JP2007159993A - 遊技機及び遊技用プログラム - Google Patents

遊技機及び遊技用プログラム Download PDF

Info

Publication number
JP2007159993A
JP2007159993A JP2005363744A JP2005363744A JP2007159993A JP 2007159993 A JP2007159993 A JP 2007159993A JP 2005363744 A JP2005363744 A JP 2005363744A JP 2005363744 A JP2005363744 A JP 2005363744A JP 2007159993 A JP2007159993 A JP 2007159993A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
symbol
display
displayed
development
sub
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2005363744A
Other languages
English (en)
Inventor
Tomohiro Nakamura
友宏 中村
Masaaki Misawa
正明 三澤
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Universal Entertainment Corp
Original Assignee
Aruze Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Aruze Corp filed Critical Aruze Corp
Priority to JP2005363744A priority Critical patent/JP2007159993A/ja
Publication of JP2007159993A publication Critical patent/JP2007159993A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】副図柄を用いて遊技の興趣の向上を図ることが可能な遊技機及び遊技用プログラム遊技機を提供する。
【解決手段】パチンコ遊技機における表示部16aには、3行3列の図柄表示領域があり、そのそれぞれに装飾図柄が表示される。また、図柄表示領域に停止表示される副図柄の組合せが大当り判定に基づいて決定されるから、大当りの場合とはずれの場合とで停止表示される副図柄の組合せが変わりえる。これにより、複数の図柄表示領域に停止表示される副図柄の組合せによって大当り期待度が報知される。
【選択図】図21

Description

本発明は、通常遊技状態と遊技者にとって有利な特定遊技状態で遊技を行えるパチンコ遊技機などの遊技機及び遊技用プログラムに関する。
従来、パチンコ遊技機などの遊技機においては、遊技者の興味を増加させるために、通常の遊技を行える通常遊技状態のほか、通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り遊技状態、大当りともいう)で遊技を行えることがある。遊技状態が特定遊技状態に移行すると、賞球をより多く得やすくなることから、遊技者は、通常遊技状態から特定遊技状態に移行することを目指して遊技を行い、興味を増大させるものである。
この種のパチンコ遊技機では、複数の図柄が変動表示される表示手段(表示装置)を備え、この表示装置に表示された図柄の組合せ(停止表示態様)が、特定の図柄の組合せとなったときに特定遊技状態に移行するようになっている。そして、遊技の興趣を向上させるために、特定のはずれ図柄(発展図柄、副図柄)の組合せ(発展組合せ態様)を一旦停止表示させた後に、再び図柄の変動表示を行うものが知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2005−40535号公報
しかしながら、上記特許文献に記載の遊技機では、発展図柄が発展組合せ態様として揃えば、図柄の再変動やリーチ演出を行い大当りのチャンスとなるが、発展図柄が停止表示されても、発展組合せ態様として揃わなければ、大当りのチャンスを示すものとしての意味が無くなってしまい、遊技の興趣の向上を図ることができなかった。
本発明は、このような課題を解決するために成されたものであり、副図柄を用いて遊技の興趣の向上を図ることが可能な遊技機及び遊技用プログラムを提供することを目的とする。
本発明による遊技機は、通常遊技状態から通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な大当り遊技状態に移行させるか否かの大当り判定を行う大当り遊技状態移行判定手段と、所定の演出から発展表示される特定発展演出を含む演出を複数記憶する演出記憶手段と、大当り遊技状態に移行することを報知することに用いる主図柄と、特定発展演出を表示することを報知することに用いる副図柄と、を少なくとも含む識別図柄を表示する複数の図柄表示領域を有する表示手段と、演出記憶手段に記憶された複数の演出から、表示手段に表示する演出を決定する演出決定手段と、表示手段に表示する識別図柄を変動表示及び停止表示させる表示制御を行うと共に、演出決定手段によって決定された演出の表示制御を行う表示制御手段と、演出決定手段によって特定発展演出が決定された場合に、副図柄の組合せ態様として、特定発展演出を表示することを事前に報知する発展組合せ態様を表示させるか否かを判定する発展判定手段と、大当り遊技状態移行判定手段によって判定された判定結果に基づいて、複数の表示領域に停止表示させる副図柄の停止組合せを決定する副図柄停止組合せ決定手段と、発展判定手段により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に副図柄の発展組合せ態様を決定し、発展判定手段により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、大当り遊技状態移行判定手段によって判定された判定結果に基づいて、発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定手段と、を備え、表示制御手段は、副図柄組合せ態様決定手段によって決定された副図柄の組合せ態様を複数の図柄表示領域に表示させることを特徴としている。
このような遊技機によれば、複数の図柄表示領域に停止表示される副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定手段を備え、大当り遊技状態移行判定手段による大当り判定に基づいて、副図柄の組合せ態様を決定することができる。これにより、大当り遊技状態に移行させる場合(大当りの場合)と、大当り遊技状態に移行させない場合(はずれの場合)とで、停止表示させる副図柄の組合せ態様を変化させることが可能となる。このため、複数の図柄表示領域に停止表示される副図柄の組合せ態様によって、大当り期待度を報知させることができる。これにより、副図柄の発展組合せ態様が表示されない場合であっても副図柄の役割を高めることができると共に、遊技者の大当りに対する期待を増大させることが可能となり、副図柄を用いて、遊技の興趣の向上を図ることができる。
また、副図柄組合せ態様決定手段は、発展判定手段により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に、副図柄の発展組合せ態様を決定することができる。これにより、例えば、同一ライン上の図柄表示領域に副図柄が揃った場合を、副図柄の発展組合せ態様とすることで、副図柄揃った場合に特定発展演出に発展させることが可能となる。また、副図柄組合せ態様決定手段は、発展判定手段により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様を決定することができる。これにより、例えば、同一ライン上の図柄表示領域に副図柄が揃わない場合であっても、特定発展演出に発展させることが可能となる。このため、遊技者の大当りに対する期待を増大させることができ、副図柄を用いて遊技の興趣の向上を図ることが可能となる。なお、ここで言う「大当り期待度」とは、「副図柄の表示態様」の表示後における大当り遊技状態への移行し易さを表現するものであり、大当り期待度が高いほど、大当り遊技状態へ移行する確率が高くなる。また、「停止表示」とは、一旦停止される仮停止表示も含むものである。
ここで、複数種類の副図柄を記憶する副図柄記憶手段を備え、演出記憶手段は、副図柄の種類に対応する複数種類の特定発展演出を記憶し、副図柄組合せ態様決定手段は、演出決定手段によって決定された特定発展演出の種類に対応する副図柄から構成された発展組合せ態様を決定することが好ましい。
これにより、停止表示された副図柄の種類に対応した特定発展演出を実行することができる。このため、副図柄に対する遊技者の興味を増大させて、遊技の興趣の向上をより一層図ることができる。
また、本発明による遊技用プログラムは、通常遊技状態から通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な大当り遊技状態に移行させるか否かの大当り判定を行う大当り遊技状態移行判定機能と、所定の演出から発展表示される特定発展演出を含む演出を複数記憶する演出記憶機能と、演出記憶機能に記憶された複数の演出から、表示手段に表示する演出を決定する演出決定機能と、大当り遊技状態に移行することを報知することに用いる主図柄と、特定発展演出を表示することを報知することに用いる副図柄と、を少なくとも含む識別図柄を表示する複数の図柄表示領域を有する表示手段に表示する識別図柄を変動表示及び停止表示させる表示制御を行うと共に、演出決定機能によって決定された演出の表示制御を行う表示制御機能と、演出決定機能によって特定発展演出が決定された場合に、副図柄の組合せ態様として、特定発展演出を表示することを事前に報知する発展組合せ態様を表示させるか否かを判定する発展判定機能と、複数の表示領域に停止表示させる副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定機能と、をコンピュータに実現させる遊技用プログラムであって、副図柄組合せ態様決定機能は、発展判定機能により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に、副図柄の発展組合せ態様を決定し、発展判定機能により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に大当り遊技状態移行判定機能によって判定された判定結果に基づいて、発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様を決定し、表示制御機能は、副図柄組合せ態様決定機能によって決定された副図柄の組合せ態様を複数の図柄表示領域に表示させることをコンピュータに実現させることを特徴としている。
このような遊技用プログラムによれば、複数の図柄表示領域に停止表示される副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定機能を備え、大当り遊技状態移行判定機能による大当り判定に基づいて、副図柄の組合せ態様を決定することができる。これにより、大当り遊技状態に移行させる場合(大当りの場合)と、大当り遊技状態に移行させない場合(はずれの場合)とで、停止表示させる副図柄の組合せ態様を変化させることが可能となる。このため、複数の図柄表示領域に停止表示される副図柄の組合せ態様によって、大当り期待度を報知させることができる。これにより、副図柄の発展組合せ態様が表示されない場合であっても副図柄の役割を高めることができると共に、遊技者の大当りに対する期待を増大させることが可能となり、副図柄を用いて、遊技の興趣の向上を図ることができる。
また、副図柄組合せ態様決定機能は、発展判定機能により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に、副図柄の発展組合せ態様を決定することができる。これにより、例えば、同一ライン上の図柄表示領域に副図柄が揃った場合を、副図柄の発展組合せ態様とすることで、副図柄揃った場合に特定発展演出に発展させることが可能となる。また、副図柄組合せ態様決定機能は、発展判定機能により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様を決定することができる。これにより、例えば、同一ライン上の図柄表示領域に副図柄が揃わない場合であっても、特定発展演出に発展させることが可能となる。このため、遊技者の大当りに対する期待を増大させることができ、副図柄を用いて遊技の興趣の向上を図ることが可能となる。
本発明によれば、発展組合せ態様が表示されない場合であっても、停止表示された副図柄の停止組合せに応じて、大当り期待度を報知することができるため、副図柄を用いて、遊技の興趣の向上を図ることが可能な遊技機及び遊技用プログラムを提供することができる。
以下、本発明の好適な実施形態について図面を参照しながら説明する。なお、図面の説明において、同一または相当要素には同一の符号を付し、重複する説明は省略する。図1は本発明の第一の実施形態に係るパチンコ遊技機を正面側から示す斜視図、図2は図1に示すパチンコ遊技機の分解斜視図、図3は図1に示すパチンコ遊技機を背面側から示す斜視図、図4は図2に示す遊技盤の正面図、図5は図1に示すパチンコ遊技機の部分断面図である。
(遊技機の構成)
図1に示すパチンコ遊技機1は、遊技場(ホール)の所定の設置枠に収容されて設置される外枠2を備えている。外枠2の正面側には、外枠2に対して回動可能に設けられたベースドア(内枠)3が配設され、ベースドア3内には、図2に示す遊技盤4が組み込まれている。また、外枠2の正面には、フロント扉5が設けられている。フロント扉5は、遊技盤4の正面を覆うとともに、ベースドア3の正面側に回動可能に設置されている。
また、パチンコ遊技機1には、プリペイドカードなどが挿入されると、当該プリペイドカードの残高に応じて、遊技球が貸し出されるように構成されたカードユニット84が隣接して併設されている。
フロント扉5は、その中央の略全域にガラス板5aを備え、その内側の遊技盤4が視認可能な構成とされている。フロント扉5の下部には、カードユニット84のカード返却操作や遊技球の貸し出し(玉貸し)操作等を行う玉貸し操作関連ボタンを有する玉貸し操作パネル28が設けられている。また、この玉貸し操作パネル28には、所定の操作を行う決定ボタン20aおよび選択ボタン20b,20cが設けられている。
また、フロント扉5の下側には、外枠2に対して開閉可能な皿パネル6が設置されている。この皿パネル6の正面側には、カードユニット84により貸し出された遊技球および後述する入賞口に入球した場合に払い出される遊技球を受け止める上皿6aと、この上皿6aの満杯時に球出口6dの内方で溢れた遊技球を受け止める下皿6bと、この下皿6bの右側に設けられた発射ハンドル6cと、が配置されている。
発射ハンドル6cは、上皿6aに受け止められている遊技球を発射するためのもので、皿パネル6に対して回動自在に設けられ、遊技者は発射ハンドル6cを操作することによりパチンコ遊技を進めることができる。この発射ハンドル6cが遊技者によって握持され、かつ、時計回り方向へ回動操作されたときに、その回動角度に応じて、発射ハンドル6cの背面側に設けられた発射モータに電力が供給され、遊技球が遊技盤4に順次発射される。
発射された遊技球は、図4に示すように、遊技盤4の左側に設けられたガイドレール7により案内され、遊技盤4の上部に移動し、その後、遊技釘8(図5参照)等との衝突によりその進行方向を変えながら遊技盤4の下方に向かって流下する。
遊技盤4には、遊技状態において遊技球が流下する領域となる遊技領域4a(図2参照)が形成されており、この遊技領域4a内に、遊技球の流下方向を変更させる多数の遊技釘が設けられている。また、図4に示すように、遊技領域4a上において、遊技盤面を左右に仕切る中心線上であって、高さ方向の中央部には始動入賞口9が設けられている。さらに、その中心線の左側であって高さ方向の中央部には、普通図柄作動ゲート10が設けられている。
さらに、始動入賞口9のやや下側位置に大入賞口11が設けられ、始動入賞口9の側方には、一般入賞口12a,12bが設けられている。また、遊技領域4aの中央部下端部には、アウト口13が設けられている。
始動入賞口9は、遊技球が入賞可能とされている。始動入賞口9には、始動入賞口スイッチ9S(図6)が設けられており、始動入賞口9に遊技球が入賞することにより、始動入賞口スイッチ9Sが遊技球を検出する。始動入賞口スイッチ9Sが遊技球を検出すると、主制御回路30におけるメインCPU31では、大当り判定するための大当り判定用乱数等の抽出を行う。
普通図柄作動ゲート10は、遊技球が通過可能とされており、遊技球が通過したことを条件として普通図柄当り判定用乱数を抽出するトリガーとなる通過ゲートとされている。この普通図柄当り判定用乱数の抽出により普通図柄の当り判定を行い、当り判定に当選した場合に、普通図柄Nに当り普通図柄を表示するとともに、始動入賞口9に具備されている1対の羽根が所定秒数の間開放する。
大入賞口11は、いわゆるアタッカー式の開閉装置であり、上述した大当り判定用乱数に基づいて大当り判定を行い、特別図柄が大当りの表示結果となり、遊技状態が大当り状態となったときに、閉じているシャッタが所定の態様で開閉し、遊技球が入球(入賞)すると、所定数の遊技球(例えば15個)が賞球として払出されるトリガーとなる入賞口とされている。
一般入賞口12a,12bは、遊技球が入球(入賞)すると、所定数の遊技球(例えば10個)が賞球として払出されるトリガーとなる入賞口とされている。これらの一般入賞口12a,12bは、透光性基板15に設けられている。
一般入賞口12a,12bは、遊技球が入球(入賞)すると、所定数の遊技球(例えば10個)が賞球として払出されるトリガーとなる入賞口とされている。
アウト口13は、始動入賞口9、大入賞口11、一般入賞口12a,12bなどの何れにも入球しなかった遊技球を受け入れるものである。
また、遊技盤4は、図5に示すように、透光性を有する透光性基板15からなっている。この透光性基板15は、たとえばポリカーボネートなどの合成樹脂あるいはその他の透明な部材(透光性部材)で形成された透明部を有している。ここで、「透明な部材」とは、その部材を通して対象を視認可能な程度に光透過率が高いものをいう。本実施形態の遊技領域4aはその大半が透明遊技領域となっている。この透光性基板15には、遊技釘8が少なくともその先端部を埋設されて固定され、この透光性基板15とフロント扉5のガラス板5aにより形成された領域が遊技領域4aとなっている。そして、図2および図5に示すように、この透光性基板15の背面側に各種の画像を表示する大画面の表示領域16aを備えた表示手段である液晶表示装置16が配置されている。液晶表示装置16に表示された画像は、透光性基板15の略中央の遊技釘8が設けられていない部分と、その周辺の遊技釘8が設けられている部分を通して、遊技者がパチンコ遊技機1の正面側から視認できるようになっている。
この表示領域16aには、図4に示すように、9つの図柄表示領域E1〜E9が設定され、各図柄表示領域には、本発明の識別図柄となる装飾図柄D1〜D9がそれぞれ可変表示および停止表示される。装飾図柄D1〜D9が停止表示された際には、それぞれ本発明の主図柄である「7」の数字を模した図柄、本発明の副図柄である「軍配」「酒樽」「手形」「扇子」「小槌」を模した図柄(発展図柄)、およびその他の桜の花びらを模したブランク図柄がそれぞれ設定されている。装飾図柄が変動表示される際には、図柄表示領域E1〜E9ごとにそれぞれ設定されたこれらの主図柄、装飾図柄、およびブランク図柄の配列の順番でそれぞれ表示される。各図柄表示領域E1〜E9の表示される各識別図柄の表示順序などについては、のちに説明する。また、表示領域16aには、装飾図柄Dの他にも、背景画像、キャラクタ画像等が表示される。
さらに、パチンコ遊技機1は、図2に示すように、液晶表示装置16の上方に、所定の遊技状態となったことを遊技者に報知する効果音や音声などを出力するスピーカ18L,18R、図4に示すように、遊技盤4の下部に、所定の遊技状態となったことを所定のパターンで点灯・消灯することによって報知する装飾ランプ19L,19R、上述したカードユニット84により貸し出された遊技球および始動入賞口9、大入賞口11、一般入賞口12a〜12dにより賞球された遊技球を上皿6aに払い出す払出装置81(図6参照)等を具備している。
また、パチンコ遊技機1の背面側には、図3に示すように、遊技者にとって有利な特定遊技状態(大当り遊技状態)に移行するか否かを判定する主制御回路30を備える主制御基板21、映像および音声等の演出を制御する副制御回路40を備える副制御基板22、遊技球の払出・発射を制御する払出・発射制御回路80を備える払出・発射制御基板23、電源を供給する電源供給ユニット24、電源スイッチ25、およびバックアップクリアスイッチ26が、それぞれ配置されている。
さらに、図4に示すように、遊技領域4aの上部には、特別図柄を変動表示させる保留球数(特別図柄保留球数)を報知する4つの特別図柄保留ランプR1〜R4が設けられており、左側の2つの特別図柄保留ランプR1,R2と右側の2つの特別図柄保留ランプR3,R4との間には、特別図柄Jおよび普通図柄Nを表示する図柄表示装置16bが設けられている。特別図柄Jは、大当りか否の判定の結果を示す図柄であり、特別図柄Jとしては、「F」、「A」、「H」、「−」の4種類の図柄が表示される。また、図柄表示装置16bは、特別図柄Jの表示位置の側方に配置されたLEDランプを有し、普通図柄Nは、LEDランプの色によって表示される。さらに、図柄表示装置16bと表示領域16aの間には、普通図柄を変動表示させる保留球数(普通図柄保留球数)を報知する普通図柄保留ランプr1〜r4が設けられている。
これらの特別図柄Jのうち、「F」、「A」、「H」が大当り特別図柄となる。特に、「F」は、15R継続確変大当り特別図柄、「H」は、2R継続確変大当り図柄、「A」は、通常大当り特別図柄となる。また、「−」ははずれ特別図柄となる。さらに、普通図柄Nとしては、LEDランプが赤く点灯したときにはずれ普通図柄となり、緑色に点灯したときに当り普通図柄となる。
表示領域16aに停止表示される装飾図柄Dは、特別図柄Jに対応しており、特別図柄Jが「F」、「A」である場合には、図柄表示領域E1〜E9の組み合わせにより設定されている後述する成立ラインL1〜L9の各図柄表示領域に「7」の主図柄が停止表示されるか、すべての図柄表示領域E1〜E9に副図柄が停止表示される。また、特別図柄Jが「−」「H」である場合には、その他の態様で各図柄表示領域E1〜E9に装飾図柄D1〜D9が停止表示される。さらに、特別図柄Jが「F」、「A」のいずれかである場合、主人公と対戦相手とが相撲の勝敗を模したアニメーションが表示され、「F」の場合には、主人公が勝利する表示がなされて確変大当りであることが報知され、「A」の場合には、対戦相手が勝利する表示がなされて通常大当りであることが報知される。
図6は、図1〜図5に示すパチンコ遊技機1の内部の構成を中心に示すブロック構成図である。パチンコ遊技機1は、上述した主制御回路30、副制御回路40、払出・発射制御回路80、電源供給ユニット24を中心に複数の構成要素を有し、この電源供給ユニット24は、主制御回路30、副制御回路40および払出・発射制御回路80にそれぞれ接続され各々への電力供給が可能とされている。主制御回路30は、1チップマイコンより構成されているメインCPU(Central Processing Unit)31、メインROM(Read Only Memory)32およびメインRAM(Random Access Memory)33を有し、他に初期リセット回路34とコマンド出力ポート35を有している。
メインCPU31は、後述するカウントスイッチ11CSなどから遊技球の検出信号を入力する一方、メインROM32に記憶されている制御プログラムにしたがい作動して、パチンコ遊技機1における大当り抽選や、賞球排出といったパチンコ遊技機1全体の動作制御を司り、コマンド出力ポート35を介して副制御回路40に各種のコマンドを送信する。メインCPU31は、大当り抽選の結果や遊技状態の消化などにより、通常遊技状態と通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な特定遊技状態である大当り遊技状態との間を移行制御している。ここで、メインCPU31は、大当り遊技状態移行手段を構成しており、大当り抽選に当選することが、通常遊技状態から大当り遊技状態への移行を行う移行条件となる。
また、遊技状態としては、通常遊技状態および大当り遊技状態のほか、通常遊技状態よりも大当り遊技状態に移行しやすい優遇通常遊技状態が設定されている。この優遇通常遊技状態として、具体的には、確変遊技状態および時短遊技状態が設定されている。確変遊技状態では、通常遊技状態よりも、メインCPU31における大当り抽選の当選確率を高く設定して、大当り遊技状態に移行しやすくしている。また、時短遊技状態では、通常遊技状態よりも普通図柄の変動時間を短縮する。こうして、始動入賞口9の羽根9aを開きやすくし、場合によっては普通図柄の当選確率を高く設定して、さらに始動入賞口9の羽根9aを開きやすくして始動入賞口9への入賞割合を高めている。こうして、短時間で多くの大当り抽選を行うことを可能とすることにより、結果として大当り遊技状態に移行しやすくしている。なお、通常遊技状態とは、大当り遊技状態および優遇通常遊技状態のいずれにもなっていない遊技状態を意味する。また、優遇通常遊技状態としては、確変遊技状態と時短遊技状態とが同時に進行する場合もあり、確変遊技状態または時短遊技状態のみが進行する場合もある。
メインCPU31は、確変大当り遊技状態が終了した後は遊技状態を確変遊技状態と時短遊技状態とに移行させ、通常大当り遊技状態が終了した後は遊技状態を時短遊技状態へと移行させる。この確変大当り遊技状態が特別大当り遊技状態となる。確変遊技状態では、次に大当り抽選に当選するまで確変遊技状態が継続し、時短遊技状態では、次に大当り抽選に当選するか、所定回数、たとえば100回の特別図柄の変動表示が終了するまで時短遊技状態が継続する。メインCPU31は、時短遊技状態で大当り抽選に当選した場合には、遊技状態を大当り遊技状態に移行させ、所定回数の特別図柄の変動が終了した場合には、遊技状態を通常遊技状態に移行させる。なお、確変遊技状態も所定回数の特別図柄の変動表示が終了すると、確変遊技状態も通常遊技状態に移行させてもよい。このように、メインCPU31では、通常遊技状態、確変遊技状態、および時短遊技状態のいずれに移行するかを制御している。
また、メインROM32には、メインCPU31が実行する制御プログラムと、恒久的なデータが記憶されている。具体的には、図7(a)に示す特別図柄決定テーブル、図7(b)に示す変動パターンテーブル等が記憶されている。さらに、メインRAM33は、メインCPU31が作動する際に用いるデータやプログラムが一時的に記憶されるようになっている。このメインRAM33に、図柄指定コマンドおよび変動パターンコマンドなどの各種コマンドを副制御回路40に送信するための送信バッファが設けられている。
メインCPU31は、図7(a)に示す特別図柄決定テーブルから選択された特別図柄を図柄表示装置16bに表示させる。メインCPU31は、大当り判定用乱数カウンタを用いて行われる大当り抽選の結果を特別図柄決定テーブルに参照して特別図柄を決定する。また、始動入賞口スイッチ9Sが遊技球の入賞を検出して検出信号を送信し、主制御回路30がその検出信号を受信したときに行われる大当り抽選では、大当り図柄抽選も同時に行っている。大当り図柄抽選では、大当り図柄決定用乱数(0〜9)から1つを取得する。ここで取得された乱数が0〜5の場合には、確変大当りであり、継続ラウンド数が15となる図柄「F」を選択して図柄表示装置16bに表示させる。また、取得された乱数が6〜7の場合には、確変大当りであり、継続ラウンド数が2ラウンドとなる図柄「A」を選択して図柄表示装置16bに表示させる。さらに、取得された乱数が8〜9の場合には、通常大当りであり、継続ラウンド数が15ラウンドとなる図柄「H」を選択して図柄表示装置16bに表示させる。なお、大当り図柄抽選は、大当り抽選によって大当りと判定された際に行う態様とすることもできる。
また、大当り抽選に落選してはずれが選択された場合には、特別図柄決定テーブルから「−」を選択し、図4および図6に示す図柄表示装置16bに特別図柄として表示させる。この場合、取得された大当り図柄決定用乱数は不要となるので破棄される。
さらに、メインCPU31は、選択された図柄に基づいて、図柄指定コマンドを決定する。具体的に、選択された図柄が「−」である場合には、図柄指定コマンドをz3と決定する。また、選択された図柄が「F」である場合には、図柄指定コマンドをz0と決定する。さらに、選択された図柄が「A」である場合には、図柄指定コマンドをz1と決定する。そして、選択された図柄が「H」である場合には、図柄指定コマンドをz2と決定する。主制御回路30は、メインCPU31で決定した図柄指定コマンドをメインRAM33に設けられた送信バッファにセットする。
また、メインCPU31は、図7(b)に示す変動パターンテーブルを参照して、変動パターンコマンドを決定する。そのため、上記の大当り抽選とはさらに別個に変動パターン決定抽選を行う。変動パターン決定抽選では、複数、たとえば0〜99の乱数から1つの変動パターン決定乱数を取得する。ここで取得された変動パターン決定乱数のほか、大当り抽選の当落、現在の遊技状態を図7(b)に示す変動パターンテーブル参照して変動パターンとして、変動パターンコマンドを決定するとともに、変動パターンコマンドに対応する変動時間および演出内容を決定する。主制御回路30は、メインCPU31で決定した変動パターンコマンドをメインRAM33に設けられた送信バッファにセットする。
具体的に、通常遊技状態中に大当り抽選に落選し、取得した変動パターン決定乱数が0〜74である場合、変動パターンコマンド「h0」を決定するとともに、演出内容として「通常変動」を決定する。また、取得した変動パターン決定乱数が75〜94である場合、変動パターンコマンド「h2」を決定するとともに、演出内容として「ノーマルリーチ」を決定する。さらに、取得した変動パターン決定乱数が95〜99である場合、変動パターンコマンド「h3」を決定するとともに、演出内容として「スーパーリーチ」を決定する。
また、時短遊技状態中または確変遊技状態中に大当り抽選に落選し、取得した変動パターン決定乱数が0〜74である場合、変動パターンコマンド「h1」を決定するとともに、演出内容として「短縮変動」を決定する。また、取得した変動パターン決定乱数が75〜94である場合、変動パターンコマンド「h2」を決定するとともに、演出内容として「ノーマルリーチ」を決定する。さらに、取得した変動パターン決定乱数が95〜99である場合、変動パターンコマンド「h3」を決定するとともに、演出内容として「スーパーリーチ」を決定する。
さらに、大当り抽選に当選し、選択された特別図柄が「F」または「H」であり、取得した変動パターン決定乱数が0〜19である場合、変動パターンコマンド「h4」を選択するとともに、演出内容として「ノーマルリーチ」を選択する。また、取得した変動パターン決定乱数が20〜99である場合、変動パターンコマンド「h5」を選択するとともに、演出内容として「スーパーリーチ」を選択する。また、さらに、大当り抽選に当選し、選択された特別図柄が「A」である場合には、取得した変動パターン決定乱数を破棄し、変動パターンコマンド「h6」を選択するとともに、演出内容として「突然大当り演出」を選択する。
メインRAM33は、送信バッファにセットされている図柄指定コマンドや変動パターン指定コマンドなどの各種コマンドをコマンド出力ポート35より、副制御回路40に送信する。初期リセット回路34は、リセット信号をメインCPU31に定期的に出力する。このリセット信号により、メインCPU31は制御プログラムの先頭から処理を実行する。
また、主制御回路30には、カウントスイッチ11CSをはじめとする各スイッチ等が接続されている。カウントスイッチ11CSは大入賞口11に入賞した遊技球の個数を計測し、計測結果を示す検出信号を主制御回路30に出力する。一般入賞口スイッチ12Sは各一般入賞口12a〜12dに入賞した遊技球の検出信号を主制御回路30に出力する。作動ゲートスイッチ10Sは普通図柄作動ゲート10を通過する遊技球の検出信号を主制御回路30に出力する。始動入賞口スイッチ9Sは始動入賞口9に入賞した遊技球の検出信号を主制御回路30に出力する。
始動口ソレノイド9Lは始動入賞口9に設けられた一対の羽根9a,9aを開閉させ、大入賞口ソレノイド11Lは大入賞口11に設けられたシャッタを開閉させる。バックアップクリアスイッチ26は、電断時等におけるバックアップデータを操作者の操作に応じてクリアする。
また、パチンコ遊技機1では、始動入賞口スイッチ9Sが遊技球の入賞を検出して検出信号を送信し、主制御回路30がその検出信号を受信したときに、主制御回路30におけるメインCPU31は、大当り抽選によって、はずれ、通常大当り、確変大当りを決定する。大当り抽選の結果、通常大当りまたは確変大当りが決定された場合には、遊技状態は通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な大当り遊技状態に移行する。このように、大当り遊技状態には通常大当り遊技状態と確変大当り遊技状態とがあり、このうちの確変大当り遊技状態が特別大当り遊技状態となる。また、検出信号に基づく大当り抽選の結果を報知する特別図柄の変動表示が行われている最中には、検出信号を最大4つ保留し、その保留球数と同数の特別図柄保留ランプR1〜R4を点灯させる。このような大当り抽選を行うメインCPU31は、大当り遊技状態移行判定手段を構成する。
さらに、大当り抽選の結果の大当りが通常大当りである場合は、大当り遊技状態終了後に、時短遊技状態に移行する。また、大当りが確変大当りである場合は、大当り遊技状態終了後に、確変遊技状態に移行する。一方、大当り抽選の結果がはずれとなった場合には、大入賞口11の開閉制御を行うことはないが、大当りとなった場合には、大入賞口11を開閉制御する。
副制御回路40は、主制御回路30からコマンドを入力し、その入力したコマンドにしたがい、液晶表示装置16を用いた識別図柄の可変表示、リーチ演出、予告演出といった演出に必要な制御を行う一方、所定の画像を液晶表示装置16に表示させる。また、副制御回路40は、スピーカ18L、18Rを用いた音声出力による演出や装飾ランプ19L、19Rを用いた点滅表示による演出を行うのに必要な制御も行う。
この副制御回路40は、サブCPU41を中心に構成され、サブROM42と、サブRAM43およびコマンド入力ポート48を有し、画像制御回路50と、音声制御回路60、およびランプ制御回路70を有している。
サブCPU41は、主制御回路30から入力したコマンドにしたがいサブROM42に記憶されているプログラムに沿った処理を実行し、画像制御回路50、音声制御回路60およびランプ制御回路70を作動させる。
サブROM42にはサブCPU41が実行するプログラムと、恒久的なデータが記憶されている。具体的には、図8に示す表示パターンテーブルや図11および図12に示す詳細表示パターン決定テーブル、図14に示す装飾図柄決定振分けテーブル等が記憶されている。さらに、サブRAM43はサブCPU41が作動する際に用いるデータやプログラムおよび主制御回路30から送信される図柄指定コマンドおよび変動パターンコマンドなどの各種コマンドを格納するための受信バッファが設けられている。サブCPU41は、演出決定手段、発展判定手段、副図柄停止個数決定手段、副図柄組合せ態様決定手段および特定発展演出表示前停止図柄決定手段を構成し、サブROM42は、演出記憶手段および副図柄記憶手段を構成する。
副図柄記憶手段は、複数種類の副図柄データを記憶している。本実施形態の副図柄記憶手段は、「軍配」、「酒樽」、「手形」、「扇子」、「小槌」を模した副図柄を記憶している。なお、副図柄の画像データ自体は、後述する画像データROM54aに記憶されている。
また、演出記憶手段は、副図柄記憶手段に記憶された副図柄の種類に対応して複数種類のスーパーリーチ演出(特定発展演出)を実行するため演出データを記憶している。本実施形態の演出記憶手段は、「軍配」を模した副図柄に対応し、「軍配」に関連する内容の「軍配リーチ」、「酒樽」を模した副図柄に対応し、「酒樽」に関連する内容の「酒樽リーチ」、「手形」を模した副図柄に対応し、「手形」に関連する内容の「手形リーチ」、「扇子」を模した副図柄に対応し、「扇子」に関連する内容の「扇子リーチ」、「小槌」を模した副図柄に対応し、「小槌」に関連する内容の「小槌リーチ」を実行するための演出データを記憶している。
また、サブCPU41は、本発明の演出決定手段として機能する。この演出決定手段は、演出記憶手段に記憶された複数種類の演出データから、実行する演出データを選択(決定)する。具体的には、図8示す表示パターンテーブルを参照して表示内容を決定し、この決定に対応する演出データを選択する。
サブCPU41は、図8に示す表示パターンテーブルから選択された表示パターンに沿って、所定の演出を液晶表示装置16の表示領域16aに表示させる。ここで、サブCPU41は、表示パターン決定抽選を行う。表示パターン決定抽選では、複数、たとえば0〜99の乱数から、1つの表示パターン決定乱数を取得する。このときに取得された表示パターン決定乱数と、主制御回路30から送信された変動パターンコマンドを用いて図8に示す表示パターンテーブルを参照し表示パターンおよび表示内容を決定する。
ここで、液晶表示装置16における表示領域16aに表示される装飾図柄の表示態様について説明する。図9(a)に模式的に示すように、液晶表示装置16における表示領域16aには、9つの図柄表示領域E1〜E9が3行3列のマトリクス状に配置されている。各図柄表示領域における装飾図柄の停止順序を図9(b)を用いて説明すると、これらの9つの図柄表示領域E1〜E9において、まず、第一,第九図柄表示領域E1,E9における装飾図柄(以下「第一停止図柄」ともいう)が停止表示され、次に、第二,第四,第六,第八図柄表示領域E2,E4,E6,E8における装飾図柄(以下「第二停止図柄」ともいう)が停止表示される。続いて、第三,第七図柄表示領域E3,E7における装飾図柄(以下「第三停止図柄」ともいう)が停止表示される。そして、最後に第五図柄表示領域E5における装飾図柄(以下「第四停止図柄」ともいう)が停止表示される。
また、図9(c)に示すように、成立ラインとして、第一〜第八成立ラインL1〜L8が設定されている。第一成立ラインL1は、第一,第二,第三図柄表示領域E1,E2,E3からなり、第二成立ラインL2は、第四,第五,第六図柄表示領域E4,E5,E6からなる。また、第三成立ラインL3は、第七,第八,第九図柄表示領域E7,E8,E9からなり、第四成立ラインL4は、第一,第四,第七図柄表示領域E1,E4,E7からなる。さらに、第五成立ラインL5は、第二,第五,第八図柄表示領域E2,E5,E8からなり、第六成立ラインL6は、第三,第六,第九図柄表示領域E3,E6,E9からなる。そして、第七成立ラインL7は、第一,第五,第九図柄表示領域E1,E5,E9からなり、第八成立ラインL8は、第三,第五,第七図柄表示領域E3,E5,E7からなる。
さらに、各図柄表示領域E1〜E9では、それぞれ図柄の変動表示配列が設定されている。いま、図10(a)に示すように、第一,第二,第四,第六,第八,第九図柄表示領域E1,E2,E4,E6,E8,E9の表示配列をAパターン、第三,第七図柄表示領域E3,E7の表示配列をBパターン、第五図柄表示領域E5の表示配列をCパターンとする。ここで、Aパターンでは、図10(b)に示す7種10個の図柄が変動表示される。この変動表示では、表示番号が若い順に順次表示され、具体的に「小槌」→「扇子」→「ブランク」→「手形」→「ブランク」→「酒樽」→「ブランク」→「軍配」→「7」→「小槌」→…の順序で変動表示される。
また、Bパターンでは、図10(c)に示す7種21個の図柄が変動表示され、Cパターンでは、図10(d)に示す7種21個の図柄が変動表示される。
図8に示す表示パターンテーブルを用いた表示パターンおよび表示内容の決定は、以下の通りにして行われる。まず、変動パターンコマンドがh0である場合、表示パターン決定乱数を破棄し、表示パターンとしてhz0が決定され、通常変動はずれが決定される。通常変動はずれの表示態様は次のようになる。最初に第一,第九E1,E9図柄表示領域の図柄が停止表示され、次に第二,第四,第六,第八図柄表示領域E2,E4,E6,E8の図柄が停止表示される。続いて、第三,第七図柄表示領域E3,E7の図柄が停止表示され、最後に第五図柄表示領域E5の図柄が停止表示される。
また、変動パターンコマンドがh1である場合、表示パターン決定乱数を破棄し、表示パターンとしてhz1が決定され、短縮変動はずれが決定される。短縮変動はずれの表示態様は、次のようになる。最初に第一,第九E1,E9図柄表示領域の図柄が停止表示され、次に第二,第四,第六,第八図柄表示領域E2,E4,E6,E8の図柄が停止表示される。続いて、第三,第五,第七図柄表示領域E3,E5,E7の図柄が停止表示される。このとき、各成立ラインL1〜L8には、いずれもリーチ状態が発生しない。
次に、変動パターンコマンドがh2である場合、表示パターン決定乱数によって決定される表示パターンが異なる。表示パターン決定乱数が0〜74のいずれかである場合には、ノーマルリーチAパターンが決定され、表示パターンとしてhz2が決定される。また、表示パターン決定乱数が75〜99のいずれかである場合には、ノーマルリーチBパターンが決定され、表示パターンとしてhz3が決定される。
また、変動パターンコマンドがh4である場合、表示パターン決定乱数によって決定される表示パターンが異なる。表示パターン決定乱数が0〜24のいずれかである場合には、ノーマルリーチAパターンが決定され、表示パターンとしてhz14が決定される。また、表示パターン決定乱数が25〜99のいずれかである場合には、ノーマルリーチBパターンが決定され、表示パターンとしてhz15が決定される。
ノーマルリーチAパターンの表示態様では、通常変動はずれと同様の停止順によって各図柄表示領域における図柄を停止表示させ、第一,第三,第四,第六成立ラインL1,L3,L4,L6の少なくとも1つの成立ライン上で主図柄リーチ状態が成立し、他の第二,第五,第七,第八成立ラインL2,L5,L7,L8では主図柄リーチ状態が成立しないパターンである。ここで、たとえば第一成立ラインL1での主図柄リーチ状態は、第一,第二図柄表示領域E1,E2に「7」である主図柄が停止表示された状態である。
ノーマルリーチBパターンの表示態様では、通常変動はずれと同様の停止順によって各図柄表示領域における図柄を停止表示させ、第二,第五,第七,第八成立ラインL2,L5,L7,L8の少なくとも1つの成立ライン上で主図柄リーチ状態が成立するパターンである。ここで、たとえば第七成立ラインL7での主図柄リーチ状態は、第一,第九図柄表示領域E1,E9に「7」である主図柄が停止表示された状態である。ノーマルリーチAパターンでは、第三,第七図柄表示領域E3,E7に図柄が停止表示されることにより、大当り組み合わせであり、大当り遊技状態への移行を報知する大当り図柄(777)となるか否かが決定される。また、ノーマルリーチBパターンでは、最後に停止表示される第五図柄E5が停止表示されることにより大当り図柄となるか否かが決定される。そして、変動パターンコマンドがh2であれば大当り図柄とはならず、変動パターンコマンドがh4であれば大当り図柄となる。
さらに、変動パターンコマンドがh3である場合には、表示パターン決定乱数により、以下のように表示パターンおよび表示内容が決定される。表示パターン決定乱数が0〜34のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「小槌リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz4が決定される。「小槌リーチ」が表示される際には、通常変動はずれと同様の停止順によって各図柄表示領域における図柄を停止表示させてから、後に特定発展演出である「小槌リーチ」が表示される。また、表示パターン決定乱数が35〜64のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「扇子リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz5が決定され、表示パターン決定乱数が65〜84のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「手形リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz6が決定される。さらに、表示パターン決定乱数が85〜94のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「酒樽リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz7が決定される。表示パターン決定乱数が85〜99のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「軍配リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz8が決定される。これらの「扇子リーチ」、「手形リーチ」、「酒樽リーチ」、「軍配リーチ」についても「小槌リーチ」と同様に、通常変動はずれと同様の停止順によって各図柄表示領域における図柄を停止表示させてから、後に説明する詳細表示パターン決定テーブルを用いて決定された詳細表示パターンでの停止表示がされた後に、所定の演出表示がなされる。
また、変動パターンコマンドがh5である場合には、表示パターン決定乱数により、以下のように表示パターンおよび表示内容が決定される。表示パターン決定乱数が0〜4のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「小槌リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz16が決定される。表示パターン決定乱数が5〜14のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「扇子リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz17が決定される。表示パターン決定乱数が15〜34のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「手形リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz18が決定される。表示パターン決定乱数が35〜64のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「酒樽リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz19が決定される。表示パターン決定乱数が65〜99のいずれかである場合には、スーパーリーチとして「軍配リーチ」が決定され、表示パターンとしてhz20が決定される。これらの表示態様では、通常変動はずれと同様の停止順によって各図柄表示領域における図柄を停止表示させてから、後に説明する詳細表示パターン決定テーブルを用いて決定された詳細表示パターンでの停止表示がされた後に、所定の演出表示がなされる。
さらに、変動パターンコマンドがh6である場合には、突然大当り演出が決定され、そのうち、表示パターン決定乱数が0〜49のいずれかである場合には、Aパターンが決定され、表示パターンとしてhz26が決定される。また、表示パターン決定乱数が50〜99場合にはBパターンが決定され、表示パターンとしてhz27が決定される。突然大当り演出Aパターンは、第一,第三,第四,第六成立ラインL1,L3,L4,L6の少なくとも1つの成立ライン上で大当り図柄が停止表示され、他の第二,第五,第七,第八成立ラインL2,L5,L7,L8では大当り図柄以外の図柄が停止表示されるパターンである。また、突然大当り演出Bパターンは、第二,第五,第七,第八成立ラインL2,L5,L7,L8で大当り図柄が停止表示されるパターンである。突然大当り演出では、通常変動はずれと同様の停止順によって各図柄表示領域における図柄を停止表示させるが、第三,第七図柄表示領域E3,E7に図柄が停止表示されてから、第五表示領域E5における図柄の変動時間が、通常変動はずれの場合よりも短く設定されている。
また、サブCPU41は、本発明の副図柄停止個数決定手段として機能し、大当り遊技状態移行判定手段によって判定された判定結果に基づいて、複数の表示領域に仮停止(停止表示)させる副図柄の停止個数を決定する。この副図柄停止個数決定手段は、大当り遊技状態移行判定手段によって大当りと判定された場合に、大当りと判定されなかった(はずれの)場合よりも停止表示させる副図柄の個数を多くなり易く決定する。例えば、副図柄の停止個数「4個」,「5個」を選択する確率は、はずれの場合よりも大当りの場合のほうが高い選択確率で選択され、副図柄の停止個数「0個」,「1個」を選択する確率は、大当りの場合よりもはずれの場合のほうが高い選択確率で選択される。本実施形態では、図11、図12、及び図14〜図16に示すように、「チャンス目1」、「チャンス目2」として、副図柄の停止個数4〜6個が、大当りの場合にはずれの場合に比して高い確率で選択される。
また、サブCPU41は、本発明の発展判定手段として機能する。この発展判定手段は、演出決定手段によってスーパーリーチ演出が選択(決定)された場合に、副図柄の組合せ態様として、スーパーリーチ演出を実行することを事前に報知(示唆)する発展組合せ態様を表示させるか否かを判定する。具体的には、図11及び図12に示す詳細表示パターン決定テーブルを参照して詳細表示内容を決定し、発展図柄から発展が選択された場合に発展組合せ態様を表示させると判定する。本実施形態では、同じ種類の副図柄が成立ライン上に揃うことを発展組合せ態様としている。
また、サブCPU41は、本発明の副図柄組合せ態様決定手段として機能し、後述する8ライン停止図柄決定処理(図44参照)を実行する。この副図柄組合せ態様決定手段は、副図柄停止個数決定手段によって決定された停止個数に基づいて、複数の図柄表示領域に表示する副図柄の組合せ態様を決定する(図44のS126〜S130参照)。ここで、副図柄組合せ態様決定手段は、発展判定手段により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に、副図柄の発展組合せ態様を決定する(図44のS124,S128〜S130参照)。本実施形態では、例えば、同じ種類の副図柄が成立ライン上に揃うこと、同じ種類の副図柄が「V型」,「山型」(図33(a),(b)参照)に揃うことを発展組合せ態様として決定している。また、副図柄組合せ態様決定手段は、発展判定手段により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様を決定する。本実施形態では、例えば、「異なる種類の副図柄が4個表示されること」、「異なる種類の副図柄が成立ライン上に3個表示されること」、「副図柄が4個以上表示されること」を「発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様」として決定している。なお、「発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様」は、「異なる種類の副図柄が4個表示されること」、「異なる種類の副図柄が成立ライン上に3個表示されること」、「副図柄が4個以上表示されること」に限定されず、副図柄を用いたその他の組合せ態様であってもよい。
また、サブCPU41は、詳細表示パターン決定抽選を行う。詳細表示パターン決定抽選では、複数、たとえば0〜8191の乱数から、1つの詳細表示パターン決定乱数を取得する。このときに取得された詳細表示パターン決定乱数と、表示パターンテーブルを参照して決定された表示パターンとにより、図11および図12に示す詳細表示パターン決定テーブルを参照して、詳細表示パターンおよび詳細表示内容を決定する。なお、図11および図12に示す詳細表示パターン決定テーブルでは、選択確率が表示されているが、この選択確率は、詳細表示パターン決定乱数の振分け確率を示すものである。
詳細表示パターン決定テーブルを用いた詳細表示パターンおよび詳細表示内容の決定は、以下の通りにして行われる。まず、表示パターンがhz0〜hz3、hz14、hz15、hz26、hz27の場合には、詳細表示パターンおよび詳細表示内容の決定は行わない。
また、サブCPU41は、装飾図柄を決定するために、複数、たとえば10個の装飾図柄決定乱数の中から1つの乱数を決定し、この乱数と主制御回路30から送信された図柄指定コマンドと装飾図柄振分けテーブルを参照して、装飾図柄の表示態様を決定する(図44のS129、S130参照)。ここでは、8個のリーチ成立ラインのいずれかに表示される装飾図柄の態様が決定される。ここで、図柄指定コマンドがz0である場合、装飾図柄決定乱数が0〜8のいずれかである場合には、決定されたリーチ成立ラインに「777」が表示される装飾図柄の表示態様を決定する。また、リーチ成立ライン以外の装飾図柄については、ランダムに決定する。さらに、図柄指定コマンドがz1,z2である場合にも同様にいずれかのリーチ成立ラインに「777」が表示される装飾図柄の表示態様が決定される。
さらに、図柄指定コマンドがz3である場合には、サブCPU41における図柄表示領域E1〜E9のそれぞれに表示する装飾図柄を選択する乱数に基づいて、図柄表示領域E1〜E9のそれぞれにおける装飾図柄を決定する。このときに選択された装飾図柄が大当り図柄または後に説明するチャンス目を表示する場合には、装飾図柄の選択をやり直す。
図8に示す表示パターンテーブルに戻り、表示パターンがhz4〜hz8のいずれかである場合(主制御回路30における大当り抽選の結果がはずれとなる場合の表示パターン)には、表示内容は互いに異なるが、互いに同様の選択確率で詳細表示パターンおよび詳細表示内容が決定される。そこで、ここでは、表示パターンがhz4の場合について説明する。図11に示すように、表示パターンがhz4の場合、6846/8192の確率で詳細表示パターンHza00が決定され、840/8192の確率で詳細表示パターンHza01が決定され、260/8192の確率で詳細表示パターンHza02が決定される。また、詳細表示パターンHza00の場合の詳細表示内容は、チャンス目を伴わないリーチからの発展となり、詳細表示パターンHza01の場合の詳細表示内容は、チャンス目1を伴うリーチからの発展となり、詳細表示パターンHza02の場合の詳細表示内容は、チャンス目2を伴うリーチからの発展となる。なお、ここでの「リーチからの発展」とは、1以上のリーチ成立ラインに主図柄リーチ状態が成立した状態をいうが、「リーチからの発展」、「チャンス目」については後に詳しく説明する。
また、105/8192の確率で詳細表示パターンHza03が決定され、43/8192の確率で詳細表示パターンHza04が決定され、20/8192の確率で詳細表示パターンHza05が決定される。さらに、11/8192の確率で詳細表示パターンHza06が決定され、6/8192の確率で詳細表示パターンHza07が決定され、5/8192の確率で詳細表示パターンHza08が決定される。そして、1/8192の確率で詳細表示パターンHza09が決定され、65/8192の確率で詳細表示パターンHza10が決定される。
詳細表示パターンHza03の場合の詳細表示内容は、1ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza04の場合の詳細表示内容は、2ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza05の場合の詳細表示内容は、3ラインに停止表示された発展図柄からの発展である。また、詳細表示パターンHza06の場合の詳細表示内容は、4ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza07の場合の詳細表示内容は、5ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza08の場合の詳細表示内容は、6ラインに停止表示された発展図柄からの発展である。そして、詳細表示パターンHza09の場合の詳細表示内容は、8ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza10の場合の詳細表示内容は、特殊型に停止表示された発展図柄からの発展である。ここでの「発展図柄からの発展」、「1ライン」〜「8ライン」、「特殊型」については後述する。
さらに、表示パターンがhz16〜hz20のいずれかである場合(主制御回路30における大当り抽選の結果が大当りとなる場合の表示パターン)には、表示内容は互いに異なるが、互いに同様の選択確率で詳細表示パターンおよび詳細表示内容が決定される。そこで、ここでは、表示パターンがhz16の場合について説明する。図12に示すように、表示パターンがhz16の場合、1024/8192の確率で詳細表示パターンHza20が決定され、1024/8192の確率で詳細表示パターンHza21が決定され、2048/8192の確率で詳細表示パターンHza22が決定される。また、詳細表示パターンHza20の場合の詳細表示内容は、チャンス目を伴わないリーチからの発展となり、詳細表示パターンHza21の場合の詳細表示内容は、チャンス目1を伴うリーチからの発展となり、詳細表示パターンHza22の場合の詳細表示内容は、チャンス目2を伴うリーチからの発展となる。すなわち、発展判定手段により「発展組合せ態様」を表示させると判定されて、サブCPU41は副図柄組合せ態様決定手段として機能し、「詳細表示パターン決定テーブル」(図11及び図12参照)における「発展図柄から発展」を選択して、「副図柄の発展組合せ態様」を決定している。一方、発展判定手段により「発展組合せ態様」を表示させないと判定されて、サブCPU41は副図柄組合せ態様決定手段として機能し、「詳細表示パターン決定テーブル」における「リーチから発展」を選択して、「発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様」を決定している。
また、128/8192の確率で詳細表示パターンHza23が決定され、256/8192の確率で詳細表示パターンHza24〜Hza27がそれぞれ決定され、512/8192の確率で詳細表示パターンHza28が決定される。さらに、2290/8192の確率で詳細表示パターンHza29が決定され、192/8192の確率で詳細表示パターンHza30が決定される。
詳細表示パターンHza23の場合の詳細表示内容は、1ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza24の場合の詳細表示内容は、2ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza25の場合の詳細表示内容は、3ラインに停止表示された発展図柄からの発展である。また、詳細表示パターンHza26の場合の詳細表示内容は、4ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza27の場合の詳細表示内容は、5ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza28の場合の詳細表示内容は、6ラインに停止表示された発展図柄からの発展である。そして、詳細表示パターンHza29の場合の詳細表示内容は、8ラインに停止表示された発展図柄からの発展であり、詳細表示パターンHza30の場合の詳細表示内容は、特殊型に停止表示された発展図柄からの発展である。
以上のようにして決定される表示パターンにより現される大当り信頼度は、表示別および発展ライン別に、図13に示すようになる。図13(a)は表示別大当り信頼度を示し、(b)は発展ライン別大当り信頼度を示す。図13(a)から判るように、表示別では、「通常変動(=短縮変動)」、「ノーマルリーチ」、「小槌リーチ」、「扇子リーチ」、「手形リーチ」、「酒樽リーチ」、「軍配リーチ」、「突然大当り演出」の順に大当り信頼度が高く設定されている。また、図13(b)から判るように、「通常から発展(リーチから発展)」の場合、「チャンス目なし」、「チャンス目1」、「チャンス目2」の順に大当り信頼度が高く設定されている。さらに、「発展図柄から発展」の場合「1ライン」、「特殊型」、「2ライン」、「3ライン」、「4ライン」、「5ライン」、「6ライン」、「8ライン」、の順に大当り信頼度が高く設定されている。
ここで、図13(a),(b)に示す大当り信頼度表は、いずれも通常遊技状態時(低確率時)における選択率である。このうち、図13(a),(b)に示す「ハズレ選択率」における「主制御側」の選択率は、図7(b)に示す変動パターンテーブルを用いて「ハズレ」時の変動パターンを選択する場合の選択率である。また、「ハズレ選択率」における「副制御側」の選択率は、図8に示す表示パターンテーブルを用いたはずれ時(変動パターンコマンドh0〜h3)の「表示パターン」の選択率である。さらに、「ハズレ選択率」における「合計選択率」は、「ハズレ選択率」における「ハズレ確率」、「主制御側」、および「副制御側」とを乗じて得た選択率である。
また、「大当り選択率」における「図柄確率」は、図7(a)に示す特別図柄決定テーブルを用いた特別図柄「F」「A」「H」のうちの「F」「H」または「A」の選択率である。さらに、「大当り選択率」における「主制御側」の選択率は、図7(b)に示す変動パターンテーブルを用いて「大当り」時であり特別図柄「F」「H」を選択したときに変動パターンを選択する場合の選択率である。また、「大当り選択率」における「副制御側」の選択率は、図8に示す表示パターンテーブルを用いた大当り時(変動パターンコマンドh4〜h6)の「表示パターン」の選択率である。さらに、「大当り選択率」における「合計選択率」は、「大当り選択率」における「大当り確率」、「図柄確率」、「主制御側」、および「副制御側」を乗じて得た選択率である。そして、「大当り信頼度」は、「大当り選択率」の「合計選択率」(α)から、「大当り選択率」の「合計選択率」(α)と「ハズレ選択率」の「合計選択率」(β)との加算値(α+β)を除して得た値(α/(α+β))である。
また、サブCPU41は、詳細表示パターンとして、チャンス目1を含む内容を決定した際には、図14および図15に示すチャンス目表示パターン決定テーブルを参照して、チャンス目表示パターン(発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様)を決定する。また、詳細表示パターンとして、チャンス目2を含む内容を決定した際には、図16および図17に示すチャンス目2表示パターン決定テーブルを参照して、チャンス目表示パターン(発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様)を決定する。すなわち、サブCPU41は、副図柄組合せ態様決定手段として機能し、副図柄の組合せ態様を決定する。
さらに、サブCPU41は、チャンス目表示パターン決定抽選を行う。チャンス目表示パターン決定抽選では、複数、たとえば0〜65535の乱数から、1つのチャンス目パターン決定乱数を取得する。このときに取得された表示パターン決定乱数と、表示パターンテーブルを用いて決定された詳細表示パターンとを図14〜図17に示すチャンス目表示パターンテーブルに参照して、チャンス目表示パターンを決定する。
ここで、詳細表示パターンがHza01,Hza21,Hzb01,Hzb21,Hzc01,Hzc21,Hzd01,Hzd21,Hze01,Hze21のいずれかである場合に、図14および図15に示すチャンス目1表示パターン決定テーブルを参照してチャンス目表示パターンを決定する。また、詳細表示パターンがHza02,Hza22,Hzb02,Hzb22,Hzc02,Hzc22,Hzd02,Hzd22,Hze02,Hze22,のいずれかである場合に、図16および図17に示すチャンス目2表示パターン決定テーブルを参照してチャンス目表示パターンを決定する。その他の詳細表示パターンである場合には、取得したチャンス目パターン決定乱数を破棄し、チャンス目表示は行わない。
チャンス目1表示パターンとしては、リーチ成立ラインが1ラインの場合における発展図柄が4個または5個、あるいは1ライン上に相違する発展図柄が表示されるパターン、リーチ成立ラインが2ラインの場合における発展図柄が4個、あるいは1ライン上に相違する発展図柄が表示されるパターンがある。また、チャンス目2表示パターンとしては、リーチ成立ラインが1ラインの場合における発展図柄が6個、全種類の発展図柄、あるいは対応リーチの発展図柄が表示されるパターンがある。さらに、リーチ成立ラインが2ライン、3ライン、4ラインの場合にも対応リーチの発展図柄が表示されるパターンがある。すなわち、サブCPU41は、副図柄停止個数決定手段によって決定された副図柄の停止個数に基づいて、副図柄の組合せ態様を決定している。
ここで、図14〜図17について、各乱数値の詳細は記載されていないが、各チャンス目表示パターンに応じて大当りの信頼度が異なるように、はずれ時に選択される詳細表示パターン(Hza01、Hza02、Hzb01、Hzb02、Hzc01、Hzc02、Hzd01、Hzd02、Hze01、Hze02)と、大当り時に選択される詳細表示パターン(Hza21、Hza22、Hzb21、Hzb22、Hzc21、Hzc22、Hzd21、Hzd22、Hze21、Hze22)とで、異なる範囲の乱数値を設定するとともに、各チャンス目表示パターンの乱数値がそれぞれ異なるように設定されている。たとえば、図14および図15に示すチャンス目1において、成立ラインが1ラインの際、発展図柄が4個よりも発展図柄が5個の方が、大当りの信頼度が高くなるように乱数値の振分けが設定されている。また、発展図柄が4個の場合、十字型よりもクロス型の方が、大当りの信頼度が高くなるように乱数値の振分けが設定されている。さらに、発展図柄が5個の場合、中段リーチ用よりも中列リーチ用の方が、大当りの信頼度が高くなるように乱数値の振分けが設定され、中列リーチ用よりも右下斜リーチ用の方が、大当りの信頼度が高くなるように乱数値の振分けが設定され、右下リーチ用よりも右上リーチ用の方が、大当りの信頼度が高くなるように乱数値の振分けが設定されている。なお、詳細な記載は省略するが、図16および図17に示すチャンス目2においても同様に、チャンス目の成立ライン位置やライン数等によって、大当りの信頼度が異なるように、乱数値の振分けが決定されている。このように、リーチの表示態様によっても大当りの信頼度が異なるように設定されている。
また、サブCPU41は、装飾図柄決定抽選を行う(図44のS130参照)。装飾図柄決定抽選では、複数、たとえば0〜9の乱数から、1つの装飾図柄決定乱数を取得する。このときに取得された装飾図柄決定乱数と、チャンス目表示パターンテーブルを参照して決定された各図柄に応じて、装飾図柄を決定する(図44のS126,S127,S130参照)。図18(a)に示すように、たとえば、図14〜図17中、「発展図柄R」を示す図柄表示領域(図中の第1図柄〜第9図柄)では、装飾図柄決定乱数が0〜1の場合には装飾図柄として「軍配」が決定され、2〜3の場合には「酒樽」が決定され、4〜5の場合には「手形」が決定される。また、装飾図柄決定乱数が6〜7の場合には装飾図柄として「扇子」が決定され、8〜9の場合には「小槌」が決定される。
また、図18(b)に示すように、「対応発展図柄S」を示す図柄表示領域では、詳細表示パターンによって装飾図柄が決定される(図44のS124,S128,S130参照)。具体的には、詳細表示パターンがHza01〜10,Hza21〜30の場合には装飾図柄として「小槌」が決定され、Hzb01〜10,Hzb21〜30の場合には装飾図柄として「扇子」が決定され、Hzc01〜10,Hzc21〜30の場合には装飾図柄として「手形」が決定される。また、Hzd01〜10,Hzd21〜30の場合には装飾図柄として「酒樽」が決定され、Hze01〜10,Hze21〜30の場合には装飾図柄として「軍配」が決定される。
さらに、図19(a)に示すように、「発展図柄1」を示す図柄表示領域では、図18(a)に示す「発展図柄R」と同様にして各図柄表示領域に表示される装飾図柄が決定される。また、「発展図柄2」を示す図柄表示領域では、図19(b)に示すように、装飾図柄決定乱数が0〜1の場合には、「残存図柄1」が決定され、2〜3の場合には、「残存図柄2」が決定され、装飾図柄決定乱数が4〜5の場合には、「残存図柄3」が決定され、6〜9の場合には「残存図柄4」が決定される。ここでの「残存図柄1」〜「残存図柄4」は、「軍配」、「酒樽」、「手形」、「扇子」、「小槌」の各発展図柄のうち、「発展図柄1」で決定された図柄以外の図柄の一つをそれぞれ意味する。
また、「発展図柄3」を示す図柄表示領域では、図19(c)に示すように、装飾図柄決定乱数が0〜2の場合には、「残存図柄1」が決定され、3〜5の場合には、「残存図柄2」が決定され、装飾図柄決定乱数が6〜9の場合には、「残存図柄3」が決定される。ここでの「残存図柄1」〜「残存図柄3」は、「軍配」、「酒樽」、「手形」、「扇子」、「小槌」の各発展図柄のうち、「発展図柄1」、「発展図柄2」で決定された図柄以外の図柄の一つをそれぞれ意味する。
さらに、「発展図柄4」を示す図柄表示領域では、図19(d)に示すように、装飾図柄決定乱数が0〜4の場合には、「残存図柄1」が決定され、5〜9の場合には、「残存図柄2」が決定される。ここでの「残存図柄1」〜「残存図柄2」は、「軍配」、「酒樽」、「手形」、「扇子」、「小槌」の各発展図柄のうち、「発展図柄1」、「発展図柄2」、「発展図柄3」で決定された図柄以外の図柄の一つをそれぞれ意味する。
そして、「発展図柄5」を示す図柄表示領域では、図19(e)に示すように、装飾図柄決定乱数が0〜9の場合に、「残存図柄1」が決定される。ここでの「残存図柄1」は、「軍配」、「酒樽」、「手形」、「扇子」、「小槌」の各発展図柄のうち、「発展図柄1」、「発展図柄2」、「発展図柄3」、「発展図柄4」で決定された図柄以外の図柄の一つを意味する。
なお、図14〜図18中「・」と記された図柄表示領域に表示される装飾図柄としては、ブランク図柄が決定される。また「ANY」と記された図柄表示領域に表示される装飾図柄としては、詳細表示パターンに応じて主図柄である「7」、「軍配」、「手形」などの発展図柄、あるいはブランク図柄のいずれかが決定される。なお、「・」と記された図柄表示領域にも、主図柄や発展図柄を表示するように決定してもよい。ただし、主図柄や発展図柄を表示するにあたり、リーチ成立ラインに主図柄が揃った状態で表示される場合や、決定されたチャンス目などが表示される以外のチャンス目などの表示態様となる場合には、各図柄表示領域における装飾図柄の決定をやり直す。
チャンス目1が表示された図柄表示領域16aは、図20〜図22に示すようになる。リーチ成立ラインが1ラインで発展図柄が4つ表示されている例を図20(a)に示す。この状態では、第一,第九図柄表示領域E1,E9に主図柄が表示されて第七成立ラインL7がリーチ成立ラインとされており、その他、第二,第四,第七,第八図柄表示領域E2,E4,E7,E8に4個の発展図柄が表示されている。また、これらの発展図柄は互いに異なる発展図柄とされている。
またチャンス目1の他の態様として、図20(b)に示す例がある。この例では、第四,第六図柄表示領域E4,E6に主図柄が表示されて第二成立ラインL2がリーチ成立ラインとされており、その他、第一,第二,第三図柄表示領域E1,E2,E3に発展図柄が表示されて、第一成立ラインL1に発展図柄が表示されている。このように、成立ラインに発展図柄の組み合わせが表示されることにより、チャンス目が形成される。
また、チャンス目2として、図21(c)に示す態様がある。この態様では、第一,第九図柄表示領域E1,E9に主図柄が表示され、第七成立ラインがリーチ成立ラインとされており、その他の第二,第三,第四,第六,第七,第八図柄表示領域E2,E3,E4,E6,E7,E8に6個の発展図柄が表示されている。さらに、図21(d)に示すように、第一,第九図柄表示領域E1,E9に主図柄が停止され、第七成立ラインがリーチ成立ラインとされており、その他、第二,第三,第四,第六,第八図柄表示領域E2,E3,E4,E6,E8に5個の発展図柄が停止表示されている。ここでの発展図柄は5個であるが、これらの発展図柄は、互いにすべて異なる種類とされている。このような態様もチャンス目2とされている。
図21(a)〜(d)および図22には、チャンス目2が表示されており、共通する図柄表示領域として、第一,第三,第七,第九図柄表示領域E1,E3,E7,E9に主図柄が表示され、第七,第八ラインL7,L8がリーチ成立ラインとされている。また、第二,第四,第六,第八図柄表示領域E2,E4,E6,E8には、共通する発展図柄が表示され、図21(a)には、「軍配」、(b)には「酒樽」、(c)には「手形」、(d)には、「扇子」が表示され、図22には、「小槌」が表示される。
このように、チャンス目1,2が表示される際、チャンス目1が表示されたが場合、チャンス目が表示されない場合よりも大当り信頼度が高く、さらに、チャンス目2が表示されたが場合、チャンス目1が表示された場合よりも大当り信頼度が高いことが遊技者に認識される。このため、チャンス目の表示態様によって、より遊技の興趣の向上を図ることができる。
また、図21(a)〜(d)、図22に示した発展リーチ演出に対応した対応発展図柄を表示する場合にあっては、発展リーチ演出に発展する前の段階では、大当り信頼度の高いチャンス目2であることが認識できずに、発展リーチ演出が行われた後に、大当り信頼度の高いチャンス目2が成立したことを認識できる。したがって、その後の発展リーチ演出を大当りの期待感を持って遊技を行うことができるので、より遊技の興趣の向上を図ることができる。
また、サブCPU41は、発展リーチ演出を表示することを報知する発展図柄を決定するための発展図柄決定抽選を行う。発展図柄決定抽選では、複数、たとえば0〜255の乱数から、1つの発展図柄決定乱数を取得する。このときに取得された発展図柄決定乱数と表示パターンテーブルを用いて決定された詳細表示パターンとを図23〜図29に示すリーチ発展図柄決定テーブルに参照して、発展図柄の表示パターンを決定する(図43のS112参照)。
ここで、詳細表示パターンがHza03,Hza23,Hzb03,Hzb23,Hzc03,Hzc23,Hzd03,Hzd23,Hze03,Hze23のいずれかである場合、図23に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの1ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。なお、図23〜図29において、成立ラインとして丸付き数字を示しているが、この丸付き数字は、成立ラインに対応するものである。
また、詳細表示パターンがHza04,Hza24,Hzb04,Hzb24,Hzc04,Hzc24,Hzd04,Hzd24,Hze04,Hze24のいずれかである場合、図24に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの2ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。さらに、詳細表示パターンがHza05,Hza25,Hzb05,Hzb25,Hzc05,Hzc25,Hzd05,Hzd25,Hze05,Hze25のいずれかである場合、図25に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの3ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。
詳細表示パターンがHza06,Hza26,Hzb06,Hzb26,Hzc06,Hzc26,Hzd06,Hzd26,Hze06,Hze26のいずれかである場合、図26に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの4ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。さらに、詳細表示パターンがHza07,Hza27,Hzb07,Hzb27,Hzc07,Hzc27,Hzd07,Hzd27,Hze07,Hze27のいずれかである場合、図27に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの5ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。
詳細表示パターンがHza08,Hza28,Hzb08,Hzb28,Hzc08,Hzc28,Hzd08,Hzd28,Hze08,Hze28のいずれかである場合、図28に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの6ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。さらに、詳細表示パターンがHza09,Hza29,Hzb09,Hzb29,Hzc09,Hzc29,Hzd09,Hzd29,Hze09,Hze29のいずれかである場合、図29(a)に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、成立ラインの8ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。そして、詳細表示パターンがHza10,Hza30,Hzb10,Hzb30,Hzc10,Hzc30,Hzd10,Hzd30,Hze10,Hze30のいずれかである場合、図29(b)に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して発展図柄の表示パターンを決定する。この場合、特殊ラインに発展図柄の組み合わせが表示される。ここでの特殊ラインには、第一,第八,第三図柄表示領域E1,E8,E3からなるV型ライン、および第七,第二,第九図柄表示領域E7,E2,E9からなる山型ラインが設定されている。
発展図柄の組み合わせ(発展組合せ態様)が表示された図柄表示領域16aは、図30〜図32に示すようになる。成立ラインが1ラインである例を図30(a)に示す。この状態では、第二ラインL2における第四〜第六図柄表示領域E4〜E6のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。また、成立ラインが2ラインである例を図30(b)に示す。この状態では、第七,第八ラインL7,L8における第一,第五,第九,第三,第七図柄表示領域E1,E5,E9,E3,E7のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。
また、成立ラインが2ラインである他の例を図30(c)に示す。この状態では、第二,第五ラインL2,L5における第二,第五,第八,第四,第六図柄表示領域E2,E5,E8,E4,E6のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。さらに、成立ラインが3ラインである例を図30(d)に示す。この状態では、第一,第七,第八成立ラインにおける第一〜第三,第五,第七,第九図柄表示領域E1〜E3,E5,E7,E9のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。
成立ラインが4ラインである例を図31(a)に示す。この状態では、第一,第二,第四,第八ラインL1,L2,L4,L8における第一〜第七図柄表示領域E1〜E7のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。成立ラインが5ラインである例を図31(b)に示す。この状態では、第一,第四,第五,第七,第八ラインL1,L4,L5,L7,L8における第一〜第三,第五,第七〜第九図柄表示領域E1〜E3,E5,E7〜E9のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。成立ラインが6ラインである例を図31(c)に示す。この状態では、第一,第二,第四,第六〜第八ラインL1,L2,L4,L6〜L8における第一〜第七,第九図柄表示領域E1〜E7,E9のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。成立ラインが8ラインである例を図31(d)に示す。この状態では、第一〜第八ラインL1〜L8における第一〜第九図柄表示領域E1〜E9のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。
成立ラインが特殊ラインである例を図32に示す。このうち、V型を図32(a)に示し、山型を図32(b)に示す。V型の特殊ラインでは、第一,第八,第三図柄表示領域E1,E8,E9のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。山型の特殊ラインでは、第七,第二,第九図柄表示領域のそれぞれに「軍配」の発展図柄が表示されている。
ここで、図23〜図29について、各乱数値の詳細は記載されていないが、各成立ラインに応じて大当りの信頼度が異なるように、はずれ時に選択される詳細表示パターン(Hza03〜Hza10、Hzb03〜Hzb10、Hzc03〜Hzc10、Hzd03〜Hzd10、Hze03〜Hze10、)と、大当り時に選択される詳細表示パターン(Hza23〜Hza30、Hzb23〜Hzb30、Hzc23〜Hzc30、Hzd23〜Hzd30、Hze23〜Hze30、)とで、異なる範囲の乱数値を設定するとともに、各成立ラインの乱数値がそれぞれ異なるように設定されている。たとえば、図23に示す1ラインに発展図柄の組み合わせが表示される場合において、上段よりも中段、中段よりも下段、左列よりも中列、中列よりも右列の方が、大当りの信頼度が高くなるように乱数値の振分けが決定されている。同様に2ライン〜8ライン、また特殊ラインの場合にも、それぞれ同じライン数であっても成立するラインによって大当りの信頼度が異なるように乱数値の振分けが設定されている。
さらに、サブROM42は、図示しない大当り用装飾図柄決定テーブルおよびはずれ用装飾図柄決定テーブルを有している。サブCPU41は、主制御回路30から送信された図柄指定コマンドを解析し、大当りとなるか否かを判断する。その結果、大当りとなると判断した場合には、大当り用装飾図柄決定テーブルを参照してリーチ成立ラインおよび大当り図柄を決定する。
また、サブCPU41は、決定した表示パターンおよび装飾図柄に基づいて、各図柄表示領域における図柄を可変表示させ、変動表示から停止表示に至るまでの表示制御を行う。サブCPU41は、表示制御手段を構成する。
さらに、サブROM42には、装飾図柄と同時に表示領域16aに表示される各種の演出パターンが記憶されている。演出パターンとしては、主制御回路30から送信された変動パターンコマンドに対応する変動内容に応じた各種のパターンが記憶されている。また、サブCPU41は、サブROM42に記憶された演出パターンの中から、主制御回路30から送信される変動パターンコマンドに応じた演出パターンを液晶表示装置16に表示させる。この演出パターンには、発展リーチ演出が含まれる。発展リーチ演出としては、各発展図柄に対応する発展リーチ演出、具体的には、「小槌リーチ演出」、「扇子リーチ演出」、「手形リーチ演出」、「酒樽リーチ演出」、「軍配リーチ演出」が設定されている。これらの発展リーチ演出は、それぞれ大当りに対する信頼度が互いに異なり、図13(a)に示すように、「小槌リーチ演出」、「扇子リーチ演出」、「手形リーチ演出」、「酒樽リーチ演出」、「軍配リーチ演出」の順で信頼度が高くなる。
また、成立ラインL1〜L8のいずれかに発展図柄が表示されて発展する発展リーチ演出は、成立ラインに表示された発展図柄に対応する発展リーチ演出となるように設定されている。たとえば、第一成立ラインL1に「小槌」の発展図柄の組み合わせが停止表示されて発展する発展リーチ演出は、「小槌リーチ演出」となる。
また、これらの発展リーチ演出では、図45(c)に示すように、発展前における3行3列の装飾図柄に代えて、横1列の3つの図柄からなる発展リーチ演出用図柄Hが表示される。発展リーチ演出用図柄としては、数字の「0」〜「9」が設定されており、3つの図柄がすべて同種の数字として表示された場合が大当り図柄となる。さらに、サブCPU41は、複数の発展リーチ演出用図柄決定乱数の中から1つの決定乱数を取得し、発展リーチ演出が行われる際、すなわち停止図柄決定テーブルを参照し、発展図柄から発展に対応する詳細表示パターンが決定された際には、取得した乱数に応じた発展リーチ演出用図柄を決定する(図40のS89参照)。
画像制御回路50は、VDP(Video Display Processor)51と、D/Aコンバータ52と、初期リセット回路53と、画像データROM(画像記憶手段)54a,54bとを有している。VDP51は、サブCPU41で決定された液晶表示装置16に表示させる内容に応じた画像を形成し、その形成された画像をD/Aコンバータ52に出力する。D/Aコンバータ52はVDP51から出力される画像データをD/A変換して、変換により得られたアナログ信号を液晶表示装置16に出力し、画像を表示させる。初期リセット回路53はサブCPU41からのリセット命令を受けて、VDP51を初期状態に戻す処理を実行する。画像データROM54aには、装飾図柄、特別図柄、キャラクタ、背景などを示す画像のデータ(画像データ)を記憶し、画像データROM54bには、各種画像データを液晶表示装置16に表示させるための画像データを記憶している。VDP51は、サブCPU41から出力される装飾図柄および特別図柄に対応する画像データを画像データROM54a,54bから読み出し、この画像データに基づく図柄等の画像を液晶表示装置16に表示させる。
音声制御回路60は、音源IC61と、アンプ(以下「AMP」という)62と、音声データROM63とを有している。音源IC61は、サブCPU41からの指示にしたがい、音声データROM63に記憶されている音声データを用いて音声信号を生成する。AMP62は、音源IC61により生成された音声信号を適切なレベルに増幅し、増幅した音声信号をスピーカ18L、18Rに供給して音声を出力させる。音声データROM63は予告演出、リーチ演出、大当り演出などに用いられる音楽、音声、効果音などのデータ(音声データ)を記憶している。
ランプ制御回路70は、装飾ランプ19L、19Rの点滅パターンを示す装飾データを記憶した装飾データROM71と、サブCPU41からの指示にしたがい、装飾データROM71に記憶されている装飾データを用いて装飾ランプ19L、19Rを点滅させるドライブ回路72とを有している。
払出・発射制御回路80は、主制御回路30の制御にしたがい払出装置81と、発射ハンドル6cおよび発射モータを有する発射装置82とを作動させて、所定数の遊技球を賞球として払出させるとともに、遊技球を遊技盤4上の遊技領域4aに向けて発射させる。
電源供給ユニット24は、副制御回路40の制御にしたがい副制御回路40、主制御回路30および払出・発射制御回路80への電力供給を行う。
(パチンコ遊技機の動作内容)
次に、パチンコ遊技機1の動作内容のうち、主制御回路30および副制御回路40による制御処理の手順について、図33〜図43までのフローチャートを参照して説明する。図33はパチンコ遊技機1において、電源を投入したあとに主制御回路30により繰返し実行されるメイン制御処理の動作手順を示すフローチャート(メインフローチャート)である。
(メイン制御処理の動作手順)
図33に示すように、パチンコ遊技機1は、電源投入に伴い主制御回路30のメインCPU31がメイン制御処理を開始し、初期設定処理を行い(S1)、次に、特別図柄制御処理(S2)を行う。この特別図柄制御処理については、後に説明する。その後、普通図柄制御処理を行い(S3)、さらに図柄表示装置制御処理(S4)を行った後、乱数更新処理を行う(S5)。以後、このステップS2〜ステップS5の工程を順次実行する繰返ルーチンに進む。なお、このメイン制御処理には、主として、メイン制御処理で用いられる乱数を更新するため、割込許可フラグの設定を条件に定期的(たとえば2msごと)にシステムタイマ割込み処理が割込んで実行される。このシステムタイマ割込処理のコマンド出力処理により、図柄指定コマンド等の各種コマンドが主制御回路30から副制御回路40に出力される。
特別図柄制御処理は、図34に示すフローチャートのようにして行われる。特別図柄制御処理を開始すると、まず、制御状態フラグをロードする(S11)。この制御状態フラグは、液晶表示装置16における図柄の可変表示画像を用いた特別図柄ゲームの状態を示すフラグであって、メインCPU31が後続の各ステップいずれを実行するかを判定するためのデータが設定されている。
次に、特別図柄記憶チェック処理(S12)が図35に示すフローチャートの手順に沿って行われる。この特別図柄記憶チェック処理を開始すると、メインCPU31は、制御状態フラグが特別図柄記憶チェックを示すデータ“00”か否かを判断する(S21)。その結果、“00”でなければ処理を終了する。また、“00”である場合には、保留球数が“0”か否かを判定する(S22)。その結果、保留個数が“0”であればデモ表示処理を行い(S23)、その後、処理を終了する。一方、保留個数が“0”でなければ、制御状態フラグに特別図柄変動時間管理を示すデータ“01”をセットする(S24)。
制御状態フラグに特別図柄変動時間管理を示すデータ“01”をセットしたら、大当り判定用前処理を行う(S25)。このとき、メインCPU31は高確率フラグを読み出して大当り判定テーブルを選択し、大当り判定用乱数値を用いて選択された大当り判定テーブルをサーチする。
それから、大当り判定用前処理において大当り判定テーブルをサーチした結果に基づいて、大当り判定として、大当りであるか否かの判断を行う(S26)。その結果、大当りである場合には、図7(a)に示す特別図柄決定テーブルを参照し、大当り図柄の決定処理を行い(S27)、大当りでなければはずれ図柄の決定処理を行う(S28)。
大当り図柄の決定処理では、遊技球が始動入賞口9に入賞するときに抽出される大当り用図柄乱数から大当りの種別を判断する。その結果、15R継続確変大当りである場合には、特別図柄として「F」を選択するとともに図柄指定コマンドz0を選択し、選択した図柄指定コマンドz0をメインRAM33に設けられた送信バッファにセットする。また、2R継続確変大当りである場合には、特別図柄として「A」を選択するとともに図柄指定コマンドz1を選択し、選択した図柄指定コマンドz1を送信バッファにセットする。さらに、通常大当りである場合には、特別図柄として「H」を選択するとともに図柄指定コマンドz2を選択し、選択した図柄指定コマンドz2を送信バッファにセットする。
また、はずれ図柄の決定処理では、特別図柄として「−」を選択するとともに図柄指定コマンドz3を選択し、選択した図柄指定コマンドz3をメインRAM33に設けられた送信バッファにセットする。
その後、メインCPU31は変動パターンの決定を行う(S29)。変動パターンの決定では、図7(b)に示す変動パターンテーブルを用い、複数、たとえば0〜99の乱数のうちから1つの乱数を取得し、ステップS26における大当り判定の結果に基づいて変動パターンコマンドを選択して決定する。メインCPU31は、決定した変動パターンコマンドをメインRAM33に設けられた送信バッファにセットする。
その後、決定された変動パターンに対応する変動時間を待ち時間タイマ(t)にセットする(S30)。それから、今回の変動に用いられた記憶領域をクリアし(S31)、特別図柄記憶チェック処理が終了する。
図34に示すフローに戻り、特別図柄記憶チェック処理が済んだら、特別図柄変動時間管理処理を行う(S13)。特別図柄変動時間管理処理では、制御状態フラグが特別図柄変動時間管理を示す“01”である場合に図柄表示処理を行う。図柄表示処理では、ステップS29で決定された変動パターンに対応するパターンで特別図柄を特別表示装置16bに表示させる表示処理を行う。その後、ステップS30で決定された変動時間の待ち時間タイマ(t)が0となったら制御状態フラグに特別図柄表示時間管理を示すデータ“02”をセットし、さらに特別図柄変動時間が確定した後の時間に対応する確定後待ち時間(たとえば1秒)を待ち時間タイマ(t)にセットするこうして、特別図柄変動時間管理処理を終了する。
特別図柄変動時間管理処理が済んだら、特別図柄表示時間管理処理を行う(S14)。特別図柄表示時間管理処理では、制御状態フラグが特別図柄確定停止時間管理を示す値“02”である場合に停止表示処理を行う。停止表示処理では、図35に示すステップS27またはステップS28で決定された図柄を特別表示装置16bに停止表示させる処理を行う。その後、特別図柄変動時間管理処理で決定された確定後待ち時間タイマ(t)が0となったら、ステップS26大当り判定の結果に基づく制御フラグをセットする。具体的に、大当り判定の結果が大当りであった場合には、制御状態フラグに大当り開始インターバル管理を示すデータ“03”をセットし、大当り開始インターバルに対応する時間を待ち時間タイマ(t)にセットする。一方、大当り判定の結果がはずれであった場合には、制御状態フラグに特別図柄ゲーム終了を示すデータ“04”をセットし、処理を終了する。
特別図柄表示時間管理処理が済んだら、大当り開始インターバル管理処理を行う(S15)。大当り開始インターバル管理処理では、制御状態フラグが大当り開始インターバル管理を示すデータ“03”であるときは、ステップS13でセットされた大当り開始対応時間だけ待機し、大当り開始対応時間が経過したのち、大入賞口の開放させるため、メインROM32から読み出されたデータに基づいてメインRAM33に位置づけられた変数を更新する。さらに、メインCPU31は大入賞口開放中を示すデータ“04”を制御状態フラグにセットし、開放上限時間を大入賞口時間タイマにセットする。開放上限時間は、ステップS27で決定された特別図柄が「F」「H」である場合には29秒とし、ステップS27で決定された特別図柄が「A」である場合には0.5秒とする。
さらに、大入賞口開放中処理を行う(S16)。大入賞口開放中処理では、制御状態フラグが大入賞口開放中を示すデータ“04”であるときに以下の処理を行い、“04”でなければ行わないようになっている。すなわち、メインCPU31は、大入賞口入賞カウンタが10以上であるか、開放上限時間を経過した(大入賞口時間タイマが“0”)のいずれかを満たすときに、大入賞口を閉鎖させるためメインRAM33に位置づけられた変数を更新する。また、メインCPU31は制御状態フラグが大入賞口内残留球監視を示すデータ“05”をセットして、大入賞口内残留球監視時間(たとえば1秒)を待ち時間タイマにセットし、大入賞口内残留球監視時間を経過したのち、次のステップに進むように設定する。いずれかも満たしたと判定されないときは、上述の処理を実行することなく次のステップに進む。
続いて、大入賞口内残留球監視処理を行う(S17)。大入賞口内残留球監視処理では制御状態フラグが大入賞口内残留球監視を示すデータ“05”であるときに以下の処理を行い、“05”でなければ行わないようになっている。メインCPU31は、大入賞口内残留球監視時間が経過したときに、大入賞口開放回数カウンタが最終ラウンドを示す数値となっているか否かを判定する。最終ラウンドを示す数値は、15R確変大当り、通常大当りの場合は「15」、2R確変大当りの場合は「2」となる。この判定の結果、最終ラウンドであるときは大当り終了インターバルを示すデータ“07”を制御状態フラグにセットして大当り終了インターバルに対応する時間(以下「大当り終了対応時間」という)を待ち時間タイマにセットする。これにより、大当り終了対応時間を経過したのち、大当りインターバル処理を実行するように設定する。いすれも満たされない場合は大入賞口再開放待ち時間管理を示すデータ“06”を制御状態フラグにセットする。また、ラウンド間インターバルに対応する時間を待ち時間タイマにセットし、その待ち時間を経過したのち、ステップS18における大入賞口再開放前待ち時間管理処理を実行するように設定する。
続いて、大入賞口再開放前待ち時間管理処理を行う(S18)。大入賞口再開放前待ち時間管理処理では、制御状態フラグが大入賞口再開放前待ち時間管理処理を示すデータ“06”であるときは、ラウンド間インターバルに対応する時間だけ待機する。メインCPU31はラウンド間インターバルに対応する時間を経過した場合に、大入賞口開放回数カウンタを“1”加算して更新し、大入賞口開放中を示すデータ“04”を制御状態フラグにセットし、開放上限時間を大入賞口時間タイマにセットする。開放上限時間は、ステップS27で決定された特別図柄が「F」「H」である場合には29秒とし、ステップS27で決定された特別図柄が「A」である場合には0.5秒とする。また、この大入賞口再開放前待ち時間管理処理において、主制御回路30から副制御回路40の大入賞口開放コマンドを送信する。
それから、大当り終了インターバル処理を行う(S19)。大当り終了インターバル処理では、図36に示すように、制御状態フラグが大当り終了インターバルを示す“07”か否かが判定され(S32)、“07”でなければ大当り終了インターバル処理が終了する。また、制御フラグが“07”であれば大当り終了インターバルに対応する待ち時間タイマ(t)が“0”か否かを判定し、“0”でなければ大当り終了インターバル処理が終了する(S33)。また、待ち時間タイマ(t)が“0”であれば、制御状態フラグに特別図柄ゲーム終了を示す“08”がセットされる(S34)。
次に、確変に当選しているか否か(ステップ27で選択された大当り図柄が確変大当り図柄か通常大当り図柄か)を判定する(S35)。その結果、確変に当選している場合には、大当り終了後に確変遊技状態に移行する確変遊技状態コマンドを送信バッファにセットし、高確率フラグをセットする(S36)。それから、大当り終了後に時短遊技状態にも移行する時短遊技状態フラグを送信バッファにセットし、時短フラグをセットする(S37)。一方、確変に当選していない場合には、大当り終了後に時短遊技状態に移行する時短遊技状態コマンドを送信バッファにセットし、時短フラグをセットする(S38)。時短回数カウンタを所定数、たとえば100にセットする(S39)。こうして、大当り終了インターバル処理が終了する。
図34に戻り、大当り終了インターバル処理が済んだら、特別図柄ゲーム終了処理を行う(S20)。制御状態フラグが特別図柄ゲーム終了処理を示すデータ“08”であるときに以下の処理を行い、“08”でなければ行わないようになっている。メインCPU31は、保留個数を示すデータを“1”減らすように更新し、大当り判定用乱数カウンタ、大当り停止態様選択用乱数カウンタの各カウント値を順次シフトさせる。ステップS20が終了すると、ステップS2の特別図柄制御処理が終了する。
こうして特別図柄制御処理が終了すると、図33に戻り、普通図柄制御処理を行う(S3)。普通図柄制御処理では、図柄表示装置16bに表示される普通図柄に関する制御を行う。普通図柄制御処理を開始すると、普通図柄制御状態フラグを読出し、そのフラグに応じて普通図柄の変動時間、停止表示された普通図柄の態様を監視する。そして、その普通図柄の態様が所定の態様であるときは羽根9aの開放、閉鎖を示す変数をメインRAM33に記憶して、普通図柄制御処理が終了する。
それから、図柄表示装置制御処理を行う(S4)。図柄表示装置制御処理では、ステップS2における特別図柄制御処理およびステップS3における普通図柄制御処理の結果に基づいて、図4に示す特別図柄J、普通図柄Nなどの可変表示の表示制御を行う。
その後、乱数更新処理を行う(S5)。ここでは、はずれ図柄用乱数、リーチ判定用乱数、演出条件選択用乱数などを所定の演算方法により更新する乱数更新処理を行って処理を終了する。そして、ステップS2に戻り繰返しルーチンが繰り返し行われる。
(システムタイマ割込処理の動作手順)
主制御回路30では、上述したメイン制御処理とともに、割込許可フラグが設定されていることを条件に、主として、メイン制御処理で用いられる乱数を更新するため、定期的(たとえば2msごと)にメイン制御処理に割込むシステムタイマ割込処理を図37に示すフローチャートに沿って実行している。以下、システムタイマ割込処理の手順を図37に示すフローチャートを参照して説明する。
図37に示すように、パチンコ遊技機1は、システムタイマ割込処理を開始すると、メモリ内の記憶領域(レジスタ)に記憶された、メイン制御処理における実行中のプログラムアドレスデータ等を一旦退避させ(S41)、乱数更新処理を行う(S42)。乱数更新処理では、メインCPU31が、大当り判定用の乱数や大当り図柄決定用の乱数を更新する処理を行う。乱数更新処理が済んだら、スイッチ入力検出処理を行う(S43)。
スイッチ入力検出処理では、賞球関連スイッチの入力チェック、特別図柄ゲーム関連のスイッチ入力チェック、普通図柄関連のスイッチ入力チェックを行う。特別図柄ゲーム関連のスイッチ入力チェックでは、カウントスイッチ11CS、始動入賞口スイッチ9Sそれぞれの検出信号の出力チェックを行い、始動入賞口スイッチ9Sからの出力があると、始動記憶数カウンタが4未満のときに以下の処理を行う。また、始動記憶数カウンタが4以上の場合には、可変表示中や大当り中に始動入賞口9に遊技球が入賞した場合は最大4つまで始動記憶として乱数を記憶するため、以下の処理を行わない。
そして、大当り判定用乱数カウンタから大当り判定乱数を抽出し、大当り図柄決定用乱数カウンタから大当り図柄用乱数を抽出する。また、抽出した大当り判定用乱数および大当り図柄用乱数をメインRAM33に記憶させ、これらの乱数がステップS26〜ステップS27における大当り判定および大当り図柄の決定処理に用いられる。これをもってスイッチ入力検出処理を終了する。
スイッチ入力検出処理が済んだら、タイマ更新処理を行う(S44)。タイマ更新処理では、待ち時間タイマなどを更新する。タイマ更新処理の後は、遊技情報データ生成処理を行う(S45)。遊技情報データ生成処理では、パチンコ遊技機1から図示しないホールコンピュータへの出力信号を生成する。それから、メインRAM33に記憶されているデータに基づき各ソレノイド、モータのON,OFFを制御するなどして出力処理を行い(S46)、続いて、各種コマンドを出力するコマンド出力を行う(S47)。コマンド出力では、送信バッファにセットされている図柄指定コマンドや変動パターンコマンドなどの各種コマンドをコマンド出力ポート35より、副制御回路40に送信する。
続いて、ランプ制御処理(S48)および払出処理(S49)を行う。ランプ制御処理では、ランプ点滅コマンドを副制御回路40に出力する。また、払出処理では、賞球数を示すデータを含む賞球コマンドを払出装置81に出力する。なお、払出装置81は賞球コマンドに対応する賞球の払出しを行う。払出処理が済んだら、退避させたメイン制御処理のプログラムアドレスデータ等のレジスタを復帰させ(S50)、メイン制御処理を中断した(退避させた)時点から再開する。その後、メインRAM33の変数、フラグ等を更新して割込許可を行い(S51)、システムタイマ割込処理が終了する。
(副制御回路の動作手順)
次に、副制御回路40の動作について説明する。副制御回路40では、主制御回路30から送信されたコマンドを受信することにより、図柄表示制御、音制御、およびランプ制御等を行う。図38は、副制御回路40により繰返し実行されるサブ制御処理の手順を示すフローチャートである。
図38に示すように、サブCPU41では、最初に所定の初期化処理を行い(S61)、次に乱数更新処理を行う(S62)。続いて、主制御回路30から送信され、受信バッファに格納されている各種コマンドのコマンド解析制御処理を行う(S63)。コマンド解析制御処理については、後に詳しく説明する。それから、このコマンド解析制御処理の結果に基づいて表示制御処理を行う(S64)。表示制御処理では、コマンド解析処理で決定された装飾図柄および表示パターンなどに基づいて、図柄表示制御を行い、続いて背景表示制御処理を行う。
その後、音制御処理を行う(S65)。音制御処理では、主制御回路30からのコマンドに基づいてスピーカ18L,18Rから発生させる音声に関する音声制御処理を行う。この音声制御処理では、音源IC61は、音声データROM63から音声データを読み出し、音声データを所定の音声信号に変換して、その音声信号をAMP62に供給する。このAMP62は、音声信号を増幅して、スピーカ18L,18Rから音声を発生させる。
続いて、ランプ制御処理を行う(S66)。ランプ制御処理では、主制御回路30からのコマンドに基づいて装飾ランプ19L,19Rの点滅に関するランプ制御処理を実行する。このランプ制御処理では、サブCPU41は、装飾データROM71からランプ装飾パターンを読み出し、ドライブ回路72を介して、装飾ランプ19L,19Rを点滅させる。以降ステップS62〜ステップS66を繰り返し実行する。
次に、主制御回路30から送信されたコマンドを受信した際の処理について説明する。図39に示すように、主制御回路30から送信されたコマンドを副制御回路40が受信したら、まず保護レジスタを退避する(S71)。次に、主制御回路30からの送信で入力されたコマンドをサブRAM43における受信バッファに格納する(S72)。続いて、レジスタを復帰させる(S73)。こうしてコマンドを受信した際の処理は終了する。
続いて、図38のステップS63に示すコマンド解析制御処理について説明する。図40は、コマンド解析制御処理の手順を示すフローチャートである。図40に示すように、コマンド解析制御処理では、まず副制御回路40が主制御回路30から変動パターンコマンドを受信したか否かを判断する(S81)。具体的には、受信バッファに変動パターンコマンドが格納されているかを確認する。その結果、変動パターンコマンドを受信していれば、表示パターン決定処理を行う(S82)。
図41は、表示パターン決定処理の手順を示すフローチャートである。図41に示すように、表示パターンを選択して決定する(S91)。表示パターンの決定は、表示パターン決定抽選によって表示パターン決定乱数を取得し、取得された表示パターン決定乱数と、主制御回路30から送信される変動パターンコマンドとを、図8に示す表示パターンテーブルに参照することによって行われる。
表示パターンを決定したら、リーチであるか否かを判断する(S92)。リーチであるか否かの判断は、受信した変動パターンコマンドがリーチに対応する変動パターンコマンド(h2〜h5)に該当するか否かによって行われる。なお、ここでの「リーチ」とは、発展リーチ演出用図柄Hが表示される前の主図柄リーチ状態のほか、発展図柄からスーパーリーチに発展する態様も含むものである。
その結果、リーチであると判断した場合には、後の詳細表示パターン決定処理を行うので、そのまま表示パターン決定処理を終了する。一方、主制御回路30から送信された変動パターンコマンドがh0、h1、h6であり、リーチでないと判断した場合には、非リーチパターン決定処理を行う(S93)。非リーチパターン決定処理では、装飾図柄の表示パターンと、各図柄表示領域に装飾図柄を停止表示させる停止タイミングを決定する。非リーチパターン決定処理での表示パターンは、ステップS91で選択された表示パターンがそのまま決定される。また、非リーチパターン決定処理での停止タイミングは、第一停止図柄が停止表示されてから第二停止図柄が停止表示されるまでの時間、第二停止図柄が停止表示されてから第三停止図柄が停止表示されるまでの時間、および第三停止図柄が停止表示されてから第四停止図柄が停止表示されるまでの時間がほぼ同一に設定される。また、各図柄表示領域に表示される装飾図柄は、後のステップS129で決定する。非リーチパターン決定処理が済んだら、非リーチパターンデータをセットする(S94)。こうして、表示パターン決定処理を終了する。
表示パターン決定処理が済んだら、続いて詳細表示パターン決定処理を行う(S83)。詳細表示パターン決定処理では、詳細表示パターン決定抽選を行って詳細表示パターン決定乱数を取得する。次に、表示パターンがhz2〜hz8、hz14〜hz26のいずれかである場合に、ステップS91で選択された表示パターンと詳細表示パターン決定抽選で取得された詳細表示パターン決定乱数とを図11および図12に示す詳細表示パターン決定テーブルに参照し、詳細表示内容として、リーチから発展または発展図柄から発展のいずれとするかを決定する。また、変動パターンコマンドがh2〜h5のいずれでもないh0、h1、h6の場合には、取得した詳細表示パターン決定乱数を廃棄し、詳細表示パターンの決定を行うことなく次のステップに進む。
こうして、詳細表示パターン決定処理が済んだら、リーチ対応決定処理を行う(S84)。リーチ対応決定処理は、図42に示すフローに沿って行われる。リーチ対応決定処理では、まず、リーチであるか否かを判断する(S101)。リーチであるか否かの判断は、ステップS92と同様にして行われる。その結果、リーチでないと判断した場合には、ステップS93において、すでに非リーチパターンが決定されているので、リーチ対応決定処理を終了する。
一方、リーチであると判断した場合には、スーパーリーチに発展するか否かを判断する(S102)。スーパーリーチへ発展するか否かの判断は、受信した変動パターンコマンドがスーパーリーチに対応する変動パターンコマンド(h3、h5)に該当するか否かによって行われる。その結果、スーパーリーチに発展すると判断しないと判断した場合には、ステップS107に進み、スーパーリーチに発展すると判断した場合には、リーチから発展か否かを判断する(S103)。リーチから発展か否かの判断は、ステップS83の詳細表示パターン決定処理によって決定されている。
その結果、リーチからの発展でないと判断した場合には、リーチ対応決定処理を終了する。一方、リーチからの発展であると判断した場合には、チャンス目を表示するか否かを判断する(S104)。チャンス目であるか否かは、ステップS83の詳細表示パターン決定処理によって決定されている。具体的に、図11および図12に示す詳細表示パターン決定テーブルを用いて決定された詳細表示パターンがHza01〜Hza02、Hzb01〜Hzb02、Hzc01〜Hzc02、Hzd01〜Hzd02、Hze01〜Hze02、Hza21〜Hza22、Hzb21〜Hzb22、Hzc21〜Hzc22、Hzd21〜Hzd22、Hze21〜Hze22の場合にチャンス目を表示すると判断する。
その結果、チャンス目を表示すると判断した場合には、チャンス目表示パターン決定処理を行う(S105)。チャンス目パターン決定処理では、装飾図柄の表示パターンと、各図柄表示領域に装飾図柄を停止表示させる停止タイミングを決定する。チャンス目パターン決定処理でのチャンス目表示パターンの決定は、図14〜図17に示すチャンス目表示パターン決定テーブルを用いて行う。また、各図柄表示領域に表示される装飾図柄は、後のステップS129で決定する。
こうして、チャンス目表示パターンを決定したら、チャンス目表示パターンデータをセットする(S106)。続いて、リーチ成立ライン決定処理を行う(S107)。また、ステップS101でチャンス目を表示しないと判断した場合にも、リーチ成立ライン決定処理を行う(S107)。リーチ成立ラインの決定処理では、リーチ成立ラインを決定する。リーチ成立ラインを決定するにあたり、チャンス目の表示を行う場合には、チャンス目の決定と同時に、図14〜図17に示すチャンス目表示パターン決定テーブルを用いて行う。また、チャンス目の表示を行わない場合には、別途設けた成立ライン決定テーブルを参照して、1〜8ラインのリーチ成立ラインを決定する。
こうしてリーチ成立ラインパターンを決定したら、リーチ成立ラインデータをセットし(S108)、リーチ対応決定処理を終了する。
図39に戻り、リーチ対応決定処理が済んだら、仮停止図柄成立パターン決定処理を行う(S85)。仮停止図柄成立パターン決定処理は、図43に示すフローに沿って行われる。仮停止図柄成立パターン決定処理では、発展図柄からの発展であるか否かを判断する(S111)。発展図柄からの発展であるか否かは、詳細表示パターン決定テーブルを参照して決定される詳細表示パターンに基づいて判断される。発展図柄からの発展であるか否かの判断の結果、発展図柄からの発展ではないと判断された場合には、仮停止図柄成立パターン決定処理をそのまま終了する。
一方、発展図柄からの発展であると判断した場合には、発展図柄の成立ラインパターン決定処理を行う(S112)。発展図柄の成立ラインパターン決定処理では、発展図柄の成立ラインパターンを決定する。発展図柄の成立ラインパターンの決定は、図23〜図29に示すリーチ発展図柄決定テーブルを参照して行われる。
また、こうして決定した発展図柄の成立ラインパターンをデータにセットする(S113)。そして、仮停止図柄成立パターン決定処理を終了する。
図40に戻り、仮停止図柄成立パターン決定処理が済んだら、図柄指定コマンドを受信したか否かを判断する(S86)。その結果、図柄指定コマンドを受信していないと判断した場合には、その他受信したコマンドに対応する処理を実行して、コマンド解析処理を終了する。一方、図柄指定コマンドを受信している場合には、8ライン停止図柄決定処理を行う(S87)。
8ライン停止図柄決定処理は、図44に示すフローに沿って行われる。8ライン停止図柄決定処理では、まず、リーチであるか否かを判断する(S121)。リーチであるか否かの判断は、図8に示す表示パターンテーブルを参照して決定される表示パターンによって判断される。その結果、リーチでないと判断した場合には、ステップS94でセットした非リーチパターンデータを参照する(S122)。
また、リーチであると判断した場合には、発展図柄から発展するか否かを判断する(S123)。発展図柄から発展するか否かは、詳細表示パターン決定テーブルを参照して決定される詳細表示パターンに基づいて判断される。その結果、発展図柄からの発展であると判断した場合には、ステップS113でセットした発展図柄の成立ラインパターンデータを参照する(S124)。
一方、発展図柄からの発展ではないと判断された場合には、チャンス目を表示するか否かを判断する(S125)。チャンス目を表示するか否かは、詳細表示パターン決定テーブルを参照して決定される詳細表示パターンに基づいて判断される。
その結果、チャンス目を表示すると判断した場合には、ステップS104でセットしたチャンス目表示パターンデータを参照する(S126)。それから、チャンス目表示パターンデータを参照した後、およびステップS125でチャンス目を表示しないと判断した場合に、ステップS105でセットしたリーチ成立ラインデータを参照する(S127)。
こうして、ステップS122、S124、S126、S127において各データを参照したら、ステップS91で決定した表示パターンを参照する(S128)。そして、たとえば発展図柄からスーパーリーチが表示された後に大当り図柄が表示される表示パターンが決定された際、発展図柄として軍配図柄が多く表示されていれば軍配リーチに発展しやすくする。それから、主制御回路30から送信された図柄指定コマンドを参照する(S129)。その後、各データおよび図柄指定コマンドに基づいて、停止図柄を決定する(S130)。停止図柄を決定する際には、それぞれ参照するデータに対応する、図8、図14〜図19、図23〜図29に示すテーブルに図柄指定コマンドや表示パターンなどを参照し、所定の乱数を取得して、それぞれの停止図柄を決定する。
たとえば、図柄指定コマンドとしてz0〜z2のいずれかを受信した場合には、成立ラインL1〜L8の1ライン以上の各図柄表示領域における停止図柄が主図柄となるように停止図柄を決定する。また、図柄指定コマンドとしてz3を受信した場合には、成立ラインL1〜L8の各図柄表示領域における停止図柄として主図柄の「7」を決定されないように停止図柄を決定する。仮に、成立ラインL1〜L8の各図柄表示領域における停止図柄として主図柄の「7」が選択された場合には、停止図柄の選択をやり直す。さらに、図8に示す表示パターンを参照してリーチでないと判定された場合には、各図柄表示領域に主図柄の「7」が主図柄リーチ状態にならないように停止図柄を決定する。仮に、各図柄表示領域に主図柄の「7」が主図柄リーチ状態になるように停止図柄が選択された場合には、停止図柄の選択をやり直す。
こうして、停止図柄を決定したら、図柄指定コマンドをクリアし(S131)、8ライン停止図柄決定処理が終了する。
8ライン停止図柄決定処理(S87)が済んだら、発展リーチ演出用図柄決定処理を行う(S88)。発展リーチ演出用図柄決定処理では、詳細表示パターンを参照し、発展リーチ演出が行われる際、発展リーチ演出用図柄決定乱数の中から取得された1つの決定乱数を採用し、取得した乱数に応じた発展リーチ演出用図柄を決定する。また、発展リーチ演出が行われない場合には、発展リーチ演出用図柄決定乱数の中から取得された1つの決定乱数は破棄する。さらに、発展リーチ演出用図柄決定処理では、主制御回路30から送信された図柄指定コマンドを参照し、発展リーチ演出用図柄Hを決定する。サブCPU41は、発展リーチ演出用図柄決定抽選を行っており、発展リーチ演出用図柄決定抽選では、複数、たとえば0〜9の乱数から、1つの発展リーチ演出用図柄決定乱数を取得する。このときに取得された発展リーチ演出用図柄決定乱数に基づいて、発展リーチ演出用図柄Hを決定する。こうして、コマンド解析処理が終了する。
次に、特別図柄ゲームの流れについて説明する。特別図柄ゲームでは、始動入賞口9に遊技球が入賞し、始動入賞口スイッチ9Sが遊技球の検出信号を主制御回路30に出力すると、主制御回路30では大当り抽選を行う。主制御回路30は、その抽選結果に基づいて、図7(a)に示す特別図柄決定テーブルから図柄指定コマンドを選択して決定するとともに、図7(b)に示す変動パターンテーブルから変動パターンコマンドを選択して決定選択する。主制御回路30は、選択した図柄指定コマンドおよび変動パターンコマンドをそれぞれ副制御回路40に送信する。副制御回路40では、受信した図柄指定コマンドに基づいて、装飾図柄を決定するとともに、決定された装飾図柄および受信した変動パターンテーブルから変動演出パターンを決定する。
表示領域16aにおいては、始動入賞口9に遊技球が入賞する前は、9つの図柄表示領域において、各装飾図柄は停止表示されている。また、図4に示す図柄表示装置16bでは、特別図柄Jが停止表示されている。この状態から、始動入賞口9に遊技球が入賞すると、図45(a)に示すように、各図柄表示領域E1〜E9における装飾図柄および特別図柄Jが変動表示を開始する。なお、図中の下向きの矢印は装飾図柄が変動表示中であることを意味する。
それから、所定の変動時間が経過した後、図45(b)に示すように、第一,第九図柄表示領域E1,E9における装飾図柄(第一停止図柄)が停止表示(仮停止表示)される。続いて、図45(c)に示すように第二,第四,第六,第八図柄表示領域E2,E4,E6,E8における装飾図柄(第二停止図柄)が停止表示される。
その後、図46(a)に示すように、第三,第七図柄表示領域E3,E7における装飾図柄(第三停止図柄)が停止表示され、最後に第五図柄表示領域E5における装飾図柄(最終停止図柄)が停止表示される。また、発展図柄が表示されてから発展リーチ演出に発展する際には、図46(b)に示すように、「リーチ」の文字が表示される。その後、画面が白くフェードアウトされるとともに、小槌の発展図柄が回転するように表示され、発展図柄が発展リーチ演出用図柄に切り替わり、図46(c)に示すような発展リーチ演出が表示される。図46(c)に示す発展リーチ演出の例は小槌リーチである。
このように、本実施形態においては、複数の図柄表示領域E1〜E9に停止表示される副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定手段を備え、大当り遊技状態移行判定手段による大当り判定に基づいて、副図柄の組合せ態様を決定することができる。これにより、大当りの場合と、はずれの場合とで、停止表示させる副図柄の組合せ態様を変化させることが可能となる。このため、複数の図柄表示領域E1〜E9に停止表示される副図柄の組合せ態様によって、大当り期待度を報知させることができる。遊技者は、例えば「チャンス目2」が表示されると、大当りとなる確率が高いことを知ることができ、副図柄の停止個数に対する興味が増大する。これにより、副図柄の発展組合せ態様が表示されない場合であっても副図柄の役割を高めることができると共に、遊技者の大当りに対する期待を増大させることが可能となり、副図柄を用いて、遊技の興趣の向上を図ることができる。
また、本実施形態に係る遊技機では、各図柄表示領域E1〜E9に主図柄である「7」が表示されない場合であっても、発展図柄が成立ラインに表示されたり、4個以上表示されたりした場合には、発展リーチ演出に発展して大当りとなる可能性が残されている。このため、遊技者は、図柄表示領域E1〜E9に主図柄が表示されない場合でも、大当りへの期待感を持続させることができる。
また、第一成立ラインで主図柄が主図柄リーチ状態となり、その後主図柄はずれ状態となったときでも、他の第二成立ラインで発展図柄の組み合わせが表示されることにより、発展リーチ演出に発展する可能性が残っている。たとえば、図47(a)に示すように、第一停止図柄として、第一,第九図柄表示領域E1,E9の「軍配」の発展図柄が表示され、続いて図47(b)に示すように、第二停止図柄として、第四,第六図柄表示領域E4,E6に主図柄が表示されたとする。この段階で、遊技者は、第二成立ラインL2における主図柄のリーチ状態に注目し、大当りとなるか否かに興味を集中する。
その後、図48(a)に示すように、第三停止図柄として、第七図柄表示領域E7に「軍配」の発展図柄が表示される。この段階で、第三成立ラインL3に発展図柄の組み合わせが成立しており、図48(b)に示すように、第四停止図柄として、第二成立ラインL2に大当り図柄が表示されて大当りとなるか、図48(c)に示すように、第四停止図柄として、第二成立ラインでは大当り図柄が表示されず発展リーチ演出に発展することになる。ここで、したがって、成立ラインに表示されたとしても直接大当りとなることがない副図柄が成立ラインに表示された場合にも、遊技者に対して期待感を維持させることができる。
また、図49(a)に示すように、第一,第四,第六図柄表示領域E1,E4,E6に「小槌」の発展図柄が表示され、第二,第八,第九図柄表示領域E2,E8,E9に「軍配」の発展図柄が表示され、第五図柄表示領域E5が変動表示中であるとする。このとき、図49(b)に示すように、第五図柄表示領域E5に「小槌」の発展図柄が表示されると、第二成立ラインL2において「小槌」の組み合わせが成立し、「小槌リーチ」へと発展する。また、図49(c)に示すように、第五図柄表示領域E5に「軍配」の発展図柄が表示されると、第五成立ラインL5において「軍配」の組み合わせが成立し、「軍配リーチ」へと発展する。このように、成立ラインで成立した組み合わせの発展図柄に対応する発展リーチ演出に発展するので、遊技者に対する興味を増大させることができる。
ここで、図13(a)に示す表示別大当り信頼度表から判るように、「軍配リーチ」の方が「小槌リーチ」よりも大当りに対する信頼度が高く設定されている。このため、遊技者に対して、第五図柄表示領域E5には、「小槌」よりも「軍配」が表示されて欲しいと願わせることができる。このように、主図柄以外の発展図柄によっても、遊技者に対する興味の対象を付与することができ、興趣の向上を図ることができる。
また、たとえば、図50(a)に示すように、第一,第九図柄表示領域E1,E9に「扇子」の発展図柄、第三,第七図柄表示領域E3,E7に「軍配」の発展図柄、第四,第六図柄表示領域E4,E6に「扇子」の発展図柄が表示され、第五図柄表示領域E5が変動表示されている状態とする。この場合、発展図柄が6個停止表示されているので、発展演出には発展するが、成立ラインに発展図柄の組み合わせが表示された場合、その発展図柄に対応する発展リーチ演出に発展する。
ここで、「扇子リーチ」より「酒樽リーチ」、「酒樽リーチ」より「軍配リーチ」の方がそれぞれ大当りに対する信頼度が高い。よって、遊技者に対して、第五図柄表示領域E5に「扇子」より「酒樽」、「酒樽」より「軍配」がそれぞれ停止して欲しいと願わせることができる。ここで、第五図柄表示領域E5における変動表示は、ブランク図柄を除き、図50(b)に示すように、…→「小槌」→「扇子」→「手形」→「酒樽」→「軍配」→…の順となる。このため、遊技者に表示されて欲しいと願わせる発展図柄が、順次遅く現れてくるので、遊技者に対する高揚感を高めることができる。
さらに、図13(b)に示す発展ライン別信頼度表から判るように、チャンス目が表示される場合、チャンス目の態様によって信頼度が異なり、チャンス目が表示されない場合よりもチャンス目1が表示される場合の方が信頼度を高く設定され、さらに、チャンス目1よりもチャンス目2の方が信頼度を高く設定されている。また、発展図柄から発展の場合、特殊型を除いて、ライン数が多く表示される方が、ライン数が少なく表示される方よりも信頼度が高く設定されている。このため、遊技者に対して、チャンス目1よりもチャン目2が表示されて欲しい、または、より多くのライン数に発展図柄の組み合わせが表示されて欲しいと願わせることができる。このように、主図柄以外の発展図柄によっても、遊技者に対する興味の対象を付与することができ、興趣の向上を図ることができる。
(遊技用プログラムの実施形態)
パーソナルコンピュータ(以下、「パソコン」という)等の情報処理装置を用いて上述の実施形態におけるパチンコ遊技機1で実現されるパチンコ遊技を行うための遊技用プログラムの実施形態について、図51を参照して説明する。図51は、遊技用プログラムを実行するパソコン100を示す正面図である。
図51に示されるように、パソコン100は、コンピュータ本体101と、表示領域102に画像を表示する表示装置103と、遊技者や操作者が操作入力を行うキーボード、マウス等を含み、パチンコ遊技機1における発射ハンドル6cやテンキー等と同様の機能を実現し得る操作入力装置104とを有している。なお、パソコン100では、パチンコ遊技機1に備えられている遊技釘8や遊技球を画像として表示装置103に表示して、あたかも遊技釘を備えた遊技領域を遊技球が通過するような画像により、パチンコ遊技機1で実現されるパチンコ遊技を擬似的に行えるようになっている。
コンピュータ本体101は、少なくともCPU、ROM、RAMを有し、そのCPUがRAMに記憶されているデータを用い、ROMに記憶されている遊技用プログラムを含む制御プログラムに従い作動する。
そして、この遊技用プログラムは、上述したメイン制御処理、サブ制御処理及びシステムタイマ割込処理を実行するためのプログラムが含まれていて、パソコン100に対し、以下の(1)〜(9)の各機能を実現させることができるようになっている。すなわち、
(1)通常遊技状態から通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な大当り遊技状態に移行させるか否かの大当り判定を行う大当り遊技状態移行機能と、
(2)所定の演出から発展表示される特定発展演出を含む演出を複数記憶する演出記憶機能と、
(3)演出記憶機能によって記憶された複数の演出から、表示装置103に表示する演出を決定する演出決定機能と、
(4)大当り遊技状態に移行することを報知することに用いる主図柄と、特定発展演出を表示することを報知することに用いる副図柄と、を少なくとも含む識別図柄を表示する複数の図柄表示領域を有する表示装置103に表示する識別図柄を変動表示及び停止表示させる表示制御を行うと共に、演出決定機能によって決定された演出の表示制御を行う表示制御機能と、
(5)演出決定機能によって特定発展演出が決定された場合に、副図柄の組合せ態様として、特定発展演出を表示することを事前に報知(示唆)する発展組合せ態様を表示させるか否かを判定する発展判定機能と、
(6)複数の表示領域に停止表示させる副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定機能と、をコンピュータに実現させ、
(7)副図柄組合せ態様決定機能は、発展判定機能により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に、副図柄の発展組合せ態様を決定し、発展判定機能により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、大当り遊技状態移行判定機能によって判定された判定結果に基づいて、発展組合せ態様とならない副図柄の組合せ態様を決定し、
(8)表示制御機能は、前記副図柄組合せ態様決定機能によって決定された副図柄の組合せ態様を前記複数の図柄表示領域に表示させることができるようになっている。
これらの遊技用プログラムをCPUがROMから読み出し実行することによって、パソコン100において、上述したパチンコ遊技機1におけるパチンコ遊技を擬似的に行えることとなる。
パソコン100において、遊技用プログラムは、ROMに記憶されているが、CD−ROM等の記憶媒体に記憶させておいてもよい。また、図52に示されるように、ネットワーク200を介して、遊技用プログラムを記憶しているサーバ201にパソコン100が接続され、サーバ201から遊技用プログラムをダウンロードするようにしてもよい。パソコン100の代わりに、携帯電話等の携帯端末で遊技用プログラムを実行するようにしてもよい。
以上、本発明の好適な実施形態について説明したが、本発明は上記実施形態に限定されるものではない。たとえば、上記実施形態では、複数の成立ラインが3行3列に設定さているが、その他の態様とすることもできるし、成立ラインが1ラインとする態様とすることもできる。また、上記実施形態では、図柄表示領域に表示される発展図柄を変動表示する際の表示順序は、発展リーチ演出に対応しており、対応する発展リーチ演出の大当り信頼度が低い順に表示されるが、対応する発展リーチ演出の大当り信頼度が高い順に表示される態様とすることもできる。この場合、遊技者に対して、発展図柄の表示があまり進む前に発展図柄が停止するように願わせることができる。あるいは、発展リーチ演出の大当り信頼度がランダムとなるように発展図柄を変動表示させることもできる。他方、上記実施形態では、遊技機として、パチンコ遊技機を対象としているが、たとえばスロットマシン、特に、液晶表示画面を有するスロットマシンを対象とすることもできる。
本発明の実施形態に係るパチンコ遊技機を正面側から示す斜視図である 図1に示すパチンコ遊技機の分解斜視図である。 図1に示すパチンコ遊技機を背面側から示す斜視図である。 図1に示す遊技盤の正面図である。 図1に示すパチンコ遊技機の部分断面図である。 パチンコ遊技機の内部の構成を中心に示すブロック構成図である。 (a)は特別図柄決定テーブルを示す図、(b)は変動パターンテーブルを示す図である。 表示パターンテーブルを示す図である。 (a)は図柄表示領域を示す図、(b)は図柄表示領域に変動表示される装飾図柄の停止順序を説明するための図、(c)は成立ラインを説明するための図である。 (a)は、図柄表示領域に変動表示される装飾図柄の表示順序を説明するため、図柄表示領域を説明する図(b)は(a)におけるA位置の表示順序を示す図、(c)は(a)におけるB位置の表示順序を示す図、(d)は(a)におけるC位置の表示順序を示す図である。 詳細表示パターン決定テーブルの一部を示す図である。 詳細表示パターン決定テーブルの他の一部を示す図である。 (a)は表示別大当り信頼度を示す表、(b)は発展ライン別大当り信頼度を示す表である。 チャンス目1の詳細表示パターン決定テーブルの一部を示す図である。 チャンス目1の詳細表示パターン決定テーブルの他の一部を示す図である。 チャンス目2の詳細表示パターン決定テーブルの一部を示す図である。 チャンス目2の詳細表示パターン決定テーブルの他の一部を示す図である。 (a)は図14〜図17における発展図柄Rの詳細を示す図、(b)は対応発展図柄Sの詳細を示す図である。 (a)は図14〜図17における発展図柄1の詳細を示す図、(b)は発展図柄2の詳細を示す図、(c)は発展図柄3の詳細を示す図、(d)は発展図柄4の詳細を示す図、(e)は発展図柄5の詳細を示す図である。 (a)はチャンス目1の表示パターンの1態様を示す図、(b)はチャンス目1の表示パターンの他の1態様を示す図、(c)はチャンス目2の表示パターンの1態様を示す図、(d)はチャンス目2の表示パターンの他の1態様を示す図である。 (a)〜(d)はそれぞれチャンス目2の表示パターンの1態様を示す図である。 チャンス目2の表示パターンの1態様を示す図である。 1ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 2ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 3ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 4ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 5ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 6ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 (a)は8ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図、(b)は特殊ラインに発展図柄組み合わせを表示する際のリーチ発展図柄決定テーブルを示す図である。 (a)は1ラインに発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(b)は2ライン(クロス型)に発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(c)は2ライン(十字型)に発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(d)は3ラインに発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図である。 (a)は4ラインに発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(b)は5ラインに発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(c)は6ラインに発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(d)は1ラインに発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図である。 (a)は特殊ライン(V型)に発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図、(b)は特殊ライン(山型)に発展図柄組み合わせを表示する表示パターンの1態様を示す図である。 電源を投入したあとに主制御回路により繰返し実行されるメイン制御処理の手順を示すフローチャートである。 特別図柄制御処理の手順を示すフローチャートである。 特別図柄記憶チェック処理の手順を示すフローチャートである。 大当り終了インターバル処理の手順を示すフローチャートである。 メイン制御処理に割込むシステムタイマ割込処理の手順を示すフローチャートである。 副制御回路により繰返し実行されるサブ制御処理の手順を示すフローチャートである。 副制御回路におけるコマンド受信割込処理の手順を示すフローチャートである。 コマンド解析制御処理の手順を示すフローチャートである。 表示パターン決定処理の手順を示すフローチャートである。 リーチ対応決定処理の手順を示すフローチャートである。 仮停止図柄成立パターン決定処理の手順を示すフローチャートである。 8ライン停止図柄決定処理の手順を示すフローチャートである。 特別図柄ゲームにおいて各図柄表示領域に表示される内容を時系列的に示す図であり、(a)は各図柄が変動表示を開始した状態、(b)は第一停止図柄が停止表示された状態、(c)は第二停止図柄が停止表示された状態を示している。 図45に続く状態を示す図であり、(a)は第三停止図柄および第四停止図柄が停止表示された状態、(b)は第四図柄が停止表示された後「リーチ」の文字が表示された状態、(c)は発展リーチ演出(小槌リーチ)が表示された状態を示している。 (a)はチャンス目が表示される際の第一停止図柄が停止表示された状態を示す図、(b)は続いて第二停止図柄が停止表示された状態を示す図である。 図47に続く図であり、(a)は第三停止図柄が停止表示された状態、(b)は第四停止図柄として主図柄が停止表示された状態(大当り)、(c)は第四停止図柄としてブランク図柄が停止表示された状態(チャンス目)を示している。 チャンス目が表示される過程での第三停止図柄が停止表示された状態を示す図、(b)は(a)に続いて、第四停止図柄が停止し、チャンス目が表示された状態を示す図、(c)は(a)に続いて、(b)と異なる態様で第四停止図柄が停止し、チャンス目が表示された状態を示す図である。 (a)チャンス目が表示される過程での第三停止図柄が停止表示された状態を示す図、(b)はその後、第五図柄表示領域に変動表示される装飾図柄の表示順序を示す図である。 遊技用プログラムを実行するパソコンを示す正面図である。 図51のパソコンと、ネットワークを介して接続されるサーバとを示す概略図である。
符号の説明
1…パチンコ遊技機、4…遊技盤、11…大入賞口、16…液晶表示装置、16a…表示領域、21…主制御基板 、22…副制御基板、30…主制御回路、31…メインCPU、40…副制御回路、41…サブCPU、50…画像制御回路、60…音声制御回路、70…ランプ制御回路、80…払出・発射制御回路、100…パソコン、101…コンピュータ本体、102…表示領域、103…表示装置、104…操作入力装置、E1〜E9…図柄表示領域。

Claims (3)

  1. 通常遊技状態から前記通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な大当り遊技状態に移行させるか否かの大当り判定を行う大当り遊技状態移行判定手段と、
    所定の演出から発展表示される特定発展演出を含む演出を複数記憶する演出記憶手段と、
    前記大当り遊技状態に移行することを報知することに用いる主図柄と、特定発展演出を表示することを報知することに用いる副図柄と、を少なくとも含む識別図柄を表示する複数の図柄表示領域を有する表示手段と、
    前記演出記憶手段に記憶された複数の演出から、前記表示手段に表示する演出を決定する演出決定手段と、
    前記表示手段に表示する識別図柄を変動表示及び停止表示させる表示制御を行うと共に、前記演出決定手段によって決定された演出の表示制御を行う表示制御手段と、
    前記演出決定手段によって前記特定発展演出が決定された場合に、前記副図柄の組合せ態様として、前記特定発展演出を表示することを事前に報知する発展組合せ態様を表示させるか否かを判定する発展判定手段と、
    前記複数の表示領域に停止表示させる副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定手段と、を備え、
    前記副図柄組合せ態様決定手段は、前記発展判定手段により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に前記副図柄の発展組合せ態様を決定し、前記発展判定手段により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、前記大当り遊技状態移行判定手段によって判定された判定結果に基づいて、発展組合せ態様とならない前記副図柄の組合せ態様を決定し、
    前記表示制御手段は、前記副図柄組合せ態様決定手段によって決定された前記副図柄の組合せ態様を前記複数の図柄表示領域に表示させることを特徴とする遊技機。
  2. 複数種類の副図柄を記憶する副図柄記憶手段を備え、
    前記演出記憶手段は、前記副図柄の種類に対応する複数種類の前記特定発展演出を記憶し、
    前記副図柄組合せ態様決定手段は、前記演出決定手段によって決定された特定発展演出の種類に対応する副図柄から構成された発展組合せ態様を決定することを特徴とする請求項1記載の遊技機。
  3. 通常遊技状態から前記通常遊技状態よりも遊技者にとって有利な大当り遊技状態に移行させるか否かの大当り判定を行う大当り遊技状態移行判定機能と、
    所定の演出から発展表示される特定発展演出を含む演出を複数記憶する演出記憶機能と、
    前記演出記憶機能に記憶された複数の演出から、表示手段に表示する演出を決定する演出決定機能と、
    前記大当り遊技状態に移行することを報知することに用いる主図柄と、特定発展演出を表示することを報知することに用いる副図柄と、を少なくとも含む識別図柄を表示する複数の図柄表示領域を有する表示手段に表示する識別図柄を変動表示及び停止表示させる表示制御を行うと共に、前記演出決定機能によって決定された演出の表示制御を行う表示制御機能と、
    前記演出決定機能によって前記特定発展演出が決定された場合に、前記副図柄の組合せ態様として、前記特定発展演出を表示することを事前に報知する発展組合せ態様を表示させるか否かを判定する発展判定機能と、
    前記複数の表示領域に停止表示させる副図柄の組合せ態様を決定する副図柄組合せ態様決定機能と、をコンピュータに実現させる遊技用プログラムであって、
    前記副図柄組合せ態様決定機能は、前記発展判定機能により発展組合せ態様を表示させると判定された場合に前記副図柄の発展組合せ態様を決定し、前記発展判定機能により発展組合せ態様を表示させないと判定された場合に、前記大当り遊技状態移行判定機能によって判定された判定結果に基づいて、発展組合せ態様とならない前記副図柄の組合せ態様を決定し、
    前記表示制御機能は、前記副図柄組合せ態様決定機能によって決定された前記副図柄の組合せ態様を前記複数の図柄表示領域に表示させることを前記コンピュータに実現させることを特徴とする遊技用プログラム。
JP2005363744A 2005-12-16 2005-12-16 遊技機及び遊技用プログラム Pending JP2007159993A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005363744A JP2007159993A (ja) 2005-12-16 2005-12-16 遊技機及び遊技用プログラム

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005363744A JP2007159993A (ja) 2005-12-16 2005-12-16 遊技機及び遊技用プログラム

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007159993A true JP2007159993A (ja) 2007-06-28

Family

ID=38243553

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005363744A Pending JP2007159993A (ja) 2005-12-16 2005-12-16 遊技機及び遊技用プログラム

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2007159993A (ja)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006343963A (ja) * 2005-06-08 2006-12-21 Canon Inc 制御装置
JP2015071095A (ja) * 2015-01-19 2015-04-16 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015071088A (ja) * 2015-01-19 2015-04-16 京楽産業.株式会社 遊技機

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002000853A (ja) * 2000-06-20 2002-01-08 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2002045492A (ja) * 2000-07-31 2002-02-12 Sankyo Kk 遊技機

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002000853A (ja) * 2000-06-20 2002-01-08 Taiyo Elec Co Ltd 遊技機
JP2002045492A (ja) * 2000-07-31 2002-02-12 Sankyo Kk 遊技機

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006343963A (ja) * 2005-06-08 2006-12-21 Canon Inc 制御装置
JP4649271B2 (ja) * 2005-06-08 2011-03-09 キヤノン株式会社 制御装置
JP2015071095A (ja) * 2015-01-19 2015-04-16 京楽産業.株式会社 遊技機
JP2015071088A (ja) * 2015-01-19 2015-04-16 京楽産業.株式会社 遊技機

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4813988B2 (ja) 遊技機
JP2007159999A (ja) 遊技機及び遊技用プログラム
JP4809129B2 (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP5189182B2 (ja) 遊技機
JP4763513B2 (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP2008000454A (ja) 遊技機
JP2006239308A (ja) 遊技機
JP2007202705A (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP4594119B2 (ja) 遊技機および遊技機用プログラム
JP2006305141A (ja) 遊技機
JP4727452B2 (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP4699910B2 (ja) 遊技機
JP2007215606A (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP2006204780A (ja) 遊技機および遊技機用プログラム
JP2007159993A (ja) 遊技機及び遊技用プログラム
JP4699938B2 (ja) 遊技機及び遊技用プログラム
JP4727451B2 (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP2006305168A (ja) 遊技機
JP2007159992A (ja) 遊技機及び遊技用プログラム
JP2007075282A (ja) 遊技機
JP5189181B2 (ja) 遊技機
JP2007159780A (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP2007159777A (ja) 遊技機および遊技用プログラム
JP2007313103A (ja) 遊技機
JP2007029385A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080818

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101130

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20110426