JP2003310843A - スロットマシン - Google Patents

スロットマシン

Info

Publication number
JP2003310843A
JP2003310843A JP2002120372A JP2002120372A JP2003310843A JP 2003310843 A JP2003310843 A JP 2003310843A JP 2002120372 A JP2002120372 A JP 2002120372A JP 2002120372 A JP2002120372 A JP 2002120372A JP 2003310843 A JP2003310843 A JP 2003310843A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
winning
means
prize
game
auxiliary game
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002120372A
Other languages
English (en)
Other versions
JP3837361B2 (ja
Inventor
Sadao Ioki
Hideo Taguchi
定男 井置
英雄 田口
Original Assignee
Sophia Co Ltd
株式会社ソフィア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sophia Co Ltd, 株式会社ソフィア filed Critical Sophia Co Ltd
Priority to JP2002120372A priority Critical patent/JP3837361B2/ja
Publication of JP2003310843A publication Critical patent/JP2003310843A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP3837361B2 publication Critical patent/JP3837361B2/ja
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 今までにない斬新な遊技内容により遊技の興
趣を高めることを可能とするとともに、確率設定に因ら
ずに時には遊技者が大きな利益を得る機会を付与可能な
スロットマシンを提供する。 【解決手段】 抽選手段による抽選の結果、所定の入賞
に当選となった場合において、所定数のゲームが実行さ
れても当該当選となっている入賞が成立しなかった場合
に、当選状態を無効にする当選状態無効化手段を備え
る。抽選手段により所定の入賞に当選となった場合に、
当選となった入賞の報知制御を行う報知制御手段を備え
る。この報知制御手段は、遊技者の操作に応じて結果が
決定される補助ゲームを実行する補助ゲーム実行手段を
備える。報知制御手段は、補助ゲーム実行手段による補
助ゲームの結果が特定結果となった場合に、当選となっ
た入賞を成立させるために必要な情報を報知する入賞成
立情報報知手段を備える。

Description

【発明の詳細な説明】

【0001】

【発明の属する技術分野】本発明は、スロットマシンに
関する。

【0002】

【従来の技術】従来より、複数種類の図柄を外周面に表
示したリールを例えば3個備え、これらのリールを回転
させることで複数種類の図柄を可変表示させる可変表示
ゲーム(ゲーム)を行い、この可変表示ゲームの結果、
停止した図柄が予め設定された有効ライン上において所
定の図柄組合せ態様となって入賞結果態様を導出するこ
とに関連して所定の価値を遊技者に付与するようにした
スロットマシンが知られている。

【0003】このようなスロットマシンにおいては、遊
技者による所定数(メダルの場合、通常1〜3枚)の遊
技媒体(メダル或いは遊技球)の投入操作、あるいはク
レジットがある場合の賭けボタン操作(ベット操作)に
基づく賭数の入力後、スタートレバーを操作することに
より前記リールを回転させて図柄を可変表示させ、一定
時間経過後自動的にまたは遊技者が各リールに対応して
各々備えられたリールストップボタンを操作することに
より各リールの回転を順次停止させて図柄組合せ態様
(停止結果態様)が成立される。そして、リールが停止
した際に、前記賭数の入力に応じて有効化された有効ラ
イン上に形成された図柄組合せ態様が、予め定められた
所定の図柄組合せ態様(入賞結果態様)となった場合に
入賞が成立し、入賞種類に対応した数の遊技媒体が遊技
者に付与される。ここで、遊技者が遊技を開始するため
に遊技媒体を投入することおよび予めスロットマシンに
預け入れた(クレジットした)遊技媒体の記憶数(クレ
ジット数)から賭けボタン操作に応じてクレジット数を
減算することに基づく賭数の入力を総称してベットとい
う。

【0004】また、一般的なパチスロ遊技機において
は、入賞は複数種類に設定されており、例えば、1ゲー
ム毎の最大払出枚数(例えば15枚)以下の枚数のメダ
ルが払い出されるのみの小役入賞、メダルをベットする
ことなく再度ゲームが可能となる再ゲーム入賞(いわゆ
るリプレイ入賞;入賞として扱わない場合もある)、高
確率でJAC入賞(後述)を成立させやすいJACゲー
ムを所定回数を上限に実行可能となるレギュラーボーナ
ス(以下、RBと略称することがある。)を発生させる
レギュラーボーナス入賞(以下、RB入賞と略称するこ
とがある。)、高確率で小役入賞を成立させやすい小役
ゲームと高確率でJAC入賞を成立させやすいJACゲ
ームとを所定回数を上限に実行可能となるビッグボーナ
ス(以下、BBと略称することがある。)を発生させる
ビッグボーナス入賞(以下、BB入賞と略称することが
ある。)等が用意されている。なお、BB入賞又はRB
入賞の成立に基づき実行可能となるJACゲームは、例
えば1枚のメダルをベットするだけで実行可能であり、
その実行の結果JAC入賞が成立した場合には、例え
ば、上記最大払出枚数(例えば15枚)のメダルが払い
出される。このうち、特に、RB入賞やBB入賞等は特
別入賞と称され、この特別入賞の成立に基づき発生する
特別遊技状態(つまり、RB或いはBB)においては、
小役入賞に比較して大量(例えば100枚以上)の遊技
媒体を一気に獲得することができる。

【0005】そして、通常、パチスロ遊技機には、ゲー
ムの実行に関連して各種入賞に当選するか否かの抽選
を、(例えば、図柄の停止操作前に)予め行う機能(内
部抽選機能)が備えられており、この内部抽選に当選し
た場合に限り、所定の図柄が有効ライン上に停止して入
賞結果態様を形成することを許可され、極力入賞を成立
できるようにリール制御が行われる。なお、内部抽選に
当選することを「入賞フラグが成立する」ともいう。一
方、内部抽選に当選しなかった場合(入賞フラグ不成立
の場合)は、遊技者がいかなるタイミングでリールの停
止操作を行っても、所定の図柄が有効ライン上に停止し
て入賞結果態様を形成しないようにリール制御が行われ
る。したがって、いつでもリール停止操作のタイミング
が合えば入賞結果態様を形成することができるというも
のではなく、前記内部抽選に当選した上でリール停止操
作のタイミングが合ったときに限り所定の入賞結果態様
を形成することができるようになっている。このよう
に、内部抽選結果に基づいてリールの停止制御を行うこ
とにより、内部抽選の結果通りに遊技結果を制御するこ
とがある程度可能となっている。

【0006】しかし、RB入賞やBB入賞等の特別入賞
および小役入賞の一部は、その入賞結果態様を形成する
図柄が他の図柄に比較してリールに配置されている個数
が少ないので、特定の図柄を狙ってリール停止操作を行
わなければ前述したようなリール制御が働いても入賞を
獲得できない場合(取りこぼしなど)が生じる。一般に
は、内部抽選により小役入賞に当選した場合には、その
当選状態はその当選したゲームだけで有効とされ、その
ゲームのみで該当選した小役入賞に対応した入賞結果態
様が上記リール制御により形成可能となる。したがっ
て、上記取りこぼしが発生し得る小役入賞の場合では、
仮に所定のゲームの内部抽選で入賞に当選してもそのゲ
ームで入賞結果態様を形成できなければ、当選状態は無
効となってしまう。一方、内部抽選によりRB入賞やB
B入賞等の特別入賞に当選した場合には、その当選状態
はその当選したゲームのみならず、その後のゲームまで
持ち越す機能が備えられていて、その当選状態は当選し
た特別入賞に対応した入賞結果態様が形成されるまで保
持される。したがって、仮に特別入賞に当選したゲーム
でそれに対応した入賞結果態様を形成できなくても、そ
の後のゲームでもその入賞結果態様を形成できるように
リール制御が行われる。

【0007】

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、BB入
賞やRB入賞等の特別入賞への当選状態が、該当選した
入賞に対応した入賞結果態様が形成されるまで保持され
る持ち越し機能が備えられている場合、特別入賞への内
部的な当選さえしてしまえば、実質的にBB入賞やRB
入賞が獲得できたものと同じ状態となるため、遊技者の
興味が内部的に特別入賞に当選するか否かだけに集中す
るような単調な遊技内容となってしまう。また、特別入
賞への内部的な当選さえしてしまえば、当該特別入賞の
成立が約束されたものとなる結果、その時点で遊技者の
興味が減少し、最終的に特別の図柄組合せ態様を自身の
ストップ操作により停止させる点にはあまり集中しなく
なり、スロットマシン本来の楽しみである技術介入性の
意味が薄れてしまうことから、興趣を低下させてしまう
虞があった。

【0008】更に、上記したように一旦特別入賞への内
部的な当選さえしてしまえば、実質的にBB入賞やRB
入賞が獲得できたものと同じ状態となることから、特別
入賞の当選確率の設定値に応じて遊技者の利益状態が大
きく変化することとなる。一般的に、スロットマシンに
おいては、特別入賞の当選確率の設定値を複数段階に変
更可能な確率設定装置を備えているが、上記のような理
由から、確率設定装置により比較的に高確率に設定した
遊技機と比較的に低確率に設定した遊技機とで、遊技者
の利益状態に大きな差が出てしまうことが多く、そのよ
うな確率設定値のみで利益状態が決定されてしまうよう
な遊技内容では遊技者の期待感を低下させてしまう虞も
ある。即ち、仮に特別入賞の当選確率の設定値がそれほ
ど高くない遊技機で遊技を行っても、時には特別入賞が
程良く発生するような遊技内容でないと遊技者の遊技意
欲を向上させることができない。

【0009】この発明は、上記のような問題点を解決す
るためになされたもので、今までにない斬新な遊技内容
により遊技の興趣を高めることを可能とするとともに、
確率設定に因らずに時には遊技者が大きな利益を得る機
会を付与可能なスロットマシンを提供することを目的と
する。

【0010】

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するた
め、請求項1に記載の発明は、複数種類の図柄を可変表
示可能な複数の可変表示手段と、該可変表示を伴うゲー
ムの実行毎に入賞に当選か否かを抽選する抽選手段と、
を備え、遊技者による各可変表示手段の可変表示の停止
操作により、前記抽選手段による抽選結果が当選となっ
ている入賞に対応した所定の図柄組合せ態様が導出表示
された場合に、入賞が成立して所定の価値を遊技者に付
与するように構成されたスロットマシンにおいて、前記
抽選手段による抽選の結果、所定の入賞に当選となった
場合において、所定数のゲームが実行されても当該当選
となっている入賞が成立しなかった場合に、当該当選状
態を無効にする当選状態無効化手段と、前記抽選手段に
より所定の入賞に当選となった場合に、当該当選となっ
た入賞の報知に関する制御を行う報知制御手段と、を備
え、前記報知制御手段は、遊技者の操作に応じて結果が
決定される補助ゲームを実行する補助ゲーム実行手段
と、前記補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果が
予め定められた特定結果となった場合に、前記抽選手段
により当選となった入賞を成立させるために必要な情報
を報知する入賞成立情報報知手段と、を備えていること
を特徴としている。

【0011】ここで、可変表示手段は、例えば、周囲に
複数種類の図柄が表記されたリールからなり、このリー
ルを軸周りに回転させることで可変表示を行うものであ
ることが挙げられるが、これに限らず、例えば液晶表示
装置やブラウン管式の表示装置等からなり、この表示内
容を変化させることで可変表示を行うものであっても良
い。入賞が成立して遊技者に付与する所定の価値とは、
各入賞毎に定められた所定量の遊技媒体(具体的には、
例えば所定枚数のメダル)のことである。また、入賞が
成立して所定の価値を遊技者に付与するのは、遊技者に
よる各リールの可変表示の停止操作により図柄組合せ態
様が有効ライン上に導出表示された場合に限らず、例え
ば可変表示の開始操作から所定時間が経過することを条
件に、可変表示が当該スロットマシンの自動制御により
停止して図柄組合せ態様が有効ライン上に導出表示され
た場合を含んでも良い。入賞は、例えば、ビッグボーナ
ス入賞、レギュラーボーナス入賞、小役入賞、再ゲーム
入賞(リプレイ入賞)等、複数種類に設定されている。
また、入賞には、例えば、特別入賞(例えば、上記のビ
ッグボーナス入賞、レギュラーボーナス入賞が含まれ
る。)が含まれる。これら特別入賞が成立すると、所定
の価値に加えて特別の遊技価値(特別遊技状態自体、或
いは該特別遊技状態の発生に基づき付与する価値)を付
与するようになっている。このため、特別入賞以外の入
賞(例えば、小役入賞或いはリプレイ入賞)と比べて遊
技者に付与する価値が大きい。なお、ビッグボーナス入
賞の成立に基づき発生するビッグボーナスは、遊技者に
相対的に大きい遊技価値を与える遊技(例えばレギュラ
ーボーナスに相当)を所定回数を上限に行える一連のゲ
ームのことであり、レギュラーボーナス入賞の成立に基
づき発生するレギュラーボーナスは、遊技者に相対的に
小さい遊技価値を与える遊技(例えばJACゲームに相
当)を所定回数を上限に行える一連のゲームのことであ
る。また、「抽選手段により当選となった入賞を成立さ
せるために必要な情報」とは、例えば、入賞の種類の報
知、入賞に対応した図柄組合せ態様の種類の報知、入賞
を成立させる停止操作順序の報知等が挙げられる。

【0012】請求項1に記載の発明によれば、所定の入
賞に当選となった場合において、所定数のゲームが実行
されても当該当選となっている入賞が成立しなかった場
合に、当該当選状態が無効となるように構成されたスロ
ットマシンの場合に、補助ゲームの結果が特定結果とな
るか否かに応じて、当選となった入賞を成立させるため
に必要な情報が報知されるか否かが決定することとな
る。従って、この情報が報知される場合には、当該当選
となった入賞を成立させやすくなるため、遊技者の利益
獲得に対し、可変表示手段で行う可変表示を伴うゲーム
だけではなく補助ゲームの結果も関わることとなる。よ
って、今までにない斬新な遊技内容により遊技の興趣を
高めることができる。また、入賞に当選しても補助ゲー
ムの結果が特定結果とならない場合には、当選となった
入賞を成立させるために必要な情報が報知されないた
め、当該当選となった入賞を成立させ難くなる。よっ
て、この場合には、入賞に当選しても当該入賞が成立し
ないこともあることから、入賞に当選となる確率をある
程度高めても遊技店と遊技者との利益バランスを保つこ
とができる。よって、入賞の当選確率を高く設定でき
る。したがって、遊技者の期待感(入賞の成立への期待
感)を向上させることができるとともに、補助ゲームの
結果如何により、時には遊技者が非常に大きな利益を得
る機会を与えることも可能となる。つまり、確率設定に
因らずに時には遊技者が大きな利益を得る機会を付与可
能となる。

【0013】請求項2に記載の発明は、請求項1に記載
のスロットマシンにおいて、前記報知制御手段は、予め
定められた複数種の入賞のうち何れか1つに、前記抽選
手段により当選となった場合に、当該当選となった入賞
に関する制御を行うものとし、前記入賞成立情報報知手
段は、前記補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果
が予め定められた特定結果となった場合に、前記抽選手
段により当選となった入賞の種類を報知することを特徴
としている。

【0014】請求項2に記載の発明によれば、報知制御
手段は、予め定められた複数種の入賞のうち何れか1つ
に、抽選手段により当選となった場合に、当該当選とな
った入賞に関する制御を行うものとし、入賞成立情報報
知手段は、補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果
が予め定められた特定結果となった場合に、抽選手段に
より当選となった入賞の種類を報知するので、補助ゲー
ムが特定結果とならない場合には、複数種の入賞のうち
どの入賞が当選しているかが分からないので、特定の遊
技者ばかりが利益を得る等の不平等な事態が生じること
を防止できるし、補助ゲームが特定結果となった場合に
は、当選している入賞の種類が報知されるので、その報
知に応じて所要の図柄組合せ態様を形成するような停止
操作を行えば、確実に入賞を成立させることができる。

【0015】請求項3に記載の発明は、請求項2に記載
のスロットマシンにおいて、前記予め定められた複数種
の入賞は、各々、成立により特別の遊技価値を遊技者に
付与する特別入賞であるとともに、互いに種類の異なる
特別の図柄組合せ態様の導出表示で成立するように設定
されていることを特徴としている。

【0016】請求項3に記載の発明によれば、前記予め
定められた複数種の入賞は、各々、成立により特別の遊
技価値を遊技者に付与する特別入賞であるとともに、互
いに種類の異なる特別の図柄組合せ態様の導出表示で成
立するように設定されているので、当選状態が無効とな
る可能性がある分だけ、特別入賞の当選確率を高めるこ
とができる。よって、従来のように、当選確率の初期設
定値や確率調整値が低いことから、特別入賞としてのB
B入賞やRB入賞になかなか当選しないで遊技者の遊技
意欲が低下するといった問題点を解消できるし、当選状
態を無効にする機能を持たせているものの補助ゲームの
結果如何により特別入賞を容易に成立させることができ
るようになるので、遊技者に程良く利益を与えることが
できる。したがって、遊技店と遊技者との利益バランス
を調整した上で、遊技者の期待感を高めることができる
ようなスロットマシンを実現できる。

【0017】請求項4に記載の発明は、請求項3に記載
のスロットマシンにおいて、前記抽選手段により前記複
数種の入賞の何れか1つに当選した場合に、前記停止操
作が行われた際に、当該当選している入賞に対応した図
柄組合せ態様を形成し得る図柄が、可変表示手段での図
柄配列において所定のコマ数範囲内で有効ラインに到達
する前の位置にあっても、当該図柄を有効ライン上に引
き込んで停止させる引込停止制御手段を備え、前記可変
表示手段のうち少なくとも所定の可変表示手段には、異
なる種類の特別の図柄組合せ態様を形成し得る図柄どう
しが、前記引込停止制御手段が有効ライン上に引き込み
可能な前記所定のコマ数範囲を越える間隔に配置されて
いることを特徴としている。

【0018】請求項4に記載の発明によれば、抽選手段
により前記複数種の入賞の何れか1つに当選した場合
に、停止操作が行われた際に、当該当選している入賞に
対応した図柄組合せ態様を形成し得る図柄が、可変表示
手段での図柄配列において所定のコマ数範囲内で有効ラ
インに到達する前の位置にあっても、当該図柄を有効ラ
イン上に引き込んで停止させる引込停止制御手段を備
え、可変表示手段のうち少なくとも所定の可変表示手段
には、異なる種類の特別の図柄組合せ態様を形成し得る
図柄どうしが、引込停止制御手段が有効ライン上に引き
込み可能な前記所定のコマ数範囲を越える間隔に配置さ
れているので、例えば、1つの特別の図柄組合せ態様を
形成し得る図柄とそれとは異なる特別の図柄組合せ態様
を形成し得る図柄とが上記引き込み制御を行えるコマ数
範囲内に配置(例えば、左リールに7(白抜き)と7
(塗りつぶし)が4コマ範囲内に配置)されている場合
とは異なり、その2つの図柄の何れをも停止し得るタイ
ミングで停止操作を行うことを不可能とすることができ
る。よって、遊技者は複数種の特別の図柄組合せ態様の
うちどれか1つを選択して停止操作(或いは、無作為に
停止操作)を行って、遊技者の勘が当たれば(或いは、
運が良ければ)当選した特別入賞に対応した特別の図柄
組合せ態様を成立できるといった、従来にない斬新かつ
スリル感のある遊技内容を提供することができ興趣を向
上させることができる。しかも、補助ゲームが特定結果
となった場合には、どの特別入賞に当選したかが分かる
ので、それに対応した図柄を狙って確実に特別の図柄組
合せ態様を形成することができる。

【0019】請求項5に記載の発明は、請求項1乃至請
求項4の何れかに記載のスロットマシンにおいて、前記
複数の可変表示手段の各々を遊技者の操作に応じて個別
に停止操作可能な停止操作手段を備え、前記補助ゲーム
実行手段は、前記停止操作手段からの入力信号に基づ
き、前記補助ゲームの結果を決定するようにしたことを
特徴としている。

【0020】請求項5に記載の発明によれば、複数の可
変表示手段の各々を遊技者の操作に応じて個別に停止操
作可能な停止操作手段を備え、補助ゲーム実行手段は、
停止操作手段からの入力信号に基づき、補助ゲームの結
果を決定するようにしたので、可変表示手段を使用して
行われるゲームの停止操作手段を補助ゲームの停止操作
手段として兼用することができ、遊技者は通常の遊技を
行うだけで、何ら戸惑うこともなく補助ゲームに対する
介入を実行することができる。

【0021】請求項6に記載の発明は、請求項1乃至請
求項5の何れかに記載のスロットマシンにおいて、前記
抽選手段による抽選結果に関連した演出表示を行う演出
表示手段を、前記可変表示手段とは別個に設け、前記補
助ゲーム実行手段は、前記演出表示手段において前記補
助ゲームを表示により実行するようにしたことを特徴と
している。

【0022】ここで、演出表示手段は、例えば、リー
ル、液晶表示装置、多数のLEDにより表示部が構成さ
れるドットLED表示装置、有機ELディスプレイ等の
表示装置により構成することが挙げられる。また、演出
表示とは、例えば、特別入賞に当選したこと(特別入賞
の入賞フラグが成立したこと)の報知表示や、所定の小
役入賞に当選した(所定の小役入賞フラグが成立した)
ゲームにおける停止操作前に該当選した旨を報知する事
前報知表示(所謂小役ナビ表示)や、キャラクタ等を登
場させ所定の入賞の当選/不当選(所定の入賞フラグの
成立/不成立)に応じたキャラクタの動作表示などであ
ることが挙げられる。

【0023】請求項6に記載の発明によれば、抽選手段
による抽選結果に関連した演出表示を行う演出表示手段
を、可変表示手段とは別個に設け、補助ゲーム実行手段
は、演出表示手段において補助ゲームを表示により実行
するようにしたので、演出表示手段を補助ゲームの表示
手段として兼用して、演出表示と補助ゲームの表示とを
効率よく行うことができる。

【0024】請求項7に記載の発明は、請求項1乃至請
求項6の何れかに記載のスロットマシンにおいて、前記
当選状態無効化手段は、前記抽選手段による抽選結果が
所定の入賞に当選した場合において、当該入賞に当選し
たゲームの終了時に当該入賞が成立しなかった場合に、
当該当選状態を無効にするようにし、前記補助ゲーム実
行手段は、当該入賞に当選したゲームが終了する以前に
前記補助ゲームの結果が導出されるように当該補助ゲー
ムを実行することを特徴としている。

【0025】請求項7に記載の発明によれば、当選状態
無効化手段は、抽選手段による抽選結果が所定の入賞に
当選した場合において、当該入賞に当選したゲームの終
了時に当該入賞が成立しなかった場合に、当該当選状態
を無効にするようにし、補助ゲーム実行手段は、当該入
賞に当選したゲームが終了する以前に補助ゲームの結果
が導出されるように当該補助ゲームを実行する。すなわ
ち、入賞に当選した1ゲームにて補助ゲームが実行され
て、この補助ゲームが特定結果となると、その1ゲーム
にて当該入賞に関わる報知が行われるので、興趣の高い
ゲームをテンポよく進行することができる。

【0026】請求項8に記載の発明は、請求項1乃至請
求項6の何れかに記載のスロットマシンにおいて、前記
当選状態無効化手段は、前記抽選手段による抽選結果が
所定の入賞に当選した場合において、当該入賞に当選し
たゲームとその次のゲームとの何れの終了時にも当該入
賞が成立しなかった場合に、当該当選状態を無効にする
ようにし、前記補助ゲーム実行手段は、前記入賞に当選
したゲームの実行中に前記補助ゲームを実行することを
特徴としている。

【0027】請求項8に記載の発明によれば、当選状態
無効化手段は、抽選手段による抽選結果が所定の入賞に
当選した場合において、当該入賞に当選したゲームとそ
の次のゲームとの何れの終了時にも当該入賞が成立しな
かった場合に、当該当選状態を無効にするようにし、補
助ゲーム実行手段は、入賞に当選したゲームの実行中に
補助ゲームを実行する。すなわち、入賞に当選したゲー
ムにて補助ゲームが実行され、補助ゲームが特定結果と
なると、その次のゲームにて当該入賞に関わる報知が行
われるので、遊技者は余裕を持って補助ゲームを実行し
たり、或いは、入賞を成立させるための停止操作を行え
る。

【0028】請求項9に記載の発明は、請求項1乃至請
求項8の何れかに記載のスロットマシンにおいて、前記
補助ゲーム実行手段は、前記補助ゲームの結果が特定結
果となる確率を、所定条件の成立に基づき通常時よりも
高める確率変更手段を含んでいることを特徴としてい
る。

【0029】請求項9に記載の発明によれば、補助ゲー
ム実行手段は、補助ゲームの結果が特定結果となる確率
を、所定条件の成立に基づき通常時よりも高める確率変
更手段を含んでいるので、補助ゲームの結果が特定結果
となる確率を、この確率変更手段により適宜高めること
により、時には遊技者が大きな利益を得ることが可能と
なり、遊技者の期待感を極めて高めることができる。

【0030】請求項10に記載の発明は、複数種類の図
柄を可変表示可能な複数の可変表示手段と、該可変表示
を伴うゲームの実行毎に入賞に当選か否かを抽選する抽
選手段と、を備え、遊技者による各可変表示手段の可変
表示の停止操作により、前記抽選手段による抽選結果が
当選となっている入賞に対応した所定の図柄組合せ態様
が導出表示された場合に、入賞が成立して所定の価値を
遊技者に付与するように構成されたスロットマシンにお
いて、前記抽選手段による抽選の結果、所定の入賞に当
選となった場合において、所定数のゲームが実行されて
も当該当選となっている入賞が成立しなかった場合に、
当該当選状態を無効にする当選状態無効化手段と、前記
抽選手段により所定の入賞に当選となった場合に、遊技
者の操作に応じて結果が決定される補助ゲームを実行す
る補助ゲーム実行手段と、を備え、前記当選状態無効化
手段は、前記入賞の当選状態を無効にするまでのゲーム
数を、前記補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果
に応じて変更する当選状態無効化ゲーム数変更手段を備
えていることを特徴としている。

【0031】請求項10に記載の発明によれば、抽選手
段による抽選の結果、所定の入賞に当選となった場合に
おいて、所定数のゲームが実行されても当該当選となっ
ている入賞が成立しなかった場合に、当該当選状態を無
効にする当選状態無効化手段と、抽選手段により所定の
入賞に当選となった場合に、遊技者の操作に応じて結果
が決定される補助ゲームを実行する補助ゲーム実行手段
と、を備え、当選状態無効化手段は、入賞の当選状態を
無効にするまでのゲーム数を、補助ゲーム実行手段によ
る補助ゲームの結果に応じて変更する当選状態無効化ゲ
ーム数変更手段を備えているので、補助ゲームを実行す
ることにより、遊技内容が多彩化し、興趣を高めること
ができる。また、当選状態が無効となる場合があるの
で、入賞の当選確率をある程度高めることができ、遊技
者の期待感の低下を防止できる。また、その無効となる
ゲーム数を補助ゲームの結果に応じて変更するので、従
来にない斬新な遊技内容になり、時には、無効となるま
でのゲーム数が少なく、遊技者にハラハラ感を与えて停
止操作を行わせることもできるし、時には無効となるま
でのゲーム数が多く、遊技者に余裕を持たせて停止操作
を行わせることもでき、興趣を向上させることができ
る。

【0032】

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の
実施の形態について説明する。本実施の形態は、本発明
に係るスロットマシンの適例としてのパチスロ遊技機に
ついて説明を行うものである。

【0033】〔第1の実施の形態〕図1のパチスロ遊技
機100は、前面が開放した箱形の機枠(図示略)の内
部に各種の機器が設けられるとともに、この機枠の前面
に、前扉2が、片開き形式に開閉可能に設けられること
で概略構成されている。

【0034】前扉2の前面の上部中央には、後方を透視
可能な(例えば透明の)図柄表示窓5が形成され、この
図柄表示窓5の奥には、それぞれ独立に回転可能な複数
(例えば、3つ)のリール(可変表示手段)、即ち、第
1リール20a、第2リール20b、および、第3リー
ル20cが配されている。これらリール20a〜20c
は、例えば各々略円筒状をなし、各々の周囲には、例え
ば、図3に示すように、複数種類の図柄が一定間隔に配
置されることで構成された図柄列(例えば、配列番号1
番から21番までの都合21コマ分の図柄列)が表記さ
れている。なお、図3には、各リール20a〜20cに
表記された図柄列を平面的に展開した状態を示す。そし
て、各リール20a〜20cは、図1に示すように、各
々の図柄列中の図柄のうち、連続する所定数(例えば、
3つ)の図柄が図柄表示窓5を介して視認可能となるよ
うに配置されていて、図柄の可変表示を行う可変表示部
20を構成している。

【0035】また、図柄の種類は、例えば、図3に示す
ように、「7(白抜き)」(例えば、第1リール20a
の配列番号21番等)、「7(塗りつぶし)」(例え
ば、第3リール20cの配列番号14番等)、「7(網
掛け)」(例えば、第3リール20cの配列番号7番
等)、「BAR」(例えば、第1リール20cの配列番
号20番等)、「王冠」(例えば、第1リール20aの
配列番号19番等)、「スイカ」(例えば、第1リール
20aの配列番号17番等)、「チェリー」(例えば、
第1リールの配列番号16番等)および「リプレイ(再
ゲーム)」(例えば、第1リール20aの配列番号18
番等)およびの都合8種類となっている。なお、このう
ち、「7(白抜き)」、「7(塗りつぶし)」、「7
(網掛け)」および「BAR」は、後述するように、ボ
ーナス入賞(ビッグボーナス入賞或いはレギュラーボー
ナス入賞)の入賞結果態様を構成可能な図柄であるた
め、これらの図柄を総称してボーナス図柄ともいう。

【0036】また、パチスロ遊技機100は、第1リー
ル20aを回転駆動させる第1リール用モータ611
と、第2リール20bを回転駆動させる第2リール用モ
ータ612と、第3リール20cを回転駆動させる第3
リール用モータ613と、備えている(図2)。各モー
タ611〜613は、それぞれステッピングモータ等か
ら構成され、各々、後述する遊技制御装置50の制御下
で作動し、対応するリール20a〜20cをそれぞれ独
立に、軸周りに回転駆動ならびに回転停止させることが
可能となっている。そして、各モータ611〜613
が、対応するリール20a〜20cを各々独立に回転駆
動させることで、複数種類の図柄を図柄表示窓5奥に
て、例えば上から下へと循環するよう高速で移動させる
(図柄を可変表示させる)ようになっている。さらに、
可変表示の開始後、(後述するリールストップボタン1
4a,14b,14cの停止操作に基づき)各モータ6
11〜613によりリール20a〜20cの全てを停止
させることで、上下に3列、横に3列で、都合9つの図
柄を可変表示部20にて停止状態で表示する停止表示を
行うようになっている。

【0037】ここで、可変表示部20には、複数の有効
ラインが設定されている。即ち、例えば、可変表示部2
0における各リール20a〜20c中段の図柄を横切る
有効ライン(中段横ライン)、可変表示部20における
各リール20a〜20c上段の図柄を横切る有効ライン
(上段横ライン)、可変表示部20における各リール2
0a〜20c下段の図柄を横切る有効ライン(下段横ラ
イン)、可変表示部20において第1リール20a下段
−第2リール20b中段−第3リール20c上段にかけ
て各リールを斜めに横切る有効ライン(右上がりの斜め
ライン)、及び、可変表示部20において第1リール2
0a上段−第2リール20b中段−第3リール20c下
段にかけて各リールを斜めに横切る有効ライン(右下が
りの斜めライン)の都合5つの有効ラインが設定されて
いる。なお、後述するように、ベット数に応じて所定数
の有効ラインが有効化されるようになっているが、この
有効化された有効ライン上に、複数種類設定された入賞
のうち何れかに対応する図柄組合せ態様で図柄が停止表
示することにより、入賞結果態様が成立し、各入賞結果
態様に対応した所定数のメダル(所定の価値)の払い出
し(付与)等を行うようになっている。なお、以下で
は、「有効化された有効ライン」を単に「有効ライン」
ということがある。

【0038】さらに、前扉2前面において、図柄表示窓
5の下方片側には、1ゲームを開始するスタート操作を
行うためのスタートレバー13が設けられている。さら
に、前扉2前面において、図柄表示窓5の下方には、第
1リール20a、第2リール20b、および、第3リー
ル20cとそれぞれ1対1で対応付けられ、対応するリ
ール20a〜20cの回転をそれぞれ停止させて図柄を
停止表示させるためのストップボタン、即ち、第1リー
ルストップボタン14a、第2リールストップボタン1
4b、および、第3リールストップボタン14cが設け
られている。なお、これらリールストップボタン14a
〜14cは、例えば、色付きの半透明の樹脂などから構
成されている。そして、これらリールストップボタン1
4a〜14cの奥には、該リールストップボタン14a
〜14cの操作により各リール20a〜20cを停止可
能な状態であることを、点灯により報知するためのスト
ップボタンランプ140(図2)がそれぞれ設けられて
いる。

【0039】また、前扉2の前面には、他に、以下の構
成要素が配されている。先ず、演出表示部(演出表示手
段)4は、その奥に配された演出表示装置4aの表示状
態の変化により抽選結果に関連する演出表示(後述)お
よび補助ゲーム(後述)を行うものである。ベット数表
示部31は、その奥に配されたベット数表示器31a
(図2)の点灯状態によりメダルのベット数を表示する
ものである。GAME OVERランプ部33は、ビッ
グボーナスが終了したことをその奥に配されたランプ
(遊技状態表示器650(図2)の一部)の点灯によっ
て報知するものである。WAITランプ部34の奥には
ランプ(遊技状態表示器650(図2)の一部)が配さ
れており、このランプが、スタートレバー13が操作さ
れてから全てのリール20a〜20cが回転開始するま
での期間に点灯することで、該期間中であることを報知
するようになっている。REPLAYランプ部35は、
リプレイ入賞の入賞結果態様が成立して次回遊技がリプ
レイになったことをその奥に配されたランプ(遊技状態
表示器650(図2)の一部)の点灯によって報知する
ものである。INSERT MEDALSランプ部36
は、遊技が行われておらず、しかもベット或いはクレジ
ットとしてメダルを受け容れ可能な状態のときに、その
奥に配されたランプ(遊技状態表示器650(図2)の
一部)が点滅を繰り返すことで、メダルの投入を促すた
めのものである。

【0040】また、メダル投入口6は、メダルを投入し
てベットする(賭けを行う)ためのものである。クレジ
ット数表示部7は、その奥に配された、例えば、7セグ
メントのLEDからなるクレジット数表示器7a(図
2)の点灯状態により、メダルのクレジット数を表示す
るものである。払出数表示部8は、その奥に配された、
例えば、7セグメントのLEDからなる払出数表示器8
a(図2)の点灯状態により、メダルの払い出し数を表
示するものである。さらに、前扉2の前面には、クレジ
ットされたメダルのうち限度数(例えば、3枚)のメダ
ルのベット(賭け)を一度の操作で行うためのマックス
ベットボタン9、クレジットされたメダルを、操作を一
度行う毎に1枚ずつベットするための1ベットボタン1
0、奥に配された遊技進行表示器11a(図2;例えば
7セグメントのLEDからなる)の点灯状態によりボー
ナスゲームの進行に関する表示を行う遊技進行表示部1
1、メダルのクレジット状態/非クレジット状態を選択
するためのクレジット選択ボタン12、前扉2を開くた
めの鍵が差し込まれる鍵穴15、装飾のために点灯或い
は点滅する装飾表示部661、662、663、前扉2
の下部領域を構成する飾り板部16等が設けられ、さら
に、前扉2の前面の最下部には灰皿17及びメダルを貯
留するための受皿18が配設されている。

【0041】さらに、パチスロ遊技機100は、その機
枠の内部に、図2に示すように、スピーカ等の音出力部
60と、入賞結果態様の成立に基づきメダルを払い出す
メダル払出部80(例えばホッパー)を備えている。

【0042】加えて、パチスロ遊技機100は、図2に
示すように、遊技を統括的に制御する遊技制御装置50
と、この遊技制御装置50の制御下で遊技の演出に関す
る制御を統括的に行う演出制御装置700と、この演出
制御装置700の制御下で演出表示装置4aの制御を行
う表示制御装置710と、演出制御装置700の制御下
で音出力部60の制御を行う音制御装置720と、演出
制御装置700の制御下でLED並びにランプの制御を
行うLEDランプ制御装置730と、を備えて、制御系
を構成している。また、この制御系の構成要素も、それ
ぞれ機枠の内部に配されている。

【0043】このうち、遊技制御装置50は、CPU
(Central Processing Unit)51、ROM(Read only
memory)52、RAM(Random Access memory)5
3、I/F(Interface)54等を備えて構成されてい
る。

【0044】このうちCPU51は、制御部、演算部を
備え、各種演算制御を行う他、当該遊技制御装置50に
設けられた乱数発生器(図示略)により発生(生成)お
よび出力される乱数を内部抽選用の乱数として用いて内
部抽選を行う(入賞に当選か否かを抽選する)。なお、
上記乱数発生器の代わりに、CPU51自体が、内部抽
選用の乱数を生成する処理を行うようにしても良い。R
OM52には、各種処理を実行するための制御プログラ
ムや制御データが書き込まれている他、内部抽選用の判
定値などが書き込まれている。RAM53は、CPU5
1で生成される内部抽選用の乱数の記憶領域、各種デー
タ(例えば、メダルのクレジット数のデータ、メダルの
ベット数のデータ、各種入賞フラグ(後述)の状態のデ
ータ、および、入賞結果態様が成立した入賞に基づく払
い出しに係るデータなど)を一時的に記憶する記憶領
域、ならびに、CPU51の作業領域を備えている。

【0045】I/F54は、図示しないローパスフィル
タ及びバッファーゲートを介して、投入メダル検出セン
サ6a、スタートレバースイッチ13a、第1リールス
トップスイッチ14d、第2リールストップスイッチ1
4e、第3リールストップスイッチ14f、第1リール
位置検出センサ601、第2リール位置検出センサ60
2、第3リール位置検出センサ603、1ベットスイッ
チ10a、マックスベットスイッチ9a、クレジット選
択スイッチ12a、払い出しメダル検出センサ640、
確率設定装置630、リセットスイッチ15a、前扉開
放スイッチ670から出力される各種の信号をCPU5
1に対して出力している。

【0046】ここで、投入メダル検出センサ6aは、メ
ダル投入口6より投入されるメダル数を検出するための
センサである。スタートレバースイッチ13aは、スタ
ートレバー13が操作されたことを検出するためのスイ
ッチである。第1リールストップスイッチ14dは第1
リールストップボタン14aが操作されたことを、第2
リールストップスイッチ14eは第2リールストップボ
タン14bが操作されたことを、第3リールストップス
イッチ14fは第3リールストップボタン14cが操作
されたことを、それぞれ検出するためのスイッチであ
る。第1リール位置検出センサ601は第1リール20
aの回転位相を、第2リール位置検出センサ602は第
2リール20bの回転位相を、第3リール位置検出セン
サ603は第3リール20cの回転位相を、それぞれ検
出するためのセンサである。1ベットスイッチ10aは
1ベットボタンが操作されたことを、マックスベットス
イッチ9aはマックスベットボタン9が操作されたこと
を、それぞれ検出するためのスイッチである。クレジッ
ト選択スイッチ12aは、クレジット選択ボタン12が
操作されたことを検出するためのスイッチである。払い
出しメダル検出センサ640は、メダル払出部80によ
り受皿18に払い出されるメダル数を検出するためのセ
ンサである。確率設定装置630は、操作に基づき、当
該パチスロ遊技機100における各ゲーム毎の入賞確率
を複数段階(例えば6段階)の何れかに設定するための
装置である。リセットスイッチ15aは、鍵穴15に差
し込まれた鍵が回動されたことを検出し、この検出に基
づきパチスロ遊技機100をリセットするためのスイッ
チである。なお、リセットスイッチ15aが検出信号を
遊技制御装置50に出力することに基づき、例えば、当
該パチスロ遊技機100のエラー状態が解除される。ま
た、前扉開放スイッチ670は、前扉2の開放状態を検
出するためのスイッチである。

【0047】また、I/F54は、CPU51から入力
される制御信号を、図示しない出力ポート及びドライバ
ーを介して、演出制御装置700、メダル払出部80、
第1リール用モータ611、第2リール用モータ61
2、第3リール用モータ613、外部信号出力部62
0、および、ストップボタンランプ140などに出力し
ている。なお、外部信号出力部620は、遊技制御装置
50からパチスロ遊技機100の外部に対し出力される
外部信号を中継するものである。

【0048】また、演出制御装置700は、CPU(Ce
ntral Processing Unit)、ROM(Read only memor
y)、RAM(Random Access memory)等を備えて構成
され、遊技制御装置50の制御下で或いは独自の制御に
より表示制御装置710、音制御装置720およびLE
Dランプ制御装置730に制御信号を出力している。

【0049】さらに、表示制御装置710は、CPU
(Central Processing Unit)、ROM(Read only mem
ory)、RAM(Random Access memory)等を備えて構
成され、演出制御装置700の制御下で或いは独自の制
御により演出表示装置4aに制御信号を出力している。

【0050】また、音制御装置720は、CPU(Cent
ral Processing Unit)、ROM(Read only memor
y)、RAM(Random Access memory)等を備えて構成
され、演出制御装置700の制御下で或いは独自の制御
により音出力部60に制御信号を出力している。

【0051】加えて、LEDランプ制御装置730は、
CPU(Central Processing Unit)、ROM(Read on
ly memory)、RAM(Random Access memory)等を備
えて構成され、演出制御装置700の制御下で或いは独
自の制御により、遊技進行表示器11a、ベット数表示
器31a、クレジット数表示器7a、払出数表示器8
a、遊技状態表示器650および装飾表示器660等の
LED或いはランプに制御信号を出力している。なお、
装飾表示器660は、装飾表示部661〜663の奥に
設けられたランプ等の発光部材である。

【0052】次に、メダルのベット等に関する処理につ
いて説明する。先ず、クレジット選択ボタン12により
「非クレジット状態」を選択している場合にメダル投入
口6よりメダルを投入すると、この投入されたメダルを
投入メダル検出センサ6aが検出して該検出信号を遊技
制御装置50に入力する。すると、遊技制御装置50
は、この検出信号に基づいて、メダルのベット数の記憶
を加算するとともに、そのベット数をベット数表示部3
1に表示する。ただし、ベット数には、所定の上限値
(例えば、3枚)が設定されているため、上限値を超え
るメダルを投入した場合には、超えた分のメダルについ
てはベット数に加算せずに受皿18へと返却するように
なっている。

【0053】他方、クレジット選択ボタン12により
「クレジット状態」を選択している場合にメダル投入口
6よりメダルを投入すると、このメダルをメダル検出セ
ンサ6aが検出して該検出信号を遊技制御装置50に入
力する。この場合も同様に、遊技制御装置50は、メダ
ルの検出信号に基づいてメダルのベット数の記憶を加算
するとともに、そのベット数をベット数表示部31に表
示する。さらに、ベット数の上限値(3枚)を超えるメ
ダルを投入した場合には、超えた分のメダルについては
ベット数に加算せずに、メダルのクレジット数の記憶を
1ずつ加算するとともに、その加算結果をクレジット数
としてクレジット数表示部7に表示する。ただし、クレ
ジット数には、所定の上限値(例えば、50枚)が設定
されており、上限値を超えるメダルを投入した場合に
は、超えた分のメダルをクレジット数に加算せずに受皿
18へと返却するようになっている。さらに、メダルの
クレジットがある状態で、1ベットボタン10又はマッ
クスベットボタン9を操作すると、操作に応じた数のメ
ダルをベットするとともに、クレジット数の記憶をベッ
ト数分減算するようになっている。

【0054】なお、「非クレジット状態」のときに入賞
に基づきメダルを払い出す場合には、メダルの全数を受
皿18へと払い出すようになっている一方で、「クレジ
ット状態」のときに入賞に基づきメダルを払い出す場合
には、クレジット数が所定の上限値(例えば、50枚)
に達するまではメダルを受皿18へは払い出さずにクレ
ジット数に加算し、該上限値を超えた分のメダルはクレ
ジット数に加算せずに受皿18に払い出すようになって
いる。

【0055】また、メダルのベット数(賭け数)に応じ
て有効化される有効ライン数が変化するようになってい
る。即ち、例えば、ベット数が1(1枚ベット)の場合
には、1つの有効ライン(例えば、中段横ライン)だけ
を有効化し、ベット数が2(2枚ベット)の場合には、
3つの有効ライン(例えば、上、中、下段の横ライン)
を有効化し、ベット数が3(3枚ベット)の場合には、
全ての有効ラインを有効化するように設定されている。
そして、ベット数に応じて有効化した有効ライン上で入
賞に対応する所定の入賞結果態様が成立した場合のみ、
メダルの払い出しを行う。逆に、この有効化した有効ラ
イン以外の有効ラインで入賞結果態様が成立しても、入
賞に対応したメダルの払い出しは行わない。

【0056】パチスロ遊技機100は、以上のように構
成されていて、遊技制御装置50等の制御系により、以
下に説明する遊技制御を行うようになっている。

【0057】先ず、ゲームを開始するには、メダル投入
口6よりメダルを投入することによりベットを行った状
態で、或いは、マックスベットボタン9又は1ベットボ
タン10の操作によりベットを行った状態で、或いは、
前回の遊技でリプレイ入賞の入賞結果態様(リプレイ入
賞結果態様)が成立している場合にはベットを行わず
に、スタートレバー13を操作する。

【0058】すると、スタートレバー13の操作をスタ
ートレバースイッチ13aが検出し、この検出信号が遊
技制御装置50のCPU51に入力される。この入力に
基づき、遊技制御装置50のCPU51では、内部抽選
用の乱数を抽出し、該抽出した乱数と、予めROM52
に記憶されている判定値との比較により内部抽選を行
う。ここで、内部抽選を行うタイミングは、スタートレ
バー13の操作時(開始操作時)であっても良いし、或
いは、可変表示の開始時であっても良いし、可変表示の
実行に関連したその他のタイミングであっても良い。つ
まり、遊技者による開始操作に関連して入賞に当選か否
かを抽選するのであればよい。このように、遊技制御装
置50は、可変表示を伴うゲームの実行毎に入賞に当選
か否かを抽選する抽選手段として機能する。さらに、こ
の内部抽選により、入賞(例えば、小役入賞、ビッグボ
ーナス入賞、レギュラーボーナス入賞、リプレイ入賞の
何れか(本実施の形態の場合、後述のように、ビッグボ
ーナス入賞、ならびに、レギュラーボーナス入賞は、そ
れぞれ複数種類に設定されている))に当選か否かを抽
選し、この抽選結果が当選であることを条件に該当選し
た入賞に対応する入賞フラグ(例えば、小役入賞フラ
グ、ビッグボーナス入賞フラグ、レギュラーボーナス入
賞フラグ、リプレイ入賞フラグの何れか(本実施の形態
の場合、後述のように、ビッグボーナス入賞、ならび
に、レギュラーボーナス入賞の入賞フラグは、それぞれ
複数種類に設定されている))を発生させ(成立さ
せ)、該入賞フラグが成立したことを示すデータを、R
AM53に一時的に記憶する。

【0059】一方で、CPU51は、スタートレバース
イッチ13aによる検出信号の入力に基づき、第1〜第
3リール用モータ611〜613に対して各リール20
a〜20cの回転開始を指示する制御信号を送る(各リ
ール20a〜20cを回転開始させる制御を行う)。こ
れにより、図柄の可変表示を行う状態となる。このよう
に図柄の可変表示を開始した後、各リールストップボタ
ン14a〜14cの操作による各リール20a〜20c
の停止操作が可能な状態となると、CPU51は各スト
ップボタンランプ140に点灯を指示する制御信号を送
る(各ストップボタンランプ140を点灯させる処理を
行う)。この処理によりストップボタンランプ140を
点灯させることで、各リールストップボタン14a〜1
4cの操作により各リール20a〜20cを停止可能な
状態となったことを報知する。このように、各リール2
0a〜20cの停止操作が可能となった状態で、各リー
ルストップボタン14a〜14cを個別に順次操作する
と、各リールストップスイッチ14d〜14fからの操
作信号がそれぞれCPU51に入力される。すると、C
PU51では、操作信号の入力タイミングと各入賞フラ
グの成立状態に基づいて、各リール20a〜20cの停
止位置を決定し、この決定に基づき、各リール用モータ
611〜613に対して各リール20a〜20cの回転
停止を指示する制御信号を出力する。

【0060】例えば、何れかの入賞フラグが成立してい
る場合には、その入賞フラグに対応する図柄が優先的に
有効ライン上に停止表示するように、図柄の引込停止制
御を行うようになっている。ここで、遊技制御装置50
は、引込停止制御手段として機能する。図柄の引込停止
制御とは、停止操作のタイミングが、所定の範囲内で早
めにズレた場合には、リールストップボタン14a〜1
4cの操作に基づき即時にリール20a〜20cを停止
させるのではなく、該停止のタイミングを若干遅らせる
ことにより、該有効ライン上に入賞フラグと対応する図
柄を優先的に停止させる制御のことである。つまり、こ
の制御の際、停止操作を行ってから該停止操作のタイミ
ングに対して若干遅らせて図柄の可変表示を停止させる
ことで、停止操作の時点では、まだ有効ライン上に到達
していなかった図柄を、該有効ライン上に到達させて停
止表示させることになる。ただし、引込停止制御が可能
な図柄のコマ数(所定のコマ数範囲)には制限があるた
め(例えば、+4コマ以内)、引込停止制御により有効
ライン上に停止可能な図柄は、リールストップボタン1
4a〜14cの操作に基づき引込停止制御を行わずに該
有効ライン上に停止可能な図柄と、それに続く所定コマ
数(例えば、4コマ)の図柄となる。ここで、引込停止
制御を行わずに有効ライン上に停止可能な図柄とは、原
則として、リールストップボタン14a〜14cの操作
時に該ライン上に位置する図柄であるが、制御上、該図
柄を該ライン上に即時停止させることができないタイミ
ングでリールストップボタン14a〜14cが操作され
た場合には、その次の図柄となる。このように、パチス
ロ遊技機100は、抽選手段により所定の入賞に当選し
た場合に、各リール20a〜20cにおける可変表示の
停止操作が行われた際に、当該入賞に対応する図柄組合
せ態様を形成し得る図柄が、リール20a〜20cでの
図柄配列において所定のコマ数(例えば4コマ)範囲内
で有効ラインに到達する前の位置にあっても、当該図柄
を有効ライン上に引き込んで停止させる引込停止制御手
段(遊技制御装置50)を備える。

【0061】他方、入賞フラグが何も成立していない場
合には、入賞と対応する図柄組合せ態様が導出されてし
まうことを防止する制御を行うようになっている。即
ち、具体的には、例えば、第1リール20aだけで入賞
結果態様を構成してしまう「チェリー」が有効ライン上
に位置するタイミングで第1リールストップボタン14
aを操作した場合には、「チェリー」が該有効ラインか
ら外れるまで第1リール20aを回転させた後に停止さ
せる制御(蹴とばし制御)を行う。また、例えば、第1
リール20a及び第2リール20bが停止した段階で、
既に「7(白抜き)、7(白抜き)」が有効ライン上に
揃い、第3リール20cでも「7(白抜き)」が該有効
ライン上に揃ってしまうとビッグボーナスの入賞結果態
様(図4参照)を構成してしまう状態となった場合に
は、第3リール20cでは、該有効ライン上に「7(白
抜き)」が揃わないような蹴とばし制御を行う。つま
り、第1リール20a及び第2リール20bが停止した
段階で、既に「7(白抜き)、7(白抜き)」が有効ラ
イン上に揃った状態で、「7(白抜き)」が有効ライン
上に位置するタイミングで第3リールストップボタン1
4cを操作した場合には、「7(白抜き)」が該有効ラ
インから外れるまで第3リール20cを回転させた後に
停止させる蹴とばし制御を行う。

【0062】各リールストップボタン14a〜14cの
操作に基づき、上記した何れかの制御(各リール20a
〜20cを停止させる制御)を行うことで、各リール2
0a〜20c毎に3つずつの図柄が可変表示部20にて
停止表示された状態(停止結果態様が導出表示された状
態)となり図柄の可変表示が終了する。

【0063】このように、遊技者による各リールストッ
プボタン14a〜14cの操作に基づき停止表示がなさ
れた結果、入賞結果態様が導出表示された場合には、入
賞が成立し、該成立した入賞の種類に応じた所定数のメ
ダルの払い出しを行う。

【0064】すなわち、パチスロ遊技機100は、複数
種類の図柄を可変表示可能な複数の可変表示手段(リー
ル20a〜20c)と、該可変表示を伴うゲームの実行
毎に入賞に当選か否かを抽選する遊技制御装置50(抽
選手段)と、を備え、遊技者による各リール20a〜2
0cの可変表示の停止操作により、抽選手段による抽選
結果が当選となっている入賞に対応した所定の図柄組合
せ態様が導出表示された場合に、入賞が成立して所定の
価値(成立した入賞の種類に応じた所定数のメダル)を
遊技者に付与するように構成されている。

【0065】なお、スタートレバー13の操作から一定
時間(例えば、30秒)が経過する前に、全てのリール
ストップボタン14a〜14cの停止操作が完了しない
場合には、図柄の可変表示がエンドレスに継続すること
がないように、スタートレバー13の操作から一定時間
(例えば、30秒)が経過するとCPU51から各リー
ル用モータ611〜613に対して停止制御信号を出力
する。そして、この停止制御信号に基づき、リール用モ
ータ611〜613は、その時点まで回転を続けていた
リール、即ち、リール20a〜20cの全て、或いは、
リール20a〜20cのいずれか2つ、又は、1つの回
転を停止させる。このため、遊技者が全リール20a〜
20cの停止操作を完了していなくても、スタートレバ
ー13の操作から一定時間が経過した場合にはリール2
0a〜20cの回転が自動的に停止して図柄の可変表示
が終了し、各リール20a〜20c毎に3つずつの図柄
を可変表示部20にて停止表示した状態となる。

【0066】このように、スタートレバー13の操作か
ら一定時間(例えば、30秒)が経過することにより停
止表示がなされた結果、入賞結果態様が成立した場合に
も、該成立した入賞結果態様の種類に応じた所定数のメ
ダルの払い出しを行う。

【0067】本実施の形態の場合、例えば、図4に示す
ように、入賞にはビッグボーナス入賞(以下、BB入賞
と略称することがある)、レギュラーボーナス入賞(以
下、RB入賞と略称することがある)、リプレイ入賞
(再ゲーム入賞)、および、小役入賞(スイカ、王冠お
よびチェリー)が含まれる。BB入賞は、有効ライン上
に「7(白抜き)、7(白抜き)、7(白抜き)」、
「7(白抜き)、7(白抜き)、7(塗りつぶし)」、
「7(白抜き)、7(白抜き)、7(網掛け)」の何れ
かの図柄組合せ態様が導出表示されることにより入賞結
果態様が成立し、15枚のメダルを払い出す。RB入賞
は、有効ライン上に「BAR、BAR、7(白抜
き)」、「BAR、BAR、7(塗りつぶし)」、「B
AR、BAR、7(網掛け)」の何れかの図柄組合せ態
様が導出表示されることにより入賞結果態様が成立し、
15枚のメダルを払い出す。小役入賞のスイカは、有効
ライン上に「スイカ、スイカ、スイカ」の図柄組合せ態
様が導出表示されることにより入賞結果態様が成立し、
10枚のメダルを払い出す。小役入賞の王冠は、有効ラ
イン上に「王冠、王冠、王冠」の図柄組合せ態様が導出
表示されることにより入賞結果態様が成立し、8枚のメ
ダルを払い出す。また、小役入賞のチェリーは、有効ラ
イン上に第1リール20aの何れかの「チェリー」を停
止表示するだけで入賞結果態様が成立し、その他のリー
ルの停止図柄に拘わらずメダルを払い出す。なお、第1
リール20aの中段に「チェリー」が停止表示の場合に
は2枚のメダルを払い出し、2つの有効ラインが交差す
る第1リール20aの上段又は下段に「チェリー」が停
止表示の場合には2×2=4枚のメダルを払い出す(た
だし、3枚ベットの場合)。リプレイ入賞の場合には、
有効ライン上に、「リプレイ、リプレイ、リプレイ」の
図柄組合せ態様が導出表示されることにより入賞結果態
様が成立し、メダルの払い出しは行わないものの、遊技
者が新たなベットを行わないでも自動的に当該ゲームと
同数のベットを行い、スタートレバー13を操作するだ
けで次回のゲーム(再ゲーム;リプレイ)を行うことが
可能な状態となる。

【0068】なお、本実施の形態の場合、各入賞の入賞
フラグは、該入賞フラグが成立したゲーム(成立ゲー
ム)のみ有効で、次回以降のゲームには持ち越されな
い。すなわち、抽選手段(遊技制御装置50)による抽
選の結果、所定の入賞に当選となった場合において、所
定数(本実施形態の場合、例えば1回)のゲームが実行
されても当該当選となっている入賞が成立しなかった場
合に、当該当選状態を無効にする当選状態無効化手段
(遊技制御装置50)を備えた。

【0069】また、特に、停止表示の結果、BB入賞又
はRB入賞の入賞結果態様が導出表示されてBB入賞又
はRB入賞が成立した場合には、メダルの払い出しを行
う他、ビッグボーナス(以下、BBと略称することがあ
る)又はレギュラーボーナス(以下、RBと略称するこ
とがある)を発生させるといった特典(特別の遊技価
値)を付与する。つまり、入賞のうち、BB入賞とRB
入賞は、その成立により、遊技者に、所定の価値に加え
て特別の遊技価値(BB或いはRB自体、並びに、BB
或いはRBの発生に基づき付与する価値)を付与可能と
なる特別入賞となっている。

【0070】すなわち、RB入賞が成立した場合には、
15枚のメダルを払い出すとともにRBを開始する。こ
のRB中には、JACゲームと称される特別ゲームを所
定回数(例えば、12回)を上限に実行可能となる。J
ACゲームでは、メダルのベット数が、例えば、1枚と
なり、この1ベットに対応する有効ライン(例えば、中
段横ライン)上にJAC図柄が揃ったとき(例えば、リ
プレイ入賞の入賞結果態様が成立したとき)にJAC入
賞となり、このJAC入賞により所定数(例えば、15
枚)のメダルを払い出す。このRBは、該RB中にJA
Cゲームを12回行うか、又は、該RB中にJAC入賞
が8回成立するか、のいずれかの条件が成立することに
より終了する。

【0071】また、BB入賞が成立した場合には、所定
数(例えば、15枚)のメダルを払い出すとともにBB
を開始する。このBB中は、小役ゲームと称される特別
ゲームを所定回数(例えば、30回)を上限に実行可能
となる。この小役ゲームでは、通常のゲームに比べて高
い確率で小役入賞が発生する。さらに、BB中は、前述
したRBを所定回数(例えば、3回)を上限に実行可能
となる。BB中にRBを開始する条件は、小役ゲームの
結果、有効ライン上にボーナスイン図柄が揃って(例え
ば、リプレイ入賞の入賞結果態様が成立して)ボーナス
イン(JACインともいう)となることである。そし
て、このボーナスインにより、所定数(本実施の形態の
場合、例えば、2枚(なお、0枚でも良い))のメダル
を払い出すとともに、小役ゲームを一時中断してRBを
開始する。このBBは、例えば、該BB中に小役ゲーム
を30回行うか、又は、該BB中にRBを3回行うか、
のいずれかの条件が成立することにより終了する。

【0072】次に、本実施の形態のパチスロ遊技機10
0が行う主要な遊技制御について説明する。

【0073】先ず、本実施の形態の場合、BB入賞のう
ちで、入賞結果態様が「7(白抜き)、7(白抜き)、
7(白抜き)」である入賞と、「7(白抜き)、7(白
抜き)、7(塗りつぶし)」である入賞と、「7(白抜
き)、7(白抜き)、7(網掛け)」である入賞とは、
入賞フラグが互いに異なる。つまり、入賞結果態様が
「7(白抜き)、7(白抜き)、7(白抜き)」のBB
入賞の入賞フラグが成立している場合には、「7(白抜
き)、7(白抜き)、7(白抜き)」の入賞結果態様が
成立し得るが、「7(白抜き)、7(白抜き)、7(塗
りつぶし)」あるいは「7(白抜き)、7(白抜き)、
7(網掛け)」の入賞結果態様は成立しない。同様に、
入賞結果態様が「7(白抜き)、7(白抜き)、7(塗
りつぶし)」のBB入賞の入賞フラグが成立している場
合には、「7(白抜き)、7(白抜き)、7(塗りつぶ
し)」の入賞結果態様のみが成立し得るし、入賞結果態
様が「7(白抜き)、7(白抜き)、7(網掛け)」の
BB入賞の入賞フラグが成立している場合には、「7
(白抜き)、7(白抜き)、7(網掛け)」の入賞結果
態様のみが成立し得る。すなわち、入賞の成立に基づき
遊技者に付与される遊技価値が互いに等しいが、入賞フ
ラグが互いに異なるBB入賞(特別入賞)が、複数種類
に設定されている。つまり、複数種のBB入賞は、各
々、成立により特別の遊技価値を遊技者に付与する特別
入賞であるとともに、互いに種類の異なる特別の図柄組
合せ態様の導出表示で成立する。以下では、簡単のた
め、BB入賞のうちで、入賞結果態様が「7(白抜
き)、7(白抜き)、7(白抜き)」である入賞を第1
のBB入賞、入賞結果態様が「7(白抜き)、7(白抜
き)、7(塗りつぶし)」である入賞を第2のBB入
賞、入賞結果態様が「7(白抜き)、7(白抜き)、7
(網掛け)」である入賞を第3のBB入賞という。ま
た、第1のBB入賞に対応する入賞フラグを第1のBB
入賞フラグ、第2のBB入賞に対応する入賞フラグを第
2のBB入賞フラグ、第3のBB入賞に対応する入賞フ
ラグを第3のBB入賞フラグという。

【0074】さらに、本実施の形態の場合、RB入賞の
うちで、入賞結果態様が「BAR、BAR、7(白抜
き)」である入賞と、「BAR、BAR、7(塗りつぶ
し)」である入賞と、「BAR、BAR、7(網掛
け)」である入賞とは、入賞フラグが互いに異なる。つ
まり、入賞結果態様が「BAR、BAR、7(白抜
き)」のRB入賞の入賞フラグが成立している場合に
は、「BAR、BAR、7(白抜き)」の入賞結果態様
が成立し得るが、「BAR、BAR、7(塗りつぶ
し)」あるいは「BAR、BAR、7(網掛け)」の入
賞結果態様は成立しない。同様に、入賞結果態様が「B
AR、BAR、7(塗りつぶし)」のBB入賞の入賞フ
ラグが成立している場合には、「BAR、BAR、7
(塗りつぶし)」の入賞結果態様のみが成立し得るし、
入賞結果態様が「BAR、BAR、7(網掛け)」のB
B入賞の入賞フラグが成立している場合には、「BA
R、BAR、7(網掛け)」の入賞結果態様のみが成立
し得る。すなわち、入賞の成立に基づき遊技者に付与さ
れる遊技価値が互いに等しいが、入賞フラグが互いに異
なるRB入賞(特別入賞)が、複数種類に設定されてい
る。つまり、複数種のRB入賞は、各々、成立により特
別の遊技価値を遊技者に付与する特別入賞であるととも
に、各々が異なる特別の図柄組合せ態様の導出表示で成
立する。以下では、簡単のため、RB入賞のうちで、入
賞結果態様が「BAR、BAR、7(白抜き)」である
入賞を第1のRB入賞、入賞結果態様が「BAR、BA
R、7(塗りつぶし)」である入賞を第2のRB入賞、
入賞結果態様が「BAR、BAR、7(網掛け)」であ
る入賞を第3のRB入賞という。また、第1のRB入賞
に対応する入賞フラグを第1のRB入賞フラグ、第2の
RB入賞に対応する入賞フラグを第2のRB入賞フラ
グ、第3のRB入賞に対応する入賞フラグを第3のRB
入賞フラグという。

【0075】なお、以下では、第1〜第3のBB入賞お
よび第1〜第3のRB入賞を総称してボーナス入賞とい
い、また、第1〜第3のBB入賞および第1〜第3のR
B入賞に対応する入賞フラグを総称してボーナスフラグ
という。

【0076】また、本実施の形態では、図3に示すよう
な図柄配列となっているため、例えば5つの有効ライン
の全てを有効化させて行う(3枚ベットで行う)ゲーム
にて、第1リール20a→第2リール20b→第3リー
ル20cの順に停止操作を行う場合(順押しで停止操作
を行う場合)は、第1リール20aおよび第2リール2
0bのボーナス図柄は、必ず何れかの有効ライン上に引
き込むことが可能となっている。つまり、第1リール2
0aには、該第1リール20aの停止操作のタイミング
に拘わらず何れのボーナス図柄も、必ず何れかの有効ラ
イン上に引き込むことができるように、各ボーナス図柄
が配されている。すなわち、連続する7つの図柄のうち
に少なくとも1つは各ボーナス図柄(7(白抜き)およ
びBAR)が配されている。また、第2リール20bに
は、第1リール20aに引き続き第2リール20bを停
止操作した場合には、第1リール20aのボーナス図柄
を引き込んだ有効ライン上に、(たとえ該引き込んだ有
効ラインが中段横ラインであっても)第2リール20b
の何れのボーナス図柄も必ず引き込むことができるよう
に、各ボーナス図柄が配されている。すなわち、連続す
る5つの図柄のうちに少なくとも1つは各ボーナス図柄
(7(白抜き)およびBAR)が配されている。他方、
第3リール20cには、1回の停止操作では何れか1つ
のボーナス図柄(7(白抜き)、7(塗りつぶし)、7
(網掛け)の何れか1つ)しか、第1および第2リール
20a、20bのボーナス図柄を引き込んだ有効ライン
上に引き込むことができないように、各ボーナス図柄が
配されている。すなわち、具体的には、例えば、3種類
のボーナス図柄が、少なくとも間に4図柄以上が配され
るような間隔をもって配置されている(具体的には、例
えば6図柄ずつが互いの間隔に配されている)。このよ
うに、可変表示手段(第1〜第3リール20a〜20
c)のうち少なくとも所定の可変表示手段(第3リール
20c)には、異なる種類の特別の図柄組合せ態様(つ
まり、「7(白抜き)、7(白抜き)、7(白抜き)」
と「7(白抜き)、7(白抜き)、7(塗りつぶし)」
と「7(白抜き)、7(白抜き)、7(網掛け)」、或
いは、「BAR、BAR、7(白抜き)」と「BAR、
BAR、7(塗りつぶし)」と「BAR、BAR、7
(網掛け)」)を形成し得る図柄どうし(つまり、7
(白抜き)と7(塗りつぶし)と7(網掛け))が、引
込停止制御手段が有効ライン上に引き込み可能な所定の
コマ数(4コマ)範囲を越える間隔に配置されている。
従って、第3リール20aに関しては、ボーナスフラグ
が成立した場合にも、このボーナスフラグと対応するボ
ーナス図柄を有効ライン上に引き込み可能なタイミング
で停止操作を行った場合(適切に目押しするか、或い
は、停止操作のタイミングが運良く合った場合)に限
り、該ボーナス図柄を有効ライン上に停止表示させるこ
とができる。すなわち、引込停止制御が行われても、有
効ライン上に、互いに異なる複数のボーナス図柄を同時
に狙うような停止操作が、図柄の配列上不可能となって
いる。なお、本実施の形態のパチスロ遊技機は、例え
ば、3枚ベットを行った場合のみ(5つの有効ラインの
全てを有効化させた場合のみ)ゲームを開始可能として
も良い(1枚ベット或いは2枚ベットではスタートレバ
ー13を操作してもゲームを開始不可能としても良
い)。

【0077】次に、図5〜図9を参照して、第1の実施
の形態における補助ゲームの実行態様について説明す
る。

【0078】先ず、例えば全ての有効ラインを有効化さ
せた状態でスタート操作を行うことにより開始したゲー
ムにて、何れかのボーナスフラグが成立したら、例え
ば、該成立したボーナスフラグが、BB入賞と、RB入
賞との何れであるかを報知する。つまり、例えば図5に
示すように、演出表示装置4aにて、「BB成立!!」
との文字列を表示することにより、第1〜第3の何れか
のBB入賞の入賞フラグが成立したことを報知表示す
る。すなわち、抽選手段(遊技制御装置50)による抽
選結果に関連した演出表示を行う演出表示手段(演出表
示装置4a)を、可変表示手段(第1〜第3リール20
a〜20c)とは別個に設けている。ここで、本実施の
形態の場合、後述のように、順押し以外の停止操作順序
で各リール20a〜20cを操作した場合には、補助ゲ
ームの実行処理を終了して、補助ゲームの結果に基づく
情報の報知(当選となった入賞を成立させるために必要
な情報の報知)を行わないようにしている。このため、
図5に示す報知表示を行うタイミングは、各リールスト
ップボタン14a〜14cの操作による各リール20a
〜20cの停止操作が可能な状態となる以前であること
が好ましく、このようにすることにより、誤って、順押
し以外の停止操作順序で停止操作を行ってしまうことを
防止できる。なお、本実施の形態のような図柄配列の場
合、ここでは、単に、ボーナスフラグが成立したことの
みを報知しても良い(成立したボーナスフラグが、BB
入賞と、RB入賞との何れであるかまでは報知しなくて
も良い)。ボーナスフラグが成立したことのみを報知し
た場合にも、第1リール20aと第2リール20bを順
に停止操作した場合には、成立した入賞フラグがBB入
賞フラグとRB入賞フラグの何れであっても、成立した
入賞に対応するボーナス図柄を有効ライン上に引き込む
ことができるため、遊技者の利益獲得に影響を与えない
ためである。

【0079】また、図5に示す報知表示に引き続き、図
6に示すように、補助ゲームを開始する。ここで、補助
ゲームを行う際には、演出表示装置4aの表示画面4g
における表示領域を、例えば、第1リール20aの停止
操作に対応する左側の第1表示部R1と、第2リール2
0bの停止操作に対応する右側の第2表示部R2との2
つの領域に分割する。そして、補助ゲームでは、これら
第1表示部R1と第2表示部R2の各々にて、可変表示
を行う。この可変表示は、例えば、「○」→「×」→
「○→「×」→・・・といったように、「○」と「×」
との2種類の図柄を順次切り換え表示することで行う。
すなわち、補助ゲーム実行手段(表示制御装置710、
演出表示装置4a等により構成される)は、演出表示手
段において補助ゲームを表示により実行するようにし
た。従って、演出表示装置4aを補助ゲームの表示手段
として兼用して、演出表示と補助ゲームの表示とを効率
よく行うことができる。さらに、例えば図6に示すよう
に、演出表示装置4aの表示画面4gに、停止操作順序
を指示する情報(例えば、「左→中の順に停止」との文
字列)を報知表示する。なお、このように停止操作順序
を指示する情報を報知表示するタイミングについても、
各リールストップボタン14a〜14cの操作による各
リール20a〜20cの停止操作が可能な状態となる以
前であることが好ましく、このようにすることにより、
誤って、順押し以外の停止操作順序で停止操作を行って
しまうことを防止できる。

【0080】図6に示すように補助ゲームを開始した
後、先ず、第1リール20aの停止操作を行うと、図7
に示すように、当選した入賞に対応するボーナス図柄
(例えばBB入賞に当選の場合は7(白抜き))が有効
ライン上に停止するように第1リール20aを停止させ
る一方で、演出表示装置4aの表示画面4gにおける左
側の第1表示部R1にて、「○」と「×」とのうち何れ
かの図柄を停止表示する。なお、ここでは、遊技者によ
る第1リール20aの停止操作タイミングで、所定確率
(例えば1/6の確率)で当たりとなる乱数を抽出し
(所定確率で当たりとなる抽選を行い)、当たりとなっ
た場合には「○」を停止表示し、外れとなった場合に
は、例えば、図7に示すように「×」を停止表示するよ
うになっている。すなわち、複数の可変表示手段の各々
を遊技者の操作に応じて個別に停止操作可能な停止操作
手段(第1〜第3リールストップボタン14a〜14
c)を備え、補助ゲーム実行手段は、例えば遊技制御装
置50および演出制御装置700を介して行われる停止
操作手段からの入力信号に基づき、補助ゲームの結果を
決定するようにした。従って、第1〜第3リールストッ
プボタン14a〜14cを補助ゲームの停止操作手段と
して兼用することができ、遊技者は通常の遊技を行うだ
けで、何ら戸惑うこともなく補助ゲームに対する介入を
実行することができる。さらに、第2リール20bの停
止操作を行うと、図8に示すように、当選した入賞に対
応するボーナス図柄(例えば7(白抜き))が有効ライ
ン上に停止するように第2リール20bを停止させる一
方で、演出表示装置4aの表示画面4gにおける右側の
第2表示部R2にて、第1リール20aの停止操作時と
同様の乱数抽出に基づき、「○」と「×」とのうち何れ
かの図柄を停止表示する(例えば、図8に示すように、
「○」を停止表示する)。本実施の形態の場合、補助ゲ
ームの結果、第1表示部R1と第2表示部R2とのうち
少なくとも何れかにて、「○」が導出表示された場合)
が特定結果である(「第1表示部R1の停止表示結果、
第2表示部R2の停止表示結果」=「○、○」、「○、
×」、「×、○」の何れかとなった場合が特定結果であ
り、「×、×」となった場合は特定結果でない)。な
お、この段階で、第3リール20cにおける図柄は未だ
可変表示中である。すなわち、補助ゲーム実行手段は、
当該入賞に当選したゲームが終了する以前に補助ゲーム
の結果が導出されるように当該補助ゲームを実行する。
ここで、入賞に当選したゲームが終了する以前に補助ゲ
ームの結果を導出するために、例えば、第2リール20
bの停止操作後、補助ゲームの結果を導出表示するまで
の間は、第3リール20cの停止操作を受け付けないよ
うにしても良い。すなわち、補助ゲームの結果の決定に
起因する遊技者の操作の完了後、補助ゲームの結果を導
出するまでの間、可変表示の停止操作を無効にする停止
操作無効化手段(遊技制御装置50)を備えても良い。

【0081】図8に示すのは、補助ゲームの結果が特定
結果となった例であり、この場合、例えば図8に示すよ
うに、「ヤッタネ!」との文字列(補助ゲームの結果が
特定結果となった旨を報知する情報)を表示するととも
に、引き続き、図9に示すように、当選となった入賞を
成立させるために必要な情報を報知する。すなわち、例
えば図9に示すように、演出表示装置4aにて、「7
(塗りつぶし)を狙え!!」との文字列を表示すること
により、入賞結果態様を構成するうちで第3リール20
cにおける図柄が「7(塗りつぶし)」である第2のB
B入賞フラグが成立していることを報知表示する。つま
り、当選となった入賞の種類を報知する。従って、遊技
者は、第2のBB入賞フラグが成立していること(第2
のBB入賞に当選していること)を認識できるので、第
3リール20cの停止操作に際して、この第2のBB入
賞フラグと対応するボーナス図柄を目押しすることによ
り、第2のBB入賞を成立させることができる。このよ
うに、補助ゲームが特定結果となった場合には、当選し
ている入賞の種類が報知されるので、その報知に応じて
所要の図柄組合せ態様を形成するような停止操作を行え
ば、確実に入賞を成立させることができる。また、この
ように、本実施の形態のパチスロ遊技機100は、抽選
手段により所定の入賞に当選となった場合に、当該当選
となった入賞の報知に関する制御を行う報知制御手段
(遊技制御装置50、演出制御装置700、表示制御装
置710等により構成される)を備え、この報知制御手
段は、遊技者の操作に応じて結果が決定される補助ゲー
ムを実行する補助ゲーム実行手段(表示制御装置71
0、演出表示装置4a等により構成される)と、この補
助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果が予め定めら
れた特定結果となった場合に、抽選手段により当選とな
った入賞を成立させるために必要な情報を報知する入賞
成立情報報知手段(表示制御装置710等により構成さ
れる)とを備えている。しかも、報知制御手段は、予め
定められた複数種の所定の入賞(各ボーナス入賞)のう
ち何れか1つ(ボーナス入賞のうち何れか1つ)に、抽
選手段により当選となった場合に、当該当選となった入
賞に関する制御を行うものとし、入賞成立情報報知手段
は、補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果が予め
定められた特定結果となった場合に、抽選手段により当
選となった入賞の種類を報知する。さらに、前記予め定
められた複数種の所定の入賞(各ボーナス入賞)は、各
々、成立により特別の遊技価値を遊技者に付与する特別
入賞であるとともに、互いに種類の異なる特別の図柄組
合せ態様の導出表示で成立するように設定されている。

【0082】他方、補助ゲームの結果、特定結果となら
なかった場合(第1表示部R1、第2表示部R2で、と
もに「×」が停止表示された場合)には、当選となった
入賞を成立させるために必要な情報の報知は行わない。
従って、補助ゲームの結果が特定結果とならなかった場
合に、当選した入賞を成立させることのできる確率は、
本実施の形態の場合、1/3である。そして、当選した
入賞を成立させることができなかった場合には(当該ゲ
ームの終了時に当該入賞が成立しなかった場合には)、
成立した入賞フラグをクリアする。すなわち、当選状態
無効化手段は、抽選手段による抽選結果が所定の入賞に
当選した場合において、当該入賞に当選したゲームの終
了時に当該入賞が成立しなかった場合に、当該当選状態
を無効にするようにした。また、このように、補助ゲー
ムが特定結果とならない場合には、複数種の入賞のうち
どの入賞が当選しているかが分からないので、特定の遊
技者ばかりが利益を得る等の不平等な事態が生じること
を防止できる。

【0083】次に、図10のフローチャートを参照し
て、本実施の形態のパチスロ遊技機100が行うボーナ
スフラグ無効化処理について説明する。

【0084】このボーナスフラグ無効化処理では、先ず
ステップS1にて、何れかのボーナスフラグが成立した
か否かを判定し、成立していないと判定した場合にはこ
のボーナスフラグ無効化処理を終了する一方で、成立し
たと判定した場合にはステップS2に移行する。ステッ
プS2では、ボーナスフラグが成立したゲームが終了し
たか否かを判定し、終了していないと判定した場合には
このボーナスフラグ無効化処理を終了する一方で、終了
したと判定した場合にはステップS3に移行する。ステ
ップS3では、成立したボーナスフラグに対応する入賞
が成立したか否かを判定し、成立したと判定した場合に
はこのボーナスフラグ無効化処理を終了する一方で、成
立していないと判定した場合にはステップS4に移行す
る。ステップS4では、成立したボーナスフラグを無効
化(データクリア)する処理を行って、このボーナスフ
ラグ無効化処理を終了する。

【0085】次に、図11のフローチャートを参照し
て、本実施の形態のパチスロ遊技機100が行う補助ゲ
ーム処理について説明する。

【0086】この補助ゲーム処理では、先ずステップS
11にて、何れかのボーナスフラグが成立したか否かを
判定し、成立していないと判定した場合にはこの補助ゲ
ーム処理を終了する一方で、成立したと判定した場合に
はステップS12に移行する。ステップS12では、補
助ゲームを開始する処理を行って、ステップS13に移
行する。ステップS13では、第1リール20aが停止
したか否かを判定し、第1リール20aが停止したと判
定した場合にはステップS14に移行する。

【0087】なお、ステップS13にて、第1リール2
0aが停止していないと判定した場合には、ステップS
21に移行する。ステップS21では、第1リール20
aの他のリール、すなわち、第2リール20bと第3リ
ール20cの何れかが停止したか否かを判定し、第1リ
ール20aの他のリールが停止したと判定した場合に
は、ステップS23に移行して補助ゲームを終了する処
理を行ってから、この補助ゲーム処理を終了する。他
方、ステップS21にて、第1リール20aの他のリー
ルも停止していないと判定した場合には、再びステップ
S13に戻る。

【0088】ステップS14では、所定の確率(例えば
1/6の確率)で当たりとなる乱数を抽出する処理を行
ってからステップS15に移行する。ステップS15で
は、ステップS14での乱数の抽出結果に基づき補助ゲ
ームの第1表示部R1における可変表示を停止する処理
を行ってステップS16に移行する。すなわち、ステッ
プS15では、ステップS14で抽出した乱数が当たり
の場合には第1表示部R1にて「○」を停止表示させる
一方で、ステップS14で抽出した乱数が外れの場合に
は第1表示部R1にて「×」を停止表示させる。また、
ステップS16では、第2リール20bが停止したか否
かを判定し、第2リールが停止したと判定した場合に
は、第2リール20bが停止したと判定した場合にはス
テップS17に移行する。

【0089】なお、ステップS16にて、第2リール2
0bが停止していないと判定した場合には、ステップS
22に移行する。ステップS22では、第1リール20
aおよび第2リール20bの他のリール、すなわち、第
3リール20cが停止したか否かを判定し、第3リール
20cが停止したと判定した場合には、ステップS23
に移行して補助ゲームを終了する処理を行ってから、こ
の補助ゲーム処理を終了する。つまり、順押し以外の停
止操作順序で第1〜第3リール20a〜20cを停止操
作した場合には、補助ゲームを終了し、当選となった入
賞を成立させるために必要な情報の報知を行わない。他
方、ステップS22にて、第3リール20cも停止して
いないと判定した場合には、再びステップS16に戻
る。

【0090】ステップS17では、所定の確率(例えば
1/6の確率)で当たりとなる乱数を抽出する処理を行
ってからステップS18に移行する。ステップS18で
は、ステップS17での乱数の抽出結果に基づき補助ゲ
ームの第2表示部R2における可変表示を停止する処理
を行ってステップS19に移行する。すなわち、ステッ
プS18では、ステップS17で抽出した乱数が当たり
の場合には第2表示部R2にて「○」を停止表示させる
一方で、ステップS17で抽出した乱数が外れの場合に
は第2表示部R2にて「×」を停止表示させる。

【0091】また、ステップS19では、ステップS1
4とステップS17の少なくとも何れか一方で抽出した
乱数に、当たりが含まれているか否かを判定し、含まれ
ていないと判定した場合には、この補助ゲーム処理を終
了する一方で、当たりが含まれていると判定した場合に
は、ステップS20に移行する。

【0092】ステップS20では、成立したフラグの種
類を報知する処理を行って、この補助ゲーム処理を終了
する。すなわち、ステップS20では、具体的には、例
えば、成立したフラグに対応する入賞結果態様を成立さ
せるために必要な情報を報知する処理、より具体的に
は、例えば、該入賞結果態様を構成するうちで第3リー
ル20cにおける図柄の種類を報知する処理を行う。

【0093】次に、図12のフローチャートを参照し
て、本実施の形態のパチスロ遊技機100が行う確率変
更処理について説明する。

【0094】この確率変更処理では、先ずステップS3
1にて、BBが終了したか否かを判定し、終了していな
いと判定した場合には、この確率変更処理を終了する一
方で、終了したと判定した場合にはステップS32に移
行する。ステップS32では、当該BB入賞の成立ゲー
ムにて行った補助ゲームにて特定結果が導出されたか否
かを判定し、導出されていないと判定した場合には、こ
の確率変更処理を終了する一方で、導出されたと判定し
た場合には、ステップS33に移行する。ステップS3
3では、第1、第2表示部R1,R2で、ともに「○」
を停止表示したか否かを判定し、していないと判定した
場合には、この確率変更処理を終了する一方で、第1、
第2表示部R1,R2で、ともに「○」を停止表示した
と判定した場合には、ステップS34に移行する。ステ
ップS34では、リプレイ入賞の当選確率を高める処理
を行ってから、ステップS35に移行する。ここで、リ
プレイ入賞の当選確率を高める処理は、例えば、リプレ
イ入賞当選確率アップフラグを成立させる(セットす
る)処理であり、このリプレイ入賞当選確率アップフラ
グが成立すると、BBの終了後に行われるゲームにおけ
るリプレイ入賞の当選確率が、例えば、通常時の確率で
ある1/7から高確率時の確率である1/2に変更され
る。ステップS35では、補助ゲームにおける当たり確
率を高める処理を行ってから、この確率変更処理を終了
する。ここで、補助ゲームにおける当たり確率を高める
処理は、例えば、補助ゲーム当たり確率アップフラグを
成立させる(セットする)処理であり、この補助ゲーム
当たり確率アップフラグが成立すると、次のBB入賞に
当選した場合に実行される補助ゲームにおいて、第1表
示部R1および第2表示部R2で○が停止する確率が各
々1/6から1/2に変更される。なお、上記補助ゲー
ム当たり確率アップフラグおよびリプレイ入賞当選確率
アップフラグは、次のBB入賞当選(フラグ成立)でク
リアされる。従って、補助ゲームの停止結果表示が、
「○、○」となった場合には、リプレイ入賞に頻繁に当
選するので、次のBB入賞が当選するまでメダルの消費
量を抑えることができる上、該当選した場合に実行され
る補助ゲームにおいて特定結果となる確率が高まるの
で、該BB入賞を成立させることのできる確率が高ま
る。しかも、確率変更中における補助ゲームでは、再
度、停止結果表示が「○、○」となる確率も高まるの
で、確率変更(高確率の状態)が継続する確率も高ま
り、遊技者の期待感が向上する。なお、補助ゲーム当た
り確率アップフラグがセットされた場合には、補助ゲー
ムにおいて何れかの表示部(第1表示部R1或いは第2
表示部R2)を強制的に○で停止するようにして、次の
BB入賞をほぼ確実(目押しミスがない限り)に成立す
るようにしても良い。このように、パチスロ遊技機10
0の補助ゲーム実行手段(遊技制御装置50)は、補助
ゲームの結果が特定結果となる確率を、所定条件(補助
ゲームの結果、第1表示部R1および第2表示部R2で
ともに当たり(「○」)となることにより成立する)の
成立に基づき通常時よりも高める確率変更手段(遊技制
御装置50、演出制御装置700、表示制御装置710
等により構成される)を含んでいる。従って、補助ゲー
ムの結果が特定結果となる確率を、この確率変更手段に
より適宜高めることにより、時には遊技者が大きな利益
を得ることが可能となり、遊技者の期待感を極めて高め
ることができる。

【0095】以上のような実施の形態によれば、何れか
のボーナス入賞に当選となった場合において、当該成立
ゲームが実行されても当該当選となっている入賞が成立
しなかった場合に、当該当選状態が無効となるととも
に、補助ゲームの結果が特定結果となるか否かに応じ
て、当選となった入賞を成立させるために必要な情報が
報知されるか否かが決定することとなる。従って、この
情報が報知される場合には、当該当選となった入賞を成
立させやすくなるため、遊技者の利益獲得に対し、リー
ル20a〜20cで行う可変表示を伴うゲームだけでは
なく補助ゲームの結果も関わることとなる。よって、今
までにない斬新な遊技内容により遊技の興趣を高めるこ
とができる。また、入賞に当選しても補助ゲームの結果
が特定結果とならない場合には、当選となった入賞を成
立させるために必要な情報が報知されないため、当該当
選となった入賞を成立させ難くなる。よって、この場合
には、入賞に当選しても当該入賞が成立しないこともあ
ることから、入賞に当選となる確率をある程度高めても
遊技店と遊技者との利益バランスを保つことができる。
よって、入賞の当選確率を高く設定できる。したがっ
て、遊技者の期待感(入賞の成立への期待感)を向上さ
せることができるとともに、補助ゲームの結果如何によ
り、時には遊技者が非常に大きな利益を得る機会を与え
ることも可能となる。つまり、確率設定に因らずに時に
は遊技者が大きな利益を得る機会を付与可能となる。

【0096】なお、上記の実施の形態では、抽選手段に
よる抽選結果が所定の入賞に当選した場合において、当
該入賞に当選したゲームの終了時に当該入賞が成立しな
かった場合に、当該当選状態を無効にするようにしてい
るとともに、当該入賞に当選したゲームが終了する以前
に補助ゲームの結果が導出されるように当該補助ゲーム
を実行するようにしたことにより、すなわち、入賞に当
選した1ゲームにて補助ゲームを実行して、この補助ゲ
ームが特定結果となると、その1ゲームにて当該入賞に
関わる報知を行うことにより、興趣の高いゲームをテン
ポよく進行するようにしているが、仮に遊技者の操作が
あまりにも遅い場合、操作を行う前に所定時間(例え
ば、30秒)が経過することによりリール20a〜20
cによる可変表示が自動停止してしまう可能性があり、
この場合、補助遊技の結果に基づく停止操作を行うこと
ができず、遊技者は、極めて大きな不利益を被ってしま
う。そこで、抽選手段による抽選の結果、所定の入賞に
当選となった場合に、遊技者による可変表示の停止操作
を促す停止操作催促手段を備えることとしても良い。具
体的には、例えば、遊技者による停止操作が遅い場合
(例えば、スタート操作から15秒以上経過した場合)
に、演出表示装置4aにて、遊技者による可変表示の停
止操作を促す報知表示(例えば、「停止操作を急げ!」
との表示)を行う。これにより、遊技者による可変表示
の停止操作(例えば第1および第2リール20a、20
bの停止操作)を促すことができるので、確実に、補助
遊技の結果を認識した上で、例えば第3リール20cの
停止操作を行うことが可能となる。

【0097】〔第2の実施の形態〕第2の実施の形態
は、以下に説明する点でのみ上記の第1の実施の形態と
異なり、その他の点では第1の実施の形態と同様である
ので、同様の構成要素には同一の符号を付し、その説明
を省略する。

【0098】この第2の実施の形態では、ボーナスフラ
グは、成立ゲームを含む2ゲームを行う間だけ持ち越さ
れる(有効となる)。すなわち、当選状態無効化手段
(遊技制御装置50)は、抽選手段による抽選結果が所
定の入賞に当選した場合において、当該入賞に当選した
ゲーム(成立ゲーム)とその次のゲームとの何れの終了
時にも当該入賞が成立しなかった場合に、当該当選状態
を無効にするようにした。そして、成立ゲームを含む2
ゲームのうち、最初のゲーム(成立ゲーム)では、入賞
結果態様を成立させないで補助ゲームを実行するととも
に、該補助ゲームの結果として特定結果を導出表示する
ことにより入賞に当選したことの報知を行う。すなわ
ち、補助ゲーム実行手段は、入賞に当選したゲームの実
行中に補助ゲームを実行する。

【0099】第2の実施の形態における補助ゲームは、
例えば、補助ゲームの実行毎にランダムに設定する第1
〜第3リール20a〜20cの停止操作順序通りに遊技
者が第1〜第3リール20a〜20cを停止操作するこ
とにより、特定結果となるようなゲームである。より具
体的には、例えば、「1」と記載されたカードと、
「2」と記載されたカードと、「3」と記載されたカー
ドとの都合3枚のカードのうち何れか1枚ずつを、各々
裏返し状態で(「1」〜「3」を非表示にした状態で)
第1〜第3リール20a〜20cの各々に対応してラン
ダムに配置する。そして、第1〜第3リール20a〜2
0cを遊技者が選択した停止操作順序で停止操作する
と、該操作順序に対応した順序で上記3枚のカードが順
番に捲れて、各カードの数字が順に表示される。この際
に、「1」→「2」→「3」の順にカードが捲れた場合
は、特定結果となり、その他の順にカードが捲れた場合
には、特定結果とならない。

【0100】なお、第2の実施の形態における補助ゲー
ムは、上記のように、第1〜第3リール20a〜20c
の停止操作順序を補助ゲームの実行毎にランダムに設定
する例に限らず、例えば、第1〜第3リール20a〜2
0cのうちで1番目に停止操作を行ったタイミングで、
所定確率(例えば、1/3)で当たりとなる乱数を抽出
しても良い(所定確率で当たりとなる抽選を行っても良
い)。この場合、当たりの場合には、1〜3番目の停止
操作を順に行うと、カードが「1」→「2」→「3」の
順に捲れるように補助ゲームを実行する。他方、外れの
場合には、カードが「1」→「2」→「3」以外の順に
捲れるように補助ゲームを実行する。なお、この場合、
2番目に停止操作するのは、残る2つのリールのうちど
ちらでも補助ゲームの結果に影響しないこととなるた
め、遊技者の興趣を損なうおそれがあるので、1番目に
停止操作を行ったタイミングで外れの乱数を抽出した場
合にも、所定確率で、1枚目に捲れるカードを「1」と
することにより、2枚目のカードが捲れる段階までは期
待感を継続させるようにすることが好ましい。

【0101】或いは、第1〜第3リール20a〜20c
のうちで、1番目と2番目に停止操作を行ったタイミン
グで、それぞれ、所定の確率(例えば、1/2)で当た
りとなる乱数を抽出しても良い。この場合、1番目の停
止操作により当たりを抽出し場合には、先ず、「1」の
カードが捲れて、2番目の停止操作によっても当たりを
抽出した場合に、「2」のカードが捲れ、3番目の停止
操作を行うと「3」のカードが捲れるように補助ゲーム
を実行する。つまり、1番目と2番目の停止操作のタイ
ミングで、ともに当たりを抽出した場合(例えば1/4
の確率)のみ特定結果となる。

【0102】次に、この第2の実施の形態について、図
13〜図18を参照して具体的に説明する。

【0103】先ず、スタート操作を行うことにより開始
したゲームにて、何れかのボーナスフラグが成立した
ら、例えば、図13に示すように、演出表示装置4aの
表示画面4gにて、該成立したボーナスフラグが、BB
入賞と、RB入賞との何れであるかを報知する。

【0104】さらに、図13に示す報知表示に引き続
き、図14に示すように、補助ゲームを開始する。ここ
で、補助ゲームを行う際には、演出表示装置4aの表示
画面4gにおける表示領域を、例えば、第1リール20
aに対応する左側の第1表示部R3と、第2リール20
bに対応する中央の第2表示部R4と、第3リール20
cに対応する右側の第3表示部R5との3つの領域に分
割する。また、補助ゲームでは、これら第1〜3表示部
R3〜R5の各々に、図14に示すように、裏返したカ
ードC1、C2、C3を表示するとともに、遊技者に対
する補助ゲームの実行を指示する情報を表示する(例え
ば「順番通りに捲れ」との報知表示)。

【0105】そして、図15〜図17に示すように、遊
技者が停止操作を行う順番で、カードC1〜C3を捲る
表示を行う。すなわち、例えば、遊技者が第2リール2
0b→第3リール20c→第1リール20aの順に停止
操作を行った場合には、中央の第2表示部R4のカード
C2(図15)→右側の第3表示部R5のカードC3
(図16)→左側の第1表示部R3のカードC1(図1
7)の順に捲れる表示を行う。また、遊技者が行った停
止操作順序が正解だった場合には、カードC1〜C3
が、「1」→「2」→「3」の順に捲れるとともに、例
えば最後のカードが捲れた段階で、正解であった旨を報
知する(例えば、図17に示すように「正解!!」との
報知表示を行う)。なお、図15〜図17に示すよう
に、本実施の形態では、ボーナスフラグの成立ゲームで
は、仮に、成立したボーナスフラグに対応した入賞結果
態様を成立し得るタイミングで停止操作が行われても、
該入賞結果態様を成立させない。

【0106】また、図15〜図17に示すように、遊技
者の停止操作順序が正解だった場合(補助ゲームの結果
が特定結果となった場合)には、当選となった入賞を成
立させるために必要な情報を、少なくとも次回ゲームで
リール20a〜20cの停止操作が可能となる以前の段
階(例えば2ゲーム目の開始直後)で報知する。すなわ
ち、例えば図18に示すように、演出表示装置4aに
て、「7(塗りつぶし)を狙え!!」との文字列を表示
することにより、第2のBB入賞フラグが成立している
ことを報知表示する。従って、遊技者は報知された図柄
を狙って停止させればボーナス入賞を成立させることが
できる。他方、補助ゲーム不正解の場合には、上記報知
が行われず、2ゲーム目は遊技者の勘でどれかの図柄を
狙って停止させることとなる。当該ゲーム(2ゲーム
目)終了時に、ボーナス入賞を成立させることができな
かった場合には、当選した入賞フラグをクリアする。

【0107】第2の実施の形態によれば、入賞に当選し
たゲームで補助ゲームが実行され、補助ゲームが特定結
果となると、その次のゲームで当該入賞に関わる報知が
行われるので、遊技者は余裕を持って補助ゲームを実行
したり、或いは、入賞を成立させるための停止操作を行
える。

【0108】〔第3の実施の形態〕第3の実施の形態
は、以下に説明する点でのみ上記の第1の実施の形態と
異なり、その他の点では第1の実施の形態と同様である
ので、同様の構成要素には同一の符号を付し、その説明
を省略する。

【0109】第3の実施の形態では、補助ゲームの結果
に応じてボーナスフラグの成立が継続するゲーム数が決
定される。すなわち、当選状態無効化手段(遊技制御装
置50)は、入賞の当選状態を無効にするまでのゲーム
数を、補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果に応
じて変更する当選状態無効化ゲーム数変更手段(遊技制
御装置50、演出制御装置700、表示制御装置710
等により構成される)を備えている。

【0110】第3の実施の形態における補助ゲームは、
例えば、第1〜第3リール20a〜20cの3つのリー
ルを停止操作するうちで、1番目と2番目の停止操作の
タイミングの各々で、所定確率(例えば1/2)で当た
りとなる乱数を抽出し(所定確率で当たりとなる抽選を
行い)、1番目と2番目でともに当たりの場合には、成
立ゲームを含む3ゲームを行う間、該成立した入賞フラ
グが持ち越される。また、1番目と2番目の何れか一方
が当たりの場合には、成立ゲームを含む2ゲームを行う
間、該成立した入賞フラグが持ち越される。また、1番
目と2番目の何れも外れの場合には、成立ゲームの終了
時に該成立した入賞フラグがクリアされる。

【0111】次に、この第3の実施の形態について、図
19を参照して具体的に説明する。

【0112】先ず、スタート操作を行うことにより開始
したゲームにて、何れかのボーナスフラグが成立した
ら、例えば、図19(a)に示すように、演出表示装置
4aの表示画面4gにて、該成立したボーナスフラグ
が、BB入賞と、RB入賞との何れであるかを報知す
る。

【0113】さらに、図19(a)に示す報知表示に引
き続き、図19(b)に示すように、補助ゲームを開始
する。ここで、補助ゲームを行う際には、演出表示装置
4aの表示画面4gにおける表示領域を、例えば、1番
目に停止操作するリールに対応する左側の第1表示部R
6と、2番目に停止操作するリールに対応する右側の第
2表示部R7との2つの領域に分割する。また、補助ゲ
ームでは、これら第1、第2表示部R6、R7の各々
に、裏返したカードC4、C5を表示する(なお、図1
9(b)では、カードC4は既に表側となった状態を示
す)。

【0114】そして、1番目の停止操作のタイミングに
応じて第1表示部R6のカードC4が表側に捲れ(図1
9(b))、2番目の停止操作のタイミングに応じて第
2表示部R7のカードC5が表側に捲れる(図19
(c))。ここで、停止操作により当たりの乱数を抽出
した場合には、「1」のカードを、外れの場合には
「0」を表示する。従って、「第1表示部R6の停止表
示結果、第2表示部R7の停止表示結果」=「1、1」
の場合は、成立ゲームとその後2ゲーム(計3ゲーム)
のみフラグが有効となり、「1、0」或いは「0、1」
の場合は、成立ゲームと次回ゲームのみ(計2ゲーム)
フラグが有効となり、「0、0」の場合は、成立ゲーム
(計1ゲーム)のみフラグが有効となる。従って「0、
0」の場合には、フラグ成立ゲームで入賞を成立できな
ければ当該入賞は無効となる。また、「1、1」の場合
は、計3ゲーム有効なので、第3リール20cの目押し
を、3種類のボーナス図柄を順に狙って目押しを行うこ
とにより、そのうち何れかのゲームで必ず入賞を成立さ
せることができる。

【0115】第3の実施の形態によれば、当選状態が無
効となるまでに実行可能なゲーム数を補助ゲームの結果
に応じて変更するので、従来にない斬新な遊技内容にな
り、時には、無効となるまでのゲーム数が少なく、遊技
者にハラハラ感を与えて停止操作を行わせることもでき
るし、時には無効となるまでのゲーム数が多く、遊技者
に余裕を持たせて停止操作を行わせることもでき、興趣
を向上させることができる。

【0116】なお、本発明はこの実施の形態のパチスロ
遊技機100に限られるものではなく、例えば、その他
のパチスロ遊技機、コインではなく遊技球を用いて遊技
を行うパチスロ遊技機、パチンコ遊技機、アレンジボー
ル遊技機、雀球遊技機などの弾球遊技機等にも適用可能
である。加えて、今回開示された実施の形態はすべての
点で例示であって制限的なものではないと考えられるべ
きである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて特許
請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意
味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図
される。

【0117】

【発明の効果】本発明によれば、補助ゲームの結果に応
じて、当選となった入賞を成立させるために必要な情報
が報知されるか否かが決定することとなるため、遊技内
容が多彩化し、興趣を高めることができる。或いは、補
助ゲームの結果に応じて、入賞の当選状態を無効にする
までのゲーム数が変更されることとなるため、遊技内容
が多彩化し、興趣を高めることができる。つまり、何れ
にしても、補助ゲームの実行に関連して、今までにない
斬新な遊技内容を実現して、遊技の興趣を高めることが
可能となる。また、抽選の結果、所定の入賞に当選とな
った場合において、所定数のゲームが実行されても当該
当選となっている入賞が成立しなかった場合に、当該当
選状態が無効になるので、入賞が当選となる確率をある
程度高めても遊技店と遊技者との利益バランスが崩れる
ことがないので、入賞の当選確率を高く設定できる。よ
って、補助ゲームの結果如何により、時には遊技者が大
きな利益を得る機会を与えることも可能となる。つま
り、確率設定に因らずに時には遊技者が大きな利益を得
る機会を付与可能可能となる。

【図面の簡単な説明】

【図1】本発明に係るスロットマシンの好適な一例とし
てのパチスロ遊技機を示す正面図である。

【図2】パチスロ遊技機の主要な制御ブロック図であ
る。

【図3】各リール(第1、第2、第3リール)における
図柄の配置を示す図である。

【図4】入賞種類と図柄組合せ態様と入賞内容(払出数
等)との対応を示す図である。

【図5】第1の実施の形態における補助ゲームの実行態
様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの開始直前
の状態を示す。

【図6】第1の実施の形態における補助ゲームの実行態
様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの開始直後
の状態を示す。

【図7】第1の実施の形態における補助ゲームの実行態
様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの初期段階
が終了した状態を示す。

【図8】第1の実施の形態における補助ゲームの実行態
様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの後期段階
が終了して特定結果となった状態を示す。

【図9】第1の実施の形態における補助ゲームの実行態
様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームが特定結果
となった後、抽選手段により当選となった入賞を成立さ
せるために必要な情報を表示により報知している状態を
示す。

【図10】ボーナスフラグ無効化処理を示すフローチャ
ートである。

【図11】補助ゲーム処理を示すフローチャートであ
る。

【図12】確率変更処理を示すフローチャートである。

【図13】第2の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの開始直
前の状態を示す。

【図14】第2の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの開始直
後の状態を示す。

【図15】第2の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの初期段
階が終了した状態を示す。

【図16】第2の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの中期段
階が終了した状態を示す。

【図17】第2の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームの後期段
階が終了して特定結果となった状態を示す。

【図18】第2の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、特に、補助ゲームが特定結
果となった後、抽選手段により当選となった入賞を成立
させるために必要な情報を表示により報知している状態
を示す。

【図19】第3の実施の形態における補助ゲームの実行
態様を示す一連の図であり、このうち(a)は補助ゲー
ムの開始直前の状態を、(b)は補助ゲームの初期段階
が終了した状態を、(c)は補助ゲームの後期段階が終
了した状態を、それぞれ示す。

【符号の説明】

20a 第1リール(可変表示手段) 20b 第2リール(可変表示手段) 20c 第3リール(可変表示手段;特に所定の可変
表示手段) 50 遊技制御装置(抽選手段、当選状態無効化手
段、報知制御手段、補助ゲーム実行手段、引込停止制御
手段、確率変更手段、当選状態無効化ゲーム数変更手
段) 700 演出制御装置(報知制御手段、補助ゲーム実
行手段、確率変更手段、当選状態無効化ゲーム数変更手
段) 710 表示制御装置(報知制御手段、補助ゲーム実
行手段、入賞成立情報報知手段、確率変更手段、当選状
態無効化ゲーム数変更手段) 4a 演出表示装置(補助ゲーム実行手段;演出表
示手段) 14a 第1リールストップボタン(停止操作手段) 14b 第2リールストップボタン(停止操作手段) 14c 第3リールストップボタン(停止操作手段) 100 パチスロ遊技機(スロットマシン)

Claims (10)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 複数種類の図柄を可変表示可能な複数の
    可変表示手段と、該可変表示を伴うゲームの実行毎に入
    賞に当選か否かを抽選する抽選手段と、を備え、遊技者
    による各可変表示手段の可変表示の停止操作により、前
    記抽選手段による抽選結果が当選となっている入賞に対
    応した所定の図柄組合せ態様が導出表示された場合に、
    入賞が成立して所定の価値を遊技者に付与するように構
    成されたスロットマシンにおいて、 前記抽選手段による抽選の結果、所定の入賞に当選とな
    った場合において、所定数のゲームが実行されても当該
    当選となっている入賞が成立しなかった場合に、当該当
    選状態を無効にする当選状態無効化手段と、 前記抽選手段により所定の入賞に当選となった場合に、
    当該当選となった入賞の報知に関する制御を行う報知制
    御手段と、 を備え、 前記報知制御手段は、 遊技者の操作に応じて結果が決定される補助ゲームを実
    行する補助ゲーム実行手段と、 前記補助ゲーム実行手段による補助ゲームの結果が予め
    定められた特定結果となった場合に、前記抽選手段によ
    り当選となった入賞を成立させるために必要な情報を報
    知する入賞成立情報報知手段と、 を備えていることを特徴とするスロットマシン。
  2. 【請求項2】 前記報知制御手段は、予め定められた複
    数種の入賞のうち何れか1つに、前記抽選手段により当
    選となった場合に、当該当選となった入賞に関する制御
    を行うものとし、 前記入賞成立情報報知手段は、前記補助ゲーム実行手段
    による補助ゲームの結果が予め定められた特定結果とな
    った場合に、前記抽選手段により当選となった入賞の種
    類を報知することを特徴とする請求項1に記載のスロッ
    トマシン。
  3. 【請求項3】 前記予め定められた複数種の入賞は、各
    々、成立により特別の遊技価値を遊技者に付与する特別
    入賞であるとともに、互いに種類の異なる特別の図柄組
    合せ態様の導出表示で成立するように設定されているこ
    とを特徴とする請求項2に記載のスロットマシン。
  4. 【請求項4】 前記抽選手段により前記複数種の入賞の
    何れか1つに当選した場合に、前記停止操作が行われた
    際に、当該当選している入賞に対応した図柄組合せ態様
    を形成し得る図柄が、可変表示手段での図柄配列におい
    て所定のコマ数範囲内で有効ラインに到達する前の位置
    にあっても、当該図柄を有効ライン上に引き込んで停止
    させる引込停止制御手段を備え、 前記可変表示手段のうち少なくとも所定の可変表示手段
    には、異なる種類の特別の図柄組合せ態様を形成し得る
    図柄どうしが、前記引込停止制御手段が有効ライン上に
    引き込み可能な前記所定のコマ数範囲を越える間隔に配
    置されていることを特徴とする請求項3に記載のスロッ
    トマシン。
  5. 【請求項5】 前記複数の可変表示手段の各々を遊技者
    の操作に応じて個別に停止操作可能な停止操作手段を備
    え、 前記補助ゲーム実行手段は、前記停止操作手段からの入
    力信号に基づき、前記補助ゲームの結果を決定するよう
    にしたことを特徴とする請求項1乃至請求項4の何れか
    に記載のスロットマシン。
  6. 【請求項6】 前記抽選手段による抽選結果に関連した
    演出表示を行う演出表示手段を、前記可変表示手段とは
    別個に設け、 前記補助ゲーム実行手段は、前記演出表示手段において
    前記補助ゲームを表示により実行するようにしたことを
    特徴とする請求項1乃至請求項5の何れかに記載のスロ
    ットマシン。
  7. 【請求項7】 前記当選状態無効化手段は、前記抽選手
    段による抽選結果が所定の入賞に当選した場合におい
    て、当該入賞に当選したゲームの終了時に当該入賞が成
    立しなかった場合に、当該当選状態を無効にするように
    し、 前記補助ゲーム実行手段は、当該入賞に当選したゲーム
    が終了する以前に前記補助ゲームの結果が導出されるよ
    うに当該補助ゲームを実行することを特徴とする請求項
    1乃至請求項6の何れかに記載のスロットマシン。
  8. 【請求項8】 前記当選状態無効化手段は、前記抽選手
    段による抽選結果が所定の入賞に当選した場合におい
    て、当該入賞に当選したゲームとその次のゲームとの何
    れの終了時にも当該入賞が成立しなかった場合に、当該
    当選状態を無効にするようにし、 前記補助ゲーム実行手段は、前記入賞に当選したゲーム
    の実行中に前記補助ゲームを実行することを特徴とする
    請求項1乃至請求項6の何れかに記載のスロットマシ
    ン。
  9. 【請求項9】 前記補助ゲーム実行手段は、前記補助ゲ
    ームの結果が特定結果となる確率を、所定条件の成立に
    基づき通常時よりも高める確率変更手段を含んでいるこ
    とを特徴とする請求項1乃至請求項8の何れかに記載の
    スロットマシン。
  10. 【請求項10】 複数種類の図柄を可変表示可能な複数
    の可変表示手段と、該可変表示を伴うゲームの実行毎に
    入賞に当選か否かを抽選する抽選手段と、を備え、遊技
    者による各可変表示手段の可変表示の停止操作により、
    前記抽選手段による抽選結果が当選となっている入賞に
    対応した所定の図柄組合せ態様が導出表示された場合
    に、入賞が成立して所定の価値を遊技者に付与するよう
    に構成されたスロットマシンにおいて、 前記抽選手段による抽選の結果、所定の入賞に当選とな
    った場合において、所定数のゲームが実行されても当該
    当選となっている入賞が成立しなかった場合に、当該当
    選状態を無効にする当選状態無効化手段と、 前記抽選手段により所定の入賞に当選となった場合に、
    遊技者の操作に応じて結果が決定される補助ゲームを実
    行する補助ゲーム実行手段と、 を備え、 前記当選状態無効化手段は、前記入賞の当選状態を無効
    にするまでのゲーム数を、前記補助ゲーム実行手段によ
    る補助ゲームの結果に応じて変更する当選状態無効化ゲ
    ーム数変更手段を備えていることを特徴とするスロット
    マシン。
JP2002120372A 2002-04-23 2002-04-23 スロットマシン Active JP3837361B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002120372A JP3837361B2 (ja) 2002-04-23 2002-04-23 スロットマシン

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002120372A JP3837361B2 (ja) 2002-04-23 2002-04-23 スロットマシン

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2003310843A true JP2003310843A (ja) 2003-11-05
JP3837361B2 JP3837361B2 (ja) 2006-10-25

Family

ID=29536613

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002120372A Active JP3837361B2 (ja) 2002-04-23 2002-04-23 スロットマシン

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3837361B2 (ja)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005312561A (ja) * 2004-04-27 2005-11-10 Aruze Corp 遊技機
JP2005312560A (ja) * 2004-04-27 2005-11-10 Aruze Corp 遊技機
JP2006116143A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Samii Kk 遊技機
JP2006116144A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Samii Kk 遊技機
JP2006223687A (ja) * 2005-02-18 2006-08-31 Sankyo Kk スロットマシン
JP2007037604A (ja) * 2005-07-29 2007-02-15 Sankyo Kk スロットマシン
JP2007117354A (ja) * 2005-10-27 2007-05-17 Heiwa Corp 遊技機
JP2007143649A (ja) * 2005-11-24 2007-06-14 Sankyo Kk 遊技球を用いたスロットマシン
JP2007159968A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Heiwa Corp 回胴式遊技機
JP2007229339A (ja) * 2006-03-03 2007-09-13 Olympia:Kk スロットマシン
JP2007252948A (ja) * 2007-05-28 2007-10-04 Sankyo Kk スロットマシン
JP2007307277A (ja) * 2006-05-22 2007-11-29 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン
JP2008229031A (ja) * 2007-03-20 2008-10-02 Samii Kk 遊技機、及びシミュレーションプログラム
JP2010063654A (ja) * 2008-09-11 2010-03-25 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011067694A (ja) * 2011-01-13 2011-04-07 Heiwa Corp 遊技機
JP2013042997A (ja) * 2011-08-25 2013-03-04 Sansei R&D:Kk 遊技機
JP2014000244A (ja) * 2012-06-19 2014-01-09 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2016096864A (ja) * 2014-11-18 2016-05-30 株式会社ニューギン 遊技機
JP2016096865A (ja) * 2014-11-18 2016-05-30 株式会社ニューギン 遊技機

Cited By (21)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005312561A (ja) * 2004-04-27 2005-11-10 Aruze Corp 遊技機
JP2005312560A (ja) * 2004-04-27 2005-11-10 Aruze Corp 遊技機
JP2006116143A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Samii Kk 遊技機
JP2006116144A (ja) * 2004-10-22 2006-05-11 Samii Kk 遊技機
JP2006223687A (ja) * 2005-02-18 2006-08-31 Sankyo Kk スロットマシン
JP4616663B2 (ja) * 2005-02-18 2011-01-19 株式会社三共 スロットマシン
JP2007037604A (ja) * 2005-07-29 2007-02-15 Sankyo Kk スロットマシン
JP4568187B2 (ja) * 2005-07-29 2010-10-27 株式会社三共 スロットマシン
JP2007117354A (ja) * 2005-10-27 2007-05-17 Heiwa Corp 遊技機
JP2007143649A (ja) * 2005-11-24 2007-06-14 Sankyo Kk 遊技球を用いたスロットマシン
JP2007159968A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Heiwa Corp 回胴式遊技機
JP2007229339A (ja) * 2006-03-03 2007-09-13 Olympia:Kk スロットマシン
JP2007307277A (ja) * 2006-05-22 2007-11-29 Daikoku Denki Co Ltd スロットマシン
JP2008229031A (ja) * 2007-03-20 2008-10-02 Samii Kk 遊技機、及びシミュレーションプログラム
JP2007252948A (ja) * 2007-05-28 2007-10-04 Sankyo Kk スロットマシン
JP2010063654A (ja) * 2008-09-11 2010-03-25 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2011067694A (ja) * 2011-01-13 2011-04-07 Heiwa Corp 遊技機
JP2013042997A (ja) * 2011-08-25 2013-03-04 Sansei R&D:Kk 遊技機
JP2014000244A (ja) * 2012-06-19 2014-01-09 Daito Giken:Kk 遊技台
JP2016096864A (ja) * 2014-11-18 2016-05-30 株式会社ニューギン 遊技機
JP2016096865A (ja) * 2014-11-18 2016-05-30 株式会社ニューギン 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP3837361B2 (ja) 2006-10-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5220997B2 (ja) 遊技機及びリールテープ
US7491121B2 (en) Gaming device and method
JP5343201B2 (ja) スロットマシン
JP5261648B2 (ja) スロットマシン
JP3804006B2 (ja) スロットマシン
JP4350048B2 (ja) 遊技機
US6585264B2 (en) Gaming machine with chess game feature
JP5564666B2 (ja) スロットマシン
JP2010207264A (ja) スロットマシン
JP2008295944A (ja) スロットマシン
US20050181861A1 (en) Gaming machine
JP2004223054A (ja) 遊技機
JP2006175002A (ja) 遊技機
JP2006204626A (ja) 遊技機
JP3163067B2 (ja) 遊戯台
JP2004350944A (ja) スロットマシン
JP2006198096A (ja) スロットマシン
JP2015039476A (ja) 遊技機
JP2005066006A (ja) 遊技機
JP2005034622A (ja) 遊技機
JP3883415B2 (ja) 遊技機
JP2009225881A (ja) スロットマシン
JP2004344567A (ja) 遊技機
JP4453956B2 (ja) スロットマシン
JP2002360776A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050601

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050614

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050721

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060425

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060615

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20060629

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060725

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060731

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090804

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090804

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100804

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100804

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110804

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110804

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120804

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120804

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120804

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130804

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130804

Year of fee payment: 7

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250