A JP H09221717A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
steel
steel sheet
sheet pile
bridge
concrete
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP3172696A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3678831B2 (ja
Inventor
Yutaka Kawai
豊 川井
Kiyoutarou Kanda
恭太郎 神田
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JFE Steel Corp
Original Assignee
Kawasaki Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kawasaki Steel Corp filed Critical Kawasaki Steel Corp
Priority to JP3172696A priority Critical patent/JP3678831B2/ja
Publication of JPH09221717A publication Critical patent/JPH09221717A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3678831B2 publication Critical patent/JP3678831B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 道路橋や鉄道橋などに用いられる鋼−コンク
リート合成床版橋およびその施工方法を提供する。 【解決手段】 直線形鋼矢板11の底板とH形鋼またはC
T形鋼の主桁部材13とを接合一体化した橋軸方向部材14
を複数結合した鋼製パネル21と、直線形鋼矢板15と側板
16とを接合した枠体部材17とを一体化するとともに、主
桁部材13および側板16のウエブにPC鋼材18を貫通した
後、場所打ちコンクリート20を打設して構成する。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、道路橋や鉄道橋な
どに用いられる鋼−コンクリート合成床版橋およびその
施工方法に関する。
【0002】
【従来の技術】都市内等の桁下空間の利用に制限を受け
る道路橋や鉄道橋等においては、桁高さをできるだけ小
さくする必要があることから、スラブ作用を主構造とし
ての強度部材とする床版橋(スラブ橋)が用いられる。
この床版橋には、従来、例えばRCスラブ橋やRCホロ
ースラブ橋、PCスラブ橋等のコンクリート系の構造
と、鉄筋やPC鋼材の代わりに鋼板や形鋼を用いた鋼−
コンクリート合成床版橋の2種類の技術が用いられてい
る。
【0003】コンクリート系の床版橋は、例えば図4に
示すように、全体がコンクリート1と鉄筋2とで構成さ
れているため、必然的に自重(死荷重)が大きくなるこ
とから、桁高さ(床版厚さ)を制限した場合には鉄筋2
の配置上の関係からその支間長(スパン)に制限がある
ことや、コンクリート打設時に型枠や支保工が必要とな
り工事中の桁下空間の占有が一時的に必要となる。
【0004】これに対し、鋼−コンクリート合成床版橋
の場合は、例えば図5に示すように、鋼製底板3に鋼板
を、鋼製主桁4にH形鋼あるいはCT形鋼をそれぞれ用
い、両側端に側板5を取り付けてコンクリート6を打設
する構造であるから、側板5はコンクリート打設時には
型枠ならびに支保工となり、コンクリート硬化後は鉄筋
に代わる強度部材として利用できるので、現地施工性に
すぐれた経済的な構造であり、これまで鋼材部の構成を
変えた種々の構造が提案され実用化されている。なお、
図中の7は横桁である。
【0005】しかし、このような従来技術による鋼−コ
ンクリート合成床版橋では、鋼製底板3や鋼製主桁4の
鋼材部に鋼板やH形鋼あるいはCT形鋼を組み合わせる
ことにより、鋼材部のみで橋軸方向(主桁)ならびに橋
軸直角方向(横桁)に剛性をもたせる必要があることか
ら、工場で溶接等によって集成した構造部材が用いられ
ており、その加工のための工数や現地での接合作業の必
要性から、経済的にコンクリート系の床版橋に劣るとい
う欠点がある。
【0006】
【発明が解決しようとする課題】本発明は、上記のよう
な鋼−コンクリート合成床版橋の従来技術が有するコス
ト面での課題を解決し、コンクリート系合成床版橋の経
済性を兼ね備えた鋼−コンクリート合成床版橋およびそ
の施工方法を提供することを目的とする。
【0007】
【課題を解決するための手段】本発明は、鋼矢板(11)を
底板とし、H形鋼またはCT形鋼を主桁部材(13)として
両者を接合一体化した橋軸方向部材(14)を複数結合した
鋼製パネル(21)と、鋼矢板(15)と側板(16)とを一体化し
た枠体部材(17)とを接合するとともに、前記主桁部材(1
3)および側板(16)のウエブにPC鋼材(18)を貫通して装
着した後、場所打ちコンクリート(20)を打設してなるこ
とを特徴とする鋼−コンクリート合成床版橋である。
【0008】なお、前記鋼矢板(11)に直線形あるいはU
形またはZ形の鋼矢板を用いてもよい。また、本発明
は、工場において底板とされる鋼矢板(11)のウエブに所
定の剛性を有するH形鋼あるいはCT形鋼の主桁部材(1
3)を接合一体化して橋軸方向部材(14)を、また半割りの
鋼矢板(15)に側板(16)をL字状に一体化して枠体部材(1
7)をそれぞれ製作する工程と、現地において前記橋軸方
向部材(14)を複数結合して所要の幅員を有する鋼製パネ
ル(21)を形成した後、その両側端に枠体部材(17)を結合
する工程と、前記鋼製パネル(21)を橋軸直角方向に拡幅
した後、側板(16)と主桁部材(13)のウエブ面にPC鋼材
(18)を貫通して装着する工程と、場所打ちコンクリート
(20)を打設する工程と、からなることを特徴とする鋼−
コンクリート合成床版橋の施工方法である。
【0009】なお、前記場所打ちコンクリート(20)を打
設する工程の前に、前記側板(16)の間にコンクリート製
の横桁(19)を挿入しプレキャストする工程を付加しても
よい。
【0010】
【発明の実施の形態】以下に、本発明の好適な実施の形
態について、図面を参照して詳しく説明する。図1は本
発明の構成の一例を示す部分斜視図である。この図にお
いて、11は両端部に嵌合自在な爪部12を設けた直線形鋼
矢板である。13はH形鋼あるいはCT形鋼の主桁部材で
あり、主桁部材13を直線形鋼矢板11のウエブに溶接また
はボルト接合により一体化することにより設計上必要な
剛性が発揮する橋軸方向部材14が構成される。15は半割
りされた直線形鋼矢板、16は側板であり、側板16を直線
形鋼矢板15のウエブに溶接またはボルト接合により一体
化することにより枠体部材17が構成される。18はアンボ
ンドのPC鋼材で、主桁部材13と側板16のウエブに所定
の間隔で貫通して設けられる。19はプレキャストコンク
リート製の横桁で、PC鋼材18を緊張させる効果を有す
る。20は場所打ちコンクリートである。
【0011】つぎに、その組み立て工程について、図2
を用いて説明する。 まず工場において、図2(a) に示すように、直線形鋼
矢板11のウエブに設計上必要な剛性を有するH形鋼ある
いはCT形鋼の主桁部材13を溶接またはボルト接合によ
り一体化して橋軸方向部材14を製作する。また、直線形
鋼矢板15に側板16を溶接またはボルト接合により一体化
して枠体部材17を製作する。なお、主桁部材13および側
板16のそれぞれのウエブ面にはPC鋼材18を貫通する孔
部を所定の間隔で例えば上下に2個開けておく。 つぎに、これらの部材を現地に運搬し、現地において
図2(b) に示すように、複数の橋軸方向部材14のそれぞ
れの爪部12を順次接合することにより必要な幅員を有す
る鋼製パネル21を形成する。 図2(c) に示すように、鋼製パネル21の両側端面に枠
体部材17の直線形鋼矢板15を接合する。これによって、
場所打ちコンクリート打設時の漏れを止めることができ
る。 引き続き、鋼製パネル21を爪部12の接合部の遊びが最
大となるように橋軸直角方向に拡幅した後、図2(d) に
示すように、側板16と主桁部材13のウエブ面の孔部にP
C鋼材18を挿入し、横桁19をプレキャストする。 図2(e) に示すように、場所打ちコンクリート20を打
設する。
【0012】なお、上記の拡幅作業は、PC鋼材18の緊
張に際し底板である直線形鋼矢板11, 15に緊張力が入ら
ず、場所打ちコンクリート20へのプレストレス導入の効
率を上げるためである。これによって、場所打ちコンク
リート20の硬化後PC鋼材18を緊張(横締め作業)し、
橋軸直角方向の一体化と剛性を確保することができる。
なお、上記の組み立て工程において、ステップでのプ
レキャストコンクリート製の横桁19のプレキャストを省
略することも可能である。
【0013】このような組み立て工程を用いることによ
り、横桁の製作ならびに現地接合の作業をなくすことが
できる。また、従来の合成床版橋の技術では底板に鋼板
を用いるため、PC鋼材で横締めしても緊張力の大半が
鋼材に導入され、場所打ちコンクリートへの緊張力の硬
化が薄れるのであるが、これに対し本発明では、底板に
用いる直線形鋼矢板の爪接合部に遊びがあるため、底板
には緊張力が導入されずPC鋼材の緊張力のほとんどが
場所打ちコンクリートに導入されプレストレスの効率が
高く保持できるのである。
【0014】さらに、本発明の合成床版橋の場合は、工
場製作された大ブロックを運搬せざるを得ない従来例に
対し、必要長さの直線形鋼矢板を運搬すればよいので、
運搬コストの節減も可能である。なお、上記の例では底
板部に直線形鋼矢板11を用いるとして説明したが、本発
明はこれに限るものではなく、例えばU形鋼矢板やZ形
鋼矢板を用いても同様の作用効果を奏することが可能で
ある。すなわち、図3(a) ,(b) は2種類のU形鋼矢板
11A,11Bを組み合わせた例を示す斜視図であるが、こ
れによって底板部に波板形状を与えることができるか
ら、コンクリートの打設量を減らし死荷重の低減とコス
ト低減を図ることができる。なお、橋軸方向部材には、
図3(a) に示すように、工場において予めU形鋼矢板11
AにH形鋼の主桁部材13Aを溶接またはボルト接合にて
取り付けて橋軸方向の剛性を高める橋軸方向部材14A
と、図3(b) に示すように、U形鋼矢板11BとCT形鋼
の主桁部材13Bによる底板部機能のみを期待する橋軸方
向部材14Bの2通りがあり、設計上の所要剛性に応じて
その配置を決めるようにすればよい。
【0015】
【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、
直線形鋼矢板と主桁部材とによる橋軸方向部材と半割り
の直線形鋼矢板と側板とによる枠体部材とを工場で予め
組み立てた後、建設現場において直線形鋼矢板の爪部同
士を接合して一体化し、その後PC鋼材を配置して場所
打ちコンクリートを打設し、場所打ちコンクリートの硬
化後においてPC鋼材に緊張力を与えて、橋軸直角方向
の剛性を確保することが可能となるので、横桁の製作な
らびに現地接合の作業をなくすことができ、また運搬コ
ストの節減も可能である。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の一実施例の構成を示す部分斜視図であ
る。
【図2】(a) 〜(e) は本発明の合成床版橋の組み立て工
程の説明図である。
【図3】(a) ,(b) は本発明の他の実施例を示す部分斜
視図である。
【図4】コンクリート系床版橋の従来例を示す部分斜視
図である。
【図5】鋼−コンクリート合成床版橋の従来例を示す斜
視図である。
【符号の説明】
11 直線形鋼矢板(鋼矢板) 11A,11B U形鋼矢板 12 爪部 13,13A,13B 主桁部材 14,14A,14B 橋軸方向部材 15 直線形鋼矢板(鋼矢板) 15A U形鋼矢板 16 側板 17,17A 枠体部材 18 PC鋼材 19 横桁 20 場所打ちコンクリート 21 鋼製パネル

Claims (4)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 鋼矢板(11)を底板とし、H形鋼またはC
    T形鋼を主桁部材(13)として両者を接合一体化した橋軸
    方向部材(14)を複数結合した鋼製パネル(21)と、鋼矢板
    (15)と側板(16)とを一体化した枠体部材(17)とを接合す
    るとともに、前記主桁部材(13)および側板(16)のウエブ
    にPC鋼材(18)を貫通して装着した後、場所打ちコンク
    リート(20)を打設してなることを特徴とする鋼−コンク
    リート合成床版橋。
  2. 【請求項2】 前記鋼矢板(11)に直線形あるいはU形ま
    たはZ形の鋼矢板を用いることを特徴とする請求項1記
    載の鋼−コンクリート合成床版橋。
  3. 【請求項3】 工場において底板とされる鋼矢板(11)の
    ウエブに所定の剛性を有するH形鋼あるいはCT形鋼の
    主桁部材(13)を接合一体化して橋軸方向部材(14)を、ま
    た半割りの鋼矢板(15)に側板(16)をL字状に一体化して
    枠体部材(17)をそれぞれ製作する工程と、現地において
    前記橋軸方向部材(14)を複数結合して所要の幅員を有す
    る鋼製パネル(21)を形成した後、その両側端に枠体部材
    (17)を結合する工程と、前記鋼製パネル(21)を橋軸直角
    方向に拡幅した後、側板(16)と主桁部材(13)のウエブ面
    にPC鋼材(18)を貫通して装着する工程と、場所打ちコ
    ンクリート(20)を打設する工程と、からなることを特徴
    とする鋼−コンクリート合成床版橋の施工方法。
  4. 【請求項4】 前記場所打ちコンクリート(20)を打設す
    る工程の前に、前記側板(16)の間にコンクリート製の横
    桁(19)を挿入しプレキャストする工程を付加することを
    特徴とする請求項3記載の鋼−コンクリート合成床版橋
    の施工方法。
JP3172696A 1996-02-20 1996-02-20 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法 Expired - Fee Related JP3678831B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3172696A JP3678831B2 (ja) 1996-02-20 1996-02-20 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP3172696A JP3678831B2 (ja) 1996-02-20 1996-02-20 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09221717A true JPH09221717A (ja) 1997-08-26
JP3678831B2 JP3678831B2 (ja) 2005-08-03

Family

ID=12339054

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP3172696A Expired - Fee Related JP3678831B2 (ja) 1996-02-20 1996-02-20 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3678831B2 (ja)

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1348810A2 (en) 2002-03-26 2003-10-01 Asahi Engineering Co., Ltd. Structure of floor slab bridge
JP2007023713A (ja) * 2005-07-21 2007-02-01 Jfe Engineering Kk 鋼・コンクリート合成ラーメン橋、及び、その施工方法
KR100685725B1 (ko) * 2003-09-05 2007-02-23 아사히 엔지니어링 가부시키가이샤 상판교의 구조
KR100693872B1 (ko) * 2005-10-17 2007-03-12 한국건설기술연구원 모서리부에 단차부가 형성된 합성바닥판 및 교량용 거더의시공방법 및 그 연결구조
KR100775936B1 (ko) * 2007-08-02 2007-11-15 주식회사 지구코퍼레이션 콘크리트와 시트파일을 합성한 복공판 유니트 및 그 제조방법
KR100777432B1 (ko) * 2006-04-27 2007-11-21 주식회사 포스코 강합성 구조물 및 이를 적용한 이중합성 판형교
JP2008063803A (ja) * 2006-09-07 2008-03-21 Jfe Engineering Kk 内リブ付形鋼を用いた合成床版、合成床版橋又は合成桁橋
JP2008255720A (ja) * 2007-04-06 2008-10-23 Nippon Steel Corp 鋼矢板を用いた鋼・コンクリート合成床版および合成床版橋ならびに施工方法
JP2010077742A (ja) * 2008-09-29 2010-04-08 Jfe Engineering Corp コンクリートアーチ橋のアーチリブの構築方法
KR101004618B1 (ko) * 2010-08-12 2011-01-03 이엔이건설주식회사 임시 강재 횡방향리브와 영구 콘크리트 횡방향리브를 이용한 합성거더교 시공방법
KR101004617B1 (ko) * 2010-08-12 2011-01-03 이엔이건설주식회사 임시 강재 보강리브와 영구 콘크리트 보강리브를 이용한 강재 슬래브저판 및 강합성 교량 시공방법
JP2012144854A (ja) * 2011-01-07 2012-08-02 Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd 合成床版コンクリートの打設用移動屋根設備
CN106869032A (zh) * 2017-02-27 2017-06-20 中铁十九局集团有限公司 一种桥梁承台系梁施工方法
CN108130852A (zh) * 2016-12-01 2018-06-08 上海浦东建筑设计研究院有限公司 一种中小跨径桥梁的钢混组合板结构
CN109577192A (zh) * 2018-11-21 2019-04-05 璁稿嘲 内置有钢筋骨架的预制桥梁板
CN109577190A (zh) * 2018-11-21 2019-04-05 璁稿嘲 一种预制桥梁板
CN109577191A (zh) * 2018-11-21 2019-04-05 璁稿嘲 基于波形钢板的预制桥梁板
CN111794074A (zh) * 2020-07-07 2020-10-20 浙江华东工程咨询有限公司 一种拱桥混凝土横梁及其成梁方法
CN113417214A (zh) * 2021-06-29 2021-09-21 贵州路桥集团有限公司 一种适合斜面桥连接的钢混组合梁连接件
CN113481826A (zh) * 2021-07-21 2021-10-08 重庆大学 一种预制装配式波形钢腹板组合箱梁
CN115491940A (zh) * 2022-08-22 2022-12-20 中交第一公路勘察设计研究院有限公司 冻土区高速公路钢混组合结构路基及施工方法

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109537459A (zh) * 2018-11-29 2019-03-29 中铁四局集团第二工程有限公司 一种现浇箱梁斜腹板模架一体化施工方法

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1348810A2 (en) 2002-03-26 2003-10-01 Asahi Engineering Co., Ltd. Structure of floor slab bridge
US6792638B2 (en) 2002-03-26 2004-09-21 Asahi Engineering Co., Ltd. Structure of floor slab bridge
EP1348810A3 (en) * 2002-03-26 2005-03-23 Asahi Engineering Co., Ltd. Structure of floor slab bridge
USRE40064E1 (en) 2002-03-26 2008-02-19 Asahi Engineering Co., Ltd. Structure of floor slab bridge
KR100685725B1 (ko) * 2003-09-05 2007-02-23 아사히 엔지니어링 가부시키가이샤 상판교의 구조
JP2007023713A (ja) * 2005-07-21 2007-02-01 Jfe Engineering Kk 鋼・コンクリート合成ラーメン橋、及び、その施工方法
JP4519023B2 (ja) * 2005-07-21 2010-08-04 Jfeエンジニアリング株式会社 鋼・コンクリート合成ラーメン橋、及び、その施工方法
KR100693872B1 (ko) * 2005-10-17 2007-03-12 한국건설기술연구원 모서리부에 단차부가 형성된 합성바닥판 및 교량용 거더의시공방법 및 그 연결구조
KR100777432B1 (ko) * 2006-04-27 2007-11-21 주식회사 포스코 강합성 구조물 및 이를 적용한 이중합성 판형교
JP2008063803A (ja) * 2006-09-07 2008-03-21 Jfe Engineering Kk 内リブ付形鋼を用いた合成床版、合成床版橋又は合成桁橋
JP2008255720A (ja) * 2007-04-06 2008-10-23 Nippon Steel Corp 鋼矢板を用いた鋼・コンクリート合成床版および合成床版橋ならびに施工方法
KR100775936B1 (ko) * 2007-08-02 2007-11-15 주식회사 지구코퍼레이션 콘크리트와 시트파일을 합성한 복공판 유니트 및 그 제조방법
JP2010077742A (ja) * 2008-09-29 2010-04-08 Jfe Engineering Corp コンクリートアーチ橋のアーチリブの構築方法
KR101004617B1 (ko) * 2010-08-12 2011-01-03 이엔이건설주식회사 임시 강재 보강리브와 영구 콘크리트 보강리브를 이용한 강재 슬래브저판 및 강합성 교량 시공방법
KR101004618B1 (ko) * 2010-08-12 2011-01-03 이엔이건설주식회사 임시 강재 횡방향리브와 영구 콘크리트 횡방향리브를 이용한 합성거더교 시공방법
JP2012144854A (ja) * 2011-01-07 2012-08-02 Nippon Sharyo Seizo Kaisha Ltd 合成床版コンクリートの打設用移動屋根設備
CN108130852A (zh) * 2016-12-01 2018-06-08 上海浦东建筑设计研究院有限公司 一种中小跨径桥梁的钢混组合板结构
CN106869032A (zh) * 2017-02-27 2017-06-20 中铁十九局集团有限公司 一种桥梁承台系梁施工方法
CN106869032B (zh) * 2017-02-27 2018-12-07 中铁十九局集团有限公司 一种桥梁承台系梁施工方法
CN109577190A (zh) * 2018-11-21 2019-04-05 璁稿嘲 一种预制桥梁板
CN109577192A (zh) * 2018-11-21 2019-04-05 璁稿嘲 内置有钢筋骨架的预制桥梁板
CN109577191A (zh) * 2018-11-21 2019-04-05 璁稿嘲 基于波形钢板的预制桥梁板
CN109577190B (zh) * 2018-11-21 2020-11-10 许峰 一种预制桥梁板
CN111794074A (zh) * 2020-07-07 2020-10-20 浙江华东工程咨询有限公司 一种拱桥混凝土横梁及其成梁方法
CN113417214A (zh) * 2021-06-29 2021-09-21 贵州路桥集团有限公司 一种适合斜面桥连接的钢混组合梁连接件
CN113481826A (zh) * 2021-07-21 2021-10-08 重庆大学 一种预制装配式波形钢腹板组合箱梁
CN113481826B (zh) * 2021-07-21 2022-07-19 重庆大学 一种预制装配式波形钢腹板组合箱梁
CN115491940A (zh) * 2022-08-22 2022-12-20 中交第一公路勘察设计研究院有限公司 冻土区高速公路钢混组合结构路基及施工方法

Also Published As

Publication number Publication date
JP3678831B2 (ja) 2005-08-03

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JPH09221717A (ja) 鋼−コンクリート合成床版橋およびその施工方法
KR20060046151A (ko) 프리캐스트 콘크리트 합성 아이-빔
KR101270733B1 (ko) 강상판데크 일체식 복합구조의 프리스트레스트 콘크리트 박스거더 및 이를 이용한 교량의 시공방법
JP2005256341A (ja) 波形鋼板ウエブuコンポ橋
JP2006009449A (ja) トラスパネル桁およびプレキャストトラスパネル
JP3396610B2 (ja) 中空床版橋及びその構築方法
JPH11148110A (ja) 連続桁橋
JP2750556B2 (ja) プレストレストコンクリート桁の製造方法
JPH03250130A (ja) 建築物躯体の施工法
JP2000017613A (ja) 波形鋼板ウエブ桁の接続方法
JP2927402B2 (ja) コンクリート建造物の柱・梁接合部構造
JPH11229329A (ja) 鋼・コンクリート合成床版橋の施工方法
JP3579167B2 (ja) 路面用床版およびその敷設工法
JP2000064222A (ja) 高架橋
JPH11293626A (ja) 橋梁構造
JP2006183286A (ja) 波形鋼板ウエブuコンポ橋における波形鋼板ウエブの接合構造
JP3682521B2 (ja) 2段主桁合成床版橋の構造
JPH11166294A (ja) 鉄骨入りコンクリート梁及びこれを用いた床施工法
JPH0270850A (ja) Pc合せ梁及び同合せ梁による施工法
JP2000336769A (ja) トラス構造体及びトラス構造体の構築方法
JPH11303022A (ja) 橋梁用合成床版
JP3967953B2 (ja) 鋼製立体ラーメン高架橋の構築方法
JP2001049616A (ja) コンクリート橋用プレキャスト製pcウエブおよびそのpcウェブを有するプレストレストコンクリート橋
JP3271810B2 (ja) 断熱材打込みハーフpc版の製造方法。
JP3275017B2 (ja) プレキャスト部材を使用したケーソンの製作方法

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20041209

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041228

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050224

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050510

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050511

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090520

Year of fee payment: 4

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090520

Year of fee payment: 4

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090520

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100520

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110520

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110520

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120520

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130520

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140520

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees