JP2014099652A - 部品供給装置 - Google Patents

部品供給装置 Download PDF

Info

Publication number
JP2014099652A
JP2014099652A JP2014020189A JP2014020189A JP2014099652A JP 2014099652 A JP2014099652 A JP 2014099652A JP 2014020189 A JP2014020189 A JP 2014020189A JP 2014020189 A JP2014020189 A JP 2014020189A JP 2014099652 A JP2014099652 A JP 2014099652A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
wafer
pallet
magazine
component
parts
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2014020189A
Other languages
English (en)
Other versions
JP5769349B2 (ja
Inventor
Noriaki Iwaki
範明 岩城
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fuji Corp
Original Assignee
Fuji Machine Manufacturing Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Machine Manufacturing Co Ltd filed Critical Fuji Machine Manufacturing Co Ltd
Priority to JP2014020189A priority Critical patent/JP5769349B2/ja
Publication of JP2014099652A publication Critical patent/JP2014099652A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP5769349B2 publication Critical patent/JP5769349B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

【課題】ウェハパレットとトレイパレットを混載可能な部品供給装置の動作確認やメンテナンス作業を行いやすくする。
【解決手段】マガジンを上下動可能に収納したマガジン保持部12に、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部31を設け、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者が確認する際に、マガジン保持部12内のマガジンを窓部31よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成する。更に、メンテナンス時にシャトル機構16のシャトルノズル26がマガジン保持部12の作業者側のメンテナンス位置まで移動するように構成する。
【選択図】図3

Description

本発明は、ウェハ部品を載せたウェハパレットと、トレイ部品を載せたトレイパレットとをマガジン内に多段に混載可能な部品供給装置に関する発明である。
近年、特許文献1(特開2007−142452号公報)に記載されているように、ウェハパレット(ウェハ供給用プレート)とトレイパレット(トレイ供給用プレート)とを混載可能なトレイ型の部品供給装置が開発されている。このものは、マガジン内にウェハパレットとトレイパレットとを多段に混載し、マガジンからウェハパレットを引き出す場合は、ウェハパレットを、トレイパレットと同様に、部品装着機の装着ヘッドでウェハ部品をピックアップ可能な位置まで引き出して、当該ウェハパレット上のウェハ部品を部品装着機の装着ヘッドでピックアップするようにしている。
この特許文献1のウェハパレットは、ダイシングされた多数のウェハ部品を貼着した伸縮可能なダイシングシートを、円形の開口部を有するパレット本体に装着したものを使用し、部品装着機の装着ヘッドでウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする場合には、マガジンからウェハパレットを所定のピックアップ位置まで引き出して、そのピックアップ位置で、当該ウェハパレットのパレット本体の開口部を円環状のエキスパンド部材に上方から嵌め込むように下降させて、ダイシングシートをエキスパンド部材で突き上げてエキスパンドすることで、ダイシングシート上の各ウェハ部品間の隙間を拡大してピックアップしやすくするようにしている。
特開2007−142452号公報
ウェハパレットに載せられているウェハ部品は、伸縮可能なダイシングシートに貼着されているため、部品装着機の装着ヘッドでウェハ部品をピックアップする際に、ウェハ部品をダイシングシートから引き剥がす必要がある。このため、ウェハ部品のサイズや粘着状態(粘着力)等によっては、トレイ部品と同等のサイクルタイムで、ウェハ部品を部品装着機の装着ヘッドでピックアップすることが困難な場合があり、これが生産性を低下させる原因となる。
上記目的を達成するために、請求項1に係る発明は、ウェハ部品を載せたウェハパレットと、トレイ部品を載せたトレイパレットとをマガジン内に多段に混載可能な部品供給装置において、ウェハパレット、トレイパレットのいずれかのパレットを前記マガジンから引き出すパレット引き出し機構は、当該パレット上の部品を部品装着機の装着ヘッドでピックアップする位置(以下「部品装着機用引き出し位置」という)と、前記マガジンに近い引き出し位置(以下「サブロボット用引き出し位置」という)とのいずれの位置にもパレットを引き出し可能に構成され、前記サブロボット用引き出し位置に引き出されたパレット上の部品をピックアップするサブロボットと、前記サブロボットでピックアップされた部品を受け取って前記部品装着機の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで移送するシャトル機構と、前記部品装着機に供給する部品の種類に応じてパレットの引き出し位置と部品のピックアップ方法を選択する選択手段と、前記選択手段の選択結果に応じて前記パレット引き出し機構、前記サブロボット及び前記シャトル機構の動作を制御する制御手段とを備え、前記マガジンを上下動可能に収納したマガジン保持部には、ウェハパレット上のウェハ部品を前記サブロボットでピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部が設けられ、ウェハパレット上のウェハ部品を前記サブロボットでピックアップする状態を作業者が確認する際に前記マガジンを前記窓部よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成されていることを特徴とするものである。
この構成によれば、部品装着機に供給する部品の種類に応じて、パレットの引き出し位置を、部品装着機用引き出し位置とサブロボット用引き出し位置との間で切り替える。例えば、部品装着機用引き出し位置に引き出すパレットは、部品装着機の装着ヘッドでピックアップしやすい部品を載せたトレイパレットと、サブロボットとシャトル機構との間でつかみ替えが困難な一部のウェハパレットであり、いずれのパレットでも、部品装着機用引き出し位置に引き出した場合は、部品装着機の装着ヘッドでパレット上の部品を直接ピックアップする。
一方、サブロボット用引き出し位置に引き出すパレットは、主として、ピックアップ動作に時間がかかる一部のウェハパレットであり、サブロボット用引き出し位置では、サブロボットでウェハパレット上のウェハ部品をピックアップしてシャトル機構に受け渡し、これを部品装着機の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで移送する。
サブロボット用引き出し位置では、部品装着機の装着ヘッドの動きとは関係なく、サブロボットでウェハパレット上のウェハ部品を自由にピックアップできるため、部品装着機の装着ヘッドが部品を回路基板に装着する時間を利用して、サブロボットでウェハパレット上のウェハ部品をピックアップすることができ、そのウェハ部品をシャトル機構により部品装着機の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで能率良く移送することができる。これにより、従来機種の装着ヘッドでは、トレイ部品と同等のサイクルタイムでピックアップするのが困難であったウェハ部品であっても、サブロボットを用いることで、トレイ部品と同等のサイクルタイムでシャトル機構からウェハ部品を部品装着機の装着ヘッドでピックアップすることが可能となり、部品装着機に供給する部品の種類に応じて適切なピックアップ方法でパレット上の部品を部品装着機に能率良く供給することができる。
更に、請求項1に係る発明では、マガジンを上下動させるマガジン保持部には、ウェハパレット上のウェハ部品をサブロボットでピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部を設け、ウェハパレット上のウェハ部品を前記サブロボットでピックアップする状態を作業者が確認する際に、前記マガジンを前記窓部よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成したので、ウェハパレット上のウェハ部品をサブロボットでピックアップする状態を作業者側からマガジンの窓部を通して容易に確認することができる。
尚、本発明は、請求項2のように、ウェハ部品を載せたウェハパレットをマガジン内に多段に搭載可能な部品供給装置において、前記ウェハパレットを前記マガジンから引き出すパレット引き出し機構を備え、前記マガジンを上下動可能に収納したマガジン保持部には、前記マガジンから引き出されたウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部が設けられ、ウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする状態を作業者が確認する際に前記マガジンを前記窓部よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成されていることを特徴とするものであっても良い。
ところで、サブロボットから受け取るウェハ部品を吸着保持するためのシャトルノズルをウェハ部品の種類に応じて交換したり、シャトルノズルの吸着能力を低下させないようにシャトルノズルをクリーニングしたり、点検する必要があるが、通常は、作業者側から見てマガジンの裏側にシャトルノズルが位置するため、シャトルノズルの交換、クリーニング、点検等のメンテナンス作業が行いにくい。
そこで、本発明は、請求項3,4のように、メンテナンス時にシャトル機構のシャトルノズルがマガジンの作業者側のメンテナンス位置まで移動するように構成しても良い。このようにすれば、シャトルノズルの交換、クリーニング、点検等のメンテナンス作業を行いやすくなる。
ところで、ウェハパレットは、ダイシングされた多数のウェハ部品を貼着した伸縮可能なダイシングシートを、円形の開口部を有するパレット本体に装着したものであり、ダイシングシート上のウェハ部品をピックアップするには、ダイシングシートをエキスパンド(拡張)することで、ダイシングシート上の各ウェハ部品間の隙間を拡大してピックアップしやすくする必要がある。本発明でも、前述した特許文献1と同様に、マガジンから引き出した位置で、ウェハパレットのダイシングシートをエキスパンド部材で突き上げてエキスパンドするようにしても良いが、エキスパンド動作に要する時間分だけ生産能率が低下したり、エキスパンド機構を搭載する必要があり、構成が複雑化する欠点がある。
そこで、請求項5のように、ウェハパレットは、ダイシングされた多数のウェハ部品を貼着した伸縮可能なダイシングシートを、円形の開口部を有するパレット本体にエキスパンドした状態で装着したものを使用するようにすると良い。このようにすれば、マガジンから引き出した位置で、ウェハパレットのダイシングシートをエキスパンドする必要がなくなり、その分、生産能率を向上できると共に、エキスパンド機構を省略して構成を簡素化することができる。
また、ウェハ部品は、ウェハパレットのダイシングシートを単純に平面方向にエキスパンドしただけでは、ピックアップしにくい。
この対策として、請求項6のように、ウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする際に、ピックアップしようとするウェハ部品をその下方から局所的に突き上げる突き上げユニットを備えた構成とすると良い。このようにすれば、ピックアップしようとするウェハ部品をその下方から突き上げユニットで局所的に突き上げることで、当該ウェハ部品を浮き上がらせてピックアップしやすくすることができ、単純な平面方向のエキスパンドだけではピックアップしにくいウェハ部品でも、容易に且つ確実にピックアップすることができる。この場合、ダイシングシートに貼着したウェハ部品を突き上げユニットで突き上げる動作を高速で行うと、ウェハ部品がはね飛ばされる等の不具合が発生する可能性があるため、突き上げユニットの突き上げ動作は緩やかに行う必要があるが、前述したように、部品装着機の装着ヘッドが部品を回路基板に装着する時間を、突き上げユニットによる突き上げ動作やサブロボットのピックアップ動作の時間として利用できるため、突き上げユニットの突き上げ動作を緩やかに行いながら、ウェハ部品を能率良く部品装着機に供給することができる。
また、ウェハ部品の種類によっては、ウェハパレットのダイシングシートに上下反対に貼着されたウェハ部品(例えばフリップチップ等)がある。
この点を考慮して、請求項7のように、シャトル機構には、サブロボットから受け取るウェハ部品を必要に応じて上下反転させる反転ユニットを備えた構成とすると良い。このようにすれば、ダイシングシートに上下反対に貼着されているウェハ部品の場合は、サブロボットでピックアップしてシャトル機構に受け渡す際に、当該ウェハ部品を反転ユニットにより上下反転させて正常な姿勢に戻した状態でシャトル機構に受け渡すことができ、ウェハパレットのダイシングシートに上下反対に貼着されたウェハ部品(例えばフリップチップ等)にも対応できる。
本発明の一実施例における部品供給装置の外観斜視図である。 突き上げユニット部分の拡大斜視図である。 部品供給装置をセットした部品装着機の外観斜視図である。 ウェハパレット上のウェハ部品をサブロボットでピックアップする状態を作業者側から確認する方法を説明する図である。 メンテナンス時にシャトル機構のシャトルノズルがマガジンの作業者側のメンテナンス位置まで移動した状態を説明する図である。
以下、本発明を実施するための最良の形態を具体化した一実施例を図面を用いて説明する。
図1に示すように、本実施例の部品供給装置11は、マガジン保持部12(トレイタワー)、パレット引き出しテーブル13、パレット引き出し機構14、サブロボット15、シャトル機構16、反転ユニット17、突き上げユニット18(図2参照)、NGコンベア19、ノズルチェンジャー20等を備えた構成となっている。この部品供給装置11は、図3に示すように、部品装着機25のフィーダセット用スロットにパレット引き出しテーブル13を差し込んだ状態にセットされる。
部品供給装置11のマガジン保持部12内に上下動可能に収納されたマガジンには、ウェハ部品21を載せたウェハパレット22と、トレイ部品を載せたトレイパレット(図示せず)とを多段に混載できるようになっている。ウェハパレット22は、ダイシングされた多数のウェハ部品21を貼着した伸縮可能なダイシングシート(図示せず)を、円形の開口部を有するパレット本体23にエキスパンドした状態で装着したものを使用する。尚、ダイシングシートのエキスパンドは、どのような方法で行っても良く、例えば、ダイシングシートを下方から円形リングで押し上げた状態でパレット本体23に装着すれば良い。 パレット引き出し機構14は、ウェハパレット22、トレイパレットのいずれかのパレットをマガジン保持部12内のマガジンからパレット引き出しテーブル13上に引き出すものであり、パレット上の部品を部品装着機25(図3参照)の装着ヘッド(図示せず)でピックアップする位置(以下「部品装着機用引き出し位置」という)と、マガジンに近い引き出し位置(以下「サブロボット用引き出し位置」という)とのいずれの位置にもパレットを引き出し可能に構成されている。部品装着機用引き出し位置は、パレット引き出しテーブル13の前端の位置(マガジンから最も離れた位置)であり、サブロボット用引き出し位置は、サブロボット15の吸着ノズル(図示せず)でウェハパレット22上のウェハ部品21を吸着可能な位置である。
サブロボット15は、マガジン保持部12の背面部(サブロボット用引き出し位置側の面)のうちのパレット引き出しテーブル13の上方に位置して設けられ、XZ方向(パレット引き出しテーブル13の幅方向及び垂直方向)に移動するように構成されている。尚、サブロボット15の移動方向をX方向のみとし、ウェハパレット22に対するサブロボット15のY方向(パレット引き出し方向)の相対的位置は、パレット引き出し機構14によってウェハパレット22をY方向に徐々に引き出すことで制御している。このサブロボット15には、1本又は複数本の吸着ノズル(図示せず)が下向きに設けられ、ピックアップする部品のサイズ等に応じてノズルチェンジャー20で吸着ノズルを交換できるようになっている。サブロボット15には、カメラユニット24が設けられ、このカメラユニット24の撮像画像に基づいて、ピックアップ対象となるウェハ部品21の位置又はウェハ部品21の吸着姿勢を確認できるようになっている。
シャトル機構16は、サブロボット15の吸着ノズルでピックアップされた部品をシャトルノズル26で受け取って部品装着機25の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで移送する。
反転ユニット17は、サブロボット15から受け取るウェハ部品21を必要に応じて上下反転させるものである。ウェハ部品21の種類によっては、ウェハパレット22のダイシングシートに上下反対に貼着されたウェハ部品(例えばフリップチップ等)が存在するためである。
突き上げユニット18(図2参照)は、パレット引き出しテーブル13に設けられて、ウェハパレット22下方の空間領域をXY方向(パレット引き出しテーブル13の幅方向及びその直角方向)に移動可能に構成されている。そして、部品装着機用引き出し位置とサブロボット用引き出し位置のいずれの位置にウェハパレット22を引き出した場合でも、ピックアップしようとするウェハ部品21をその下方から突き上げヘッド27で局所的に突き上げることで、当該ウェハ部品21をピックアップしやすい状態に浮き上がらせるようにしている。突き上げユニット18は、ウェハ部品21のサイズ等に応じて突き上げヘッド27を選択できるようにするために、複数種類(例えば4種類)の突き上げヘッド27が所定角度ピッチで放射状に設けられ、突き上げ動作させる突き上げヘッド27が上向きとなる位置まで回転させるように構成されている。尚、NGコンベア19は、不良部品や吸着不良のウェハ部品21を排出するコンベアである。
図3及び図4に示すように、マガジン保持部12には、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部31が設けられ、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者が確認する際に、マガジン保持部12内のパレットを窓部31よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択できるように構成されている。更に、確認モードでは、サブロボット15がウェハパレット22上のウェハ部品21をピックアップした状態で、サブロボット15を停止できるようになっている。
また、図5に示すように、メンテナンス時にシャトル機構16のシャトルノズル26がマガジン保持部12の作業者側のメンテナンス位置まで移動するように構成されている。
以上のように構成した部品供給装置11の制御装置32は、キーボード、マウス等の入力装置33、液晶ディスプレイ等の表示装置34等の周辺装置を備えたコンピュータにより構成され、部品装着機25に供給する部品の種類に応じてパレットの引き出し位置と部品のピックアップ方法を選択する選択手段として機能すると共に、その選択結果に応じてパレット引き出し機構14、サブロボット15及びシャトル機構16、反転ユニット17、突き上げユニット18等の動作を制御する制御手段として機能する。
具体的には、部品供給装置11の制御装置32は、部品装着機25に供給する部品の種類に応じて、例えば次のように制御する。
(1)小チップのウェハ部品21の場合
小チップのウェハ部品21の場合は、サブロボット15→シャトルノズル26→部品装着機25の装着ヘッドへのウェハ部品21のつかみ替えが困難であるので、マガジン保持部12からウェハパレット22を部品装着機用引き出し位置に引き出して、当該ウェハパレット22上のウェハ部品21を部品装着機25の装着ヘッドで直接ピックアップする。
(2)上記以外のサイズのウェハ部品21の場合
ウェハ部品21のつかみ替えが可能なサイズのウェハ部品21の場合は、実装時間を短縮することを目的として、マガジン保持部12内のマガジンからウェハパレット22をサブロボット用引き出し位置に引き出して、サブロボット15で当該ウェハパレット22上の複数のウェハ部品21をピックアップし、当該複数のウェハ部品21をシャトル機構16のシャトルノズル26で受け取って所定のピックアップ位置まで移送し、このピックアップ位置で、シャトル機構16のシャトルノズル26からウェハ部品21を部品装着機25の装着ヘッドでピックアップする。
(3)トレイ部品の場合
トレイ部品の場合は、マガジン保持部12内のマガジンからトレイパレットを部品装着機用引き出し位置に引き出して、当該トレイパレット上のトレイ部品を部品装着機25の装着ヘッドで直接ピックアップする。
尚、トレイ部品の種類によっては、上記(2)の場合と同様に、マガジンからトレイパレットをサブロボット用引き出し位置に引き出して、サブロボット15で当該トレイパレット上の複数のトレイ部品をピックアップして、当該複数のトレイ部品をシャトル機構16のシャトルノズル26で受け取って所定のピックアップ位置まで移送し、このピックアップ位置で、シャトル機構16のシャトルノズル26からトレイ部品を部品装着機25の装着ヘッドでピックアップするようにしても良い。
このような部品装着機25に供給する部品の種類に応じてパレットの引き出し位置と部品のピックアップ方法を選択する際に、生産管理プログラムで使用する部品データに基づいてパレットの引き出し位置と部品のピックアップ方法を制御装置32によって自動的に選択するようにしても良いし、作業者が制御装置32のキーボード、マウス等の表示装置33を操作して、手動で選択するようにしても良い。
以上説明した本実施例によれば、部品装着機25に供給する部品の種類に応じて、パレットの引き出し位置を、部品装着機用引き出し位置とサブロボット用引き出し位置との間で切り替えるようにしている。この場合、サブロボット用引き出し位置では、部品装着機25の装着ヘッドの動きとは関係なく、サブロボット15でウェハパレット22上のウェハ部品21を自由にピックアップできるため、部品装着機25の装着ヘッドが部品21を回路基板に装着する時間を利用して、サブロボット15でウェハパレット22上のウェハ部品21をピックアップすることができ、そのウェハ部品21をシャトル機構16により所定のピックアップ位置まで能率良く移送することができる。その場合、サブロボット15に設けられた複数の吸着ノズルを使用して、部品装着機25の装着ヘッドが部品をピックアップする数に応じて、ウェハ部品21を移送するようにすると良い。これにより、従来機種の装着ヘッドでは、トレイ部品と同等のサイクルタイムでピックアップするのが困難であったウェハ部品21であっても、サブロボット15を用いることで、トレイ部品と同等のサイクルタイムで部品装着機25の装着ヘッドでピックアップすることが可能となり、部品装着機25に供給する部品の種類に応じて適切なピックアップ方法でパレット上の部品を部品装着機25に能率良く供給することができる。
ところで、ウェハパレット22のダイシングシート上のウェハ部品21をピックアップするには、ダイシングシートをエキスパンドすることで、ダイシングシート上の各ウェハ部品21間の隙間を拡大してピックアップしやすくする必要がある。本発明でも、従来と同様に、マガジン保持部12内のマガジンから引き出した位置で、ウェハパレット22のダイシングシートをエキスパンド部材で突き上げてエキスパンドするようにしても良いが、エキスパンド動作に要する時間分だけ生産能率が低下したり、エキスパンド機構を搭載する必要があり、構成が複雑化する欠点がある。
そこで、本実施例では、ウェハパレット22は、ダイシングされた多数のウェハ部品21を貼着した伸縮可能なダイシングシートを、円形の開口部を有するパレット本体23にエキスパンドした状態で装着したものを使用するようにしたので、マガジンから引き出した位置で、ウェハパレット22のダイシングシートをエキスパンドする必要がなくなり、その分、生産能率を向上できると共に、エキスパンド機構を省略して構成を簡素化することができる。
また、ウェハ部品21は、ウェハパレット22のダイシングシートを単純に平面方向にエキスパンドしただけでは、ピックアップしにくい。
この対策として、本実施例では、サブロボット用引き出し位置又は部品装着機用引き出し位置に引き出されたウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15又は部品装着機25の装着ヘッドでピックアップする際に、ピックアップしようとするウェハ部品21をその下方から局所的に突き上げる突き上げユニット18を設けた構成としたので、ピックアップしようとするウェハ部品21をその下方から突き上げユニット18で局所的に突き上げることで、当該ウェハ部品21を浮き上がらせてピックアップしやすくすることができ、単純な平面方向のエキスパンドだけではピックアップしにくいウェハ部品21でも、容易に且つ確実にピックアップすることができる。この場合、ダイシングシートに貼着したウェハ部品21を突き上げユニット18で突き上げる動作を高速で行うと、ウェハ部品21がはね飛ばされる等の不具合が発生するため、突き上げ動作は緩やかに行う必要があるが、前述したように、部品装着機25の装着ヘッドが部品を回路基板に装着する時間を、突き上げユニット18の突き上げ動作やサブロボット15のピックアップ動作の時間として利用できるため、ウェハ部品21を能率良く部品装着機25に供給することができる。
また、ウェハ部品21の種類によっては、ウェハパレット22のダイシングシートに上下反対に貼着されたウェハ部品(例えばフリップチップ等)が存在する。
この点を考慮して、本実施例では、シャトル機構16に、サブロボット15から受け取るウェハ部品21を必要に応じて上下反転させる反転ユニット17を設けた構成としたので、ダイシングシートに上下反対に貼着されているウェハ部品21の場合は、サブロボット15でピックアップしてシャトル機構16に受け渡す際に、当該ウェハ部品21を反転ユニット17により上下反転させて正常な姿勢に戻した状態でシャトル機構16に受け渡すことができ、ウェハパレット22のダイシングシートに上下反対に貼着されたウェハ部品(例えばフリップチップ等)にも対応できる。
また、本実施例では、マガジンを上下動可能に収納したマガジン保持部12に、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部31を設け、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者が確認する際に、マガジン保持部12内のマガジンを窓部31よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成したので、ウェハパレット22上のウェハ部品21をサブロボット15でピックアップする状態を作業者側からマガジン保持部12の窓部31を通して容易に確認することができる。
ところで、サブロボット15から受け取るウェハ部品21を吸着保持するためのシャトルノズル26をウェハ部品21の種類に応じて交換したり、シャトルノズル26の吸着能力を低下させないようにシャトルノズル26をクリーニングしたり、点検する必要があるが、通常は、作業者側から見てマガジン保持部12の裏側にシャトルノズル26が位置するため、シャトルノズル26の交換、クリーニング、点検等のメンテナンス作業が行いにくい。
そこで、本実施例では、メンテナンス時にシャトル機構16のシャトルノズル26がマガジン保持部12の作業者側のメンテナンス位置まで移動するように構成したので、シャトルノズル26の交換、クリーニング、点検等のメンテナンス作業を行いやすくなるという利点がある。
尚、本発明は、上記実施例に限定されず、例えば、サブロボット用引き出し位置と部品装着機用引き出し位置にそれぞれパレットを引き出して、パレット引き出しテーブル13上の2つのパレットに対して、2つのピックアップ方法を並行して又は交互に実行するようにしても良い。
11…部品供給装置、12…マガジン保持部、13…パレット引き出しテーブル、14…パレット引き出し機構、15…サブロボット、16…シャトル機構、17…反転ユニット、18…突き上げユニット、19…NGコンベア、20…ノズルチェンジャー、21…ウェハ部品、22…ウェハパレット、23…パレット本体、24…カメラユニット、25…部品装着機、26…シャトルノズル、27…突き上げヘッド、31…窓部、32…制御装置(制御手段,選択手段)、33…入力装置、34…表示装置

Claims (7)

  1. ウェハ部品を載せたウェハパレットと、トレイ部品を載せたトレイパレットとをマガジン内に多段に混載可能な部品供給装置において、
    ウェハパレット、トレイパレットのいずれかのパレットを前記マガジンから引き出すパレット引き出し機構は、当該パレット上の部品を部品装着機の装着ヘッドでピックアップする位置と、前記マガジンに近い引き出し位置(以下「サブロボット用引き出し位置」という)とのいずれの位置にもパレットを引き出し可能に構成され、
    前記サブロボット用引き出し位置に引き出されたパレット上の部品をピックアップするサブロボットと、
    前記サブロボットでピックアップされた部品を受け取って前記部品装着機の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで移送するシャトル機構と、
    前記部品装着機に供給する部品の種類に応じてパレットの引き出し位置と部品のピックアップ方法を選択する選択手段と、
    前記選択手段の選択結果に応じて前記パレット引き出し機構、前記サブロボット及び前記シャトル機構の動作を制御する制御手段と
    を備え、
    前記マガジンを上下動可能に収納したマガジン保持部には、ウェハパレット上のウェハ部品を前記サブロボットでピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部が設けられ、ウェハパレット上のウェハ部品を前記サブロボットでピックアップする状態を作業者が確認する際に前記マガジンを前記窓部よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成されていることを特徴とする部品供給装置。
  2. ウェハ部品を載せたウェハパレットをマガジン内に多段に搭載可能な部品供給装置において、
    前記ウェハパレットを前記マガジンから引き出すパレット引き出し機構を備え、
    前記マガジンを上下動可能に収納したマガジン保持部には、前記マガジンから引き出されたウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする状態を作業者側から確認するための窓部が設けられ、ウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする状態を作業者が確認する際に前記マガジンを前記窓部よりも下方へ退避させる確認モードの運転を選択可能に構成されていることを特徴とする部品供給装置。
  3. ウェハ部品を載せたウェハパレットと、トレイ部品を載せたトレイパレットとをマガジン内に多段に混載可能な部品供給装置において、
    ウェハパレット、トレイパレットのいずれかのパレットを前記マガジンから引き出すパレット引き出し機構は、当該パレット上の部品を部品装着機の装着ヘッドでピックアップする位置と、前記マガジンに近い引き出し位置(以下「サブロボット用引き出し位置」という)とのいずれの位置にもパレットを引き出し可能に構成され、
    前記サブロボット用引き出し位置に引き出されたパレット上の部品をピックアップするサブロボットと、
    前記サブロボットでピックアップされた部品を受け取って前記部品装着機の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで移送するシャトル機構と、
    前記部品装着機に供給する部品の種類に応じてパレットの引き出し位置と部品のピックアップ方法を選択する選択手段と、
    前記選択手段の選択結果に応じて前記パレット引き出し機構、前記サブロボット及び前記シャトル機構の動作を制御する制御手段と
    を備え、
    メンテナンス時に前記サブロボットから受け取る部品を吸着保持するための前記シャトル機構のシャトルノズルが前記マガジンの作業者側のメンテナンス位置まで移動するように構成されていることを特徴とする部品供給装置。
  4. ウェハ部品を載せたウェハパレットをマガジン内に多段に搭載可能な部品供給装置において、
    前記ウェハパレットを前記マガジンから引き出すパレット引き出し機構と、
    前記マガジンから引き出されたパレット上の部品をピックアップするサブロボットと、 前記サブロボットでピックアップされた部品を受け取って前記部品装着機の装着ヘッドでピックアップ可能な位置まで移送するシャトル機構と、
    前記パレット引き出し機構、前記サブロボット及び前記シャトル機構の動作を制御する制御手段と
    を備え、
    メンテナンス時に前記サブロボットから受け取る部品を吸着保持するための前記シャトル機構のシャトルノズルが前記マガジンの作業者側のメンテナンス位置まで移動するように構成されていることを特徴とする部品供給装置。
  5. 前記ウェハパレットは、ダイシングされた多数のウェハ部品を貼着した伸縮可能なダイシングシートを、円形の開口部を有するパレット本体にエキスパンドした状態で装着したものを使用することを特徴とする請求項1乃至4のいずれかに記載の部品供給装置。
  6. 前記ウェハパレット上のウェハ部品をピックアップする際にピックアップしようとするウェハ部品をその下方から局所的に突き上げる突き上げユニットを備えていることを特徴とする請求項1乃至5のいずれかに記載の部品供給装置。
  7. 前記シャトル機構には、前記サブロボットから受け取るウェハ部品を必要に応じて上下反転させる反転ユニットを備えていることを特徴とする請求項1,3,4のいずれかに記載の部品供給装置。
JP2014020189A 2014-02-05 2014-02-05 部品供給装置 Active JP5769349B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014020189A JP5769349B2 (ja) 2014-02-05 2014-02-05 部品供給装置

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014020189A JP5769349B2 (ja) 2014-02-05 2014-02-05 部品供給装置

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008306094A Division JP2010129949A (ja) 2008-12-01 2008-12-01 部品供給装置

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014099652A true JP2014099652A (ja) 2014-05-29
JP5769349B2 JP5769349B2 (ja) 2015-08-26

Family

ID=50941358

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014020189A Active JP5769349B2 (ja) 2014-02-05 2014-02-05 部品供給装置

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5769349B2 (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109152327A (zh) * 2017-06-16 2019-01-04 松下知识产权经营株式会社 设备要素保养管理系统以及设备要素保养管理方法
CN110176416A (zh) * 2019-05-08 2019-08-27 深圳市中科智诚科技有限公司 一种具有除尘功能的高效型芯片拾取设备
CN110491822A (zh) * 2019-08-05 2019-11-22 深圳市律远汇智科技有限公司 一种具有自动维护功能的芯片拾取装置

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09190988A (ja) * 1996-01-11 1997-07-22 Toshiba Mechatronics Kk シートの引き伸し装置
JPH118494A (ja) * 1997-06-17 1999-01-12 Sanyo Electric Co Ltd 電子部品装着装置における部品供給装置
JP2001180072A (ja) * 1999-12-27 2001-07-03 Ricoh Co Ltd 記録装置
JP2001320195A (ja) * 2000-05-09 2001-11-16 Yamaha Motor Co Ltd 複合実装機
JP2005166878A (ja) * 2003-12-02 2005-06-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電子部品実装装置およびトレイフィーダ
JP2005327971A (ja) * 2004-05-17 2005-11-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd 部品供給ヘッド装置、部品供給装置、及び部品実装装置
JP2007324623A (ja) * 2007-08-20 2007-12-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電子部品実装方法

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH09190988A (ja) * 1996-01-11 1997-07-22 Toshiba Mechatronics Kk シートの引き伸し装置
JPH118494A (ja) * 1997-06-17 1999-01-12 Sanyo Electric Co Ltd 電子部品装着装置における部品供給装置
JP2001180072A (ja) * 1999-12-27 2001-07-03 Ricoh Co Ltd 記録装置
JP2001320195A (ja) * 2000-05-09 2001-11-16 Yamaha Motor Co Ltd 複合実装機
JP2005166878A (ja) * 2003-12-02 2005-06-23 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電子部品実装装置およびトレイフィーダ
JP2005327971A (ja) * 2004-05-17 2005-11-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd 部品供給ヘッド装置、部品供給装置、及び部品実装装置
JP2007324623A (ja) * 2007-08-20 2007-12-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd 電子部品実装方法

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109152327A (zh) * 2017-06-16 2019-01-04 松下知识产权经营株式会社 设备要素保养管理系统以及设备要素保养管理方法
CN110176416A (zh) * 2019-05-08 2019-08-27 深圳市中科智诚科技有限公司 一种具有除尘功能的高效型芯片拾取设备
CN110491822A (zh) * 2019-08-05 2019-11-22 深圳市律远汇智科技有限公司 一种具有自动维护功能的芯片拾取装置

Also Published As

Publication number Publication date
JP5769349B2 (ja) 2015-08-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2010129949A (ja) 部品供給装置
JP5669137B2 (ja) ダイピックアップ装置
JP6086763B2 (ja) コレットクリーニング方法及びそれを用いたダイボンダ
JP5769349B2 (ja) 部品供給装置
JP2008258524A (ja) チップ実装装置およびチップ実装装置における剥離促進ヘッドの交換方法
JP6355717B2 (ja) ダイ実装システム及びダイ実装方法
JP5174432B2 (ja) 部品供給装置
JP5800383B2 (ja) 部品実装機
JP2012174742A (ja) ダイピックアップ装置
JP5686469B2 (ja) ダイ供給装置
JP5980933B2 (ja) 部品実装機の制御システム及び制御方法
JP6108415B2 (ja) ダイ供給装置
JP6093125B2 (ja) ウェハカート及び電子部品装着装置
JP2017224640A (ja) 半導体製造装置および半導体装置の製造方法
WO2014118929A1 (ja) ダイ供給装置
JP5682958B2 (ja) 部品実装機
JP5652868B2 (ja) ウエハパレット及び部品実装機並びにダイシングシートの取付方法
JP5627362B2 (ja) ダイ供給装置
JP2012099680A (ja) ダイ供給装置
JP6967093B2 (ja) 装着作業機および、清掃方法
JP7035273B2 (ja) 電子部品剥離装置及び電子部品の剥離方法
JP5777202B2 (ja) ダイピックアップ装置
JP6000322B2 (ja) ダイ供給装置
JP6329622B2 (ja) ダイ実装システム及びダイ実装方法
JP5773490B2 (ja) ダイ突き上げ動作管理システム

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20141112

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20141118

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20141226

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150622

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150622

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5769349

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250