JP4620850B2 - 遊技機 - Google Patents

遊技機 Download PDF

Info

Publication number
JP4620850B2
JP4620850B2 JP2000280995A JP2000280995A JP4620850B2 JP 4620850 B2 JP4620850 B2 JP 4620850B2 JP 2000280995 A JP2000280995 A JP 2000280995A JP 2000280995 A JP2000280995 A JP 2000280995A JP 4620850 B2 JP4620850 B2 JP 4620850B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
variation
pattern
notification
variable display
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP2000280995A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2002085698A5 (ja
JP2002085698A (ja
Inventor
詔八 鵜川
博史 河村
Original Assignee
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社三共 filed Critical 株式会社三共
Priority to JP2000280995A priority Critical patent/JP4620850B2/ja
Publication of JP2002085698A publication Critical patent/JP2002085698A/ja
Publication of JP2002085698A5 publication Critical patent/JP2002085698A5/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4620850B2 publication Critical patent/JP4620850B2/ja
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Lifetime legal-status Critical Current

Links

Images

Description

【0001】
【発明の属する技術分野】
本発明は、パチンコ遊技機、スロットマシン等の遊技機に係り、特に所定の識別情報を変動表示させる可変表示機能を有する遊技機に関する。
【0002】
【従来の技術】
従来、特図ゲームを行うパチンコ遊技機として、例えば、第1種特別電動役物(アタッカ)を有するパチンコ遊技機がある。このパチンコ遊技機は、遊技領域中に発射された遊技球が、第1種始動口(スタートチャッカ)と呼ばれる入賞口に入賞した際に、乱数値の抽出、すなわち大当たり抽選を行い、抽出した乱数値に基づいて特図ゲームにおける演出表示及び停止図柄態様を決定するものである。
【0003】
例えば、特別図柄表示装置上において左図柄、中図柄、右図柄のように横方向に3つ配置された表示図柄が、左図柄、右図柄、中図柄の順に更新表示を停止し、これら表示図柄がすべて同一図柄で最終的に停止した場合に大当たりとなるものとする。この間、最終停止図柄である中図柄以外の左図柄及び右図柄が同一図柄で仮停止していれば、リーチ表示態様となる。さらに中図柄も同一図柄で仮停止すれば、特定表示態様(大当たり表示態様)となり、そのままの状態で停止すれば、大当たりが確定する。
【0004】
特図ゲームで最も普通に行われる変動表示パターン(以下、通常変動パターンという)は、単純に左図柄、右図柄、中図柄について順に1度の仮停止を行い、全図柄が仮停止を行った時点で、そのままの状態で確定してしまうというものである。この通常変動パターンは、遊技者の見る頻度が最も高い変動表示パターンである。これに対して、1個の遊技球が第1種始動口に入賞し、検出されることで行われる本来的には1回の変動表示であるが、変動表示の開始から終了までの間に、上記した通常変動パターンと同じような表示図柄の変動表示を繰り返して行う変動表示パターン(以下、複数回変動パターンという)を採用しているパチンコ遊技機もある。
【0005】
【発明が解決しようとする課題】
ところで、通常変動パターンによる特図ゲームが最終的に確定する前に、次の遊技球が入賞し、その入賞が保留記憶がされていると、通常変動パターンによる変動表示が終了するとすぐに、次の特図ゲームが開始される。この次の特図ゲームでも遊技球が第1種始動口に入賞し、検出された際に抽選によって通常変動パターンが選択されていたとすると、通常変動パターンによる変動表示が行われる。同様の処理が繰り返されることで、遊技者は、通常変動パターンによる変動表示を連続して見ることとなる場合がある。
【0006】
一方、複数回変動パターンを有するパチンコ遊技機では、1個の遊技球の入賞による抽選の結果、複数回変動表示パターンが選択されると、通常変動パターンと同様の変動表示が連続して行われるが、これはあくまでも1回の特図ゲームでの変動表示である。しかしながら、複数回変動パターンは、通常変動パターンが連続して繰り返されている場合と見た目上の差異があまりないため、遊技者は、通常変動パターンの連続であると誤解してしまう場合がある。
【0007】
また、上記したような複数回変動パターンを、複数回変動パターンによる大当たり確率を通常変動パターンよりも高くした、価値の高い変動表示パターンとして位置づけているパチンコ遊技機もある。しかしながら、遊技者は、複数回変動パターンを通常変動パターンの連続であると誤解してしまうことにより、価値の高い変動表示パターンによる変動表示が行われていることに気付かない場合がある。
【0008】
本発明は、遊技者が最も目にする所定の変動パターンによる変動が独立して連続して行われている場合と、1回の始動で遊技者がもっとも目にする変動パターンに類似した識別情報の仮停止、再変動が繰り返して行われる複数回変動表示パターンとの差別化を図ることができる遊技機を提供することを目的とする。
【0009】
【課題を解決するための手段】
上記目的を達成するため、本発明の第1の観点にかかる遊技機は、可変表示領域内に表示される識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置(例えば、特別図柄表示装置4)と、遊技の進行を制御する遊技制御手段(例えば、遊技制御部11)と、演出動作を制御する演出制御手段(例えば、表示制御部13、音制御部14、ランプ制御部15)と、を備え、前記遊技制御手段は、予め設定された変動開始条件を満足する場合、前記可変表示領域内に表示される識別情報の変動表示パターン及び変動表示の結果(最終確定態様)を決定する変動表示態様決定手段と、前記変動表示態様決定手段が決定した前記変動表示パターンを特定するための変動表示パターン情報を前記演出制御手段に送信する情報送信手段と、を含み、前記変動表示パターンは、全ての識別情報を仮停止させた後、再び変動を開始する再変動表示を複数回繰り返して行う複数回変動パターンを含み、前記演出制御手段は、前記変動表示態様決定手段の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御手段と、前記複数回変動パターンに決定されたことを示す前記変動表示パターン情報を前記情報送信手段から受信した場合、前記変動表示制御手段により前記複数回変動パターンにおける再変動表示が行われる際に、当該再変動表示が行われている旨を報知するための複数の報知手段(例えば、特別図柄表示装置4、スピーカ8L、8R、ランプ9)と、前記情報送信手段から受信した前記変動表示パターン情報に基づいて、何回目の再変動表示であるかに応じて、前記複数の報知手段の報知態様がそれぞれ異なるように、それぞれの前記報知手段の報知態様を決定する報知態様決定手段と、を含み、前記複数の報知手段は、全ての識別情報を仮停止させたときに、前記報知態様決定手段が決定した報知態様で前記再変動表示が行われている旨の報知を開始し、変動が再開した後も当該報知を継続して行う。
【0010】
上記遊技機では、報知手段による報知によって、別個の遊技球が第1種始動口に入賞して、遊技者が最も目にしやすいパターンでの変動が連続して行われている場合と、複数回変動表示パターンによる変動が行われている場合とが区別される。
【0012】
上記遊技機において、前記可変表示装置は、前記識別情報の変動表示を画像として表示する画像表示装置によって構成されたものであってもよい。この場合、前記報知手段は、前記画像表示装置を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記画像表示装置上で前記識別情報の背景に表示される画像を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることができる。また、前記報知手段は、前記画像表示装置を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記画像表示装置上に複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なる所定のキャラクタ画像を表示させることもできる。
【0013】
上記遊技機において、前記報知手段は、音声出力装置(例えば、スピーカ8L、8R)を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記音声出力装置から出力させる音声の態様を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることができる。
【0014】
上記遊技機において、前記報知手段は、発光装置(例えば、ランプ9)を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記発光装置の発光態様を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることもできる。ここで、前記発光装置は、前記可変表示装置が複数のリールによって構成されたものである場合に、各リールに光を照射するバックライトやサイドライトなどを適用することができる。また、可変表示装置の構成に関わらず、可変表示装置の枠外に別個に設けられたランプを適用することもできる。さらに、音声出力装置による報知と発光装置による報知との両方を適用する場合には、音声と光とを互いに同期させたものとすることができる。
【0015】
上記遊技機において、前記演出制御手段は、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記識別情報の変動態様を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることによって、当該変動表示が複数回変動表示パターンである旨を報知する手段をさらに含むものとすることもできる。この場合は、前記変動表示制御手段が前記報知手段の機能を備えるものとなる。なお、識別情報の変動態様は、例えば、左図柄、中図柄及び右図柄の変動開始タイミングを変えたり、変動方向を変えたりすることによって、区別させることができる。
【0017】
上記目的を達成するため、本発明の第2の観点にかかる遊技機は、可変表示領域内に表示される識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置(例えば、特別図柄表示装置4)と、予め設定された変動開始条件を満足する場合、前記可変表示領域内に表示される識別情報の過程及び変動結果を決定する変動表示態様決定手段と、前記変動表示態様決定手段の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御手段と、前記変動表示制御手段による識別情報の変動表示の開始から最終的な停止までの間、同一の報知態様による報知を維持するとともに、前記識別情報の変動情報が最初に開始される度に、前回の変動表示の際の報知態様と異なるものとする報知手段とを備える。
【0018】
上記遊技機では、本来的に1回の変動(1つの変動表示パターン、特に複数回変動表示パターン)のうちで全ての識別情報が仮停止させらた後に再び変動されても報知手段による報知態様は異なるものとならないが、独立した複数回の変動(全ての識別情報の変動開始、仮停止、確定)が連続して行われた場合には報知手段の報知態様が異なるものとなり、それぞれの場合が区別される。
【0019】
上記遊技機において、前記報知手段は、前記識別情報の変動表示が最初に開始される度に出力させる音声の態様(例えば、音色、楽曲の種別)を、前回の変動表示の際の音声の態様と異なるものとする音声出力装置(例えば、スピーカ8L、8R)によって構成されたものとすることができる。
【0020】
上記遊技機において、前記報知手段は、前記識別情報の変動表示が最初に開始される度に発光態様(例えば、発光部分の位置、発光色)を、前回の変動表示の際の発光態様と異なるものとする発光装置によって構成されたものとすることもできる。ここで、前記発光装置は、前記可変表示装置が複数のリールによって構成されたものである場合に、各リールに光を照射するバックライトやサイドライトなどを適用することができる。また、可変表示装置の構成に関わらず、可変表示装置の枠外に別個に設けられたランプを適用することもできる。さらに、音声出力装置による報知と発光装置による報知との両方を適用する場合には、音声と光とを互いに同期させたものとすることができる。
【0021】
上記目的を達成するため、本発明の第3の観点にかかるコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、予め設定された変動開始条件を満足する場合、識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置の可変表示領域内に表示される識別情報の変動表示パターン(全ての識別情報を仮停止させた後、再び変動を開始する再変動表示を複数回繰り返して行う複数回変動パターンを含む)及び変動表示の結果を決定する変動表示態様決定処理と、前記変動表示態様決定処理の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御処理と、前記変動表示態様決定処理により前記複数回変動パターンによる変動表示を行うことが決定された場合、前記変動表示制御処理により複数回変動表示パターンにおける再変動表示が行われる際に、該再変動表示が行われている旨を報知する報知処理とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録している。
【0022】
上記目的を達成するため、本発明の第4の観点にかかるコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、予め設定された変動開始条件を満足する場合、識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置の可変表示領域内に表示される識別情報の過程及び変動結果を決定する変動表示態様決定処理と、前記変動表示態様決定処理の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御処理と、前記変動表示制御処理による識別情報の変動表示の開始から最終的な停止までの間、同一の報知態様による報知を維持するとともに、前記識別情報の変動表示が最初に開始される度に、前回の変動表示の際の報知態様と異なるものとする報知処理とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録している。
【0023】
すなわち、記録媒体中に含まれるプログラムをコンピュータ装置(ビデオゲーム装置を含む。以下、同じ)等に読み込ませ、一連の処理を実行させることで、本発明の遊技機を容易に実現することができる。すなわち、プログラムを記録した記録媒体という形態を採ることにより、ソフトウェア商品として、装置とは独立した形で、生産、販売、配布等を容易に行うことができる。また、コンピュータ装置等のハードウェアに、このソフトウェアを組み込むことによって本発明における演出表示技術を容易に実施することができる。
【0024】
上記目的を達成するため、本発明の第5の観点にかかる変動表示方法は、予め設定された変動開始条件を満足する場合、識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置の可変表示領域内に表示される識別情報の変動表示パターン(全ての識別情報を仮停止させた後、再び変動を開始する再変動表示を複数回繰り返して行う複数回変動パターンを含む)及び変動表示の結果を決定する変動表示態様決定手順と、前記変動表示態様決定手順の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御手順と、前記変動表示態様決定手順により前記複数回変動パターンによる変動表示を行うことが決定された場合、前記変動表示制御手順により複数回変動表示パターンにおける再変動表示が行われる際に、該再変動表示が行われている旨を報知する報知手順とを含む。
【0025】
上記目的を達成するため、本発明の第6の観点にかかる変動表示方法は、予め設定された変動開始条件を満足する場合、識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置の可変表示領域内に表示される識別情報の過程及び結果を変動決定する変動表示態様決定手順と、前記変動表示態様決定手順の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御手順と、前記変動表示制御手順による識別情報の変動表示の開始から最終的な停止までの間、同一の報知態様による報知を維持するとともに、前記識別情報の変動表示が最初に開始される度に、前回の変動表示の際の報知態様と異なるものとする報知手順とを含む。
【0026】
すなわち、上記方法による手順を、コンピュータ装置等に実行させることにより、本発明の遊技機と同様の効果を得ることができる。すなわち、前述の処理手順を、コンピュータ装置等のハードウェアを用いて実現することにより、当該ハードウェア上で、本発明における演出表示技術を容易に実施することができる。
【0027】
また、上記方法による手順を、コンピュータ装置等に実行させるためのプログラムまたはデータを符号化し、搬送波に重畳されたプログラムコード信号として送信するとともに、この搬送波に重畳されたプログラムコード信号を受信し、元のプログラムまたはデータに復号化してコンピュータ装置等に実行させることにより、本発明における演出表示技術を容易に実施することができる。
【0028】
【発明の実施の形態】
以下、図面を参照しつつ、本発明の実施形態を詳細に説明する。なお、以下の説明においてリーチ演出表示とは、最終停止図柄となる表示図柄以外の表示図柄が、例えば、大当たりとなる特定表示態様と一致している状態で停止、揺動、拡大縮小あるいは変形している状態、すなわち、所定領域内に一定期間継続的に更新表示を停止している状態(以下、これらの状態を仮停止という)、または、表示図柄の表示位置が入れ替わっている状態、または、複数の表示図柄が同期して更新表示を行っている状態のように、最終結果が表示される前段階において表示結果が特定表示態様となる可能性が見かけ上高められる演出表示のことを指す。
【0029】
以下の実施例における遊技機としては、特別図柄表示装置により特図ゲームを行う遊技機として、プリペイドカードによって球貸しを行うカードリーダ(CR:Card Reader )式の第1種パチンコ遊技機を例にとって説明するが、適用対象となる遊技機としては、これに限るものではない。例えば、スロットマシン等の遊技機にも適用可能である。
【0030】
また、パチンコ遊技機等の弾球遊技機であっても、回転可能なリールやLCDなどによって構成された可変表示装置装置を有するものであれば、例えば、第2種あるいは第3種に分類されるパチンコ遊技機や、一般電役機、またはパチコンと呼ばれる確率設定機能付き弾球遊技機等であっても構わない。さらには、プリペイドカードによって球貸しを行うCR式パチンコ遊技機(CR機)だけではなく、現金によって球貸しを行うパチンコ遊技機(現金機)にも適用可能である。
【0031】
[第1の実施の形態]
図1は、本実施例におけるパチンコ遊技機の正面図であり、主要部材の配置レイアウトを示す。パチンコ遊技機(遊技機)1は、大別して、遊技盤面を構成する遊技盤(ゲージ盤)2と、遊技盤2を支持固定する遊技機用枠(台枠)3とから構成されている。遊技盤2にはガイドレールによって囲まれた、ほぼ円形状の遊技領域が形成されており、遊技領域のほぼ中央位置には、可変表示装置としての特別図柄表示装置4が設けられている。
【0032】
特別図柄表示装置4は、ステッピングモータによって回転駆動される3つの回転体としてのリール4a、4b、4cによって構成される。各リール4a、4b、4cのそれぞれの外周部には、大当たりに関係する何らかの表示図柄と大当たりに関係しない表示図柄とが交互に所定の順序で描かれている。大当たりに関係する表示図柄のうち、白、赤、青、緑色の「7」が確率変動図柄であり、だ円の中に「A」(白)、「J」(青)、「Q」(赤)、「K」(緑)が描かれたものが非確率変動図柄である。確率変動図柄と非確率変動図柄は、大当たりに関係しない図柄を挟んで交互に描かれている。また、リール4aと4bとの図柄の配列順は同一であり、リール4aと4cとで図柄の配列順は、完全に逆順になっている。
【0033】
特別図柄表示装置4において、遊技者は、リール4a、4b、4cの外周部に描かれた表示図柄のうちの連続する3つを、上中下3段に視認可能となっており、各段の横方向に3本、及び対角線方向に2本の有効ラインが設定されている。また、リール4a、4b、4cの内部には、それぞれ視認可能領域内にある表示図柄の背面側から光を照射するリールランプが設けられている。これらのリールランプは、発光色などの発光態様を変化可能に構成されている。
【0034】
特別図柄表示装置4の下方位置には、電動チューリップ型役物(普通電動役物)5を兼用する特別図柄始動口(スタートチャッカ)6と、大当たり発生時にソレノイド等を駆動することで開放動作を行う大入賞口(第1種特別電動役物)7とが上下に並んで配設されている。大入賞口7は、特別図柄始動口6への入賞タイミングに基づいて特図ゲームが行われた結果、大当たりとなった場合に開放動作を行う。また、遊技用枠3の左右上部位置には、効果音等を再生出力するためのスピーカ8L、8Rが設けられており、さらに遊技領域周辺部には、ランプ9が設けられている。
【0035】
図2は、遊技制御部を中心としたシステム構成例を示すブロック図である。本実施例におけるパチンコ遊技機1は、主として、電源部(電源基板)10と、遊技制御部(遊技制御基板)11と、入出力部12と、表示制御部(表示制御基板)13と、音制御部(音制御基板)14と、ランプ制御部(ランプ制御基板)15と、払出制御部(払出制御基板)16と、情報出力部(情報端子基板)17とを備えている。なお、本発明において、変動表示態様決定手段、変動表示制御手段および報知手段の各手段の有する機能は、主に遊技制御部11、表示制御部13、音制御部14およびランプ制御部15によって実現されている。
【0036】
電源部10は、パチンコ遊技機1内の各回路に所定の電源電圧を供給するものである。遊技制御部11は、遊技制御基板内に設けられた各種回路から構成されており、特図ゲームにおいて用いる乱数の生成機能、入出力部12を介して信号の入出力を行う機能、表示制御部13、音制御部14、ランプ制御部15及び払出制御部16に対し、それぞれ制御コマンド信号を出力する機能、ホールの管理コンピュータに対し、各種情報を出力する機能を備えている。
【0037】
入出力部12は、遊技球の検出や役物の開閉動作を行うためのものである。表示制御部13、音制御部14、ランプ制御部15は、遊技制御部11から送信される制御コマンド信号に基づいて、特図ゲームにおける特図表示制御(リールランプの制御を含む)、音出力制御、ランプ表示制御を、それぞれ遊技制御部11とは独立して実行するものである。表示制御部13は、リール4a、4b、4cのステッピングモータに制御信号を送ることにより、リール4a、4b、4cを回転、停止させ、表示図柄を変動させる。払出制御部16は、遊技球の貸出や賞球等の払出制御を行うものである。情報出力部17は、各種遊技関連情報を外部に出力するためのものである。
【0038】
ここで、特別図柄表示装置4上に表示される表示図柄の仮停止タイミングや変動タイミング等は、後述する変動表示パターンコマンドに従って一意に定まっている。すなわち、表示制御部13、音声制御部14及びランプ制御部15は、変動表示パターンコマンドを受け取ったタイミングから、特別図柄表示装置4上における表示図柄の変動(リールランプの点灯を含む)、スピーカ8L、8Rからの音声出力、並びにランプ9の明滅表示が連動して行われるように制御を行っている。
【0039】
次に、本実施例の動作(作用)を説明する。
【0040】
まず、本実施例のパチンコ遊技機における遊技の流れの概略について説明する。パチンコ遊技機1の右下位置に設けられたハンドルを操作することにより、遊技球が遊技領域中に発射される。遊技制御部11では、入出力部12内の特別図柄始動スイッチ等の入力の有無を監視しており、遊技球が特別図柄始動口6に入賞した場合、特別図柄始動スイッチにおいて遊技球の入賞が検出される。また、特別図柄始動口6において、遊技球の入賞が検出された場合、入賞した遊技球の数、入賞時の乱数の抽選値が特別図柄判定用バンクに保管される。そして、保管されたデータに基づいて特別図柄表示装置4において特図ゲームを開始する。
【0041】
図3は、遊技制御部における処理動作例を示すフローチャートである。本実施例における遊技制御部12は、タイマ割り込みによって約2ミリ秒毎に起動する。すなわち、遊技制御部11は、タイマ割り込み方式を使用し、以下に述べる各処理をタイマ割り込み毎に繰り返し実行する。
【0042】
タイマ割込信号によって遊技制御部11が起動されると、遊技制御部11は、スタックポインタに指定番地をセットする、いわゆるスタックセット処理を行う(ステップS101:以下、単にS101と記す)。次に、遊技制御部11は、システムチェック用のフラグ情報を確認し、フラグ情報が正常動作判定値とは異なる値であった場合にはメモリ内の作業領域をクリアするシステムチェック処理を行う(S102)。
【0043】
次いで、遊技制御部11は、特図ゲームにおける各種フラグ情報等を取得する情報出力処理と、特図ゲームにおける効果音の出力を行う音出力処理との時分割処理を行う(S103)。次に、入出力部12からの入力信号を検出し、検出した状態に対応する入力処理を行う(S104)。
【0044】
次いで、遊技制御部11は、詳細を後述する、特別図柄プロセス処理を実行する(S105)。同様にして、特別図柄プロセス処理実行後は、特図ゲームに用いる判定用乱数を更新するための乱数更新処理を行うとともに(S106)、特図ゲームに用いる表示図柄乱数を更新するための表示図柄乱数更新処理を行う(S107)。そして、遊技制御部11は、エラー等の不正の有無を検出し、エラー発生時に必要に応じてエラー報知を行う、エラー処理を行う(S108)。
【0045】
さらに、遊技制御部11は、入出力部12からの検出信号を入力し、各入賞口または入賞装置に対する入賞有無を判定する、入賞球処理を行う(S109)。次いで、遊技制御部11は、各出力ポートに対して音声データ、表示制御信号、飾りランプ、情報信号、ソレノイド駆動信号、賞球個数信号等のコマンドを送信するための出力処理を行う(S110)。その後、遊技制御部11は、タイマ割り込み信号が与えられるまで表示図柄決定用乱数及び判定用乱数を更新する、残時間処理を繰り返す(S111)。
【0046】
図4は、図3の特別図柄プロセス処理における処理例を示すフローチャートである。特別図柄プロセス処理では、遊技状態に応じてパチンコ遊技機1を所定の順序で制御するための特図フラグ情報にしたがって、該当する処理を選択的に実行する。そして、特図フラグ情報の値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。特別図柄プロセス処理では、特図フラグ情報に対応して以下に示す各処理を実行する。
【0047】
特図フラグ情報の値が“0”のとき、特図ゲームにおいて抽選した乱数値が大当たり値と一致するか否かを判定したり、外部に報知するしたりする「特別図柄通常時処理」を実行する(S201)。特図フラグ情報の値が“1”のとき、特別図柄表示装置4において特図ゲームにおける変動表示を開始する「特別図柄変動開始処理」を実行する(S202)。この特別図柄変動開始処理において、特図ゲームの変動表示パターンの設定と最終停止図柄の設定とが行われている。
【0048】
特図フラグ情報の値が“2”のとき、特別図柄表示装置4において特図ゲームにおける変動表示処理を行う「特別図柄変動処理」を実行する(S203)。特別フラグ情報の値が“3”のとき、特別図柄表示装置4における第1停止図柄である特別図柄左図柄、続いて第2停止図柄である特別図柄右図柄、最後に最終停止図柄である特別図柄中図柄の減速停止処理をそれぞれ行う「特別図柄全図柄停止処理」を実行する(S204)。
【0049】
特別フラグ情報の値が“4”のとき、大当たり動作のための初期化処理や、インターバル期間中の様々な処理、及び大当たり動作終了時に、大当たり時にセットされた各種フラグを再設定する「大入賞口開放前後処理」を実行する(S205)。特図フラグ情報の値が“5”のとき、大当たり動作に関する様々な処理、及び1回当たりの大入賞口7の開放時間をチェックする「大入賞口開放中処理」を実行する(S206)。特図フラグ情報の値が“6”のとき、大当たり動作が終了するまでのタイミングを合わせる「大当たり動作終了待ち処理」を実行する(S207)。
【0050】
なお、特別図柄プロセス処理において実行される各処理としては、前述した処理だけに限るものではなく、他の処理に置換したり、さらに他の処理を追加しても構わない。また、特図フラグ情報の値によって分岐される各処理の処理内容が複雑化して、タイマ割り込み時間内で処理を完了させることができない場合には、同一処理を複数追加するようにしてもよい。
【0051】
特図ゲームでは、遊技球が特別図柄始動口6を通過したとき、判定用乱数の値によって特別図柄の大当たり、ハズレを判定する。判定の結果、大当たりとなった場合には、判定用乱数の値に対応する特別図柄の組み合わせを特別図柄表示装置4に表示する。一方、ハズレとなった場合には、表示図柄用乱数の値に対応する特別図柄を表示する。
【0052】
以下、上記のようにして遊技制御部11から送られてくる変動表示パターンコマンドに基づいて、表示制御部13が特別図柄表示装置4上で図柄を変動表示させるとともに、音制御部14がスピーカ8L、8Rから音声を出力させ、ランプ制御部15がランプ9を点灯させるための処理について説明する。ここでは、変動表示パターンとして、図5のフローチャート及び図6、図7の表示例に示すパターンを示すものとする。この変動表示パターンは、通常変動パターンと同様の変動表示(疑似変動)を3回連続して行うものである。通常変動パターンは、遊技者が最も目にする変動表示パターンであり、左図柄、右図柄および中図柄の順に1回ずつの仮停止をし、全図柄が仮停止されるとそのまま確定する変動表示パターンである。
【0053】
ところで、以下の説明に用いているフローチャートは、表示図柄の変動表示及び音声出力の手順を分かり易く説明するためのものであり、表示制御部13、音制御部14及びランプ制御部15は、必ずしもこのようなフローチャートに対応したプログラムを実行して処理を行う必要はない。すなわち、特別図柄表示装置4上の態様、スピーカ8L、8Rから出力される音声の態様、及びランプ9の発光態様が後述する表示画面例に対応したものとなるのであれば、表示制御部13、音制御部14及びランプ制御部15の処理プログラムは、いかなるものであっても構わない。
【0054】
図5は、この実施の形態における変動表示パターンを示すフローチャートである。図6は、この実施の形態における特別図柄表示装置4上の表示例を示す図である。図6(a)〜(d)、図7(a)〜(c)においては、特別図柄表示装置4上の表示例を中心として示し、下側にスピーカ8L、8Rから出力される音声の態様を、さらにその下側にランプ9の点灯態様を示している。
【0055】
特図ゲームが開始すると、図6(a)に示すように、音制御部14がスピーカ8L、8Rから第1の態様の音声(トン!トン!トン!)を出力開始させ、ランプ制御部15がランプ9を第1の態様(時計回りで発光部分が移動していく)で点灯させる(S301)。さらに、表示制御部13は、前回の特図ゲームの終了状態で停止していたリール4a、4b、4cを全て回転駆動させることにより、図6(a)に示すように、左図柄、中図柄及び右図柄の順番で、変動表示を開始させる(S302)。
【0056】
次に、表示制御部13は、一定期間が経過する度に、リール4aの回転駆動を停止することにより左図柄を仮停止させ(S303)、リール4cの回転駆動を停止することにより右図柄を仮停止させ(S304)、リール4bの回転駆動を停止することにより中図柄を仮停止させる(S305)。ここで、仮停止された左図柄、中図柄及び右図柄は、図6(b)に示すように、リール4a、4b、4cが小刻みに往復駆動されることにより、上下に揺動して仮停止表示されている。また、特図ゲームの開始からこの1回目の仮停止までが1回目の疑似変動ということになる。なお、「全表示図柄の仮停止」とは、左図柄、中図柄及び右図柄の全てが仮停止された状態のことをいう。
【0057】
次に、全表示図柄の仮停止が、予め定められた所定回数(ここでは、3回)だけ行われたかどうかを判定する(S306)。図6(b)の段階では、全表示図柄の仮停止回数が所定回数に達していないので(S306;NO)、図6(c)に示すように、音制御部14がスピーカ8L、8Rから出力させる音声を第2の態様(ポン!ポン!ポン!:第1の態様とは音色が異なる)に変化させ、ランプ制御部15がランプの点灯態様を第2の態様(反時計回りで発光部分が移動していく)に変化させる(S307)。さらに、表示制御部13は、図6(c)に示すように、今度は左図柄、右図柄、中図柄の順番で、再び変動表示を開始させる(S308)。この変動表示の再開からが2回目の疑似変動となる。
【0058】
そして、ステップS302の処理に戻り、図6(d)に示すように、左図柄、右図柄、中図柄を順に仮停止させ(S303〜S305:2回目の疑似変動終了)、全表示図柄の仮停止が、予め定められた所定回数だけ行われたかどうかを判定する(S306)。図6(d)の段階では、全表示図柄の仮停止回数が所定回数に達していないので(S306;NO)、音声及びランプ9を第2の態様(前の状態と同じ)とし(S307)、図7(a)に示すように、今度も左図柄、右図柄、中図柄の順番で、再び変動表示を開始させる(S308)。この変動表示の再開からが3回目の疑似変動となる。
【0059】
さらにまたステップS302の処理に戻り、図7(b)に示すように、左図柄、右図柄、中図柄を順に仮停止させ(S303〜S305:3回目の疑似変動終了)、全表示図柄の仮停止が、予め定められた所定回数だけ行われたかどうかを判定する(S306)。
【0060】
そして、図7(b)の段階において、全表示図柄の仮停止回数が所定回数(=3回)となったので(S306;YES)、表示制御部13は、図7(c)に示すように、3回目の疑似変動終了時の状態でリール4a、4b、4cの駆動を完全に停止することにより、左図柄、中図柄及び右図柄の全てを確定させる(S308)。さらに、図7(c)に示すように、音制御部14は、スピーカ8L、8Rからの音声の出力を停止させ、ランプ制御部15は、ランプ9を消灯させる(S310)。そして、この変動表示パターンにおける処理を終了する。
【0061】
以上説明したように、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機では、複数回変動パターンによる表示図柄の変動を行う場合に、1回目の疑似変動時において出力される音声の態様、ランプ9の点灯態様、表示図柄の変動開始順は、2回目以降の疑似変動時において出力される音声の態様、ランプ9の点灯態様、表示図柄の変動開始順と、それぞれ互いに異なるものとなっている。このため、通常変動パターンによる変動表示が連続して行われているか、複数回変動パターンで疑似変動が繰り返されているかの差別化が図られ、遊技者がこれらを容易に区別できるようになる。
【0062】
また、出力される音声の態様、ランプ9の点灯態様、表示図柄の変動開始順をどのようにするかの決定は、それぞれ音制御部14、ランプ制御部15、表示制御部13で行っており、遊技制御部11は、変動表示パターンコマンド以外のコマンドを音制御部14、ランプ制御部15、表示制御部13に送る必要がない。このため、遊技制御部11の負荷を増加させることなく、複数回変動パターンであることを遊技者に報知することが可能となる。
【0063】
[第2の実施の形態]
この実施の形態において適用される遊技機の構成は、第1の実施の形態のものとほぼ同じであるが、音制御部14及びランプ制御部15には、それぞれ音声の出力態様及びランプの発光態様を制御することによって、各回の特図ゲームを区別させるためのカウンタ(カウント値=1,2,3)が設けられている。そして、特図ゲームを実行する際は、図8のフローチャートに示すような処理が追加される。
【0064】
特図ゲームが開始すると、音制御部14及びランプ制御部15は、カウンタのカウント値がいくつになっているかを判定する(S401)。カウント値が1である場合には、音制御部14が第1の態様の音声をスピーカ8L、8Rから出力開始させるとともに、ランプ制御部15が第1の態様でランプ9を点灯させる(S402)。カウント値が2の場合には、第2の態様で音声を出力開始させるとともにランプ9を点灯させる(S403)。カウント値が3の場合には、第3の態様で音声を出力開始させるとともにランプ9を点灯させる(S404)。
【0065】
S402、S403またはS404で音声が出力開始され、ランプ9が発光開始されると、表示制御部13は、遊技制御部11からの変動表示パターンコマンドに従って、表示図柄の変動表示処理を行う(S405)。この際の変動表示処理には、図5のフローチャートに示した(但し、S301、S307の処理を除く)、全ての全表示図柄の仮停止、再変動が繰り返されるパターンも含まれる。また、変動表示パターンコマンドに従った変動表示処理で音声を出力させる必要がある場合は、S402、S403またはS404で出力開始された音声とともにスピーカ8L、8Rから出力させることができる。
【0066】
次に、変動表示パターンに従った変動表示処理が終了して全ての表示図柄が確定すると、音制御部14は、S402、S403またはS404で出力開始された音声の出力を停止させ、ランプ制御部15は、ランプ9を消灯させる(S406)。
【0067】
そして、音制御部14とランプ制御部15のカウンタのカウント値が“3”となっているかどうかを判定する(S407)。カウント値が“3”であればカウンタのカウント値を“1”に設定し(S408)、カウント値が“3”でなければカウンタのカウント値を1だけプラス設定して(S409)、このフローチャートの処理を終了する。なお、S408またはS409で設定したカウント値が、次の特図ゲームのS401におけるカウント値として判定されることとなる。
【0068】
このパチンコ遊技機において、特図ゲームを次々に行う際に出力される音声の態様、ランプ9の発光態様について、図9、図10、図11を参照して説明する。図9(1−a)〜(1−c)、図10(2−a)〜(2−c)、図11(3−a)〜(3−c)においても、特別図柄表示装置4上の表示例を中心として示し、下側にスピーカ8L、8Rから出力される音声の態様を、右側にランプ9の点灯態様を示している。
【0069】
パチンコ遊技機の電源を投入、またはリセットを行ってから、最初に特図ゲームが開始される際には、カウンタのカウント値が“1”となっている。この場合、特図ゲームが開始されてから終了するまでの間、図9(1−a)、(1−b)に示すように、スピーカ8L、8Rから出力される音声は、「ポン!ポン!ポン!」という第1の態様の音色となり、ランプ9は全体が点滅状態の第1の点灯態様になる。特図ゲームの終了により、図9(1−c)に示すように、スピーカ8L、8Rからの音声の出力が停止され、ランプ9が消灯される。
【0070】
2回目の特図ゲームでは、カウンタのカウント値が“2”となるので、図10(2−a)、(2−b)に示すように、スピーカ8L、8Rから出力される音声は、「トン!トン!トン!」という第2の態様の音色となり、ランプ9は時計回りに発光部分が移動する第2の点灯態様となる。ここでも特図ゲームの終了により、図10(2−c)に示すように、スピーカ8L、8Rからの音声の出力が停止され、ランプ9が消灯される。
【0071】
3回目の特図ゲームでは、カウンタのカウント値が“3”となるので、図11(3−a)、(3−b)に示すように、スピーカ8L、8Rから出力される音声は、「ドン!ドン!ドン!」という第3の態様の音色となり、ランプ9は反時計回りに発光部分が移動する第3の点灯態様となる。ここでも特図ゲームの終了により、図11(3−c)に示すように、スピーカ8L、8Rからの音声の出力が停止され、ランプ9が消灯される。
【0072】
4回目の特図ゲームでは、カウンタのカウント値が再び“1”に戻る。このため、スピーカ8L、8Rから出力される音声は、「ポン!ポン!ポン!」という第1の態様の音色となり、ランプ9は全体が点滅状態の第1の点灯態様になる。以下同様に、特図ゲームが開始される度に、スピーカ8L、8Rから出力される音声の態様、ランプ9の点灯態様が、前回の特図ゲームにおけるものとは異なるものとされる。
【0073】
以上説明したように、この実施の形態にかかるパチンコ遊技機によれば、1回の特図ゲームの開始時点でスピーカ8L、8Rから音声が出力開始されるとともに、ランプ9が点灯し、1回の特図ゲームの終了時点で音声の出力が停止され、ランプ9が消灯される。このため、遊技者は、音声の出力が継続している間、あるいはランプ9の点灯が継続している間を1回の特図ゲームとして認識することができる。
【0074】
また、特図ゲームが時間を空けずに連続して行われ、音声出力の停止期間、ランプ9の消灯期間がほとんどない場合であっても、新たに特図ゲームが開始した場合には、音声の出力態様やランプ9の点灯態様が前回の特図ゲームのときとは変化している。一方、第1の実施の形態で示した変動表示パターンのように、見かけ上複数回の変動表示が行われているような場合であっても、実際には1回の特図ゲーム内における変動である場合には、音声の出力態様やランプ9の点灯態様に変化がない。このため、遊技者は、独立した複数回の特図ゲームにおける変動表示が行われているのか、1回の特図ゲームで全表示図柄の仮停止、再変動が繰り返されているのかを、容易に識別することができる。
【0075】
さらに、出力される音声の態様及びランプ9の点灯態様をどのようにするかの決定は、それぞれ音制御部14、ランプ制御部15で行っており、遊技制御部11は、変動表示パターンコマンドをこれらの音制御部14およびランプ制御部15に送る以外の処理を実質的に行う必要がない。このため、遊技制御部11の負荷を増加させることなく、複数回変動パターンであることを遊技者に報知することが可能となる。
【0076】
[実施の形態の変形]
本発明は、上記の第1、第2の実施の形態に限られず、種々の変形、応用が可能である。以下、本発明に適用可能な上記の実施の形態の変形態様について、説明する。
【0077】
上記の第1、第2の実施の形態では、通常変動パターンによる変動表示が連続して行われているか、複数回変動パターンで疑似変動が繰り返されているかを差別化するために、スピーカ8L、8Rから出力させる音声の音色を変化させていたが、音程、テンポ、楽曲の種別などを変化させるものとしてもよい。また、ランプ9の発光態様の変化として、発光部分の移動方向の変化と全体の点滅の場合を挙げていたが、発光部分の移動速度の変化や点滅の時間間隔の変化、発光色の変化などを適用してもよい。
【0078】
上記の第1、第2の実施の形態では、特別図柄表示装置4として、3つのリール4a、4b、4cから構成されるものを適用し、通常変動パターンによる変動表示が連続して行われているか、複数回変動パターンで疑似変動が繰り返されているかの差別化を、音声の態様、ランプ9の点灯態様、あるいはリール4a、4b、4cの駆動方法の違いによって遊技者に報知するものとしていた。しかしながら、特別図柄表示装置としては、液晶表示装置等の画像表示装置からなり、例えば表示図柄をスクロールすることによって変化させるものを適用することもできる。
【0079】
このような画像表示装置からなる特別図柄表示装置を適用したパチンコ遊技機では、図12(a)、(b)に示すように、背景の画像41a、41bを変化させたり、図13(a)、(b)に示すように、キャラクタ画像42a、42bを変化させたり(表示しない場合も含む)することで、遊技者に報知することができる。例えば、第1の実施の形態の例では、表示図柄の変動開始から1回目の仮停止までの間において、背景の画像41aを選択し、仮停止後の再変動から最終確定までの間において、背景の画像41bを選択して表示してもよい。また、第2の実施の形態の例では、奇数回目の特図ゲームでは、キャラクタ画像42aを表示させ、偶数回目の特図ゲームでは、キャラクタ画像42bを表示させるものとしてもよい。
【0080】
上記の第1、第2の実施の形態では、ランプ9を報知のために用いていたが、リール4a、4b、4cに光を照射するリールランプも、ランプ9の代わりにあるいはランプ9とともに、その発光態様を変化させることによって、複数回の特図ゲームなのか1回の特図ゲームにおいて仮停止、再変動が繰り返されているのかを遊技者に報知するために用いることができる。また、リール4a、4b、4cの内部に設けられたリールランプは、表示図柄の背面側から光を照射するバックライトであった。これに対して、リール4a、4b、4c上の表示図柄の前面側から光を照射するフロントライト、側面側から光を照射するサイドライトであってもよい。
【0081】
上記の第1、第2の実施の形態では、特別図柄表示装置4として、外周部に表示図柄が描かれ、回転駆動されることによって表示図柄を変化させるリール4a、4b、4cによって構成されるものを例として挙げていた。しかしながら、リング状に構成されるとともに、外周部に表示図柄を配したベルトを複数並べて、特別図柄表示装置4を構成してもよい。また、図14に示すように、6つのリール4a’〜4f’を各段3個ずつ上下2段に並べて構成した特別図柄表示装置4’を適用することもできる。この特別図柄表示装置4’では、リール4a’〜4f’の各々が独立に回動され、停止時にはそれぞれについて1つの表示図柄のみが表示されるものである。また、6つのリールの縦横の並びを逆にして、縦に3個ずつ左右に並べて構成した特別図柄表示装置も適用することができる。
【0082】
上記の第1、第2の実施の形態では、本発明をパチンコ遊技機1に適用した場合について説明した。これに対して、パチンコ遊技機1の動作をシミュレーションするゲーム機などにも本発明を適用することができる。つまり、ゲーム機のCPUが所定のプログラムを実行することにより、上記した遊技球の動きをシミュレーションし、その結果として上記した特別図柄始動口6を遊技球が通過したと判別したとき、上記したのと同様の抽選を行い、表示図柄を変動表示させるものとすることができる。このゲーム機のプログラムは、CD−ROMなどに格納して、ゲーム機とは別に流通させることができる。また、液晶表示装置に画像を表示すると共に、音声を出力して演出等を行うスロットマシン等にも本発明を適用することができる。
【0083】
【発明の効果】
以上説明したように、本発明によれば、遊技者が最も目にする所定の変動パターンによる変動が独立して連続して行われている場合と、1回の始動で遊技者がもっとも目にする変動パターンに類似した識別情報の仮停止、再変動が繰り返して行われる複数回変動表示パターンとの差別化を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【図1】本発明の実施の形態にかかるパチンコ遊技機の正面図である。
【図2】遊技制御部を中心としたシステム構成例を示すブロック図である。
【図3】遊技制御部における処理動作例を示すフローチャートである。
【図4】図3の特別図柄プロセス処理における処理例を示すフローチャートである。
【図5】第1の実施の形態における変動表示パターンを示すフローチャートである。
【図6】第1の実施の形態における特別図柄表示装置上の表示例、並びに音声及びランプの態様を示す図である。
【図7】第1の実施の形態における特別図柄表示装置上の表示例、並びに音声及びランプの態様を示す図である。
【図8】第2の実施の形態において、特図ゲームの実行毎に行われる音声出力及びランプの点灯の処理を示すフローチャートである。
【図9】第2の実施の形態における特別図柄表示装置上の表示例、並びに音声及びランプの態様を示す図である。
【図10】第2の実施の形態における特別図柄表示装置上の表示例、並びに音声及びランプの態様を示す図である。
【図11】第2の実施の形態における特別図柄表示装置上の表示例、並びに音声及びランプの態様を示す図である。
【図12】画像表示装置によって構成される特別図柄表示装置を適用した遊技機において、どのような変動状態にあるかを報知するための画像表示例を示す図である。
【図13】画像表示装置によって構成される特別図柄表示装置を適用した遊技機において、どのような変動状態にあるかを報知するための画像表示例を示す図である。
【図14】特別図柄表示装置の他の構成例を示す図である。
【符号の説明】
1 パチンコ遊技機
4 特別図柄表示装置
8L、8R スピーカ
9 ランプ
11 遊技制御部
13 表示制御部
14 音制御部
15 ランプ制御部

Claims (6)

  1. 可変表示領域内に表示される識別情報を変動表示可能に構成された可変表示装置と、
    遊技の進行を制御する遊技制御手段と、
    演出動作を制御する演出制御手段と、を備え、
    前記遊技制御手段は、
    予め設定された変動開始条件を満足する場合、前記可変表示領域内に表示される識別情報の変動表示パターン及び変動表示の結果を決定する変動表示態様決定手段と、
    前記変動表示態様決定手段が決定した前記変動表示パターンを特定するための変動表示パターン情報を前記演出制御手段に送信する情報送信手段と、を含み、
    前記変動表示パターンは、全ての識別情報を仮停止させた後、再び変動を開始する再変動表示を複数回繰り返して行う複数回変動パターンを含み、
    前記演出制御手段は、
    前記変動表示態様決定手段の決定結果に基づいて、前記可変表示領域内の識別情報を変動表示させるとともに、前記識別情報の変動表示を停止させる変動表示制御手段と、
    前記複数回変動パターンに決定されたことを示す前記変動表示パターン情報を前記情報送信手段から受信した場合、前記変動表示制御手段により前記複数回変動パターンにおける再変動表示が行われる際に、当該再変動表示が行われている旨を報知するための複数の報知手段と、
    前記情報送信手段から受信した前記変動表示パターン情報に基づいて、何回目の再変動表示であるかに応じて、前記複数の報知手段の報知態様がそれぞれ異なるように、それぞれの前記報知手段の報知態様を決定する報知態様決定手段と、を含み、
    前記複数の報知手段は、全ての識別情報を仮停止させたときに、前記報知態様決定手段が決定した報知態様で前記再変動表示が行われている旨の報知を開始し、変動が再開した後も当該報知を継続して行うことを特徴とする遊技機。
  2. 前記可変表示装置は、前記識別情報の変動表示を画像として表示する画像表示装置によって構成され、
    前記報知手段は、前記画像表示装置を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記画像表示装置上で前記識別情報の背景に表示される画像を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。
  3. 前記可変表示装置は、前記識別情報の変動表示を画像として表示する画像表示装置によって構成され、
    前記報知手段は、前記画像表示装置を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記画像表示装置上に複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なる所定のキャラクタ画像を表示させることを特徴とする請求項1または2に記載の遊技機。
  4. 前記報知手段は、音声出力装置を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記音声出力装置から出力させる音声の態様を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の遊技機。
  5. 前記報知手段は、発光装置を含み、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記発光装置の発光態様を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることを特徴とする請求項1乃至4のいずれか1項に記載の遊技機。
  6. 前記演出制御手段は、前記変動表示制御手段により複数回変動パターンが行われる場合に、前記識別情報の変動態様を複数回変動パターンによる変動表示が開始されてから何回目の再変動表示であるかに応じて、それぞれ異なるものとすることによって、当該変動表示が複数回変動表示パターンである旨を報知する手段をさらに含むことを特徴とする請求項1乃至5のいずれか1項に記載の遊技機。
JP2000280995A 2000-09-14 2000-09-14 遊技機 Expired - Lifetime JP4620850B2 (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000280995A JP4620850B2 (ja) 2000-09-14 2000-09-14 遊技機

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000280995A JP4620850B2 (ja) 2000-09-14 2000-09-14 遊技機

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2002085698A JP2002085698A (ja) 2002-03-26
JP2002085698A5 JP2002085698A5 (ja) 2009-05-07
JP4620850B2 true JP4620850B2 (ja) 2011-01-26

Family

ID=18765727

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000280995A Expired - Lifetime JP4620850B2 (ja) 2000-09-14 2000-09-14 遊技機

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4620850B2 (ja)

Families Citing this family (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006204809A (ja) * 2005-01-31 2006-08-10 Aruze Corp 遊技機および遊技用プログラム
JP4784998B2 (ja) * 2006-12-28 2011-10-05 サミー株式会社 弾球遊技機
JP5105511B2 (ja) * 2007-03-26 2012-12-26 サミー株式会社 遊技機
JP2008302148A (ja) * 2007-06-11 2008-12-18 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2008302149A (ja) * 2007-06-11 2008-12-18 Sankyo Co Ltd 遊技機
JP2009213512A (ja) * 2008-03-07 2009-09-24 Toyomaru Industry Co Ltd 遊技機
JP4814903B2 (ja) * 2008-04-03 2011-11-16 株式会社三共 遊技機
JP2009279155A (ja) * 2008-05-22 2009-12-03 Sophia Co Ltd 遊技機
JP4883722B2 (ja) * 2008-06-10 2012-02-22 京楽産業.株式会社 遊技機
JP5266143B2 (ja) * 2009-06-04 2013-08-21 株式会社ニューギン 遊技機
JP5425877B2 (ja) * 2011-12-15 2014-02-26 株式会社三共 遊技機
JP6481109B2 (ja) * 2013-02-21 2019-03-13 豊丸産業株式会社 遊技機
JP5686856B2 (ja) * 2013-06-28 2015-03-18 株式会社三共 遊技機
JP5686855B2 (ja) * 2013-06-28 2015-03-18 株式会社三共 遊技機
JP6154416B2 (ja) * 2015-03-20 2017-06-28 株式会社三共 遊技機
JP6154415B2 (ja) * 2015-03-20 2017-06-28 株式会社三共 遊技機
JP6154417B2 (ja) * 2015-03-20 2017-06-28 株式会社三共 遊技機
JP6154418B2 (ja) * 2015-03-20 2017-06-28 株式会社三共 遊技機
JP6154414B2 (ja) * 2015-03-20 2017-06-28 株式会社三共 遊技機
JP2016093703A (ja) * 2016-02-19 2016-05-26 豊丸産業株式会社 遊技機

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000070462A (ja) * 1998-08-27 2000-03-07 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2000229154A (ja) * 1999-02-09 2000-08-22 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06210058A (ja) * 1993-01-14 1994-08-02 Sophia Co Ltd 遊技機の制御装置
JPH06246050A (ja) * 1993-02-22 1994-09-06 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2799819B2 (ja) * 1993-09-17 1998-09-21 マルホン工業株式会社 パチンコ機
JP3967395B2 (ja) * 1995-11-29 2007-08-29 株式会社ソフィア 遊技機
JPH09262349A (ja) * 1996-03-29 1997-10-07 Sankyo Kk 弾球遊技機

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000070462A (ja) * 1998-08-27 2000-03-07 Sophia Co Ltd 遊技機
JP2000229154A (ja) * 1999-02-09 2000-08-22 Daiichi Shokai Co Ltd 遊技機

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002085698A (ja) 2002-03-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4620850B2 (ja) 遊技機
JP2003260194A (ja) 遊技機およびその制御方法
JP4620849B2 (ja) 遊技機
JP4611501B2 (ja) 遊技機
JP4621238B2 (ja) 遊技機
JP2002085697A (ja) 遊技機
JP2002085699A (ja) 遊技機
JP2003340015A (ja) 遊技機
JP2002085701A (ja) 遊技機
JP4621237B2 (ja) 遊技機
JP4621236B2 (ja) 遊技機
JP2002165989A (ja) 遊技機及び演出制御方法
JP2002035311A (ja) 遊技機
JP4717998B2 (ja) 遊技機
JP2002165990A (ja) 遊技機及び演出制御方法
JP2002085686A (ja) 遊技機
JP2002085682A (ja) 遊技機
JP2002165987A (ja) 遊技機及び演出制御方法
JP2002085696A (ja) 遊技機
JP2002136660A (ja) スロットマシン
JP2002102448A (ja) 遊技機
JP2008006062A (ja) 遊技機
JP2002035292A (ja) 遊技機
JP2002085684A (ja) 遊技機
JP2002085683A (ja) 遊技機

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070820

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20070820

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20090323

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100413

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100614

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100727

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100924

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101026

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101029

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131105

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4620850

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131105

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

EXPY Cancellation because of completion of term