JP2003154065A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン

Info

Publication number
JP2003154065A
JP2003154065A JP2001355473A JP2001355473A JP2003154065A JP 2003154065 A JP2003154065 A JP 2003154065A JP 2001355473 A JP2001355473 A JP 2001355473A JP 2001355473 A JP2001355473 A JP 2001355473A JP 2003154065 A JP2003154065 A JP 2003154065A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
probability
winning
prize
game
established
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2001355473A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3773103B2 (ja
Inventor
Sadao Ioki
定男 井置
Hideo Taguchi
英雄 田口
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Sophia Co Ltd
Original Assignee
Sophia Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sophia Co Ltd filed Critical Sophia Co Ltd
Priority to JP2001355473A priority Critical patent/JP3773103B2/ja
Publication of JP2003154065A publication Critical patent/JP2003154065A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3773103B2 publication Critical patent/JP3773103B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 所定条件の成立に基づいて所定の入賞の内部
成立確率を高確率または低確率に変動可能な確率変動制
御手段を備えたスロットマシンを提供する。 【解決手段】 複数の図柄を変動表示可能な変動表示手
段と、予め定められた複数種の入賞をそれぞれの入賞に
対応する所定の確率に基づいて内部成立させる確率制御
手段と、を備え、前記確率制御手段の制御により所定の
入賞が内部成立したことを条件に、遊技者によるストッ
プ操作に基づいて前記成立した入賞に対応した図柄組合
せ態様を前記変動表示手段に導出し得るように制御する
スロットマシンにおいて、前記確率制御手段に所定条件
の成立に基づいて所要の入賞の内部成立確率を通常時よ
りも高確率に変動可能な確率変動制御手段を設け、前記
確率変動制御手段に前記複数種の入賞のうち何れの入賞
の内部成立確率を高確率に変動させるかを選択する選択
手段を設けるようにした。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、遊技媒体としてメ
ダルや遊技球を使用して遊技が可能な遊技機に関し、特
に、外周面に複数個の図柄を配置した複数の回転リール
を利用して変動表示ゲームを可能としたスロットマシン
に関する。
【0002】
【従来の技術】従来より、複数の図柄を外周面に表示し
たリール(ドラム)等の変動表示手段を例えば3個備え
て、これらのリールを回転させることで複数の図柄を変
動表示させる変動表示ゲームを行い、前記変動表示ゲー
ムが終了したときの図柄の停止表示態様が予め設定され
た有効ライン上において所定の図柄組合せ態様を形成す
ることに関連して所定の遊技価値を遊技者に付与するよ
うにしたスロットマシンが一般的に知られている。
【0003】このようなスロットマシンにおいては、遊
技者による所定数(通常1〜3枚)の遊技媒体(例え
ば、メダル)の投入操作、あるいはクレジットからの賭
けボタン操作(ベット操作)に基づく賭数の入力後、ス
タートレバーを操作することにより前記リールを回転さ
せて図柄を変動表示させ、一定時間後自動的にまたは遊
技者が各リールに対応して各々備えられたリール停止ボ
タンを操作することにより各リールの回転を順次停止さ
せて図柄組合せ態様(停止表示態様)が確定される。そ
して、リールが停止した際に、前記賭数の入力に応じて
有効化された有効ライン上に形成された図柄組合せ態様
が、予め定められた所定の図柄組合せ態様(入賞態様)
となった場合に入賞が確定し、入賞種類に対応した数の
遊技媒体が遊技者に付与される。ここで、遊技者が遊技
を開始するために遊技媒体を投入することおよび予めス
ロットマシンに預け入れた(クレジット)遊技媒体の記
憶数から賭けボタン操作に応じてクレジット数を減算す
ることに基づく賭数の入力を総称してベットまたは賭入
力と呼ぶ。
【0004】また、一般的なメダルを使用するスロット
マシンにおいては、複数種類の入賞が用意されており、
例えば、所定数(例えば10枚)のメダルが払い出され
るのみの小役入賞、1枚のメダルをベットするだけで比
較的多数(例えば15枚)のメダルが払い出されるJA
C入賞、メダルをベットすることなく再度ゲームが可能
となるリプレイ入賞、高確率でJAC入賞を獲得しやす
いJACゲームを所定の回数遊技できるレギュラーボー
ナス(以下RBと略記する)を発生させるRB入賞、高
確率で小役入賞を獲得しやすい小役ゲームと高確率でJ
AC入賞を獲得しやすいJACゲームとを所定の回数遊
技できるビッグボーナス(以下BBと略記する)を発生
させるBB入賞とが用意されている。特に、RB入賞や
BB入賞等は特別入賞と称され、この特別入賞が成立す
ると小役入賞に比較して大量(100枚以上)の遊技媒
体を一気に獲得することができる特別遊技状態が発生す
る。
【0005】そして、通常、スロットマシンには、ゲー
ムの実行に関連して各種入賞に当選するか否かの抽選を
予め行う機能(内部抽選機能)が備えられており、この
内部抽選に当選した場合に限り、所定の図柄が有効ライ
ン上に停止して入賞態様を形成することを許可され、極
力入賞を獲得できるようにリール制御が行われる。な
お、内部抽選に当選することを「入賞フラグが成立す
る」または「内部成立」ということもある。
【0006】一方、内部抽選に当選しなかった場合(入
賞フラグ不成立)は、遊技者がいかなるタイミングでリ
ールのストップ操作を行っても、有効ライン上に入賞態
様が形成されないようにリール制御が行われる。したが
って、いつでもリールのストップ操作のタイミングが合
えば入賞態様を形成することができるというものではな
く、前記内部抽選に当選した上でリールストップ操作の
タイミングが合ったときに限り所定の入賞態様が有効ラ
イン上に形成されるようになっている。このように内部
抽選結果に基づいてリールの停止制御を行うことによ
り、内部抽選の結果通りに遊技結果を制御することがあ
る程度可能となる。
【0007】しかし、RB入賞やBB入賞等の特別入賞
および小役入賞の一部は、その入賞態様を形成する図柄
が他の図柄に比較してリールに配置されている個数が少
なく、特定の図柄を狙ってリールストップ操作を行う、
いわゆる目押し操作を行わなければ前述したようなリー
ル制御が働いても入賞を獲得できない場合が生じる。
【0008】一般には、内部抽選によりRB入賞やBB
入賞等の特別入賞に当選した場合には、その当選状態は
保持され、次回以降のゲームでも入賞態様を形成できる
ようにしている。さらに、特別入賞が当選したゲーム以
降は、そのゲームで入賞態様が形成されなくても、リー
ルの停止制御により予め定められた図柄組合せ態様(以
下、リーチ態様と呼ぶ)を形成することで、特別入賞に
当選した(特別入賞のフラグが成立した)状態であるこ
とを示唆するようにしている。
【0009】また、従来のスロットマシンにおいては、
内部抽選において上記BB入賞およびRB入賞が当選す
る確率を設定変更可能な確率設定装置が備えられてい
る。この確率設定装置は、BB入賞およびRB入賞の当
選確率を、例えば、1〜6までの6段階で設定可能にす
るもので、設定1の当選確率が最も低く、数字が大きく
なるほど当選確率は高くなり設定6の当選確率が最も高
い。そして、この確率設定装置は、不正な設定変更を防
止するためキー操作式でスロットマシンの内部に設けら
れていて、遊技店においては、自店の営業方針等に応じ
て担当者がキー操作を行うことで各スロットマシンの確
率設定値を変更することが可能となっている。
【0010】
【発明が解決しようとする課題】ところで、従来のスロ
ットマシンにおいては、一旦確率設定装置で所定の確率
設定値に設定した場合には、次に担当者等が確率設定装
置を操作して確率設定値を変更するまでは、常に一定の
当選確率で内部抽選が制御されることとなる。そのた
め、開店から数時間経過後の営業中には、低確率設定
(設定1、2等)の台と高確率設定(設定5、6等)の
台とでBB入賞やRB入賞の発生回数や発生率に大きな
差が出てしまうことも少なくなく、特定の遊技者ばかり
が利益を得るような状況になり遊技者に不平等感を与え
る虞があった。
【0011】また、BB入賞やRB入賞の発生回数や発
生率に基づいて遊技者は低確率設定である台をある程度
認識できるため、そのような低確率設定と思しき台は敬
遠され、稼働率の低下を招いてしまう虞もあった。かと
いって、営業中に確率設定装置を操作して確率設定値を
変更することにも問題がある。
【0012】上記のような問題点を解決するために、例
えば、スロットマシンの作動中において、ある条件が成
立した場合に、BB入賞やRB入賞が成立する確率を変
更するような機能が考えられる。
【0013】しかし、例えば、BB入賞やRB入賞が内
部成立する確率(内部成立確率)を通常よりも高めるよ
うな機能を備えた場合、BB入賞やRB入賞が連続して
多数回成立してしまうことが想定され、遊技店と遊技者
との利益バランスが崩れてしまう虞がある。また、その
ようなBB入賞やRB入賞が連続して成立することを見
越して遊技店と遊技者の利益バランスを図るために、B
B入賞やRB入賞の通常時の成立確率をかなり低く設定
すると、遊技性において非常に射幸心の高いスロットマ
シンになってしまう虞がある。
【0014】本発明は、上記課題を解決するためになさ
れたものであり、所定条件の成立に基づいて所定の入賞
の内部成立確率を高確率または低確率に変動可能な確率
変動制御手段を備えたスロットマシンを提供することを
目的とする。
【0015】
【課題を解決するための手段】請求項1に係る発明は、
複数の図柄を変動表示可能な変動表示手段と、予め定め
られた複数種の入賞をそれぞれの入賞に対応する所定の
確率に基づいて内部成立させる確率制御手段と、を備
え、前記確率制御手段の制御により所定の入賞が内部成
立したことを条件に、遊技者によるストップ操作に基づ
いて前記成立した入賞に対応した図柄組合せ態様を前記
変動表示手段に導出し得るように制御するスロットマシ
ンにおいて、前記確率制御手段は、所定条件の成立に基
づいて、所要の入賞の内部成立確率を通常時よりも高確
率に変動可能な確率変動制御手段を備え、前記確率変動
制御手段は、前記複数種の入賞のうち何れの入賞の内部
成立確率を高確率に変動させるかを選択する選択手段を
含むようにしたものである。
【0016】ここで、「内部成立」とは、各種入賞に対
応する図柄組合せ態様が変動表示手段に形成されるのを
許可するか否かを抽選する内部抽選に当選することを意
味し、実際に各種入賞に対応する図柄組合せ態様が変動
表示手段に形成されることではない。また、「内部成立
確率」とは各種入賞が内部成立する確率を意味する。
【0017】また、「所定条件の成立」とは、BB入賞
等の特別入賞が内部成立したとき、所定の小役入賞が内
部成立したとき、何れの入賞も内部成立しない所謂ハズ
レのとき、および特別入賞等が所定のゲーム数(例えば
1000ゲーム)以上内部成立しなかったとき(いわゆ
る天井)等がある。または、前記特別入賞または小役入
賞が内部成立したとき、もしくはハズレのときに所定の
当選確率(例えば、特別入賞時は1/2、小役入賞時は
1/10、ハズレ時は1/30)の抽選を行い当該抽選
に当選したときとしてもよい。
【0018】これにより、所定条件が成立すれば、所定
の入賞の内部成立確率が通常の遊技状態のときよりも高
くなるので、遊技者の期待感を高めることができ、遊技
意欲を向上させることが可能となる。また、確率変動制
御手段に含まれる選択手段により、予め定められた複数
種の入賞のうちどの入賞を高確率にするかが選択される
ので、単に特定の入賞だけが高確率になるのではなく、
高確率となる入賞が様々に変化するような多彩な確率変
動態様を実現でき、興趣を向上させることができる。
【0019】請求項2に係る発明は、少なくとも、一般
入賞と特別入賞とで構成された複数種の入賞を有し、前
記確率変動制御手段が前記特別入賞に対応する入賞態様
として予め定められた特別の図柄組合せ態様が前記変動
表示手段に導出されたことに基づいて、前記所要の入賞
の内部成立確率を高確率に変動するようにしたスロット
マシンである。
【0020】ここで、「一般入賞」とは、遊技者に所定
の利益を付与(例えば、遊技媒体としてのメダルの払出
あるいはクレジットの加算等)する、いわゆる小役入賞
を意味する。また、「特別入賞」とは、遊技者への所定
の利益を付与するとともに、付加利益を付与可能とする
特別遊技状態を発生させる、いわゆるBB入賞やRB入
賞を意味する。
【0021】請求項3に係る発明は、複数の特別入賞を
有し、前記確率変動制御手段が、前記複数の特別入賞の
うち特定の特別入賞が内部成立したことを条件に当該特
別入賞に対応する図柄組合せ態様が前記変動表示手段に
導出されたことに基づいて、所要の入賞の内部成立確率
を高確率に変動するようにしたスロットマシンである。
【0022】ここで、「複数の特別入賞」としては、特
別入賞の獲得により発生した特別遊技状態において、遊
技者へ付与する利益の大きさが異なるようにした特別入
賞等がある。例えば、特別入賞としてのBB入賞とし
て、一般的なBB入賞であるノーマルBB入賞と、ノー
マルBB入賞よりも大量の遊技媒体を獲得可能なスーパ
ーBB入賞とを有する。なお、スーパーBB入賞とは、
例えば、BB状態における小役ゲームでフラグが成立し
た小役入賞を報知したり、小役ゲーム中にJAC入賞を
確実に回避させて小役ゲームを最大限に消化できるよう
にしたりして、ノーマルBB入賞よりも大量(例えば、
100枚以上多く)の遊技媒体を獲得できるBB入賞で
ある。また、「特定の特別入賞」とは、前記ノーマルB
B入賞と前記スーパーBB入賞を有するスロットマシン
における「スーパーBB入賞」のことを意味する。
【0023】請求項4に係る発明は、前記選択手段が前
記複数種の入賞の中から2以上の入賞を重複して選択可
能としたスロットマシンである。例えば、BB入賞また
はRB入賞等の特別入賞と小役入賞を重複して選択した
り、2種類以上の小役入賞を重複して選択したりでき
る。
【0024】請求項5に係る発明は、前記選択手段によ
り選択された結果を導出するための選択ゲームの演出を
表示する選択ゲーム表示手段を設けたスロットマシンで
ある。選択ゲーム表示手段としては、例えば、液晶表示
装置や複数の発光ダイオード(LED)で構成されたド
ット表示装置、または変動表示手段としてのリールとは
別個に設けられた4thリール等が考えられる。
【0025】請求項6に係る発明は、前記複数種の入賞
の中から前記選択手段による入賞の選択率は、それぞれ
の入賞ごとに異なるように設定されるようにしたスロッ
トマシンである。
【0026】請求項7に係る発明は、前記確率変動制御
手段が、所定の終了条件の成立に基づいて、高確率に変
動した入賞の内部成立確率を元の確率に復帰するように
したスロットマシンである。
【0027】ここで、「所定の終了条件」とは、BB入
賞等の特別入賞が内部成立したとき、所定の回数だけゲ
ームが実行されたとき、高確率に変動された入賞が所定
の回数だけ成立(内部成立および対応する図柄組合せ態
様が形成されたときの実質的な成立を含む)したとき、
高確率に変動された入賞以外の入賞が成立したとき、あ
るいは前記条件の複数の組合せ等がある。
【0028】請求項8に係る発明は、前記確率変動制御
手段が、内部成立確率を高確率に変動した入賞が所定回
数内部成立したことに基づいて、当該入賞の内部成立確
率を元の確率に復帰するようにしたスロットマシンであ
る。つまり、取りこぼしが発生しうる小役入賞が高確率
に変動された場合は、当該小役入賞に対応した図柄組合
せ態様が形成されなくても、所定回数だけ内部成立した
時点で元の確率に復帰するようにした。
【0029】請求項9に係る発明は、前記確率変動制御
手段が、内部成立確率を高確率に変動した入賞に対応し
た図柄組合せ態様が所定回数前記変動表示手段に導出さ
れたことに基づいて、当該入賞の内部成立確率を元の確
率に復帰するようにしたスロットマシンである。つま
り、取りこぼしが発生しうる小役入賞が高確率に変動さ
れた場合は、当該小役入賞が内部成立しても対応した図
柄組合せ態様が形成されなかった場合は計数しないよう
にした。
【0030】請求項10に係る発明は、前記確率変動制
御手段が、前記終了条件を複数設定し、該複数の終了条
件の中から終了条件を選択する終了条件選択手段を含む
ようにしたスロットマシンである。例えば、複数の入賞
が確率変動された場合等は、それぞれの入賞ごとに終了
条件を選択するようにしてもよいし、その中の何れかの
終了条件が成立した時点で確率変動された入賞すべての
内部成立確率を元の確率に復帰するようにしてもよい。
【0031】請求項11に係る発明は、前記確率変動制
御手段により内部成立確率を高確率に変動された入賞を
識別可能に報知する報知手段を備えたスロットマシンで
ある。
【0032】請求項12に係る発明は、前記確率変動制
御手段が、高確率に変動した入賞を除く入賞のうち、所
定の入賞の内部成立確率を通常時よりも低確率に変動す
るようにしたスロットマシンである。
【0033】ここで、「高確率に変動した入賞を除く入
賞のうち、所定の入賞」としては、高確率に変動した入
賞を除く入賞のうちすべての入賞、高確率に変動した入
賞を除く入賞の内一部の入賞、等がある。
【0034】
【発明の実施の形態】以下、本発明の好適な実施の形態
について、図面を参照しながら説明する。図1は、本発
明を適用したスロットマシンの正面図である。前面パネ
ル2の上半部の略中央には、変動表示手段としてのリー
ル4a、4b、4cの回転により変動表示される図柄を
遊技者に視認させるための表示窓部20が設けられてい
る。この表示窓部20からは、リール4a、4b、4c
が停止している状態で各リール4a、4b、4cの外周
面に表記された図柄列のうち3個の図柄がそれぞれ視認
可能となっている。つまり、リール4a、4b、4cが
停止した状態では、表示窓部20から図2に示すような
合計9個の図柄が視認できる。
【0035】表示窓部20の上方には、種々の情報が表
示される液晶表示装置等からなる情報表示装置5等が設
けられている。情報表示装置5は、表示制御装置35
(図3)により制御され、選択ゲームの演出表示や高確
率に変動された入賞種類の報知が行われる。
【0036】表示窓部20の左側方には、遊技者が投入
したメダル数またはクレジットからベットされた賭数
(最高3枚)に対応して有効化されたベットラインを表
示するベットライン表示部13が設けられている。ベッ
トライン表示部13は、例えば、メダル賭数が1枚のと
きはベットライン表示部13中央の「1」が点灯され中
段の横ラインだけが有効ラインであることを示し、メダ
ル賭数が2枚のときはベットライン表示部13中央の
「1」とその上下に位置する「2」が点灯され上段、中
段、下段の3本の横ラインが有効ラインであることを示
し、メダル賭数が3枚のときはベットライン表示部13
の「1」「2」「3」がすべて点灯され3本の横ライン
と右下がり、右上がりの2本の斜めラインの計5ライン
が有効ラインであることを示す。
【0037】表示窓部20の右側方には、各種遊技状態
を表示する遊技状態表示部14が設けられている。遊技
状態表示部14は、例えば、遊技台がゲームを実行可能
な状態であることを示しメダルの投入を示唆する「IN
SERT_MEDALS」表示、リプレイ入賞を獲得し
たことおよび現在行っている遊技がリプレイ入賞を獲得
した後のリプレイゲームであることを示す「REPLA
Y」表示、遊技者がメダルを投入してスタートレバーを
操作してからリールが回転開始するまで待ち時間がある
ことを示す「WAIT」表示、遊技者がリール停止ボタ
ンを操作してリールを停止させるか、または所定時間経
過して自動的にリールが停止されてゲームが終了したこ
とを示す「GAME_OVER」表示等で構成される。
【0038】表示窓部20の下方には、遊技者が各種入
賞を獲得してメダルの払い出しを受けるときの払出枚数
を表示する払出し表示部8、BBやRBの残りゲーム回
数などを表示する遊技進行表示部11、メダルのクレジ
ット数を表示するクレジット数表示部12が横並びに設
けられている。なお、これらの各表示部8、11、12
は7セグメントLEDや液晶装置を用いて構成すること
ができる。
【0039】前面パネル2の上部には、透光性を有する
前面カバー部材25が装着され、この前面カバー部材2
5の背部には、ランプ・LED等の発光部材からなる装
飾表示部37(図3)やスピーカ等からなる音出力部2
6が配設されている。
【0040】前面パネル2の上半部と下半部の中間にあ
る傾斜台部22には、メダルを投入するメダル投入口1
5が配設され、遊技者はこの投入口にメダルを投入する
ことにより遊技できるようになる。また、傾斜台部22
には、押圧操作によりクレジット数(クレジットデー
タ)からメダルを1枚ずつベット可能な1ベットボタン
10と、1回の押圧操作でクレジット数からベット可能
枚数(例えば、クレジット数が3枚以上であれば3ベッ
ト、クレジット数が2枚であれば2ベット)だけメダル
がベットされるマックスベットボタン9が配設されてい
る。このメダルベットボタン9、10により、メダル投
入口15よりメダルを投入することなくクレジット数表
示部12に表示されているクレジット数以内でメダルを
ベットすることができ、この賭数に応じて有効ラインが
設定される。なお、本実施形態では、前述したように1
回の遊技で最高3枚のメダルをベットすることができ、
このとき5ラインが有効ラインとなる。
【0041】前面パネル2の下半部には、矩形状の化粧
パネル19が設けられ、この化粧パネル19の上方に
は、メダルをクレジットとして記憶可能なクレジット状
態と記憶不能な非クレジット状態の何れか一方の状態に
選択的に切換可能なクレジット選択ボタン18、各リー
ル4a、4b、4cの回転を開始させるためのスタート
レバー6および各々のリール4a、4b、4cの回転を
停止させるためのリール停止ボタン7a、7b、7cが
設けられている。
【0042】リール停止ボタン7a、7b、7cの各々
には、リール停止ボタンが操作可能な状態であるか否か
を報知する操作情報ランプ39(図3参照)がそれぞれ
内蔵されている。例えば、これらの操作情報ランプ39
が点灯していない間はリール停止ボタン7a、7b、7
cを操作不能とし、ランプが点灯した後にリール停止ボ
タン7a、7b、7cを操作可能とする。また、操作情
報ランプ39の点灯色によってリール停止ボタン7a、
7b、7cが操作可能な状態であるか否かを報知するよ
うにしてもよい。
【0043】また、化粧パネル19の左右両側方には、
透光性を有する前面カバー部材24、24が装着され、
これら前面カバー部材24、24の背部には、ランプ・
LED等が配設されている。また、化粧パネル19の下
方には、前面パネル2の背部にあるメダル払出部3(図
2参照)より払い出されたメダルを貯留可能な受皿23
や、灰皿21などが設けられている。
【0044】図2は、前面パネル2を開放したときの機
体内部の構成を示す概略図である。本実施形態のスロッ
トマシン100は、ボックス形状の本体部1の左端に蝶
番を有し、この蝶番を軸として前面パネル2が片開き形
式に開閉自在とされている。本体部1の上段には後述す
る遊技制御装置等が搭載された制御部50が配設され、
中段には変動表示手段を構成する3個のリール4a、4
b、4cが回転自在な状態で横並びに配置され、下段に
は多数枚のメダルを収容可能なホッパーを有するメダル
払出機3が配置されている。また、リール装置4とメダ
ル払出機3との間には、島設備側に向けて音が出力され
るスピーカ26bが設けられている。
【0045】なお、前記リール装置4は、前記3個のリ
ール4a、4b、4cと、ステッピングモータ等からな
るリール駆動用モータ4Ma、4Mb、4Mc(図3参
照)と、リール位置検出センサ31a、31b、31c
(図3参照)とで構成される。また、リール4a、4
b、4cの外周面には複数種類の図柄からなる図柄列
(図5参照)が表記されており、各リール4a、4b、
4cはリール駆動用モータ4Ma、4Mb、4Mcの駆
動によって互いに独立して回転可能に構成される。な
お、リール回転速度は一般には高速度で一定であるが、
スロットマシン前面にリールの回転速度を高速度と低速
度に切替可能なスイッチを設けるようにして、遊技者に
回転速度を選択させるようにしてもよい。
【0046】また、前記メダル払出機3の上部にはメダ
ル払出機3内に貯留されたメダルが収容枚数を越える
と、メダル払出機3の右側に配設された予備貯留部27
にメダルが貯留されるように流出口が設けられている。
【0047】図3は、当該スロットマシンの内部に設置
されるメイン制御手段としての遊技制御装置の主要制御
ブロック図である。図中、遊技制御装置50は、CPU
(Central Processing Unit)51、読出し専用のRO
M(Read Only Memory)52、読出し書込み可能なRA
M(RandomAccess Memory)53、入出力インターフェ
ース(I/F)54、乱数発生装置55で構成される。
【0048】CPU51は、制御部および演算部により
各種演算制御を行う他、抽選手段により変動表示手段
(リール装置4)において予め定められている図柄組合
せ態様が形成されるようにリール4a、4b、4cを停
止させることを許可するか否かを決定する内部抽選を行
う。
【0049】前記抽選手段は、乱数発生器(乱数発生用
IC)55において生成され、出力された乱数を内部抽
選用の乱数として用いて内部抽選を行う。ここで、抽選
手段による内部抽選に当選することを「フラグが成立す
る」または「内部成立する」と呼ぶ。なお、乱数発生器
55の代わりにCPU51のソフト処理で内部抽選用乱
数を生成するようにしてもよい。
【0050】また、遊技制御装置50は、前記内部抽選
の際に用いられる当選確率(内部成立確率)を制御する
確率制御手段を備え、該確率制御手段は、各種入賞が内
部成立する確率(内部成立確率)を変動可能な確率変動
制御手段を備えている。前記確率変動制御手段は、所定
の条件が成立することに伴い、所定の入賞の内部成立確
率を通常時よりも高確率(または低確率)に変動させ
る。例えば、内部抽選用の乱数を少なくしたり、逆に当
選となる乱数を増やしたりすることにより内部成立確率
を高くすることができる。以下、各種入賞の内部成立確
率を高確率(または低確率)に変動させることを、単に
確率変動と呼ぶ。
【0051】例えば、確率変動制御手段は、表1にした
がって各入賞の内部成立確率を高確率(または低確率)
に変動させる。なお、表1は確率変動態様の一例であ
り、BB入賞、スイカ入賞、チェリー入賞、リプレイ入
賞については、高確率または低確率に変動させ、RB入
賞および王冠入賞については高確率にのみ変動させる例
である。
【0052】
【表1】
【0053】つまり、BB入賞については、通常状態で
は1/240である内部成立確率が、確率変動制御手段
により高確率に変動されると1/48になり、低確率に
変動されると1/480になる。RB入賞については、
通常状態では1/364である内部成立確率が、確率変
動制御手段により高確率に変動されると1/93にな
る。
【0054】スイカ入賞については、通常状態では1/
273である内部成立確率が、確率変動制御手段により
高確率に変動されると1/55になり、低確率に変動さ
れると1/546になる。王冠入賞については、通常状
態では1/27である内部成立確率が、確率変動制御手
段により高確率に変動されると1/6になる。
【0055】チェリー入賞については、通常状態では1
/22である内部成立確率が、確率変動制御手段により
高確率に変動されると1/5になり、低確率に変動され
ると1/44になる。なお、チェリー入賞には、有効ラ
インが5ライン(横3ライン、斜め2ライン)である場
合にチェリーの図柄が左リール4aの上段あるいは下段
に停止表示されたときの4枚チェリー入賞と、中段に停
止表示されたときの2枚チェリー入賞とがあるが、両方
とも表1に示す内部成立確率にしたがって制御される。
リプレイ入賞については、通常状態では1/7である内
部成立確率が、確率変動制御手段により高確率に変動さ
れると1/2になり、低確率に変動されると1/14に
なる。
【0056】このように、本実施形態では、すべての入
賞に対して、高確率に変動する場合は通常の内部成立確
率の5倍(約5倍)に制御し、低確率に変動する場合は
1/2(約1/2)に制御している。ただし、確率変動
態様は表1に示したものに制限されず、この他の変動確
率値にしたがって確率変動するようにしてもよい。
【0057】また、遊技制御装置50は、前記抽選手段
の抽選結果に基づいて所定の図柄組合せ態様が形成され
るように(または形成されないように)前記リール装置
4の停止制御が可能な制御手段を備える。
【0058】ROM52には、制御プログラムや制御デ
ータが格納されている他、内部抽選用の判断値などが格
納されている。 RAM53は、CPU51で生成され
る内部抽選用の乱数の記憶領域や、その他の各種データ
(例えば、メダルのクレジット数、メダルの賭数、成立
フラグなど)の記憶領域、並びに、CPU51の作業領
域を備えている。
【0059】入出力インターフェース(I/F)54
は、図示しないローパスフィルタ及びバッファゲートを
介して、投入メダル検出センサ15S、スタートレバー
スイッチ6S、リール停止スイッチ7Sa、7Sb、7
Sc、リール位置検出センサ31a、31b、31c、
1ベットスイッチ10S、マックスベットスイッチ9
S、クレジット選択スイッチ18S、払出メダル検出セ
ンサ3S、確率設定装置32、リセットスイッチ33、
前面枠開放検出スイッチ34等から出力される各種の検
出信号をCPU51に対して出力している。
【0060】ここで、投入メダル検出センサ15Sはメ
ダル投入口15より投入されたメダルを検出するための
センサで、スタートレバースイッチ6Sはスタートレバ
ー6が操作されたことを検出するためのスイッチで、リ
ール停止スイッチ7Sa、7Sb、7Scはリール停止
ボタン7a、7b、7c毎に各々設けられ、各リール停
止ボタン7a、7b、7cが操作されたことを検出する
ためのスイッチで、リール位置検出センサ31a、31
b、31cはリール4a、4b、4c毎に各々設けられ
各リール4a、4b、4cの停止位置を検出するセンサ
で、1ベットスイッチ10Sは1ベットボタン10が押
されたことを検出するためのスイッチで、マックスベッ
トスイッチ9Sはマックスベットボタン9が押されたこ
とを検出するためのスイッチで、クレジット選択スイッ
チ18Sはクレジット選択ボタン18が押されたことを
検出するためのスイッチで、払出メダル検出センサ3S
はメダル払出機3から払い出されたメダルの枚数を検出
するセンサで、確率設定装置32はスロットマシンの設
定(BB入賞およびRB入賞の内部成立確率が異なる1
〜6の設定が用意されており、設定1の入賞フラグ成立
確率が一番低く設定値が大きくなるにつれ入賞フラグ成
立確率は高くなる)を切り替える装置で、リセットスイ
ッチ33はスロットマシンの遊技状態をリセットするた
めのスイッチで、前面枠開放検出スイッチ34は前面パ
ネル2が開放されたことを検出するスイッチである。
【0061】また、入出力インターフェース(I/F)
54は、CPU51から出力される制御信号を、図示し
ない出力ポート及びドライバを介して、演出制御装置
(サブ制御手段)60、ベットライン表示部13、クレ
ジット数表示部12、払出数表示部8、遊技進行表示部
11、遊技状態表示部14、装飾表示部37、メダル払
出部3、リール用モータ4M(4Ma、4Mb、4M
c)、外部信号出力部38、リール操作情報ランプ39
などに出力している。
【0062】サブ制御手段としての演出制御装置60
は、制御用CPUおよびRAM、ROM等を備えてお
り、情報表示装置5の演出に関わる情報表示や音出力等
の制御を統括して行う。また、特別入賞が獲得され派手
な演出が行われている特別遊技状態中に、一定時間ゲー
ムが実行されなければ情報表示装置5の演出表示や音出
力部26からの出力を小さくしたり停止させたりする制
御等も行う。
【0063】表示制御装置35は、表示制御用CPUお
よびRAM、情報表示データを記憶するROM等で構成
され、演出制御装置60から送信された制御信号に基づ
いて、情報表示装置5から遊技状態に対応した演出態様
を表示させる。
【0064】前記音制御装置26は、音制御用CPUお
よびRAM、効果音データを記憶するROM、およびア
ンプ等で構成され、演出制御装置60から送信された音
制御信号に基づいて音出力部26から遊技状態に対応し
た効果音等を出力させる。
【0065】また、遊技制御装置50と演出制御装置6
0との通信形態は、遊技制御装置50から演出制御装置
60への単方向にのみ制御信号が送信されるようになっ
ていて、遊技制御装置50への不正な信号が入力される
のを防止している。
【0066】また、演出制御装置60と表示制御装置3
5との間、および演出制御装置60と音制御装置26と
の間は、双方向通信が可能に構成されている。
【0067】図4は、遊技制御装置50により行われる
通常状態の遊技制御処理について示したフローチャート
である。この遊技制御処理では、先ず、ステップS1に
おいて、メダルがベットされた状態であるか否かを判定
する処理を行う。この処理では、前回のゲームの結果と
してリプレイゲームの権利が発生している場合(前回の
ゲームでベットされたメダルの持ち越しが有る場合)
と、メダル投入口15より少なくとも1枚以上のメダル
が投入された場合と、RAM53に少なくとも1枚以上
のメダルがクレジットとして記憶されている状態で1ベ
ットボタン10或いはマックスベットボタン9が操作さ
れた場合の何れかに該当するときに、メダルがベットさ
れた状態であると判定する。
【0068】例えば、メダル投入口15よりメダルが投
入されると、先ず、その投入されたメダルがメダル検出
センサ15Sにより検出されて該検出信号が遊技制御装
置50に入力される。そして、その検出信号に基づい
て、メダルの賭数が記憶されるとともに、その賭数に対
応する有効ラインがベットライン表示部13により表示
される。但し、賭数には、所定の上限値(例えば3枚)
が設定されており、例えば、クレジット選択ボタン18
により「非クレジット状態」が選択されている状態にお
いて、賭数の上限値を超えるメダルがメダル投入口15
より投入された場合には、超えた分のメダルは賭数に加
算されずに受皿23へと返却される。一方、クレジット
選択ボタン18により「クレジット状態」が選択されて
いる状態において、賭数の上限値を超えるメダルがメダ
ル投入口15より投入された場合には、超えた分のメダ
ルがクレジット数に加算されるとともに、その加算結果
がクレジット数としてクレジット数表示部12に表示さ
れる。
【0069】ステップS1でメダルがベットされた状態
であると判定した場合にはステップS2へと移行し、そ
うでない場合にはメダルがベットされるまで、この処理
が繰り返される。
【0070】ステップS2では、スタートレバースイッ
チ6Sからの信号に基づきスタートレバー6が操作され
たか否かを判定し、スタートレバー6が操作されたと判
定した場合にはステップS3へと移行し、そうでない場
合にはスタートレバー6が操作されるまでこの処理が繰
り返される。
【0071】ステップS3では、スタートレバー6の操
作に基づいて内部抽選用の乱数を抽出し、該抽出した乱
数と予めROM52に記憶されている判定値(賭数や遊
技台の設定値によって変化する)との比較により内部抽
選を行う。この内部抽選結果に基づいて各種入賞(例え
ば、小役、BB、RB、リプレイなど)に当選したか否
かが決定され、当選した場合には当選した入賞に対応す
る入賞フラグが立てられる(内部成立する)。尚、スタ
ートレバー6の操作時以外に、リール4a、4b、4c
の回転開始時やメダルの投入またはクレジットのベット
時に内部抽選用の乱数を抽出するようにしてもよい。
【0072】ステップS4では、前回ゲームにおける各
リール4a、4b、4cの回転開始から一定時間(例え
ば、4.1秒)経過しているか否かの判定を行い、一定
時間経過していると判定した場合には、ステップS5を
スキップしてステップS6に移行し、一定時間経過して
ないと判定した場合には、ステップS5で遊技開始まで
の待ち時間を消化した後(つまり、前回ゲームにおける
各リール4a、4b、4cの回転開始から一定時間経過
した後)、ステップS6に移行する。ここで、ステップ
S5における遊技開始までの待ち時間消化中は図1中符
号14の「WAIT」表示が点灯される。
【0073】ステップS6では、リール駆動用モータ4
Ma、4Mb、4Mcに制御信号を送って各リール4
a、4b、4cの回転を開始させるリール回転開始処理
を行う。具体的には、遊技制御装置50は、スタートレ
バースイッチ6Sからの検出信号の入力に基づき、リー
ル駆動用モータ4Ma、4Mb、4Mcに対してリール
4a、4b、4cの回転開始を指示する制御信号を送信
して、各リール4a、4b、4cの回転を一斉に開始さ
せる。そして、スタートレバー6が操作されてから所定
時間経過すると、各リール停止ボタン7a、7b、7c
に対応する操作情報ランプ39を点灯して、各リール停
止ボタン7a、7b、7cが操作可能な状態になるよう
に制御する。
【0074】ステップS7では、遊技者が各リール停止
ボタン7a、7b、7cにより各リールをストップ操作
したタイミングと各入賞フラグの成立状態に基づいてリ
ール4a、4b、4cの停止位置を決定し、この決定に
基づいてリール駆動用モータ4Ma、4Mb、4Mcに
対して制御信号を出力する。例えば、何れかの入賞フラ
グが成立している状態においては、その入賞に対応する
図柄組合せ態様が有効ライン上に停止表示されるよう
に、リールの引き込み制御が行われる。即ち、遊技者が
リール停止ボタン7a、7b、7cを操作したときに有
効ライン上に本来停止表示されるべき図柄、或いはそれ
に続く数コマ分(例えば4コマ分)の図柄の中にフラグ
が成立した入賞に対応する図柄が含まれる場合には、そ
の入賞に対応する図柄が有効ライン上に強制的に停止表
示されるように、各リール4a、4b、4cの停止制御
が行われる。
【0075】ただし、スタートレバー6が操作されてか
ら一定時間(例えば、30秒以上)経過しても遊技者に
よって各リール停止ボタン7a、7b、7cのストップ
操作が行われない場合には、遊技制御装置50は各リー
ル4a、4b、4cのゲーム開始前の状態と入賞フラグ
の成立状態に基づいて決定したリールの停止位置に従っ
てリール駆動用モータ4Ma、4Mb、4Mcに対して
制御信号を出力し、各リール4a、4b、4cの回転を
自動的に停止させる。
【0076】次いで、ステップS8では、リールの停止
表示態様に基づいて入賞判定処理を行う。この入賞判定
処理では、リール位置検出センサ31a、31b、31
cにより各リールの停止位置を検出し、何れかの入賞
(例えば、小役、BB、RB、リプレイなど)に対応す
る停止表示態様が有効ライン上に形成されているか否か
に基づいて入賞が獲得されたかを判定する処理を行う。
【0077】次に、ステップS8の入賞判定処理におい
て入賞が獲得されたと判定された場合には所定枚数のメ
ダルの払出処理を行う(ステップS9)。この払出処理
では、ステップS8の入賞判定処理においてリプレイゲ
ーム以外の入賞が確定していると判定された場合に、メ
ダル払出部3に制御信号を送って確定した入賞態様に応
じた数のメダルを払い出す処理又は入賞態様に応じたメ
ダル数をクレジット数の記憶に加算する処理を行うとと
もに、小役やリプレイゲームの入賞フラグをクリアする
処理等を行う。また、この払出処理では、ステップS8
の入賞判定処理においてリプレイゲームの発生が決定さ
れた場合には今回のゲームで記憶された賭数を次回ゲー
ムに持ち越す処理を行い、リプレイゲームの発生が決定
されなかった場合には賭数の記憶をクリアする処理を行
う。
【0078】次に、ステップS3における入賞の内部成
立結果またはステップS8における入賞判定処理結果に
基づいて確率変動処理を行う(ステップS10)。次
に、確率変動終了処理を行い、確率変動を継続するか終
了するか決定する(ステップS11)。なお、ステップ
S10の確率変動処理およびステップS11の確率変動
終了処理の詳細については後述する。以上のような制御
処理により一連の遊技制御処理が終了されて1ゲームが
終了する。
【0079】図5は、本実施形態のスロットマシンが備
えているリールに表記される図柄の配列図であり、図6
は入賞種類と各入賞に対応する図柄組合せ態様および入
賞役に基づく入賞内容との対応図である。図5に示すよ
うに、本実施形態では、左リール4aの配列番号0、6
に位置する「黒7」、左リール4aの配列番号1、10
に位置する「白7」、左リール4aの配列番号2、8、
・・に位置する「王冠」、左リール4aの配列番号3、
7、・・に位置する「剣の刺さったプラム(以下、単に
プラムと称する)」、左リール4aの配列番号4に位置
する「人の顔を模倣したキャラクタ(以下、BARと称
する)」、左リール4aの配列番号5、14、・・に位
置する「スイカ」、左リール4aの配列番号9、20に
位置する「チェリー」の7種類の図柄が所定の規則に従
ってリール上に配置されている。そして、リール4a、
4b、4cを停止させたときに、有効ライン上に停止さ
れた図柄が図6に示す成立図柄列のいずれかを形成して
いれば対応する入賞が獲得される。
【0080】本実施形態では、通常遊技状態において、
「ビッグボーナス(BB)入賞」、「レギュラーボーナ
ス(RB)入賞」、「リプレイ入賞」、「小役入賞(ス
イカ入賞、王冠入賞、チェリー入賞)」または「ハズ
レ」のいずれかが内部抽選によって当選される。
【0081】BB入賞は、「黒7、黒7、黒7」、「白
7、白7、白7」、「BAR、BAR、BAR」が有効
ライン上に停止表示された場合に確定される入賞で、メ
ダルが15枚払い出されるとともにBB状態が発生す
る。なお、本実施形態のスロットマシンは、一般的なB
B入賞であるノーマルBB入賞と、ノーマルBB入賞よ
りもBB状態中に大量の遊技媒体を獲得可能なスーパー
BB入賞とを有する。本実施形態では、2種類のBB入
賞は内部成立するフラグの種類により区別され、何れの
BB入賞も対応する図柄組合せ態様は同じである。ま
た、BB入賞のフラグが成立した後でノーマルBBとす
るかスーパーBBとするかの抽選を行うようにすること
もできる。
【0082】RB入賞は、「黒7、黒7、BAR」、
「白7、白7、BAR」が有効ライン上に停止表示され
た場合に確定される入賞で、メダルが15枚払い出され
るとともにRB状態が発生する。
【0083】リプレイ入賞は、「プラム、プラム、プラ
ム」が有効ライン上に停止表示された場合に確定される
入賞で、リール停止後にリプレイゲームが行われる。こ
のリプレイゲームでは、今回のメダル賭数が次回ゲーム
に持ち越されるので、メダルを新たにベットしなくとも
ゲームを開始することができる。
【0084】小役入賞は、「スイカ、スイカ、スイ
カ」、「王冠、王冠、王冠」、「チェリー、ANY、A
NY」(「ANY」部分はどんな図柄であってもよい)
の何れかが有効ライン上に停止表示されることにより確
定される入賞で、小役入賞の種類に対応する枚数のメダ
ルが払い出される。例えば、「スイカ、スイカ、スイ
カ」が有効ライン上に停止表示された場合に確定される
スイカ入賞のときは10枚、「王冠、王冠、王冠」が有
効ライン上に停止表示された場合に確定される王冠入賞
のときは8枚、「チェリー、ANY、ANY」が有効ラ
イン上に停止表示された場合に確定されるチェリー入賞
のときは2枚のメダルが払い出される。
【0085】なお、BB状態中の小役ゲームにおける王
冠入賞(ボーナス王冠入賞)は通常ゲームにおける王冠
入賞と異なり、対応する図柄組合せ態様は、「王冠、王
冠、黒7」、「王冠、王冠、白7」、「王冠、王冠、B
AR」のうちのいずれかとし、それぞれの図柄組合せ態
様に対する成立フラグの種類も異なるようにしている。
すなわち「王冠、王冠、黒7」のフラグが成立した場合
は、右リールに「黒7」を目押し操作しなければ王冠入
賞の取りこぼしが生じるようにしている。
【0086】ノーマルBB入賞によるBB状態中は、小
役ゲームにおいてフラグが成立した入賞種類を示唆する
図柄(例えば、「黒7」、「白7」、「BAR」)を情
報表示装置5に表示しないため、小役ゲームにおけるボ
ーナス王冠入賞を1/3の確率でしか獲得できない。こ
れに対して、スーパーBB入賞によるBB状態中は、小
役ゲームにおいてフラグが成立した入賞種類を示唆する
図柄(例えば、「黒7」、「白7」、「BAR」)を情
報表示装置5に表示するようにし、ボーナス王冠入賞を
確実に獲得できるようにして獲得できるメダル枚数に差
が生じるようにしている。
【0087】また、JACイン入賞とは、BB状態中の
小役ゲームにおいて「プラム、プラム、プラム」が有効
ライン上に停止表示された場合に確定される入賞で、2
枚のメダルが払い出されるとともに、1枚だけメダルを
ベットして高確率で「プラム、プラム、プラム」が有効
ライン(例えば中段ライン)上に停止表示されるように
停止制御されるJACゲームが開始される。なお、BB
状態中の小役ゲームにおいてJACイン入賞となった場
合には、12回のJACゲームが終了されるかまたは8
回のJAC入賞が獲得されるまでJACゲームは継続さ
れる。
【0088】JAC入賞とは、前記JACイン入賞によ
り開始されるJACゲームにおいて、メダルを1枚ベッ
トしたときに「プラム、プラム、プラム」が有効ライン
(例えば中段ライン)上に停止表示された場合に確定さ
れる入賞で、15枚のメダルが払い出される。ただし、
JACゲーム中は「プラム、プラム、プラム」が有効ラ
イン上に停止表示されてもリプレイ入賞とはならずリプ
レイゲームは行われない。
【0089】本実施形態のスロットマシン100におい
ては、遊技制御装置50によりリールの停止制御が行わ
れ、遊技者がリール停止ボタン7a、7b、7cを操作
したタイミングから最大4コマ進んだ位置でリール4を
停止させることができる。このため、遊技者がリール停
止ボタン7a、7b、7cを操作したタイミングで有効
ライン上にある図柄とそれ以降の4コマの中にフラグが
成立した入賞に対応する図柄があれば、その図柄が強制
的に有効ライン上に引き込まれて停止表示される。つま
り、連続する5コマの中に必ず存在する図柄は、遊技制
御装置50による停止制御(引き込み制御)によってか
ならず有効ライン上に停止表示させることができる。こ
のため、このような図柄で形成される入賞は、フラグが
成立したときに必ず獲得することができる。例えば、図
5の図柄配列図では「王冠」と「プラム」がそれに該当
するので、王冠入賞(通常ゲーム)とリプレイ入賞はフ
ラグが成立すると必ず獲得することができる。ただし、
遊技者が変則押し(例えば、中→右→左)をした場合等
にリール停止制御が正常に機能しなくなる場合はこの限
りではない。
【0090】一方、王冠入賞(通常ゲーム)およびリプ
レイ入賞以外の入賞は、特定の図柄を狙って停止ボタン
7を操作(目押し操作)しなければ、遊技制御装置50
による停止制御が行われても必ずしも獲得することはで
きない。一例として、BB入賞のフラグが成立して、有
効ライン上に「白7」を停止表示させる場合について説
明する。まず、第1リール(左リール)4aには、点線
L1で囲まれる図柄(配列番号1に対応する「白7」、
配列番号2に対応する「王冠」、配列番号3に対応する
「プラム」、配列番号4に対応する「BAR」、配列番
号5に対応する「スイカ」)の何れかを有効ライン上に
停止させるタイミングでリール停止ボタン7aを操作す
れば、配列番号1に対応する「白7」が有効ライン上に
停止する。または、点線L2で囲まれる図柄(配列番号
10に対応する「白7」、配列番号11に対応する「王
冠」、配列番号12に対応する「プラム」、配列番号1
3に対応する「王冠」、配列番号14に対応する「スイ
カ」)の何れかを有効ライン上に停止させるタイミング
でリール停止ボタン7aを操作すれば配列番号10に対
応する「白7」が有効ライン上に停止する。しかし、上
述した以外のポイントでリール停止ボタン7aを操作し
ても「白7」の図柄を有効ライン上に停止表示させるこ
とはできない。
【0091】同様に、第2リール(中リール)4aには
点線Cで囲まれる図柄の何れかを有効ライン上に停止さ
せるタイミングでリール停止ボタン7bを操作すれば配
列番号15に対応する「白7」が有効ライン上に停止
し、第3リール(右リール)4aには点線Rで囲まれる
図柄の何れかを有効ライン上に停止させるタイミングで
リール停止ボタン7cを操作すれば配列番号5に対応す
る「白7」が有効ライン上に停止する。このような目押
し操作を行うことによって「白7」を有効ライン上に3
つ停止表示させることができ、BB入賞を獲得すること
ができる。
【0092】図7は、本実施形態のスロットマシンにお
ける遊技状態の遷移状況を示す概念図であり、遊技状態
は通常状態(A)、BB状態(B)、RB状態(C)の
3つに分けられる。通常状態(A)では、1ゲーム毎に
内部抽選が行われ、「BB入賞」、「RB入賞」、「小
役入賞」、「リプレイ入賞」、「ハズレ」の何れかが抽
選によって決定される。
【0093】そして、通常状態(A)での内部抽選の結
果、BB入賞のフラグが成立すると、停止表示態様が所
定の図柄組合せ態様(例えば「白7、白7、白7」)と
なることにより遊技状態はBB状態(B)となり、BB
ゲーム(小役ゲーム+JACゲーム)が開始される。こ
こで、成立したBB入賞がスーパーBB入賞である場合
には、確率変動処理によりBBゲーム後のゲームにおい
て確率変動させる入賞が決定される。一方、成立したB
B入賞がノーマルBB入賞である場合には、確率変動処
理によりBBゲーム後のゲームにおいて確率変動させる
入賞は選択されず通常確率のままとされる。BB状態
(B)でBBゲームの終了条件が成立した後は通常状態
(A)に移行し、前記確率変動処理の結果にしたがって
確率変動ゲームまたは通常ゲームが実行される。
【0094】また、通常状態(A)での内部抽選の結
果、RB入賞のフラグが成立すると、停止表示態様が所
定の図柄組合せ態様(例えば「白7、白7、BAR」)
となることにより遊技状態はRB状態(C)となり、R
Bゲーム(JACゲーム)が開始される。RB状態
(C)で所定回数のJACゲームが終了された後は通常
状態(A)に移行し、通常ゲームあるいは確率変動ゲー
ムが再開される。
【0095】図8は、BBゲームの進行状況を示す概念
図であり、これに従ってBB状態中のゲーム進行につい
て説明する。まず、所定の図柄組合せ態様(例えば「白
7、白7、白7」)が有効ライン上に停止されBB入賞
が発生すると、通常ゲーム時に比べて高い確率で小役入
賞を獲得できる小役ゲーム状態となる(a)。この小役
ゲーム状態(a)における遊技は通常状態と同様に進行
され、例えばメダルを3枚投入して、スイカ入賞が獲得
された場合にはメダルが10枚払い出され、王冠入賞が
獲得された場合にはメダルが8枚払い出され、チェリー
入賞が獲得された場合にはメダルが2枚払い出される。
ただし、本実施形態のBB入賞においては小役ゲームの
主となる入賞は王冠入賞であり、スーパーBB入賞であ
る場合はフラグ成立している入賞種類を情報表示装置5
等で報知され、ノーマルBB入賞である場合にはフラグ
成立している入賞種類を報知されないように構成し、ス
ーパーBB入賞とノーマルBB入賞とで獲得枚数に格差
が生じるようにしている。
【0096】そして、小役ゲーム状態(a)において、
例えば「プラム、プラム、プラム」の図柄列が有効ライ
ン上に停止表示された場合にJACインとなり(b)、
このJACインにより2枚のメダルが払い出されるとと
もに、小役ゲームが一時中断され高確率でJAC入賞を
獲得できるJACゲーム状態となる(c)。なお、小役
ゲーム中に特定の図柄が有効ライン上に停止表示された
場合にJACインとなり即座にJACゲームに移行する
のではなく、リール装置4とは別に設けられた情報表示
装置5等の表示装置でJACインに関するゲームを行
い、そのゲーム結果に基づいてJACゲームが発生する
ようにしてもよい。
【0097】JACゲーム状態(c)では、メダルの賭
数は1枚とされ、この1ベットに対応する有効ライン
(例えば、中段横ライン)上に「プラム、プラム、プラ
ム」の図柄列が停止表示されるとJAC入賞となりメダ
ルが15枚払い出される。このJACゲームは最大12
回まで実行可能となっており、12回目のJACゲーム
が終了すると小役ゲームが再開される(d)。但し、J
ACゲームが12回に達する前にJAC入賞が8回獲得
された場合には、8回目のJAC入賞を以てJACゲー
ムは終了され、小役ゲームが再開される(d)。
【0098】また、BB中の小役ゲームは、最大30回
まで実行可能となっており(JACインしたゲームは含
み、JACインした後のJACゲームは含まない)、小
役ゲームが30回消化された時点でBBゲームは終了と
なる(e)。但し、小役ゲームが30回消化されるまで
に3回JACインした場合には、3回目のJACインに
よるJACゲームの終了を以て当該BBゲームは終了と
なる(f)。
【0099】因みにRB入賞は、所定の図柄組合せ態様
(例えば「白7、白7、BAR」)が有効ライン上に停
止されRBが発生すると同時にJACインとなり、この
JACインにより15枚のメダルが払い出されるととも
に、高確率でJAC入賞を獲得できるJACゲームが開
始される。そして12回目のJACゲームが終了する
か、またはJACゲームが12回に達する前にJAC入
賞を8回獲得するとRBは終了され、通常状態に移行さ
れる。
【0100】次に、図4のステップS10における確率
制御手段による確率変動処理について説明する。図9
は、所定の条件としてスーパーBB入賞が成立(BB入
賞に対応する図柄組合せ態様の形成)したことに基づい
て、BBゲーム後に各種入賞の内部成立確率を高確率に
変動させる確率変動処理に関するフローチャートであ
る。まず、ステップS101で、BB入賞に対応する図
柄組合せ態様が形成されたか判定する。ステップS10
1で、BB入賞に対応する図柄組合せ態様が形成された
と判定した場合はステップS102に移行し、一方、B
B入賞に対応する図柄組合せ態様が形成されていないと
判定した場合はそのまま処理を終了する。
【0101】次に、ステップS102で、成立したBB
入賞がスーパーBB入賞かノーマルBB入賞の何れであ
るかを判定する。そして、ノーマルBB入賞であると判
定した場合は、ステップS104に移行してBB入賞の
小役ゲームにおける小役入賞の報知(内部成立した入賞
種類の報知)を“なし”に設定して、ステップS107
に移行する。一方、ステップS102で、スーパーBB
入賞であると判定した場合は、ステップS103に移行
してBB入賞の小役ゲームにおける小役入賞の報知を
“あり”に設定する。
【0102】本実施形態では、BB入賞の小役ゲームに
おけるボーナス王冠入賞に対応する図柄組合せ態様を、
「王冠、王冠、黒7」、「王冠、王冠、白7」、「王
冠、王冠、BAR」のうちのいずれかとしており、スー
パーBB入賞の場合は、フラグが成立した入賞種類を示
唆する図柄(例えば、「黒7」、「白7」、「BA
R」)を情報表示装置5に表示してボーナス王冠入賞を
確実に獲得できるようにしている。これに対して、ノー
マルBB入賞ではどの図柄組合せ態様のボーナス王冠入
賞のフラグが成立しているか分からないため1/3の確
率でしかボーナス王冠入賞を獲得できないようにしてい
る。
【0103】次に、ステップS105で確率変動させる
入賞の選択処理を行う。具体的には、図10に示すよう
に、確率変動させる入賞を選択するための乱数を抽出し
て(ステップS121)、抽出された乱数に基づいて確
率変動させる入賞を選択する(ステップS122)。
【0104】次に、ステップS106で確率変動ゲーム
の終了条件の選択処理を行う。ただし、ステップS10
5の選択処理で、何れの入賞も確率変動されなかった場
合はこのステップを省略してもよい。具体的には、図1
1に示すように、確率変動ゲームを終了させるための乱
数を抽出して(ステップS131)、抽出された乱数に
基づいて確率変動ゲームの終了条件を選択する(ステッ
プS122)。
【0105】次いで、ステップS107でBBゲームが
終了したか判定して、終了したと判定するまでこのステ
ップを繰り返し行う。
【0106】そして、BBゲーム終了後に、ステップS
105における選択処理結果に基づいて、高確率に変動
させる入賞があるか判定する(ステップS108)。そ
して、ステップS108で確率変動させる入賞があると
判定した場合は、選択処理により選択された入賞の内部
成立確率を高確率に変動し(ステップS109)、BB
ゲーム後に確率変動ゲームが実行されるようにする。例
えば、各入賞の内部成立確率を前記表1にしたがって確
率変動させる。また、確率変動値は表1に示したものに
制限されず、高確率に変動させる場合、通常確率の3倍
や5倍、あるいは10倍に変動させたり、各入賞ごとに
変動させる倍率が異なるようにしてもよい。
【0107】一方、ステップS108で確率変動させる
入賞がないと判定した場合は各入賞の内部成立確率をす
べて通常確率にし(ステップS110)、BBゲーム後
に通常確率でゲームが実行されるようにする。
【0108】次に、確率変動された入賞を示唆する演出
表示が導出される選択ゲームの実行を指示し(ステップ
S111)、通常ゲームにおいて確率変動中であること
および確率変動された入賞の報知を指示する(ステップ
S112)。具体的には、確率変動制御手段としての遊
技制御装置50からサブ制御装置60へ制御信号を送信
することにより、情報表示装置5上に表示される。
【0109】なお。本実施形態ではBBゲーム(BB状
態)が終了したことを条件に選択ゲームを実行するよう
にしているが、BB入賞の成立時やBBゲーム(BB状
態)中に選択ゲームを実行するようにしてもよい。その
場合、ステップS111の選択ゲームの実行指示に関す
る処理は、ステップS107よりも前段に設けられる。
【0110】以上のようにして一連の確率変動処理が行
われ、BBゲーム後に確率変動ゲームまたは通常ゲーム
が実行される。
【0111】本実施形態では、確率変動制御手段は、複
数の特別入賞(ノーマルBB入賞、スーパーBB入賞)
のうち特定の特別入賞(スーパーBB入賞)が内部成立
して、当該特別入賞に対応する図柄組合せ態様が変動表
示手段に導出されたことに基づいて、ステップS104
の選択処理により所定の入賞の内部成立確率を高確率に
変動するようにしたので、所定の入賞の内部成立確率を
高確率へ変動させる契機を多彩にして興趣を高めること
ができるうえ、高確率への変動率をある程度抑制するこ
とが可能となり遊技店と遊技者との利益バランスを取る
ことが可能となる。
【0112】なお、本実施形態では、スーパーBB入賞
が成立したときに確率変動処理における選択処理を行う
ようにしているが、選択処理が実行される条件はこれに
制限されない。例えば、単にBB入賞(ノーマルBB入
賞を含む)等の特別入賞が成立(内部成立を含む、以下
同じ)したとき、所定の小役入賞が成立したとき、何れ
の小役入賞も成立しない所謂ハズレのとき、および特別
入賞が所定のゲーム数(例えば1000ゲーム)成立し
なかったとき(いわゆる天井)等にすることもできる。
または、前記入賞が成立したとき、またはハズレのとき
に所定の当選確率(例えば、特別入賞時は1/2、小役
入賞時は1/10、ハズレ時は1/30)の抽選を行い
当該抽選に当選したときとしてもよい。
【0113】次に、ステップS105の選択処理につい
て詳細に説明する。表2は、前記選択処理において利用
される、抽出乱数とそれに対応する入賞種類の一例であ
り、0〜99の乱数の中から抽出された乱数に基づいて
確率変動させる入賞を決定するパターンである。例え
ば、抽出乱数が0である場合は、BB入賞、RB入賞、
スイカ入賞、王冠入賞、チェリー入賞、リプレイ入賞の
すべてについて内部成立確率を高確率に変動する。ま
た、抽出乱数が1〜5である場合は、BB入賞と王冠入
賞の内部成立確率を高確率に変動する。また、抽出乱数
が6〜10である場合は、RB入賞と王冠入賞の内部成
立確率を高確率に変動する。また、抽出乱数が11〜2
0である場合は、BB入賞とリプレイ入賞の内部成立確
率を高確率に変動する。また、抽出乱数が21〜30で
ある場合は、RB入賞とリプレイ入賞の内部成立確率を
高確率に変動する。また、抽出乱数が31〜40である
場合は、BB入賞のみの内部成立確率を高確率に変動す
る。また、抽出乱数が41〜50である場合は、RB入
賞のみの内部成立確率を高確率に変動する。また、抽出
乱数が51〜70である場合は、王冠入賞のみの内部成
立確率を高確率に変動する。また、抽出乱数が71〜9
9である場合は、何れの入賞の内部成立確率も高確率に
は変動せず、通常確率のままとする。
【0114】このように、表2のパターン1にしたがう
選択処理によると、小役入賞の中でも変則押しをしない
限り取りこぼしの生じない王冠入賞とリプレイ入賞の内
部成立確率を高確率に変動する割合(王冠入賞4/9、
リプレイ入賞3/9)を他の小役入賞(スイカ入賞、チ
ェリー入賞)の内部成立確率を高確率に変動する割合
(1/9)よりも多くしているので、誰でも平等に確率
変動ゲームにおける利益を獲得できるといった効果があ
る。なお、表2は確率変動させる入賞組合せの一例であ
り、その他の形態も考えられる。例えば、スイカ入賞や
チェリー入賞のみを確率変動させる場合もある。
【0115】
【表2】
【0116】表3は、前記選択処理において利用され
る、抽出乱数とそれに対応する入賞種類の他の一例であ
り、各入賞ごとに用意された乱数の中から抽出された乱
数に基づいて確率変動させる入賞を決定するパターンで
ある。例えば、BB入賞の場合は選択用乱数として0〜
29の30個の乱数が用意され、その中から例えば7が
選択されたときに内部成立確率を高確率に変動する。ま
た、RB入賞の場合は選択用乱数として0〜19の20
個の乱数が用意され、その中から7が選択されたときに
内部成立確率を高確率に変動する。また、スイカ入賞の
場合は選択用乱数として0〜14の15個の乱数が用意
され、その中から7が選択されたときに内部成立確率を
高確率に変動する。また、王冠入賞の場合は選択用乱数
として0〜9の10個の乱数が用意され、その中から7
が選択されたときに内部成立確率を高確率に変動する。
また、チェリー入賞の場合は選択用乱数として0〜6の
7個の乱数が用意され、その中から5が選択されたとき
に内部成立確率を高確率に変動する。また、リプレイ入
賞の場合は選択用乱数として0〜4の5個の乱数が用意
され、その中から3が選択されたときに内部成立確率を
高確率に変動する。
【0117】なお、表3に示したパターン2にしたがう
選択処理は、複数の選択処理が必要となり処理が煩雑に
なる反面、確率変動させる入賞組合せのすべてを実現で
きるという利点がある。例えば、表2に示したパターン
では実現できない、スイカ入賞やチェリー入賞のみを確
率変動させることや、小役入賞同士の組合せで確率変動
させることも可能となる。この場合、各入賞に対する乱
数の値に周期性が出ないように、例えば乱数発生器(乱
数発生用IC)により選択用乱数を生成するのが望まし
い。
【0118】
【表3】
【0119】本実施形態は、表2または表3にしたがっ
て選択手段による選択処理を行うことにより、複数種の
入賞の中から2以上の入賞を重複して選択可能としたの
で、確率変動態様をより多彩なものにしてより興趣を高
めることができるとともに、遊技者の期待感をより向上
させることができる。また、上述したように、複数種の
入賞の中から選択手段による入賞の選択率は、それぞれ
の入賞ごとに異なって設定されるようにしたので、遊技
店と遊技者との利益バランスをとることができる。
【0120】次に、ステップS106の終了条件選択処
理について詳細に説明する。なお、ここでは表2に示し
たパターン1にしたがって確率変動させる入賞を決定し
た場合に対する、終了条件の選択処理について説明す
る。表4〜6は、前記終了条件選択処理において利用さ
れる、抽出乱数とそれに対応する終了条件の一例であ
り、0〜99の乱数の中から抽出された乱数に基づいて
確率変動を終了させる条件を決定する例である。
【0121】表4は、表2のNo.6(もしくはNo.
7)に該当する選択処理によりBB入賞(もしくはRB
入賞)のみが確率変動された場合に対応する終了条件の
一例である。例えば、抽出乱数が0〜4である場合は、
次回のBB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立した時
点を確率変動の終了条件とし、すなわち、BB入賞(も
しくはRB入賞)が内部成立するまで確率変動を継続す
る。ただし、BB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立
した後は、対応する特別な図柄組合せ態様が形成されな
くとも確率変動を終了する。
【0122】また、抽出乱数が5〜19である場合は、
確率変動ゲームを100ゲーム実行した時点を確率変動
の終了条件する。つまり、実行したゲーム数が100ゲ
ームに満たない場合は、BB入賞(もしくはRB入賞)
が内部成立しても確率変動を継続する。例えば、BBゲ
ーム(もしくはRBゲーム)が消化された後に残りの確
率変動ゲームを消化するようにしたり、一旦BB入賞
(もしくはRB入賞)のフラグを持ち越して、確率変動
ゲームを100ゲーム消化した後でBB入賞(もしくは
RB入賞)のフラグを成立させて特別の図柄組合せ態様
の形成を許可するようにしたりする。
【0123】また、抽出乱数が20〜39である場合
は、次回のBB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立し
た時点か、確率変動ゲームを100ゲーム実行した時点
を確率変動の終了条件とする。つまり、実行したゲーム
数が100ゲームに満たなくても、BB入賞(もしくは
RB入賞)が内部成立した場合には、その時点で確率変
動を終了させる。
【0124】また、抽出乱数が40〜64である場合
は、確率変動ゲームを50ゲーム実行した時点を確率変
動の終了条件とする。このとき、確率変動中にBB入賞
(もしくはRB入賞)が内部成立したときは確率変動ゲ
ームを100ゲーム実行した時点を終了条件とする場合
と同様に扱い、実行したゲーム数が50ゲームに満たな
い場合はBB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立して
も確率変動を継続する。
【0125】また、抽出乱数が65〜99である場合
は、次回のBB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立し
た時点か、確率変動ゲームを50ゲーム実行した時点を
確率変動の終了条件とする。つまり、実行したゲーム数
が50ゲームに満たなくても、BB入賞(もしくはRB
入賞)が内部成立した場合には、その時点で確率変動を
終了させる。
【0126】
【表4】
【0127】表5は、表2のNo.1、2、3、8に該
当する選択処理により王冠入賞が確率変動されている場
合に対する終了条件の一例である。例えば、抽出乱数が
0〜4である場合は、次回のBB入賞(もしくはRB入
賞)が内部成立した時点を確率変動の終了条件とし、す
なわち、BB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立する
まで確率変動を継続する。ただし、BB入賞(もしくは
RB入賞)が内部成立した後は、対応する特別な図柄組
合せ態様が形成されなくとも確率変動を終了する。
【0128】また、抽出乱数が5〜19である場合は、
王冠入賞が50回内部成立した時点を確率変動の終了条
件する。つまり、王冠入賞が内部成立した回数が50回
に満たない場合は、BB入賞(もしくはRB入賞)が内
部成立しても確率変動を継続する。例えば、BBゲーム
(もしくはRBゲーム)が消化された後に残りの確率変
動ゲームを消化するようにしたり、一旦BB入賞(もし
くはRB入賞)のフラグを持ち越して、王冠入賞が50
回内部成立した後でBB入賞(もしくはRB入賞)のフ
ラグを成立させて特別の図柄組合せ態様の形成を許可す
るようにしたりする。
【0129】また、抽出乱数が20〜39である場合
は、次回のBB(もしくはRB)が内部成立した時点
か、王冠入賞が50回内部成立した時点を確率変動の終
了条件とする。つまり、王冠入賞が内部成立した回数が
50回に満たなくても、BB入賞(もしくはRB入賞)
が内部成立した場合には、その時点で確率変動を終了さ
せる。
【0130】また、抽出乱数が40〜64である場合
は、王冠入賞が30回内部成立した時点を確率変動の終
了条件とする。このとき、確率変動中にBB入賞(もし
くはRB入賞)が内部成立したときは王冠入賞が50回
内部成立した時点を終了条件とする場合と同様に扱い、
王冠入賞が内部成立した回数が30回に満たない場合は
BB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立しても確率変
動を継続する。
【0131】また、抽出乱数が65〜99である場合
は、次回のBB(もしくはRB)が内部成立した時点
か、王冠入賞が30回内部成立した時点を確率変動の終
了条件とする。つまり、王冠入賞が内部成立した回数が
30回に満たなくても、BB入賞(もしくはRB入賞)
が内部成立した場合には、その時点で確率変動を終了さ
せる。
【0132】
【表5】
【0133】表6は、表2のNo.4(もしくはNo.
5)に該当する選択処理によりBB入賞(もしくはRB
入賞)とリプレイ入賞が確率変動されている場合に対応
する終了条件の一例である。例えば、抽出乱数が0〜4
である場合は、次回のBB入賞(もしくはRB入賞)が
内部成立した時点を確率変動の終了条件とし、すなわ
ち、BB入賞(もしくはRB入賞)が内部成立するまで
確率変動を継続する。ただし、BB入賞(もしくはRB
入賞)が内部成立した後は、対応する特別な図柄組合せ
態様が形成されなくとも確率変動を終了する。
【0134】また、抽出乱数が5〜19である場合は、
リプレイ入賞が70回内部成立した時点を確率変動の終
了条件とする。つまり、リプレイ入賞が内部成立した回
数が70回に満たない場合は、BB入賞(もしくはRB
入賞)が内部成立しても確率変動を継続する。例えば、
BBゲーム(もしくはRBゲーム)が消化された後に残
りの確率変動ゲームを消化するようにしたり、一旦BB
入賞(もしくはRB入賞)のフラグを持ち越して、リプ
レイ入賞が70回内部成立した後でBB入賞(もしくは
RB入賞)のフラグを成立させて特別の図柄組合せ態様
の形成を許可するようにしたりする。
【0135】また、抽出乱数が20〜39である場合
は、次回のBB(もしくはRB)が内部成立した時点
か、リプレイ入賞が70回内部成立した時点を確率変動
の終了条件とする。つまり、リプレイ入賞が内部成立し
た回数が70回に満たなくても、BB入賞(もしくはR
B入賞)が内部成立した場合には、その時点で確率変動
を終了させる。
【0136】また、抽出乱数が40〜64である場合
は、リプレイ入賞が40回内部成立した時点を確率変動
の終了条件とする。このとき、確率変動中にBB入賞
(もしくはRB入賞)が内部成立したときはリプレイ入
賞が70回内部成立した時点を終了条件とする場合と同
様に扱い、リプレイ入賞が内部成立した回数が40回に
満たない場合はBB入賞(もしくはRB入賞)が内部成
立しても確率変動を継続する。
【0137】また、抽出乱数が65〜99である場合
は、次回のBB(もしくはRB)が内部成立した時点
か、リプレイ入賞が40回内部成立した時点を確率変動
の終了条件とする。つまり、リプレイ入賞が内部成立し
た回数が40回に満たなくても、BB入賞(もしくはR
B入賞)が内部成立した場合には、その時点で確率変動
を終了させる。
【0138】
【表6】
【0139】上述したように、表2に示したパターン1
で確率変動させる入賞を決定した場合には、表4〜6に
したがって終了条件の選択処理を行うことができる。終
了条件として所定の入賞の内部成立回数が選択された場
合は、具体的には、遊技制御装置50が備える計数手段
により、王冠入賞またはリプレイ入賞が内部成立した回
数を監視する。すなわち、変則押し(右→中→左)等を
行って前記入賞が内部成立しているにもかかわらずその
入賞を獲得できなくても、一回と計数する。
【0140】このように、確率変動制御手段は、内部成
立確率を高確率に変動された入賞(例えば、王冠入賞、
リプレイ入賞)が所定回数だけ内部成立したことに基づ
いて、当該入賞の内部成立確率を元の確率に復帰するよ
うにしたので、高確率への変動に関わる態様がより斬新
となり興趣を向上させることができる。
【0141】一方、表3に示したパターン2で確率変動
させる入賞を決定した場合には、スイカ入賞が確率変動
する場合やチェリー入賞が確率変動する場合、また複数
の小役入賞のみが高確率になる場合等を考慮して終了条
件を設定する必要がある。この場合、それぞれの入賞
(特別入賞、小役入賞含む)ごとに確率変動を終了させ
る条件を設定しておき、それぞれの入賞に対して終了条
件を選択するようにするとよい。
【0142】例えば、スイカ入賞の内部成立確率が高確
率に変動された場合は、スイカ入賞の内部成立回数に基
づく終了条件を設定してもよいし、スイカ入賞に対応す
る図柄組合せ態様の形成に基づく終了条件を設定しても
よい。
【0143】このように、取りこぼしが発生しうる入賞
態様に対応する入賞(例えば、スイカ入賞、チェリー入
賞)が高確率に変動され、所定回数だけ内部成立したこ
とに基づいて当該入賞の内部成立確率を元の確率に復帰
するようにした場合、入賞に対応した図柄組合せ態様が
変動表示手段に導出されなくても、当該入賞が所定回数
だけ内部成立した時点で元の確率に復帰されるので、あ
る程度、遊技者の技量が反映されることとなり、遊技意
欲を高めることができる。
【0144】一方、内部成立確率を高確率に変動された
入賞に対応した図柄組合せ態様が所定回数だけ前記変動
表示手段に導出されたことに基づいて、当該入賞の内部
成立確率を元の確率に復帰させる場合、高確率への変動
に関わる態様がより斬新となり興趣を向上させることが
できるし、スイカ入賞やチェリー入賞等の取りこぼしの
発生しうる入賞が確率変動された場合も遊技者に高確率
への変動に伴う利益を確実に付与することができる。
【0145】また、確率変動させる入賞としてBB入賞
と、王冠入賞と、チェリー入賞が選択された場合、終了
条件はそれぞれの入賞ごとに選択され計3つの終了条件
を有するようにしてもよい。そして、それぞれの終了条
件が成立するごとに当該入賞の確率変動を解除し通常確
率に復帰させたり(終了条件が成立していない入賞の確
率変動は継続する)、または、いずれかの終了条件が成
立したときにすべての入賞の確率変動を解除して一気に
通常確率に復帰するようにしてもよい。
【0146】このように、確率制御手段は、前記終了条
件を複数設定され、該複数の終了条件の中から終了条件
を選択する終了条件選択手段を含むようにしたので、終
了条件が多彩化して興趣を向上させることができるう
え、遊技店と遊技者との利益バランスを取ることが可能
となる。
【0147】次に、図4のステップS11における確率
制御手段による確率変動終了処理について説明する。こ
の確率変動終了処理は、前述した終了条件選択処理によ
り選択された終了条件に基づいて行われる。
【0148】図12は、所定の条件が成立したことに基
づいて、確率変動状態を通常確率の状態に復帰させる確
率変動終了処理に関するフローチャートである。まず、
ステップS141で当該ゲームが確率変動中であるか判
定する。ステップS141で、当該ゲームが確率変動中
であると判定した場合はステップS142に移行し、一
方、当該ゲームが確率変動中でないと判定した場合はそ
のまま処理を終了する。
【0149】次に、ステップS142で、終了条件選択
処理により選択されて設定された終了条件が成立したか
判定する。そして、設定された終了条件が成立したと判
定した場合はステップS143に移行し、一方、設定さ
れた終了条件が成立していないと判定した場合はそのま
ま処理を終了する。
【0150】次に、ステップS143で、確率変動中の
入賞の内部成立確率を通常確率に復帰させる。なお、通
常確率に復帰させる入賞は、確率変動された入賞すべて
としてもよいし、終了条件が成立した入賞のみとしても
よい。
【0151】このように、確率変動制御手段は、所定の
終了条件の成立に基づいて、所定の入賞の内部成立確率
を元の確率に復帰するようにしたので、所定の終了条件
の成立により通常確率に戻ることで遊技店と遊技者との
利益バランスを確実にとることが可能となる。
【0152】次に、図9のステップS111における選
択ゲームの実行指示に基づいて行われる選択ゲームにつ
いて説明する。図13は、情報表示装置5において確率
変動された入賞を示唆する演出表示が導出される選択ゲ
ームの進行態様を示す一表示例(表2のNo.2の例)
である。まず、図13(a)に示すように、表示画面上
で各種入賞に対応する図柄の変動表示が行われる。例え
ば、BBゲームが終了してから次のゲームが開始可能と
なるまでの間に実行される。
【0153】次に、図13(b)に示すように、確率変
動される入賞に対応する図柄が導出される。図には、B
B入賞に対応する「BB」と王冠入賞に対応する王冠の
図柄が導出され、BB入賞と王冠入賞が選択されたとき
の表示例を示している。その後、図13(c)に示すよ
うに、確率変動させる入賞に対応する図柄を表示画面の
左上に確定表示しながら、画面右側で終了条件に関する
変動表示が行われる。最後に、図13(d)に示すよう
に、終了条件が導出されて、確率変動に関する情報が確
定される。図には、終了条件として「BB入賞が内部成
立するか王冠入賞が50回まで」が選択されたときの表
示例(表5の抽出乱数20〜35の例)を示している。
【0154】このように、選択手段により選択された結
果を導出するための選択ゲームの演出を表示する選択ゲ
ーム表示手段としての情報表示装置5を設けることによ
り、スロットマシン全体でより多彩なゲームが展開する
こととなるし、選択ゲームとしてより多彩な演出を行う
ことも可能となり、極めて興趣を向上させることができ
る。
【0155】また、図14に示すように、確率変動中は
情報表示装置5に高確率に変動中の入賞を示唆する図柄
を表示するようにする。なお、パネルに各入賞に対応し
た表示部を設けるとともに、その裏側にランプを設け、
確率変動された入賞に対応するランプを点灯することで
報知するようにしてもよい。
【0156】このように、確率変動制御手段により内部
成立確率を高確率に変動された入賞を識別可能に報知す
る報知手段としての情報表示装置5を備えることによ
り、遊技者はどの入賞の内部成立確率が高確率となって
いるかを確実に認識することができる。
【0157】以上、本発明者によってなされた発明を実
施形態に基づいて具体的に説明したが、本発明は上記実
施形態に限定されるものではない。例えば、確率変動の
パターンは上記実施形態に制限されず、内部成立確率を
通常時よりも低確率に変動される場合も考えられる。
【0158】表7は、選択処理において利用される、抽
出乱数とそれに対応する入賞種類の他の一例であり、0
〜99の乱数の中から抽出された乱数に基づいて確率変
動させる入賞を決定するパターンである。内部成立確率
を高確率に変動される入賞は、表2に示したパターン1
と同様であるが、王冠入賞の内部成立確率が高確率に変
動された場合は他の小役入賞の内部成立確率を低確率に
変動する点が異なる。例えば、王冠入賞の内部成立確率
を通常時よりも高確率に変動した場合は、スイカ入賞、
チェリー入賞、リプレイ入賞の内部成立確率を通常時よ
りも低確率に変動する。例えば、表1に示す変動確率値
にしたがって確率変動される。
【0159】なお、王冠入賞以外のすべての小役入賞の
内部成立確率を低確率に変動するのではなく、一部の小
役入賞(例えば、スイカ入賞のみ)の内部成立確率を低
確率に変動するようにしてもよい。
【0160】すなわち、王冠入賞の内部成立確率を高確
率にした確率変動ゲームは、特別入賞を獲得するまでの
コインロスを軽減することを主目的とするが、他の小役
入賞も頻繁に成立すると過剰な遊技媒体が遊技者に付与
され遊技店に著しく不利となるので、所定の入賞(他の
すべての小役入賞、他の一部の小役入賞)の内部成立確
率を低確率にして前述した事態を回避できるようにし
た。
【0161】
【表7】
【0162】また、表8は、選択処理において利用され
る、抽出乱数とそれに対応する入賞種類の他の一例であ
り、0〜99の乱数の中から抽出された乱数に基づいて
確率変動させる入賞を決定するパターンである。内部成
立確率を高確率に変動される入賞は、表2に示したパタ
ーン1と同様であるが、RB入賞の内部成立確率が高確
率に変動された場合はBB入賞の内部成立確率を低確率
に変動する点が異なる(ただしNo.1の組合せを除
く)。
【0163】表8のパターン4にしたがう選択処理によ
り、No.3あるいはN.5が選択されてRB入賞の内
部成立確率が高確率とされ、さらに確率変動の終了条件
が次回BB入賞の内部成立までが選択された場合は、B
B入賞の低確率への変動により、次回のBB入賞の内部
成立がすぐには生じず高確率のRB入賞により大きな利
益を遊技者に与えることが可能となるので、遊技者の期
待感や遊技意欲を向上しうるスロットマシンとなる。
【0164】
【表8】
【0165】このように、確率変動制御手段は、高確率
に変動した入賞を除く入賞のうち、所定の入賞の内部成
立確率を通常時よりも低確率に変動するようにしたの
で、低確率および高確率に変動された入賞の種類に応じ
て、遊技者の有利な度合いを変化させることができ、よ
り興趣を向上させることができる。
【0166】なお、今回開示した実施の形態は、すべて
の点で例示であって制限的なものではないと考えられる
べきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特
許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の
意味および内容の範囲でのすべての変更が含まれること
が意図される。
【0167】また、上記実施形態では、遊技媒体として
メダルを用いて遊技を行うスロットマシンに適用した例
を示したが、その他の遊技媒体としてパチンコ球を使用
して遊技を行うスロットマシンにも適用できる。
【0168】また、ICカード、磁気カード、ICコイ
ン等の有価価値を特定可能な情報が記憶された記憶媒体
を処理する記憶媒体処理装置を併設したスロットマシ
ン、および、該記憶媒体処理装置を内蔵したスロットマ
シンに本発明を適応してもよい。すなわち、上記有価価
値から遊技媒体あるいは遊技媒体データ(クレジット)
に変換して遊技を実行可能にしたスロットマシンに本発
明を適応してもよい。
【0169】また、確率制御手段(確率変動制御手段)
を有する遊技制御装置を備えたスロットマシンに前記記
憶媒体処理装置を併設する場合に、該スロットマシンと
記憶媒体処理装置の通信が正常に行われない場合(通信
線の未接続等の場合)に確率変動制御機能を含む遊技制
御の実行を不能動化するようにしてもよい。
【0170】また、変動表示手段は、リール以外に、ベ
ルトや液晶表示装置、CRT等で構成するようにしても
よい。
【0171】
【発明の効果】請求項1に係る発明によれば、確率制御
手段には、所定条件の成立に基づいて、所要の入賞の内
部成立確率を通常時よりも高確率に変動可能な確率変動
制御手段を備えられているので、所定条件が成立するこ
とに基づいて所要の入賞の内部成立確率を通常の遊技状
態のときよりも高くして、遊技者の期待感を高めること
ができるとともに遊技意欲を向上させることが可能とな
る。
【0172】また、確率変動制御手段に含まれる選択手
段により、予め定められた複数種の入賞のうちどの入賞
を高確率にするかが選択されるので、単に特定の入賞だ
けが高確率になるのではなく、高確率となる入賞が様々
に変化するような多彩な確率変動態様を実現でき、興趣
を向上させることができる。
【0173】請求項2に係る発明によれば、前記確率変
動制御手段は、特別入賞に対応する入賞態様として予め
定められた特別の図柄組合せ態様が前記変動表示手段に
導出されたことに基づいて、所要の入賞の内部成立確率
を高確率に変動するようにしたので、特別入賞の獲得に
伴い特別入賞ゲームにおいて大きな遊技価値を付与され
るうえに、所要の入賞の内部成立確率が高確率に変動さ
れるため、特別入賞に対する遊技者の期待感をより向上
させることができる。
【0174】請求項3に係る発明によれば、前記特別入
賞は当該特別入賞において遊技者に付与される遊技価値
を異ならしめる複数の特別入賞で構成され、前記確率変
動制御手段は、前記複数の特別入賞のうち特定の特別入
賞が内部成立したことを条件に、当該特別入賞に対応す
る図柄組合せ態様が前記変動表示手段に導出されたこと
に基づいて、前記所要の入賞の内部成立確率を高確率に
変動するようにしたので、高確率へ変動させる契機を多
彩にして興趣を高めることができるうえ、高確率への変
動率をある程度抑制することが可能となり遊技店と遊技
者との利益バランスを取ることが可能となる。
【0175】請求項4に係る発明によれば、前記選択手
段は、前記複数種の入賞の中から2以上の入賞を重複し
て選択可能としたので、確率変動態様をより多彩なもの
にしてより興趣を高めることができるとともに、遊技者
の期待感をより向上させることができる。
【0176】請求項5に係る発明によれば、前記選択手
段により選択された結果を導出するための選択ゲームの
演出を表示する選択ゲーム表示手段を設けたので、スロ
ットマシン全体でより多彩なゲームが展開することとな
るし、選択ゲームをより多彩な演出を行うことも可能と
なり、極めて興趣を向上させることができる。
【0177】請求項6に係る発によれば、複数種の入賞
の中から選択手段による入賞の選択率は、それぞれの入
賞ごとに異なるように設定されるようにしたので、遊技
店と遊技者との利益バランスをとることができる。
【0178】請求項7に係る発明によれば、前記確率変
動制御手段は、所定の終了条件の成立に基づいて、高確
率に変動した入賞の内部成立確率を元の確率に復帰する
ようにしたので、所定の終了条件の成立により元の確率
に戻ることで遊技店と遊技者との利益バランスを確実に
とることが可能となる。
【0179】請求項8に係る発明によれば、前記確率変
動制御手段は、内部成立確率を高確率に変動した入賞が
所定回数内部成立したことに基づいて、当該入賞の内部
成立確率を元の確率に復帰するようにしたので、高確率
への変動に関わる態様がより斬新となり興趣を向上させ
ることができる。また、取りこぼしが発生しうる入賞態
様に対応する入賞が高確率に変動された場合において
は、入賞に対応した図柄組合せ態様が変動表示手段に導
出されなくても、当該入賞が所定回数だけ内部成立した
時点で元の確率に復帰するようにしたので、ある程度、
遊技者の技量が反映されることとなり、遊技意欲を高め
ることができる。
【0180】請求項9に係る発明によれば、前記確率変
動制御手段は、内部成立確率を高確率に変動された入賞
に対応した図柄組合せ態様が所定回数前記変動表示手段
に導出されたことに基づいて、当該入賞の内部成立確率
を元の確率に復帰するようにしたので、高確率への変動
に関わる態様がより斬新となり興趣を向上させることが
できるし、遊技者に高確率への変動に伴う利益を確実に
付与することができる。
【0181】請求項10に係る発明によれば、前記確率
変動制御手段は、終了条件を複数設定し、該複数の終了
条件のうち何れかの終了条件を選択する終了条件選択手
段を含むようにしたので、終了条件が多彩化して興趣を
向上させることができるうえ、遊技店と遊技者との利益
バランスを取ることが可能となる。
【0182】請求項11に係る発明によれば、前記確率
変動制御手段により内部成立確率を高確率に変動された
入賞を識別可能に報知する報知手段を備えたので、遊技
者はどの入賞の内部成立確率が高確率となっているかを
確実に認識することができる。
【0183】請求項12に係る発明によれば、前記確率
変動制御手段は、高確率に変動した入賞を除く入賞のう
ち、所定の入賞の内部成立確率を通常時よりも低確率に
変動するようにしたので、低確率および高確率に変動さ
れた入賞の種類に応じて、遊技者の有利な度合いを変化
させることができ、より興趣を向上させることができ
る。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明を適用した実施形態のスロットマシンの
正面図である。
【図2】前面パネル2を開放したときの機体内部の構成
を示す概略図である。
【図3】スロットマシン100に備わる遊技制御装置5
0の主要制御ブロック図である。
【図4】遊技制御装置50によって行われる遊技制御の
処理手順を示すフローチャートである。
【図5】各リールの外周面に表示された図柄列を示す図
である。
【図6】本実施形態の入賞態様の種類を示す一覧図であ
る。
【図7】遊技状態の遷移状況を示す概念図である。
【図8】BB中のゲーム進行状況を示す概念図である。
【図9】所定の条件としてスーパーBB入賞が成立(B
B入賞に対応する図柄組合せ態様の形成)したことに基
づいて、BBゲーム後に各種入賞の内部成立確率を高確
率に変動させる確率変動処理に関するフローチャートで
ある。
【図10】確率変動させる入賞の選択処理に関するフロ
ーチャートである。
【図11】確率変動ゲームの終了条件の選択処理に関す
るフローチャートである。
【図12】所定の条件が成立したことに基づいて、確率
変動状態を通常確率の状態に復帰させる確率変動終了処
理に関するフローチャートである。
【図13】情報表示装置5において確率変動された入賞
を示唆する演出表示が導出される選択ゲームの進行態様
の一表示例である。
【図14】情報表示装置5における高確率に変動中の入
賞を示唆する図柄の一表示例である。
【符号の説明】
1 本体部 2 前面パネル 3 メダル払出機 4 リール装置(変動表示手段) 5 情報表示装置(選択ゲーム表示手段、報知手段) 6 スタートレバー 7 リール停止ボタン 8 払出表示部 9 マックスベットボタン 10 1ベットボタン 12 クレジット数表示部 13 ベットライン表示部 14 遊技状態表示部 15 メダル投入口 18 クレジット選択ボタン 19 化粧パネル 20 表示窓部 21 灰皿 22 傾斜台部 23 メダル貯留受皿 24 前面カバー部材 25 前面カバー部材 26 音出力部 35 表示制御装置 36 音制御装置 50 遊技制御装置(メイン制御手段、抽選手段、確率
制御手段、確率変動制御手段、選択手段) 60 演出制御装置(サブ制御手段) 100 スロットマシン

Claims (12)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数の図柄を変動表示可能な変動表示手
    段と、予め定められた複数種の入賞をそれぞれの入賞に
    対応する所定の確率に基づいて内部成立させる確率制御
    手段と、を備え、前記確率制御手段の制御により所定の
    入賞が内部成立したことを条件に、遊技者によるストッ
    プ操作に基づいて前記成立した入賞に対応した図柄組合
    せ態様を前記変動表示手段に導出し得るように制御する
    スロットマシンにおいて、 前記確率制御手段は、所定条件の成立に基づいて、所要
    の入賞の内部成立確率を通常時よりも高確率に変動可能
    な確率変動制御手段を備え、 前記確率変動制御手段は、前記複数種の入賞のうち何れ
    の入賞の内部成立確率を高確率に変動させるかを選択す
    る選択手段を含むことを特徴とするスロットマシン。
  2. 【請求項2】 前記複数種の入賞は、一般入賞と特別入
    賞とで構成され、 前記確率変動制御手段は、前記特別入賞に対応する入賞
    態様として予め定められた特別の図柄組合せ態様が前記
    変動表示手段に導出されたことに基づいて、前記所要の
    入賞の内部成立確率を高確率に変動するようにしたこと
    を特徴とする請求項1に記載のスロットマシン。
  3. 【請求項3】 前記特別入賞は、複数の特別入賞で構成
    され、 前記確率変動制御手段は、前記複数の特別入賞のうち特
    定の特別入賞が内部成立したことを条件に、当該特別入
    賞に対応する図柄組合せ態様が前記変動表示手段に導出
    されたことに基づいて、前記所要の入賞の内部成立確率
    を高確率に変動するようにしたことを特徴とする請求項
    2に記載のスロットマシン。
  4. 【請求項4】 前記選択手段は、前記複数種の入賞の中
    から2以上の入賞を重複して選択可能であることを特徴
    とする請求項1乃至請求項3の何れかに記載のスロット
    マシン。
  5. 【請求項5】 前記選択手段により選択された結果を導
    出するための選択ゲームの演出を表示する選択ゲーム表
    示手段を設けたことを特徴とする請求項1乃至請求項4
    の何れかに記載のスロットマシン。
  6. 【請求項6】 前記複数種の入賞の中から前記選択手段
    による入賞の選択率は、それぞれの入賞ごとに異なるよ
    うに設定されることを特徴とする請求項1乃至請求項5
    の何れかに記載のスロットマシン。
  7. 【請求項7】 前記確率変動制御手段は、所定の終了条
    件の成立に基づいて、高確率に変動した入賞の内部成立
    確率を元の確率に復帰するようにしたことを特徴とする
    請求項1乃至請求項6の何れかに記載のスロットマシ
    ン。
  8. 【請求項8】 前記確率変動制御手段は、内部成立確率
    を高確率に変動した入賞が所定回数内部成立したことに
    基づいて、当該入賞の内部成立確率を元の確率に復帰す
    るようにしたことを特徴とする請求項7に記載のスロッ
    トマシン。
  9. 【請求項9】 前記確率変動制御手段は、内部成立確率
    が高確率に変動した入賞に対応した図柄組合せ態様が所
    定回数前記変動表示手段に導出されたことに基づいて、
    当該入賞の内部成立確率を元の確率に復帰するようにし
    たことを特徴とする請求項7に記載のスロットマシン。
  10. 【請求項10】 前記確率変動制御手段は、前記終了条
    件を複数設定し、該複数の終了条件の中から終了条件を
    選択する終了条件選択手段を含むことを特徴とする請求
    項7乃至請求項9の何れかに記載のスロットマシン。
  11. 【請求項11】 前記確率変動制御手段により内部成立
    確率が高確率に変動された入賞を識別可能に報知する報
    知手段を備えたことを特徴とする請求項1乃至請求項1
    0の何れかに記載のスロットマシン。
  12. 【請求項12】 前記確率変動制御手段は、高確率に変
    動した入賞を除く入賞のうち、所定の入賞の内部成立確
    率を通常時よりも低確率に変動することを特徴とする請
    求項1乃至請求項11の何れかに記載のスロットマシ
    ン。
JP2001355473A 2001-11-21 2001-11-21 スロットマシン Expired - Fee Related JP3773103B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001355473A JP3773103B2 (ja) 2001-11-21 2001-11-21 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001355473A JP3773103B2 (ja) 2001-11-21 2001-11-21 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003154065A true JP2003154065A (ja) 2003-05-27
JP3773103B2 JP3773103B2 (ja) 2006-05-10

Family

ID=19167167

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001355473A Expired - Fee Related JP3773103B2 (ja) 2001-11-21 2001-11-21 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3773103B2 (ja)

Cited By (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005131288A (ja) * 2003-10-31 2005-05-26 Aruze Corp 遊技機
JP2006043143A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043133A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043137A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043127A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043139A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043134A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006254976A (ja) * 2005-03-15 2006-09-28 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007000515A (ja) * 2005-06-27 2007-01-11 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007000523A (ja) * 2005-06-27 2007-01-11 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061208A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061173A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061206A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061122A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061178A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061142A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007143723A (ja) * 2005-11-25 2007-06-14 Aruze Corp 遊技機
JP2007143972A (ja) * 2005-11-29 2007-06-14 Aruze Corp 遊技機
JP2007313248A (ja) * 2006-05-29 2007-12-06 Aruze Corp 遊技機
JP2008048888A (ja) * 2006-08-24 2008-03-06 Aruze Corp 遊技機
JP2008154834A (ja) * 2006-12-25 2008-07-10 Aruze Corp 遊技機
JP2011024897A (ja) * 2009-07-28 2011-02-10 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン
JP2011152285A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Sammy Corp スロットマシン
JP2011152290A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Sammy Corp スロットマシン
JP2011152287A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Sammy Corp スロットマシン
JP2011189158A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189155A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189159A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189156A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189157A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011218179A (ja) * 2011-05-23 2011-11-04 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2015195851A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195855A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195854A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195856A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195852A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機

Cited By (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005131288A (ja) * 2003-10-31 2005-05-26 Aruze Corp 遊技機
JP2006043143A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043133A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043137A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043127A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043139A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006043134A (ja) * 2004-08-04 2006-02-16 Aruze Corp 遊技機
JP2006254976A (ja) * 2005-03-15 2006-09-28 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP4568859B2 (ja) * 2005-03-15 2010-10-27 株式会社大一商会 遊技機
JP2007000515A (ja) * 2005-06-27 2007-01-11 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007000523A (ja) * 2005-06-27 2007-01-11 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061208A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061173A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061206A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061122A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061178A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007061142A (ja) * 2005-08-29 2007-03-15 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2007143723A (ja) * 2005-11-25 2007-06-14 Aruze Corp 遊技機
JP2007143972A (ja) * 2005-11-29 2007-06-14 Aruze Corp 遊技機
JP2007313248A (ja) * 2006-05-29 2007-12-06 Aruze Corp 遊技機
JP2008048888A (ja) * 2006-08-24 2008-03-06 Aruze Corp 遊技機
JP2008154834A (ja) * 2006-12-25 2008-07-10 Aruze Corp 遊技機
JP2011024897A (ja) * 2009-07-28 2011-02-10 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン
JP2011152285A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Sammy Corp スロットマシン
JP2011152290A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Sammy Corp スロットマシン
JP2011152287A (ja) * 2010-01-27 2011-08-11 Sammy Corp スロットマシン
JP2011189159A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189155A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189158A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189156A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011189157A (ja) * 2011-05-23 2011-09-29 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2011218179A (ja) * 2011-05-23 2011-11-04 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機
JP2015195851A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195855A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195854A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195856A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015195852A (ja) * 2014-03-31 2015-11-09 京楽産業.株式会社 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP3773103B2 (ja) 2006-05-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3773103B2 (ja) スロットマシン
JP4453956B2 (ja) スロットマシン
JP3804006B2 (ja) スロットマシン
AU2007201461B2 (en) Gaming machine allowing use of two types of credits
JP2004350944A (ja) スロットマシン
JP2002301199A (ja) スロットマシン
JP2003310843A (ja) スロットマシン
JP2009112832A (ja) スロットマシン
JP2003339957A (ja) スロットマシン
JP3883415B2 (ja) 遊技機
JP2003079800A (ja) スロットマシン
JP2003210650A (ja) 遊技システム
JP2006006716A (ja) 遊技機
JP2003070974A (ja) 遊技機
JP3838636B2 (ja) スロットマシン
JP2005349219A (ja) スロットマシン
JP3773102B2 (ja) スロットマシン
JP4287606B2 (ja) 遊技機
JP2004160023A (ja) 遊技機
JP4197687B2 (ja) 遊技機
JP2006230936A (ja) 遊技機
JP2003154063A (ja) スロットマシン
JP4386605B2 (ja) 遊技機
JP4388252B2 (ja) 遊技機
JP3886364B2 (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050427

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050519

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050713

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060209

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060209

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090224

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100224

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100224

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110224

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110224

Year of fee payment: 5

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110224

Year of fee payment: 5

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110224

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120224

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120224

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130224

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130224

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130224

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130224

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140224

Year of fee payment: 8

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees