JP5653007B2 - 毛髪処理剤組成物 - Google Patents

毛髪処理剤組成物 Download PDF

Info

Publication number
JP5653007B2
JP5653007B2 JP2009141537A JP2009141537A JP5653007B2 JP 5653007 B2 JP5653007 B2 JP 5653007B2 JP 2009141537 A JP2009141537 A JP 2009141537A JP 2009141537 A JP2009141537 A JP 2009141537A JP 5653007 B2 JP5653007 B2 JP 5653007B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
hair
acid
examples
treatment composition
dye
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009141537A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2010285391A (ja
Inventor
秦 正勝
正勝 秦
荒井 昭彦
昭彦 荒井
Original Assignee
ホーユー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by ホーユー株式会社 filed Critical ホーユー株式会社
Priority to JP2009141537A priority Critical patent/JP5653007B2/ja
Priority to PCT/JP2010/059873 priority patent/WO2010143695A1/ja
Priority to KR1020127000553A priority patent/KR101701231B1/ko
Priority to US13/376,510 priority patent/US8288329B2/en
Publication of JP2010285391A publication Critical patent/JP2010285391A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5653007B2 publication Critical patent/JP5653007B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/40Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing organic compounds containing nitrogen
    • A61K8/44Aminocarboxylic acids or derivatives thereof, e.g. aminocarboxylic acids containing sulfur; Salts; Esters or N-acylated derivatives thereof
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K8/00Cosmetics or similar toiletry preparations
    • A61K8/18Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition
    • A61K8/30Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing organic compounds
    • A61K8/40Cosmetics or similar toiletry preparations characterised by the composition containing organic compounds containing nitrogen
    • A61K8/44Aminocarboxylic acids or derivatives thereof, e.g. aminocarboxylic acids containing sulfur; Salts; Esters or N-acylated derivatives thereof
    • A61K8/442Aminocarboxylic acids or derivatives thereof, e.g. aminocarboxylic acids containing sulfur; Salts; Esters or N-acylated derivatives thereof substituted by amido group(s)
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILETRY PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/02Preparations for cleaning the hair
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61QSPECIFIC USE OF COSMETICS OR SIMILAR TOILETRY PREPARATIONS
    • A61Q5/00Preparations for care of the hair
    • A61Q5/12Preparations containing hair conditioners
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/40Chemical, physico-chemical or functional or structural properties of particular ingredients
    • A61K2800/59Mixtures
    • A61K2800/596Mixtures of surface active compounds
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL OR TOILETRY PURPOSES
    • A61K2800/00Properties of cosmetic compositions or active ingredients thereof or formulation aids used therein and process related aspects
    • A61K2800/70Biological properties of the composition as a whole
    • A61K2800/72Hypo-allergenic

Description

本発明は、カルボキシベタイン型の両性界面活性剤を含有する毛髪処理剤組成物に関する。
特許文献1には、新規のカルボキシベタイン型の両性界面活性剤が開示されている。この両性界面活性剤を含む毛髪処理剤を染色ケラチン繊維に適用した場合、色保持性、すなわち退色抑制効果が発揮される。特許文献1の開示する両性界面活性剤として、ヒドロキシアルキル(C12−14)ヒドロキシエチルサルコシンが知られている。
特開2006−22085号公報
ところが、上記の両性界面活性剤を含有する毛髪処理剤組成物において、起泡性を高めることを目的として上記の両性界面活性剤と異なる両性界面活性剤を含有させた場合、染色処理された毛髪の退色を抑制する効果が発揮され難くなるという問題があった。
この発明は、こうした実情に鑑みてなされたものであり、その目的は、起泡性を高め、かつ、毛髪の退色を抑制する効果を高めることの容易な毛髪処理剤組成物を提供することにある。
上記の目的を達成するために請求項1に記載の発明の毛髪処理剤組成物は、下記一般式(1):
(一般式(1)中、Rは炭素数6〜20のアルキル基、Rはメチル基、エチル基又はヒドロキシエチル基を示し、Rはメチル基、エチル基又は−CHCOOH基を示し、nは1〜3の整数を示す。)に示される構造を有する(A)第1の両性界面活性剤と、脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、N−アシルアミノエチル−N−2−ヒドロキシエチルアミノカルボン酸塩、及びN−アシルアミノエチル−N−カルボキシメトキシエチルアミノカルボン酸塩から選ばれる少なくとも一種の(B)第2の両性界面活性剤と、(C)L−グルタミン酸、L−アスパラギン酸、及びタウリンから選ばれる少なくとも一種の成分とを含有することを要旨とする。
請求項に記載の発明は、請求項1に記載の毛髪処理剤組成物において、前記(B)第2の両性界面活性剤が、コカミドプロピルベタイン、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ココアンホ酢酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、ココアンホジ酢酸Na、及びココアンホジプロピオン酸Naから選ばれる少なくとも一種であることを要旨とする。
請求項に記載の発明は、請求項1又は請求項に記載の毛髪処理剤組成物において、酸化染毛剤の適用により染色処理された毛髪の後処理に用いられることを要旨とする。
本発明によれば、起泡性を高め、かつ、毛髪の退色を抑制する効果を高めることの容易な毛髪処理剤組成物を提供することができる。
以下、本発明の毛髪処理剤組成物を具体化した実施形態について詳細に説明する。
本実施形態の毛髪処理剤組成物には、下記一般式(1):
に示される構造を有する(A)第1の両性界面活性剤が含有されている。一般式(1)中、Rは炭素数6〜20のアルキル基、Rはメチル基、エチル基又はヒドロキシエチル基を示し、Rはメチル基、エチル基又は−CHCOOH基を示し、nは1〜3の整数を示す。
毛髪処理剤組成物には、更に脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、N−アシルアミノエチル−N−2−ヒドロキシエチルアミノカルボン酸塩、及びN−アシルアミノエチル−N−カルボキシメトキシエチルアミノカルボン酸塩から選ばれる少なくとも一種の(B)第2の両性界面活性剤と、(C)酸性アミノ酸類とが含有されている。
(A)第1の両性界面活性剤は、染色処理された毛髪の退色を抑制するために含有される。一般式(1)中、Rはヒドロキシエチル基であることが好ましい。第1の両性界面活性剤としては、International Nomenclature Cosmetic Ingredient名(INCI名)において、例えばヒドロキシアルキル(C12−14)ヒドロキシエチルサルコシンとして市販されている。
毛髪処理剤組成物中における第1の両性界面活性剤の含有量は、好ましくは0.01〜30質量%、より好ましくは0.05〜20質量%、さらに好ましくは0.1〜10質量%である。第1の両性界面活性剤の含有量が0.01質量%以上の場合、染色された毛髪の退色を抑制する効果が顕著に得られ易くなる。一方、第1の両性界面活性剤の含有量が30質量%を超える場合、洗浄及び乾燥後の毛髪がべたつくおそれがある。
(B)第2の両性界面活性剤は、毛髪処理剤組成物の起泡性を高める。脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタインとしては、例えばヤシ油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン(コカミドプロピルベタイン)、パーム油脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン(ラウラミドプロピルベタイン)、及びリシノレイン酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタインが挙げられる。脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタインは、塩として配合してもよい。その塩としては、例えばナトリウム塩、カリウム塩、及びトリエタノールアミン塩が挙げられる。
アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインとしては、例えばデシルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ミリスチルジメチルアミノ酢酸ベタイン、セチルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ステアリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、オレイルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ベヘニルジメチルアミノ酢酸ベタイン、及びヤシ油アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインが挙げられる。アルキルジメチルアミノ酢酸ベタインは、塩として配合してもよい。その塩としては、例えばナトリウム塩、カリウム塩、及びトリエタノールアミン塩が挙げられる。
N−アシルアミノエチル−N−2−ヒドロキシエチルアミノカルボン酸塩としては、例えばココアンホ酢酸Na(N−ヤシ油脂肪酸アシル−N’−カルボキシメチル−N’−ヒドロキシエチルエチレンジアミンであり、2−アルキル−N−カルボキシメチル−N−ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインと記載されることもある。)、ココアンホプロピオン酸Na(N−ヤシ油脂肪酸アシル−N’−カルボキシエチル−N’−ヒドロキシエチルエチレンジアミン)、ラウロアンホ酢酸Na(N−ラウロイル−N’−カルボキシメチル−N’−ヒドロキシエチルエチレンジアミン)、オリーブアンホ酢酸Na、カカオ脂アンホ酢酸Na、ゴマアンホ酢酸Na、スイートアーモンドアンホ酢酸Na、ステアロアンホ酢酸塩、パームアンホ酢酸Na、ピーナッツアンホ酢酸Na、ヒマワリ種子アンホ酢酸Na、及び綿実アンホ酢酸Naが挙げられる。
N−アシルアミノエチル−N−カルボキシメトキシエチルアミノカルボン酸塩としては、例えばココアンホジ酢酸Na、ココアンホジプロピオン酸Na、及びラウロアンホジ酢酸Naが挙げられる。
第2の両性界面活性剤は、コカミドプロピルベタイン、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ココアンホ酢酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、ココアンホジ酢酸Na、及びココアンホジプロピオン酸Naから選ばれる少なくとも一種が好ましい。
毛髪処理剤組成物中における第2の両性界面活性剤の含有量は、好ましくは0.01〜30質量%、より好ましくは0.05〜20質量%、さらに好ましくは0.1〜10質量%である。第2の両性界面活性剤の含有量が0.01質量%以上の場合、起泡性を高める効果が顕著に得られ易くなる。一方、第2の両性界面活性剤の含有量が30質量%を超える場合、洗浄及び乾燥後の毛髪がべたつくおそれがある。
(C)酸性アミノ酸類は、染色処理された毛髪の退色を抑制するとともに起泡性を高めるために含有される。酸性アミノ酸類としては、例えばアスパラギン酸、グルタミン酸、4−カルボキシグルタミン酸、S−カルボキシメチルシステイン、システイン酸、タウリン(アミノエチルスルホン酸)、アセチルグルタミン酸、及びピロリドンカルボン酸塩が挙げられる。酸性アミノ酸類は、単独で含有させてもよいし、複数種を組み合わせて含有させてもよい。酸性アミノ酸類のうち、光学異性体を有する酸性アミノ酸類は、L体、D体又はDL体であってもよいし、酸性アミノ酸類は塩として配合されてもよい。酸性アミノ酸類の塩としては、例えば、ナトリウム塩、カリウム塩、トリエタノールアミン塩、亜鉛塩などが挙げられる。酸性アミノ酸類の中でも、タウリン、L−グルタミン酸及びL−アスパラギン酸から選ばれる少なくとも一種が好ましい。
毛髪処理剤組成物中における酸性アミノ酸類の含有量は、好ましくは0.001〜5質量%、より好ましくは0.005〜3質量%である。酸性アミノ酸類の含有量が0.001質量%以上の場合、上記の作用効果を顕著に高めることが容易となる。一方、酸性アミノ酸類の含有量が5質量%を超える場合、毛髪にべとつき感が生じ易くなる傾向にある。
毛髪処理剤組成物には、必要に応じて、例えば水又は低級アルコール、水溶性高分子化合物、油性成分、多価アルコール、界面活性剤、糖、防腐剤、安定剤、pH調整剤、植物・微生物抽出物、タンパク加水分解物、生薬抽出物、ビタミン、香料、酸化防止剤、紫外線吸収剤、キレート剤及び無機塩を含有させてもよい。
水又は低級アルコールは、各成分の溶媒又は分散媒として含有される。水溶性高分子化合物としては、アニオン性高分子化合物、カチオン性高分子化合物、非イオン性高分子化合物、及び両性の天然又は合成高分子化合物が挙げられる。カチオン性高分子化合物としては、例えばポリ塩化ジメチルメチレンピペリジニウム液、ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロリド、ポリクオタニウム−10、及びカチオン化グアーガムが挙げられる。非イオン性の合成高分子化合物として、例えばヒドロキシエチルセルロース、ポリエチレングリコールが挙げられる。両性の合成高分子化合物としては、ポリクオタニウム−22、ポリクオタニウム−39、及びポリクオタニウム−47が挙げられる。
油性成分としては、例えば油脂、ロウ、高級アルコール、炭化水素、高級脂肪酸、アルキルグリセリルエーテル、エステル、及びシリコーンが挙げられる。
油脂としては、例えばラノリン、オリーブ油、ツバキ油、シア脂、アーモンド油、サフラワー油、ヒマワリ油、大豆油、綿実油、ゴマ油、トウモロコシ油、ナタネ油、コメヌカ油、コメ胚芽油、ブドウ種子油、アボカド油、マカデミアナッツ油、ヒマシ油、ヤシ油、及び月見草油が挙げられる。ロウとしては、例えばミツロウ、キャンデリラロウ、カルナウバロウ、ホホバ油、及びラノリンが挙げられる。高級アルコールとしては、例えばセチルアルコール(セタノール)、2−ヘキシルデカノール、ステアリルアルコール、イソステアリルアルコール、セトステアリルアルコール、オレイルアルコール、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、2−オクチルドデカノール、ラウリルアルコール、ミリスチルアルコール、デシルテトラデカノール、及びラノリンアルコールが挙げられる。
炭化水素としては、例えばパラフィン、オレフィンオリゴマー、ポリイソブテン、水添ポリイソブテン、ミネラルオイル、スクワラン、ポリブテン、ポリエチレン、マイクロクリスタリンワックス、及びワセリンが挙げられる。高級脂肪酸としては、例えばラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ベヘニン酸、イソステアリン酸、12−ヒドロキシステアリン酸、オレイン酸、及びラノリン脂肪酸が挙げられる。アルキルグリセリルエーテルとしては、例えばバチルアルコール、キミルアルコール、セラキルアルコール、及びイソステアリルグリセリルエーテルが挙げられる。
エステルとしては、例えばアジピン酸ジイソプロピル、ミリスチン酸イソプロピル、オクタン酸セチル、イソノナン酸イソノニル、ミリスチン酸オクチルドデシル、パルミチン酸イソプロピル、ステアリン酸ステアリル、ミリスチン酸ミリスチル、ミリスチン酸イソトリデシル、パルミチン酸2−エチルへキシル、リシノール酸オクチルドデシル、10〜30の炭素数を有する脂肪酸コレステリル/ラノステリル、乳酸セチル、酢酸ラノリン、ジ−2−エチルヘキサン酸エチレングリコール、ペンタエリスリトール脂肪酸エステル、ジペンタエリスリトール脂肪酸エステル、カプリン酸セチル、トリカプリル酸グリセリル、リンゴ酸ジイソステアリル、コハク酸ジオクチル、及び2−エチルヘキサン酸セチルが挙げられる。
シリコーンとしては、例えばジメチルポリシロキサン(ジメチコン)、メチルフェニルポリシロキサン、デカメチルシクロペンタシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、末端水酸基変性ジメチルポリシロキサン、650〜10,000の平均重合度を有する高重合シリコーン、ポリエーテル変性シリコーン、アミノ変性シリコーン、ベタイン変性シリコーン、アルキル変性シリコーン、アルコキシ変性シリコーン、カルボキシ変性シリコーン、及びフッ素変性シリコーンが挙げられる。
多価アルコールとしては、例えばグリコール、及びグリセリンが挙げられる。グリコールとしては、例えばエチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコール、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、イソプレングリコール、及び1,3−ブチレングリコールが挙げられる。グリセリンとしては、例えばグリセリン、ジグリセリン、及びポリグリセリンが挙げられる。
界面活性剤としては、アニオン性界面活性剤、カチオン性界面活性剤、上記第1及び第2の両性界面活性剤以外の両性界面活性剤、及びノニオン性界面活性剤が挙げられる。
アニオン性界面活性剤としては、例えばアルキルエーテル硫酸塩、アルキル硫酸塩、アルケニルエーテル硫酸塩、アルケニル硫酸塩、オレフィンスルホン酸塩、アルカンスルホン酸塩、飽和又は不飽和脂肪酸塩、アルキル又はアルケニルエーテルカルボン酸塩、α-スルホン脂肪酸塩、ココイルグルタミン酸トリエタノールアミン(ココイルグルタミン酸TEA)等のN−アシルアミノ酸型界面活性剤、リン酸モノ又はジエステル型界面活性剤、及びスルホコハク酸エステルが挙げられる。これらの界面活性剤のアニオン基の対イオンとしては、例えばナトリウムイオン、カリウムイオン、及びトリエタノールアミンが挙げられる。アルキル硫酸塩としては、例えばラウリル硫酸ナトリウムが挙げられる。
カチオン性界面活性剤としては、例えば塩化ラウリルトリメチルアンモニウム、塩化セチルトリメチルアンモニウム(セトリモニウムクロリド)、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム(ステアルトリモニウムクロリド)、塩化ベヘニルトリメチルアンモニウム、塩化ジステアリルジメチルアンモニウム、塩化アルキルトリメチルアルミニウム(ベヘントリモニウムクロリド)、塩化ジステアリルジメチルアンモニウム(ジステアリルジモニウムクロリド)、臭化セチルトリメチルアンモニウム、臭化ステアリルトリメチルアンモニウム、エチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム、ステアリルトリメチルアンモニウムサッカリン、セチルトリメチルアンモニウムサッカリン、塩化メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウム、メチル硫酸ベヘニルトリメチルアンモニウム及びクオタニウム−91が挙げられる。
両性界面活性剤としては、例えばスルホベタイン型両性界面活性剤が挙げられる。
非イオン性界面活性剤としては、例えばエーテル型非イオン性界面活性剤、及びエステル型非イオン性界面活性剤が挙げられる。エーテル型非イオン性界面活性剤としては、例えばポリオキシエチレン(以下、POEという。)セチルエーテル(セテス)、POEステアリルエーテル(ステアレス)、POEベヘニルエーテル、POEオレイルエーテル(オレス)、POEラウリルエーテル(ラウレス)、POEオクチルドデシルエーテル、POEヘキシルデシルエーテル、POEイソステアリルエーテル、POEノニルフェニルエーテル、POEオクチルフェニルエーテル、POEセチルステアリルジエーテル及びPOEラウリン酸モノエタノールアミドが挙げられる。
エステル型非イオン性界面活性剤としては、例えばモノオレイン酸POEソルビタン、モノステアリン酸POEソルビタン、モノパルミチン酸POEソルビタン、モノラウリン酸POEソルビタン、トリオレイン酸POEソルビタン、モノステアリン酸POEグリセリン、モノミリスチン酸POEグリセリン、テトラオレイン酸POEソルビット、ヘキサステアリン酸POEソルビット、モノラウリン酸POEソルビット、POEソルビットミツロウ、モノオレイン酸ポリエチレングリコール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、モノラウリン酸ポリエチレングリコール、ジステアリン酸ポリエチレングリコール、親油型モノオレイン酸グリセリン、親油型モノステアリン酸グリセリン、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、モノオレイン酸ソルビタン、セスキオレイン酸ソルビタン、トリオレイン酸ソルビタン、モノステアリン酸ソルビタン、モノパルミチン酸ソルビタン、モノラウリン酸ソルビタン、ショ糖脂肪酸エステル、モノラウリン酸デカグリセリル(ラウリン酸ポリグリセリル−10)、モノステアリン酸デカグリセリル、モノオレイン酸デカグリセリル、及びモノミリスチン酸デカグリセリルが挙げられる。
糖としては、例えばソルビトール、マルトース及びグリコシルトレハロースが挙げられる。防腐剤としては、例えば安息香酸ナトリウム、メチルパラベン、及びフェノキシエタノールが挙げられる。安定剤としては、例えばフェナセチン、8−ヒドロキシキノリン、アセトアニリド、ピロリン酸ナトリウム、バルビツール酸、尿酸、及びタンニン酸が挙げられる。pH調整剤としては、例えば乳酸、レブリン酸、グリコール酸、酒石酸、リンゴ酸、コハク酸、クエン酸、2−アミノ−2−メチル−1−プロパノール(AMP)、及びトリエタノールアミン(TEA)が挙げられる。植物・微生物抽出物としては、例えば保湿効果を有する加水分解酵母エキスが挙げられる。タンパク加水分解物としては、例えば(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン及びヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解コムギタンパクが挙げられる。酸化防止剤としては、例えばアスコルビン酸及び亜硫酸塩が挙げられる。キレート剤としては、例えばエチレンジアミン四酢酸(EDTA)、ジエチレントリアミン五酢酸及びその塩類、並びにヒドロキシエタンジホスホン酸(HEDP、エチドロン酸)及びその塩類が挙げられる。無機塩としては、例えば塩化ナトリウム、及び炭酸ナトリウムが挙げられる。また「医薬部外品原料規格」(2006年6月発行、薬事日報社)に収載されるものから選ばれる少なくとも一種を含有させてもよい。
毛髪処理剤組成物の剤型は、特に限定されず、例えば水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、及びクリーム状が挙げられる。
本実施形態の毛髪処理剤組成物は、酸化染毛剤により染色処理が施された毛髪に適用することで、その毛髪の退色を抑制する効果を発揮するようになる。
酸化染毛剤は、酸化染料及びアルカリ剤を含有する染毛第1剤と、酸化剤を含有する染毛第2剤とから構成される。酸化染毛剤は、前記各剤を混合調製する常法に従って使用される。
染毛第1剤は、少なくとも酸化染料及びアルカリ剤を含んでいる。酸化染料は、酸化染毛剤の染毛第2剤に含有される酸化剤による酸化重合に起因して発色可能な化合物であり、染料中間体及びカプラーに分類される。酸化染料は、少なくとも染料中間体を含んでいる。
染料中間体としては、例えばフェニレンジアミン類(但し、メタフェニレンジアミンを除く。)、アミノフェノール類(但し、メタアミノフェノール、2,4−ジアミノフェノール及びパラメチルアミノフェノールを除く。)、トルイレンジアミン類(但し、トルエン−3,4−ジアミン及びトルエン−2,4−ジアミンを除く。)、ジフェニルアミン類、ジアミノフェニルアミン類、N−フェニルフェニレンジアミン類、ジアミノピリジン類(但し、2,6−ジアミノピリジンを除く。)、及びそれらの塩類が挙げられる。塩類としては、例えば塩酸塩、硫酸塩、及び酢酸塩等が挙げられる。これらは単独で含有されてもよいし、二種以上が組み合わされて含有されてもよい。
カプラーは、染料中間体と結合することにより発色する。カプラーとしては、例えばレゾルシン、ピロガロール、カテコール、メタアミノフェノール、メタフェニレンジアミン、2,4−ジアミノフェノール、1,2,4−ベンゼントリオール、トルエン−3,4−ジアミン、トルエン−2,4−ジアミン、ハイドロキノン、α−ナフトール、2,6−ジアミノピリジン、1,5−ジヒドロキシナフタレン、5−アミノオルトクレゾール、パラメチルアミノフェノール、2,4−ジアミノフェノキシエタノール、没食子酸、タンニン酸、没食子酸エチル、没食子酸メチル、没食子酸プロピル、五倍子、5−(2−ヒドロキシエチルアミノ)−2−メチルフェノール及びそれらの塩が挙げられる。これらは単独で含有されてもよいし、二種以上が組み合わされて含有されてもよい。
酸化染料は、毛髪の色調を様々に変化させることができることから、好ましくは、染料中間体の前記具体例の中から選ばれる少なくとも一種と、カプラーの前記具体例の中から選ばれる少なくとも一種とから構成される。
酸化染毛剤中における染料中間体の含有量は、好ましくは0.01〜10質量%、より好ましくは0.1〜5質量%である。染料中間体の含有量が0.01質量%未満の場合、十分な染色性が得られないおそれがある。染料中間体の含有量が10質量%を超えても染色性はそれ以上向上しないことから、染毛の経済性が低下するおそれがある。
酸化染毛剤中におけるカプラーの含有量は、好ましくは0.01〜5質量%であり、より好ましくは0.1〜3質量%である。カプラーの含有量が0.01質量%未満の場合、十分な染色性が得られないおそれがある。カプラーの含有量が5質量%を超えても染色性はそれ以上向上しないことから、染毛の経済性が低下するおそれがある。
染毛第1剤は、前記酸化染料以外の染料として、例えば「医薬部外品原料規格」(2006年6月発行、薬事日報社)に収載された酸化染料、及び直接染料から選ばれる少なくとも一種を適宜含有してもよい。
アルカリ剤は、酸化染毛剤の染毛第2剤に含有される酸化剤の作用を促進するとともに、毛髪を膨潤させて毛髪への染料の浸透性を向上させることにより、染色性を向上させる。アルカリ剤としては、例えばアンモニア、アルカノールアミン、有機アミン類、無機アルカリ、塩基性アミノ酸、及びそれらの塩が挙げられる。有機アミン類としては、例えば2−アミノ−2−メチル−1,3−プロパンジオール、及びグアニジンが挙げられる。無機アルカリとしては、例えば水酸化ナトリウム、水酸化カリウム、炭酸ナトリウム、及び炭酸カリウムが挙げられる。塩基性アミノ酸としては、例えばアルギニン、及びリジンが挙げられる。塩としては、例えばアンモニウム塩が挙げられる。これらは単独で含有されてもよいし、二種以上が組み合わされて含有されてもよい。
アルカリ剤の含有量は、好ましくは染毛第1剤のpHが8〜12の範囲となる量である。染毛第1剤のpHが8未満では、染毛第1剤が染毛第2剤と混合されたときに、染毛第2剤に酸化剤としての過酸化水素が含有される場合、過酸化水素の作用が十分に促進されないおそれがある。染毛第1剤のpHが12を超えると、酸化染毛剤が毛髪に塗布されたときに、毛髪に損傷等の不具合が発生しやすい。
染毛第1剤中におけるアルカリ剤の含有量は、好ましくは0.1〜12質量%、より好ましくは0.2〜11質量%、さらに好ましくは0.6〜10質量%、最も好ましくは0.6〜9質量%である。染毛第1剤中におけるアルカリ剤の含有量が0.1質量%未満の場合、十分な均染性が得られないおそれがある。一方、染毛第1剤中におけるアルカリ剤の含有量が12質量%を超える場合、仕上り後の毛髪において良好な感触を得ることが困難となるおそれがある。
染毛第1剤は、所定量の水を含有することにより、染毛第1剤は乳化物、溶液又は分散液として調製される。染毛第1剤中における水の含有量は、好ましくは50〜95質量%であり、さらに好ましくは70〜90質量%である。水の含有量が50質量%未満の場合、乳化物、溶液又は分散液の形態にすることが困難となるおそれがある。水の含有量が95質量%を超える場合、染毛第1剤の均一性及び安定性を確保し難くなるおそれがある。
染毛第1剤は、必要に応じて、例えば油性成分、界面活性剤、水溶性高分子化合物、多価アルコール、糖類、防腐剤、キレート剤、安定剤、pH調整剤、植物・微生物抽出物、生薬抽出物、ビタミン類、香料、及び紫外線吸収剤から選ばれる少なくとも一種を含有してもよい。こうした成分の具体例については、上記毛髪処理剤組成物に例示したものが挙げられる。
染毛第1剤の剤型は、特に限定されず、例えば水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、及びクリーム状が挙げられる。
染毛第2剤は少なくとも酸化剤を含んでいる。酸化剤は、酸化染料を酸化重合させて発色する。酸化剤としては、例えば過酸化水素、過酸化尿素、過酸化メラミン、過炭酸ナトリウム、過炭酸カリウム、過ホウ酸ナトリウム、過ホウ酸カリウム、過酸化ナトリウム、過酸化カリウム、過酸化マグネシウム、過酸化バリウム、過酸化カルシウム、過酸化ストロンチウム、硫酸塩の過酸化水素付加物、リン酸塩の過酸化水素付加物、及び、ピロリン酸塩の過酸化水素付加物が挙げられる。これらは単独で含有されてもよいし、二種以上が組み合わされて含有されてもよい。酸化剤は、好ましくは、毛髪に含まれるメラニンの脱色力に優れることから、過酸化水素から構成される。
染毛第2剤中における酸化剤の含有量は、好ましくは0.1〜10.0質量%、より好ましくは0.5〜8.0質量%である。酸化剤の含有量が0.1質量%未満の場合、酸化染料を十分に酸化重合させることが困難となるおそれがある。酸化剤の含有量が10.0質量%を超える場合、毛髪が損傷しやすくなるおそれがある。
染毛第2剤には、その他の成分として水、上記の油性成分、界面活性剤等を含有させることもできる。また「医薬部外品原料規格」(2006年6月発行、薬事日報社)に収載されるものから選ばれる少なくとも一種を含有させてもよい。
染毛第2剤の剤型は、特に限定されず、例えば水溶液状、分散液状、乳化物状、ゲル状、フォーム状、及びクリーム状が挙げられる。
こうした酸化染毛剤を毛髪に塗布した後、その酸化染毛剤を洗い流すことで毛髪には染色処理が施される。このように酸化染毛剤が適用された毛髪に対して、上記毛髪処理剤組成物を適用することで、染色処理後の毛髪上に残留している染料等を容易に洗い流すことができる。このとき、第1及び第2の両性界面活性剤と酸性アミノ酸類とが含有されていることで起泡性により、毛髪処理剤組成物が毛髪によく馴染むようになる。これにより、毛髪同士の摩擦抵抗が低減される結果、洗浄処理を円滑に行うことができる。また、本実施形態の毛髪処理剤組成物では、きめの細かい泡、すなわち微細な泡が起泡されるようになるため、毛髪処理剤組成物を毛髪全体に馴染ませることが容易となる。
しかも、第1の両性界面活性剤及び酸性アミノ酸類が含有されていることで、毛髪の表面が保護されると推測され、その結果、染料の離脱を抑制する効果が高められる。また、第1及び第2の両性界面活性剤と酸性アミノ酸類とが毛髪に吸着することで、例えば毛髪の乾燥後において、毛髪の指通りが改善される。
毛髪処理剤組成物は、酸化染毛剤を洗い流すことで濡れた状態とされた毛髪に適用されることが好ましい。このように染色処理直後の毛髪に適用されることで、染色処理直後の色調が維持され易くなる。
また、毛髪処理剤組成物を、毛髪の乾燥処理の段階を介して複数回適用することで、退色抑制効果を継続して発揮させることができる。なお、乾燥処理はドライヤーによる乾燥であってもよいし、自然乾燥であってもよい。
以上詳述した本実施形態によれば、次のような効果が発揮される。
(1)第1及び第2の両性界面活性剤を併用することで、起泡性が高まる。このとき、毛髪処理剤組成物には、更に酸性アミノ酸類が含有されているため、起泡性が更に高められるとともに退色抑制効果を高めることができる。従って、起泡性を高め、かつ、毛髪の退色を抑制する効果を高めることの容易な毛髪処理剤組成物を提供することができる。
(2)酸性アミノ酸類が、L−グルタミン酸、L−アスパラギン酸及びタウリンから選ばれる少なくとも一種であることで前記(1)欄に記載の作用効果がより顕著に得られるようになる。
(3)酸化染毛剤を適用した毛髪では、例えば酸性染毛料(ヘアマニキュア)を適用した毛髪よりも、損傷の度合いは高まる傾向にある。そうした毛髪では、第1の両性界面活性剤を適用した場合、更に起泡し難くなるという問題があった。もっとも、第1の両性界面活性剤に、いわゆる起泡助剤を組み合わせることで起泡性を高めることはできるようになるものの、毛髪の洗浄力が高まる結果、染色処理された毛髪の退色を抑制する効果が低下することになる。この点、本実施形態の毛髪処理剤組成物は、酸化染毛剤の適用により染色処理された毛髪の後処理に用いられることで、前記(1)欄に記載の作用効果を十分に生かすことができる。
(4)本実施形態の毛髪処理剤組成物には、第1及び第2の両性界面活性剤と酸性アミノ酸類とが含有されている。このため、きめの細かい泡が起泡されるようになるため、毛髪処理剤組成物を毛髪全体に馴染ませることが容易となる。この結果、毛髪に適用した際の洗い易さを改善することができる。更に、例えば毛髪の乾燥後において、毛髪の指通りを改善することができる。
なお、前記実施形態を次のように変更して構成することもできる。
・前記毛髪処理剤組成物は、酸化染料を含有する酸化染毛剤で染色処理された毛髪に適用されているが、酸性染料を含有する酸性染毛料(ヘアマニキュア)で染色処理された毛髪に適用されてもよい。こうした毛髪に対しても、起泡性を高め、かつ、染色処理された毛髪の退色を抑制する効果を高めることの容易な毛髪処理剤組成物を提供することができる。
・毛髪を乾燥する乾燥処理の段階を介して前記毛髪処理剤組成物を複数回繰り返して実施するに際しては、毛髪処理剤組成物の適用を毎日実施してもよいし、例えば3日、5日、7日毎といった期間をおいて実施してもよい。
・前記毛髪処理剤組成物を、複数の剤に分割して構成するとともに、それら複数の剤を使用時に混合するように構成してもよい。
・前記毛髪処理剤組成物を、複数の剤に分割して構成するとともに、それら複数の剤を順に毛髪に塗布することで、毛髪上で混合されるように構成してもよい。
・前記酸化染毛剤は、染毛第1剤及び染毛第2剤から構成されているが、少なくとも一方の剤を、複数の剤に分割して構成するとともに、それら複数の剤を使用時に混合するように構成してもよい。
次に、上記実施形態から把握できる技術的思想について以下に記載する。
(イ)酸化染毛剤を毛髪に塗布した後にその酸化染毛剤を洗い流す染色処理を施した毛髪を後処理する毛髪処理方法であって、前記酸化染毛剤を洗い流すことで濡れた状態とされた毛髪に、前記毛髪処理剤組成物を適用する毛髪処理方法。
(ロ)前記毛髪処理剤組成物を、毛髪の乾燥処理の段階を介して複数回適用する上記(イ)に記載の毛髪処理方法。
次に、実施例及び比較例を挙げて前記実施形態をさらに具体的に説明する。
(実施例1〜6、比較例1〜4)
表1及び表2に示される各成分を混合することにより、各例のシャンプーを調製した。なお、各表の配合量を示す数値の単位は、質量%であり、その値は各表に記載の成分の純分を示している。
<泡立ち、泡のきめ細かさ及び指通りの各評価>
各評価は、毛髪のダメージが強く、かつ乾燥肌であると感じるパネラー20名を対象として行なった。まず、各例のシャンプーを用いて常法に従って毛髪の洗浄を行った。この洗浄の際に、泡立ち及び泡のきめ細かさの各項目について、良いと判定した人数に基づいて、以下の5段階で評価した。
20〜17名:評価5
16〜13名:評価4
12〜9名:評価3
8〜5名:評価2
4〜0名:評価1
洗浄後、テスト用コンディショナー(セタノール:3質量%、セトリモニウムクロリド:2.5質量%、モノステアリン酸グリセリル:0.2質量%、グリセリン:1質量%、メチルパラベン:0.2質量%、香料:0.2質量%、精製水:残量)を塗布した後、そのコンディショナーを温水で洗い流した。続いて、毛髪をドライヤーで乾燥する乾燥処理を行った。各パネラー20名のうち、乾燥処理直後の毛髪、及び乾燥処理から6時間経過後の毛髪に指を通すことで、いずれの毛髪についても指通りが良いと判定した人数に基づいて上記の5段階で評価した。
各表には、各評価結果を併記している。
<退色抑制効果の評価>
以下の(1)〜(3)に従って退色抑制効果の評価を行った。
(1)試験用毛束サンプルの作製
長さ約20cmの黒髪毛束を準備し、各黒髪毛束を脱色剤(ホーユー株式会社製、(商品名)プロマスターEX LT)で常法により脱色処理した後、試験用シャンプーで洗浄した。試験用シャンプーは、ラウレス硫酸ナトリウムの10質量%水溶液である。次に、パーマネントウェーブ用剤(ホーユー株式会社製、(商品名)ルテアTG)で常法によりパーマ処理し、上記試験用シャンプーで洗浄した後に乾燥させた。続いて、毛束を酸化染毛剤(ホーユー株式会社製、(商品名)プロマスターEX B 7/6)を用いて茶色に染色することで、試験用の毛束サンプルを作製した。ここでの毛束サンプルは濡れた状態とされている。
(2)各例のシャンプーの適用
各例のシャンプーを用いて試験用の毛束サンプルを常法に従って洗浄した。続いて、上記のテスト用コンディショナーを塗布した後に温水で洗い流した。その後、毛束サンプルをドライヤーで乾燥させる乾燥処理を行った。更に、各例のシャンプーの適用から乾燥処理までの工程を9回繰り返すことで、上記試験用毛束サンプルに各例のシャンプーを合計10回適用した。その一方で、各例のシャンプーの適用から乾燥処理までの工程を1回行った毛束サンプルを比較用の毛束サンプルとして準備した。
(3)評価
パネラー20名が各例のシャンプーを10回適用した毛束サンプルの色調について、比較用の毛束トンプルと目視で比較した。パネラー20名のうち、退色抑制効果が発揮されていると判定した人数に基づいて、上述した5段階で評価した。
各表には、各例における退色抑制効果の評価結果を併記している。
表1及び表2に示されるように各実施例の泡立ち(起泡性)及び退色抑制効果は、各比較例よりも優れる結果となった。また、各実施例では、泡のきめ細かさ及び指通りについても、各比較例よりも優れる結果が得られた。
比較例1では、第1の両性界面活性剤が含有されていないため、特に退色抑制効果の結果が各実施例よりも劣っていた。比較例2では、第2の両性界面活性剤が含有されていないため、特に泡立ちの結果が各比較例よりも劣っていた。比較例3では、酸性アミノ酸類が含有されていないため、退色抑制効果について比較例2よりも劣る結果となった。比較例4では、中性アミノ酸であるグリシンを含有させている。この結果から、起泡性を高めるとともに退色抑制効果を発揮させるには、酸性アミノ酸類の含有が有利であることが分かる。

Claims (3)

  1. 下記一般式(1):
    (一般式(1)中、Rは炭素数6〜20のアルキル基、Rはメチル基、エチル基又はヒドロキシエチル基を示し、Rはメチル基、エチル基又は−CHCOOH基を示し、nは1〜3の整数を示す。)に示される構造を有する(A)第1の両性界面活性剤と、
    脂肪酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸ベタイン、アルキルジメチルアミノ酢酸ベタイン、N−アシルアミノエチル−N−2−ヒドロキシエチルアミノカルボン酸塩、及びN−アシルアミノエチル−N−カルボキシメトキシエチルアミノカルボン酸塩から選ばれる少なくとも一種の(B)第2の両性界面活性剤と、(C)L−グルタミン酸、L−アスパラギン酸、及びタウリンから選ばれる少なくとも一種の成分とを含有することを特徴とする毛髪処理剤組成物。
  2. 前記(B)第2の両性界面活性剤が、コカミドプロピルベタイン、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ココアンホ酢酸Na、ココアンホプロピオン酸Na、ココアンホジ酢酸Na、及びココアンホジプロピオン酸Naから選ばれる少なくとも一種であることを特徴とする請求項1に記載の毛髪処理剤組成物。
  3. 酸化染毛剤の適用により染色処理された毛髪の後処理に用いられることを特徴とする請求項1又は請求項に記載の毛髪処理剤組成物。
JP2009141537A 2009-06-12 2009-06-12 毛髪処理剤組成物 Active JP5653007B2 (ja)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009141537A JP5653007B2 (ja) 2009-06-12 2009-06-12 毛髪処理剤組成物
PCT/JP2010/059873 WO2010143695A1 (ja) 2009-06-12 2010-06-10 毛髪処理剤組成物及びそれを用いた毛髪処理方法
KR1020127000553A KR101701231B1 (ko) 2009-06-12 2010-06-10 모발 처리제 조성물 및 이를 이용한 모발 처리 방법
US13/376,510 US8288329B2 (en) 2009-06-12 2010-06-10 Hair-treatment composition and hair-treatment method using same

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009141537A JP5653007B2 (ja) 2009-06-12 2009-06-12 毛髪処理剤組成物

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010285391A JP2010285391A (ja) 2010-12-24
JP5653007B2 true JP5653007B2 (ja) 2015-01-14

Family

ID=43308950

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009141537A Active JP5653007B2 (ja) 2009-06-12 2009-06-12 毛髪処理剤組成物

Country Status (4)

Country Link
US (1) US8288329B2 (ja)
JP (1) JP5653007B2 (ja)
KR (1) KR101701231B1 (ja)
WO (1) WO2010143695A1 (ja)

Families Citing this family (47)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20130216491A1 (en) * 2010-08-31 2013-08-22 Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd. Composition for cleaning scalp and head hair
JP5869269B2 (ja) * 2011-09-16 2016-02-24 東邦化学工業株式会社 洗浄剤組成物
JP2013071924A (ja) * 2011-09-29 2013-04-22 Mikimoto Pharmaceut Co Ltd シャンプー
JP5878726B2 (ja) * 2011-10-14 2016-03-08 東邦化学工業株式会社 洗浄剤組成物
KR101371771B1 (ko) * 2013-08-27 2014-03-07 정석훈 거품식 워터리스 샴푸 조성물
JP6487677B2 (ja) * 2014-11-21 2019-03-20 中野製薬株式会社 毛髪洗浄用化粧料および毛髪処理方法
EP3285723A1 (en) * 2015-04-23 2018-02-28 The Procter and Gamble Company A low viscosity hair care composition
JP7066412B2 (ja) 2015-04-23 2022-05-13 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 界面活性剤可溶性抗ふけ剤の送達
US9949901B2 (en) 2015-04-23 2018-04-24 The Procter & Gamble Company Low viscosity hair care composition
CN107847400A (zh) 2015-05-01 2018-03-27 欧莱雅 活性剂在化学处理中的用途
JP2017019739A (ja) * 2015-07-09 2017-01-26 株式会社ダリヤ 毛髪洗浄料
WO2017091796A1 (en) 2015-11-24 2017-06-01 L'oreal Compositions for treating the hair
BR112018010381B1 (pt) 2015-11-24 2021-08-17 L'oreal Composição para tratamento de cabelo, sistema para tratamento de cabelo, métodos para tratamento de cabelo e para alteração da cor do cabelo, e, kit de multicompartimentos para alteração da cor ou do formato do cabelo
JP6873994B2 (ja) 2015-11-24 2021-05-19 ロレアル 毛髪を処置するための組成物
CA3014923C (en) 2016-03-03 2021-10-19 Sean Michael Renock Aerosol antidandruff composition
WO2017165191A2 (en) 2016-03-23 2017-09-28 The Procter & Gamble Company Imaging method for determining stray fibers
US11154467B2 (en) 2016-10-21 2021-10-26 The Procter And Gamble Plaza Concentrated shampoo dosage of foam designating hair conditioning benefits
WO2018075836A1 (en) 2016-10-21 2018-04-26 The Procter & Gamble Company Concentrated shampoo dosage of foam for providing hair care benefits
WO2018075841A1 (en) 2016-10-21 2018-04-26 The Procter & Gamble Company Concentrated shampoo dosage of foam for providing hair care benefits
MX2019003107A (es) 2016-10-21 2019-09-13 Procter & Gamble Productos de champu compactos y estables con baja viscosidad y agente reductor de viscosidad.
US11141361B2 (en) 2016-10-21 2021-10-12 The Procter And Gamble Plaza Concentrated shampoo dosage of foam designating hair volume benefits
US10441519B2 (en) 2016-10-21 2019-10-15 The Procter And Gamble Company Low viscosity hair care composition comprising a branched anionic/linear anionic surfactant mixture
CN109862944A (zh) 2016-10-21 2019-06-07 宝洁公司 用于以最佳制剂空间递送消费者所需的剂型体积和表面活性剂量的泡沫剂型
WO2018075855A1 (en) 2016-10-21 2018-04-26 The Procter & Gamble Company Dosage of foam for delivering consumer desired dosage volume, surfactant amount, and scalp health agent amount in an optimal formulation space
US11135150B2 (en) 2016-11-21 2021-10-05 L'oreal Compositions and methods for improving the quality of chemically treated hair
WO2018183880A1 (en) * 2017-03-31 2018-10-04 L'oreal Methods for treating hair
US20180280267A1 (en) * 2017-03-31 2018-10-04 L'oreal Kits and methods for treating hair
US9974725B1 (en) 2017-05-24 2018-05-22 L'oreal Methods for treating chemically relaxed hair
US11679073B2 (en) 2017-06-06 2023-06-20 The Procter & Gamble Company Hair compositions providing improved in-use wet feel
US11141370B2 (en) 2017-06-06 2021-10-12 The Procter And Gamble Company Hair compositions comprising a cationic polymer mixture and providing improved in-use wet feel
US11224567B2 (en) 2017-06-06 2022-01-18 The Procter And Gamble Company Hair compositions comprising a cationic polymer/silicone mixture providing improved in-use wet feel
JP2019043886A (ja) * 2017-09-01 2019-03-22 日光ケミカルズ株式会社 退色抑制剤
JP6945746B2 (ja) 2017-10-10 2021-10-06 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニーThe Procter & Gamble Company サルフェートフリーの界面活性剤を含有するコンパクトなシャンプー組成物
JP2020536885A (ja) 2017-10-10 2020-12-17 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニーThe Procter & Gamble Company 無機塩低含有の、サルフェートを含まないパーソナルクレンジング組成物
JP2020536876A (ja) 2017-10-10 2020-12-17 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニーThe Procter & Gamble Company アミノ酸系アニオン性界面活性剤及びカチオン性ポリマーを含むコンパクトシャンプー組成物
CN111201010A (zh) 2017-10-10 2020-05-26 宝洁公司 用呈泡沫形式的个人护理组合物处理毛发或皮肤的方法
WO2019126444A1 (en) 2017-12-20 2019-06-27 The Procter & Gamble Company Clear shampoo composition containing silicone polymers
EP4011355A1 (en) 2017-12-29 2022-06-15 L'oreal Compositions for altering the color of hair
EP3813774A1 (en) 2018-06-29 2021-05-05 The Procter & Gamble Company Low surfactant aerosol antidandruff composition
US11090249B2 (en) 2018-10-31 2021-08-17 L'oreal Hair treatment compositions, methods, and kits for treating hair
JP2020138937A (ja) * 2019-02-28 2020-09-03 ホーユー株式会社 染毛用後処理剤組成物及び染毛用後処理剤組成物の使用方法
US11419809B2 (en) 2019-06-27 2022-08-23 L'oreal Hair treatment compositions and methods for treating hair
JP7350303B2 (ja) 2019-10-09 2023-09-26 株式会社アリミノ 毛髪化粧料、および毛髪処理方法
JP7481470B2 (ja) 2020-02-27 2024-05-10 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー 有効性及び美観が強化された硫黄含有フケ防止組成物
KR102464986B1 (ko) * 2020-06-18 2022-11-15 주식회사 에이치엔씨로직스 젤(gel)형 퍼머액 제조방법 및 그 조성물
CN116568263A (zh) 2020-12-04 2023-08-08 宝洁公司 包含恶臭减少材料的毛发护理组合物
US11771635B2 (en) 2021-05-14 2023-10-03 The Procter & Gamble Company Shampoo composition

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2111950A1 (de) 1971-03-12 1972-11-23 Degussa Verwendung von Salzen bestimmter Hydroxyalkylaminosaeuren als waschaktive Substanzen
JPS4941458Y2 (ja) * 1971-05-12 1974-11-14
JP2003095876A (ja) * 2001-09-25 2003-04-03 Hoyu Co Ltd ヘアトリートメント剤
JP4164419B2 (ja) * 2003-07-25 2008-10-15 川研ファインケミカル株式会社 ヘアカラー染色毛用洗浄剤組成物
JP2005041845A (ja) 2003-07-25 2005-02-17 Kawaken Fine Chem Co Ltd N−(2−ヒドロキシアルキル)−n−アルキルアミノカルボン酸組成物、それを含有する界面活性剤用刺激緩和剤および該組成物の製造方法
JP4829536B2 (ja) 2004-06-08 2011-12-07 川研ファインケミカル株式会社 ベタイン型化合物およびそれを含有する洗浄剤組成物
JP2007302736A (ja) * 2006-05-09 2007-11-22 Kawaken Fine Chem Co Ltd 塩素捕捉剤およびそれを含有する化学剤
JP2008144057A (ja) * 2006-12-11 2008-06-26 Sanyo Chem Ind Ltd 洗浄剤組成物
JP2008266184A (ja) 2007-04-19 2008-11-06 Kawaken Fine Chem Co Ltd 染毛料

Also Published As

Publication number Publication date
US8288329B2 (en) 2012-10-16
KR20120027496A (ko) 2012-03-21
JP2010285391A (ja) 2010-12-24
US20120100091A1 (en) 2012-04-26
WO2010143695A1 (ja) 2010-12-16
KR101701231B1 (ko) 2017-02-01

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5653007B2 (ja) 毛髪処理剤組成物
JP5792926B2 (ja) 毛髪処理方法
JP5341628B2 (ja) 毛髪処理剤組成物
JP5502273B2 (ja) 染毛用又は毛髪脱色用第2剤組成物
JP5507897B2 (ja) 毛髪処理剤組成物
JP2010275280A (ja) 毛髪化粧料組成物
JP5922890B2 (ja) 毛髪化粧料組成物
JP2012017267A (ja) 毛髪処理剤組成物
JP2006316031A (ja) 毛髪処理剤組成物及びその使用方法
JP6052863B2 (ja) 毛髪処理剤組成物
JP5636231B2 (ja) 毛髪処理剤組成物
JP5325412B2 (ja) 毛髪処理剤組成物及びその使用方法
JP6035005B2 (ja) 毛髪処理剤組成物及び毛髪処理方法
JP5988533B2 (ja) 毛髪処理剤組成物及び毛髪処理方法
JP5680264B2 (ja) 脱色又は染毛された毛髪の反応臭抑制方法
WO2016104062A1 (ja) 酸化染毛剤組成物
JP2008169187A (ja) 洗浄剤組成物及び毛髪処理方法
JP6304917B2 (ja) ハリコシ付与剤組成物
JP5666788B2 (ja) 毛髪処理方法及び後処理剤キット
JP5654811B2 (ja) ヘアトリートメント剤
TWI522119B (zh) 毛髮化粧料組成物
JP2019006704A (ja) 毛髪処理剤組成物及び毛髪処理方法
JP2010275277A (ja) 毛髪化粧料組成物

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120511

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140107

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140228

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20141104

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20141118

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5653007

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250