JPH0463947B2 - - Google Patents

Info

Publication number
JPH0463947B2
JPH0463947B2 JP60172843A JP17284385A JPH0463947B2 JP H0463947 B2 JPH0463947 B2 JP H0463947B2 JP 60172843 A JP60172843 A JP 60172843A JP 17284385 A JP17284385 A JP 17284385A JP H0463947 B2 JPH0463947 B2 JP H0463947B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
walls
unit
void
wall
around
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP60172843A
Other languages
English (en)
Other versions
JPS6233974A (ja
Inventor
Masahiro Koyama
Jun Ookawa
Yoshio Fukada
Tsunehisa Tsugawa
Satoshi Betsusho
Mikio Kobayashi
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Kajima Corp
Original Assignee
Kajima Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kajima Corp filed Critical Kajima Corp
Priority to JP17284385A priority Critical patent/JPS6233974A/ja
Publication of JPS6233974A publication Critical patent/JPS6233974A/ja
Publication of JPH0463947B2 publication Critical patent/JPH0463947B2/ja
Granted legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Buildings Adapted To Withstand Abnormal External Influences (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】 〔産業上の利用分野〕 この発明は集合住宅、事務所建築等に適用され
る柔構造の超高層建築架構に関するものである。
〔発明が解決しようとする問題点〕
従来一般に実施されている超高層建築架構は鉄
骨構造で、所定荷重以上で可撓性となる耐震壁あ
るいはブレースを配置した柔構造である。
ところで集合住宅等においては戸境壁が多いの
で耐震壁の配置が容易である。また鉄筋コンクリ
ート構造は鉄骨構造より経済的に建築している場
合が多い。しかしながら超高層建築において要求
される柔構造を鉄筋コンクリート構造で実施する
ことは困難である。
この発明は前記従来の問題点を解決するためユ
ニツト状をなす鉄筋コンクリート構造あるいは鉄
骨、鉄筋コンクリート構造の耐震壁を適切に組合
せて柔構造の架構を開発したものである。
〔問題点を解決するための手段〕
この発明の要旨とする構成は特許請求の範囲の
欄に記載の通りであり、中央部が平面で方形のボ
イド部を有し、ボイドの周囲に4つのユニツトを
なす単位耐震壁が略方形状に二方向に配置され、
あるいは中空部が平面で三角形のボイド部を有
し、ボイド部の周囲に3つのユニツトをなす単位
耐震壁が略三角形状に三方向に配置され、前記ユ
ニツトとなる単位耐震壁は所定間隔を置いて配置
された平行な壁と、これに直交して連続する壁を
もつて形成された、例えばH型、E型等の断面形
状に形成されたもので、この単位耐震壁を細長い
塔状をなして独立的に樹立して配置するととも
に、多数階に配置したスラブをもつて連結してあ
り、スラブの外周部に柱、または柱、梁を配置し
てある。以下その詳細を図示した実施例によつて
説明する。
〔実施例〕
第1図は中央部が吹き抜きをなす平面で方形の
ボイド部Bを有し、このボイド部Bの周囲に4つ
のユニツトをなす単位耐震壁1がある。この単位
耐震壁1は少なくとも所定間隔を置いて配置され
た平行な壁1−1とこれらを直角に連結する壁1
−2をもつてH状またはE状平面の二方向に形成
されたものであり、この配筋は第3図、第4図に
示すように柱配筋が連結した形状で柱列壁とする
ことが好ましい。
なお、この単位耐震壁1には適宜出入口等とな
る開口2が設けられるが、その開口2は上下同位
置にないように配置する。
この単位耐震壁1は細長い塔状をなして梁等で
連結されることなく、独立的に樹立して配置して
ある。そして多層階例えば20〜40階に配置したス
ラブ3、特にアンボンドPC鋼線を埋設したコン
クリートスラブによつて連結する。
さらに平面計画によつてはスラブの外周部に鉄
筋コンクリート構造の柱4のみまたは柱4と、フ
ラツト断面の梁5が配置してある。そして柱4、
梁5をもつてラーメンを構成する。
またスラブ3に代えて両端ピンの梁で単位耐震
壁1を連結する場合もある。
なお、単位耐震壁1および柱4の主筋6、フー
プ筋7に加えてスパイラル筋8が配置され、必要
によりスパイラル筋8に囲まれる空間には必要に
より小断面の鉄骨9が配置される。第7図以下は
単位耐震壁1の種々の変形、応用例を示したもの
で、第7図はセンターコア形式の平面で単位耐震
壁1がH状平面の二方向に形成されている。
第8図、第9図は他の実施例であり、中央部が
平面で三角形のボイド部Bを有し、このボイド部
Bの周囲に3つのユニツトをなす単位耐震壁1が
略三角形状に三方向に配置されている。そして単
位耐震壁1の構成は前記実施例と同様である。
〔発明の作用・効果〕
通常のコンクリート耐震壁架構は剛性が大き
く、靭性に乏しいため大きな地震入力に対して強
度で抵抗する剛構造となる。このため、コンクリ
ート耐震壁を主として架構では、超高層を設計す
ることが困難であつた。
それに対して、この発明は、中央部が吹き抜け
等の中空状であり三つまたは四つの単位耐震壁を
方形状または三角形状に配置し細長、塔状として
独立的に樹立してあるので、曲げ変形による柔軟
性を方向性をなくしてもたらすことになり大きな
地震入力とならない。
また、この単位地震壁を配置して一つの架構と
する場合、剛接の梁等で連結せず、両端ピンの梁
または、単にスラブで連結されるのみであるか
ら、複数の塔状体がそれぞれ柔軟性を保持して挙
動することにより、大きな地震入力とならない柔
構造とすることができる。
この単位耐震壁は大きな転倒モーメントに耐え
る必要がある。一方向だけの通常の耐震壁では大
きな転倒モーメントとせん断力に対して壁両端部
の設計が困難となる。
この発明では、第1図の単位耐震壁1の壁1−
2に平行な外力に対して、壁1−2で主にせん断
力を、壁1−1で主に軸力を負担することが可能
となるため、通常の耐震壁よりも大きな転倒モー
メントに耐えることができる。
なお、第3図、第4図に示すように、軸力に対
して有効な柱状配筋が連結した柱列壁の配筋法と
することにより、従来の壁配筋法より大きな軸力
に耐える単位耐震壁とすることが可能となる。
また特公昭45−24104号公報、特公48−11135号
公報に示されるようなスリツト壁構造を応用して
第3図に示す柱列壁の単位耐震壁とすることによ
り、その剛性を調整することができる。
架構としてより大きな耐力が要求される場合に
は建物の外周部、すなわちスラブ外周部のみに
柱、梁が設けられてラーメンが構成される。した
がつて架構内部は壁とスラブのみで、室内に柱
型、梁型が突出しないので室内の有効利用と階高
の低減が可能となる。
【図面の簡単な説明】
第1図はこの発明に係る架構の横断面図、第2
図は第1図の−断面図、第3図、第4図は耐
震壁の配筋状態を示した横断面図、第5図は柱の
横断面図、第6図は梁の縦断面図、第7図、第8
図および第9図はそれぞれ他の変形例を示した架
構の横断面図である。 1……単位耐震壁、2……開口、3……スラ
ブ、4……柱、5……梁、6……主筋、7……フ
ープ筋、8……スパイラル筋、9……鉄骨、10
……壁横配筋、11……スリツト、B……ボイド
部。

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1 中央部が平面で方形のボイド部を有し、ボイ
    ドの周囲に4つのユニツトをなす単位耐震壁が略
    方形状に二方向に配置され、前記単位耐震壁は所
    定間隔を置いて配置された平行な壁と、これと直
    交して連結する壁をもつて形成され、前記単位耐
    震壁を細長い塔状をなして独立的に樹立して配置
    するとともに多層階に配置したスラブをもつて連
    結してあり、かつスラブ周辺部には柱または柱、
    梁が配置してあることを特徴とする超高層建築架
    構。 2 中央部が平面で三角形のボイド部を有し、ボ
    イド部の周囲に3つのユニツトをなす単位耐震壁
    が略三角形状に三方向に配置され、前記単位耐震
    壁は所定間隔を置いて配置された平行な壁と、こ
    れと直交して連結する壁をもつて形成され、前記
    単位耐震壁を細長い塔状をなして独立的に樹立し
    て配置するとともに、多層階に配置したスラブを
    もつて連結してあり、かつスラブ周辺部には柱の
    みまたは柱、梁が配置してあることを特徴とする
    超高層建築架構。
JP17284385A 1985-08-06 1985-08-06 超高層建築架構 Granted JPS6233974A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17284385A JPS6233974A (ja) 1985-08-06 1985-08-06 超高層建築架構

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17284385A JPS6233974A (ja) 1985-08-06 1985-08-06 超高層建築架構

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPS6233974A JPS6233974A (ja) 1987-02-13
JPH0463947B2 true JPH0463947B2 (ja) 1992-10-13

Family

ID=15949356

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17284385A Granted JPS6233974A (ja) 1985-08-06 1985-08-06 超高層建築架構

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPS6233974A (ja)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0750524Y2 (ja) * 1989-05-11 1995-11-15 株式会社大林組 建物の架構
JP2001323556A (ja) * 2000-05-16 2001-11-22 Shimizu Corp 多層建築物
JP4528054B2 (ja) * 2004-08-06 2010-08-18 三井住友建設株式会社 集合住宅
JP4528053B2 (ja) * 2004-08-06 2010-08-18 三井住友建設株式会社 集合住宅

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5817871A (ja) * 1981-07-24 1983-02-02 Babcock Hitachi Kk 塗装方法

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS5817871A (ja) * 1981-07-24 1983-02-02 Babcock Hitachi Kk 塗装方法

Also Published As

Publication number Publication date
JPS6233974A (ja) 1987-02-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2921882B2 (ja) 多角形状家屋
JPH0463947B2 (ja)
JP3259238B2 (ja) チューブ構造の建築物
JP2527975B2 (ja) 建築物構造体
JPH08277587A (ja) 軸組耐力壁とこれを使用した軸組施工法
JPH09264050A (ja) 建物構造
JP2651505B2 (ja) 高層建築物の架構構造
JPH0469690B2 (ja)
JP2584844Y2 (ja) 平鋼による格子フープを用いた鉄筋コンクリート柱
JPH10219819A (ja) 集合住宅の構造
JPH0732650Y2 (ja) 建築物の構造
JP3645966B2 (ja) 大架構塔状建築物
JPH07279247A (ja) コンクリートコア壁と鉄骨フレームからなる建築物の架構
JP2001323556A (ja) 多層建築物
JPH0461138B2 (ja)
JPS6211139B2 (ja)
JP3209693B2 (ja) 集合住宅の構造
JPS6178933A (ja) 鉄筋コンクリ−ト構造建物
JPH07317337A (ja) 建物の平面形状
JPH07197533A (ja) チューブ構造の建築物
JPH0156233B2 (ja)
JPH0222188B2 (ja)
JPH0565662B2 (ja)
JPH0443130B2 (ja)
JPS6228264B2 (ja)

Legal Events

Date Code Title Description
LAPS Cancellation because of no payment of annual fees