JP2002045492A - 遊技機 - Google Patents

遊技機

Info

Publication number
JP2002045492A
JP2002045492A JP2000232517A JP2000232517A JP2002045492A JP 2002045492 A JP2002045492 A JP 2002045492A JP 2000232517 A JP2000232517 A JP 2000232517A JP 2000232517 A JP2000232517 A JP 2000232517A JP 2002045492 A JP2002045492 A JP 2002045492A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
display mode
identification information
chance
final
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000232517A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002045492A5 (ja
JP4623805B2 (ja
Inventor
Shigeto Busujima
Hiroshi Kawamura
Masumi Negishi
Shohachi Ugawa
Toshihiko Wakai
真澄 根岸
繁人 毒島
博史 河村
利彦 若井
詔八 鵜川
Original Assignee
Sankyo Kk
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Sankyo Kk, 株式会社三共 filed Critical Sankyo Kk
Priority to JP2000232517A priority Critical patent/JP4623805B2/ja
Publication of JP2002045492A5 publication Critical patent/JP2002045492A5/ja
Publication of JP2002045492A publication Critical patent/JP2002045492A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4623805B2 publication Critical patent/JP4623805B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Abstract

(57)【要約】 【課題】 特別図柄表示装置の表示結果が大当りとなる
ことに対する遊技者の期待感を複数段階に亘って段階的
に高めていく。 【解決手段】 特別図柄表示装置の表示結果が導出表示
される前に、2回仮停止するようにし、2回目の仮停止
で表示される第2チャンス目により大当り予告を行な
い、1回目の仮停止で表示される第1チャンス目によ
り、第2チャンス目がその後に表示されることを予告す
る。

Description

【発明の詳細な説明】
【0001】
【発明の属する技術分野】本発明は、パチンコ遊技機や
スロットマシン等の遊技機に係り、特に、識別情報の更
新表示機能を有する遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】パチンコ遊技機等の遊技機においては、
液晶表示装置(以下、LCD:LiquidCrystal Displa
y)、複数個の回胴(ドラム)等の表示装置上に所定の
識別情報(以下、表示図柄)の変動表示を行ない、その
表示結果により所定の遊技価値を付与するか否かを決定
する、いわゆる可変表示ゲームによって遊技興趣を高め
たものが数多く提供されている。
【0003】可変表示ゲームには、前述した表示装置を
特別図柄表示装置として用いることにより行なうもの
(以下、特図ゲームという。)と、表示装置を普通図柄
表示装置として用いることにより行なうもの(以下、普
図ゲームという。)とがある。特図ゲームおよび普図ゲ
ームは、ともに所定領域を通過する遊技球の検出に伴っ
て表示図柄の更新表示を行ない、表示図柄の更新表示が
停止した際の表示結果が特定の表示態様となっている場
合を「当り」とするゲームである。
【0004】特図ゲームにおいて「当り」(以下、大当
りという。)となると、大入賞口またはアタッカと呼ば
れる特別電動役物を開放状態とし、遊技者に対して遊技
球の入賞が極めて容易となる状態を一定時間継続的に提
供する。ここで、特図ゲームにおいて大当りとなり、特
別電動役物が開放状態となることにより、遊技者に対し
て遊技球の入賞が極めて容易となる状態となることを特
定遊技状態という。
【0005】特定遊技状態となるためには、通常、内部
抽選の結果が大当りとなり、特別図柄表示装置に表示さ
れる表示結果が予め定められた特定表示態様となること
(一般的には表示図柄が同一図柄で揃うこと)が条件と
なる。一方、普図ゲームにおいて「当り」(以下、小当
り)となると、電動チューリップ型役物またはミニアタ
ッカと呼ばれる普通電動役物が開放状態とされ、遊技者
に対して遊技球の入賞が容易となる状態を一定時間提供
する。
【0006】このように、遊技者にとって特図ゲームお
よび普図ゲームは、内部抽選の結果に基づき表示結果が
特定の表示態様となって、「当り」となるか否かに最大
の関心が払われることになる。特に、特図ゲームにおけ
る獲得賞球数は、普図ゲームの場合とは比較にならない
ほど多いため、特図ゲームを行なう遊技機では、停止図
柄態様が確定するまでの間、遊技興趣を高めるために様
々な演出表示を行なうものがある。
【0007】そして、近時における演出表示の際は、す
べての表示図柄が完全に更新動作を停止するまでの過程
において、大当りとなる期待感をできる限り継続させる
ための、さらなる演出表示が要求されている。
【0008】従来、特図ゲームを行なう遊技機として
は、たとえば、第1種特別電動役物を有するパチンコ遊
技機(以下、第1種パチンコ遊技機)がある。第1種パ
チンコ遊技機は、遊技領域中に発射された遊技球が、第
1種始動口(スタートチャッカ)と呼ばれる入賞口に入
賞した際に乱数値の抽出、すなわち、大当り抽選を行な
い、抽出した値に基づいて特図ゲームにおける演出表示
および表示結果を決定するものである。特図ゲームにお
ける代表的な演出表示としては、たとえば、“リーチ演
出表示”や“再変動演出表示”がある。
【0009】“リーチ演出表示”とは、最終結果が表示
される前で大当りの可能性が継続している状態(以下、
これらの状態をリーチ状態という)において行なわれる
演出表示のことを示す。また、“再変動演出表示”と
は、表示図柄の更新表示を一旦停止させた後、更新表示
を再開して最終的な表示結果を導出させる演出表示のこ
とを示す。
【0010】また、この種の遊技機の中には、可変表示
装置の表示結果が特定の表示態様になるか否かを可変表
示装置の表示動作によって予告する機能を備えたものも
ある。たとえば、可変表示装置に所定の予告キャラクタ
が表示され、大当りになることが予告される。
【0011】
【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来
は、たとえば、大当り予告キャラクタの種類を変更した
り予告態様を派手にする等の趣向を凝らして、大当り予
告の面白みを向上させることは行なわれていたものの、
単に最終的な結果が特定の表示態様になるのか否かを予
告するのみであり、大当りに対する期待感を複数段階に
亘って段階的に高めていくことはできなかった。
【0012】本発明はかかる事情に鑑み考え出されたも
のであり、その目的は、可変表示装置の表示結果が特定
の表示態様となることに対する遊技者の期待感を複数段
階に亘って段階的に高めていくことのできる遊技機を提
供することである。
【0013】
【課題を解決するための手段】上記目的を達成するた
め、本発明の第一の観点にかかる遊技機は、表示状態が
変化可能な可変表示装置(たとえば、特別図柄表示装置
4)を有し、当該可変表示装置に表示される識別情報
(たとえば、特別図柄)の表示結果が予め定められた特
定の表示態様(たとえば、有効ライン上でぞろ目)とな
った場合、遊技に際して遊技者側に有利となる特定遊技
状態(たとえば、大当りの状態)を発生させる遊技機
(たとえば、パチンコ遊技機1)であって、前記可変表
示装置に表示される識別情報の表示過程および表示結果
を決定するための抽選を行なう抽選手段(たとえば、S
201)と、該抽選手段による抽選結果に基づいて、識
別情報の最終的な表示結果である最終表示態様を決定す
る最終表示態様決定手段(たとえば、S201)と、該
最終表示態様決定手段によって決定された最終表示態様
で識別情報を停止させるまでの間、当該識別情報を、次
の動作を予告するための所定の予告表示態様(たとえ
ば、第1,第2チャンス目)で一旦仮停止した後、再び
変動表示を行なう予告再変動表示を、複数回実行する予
告再変動実行手段(たとえば、表示制御部13)とを備
えるように構成する、または、該最終表示態様決定手段
によって決定された最終表示態様で識別情報を停止させ
るまでの間、当該識別情報を、所定の予告表示態様で仮
停止する旨を予告する第1の表示態様(たとえば、第1
チャンス目)で一旦仮停止した後、再び変動表示を行な
う再変動表示を実行する第1再変動表示実行手段(たと
えば、表示制御部13)と、該第1再変動表示実行手段
により再変動表示した後、識別情報の表示結果が特定の
表示態様となる可能性の度合いを示す最終予告表示態様
で仮停止する旨を予告する第2の表示態様(第2チャン
ス目)で一旦仮停止した後、再び変動表示を行なう再変
動表示を実行する第2再変動表示実行手段(たとえば、
表示制御部13)とを備えるように構成する。
【0014】これによれば、最終表示態様で識別情報が
停止するまでの間、次の動作を予告するための所定の予
告表示態様で一旦仮停止した後、再び変動表示を行なう
予告再変動表示が、複数回実行される。
【0015】この場合、前記予告再変動実行手段は、識
別情報の表示結果が特定の表示態様となる可能性の度合
いを示す最終予告表示態様(第2チャンス目)の仮停止
表示前に、事前予告表示態様(たとえば、第1チャンス
目)により仮停止表示を行なうことが好ましく、さらに
は、識別情報の表示結果が特定の表示態様となる可能性
は、最終予告表示態様における識別情報の種類により決
定すること(たとえば、図14(b))が有効である。
【0016】また、識別情報の表示結果が特定の表示態
様となる可能性は、最終予告表示態様において、複数の
表示領域に表示される特定識別情報の数により決定する
(たとえば、図14(b)’)ことも有効である。これ
によれば、最終の識別情報の表示結果に関して、信頼性
が様々である予告表示が行なわれる。
【0017】上記目的を達成するため、本発明の第二の
観点にかかる記録媒体は、予め設定された変動表示開始
条件を満足するか否かを判定する開始条件判定処理と、
前記開始条件判定処理において変動表示開始条件を満足
すると判定した場合、可変表示装置上に表示される複数
種類の識別情報の変動表示を開始するとともに、所定時
間経過後に変動表示を停止する変動表示処理と、前記変
動表示処理による識別情報の表示過程および表示結果を
決定するための抽選を行なう抽選処理と、該抽選処理に
おける抽選結果に基づいて、前記変動表示処理により変
動表示を行なう識別情報の最終表示態様を決定する最終
表示態様決定処理と、該最終表示態様決定処理によって
決定された最終表示態様で識別情報を停止させるまでの
間、当該識別情報を、次の動作を予告するための所定の
予告表示態様で一旦仮停止した後、再び変動表示を行な
う予告再変動表示を、複数回実行し、識別情報の表示結
果が特定の表示態様となる可能性の度合いを示す最終予
告表示態様の仮停止表示前に、事前予告表示態様により
仮停止表示を行なう予告再変動実行処理とをコンピュー
タに実行させるためのプログラムを記録している。
【0018】すなわち、記録媒体中に含まれるプログラ
ムをコンピュータ装置(ゲーム装置を含む)等に読み込
ませ、一連の処理を実行させることで、本発明の遊技機
を容易に実現することができる。すなわち、プログラム
を記録した記録媒体という形態を採ることにより、ソフ
トウェア商品として、装置とは独立した形で、生産、販
売、配布等を容易に実施することができる。
【0019】上記目的を達成するため、本発明の第三の
観点にかかる演出制御方法は、予め設定された変動表示
開始条件を満足するか否かを判定する開始条件判定手順
と、前記開始条件判定手順において変動表示開始条件を
満足すると判定した場合、可変表示装置上に表示される
複数種類の識別情報の変動表示を開始するとともに、所
定時間経過後に変動表示を停止する変動表示手順と、前
記変動表示手順による識別情報の表示過程および表示結
果を決定するための抽選を行なう抽選手順と、該抽選手
順における抽選結果に基づいて、前記変動表示手順によ
り変動表示を行なう識別情報の最終表示態様を決定する
最終表示態様決定手順と、該最終表示態様決定手順によ
って決定された最終表示態様で識別情報を停止させるま
での間、当該識別情報を、次の動作を予告するための所
定の予告表示態様で一旦仮停止した後、再び変動表示を
行なう予告再変動表示を、複数回実行し、識別情報の表
示結果が特定の表示態様となる可能性の度合いを示す最
終予告表示態様の仮停止表示前に、事前予告表示態様に
より仮停止表示を行なう予告再変動実行手順とを含んで
いる。
【0020】すなわち、上記方法による手順を、コンピ
ュータ装置(ゲーム装置を含む)等に実行させることに
より、本発明の遊技機と同様の効果を得ることができ
る。すなわち、前述の処理手順を、コンピュータ装置
(ゲーム装置を含む)等のハードウェアを用いて実現す
ることにより、当該ハードウェア上で、本発明における
演出表示技術を容易に実施することができる。
【0021】また、上記方法による手順を、コンピュー
タ装置(ゲーム装置を含む)等に実行させるためのプロ
グラムまたはデータを符号化し、搬送波に重畳されたプ
ログラムコード信号として送信するとともに、この搬送
波に重畳されたプログラムプログラムコード信号を受信
し、元のプログラムまたはデータに復号化してコンピュ
ータ装置(ゲーム装置を含む)等に実行させることによ
り、本発明における演出表示技術を容易に実施すること
ができる。
【0022】
【発明の実施の形態】次に、本発明の実施の形態を図面
に基づいて詳細に説明する。なお、以下の説明におい
て、リーチ演出表示とは、最終停止図柄となる表示図柄
以外の表示図柄が、たとえば、大当りとなる特定表示態
様と一致している状態を、停止、揺動、拡大縮小あるい
は変形している状態、すなわち、所定領域内に一定期間
継続的に更新表示を停止している状態(以下、これらの
状態を仮停止という)、または、表示図柄の表示位置が
入れ替わっている状態、または、複数の表示図柄が同期
して更新表示を行なっている状態のように、最終結果が
表示される前段階において表示結果が特定表示態様とな
る可能性が見かけ上高められる演出表示のことを指す。
【0023】本実施の形態における遊技機としては、プ
リペイドカードによって球貸しを行なうカードリーダ
(CR:Card Reader)式の第1種パチンコ遊技機を例
にとって説明するが、適用対象となる遊技機としては、
これに限るものではない。たとえば、第2種あるいは第
3種に分類されるパチンコ遊技機や、一般電役機、また
はパチコンと呼ばれる確率設定機能付パチンコ遊技機等
であっても構わない。さらには、プリペイドカードによ
って球貸しを行なうCR式パチンコ遊技機(CR機)だ
けではなく、現金によって球貸しを行なうパチンコ遊技
機(現金機)にも適用可能である。すなわち、LCD等
からなる特別図柄表示装置を有し、特図ゲームに相当す
る演出表示を行なうことが可能な遊技機であれば、どの
ような形態のものであってもよい。
【0024】図1は、パチンコ遊技機の正面図であり、
主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(遊
技機)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲ
ージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台
枠)3とから構成されている。遊技盤2にはガイドレー
ルによって囲まれた、ほぼ円形状の遊技領域が形成され
ており、遊技領域のほぼ中央位置には、特別図柄表示装
置4が設けられている。特別図柄表示装置4は、ドラム
モータによって正逆いずれの方向にも回動するととも
に、その内部にドラムランプを配置してなる3個の回転
ドラムにより構成され、特図ゲームに伴う表示図柄を表
示する。
【0025】本実施の形態におけるパチンコ遊技機の特
別図柄としては、「0」〜「19」までの図柄番号に対
応する20個の表示図柄が用意されている。具体的に
は、図2に示すように、「7(赤)」、「ぶどう」、
「ダブルBAR」、「プラム」、「チェリー」、「7
(黄)」、「すいか」、「シングルBAR」、「7
(青)」、「ベル」および「コイン0」〜「コイン9」
となっている。また、特別図柄表示装置4の表示領域中
には、「特別図柄左図柄(以下、左図柄)」、「特別図
柄中図柄(以下、中図柄)」、「特別図柄右図柄(以
下、右図柄)」を表示するための3つの特別図柄表示領
域4a,4b,4cが各回転ドラムに対応して設けられ
ている。
【0026】特別図柄表示装置4の下方位置には、電動
チューリップ型役物(普通電動役物)5を兼用する特別
図柄始動口(スタートチャッカ)6と、大当り発生時に
ソレノイド等を駆動することで開放動作を行なう大入賞
口(第1種特別電動役物)7とが上下に並んで配設され
ている。大入賞口7は、特別図柄始動口6への入賞タイ
ミングに基づいて特図ゲームが行なわれた結果、大当り
となった場合に開放動作を行なう。また、遊技機用枠3
の左右上部位置には、効果音等を再生出力するためのス
ピーカ8L,8Rが設けられており、さらに遊技領域周
辺部には、ランプ9が設けられている。
【0027】図3は、遊技制御部を中心としたシステム
構成例を示すブロック図である。本実施の形態における
パチンコ遊技機1は、主として、電源部(電源基板)1
0と、遊技制御部(遊技制御基板)11と、入出力部1
2と、表示制御部(表示制御基板)13と、音制御部
(音制御基板)14と、ランプ制御部(ランプ制御基
板)15と、払出制御部(払出制御基板)16と、情報
出力部(情報端子基板)17とを備えている。
【0028】電源部10は、パチンコ遊技機1内の各回
路に所定の電源電圧を供給するものである。遊技制御部
11は、遊技制御基板内に設けられた各種回路から構成
されており、特図ゲームにおいて用いる乱数の生成機
能、入出力部12を介して信号の入出力を行なう機能、
表示制御部13、音制御部14、ランプ制御部15およ
び払出制御部16に対し、それぞれ制御コマンド信号を
出力する機能、ホールの管理コンピュータに対し、各種
情報を出力する機能を備えている。
【0029】入出力部12は、遊技球の検出や役物の開
閉動作を行なうためのものである。表示制御部13、音
制御部14、ランプ制御部15は、遊技制御部11から
送信される制御コマンド信号に基づいて、特図ゲームに
おける特図表示制御、音出力制御、ランプ表示制御を、
それぞれ遊技制御部11とは独立して実行するものであ
る。払出制御部16は、遊技球の貸出や賞球等の払出制
御を行なうものである。情報出力部17は、各種遊技関
連情報を外部に出力するためのものである。
【0030】ここで、特別図柄表示装置4上に表示され
る表示図柄の仮停止タイミングや変動タイミング等は、
後述する変動表示パターンコマンドに従って一意に定ま
っている。すなわち、表示制御部13、音声制御部14
およびランプ制御部15は、変動表示パターンコマンド
を受け取ったタイミングから、特別図柄表示装置4上に
おける表示図柄の変動の変動、スピーカ8L,8Rから
の音声出力およびランプの明滅表示が連動して行なわれ
るように制御を行なっている。
【0031】次に、本実施の形態のパチンコ遊技機の動
作(作用)を説明する。まず、本実施の形態のパチンコ
遊技機における遊技の流れの概略について説明する。パ
チンコ遊技機1の右下位置に設けられたハンドルを操作
することにより遊技球が遊技領域中に発射される。遊技
制御部11では、入出力部12内の特別図柄始動スイッ
チ等の入力の有無を監視しており、遊技球が特別図柄始
動口6に入賞した場合、特別図柄始動スイッチにおいて
遊技球の入賞が検出される。また、特別図柄始動口6に
おいて、遊技球の始動入賞が検出された場合、入賞した
遊技球の数、入賞時の乱数の抽選値が特別図柄判定用バ
ンクに保管される。そして、保管されたデータに基づい
て特別図柄表示装置4において特図ゲームを開始する。
【0032】次に、遊技制御部における処理内容を詳し
く説明する。図4は、特別図柄の変動から停止までの間
に遊技制御部11から表示制御部13、音制御部14お
よびランプ制御部15に出力される制御コマンドの出力
タイミングを示すタイミングチャートである。
【0033】特別図柄の変動開始の際には、最初に、変
動開始コマンド「80H(Hex)xxH」が表示制御コ
マンドとして、遊技制御部11から表示制御部13に出
力される。また、同時に、変動開始コマンド「80H
xxH」が各々音声制御コマンド、ランプ制御コマンド
として、音制御部14およびランプ制御部15に出力さ
れる。
【0034】ここで、「xxH」は、リーチパターンや
可変表示時間を含む変動パターンを指定する指定データ
であり、「01H」をはじめとして複数種類設定されて
いる。表示制御部13の制御ROM内には、各指定デー
タに対応する変動パターンデータが記憶されている。表
示制御部13は、入力された変動開始コマンドに対応す
る変動パターンを選択し、選択した変動パターンに従っ
てドラムモータおよびドラムランプを制御する。これに
より、ドラムが一斉駆動され、特別図柄の変動が開始さ
れ、また、ドラムランプが所定の時期に所定の態様で点
灯あるいは点滅する。同様に、音制御部14は、入力さ
れた変動開始コマンドに対応する音声パターンを選択
し、選択したパターンに従ってスピーカ8L,8Rを制
御する。また、ランプ制御部15は、入力された変動開
始コマンドに対応するランプパターンを選択し、選択し
たパターンに従ってランプ9を制御する。
【0035】その後、変動開始コマンドに続いて、確定
結果指定コマンド「90H xxH」が表示制御コマン
ドとして出力される。この確定結果指定コマンドによ
り、特別図柄の表示結果が指定される。図柄の変動開始
から、変動開始コマンド(変動コマンド)により指定さ
れる可変表示時間Tnが経過した時点で、図柄確定コマ
ンドが表示制御部13、音制御部14、およびランプ制
御部15に出力される。これにより、確定図柄が停止表
示され、ランプおよび効果音による遊技演出が停止され
る。
【0036】図5は、遊技制御部における処理動作例を
示すフローチャートである。本実施の形態における遊技
制御部11は、前述したように、タイマ割込みによって
約2ミリ秒毎に起動する。すなわち、遊技制御部11
は、タイマ割込方式を使用し、以下の各処理をタイマ割
込毎に繰返し実行する。
【0037】タイマ割込信号によって遊技制御部11が
起動されると、遊技制御部11は、スタックポインタに
指定番地をセットする、いわゆるスタックポインタ設定
処理を行なう(ステップS101、以下、単にS101
と記す)。次に、遊技制御部11は、システムチェック
用のフラグ情報を確認し、フラグ情報が正常動作判定値
とは異なる値であった場合にはメモリ内の作業領域をク
リアする、初期化処理を行なう(S102)。
【0038】次いで、遊技制御部11は、各スイッチの
状態を検出し、検出した状態に対応するスイッチ処理を
行なう(S104)。そして、特図ゲーム等に用いる判
定用乱数を更新するための乱数更新処理を行なう(S1
05)。続いて、特図ゲーム等に用いる表示図柄用乱数
(特別図柄左用乱数RL、特別図柄中用乱数RC、特別
図柄右用乱数RR等)を更新するための表示図柄乱数更
新処理を行なう(S106)。
【0039】次に、特別図柄始動スイッチの状態を検出
し、詳細を後述する、特別図柄プロセス処理を実行する
(S107)。同様にして、普通図柄始動スイッチの状
態を検出し、普通図柄プロセス処理を実行する(S10
8)。そして、遊技制御部11は、エラー等の不正の有
無を検出し、エラー発生時に必要に応じてエラー報知を
行なう、エラー処理を行なう(S109)。
【0040】また、遊技制御部11は、ランプ9の点灯
パターンを指定するための点灯パターン指示データをセ
ットするLEDデータセット処理を行ない(S11
0)、続いて、その点灯パターン指示データやスピーカ
8L,8Rから発生させる効果音の種類を指定する音声
データを送信するランプ効果音処理を行なう(S11
1)。そして、各種情報信号を出力する情報出力処理を
行ない(S112)、さらに、遊技制御部11は、各出
力ポートに対して、表示制御信号、ソレノイド駆動信
号、賞球個数信号等のコマンドを送信するための出力処
理を行なう(S113)。
【0041】その後、遊技制御部11は、タイマ割込信
号が与えられるまで表示図柄決定用乱数および判定用乱
数を更新する、表示図柄乱数更新処理を繰返す(S11
4)。
【0042】図6は、図5の特別図柄プロセス処理にお
ける処理例を示すフローチャートである。特別図柄プロ
セス処理では、遊技状態に応じてパチンコ遊技機1を所
定の順序で制御するための特図フラグ情報に従って、該
当する処理を選択的に実行する。そして、特図フラグ情
報の値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。特
別フラグプロセス処理では、特図フラグ情報に対応して
以下に示す各処理を実行する。
【0043】特図フラグ情報の値が“0”のとき、特図
ゲームにおいて抽選した乱数値が大当り値と一致するか
否かを判定し、判定結果に応じて最終停止表示態様およ
び変動パターンを決定したり、それを外部に報知する処
理等の通常の遊技状態における特別図柄通常時処理を実
行する(S201)。特図フラグ情報の値が“1”のと
き、特別図柄表示装置4において特図ゲームにおける変
動表示を開始する「特別図柄変動開始処理」を実行する
(S202)。特図フラグ情報の値が“2”のとき、特
別図柄表示装置4において特図ゲームにおける変動表示
処理を行なう「特別図柄変動処理」を実行する(S20
3)。
【0044】特図フラグ情報の値が“3”のとき、特別
図柄表示装置4における第1停止図柄である特別図柄左
図柄、第2停止図柄である特別図柄右図柄、最終停止図
柄である特別図柄中図柄のスクロール表示を最終的に停
止させ、最終的な表示結果をの導出表示させる「特別図
柄全図柄停止処理」を実行する(S204)。
【0045】特図フラグ情報の値が“4”のとき、大当
り動作のための初期化処理や、インターバル期間中のさ
まざまな処理、および大当り動作終了時に大当り時にセ
ットされた各種フラグを再設定する「大入賞口開放前後
処理」を実行する(S205)。特図フラグ情報の値が
“5”のとき、大当り動作に関するさまざまな処理、お
よび1回当りの大入賞口7の開放時間をチェックする
「大入賞口開放中処理」を実行する(S206)。特図
フラグ情報の値が“6”のとき、大当り動作が終了する
までのタイミングを合わせる「大当り動作終了待ち処
理」を実行する(S207)。
【0046】なお、特別図柄プロセス処理において実行
される各処理としては、前述した処理だけに限るもので
はなく、他の処理に置換したり、さらに他の処理を追加
しても構わない。また、特図フラグ情報の値によって分
岐される各処理の処理内容が複雑化して、タイマ割込時
間内で処理を完了させることができない場合には、本実
施の形態のように同一処理を複数追加するようにしても
よい。
【0047】図7は、特別図柄表示装置6の有効ライン
を説明するための特別図柄表示領域4a〜4cの拡大図
である。図示破線に示すように、有効ラインとしては、
横方向の上段L1,中段L2,下段L3と、斜め対角方
向のL4,L5との計5ラインが設定されている。これ
らL1〜L5のうちのいずれかの有効ライン上に同一の
当り図柄が揃った状態で表示結果が確定すると大当りと
なる。
【0048】本実施の形態では、有効ラインL4とL5
とのうちの一方において特定の大当り図柄でリーチ(同
一の表示図柄が2つ揃う状態)が成立すると同時に他方
の有効ラインでもリーチが成立する場合がある。このよ
うに、2つの有効ライン上で同時にリーチが成立してい
る状態をダブルリーチと呼ぶ。
【0049】たとえば、図2に示す図柄配列の場合、有
効ラインL4上において「7(赤)」、「7(青)」、
「すいか」、「チェリー」、「ダブルBAR」のうちの
いずれかでリーチが成立すると、同時に、有効ラインL
5上で、各々、「ぶどう」、「ベル」、「シングルBA
R」、「7(黄)」、「プラム」によってリーチが成立
し、ダブルリーチとなる。
【0050】乱数RL、RC、RRを用いて表示結果を
決定する場合には、たとえば、L2のラインに並ばせる
図柄の種類が乱数RL、RC、RRの抽出値によって定
められる。各図柄はドラムに付されているため、L2の
ラインに並ばせる図柄の種類が決定されることで、L1
およびL3のラインの図柄が一義的に定まる。
【0051】遊技制御部11は、特別図柄判定用乱数R
1に基づいて特別図柄の表示結果を大当りとすることを
事前に決定した場合には、さらに、大当り図柄の種類、
および、その大当り図柄のゾロ目を停止表示させる有効
ラインを決定する。
【0052】図11には、遊技制御部11が大当り図柄
の種類、および、その大当り図柄のゾロ目を停止表示さ
せる有効ラインを決定する際に用いる有効ライン振分け
テーブルデータの一例が示されている。
【0053】遊技制御部11(図3参照)は、特別図柄
の表示結果を大当りとすることを事前に決定した場合に
は、始動入賞時に事前に抽出されている大当り図柄判定
用乱数RTの抽出値を図示する有効ライン振分けテーブ
ルデータを用いて判定して当り図柄の種類、および、そ
の大当り図柄のゾロ目を停止表示させる有効ラインを決
定する。
【0054】たとえば、大当り図柄判定用乱数RTが
“0”である場合には、図柄「ブドウ」を横方向の上段
L1に揃わせることを決定し、“1”である場合には、
図柄「ブドウ」を斜め対角方向のL4に揃わせることを
決定する。
【0055】図示する有効ライン振分けテーブルデータ
の場合、大当り発生以前に前述したダブルリーチが成立
するのは、大当り図柄判定用乱数の抽出値が3,6,1
3,16,23,26,33,36,43,46のいず
れかの場合である。
【0056】本実施の形態では、有効ラインL4とL5
とのうちの一方において特定の大当り図柄でリーチ(同
一の大当り図柄が2つ揃う状態)が成立すると同時に他
方の有効ラインでもリーチが成立する場合がある。この
ように、2つの有効ライン上で同時にリーチが成立して
いる状態をダブルリーチと呼ぶ。たとえば、図2に示す
図柄配列の場合、有効ラインL4上において「7
(赤)」、「7(青)」、「すいか」、「チェリー」、
「ダブルBAR」のうちのいずれかでリーチが成立する
と、同時に、有効ラインL5上で、各々「ぶどう」、
「ベル」、「シングルBAR」、「7(黄)」、「プラ
ム」によってリーチが成立し、ダブルリーチとなる。
【0057】図8は、特別図柄表示装置4の斜視図であ
る。また、図9は、ドラムの分解斜視図である。特別図
柄表示装置4においては、箱型状のフレームケース40
内にドラム40a〜40cが収容されている。ドラム4
0a,40b,40cの外周には、複数種類の識別情報
の一例となる複数種類の特別図柄が描かれている。3つ
のドラム40a,40b,40cは、回転可能に支持さ
れている。ドラム40a,40b,40cは、それぞれ
独立して回転駆動され、回転方向、回転速度が独立して
制御される。ドラム40a,40b,40cが停止した
状態から回転を開始することにより、特別図柄表示装置
4が可変開始する。その後、ドラム40a,40b,4
0cが回転を停止することにより、特別図柄表示装置4
が表示結果を導出表示する。
【0058】以下、特別図柄表示装置4に対するドラム
40a〜40cの収容態様について説明する。なお、ド
ラム40a,40b,40cの収納態様は全て同一であ
るために、ここでは、ドラム40aを代表として説明す
る。
【0059】フレームケース40には、図9に示すよう
に、モータ取付基板150aと、ランプ基板154a
と、モータ中継基板154bと、ランプカバー106
と、ドラムモータ72aと、ドラム40aとが組付けら
れた組付け体が収容される。モータ取付基板150a
は、金属等の導体(導電性材料)よりなる。モータ取付
基板150aにはモータ取付基板150aをフレームケ
ース40に固定するためのモータ取付基板固定部157
が形成されている。モータ取付基板150aの一方の面
には、ランプ基板154aとモータ中継基板154bと
が取付けられる。
【0060】モータ中継基板154bは、駆動制御信号
をドラムモータ72aに送るための基板である。モータ
中継基板154bは、ソケットを介してドラムモータ7
2aと接続されるとともに、表示制御部13(図3参
照)に接続される。ランプ基板154aにはドラムラン
プ592a,592bとランプカバー106とが取付け
られる。ドラムランプ592a,592bは特別図柄表
示領域4aに表示される特別図柄をドラム40aの内周
側より発光させるランプである。ランプ基板154aに
は、3つの白色ランプ592aと2つの赤色ランプ59
2bとが交互に並んで配置されている。
【0061】ランプカバー106は、ドラムランプが発
した光を前方に反射するための反射板であり、ドラムラ
ンプ592a,592bの後方に配置される。ドラム4
0aが組立てられた状態では、ドラムランプ592a,
592bは、ドラム40aの内部に配置され、ドラム4
0aの側面幅方向でほぼ中央に位置する。また、ドラム
ランプ592a,592bは、その配列順序を上から
白、赤、白、赤、白となるようにドラム40aの回転方
向に沿って配置される。なお、これらのドラムランプ5
92a,592bは、ドラム40b,40cの内周側に
も同様に設けられる。モータ中継基板154bはモータ
取付基板150aに対してビス止めされ、ランプ基板1
54aはランプカバー106とモータ取付基板150a
との間に挟込まれた状態でランプカバー106,ランプ
基板154a,モータ取付基板150aを貫通するビス
によってビス止めされる。
【0062】ドラムモータ72aは、モータ取付基板1
50aに取付けられたランプ基板154aとモータ中継
基板154bとの中央に形成される開口に位置する態様
で、モータ取付基板150aにビス止めされる。ドラム
40aは、ドラムモータ72aの中央に設けられた回転
軸72bに取付けられる。より具体的には、ドラム40
aに放射状に形成されたリール部材105の中央部に回
転軸固定部105aが形成されており、その回転軸固定
部105aにドラムモータ72aの回転軸72bが嵌合
されることにより、ドラム40aが回転軸72bに取付
けられる。
【0063】以上のようにして、モータ取付基板150
aと、ランプ基板154aと、モータ中継基板154b
と、ランプカバー106と、ドラムモータ72aと、ド
ラム40aとが組付けられた後、その組付け体が図8に
示すフレームケース40に収容される。フレームケース
40には組付け体の一部を構成するモータ取付基板10
5aの端部を差込むための図示されない溝部が形成され
ている。フレームケース40内に収容された組付け体
は、モータ取付基板105aに形成されたモータ取付基
板固定部157がフレームケース40内にビス止めされ
ることによってフレームケース40内に固定される。
【0064】ドラム40aの外周には複数種類の特別図
柄が描かれており、ドラム40aがドラムモータ72a
に駆動されて停止した場合に、3つの白色のドラムラン
プ592aにより、3つの特別図柄がそれぞれドラム4
0aの裏側から照射される。また、2つの赤色のドラム
ランプ592bは、ドラム40aが停止した状態では、
ドラム40aの外周に描かれた図柄と図柄の間をドラム
40aの裏側から照射する。
【0065】ドラム40aはドラムモータ72aにより
駆動され、停止した状態から加速して等角速度の回転運
動を行なうパターン、等角速度の運動から減速して停止
するパターン、逆方向に回転するパターン、加減速を繰
返して回転するパターン、正転と逆転とを繰返すことで
外周に描かれた図柄を上下に振動させるパターン等、さ
まざまなパターンで回転可能である。
【0066】図10は、ドラムの側面図である。ドラム
40a〜40cの外周には、上述した図柄番号に対応す
る特別図柄が順に配置されている(図2参照)。図10
において、回転軸固定部105aを中心として放射状に
記された一点鎖線の各々に対応する0〜19の符号は図
柄番号であり、その位置にその図柄番号に対応する特別
図柄が配置されていることを示している。また、それら
の符号の各々に対応する括弧書きの数値は、ステッピン
グモータからなるドラムモータ72aのステッピングパ
ルス数である。このステッピングパルス数は、図10に
おいて特別図柄表示領域4a〜4cの中段に位置する図
柄番号0の位置を基準(=0)として、ドラムモータを
図示左回り方向で8パルスずつ駆動させるごとにドラム
が所定角度回転し、図柄番号1、2、3、…に対応する
特別図柄が順次特別図柄表示領域4a〜4cの中段に移
動することを意味している。これによると、ドラムモー
タが160パルス相当だけ駆動されることによってドラ
ムが1回転することになる。
【0067】図12は、特別図柄表示装置4で特別図柄
が変動を開始してから最終的な表示結果が導出表示され
るまでの変動パターンを説明するためのタイミングチャ
ートである。特にこのタイミングチャートには、最終的
な表示結果が導出表示される前に、“チャンス目”と呼
ばれる特有の表示態様により、2回、特別図柄の変動が
停止する変動パターンが示されている。1回目に表示さ
れるチャンス目を“第1チャンス目”といい、2回目に
表示されるチャンス目を“第2チャンス目”という。
【0068】第1チャンス目は、図示するように、左中
右図柄の一斉変動が開始されてから所定時間経過後に、
左中右図柄が一斉に停止することによって表示される。
また、第2チャンス目は、第1チャンス目が所定時間表
示された後に再度変動が開始されてから、左中右図柄が
一斉に停止することによって表示される。第2チャンス
目が表示された後、再度、左中右図柄の変動が開始さ
れ、その後、左図柄、右図柄、中図柄の順に停止し、最
終的な表示結果が導出表示される。
【0069】このように、第1チャンス目,第2チャン
ス目ともに、左中右図柄が一斉に停止することによって
表示されるため、チャンス目を表示結果であると遊技者
が誤解してしまうことを極力防止できる。さらに、本実
施の形態では、最終的な表示結果が導出表示された時に
は完全に図柄の動きが停止するのに対し、第1チャンス
目、第2チャンス目が導出された時には、ドラムが上下
に微動することで図柄が上下に揺動するように構成され
ている。このため、チャンス目を表示結果であると遊技
者が誤解してしまうことをより一層防止できる。
【0070】第2チャンス目は、表示結果が大当りにな
ることを予告報知するものである。一方、第1チャンス
目は、第2チャンス目が表示されることを予告報知する
ものである。したがって、遊技者は、第1チャンス目が
表示されることにより、大当り予告、ひいては大当りそ
のものに対する期待感が生じ、その後に続いて第2チャ
ンス目が表示されることにより大当りに対する期待感が
向上されるようになる。なお、以上、図12を用いて説
明した特別図柄の変動パターンは、遊技制御部11から
受信した制御コマンドに基づいて、表示制御部13がド
ラム40a〜40cを制御することによって実現される
ものである。
【0071】図13および図14は、第1チャンス目、
第2チャンス目の具体例を説明するための説明図であ
る。
【0072】図13(a)には、第1チャンス目が6種
類例示されている。図示のように、たとえば、有効ライ
ンL5以外のいずれかの有効ライン上に青7、赤7、赤
7が一度に停止表示され、第1チャンス目が出たときに
は、その後に再変動して70%の確率で第2チャンス目
が現れる。あるいは、図示のように、たとえば、いずれ
かの有効ライン上に赤7、青7、黄7が一度に停止表示
され、第1チャンス目が出た場合にも、同様に70%の
確率で第2チャンス目が現れる。なお、第2チャンス目
が現れる確率が100%でないため、第1チャンス目が
出た後、第2チャンス目が出ることなく、表示結果が導
出表示される場合もある。しかしながら、これに代え
て、第1チャンス目が出たときには、必ず、第2チャン
ス目が出るように構成してもよい。また、左中右図柄が
一斉停止したときに、図13(a)以外の表示態様が出
た場合には、常に第2チャンス目が現れないようにして
もよく、第2チャンス目が現れる場合もあるようにして
もよい。
【0073】図13(b)には、第2チャンス目が7種
類例示されている。図示のように、大当りの期待度は、
第2チャンス目の種類により異なっている。たとえば、
いずれかの有効ライン上に青7、黄7、赤7が一度に停
止表示され、第2チャンス目が出たときには、表示結果
が大当りとなることを100%の期待度で期待できる。
一方、たとえば、左中右図柄が一斉停止したときに、数
字図柄7(色は不問)が3つ表示されているものの、そ
の3つの数字図柄が1つの有効ライン上に揃っていない
場合には、表示結果が大当りとなることを50%の期待
度で期待できる。また、数字図柄7(色は不問)が2つ
表示されている場合(たとえば、図7のごとき表示態
様)には表示結果が大当りとなることを10%の期待度
で期待でき、数字図柄7(色は不問)が1つ表示されて
いる場合には表示結果が大当りとなることを5%以下の
期待度で期待できる。
【0074】ここで、大当り期待度は、特別図柄判定用
乱数R1を用いて大当りとするか否かを事前に決定する
場合の大当り確率とは異なる概念であり、ある第2チャ
ンス目Xが表示されている場合に、大当りとなることを
期待できる程度を示す。なお、図13(b)の下方にそ
の算出式を示した。
【0075】以上のように、第1チャンス目と第2チャ
ンス目とが組合わせられて、特別図柄表示装置4の演出
表示が行なわれるため、特別図柄表示装置4の表示結果
が大当りの表示態様となることに対する遊技者の期待感
を複数段階に亘って段階的に高めていくことができる。
特に、第2チャンス目の表示態様により大当りの期待度
が異なるために、第2チャンス目を用いて多様性のある
大当り予告演出をすることができる。なお、たとえば、
予め定められた第2チャンス目以外の表示態様も出る場
合があるように構成して、そのような表示態様が出たと
きには大当り期待度が不明であるということにしてもよ
い。
【0076】次に、図14を参照して、第1チャンス目
および第2チャンス目の変形例について説明する。
【0077】図14(a)には第1チャンス目が3種類
例示されている。この変形例では、図示のように、第1
チャンス目の種類により、第2チャンス目への移行率が
異なっている。たとえば、有効ラインL5以外のいずれ
かの有効ライン上に青7、赤7、赤7が一度に停止表示
され、第1チャンス目が出たときには、その後に再変動
して100%の確率で第2チャンス目が現れる。一方、
有効ラインL1,L3以外のいずれかの有効ライン上に
赤7、黄7、青7が一度に停止表示され、第1チャンス
目が出たときには、その後に再変動して20%の確率で
第2チャンス目が現れる。
【0078】このように、第1チャンス目の種類により
第2チャンス目への移行率を異ならせることにより、第
1チャンス目を用いて多様性のある大当り予告演出をす
ることができる。なお、たとえば、予め定められた第1
チャンス目以外の表示態様も出る場合があるように構成
して、そのような表示態様が出たときには第2チャンス
目への移行率が不明であるということにしてもよい。
【0079】次に、図14(b)には第2チャンス目が
4種類例示されている。この変形例では、図示のよう
に、第2チャンス目として表示される図柄の種類、図柄
の組合せにより、大当り期待度が異なっている。たとえ
ば、青7が有効ラインに揃っている場合には大当り期待
度が100%であり、赤7が有効ラインに揃っている場
合には大当り期待度が50%であり、黄7が有効ライン
に揃っている場合には大当り期待度が10%である。
【0080】このように、第2チャンス目により大当り
期待度を示す場合において、特に、図柄の種類により大
当り期待度を異ならせることにより、どの第2チャンス
目が大当り期待度が高く、どの第2チャンス目が大当り
期待度が低いのかという第2チャンス目の効果の違いを
遊技者がわかりやすくなるという効果が奏される。
【0081】図14(b)’には、第2チャンス目に関
して、図14(b)とは異なり、特定の図柄が表示され
る数により大当り期待度を異ならせる例が示されてい
る。この図14(b)’の場合には、青7が3つ(有効
ライン上に揃っているか否か不問)出ている場合には大
当り期待度が100%であり、青7の数が2つ、1つ、
と少なくなるごとに大当り期待度が50%、10%と低
くなる。そして、青7が1つも出ていない場合には、大
当り期待度は1%以下となる。
【0082】この図14(b)’に示される例の場合に
も、図14(b)の場合と同様に、第2チャンス目の効
果の違いを遊技者がわかりやすくなるという効果が奏さ
れる。
【0083】次に、図15を用いて、チャンス目を設定
するための処理内容を説明する。図15は、チャンス目
設定処理の内容を説明するためのフローチャートであ
る。このフローチャートに従う処理は、たとえば、遊技
制御部11により実行される。ただし、これに代えて、
表示制御部13が実行するようにしてもよい。
【0084】最初に、乱数RN1が抽出される(SA
1)。この乱数RN1は、たとえば、特別図柄判定用乱
数R1と同様に所定範囲(たとえば、1〜1000)で
順次加算更新されるランダム変数であり、第1チャンス
目を決定するために用いられる第1チャンス目決定用乱
数である。
【0085】次に、既に別の処理において抽出済みの特
別図柄判定用乱数R1が判定されて、大当りとすること
が事前決定されているかはずれとすることが事前決定さ
れているかが判断される(SA2)。そして、大当りと
することが事前決定されている場合には、大当り時用第
1チャンス目テーブルが参照され(SA3)、はずれと
することが事前決定されている場合にははずれ時用第1
チャンス目テーブルが参照され(SA4)、参照テーブ
ルと乱数RN1とに基づいて、第1チャンス目の設定が
決定される(SA5)。
【0086】大当り時用第1チャンス目テーブルおよび
はずれ時用第1チャンス目テーブルの構成例は、図16
(a)に示されている。この構成例によれば、大当りが
事前決定されている場合には、乱数RN1が1〜255
であれば第1チャンス目は設定され、それ以外の256
〜1000であれば第1チャンス目は設定されない。ま
た、第1チャンス目の種類(A,B,C…)は、乱数R
N1の値に応じて決定される。一方、はずれが事前決定
されている場合には、乱数RN1が1〜19であれば第
1チャンス目は設定され、それ以外の20〜1000で
あれば第1チャンス目は設定されない。このため、大当
りが事前決定されている場合には、はずれが事前決定さ
れている場合よりも、第1チャンス目が設定されやすく
なっている。なお、乱数RN1の抽出値と第1チャンス
目の設定内容との対応関係は、例示に過ぎない。
【0087】再び、図15を参照して、SA5の後、第
1チャンス目がSA5において設定されたか否かが判断
される(SA6)。第1チャンス目が設定されていない
場合には、第2チャンス目を設定する処理は行なわれる
ことなく、処理が終了される。
【0088】第1チャンス目が設定されていると判断さ
れた場合には、乱数RN2が抽出される(SA7)。こ
の乱数RN2は、たとえば、乱数RN1と同様に所定範
囲(1〜1000)で順次加算更新されるランダム変数
であり、第2チャンス目を決定するために用いられる第
2チャンス目決定用乱数である。
【0089】次に、既に別の処理において抽出済みの特
別図柄判定用乱数R1が判定されて、大当りとすること
が事前決定されているかはずれとすることが事前決定さ
れているかが判断される(SA8)。そして、大当りと
することが事前決定されている場合には、大当り時用第
2チャンス目テーブルが参照され(SA9)、はずれと
することが事前決定されている場合にははずれ時用第2
チャンス目テーブルが参照され(SA10)、参照テー
ブルと乱数RN2とに基づいて、第2チャンス目の設定
が決定され(SA11)、その後処理が終了する。。
【0090】大当り時用第2チャンス目テーブルおよび
はずれ時用第2チャンス目テーブルの構成例は、図16
(b)に示されている。大当り時用第2チャンス目テー
ブルおよびはずれ時用第2チャンス目テーブルの構成
は、図16(a)に示された大当り時用第1チャンス目
テーブルおよびはずれ時用第1チャンス目テーブルの構
成と同様であり、乱数RN2の値と第2チャンス目の設
定内容とが対応付けされている。このテーブルがSA1
1において参照され、SA7で抽出された乱数RN2の
値に対応する第2チャンス目の設定がなされる。
【0091】なお、乱数RN2の抽出値と第2チャンス
目の設定内容との対応関係は、例示に過ぎない。したが
って、第2チャンス目の大当り期待度をどのように設定
するかによって設定内容は変化する。
【0092】以上、本発明の遊技機を実施の形態に基づ
いて具体的に説明したが、本発明は上記実施の形態に限
定されるものではなく、その要旨を逸脱しない範囲で色
々な変形および応用が可能である。
【0093】上記各実施の形態では、本発明を実現する
ためのプログラムおよびデータをROM等の半導体メモ
リに格納した場合を例に採り説明したが、本発明を実現
するためのプログラムおよびデータを様々な記憶媒体に
格納することで利用するものであっても構わない。記録
媒体として用いるメディアとしては、FD(Floppy Dis
k )、HD(Hard Disk )、DAT(Digital Audio Ta
pe)のような磁気メディア、CD−ROM(Compact Di
sk Read Only Memory )、PD(Phase changeDisk
)、DVD(Digital Versatile Disk)のような光デ
ィスク、MO(Magneto Optical disk)のような光磁気
ディスクであってもよい。
【0094】また、記録媒体とは、コンピュータによっ
て直接実行可能なプログラムを記録した記録媒体だけで
なく、一旦、他の記録媒体(ハードディスク等)にイン
ストールすることによって実行可能となるようなプログ
ラムを記録した記録媒体や、暗号化されたり、圧縮され
たりしたプログラムを記録した記録媒体も含む概念であ
る。
【0095】さらに、本発明を実現するためのプログラ
ムおよびデータは、コンピュータ装置(ゲーム装置を含
む)に対して、着脱自在の記録媒体によって配布・提供
される形態に限定されるものではなく、コンピュータ装
置(ゲーム装置を含む)の有する半導体記憶装置に予め
インストール(プリインストール)しておくことで配布
される形態を採っても構わない。さらには、本発明を実
現するためのプログラムおよびデータは、遊技機に通信
処理部を設けておくことにより、通信回線等を介して接
続されたネットワーク上の、他の機器からダウンロード
することによって配布する形態を採っても構わない。
【0096】そして、ゲームの実行形態も、着脱自在の
記録媒体を装着することにより実行するものだけではな
く、通信回線等を介してダウンロードしたプログラムお
よびデータを、内部メモリ等に一旦格納することにより
実行可能とする形態、通信回線等を介して接続されたネ
ットワーク上における、他の機器側のハードウェア資源
を用いて直接実行する形態としてもよい。さらには、他
のコンピュータ装置(ゲーム装置を含む)等とネットワ
ークを介してデータの交換を行なうことによりゲームを
実行するような形態とすることもできる。
【0097】次に、以上説明した本実施の形態の変形例
や特徴点等を以下に列挙する。 (1) 上記実施の形態では、表示状態が変化可能な可
変表示装置の一例となる特別図柄表示装置4をドラムに
よって構成したが、ドラムに限らず、液晶表示装置等に
より特別図柄表示装置4を構成することも可能である。
また、特別図柄をスクロールさせるリールの数も3個に
限られるものではなく、3行3列のマトリクス状に並ん
だ合計9つの特別図柄表示領域の各々を独立させてスク
ロールさせるように構成してもよい。ただし、この場合
であっても、チャンス目を表示する場合には、9つの特
別図柄表示領域を同時に(一斉に)停止表示することが
望ましい。
【0098】特別図柄表示装置4により、複数種類の識
別情報を可変表示(変動表示)可能な可変表示装置が構
成されている。そして、図12に示されるように、前記
予告再変動実行手段は、次の動作を予告するための所定
の予告表示態様で、複数の識別情報を一旦仮停止させる
場合において、前記複数の識別情報のすべてを同時に停
止させる。
【0099】図14には、第1チャンス目の種類によっ
て、第2チャンス目への移行率が異なる例を示したが、
第1チャンス目の種類によって、第1チャンス目が出た
時点での大当り期待度が異なるように構成してもよい。
たとえば、図14(a)に示された第1チャンス目につ
いて、上段位置のものから順に大当り期待度が20%、
10%、5%となるように設計し、第2チャンス目が出
たときに、第2チャンス目の種類に応じて、その大当り
期待度が変動するようにしてもよい。
【0100】第1チャンス目、第2チャンス目により、
前記可変表示装置が可変開始してから表示結果が導出表
示されるまでの間に表示される、特殊表示態様が構成さ
れている。第1チャンス目により第1特殊表示態様が、
第2チャンス目により第2特殊表示態様が、各々構成さ
れている。大当り期待度により、前記可変表示装置の表
示結果が前記特定の表示態様になることを期待できる期
待度が構成されている。
【0101】(2) 前記実施の形態においては、複数
種類の識別情報を更新動作させる表示が可能な可変表示
装置と、前記可変表示装置の表示結果を決定する表示結
果決定手段と、前記識別情報の更新動作を開始させた
後、前記表示結果決定手段の決定に従う表示結果を導出
表示させる制御を行なう可変表示制御手段とを含み、該
可変表示制御手段は、前記識別情報の更新動作を開始さ
せてから前記可変表示装置の表示結果を導出表示させる
までの可変表示期間において、前記識別情報の更新動作
を一旦停止させて、次回、前記識別情報の更新動作が停
止した時の可変表示装置の表示態様を予告する所定の予
告表示態様を一旦表示させた後、前記一旦停止させた識
別情報の更新動作を再開させる予告再更新制御を複数回
実行する予告再更新制御手段を含む。
【0102】(3) 前記可変表示装置は前記複数種類
の識別情報が更新動作される複数の表示領域を有し、前
記予告再更新制御手段は、前記予告再更新制御を実行す
る場合において、前記複数の表示領域のうちの2以上で
同時に前記識別情報の更新動作を一旦停止させて、該一
旦停止させた表示領域を前記予告表示態様とする。
【0103】(4) 前記再更新制御手段は、前記可変
表示装置の結果を導出表示させる前に前記予告再更新制
御を連続して2回実行する場合において、1回目の前記
予告再更新制御の実行により一旦表示される予告表示態
様を所定の事前予告表示態様として、次回、前記識別情
報の更新動作が停止した時の可変表示装置の表示態様が
所定の最終予告表示態様となることを予告し、2回目の
前記予告再更新制御の実行により一旦表示される予告表
示態様を前記最終予告表示態様として、次回、前記識別
情報の更新動作が停止した時の可変表示装置の表示結果
が特定の表示態様となることを予告することが可能であ
る。
【0104】(5) 遊技制御部11により、遊技状態
を制御する遊技制御手段が構成されている。特別図柄表
示装置4により、前記可変表示装置は、表面に前記複数
種類の識別情報が付されたドラムからなることが開示さ
れている。図2に示す特別図柄のうち、数字図柄とフル
ーツ図柄と英字図柄(BAR、BAR−BAR)とによ
り当り識別情報が構成されている。大当り状態により、
遊技者にとって有利な特定遊技状態が構成されている。
確率変動状態により、前記特定遊技状態とは異なる遊技
者にとって有利な特別遊技状態が構成されている。特別
図柄表示領域4a〜4cにより、複数種類の識別情報を
可変表示(変動表示)可能な複数の可変表示部が構成さ
れている。遊技制御部11により、当りとするかはずれ
とするかを決定する決定手段が構成されている。また、
遊技制御部11により、前記決定手段の決定に従い、可
変表示装置の表示結果として導出表示させる表示態様を
決定する表示態様決定手段が構成されている。表示制御
部13により、前記可変表示装置を表示制御する可変表
示制御手段が構成されている。
【0105】(6) 今回開示された実施の形態はすべ
ての点で例示であって制限的なものではないと考えられ
るべきである。本発明の範囲は上記した説明ではなくて
特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等
の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが
意図される。
【0106】
【発明の効果】以上のように、本発明によれば、可変表
示装置の表示結果が特定の表示態様となることに対する
遊技者の期待感を複数段階に亘って段階的に高めていく
ことができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】 本発明におけるパチンコ遊技機の正面図であ
る。
【図2】 ドラムに付される特別図柄の種類を説明する
ための図である。
【図3】 遊技制御部におけるシステム構成例を示すブ
ロック図である。
【図4】 コマンドの出力態様を説明するためのタイミ
ングチャートである。
【図5】 遊技制御部における処理動作例を示すフロー
チャートである。
【図6】 特別図柄プロセス処理における処理例を示す
フローチャートである。
【図7】 有効ラインを説明するための特別図柄表示領
域の拡大図である。
【図8】 特別図柄可変表示装置の斜視図である。
【図9】 ドラムの分解斜視図である。
【図10】 ドラムの側面図である。
【図11】 有効ライン振分けテーブルデータの一例を
示す図である。
【図12】 特別図柄の変動パターンを説明するための
タイミングチャートである。
【図13】 第1チャンス目、第2チャンス目の具体例
を説明するための説明図である。
【図14】 第1チャンス目、第2チャンス目の具体例
を説明するための説明図である。
【図15】 チャンス目設定処理の内容を説明するため
のフローチャートである。
【図16】 チャンス目設定処理に用いられるテーブル
を示す図である。
【符号の説明】
1 パチンコ遊技機(遊技機)、4 特別図柄表示装
置、4a,4b,4c特別図柄表示領域、11 遊技制
御部(遊技制御基板)、13 表示制御部(表示制御基
板)、40a,40b,40c ドラム、592a,5
92b ドラムランプ。
───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 河村 博史 群馬県桐生市境野町6丁目460番地 株式 会社三共内 (72)発明者 根岸 真澄 群馬県桐生市境野町6丁目460番地 株式 会社三共内 Fターム(参考) 2C088 AA34 EB60

Claims (5)

    【特許請求の範囲】
  1. 【請求項1】 表示状態が変化可能な可変表示装置を有
    し、当該可変表示装置に表示される識別情報の表示結果
    が予め定められた特定の表示態様となった場合、遊技に
    際して遊技者側に有利となる特定遊技状態を発生させる
    遊技機であって、 前記可変表示装置に表示される識別情報の表示過程およ
    び表示結果を決定するための抽選を行なう抽選手段と、 該抽選手段による抽選結果に基づいて、識別情報の最終
    的な表示結果である最終表示態様を決定する最終表示態
    様決定手段と、 該最終表示態様決定手段によって決定された最終表示態
    様で識別情報を停止させるまでの間、当該識別情報を、
    次の動作を予告するための所定の予告表示態様で一旦仮
    停止した後、再び変動表示を行なう予告再変動表示を、
    複数回実行する予告再変動実行手段とを備えることを特
    徴とする、遊技機。
  2. 【請求項2】 前記予告再変動実行手段は、識別情報の
    表示結果が特定の表示態様となる可能性の度合いを示す
    最終予告表示態様の仮停止表示前に、事前予告表示態様
    により仮停止表示を行なうことを特徴とする、請求項1
    に記載の遊技機。
  3. 【請求項3】 表示状態が変化可能な可変表示装置を有
    し、当該可変表示装置に表示される識別情報の表示結果
    が予め定められた特定の表示態様となった場合、遊技に
    際して遊技者側に有利となる特定遊技状態を発生させる
    遊技機であって、 前記可変表示装置に表示される識別情報の表示過程およ
    び表示結果を決定するための抽選を行なう抽選手段と、 該抽選手段による抽選結果に基づいて、識別情報の最終
    的な表示結果である最終表示態様を決定する最終表示態
    様決定手段と、 該最終表示態様決定手段によって決定された最終表示態
    様で識別情報を停止させるまでの間、当該識別情報を、
    所定の予告表示態様で仮停止する旨を予告する第1の表
    示態様で一旦仮停止した後、再び変動表示を行なう再変
    動表示を実行する第1再変動表示実行手段と、 該第1再変動表示実行手段により再変動表示した後、識
    別情報の表示結果が特定の表示態様となる可能性の度合
    いを示す最終予告表示態様で仮停止する旨を予告する第
    2の表示態様で一旦仮停止した後、再び変動表示を行な
    う再変動表示を実行する第2再変動表示実行手段とを備
    えることを特徴とする、遊技機。
  4. 【請求項4】 識別情報の表示結果が特定の表示態様と
    なる可能性は、最終予告表示態様における識別情報の種
    類により決定することを特徴とする、請求項2または請
    求項3に記載の遊技機。
  5. 【請求項5】 識別情報の表示結果が特定の表示態様と
    なる可能性は、最終予告表示態様において、複数の表示
    領域に表示される特定識別情報の数により決定すること
    を特徴とする、請求項2または請求項3に記載の遊技
    機。
JP2000232517A 2000-07-31 2000-07-31 遊技機 Expired - Fee Related JP4623805B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000232517A JP4623805B2 (ja) 2000-07-31 2000-07-31 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000232517A JP4623805B2 (ja) 2000-07-31 2000-07-31 遊技機

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010134267A Division JP5165026B2 (ja) 2010-06-11 2010-06-11 遊技機

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2002045492A5 JP2002045492A5 (ja) 2002-02-12
JP2002045492A true JP2002045492A (ja) 2002-02-12
JP4623805B2 JP4623805B2 (ja) 2011-02-02

Family

ID=18725191

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000232517A Expired - Fee Related JP4623805B2 (ja) 2000-07-31 2000-07-31 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4623805B2 (ja)

Cited By (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004135889A (ja) * 2002-10-17 2004-05-13 Daiman:Kk 遊技機
JP2005040535A (ja) * 2003-07-25 2005-02-17 Newgin Corp 遊技機
JP2005040534A (ja) * 2003-07-25 2005-02-17 Newgin Corp 遊技機
JP2005253530A (ja) * 2004-03-09 2005-09-22 Sankyo Kk 遊技機
JP2005253877A (ja) * 2004-03-15 2005-09-22 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2006149783A (ja) * 2004-11-30 2006-06-15 Aruze Corp 遊技機及びシミュレーションプログラム
JP2007159992A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機及び遊技用プログラム
JP2007159780A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2007159999A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機及び遊技用プログラム
JP2007159778A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2007159993A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機及び遊技用プログラム
JP2007159777A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2008073554A (ja) * 2007-12-10 2008-04-03 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008194391A (ja) * 2007-02-15 2008-08-28 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2008194390A (ja) * 2007-02-15 2008-08-28 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2008279293A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008279290A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008279291A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008279292A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008307400A (ja) * 2008-08-28 2008-12-25 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2009090153A (ja) * 2009-02-05 2009-04-30 Ace Denken Co Ltd 遊技機
JP2009172278A (ja) * 2008-01-28 2009-08-06 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010046274A (ja) * 2008-08-21 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010115325A (ja) * 2008-11-12 2010-05-27 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2011098242A (ja) * 2011-02-24 2011-05-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012075625A (ja) * 2010-09-30 2012-04-19 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2012157730A (ja) * 2012-04-24 2012-08-23 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2013090981A (ja) * 2013-02-20 2013-05-16 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2013154209A (ja) * 2013-04-08 2013-08-15 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014039842A (ja) * 2013-09-26 2014-03-06 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP2014046172A (ja) * 2012-09-04 2014-03-17 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP2014128569A (ja) * 2013-10-08 2014-07-10 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2015077470A (ja) * 2015-01-23 2015-04-23 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015157112A (ja) * 2015-04-30 2015-09-03 株式会社三共 遊技機
JP2016073844A (ja) * 2016-01-15 2016-05-12 株式会社三共 遊技機
JP2016182508A (ja) * 2016-07-28 2016-10-20 株式会社ニューギン 遊技機
JP2017070778A (ja) * 2016-12-05 2017-04-13 京楽産業.株式会社 遊技機

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000061080A (ja) * 1998-08-21 2000-02-29 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ機
JP2000107373A (ja) * 1998-10-02 2000-04-18 Sankyo Kk 遊技機

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000061080A (ja) * 1998-08-21 2000-02-29 Maruhon Ind Co Ltd パチンコ機
JP2000107373A (ja) * 1998-10-02 2000-04-18 Sankyo Kk 遊技機

Cited By (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2004135889A (ja) * 2002-10-17 2004-05-13 Daiman:Kk 遊技機
JP4495930B2 (ja) * 2003-07-25 2010-07-07 株式会社ニューギン 遊技機
JP2005040535A (ja) * 2003-07-25 2005-02-17 Newgin Corp 遊技機
JP2005040534A (ja) * 2003-07-25 2005-02-17 Newgin Corp 遊技機
JP2005253530A (ja) * 2004-03-09 2005-09-22 Sankyo Kk 遊技機
JP4485226B2 (ja) * 2004-03-09 2010-06-16 株式会社三共 遊技機
JP2005253877A (ja) * 2004-03-15 2005-09-22 Okumura Yu-Ki Co Ltd パチンコ機
JP2006149783A (ja) * 2004-11-30 2006-06-15 Aruze Corp 遊技機及びシミュレーションプログラム
JP2007159780A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2007159778A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2007159777A (ja) * 2005-12-13 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP2007159993A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機及び遊技用プログラム
JP2007159999A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機及び遊技用プログラム
JP2007159992A (ja) * 2005-12-16 2007-06-28 Aruze Corp 遊技機及び遊技用プログラム
JP2008194391A (ja) * 2007-02-15 2008-08-28 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2008194390A (ja) * 2007-02-15 2008-08-28 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2008073554A (ja) * 2007-12-10 2008-04-03 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2009172278A (ja) * 2008-01-28 2009-08-06 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2010046274A (ja) * 2008-08-21 2010-03-04 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2008279291A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008279292A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008279293A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008279290A (ja) * 2008-08-28 2008-11-20 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2008307400A (ja) * 2008-08-28 2008-12-25 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2010115325A (ja) * 2008-11-12 2010-05-27 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2009090153A (ja) * 2009-02-05 2009-04-30 Ace Denken Co Ltd 遊技機
JP2012075625A (ja) * 2010-09-30 2012-04-19 Sammy Corp 弾球遊技機
JP2011098242A (ja) * 2011-02-24 2011-05-19 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2012157730A (ja) * 2012-04-24 2012-08-23 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014046172A (ja) * 2012-09-04 2014-03-17 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP2013090981A (ja) * 2013-02-20 2013-05-16 Sanyo Product Co Ltd 遊技機
JP2013154209A (ja) * 2013-04-08 2013-08-15 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2014039842A (ja) * 2013-09-26 2014-03-06 Kyoraku Sangyo Co Ltd 遊技機
JP2014128569A (ja) * 2013-10-08 2014-07-10 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2015077470A (ja) * 2015-01-23 2015-04-23 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015157112A (ja) * 2015-04-30 2015-09-03 株式会社三共 遊技機
JP2016073844A (ja) * 2016-01-15 2016-05-12 株式会社三共 遊技機
JP2016182508A (ja) * 2016-07-28 2016-10-20 株式会社ニューギン 遊技機
JP2017070778A (ja) * 2016-12-05 2017-04-13 京楽産業.株式会社 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP4623805B2 (ja) 2011-02-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP3200576B2 (ja) スロットマシン
JP4198924B2 (ja) 遊技機およびその制御方法
JP4197405B2 (ja) 遊技システム
JP4721427B2 (ja) スロットマシン
JP4331435B2 (ja) スロットマシン
JP4817295B2 (ja) スロットマシン
US8702487B2 (en) Gaming machine having a game outcome determined by group association
JP2005278825A (ja) スロットマシン
JP2004033569A (ja) 遊技機
JP2004173950A (ja) 遊技機および遊技プログラム
JP4579499B2 (ja) 遊技機
JP2005013618A (ja) スロットマシン
JP5013390B2 (ja) スロットマシン
JP2005080784A (ja) 遊技機
JP2004000801A (ja) スロットマシン
JP2004261400A (ja) 遊技機
JP5046358B2 (ja) スロットマシン
JP4836224B2 (ja) スロットマシン
JP2004229764A (ja) 遊技機
JP2000140207A (ja) 遊技機
JP2006141654A (ja) スロットマシン
US20060287057A1 (en) Gaming system and gaming machine
JP4247366B2 (ja) 遊技機
JP4417612B2 (ja) スロットマシン
JP2003220239A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070614

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090312

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100413

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100611

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100727

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100909

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101026

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101102

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4623805

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131112

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131112

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees