JP2007172172A - ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム - Google Patents

ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム Download PDF

Info

Publication number
JP2007172172A
JP2007172172A JP2005366981A JP2005366981A JP2007172172A JP 2007172172 A JP2007172172 A JP 2007172172A JP 2005366981 A JP2005366981 A JP 2005366981A JP 2005366981 A JP2005366981 A JP 2005366981A JP 2007172172 A JP2007172172 A JP 2007172172A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
fiber channel
communication
channel switch
master
slave
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2005366981A
Other languages
English (en)
Other versions
JP4511455B2 (ja
Inventor
Jun Takeuchi
順 竹内
Toshitaka Yanagisawa
敏孝 柳沢
Tetsuya Kinoshita
徹哉 木下
Takashi Murayama
孝 村山
Toshiaki Takeuchi
利明 竹内
Atsushi Shinohara
敦史 篠原
Yusuke Kurasawa
祐輔 倉澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Fujitsu Ltd
Original Assignee
Fujitsu Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ltd filed Critical Fujitsu Ltd
Priority to JP2005366981A priority Critical patent/JP4511455B2/ja
Publication of JP2007172172A publication Critical patent/JP2007172172A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4511455B2 publication Critical patent/JP4511455B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/06Digital input from or digital output to record carriers, e.g. RAID, emulated record carriers, networked record carriers
    • G06F3/0601Interfaces specially adapted for storage systems
    • G06F3/0628Interfaces specially adapted for storage systems making use of a particular technique
    • G06F3/0662Virtualisation aspects
    • G06F3/0664Virtualisation aspects at device level, e.g. emulation of a storage device or system
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/06Digital input from or digital output to record carriers, e.g. RAID, emulated record carriers, networked record carriers
    • G06F3/0601Interfaces specially adapted for storage systems
    • G06F3/0602Interfaces specially adapted for storage systems specifically adapted to achieve a particular effect
    • G06F3/0614Improving the reliability of storage systems
    • G06F3/0617Improving the reliability of storage systems in relation to availability
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/06Digital input from or digital output to record carriers, e.g. RAID, emulated record carriers, networked record carriers
    • G06F3/0601Interfaces specially adapted for storage systems
    • G06F3/0602Interfaces specially adapted for storage systems specifically adapted to achieve a particular effect
    • G06F3/062Securing storage systems
    • G06F3/0622Securing storage systems in relation to access
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/06Digital input from or digital output to record carriers, e.g. RAID, emulated record carriers, networked record carriers
    • G06F3/0601Interfaces specially adapted for storage systems
    • G06F3/0628Interfaces specially adapted for storage systems making use of a particular technique
    • G06F3/0629Configuration or reconfiguration of storage systems
    • G06F3/0637Permissions
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F3/00Input arrangements for transferring data to be processed into a form capable of being handled by the computer; Output arrangements for transferring data from processing unit to output unit, e.g. interface arrangements
    • G06F3/06Digital input from or digital output to record carriers, e.g. RAID, emulated record carriers, networked record carriers
    • G06F3/0601Interfaces specially adapted for storage systems
    • G06F3/0668Interfaces specially adapted for storage systems adopting a particular infrastructure
    • G06F3/067Distributed or networked storage systems, e.g. storage area networks [SAN], network attached storage [NAS]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L49/00Packet switching elements
    • H04L49/35Application specific switches
    • H04L49/356Storage area network switches
    • H04L49/357Fibre channel switches
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L49/00Packet switching elements
    • H04L49/55Error prevention, detection or correction
    • H04L49/557Error correction, e.g. fault recovery or fault tolerance
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F11/00Error detection; Error correction; Monitoring
    • G06F11/07Responding to the occurrence of a fault, e.g. fault tolerance
    • G06F11/16Error detection or correction of the data by redundancy in hardware
    • G06F11/20Error detection or correction of the data by redundancy in hardware using active fault-masking, e.g. by switching out faulty elements or by switching in spare elements
    • G06F11/2002Error detection or correction of the data by redundancy in hardware using active fault-masking, e.g. by switching out faulty elements or by switching in spare elements where interconnections or communication control functionality are redundant
    • G06F11/2007Error detection or correction of the data by redundancy in hardware using active fault-masking, e.g. by switching out faulty elements or by switching in spare elements where interconnections or communication control functionality are redundant using redundant communication media
    • G06F11/201Error detection or correction of the data by redundancy in hardware using active fault-masking, e.g. by switching out faulty elements or by switching in spare elements where interconnections or communication control functionality are redundant using redundant communication media between storage system components

Abstract

【課題】 通信手段による、リザーブを調整するための通信ができなくなった場合でも、データ破壊などの不具合の生じることのないファイバーチャネルスイッチを提供する。
【解決手段】 マルチノードに設けられた他のファイバーチャネルスイッチVbとの間で、物理ストレージ装置X,Yに対するアクセスのリザーブ状態を調整するべく、通信手段13a,13bを介して通信するアクセス調整手段32aと、他のファイバーチャネルスイッチVbとの間で、互いの主従関係を設定可能な主従設定手段30と、通信手段13a,13bを介した通信ができなくなったとき、主従設定手段30により当該ファイバーチャネルスイッチVaが従と設定されていた場合には、当該ファイバーチャネルスイッチVaを介したホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞する閉塞制御手段24とを備える。
【選択図】 図2

Description

本発明は、ホストコンピュータ、および、単数または複数の物理ストレージ装置のそれぞれに、ファイバーチャネルにより接続可能な複数のファイバーチャネル接続端子と、前記単数または複数の物理ストレージ装置の記憶領域の一部または全部を組み合わせた記憶領域を、仮想的なストレージ装置として前記ホストコンピュータに認識させるストレージ仮想化手段とを備えたファイバーチャネルスイッチ、およびそれを用いたコンピュータシステムに関する。
特に複数のストレージ装置を使用するコンピュータシステムにおいて、複数の物理ストレージ装置の記憶領域を組み合わせた記憶領域を、仮想的なストレージ装置としてホストコンピュータに認識させるストレージの仮想化が提案されている。
例えば、特許文献1において、図3に示すように、複数のホストコンピュータ(ノード装置)1,1・・および複数の物理ストレージ装置2,2・・を、ファイバーチャネルスイッチ(ネットワークスイッチ)3を介してファイバーチャネルにより接続するとともに、ファイバーチャネルスイッチ3のネットワークプロセッサ31により、複数の物理ストレージ装置2,2・・の記憶領域の一部または全部を組み合わせて仮想的なストレージ装置(仮想共有ディスク)5として構成し、その仮想的なストレージ装置5をホストコンピュータ1,1・・にアクセス可能に提供するコンピュータシステムが開示されている。
このようなファイバーチャネルスイッチによるストレージの仮想化によれば、ユーザーは、ホストコンピュータの用途に適した仮想的なストレージ装置を自由に構築でき、ホストコンピュータは、その仮想的なストレージ装置にアクセスすることで、物理ストレージ装置のそれぞれの記憶容量や接続形態等を意識することなく、物理ストレージ装置を使用することができるという効果がある。
さらに、ファイバーチャネルスイッチを用いたストレージの仮想化において、複数のファイバーチャネルスイッチを多重化して冗長経路を設けることで、信頼性を高める構成(マルチノード)が提案されている。
複数のファイバーチャネルスイッチを多重化して冗長経路を設けた構成(マルチノード)のコンピュータシステムの従来例の説明図を、図4に示す。
図4において、複数のホストコンピュータ11a,11b、および、複数の物理ストレージ装置X,Yから成るRAIDストレージ装置14のそれぞれは、二つのファイバーチャネルスイッチ10a,10bに、そのファイバーチャネル接続端子12a〜12jを介して、ファイバーチャネル(FC)により接続される。
そして、各ファイバーチャネルスイッチ10a,10bは、それぞれ同構成の仮想的なストレージ装置A,Bを、ホストコンピュータ11a,11bに認識させる。すなわち、ホストコンピュータ11a,11bは、二つのファイバーチャネルスイッチ10a,10bのいずれを介しても、仮想的なストレージ装置A,Bに対して同様にアクセスすることができる。このように、複数のファイバーチャネルスイッチを多重化して冗長経路を設けた構成を、本願においてはマルチノードと呼ぶ。
このマルチノードによる冗長なシステム構成を採用することによれば、例えば一方のファイバーチャネルスイッチ10a,10bが故障するなどの問題が生じてもシステム運用を継続することができる等、よりシステムの耐障害性を高くすることができる。
図4の例においては、各ファイバーチャネルスイッチ10a,10bは、物理ストレージ装置Xの一部(図4における上側)a1と、物理ストレージ装置Yの一部(図4における上側)a2とを組み合わせて、仮想的なストレージ装置Aを構成し、また、物理ストレージ装置Yの一部(図4における下側)b1と、物理ストレージ装置Xの一部(図4における下側)b2とを組み合わせて、仮想的なストレージ装置Bを構成し、その仮想的なストレージ装置A,Bを、接続された各ホストコンピュータ11a,11bにアクセス可能に提供している。
なお、ファイバーチャネルスイッチ10a,10bによる仮想的なストレージ装置の構成は、この例に限定されず、接続された多数の物理ストレージ装置の記憶領域の全部または一部を、自由に組み合わせて、仮想的なストレージ装置を構成することができる。
さて、このように、ストレージ装置の仮想化を行うとともにマルチノードによる冗長構成を採用する場合、RAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)に対するアクセス権のリザーブ(アクセス権を占有する要求)を、複数のファイバーチャネルスイッチ10a,10b間で調整する必要がある。
これは、複数のファイバーチャネルスイッチのうちの一つがRAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)にアクセスしている最中に、他のファイバーチャネルスイッチがRAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)にアクセスしてしまうと、前記一つのファイバーチャネルスイッチのアクセスしているデータを破壊してしまう等の重大な不具合が生じる可能性があるためである。特に、ストレージの仮想化を行う場合には、ホストコンピュータによる一つの仮想的なストレージ装置へのアクセスに対応して、ファイバーチャネルスイッチによる複数の物理ストレージ装置へのアクセスが発生することがあるため、リザーブを、複数の物理ストレージ装置に対して同時に行う必要が生じる。
このリザーブ状態の調整を行うために、従来より、イーサネット(R)による通信が可能なイーサネット(R)通信手段13a,13b等を用いて、マルチノードに設けられた複数のファイバーチャネルスイッチ10a,10b間で通信を行う構成が採用されている(図4参照)。
例えば、ファイバーチャネルスイッチ10bは、RAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)をリザーブする前に、他方のファイバーチャネルスイッチ10aに対してRAIDストレージ装置14のリザーブを行う旨の通知を発信し、この通知に対する応答を待ってからRAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)にリザーブを行う信号を発信する。他方のファイバーチャネルスイッチ10aは、前記通知を受信した際にRAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)をリザーブしているときには、そのアクセスが終わるのを待ってから、前記通知に対して応答を行い、リザーブを行っていないときには、直ちに当該応答を行う。
このように、複数のファイバーチャネルスイッチ10a,10b間で、イーサネット(R)等を介した通信を行って、RAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)に対するアクセスのリザーブ状態を調整することにより、前述のデータ破壊等の重大な不具合を回避することができる。
なお、図4に示すように、このイーサネット(R)通信手段13a,13bも複数系統設けて冗長性を持たせることで、一方のイーサネット(R)通信手段に障害が発生しても、他方のイーサネット(R)通信手段によって前記リザーブ状態の通信等を行うことができ、イーサネット(R)通信に関する耐障害性も向上させることができる。
特開2003−44421号公報
しかしながら、従来のファイバーチャネルスイッチをマルチノードに設けたコンピュータシステムにおいては、前記複数のイーサネット(R)通信手段の全てにおいて障害が発生した場合に、前述のリザーブ状態の通信を行うことが不可能となる。イーサネット(R)通信手段を複数系統設けたとしても、そのハードウェア構成が類似していることから、それらが同時期に機械的または電気的な寿命を迎えてしまうことも考えられる。また、バブ等の中継装置を介してイーサネット(R)の通信を行う場合には、ハブ等の中継装置やその電源系の障害によって、複数のイーサネット(R)通信手段の全てが同時に通信不可能となってしまうことも考えられる。なお、ハブ等の中継装置を用いながら信頼性を高めるためには、中継装置の電源系も複数系統設ける(冗長性をもたせる)などの対策が必要となって、設備コストが嵩んでしまう。
このようにイーサネット(R)通信手段による通信ができなくなった場合、従来のファイバーチャネルスイッチをマルチノードに設けたコンピュータシステムにおいては、前記リザーブの調整をすることができず、各ファイバーチャネルスイッチが独立して物理ストレージ装置にアクセスする。
このため、複数のファイバーチャネルスイッチのうちの一つが物理ストレージ装置にアクセスしている最中に、他のファイバーチャネルスイッチが物理ストレージ装置にアクセスしてしまうことが起こる可能性があり、この場合には前記一つのファイバーチャネルスイッチのアクセスしているデータを破壊してしまう等の重大な不具合が発生する恐れがあるという課題がある。
本発明は上記課題を解決すべくなされ、その目的とするところは、イーサネット(R)通信手段等の通信手段による、前記リザーブを調整するための通信ができなくなった場合でも、データ破壊などの不具合の生じることのないコンピュータシステム、およびそれに用いられるファイバーチャネルスイッチを提供することにある。
本発明に係るファイバーチャネルスイッチは、上記課題を解決するために以下の構成を備える。すなわち、ホストコンピュータ、および、単数または複数の物理ストレージ装置のそれぞれに、ファイバーチャネルにより接続可能な複数のファイバーチャネル接続端子と、前記単数または複数の物理ストレージ装置の記憶領域の一部または全部を組み合わせた記憶領域を、仮想的なストレージ装置として前記ホストコンピュータに認識させるストレージ仮想化手段とを備えたファイバーチャネルスイッチにおいて、マルチノードに設けられた他のファイバーチャネルスイッチとの間で通信可能な通信手段と、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、前記物理ストレージ装置に対するアクセスのリザーブ状態を調整するべく、該他のファイバーチャネルスイッチと前記通信手段を介して通信するアクセス調整手段と、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、互いの主従関係を設定可能な主従設定手段と、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により当該ファイバーチャネルスイッチが従と設定されていた場合には、当該ファイバーチャネルスイッチを介した前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞する閉塞制御手段とを備えることを特徴とする。
これによれば、他のファイバーチャネルスイッチとの間で通信手段による通信ができなくなったとき、主従設定手段により従と設定されていた場合には、前記アクセスを閉塞することで物理ストレージ装置へのアクセスを行わないようになるから、他の(主従設定手段により主と設定されている)ファイバーチャネルスイッチとの間で、物理ストレージ装置を同時にリザーブしてしまう問題が発生しない。
さらに、前記通信手段は、イーサネット(R)による通信が可能なイーサネット(R)通信手段であることを特徴とする。
これによれば、特殊なハードウェア資源を用いることなく、一般的に広く普及したイーサネット(R)を用いて通信手段を構成することができる。
また、前記主従設定手段における前記主従関係の設定は、前記他のファイバーチャネルスイッチに対して当該ファイバーチャネルスイッチが主であるか従であるかを表す主従情報が、予め不揮発性メモリに記憶されてなされていることを特徴とする。
これによれば、例えばコンピュータシステムの構成時に不揮発性メモリに主従情報を書き込むことで、予め、各ファイバーチャネルスイッチの主従関係を設定することができる。
また、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、通信可能なファイバーチャネル通信手段と、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により当該ファイバーチャネルスイッチが主と設定されていた場合には、前記ファイバーチャネル通信手段を介して前記他のファイバーチャネルスイッチに、前記閉塞制御手段により前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞するよう指示するコマンドを送信する主装置処理手段とを備えることを特徴とする。
また、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、通信可能なファイバーチャネル通信手段と、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により当該ファイバーチャネルスイッチが従と設定されていた場合には、前記閉塞制御手段により前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞するとともに、当該閉塞を行うことを通知するコマンドを、前記ファイバーチャネル通信手段を介して前記他のファイバーチャネルスイッチに送信する従装置処理手段とを備えることを特徴とする。
これによれば、他のファイバーチャネルスイッチとの間で前記通信手段による通信ができなくなったとき、ファイバーチャネル通信手段により、複数設けられたファイバーチャネル接続端子の少なくとも一つを用いて他のファイバーチャネルスイッチと通信して、前記主従設定手段の設定にしたがって、他のファイバーチャネルスイッチに、前記閉塞を指示したり、当該ファイバーチャネルスイッチが前記閉塞を行うことを通知したりすることができる。すなわち、ホストコンピュータや物理ストレージ装置と接続するためのファイバーチャネル接続端子を介して通信を行うから、新しいハードウェア資源を追加することなく、かつ簡単な構成により、一つのファイバーチャネルスイッチが前記通信手段の通信障害を検出したときに、迅速かつ確実に、従に設定されたファイバーチャネルスイッチを介したアクセスを閉塞させることで、主に設定されたファイバーチャネルスイッチのみを介してホストコンピュータと物理ストレージ装置とのアクセスを行わせることができる。
また、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、通信可能なファイバーチャネル通信手段を備え、前記主従設定手段は、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記ファイバーチャネル通信手段を介して前記他のファイバーチャネルスイッチと通信して互いの主従関係を決定して設定し、前記閉塞制御手段は、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により前記主従関係が決定された後、当該ファイバーチャネルスイッチが従と設定されていた場合には、当該ファイバーチャネルスイッチを介した前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞することを特徴とする。
これによれば、主従設定手段は、前記通信手段による通信ができなくなったときに、ファイバーチャネル通信手段による通信によって、他のファイバーチャンネルスイッチとの間の主従関係を設定する。
また、本発明に係るコンピュータシステムは、上記課題を解決するために以下の構成を備える。すなわち、請求項1〜3のうちのいずれか一項記載の複数のファイバーチャネルスイッチと、各該ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続されたホストコンピュータと、各前記ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された単数または複数の物理ストレージ装置とを備え、前記複数のファイバーチャネルスイッチは、互いにマルチノードに設けられているとともに、前記通信手段により通信可能に設けられていることを特徴とする。
これによれば、マルチノードに設けられた複数のファイバーチャネルスイッチ間で前記通信手段による通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により従と設定されているファイバーチャネルスイッチによる前記アクセスを閉塞するから、複数のファイバーチャネルスイッチの間で、物理ストレージ装置を同時にリザーブしてしまう問題が発生しない。
また、請求項4〜6のうちのいずれか一項記載の複数のファイバーチャネルスイッチと、各該ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続されたホストコンピュータと、各前記ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された単数または複数の物理ストレージ装置とを備え、前記複数のファイバーチャネルスイッチは、互いにマルチノードに設けられているとともに、前記通信手段および前記ファイバーチャネル通信手段により通信可能に設けられていることを特徴とする。
これによれば、マルチノードに設けられた複数のファイバーチャネルスイッチ間で前記通信手段による通信ができなくなったとき、各ファイバーチャネルスイッチ間で、ファイバーチャネル通信手段により通信をして、主従設定手段で主に設定されているファイバーチャネルスイッチのみを介してホストコンピュータと物理ストレージ装置とのアクセスを行わせることができる。ここで、ホストコンピュータや物理ストレージ装置と接続するためのファイバーチャネル接続端子を介して通信を行うから、新しいハードウェア資源を追加することなく、かつ簡単な構成により、前記通信手段の通信が不能となったときに、ファイバーチャネルスイッチ間での通信を行うことができる。
本発明に係るファイバーチャネルスイッチおよびコンピュータシステムによれば、イーサネット(R)通信手段等の通信手段による、前記リザーブを調整するための通信ができなくなった場合、主従設定手段により主と設定されたファイバーチャネルスイッチのみがホストコンピュータと物理ストレージ装置との間のアクセスを行うから、従来のように、一つの物理ストレージ装置が複数のファイバーチャネルスイッチから同時にリザーブされることが発生せず、したがってデータ破壊などの重大な問題が生じることがない。
以下、本発明に係るファイバーチャネルスイッチおよびコンピュータシステムを実施するための最良の形態を説明する。
本実施の形態に係るコンピュータシステムの構成を、図1の説明図に示す。本実施の形態に係るコンピュータシステムの基本的な構成は、前述の図4のコンピュータシステムの構成とほぼ同様であるため、同一の構成には同一の符号を付して説明を省略する。
なお、本実施の形態の構成において、図4の構成と異なる点は、図4におけるファイバーチャネルスイッチ10a,10bが、本実施の形態に係るファイバーチャネルスイッチVa,Vbに置き換わった点、および、マルチノードに設けられた複数のファイバーチャネルスイッチVa,Vbが、イーサネット(R)通信手段13a,13bだけでなく、ファイバーチャネル16によっても通信可能に設けられている点である。
以下、本発明に係るコンピュータシステムの要部であるファイバーチャネルスイッチVa,Vbの実施の形態について説明する。
ファイバーチャネルスイッチVa,Vbは、ホストコンピュータ11a,11b(図1参照)、および、物理ストレージ装置X,Yから成るRAIDストレージ装置14のそれぞれに、ファイバーチャネルにより接続可能に設けられた複数のファイバーチャネル接続端子12a〜12jを備える。ファイバーチャネル接続端子12a〜12jには、ファイバーチャネルに対応した同軸ケーブルまたは光ファイバーケーブルから成るファイバーチャネルケーブルを接続することができ、ホストコンピュータ11a,11b(図1参照)、および、物理ストレージ装置X,Yから成るRAIDストレージ装置14は、そのファイバーチャネルケーブルを介してファイバーチャネル接続端子12a〜12jに接続される。
図2は、本実施の形態に係るファイバーチャネルスイッチVaの構成を示すブロック図である。なお、ファイバーチャネルスイッチVbは、ファイバーチャネルスイッチVaと同様の構成であるため、図示を省略する。
ファイバーチャネルスイッチVaは、CPUやその他のLSIやメモリ等から成る制御部20を有する。制御部20は、CPUによりROMに記録されたファームウェアプログラムを実行したり、LSIの機能を実行したりすることにより、ストレージ仮想化手段22、閉塞制御手段24、ファイバーチャネル通信手段26、主/従装置処理手段28、主従設定手段30、アクセス調整手段32a、通信監視手段32b、およびイーサネット(R)通信手段13a,13bを実現する。
(ストレージ仮想化手段22)
ストレージ仮想化手段22は、図1の例で示したように、ファイバーチャネル接続端子12a〜12j(本例ではそのうちのファイバーチャネル接続端子12i,12j)を介して接続された物理ストレージ装置X,Yのそれぞれの記憶領域の一部を組み合わせた記憶領域を、仮想的なストレージ装置A,Bとして、ホストコンピュータ11a,11bに提供する。なお、ファイバーチャネルスイッチVa,Vbによる仮想的なストレージ装置の構成は、この例に限定されず、接続された多数の物理ストレージ装置の記憶領域の全部または一部を、自由に組み合わせて、仮想的なストレージ装置を構成することができる。
ストレージ仮想化手段22は、ホストコンピュータ11a,11bからファイバーチャネル接続端子12a〜12j(本例ではファイバーチャネル接続端子12d,12e)を介して入力された仮想的なストレージ装置A,Bに対するアクセス信号に基づいて、ファイバーチャネル接続端子12i,12jを通じて物理ストレージ装置X,Yの対応する領域にアクセスする。
(アクセス調整手段32a)
アクセス調整手段32aは、マルチノードに設けられた他方のファイバーチャネルスイッチVbとの間で、物理ストレージ装置X,Y(RAIDストレージ装置14)に対するアクセスのリザーブ状態を調整するべく、他のファイバーチャネルスイッチVbとイーサネット(R)通信手段13a,13bを介して通信する。
具体的には、例えば以下のように構成することができる(ただし以下の構成に限定されるものではない)。
ストレージ仮想化手段22は、物理ストレージ装置X,Yにアクセスすべくリザーブする前に、アクセス調整手段32aに対して、物理ストレージ装置X,Yをリザーブすることを示す通知を出力するよう構成される。アクセス調整手段32aは、イーサネット(R)通信手段13a,13bを介してこの通知を他方のファイバーチャネルスイッチVbに対して発信し、この通知に対する応答を待ち、その応答を受けてから、ストレージ仮想化手段22に対して物理ストレージ装置X,Yに対するリザーブを許可する情報を出力し、ストレージ仮想化手段22は、その許可を示す情報を受けてから、物理ストレージ装置X,Yをリザーブする。
また、他方のファイバーチャネルスイッチVbから、イーサネット(R)通信手段13a,13bを介して物理ストレージ装置X,Yをリザーブすることを示す前記通知を受けた際には、アクセス調整手段32aは、この通知を受信した際に物理ストレージ装置X,Yをリザーブしていないときには直ちにその通知に対して応答を行い、リザーブしていたときには、そのアクセスが終わるのを待ってから、その通知に対して応答を行う。
このように、複数のファイバーチャネルスイッチVa,Vb間で、イーサネット(R)等を介した通信を行って、RAIDストレージ装置14(物理ストレージ装置X,Y)に対するアクセスのリザーブ状態を調整することにより、前述のデータ破壊等の重大な不具合を回避することができる。
(通信監視手段32b)
通信監視手段32bは、イーサネット(R)通信手段13a,13bによる他のファイバーチャネルスイッチVbとの通信の可否を、常時監視する機能を有する。
通信監視手段32bは、アクセス制御手段32aが他のファイバーチャネルスイッチVbに対してリザーブ状態を調整するための前記通知を送信した際の応答の有無を監視する。
さらに、通信監視手段32bは、ホストコンピュータ11a,11bによる仮想的なストレージ装置へのアクセスが途絶えているときなど、他のファイバーチャネルスイッチVbとの間に必要な通信(リザーブ状態の調整のための通信等)が発生していないときには、イーサネット(R)通信手段13a,13bを介して他のファイバーチャネルスイッチVbに対してダミー情報を送信してその応答を得ることで、他のファイバーチャネルスイッチVbとの間でイーサネット(R)通信が可能な状態にあるか否かを常時監視する。このダミー情報の送信は、特に限定されないが、例えば必要な通信が1秒以上途絶えたときに、1秒おきに行うといった構成を採用できる。
通信監視手段32bは、上記監視を行って、両イーサネット(R)通信手段13a,13bを通じたリザーブ状態を調整するための通知やダミー情報に対する応答が所定時間以上ない場合に、主/従装置処理手段28に対して、イーサネット(R)通信手段13a,13bによるイーサネット(R)通信に障害が発生したことを示す通知を出力する。
(閉塞制御手段24)
閉塞制御手段24は、当該ファイバーチャネルスイッチVaを介したホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞する機能を有する。
具体的には、例えば、ホストコンピュータ11a,11bが接続されたファイバーチャネル接続端子12d,12eを介して、ホストコンピュータ11a,11bに対して仮想的なストレージ装置A,Bがアクセスビジーであることを示すビジー信号を出力して、ホストコンピュータが仮想的なストレージ装置A,Bにアクセスできないようにする。こうすることで、ホストコンピュータ11a,11bは、当該ファイバーチャネルスイッチVaを介した仮想的なストレージ装置A,Bへのアクセスができなくなるから、アクセスビジーが発生していない他のパス、すなわち他方のファイバーチャネルスイッチVbに繋がるパスを介して、仮想的なストレージ装置A,Bへアクセスすることになる。
(ファイバーチャネル通信手段26)
ファイバーチャネル通信手段26は、ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、他のファイバーチャネルスイッチVbとの間で、通信する機能を有する。
(主従設定手段30)
主従設定手段30は、他のファイバーチャネルスイッチVbとの間で、互いの主従関係を設定する機能を有する。主従設定手段30における前記主従関係の設定は、他のファイバーチャネルスイッチVbに対して当該ファイバーチャネルスイッチVaが主であるか従であるかを表す主従情報が、予め不揮発性メモリに記憶されてなされている。
これによれば、コンピュータシステムの構成時に不揮発性メモリに主従情報を書き込むことで、予め、各ファイバーチャネルスイッチVa,Vbの主従関係を設定することができる。
(主/従装置処理手段28)
主装置処理手段および従装置処理手段としての(両者の機能を有する)主/従装置処理手段28は、両イーサネット(R)通信手段13a,13bを介した他のファイバーチャネルスイッチVbとの通信ができなくなったとき、主従設定手段30により当該ファイバーチャネルスイッチVaが主と設定されていた場合には、ファイバーチャネル通信手段26を介して他のファイバーチャネルスイッチVbに、ファイバーチャネルスイッチVbの閉塞制御手段24によりホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞するよう指示するコマンドを送信する(主装置処理手段としての機能)。
ファイバーチャネルスイッチVbは、そのファイバーチャネル通信手段26によりそのコマンドを受信すると、その閉塞制御手段24により、ホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞する。
なお、主従設定手段30により主と設定されていたファイバーチャネルスイッチVaは、ホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞することなく、従前通りに両者間のアクセスを行う。
また、主/従装置処理手段28は、両イーサネット(R)通信手段13a,13bを介した他のファイバーチャネルスイッチVbとの通信ができなくなったとき、主従設定手段30により当該ファイバーチャネルスイッチVaが従と設定されていた場合には、閉塞制御手段24によりホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞するとともに、当該閉塞を行うことを通知するコマンドを、ファイバーチャネル通信手段26を介して他のファイバーチャネルスイッチVbに送信する(従装置処理手段としての機能)。
本実施の形態に係るファイバーチャネルスイッチVa,Vbを用いたコンピュータシステムによれば、両イーサネット(R)通信手段13a,13bを介したファイバーチャネルスイッチVa,Vb間の通信ができなくなったとき、主従設定手段30により従に設定されているファイバーチャネルスイッチが、ホストコンピュータ11a,11bと物理ストレージ装置X,Yとの間のアクセスを閉塞する。したがって、ホストコンピュータ11a,11bは、主従設定手段30により主に設定されて閉塞を行わないファイバーチャネルスイッチのみを介してアクセスを行うから、従来のように、一つの物理ストレージ装置が複数のファイバーチャネルスイッチから同時にリザーブされることが発生せず、したがってデータ破壊などの重大な問題が生じることがない。
なお、本実施の形態に係るファイバーチャネルスイッチVa,Vbの主/従装置処理手段28は、主装置処理手段および従装置処理手段の両者の機能を有するよう構成されおり、これにより、両イーサネット(R)通信手段13a,13bの通信障害を先に検出したファイバーチャネルスイッチからの指示または通知に応じて、素早く閉塞処理を行うことができる。
しかし、本発明はこれに限定されるものではなく、主装置処理手段および従装置処理手段のいずれか一方のみを設けるだけでもよい。
また、イーサネット(R)通信手段13a,13bによる通信ができなくなったときに、ファイバーチャネル通信手段26による通信もできなくなる場合も考えられる。例えば、一つのファイバーチャネルスイッチが故障してしまったときなどに、このような現象が起こりうる。この場合は、主従設定手段30により従に設定されたファイバーチャネルスイッチが前記閉塞を行うよう構成すればよい。または、より安全には、ファイバーチャネル通信手段26による通信もできない場合には、主従設定手段30の設定に関わらず、無条件に前記閉塞を行うよう構成してもよい。
また、ファイバーチャネル通信手段26を介した指示または通知を行う主装置処理手段および従装置処理手段は、必ずしも設けなくともよく、通信監視手段32bが両イーサネット(R)通信手段13a,13bの通信障害を検出したときに、従に設定されたファイバーチャネルスイッチが、他のファイバーチャネルスイッチとの通信を行うことなく前記閉塞を行うよう構成してもよい。
また、本実施の形態においては、主従設定手段30は、主従関係を示す主従情報を、予め不揮発性メモリに記憶しておく構成を採ったが、本発明はこれに限定されるものではない。例えば、主従設定手段30を、イーサネット(R)通信手段13a,13bを介した他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったときに、ファイバーチャネル通信手段26を介して他のファイバーチャネルスイッチと通信して互いの主従関係を決定して設定するよう構成してもよい。
本発明に係るコンピュータシステムの構成の説明図である。 本発明に係るファイバーチャネルスイッチの構成を示すブロック図である。 従来のファイバーチャネルスイッチを用いたコンピュータシステムのシステム構成を示すブロック図である。 複数のファイバーチャネルスイッチを多重化して冗長経路を設けた構成(マルチノード)のコンピュータシステムの従来例の説明図である。
符号の説明
Va,Vb ファイバーチャネルスイッチ
A,B 仮想的なストレージ装置
X,Y 物理ストレージ装置
a1,a2,b1,b2 記録領域
11a,11b ホストコンピュータ
12a〜12j ファイバーチャネル接続端子
13a,13b イーサネット(R)通信手段(通信手段)
14 RAIDストレージ仮想化手段
20 制御部
22 ストレージ仮想化手段
24 閉塞制御手段
26 ファイバーチャネル通信手段
28 主/従装置処理手段(主装置処理手段、従装置処理手段)
30 主従設定手段
32a アクセス調整手段
32b 通信監視手段

Claims (8)

  1. ホストコンピュータ、および、単数または複数の物理ストレージ装置のそれぞれに、ファイバーチャネルにより接続可能な複数のファイバーチャネル接続端子と、
    前記単数または複数の物理ストレージ装置の記憶領域の一部または全部を組み合わせた記憶領域を、仮想的なストレージ装置として前記ホストコンピュータに認識させるストレージ仮想化手段とを備えたファイバーチャネルスイッチにおいて、
    マルチノードに設けられた他のファイバーチャネルスイッチとの間で通信可能な通信手段と、
    前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、前記物理ストレージ装置に対するアクセスのリザーブ状態を調整するべく、該他のファイバーチャネルスイッチと前記通信手段を介して通信するアクセス調整手段と、
    前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、互いの主従関係を設定可能な主従設定手段と、
    前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により当該ファイバーチャネルスイッチが従と設定されていた場合には、当該ファイバーチャネルスイッチを介した前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞する閉塞制御手段とを備えることを特徴とするファイバーチャネルスイッチ。
  2. 前記通信手段は、イーサネット(R)による通信が可能なイーサネット(R)通信手段であることを特徴とする請求項1記載のファイバーチャネルスイッチ。
  3. 前記主従設定手段における前記主従関係の設定は、前記他のファイバーチャネルスイッチに対して当該ファイバーチャネルスイッチが主であるか従であるかを表す主従情報が、予め不揮発性メモリに記憶されてなされていることを特徴とする請求項1または2記載のファイバーチャネルスイッチ。
  4. 前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、通信可能なファイバーチャネル通信手段と、
    前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により当該ファイバーチャネルスイッチが主と設定されていた場合には、前記ファイバーチャネル通信手段を介して前記他のファイバーチャネルスイッチに、前記閉塞制御手段により前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞するよう指示するコマンドを送信する主装置処理手段とを備えることを特徴とする請求項1〜3のうちのいずれか一項記載のファイバーチャネルスイッチ。
  5. 前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、通信可能なファイバーチャネル通信手段と、
    前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により当該ファイバーチャネルスイッチが従と設定されていた場合には、前記閉塞制御手段により前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞するとともに、当該閉塞を行うことを通知するコマンドを、前記ファイバーチャネル通信手段を介して前記他のファイバーチャネルスイッチに送信する従装置処理手段とを備えることを特徴とする請求項1〜4のうちのいずれか一項記載のファイバーチャネルスイッチ。
  6. 前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された、前記他のファイバーチャネルスイッチとの間で、通信可能なファイバーチャネル通信手段を備え、
    前記主従設定手段は、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記ファイバーチャネル通信手段を介して前記他のファイバーチャネルスイッチと通信して互いの主従関係を決定して設定し、
    前記閉塞制御手段は、前記通信手段を介した前記他のファイバーチャネルスイッチとの通信ができなくなったとき、前記主従設定手段により前記主従関係が決定された後、当該ファイバーチャネルスイッチが従と設定されていた場合には、当該ファイバーチャネルスイッチを介した前記ホストコンピュータと前記物理ストレージ装置との間のアクセスを閉塞することを特徴とする請求項1または2記載のファイバーチャネルスイッチ。
  7. 請求項1〜3のうちのいずれか一項記載の複数のファイバーチャネルスイッチと、
    各該ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続されたホストコンピュータと、
    各前記ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された単数または複数の物理ストレージ装置とを備え、
    前記複数のファイバーチャネルスイッチは、互いにマルチノードに設けられているとともに、前記通信手段により通信可能に設けられていることを特徴とするコンピュータシステム。
  8. 請求項4〜6のうちのいずれか一項記載の複数のファイバーチャネルスイッチと、
    各該ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続されたホストコンピュータと、
    各前記ファイバーチャネルスイッチに、前記ファイバーチャネル接続端子を介してファイバーチャネルにより接続された単数または複数の物理ストレージ装置とを備え、
    前記複数のファイバーチャネルスイッチは、互いにマルチノードに設けられているとともに、前記通信手段および前記ファイバーチャネル通信手段により通信可能に設けられていることを特徴とするコンピュータシステム。
JP2005366981A 2005-12-20 2005-12-20 ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム Active JP4511455B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005366981A JP4511455B2 (ja) 2005-12-20 2005-12-20 ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005366981A JP4511455B2 (ja) 2005-12-20 2005-12-20 ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム
US11/277,277 US7889639B2 (en) 2005-12-20 2006-03-23 Fiber channel switch and computer system using the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007172172A true JP2007172172A (ja) 2007-07-05
JP4511455B2 JP4511455B2 (ja) 2010-07-28

Family

ID=38285443

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005366981A Active JP4511455B2 (ja) 2005-12-20 2005-12-20 ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム

Country Status (2)

Country Link
US (1) US7889639B2 (ja)
JP (1) JP4511455B2 (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009110218A (ja) * 2007-10-30 2009-05-21 Fujitsu Ltd 仮想化スイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8489826B2 (en) 2010-03-25 2013-07-16 Hitachi, Ltd. Storage controller and storage subsystem with added configurable functions
US8948176B1 (en) * 2011-12-01 2015-02-03 Cisco Technology, Inc. Distributed fibre channel forwarder

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0394321A (en) * 1989-06-21 1991-04-19 Hitachi Ltd Duplex shared dasd control method and shared memory device
JPH11167521A (ja) * 1993-06-30 1999-06-22 Hitachi Ltd 記憶システム
WO2001001262A1 (fr) * 1999-06-24 2001-01-04 Fujitsu Limited Controleur de peripherique et systeme d'entree/sortie
JP2003330906A (ja) * 2002-05-09 2003-11-21 Nec Corp 疎結合システムにおけるリカバリ方式及び排他制御装置
JP2003345530A (ja) * 2003-06-20 2003-12-05 Hitachi Ltd 記憶システム
JP2004145901A (ja) * 1998-12-22 2004-05-20 Hitachi Ltd 記憶装置システム
JP2005301638A (ja) * 2004-04-12 2005-10-27 Hitachi Ltd ディスクアレイ装置及びディスクアレイ装置のリザーブ解除制御方法
JP2005310046A (ja) * 2004-04-26 2005-11-04 Hitachi Ltd パスリザーブ管理装置

Family Cites Families (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6119244A (en) * 1998-08-25 2000-09-12 Network Appliance, Inc. Coordinating persistent status information with multiple file servers
US6651154B1 (en) * 2000-07-11 2003-11-18 International Business Machines Corporation Method, system, and program for expanding the storage space in an array of storage units
US7447198B1 (en) * 2001-04-23 2008-11-04 Brocade Communications Systems, Inc. Link trunking and measuring link latency in fibre channel fabric
JP2003044421A (ja) 2001-07-26 2003-02-14 Fujitsu Ltd 仮想ストレージシステム及び同システムに使用されるスイッチングノード
US20070094466A1 (en) * 2001-12-26 2007-04-26 Cisco Technology, Inc., A Corporation Of California Techniques for improving mirroring operations implemented in storage area networks and network based virtualization
US7165258B1 (en) * 2002-04-22 2007-01-16 Cisco Technology, Inc. SCSI-based storage area network having a SCSI router that routes traffic between SCSI and IP networks
JP2004021556A (ja) 2002-06-14 2004-01-22 Hitachi Ltd 記憶制御装置およびその制御方法
US7814293B2 (en) * 2004-07-19 2010-10-12 Infotrend Technology Inc. Redundant controller host-side IO rerouting
US8190696B2 (en) * 2004-12-28 2012-05-29 Cisco Technology, Inc. Distributed name services in a fibre channel fabric

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0394321A (en) * 1989-06-21 1991-04-19 Hitachi Ltd Duplex shared dasd control method and shared memory device
JPH11167521A (ja) * 1993-06-30 1999-06-22 Hitachi Ltd 記憶システム
JP2004145901A (ja) * 1998-12-22 2004-05-20 Hitachi Ltd 記憶装置システム
WO2001001262A1 (fr) * 1999-06-24 2001-01-04 Fujitsu Limited Controleur de peripherique et systeme d'entree/sortie
JP2003330906A (ja) * 2002-05-09 2003-11-21 Nec Corp 疎結合システムにおけるリカバリ方式及び排他制御装置
JP2003345530A (ja) * 2003-06-20 2003-12-05 Hitachi Ltd 記憶システム
JP2005301638A (ja) * 2004-04-12 2005-10-27 Hitachi Ltd ディスクアレイ装置及びディスクアレイ装置のリザーブ解除制御方法
JP2005310046A (ja) * 2004-04-26 2005-11-04 Hitachi Ltd パスリザーブ管理装置

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009110218A (ja) * 2007-10-30 2009-05-21 Fujitsu Ltd 仮想化スイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム
US7801026B2 (en) 2007-10-30 2010-09-21 Fujitsu Limited Virtualization switch and method for controlling a virtualization switch

Also Published As

Publication number Publication date
US7889639B2 (en) 2011-02-15
US20070171815A1 (en) 2007-07-26
JP4511455B2 (ja) 2010-07-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4776374B2 (ja) 二重化監視制御システム、及び同システムの冗長化切替え方法
US6658595B1 (en) Method and system for asymmetrically maintaining system operability
JP2001306350A (ja) フィールド機器制御システムおよびコンピュータが読取り可能な記憶媒体
JP2008112399A (ja) ストレージ仮想化スイッチおよびコンピュータシステム
JP2004094774A (ja) ループ状インタフェースの障害解析方法及び障害解析機能を有するシステム
JP4486921B2 (ja) ストレージ仮想化装置およびそれを用いたコンピュータシステム
JP2008107896A (ja) 物理資源制御管理システム、物理資源制御管理方法および物理資源制御管理用プログラム
JP2006189963A (ja) ストレージアクセス制御方法、クラスタシステム、パス接続スイッチおよびストレージアクセス制御プログラム
JP2008172592A (ja) クラスタシステム、コンピュータおよびその異常検出方法
JP5706347B2 (ja) 二重化制御システム
JP4511455B2 (ja) ファイバーチャネルスイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム
JP2006134207A (ja) ストレージ仮想化装置およびそれを用いたコンピュータシステム
JP6134720B2 (ja) 接続方法
JP2009110218A (ja) 仮想化スイッチおよびそれを用いたコンピュータシステム
JP2011203941A (ja) 情報処理装置、監視方法、および監視プログラム
JP5176914B2 (ja) 伝送装置及び冗長構成部の系切替え方法
JP2007334764A (ja) Nasシステムおよびnasシステムの情報処理方法
JP2007304700A (ja) 2重化ノードシステムのアドレス管理システム及び方法
JP4606823B2 (ja) ディスクアレイ装置
JP2008287632A (ja) 制御装置復帰システム
JP3782423B2 (ja) 伝送線制御装置多重化システムおよび伝送装置
JP2001344125A (ja) 2重化ノードシステム
JP2004007930A (ja) 電力系統監視制御システムおよびプログラム
JP2007266708A (ja) ケーブル誤接続検出装置及び方法
JP6935819B2 (ja) ノード装置、回復動作制御方法、及び回復動作制御プログラム

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091110

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100427

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100506

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130514

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4511455

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130514

Year of fee payment: 3